JPH11338985A - Security level setting and discrimination method, ic card and its use - Google Patents

Security level setting and discrimination method, ic card and its use

Info

Publication number
JPH11338985A
JPH11338985A JP10144885A JP14488598A JPH11338985A JP H11338985 A JPH11338985 A JP H11338985A JP 10144885 A JP10144885 A JP 10144885A JP 14488598 A JP14488598 A JP 14488598A JP H11338985 A JPH11338985 A JP H11338985A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ic card
service
characterized
information
according
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10144885A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoshinori Isomura
Kikuji Kato
Keiji Tanaka
Hidetoshi Tatemichi
喜久次 加藤
敬二 田中
嘉伯 磯村
英俊 立道
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>, 日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
Priority to JP10144885A priority Critical patent/JPH11338985A/en
Publication of JPH11338985A publication Critical patent/JPH11338985A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a discrimination method capable of setting and discriminating the security level corresponding to service contents and leaving a past service utilization history, and to provide an IC card and its use. SOLUTION: This IC card A is provided with a sensor part 1 for authentication for reading a certain intrinsic physical feature, a data processing part 2, a nonvolatile memory 3 capable of storing and additionally writing data relating to a service utilization right, a power relation part 4 provided with a terminal for power supply or a power supply part or the like for receiving power supply, a main memory part 5, an non-rewritable memory 6 for individually holding the data for individual authentication, an individual ID and a card ID and a data input/output part 7.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、セキュリティレベルをサービス内容に応じて選択可能とするセキュリティレベル設定判別方法とその実施に直接使用するICカード及び当該ICカードを実質的に利用可能とするICカードサービス利用システムのICカード使用方法に関するものである。 The present invention relates to the, IC that substantially available IC card and the IC card directly use the security level selectable security level setting determination method according to the embodiment in accordance with the service contents the present invention relates to IC card use of the card service system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、ICカードは、演算処理、主記憶部、ROM、不揮発性メモリ、データ入出力部から構成されている。 Conventionally, IC card, processing, main memory, ROM, non-volatile memory, and a data input-output unit. そして、ICカードを使用する際、カードに記憶された、例えばパスワードと外部装置に入力されたパスワードとを照合させることによりセキュリティ確認を行い、一致した場合のみサービスを受益できるしくみになっている。 Then, when using the IC card, stored in the card, for example, to perform a security check by collating the input to the password and the external device password, it has a mechanism capable of beneficiary services only if they match.

【0003】また、従来のICカードには、正規のIC [0003] In addition, the conventional IC card, a regular IC
カード所有者と現に使用する者の一致確認をICカード単体で行う機能を有していない。 The match confirmation of the person who actually use the card owner does not have the function of performing in the IC card alone. 即ち、外部装置に入力するバスワードさえ知りさえすれば、ICカード所有者に成りすまして、そのICカードを使用することが可能となるという問題を生じる。 That is, if only even know bus word to be input to the external device, impersonating IC card owner, there arises a problem that it becomes possible to use the IC card.

【0004】この問題を解決する手段として、ICカードに指紋、声紋等の身体的特徴を読取るセンサーをIC [0004] as a means to solve this problem, fingerprints on the IC card, a sensor to read the physical features such as voice print IC
カードに組み込むことが、例えば特開昭63−5309 It is, for example, JP incorporated into the card 63-5309
9号公報に記載されている。 It is described in 9 JP.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】指紋、声紋その他の身体的特徴を読取るセンサーをICカードに組み込むことにより、セキュリティの高いICカードが実現できるものの、セキュリティが非常に高いサービスにのみ特化したカードとなり、個人認証を要しないサービスに対しても、個人認証を行わなければならないという問題を新たに生じる。 The present invention is to provide a fingerprint, voice print by incorporating a sensor to read the other physical characteristics to the IC card, although the high-security IC card can be realized, card security is specialized only in very high service next, even for personal authentication and does not require service, newly arises a problem that must be carried out personal authentication. 即ち、認証可能なICカードにおいては必ずICカードで個人認証を行わないとサービスを受益できないことになり、サービスの授受において煩わしさを生じさせる。 In other words, if you do not perform the personal authentication in the always IC card in the authentication can be IC card will not be able to beneficiaries of the service, causing the hassle in exchange of services.

【0006】また、個人認証を行うICカードにおいて万が一、本人認証用データが改ざんされ、不正なサービス利用を受けた場合、ICカードにおけるサービス利用履歴を監視できないと、永久に不正利用が続くという問題が生じる。 [0006] Also, any chance in the IC card to perform personal authentication, personal authentication data is tampered with, when subjected to unauthorized service use, and can not monitor the service usage history in the IC card, a problem that the permanent unauthorized use to continue It occurs.

【0007】ここにおいて、本発明の解決すべき主要な目的は以下の通りである。 [0007] In this case, resolve the primary purpose to be of the present invention is as follows. 即ち、本発明の第1の目的は、サービス内容に応じて個人認証必要性の有無を設定可能とするセキュリティレベル設定判別方法とICカード及びその使用方法を提供せんとするものである。 That is, a first object of the present invention is to provide St. security level setting determines how the IC card and method of use thereof to be set whether the personal authentication needs in accordance with the service contents.

【0008】本発明の第2の目的は、過去のサービス利用履歴を残すことが可能なセキュリティレベル設定判別方法とICカード及びその使用方法を提供せんとするものである。 A second object of the present invention are those which can leave the past service history provides cents security level setting determines how the IC card and their use as possible.

【0009】本発明の第3の目的は、必要に応じて極めて高い不正使用を防止するセキュリティレベル設定判別方法とICカード及びその使用方法を提供せんとするものである。 A third object of the present invention is to St. provide security level setting determines how the IC card and its use to prevent extremely high unauthorized if necessary.

【0010】本発明の他の目的は、明細書、図面、特に特許請求の範囲の各請求項の記載から自ずと明らかとなろう。 Another object of the present invention, the specification, the drawings, will be particularly naturally apparent from the description of the following claims.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】本発明方法は、上記課題の解決に当たり、所望のサービスを要求する前に、予め要求するサービスの内容に応じて個人認証必要性に関する情報をサービス要求手段に記憶させておき、サービス要求の際に前記サービス要求手段内の必要性に関する情報に基いて個人認証確認の有無を判別するという手法を講じる特徴を有する。 Means for Solving the Problems The present invention method is hit to solve the above problems, desired service before requesting, storing information about the personal authentication needs to service request means in accordance with the contents of the previously requested service allowed to have features that take technique of determining the presence or absence of personal authentication check on the basis of information on the need for said service request means upon service request.

【0012】本発明カードは、上記課題の解決に当たり、サービス内容に応じてサービス毎に個人認証確認の必要性の有無を予め記憶させるという手段を講じる特徴を有する。 [0012] The present invention cards per solve the above problems and has a take measures characterized thereby stored in advance whether it is necessary for personal authentication confirmation for each service according to the service content.

【0013】本発明使用方法は、上記課題の解決に当たり、前記本発明カードと当該ICカードを処理可能な端末と当該端末に接続可能なサービスセンタとを有するシステムの利用に当たり、所望のサービスに対して、予め前記サービスセンタと接続して新規登録を行うと共に、 [0013] The present invention uses the method will strike solve the above problems, strikes the use of a system with a service center can be connected to the present invention card and the IC card can be processed terminal and the terminal, to the desired service Te, performs new registration in connection with pre-said service center,
前記ICカード及び当該サービスセンタ相互間に利用環境設定をその都度行う必要性があるという手法を講じる特徴を有する。 Having features to take a technique called the usage preferences between the IC card and the service center cross each time there is a need to perform.

【0014】更に、具体的詳細に述べると、当該課題の解決では、本発明が次に列挙する上位概念から下位概念にわたる新規な特徴的構成手法及び手段を採用することにより、前記目的を達成するように為される。 Furthermore, when described in specific details, In the solution of the problem, by employing the novel characteristic construction technique and means ranging subgeneric from the invention are listed below preamble, to achieve the object It is made so.

【0015】本発明方法の第1の特徴は、所望のサービスを要求するに当たり、予め設定したセキュリティレベルに照して必要と判別された場合に限り個人認証処理を実行してなるセキュリティレベル設定判別方法の構成採用にある。 A first aspect of the present invention method, upon request a desired service, preset if it is determined irradiation was required in the security level security level setting determination made by executing the personal authentication process only to the in the configuration adoption of the way.

【0016】本発明方法の第2の特徴は、所望のサービスを要求するに当たり、当該要求するサービスの内容に応じて個人認証必要性に関する情報を予めサービス要求手段に記憶させておき、サービス要求の際にサービス要求手段内の個人認証必要性に関する情報に基いて個人認証確認の有無を判別してなるセキュリティ設定判別方法の構成採用にある。 A second aspect of the present invention method, upon request a desired service, may be stored in advance in the service request means information about personal authentication needs depending on the content of the service to the request, the service request in the configuration adopted security settings determine how made to determine whether the personal authentication check on the basis of information regarding personal authentication requirement in the service request means when.

【0017】本発明方法の第3の特徴は、複数のサービス内から所望のサービスを要求するに当たり、当該要求する各サービスに応じて個人認証必要性に関する情報を予め一のサービス要求手段に記憶させておき、サービス要求の際にサービス要求手段内の個人認証必要性に関する情報に基いて個人認証の有無を判別してなるセキュリティレベル設定判別方法の構成採用にある。 [0017] A third aspect of the present invention method, when requests a desired service from the plurality of services, is stored in advance in one service request means information about personal authentication needs according to each service to the request and leave, in the configuration adopting the security level setting determination method comprising to determine the presence or absence of personal authentication based on the information regarding personal authentication requirement in the service request means upon service request.

【0018】本発明方法の第4の特徴は、上記本発明方法の第2又は第3の特徴における個人認証必要性に関する情報が、サービスID、サービス提供条件、個人認証の要不要情報を含んでなるセキュリティレベル設定判別方法の構成採用にある。 [0018] A fourth aspect of the present invention method, information about the personal authentication need in the second or third aspect of the present invention method, service ID, the service providing conditions, including a main garbage personal identification in the configuration adopting the security level setting determination method comprising.

【0019】本発明方法の第5の特徴は、上記本発明方法の第2、第3又は第4の特徴における個人認証必要性に関する情報が、サービス毎の初期設定後、任意に追加書き込まれてなるセキュリティレベル設定方法の構成採用にある。 [0019] A fifth aspect of the present invention method, the second of the present invention a method, information about the personal authentication need in the third or fourth feature, after the initial setting for each service, written added to any in the configuration adoption of the security level setting how to be.

【0020】本発明カードの第1の特徴は、サービス内容に応じて個人認証に必要なセキュリティレベルを予め記憶する手段を自有してなるICカードの構成採用にある。 [0020] A first aspect of the present invention the card is in the configuration adopting IC card comprising a self means for previously storing a security level required for personal authentication according to the service content.

【0021】本発明カードの第2の特徴は、認証用センサー部、データ処理部、不揮発性メモリ、電源関係部、 The second feature of the present invention card authentication sensor unit, the data processing unit, a non-volatile memory, power supply related unit,
主記憶部、書換不能なメモリ及びデータ入出力部を有するICカードにおいて、不揮発性メモリ内に予め記憶させたサービス使用権情報に基づき認証用センサー部で検出したある固有の身体的特徴との照合一致を前記データ処理部が判定する一連の機能を持たせてなるICカードの構成採用にある。 A main storage unit, the IC card having a non-rewritable memory and data input-output unit, matching a certain inherent physical characteristics detected by the authentication sensor unit based on the service usage right information stored in advance in non-volatile memory is matched to the configuration adopted for an IC card comprising to have a set of features is determined that the data processing unit.

【0022】本発明カードの第3の特徴は、上記本発明カードの第2の特徴におけるサービス使用権情報が、サービスID、サービス提供条件及び認証用センサー部によるICカード使用者のある固有の身体的特徴情報の有無であるICカードの構成採用にある。 The third feature of the present invention cards, service entitlement information in the second aspect of the present invention card, service ID, the service providing conditions and specific body with IC card user by the authentication sensors section in the configuration adopting IC card presence or absence of characteristic information.

【0023】本発明カードの第4の特徴は、上記本発明カードの第3の特徴におけるサービス提供条件が、サービス受益期間、サービス受益回数の何れか又は双方であるICカードの構成採用にある。 [0023] A fourth aspect of the present invention card, the service providing conditions in the third aspect of the present invention card, service beneficiary period, in the configuration adopting the IC card is either or both of the service recipient number.

【0024】本発明カードの第5の特徴は、上記本発明カードの第2、第3又は第4の特徴における書換不可能なメモリが、個人認証用データ、個人ID、カードID [0024] A fifth aspect of the present invention the card, the second of the present invention card, rewritable memory in the third or fourth feature, personal identification data, personal ID, the card ID
を記憶する機能を有してなるICカードの構成採用にある。 In the configuration adopting IC card comprising a function of storing.

【0025】本発明カードの第6の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4又は第5の特徴における書換不可能なメモリが、物理的構造上書き換え不可能なメモリであるICカードの構成採用にある。 The sixth aspect of the present invention the card, the second of the present invention card, third, rewritable memory in the fourth or fifth feature is the physical structure on the non-rewritable memory in the configuration adoption of the IC card.

【0026】本発明カードの第7の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4又は第5の特徴における書換不可能なメモリが、データ構造上書き換えることが不可能なメモリであるICカードの構成採用にある。 The seventh feature of the present invention the card, the second of the present invention card, third, rewritable memory in the fourth or fifth feature, the memory can not be rewritten on the data structure in the configuration adoption of a certain IC card.

【0027】本発明カードの第8の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6又は第7の特徴における不揮発性メモリが、追加書き込み自在としてなるICカードの構成採用にある。 The eighth aspect of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, 5, IC card non-volatile memory in the sixth or seventh aspect of becomes a universal additional writing a configuration the adoption of the.

【0028】本発明カードの第9の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7又は第8 The ninth aspect of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, fifth, sixth, seventh or eighth
の特徴における電源関係部が、電源供給部を有してなるICカードの構成採用にある。 Power related portions in the feature of, in the configuration adopting IC card comprising a power supply unit.

