JPH11323936A - 盛土構造物およびその安定化工法 - Google Patents

盛土構造物およびその安定化工法

Info

Publication number
JPH11323936A
JPH11323936A JP12696798A JP12696798A JPH11323936A JP H11323936 A JPH11323936 A JP H11323936A JP 12696798 A JP12696798 A JP 12696798A JP 12696798 A JP12696798 A JP 12696798A JP H11323936 A JPH11323936 A JP H11323936A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
embankment
planar reinforcing
forming
sand
earth
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP12696798A
Other languages
English (en)
Inventor
Hajime Imanishi
肇 今西
Yasuhisa Takahane
泰久 高羽
Takeshi Konishi
武 小西
Futoshi Usuda
太 臼田
Takao Hirai
貴雄 平井
Original Assignee
Mitsui Sekika Sanshi Kk
三井石化産資株式会社
Mitsui Harbour & Urban Construction Co Ltd
三井不動産建設株式会社
Osaka Doshitsu Shikenjo
財団法人大阪土質試験所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsui Sekika Sanshi Kk, 三井石化産資株式会社, Mitsui Harbour & Urban Construction Co Ltd, 三井不動産建設株式会社, Osaka Doshitsu Shikenjo, 財団法人大阪土質試験所 filed Critical Mitsui Sekika Sanshi Kk
Priority to JP12696798A priority Critical patent/JPH11323936A/ja
Publication of JPH11323936A publication Critical patent/JPH11323936A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 補強された盛土部に投入される土砂の流出を
防止するための築堤部材により法面の勾配を急勾配化す
ることが可能になり、施工性、経済性に優れた海洋構造
物の斜面安定化を達成するための構造物およびその工法
を提供する。 【解決手段】 網目状またはシート状の面状補強材の両
端に築堤部材が連接されたことを特徴とする斜面安定用
盛土構造物。この築堤部材は、内部に重質填剤を充填し
た筒状または袋状に形成されていることが好ましい。前
記築堤部材は前記面状補強材の端部を筒状または袋状に
形成したものでも、面状補強材と別体の筒状体または袋
状体を連結したものでも良い。施工に当たっては、前記
斜面安定用構造物を地盤上に敷設し、前記筒状あるいは
袋状の部材内に重質填剤を充填することによって形成さ
れる凹部(面状補強材上)に土砂を投入する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、堤体、護岸、ある
いは水中における盛土の斜面安定化工法に関するもので
あり、より詳しくは、引張抵抗性があり、かつ可撓性の
ある網目状物、シート、多孔シート状の面状補強材によ
り補強された構造物、特に補強された盛土部に投入され
る土砂の流出を防止するための築堤部材により法面の勾
配を急勾配化することが可能であり、施工性、経済性に
優れた海洋構造物の斜面安定化工法に関する。
【0002】
【従来の技術】現在の海洋護岸構造物の形成方法は、堤
体盛土材料として山砂、山土、海砂などの比較的粒径の
小さい土砂あるいは捨石、雑石などの比較的粒径の大き
な材料を用いて、底開土運船あるいはガット船による直
投によるものが一般的であり、堤体盛土材料として捨石
や雑石を用いた場合にはガット船による直投の後に潜水
士による均し作業が必要となる。この場合、施工中の締
固めが出来ないため安定勾配を緩くせざるを得ず、水中
での安定勾配(自然勾配)で施工することが基本となっ
ている。
【0003】さらに、水面、とくに海水面附近では堤体
法面は波浪、潮流により常に表面が浸食されるため法面
の勾配を一時的に急に施工したとしても、この勾配を長
期に亙って維持することは非常に困難である。また、施
工は直投で行うため盛土材料の土質条件や水深および潮
流などの自然条件の影響を受けやすく、施工精度の誤
差、特に着底位置の誤差が大きくなる。また、直投によ
る土砂の着底形状は、水深が深くなるほど横方向への広
がりが大きい偏平した形状となり、この作業の繰り返し
により盛土法面を形成していくためには、自ずから法面
勾配を緩くし、自然勾配に近い状態で施工せざるを得な
い。したがって、従来の方法では、法面の勾配を維持す
ることが困難な状況にある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記従来技
術の欠点を解消するために提案されたものであり、その
特徴とするところは、護岸、堤体、盛土あるいは水中と
