JPH1131829A - 太陽電池の良否判定方法 - Google Patents

太陽電池の良否判定方法

Info

Publication number
JPH1131829A
JPH1131829A JP9184939A JP18493997A JPH1131829A JP H1131829 A JPH1131829 A JP H1131829A JP 9184939 A JP9184939 A JP 9184939A JP 18493997 A JP18493997 A JP 18493997A JP H1131829 A JPH1131829 A JP H1131829A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
solar cell
series
quality
unit
open
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP9184939A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3560308B2 (ja
Inventor
Masashige Tamechika
正成 爲近
Nobuyoshi Takehara
信善 竹原
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP18493997A priority Critical patent/JP3560308B2/ja
Publication of JPH1131829A publication Critical patent/JPH1131829A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3560308B2 publication Critical patent/JP3560308B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01RMEASURING ELECTRIC VARIABLES; MEASURING MAGNETIC VARIABLES
    • G01R31/00Arrangements for testing electric properties; Arrangements for locating electric faults; Arrangements for electrical testing characterised by what is being tested not provided for elsewhere
    • G01R31/01Subjecting similar articles in turn to test, e.g. "go/no-go" tests in mass production; Testing objects at points as they pass through a testing station
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02SGENERATION OF ELECTRIC POWER BY CONVERSION OF INFRA-RED RADIATION, VISIBLE LIGHT OR ULTRAVIOLET LIGHT, e.g. USING PHOTOVOLTAIC [PV] MODULES
    • H02S50/00Monitoring or testing of PV systems, e.g. load balancing or fault identification
    • H02S50/10Testing of PV devices, e.g. of PV modules or single PV cells
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/50Photovoltaic [PV] energy