【0029】本発明カードの第10の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7又は第8の特徴における電源関係部が、電源供給を受けるための電源供給用端子を有してなるICカードの構成採用にある。 The tenth aspect of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, fifth, sixth, power related portion in a feature of the seventh or eighth, supplied with power in the configuration adopting IC card comprising a power supply terminal for.

【0030】本発明カードの第11の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9又は第10の特徴におけるデータ処理部が、不揮発性メモリ内に記憶され情報を検索し定処理する機能を具備してなるICカードの構成採用にある。 The eleventh feature of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, fifth, sixth, seventh, eighth, data processing unit in the ninth or tenth aspect of but in the configuration adopting IC card obtained by a function of retrieving information stored in the nonvolatile memory a constant process.

【0031】本発明カードの第12の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9、第10又は第11の特徴におけるデータ処理部が、主記憶部、書込不可能なメモリ及び不揮発性メモリにある情報を検索しそれぞれ定処理する機能をさらに具備してなるICカードの構成採用にある。 The twelfth feature of the present invention the card, the second of the present invention card, third, the fourth, fifth, sixth, seventh, eighth, ninth, tenth or eleventh feature of data processing unit, a main memory unit, in further configured adoption of IC card obtained by a function of a constant processing each search the information in the write non-memory and nonvolatile memory.

【0032】本発明カードの第13の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9、第10、第11又は第12の特徴におけるI The thirteenth aspect of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, fifth, sixth, seventh, eighth, ninth, tenth, eleventh or twelfth I in the feature of
Cカードが、ヒューマンインターフェイス部をもさらに具備してなるICカードの構成採用にある。 C card, in the configuration adopting IC card comprising further include also a human interface unit.

【0033】本発明カードの第14の特徴は、上記本発明カードの第13の特徴におけるヒューマンインターフェイス部が、人手入力自在な入力部を具備してなるIC The fourteenth aspect of the present invention card, IC to human interface unit in the thirteenth aspect of the present invention card becomes comprises a manual input freely input unit
カードの構成採用にある。 In the card configuration adoption.

【0034】本発明カードの第15の特徴は、上記本発明カードの第13の特徴におけるヒューマンインターフェイス部が、外部認識自在な出力部を具備してなるIC The fifteenth aspect of the present invention card, IC to human interface unit in the thirteenth aspect of the present invention card, formed by including an external recognition freely output unit
カードの構成採用にある。 In the card configuration adoption.

【0035】本発明カードの第16の特徴は、上記本発明カードの第13の特徴におけるヒューマンインターフェイス部が、前記入力部と前記出力部を併せて具備してなるICカードの構成採用にある。 The sixteenth aspect of the present invention card, human interface unit in the thirteenth aspect of the present invention card, in the configuration adopting IC card obtained by including in combination the output portion and the input portion.

【0036】本発明カードの第17の特徴は、上記本発明カードの第14又は第16の特徴における入力部が、 The seventeenth aspect of the present invention card, an input unit in the fourteenth or sixteenth aspect of the present invention card,
受益サービス選択機能を有してなるICカードの構成採用にある。 In the configuration adoption of the IC card to be having a beneficial service selection function.

【0037】本発明カードの第18の特徴は、上記本発明カードの第14、第16又は17の特徴における入力部が、手書き入力手段であるICカードの構成採用にある。 The eighteenth aspect of the present invention card 14 of the present invention the card, an input unit in the feature of the sixteenth or 17, in the configuration adopting the IC card is a handwriting input means.

【0038】本発明カードの第19の特徴は、上記本発明カードの第18の特徴における手書き入力手段が、入力された情報を解読しコード化する手書き入力認識機能を具備してなるICカードの構成採用にある。 [0038] of the present invention card nineteenth feature, the handwriting input unit in the 18 features of the present invention card, the IC card comprising comprises a handwriting recognition function to encode and decode the information entered arrangements that are adopted.

【0039】本発明カードの第20の特徴は、上記本発明カードの第19の特徴における入力が、文字入力、図形入力若しくは絵入力又はそれらの組合せであるICカードの構成採用にある。 The twentieth aspect of the present invention the card is input in the feature of the first 19 of the present invention card, character input, in the configuration adopting the IC card is a graphical input or picture input or a combination thereof.

【0040】本発明カードの第21の特徴は、上記本発明カードの第14又は16の特徴における入力部が、音入力手段であるICカードの構成採用にある。 [0040] 21 characteristic of the present invention card, an input unit in the characteristic of the 14 or 16 of the present invention card, in the configuration adopting the IC card is a sound input means.

【0041】本発明カードの第22の特徴は、上記本発明カードの第21の特徴における音入力手段が、入力された音を解読しコード化する音声認識機能を有してなるICカードの構成採用にある。 [0041] 22 characteristic of the present invention card, sound input means in the 21 features of the present invention card, the configuration of the IC card comprising a speech recognition function encoding decodes the input sound in the adoption.

【0042】本発明カードの第23の特徴は、上記本発明カードの第15又は16の特徴における出力部が、表示手段、LEDランプ若しくは音出力手段又はこれらの組合せ手段であるICカードの構成採用にある。 [0042] 23 characteristic of the present invention the card, the output section in the characteristics of the 15 or 16 of the present invention card, display means configured adoption of IC card is an LED lamp or the sound output unit, or a combination thereof means It is in.

【0043】本発明カードの第24の特徴は、上記本発明カードの第23の特徴における音出力手段が、コード化されたコードデータを音出力する音合成機能を有してなるICカードの構成採用にある。 The 24th aspect of the present invention card, sound output means in the 23 features of the present invention card, the configuration of the IC card comprising a tone synthesis function of the sound output coded code data in the adoption.

【0044】本発明カードの第25の特徴は、上記本発明カードの第16の特徴における入力部と出力部が、一体化された音声入出力手段であるICカードの構成採用にある。 The 25th aspect of the present invention card input part and the output part in the 16 features of the present invention card, in the configuration adopting the IC card is integrated voice input and output means.

【0045】本発明カードの第26の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9、第10、第11、第12、第13、第14、 The 26th aspect of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, fifth, sixth, seventh, eighth, ninth, tenth, eleventh, twelfth , the first 13, second 14,
第15、第16、第17、第18、第19、第20、第21、第22、第23、第24又は第25の特徴におけるデータ入出力部が、ICカードに対応する端末との通信の為の無線通信機能を具備してなるICカードの構成採用にある。 15, 16th, 17th, 18th, 19th, 20th, 21st, 22nd, 23rd, data input-output unit in the 24th or 25th aspect of the communication with the terminal corresponding to the IC card in the configuration adoption of the IC card which is formed by including a wireless communication function for.

【0046】本発明カードの第27の特徴は、上記本発明カードの第26の特徴における無線通信機能が、IS The 27th aspect of the present invention card, the wireless communication function in the 26 features of the present invention card, IS
O10536、ISO14443、ISO15693、 O10536, ISO14443, ISO15693,
PHS方式、IMT2000に準拠じてなるICカードの構成採用にある。 PHS system, in the configuration adoption of IC card comprising Ji comply with the IMT2000.

【0047】本発明カードの第28の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9、第10、第11、第12、第13、第14、 The 28th aspect of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, fifth, sixth, seventh, eighth, ninth, tenth, eleventh, twelfth , the first 13, second 14,
第15、第16、第17、第18、第19、第20、第21、第22、第23、第24、第25、第26又は第27の特徴におけるデータ入出力部が、暗号化されたデータを入出力自在としてなるICカードの構成採用にある。 15, 16th, 17th, 18th, 19th, 20th, 21st, 22nd, 23rd, 24th, 25th, the data input-output unit in the 26 or 27 wherein the is encrypted and certain data in the configuration adopting IC card comprising a freely input and output.

【0048】本発明カードの第29の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9、第10、第11、第12、第13、第14、 The 29th aspect of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, fifth, sixth, seventh, eighth, ninth, tenth, eleventh, twelfth , the first 13, second 14,
第15、第16、第17、第18、第19、第20、第21、第22、第23、第24、第25、第26、第2 15, 16th, 17th, 18th, 19th, 20th, 21st, 22nd, 23rd, 24th, 25th, 26th, second
7又は第28におけるICカードが、電源のON/OF 7 or an IC card in the 28, power ON / OF
Fを制御可能とするスイッチ手段を具備してなるICカードの構成採用にある。 Comprising a switching means for enabling control of the F in the configuration adopting IC card comprising.

【0049】本発明カードの第30の特徴は、上記本発明カードの第29の特徴におけるスイッチ手段が、IC The 30th aspect of the present invention card, the switch means in the 29 features of the present invention cards, IC
カード外部からの信号を受信し、電源供給をON状態にする機能を有してなるICカードの構成採用にある。 Receiving a signal from the outside of the card, in the configuration adopting IC card comprising a function of the power supply to the ON state.

【0050】本発明カードの第31の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9、第10、第11、第12、第13、第14、 [0050] 31 characteristic of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, fifth, sixth, seventh, eighth, ninth, tenth, eleventh, twelfth , the first 13, second 14,
第15、第16、第17、第18、第19、第20、第21、第22、第23、第24、第25、第26、第2 15, 16th, 17th, 18th, 19th, 20th, 21st, 22nd, 23rd, 24th, 25th, 26th, second
7、第28、第29又は第30の特徴における認証用センサー部が、指紋読取りセンサー、手書き読取りセンサー、音声センサー若しくは虹彩読取りセンサー、又は前記センサーを組み合わせた複合センサーであるICカードの構成採用にある。 7, 28, authentication sensor unit in the 29 or the 30 characteristics of a fingerprint read sensor, handwriting reading sensor, sound sensor or an iris reading sensor, or configuration employed in the IC card is a composite sensor which is a combination of the sensor is there.

【0051】本発明カードの第32の特徴は、上記本発明カードの第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9、第10、第11、第12、第13、第14、 [0051] 32 characteristic of the present invention the card, the second of the present invention card, third, fourth, fifth, sixth, seventh, eighth, ninth, tenth, eleventh, twelfth , the first 13, second 14,
第15、第16、第17、第18、第19、第20、第21、第22、第23、第24、第25、第26、第2 15, 16th, 17th, 18th, 19th, 20th, 21st, 22nd, 23rd, 24th, 25th, 26th, second
7、第28、第29、第30又は第31の特徴における認証用センサー部が、ICカードを把持した際に自動的に認証を実行自在な配置としてなるICカードの構成採用にある。 7, 28, 29, authentication sensor unit in the 30 or the 31 features is in automatically configure the adoption of IC card comprising an authentication as run freely placed upon gripping the IC card.

【0052】本発明カードの第33の特徴は、上記本発明カードの第32の特徴における配置が、ICカードの把持する指接触にて自発的に指紋認証処置を実行せしめるよう、当該ICカードの表面の大部分を指紋センサーにて占有せしめてなる、ICカードの構成採用にある。 [0052] 33 characteristic of the present invention card, placed in the 32 features of the present invention card, so that allowed to run spontaneously fingerprint treatment at finger contact grasping the IC card, of the IC card most of the surface formed by allowed occupied by the fingerprint sensor, in the configuration adopting IC cards.

【0053】本発明使用方法の第1の特徴は、上記本発明のICカードと、当該ICカードを処理可能な端末及び当該端末に接続可能なサービスセンタとからなるIC [0053] A first aspect of the present invention using the method consists of a IC card of the present invention, the service center can be connected to the IC card can be processed terminal and the terminal IC
カードサービス利用システム装置の利用に当たり、最初だけ、前記サービスセンタに前記ICカードを前記端末を介し接続して個人IDの新規登録を行ってから、IC Strikes the use of the card service system device, only the first, make the new registration of the personal ID of the IC card to the service center connected via the terminal, IC
カード及びサービスセンタ相互間の利用環境設定をその都度行うことにより、所望のサービスを当該ICカードと当該サービスセンタ間で要求提供してなるICカード使用方法の構成採用にある。 By performing the usage preferences between the card and the service center cross each case, in the configuration adopting IC card using a process comprising providing request a desired service across the IC card and the service center.

【0054】本発明使用方法の第2の特徴は、上記本発明使用方法の第1の特徴における新規登録が、ICカードによる個人認証の結果を考慮して行い、端末からサービスセンタに送信された個人IDに基づき事前に届けられた使用不可の個人IDに該当するかどうかの当該サービスセンタでの利用可能性を判断した結果に基づき、利用可能の場合には、サービスセンタに個人IDの登録を行い、端末は当該サービスセンタから送信されたサービスIDをICカードに送信し、ICカードの不揮発性メモリに当該サービスIDを記憶する、以上一連のステップを踏んで実行されてなるICカード使用方法の構成採用にある。 [0054] The second aspect of the present invention using methods Register in the first aspect of the present invention use methods carried out taking into account the results of the personal authentication using an IC card, sent from the terminal to the service center based on the result of determining the availability of at whether the service center corresponding to the personal ID of the disabled, which is delivered in advance on the basis of the individual ID, if the available, the registration of the personal ID to the service center performed, the terminal sends the service ID sent from the service center to the IC card, the IC card stores the service ID in the nonvolatile memory, of a series of IC card usage made is running omit the steps above arrangements that are adopted.

【0055】本発明使用方法の第3の特徴は、上記本発明使用方法の第1又は2における利用環境設定が、IC [0055] A third aspect of the present invention use methods that utilize the configuration in the first or 2 of the present invention using a method, IC
カードによる個人認証の結果を考慮して行い、サービス受益者が端末又は前記ICカードに対してサービス使用権情報に関する設定後、当該設定されたサービス利用環境を個人IDと共にサービスセンタに送信し、当該サービスセンタは送信された情報を確認した後に当該サービスセンタ内に記憶させ、端末又はICカードは、当該I Performed considering the result of personal authentication by the card, after the setting on the service usage rights information service beneficiary to the terminal or the IC card, and transmits the set service environment to the service center together with the personal ID, the the service center is stored in the service in the center after confirming the information sent, the terminal or the IC card, the I
Cカードの不揮発性メモリにサービスセンタに記憶させた情報と同一の情報を書き込み登録させる、以上一連のステップを踏んで実行されてなるICカード使用方法の構成採用にある。 The same information as information in the nonvolatile memory is stored in the service center of the C-card to write registers, in the configuration adopting IC card usage made is running stepping a sequence of steps or more.