くに海中における盛土構造物を、簡単な形状の材料によ
って、強度が大きく、かつ安全な法面を形成できるよう
にした点にある。
【0005】そこで、本発明の目的は、上記のような護
岸、堤体、盛土あるいは水中構造物を形成するための簡
単な構造の護岸、堤体、盛土構造物形成材料を提供する
ことにある。
【0006】本発明の他の目的は、上記のような護岸、
堤体、盛土あるいは水中構造物を、容易かつ短時間に形
成することができ、経済性に優れている護岸、堤体、盛
土構造物の安定化工法を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成
するために提案されたものであって、下記の構成から成
る。すなわち、本発明によれば、網目状またはシート状
の面状補強材の両端に築堤部材が連接されたことを特徴
とする斜面安定用盛土構造物が提供される。
【0008】また、本発明によれば、前記築堤部材が、
内部に重質填剤を充填した筒状または袋状に形成された
ものである上記斜面安定用盛土構造物が提供される。
【0009】また、本発明によれば、前記築堤部材が、
前記面状補強材の端部を筒状または袋状に形成し内部に
重質填剤を充填したものである上記斜面安定用盛土構造
物が提供される。
【0010】また、本発明によれば、前記築堤部材が、
前記面状補強材と別体の筒状体または袋状体の内部に重
質填剤を充填したものであり、その接合部が連結された
ものである上記斜面安定用盛土構造物が提供される。
【0011】また、本発明によれば、前記重質填剤が、
土砂、粘土、浚渫粘土、コンクリートからなる群より選
ばれた少なくとも1種あるいはその固化物である上記斜
面安定用盛土構造物が提供される。
【0012】また、本発明によれば、網目状またはシー
ト状の面状補強材の両端に築堤部材が連接された斜面安
定用構造物を地盤上に敷設する工程(i);前記築堤部材内
に重質填剤を充填する工程(ii);面状補強材上に土砂を
投入する工程(iii);をユニットとする盛土構造物の安定
化工法が提供される。
【0013】また、本発明によれば、前記築堤部材が、
筒状または袋状に形成されている上記盛土構造物の安定
化工法が提供される。
【0014】また、本発明によれば、網目状またはシー
ト状の面状補強材の両端に、筒状または袋状の築堤部材
が連接された斜面安定用構造物を海中地盤上に敷設する
工程(i);築堤部材を上記面状補強材の包み込み巻返し
後、築堤形成部の端側辺部となる折り返し部分より内側
に投入、設置する工程(ii);上記面状補強材と上記築堤
部材とを連結あるいは上記面状補強材で築堤部材を包み
込み巻返す工程(iii);および面状補強材上に土砂を投入
する工程(iV);をユニットとする水中盛土構造物の安定
化工法が提供される。
【0015】また、本発明によれば、網目状またはシー
ト状の面状補強材の両端に、内部に重質填剤を充填した
筒状または袋状の築堤部材が連結された複合部材を海中
地盤上に沈設する工程(i);および面状補強材上に土砂を
投入する工程(iV);をユニットとする水中盛土構造物の
安定化工法が提供される。
【0016】
【発明の実施の形態】本発明において、面状補強材とし
ては、引張抵抗性があり、かつ可撓性のある網目状また
はシート状の素材が用いられる。具体的には、金属ネッ
ト、合成樹脂シートあるいは合成樹脂ネット等があり、
海水や風雨による腐蝕がないことおよび軽量で取り扱い
やすいことからは後者が適当であり、さらに水中での施
工を考える上で、面に垂直な方向に水を遮断しない透水
性構造であることから合成樹脂製の網状物が好ましい。
【0017】かかる合成樹脂製の網状ネットとしては、
延伸されたフィラメントあるいはテープ等を経緯に融
着、結束あるいは編織したもの、あるいは網目の交叉部
が網目部と一体的に延伸されて交叉部自体が延伸方向に
配向しているもの等が挙げられる。網目の大きさは、特
に制限はないが、上下の層の土砂が接触して一体化で
き、かつ築堤部材の網目からのこぼれ出しを防止できる
程度のものが好ましい。
【0018】一般的には、縦0.5ないし30cm、好
ましくは0.8ないし5cm、横0.5ないし30c
m、好ましくは0.8ないし5cm程度のものが好まし
い。ネット、シートを構成する合成樹脂としては、例え
ばポリアミド、ポリエステル、ポリアクリルニトリル、
ポリビニルアルコール、ポリ塩化ビニル、ポリ塩化ビニ
リデン、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン
等の周知の熱可塑性樹脂を利用することができる。
【0019】この面状補強材の両端には築堤部材が付設
されており、両端の築堤部材と面状補強材とで形成され
る凹部に盛土本体が投入されるものである。築堤部材
は、筒状または袋状に形成されており、その中に中詰め
材として重質填材を充填し構造物の安定化を図るととも
に、盛土本体形成部に投入される土砂の流出を防止す
る。この築堤部材は、上記面状補強材上部に土砂を投
入、設置した状態で包み込み巻返すことのできる程度の
可撓性を有するものであることが必要であり、盛土本体
形成部および上記築堤部材を保持できる程度の剛性、強
度を有するものを使用する。
【0020】盛土本体形成部に投入される土砂の流出を
防止するための築堤部材を形成するための筒状あるいは
袋状の部材は、最終的に築堤形成部を形成するための中
詰め材を圧入あるいは投入する際に、これを保持できる
程度の強度を有するものを使用する。ここで築堤部材を
形成するための筒状あるいは袋状の部材は、合成樹脂繊