Abstract

(57)【要約】 【課題】 本発明は、大掛かりな測定装置が不要で、既
設の太陽電池においても簡易に良否が判定できる太陽電
池の良否判定方法を提供する。 【解決手段】 本発明の太陽電池の良否判定方法は、太
陽電池セル又は該太陽電池セルの集合体である太陽電池
モジュールからなる単位太陽電池を、一枚もしくは複数
枚組み合わせて構成される直列体からなる太陽電池の良
否判定方法において、前記太陽電池の温度を測定する工
程1と、前記太陽電池の開放電圧を測定する工程2と、
前記工程1及び前記工程2で得られた測定結果から前記
太陽電池の良否を判定する工程3と、を有することを特
徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は太陽電池の良否判定方法
に係る。より詳細には、大がかりな装置を用いることな
く、既設の太陽電池の良否判定を簡易に行う方法に関す
る。
【0002】
【従来の技術】従来、太陽電池の良否判定方法には、例
えば図4に示すようなシステムが用いられている。図4
において、1は太陽電池、2は負荷、3は制御装置、4
は電圧・電流センサ、5は日射センサ、6は温度セン
サ、7は処理装置、8は表示装置である。
【0003】良否判定の対象となる太陽電池1は、例え
ば電子負荷やキャパシタなどからなる負荷2に接続され
る。負荷2は例えば制御用コンピュータのような制御装
置3によって制御され、太陽電池1からの電力を変化さ
せながら消費する。電圧・電流センサ4は、この消費時
の電圧及び電流を測定するために用いる。また同時に、
日射センサ5によって日射量を、温度センサ6によって
太陽電池1の温度を、それぞれモニタし、これらのデー
タは例えばパーソナルコンピュータなどからなる処理装
置7に送られる。処理装置7は、実測された電圧値及び
電流値を日射量と温度を用いて補正し、所定の標準状態
の電圧値及び電流値を算出して、太陽電池の特性を表示
装置8に出力する。そして、測定者は、表示装置8に表
示された太陽電池の特性から、観測した太陽電池が良品
であるか不良品であるかを判定していた。このような太
陽電池の良否判定方法が行える実用機としては、例えば
英弘精機製の測定機(型番:MP−123)が挙げられ
る。
【0004】しかしながら、上述した太陽電池の良否判
定方法では、太陽電池の性能を精密に測定することはで
きるが、測定装置が大掛かりになってしまい、例えばサ
ービスマンが既設の太陽電池の良否判定を行うために太
陽電池の設置現場に行く場合には、その測定作業が簡易
には実施できないという欠点があった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、大掛かりな
測定装置が不要で、既設の太陽電池においても簡易に良
否が判定できる太陽電池の良否判定方法を提供すること
を目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明に係る第1の太陽
電池の良否判定方法は、太陽電池セル又は該太陽電池セ
ルの集合体である太陽電池モジュールからなる単位太陽
電池を、一枚もしくは複数枚組み合わせて構成される直
列体からなる太陽電池の良否判定方法において、前記太
陽電池の温度を測定する工程1と、前記太陽電池の開放
電圧を測定する工程2と、前記工程1及び前記工程2で
得られた測定結果から前記太陽電池の良否を判定する工
程3と、を有することを特徴としている。この太陽電池
の良否判定方法では、太陽電池の温度を測定しながら開
放電圧を測定しているため、太陽電池を構成する直列体
ごとに、不良の単位太陽電池が含まれているか否かを調
べることができる。
【0007】上記特徴において、前記工程3は、前記工
程1及び前記工程2で得られた測定結果から所定の標準
状態における開放電圧を算出して使用することから、太
陽電池が設置されている状態に依存せず、太陽電池の良
否判定を安定して行うことができる。
【0008】また上記特徴において、前記工程3は、前
記所定の標準状態における開放電圧が、所定の規格に適
合しているか否かによって良否を判定するため、特に複
雑な装置を必要とせず、簡易に太陽電池の良否を判定す
ることが可能となる。
【0009】本発明に係る第2の太陽電池の良否判定方
法は、太陽電池セル又は該太陽電池セルの集合体である
太陽電池モジュールからなる単位太陽電池を、複数枚組
み合わせて構成される直列体からなる太陽電池の良否判
定方法において、前記直列体をなす複数枚の単位太陽電
池に光を照射するとき、該複数枚の単位太陽電池のうち
任意の1枚の単位太陽電池のみに影を落とす工程4と、
前記工程4によって前記任意の1枚の単位太陽電池のみ
に影を落としているとき、前記直列体の開放電圧を測定
する工程5と、前記工程5によって得られた測定結果を
複数記憶する工程6と、前記工程6で複数記憶した個々
の測定結果を比較して前記直列体を構成する単位太陽電
池の良否を1枚ずつ判定する工程7と、を有することを
特徴としている。この太陽電池の良否判定方法では、単
位太陽電池を1枚づつ影にしながら開放電圧を測定する
ことによって、直列体に含まれる不良の単位太陽電池を
特定することができる。
【0010】上記特徴において、前記工程7は、前記工
程6で複数記憶した個々の測定結果の中から比較的高い
開放電圧が得られた測定結果を抽出して使用することに
より、異常な単位太陽電池を容易に特定することが可能
