JPH11336928A - ガス保安システム - Google Patents

ガス保安システム

Info

Publication number
JPH11336928A
JPH11336928A JP14442998A JP14442998A JPH11336928A JP H11336928 A JPH11336928 A JP H11336928A JP 14442998 A JP14442998 A JP 14442998A JP 14442998 A JP14442998 A JP 14442998A JP H11336928 A JPH11336928 A JP H11336928A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
gas
shut
valve
fire
abnormality
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Abandoned
Application number
JP14442998A
Other languages
English (en)
Inventor
Sanshiro Kodama
三四郎 兒玉
Original Assignee
Yazaki Corp
矢崎総業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yazaki Corp, 矢崎総業株式会社 filed Critical Yazaki Corp
Priority to JP14442998A priority Critical patent/JPH11336928A/ja
Publication of JPH11336928A publication Critical patent/JPH11336928A/ja
Abandoned legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 火災等の発生時に複数箇所でガスを遮断し、
被害の拡大を未然に防止する。 【解決手段】 ガス配管31が配設されたガスの供給経
路には、仕切弁32,ガスメータ33,安全弁34,燃
焼器35が設けられている。ガスメータ33のマイコン
部38は、メータ内部の遮断弁37,仕切弁32,安全
弁34,燃焼器35,火災センサ36と接続されてい
る。火災センサ36で火災が検知されるかまたは他の箇
所で火災発生により弁が作動した場合は、異常発生信号
がマイコン部38に入力され、マイコン部38によりそ
の他の箇所の機器へ遮断信号が送られて複数箇所でガス
の流路が遮断されるようになっている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、火災時等の異常時
にガス供給経路におけるガスを遮断するガス保安システ
ムに関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、ガスの供給経路においては、
ガス漏れ等で過大流量となった場合、一定時間内の合計
流量が所定値を超えた場合、あるいは地震があった場合
などにガスの供給を遮断する手段が一般に設けられてい
る。また、火災等の高温時にガスを遮断する遮断手段と
しては、特開昭61−241575号公報に開示されて
いる燃焼機器のガス入り口近傍の管路に設けた閉塞用ボ
ールによる非常閉止装置、特開昭57−208376号
公報に開示されているガス調整器に低融点物質とパッキ
ンとによる弁を設けた安全装置、実開平2−11960
0号公報に開示されているガスメータに内蔵した遮断弁
によるガス自動遮断装置などがある。
【0003】このように、従来のガス供給システムにお
いては、ガス漏れ、地震、火災等があった場合に、異常
を検知した個々の装置においてガスを遮断するような構
成の遮断手段が採用されていた。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述し
たような従来の遮断手段を備えたガス供給システムで
は、火災等が発生した場合に、異常を検知した個々の機
器においてガスを遮断することは可能であるが、他の機
器や弁とは関連がないため、被害が拡大するおそれがあ
る。例えば、ガスを遮断した機器よりも上流の仕切弁等
を遮断することができないため、火災時に遮断箇所より
上流の仕切弁と下流の燃焼器との間のガス配管(高圧ホ
ース等)が燃えた場合にガスが流出してしまう不具合が
発生することがある。火災等の異常発生時には速やかな
対応により被害を最低限に抑えることが望まれている。
【0005】本発明は、上述した問題点に鑑みてなされ
たものであり、その目的は、火災等が発生した場合に、
その異常の発生が検出された箇所よりも遠い他の箇所に
おいてもガスを遮断し、ガスの供給を確実に遮断するこ
とができ、被害の拡大を未然に防ぐことが可能なガス保
安システムを提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明のガス保安システ
ムは、請求項1に記載したように、ガス供給経路上に設
けられ、当該箇所の異常高温または異常圧力による異常
の発生に基づいてガスの流路を遮断する第1のガス遮断
手段と、前記第1のガス遮断手段の配設箇所とは異なる
他の箇所のガス供給経路上に設けられ、当該箇所のガス
の流路を遮断する第2のガス遮断手段と、前記異常の発
生を示す異常発生信号に基づいて前記第2のガス遮断手
段を作動させる遮断制御手段と、を備えたことを特徴と
する。
【0007】また、請求項2に記載したように、前記第
2のガス遮断手段は複数の箇所にそれぞれ設けられ、前
記遮断制御手段は、前記異常発生信号に基づいて前記複
数の第2のガス遮断手段のうち少なくとも一つを作動さ
せることを特徴とする。
【0008】また、請求項3に記載したように、前記ガ
ス供給経路またはその周辺に、当該箇所の異常高温また
は異常圧力による異常の発生を検知する異常検知手段を
さらに設けたことを特徴とする。
【0009】本発明に係るガス保安システムでは、火災
等により異常高温または異常圧力が発生した場合、この
異常発生に基づき第1のガス遮断手段が作動すると共
に、遮断制御手段によって第2のガス遮断手段が作動
し、複数箇所においてガスの流路が遮断される。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実
施の形態を説明する。図1は本発明の一実施形態に係る
ガス保安システムの構成を示す構成図である。
【0011】ガスの供給経路には、ガス配管31が各々
の住宅30まで配設されており、供給経路上流には仕切
弁32が設けられ、仕切弁32より下流でガス配管31
が複数に分岐している。ガス配管31の分岐点より下流
には、各家庭用にガスメータ33が設けられ、ガス配管
31が住宅30内へ引き込まれている。住宅30内のガ