維あるいは天然繊維を原料とした織布、不織布および編
布あるいはこれらの複合体または、これらと網状の補強
体とを複合化したもので、側辺を縫製あるいは重ね合わ
せ、あるいは接着または融着することにより、筒状ある
いは袋状または封筒状の構造としたものであり、海水や
風雨および中詰め材に使用するセメントあるいは石炭な
どの混合材による腐蝕がないこと、および軽量で取り扱
いやすいことから合成樹脂繊維によるものが好ましい。
【0021】また、速やかに中詰め材の脱水を行える程
度、あるいは護岸、堤体、盛土構造物に過度の水圧を作
用させない構造が得られる程度の面に垂直な方向の透水
性能をもった部材が好ましい。筒状あるいは袋状の部材
の大きさは特に制限はないが、面状補強材で補強し、盛
土本体形成部分の安定性を保つ点および施工性を向上さ
せる点から、適当な大きさの築堤部材を形成できる程度
のものが好ましい。一般的には、筒あるいは袋の直径が
1ないし8m、好ましくは2ないし4m、さらに好まし
くは、中詰め材を注入あるいは投入後に形成される盛土
本体形成部に投入される土砂の流出を防止するための築
堤部材の高さが2ないし3m程度となるものが好まし
い。
【0022】また、一般的には筒あるいは袋の長さは2
ないし30m、とくに10ないし30m程度のものが好
ましい。築堤部材を形成するための筒状あるいは袋状部
材の基材は、例えばポリアミド繊維、ポリエステル繊
維、ポリアクリルニトリル繊維、ポリビニルアルコール
繊維、ポリ塩化ビニル繊維、ポリ塩化ビニリデン繊維、
ポリエチレン繊維、ポリプロピレン繊維、ポリスチレン
繊維などの周知の熱可塑性樹脂、やし繊維、しやろ繊維
などの天然繊維からなる織布、不織布および編布あるい
はこれらの複合体または、これらと網状の補強体とを複
合化したものが例示できる。
【0023】ネット、シートなどの面状補強材の側辺部
と筒状あるいは袋状の部材との連結は、面状補強材の側
辺と筒状あるいは袋状部材の側辺に取付けた耳部、ある
いはループジョイントベルト、接続治具、接続用布をロ
ープ、ホックリンガー、ボルトなどにより接合する方
法、あるいはそれらをあらかじめ縫製する方法、あるい
は、面状補強材に使用するネットで筒状あるいは袋状部
材を包み込み巻返し、面状補強材同士の重なり部分をロ
ープ、ホックリンガー、FRP製あるいは金属製の丸棒
などで接続する方法、重なり合う部分にあらかじめ加工
した耳部、あるいはループジョイントベルト、接続治
具、接続用布をロープ、ホックリンガー、ボルトなどに
より接合する方法、あるいはそれらをあらかじめ縫製す
る方法、または筒状あるいは袋状部材の側辺にあらかじ
め面状補強材として使用するネットを縫製などにより取
付け、これと面状補強材の重なり部分を上記の方法で接
続する方法などが例示できる。
【0024】筒状あるいは袋状の部材を築堤部材として
形成するための中詰め材としては、液性限界を超える含
水比の高い流動性をもつ浚渫粘土または粘土、好ましく
は液性限界の1.5ないし10倍程度以上の含水比であ
る浚渫粘土または粘土、あるいは、水と混合することに
より含砂率を15%程度に調整し、流動性を持たせた土
砂、あるいは、浚渫粘土または土砂にセメント、石炭あ
るいは流動化剤、凝集剤などの混和材、添加剤などを混
合し、固化処理あるいは流動化処理したものを用いるこ
とができる。
【0025】中詰め材の充填は、ポンプまたは空気によ
る圧送などの既存の注入方法を用いることができる。中
詰め材充填後の筒状あるいは袋状の部材の充填口の閉塞
は、あらかじめ筒状あるいは袋状の部材の土砂等圧入口
に取付けておいたロープまたはキャップにより綴じる、
あるいは筒状あるいは袋状の部材を中詰め材充填部分よ
り3ないし5m程度長くしておき、折り返すあるいは隣
接する築堤部材に重ね合わせることにより綴じる、また
はあらかじめ土砂などで充填される部分の径より小さ
く、かつ圧送用のチューブ、パイプなどの径より若干大
きな筒状で長さが1m程度の土砂等送入口を設けること
によりチューブ、パイプなどを送入部分から抜いた際に
自然に土砂がこぼれでない構造にするなどの方法が例示
できる。
【0026】船上または陸上での中詰め材の充填が可能
な場合は、上記の注入方法の他、一般の土砂、石材、砕
石などをパワーシャベルなどの重機を用いて投入、充填
し、充填後に充填口を綴じた状態で沈設すること、ある
いは筒状あるいは袋状の部材への中詰め材の充填終了後
に面状補強材と筒状あるいは袋状の部材とを前述の方法
で連結し沈設すること、さらに、あるいは重ね合わせた
面状補強材とシート状の筒状あるいは袋状部材の基材上
に中詰め材を設置し、中詰め材をこれらの面状材料で包
み込み巻返したのち前述の方法で連結し、その状態で沈
設することができる。
【0027】築堤部材は、築堤形成部を形成する盛土本
体形成部に投入される土砂の流出を防止するためのもの
であり、前述した筒状あるいは袋状のものに中詰め材を
詰めたもののほか、陸上あるいは船上で中詰めされた土
のう、大型土のう、蛇篭、ふとん篭、あるいはコンクリ
ート成形物、軽量コンクリート成形物、あるいは重量が
2ないし300kg程度の石材などが使用できる。これ
らの築堤部材は、面状補強材の巻返し後、築堤形成部分
の端側辺部となる折り返し部分より内側に、船上よりガ
ット船あるいはグラブ船、または起重機船あるいはクレ
ーン付き台船など用いて投入あるいは据え付け、設置す
ることができる。
【0028】面状補強材の両端に築堤部材が設けられた
後の、面状補強材と築堤部材との連結、あるいは面状補
強材で築堤部材を包み込み巻返し作業は、潜水作業によ