となる。
【0011】また上記特徴において、前記工程7は、前
記抽出した比較的高い開放電圧が得られた測定結果に対
応する単位太陽電池を不良品として判定するため、特に
太陽電池に関する知識を必要とせず、容易に太陽電池の
良否判定を行うことが可能となる。
【0012】本発明に係る第3の太陽電池の良否判定方
法は、太陽電池セル又は該太陽電池セルの集合体である
太陽電池モジュールからなる単位太陽電池を、複数枚組
み合わせた直列体が複数本並列化されて構成される太陽
電池アレイからなる太陽電池の良否判定方法において、
前記直列体ごとに電気回路を切り離す工程8と、前記工
程8を終えた各々の直列体の温度を測定する工程9と、
前記工程8を終えた各々の直列体の開放電圧を測定する
工程10と、前記工程9及び前記工程10の測定結果か
ら、前記工程8を終えた各々の直列体の良否を判定する
工程11と、前記工程11において不良と判断された直
列体に対して、該直列体を構成する複数枚の単位太陽電
池のうち任意の1枚の単位太陽電池のみに影を落とす工
程12と、前記工程12によって前記任意の1枚の単位
太陽電池のみに影を落としているとき、前記直列体の開
放電圧を測定する工程13と、前記工程13によって得
られた測定結果を複数記憶する工程14と、前記工程1
4で複数記憶した個々の測定結果を比較して前記直列体
を構成する単位太陽電池の良否を1枚ずつ判定する工程
15と、を有することを特徴としている。この太陽電池
の良否判定方法では、複雑に組み合わされた太陽電池ア
レイにおいても、アレイ中に含まれる不良の単位太陽電
池を特定することが可能となる。
【0013】上記特徴において、前記工程15は、前記
工程14で複数記憶した個々の測定結果から所定の標準
状態における開放電圧を算出し、その算出値が予め定め
られた規格値に適合しているか否かによって、該測定結
果に対応する単位太陽電池の良否を判定することによ
り、複雑に組み合わされた太陽電池アレイにおいても、
特に複雑な装置を必要とせず、また、太陽電池が設置さ
れている状態に依存することなく、簡易に太陽電池の良
否を、安定して判定することが可能となる。
【0014】また上記特徴において、前記工程15は、
前記工程14で複数記憶した個々の測定結果の中から比
較的高い開放電圧が得られた測定結果を抽出し、該抽出
した測定結果に対応する単位太陽電池を不良品として判
定することにより、複雑に組み合わされた太陽電池アレ
イにおいても、特に太陽電池に関する知識を必要とせ
ず、不良の単位太陽電池を容易に特定することが可能と
なる。
【0015】
【発明の実施の形態】以下では、本発明に係る太陽電池
の良否判定方法について具体的に説明する。
【0016】(実施例1)本例では、図1に示した太陽
電池システムにおける太陽電池の良否判定方法について
述べる。図1において、太陽電池10は、太陽電池セル
又は該太陽電池セルの集合体である太陽電池モジュール
からなる単位太陽電池を、一枚もしくは複数枚組み合わ
せて構成される直列体である。太陽電池10の表面温度
は放射型温度計13を、太陽電池10の電圧は電圧計1
1を、それぞれ用いて測定される。この計測された電圧
は、太陽電池10が負荷に繋がっていない状態すなわち
開放状態になっていることから、開放電圧(VOC)と呼
ばれる。
【0017】開放電圧(VOC)は、太陽電池の特性上、
温度によって若干変動するものの、日射強度の影響は受
けずほぼ一定となる。したがって、太陽電池10の開放
電圧(VOC)は、太陽電池10を構成する単位太陽電池
の数と測定時の太陽電池1の表面温度における単位太陽
電池一枚分の開放電圧との積となる。
【0018】図5は、本例に係る方法で測定した太陽電
池の電圧・電流特性を示すグラフである。このグラフで
は、電流値が0となるときの電圧値が、太陽電池10の
開放電圧(VOC)を示す。太陽電池10としては、キヤ
ノン製のBS−03を10枚直列に接続して用いた。上
記特性を測定した時の太陽電池10の温度は49℃であ
った。
【0019】図5から、太陽電池10が良品の単位太陽
電池から構成されている場合(以下「良品」と呼ぶ)に
はVOC=183V、太陽電池10に不良品の単位太陽電
池が1枚混在している場合(以下「不良品混在」と呼
ぶ)にはVOC=165Vであることが分かる。ところ
で、この太陽電池10の場合、VOCの温度係数は−0.
41%/degであることから、標準状態25℃におけ
る開放電圧は、「良品」の方が201V、「不良品混
在」の方が181Vと計算される。
【0020】ここで、太陽電池10を構成する単位太陽
電池1枚のVOCの良品規格を20V−5%以上(すなわ
ち19V以上)と設定しておくと、標準状態25℃にお
ける単位太陽電池1枚あたりのVOCが18.1Vとなる
「不良品混在」の方は、太陽電池10が不良と判断でき
る。
【0021】このように、太陽電池10を構成する単位
太陽電池のいくつかが不良の状態にあれば、図5に示す
ように、開放電圧はその不良の単位太陽電池の枚数分低
く観測されるので、太陽電池10に不良の単位太陽電池
が含まれていることを簡易に確認できる。
【0022】なお、本例では太陽電池10の温度の測定
手段として放射型温度計13を用いたが、太陽電池10
自体の温度が計測できる他の測定計、例えば熱電対や測
温抵抗体を用いても構わない。
【0023】(実施例2)本例では、図2に示した太陽
電池システムにおける太陽電池の良否判定方法について