【0056】本発明使用方法の第4の特徴は、上記本発明使用方法の第3の特徴における端末が、サービス要求者からの個人IDの投入があると、当該サービス要求者に対して個人認証必要性をサービス使用権情報から判定し、当該判定の結果必要な場合のみ、ICカード内の認証用センサ部によりある固有の身体的特徴抽出処理を行った後、処理結果を前記個人認証用データと照合させることにより個人認証判定を行い、当該個人認証判定が不要又は正の場合には、サービスセンタに端末から前記個人ID及びサービスIDを送信し、当該サービスセンタは送信情報を確認後、サービス提供可能と判断した場合には要求されたサービスを提供する、以上一連のステップを踏んで処理してなるICカード使用方法の構成採用にある。 [0056] A fourth aspect of the present invention using the method, the terminal in the third aspect of the present invention use methods, if there is introduction of the personal ID from the service requester, personal authentication for the service requester determining the necessity of the service usage right information, when the result of the determination only required, after the unique physical characteristics extraction processing in the authentication sensor unit in the IC card, the processing result personal authentication data performs personal authentication determination by collation with, if the personal authentication determination is unnecessary or positive, sends the personal ID and the service ID from the terminal to the service center, the service center after checking the transmitted information, service to provide the requested service if it is determined that can be provided, in the configuration adopting IC card usage obtained by treating stepped series of steps or more.

【0057】本発明使用方法の第5の特徴は、上記本発明使用方法の第3の特徴におけるICカードが、端末よりサービスIDを受信すると、個人認証必要性をサービス使用権情報から判定し、当該判定の結果必要な場合のみ、認証用センサ部によりある固有の身体的特徴検出処理を行った後、当該処理結果を前記個人認証用データと照合させることにより個人認証判定を行い、当該個人認証判定が不要又は正の場合には、サービス利用環境の設定からサービスの提供か否かを判断し、サービス提供可能と判断された場合には、サービス提供を行う、以上一連のステップを踏んで処理してなるICカード使用方法の構成採用にある。 [0057] A fifth aspect of the present invention use methods, IC card in the third aspect of the present invention use methods, receives the service ID from the terminal, determines the personal authentication requirement from the service usage right information, If the determination result only required, after the unique physical characteristics detection processing with the authentication sensor unit performs personal authentication determination by matching the processing results and the personal identification data, the personal authentication If the determination is unnecessary or positive, it is determined whether the offer from the setting of the service environment of a service, if it is servable and determination, a service provided by stepping a sequence of steps or processing and in the configuration adoption of IC card use method comprising.

【0058】本発明使用方法の第6の特徴は、上記本発明使用方法の第4又は第5の特徴におけるサービス提供可能との判断が、ICカード内の不揮発性メモリ及びサービスセンタにサービス提供実施に関するサービス提供情報の追加記憶を実行させてなるICカード使用方法の構成採用にある。 [0058] A sixth aspect of the present invention using the method, the determination of the service can be provided in the fourth or fifth aspect of the present invention use methods, serving carried in a non-volatile memory and service center in the IC card in the configuration adopting IC card usage made by performing additional storage of the service providing information on.

【0059】本発明使用方法の第7の特徴は、上記本願発明使用方法の第6特徴におけるサービス提供情報が、 [0059] A seventh aspect of the present invention using the method, the service provides information in the sixth aspect of the present invention use methods,
端末を介して当該端末とサービスセンタとがサービスI The terminal through the terminal and the service center and the service I
D又は個人IDを送受信する際に同時に送信され、当該サービス提供情報に関わる送信された情報と自己が記憶している情報とが合致する否かを確認され、不一致の場合には、サービス提供を中止させる、以上一連のステップを踏んで実行させてなるICカード使用方法の構成採用にある。 Sent at the same time to send and receive D or personal ID, the information transmitted information and self involved in the service provision information is stored is checked whether or not the match, in the case of disagreement, the service providing halting, in the configuration adopting IC card usage made by running stepping a sequence of steps or more.

【0060】 [0060]

【発明の実施の形態】以下、添付図面を参照しながら、 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION below, with reference to the accompanying drawings,
本発明の実施の形態につきそのカード例及び方法例を説明する。 Explaining the card examples and example methods per the embodiment of the present invention.

【0061】(カード例1)図1は、本ICカードのカード例1の構成を示したものである。 [0061] (card Example 1) FIG. 1 is a diagram illustrating the configuration of the card Example 1 of this IC card. ICカードAは、 IC card A,
認証用センサー部1、データ処理部2、不揮発性メモリ3、電源供給を受けるための電源供給用端子又は電源供給部を有する電源関係部4、主記憶部5、書換不可能なメモリ6、データ入出力部7から構成される。 Authentication sensor unit 1, the data processing unit 2, the nonvolatile memory 3, the power relationship unit 4 having a power supply terminal or the power supply unit for receiving power supply, a main memory unit 5, rewritable memory 6, data It consists of input-output unit 7.

【0062】前記認証用センサー部1は、指紋の身体的特徴を読み取るためのものである。 [0062] The authentication sensor unit 1 is for reading a physical feature of a fingerprint. 前記書換不可能なメモリ6は、個人認証用データ、個人ID、カードID等を個別に保持する為のものである。 The rewritable memory 6, personal identification data, personal ID, is intended for holding the card ID or the like separately. これら個人に関する情報は書換不可能なメモリ6に保持させることにより、 Information about these individuals by holding the rewritable memory 6,
個人情報の改竄を防止することができる。 It is possible to prevent the falsification of personal information. ここで、書換不可能なメモリ6は、形態上書換が不可能なメモリ−例えばROMのみならず、保存されているデータにプロテクトをかけて当該プロテクトを除去しなければ書き換えができない等の書き換え不可能な論理構造としたメモリでもよい。 Here, rewritable memory 6, which can not be morphologically rewritable memory - for example not ROM only, such as by setting protects the data stored can not be rewritten to be removed the protection rewriting not the logical structure and the may be a memory capable.

【0063】不揮発性メモリ3は、サービス利用権情報、即ち、サービスIDの他に、サービス受益期間、サービス受益回数その他のサービス提供条件及びある固有の身体的特徴検出処理の要否情報を記憶させ、追加書き込みできるものである。 [0063] non-volatile memory 3, the service usage right information, namely, in addition to service ID, stores the information of necessity of service beneficiary period, the service beneficiary number other service providing condition and is inherent physical characteristics detection processing , it is those that can be added writing. 一のICカードAで複数のサービスを要求できる場合には不揮発性メモリ3には各サービス毎に各サービス利用権情報が記憶されることになる。 If you can request multiple services in one of the IC card A will be the service usage right information for each service is stored in the nonvolatile memory 3.

【0064】なお、主記憶部5は主として本ICカードAのプログラム等の制御内容を記憶させる為のものであり、データ処理部2は主記憶部5から適宜ICカードA [0064] The main memory 5 is of the order to mainly store the content of control program of the IC card A, as appropriate IC card A from the data processing unit 2 includes the main storage unit 5
内の各部から、認証センサー部1によるセンサの読み取り情報、書換不可能なメモリ6から個人認証用データ等、不揮発性メモリ3からサービス利用権等情報を検索読み出すほか、認証の一致不一致の判断、不揮発性メモリ3に各情報を読込み記憶させる等の本ICカードA内の制御を実際に行うMPU部分である。 From each part of the inner, reading information of a sensor according to the authentication sensor unit 1, such as personal identification data from the rewritable memory 6, in addition to reading searching service rights information from the nonvolatile memory 3, the authentication match or mismatch determined, a MPU portion actually performing control in the IC card a, such as to read store each information in the nonvolatile memory 3.

【0065】ICカードAにおいては、指紋センサーによる指紋認証を挙げたが、これに限ることなく、手書き文字入力パレットを装備した手書き文字による認証、音声入力装置を備えた音声認証、虹彩読み取り装置を備えた虹彩認証、その他の認証でも良いことは言うまでもない。 [0065] In the IC card A is cited a fingerprint authentication by the fingerprint sensor is not limited to this, authentication by handwriting equipped with handwriting input palette voice authentication with a voice input device, an iris reader with iris authentication, it is needless to say may be other authentication.

【0066】また、必要に応じて、不正使用を防止するセキュリティを有するICカードAとして、不揮発性メモリ3において、過去の書き込み情報を消去せずに保持する機能を備え、過去のサービス情報履歴を読み出し、 [0066] If necessary, the IC card A having a security to prevent unauthorized, in the nonvolatile memory 3, a function of holding without erasing the past writing information, the past service information history reading,
ICカードA内サービス情報履歴とカード外、例えばサーバー内のサービス利用履歴と照合させることにより、 The IC card A service information history and card out, for example, by matching the service utilization history of the server,
不正使用の判断が可能となる。 It is possible to determine the unauthorized use.

【0067】実際には、ICカードAは認証結果やサービス情報をデータ入出力部7により他の連携機器と通信して初めて使用可能となるが、この通信を、従来の接触式で行うと、ICカードAを、例えばリードライターに挿入することが必要となり、挿入ミス等により再度挿入しなければならず手間がかかるばかりか、延いては、I [0067] In practice, IC card A has become available only after communication with the authentication results and service information other cooperation by the data input-output unit 7 equipment, the communication, when the conventional contact type, the IC card a, for example, it is required to be inserted into the lead writer, not only time and effort must be inserted again by the insertion error or the like take, and by extension, I
CカードAを破損する虞がある。 There is a risk of damaging the C card A. その為に、データ入出力部7において無線通信機能を具備し非接触式で行うと良い。 Therefore, provided with a radio communication function in the data input-output unit 7 may be performed in a non-contact type.

【0068】無線通信の実現手段としては、ISO10 [0068] as a means for realizing wireless communications, ISO10
536規格、ISO14443規格、ISO15693 536 standard, ISO14443 standard, ISO15693
規格又は従来携帯データ端末で使用されている、PHS It is used in the standard or conventional portable data terminal, PHS
方式、IMT2000等の一般に認知されている方式を用いることにより、ICカードAの利用領域が一段と拡大し、これによりユーザの利用し易いICカードAを提供できる。 Method, by using a method that is known to generally such IMT2000, use region of the IC card A is further expanded, thereby providing easy IC card A use of the user.

【0069】ここで、上記の各種通信手段により、IC [0069] Here, the above-described various communication means, IC
カードA内に格納されている個人情報の通信が行われるが、通信中の情報の漏洩を防止する為に、その手段として、情報の暗号化が極めて有効であり、ICカードA内に情報の暗号化及び暗号情報の解読の機能を付加することにより、ICカードAの不正な使用を防止するとは別の意味におけるセキュリティの高いICカードAを提供できる。 While the communication of the personal information stored in the card A is performed, in order to prevent leakage of information in the communication, as a means, highly effective encryption of information, information in the IC card A by adding the function of decryption of encryption and encryption information, and to prevent unauthorized use of the IC card a may provide an IC card a high security in another sense.

【0070】以上、カード例1について説明したが、カード例1を基本構成として下記する他のカード例の様に応用的な構成手段を具え、適宜変更することができる。 [0070] While there have been described the card Example 1, comprises the application configuration means like the other cards example below the card Example 1 as a basic structure, can be changed as appropriate.

【0071】(カード例2)図2は本カード例2の構成を示したものである。 [0071] (card Example 2) Figure 2 shows a configuration of the card Example 2. ICカードBは、図1に示す前記カード例1のICカードAに出力部8を追加したものである。 IC card B is obtained by adding the output portion 8 to the IC card A of the card Example 1 shown in FIG. ここで、出力部8は、液晶表示装置を内蔵させて文字、図、絵等を表示したり、LEDランプを内蔵して光を点灯又は点滅させたり、スピーカを内蔵して音を発生させる等適宜ICカードの使用形態に応じて選択することができる。 Here, the output unit 8, by incorporating a liquid crystal display device character, figure, and displays a picture like or, or is lit or flashing light and LED lamp, or the like for generating sound an internal speaker it can be selected according to the use form of appropriate IC card.

【0072】この構成により、例えば、認証用センサー部1からの読み取り情報とICカード内の個人認証用データとを照合させた結果をその場において表示、光や音により確認することや、出力部8に表示機能を持たせた場合には出力部8にサービスメニュを表示することが可能となり、ヒューマンインターフェース機能が向上したICカードBの提供が可能となる。 [0072] With this configuration, for example, and it is confirmed by the display, light and sound results obtained by collating the personal identification data in the read information and the IC card from the authentication sensor unit 1 in situ, the output unit If which gave a display function to 8 it is possible to display the service menu to the output unit 8, it is possible to provide an IC card B of the human interface function is improved.

【0073】(カード例3)図3は、本カード例3の構成を示したものである。 [0073] (card Example 3) Figure 3 shows the structure of the card Example 3. ICカードCは、図2に示す前記カード例2のICカードBに、受益サービス選択部9 IC card C, the IC card B of the card case 2 shown in FIG. 2, the beneficiary service selection unit 9
を追加したものである。 It is obtained by adding a. ICカード自体が多機能となるに従い、機能の選択、設定等が複雑となるが、これを受益サービス選択部9により、従来必要であった他の連携機器における設定処理が不要となり、ICカードCの操作のみにより機能の選択、設定を行うことが可能となる。 According IC card itself is multi-functional, the selection of functions, the configuration, etc. becomes complicated, the beneficiary service selection unit 9 this setting process in the other linked devices were conventionally required becomes unnecessary, the IC card C selection of operations only by the function, it is possible to set.

【0074】また、出力部8に機能選択、設定等の操作結果を表示し、確認することが可能となる。 [0074] Also, function selection output unit 8, and displays the operation result of the setting or the like, it is possible to confirm. 受益サービス選択部9としては、例えば出力部8に表示機能を備えた表示装置内のカーソルを移動させるためのスイッチパットが挙げられる。 The beneficiary service selection unit 9, for example, switch pad to move the like a cursor in a display device having a display function to output unit 8.

【0075】具体的には、ICカードCが定期券の場合、回数券の場合の何れかの場合として使用するのではなく、一のICカードにより定期券、回数券両方の機能を備えても良い。 [0075] More specifically, when the IC card C is commuter pass, not used as the case of any case of tickets, also provided with a commuter pass, both tickets functions by one IC card good. なお、ICカードCは出力部8を具えているが、必ず必要というものではない。 In addition, IC card C is is equipped with an output unit 8, it does not necessarily need.