るもののほか、面状補強材の端部に連結したロープまた
はワイヤーなどを用いてクレーン船あるいはウインチ付
き作業船上あるいは陸上からの作業で巻返す方法などが
例示される。盛土本体成形部では、地盤上に敷設された
下側の面状補強材と巻返された上側の面状補強材は重ね
合わされ、さらにその上に次の工程で投入される土砂の
荷重により押さえられ、築堤形成部分を保持するに足り
る十分な抵抗を発揮するため、特に連結しなければなら
ないというものではない。
【0029】特にネット状の面状補強材では、さらに網
目中に入る投入土砂により上下の面状補強材が擬似的に
連結された状態となるため築堤形成部分を保持するため
の抵抗力はより一層大きくなる。船上または陸上での連
結あるいは巻返し作業が可能な場合は、面状補強材の巻
返し後、築堤形成部分の端側辺部となる折り返し部分よ
り内側に築堤部材を設置した後に、包み込み巻返し、面
状補強材に使用するネットで築堤部材を覆い囲み、面状
補強材同士の重なり部分をロープ、ホックリンガー、F
RP製あるいは金属製の丸棒などで接続した状態で沈設
することができる。
【0030】以上の工程により形成された、ネット、シ
ートなどの面状補強材と面状補強材の一端部あるいは両
端部に盛土本体形成部に投入される土砂の流出を防止す
るための築堤部材を連結あるいは列設後巻返すことによ
り得られた構造体の内部には、船上あるいは陸上から底
開土運船、箱型土運船、ガット船、グラブ船、あるいは
ポンプ船、空気圧送船、バージアンローダ船などを用い
て容易に土砂を投入することができる。護岸、堤体、盛
土構造物の規模は、構造物全体の安定性を考える上で、
盛土、護岸、堤体の底部の幅が盛土体の高さの2倍から
5倍程度の縦横比となる構造体であることが好ましい
が、壁面打設工などの他工法との併用により更に縦横比
を小さくすることも可能である。
【0031】また、面状補強材の両端には、盛土本体形
成部に投入される土砂の流出を防止するための築堤部材
により築堤形成部が形成されることが好ましいが、底部
の幅が特に大きい場合、あるいは面状補強材の片端に他
の構造物あるいは自然の地盤、斜面などが存在する場合
は、面状補強材の片端に盛土本体形成部に投入される土
砂の流出を防止するための築堤部材のある構造体を互い
にロープ、ワイヤーなどを用いて連結するあるいは他の
構造物、自然地盤などに固定することにより同様の機能
をもつ盛土構造体ユニットとすることができる。
【0032】盛土本体形成部を形成するために投入され
る土砂としては、特に制限はないが、例えば、一般の
砂、砂質土、粘性土、浚渫土、砕石、石材およびこれら
に改良材を混合したものなどを用いることができる。
【0033】さらに、これらの工程で出来上がった最小
単位の盛土構造物ユニット上に、これらの作業工程を繰
り返し、重ね合わせあるいは組み合わせることにより護
岸、堤体、盛土構造物などの高さを高くすることができ
る。この場合、面状補強材の両端部に築堤部材で形成さ
れる築堤形成部は、上下段の築堤部材が互いに重なり合
うあるいは互いが重なり合わない構造にすることが出来
るが、海中での波浪や潮流あるいは干満差などにより盛
土本体形成部への投入土砂が吸い出されないため、また
は、法面部の急勾配化を実現するためには互いに重なり
合う構造にすることが好ましい。ただし、盛土本体形成
部を形成するために投入される土砂として石材などの比
較的粒径の大きい材料を用いる場合、あるいは構造体ユ
ニットの盛土本体形成部の上面に不織布、織布、編布、
ネットなどのシート状部材により吸い出しに対する対策
が採られた場合はこの限りではない。
【0034】最終的に形成される盛土構造体の築堤形成
部の法面の勾配については、1割(1:1)程度から3
分(1:0.3)程度以上の急な勾配、あるいは垂直面
を実現することが可能であるが、施工時の作業性や精
度、構造物全体の安定性および周辺地盤を含めた安全
性、経済性などの点で、5分(1:0.5)ないし2割
程度(1:2)にすることが好ましい。また、当該構造
体ユニットの重ね合わせあるいは組み合わせによる護
岸、堤体、盛土構造物では、土砂自体の自然勾配による
施工に比べ、構造物の横断面積すなわち盛土本体形成部
への投入土砂量を1/2ないし1/4程度に縮減できる
ことも本安定化工法の特徴である。
【0035】こうして形成される護岸、堤体、盛土構造
物の限界高さは、面状補強材による盛土体の補強効果に
より、いいかえれば、面状補強材の強度特性により定ま
る。また、面状補強材自身が可撓性のある材料であるた
め、これらの工程により形成された護岸、堤体、盛土構
造物は、基礎地盤の沈下および変形に対しての追従性に
優れる点で、特に特徴のある構造体となる。さらに、盛
土本体形成部および連結部あるいは巻返し部からなる引
張抵抗性があり、かつ可撓性のあるネット、シートなど
の面状補強材の両端部に、盛土本体形成部に投入される
土砂の流出を防止するための築堤部材とが連結あるいは
列設後包み込み巻返すことにより得られる構造体では、
内部に土砂を投入した後に、締固めを非常に効率よく行
える構造であるため、締固めを実施し出来る場合には非
常に強固な構造体を形成することも可能である。
【0036】
【実施例】以下本発明の実施例を図面に基づいて説明す
る。 <実施例1>図1は実施例1の海洋構造物の断面図で、
図2は図1の一部の斜視図、実施例1には3種類の複合
部材を用いた。図5はそのうち一つの築堤形成部を形成
するための筒状部材と面状補強材およびその連結部の平
面図(1)、図6はその連結部の拡大断面図、図7は筒
状部材の縫製加工部の拡大断面図、図8は別の築堤形成