ス配管31上には安全弁34が設けられ、末端にガス機
器の一つである燃焼器35が接続されている。また、住
宅30内には温度や煙等により火災発生を検知する火災
センサ36が設けられている。
【0012】ガスメータ33は、ガス配管31中を流れ
るガスの流量を検出するものであり、図示しない流量検
知部と共に、過大流量や異常高温、異常圧力などの異常
発生時にガスを遮断する遮断弁37、各部を制御するプ
ロセッサ等からなるマイコン部38を備えて構成され
る。マイコン部38は、ガスメータ33内の遮断弁37
と接続されると共に、信号線39a,39b,39c,
39dを介して仕切弁32,安全弁34,燃焼器35,
火災センサ36と接続されており、各部に遮断信号を送
出してガスの遮断制御を実施できるようになっている。
【0013】仕切弁32、安全弁34、および遮断弁3
7は、例えば図2に示すような電磁弁12により構成さ
れる。図2はガスメータに配設した例を示している。電
磁弁12は、平常時において、ソレノイド15が通電さ
れて電磁力を発生し、プランジャ14がスプリング16
のばね力に抗して引っ張られており、弁体17が図にお
いて下降位置に保持されている。すなわち、ガスが流入
する入口ポート13に連通したノズル18が開放され、
ガス通路が形成されている。ソレノイド15には、電源
となる電池19と遮断制御用の制御部20とが接続され
ている。
【0014】電磁弁12に遮断信号が入力されると、制
御部20はソレノイド15への電力供給を断ち、これに
よりソレノイド15によるプランジャ14の保持が解除
され、スプリング16のばね力により弁体17とノズル
18が閉鎖されてガス通路が遮断される。なお、上記の
ものとは逆に、平常時にはソレノイドを機能させない状
態でガス通路を形成し、遮断信号が入力されたときにソ
レノイドへの電力供給を行ってガス通路を遮断するよう
な構造の電磁弁を用いても良い。
【0015】また、他の住宅についてもガスメータ4
1,42等が設けられ、火災等があった場合にガスメー
タ内のマイコン部からの遮断信号により各部のガスの遮
断制御を行えるように構成されている。図1のガス供給
経路は、都市ガス、LPガス等のいずれのシステムにも
適用することができる。
【0016】前記仕切弁32、ガスメータ33、安全弁
34、燃焼器35は、個々の機器において、火災等によ
る高温または高圧の発生を検知して電磁弁を閉じるガス
遮断装置や、火災等の高温時にガスを遮断するような構
造の低融点部材を用いた弁による安全装置などが設けら
れ、異常の発生の検知および異常発生時に機器自身での
ガス停止を行う機能を有している。例えば、仕切弁32
および安全弁34には熱ヒューズ手段を、ガスメータ3
3にはサーミスタ等の熱検知手段を設けるようにする。
【0017】すなわち、仕切弁32、ガスメータ33の
遮断弁37、安全弁34、燃焼器35が第1または第2
のガス遮断手段として機能し、ガスメータ33,41,
42のマイコン部38が遮断制御手段として機能するよ
う構成されている。また、異常検知手段として火災セン
サ36が設けられている。
【0018】次に、本実施形態のガス保安システムの動
作を説明する。図3は火災発生時のガス保安システムの
動作の流れを示すフローチャートである。図1における
任意の箇所で火災が発生した場合(ステップS1)、火
災センサ36、ガスメータ33、仕切弁32、安全弁3
4、燃焼器35のいずれかで検知される。火災センサ3
6で火災が検知された場合は異常発生信号がガスメータ
33のマイコン部38へ送られる(ステップS2)。ガ
スメータ33で異常高温が検知された場合は異常発生信
号がマイコン部38に送られると共に、このマイコン部
38の制御により遮断弁37を閉じて機器自らガスの流
路を遮断する(ステップS3)。仕切弁32または安全
弁34において異常高温となった場合は当該電磁弁を閉
じて機器自らガスの流路を遮断する(ステップS4,S
5)。燃焼器35において異常高温となった場合は安全
装置により機器自らガスを遮断する(ステップS6)。
なおこのとき、仕切弁32、安全弁34、燃焼器35か
らも同様に高温時のガス遮断に基づく異常発生信号がガ
スメータ33のマイコン部38へ送られる。
【0019】前記異常発生信号によりガスメータ33の
マイコン部38にて火災発生が検知されると(ステップ
S7)、火災発生検知箇所以外にある他の機器、すなわ
ち遮断弁37、仕切弁32、安全弁34、燃焼器35に
おいてガス停止機能を作動させてガスの流路を遮断する
(ステップS8〜S11)。特に、ガス供給経路の上流
に位置する仕切弁32を遮断することにより、ガスの供
給を元から停止できる。望ましくは、同一のガス供給経
路における全ての機器においてガスを遮断する。これに
より、火災時における複数箇所のガス停止が実行され
(ステップS12)、ガスの流出を確実に防止できる。
【0020】なお、本実施形態においては、一般的な火
災発生の場合を例示しているが、その他の要因によりガ
ス供給経路において異常高温や異常圧力が生じた場合に
適用可能であることは言うまでもない。
【0021】このように、本実施形態によれば、火災等
が発生した場合に、発生源に近い機器がまず異常を検知
して作動し、これに基づいて他の機器へ遮断信号が送ら
れて弁が閉じられるため、異常発生の検出箇所よりも遠
い他の箇所を含む複数の箇所においてガスを遮断し、ガ
スの供給を確実に遮断することができる。これにより、
ガス流出による爆発や延焼の増加など、被害の拡大を未
然に防ぐことが可能となる。
【0022】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
ガス供給経路上に、異常高温または異常圧力による異常
の発生に基づいて当該箇所のガスの流路を遮断する第1
のガス遮断手段と、第1のガス遮断手段の配設箇所とは
異なる他の箇所に設けられ当該箇所のガスの流路を遮断
する第2のガス遮断手段とを備えると共に、異常の発生
を示す異常発生信号に基づいて第2のガス遮断手段を作
動させる遮断制御手段を備えるようにしたので、火災等
が発生した場合に、その異常の発生が検出された箇所よ
りも遠い他の箇所においてもガスを遮断し、ガスの供給
を確実に遮断することができ、被害の拡大を未然に防ぐ
ことが可能なガス保安システムを提供できる効果があ
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態に係るガス保安システムの
構成を示す構成図である。
【図2】ガス遮断用の電磁弁の構成例を示す構成図であ
る。
【図3】本実施形態に係るガス保安システムにおける火
災発生時の動作の流れを示すフローチャートである。
【符号の説明】
31 ガス配管 32 仕切弁 33,41,42 ガスメータ 34 安全弁 35 燃焼器 36 火災センサ 37 遮断弁 38 マイコン部 39a,39b,39c,39d 信号線