【0076】(カード例4)図4は、本カード例4の構成を示したものである。 [0076] (card Example 4) FIG. 4 is a diagram showing the configuration of the card Example 4. ICカードDは、図1に示す前記カード例1のICカードAに、音声出力部10及び音声入力部11を追加したものである。 IC card D is the IC card A of the card Example 1 shown in FIG. 1, with the addition of a sound output unit 10 and the audio input unit 11. 音声出力部10及び音声入力部11は音声により機能の選択、設定等を可能せしめるヒューマンインターフェースである。 Audio output unit 10 and the voice input unit 11 is selected functions by voice, a human interface allowed to enable the setting or the like.

【0077】これにより、機能に対応したキーワードを音声により入力することができる。 [0077] As a result, the keyword corresponding to the function can be input by voice. これにより、音声という極めて人間に優しいヒューマンインタフェースにてICカードDと対話でき、面倒な受益サービス選択部9 As a result, extremely you can interact human in friendly human interface with the IC card D that voice, cumbersome beneficiary service selecting part 9
を操作する必要がなく、非常に使用し易いICカードD There is no need to manipulate the very use and easy IC card D
を提供することができる。 It is possible to provide a.

【0078】この場合、音声認識、音声合成を行う必要がある。 [0078] In this case, it is necessary to perform speech recognition, speech synthesis. これらを実行する方法として、データ入出力部7の通信を介して他の連携機器にて行う形式とICカードD内にて行う形式とが考えられる。 As a method to perform these, through the communication of the data input-output unit 7 and a format performed by the format and IC card D performed in other linked devices contemplated.

【0079】ICカードD内の、例えば、データ処理部2又は音声出力部10及び音声入力部11にて、音声認識及び音声合成を行う方が通信処理不要のため高速処理が可能となり非常に使い勝手の良いヒューマンインタフェースを具えたICカードDを提供できる。 [0079] in the IC card D, for example, in the data processing unit 2 or the audio output unit 10 and the audio input unit 11, a very convenient is better to perform speech recognition and speech synthesis allows high-speed processing for unnecessary communication processing It can provide an IC card D provided with a good human interface of. また、音声出力部10と音声入力部11とは音声入出力部として一体構成させて、音声認識、音声合成を行っても良い。 Further, by integrally configured as a voice input and output unit and the audio output unit 10 and the audio input unit 11, the speech recognition may be performed speech synthesis.

【0080】(カード例5)図5は本カード例5の構成図を示したものである。 [0080] (card Example 5) FIG. 5 shows a block diagram of the card Example 5. ICカードEは、図1に示す前記カード例1のICカードAに手書き入力部12を追加したものである。 IC card E is obtained by adding the handwriting input section 12 to the IC card A of the card Example 1 shown in FIG. 手書き入力部12としては、例えば液晶タブレットが挙げられる。 The handwriting input section 12, for example, a liquid crystal tablet and the like. 手書き入力部12の実際の大きさは入力を受付ける内容に応じて決めれば良い。 The actual size of the handwriting input section 12 may be determined depending on the contents for accepting input.

【0081】これにより、手書き入力により機能の選択設定等が行えるヒューマンインターフェイスを具えたI [0081] In this way, equipped with a human interface that allows the selected settings, and the like of the function by the handwriting input I
CカードEを提供することができる。 It is possible to provide a C-card E. 手書き入力部12 Handwriting input unit 12
には、文字のみならず図形、絵等も入力することができる。 The, it is possible to figure not only characters, also painting such as the input. これにより、手書き入力という人間に優しいヒューマンインターフェイスでICカードEと対話可能となり、面倒な受益サービス選択部9を操作する必要がなくなる。 This makes it possible dialogue with the IC card E-friendly human interface to the human beings that handwriting input, there is no need to operate the troublesome beneficiary service selection unit 9. よって、非常に使用し易いICカードEを提供できる。 Thus, it is possible to provide the very use and easy IC card E.

【0082】ここでは、手書き入力による機能の選択設定等の作業を挙げているが、例えば目的とするサービスを自動的に検索可能とするように、ICカードE内に保持された情報の検索機能を具えることにより、機能の選択設定等を容易に行え更に使い勝手の良いICカードE [0082] Here, although the cited work such as selecting and setting functions by handwriting input, for example, to automatically enable search services of interest, search function of the information held in the IC card E by comprising a further good IC card convenient E easy to selectively configure the features such as
を提供することができる。 It is possible to provide a.

【0083】この処理を実行する方法として、データ入出力部7の通信を介して他の連携機器にて行う方法とI [0083] As a method of performing this process, the method performed at another linked device via the communication data input-output unit 7 and the I
CカードEのデータ処理部2にて行う方法とが考えられるが、ICカードEのデータ処理部2で行う方が通信による処理が不要のため高速処理が可能となり非常に使い勝手の良いヒューマンインタフェースを提供できる。 Although the method performed by the data processing unit 2 of the C-card E is considered, the IC card very user-friendly human interface enables high-speed processing for better performed in the data processing section 2 is processed by the communication of unnecessary E It can be provided.

【0084】つまり、データ入出力部7を通じサービスを要求する端末にICカードEを近づけることにより、 [0084] That is, by bringing the IC card E to terminals requesting service via the data input-output unit 7,
端末から出力されたセンサー情報をICカードEが入力し、当該センサーの情報に基づき、データ処理部2により、機能を選択することができる。 The sensor information output from the terminal type is the IC card E, based on the information of the sensor, the data processing unit 2, it is possible to select a function.

【0085】このように、サービス要求を受付ける手段そのものが、そのサービス内容に関する情報を発信し、 [0085] In this way, means itself to accept the service request, to disseminate information about the service content,
それを感知したICカードEは、サービス内容に関する情報から、一のICカードEに予め設定されたサービスIDを特定し、そのサービスIDに対するサービス条件や個人認証の要否をICカードE内で確認判断することができる。 IC card E having detected it, the information relating to services, to identify the preset service ID to one of the IC card E, confirm the necessity of service conditions and individual authentication for the service ID in the IC card E it can be determined. この点は図1〜図4に示す他のカード例1〜 This point another card example 1 shown in FIGS. 1 to 4
4においてもいえることである。 Also it is true in 4.

【0086】(カード例6)図6は本カード例6の構成を示したものである。 [0086] (card Example 6) FIG. 6 shows a configuration of the card Example 6. ICカードFは、図1に示す前記カード例1のICカードAに電源スイッチ13を追加したものである。 IC card F is obtained by adding the power switch 13 to the IC card A of the card Example 1 shown in FIG. ICカードF自体はその場その場で瞬時な処理を行うために絶えず電源状態がONである方が良いが、電源スイッチ13を設けることにより、絶対に使用しない時に電源状態をOFFにできる。 IC card F itself constantly better power status is ON in order to perform the instant process on the fly, but by providing the power switch 13 can be a power state to OFF when not in use absolutely. これにより電力消費を節約することができる。 This makes it possible to save power consumption.

【0087】(カード例7)図7は本カード例7の構成を示したものである。 [0087] (card Example 7) FIG. 7 shows a configuration of the card Example 7. ICカードGは、図1に示す前記カード例1のICカードAに電源スイッチ信号発生部1 IC card G, the card Example 1 of the IC card power supply A switch signal generating unit 1 shown in FIG. 1
4を追加したものである。 4 is obtained by adding a. わざわざ電源スイッチ13を操作する必要をなくすために、電源スイッチ13の代わりに、電源スイッチ信号発生部14を設けたものである。 To eliminate the need to bother the power switch 13, instead of the power switch 13, is provided with a power switch signal generating unit 14. 例えば、一定時間ICカードGの何等かの動作がなければ電源スイッチを自動的にOFFにしておき、他の連携機器からの信号を受信すると、電源スイッチ信号発生部14が作動し電源スイッチがONとなるようにすることにより、わざわざ電源スイッチ13を操作しなくても電力消費を節約することができるという利点がある。 For example, a certain time if there is something like of operations of the IC card G keep the power switch automatically to OFF, when receiving the signal from the other linked devices, the power switch is ON the power switch signal generating unit 14 is actuated by such a, there is an advantage that it is possible to save the power consumption without purposely operating the power switch 13.

【0088】(カード例8)図8は本カード例8の構成を示したものである。 [0088] (card Example 8) FIG. 8 shows a configuration of the card Example 8. ICカードHは、図1に示す前記カード例1のICカードAと比較すると、認証用センサー部1の位置及び当該ICカードHに占める表面積の割合が異なる。 IC card H is different from the IC card A of the card Example 1 shown in FIG. 1, the ratio of the surface area occupied by the position of the authentication sensor unit 1 and the IC card H is different. 即ち、ICカードHは、個人の特徴を抽出するセンサー部が指紋センサーであり、ICカードHを自然に手で持った際触れた指にて指認証処理を行えるように、指紋センサーを習性的に把持傾向にある部域に亙り配設したICカードHである。 That, IC card H is a sensor unit a fingerprint reader to extract features of the individual, to allow the finger authentication with finger touching when held by hand the IC card H naturally habit illustrating a fingerprint sensor an IC card H which is disposed over a part region in the gripping trend.

【0089】前記ICカードAでは、指紋センサー1の定位置を使用者が認識し指を当てる行為をする必要があるが、ICカードHでは認証用センサー1が占める表面積の割合を大きく、かつ図8に示したように人間の特性に注目してICカードHを使用する際に習性的に指で触る頻度の高い部分に、指紋センサー1を配置することにより、使用者がICカードHを持った時点で自動的に指紋認証処理を実行することができ、極めて使用し易いI [0089] In the IC card A, it is necessary to act against the recognizing user to place the fingerprint sensor 1 finger, increase the ratio of surface area occupied by the IC card H authenticating sensor 1, and FIG. the habit to part frequent touching with a finger when, as shown in 8 by focusing on human characteristics using the IC card H, by disposing the fingerprint sensor 1, the user has the IC card H point can be automatically executes the fingerprint authentication process has, easy to extremely use I
CカードHを提供することができる。 It is possible to provide a C card H.

【0090】以上、ICカードとして、その基本構成としてカード例1を説明し、更なる利便性を向上させるべくカード例2乃至8を説明したが、それぞれの構成の利点を複合させて、それぞれの利点を持たせることが可能であり、そのための機能モジュールを複数有するICカードにすることにより、より使い勝手の良いICカードが提供できる。 [0090] above, an IC card, describes card Example 1 as its basic configuration, has been described card Examples 2 to 8 to improve the further convenience, by combining the advantages of each structure, each it is possible to have the advantage, by the IC card to the plurality have a function module therefor, can provide a more user-friendly IC card.

【0091】(セキュリティレベル設定判定方法例)次に、前記カード例1〜8に適用するセキュリティレベル設定判別方法例の処理手順を説明する。 [0091] (security level setting determination method Example) Next, a processing procedure of the security level setting determination method example applied to the card Examples 1-8.

【0092】ICカードA〜Hの不揮発性メモリ3にサービス内容に応じたサービス利用権情報を記憶させることにより、当該サービス使用権情報に基づきサービス提供時における認証用センサー部1による個人認証必要性の有無を任意に設定可能であり、様々なサービスセキュリティレベルの設定が可能となり、よってサービスプロバイダーからの要求に応えることが可能となる。 [0092] The non-volatile memory 3 of the IC card A~H by storing the service usage right information corresponding to the service content, personal authentication required due authentication sensor unit 1 at the time of service provision on the basis of the service usage right information It can be set whether the arbitrarily, it is possible to set a variety of services security level, thus making it possible to respond to requests from the service provider. そして、サービスを要求する際に、ICカードA〜Hの不揮発性メモリ3の記憶状態から、個人認証の必要性の有無を判別する。 Then, when requesting a service, from the storage state of the nonvolatile memory 3 of the IC card A to H, to determine the presence or absence of need for personal authentication.

【0093】例えば、ICカードA〜Hを定期券、回数券として利用する場合、それぞれ、定期利用期間、利用回数がサービス使用権情報のサービス提供条件として不揮発性メモリ3に記憶される。 [0093] For example, a commuter pass the IC card A to H, if utilized as a coupon ticket, respectively, subscription period, the number of times of use are stored in the nonvolatile memory 3 as a service providing condition of service usage right information. これにより、サービス使用権情報として、ICカードA〜Hでの個人認証処理を行うことなく、サービスの受益の、期限的な、回数的な制約を加えることが可能となる。 Thus, as the service usage right information, without performing the personal authentication processing in the IC card A to H, the beneficiary of the service, deadline manner, it is possible to add a number of constraints. 定期券としてICカードA〜Hを利用する場合、受益期間中個人認証を不必要として設定可能であり、面倒な処理が不要となる。 If you want to use the IC card A~H as a commuter pass, the personal authentication in the beneficiary period can be set as unnecessary, tedious process becomes unnecessary.

【0094】また、回数券としてICカードA〜Hを利用する場合、個人認証が不必要な回数を同時に改札機にて確認でき、ICカードA〜H内に保持されている利用回数を減じればよい。 [0094] In addition, in the case of using the IC card A~H as the number of times tickets, personal authentication can be confirmed by the unnecessary number of times at the same time ticket gate, which reduces the number of times of use, which is held in the IC card A~H Bayoi. 回数券の場合においても使用期限があるような場合には、サービス受益期間も設定することにより対処可能となる。 If in the case of tickets be such that an expiration date is also made possible addressed by setting the service beneficiary period. また、サービス提供条件が特に無く、個人認証の必要性の有無だけを設定することが可能である。 Further, the service providing condition is no particular, it is possible to set only the presence or absence of the need for personal authentication. 具体的には、以下に説明するICカードシステムにICカードA〜Hの使用方法の実施例にて説明する。 More specifically described in Examples of how to use the IC card A~H the IC card system described below.

【0095】 [0095]

【実施例】カード例のICカード使用方法例の実施手順を説明する。 The implementation procedure of the IC card using the exemplary method of EXAMPLES card will be described. 前記本使用方法例の説明に先立って、本使用方法例が利用するICカードサービス利用システムα Wherein prior to the description of the usage example, IC card service system to which the present usage example uses α
を図9について説明する。 About 9 will be described. ICカードサービス利用システムαは、前記カード例1〜8のセキュリティレベル設定判別可能なICカードA〜Hと、当該ICカードA〜 IC card service system α is a security level setting distinguishable IC card A~H of the card Examples 1-8, the IC card A~
Hを処理可能な端末βと、サービスセンタ(サーバ)γ A terminal β capable of processing H, the service center (server) gamma
とを有する。 With the door.