部を形成するための筒状部材と面状補強材およびその連
結部の平面図(2)、図9はその連結部の拡大断面図、
図10はもう一つの築堤形成部を形成するための筒状部
材と面状補強材および面状補強材同士の連結部の平面図
(3)、図11はその連結部の拡大断面図(1)、図1
2は別の連結部の拡大断面図で、(A)は斜視図、
(B)は側断面図、図13は実施例1の筒状部材および
面状補強材の敷設工程を説明するためのもので、(A)
は平面図、(B)は側断面図、図14はその筒状部材へ
の土砂圧送による築堤部材形成工程を説明するためのも
ので、(A)は斜視図、(B)は築堤部材形成状態を示
す図、図15は盛土本体形成部への土砂投入工程を示
す。
【0037】この実施例1の海洋護岸構造物は、図1,
図2,図5,図8,図10,図13,図14,図15に
示すように、盛土本体形成部4を構成する面状補強材1
と、築堤形成部3を構成する筒状部材2に中詰め材を圧
入して形成される築堤部材6と、これらを連結している
連結部7または連結部材8とからなる構造体の内側に土
砂を投入して得られる盛土構造体ユニットを多段に重ね
合わせて形成されている。
【0038】面状補強材1は、図2,図5,図8,図1
0,図13,図14に示すように網目構造をもつ、引張
抵抗性があり、かつ可撓性のある合成樹脂製の網状ネッ
トである。延伸されたポリエステルフィラメントを経緯
に編織したものにアクリル樹脂をコーティングしたもの
で、網目の大きさは、縦1cm×横1cm程度である。
【0039】築堤部材6を形成するための筒状部材2
は、速やかに中詰め材の脱水を行える程度の面に垂直な
方向の透水性能をもったポリプロピレン繊維の不織布お
よびポリプロピレン繊維の織布を積層した複合体を、図
5,図8,図10に示すような形状になるように、その
側辺を図7に示す方法で補強布12を介して縫製したも
ので、約8m幅の不織布または織布複合体を折り返し、
筒の直径が約2.5mになるよう縫製加工されたもので
ある。筒状部材の土砂等送入口15は、中詰め材充填後
の閉塞のため、図5に示すようにあらかじめ筒状部材2
の土砂等送入口15に送入口閉塞用ロープ16を取付け
てある。
【0040】また図8に示すように、圧送用のチューブ
を土砂等送入口15から抜いた際に自然に土砂がこぼれ
でない構造にするため、土砂で充填される部分の径より
小さく、かつチューブの径より若干大きな筒状で長さが
2m程度の土砂等送入口15を設けてもよいし、図10
に示すように、隣接する築堤部材との重ね合わせしろと
して筒状部材を中詰め材充填部分17より3ないし5m
程度長くしてあるなどの工夫をすることもできる。
【0041】面状補強材1と袋状部材2との連結部7
は、図5,図6に示すように面状補強材1の側辺耳部1
4と筒状部材2の側辺に補強布12を介して縫製加工部
13により取付けた接続用布材11を結束ロープ10に
より連結している。あるいは図8,図9に示すように、
面状補強材1の側辺耳部14と筒状部材2の側辺とを補
強布12を介して縫製加工部13により縫製連結されて
いてもよい。
【0042】また図11に示すように面状補強材1に使
用するネットで筒状部材2を包み込み巻返し、面状補強
材1と面状補強材1の耳部14の重なり部分を補強布1
2を介して縫製加工部13により縫製連結することもで
きる。さらに図12に示すように面状補強材1に使用す
るネットで筒状部材2を包み込み巻返し、下側の面状補
強材1の重なり部分の網目を、上側の面状補強材1の網
目内に挿入してビーム状体であるFRP製ロッド18と
係合させることにより上下の面状補強材1を連結するこ
ともできる。
【0043】上記の海洋護岸構造物は、次のようにして
形成される。すなわち、図13に示すように、まず面状
補強材1と筒状部材2および連結部7によりなる複合部
材を地盤上に敷設し、図14に示すようにポンプ圧送船
19より含水比が液性限界の3倍程度の高い流動性をも
つ浚渫粘土を筒状部材2に圧送する。筒状部材2への土
砂の充填が終了した段階で、上記のそれぞれの手法によ
り土砂等送入口15を閉塞することにより築堤部材6が
得られる。
【0044】築堤部材6は、この海洋護岸構造物におい
て築堤形成部3を構成する。次いで築堤形成部3と面状
補強材1で形成される構造体内に図15に示すようにガ
ット船20により土砂を投入することにより盛土本体形
成部4が形成される。こうして得られた最小単位の盛土
構造体ユニット上に築堤形成部3が上下段の築堤部材6
が互いに重なり合う構造に形成されるように、上記の工
程を繰り返すことにより図1に示す海洋護岸構造物が形
成される。
【0045】<実施例2>図3は実施例2の海洋構造物
の断面図で、図4は図3の一部の斜視図、図16は実施
例2の面状補強材の敷設工程を説明するためのもので、
(A)は面状補強材の平面図、(B)はその敷設状態の
側面図、図17は築堤部材の設置工程と築堤形成部の形
成工程を説明するためのもので、(A)は斜視図、
(B)は築堤形成部の形成状態の概要図、図18は盛土
本体形成部への土砂投入工程を示す。
【0046】この実施例2の海洋護岸構造物は、図3,
図4,図16,図17,図18に示すように、盛土本体
形成部4と築堤形成部3および巻返し部からなる面状補
強材1と、築堤形成部3を構成する築堤部材6とからな
る構造体の内側に土砂を投入して得られる盛土構造体ユ
ニットを多段に重ね合わせて形成されている。
【0047】面状補強材1は、この実施例では、図4,
図16,図17に示すように網目構造をもつ、引張抵抗
性があり、かつ可撓性のある合成樹脂製の網状ネットで