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ガス供給経路上に設けられ、当該箇所の
    異常高温または異常圧力による異常の発生に基づいてガ
    スの流路を遮断する第1のガス遮断手段と、 前記第1のガス遮断手段の配設箇所とは異なる他の箇所
    のガス供給経路上に設けられ、当該箇所のガスの流路を
    遮断する第2のガス遮断手段と、 前記異常の発生を示す異常発生信号に基づいて前記第2
    のガス遮断手段を作動させる遮断制御手段と、 を備えたことを特徴とするガス保安システム。
  2. 【請求項2】 前記第2のガス遮断手段は複数の箇所に
    それぞれ設けられ、 前記遮断制御手段は、前記異常発生信号に基づいて前記
    複数の第2のガス遮断手段のうち少なくとも一つを作動
    させることを特徴とする請求項1に記載のガス保安シス
    テム。
  3. 【請求項3】 前記ガス供給経路またはその周辺に、当
    該箇所の異常高温または異常圧力による異常の発生を検
    知する異常検知手段をさらに設けたことを特徴とする請
    求項1に記載のガス保安システム。
JP14442998A 1998-05-26 1998-05-26 ガス保安システム Abandoned JPH11336928A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14442998A JPH11336928A (ja) 1998-05-26 1998-05-26 ガス保安システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14442998A JPH11336928A (ja) 1998-05-26 1998-05-26 ガス保安システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11336928A true JPH11336928A (ja) 1999-12-07