【0096】サービスセンタγと端末βは専用回線、ネットワーク回線若しくはそれらの結合された通信網等の通信回線δで接続され、一方、セキュリティレベル設定判別可能なICカードA〜Hと端末βは有線、無線何れによる接続であっても良い。 [0096] The service center γ and terminal β are connected by a dedicated line, a network line or a communication line such as those of the combined communication network [delta], whereas, the security level setting distinguishable IC card A~H and terminal β wired it may be connected by any radio.

【0097】上記はシステムαの基本構成であり、適宜必要に応じて各種の装置を追加、又は当該基本構成と同様の動作をする装置に変更可能である。 [0097] The above is the basic configuration of the system alpha, add various devices as necessary as appropriate, or can be modified to a device for the basic configuration and the same operation. 例えば、端末β For example, the terminal β
は当該ICカードA〜Hと情報のやり取りを行えるものであればコンピュータ等の情報通信機器でも良い。 It may be information communication devices such as a computer as long as it allows the exchange of the IC card A~H information. サービスセンタγは複数当該通信回線δに接続され、複数のサービスを提供できるものである方がよいが、一のサービスでも良い。 Service center γ is connected to a plurality the communication line [delta], but is better those capable of providing a plurality of services, may be in one of the service.

【0098】ICカードサービス利用システムαの利用によりICカードA〜Hを使用して端末βを通しサービスを要求する際、予め受けたいサービスに対して、当該サービス提供者であるサービスセンターγとコンタクトして新規登録し、ICカードA〜H及び当該サービスセンタγに利用環境設定を相互間で行う必要性がある。 [0098] When requesting the IC card service system α services through the terminal β using IC card A~H through the use of, for services to be received in advance, a service center γ is the service provider contacts to newly registered, there is a need to perform the usage environment set in the IC card A~H and the service center γ between each other. なお、以下の説明において、回線δ接続等の通常必要となる操作については省略して、本発明の根幹に関わる部分のみを説明する。 In the following description, are omitted normally required to become operations such as connecting line [delta], it will be described only the part related to the basis of the present invention.

【0099】<新規登録>図10は、ICカードA〜H [0099] <new registration> 10, IC card A~H
と連携した端末βでサービスセンタγに対してネットワークサービスを受けるための新規登録の際のICカードサービス利用システムαの利用ステップを示したものである。 It shows the IC card service step of utilizing the system α upon new registration for receiving a network service to the service center γ in the terminal β conjunction with.

【0100】先ず、端末βからユーザ個人に対して個人IDの要求がなされる(ST1)。 [0100] First, a request for personal ID is made to the individual user from a terminal beta (ST1). 投入後、ICカードA〜Hにて個人認証が行われ(ST2)、個人認証の結果(ST3)、既に登録されている個人情報と一致すれば、サービスセンタγに個人IDが送信され(ST After the addition, the personal authentication by the IC card A~H is performed (ST2), the personal authentication result (ST3), already if they match the personal information registered, personal ID is transmitted to the service center gamma (ST
4)、不一致であれば、ユーザに対して登録不可通知が提示される(ST5)。 4) In the case of a mismatch, and a registration failure notification to the user is presented (ST5). なお、ST2は必要に応じて省略可能であり、その場合にはST4へ進むことになる。 Incidentally, ST2 may be omitted as necessary, and the flow proceeds to ST4 in that case.

【0101】ST4の後、サービスセンタγ内のサーバにおいて個人IDがチェックされる(ST6)。 [0101] After the ST4, personal ID is checked in the server of the service center γ (ST6). ここでの個人IDのチェックとは、例えば、ICカードA〜H A check of the personal ID of here, for example, IC card A~H
内の書換不可能なメモリ6に記憶されている個人IDがそのサービスセンタγの規定に当てはまっているかどうかとか、各サービスセンタγ間でのサービスを提供しないように予め個人IDをリストとして保有しておりそのリスト中に該当するかどうかとか、サービス提供開始前にサービスをカード保持者が要求してきた際にサービスを提供しないようにする等の、サービスセンタγがサービスを提供しても良いかどうかを個人IDに基いてチェックする。 Toka whether the personal ID is true for the provision of the service center γ stored in the rewritable memory 6 of the, held as a list in advance the personal ID to not provide service between the service center γ Toka whether are applicable in its list, or such as to ensure that the card holder the service before the service launch does not provide the service at the time, which has been requested, service center γ may provide the service to check on the basis of personal ID how.

【0102】そして、利用可能か否かが判定される(S [0102] Then, whether or not it is possible to use is determined (S
T7)。 T7). この際、サービス利用が不可であればユーザに対して登録不可通知が提示され(ST5)、利用可能であれば、サービスセンタγ内のサーバにおいて新規サービスに対する個人IDをサービスセンタγに登録し(S At this time, the registration failure notification to the user if impossible is service is presented (ST5), and registers the personal ID for the new service to the service center gamma available, the server in the service center gamma ( S
T8)、ユーザに登録完了を通知し(ST9)、ICカードの不揮発性メモリ3にサービスIDを記録登録する(ST10)。 T8), and notifies the registration completion to the user (ST9), the service ID and records registered in the nonvolatile memory 3 of the IC card (ST10).

【0103】<サービス利用環境の設定>図11は、ユーザが新規登録済みのICカードA〜Hにサービス利用環境を設定して設定情報をサービスセンタγに通知後、 [0103] <service usage setting of the environment> 11, after the notification setting information the user to set the service environment to a new registered IC card A~H to the service center γ,
ICカードA〜Hに当該設定情報を書き込むという、サービス利用環境の設定の際のICカードサービス利用システムαの実行進歩ステップの動作を示したものである。 Of writing the setting information in the IC card A to H, it shows the operation of the IC card service execution advances step of utilizing the system α during setting of service environment.

【0104】先ず、端末βからユーザに対して、個人I [0104] First of all, to the user from the terminal β, individual I
Dの要求がなされる(S1)。 D request is made (S1). 投入後、ICカードA〜 After the introduction, IC card A~
Hにて個人認証が行われる(S2)。 Personal authentication is performed in the H (S2). 個人認証の判定(S3)により、既に登録済みの個人情報と一致しない場合にはユーザに対して登録不可通知を提示し(S The determination of the personal authentication (S3), if not already match the registered personal information presenting a registration failure notification to the user (S
4)、一致する場合には端末βにてサービス利用環境設定を行う(S5)。 4) If they match do service configuration at terminal beta (S5).

【0105】当該サービス利用環境の設定として、セキュリティレベル設定判定方法例として前記したように、 [0105] As setting of the service environment, as described above as the security level setting determination method example,
例えばICカードA〜Hでの個人認証が不要なサービス受益期間や回数を設定することができる。 For example, it is possible that personal authentication of the IC card A~H to set the unnecessary services beneficiaries period and number of times. その後、サービスセンタに個人ID及び設定したサービス利用環境を送信する(S6)。 Then sends the personal ID and the setting and service environment to the service center (S6).

【0106】サービスセンタγ内のサーバでは、送信されたサービス利用環境を確認する(S7)。 [0106] In the server in the service center gamma, confirms service environment transmitted (S7). 確認判定(S8)により、不適切であればユーザへ登録不可通知を提示し(S4)、適切であればサービス利用環境の設定登録を行い(S9)、ユーザに登録完了を通知し(S Reviewing determined (S8), if improperly presents a registration failure notification to the user (S4), if appropriate to set registration service environment (S9), and notifies the registration completion to the user (S
T10)、ICカードの不揮発性メモリ3にサービス利用環境データを書き込み登録する(ST11)。 T10), to write register the service utilization environment data in non-volatile memory 3 of the IC card (ST11).

【0107】(実用例)以上の設定を行ったのちの実行手順の実用例を以下に示すが、ここでは、サービスとして定期刊行物電子配信サービス及び電子改札券サービスを挙げ、サービス提供条件が受益回数、受益期間のそれぞれについて順に説明していく。 [0107] (Practical Example) more practical example of the execution procedure of after the setting was performed are shown below, where the mentioned journals electronic distribution service and the electronic ticket gate ticket service as a service, the service providing conditions beneficial number of times, will be described in the order for each of the beneficiary period.

【0108】<定期刊行物電子配信サービスの場合>図12、図13は、ICカードによる定期刊行物電子配信サービスを想定した際のICカードサービス利用システムαの実行手順を示したものであり、サービス提示条件が図12では受益期間の場合、図13では受益回数の場合である。 [0108] <periodicals case of the electronic distribution service> 12 and 13, is limited to showing the execution procedure of the IC card service system α at the time of assuming a periodical electronic distribution service by the IC card, If the service presentation condition in FIG. 12, beneficiary period is when the beneficiary number in Figure 13.

【0109】図12のサービス提供条件が受益期間の場合について説明する。 [0109] service providing condition of FIG. 12 will be described for the case of beneficiary period. 先ず、端末βから個人に対して個人IDの要求がなされる(SE1)。 First, a request for personal ID is made to individual from the terminal beta (SE1). 投入すると、IC When turned on, IC
カードA〜Hによる個人認証の要否の確認がなされる(SE2)。 Confirmation of the necessity of personal authentication by the card A~H is made (SE2). ここで、個人認証不必要サービス受益期間外であり個人認証が必要と判断されると、個人認証が行われ(SE3)、その結果が既に登録済みの個人情報と一致不一致の判定がなされる(SE4)。 Here, the personal authentication unnecessary a service beneficiary period out personal authentication is deemed necessary, the personal authentication is performed (SE3), the result is already determined match or mismatch with the registered personal information is made ( SE4).

【0110】不一致の場合にはユーザに電子配信不可の通知を行い(SE5)、一致した場合にはサービスセンタγのサーバに対し、個人ID及びサービスIDが送信される(SE6)。 [0110] performs the notification of electronically delivered not to the user in the case of disagreement (SE5), to the server of the service center γ if a match is found, the personal ID and service ID is transmitted (SE6). 一方、SE2にて不要であると判断された場合には、サービスセンタγ内のサーバに対し、 On the other hand, if it is determined to be unnecessary at SE2, compared server in the service center gamma,
個人ID及びサービスIDが送信される(SE6)。 Personal ID and the service ID is transmitted (SE6).

【0111】サービスセンタγ内のサーバにおいて、受信した個人ID及びサービスIDを確認する(SE [0111] In the server in the service center gamma, confirms personal ID and the service ID received (SE
7)。 7). ここで、確認判定(SE8)の結果、利用不可であればユーザに対し電子配信不可を通知し(SE5)、 Here, the confirmation judgment of (SE8) result, notifies the electronic distribution impossible for the user if it is not available (SE5),
利用可能であればユーザに対して定期刊行物電子配信がサービスセンタγから端末βに対して行われる(SE Periodicals electronic distribution is carried out for from the service center γ terminal β against, if available user (SE
9)。 9). 電子配信終了後、ユーザはサービスセンタγのサーバに対して電子配信完了を通知する(SE10)。 After the electronic distribution end, the user informs the electronic distribution completion to the server of the service center gamma (SE10). これにより一連の動作が終了する。 This series of operations is completed.

【0112】次に、図13のサービス提供条件が受益回数の場合を説明する。 [0112] Next, the service providing condition of FIG. 13 illustrating a case of beneficiary number. 先ず、端末βから個人に対して個人IDの要求がなされる(SE1)。 First, a request for personal ID is made to individual from the terminal beta (SE1). 投入すると、IC When turned on, IC
カードA〜Hによる個人認証の要否の確認がなされる(SE2)。 Confirmation of the necessity of personal authentication by the card A~H is made (SE2). ここで、個人認証不必要サービス回数外であり個人認証が必要と判断されると、個人認証が行われ(SE3)、その結果が既に登録済みの個人情報と一致不一致の判定がなされる(SE4)。 Here, the personal authentication unnecessary a service number out personal authentication is deemed necessary, the personal authentication is performed (SE3), the result is already determined match or mismatch with the registered personal information is made (SE4 ).

【0113】不一致の場合ユーザにサービス利用不可の通知を行い(SE5)、一致した場合サービスセンタγ [0113] performs the notification of the service unavailable to the user case of disagreement (SE5), if you match service center γ
内のサーバに対し、個人ID及びサービスIDが送信される(SE6)。 To the server of the inner, personal ID and the service ID is transmitted (SE6). 一方、SE2にて個人認証不必要回数内であり個人認証不要であると判断された場合には、サービスセンタγ内のサーバに対し、個人ID及びサービスIDが送信される(SE6)。 On the other hand, if it is determined that the personal authentication unnecessary is the unnecessary number personal authentication at SE2, to the server in the service center gamma, personal ID and the service ID is transmitted (SE6).

【0114】サービスセンタγ内のサーバにおいて、受信した個人ID及びサービスIDを確認する(SE [0114] In the server in the service center gamma, confirms personal ID and the service ID received (SE
7)。 7). ここで、確認判定(SE8)の結果、利用不可であればユーザに対し電子配信不可を通知し(SE5)、 Here, the confirmation judgment of (SE8) result, notifies the electronic distribution impossible for the user if it is not available (SE5),
利用可能であればユーザに対して定期刊行物電子配信がサービスセンタγから端末βに対して行われる(SE Periodicals electronic distribution is carried out for from the service center γ terminal β against, if available user (SE
9)。 9). 電子配信終了後、ICカードA〜H内の不揮発性メモリ3内の受益回数データを一減算する処理を行う(SE11)。 After electronic distribution completed, the processing for one subtracted beneficiary number data in the nonvolatile memory 3 in the IC card A to H (SE11). そして、端末β側の処理において、ユーザからのサービスセンタγへ配信完了を通知する(SE Then, the processing of the terminal β side, and notifies the distribution completion to service center γ from the user (SE
12)。 12). そして一連の実行が終了する。 And a series of execution is completed.

【0115】何れの場合においても、サービスセンタγ [0115] In any case, the service center γ
がサービスの提供を行った際に、個人ID、サービスI When There went the provision of services, personal ID, service I
D、実際に受益した回数、その他のサービスの提供に関する情報を電子配信の際同時に端末βに送信し、その情報をICカードA〜H内の不揮発性メモリ3に追加書き込みを行うと共に、当該サービスセンタγ内のサーバにも記憶させておく。 D, actually the number to recipient, the information about the provision of other services transmitted at the same time terminal β time of electronic distribution, performs additional writes the information in the nonvolatile memory 3 in the IC card A to H, the service allowed to also stored in the server in the center gamma.