述べる。
【0024】図2の太陽電池20は、太陽電池セル又は
該太陽電池セルの集合体である太陽電池モジュールから
なる単位太陽電池ごとにバイパスダイオードを設け、こ
のような単位太陽電池を、一枚もしくは複数枚組み合わ
せて構成される直列体とした点が実施例1で用いた図1
の太陽電池10と異なる。
【0025】上記バイパスダイオードを設けた太陽電池
20は、太陽電池の一部に影がかかった場合でも発電が
停止することがないため、近年では住宅用途の太陽発電
システムなどに用いられている。
【0026】この場合は太陽電池の温度を測定すること
なく、次に示す方法により良否判定が可能となる。
【0027】図2の太陽電池20の電圧は電圧計11を
用いて計測する。この計測された電圧は、太陽電池10
が負荷に繋がっていない状態すなわち開放状態になって
いることから、開放電圧(VOC)と呼ばれる。
【0028】実施例1と異なり、太陽電池の温度を測ら
ず、シェード板12を用いて1つの単位太陽電池づつ影
にする。
【0029】日射強度と気温がある程度安定していれ
ば、その間に、1単位太陽電池づつ影にしていき、もし
電圧計の指示値が、他の単位太陽電池を影にしていると
きと比べて数V上昇するようなことがあれば、そのとき
影にしている単位太陽電池が不良であることが確認でき
る。
【0030】例えば、7枚の単位太陽電池を直列化して
構成された太陽電池の開放電圧が200Vだったとす
る。直列体の一方から順に各々の単位太陽電池を影にし
たとき各々の開放電圧が、168V、170V、169
V、168V、186V、169V、170Vと測定さ
れた場合、電圧値が186Vを示している時に影にして
いる単位太陽電池(逆に言うとその時以外は発電してい
る単位太陽電池)だけ、開放電圧が約16V低いことに
なる。従って、この単位太陽電池だけが異常な状態にあ
ると判断することができる。
【0031】良否の判定基準は、バイパスダイオードの
入ってる単位太陽電池の開放電圧とすることができる。
つまり、単位太陽電池一枚に1つ、言い換えれば単位太
陽電池一枚のプラス端子とマイナス端子との間に1つの
バイパスダイオードが入っている場合は、その単位太陽
電池1枚分の開放電圧値が判定基準となる。また、単位
太陽電池を構成する太陽電池セル1枚毎にバイパスダイ
オードが入っている場合は、太陽電池セル1枚の開放電
圧値を判定基準とすることが可能である。
【0032】上述した方法によって不良の単位太陽電池
が絞り込まれれば、同様の方法でその単位太陽電池を構
成するどの太陽電池セルが異常なのかも確認できる。
【0033】なお、本例では単位太陽電池に影を落とす
ために、シェード板を使ったが、単位太陽電池毎に影を
落とすことができれば、遮光布等を用いても構わない。
【0034】また、先に述べた実施例1と本例とを組み
合わせて使用することで、更に精度良く太陽電池の良否
判定を行うことができる。
【0035】すなわち、まず実施例1に示す方法で直列
体の良否を判定する。ここでもし、不良と判断されたな
らば、その直列体を構成する単位太陽電池1枚ずつを本
例の方法に従って良否判定を行う。その結果、複数の単
位太陽電池の直列体で構成された太陽電池の中から、実
際に異常である単位太陽電池を簡易に特定することがで
きる。
【0036】(実施例3)本例では、図3に示した太陽
電池システムにおける太陽電池の良否判定方法について
述べる。
【0037】図3の太陽電池30は、複数の直列体がさ
らに複数並列化している点が実施例1で用いた図1の太
陽電池10と異なる。
【0038】この場合、まず測定したい直列体だけを残
して、直列体毎に設置されている断路器14を用い、そ
の他の直列体を全て電気的に切り離す。
【0039】次に、実施例1に示す方法で直列体の良否
を判定する。ここでもし、不良と判断された直列体があ
れば、その直列体を構成する単位太陽電池1枚ずつを実
施例2の方法で良否判定を行う。
【0040】このような手順をとることにより、複数の
直列体がさらに複数並列化されている太陽電池が設けて
あるシステムにおいても、太陽電池の中から実際に異常
が発生している単位太陽電池を簡易に特定することがで
きる。
【0041】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
大掛かりな測定装置が不要で、既設の太陽電池において
も簡易に良否が判定できる太陽電池の良否判定方法が得
られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例1に係る太陽電池の良否判定方
法を説明するために用いた太陽電池システムの模式図で
ある。
【図2】本発明の実施例2に係る太陽電池の良否判定方
法を説明するために用いた太陽電池システムの模式図で
ある。
【図3】本発明の実施例3に係る太陽電池の良否判定方
法を説明するために用いた太陽電池システムの模式図で
ある。
【図4】従来の太陽電池の良否判定方法を説明するため
に用いた太陽電池システムの模式図である。
【図5】本発明の実施例1に係る方法で測定した太陽電
池の電圧・電流特性を示すグラフである。
【符号の説明】
1、10、20、30 太陽電池、 2 負荷、 3 制御装置、 4 電圧・電流センサ、 5 日射センサ、 6 温度センサ、 7 処理装置、 8 表示装置、 11 電圧計、 12 シェード板、 13 放射型温度計、 14 断路器。

