JPH11319783A - 有機性廃棄物の処理方法 - Google Patents

有機性廃棄物の処理方法

Info

Publication number
JPH11319783A
JPH11319783A JP14030798A JP14030798A JPH11319783A JP H11319783 A JPH11319783 A JP H11319783A JP 14030798 A JP14030798 A JP 14030798A JP 14030798 A JP14030798 A JP 14030798A JP H11319783 A JPH11319783 A JP H11319783A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
organic waste
organic
waste
crushing
pulper
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP14030798A
Other languages
English (en)
Inventor
Yuji Soeda
祐二 添田
Masashi Moro
正史 師
Tetsuya Yamamoto
哲也 山本
Toshiyuki Shibata
敏行 柴田
Original Assignee
Kubota Corp
株式会社クボタ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kubota Corp, 株式会社クボタ filed Critical Kubota Corp
Priority to JP14030798A priority Critical patent/JPH11319783A/ja
Publication of JPH11319783A publication Critical patent/JPH11319783A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E50/00Technologies for the production of fuel of non-fossil origin
    • Y02E50/30Fuel from waste, e.g. synthetic alcohol or diesel
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W30/00Technologies for solid waste management
    • Y02W30/20Waste processing or separation

Abstract

(57)【要約】 【課題】 性状や濃度が異なる複数種類の有機性廃棄物
を同一処理系で処理し、有用物質を回収するに際して、
パルパーを使用して破砕しながら処理量の増大を招くこ
となく有機性廃棄物を処理できる方法を提供する。 【解決手段】 し尿、浄化槽汚泥などのスラリー状の有
機性廃棄物と、生ごみなどの固形の有機性廃棄物とを混
合してパルパー破砕工程#2に導入して、パルパーで、
この混合物中の液状分によって形成される渦流により有
機性固形分を破砕し、その後に嫌気性発酵工程#4へ導
入して嫌気性条件下で発酵させ、メタンガス5を回収す
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、性状や濃度が異な
る複数種類の有機性廃棄物を同一処理系で処理し、有用
物質を回収する有機性廃棄物の処理方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より有機性廃棄物の再資源化が図ら
れており、たとえば特開平9−201699号には、し
尿、浄化槽汚泥、下水汚泥、農集汚泥、家畜ふん尿、生
ごみ、食品廃棄物など、性状や濃度が異なる有機性廃棄
物を同一システムにおいて処理して有用物質を回収し、
資源化する方法が開示されている。
【0003】この方法は、図2に示したようなものであ
り、し尿、浄化槽汚泥、農集汚泥、下水汚泥、家畜ふん
尿を除渣工程#31において除渣し、固液分離工程#3
2において液状廃棄物31と脱水汚泥32とに分離し、
液状廃棄物31は、生物処理工程#33でBOD分解並
びに必要に応じて脱窒素し、固液分離工程#34で浮遊
物を除去し、高度処理工程#35でCODや色素成分や
鉄・マンガンなどの重金属類を除去し、消毒して放流水
または再利用水としている。
【0004】一方、生ごみや食品廃棄物は、破砕・分別
工程#36において破砕し、発酵不適物を分別した後
に、上記した脱水汚泥32と混合して、嫌気性発酵工程
#37においてメタン発酵させ、発生したメタンガス3
3を回収して、発電工程#38などにより電気や熱の形
態として使用に供するとともに、消化汚泥34を脱水工
程#39で脱水汚泥35とし、コンポスト化工程#40
などに送って肥料や固形燃料や乾燥汚泥として回収して
おり、脱水濾液36は生物処理工程#33へ送って処理
している。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで、破砕・分別
工程#36における破砕手段としてパルパーを使用する
ことがある。その際には、生ごみや食品廃棄物をごみ袋
に入れたまま粗破砕機にて所定寸法に切断し、パルパー
に送って、インペラーによって作り出される渦流中で攪
拌・混合することにより、有機性固形物を破砕するとと
もに金属、ガラス、石などの重量物除去を行い、パルパ
ーに付設したスクリーンで、プラスチック、繊維類など
の軽量物と砂とを除去するようにしている。
【0006】しかしながら、パルパーは、上記したよう
にインペラーによって渦流を作り出すものであるため、
生ごみや食品廃棄物の1.5〜2倍容量の水を入れる必
要があり、処理量が増大してしまうという問題がある。
【0007】本発明は上記問題を解決するもので、パル
パーを使用しながら処理量の増大を招くことなく有機性
廃棄物を処理できる方法を提供することを目的とするも
のである。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記問題を解決するため
に、本発明の請求項1記載の有機性廃棄物の処理方法
は、性状や濃度が異なる複数種類の有機性廃棄物を同一
処理系で処理し、有用物質を回収するに際して、し尿、
浄化槽汚泥などのスラリー状の有機性廃棄物と、生ごみ
などの固形の有機性廃棄物とを混合して破砕分別工程に
導入して、パルパーで、この混合物中の液状分によって
形成される渦流により有機性固形分を破砕し、その後に
嫌気性発酵工程へ導入して嫌気性条件下で発酵させ、メ
タンガスを回収するようにしたものである。
【0009】請求項2記載の有機性廃棄物の処理方法
は、パルパーで有機性固形分を破砕した有機性廃棄物
を、微細な破砕排出孔を形成した圧縮破砕機で高圧にて
細粒子状に二次破砕し、圧縮破砕機の内部に残留する発
酵不適物より分別して、嫌気性発酵工程へ供給するよう
にしたものである。
【0010】上記した請求項1記載の構成によれば、し
尿、浄化槽汚泥など、液状分を多量に含んだスラリー状
の有機性廃棄物を混合することで、この混合物中に含ま
れる液状分により渦流を形成して、有機性固形分を破砕