【0116】そして、次回サービス提供の要求がなされた場合に、端末βからサービスセンタγに個人ID、サービスIDを送信する(SE6の)際に、同時に不揮発性メモリ3内に追加書込した情報も同時に送信し、サービスセンタγでの個人ID、サービスIDの確認(SE [0116] When the request for the next service provision has been made, the personal ID to the service center γ from the terminal beta, and transmits the service ID when (SE6) of the information added writing simultaneously nonvolatile memory 3 also transmitted at the same time, confirmation of personal ID, service ID of the service center γ (SE
7)の際、同時にICカードA〜Hに追加書き込みされていた情報と、サービスセンタγ内に追加書き込みした情報とが同一であるか否かを判断することにより、不正な取り引きをなくすことができる。 During 7), by determining the information which is additionally written to the IC card A~H simultaneously, whether or not the additional write information is identical to the service center gamma, eliminating the illegal transactions it can.

【0117】これにより、定期刊行物電子配信の様な電子商品取引において、所定の規定を有した基準を個々のサービスに対して定めることにより、電子商品取引において不正な取り引きを防止し、円滑な経済、商業活動が行われる。 [0117] Thus, in the electronic commodity trading such as periodicals electronic distribution, by defining the criteria having a predetermined specified for individual services, to prevent unauthorized transactions in the electronic commodity trading, smooth economic, commercial activities are carried out.

【0118】<電子改札券サービスの場合>図14、図15に電子改札券サービスを想定した際のICカードサービス利用システムαの利用を示したものである。 [0118] <the case of an electronic ticket gate ticket service> Figure 14 illustrates the use of the IC card service system α at the time of assuming the electronic ticket gate ticket service in Figure 15. 図1 Figure 1
4はサービス受益期間が設定された場合、具体的には定期券の場合、図15はサービス受益回数が設定された場合、具体的には期限無しの回数券の場合である。 4 If the service beneficiary period is set, the season ticket specifically, FIG. 15 when the service beneficiary number is set, specifically a case of ticket number without limit.

【0119】サービス受益期間が設定された場合について、図14を参照しながら説明する。 [0119] For the case where the service beneficiary period is set, it will be described with reference to FIG. 先ず、改札ゲートから個人のICカードA〜Hに対してサービスIDが送信される(SG1)。 First, the service ID is transmitted to the personal IC card A~H from ticket gate (SG1). すると、当該サービスの個人認証の要否がICカードA〜H内の不揮発性メモリ3のサービス使用権情報により確認される(SG2)。 Then, necessity of the personal authentication of the service is confirmed by the non-volatile service usage right information in the memory 3 in the IC card A to H (SG2).

【0120】個人認証が必要と判断された場合には個人認証が行われ(SG3)、認証結果の判定がなされる(SG4)。 [0120] When the personal authentication is determined to be necessary personal authentication is performed (SG3), the authentication result is determined is made (SG4). そして、偽であると判定された場合には、 When it is determined to be false,
改札ゲートは閉鎖状態となる(SG5)。 Ticket gate will be closed (SG5). 一方、正であると判定された場合には、ICカードA〜H内でサービス受益期間の照合がなされ(SG6)、サービス受益期間対象内である場合、改札ゲートに対して通過依頼を要求し(SG7)、改札ゲートは開放状態となる(SG On the other hand, if it is determined to be positive is, IC card A~H the matching service beneficiary period is made (SG6), if it is within the service beneficiary period subject requests pass request to ticket gate (SG7), wicket gate is in an open state (SG
8)。 8). サービス受益期間対象外である場合、改札ゲートは閉鎖状態となる(SG5)。 If the service beneficiary period covered, ticket gate becomes closed (SG5).

【0121】個人認証が不要であると判断された場合、 [0121] If the personal authentication is determined to be unnecessary,
ICカードA〜H内でサービス受益期間の照合がなされる(SG6)。 Matching service beneficiary period is made in the IC card A to H (SG6). サービス受益期間対象内と判断されたら、改札ゲートに対して通過依頼を要求し(SG7)、 If it is determined the service beneficiary period in the target, and requests the passing request to ticket gate (SG7),
改札ゲートは開放状態となる(SG8)。 Ticket gate is in an open state (SG8). サービス受益期間対象外と判断されたら、改札ゲートは閉鎖状態となる(SG5)。 Once the service beneficiary period covered and is determined, ticket gate becomes closed (SG5).

【0122】サービス受益回数が設定された場合について、図15を参照しながら説明する。 [0122] For the case where the service recipient number is set will be described with reference to FIG. 15. 先ず、改札ゲートから個人のICカードA〜Hに対してサービスIDが送信される(SG1)。 First, the service ID is transmitted to the personal IC card A~H from ticket gate (SG1). すると、当該サービスの個人認証の要否がICカードA〜H内の不揮発性メモリ3のサービス使用権情報により確認される(SG2)。 Then, necessity of the personal authentication of the service is confirmed by the non-volatile service usage right information in the memory 3 in the IC card A to H (SG2).

【0123】個人認証が必要とされた場合には、個人認証が行われ(SG3)、認証結果の判定がなされる(S [0123] When the personal authentication is required, the personal authentication is performed (SG3), it is made the determination of the authentication result (S
G4)。 G4). そして、偽であると判定されたら、改札ゲートは閉鎖状態となる(SG5)。 Then, if it is determined to be false, ticket gate becomes closed (SG5). 正と判定されたら、IC If it is determined that the positive, IC
カードA〜H内でサービス受益期間の照合なされ(SG Made in the collation of the service beneficiary period in the card A~H (SG
6)、サービス受益回数内である場合、改札ゲートに対して通過を依頼し(SG7)、改札ゲートは開放状態となり(SG8)、ICカードA〜H内の不揮発性メモリー3内の受益回数減算処理を行う(SG9)。 6), when it is within the service beneficiary number, and ask the passage against ticket gate (SG7), ticket gate becomes an open state (SG8), beneficiary number subtraction in the nonvolatile memory 3 in the IC card A~H processing is carried out (SG9). サービス受益期間対象外である場合、改札ゲートは閉鎖状態となる(SG5)。 If the service beneficiary period covered, ticket gate becomes closed (SG5).

【0124】個人認証が不要とされた場合には、ICカードA〜H内でサービス受益期間の照合なされる(SG [0124] If the personal authentication is not required is made collation of service beneficiary period in the IC card A~H (SG
6)。 6). そして、サービス受益期間対象内である場合、改札ゲートに対して通過を依頼し(SG7)、改札ゲートは開放状態となり(SG8)、ICカードA〜H内の不揮発性メモリー内の受益回数減算処理を行う(SG Then, if it is within the service beneficiary period subject to request a pass against ticket gate (SG7), ticket gate becomes an open state (SG8), beneficiary number subtraction process nonvolatile memory in the IC card A~H is carried out (SG
9)。 9). 一方、サービス受益期間対象外である場合、改札ゲートは閉鎖状態となる(SG5)。 On the other hand, if the service beneficiary period covered, ticket gate becomes closed (SG5).

【0125】定期刊行物電子配信サービスの場合と同様に電子改札券の場合においても、個人ID、サービスI [0125] In the case of the case of periodical publications electronically delivered services and the electronic ticket gate ticket as well, personal ID, service I
D、実際に受益した回数、その他のサービスの提供に関する情報を、改札ゲート内の記憶装置にに追加書き込みできる様にすることにより不正なサービス要求に対する防止が可能となる。 D, actually the number to recipient, the information about the provision of other services, it is possible to prevent against fraudulent service requests by the way possible additional write to the storage device in the ticket gate.

【0126】つまり、認証不要と判断した場合には認証要否の判定(SG2)後、認証必要と判断した場合には個人認証判定(SG4)後に、電子改札券内の追加書き込み情報の過去の履歴を改札ゲートに送信し、送信された情報と、改札ゲート内の記憶装置内に追加書き込みされた情報と一致するかどうかを確認することにより、不正なサービス要求に対処できる。 [0126] In other words, after authentication unnecessary and the determination of the authentication necessity if it is determined (SG2), after the personal authentication judgment (SG4) if it is determined that the authentication necessary, of the past of the additional write information in the electronic ticket gate ticket send a history ticket gate, and the transmitted information, by checking if it matches the additional write information in the storage device in the ticket gate, it is possible to cope with the unauthorized service request.

【0127】また、必ずしも改札ゲート内に追加書き込みできる記憶装置を設ける必要はなく、幾つもの改札ゲートと接続したセンタに個人情報、追加書き込む情報を記憶させて不正なサービス要求の防止を行うことができる。 [0127] Also, it is not always necessary to provide a memory device capable additional writing in the ticket gate, personal information center that is connected to ticket gate of a number, and stores the additional write information is possible to prevent unauthorized service requests it can.

【0128】さらに、逐一不正なサービス要求防止のための確認を行うと確認する情報が膨大となる場合があるので、通常は前回のサービス要求提供の際に改札ゲートとICカードA〜Hとでのやり取りを行ったデータのみが一致するか否か確認し、必要に応じて過去履歴を確認する等のサービスの内容、セキュリティレベルに応じて適宜変更を加えることにより、敏速なサービス要求提供の作業がなされる。 [0128] In addition, since the information to make sure to perform the confirmation of the order of one by one rogue service request prevention may become enormous, usually at the ticket gate and the IC card A~H at the time of the previous service request provides check whether only the data exchange was performed in the match, the content of the service, such as to check the past history as necessary, by appropriately modified depending on the security level, the work of providing prompt service request It is made.

【0129】 [0129]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
高いセキュリティが必要なサービス、それほど高くないサービス等のようにセキュリティレベルの異なるサービスに対して、柔軟に個人認識の処理の有無を設定でき、 High security is required service, for different security levels service as such is not so high service, flexibility to set the presence or absence of processing of personal recognition,
極めて利便性の高いICカード、ICカード使用方法、 Extremely highly convenient IC card, IC card usage,
セキュリティレベル設定判別方法を提供することができる。 It is possible to provide a security level setting discrimination method. また、ヒューマンインターフェイスを具えたICカード、ICカードサービス利用システムを同時に提供することができる。 In addition, it is possible to provide IC card equipped with a human interface, the IC card service system at the same time. 更に、不正使用に対して極めて耐性の高いICカード、ICカード使用方法、セキュリティレベル設定方法を提供することができる。 Furthermore, it is possible to provide an extremely highly resistant IC card, IC card usage, the security level setting against unauthorized use.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態を示すICカードの基本構成であるカード例1の内部構成ブロック図である。 1 is an internal block diagram of a card Example 1 is a basic configuration of an IC card showing an embodiment of the present invention.

【図2】同上カード例1に出力部を追加したカード例2 [Figure 2] card Added output portion ibid card Example 1 Example 2
の内部構成ブロック図である。 It is an internal block diagram of a.

【図3】同上カード例2に受益サービス選択部を追加したカード例3の内部構成ブロック図である。 Figure 3 is an internal block diagram of a card Example 3 was added the beneficiary service selector in ibid card Example 2.

【図4】同上カード例1に音声入力部、音声出力部を追加したカード例4の内部構成ブロック図である。 Voice input section in FIG. 4 ditto card Example 1, an internal configuration block diagram of a card Example 4 was added the audio output unit.

【図5】同上カード例1に手書き入力部を追加したカード例5の内部構成ブロック図である。 Figure 5 is an internal block diagram of a card Example 5 was added a handwriting input unit in ibid card Example 1.

【図6】同上カード例1に電源スイッチを追加したカード例6の内部構成ブロック図である。 Figure 6 is an internal block diagram of the card Example 6 was added the power switch ibid card Example 1.

【図7】カード例1に電源スイッチ信号発生部を追加したカード例7の内部構成ブロック図である。 7 is an internal block diagram of a card Example 7 was added a power switch signal generating unit to the card Example 1.

【図8】本発明の実施の形態を示すカード例8の内部構成ブロック図である。 8 is an internal block diagram of a card Example 8 showing an embodiment of the present invention.

【図9】本発明の実施の形態の実施例を示すICカード使用方法例が利用するICカードサービス利用システムの模式図である。 9 is a schematic view of an IC card service system IC card usage example of an embodiment of the embodiment of the present invention is utilized.

【図10】同上使用方法例における新規登録の際のIC [Figure 10] IC at the time of the new registration in the same as above How to use examples
カードサービス利用システムの利用を示したフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the use of the card service system.

【図11】同上使用方法例を示すサービス利用環境設定の際のICカードサービス利用システムの利用を示したフローチャートである。 11 is a flowchart showing the use of the IC card service system when the service configuration showing the same usage example.

【図12】同上実用例を示す定期刊行物電子配信サービスの受益期間を想定した場合のICカードサービス利用システムの利用を示したフローチャートである。 12 is a flowchart showing the use of the IC card service system in which it is assumed beneficiary period journals electronic distribution service showing the same working example.

【図13】同上の実用例に示す定期刊行物電子配信サービスの受益回収を想定した場合のICカードサービス利用システムの利用を示したフローチャートである。 13 is a flowchart showing the use of the IC card service system in which it is assumed beneficiaries recovery journals electronic distribution service indicated in practical example of the same.

【図14】同上の他の実用例を示す電子改札券サービスシステムの受益期間を想定した場合のICカードサービス利用システムの利用を示したフローチャートである。 14 is a flowchart showing the use of the IC card service system in which it is assumed beneficiary period other electronic ticket gate ticket service system showing a practical example of the same.