ある。網目の交叉部が網目部と一体的に延伸されて交叉
部自体が延伸方向に配向しているもので、網目の大きさ
は、縦3cm×横3cm程度である。
【0048】図3,図4,図17に示す築堤形成部を形
成する盛土本体形成部に投入される土砂の流出を防止す
るための築堤部材6は、船上で中詰めされた大型土のう
および1個体の重量が2ないし100kg程度の雑石で
ある。
【0049】上記の海洋護岸構造物は、次のようにして
形成される。すなわち、図16に示すように、まず面状
補強材1を地盤上に敷設し、図17に示すようにクレー
ン付き台船21により築堤部材6である大型土のうおよ
び雑石を、面状補強材1の巻返し後、築堤形成部分3の
端側辺部となる折り返し部分より内側に設置する。さら
に、作業船22から潜水作業により面状補強材1で築堤
部材6を包み込み巻返し、盛土本体形成部4となる部分
に静置する。
【0050】盛土本体成形部4では、地盤上に敷設され
た下側の面状補強材1と巻返された上側の面状補強材1
は重ね合わされ、次の工程で投入される土砂は、網目中
に入り上下の面状補強材1が擬似的に連結された状態で
土砂の荷重により押さえられるため築堤形成部分3を保
持するための抵抗力は十分発揮される。築堤部材6は、
この海洋護岸構造物において築堤形成部3を構成する。
次いで築堤形成部3と面状補強材1で形成される構造体
内に図18に示すようにガット船20により土砂を投入
することにより盛土本体形成部4が形成される。こうし
て得られた最小単位の盛土構造体ユニット上に築堤形成
部3が上下段の築堤部材6が互いに重なり合う構造に形
成されるよう、上記の工程を繰り返すことにより図3に
示す海洋護岸構造物が形成される。
【0051】
【発明の効果】本発明の斜面安定用盛土構造物を用いて
形成した海洋護岸構造物は、築堤部材により海中での波
浪や潮流あるいは干満差などにより盛土本体形成部を形
成する土砂が外部に流失することがない。また、築堤部
材を重ね合わせた構造にすることにより築堤形成部の急
勾配化を実現し、かつ、盛土本体形成部上面からの土砂
の流出を防ぐことができる。それにより、最終的に形成
される築堤形成部の勾配は、1割(1:1)程度の急な
勾配を実現することができる。さらに、面状補強材と筒
状部材を連結部材によりあらかじめ連結しておくことで
施工時の作業性や精度を向上させることができる。特
に、海洋護岸構造物では、土砂自体の自然勾配による施
工に比べ、構造物の横断面積、すなわち盛土本体形成部
への投入土砂量を1/3程度に縮減できる。また、本工
法により形成される護岸構造物は、面状補強材により盛
土構造体が保持されるため、従来工法に比べ、より安定
した構造体の実現が可能となるし、面状補強材自身が可
撓性のある材料であるため、これらの工法により形成さ
れた護岸構造物は、基礎地盤の沈下や変形に対しての追
従性が特に優れるという特徴がある。しかも、護岸構造
物の底辺部が従来工法に比べ、約1/3となったため、
軟弱地盤であった基礎地盤の改良領域を50%以上減ら
すことができ、工程面ならびに経済性の面でも特に優れ
た安定化工法であることが明らかである。
【図面の簡単な説明】
【図1】実施例1の海洋護岸構造物の断面図である。
【図2】図1の海洋護岸構造物の一部斜視図である。
【図3】実施例2の海洋護岸構造物の断面図である。
【図4】図3の海洋護岸構造物の一部斜視図である。
【図5】実施例1に用いた筒状部材および面状補強材と
その連結部の平面図(1)である。
【図6】図5の面状補強材と筒状部材の連結部拡大断面
図である。
【図7】図5の筒状部材の縫製部拡大断面図である。
【図8】実施例1に用いた筒状部材および面状補強材と
その連結部材の平面図(2)である。
【図9】図8の面状補強材と筒状部材の連結部拡大断面
図である。
【図10】実施例1に用いた筒状部材および面状補強材
と面状補強材同士の連結部材の平面図(3)である。
【図11】図10の面状補強材同士の連結部拡大断面図
(1)である。
【図12】図10の面状補強材同士の連結部拡大断面図
(2)である。
【図13】実施例1の面状補強材および筒状部材の敷設
工程の概念図である。
【図14】実施例1の筒状部材への土砂圧送、築堤形成
工程の概念図である。
【図15】実施例1の盛土本体形成部への土砂投入工程
の概念図である。
【図16】実施例2の面状補強材の敷設工程の概念図で
ある。
【図17】実施例2の築堤部材の設置工程および築堤形
成工程の概念図である。
【図18】実施例2の盛土本体形成部への土砂投入工程
の概念図である。
【符号の説明】
1 面状補強材 2 筒状部材 3 築堤形成部 4 盛土本体形成部 5 基礎地盤改良部 6 築堤部材 7 連結部 8 連結部材 9 筒状部材縫製部 10 結束ロープ 11 接続用布材 12 補強布 13 縫製加工部 14 面状補強材耳部 15 土砂等送入口 16 送入口閉塞用ロープ 17 土砂等充填部分 18 FRPロッド 19 ポンプ圧送船 20 ガット船 21 クレーン付台船 22 作業船
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 今西 肇 福岡県福岡市中央区大手門3丁目5番1号 財団法人大阪土質試験所九州地盤研究所 内 (72)発明者 高羽 泰久 東京都杉並区堀ノ内1丁目5番13号 テル セーラ方南203号 (72)発明者 小西 武 千葉県千葉市中央区大森町514−234 (72)発明者 臼田 太 愛知県名古屋市緑区若田3−304 (72)発明者 平井 貴雄 埼玉県久喜市河原井町9番地 三井石化産 資株式会社内