できるので、別途に水を添加する従来の方法のように処
理量の増大を招くことがなく、嫌気性発酵工程を効率よ
く行える。
【0011】請求項2記載の構成によれば、パルパーで
有機性固形分を破砕した有機性廃棄物を圧縮破砕機で高
圧にて圧縮破砕するので、圧縮率が大きくなって、細粒
子化並びに細胞膜の破壊率が高まり、従来は排除せざる
をえなかった破砕困難な有機性廃棄物も細粒子化するこ
とができ、またその際に、プラスチック類や、金属類、
石・砂などの発酵不適物を自動的に同時に分別できる。
したがって、生物分解性が非常に大きくなって嫌気性発
酵工程での発酵効率が高くなり、従来は排除していた有
機性廃棄物からも有機成分を回収することができ、パル
パーでの分別操作も省略できる。
【0012】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態を図面を
参照しながら説明する。図1において、生ごみ、食品廃
棄物など、主として固形物からなる有機性廃棄物をごみ
袋に入れたまま粗破砕工程#1に導入して、粗破砕機で
粗破砕する。
【0013】粗破砕した有機性廃棄物1を、し尿、浄化
槽汚泥、下水汚泥、農集汚泥、家畜ふん尿などのスラリ
ー状の有機性廃棄物と混合してパルパー破砕工程#2に
導入し、パルパーで、この混合物中に含まれる液状分に
より渦流を形成して攪拌・混合することにより有機性固
形分を破砕する。
【0014】次に、有機性固形分を破砕したこのペース
ト状有機性廃棄物2を圧縮破砕工程#3に導入し、圧縮
破砕機で高圧にて圧縮破砕する。圧縮破砕機はたとえば
図2に示したようなものであり、投入口111より投入
されフィーダー112によってチャンバー113の内部
へ送り出された破砕対象物を、性状によっては万遍なく
圧力がかかるように希釈水で調整したうえで、油圧シリ
ンダー114により瞬間的に負荷する200〜250k
g/cm2 の高圧にて圧縮し、メッシュ状に形成された
微細な破砕排出孔(図示せず)より押し出すことで細粒
子状に破砕して、破砕物排出口115を通じて排出し、
残留物は別途に残留物排出口116より取り出すように
構成されている。
【0015】したがって、ペースト状有機性廃棄物2
は、粒径1〜2mm以下の細粒子状物を含んだペースト
状有機性廃棄物3となって排出され、破砕不能なし渣、
プラスチック類、金属類、石・砂などの発酵不適物4は
残留することで自動的に分別される。
【0016】その際、ペースト状有機性廃棄物2は、見
かけ比重が大きくなっているため、チャンバー113に
おける圧縮率が大きくなって、細粒子化並びに細胞膜の
破壊率が高まり、また従来は排除せざるをえなかった破
砕困難な有機性廃棄物も細粒子化される。また、分別さ
れた発酵不適物4への有機性廃棄物の付着量は非常に少
ない。
【0017】このようにして圧縮破砕したペースト状有
機性廃棄物3を、必要に応じて希釈水で濃度調整したう
えで、嫌気性発酵工程#4において嫌気性発酵させ、発
生したメタンガス5や消化汚泥6は回収して従来と同様
の処理に導く。
【0018】このとき、ペースト状有機性廃棄物3は、
上記したように細粒子化されるとともに細胞膜が破壊さ
れているため生物分解性が非常に大きく、また生ごみ、
食品廃棄物などと、し尿、浄化槽汚泥、下水汚泥、農集
汚泥、家畜ふん尿などとが有する互いに異質の成分、た
とえば微量元素(Fe,Ni,Co等)が混合されるこ
とによる効果もあって、従来より短い日数で効率よく発
酵する。また、従来は破砕困難であるとして排除されて
いた有機性廃棄物や、発酵不適物4に付着して排除され
ていた有機性廃棄物も含まれているために、有機成分の
回収率は95%以上にもなる。
【0019】なお、嫌気性発酵工程#4に投入する有機
性廃棄物は、発酵槽内で流動性を保てる濃度であればよ
く、発酵槽内の加温(保温)のためのエネルギー消費量
を考慮すると、TS濃度10〜15%に調整するのが有
利な場合がある。
【0020】また、嫌気性発酵工程#4では、発酵槽内
のメタン菌の濃度を高めることで発酵をより促進するこ
とができ、たとえば、発酵汚泥の一部を脱水機や槽内外
に配置した濾過膜などにより濃縮し、発酵槽内へ返送
(残留)することによって、従来はHRT15日以上と
して設計していた発酵槽をHRT10日以下の小さなも
のにすることも可能である。
【0021】上記したように、粗破砕工程#1とパルパ
ー破砕工程#2と圧縮破砕工程#3とにおいて有機性廃
棄物を前処理するようにしたことにより、嫌気性発酵工
程#4における発酵を促進し、有機成分の回収率を増大
できるとともに、投入、破砕系統を一元化して発酵不適
物の処理の容易化を図ることができ、しかもパルパーを
使用しながらも、別途に水を添加する従来の方法のよう
に処理量の増大を招くことがない。しかし、生ごみ、食
品廃棄物がごみ袋に入れられていない時は粗破砕工程#
1を省略することができ、生ごみ、食品廃棄物の性状に
よっては、圧縮破砕工程#3を省略することも可能であ
る。
【0022】生ごみ、食品廃棄物などの有機性廃棄物に
比して、し尿、浄化槽汚泥、下水汚泥、農集汚泥、家畜
ふん尿などのスラリー状の有機性廃棄物が多い場合に
は、スラリー状の有機性廃棄物を、遠心脱水機、ベルト
プレス型脱水機、フィルタープレス、回転円盤型脱水機
等の脱水機、あるいは濃縮スクリーンや重力濃縮槽など
によって固液分離し、分離した液状分の一部を生物処理
工程#5へ導入してBOD分解および必要に応じて脱窒
素し、生物処理水7を従来と同様の処理に導き、発生し
た余剰汚泥8をパルパー破砕工程#2へ導く。逆に、ス
ラリー状の有機性廃棄物が少なく、液状分が少ない場合
には、渦流を形成できるように希釈水を混合する。
【0023】
【発明の効果】パルパーにおいて、生ごみなどの固形の
有機性廃棄物に、し尿、浄化槽汚泥など、液状分を多量
に含んだスラリー状の有機性廃棄物を混合して、この混
合物中に含まれる液状分によって渦流を形成し、有機性
固形分を破砕するようにしたので、別途に水を添加する
従来の方法より処理量を軽減して嫌気性発酵工程を効率
よく行うことができ、投入、破砕系統が一元化されるた
め発酵不適物の処理も容易になる。
【0024】また、パルパーで破砕した有機性廃棄物を
圧縮破砕機で圧縮破砕するようにしたので、圧縮率が大
きくなって細粒子化並びに細胞膜の破壊率が高まり、プ
ラスチック類、金属類、石・砂などの発酵不適物も自動
的に同時に分別することができ、その結果、嫌気性発酵
工程での発酵を促進し、有機成分の回収率を増大できる
とともに、パルパーでの分別操作を省略できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態における有機性廃棄物の処
理方法を説明するフローチャートである。
【図2】図1に示した有機性廃棄物の処理方法で使用さ
れる圧縮破砕機の概略構成図である。
【図3】従来の有機性廃棄物の処理フローを示したフロ
ーチャートである。
【符号の説明】
1 有機性廃棄物 2 ペースト状有機性廃棄物 3 ペースト状有機性廃棄物 4 発酵不適物 5 メタンガス 8 余剰汚泥
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 柴田 敏行 大阪府大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号 株式会社クボタ内