【図15】同上の他の実用例を示す電子改札券サービスシステムの回数券を想定した場合のICカードサービス利用システムの利用を示したフローチャートである。 15 is a flowchart illustrating the use of another practical example of assuming the tickets electronic ticket gate ticket service system showing an IC card service system; FIG.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…認証用センサー部 2…データ処理部 3…不揮発性メモリ 4…電源関係部 5…主記憶部 6…書換不可能なメモリ 7…データ入出力部 8…出力部 9…受益サービス選択部 10…音声出力部 11…音声入力部 12…手書き入力部 13…電源スイッチ 14…電源スイッチ信号発生部 A,B,C,D,E,F,G,H…ICカード α…ICカードサービス利用システム β…端末 γ…サービスセンタ δ…通信回線 1 ... authentication sensor unit 2 ... data processing unit 3 ... nonvolatile memory 4 ... power relationship 5 ... main storage unit 6 ... rewritable memory 7 ... data input section 8 ... output unit 9 ... beneficiary service selection unit 10 ... sound output unit 11 ... sound input section 12 ... handwriting input section 13: power supply switch 14 ... power switch signal generating unit A, B, C, D, E, F, G, H ... IC card alpha ... IC card service system β ... terminal γ ... service center δ ... communication line

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 FI G06K 19/073 G06K 19/00 P (72)発明者 加藤 喜久次 東京都新宿区西新宿三丁目19番2号 日本 電信電話株式会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 6 identification symbol FI G06K 19/073 G06K 19/00 P (72 ) inventor Kikuji Kato Tokyo Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku, Third Street No. 19 No. 2 Nippon telegraph and telephone the Corporation

Claims (45)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】所望のサービスを要求するに当たり、 予め設定したセキュリティレベルに照して必要と判別された場合に限り個人認証処理を実行する、 ことを特徴とするセキュリティレベル設定判別方法。 Upon 1. A requests the desired service, performing a personal authentication process only when it is determined necessary to light of the security level set in advance, the security level setting determination method characterized by.
  2. 【請求項2】所望のサービスを要求するに当たり、 当該要求するサービスの内容に応じて個人認証必要性に関する情報を予めサービス要求手段に記憶させておき、 サービス要求の際に前記サービス要求手段内の個人認証必要性に関する情報に基いて個人認証確認の有無を判別する、 ことを特徴とするセキュリティレベル設定判別方法。 Upon wherein requesting a desired service, may be stored in advance in the service request means information about personal authentication needs in accordance with the contents of the service that the request, in the service request means when the service request to determine the presence or absence of personal authentication check on the basis of information regarding personal authentication needs, security level setting determination method characterized by.
  3. 【請求項3】複数のサービス内から所望のサービスを要求するに当たり、 当該要求する各サービスに応じて個人認証必要性に関する情報を予め一のサービス要求手段に記憶させておき、 サービス要求の際に前記サービス要求手段内の個人認証必要性に関する情報に基いて個人認証の有無を判別する、 ことを特徴とするセキュリティレベル設定判別方法。 Upon the wherein the plurality of service requesting desired service, according to each service to the request may be stored in advance in one service request means information about personal authentication necessity, when the service request to determine the presence or absence of personal authentication based on the information regarding personal authentication necessity in the service request unit, the security level setting determination method characterized by.
  4. 【請求項4】前記個人認証必要性に関する情報は、 サービスID、サービス提供条件、個人認証の要不要情報を含む、 ことを特徴とする請求項2又は3に記載のセキュリティレベル設定判別方法。 Wherein the information on the personal authentication needs, the service ID, service providing condition, including Yes No information personal authentication, security level setting determination method according to claim 2 or 3, characterized in that.
  5. 【請求項5】前記個人認証必要性に関する情報は、 サービス毎の初期設定後、任意に追加書き込まれる、 ことを特徴とする請求項2、3又は4に記載のセキュリティレベル設定判別方法。 Information regarding wherein said personal authentication necessity after the initial setting for each service, are written added to any security level setting determination method according to claim 2, 3 or 4, characterized in that.
  6. 【請求項6】サービス内容に応じて個人認証に必要なセキュリティレベルを予め記憶する手段を自有する、ことを特徴とするICカード。 6. A self-chromatic means for previously storing a security level required for personal authentication according to the service contents, IC card, characterized in that.
  7. 【請求項7】認証用センサー部、データ処理部、不揮発性メモリ、電源関係部、主記憶部、書換不能なメモリ及びデータ入出力部を有するICカードにおいて、 前記不揮発性メモリ内に予め記憶させたサービス使用権情報に基づき前記認証用センサー部で検出したある固有の身体的特徴との照合一致を前記データ処理部が判定する一連の機能を持たせる、 ことを特徴とするICカード。 7. The authentication sensor unit, the data processing unit, a non-volatile memory, power supply related unit, a main storage unit, the IC card having a non-rewritable memory and data input-output unit, stored in advance in the nonvolatile memory service entitlement said collation coincidence with certain inherent physical characteristics detected by the authentication sensor unit based on the information data processing unit to have a series of functions is determined, IC card, characterized in that the.
  8. 【請求項8】前記サービス使用権情報は、 サービスID、サービス提供条件及び前記認証用センサー部によるICカード使用者のある固有の身体的特徴情報である、 ことを特徴とする請求項7に記載のICカード。 Wherein said service usage right information, according to claim 7, service ID, is a unique physical feature information with IC card user by the service providing condition and the authentication sensor unit, characterized in that IC card.
  9. 【請求項9】前記サービス提供条件は、 サービス受益期間、サービス受益回数の何れか又は双方である、 ことを特徴とする請求項8に記載のICカード。 Wherein said service providing condition, service beneficiary period is either or both of the service recipient number, IC card according to claim 8, characterized in that.
  10. 【請求項10】前記書換不可能なメモリは、 個人認証用データ、個人ID、カードIDを記憶する機能を有する、 ことを特徴とする請求項7、8又は9に記載のICカード。 Wherein said rewritable memory is personal identification data, personal ID, IC card according to claim 7, 8 or 9 has a function of storing the card ID, and characterized in that.
  11. 【請求項11】前記書換不可能なメモリは、 物理的構造上書き換え不可能なメモリである、 ことを特徴とする請求項7、8、9又は10に記載のI Wherein said rewritable memory is a physical structure on the non-rewritable memory, according to claim 7, 8, 9 or 10, characterized in that I
    Cカード。 C card.
  12. 【請求項12】前記書換不可能なメモリは、 データ構造上書き換えることが不可能なメモリである、 ことを特徴とする請求項7、8、9又は10に記載のI 12. The rewritable memory is a memory that can not be rewritten on the data structure, according to claim 7, 8, 9 or 10, characterized in that I
    Cカード。 C card.
  13. 【請求項13】前記不揮発性メモリは、 追加書き込み自在とする、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11又は1 13. The nonvolatile memory of claim 7,8,9,10,11 or 1, characterized in that, to freely add write
    2に記載のICカード。 IC card according to 2.
  14. 【請求項14】前記電源関係部は、 電源供給部を有する、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11、12 14. The power relations section, claim having a power supply unit, it is characterized 7,8,9,10,11,12
    又は13に記載のICカード。 Or 13 IC card according to.
  15. 【請求項15】前記電源関係部は、 電源供給を受けるための電源供給用端子を有する、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11、12 15. The power relations section, claim having a power supply terminal for receiving a power supply, characterized in that 7,8,9,10,11,12
    又は13に記載のICカード。 Or 13 IC card according to.
  16. 【請求項16】前記データ処理部は、 前記不揮発性メモリ内に記憶され情報を検索し定処理する機能を具備する、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11、1 16. The data processing unit according to claim wherein the searching information stored in the nonvolatile memory provided with a function of a constant process, characterized in that 7,8,9,10,11,1
    2、13、14又は15に記載のICカード。 IC card according to 2,13,14 or 15.
  17. 【請求項17】前記データ処理部は、 前記主記憶部、前記書込不可能なメモリ及び前記不揮発性メモリにある情報を検索しそれぞれ定処理する機能をさらに具備する、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11、1 17. the data processing unit, said main memory unit further comprises a search function for constant processing each information in said write non memory and said non-volatile memory, and wherein the billing section 7,8,9,10,11,1
    2、13、14、15又は16に記載のICカード。 IC card according to 2,13,14,15 or 16.
  18. 【請求項18】前記ICカードは、 ヒューマンインターフェイス部をもさらに具備する、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11、1 18. The IC card according to claim further comprising also a human interface unit, it is characterized in 7,8,9,10,11,1
    2、13、14、15、16又は17に記載のICカード。 IC card according to the 2,13,14,15,16 or 17.
  19. 【請求項19】前記ヒューマンインターフェイス部は、 人手入力自在な入力部を具備する、 ことを特徴とする請求項18に記載のICカード。 19. The human interface unit, IC card according to claim 18 having a manpower input freely input unit, it is characterized.
  20. 【請求項20】前記ヒューマンインターフェイス部は、 外部認識自在な出力部を具備する、 ことを特徴とする請求項18に記載のICカード。 20. The human interface unit, IC card according to claim 18, comprising an external recognition freely output section, it is characterized.
  21. 【請求項21】前記ヒューマンインターフェイス部は、 前記入力部と前記出力部を併せて具備することを特徴とする請求項18に記載のICカード。 21. The human interface unit, IC card according to claim 18, characterized in that it comprises in combination the output portion and the input portion.
  22. 【請求項22】前記入力部は、 受益サービス選択機能を有する、 ことを特徴とする請求項19又は21に記載のICカード。 22. The input section, IC card according to claim 19 or 21 having a beneficial service selection function, it is characterized.
  23. 【請求項23】前記入力部は、 手書き入力手段である、 ことを特徴とする請求項19、21又は22に記載のI 23. The input unit according to claim 19, 21 or 22, characterized a handwriting input means, that I
    Cカード。 C card.
  24. 【請求項24】前記手書き入力手段は、 入力された情報を解読しコード化する手書き入力認識機能を具備する、 ことを特徴とする請求項23に記載のICカード。 24. The handwriting input unit, IC card according to claim 23 having a handwriting input recognition function encoding decodes the information entered, it is characterized.
  25. 【請求項25】前記入力は、 文字入力、図形入力若しくは絵入力又はそれらの組合せである、 ことを特徴とする請求項24に記載のICカード。 25. The input is a character input, a graphical input or picture input or a combination thereof, IC card according to claim 24, characterized in that.
  26. 【請求項26】前記入力部は、 音入力手段である、 ことを特徴とする請求項19又は21に記載のICカード。 26. The method of claim 25, wherein the input unit is a sound input means, IC card according to claim 19 or 21, characterized in that.
  27. 【請求項27】前記音入力手段は、 入力された音を解読しコード化する音声認識機能を有する、 ことを特徴とする請求項26に記載のICカード。 27. The sound input unit, IC card according to claim 26 which decodes the input sound with a voice recognition function of coding, it is characterized.
  28. 【請求項28】前記出力部は、 表示手段、LEDランプ若しくは音出力手段又はこれらの組合せ手段である、 ことを特徴とする請求項20又は21に記載のICカード。 28. The output unit includes a display unit, IC card according to claim 20 or 21 is an LED lamp or the sound output unit or a combination means, characterized in that.
  29. 【請求項29】前記音出力手段は、 コード化されたコードデータを音出力する音合成機能を有する、 ことを特徴とする請求項28に記載のICカード。 29. The sound output unit, IC card according to claim 28 having the sound synthesis function of the sound output coded code data, characterized in that.
  30. 【請求項30】前記入力部と前記出力部は、 一体化された音声入出力手段である、 ことを特徴とする請求項21に記載のICカード。 30. The output unit and the input unit, IC card according to claim 21 which is integrated voice input and output unit, it is characterized.
  31. 【請求項31】前記データ入出力部は、 前記ICカードに対応する端末との通信の為の無線通信機能を具備する、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11、1 31. The data input-output unit, according to claim wherein comprises a wireless communication function for communication with the terminal corresponding to the IC card, characterized in that 7,8,9,10,11,1
    2、13、14、15、16、17、18、19、2 2,13,14,15,16,17,18,19,2
    0、21、22、23、24、25、26、27、2 0,21,22,23,24,25,26,27,2
    8、29又は30に記載のICカード。 IC card according to 8 and 29 or 30.
  32. 【請求項32】前記無線通信機能は、 ISO10536、ISO14443、ISO1569 32. The wireless communication function, ISO10536, ISO14443, ISO1569
    3、PHS方式、IMT2000に準拠する、 ことを特徴とする請求項31に記載のICカード。 3, PHS system, conforming to IMT2000, IC card according to claim 31, characterized in that.
  33. 【請求項33】前記データ入出力部は、 暗号化されたデータを入出力自在とする、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11、1 33. The data input-output unit, according to claim to freely output the encrypted data, it is characterized 7,8,9,10,11,1
    2、13、14、15、16、17、18、19、2 2,13,14,15,16,17,18,19,2
    0、21、22、23、24、25、26、27、2 0,21,22,23,24,25,26,27,2
    8、29、30、31又は32に記載ののICカード。 8,29,30,31 or 32 IC card of according to.
  34. 【請求項34】前記ICカードは、 電源のON/OFFを制御可能とするスイッチ手段を具備する、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11、1 34. The IC card according to claim comprises a switching means for enabling control of the ON / OFF of the power source, and wherein the 7,8,9,10,11,1
    2、13、14、15、16、17、18、19、2 2,13,14,15,16,17,18,19,2
    0、21、22、23、24、25、26、27、2 0,21,22,23,24,25,26,27,2
    8、29、30、31、32又は33に記載のICカード。 IC card according to the 8,29,30,31,32 or 33.
  35. 【請求項35】前記スイッチ手段は、 前記ICカード外部からの信号を受信し、電源供給をO 35. The switching means receives a signal from the IC card externally, the power supply O
    N状態にする機能を有する、 ことを特徴とする請求項34に記載のICカード。 IC card according to claim 34 having the function of the N state, characterized in that.
  36. 【請求項36】前記認証用センサー部は、 指紋読取りセンサー、手書き読取りセンサー、音声センサー若しくは虹彩読取りセンサー、又は前記センサーを組み合わせた複合センサーである、 ことを特徴とする請求項7、8、9、10、11、1 36. The authentication sensor unit, fingerprint reading sensors, handwriting reading sensor, according to claim 7, 8, 9 sound sensor or an iris reading sensor, or a composite sensor that combines the sensor, it is characterized by , 10,11,1
    2、13、14、15、16、17、18、19、2 2,13,14,15,16,17,18,19,2
    0、21、22、23、24、25、26、27、2 0,21,22,23,24,25,26,27,2
    8、29、30、31、32、33、34又は35に記載のICカード。 IC card according to 8,29,30,31,32,33,34 or 35.
  37. 【請求項37】前記認証用センサー部は、 前記ICカードを把持した際に自動的に認証を実行自在な配置とする、 ことを特徴とする、請求項7、8、9、10、11、1 37. The authentication sensor unit is automatically and authentication execution freely placed upon gripping the IC card, characterized in that, claims 7,8,9,10,11, 1
    2、13、14、15、16、17、18、19、2 2,13,14,15,16,17,18,19,2
    0、21、22、23、24、25、26、27、2 0,21,22,23,24,25,26,27,2
    8、29、30、31、32、33、34、35又は3 8,29,30,31,32,33,34,35 or 3
    6に記載のICカード。 IC card according to 6.
  38. 【請求項38】前記配置は、 ICカードの把持する指接触にて自発的に指紋認証処置を実行せしめるよう、当該ICカードの表面の大部分を指紋センサーにて占有せしめる、 ことを特徴とする請求項37に記載のICカード。 38. The arrangement, as that allowed to run spontaneously fingerprint treatment at finger contact grasping the IC card, allowed to occupy a large portion of the surface of the IC card at the fingerprint sensor, and wherein the IC card according to claim 37.
  39. 【請求項39】請求項7、8、9、10、11、12、 39. A claim 7,8,9,10,11,12,
    13、14、15、16、17、18、19、20、2 13,14,15,16,17,18,19,20,2
    1、22、23、24、25、26、27、28、2 1,22,23,24,25,26,27,28,2
    9、30、31、32、33、34、35、36、37 9,30,31,32,33,34,35,36,37
    又は38に記載のICカードと、当該ICカードを処理可能な端末及び当該端末に接続可能なサービスセンタとからなるICカードサービス利用システムの利用に当たり、 最初だけ、前記サービスセンタに前記ICカードを前記端末を介し接続して新規登録を行ってから、前記ICカード及び前記サービスセンタ相互間の利用環境設定をその都度行うことにより、 所望のサービスを当該ICカードと当該サービスセンタ間で要求提供できる、 ことを特徴とするICカード使用方法。 Or an IC card according to 38, per the use of the IC card service system including a service center capable of connecting the IC card can be processed terminal and the terminal, only initially, the IC card to the service center the after performing a new registration by connecting via the terminal, by performing the usage preferences between the IC card and the service center cross each case can providing request a desired service across the IC card and the service center, IC card used wherein the.
  40. 【請求項40】前記新規登録は、 前記ICカードによる個人認証の結果を考慮して行い、 前記端末から前記サービスセンタに送信された前記個人IDに基づき事前に届けられた使用不可の個人IDに該当するかどうかの当該サービスセンタでの利用可能性を判断した結果に基づき、 利用可能の場合には、 前記サービスセンタに前記個人IDの登録を行い、 前記端末は当該サービスセンタから送信された前記サービスIDを前記ICカードに送信し、 前記ICカードの不揮発性メモリに当該サービスIDを記憶する、 以上一連のステップを踏んで実行される、 ことを特徴とする請求項39に記載のICカード使用方法。 40. The new registration, the performed considering the result of personal authentication by the IC card, the personal ID of the disabled, which is delivered in advance based on the personal ID sent to the service center from the terminal wherein based on a result of determining the availability of at whether the service center applicable, in the case of available, to register the personal ID to the service center, the terminal transmitted from the service center send the service ID to the IC card, IC card use of claim 39, wherein storing the service ID in the nonvolatile memory of the IC card is performed by stepping a sequence of steps or more, and wherein Method.
  41. 【請求項41】前記利用環境設定は、 前記ICカードによる個人認証の結果を考慮して行い、 サービス受益者が前記端末又は前記ICカードに対して前記サービス使用権情報に関する設定後、 当該設定された前記サービス利用環境を前記個人IDと共に前記サービスセンタに送信し、 当該サービスセンタは送信された情報を確認した後に当該サービスセンタ内に記憶させ、 前記端末又は前記ICカードは、当該ICカードの前記不揮発性メモリに前記サービスセンタに記憶させた情報と同一の情報を書き込み登録させる、 以上一連のステップを踏んで実行される、 ことを特徴とする請求項39又は40に記載のICカード使用方法。 41. The use preferences, performed taking into account the results of the personal authentication by the IC card, after the setting related to the service usage rights information service beneficiary to the terminal or the IC card, is the set the service environment and sends it to the service center along with the personal ID and, the service center is stored in the service in the center after confirming the information sent, the terminal or the IC card, said of the IC card the information identical to information stored in the service center in the non-volatile memory to write the registration is performed by stepping a sequence of steps or more, IC card use method according to claim 39 or 40, characterized in that.
  42. 【請求項42】前記端末は、 サービス要求者からの前記個人IDの投入があると、 当該サービス要求者に対して個人認証必要性を前記サービス使用権情報から判定し、 当該判定の結果必要な場合のみ、前記ICカード内の前記認証用センサ部によりある固有の前記身体的特徴検出処理を行った後、処理結果を前記個人認証用データと照合させることにより個人認証判定を行い、 当該個人認証判定が不要又は正の場合には、 前記サービスセンタに前記端末から前記個人ID及びサービスIDを送信し、 当該サービスセンタは送信情報を確認後、サービス提供可能と判断した場合には要求されたサービスを提供する、 以上一連のステップを踏んで処理する、 ことを特徴とする請求項41に記載のICカード使用方法。 42. The terminal if there is introduction of the personal ID from the service requester determines personal authentication necessity from the service usage right information to the service requester, the necessary result of the determination only then after the authentication sensor section specific of the physical characteristic detecting process in the in the IC card performs personal authentication determination by checking the processing result and the personal identification data, the personal authentication If the determination is unnecessary or positive sends the personal ID and the service ID from the terminal to the service center, the service center after checking the transmitted information, which is required if it is determined that the service can be provided services IC card use method according to claim 41 to provide processes by stepping a sequence of steps or more, characterized in that the.
  43. 【請求項43】前記ICカードは、 前記端末より前記サービスIDを受信すると、個人認証必要性を前記サービス使用権情報から判定し、 当該判定の結果必要な場合のみ、前記認証用センサ部によりある固有の前記身体的特徴検出処理を行った後、当該処理結果を前記個人認証用データと照合させることにより個人認証判定を行い、 当該個人認証判定が不要又は正の場合には、 サービス利用環境の設定からサービスの提供か否かを判断し、 サービス提供可能と判断された場合には、サービス提供を行う、 以上一連のステップを踏んで処理する、 ことを特徴とする請求項41に記載のICカード使用方法。 43. The IC card receives the service ID from the terminal, determines the personal authentication necessity from the service usage right information, when the result of the determination required only, there by the authentication sensor unit after inherent said physical characteristic detection processing performs personal authentication determination by matching the processing results and the personal identification data, if the personal authentication determination is unnecessary or positive, the service environment setting determines whether provided or not a service from, IC of claim 41 when it is servable and determination, performing the service providing processes by stepping a sequence of steps or more, it is characterized by card usage.
  44. 【請求項44】前記サービス提供可能との判断は、 前記ICカード内の前記不揮発性メモリ及び前記サービスセンタにサービス提供実施に関するサービス提供情報の追加記憶を実行させる、 ことを特徴とする請求項42又は43に記載のICカード使用方法。 44. The servable and judgment, claim wherein said IC Card nonvolatile memory and said service center to execute the additional storage of the service providing information about the service providing performed, characterized in that 42 or IC card using the method described in 43.
  45. 【請求項45】前記サービス提供情報は、 前記端末を介して当該端末と前記サービスセンタとが前記サービスID又は前記個人IDを送受信する際に同時に送信され、当該サービス提供情報に関わる送信された情報と自己が記憶している情報とが合致する否かを確認され、不一致の場合には、サービス提供を中止させる、 以上一連のステップを踏んで実行させる、 ことを特徴とする請求項44に記載のICカード使用方法。 45. The service providing information is information through the terminal and the service center and the terminal is transmitted at the same time of transmitting and receiving the service ID or the personal ID, sent involved in the service provision information self is confirmed whether or not the information stored therein matches, in the case of inconsistency, to stop the service provision to execute stepping a sequence of steps or more, according to claim 44, characterized in that IC card usage of.
JP10144885A 1998-05-26 1998-05-26 Security level setting and discrimination method, ic card and its use Pending JPH11338985A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10144885A JPH11338985A (en) 1998-05-26 1998-05-26 Security level setting and discrimination method, ic card and its use