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 太陽電池セル又は該太陽電池セルの集合
    体である太陽電池モジュールからなる単位太陽電池を、
    一枚もしくは複数枚組み合わせて構成される直列体から
    なる太陽電池の良否判定方法において、 前記太陽電池の温度を測定する工程1と、 前記太陽電池の開放電圧を測定する工程2と、 前記工程1及び前記工程2で得られた測定結果から前記
    太陽電池の良否を判定する工程3と、 を有することを特徴とする太陽電池の良否判定方法。
  2. 【請求項2】 前記工程3は、前記工程1及び前記工程
    2で得られた測定結果から所定の標準状態における開放
    電圧を算出して使用することを特徴とする請求項1に記
    載の太陽電池の良否判定方法。
  3. 【請求項3】 前記工程3は、前記所定の標準状態にお
    ける開放電圧が、所定の規格に適合しているか否かによ
    って良否を判定することを特徴とする請求項2に記載の
    太陽電池の良否判定方法。
  4. 【請求項4】 太陽電池セル又は該太陽電池セルの集合
    体である太陽電池モジュールからなる単位太陽電池を、
    複数枚組み合わせて構成される直列体からなる太陽電池
    の良否判定方法において、 前記直列体をなす複数枚の単位太陽電池に光を照射する
    とき、該複数枚の単位太陽電池のうち任意の1枚の単位
    太陽電池のみに影を落とす工程4と、 前記工程4によって前記任意の1枚の単位太陽電池のみ
    に影を落としているとき、前記直列体の開放電圧を測定
    する工程5と、 前記工程5によって得られた測定結果を複数記憶する工
    程6と、 前記工程6で複数記憶した個々の測定結果を比較して前
    記直列体を構成する単位太陽電池の良否を1枚ずつ判定
    する工程7と、 を有することを特徴とする太陽電池の良否判定方法。
  5. 【請求項5】 前記工程7は、前記工程6で複数記憶し
    た個々の測定結果の中から比較的高い開放電圧が得られ
    た測定結果を抽出して使用することを特徴とする請求項
    4に記載の太陽電池の良否判定方法。
  6. 【請求項6】 前記工程7は、前記抽出した比較的高い
    開放電圧が得られた測定結果に対応する単位太陽電池を
    不良品として判定することを特徴とする請求項5に記載
    の太陽電池の良否判定方法。
  7. 【請求項7】 太陽電池セル又は該太陽電池セルの集合
    体である太陽電池モジュールからなる単位太陽電池を、
    複数枚組み合わせた直列体が複数本並列化されて構成さ
    れる太陽電池アレイからなる太陽電池の良否判定方法に
    おいて、 前記直列体ごとに電気回路を切り離す工程8と、 前記工程8を終えた各々の直列体の温度を測定する工程
    9と、 前記工程8を終えた各々の直列体の開放電圧を測定する
    工程10と、 前記工程9及び前記工程10の測定結果から、前記工程
    8を終えた各々の直列体の良否を判定する工程11と、 前記工程11において不良と判断された直列体に対し
    て、該直列体を構成する複数枚の単位太陽電池のうち任
    意の1枚の単位太陽電池のみに影を落とす工程12と、 前記工程12によって前記任意の1枚の単位太陽電池の
    みに影を落としているとき、前記直列体の開放電圧を測
    定する工程13と、 前記工程13によって得られた測定結果を複数記憶する
    工程14と、 前記工程14で複数記憶した個々の測定結果を比較して
    前記直列体を構成する単位太陽電池の良否を1枚ずつ判
    定する工程15と、 を有することを特徴とする太陽電池の良否判定方法。
  8. 【請求項8】 前記工程15は、前記工程14で複数記
    憶した個々の測定結果から所定の標準状態における開放
    電圧を算出し、その算出値が予め定められた規格値に適
    合しているか否かによって、該測定結果に対応する単位
    太陽電池の良否を判定することを特徴とする請求項7に
    記載の太陽電池の良否判定方法。
  9. 【請求項9】 前記工程15は、前記工程14で複数記
    憶した個々の測定結果の中から比較的高い開放電圧が得
    られた測定結果を抽出し、該抽出した測定結果に対応す
    る単位太陽電池を不良品として判定することを特徴とす
    る請求項7又は8に記載の太陽電池の良否判定方法。
JP18493997A 1997-07-10 1997-07-10 太陽電池の良否判定方法 Expired - Fee Related JP3560308B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18493997A JP3560308B2 (ja) 1997-07-10 1997-07-10 太陽電池の良否判定方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18493997A JP3560308B2 (ja) 1997-07-10 1997-07-10 太陽電池の良否判定方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1131829A true JPH1131829A (ja) 1999-02-02
JP3560308B2 JP3560308B2 (ja) 2004-09-02