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 性状や濃度が異なる複数種類の有機性廃
    棄物を同一処理系で処理し、有用物質を回収するに際し
    て、し尿、浄化槽汚泥などのスラリー状の有機性廃棄物
    と、生ごみなどの固形の有機性廃棄物とを混合して破砕
    分別工程に導入して、パルパーで、この混合物中の液状
    分によって形成される渦流により有機性固形分を破砕
    し、その後に嫌気性発酵工程へ導入して嫌気性条件下で
    発酵させ、メタンガスを回収することを特徴とする有機
    性廃棄物の処理方法。
  2. 【請求項2】 パルパーで有機性固形分を破砕した有機
    性廃棄物を、微細な破砕排出孔を形成した圧縮破砕機で
    高圧にて細粒子状に二次破砕し、圧縮破砕機の内部に残
    留する発酵不適物より分別して、嫌気性発酵工程へ供給
    することを特徴とする請求項1記載の有機性廃棄物の処
    理方法。
JP14030798A 1998-05-22 1998-05-22 有機性廃棄物の処理方法 Pending JPH11319783A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14030798A JPH11319783A (ja) 1998-05-22 1998-05-22 有機性廃棄物の処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14030798A JPH11319783A (ja) 1998-05-22 1998-05-22 有機性廃棄物の処理方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11319783A true JPH11319783A (ja) 1999-11-24