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10144885A JPH11338985A (en) 1998-05-26 1998-05-26 Security level setting and discrimination method, ic card and its use

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11338985A true JPH11338985A (en) 1999-12-10

Family

ID=15372639

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10144885A Pending JPH11338985A (en) 1998-05-26 1998-05-26 Security level setting and discrimination method, ic card and its use

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11338985A (en)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002037493A1 (en) * 2000-10-31 2002-05-10 Sony Corporation Apparatus and method for recording/reproducing audio data embedded with additive information
JP2003058509A (en) * 2001-08-15 2003-02-28 Sony Corp Identification processing system, identification processing method, identification device, and computer program
JP2006178656A (en) * 2004-12-21 2006-07-06 Toshiba Corp Certification medium issuing system and certification medium issuing method
US7147150B2 (en) 2002-11-28 2006-12-12 Fujitsu Limited Personal identification terminal and method having selectable identification means or identification levels
JP2007172431A (en) * 2005-12-26 2007-07-05 Hitachi Ltd Authentication system and authentication method
JP2007265200A (en) * 2006-03-29 2007-10-11 Nec Corp Portable terminal device and program
JP2008131295A (en) * 2006-11-20 2008-06-05 Sharp Corp Image processor
JP2008165456A (en) * 2006-12-28 2008-07-17 Hitachi Ltd Ic card system, and method for the same
US7647505B2 (en) 2002-03-11 2010-01-12 Seiko Epson Corporation Recording medium, recording medium reading/writing apparatus, and method of using recording medium
US8272047B2 (en) 2007-10-12 2012-09-18 Fuji Xerox Co., Ltd. Information processing apparatus, information processing system, recording medium and information processing method
JP2014194750A (en) * 2013-02-28 2014-10-09 Ricoh Co Ltd Apparatus, information processing system, control method, program and recording medium
WO2015056979A1 (en) * 2013-10-15 2015-04-23 김중택 Security card having fingerprint authentication, processing system and processing method therefor

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002037493A1 (en) * 2000-10-31 2002-05-10 Sony Corporation Apparatus and method for recording/reproducing audio data embedded with additive information
US8756709B2 (en) 2000-10-31 2014-06-17 Sony Corporation Apparatus for, and method of, recording/playing audio data having additional information embedded therein
US7215610B2 (en) 2000-10-31 2007-05-08 Sony Corporation Apparatus for and method of recording/reproducing audio data embedded with additive information
JP2003058509A (en) * 2001-08-15 2003-02-28 Sony Corp Identification processing system, identification processing method, identification device, and computer program
US8166523B2 (en) 2001-08-15 2012-04-24 Sony Corporation Authentication processing system, authentication processing method, authentication device, and computer program
JP4602606B2 (en) * 2001-08-15 2010-12-22 ソニー株式会社 Authentication processing system, authentication processing method, authentication device, and computer program
US7647505B2 (en) 2002-03-11 2010-01-12 Seiko Epson Corporation Recording medium, recording medium reading/writing apparatus, and method of using recording medium
US7147150B2 (en) 2002-11-28 2006-12-12 Fujitsu Limited Personal identification terminal and method having selectable identification means or identification levels
JP2006178656A (en) * 2004-12-21 2006-07-06 Toshiba Corp Certification medium issuing system and certification medium issuing method
JP4679135B2 (en) * 2004-12-21 2011-04-27 株式会社東芝 Certification medium issuing system and certification medium issuing method
JP2007172431A (en) * 2005-12-26 2007-07-05 Hitachi Ltd Authentication system and authentication method
JP4684100B2 (en) * 2005-12-26 2011-05-18 株式会社日立製作所 Authentication system and authentication method
JP2007265200A (en) * 2006-03-29 2007-10-11 Nec Corp Portable terminal device and program
JP2008131295A (en) * 2006-11-20 2008-06-05 Sharp Corp Image processor
JP2008165456A (en) * 2006-12-28 2008-07-17 Hitachi Ltd Ic card system, and method for the same
US8272047B2 (en) 2007-10-12 2012-09-18 Fuji Xerox Co., Ltd. Information processing apparatus, information processing system, recording medium and information processing method
JP2014194750A (en) * 2013-02-28 2014-10-09 Ricoh Co Ltd Apparatus, information processing system, control method, program and recording medium
WO2015056979A1 (en) * 2013-10-15 2015-04-23 김중택 Security card having fingerprint authentication, processing system and processing method therefor
US10140439B2 (en) 2013-10-15 2018-11-27 Jung Taek Kim Security card having fingerprint authentication, processing system and processing method therefor

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7938318B2 (en) System and method for controlling secured transaction using directionally coded account identifiers
US5214699A (en) System for decoding and displaying personalized indentification stored on memory storage device
US5379344A (en) Smart card validation device and method
TWI417732B (en) Memory device with near field communications, method of communicating wireless network settings between devices, and universal serial bus flash drive related therewith
CN100590590C (en) Data exchange system containing portable data processing unit
US6056193A (en) Computer keyboard with integral encoded device reader
US5293029A (en) System for mutually certifying an IC card and an IC card terminal
JP5129857B2 (en) Dynamically programmable RFID transponder
JP3176209B2 (en) Card-type storage medium and a card type storage medium issuing device
FI117990B (en) An information exchange system comprising portable computing units
US5239166A (en) Secure data interchange system erasing a card memory upon an invalid response
US9544309B1 (en) System and method for enrolling in a biometric system
JP2007305144A (en) Conditional access device
JP2695855B2 (en) Portable electronic devices
US20090160617A1 (en) Credit, security, debit cards and the like with buttons
JP2005122402A (en) Ic card system
JP2537199B2 (en) Ic mosquitoes - de
EP0379333A1 (en) Secure data interchange system
US20030066882A1 (en) Identification system
CN1138196C (en) Card read and write unit, main application program connection method and interface for intelligent card
JP3015377B2 (en) Ic card
JP2004178141A (en) Ic card with illicit use preventing function
JP2009003927A (en) Cellular phone, r badge, receiver unit
US5161231A (en) Processing system which transmits a predetermined error code upon detection of an incorrect transmission code
US5414835A (en) IC card processing system capable of determing send timing between an IC card and an accepting device

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040217