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 網目状またはシート状の面状補強材の両
    端に築堤部材が連接されたことを特徴とする斜面安定用
    盛土構造物。
  2. 【請求項2】 前記築堤部材が、内部に重質填剤を充填
    した筒状または袋状に形成されたものである請求項1記
    載の斜面安定用盛土構造物。
  3. 【請求項3】 前記築堤部材が、前記面状補強材の端部
    を筒状または袋状に形成し内部に重質填剤を充填したも
    のである請求項1または2記載の斜面安定用盛土構造
    物。
  4. 【請求項4】 前記築堤部材が、前記面状補強材と別体
    の筒状体または袋状体の内部に重質填剤を充填したもの
    であり、その接合部が連結されたものである請求項1ま
    たは2記載の斜面安定用盛土構造物。
  5. 【請求項5】 前記重質填剤が、土砂、粘土、浚渫粘
    土、コンクリートからなる群より選ばれた少なくとも1
    種あるいはその固化物である請求項1ないし4のいずれ
    か1記載の斜面安定用盛土構造物。
  6. 【請求項6】 網目状またはシート状の面状補強材の両
    端に築堤部材が連接された斜面安定用構造物を地盤上に
    敷設する工程(i);前記築堤部材内に重質填剤を充填する
    工程(ii);面状補強材上に土砂を投入する工程(iii);を
    ユニットとする盛土構造物の安定化工法。
  7. 【請求項7】 前記築堤部材が、筒状または袋状に形成
    されている請求項6記載の盛土構造物の安定化工法。
  8. 【請求項8】 網目状またはシート状の面状補強材の両
    端に、筒状または袋状の築堤部材が連接された斜面安定
    用構造物を海中地盤上に敷設する工程(i);築堤部材を上
    記面状補強材の包み込み巻返し後、築堤形成部の端側辺
    部となる折り返し部分より内側に投入、設置する工程(i
    i);上記面状補強材と上記築堤部材とを連結あるいは上
    記面状補強材で築堤部材を包み込み巻返す工程(iii);お
    よび面状補強材上に土砂を投入する工程(iV);をユニッ
    トとする水中盛土構造物の安定化工法。
  9. 【請求項9】 網目状またはシート状の面状補強材の両
    端に、内部に重質填剤を充填した筒状または袋状の築堤
    部材が連結された複合部材を海中地盤上に沈設する工程
    (i);および面状補強材上に土砂を投入する工程(iV);を
    ユニットとする水中盛土構造物の安定化工法。
JP12696798A 1998-05-11 1998-05-11 盛土構造物およびその安定化工法 Withdrawn JPH11323936A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12696798A JPH11323936A (ja) 1998-05-11 1998-05-11 盛土構造物およびその安定化工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12696798A JPH11323936A (ja) 1998-05-11 1998-05-11 盛土構造物およびその安定化工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11323936A true JPH11323936A (ja) 1999-11-26

Family

ID=14948338

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12696798A Withdrawn JPH11323936A (ja) 1998-05-11 1998-05-11 盛土構造物およびその安定化工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11323936A (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
BE1014863A5 (nl) * 2002-06-03 2004-05-04 Dredging Int Een kunstmatige onderwater dijk en een werkwijze voor
KR100902327B1 (ko) 2009-01-13 2009-06-12 재현토건(주) 지오튜브를 이용한 제방축조 및 매립공법
KR100950443B1 (ko) * 2008-12-15 2010-04-02 주식회사 젠트로 토목 시공용 튜브 구조물
JP2011144514A (ja) * 2010-01-12 2011-07-28 Railway Technical Research Institute 気密袋体盛土
WO2012024827A1 (zh) * 2010-08-23 2012-03-01 Lou Zhiping 用机械构筑的网笼沙障挡风拦沙坝及其施工方法
JP2014177854A (ja) * 2012-06-01 2014-09-25 Nippon Steel & Sumitomo Metal 堤防の補強構造
JP2015021281A (ja) * 2013-07-18 2015-02-02 三井化学産資株式会社 ジオテキスタイルチューブを用いた補強構造体およびその製造方法
JP2015036468A (ja) * 2013-08-11 2015-02-23 三井化学産資株式会社 ジオテキスタイルチューブを用いた補強構造体