Family

ID=15265755

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14030798A Pending JPH11319783A (ja) 1998-05-22 1998-05-22 有機性廃棄物の処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11319783A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001276880A (ja) * 2000-03-31 2001-10-09 Ataka Construction & Engineering Co Ltd 廃棄物処理方法およびその装置
KR20020095486A (ko) * 2001-06-14 2002-12-27 (주)동명기술공단종합건축사사무소 음식물 쓰레기 하수슬러지 병합처리 시스템
CN102615085A (zh) * 2011-01-26 2012-08-01 杭州布鲁斯凯环境科技有限公司 有机垃圾生物无害化、资源化处理工艺
CN102775028A (zh) * 2012-08-18 2012-11-14 杨欣 固液废污生态综合处理系统及处理方法
CN104907316A (zh) * 2015-05-27 2015-09-16 北京世纪国瑞环境工程技术有限公司 一种餐厨垃圾及城镇粪便综合处理系统及其方法
CN108941148A (zh) * 2018-05-15 2018-12-07 黄解放 一种垃圾分类回收利用方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001276880A (ja) * 2000-03-31 2001-10-09 Ataka Construction & Engineering Co Ltd 廃棄物処理方法およびその装置
KR20020095486A (ko) * 2001-06-14 2002-12-27 (주)동명기술공단종합건축사사무소 음식물 쓰레기 하수슬러지 병합처리 시스템
CN102615085A (zh) * 2011-01-26 2012-08-01 杭州布鲁斯凯环境科技有限公司 有机垃圾生物无害化、资源化处理工艺
CN102775028A (zh) * 2012-08-18 2012-11-14 杨欣 固液废污生态综合处理系统及处理方法
CN104907316A (zh) * 2015-05-27 2015-09-16 北京世纪国瑞环境工程技术有限公司 一种餐厨垃圾及城镇粪便综合处理系统及其方法
CN108941148A (zh) * 2018-05-15 2018-12-07 黄解放 一种垃圾分类回收利用方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3226514B2 (ja) 廃棄物の処理方法及び粥状化装置
JP3442288B2 (ja) 有機性廃棄物のメタン発酵方法
KR20060059919A (ko) 남은음식물류쓰레기의 혐기성자원화를 위한 밀링식 분쇄 및원심식 고액분리 연속처리공정구성과 탈리액의 효소반응을이용한 전처리공정의 설비구성 및 그 운영 방안.
JP3755982B2 (ja) 有機性廃棄物の再資源化方法
KR200425442Y1 (ko) 밀링식 분쇄와 원심식 고액분리 연속처리 및 탈리액의 효소반응을 이용한 음식쓰레기의 전처리 설비
JPH11197636A (ja) 有機性廃棄物の処理方法
JPH11300323A (ja) 有機性廃棄物の処理方法
JPH11309493A (ja) 乾式メタン発酵方法
JP3835927B2 (ja) 有機性廃棄物の処理方法
JPH11319783A (ja) 有機性廃棄物の処理方法
JPH11319782A (ja) メタン発酵方法
JPH11221548A (ja) 有機性廃棄物の処理方法
JP2000015230A (ja) アンモニア除去方法
JPH11197639A (ja) 有機性廃棄物の処理方法
JPH1128445A (ja) 廃棄物処理方法
JP3835930B2 (ja) 有機性廃棄物の処理方法
JPH11333416A (ja) 有機性廃棄物の再資源化方法
JPH1177006A (ja) 有機性廃棄物の処理方法
KR100663994B1 (ko) 음식물 쓰레기 자원화 과정의 폐수 처리장치
JPH11285698A (ja) 生物学的脱リン方法
JPH11221551A (ja) 有機性廃棄物の可溶化処理方法
JP3727178B2 (ja) メタン発酵方法
JP2006281087A (ja) 有機性廃棄物の処理方法
JP3276138B2 (ja) 有機性廃棄物の処理法
CA2259943A1 (en) Method for optimizing and improving the space load of fermentation reactors