Family

ID=15361998

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14442998A Abandoned JPH11336928A (ja) 1998-05-26 1998-05-26 ガス保安システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11336928A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003181373A (ja) * 2001-12-19 2003-07-02 Tokyo Gas Co Ltd 露出配管の防災工法
KR100963063B1 (ko) 2010-01-21 2010-06-14 이종준 화재 발생시 가스 안전 밸브 차단 방법
JP2012513862A (ja) * 2008-12-31 2012-06-21 リー、サン−スン バルブ一体式スプリンクラー及びこれを用いた火災の早期鎮圧システム

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003181373A (ja) * 2001-12-19 2003-07-02 Tokyo Gas Co Ltd 露出配管の防災工法
JP2012513862A (ja) * 2008-12-31 2012-06-21 リー、サン−スン バルブ一体式スプリンクラー及びこれを用いた火災の早期鎮圧システム
EP2371425B1 (en) * 2008-12-31 2017-02-15 Sang-Sun Lee Sprinkler with an integrated valve, and fire-extinguishing system using same
KR100963063B1 (ko) 2010-01-21 2010-06-14 이종준 화재 발생시 가스 안전 밸브 차단 방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
RU2429993C2 (ru) Электромонтажная система для защиты от перегрева установки для подачи воздуха, отбираемого от двигателя воздушного судна, и установка для подачи отбираемого воздуха, содержащая эту систему
AU2007201247B2 (en) Circulation type hot water supply device
JP4877604B2 (ja) 燃焼制御装置
JP2014505874A (ja) 流体漏洩検出システム
JPH11336928A (ja) ガス保安システム
JP3069266B2 (ja) ガス安全装置
JP3427321B2 (ja) ガス安全装置
JP2020045932A (ja) ガス遮断装置
JPH0719465A (ja) ガス燃焼設備に於ける遮断弁機構
JPH11339146A (ja) ガス保安システム
US2950755A (en) Safety device for apparatus using fuel gases
JPH08121867A (ja) 給湯装置
KR0153716B1 (ko) 급탕장치
JP2009128067A (ja) 流体の漏洩検知方法
JP6670145B2 (ja) 連結給湯システム
JP2004117171A (ja) ガス安全装置
KR102133311B1 (ko) 이중 가스안전장치
EP3511537B1 (en) Gas turbine cogeneration system and operation mode change method therefor
WO1997009662A1 (en) Flow control means
JP2502840Y2 (ja) 配管漏洩検知装置
JP3654780B2 (ja) ガスメータ
JP2713066B2 (ja) ガス供給設備異常検出装置
JP2016176681A (ja) ボイラ装置
JPH072751U (ja) ガス供給遮断装置
JP2009245112A (ja) 整圧器システム

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040120

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20040204

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040329

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20050112

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A762 Written abandonment of application

Effective date: 20050310

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A762