Family

ID=16162006

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18493997A Expired - Fee Related JP3560308B2 (ja) 1997-07-10 1997-07-10 太陽電池の良否判定方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3560308B2 (ja)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004281487A (ja) * 2003-03-13 2004-10-07 National Institute Of Advanced Industrial & Technology 太陽電池の特性評価方法
JP2008171897A (ja) * 2007-01-09 2008-07-24 National Institute Of Advanced Industrial & Technology 太陽電池の特性評価方法
CN101973075A (zh) * 2010-10-12 2011-02-16 高佳太阳能股份有限公司 硅棒垫
JP2011108831A (ja) * 2009-11-17 2011-06-02 Lasertec Corp 太陽電池評価方法及び太陽電池評価システム
JP2011243741A (ja) * 2010-05-18 2011-12-01 Lasertec Corp 太陽電池の評価装置、評価方法、及び製造方法
JP2012191000A (ja) * 2011-03-10 2012-10-04 Mitsubishi Electric Corp 診断装置、太陽光発電システム及び診断方法
CN103353575A (zh) * 2013-06-14 2013-10-16 东莞新能源科技有限公司 测量ocv和soc对应关系的测试装置及测试方法
JP2014165277A (ja) * 2013-02-22 2014-09-08 Ikutoku Gakuen 太陽電池の異常状態検出方法およびその装置、並びに、当該装置を有する太陽光発電システム
JP2015069973A (ja) * 2013-09-26 2015-04-13 三菱電機株式会社 太陽電池システムおよびその検査方法
JP2015080399A (ja) * 2013-09-13 2015-04-23 長谷川電機工業株式会社 太陽電池モジュールの劣化判別方法
EP2608275A4 (en) * 2010-08-20 2015-07-01 Toshiba Kk OPEN CIRCUIT VOLTAGE CONTROL SYSTEM
JP2015173519A (ja) * 2014-03-11 2015-10-01 オムロン株式会社 評価装置、評価方法及び、太陽光発電システム
JP2017135957A (ja) * 2016-01-29 2017-08-03 パナソニックIpマネジメント株式会社 太陽電池パネル検査システム

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NL2010161C2 (en) * 2013-01-22 2014-07-23 Stichting Energie Method and device for testing solar cells.