JP2018504540A (ja) * 2015-04-30 2018-02-15 ピーブイ フラッド コントロール コーポレイション 改善された封じ込め堤防
US10472786B2 (en) 2015-04-30 2019-11-12 P.V. Flood Control Corp. Structure supported containment dike

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
BE1014863A5 (nl) * 2002-06-03 2004-05-04 Dredging Int Een kunstmatige onderwater dijk en een werkwijze voor
KR100950443B1 (ko) * 2008-12-15 2010-04-02 주식회사 젠트로 토목 시공용 튜브 구조물
KR100902327B1 (ko) 2009-01-13 2009-06-12 재현토건(주) 지오튜브를 이용한 제방축조 및 매립공법
JP2011144514A (ja) * 2010-01-12 2011-07-28 Railway Technical Research Institute 気密袋体盛土
WO2012024827A1 (zh) * 2010-08-23 2012-03-01 Lou Zhiping 用机械构筑的网笼沙障挡风拦沙坝及其施工方法
CN102369326A (zh) * 2010-08-23 2012-03-07 娄志平 用机械构筑的网笼沙障挡风拦沙坝及其施工方法
JP2014177854A (ja) * 2012-06-01 2014-09-25 Nippon Steel & Sumitomo Metal 堤防の補強構造
JP2015021281A (ja) * 2013-07-18 2015-02-02 三井化学産資株式会社 ジオテキスタイルチューブを用いた補強構造体およびその製造方法
JP2015036468A (ja) * 2013-08-11 2015-02-23 三井化学産資株式会社 ジオテキスタイルチューブを用いた補強構造体
JP2018504540A (ja) * 2015-04-30 2018-02-15 ピーブイ フラッド コントロール コーポレイション 改善された封じ込め堤防
US10378168B2 (en) 2015-04-30 2019-08-13 P.V. Flood Control Corp. Containment dike
US10472786B2 (en) 2015-04-30 2019-11-12 P.V. Flood Control Corp. Structure supported containment dike
US10584454B2 (en) 2015-04-30 2020-03-10 P.V. Flood Control Corp. Containment dike
US10889951B2 (en) 2015-04-30 2021-01-12 P.V. Flood Control Corp. Structure supported containment dike

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7922421B2 (en) Shoreline erosion and flood control system and method
US8777523B2 (en) Geotextile tube with flat ends
JP3696389B2 (ja) 水中構造物の洗掘防止材と洗掘防止工法
JPH11323936A (ja) 盛土構造物およびその安定化工法
JP5210197B2 (ja) 水制工及びその構築方法
KR100614907B1 (ko) 옹벽축조 부재 및 그 축조방법
CN111305153A (zh) 一种加筋反滤衬垫型抛石护岸充砂管袋
JP5100513B2 (ja) 補強土壁及びその構築方法
KR100774551B1 (ko) 침식방지용 튜브형 매트 및 이를 이용한 침식방지 공법
JPH0791821B2 (ja) 連接可能なバック体
JP6676462B2 (ja) 堤防補強工法
CN1242125C (zh) 抗洪阻浪护堤浮袋布
CN212000894U (zh) 一种加筋反滤衬垫型抛石护岸充砂管袋
JP2626428B2 (ja) 掘削汚泥を利用した堤体の構築法
JP2003171923A (ja) 被覆材、被覆材の製作方法、洗掘防止構造、洗掘防止工法
JP4264487B2 (ja) 砂浜の安定化方法における排水層の築造方法
KR20210039829A (ko) 지오텍스타일튜브
JPH08239816A (ja) 堤体およびその構築法
KR200333401Y1 (ko) 웅덩이와 섬유망태를 이용한 공법에 사용되는 섬유망태
KR200349607Y1 (ko) 긴급 수방자재 화이바 스톤 유니트
JP2000045246A (ja) 土砂詰袋複合体及びこれに用いる土砂収納用袋
JP2688181B2 (ja) 水中での堤防築造工事の沈袋構造
JPH0657724A (ja) 水中構造物の水底被覆シートおよびその敷設工法
JP2000319842A (ja) 洗掘防止材
JP3631377B2 (ja) 水中にコンクリート構造物を形成する方法

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20050802