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004281487A (ja) * 2003-03-13 2004-10-07 National Institute Of Advanced Industrial & Technology 太陽電池の特性評価方法
JP2008171897A (ja) * 2007-01-09 2008-07-24 National Institute Of Advanced Industrial & Technology 太陽電池の特性評価方法
JP2011108831A (ja) * 2009-11-17 2011-06-02 Lasertec Corp 太陽電池評価方法及び太陽電池評価システム
JP2011243741A (ja) * 2010-05-18 2011-12-01 Lasertec Corp 太陽電池の評価装置、評価方法、及び製造方法
EP2608275A4 (en) * 2010-08-20 2015-07-01 Toshiba Kk OPEN CIRCUIT VOLTAGE CONTROL SYSTEM
CN101973075A (zh) * 2010-10-12 2011-02-16 高佳太阳能股份有限公司 硅棒垫
JP2012191000A (ja) * 2011-03-10 2012-10-04 Mitsubishi Electric Corp 診断装置、太陽光発電システム及び診断方法
JP2014165277A (ja) * 2013-02-22 2014-09-08 Ikutoku Gakuen 太陽電池の異常状態検出方法およびその装置、並びに、当該装置を有する太陽光発電システム
CN103353575A (zh) * 2013-06-14 2013-10-16 东莞新能源科技有限公司 测量ocv和soc对应关系的测试装置及测试方法
JP2015080399A (ja) * 2013-09-13 2015-04-23 長谷川電機工業株式会社 太陽電池モジュールの劣化判別方法
JP2015069973A (ja) * 2013-09-26 2015-04-13 三菱電機株式会社 太陽電池システムおよびその検査方法
JP2015173519A (ja) * 2014-03-11 2015-10-01 オムロン株式会社 評価装置、評価方法及び、太陽光発電システム
JP2017135957A (ja) * 2016-01-29 2017-08-03 パナソニックIpマネジメント株式会社 太陽電池パネル検査システム

Also Published As

Publication number Publication date
JP3560308B2 (ja) 2004-09-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6359441B1 (en) Electronic battery tester
Whitaker et al. Application and validation of a new PV performance characterization method
JP5403608B2 (ja) 太陽電池アレイの診断方法、及びパワーコンディショナ
JP3560308B2 (ja) 太陽電池の良否判定方法
KR20090016443A (ko) 태양 전지의 특성 평가 장치
US20050134283A1 (en) Method for determining the internal impedance of a battery cell in a string of serially connected battery cells
TWI595744B (zh) 太陽能板發電異常測試方法及其系統
Gonzalez et al. PV array simulator development and validation
US20070252555A1 (en) Method and apparatus for determining to which battery cell in a string of battery cells a test instrument is connected
Otth et al. Assessing photovoltaic module degradation and lifetime from long term environmental tests
Schuss et al. Detecting defects in photovoltaic panels with the help of synchronized thermography
Denisov et al. Lithium battery transient response as a diagnostic tool
Kwiecien et al. Correct processing of impedance spectra for lead-acid batteries to parameterize the charge-transfer process
US10921380B2 (en) Method for measuring the internal resistance of batteries
JP3403854B2 (ja) 太陽電池テスター
Sinton et al. Assessing transient measurement errors for high-efficiency silicon solar cells and modules
Schuss et al. Detecting defects in photovoltaic modules with the help of experimental verification and synchronized thermography
JP2000284017A (ja) 太陽光発電における出力測定方法及び装置
US6258479B1 (en) Method for determining amount of water to be added to a NiCd cell
Waters et al. Monitoring the state of health of VRLA batteries through ohmic measurements
Blum et al. Lifetime and substrate doping measurements of solar cells and application to in-line process control
Timergalina et al. Application of new signal processing methods for electrochemical power source relaxation modes detection
JP6631335B2 (ja) 地絡検出装置およびその制御方法、並びに制御プログラム
TamizhMani et al. Simultaneous Non-contact IV (NCIV) Measurements of Photovoltaic Substrings and Modules in a String
Kato et al. Estimation of the capacity of nickel-cadmium batteries by measuring impedance using electrolyte-deficient battery characteristics

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040216

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040218

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040419

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040519

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040524

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090604

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090604

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100604

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110604

Year of fee payment: 7

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees