JPH11313364A - Method and system for assigning transmission channel - Google Patents

Method and system for assigning transmission channel

Info

Publication number
JPH11313364A
JPH11313364A JP10186312A JP18631298A JPH11313364A JP H11313364 A JPH11313364 A JP H11313364A JP 10186312 A JP10186312 A JP 10186312A JP 18631298 A JP18631298 A JP 18631298A JP H11313364 A JPH11313364 A JP H11313364A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
user
channel
interference
step
connection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10186312A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoshiharu Doi
義晴 土居
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP29540597 priority Critical
Priority to JP9-295405 priority
Priority to JP4518098 priority
Priority to JP10-45180 priority
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd, 三洋電機株式会社 filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP10186312A priority patent/JPH11313364A/en
Priority claimed from US09/115,179 external-priority patent/US6466557B1/en
Publication of JPH11313364A publication Critical patent/JPH11313364A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To assign efficiently a channel to the user that requests connection by assigning the channel in which interference is substantially eliminated through the use of any of a reception signal vector, a waited vector and an arrival direction and of an interference elimination device.
SOLUTION: Upon the receipt of a channel assignment request from the user newly, i=1 is set to a direction (i), number of users connecting to a 1st time slot is checked and whether or not number of users in connection is 0 (zero) is discriminated. When number of the users for the time slot is zero, the channel is discriminated to be an idle channel, the user is assigned to the channel and the user uses this channel as a transmission channel for execution of communication. On the other hand, when number of the users connecting to the time slot is not 0 (zero), the possibility of assignment of a channel to a succeeding time slot is checked and an idle channel is assigned to the user.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】この発明は伝送チャネル割当方法およびその装置に関し、特に、PDMA(Path Div BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a transmission channel allocation method and apparatus, in particular, PDMA (Path Div
ision Multiple Access )方式の通信システムにおいて、複数のユーザが同一周波数および同一時刻のチャネルを使用して音声や映像などのデータを送受信する場合に、接続を要求するユーザに、伝送に使用するチャネルを割当てるための伝送チャネル割当方法およびその装置に関する。 In ision Multiple Access) scheme communication system, when transmitting and receiving data, such as audio and video plurality of users using a channel of the same frequency and the same time, the user requesting the connection, the channel used for transmission of transmission channel allocation method and apparatus for allocating.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、急速に発達しつつある携帯型電話機のような移動通信システムにおいて、周波数の有効利用を図るべく種々の伝送チャネル割当方法が提案されており、その一部のものは実用化されている。 Recently, in rapidly mobile communication system such as a portable telephone that is being developed, have been proposed various transmission channel allocation methods to efficiently utilize the frequency, practical ones part It is of.

【0003】図38は周波数分割多重接続(Frequency [0003] Figure 38 is frequency division multiple access (Frequency
Division Multiple Access:FDMA),時分割多重接続(Time Division Multiple Access :TDMA)およびPDMAの各種の通信システムにおけるチャネルの配置図である。 Division Multiple Access: FDMA), time division multiple access (Time Division Multiple Access: a layout view of a channel in various communication systems of TDMA) and PDMA. まず、図38を参照して、FDMA,TD First, referring to FIG. 38, FDMA, TD
MAおよびPDMAについて簡単に説明する。 It will be briefly described MA and PDMA. 図38 Figure 38
(a)はFDMAを示す図であって、異なる周波数f1 (A) is a diagram showing a FDMA, different frequencies f1
〜f4の電波でユーザ1〜4のアナログ信号が周波数分割されて伝送され、各ユーザ1〜4の信号は周波数フィルタによって分離される。 Analog signal of the user 1 to 4 in waves ~f4 is transmitted is frequency division, signals of respective users 1 to 4 are separated by frequency filters.

【0004】図38(b)に示すTDMAにおいては、 [0004] In TDMA that shown in FIG. 38 (b) is
各ユーザのデジタル化された信号が、異なる周波数f1 Digitized signals of respective users, different frequencies f1
〜f4の電波で、かつ一定の時間(タイムスロット)ごとに時分割されて伝送され、各ユーザの信号は周波数フィルタと基地局および各ユーザ移動端末装置間の時間同期とにより分離される。 In radio waves to f4, and are transmitted in time division for each constant time (time slot), signals of respective users are separated by a time synchronization between the frequency filter and the base station and the user mobile terminal.

【0005】一方、最近では、携帯型電話機の普及により電波の周波数利用効率を高めるために、PDMA方式が提案されている。 On the other hand, recently, in order to improve the frequency utilization efficiency of radio waves the spread of the mobile phone, PDMA system has been proposed. このPDMA方式は、図38(c) The PDMA scheme, FIG. 38 (c)
に示すように、同じ周波数における1つのタイムスロットを空間的に分割して複数のユーザのデータを伝送するものである。 As shown in, in which transmitting data of a plurality of users one time slot at the same frequency is spatially divided. このPDMAでは各ユーザの信号は周波数フィルタと基地局および各ユーザ移動端末装置間の時間同期とアダプティブアレイなどの相互干渉除去装置とを用いて分離される。 The In PDMA signals of respective users are separated by using the interference elimination device, such as a time synchronization and adaptive array between frequency filter and the base station and the user mobile terminal.

【0006】図39は従来のPDMA用基地局の受信システムを示す図である。 [0006] Figure 39 is a diagram showing a reception system of a conventional PDMA base station. この例では、ユーザ1と2とを識別するために、4本のアンテナ3〜6が設けられていて、それぞれのアンテナの出力は周波数変換回路7〜1 In this example, in order to identify the user 1 and 2, four antennas 3 to 6 are provided, the output of each antenna is a frequency converter 7-1
0に与えられて局部発振信号Loによって周波数変換され、A/D変換器11によってデジタル信号に変換されてDSP(Digital Signal Proccesser )12に与えられる。 0 given frequency converted by a local oscillation signal Lo, provided is converted by the A / D converter 11 into a digital signal to the DSP (Digital Signal Proccesser) 12.

【0007】DSP12にはチャネル割当基準計算機1 [0007] The DSP12 channel allocation reference computer 1
21とチャネル割当装置122とアダプティブアレイ1 21 and the channel allocation unit 122 and the adaptive array 1
31と132とが設けられている。 31 and the 132 are provided. チャネル割当基準計算機121は2人のユーザ信号がアダプティブアレイによって分離可能かどうかを予め計算し、その計算結果に応じてチャネル割当装置122は、周波数と時間とを選択するユーザ情報を含むチャネル割当情報を各アダプティブアレイ131,132に与える。 Channel allocation reference calculator 121 previously calculates whether separable by two user signals an adaptive array, the channel allocation device in accordance with the calculation result 122, the channel allocation information including user information for selecting the frequency and time give to each adaptive array 131 and 132. アダプティブアレイ131,132はたとえば図40に示すような信号合成回路で構成され、特定のユーザの信号のみを選択する働きにより各ユーザごとの信号を分離する。 The adaptive array 131 and 132 is composed of a signal combining circuit as shown in FIG. 40 for example, to separate the signals for each user by the action of selecting only signals of a particular user.

【0008】図40は従来のアダプティブアレイのブロック図である。 [0008] Figure 40 is a block diagram of a conventional adaptive array. この例では、複数のユーザ信号を含む入力信号から希望するユーザの信号を抽出するため、4つの入力ポート14〜17が設けられていて、各入力ポート14〜17に入力された信号がウエイトベクトル計算機18と乗算器20〜23とに与えられる。 In this example, in order to extract the user of the desired signal from an input signal including a plurality of user signals, four are provided input port 14-17, signals the weight vector input to each input port 14-17 It is given to the computer 18 and the multiplier 20-23. ウエイトベクトル計算機18は、入力信号と予めメモリ19に記憶されている特定のユーザの信号に対応したトレーニング信号あるいは加算器24の出力を用いて、ウエイトベクトルw1〜w4を計算する。 Weight vector calculator 18 uses the output of the training signal or the adder 24 corresponding to a particular user signal stored in advance in the memory 19 and the input signal, calculates a weight vector w1 to w4. 乗算器20〜23は各入力ポート14〜17の入力信号とウエイトベクトルw1〜 Multiplier 20 to 23 input signals and weight vectors w1~ of each input port 14-17
w4とをそれぞれ乗算し、加算器24へ送る。 And w4 multiplied respectively and sent to the adder 24. 加算器2 Adder 2
4は乗算器20〜23の出力信号を加算して出力ポート25および(あるいは)ウエイトベクトル計算機18へ出力信号を送る。 4 sends an output signal by adding the output signal of the multiplier 20-23 to the output port 25 and (or) weight vector calculator 18.

【0009】 [0009]

【発明が解決しようとする課題】ここで、PDMA通信における受信信号ベクトルについて簡単に説明する。 BRIEF Problems to be Solved] Here it will be briefly described reception signal vector in a PDMA communication. 2
つのアンテナのそれぞれにユーザ1からAs 1 (t)とBs 1 (t)という信号が受信されると、それぞれのアンテナの受信信号x 1 (t)とx 2 (t)は次式で表わされる。 Is expressed by the following equation when a signal of the user 1 As 1 (t) and Bs 1 (t) is received, the received signal of each antenna x 1 (t) and x 2 (t) for each One antenna .

【0010】x 1 (t)=As 1 (t)+n 1 (t) x 2 (t)=Bs 1 (t)+n 2 (t) 上述の式でA,Bはユーザ1から送信され、各アンテナに受信された信号の係数であり、n 1 (t),n [0010] x 1 (t) = As 1 (t) + n 1 (t) x 2 (t) = Bs 1 (t) + n 2 (t) A in the above formula, B is transmitted from the user 1, the a coefficient of the received signal to the antenna, n 1 (t), n
2 (t)はノイズ成分である。 2 (t) is the noise component. ここで、ユーザ1の受信信号ベクトルU1は次式で表わされる。 Here, the reception signal vector U1 of the user 1 is represented by the following equation.

【0011】 [0011]

【数1】 [Number 1]

【0012】一方、上述の2つのアンテナにユーザ2からのCs 2 (t)とDs 2 (t)という信号が受信されると、各アンテナの受信信号x 1 (t)とx 2 (t)とは次式で表わされる。 Meanwhile, the signal that Cs 2 (t) and Ds 2 (t) from the user 2 into two antennas described above is received, the received signal x 1 of each antenna (t) and x 2 (t) It is represented by the following equation with.

【0013】 x 1 (t)=As 1 (t)+Cs 2 (t)+n 1 (t) x 2 (t)=Bs 1 (t)+Ds 2 (t)+n 2 (t) ここで、ユーザ2の受信信号ベクトルU2は次式で表わされる。 [0013] x 1 (t) = As 1 (t) + Cs 2 (t) + n 1 (t) x 2 (t) = Bs 1 (t) + Ds 2 (t) + n 2 (t) , where the user 2 received signal vector U2 in is expressed by the following equation.

【0014】 [0014]

【数2】 [Number 2]

【0015】ユーザが1人の場合、受信信号ベクトルU [0015] If the user of one person, the received signal vector U
1は簡単に求まるが、ユーザが2人になると信号が混じり合うため、それぞれの信号を分離するのが困難となる。 1 is obtained in easy, because miscible signal when the user becomes two, to separate each of the signal becomes difficult. また、ユーザが1人であっても複数の受信信号が到来することもある。 Further, the user sometimes plurality of received signals even one person arrives. 受信信号ベクトルU1,U2の相関値が小さい値であれば、2人のユーザからの信号は、図40に示したアダプティブアレイで分離できるので、同一の周波数および同一時刻(タイムスロット)に属するチャネルを使用して通信を行なうことが可能となる。 If the smaller the correlation value of the received signal vector U1, U2, signals from two users, so can be separated by the adaptive array shown in FIG. 40, the channel belonging to the same frequency and the same time (time slot) it is possible to perform communication using. しかし、受信信号ベクトルU1,U2の相関値が大きい場合、アダプティブアレイでの分離が困難となるため、同一の周波数および同一時刻(タイムスロット)に属するチャネルを使用して通信を行なうことができなくなる。 However, if the correlation value of the received signal vector U1, U2 is large, the separation of an adaptive array is difficult, it is impossible to perform communication using a channel belonging to the same frequency and the same time (time slot) .

【0016】次に、ウエイトベクトルについて説明する。 [0016] Next, a description will be given weight vector. 2つのアンテナにユーザ1の信号s 1 (t)とユーザ2の信号s 2 (t)が受信されると、次式が得られる。 When the two signals s 1 of the user 1 to the antenna (t) and user 2 of the signal s 2 (t) is received, the following equation is obtained.

【0017】 x 1 (t)=As 1 (t)+Cs 2 (t)+n 1 (t) x 2 (t)=Bs 1 (t)+Ds 2 (t)+n 2 (t) ここで、図47のアダプティブアレイ131がチャネル割当装置122からの情報に従いユーザ1の信号を抽出する場合、すなわち、図48に示されたアダプティブアレイにおいて、入力ポート14、15にそれぞれx [0017] x 1 (t) = As 1 (t) + Cs 2 (t) + n 1 (t) x 2 (t) = Bs 1 (t) + Ds 2 (t) + n 2 (t) Here, FIG. 47 If the adaptive array 131 extracts a signal of user 1 in accordance with information from the channel assignment device 122, i.e., in the adaptive array shown in FIG. 48, to the input ports 14, 15 x
1 (t)、x 2 (t)が入力され、ウエイトベクトル計算機18がユーザ1の信号を抽出するように理想的なウエイトw 11 、w 12を計算する場合、出力信号y 1 (t) 1 (t), x 2 ( t) is input, if the weight vector calculator 18 calculates the ideal weight w 11, w 12 to extract the signal of user 1, the output signal y 1 (t)
は次式で表わされる。 It is represented by the following equation.

【0018】y 1 (t)=w 11 (t)x 1 (t)+w 12 [0018] y 1 (t) = w 11 (t) x 1 (t) + w 12
(t)x 2 (t)=s 1 (t)+n(t) ここで、ユーザ1のウエイトベクトルW 1は次式で表わされる。 (T) x 2 (t) = s 1 (t) + n (t) where weight vector W 1 of the user 1 is represented by the following equation.

【0019】W 1 =[w 11 ,w 12 ]T 一方、同様に図47のアダプティブアレイ132がチャネル割当装置122からの情報に従いユーザ2の信号を抽出する場合、出力信号y 2 (t)は次式で表わされる。 [0019] When W 1 = [w 11, w 12] to adaptive array 132 of T On the other hand, as FIG. 47 extracts a signal of the user 2 in accordance with the information from the channel assignment device 122, the output signal y 2 (t) is It is represented by the following formula.

【0020】y 2 (t)=w 21 (t)x 1 (t)+w 22 [0020] y 2 (t) = w 21 (t) x 1 (t) + w 22
(t)x 2 (t)=s 2 (t)+n(t) ここで、ユーザ2のウエイトベクトルW 2は次式で表わされる。 (T) x 2 (t) = s 2 (t) + n (t) where the weight vector W 2 of the user 2 is expressed by the following equation.

【0021】W 2 =[w 21 ,w 22 ]T この2人ユーザのウエイトベクトルの相関値が大きい場合には、アダプティブアレイ131、132を用いても2人のユーザの分離は困難となるため、同一の周波数および同一の時刻に属するチャネルを使用して通信を行なうことはできなくなる。 [0021] W 2 = [w 21, w 22] T when the correlation value of the weight vector of the two users is large, since the difficult separation of even two users using adaptive array 131 , is no longer possible to perform communication using a channel belonging to the same frequency and the same time.

【0022】一方、最近の携帯型電話機の急速な普及により、チャネルの利用効率は限界に近づきつつあり、将来、利用可能な伝送チャネル数をユーザからの割当要求が上回る事態が予想される。 On the other hand, the rapid spread of the latest mobile phone, channel efficiency is approaching its limit, future events exceeding the number of transmission channels available allocation request from the user is expected. このような事態に、何らかの合理的な取決めをもって望まなければ、移動通信システムの運用自体に大きな混乱が生じてしまうおそれがる。 In such a situation, if desired with any reasonable arrangement, it wants risk of major disruption to the operation itself of the mobile communication system occurs.

【0023】それゆえに、この発明の1つの目的は、接続を要求するユーザに対して、実質的に信号間の干渉なしに効率的な伝送チャネルの割当が可能な伝送チャネル割当方法およびその装置を提供することである。 [0023] Therefore, one object of the present invention, the user requesting the connection, substantially without interference between signals efficient allocation transmission channel allocation method and apparatus capable of transmission channels it is to provide.

【0024】この発明の他の目的は、チャネルの利用効率が限界に達した場合に合理的な伝送チャネルの割当が可能な伝送チャネル割当方法およびその装置を提供することである。 [0024] Another object of the invention is to provide a transmission channel allocation method and apparatus capable of allocation of a reasonable transmission channels if channel efficiency reaches the limit.

【0025】 [0025]

【課題を解決するための手段】請求項1に係る発明は、 Means for Solving the Problems The invention according to claim 1,
受信側の干渉が実質的に除去できるチャネルが割当てられる。 Interference receiver channel is assigned to be substantially removed.

【0026】請求項2に係る発明は、受信信号ベクトル,ウエイトベクトルまたは到来方向のいずれかを使用して、受信側の干渉が実質的に除去できるチャネルが割当てられる。 [0026] The invention according to claim 2, the received signal vector, using any of the weight vector or arrival direction, the interference of the receiving side is assigned the channels that can be substantially removed.

【0027】請求項3に係る発明は、受信信号ベクトル、ウエイトベクトルまたは到来方向のいずれかを使用して干渉除去装置を用いて干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てるようにしたものである。 The invention according to claim 3, the received signal vector, the interference with the interference cancellation apparatus using any of the weight vector or direction of arrival is obtained as assigning a channel that can be substantially removed.

【0028】請求項4に係る発明では、送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、優先度の高い順にチャネルが割当てられる。 [0028] In the invention according to claim 4, the priority of the connection to the user on the transmission side are denoted advance, channels are assigned in descending order of priority.

【0029】請求項5,7,9に係る発明は、ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送信または受信する場合に、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための方法であって、各ユーザ信号の受信信号ベクトル,ウエイトベクトルまたは到来方向のいずれかを使用して干渉除去装置を用いて干渉が除去できるチャネルをユーザに割当てる。 The invention according to claim 5, 7, 9, when a user sends or receives data in the terminal device by using a multiple access, there in a method for assigning channels used by the user requesting a connection Te, assigned the received signal vector of each user signal, the channel interference can be removed by using the interference removing apparatus using one of the weight vector or direction of arrival to the user.

【0030】請求項6,8,10に係る発明では、既に接続されているユーザ信号の受信信号ベクトル,ウエイトベクトルまたは到来方向を予め記憶しておき、接続を要求するユーザ信号の受信信号ベクトル,ウエイトベクトルまたは到来方向を既に接続されているユーザ信号の受信信号ベクトル,ウエイトベクトルまたは到来方向と比較して、接続を要求するユーザに対して干渉除去装置を用いて干渉を除去できるチャネルを割当てる。 [0030] In the invention according to claim 6, 8, 10, the received signal vector of the user signal that is already connected, is stored in advance weight vector or DOA, the received signal vector of a user signal requesting a connection, received signal vector of the user signals that are already connected to the weight vector or direction of arrival, as compared to the weight vector or direction of arrival, assigning channels capable of removing interference by using the interference removing apparatus to the user requesting the connection.

【0031】請求項11に係る発明では、送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、割当てるべき空きチャネルが存在しない場合に、優先度の低い既存のユーザのチャネルを、干渉を実質的に除去できる限りにおいて優先度の高い新規ユーザに強制的に割当てる。 [0031] In the invention according to claim 11, the priority of the connection to the user on the transmission side are denoted advance, if there is no idle channel to be allocated, the channel of the lower priority existing user, the interference substantially forcibly assigned to high priority new user as long as possible removed.

【0032】請求項12,13,14に係る発明は、ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送受信する場合に、通信中に干渉量が増加し、予め定められたしきい値を越えた場合にチャネルを変更するための方法であって、ユーザ信号の受信信号ベクトル,ウエイトベクトルまたは到来方向を使用して通信中監視するそれぞれのタイムスロットのユーザ信号同士の干渉量を計算する。 [0032] The invention according to claim 12, 13, when the user to send and receive data terminal equipment using a multiple access interference amount is increased during communication, exceeds a predetermined threshold a method for changing a channel if, for calculating the amount of interference user signals between the respective time slots to be monitored during communication using the received signal vector of the user signal, a weight vector or direction of arrival.

【0033】請求項15に係る発明では、送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、干渉量が予め定められたしきい値を越えた場合に、干渉を起こしているユーザのうち優先度の低いユーザのチャネルを移動させる。 [0033] In the invention according to claim 15, are denoted by the priority of the connection to the user on the transmission side in advance, when the interference level exceeds a predetermined threshold, the user is causing interference of moving the channel of lower priority users.

【0034】請求項16に係る発明は、時間軸方向に複数のタイムスロットが設けられ、各タイムスロットはパス多重方向に複数のチャネルを有していて、ユーザがチャネル割当要求を出したとき、時間軸方向の空きスロットのチャネルを割当てて、空きスロットがなくなったときパス多重方向の空きスロットのチャネルを割当てる。 [0034] The invention according to claim 16, a plurality of time slots is provided in the time axis direction, each time slot has a plurality of channels in the path multiplex direction, when the user issues a channel allocation request, assign channels in the direction of the time axis of the empty slots, assigning channels of free slots pass multiple directions when there are no more free slots.

【0035】請求項17に係る発明では、パス多重方向のチャネルの割当を時間軸方向にタイミングをずらしながら行なう。 [0035] In the invention according to claim 17, performed while shifting the timing of the assignment of the path multiplex direction of the channel in the time axis direction.

【0036】請求項18に係る発明では、ユーザがチャネル割当要求を出したとき、パス多重方法の空きスロットのチャネルを割当て、空きスロットがなくなったとき時間軸方向の空きスロットのチャネルを割当てる。 [0036] In the invention according to claim 18, when the user issues a channel allocation request, it allocates a channel of the empty slot pass multiplexing method, assigning channels of free slots in the time axis direction when the empty slot is gone.

【0037】請求項19に係る発明では、多重接続対応の端末装置と非対応の端末装置を用いてデータを送受信する場合に、非対応の端末装置に対して特定のタイムスロットを設定しておき、非対応の端末装置からの要求に応じて特定のタイムスロットのチャネルを割当て、対応の端末装置からの要求に応じて他のタイムスロットのチャネルを割当てる。 [0037] In the invention according to claim 19, for sending and receiving data using multiple connections corresponding terminal devices and non-compatible terminal apparatus, may be set a specific time slots for non-compatible terminal , assigns a channel of a particular time slot in response to a request from a non-compatible terminal, assigning channels of another time slot in response to a request from the corresponding terminal device.

【0038】請求項20に係る発明では、非対応の端末装置からの要求に応じて特定のタイムスロットのチャネルを割当て、対応の端末装置からの要求に応じて時間軸方向の空きスロットを割当て、空きスロットがなくなったとき、パス多重方向の空きスロットのチャネルを割当てる。 [0038] In the invention according to claim 20, assigns a channel of a particular time slot in response to a request from a non-compatible terminal, assigns the empty slots in the time axis direction in response to a request from the corresponding terminal apparatus, when the free slots is exhausted, assigning channels of free slots pass multiple directions.

【0039】請求項21に係る発明では、送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、割当てるべき空きチャネルが存在しない場合に、優先度の低い既存のユーザのチャネルを、干渉を実質的に除去できる限りにおいて優先度の高い新規ユーザに強制的に割当てる。 [0039] In the invention according to claim 21, the priority of the connection to the user on the transmission side are denoted advance, if there is no idle channel to be allocated, the channel of the lower priority existing user, the interference substantially forcibly assigned to high priority new user as long as possible removed.

【0040】請求項22,23,24に係る発明は、複数のアンテナと複数の受信回路を持つ受信機を用いて通信を行なうデジタル無線通信システムにおいて、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための装置であって、複数の受信回路から出力される信号から計算されるユーザ信号の受信信号ベクトル,ウエイトベクトルまたは到来方向に基づいて、干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てるための割当情報を出力する割当情報出力手段と、出力された割当情報に基づいて、複数の受信回路から出力された受信信号からあるユーザ信号のみを選択する干渉除去手段とを備えて構成される。 [0040] The invention according to claim 22, 23, 24, in a digital radio communication system that performs communication using a receiver having a plurality of antennas and a plurality of receiving circuits, assigning channels used by the user requesting a connection allocation information for allocating a device for the reception signal vector of user signals calculated from signals outputted from the plurality of reception circuits, based on the weight vector or direction of arrival, interference channel capable of substantially removed and allocation information output means for outputting, based on the output allocation information, and includes a interference removing means for selecting only the user signals from the received signals output from a plurality of receiving circuits.

【0041】請求項25に係る発明では、送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、割当てるべき空きチャネルが存在しない場合に、優先度の低い既存のユーザのチャネルを、干渉を実質的に除去できる限りにおいて優先度の高い新規ユーザに強制的に割当てる。 [0041] In the invention according to claim 25, the priority of the connection to the user on the transmission side are denoted advance, if there is no idle channel to be allocated, the channel of the lower priority existing user, the interference substantially forcibly assigned to high priority new user as long as possible removed.

【0042】請求項26に係る発明では、電波の干渉を実質的に除去する。 [0042] In the invention according to claim 26, substantially eliminate interference waves.

【0043】 [0043]

【発明の実施の形態】図1はこの発明の第1の実施形態によるチャネル割当手順を説明するための図である。 Figure 1 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION is a diagram for describing a channel allocation procedure according to the first embodiment of the present invention. この発明では、同一時間,同一周波数に属する複数のチャネルをタイムスロットと総称し、図1の例では3個のタイムスロット1〜3が示されている。 In the present invention, the same time, a plurality of channels belonging to the same frequency collectively referred to as time slot, in the example of FIG. 1 are shown three time slots 1-3. また、同一タイムスロット内で到来方向別に分離できる複数のユーザが通信しているとき、各ユーザが使用しているエリアをチャネルと称し、図1の例では合計9個のチャネルが示されている。 Further, when a plurality of users that can be separated by arrival direction in the same time slot is communicating, referred to the area where the user is using the channel, it is shown a total of nine channels in the example of FIG. 1 . この発明の第1の実施形態では、新規ユーザに対してi方向(時間方向)に順次チャネルを割当てて空きタイムスロットを埋め、空きスロットがなくなると、 In the first embodiment of the present invention, filling the empty time slots assigned sequentially channel in the i direction to the new user (time direction), when the empty slot is eliminated,
j方向にチャネルを割当て(あるいはj方向にチャネルを変更して)パス多重を開始する。 A channel j direction assignment (or change the channel to the j direction) to start the path multiplex.

【0044】図2はこの発明の第2の実施形態によるチャネル割当手順を説明するための図である。 [0044] FIG. 2 is a diagram for explaining a channel allocation procedure according to a second embodiment of the present invention. この実施形態では、j方向に順次チャネルを割当てて1番目のタイムスロット1をパス多重で埋め、パス多重できなくなると、次のタイムスロット2でj方向に順次チャネルを割当てる。 In this embodiment, in order to fill the first time slot 1 allocates a channel path multiplexed on j direction, it becomes unable path multiplexing assigns sequential channel j direction in the next time slot 2.

【0045】図3はこの発明の第3の実施形態によるチャネル割当手順を説明するための図である。 [0045] FIG. 3 is a diagram for describing a channel allocation procedure according to a third embodiment of the present invention. この実施形態では、特定のタイムスロット(たとえばタイムスロット1)を、PDMAのプロトコルに対応していない端末装置の専用として予め確保しておく。 In this embodiment, a particular time slot (e.g. time slot 1), secured in advance as a dedicated terminal device that is not compatible with PDMA protocol. このタイムスロットは、PDMAのプロトコルに未対応であるため、1タイムスロットに1ユーザしか接続できない。 The time slot are the not support PDMA protocol, one user can only connect to one time slot.

【0046】接続要求端末装置がPDMA対応であれば、i方向に順次チャネルを割当ててPDMA用の空きタイムスロットを埋め、PDMAの空きスロットがなくなると、j方向にチャネルを割当ててパス多重を開始する。 [0046] If the connection request terminal apparatus a PDMA corresponds fill the empty time slot for PDMA assigned sequentially channel in the i direction, the PDMA empty slot is eliminated, it starts to pass multiple assigned channels in the j direction to. そして、接続要求端末装置がPDMA未対応であれば、PDMA未対応端末専用スロットを割当てる。 Then, the connection request terminal apparatus if the PDMA unsupported, assign PDMA incompatible terminal dedicated slot.

【0047】図4はこの発明の第4の実施形態によるチャネル割当手順を説明するための図である。 [0047] FIG. 4 is a diagram for describing a channel allocation procedure according to a fourth embodiment of the present invention. この図4に示した実施形態は、図1と同様にして新規ユーザに対してi方向(時間方向)に順次チャネルを割当てて空きスロットを埋め、空きスロットがなくなるとj方向にチャネルを割当てるが、j方向に割当てる際にタイムスロットの接続タイミングがi方向にずらされている(T Embodiment shown in FIG. 4, fills empty slots allocated sequentially channel in the i direction (time direction) with respect to new users in the same manner as in FIG. 1, but assigning channels to the j direction when empty slot is eliminated , connection timing of a time slot when assigning the j direction is displaced in the i direction (T
(1)→T(2)→T(3))。 (1) → T (2) → T (3)). このようにタイムスロットを時間的にずらせることによって、各タイムスロットの識別がしやすくなり、パスの分離がより容易になる。 By thus shifting the time slot in time, become easier to identify each time slot, the path separation is made easier.

【0048】図5はこの発明の第5の実施形態によるチャネル割当手順を説明するための図である。 [0048] FIG. 5 is a diagram for explaining a channel allocation procedure according to a fifth embodiment of the present invention. この図5に示した実施形態は、図3と同様に、特定のタイムスロット(たとえばタイムスロット1)をPDMAのプロトコルに対応していない端末装置の専用として予め確保しておく。 FIG 5 the embodiment shown in, like FIG. 3, secured in advance a particular time slot (e.g. time slot 1) as a dedicated terminal device that is not compatible with PDMA protocol. したがってこのタイムスロットはPDMAのプロトコルに未対応であるため、1タイムスロットに1ユーザしか接続できない。 Therefore for this time slot is not support PDMA protocol, one user can only connect to one time slot. そして、接続要求端末装置がPD Then, the connection request terminal apparatus PD
MAに対応していれば、j方向に順次チャネルを割当て、1番目のタイムスロット2をパス多重で埋めて、パス多重できなくなると、i方向すなわち次のタイムスロット3にチャネルを割当てる。 If in response to MA, sequentially assigned to channel j direction, to fill the first time slot 2 in the path multiplexing becomes impossible path multiplexing, assigning channels to i direction, that the next time slot 3. 接続要求端末装置がPD Connection request terminal device PD
MA未対応であれば、PDMA未対応端末専用タイムスロットに割当てる。 If the MA not supported, assigned to the PDMA incompatible terminal dedicated time slot.

【0049】図6はこの発明の第6の実施形態によるチャネル割当手順を説明するための図である。 [0049] FIG. 6 is a diagram for describing a channel allocation procedure according to a sixth embodiment of the present invention. 前述の図3 The aforementioned 3
および図5の実施形態では、PDMA未対応の端末装置に対して専用のタイムスロット(タイムスロット1)を割当てるようにしたが、この図6に示した実施形態では、PDMA未対応の端末装置に対してタイムスロットを適宜決定する。 And In the embodiment of FIG. 5, it has been to assign dedicated time slots (time slot 1) relative to the PDMA unsupported terminal device, in the embodiment shown in FIG. 6, the PDMA unsupported terminal appropriately determined time slots for. すなわち、接続要求があると、その端末装置がPDMA対応であるか否かを調べ、PDMA未対応であれば、適宜空いているタイムスロットをPDM That is, when a connection request checks whether the terminal device is a PDMA corresponds, if PDMA unsupported, the timeslot vacant appropriately PDM
A用未対応端末用チャネルと決定する。 Determining an incompatible terminal channel for A. 一方、接続要求があった端末装置がPDMA対応であれば、既に割り振られたPDMA用タイムスロットに接続できれば接続し、接続できなければ他の空きタイムスロットをPDM On the other hand, if the connection request is a terminal device is a PDMA corresponding, connected if the connection already allocated PDMA time slot, the other idle time slots to be able to connect PDM
A端末用に割り振って接続させる。 To connect allocate for A terminal.

【0050】図7は、図1に示した第1の実施形態によるチャネル割当の具体的な動作を説明するためのフローチャートである。 [0050] Figure 7 is a flowchart for describing a specific operation of channel allocation according to the first embodiment shown in FIG. このフローチャートに基づくプログラムは、図39に示したチャネル割当基準計算機121によって実行される。 Program based on this flowchart is executed by the channel allocation reference calculator 121 shown in FIG. 39.

【0051】図7において、新規にユーザからチャネル割当要求があると、ステップ(図示ではSPと略称する)SP1において、図1に示したi方向(時間方向) [0051] In FIG 7, when there is a new channel allocation request from the user, step (abbreviated as SP in the figure) in SP1, i direction (time direction) shown in FIG. 1
にi=1がセットされ、ステップSP2において、1番目のタイムスロット1に接続中のユーザ数Mが調べられる。 To i = 1 is set, in step SP2, the number of users M currently connected to the first time slot 1 is examined. そして、ステップSP3で、接続中のユーザ数Mが0が否かが判別される。 Then, in step SP3, the number of users M currently connected is 0 whether or not.

【0052】タイムスロット1のユーザ数Mが0であれば、図1に示したチャネル(1,1)は空きチャネルであることがわかるので、ステップSP4において、そのチャネル(1,1)に、このユーザが割当てられる。 [0052] If the number of users M of time slots 1 0, since it is understood that the channel (1, 1) shown in FIG. 1 is a free channel, in step SP4, to the channel (1,1), the user is assigned. このユーザは以後、チャネル(1,1)を伝送チャネルとして通信を行なうことになる。 The user thereafter, it would communicate channel (1,1) as a transmission channel. また、ステップSP5では、このチャネル(1,1)における当該ユーザからの受信信号の受信信号ベクトルが測定され、ユーザ情報として図示しないメモリに記憶される。 In step SP5, the reception signal vector of a received signal from the user in the channel (1, 1) is measured and stored in a memory (not shown) as the user information. この受信信号ベクトルの測定方法については後で説明する。 It will be described later method of measuring the received signal vector.

【0053】一方、ステップSP3で、タイムスロット1に接続中のユーザ数Mが0でないことが判別されると、少なくともチャネル(1,1)は既にあるユーザとの伝送に割当てられていることがわかるので、次のタイムスロット2のチャネル(2,1)での割当の可能性を調べる必要がある。 Meanwhile, at step SP3, the number of users M currently connected to the time slot 1 is judged to be not 0, that is assigned to the transmission of the user at least the channel (1,1) which is already since seen, it is necessary to examine the possibility of assignment of the channel of the next time slot 2 (2,1).

【0054】このため、まずステップSP6において、 [0054] For this reason, first, in step SP6,
ステップSP1において設定したi=1が、1つの周波数に対して予め決められているタイムスロット数Nよりも大きいか否かが判別される。 i = 1 set in step SP1 is, whether greater than the number of time slots N are predetermined with respect to one frequency is determined. Nは、たとえばPHSでは通常3に設定されており、先に述べたようにこの発明の各実施形態においてもN=3に設定されているものとする。 N is, for example, is normally set to 3, PHS, assumed to be set to N = 3 also in the embodiments of the present invention as previously described.

【0055】i(=1)はN(=3)よりも小さいため、ステップSP7においてiは1だけインクリメントされてi=2にセットされ、ステップSP2において2 [0055] i (= 1) is N (= 3) is smaller than, in step SP7 i is set is incremented by 1 to i = 2, 2 at step SP2
番目のタイムスロット2に接続中のユーザ数Mが調べられる。 Th user number M in connection is examined in the time slot 2. そして、ステップSP3でユーザ数Mが0か否かが判別される。 Then, whether the number of users M is 0 or not is determined in step SP3.

【0056】タイムスロット2のユーザ数Mが0であれば、図1に示したチャネル(2,1)は空きチャネルであることがわかるので、ステップSP4において、そのチャネル(2,1)に、この新規ユーザが割当てられる。 [0056] If the number of users M of time slots 2 0, since it is understood that the channel (2, 1) shown in FIG. 1 is a free channel, in step SP4, to the channel (2, 1), the new user is assigned. このユーザは以後、チャネル(2,1)を伝送チャネルとして通信を行なうことになる。 The user thereafter, it would communicate channel (2,1) as a transmission channel. また、ステップS In addition, step S
P5では、このチャネル(2,1)における当該ユーザからの受信信号ベクトルが測定され、ユーザ情報としてメモリに記憶される。 In P5, the received signal vector is determined from the user in the channel (2,1), it is stored in memory as the user information.

【0057】一方、ステップSP3で、タイムスロット2に接続中のユーザ数Mが0でないことが判別されると、少なくともチャネル(2,1)は既にあるユーザとの伝送に割当てられていることがわかるので、次のタイムスロット3のチャネル(3,1)への割当の可能性を調べる必要がある。 Meanwhile, at step SP3, the number of users M currently connected to the time slot 2 is judged to be not 0, that is assigned to the transmission of the user at least the channel (2,1) have a previously since seen, it is necessary to examine the possibility of assignment of the channel (3,1) of the next time slot 3.

【0058】以下、ステップSP2〜SP7を繰返し、 [0058] In the following, repeat steps SP2~SP7,
i方向のi番目のタイムスロットiのユーザ数Mが0であれば、当該ユーザはそのタイムスロットのチャネル(i,1)に割当てられ(SP4)、そのユーザの受信信号ベクトルが測定され、メモリに記憶されることになる(ステップSP5)。 If user number M 0 of the i direction of i-th time slot i, the user is assigned to channel (i, 1) of the time slot (SP4), the received signal vector of the user is measured, the memory will be stored (step SP5).

【0059】一方、N(=3)番目のタイムスロットN [0059] On the other hand, N (= 3) th time slot N
に至っても空きスロットが見つからない場合、すなわちタイムスロットNのチャネル(N,1)が空きチャネルでない場合には、ステップSP6でi=Nが判別され、 If you can not find a free slot be reached, i.e. if the channel (N, 1) is not empty channel time slot N, i = N is determined in step SP6,
ステップSP8に進む。 The process proceeds to step SP8.

【0060】ステップSP8では、現在割当要求を行なっている当該ユーザの受信信号ベクトルが既知であるかあるいは未知であるかが判別される。 [0060] At step SP8, whether the received signal vector of the user doing the current assignment request is or unknown are known or not. すなわち、割当要求を行なっている当該ユーザが、過去にチャネルへの割当を既に受けているユーザであることが特定されれば、 That is, the user doing the allocation request, if the past is to identify the allocation of the channel is a user who has already received,
先行するチャネルへの接続時に既に受信信号ベクトルが測定され記憶されているので、その受信信号ベクトルは既知である。 Since already received signal vector when connecting to the preceding channel is measured and stored, the received signal vector is known. 一方、割当要求を行なっている当該ユーザが、チャネルへの初めての割当を要求しているユーザであることが特定されれば、その受信信号ベクトルは未知であるため、ステップSP9においてその受信信号ベクトルが測定される。 On the other hand, the user doing the allocation request, first if allocated a specified to be the user requesting, for the received signal vector is unknown, the received signal vector in step SP9 to the channel There is measured.

【0061】新規に割当要求を行なっている当該ユーザの既知の受信信号ベクトルまたはステップSP9で新たに測定された受信信号ベクトルが、以下に説明する処理のために、ステップSP10において、メモリに一時的に記憶される。 [0061] received signal vector that is newly measured at known reception signal vector or step SP9 of the user doing the new allocation request, for processing to be described below, in step SP10, temporary memory It is stored in.

【0062】この第1の実施形態では、ステップSP6 [0062] In this first embodiment, the step SP6
において、i方向に空きタイムスロットがないことが判別された場合、j方向にチャネルの割当を行なうことにより、同一タイムスロット内のいわゆるパス多重を開始することになる。 In the case where it is determined there are no free time slots in the i direction, by performing the allocation of channels in the j direction, thereby starting the so-called path multiplexed within the same time slot.

【0063】そのためには、同一タイムスロット内において、既にチャネルに接続している既存のユーザの信号と、パス多重で割当を要求している新規のユーザの信号とが干渉するか否かを判別する必要がある。 [0063] For this purpose, in the same time slot, determined previously and the signal existing users connected to the channel, whether or not the signal of the new user interference requesting allocation path multiplex There is a need to.

【0064】まず、ステップSP11において、i方向にi=1がセットされ、ステップSP12において、1 [0064] First, in step SP11, i = 1 is set in the i direction, in step SP 12, 1
番目のタイムスロット1に接続中のユーザ数Mが調べられる。 Th user number M in connection is checked in time slot 1. そして、ステップSP13において、j方向(パス多重方向)にj=1がセットされる。 Then, in step SP13, j = 1 is set in the j direction (path multiplex direction).

【0065】そして、SP14において、前述のステップSP4において測定されかつステップSP5においてメモリに記憶された受信信号ベクトルのうち、チャネル(i=1,j=1)の受信信号ベクトルと、ステップS [0065] In SP14, of the received signal vectors stored in the memory in the measured and step SP5 in step SP4 described above, the received signal vector of a channel (i = 1, j = 1), step S
P10でメモリに一時的に記憶された、現在割当を要求しているユーザの受信信号ベクトルとが読出されて、それらの間の相互相関値Cが計算される。 P10 is temporarily stored in a memory, and a received signal vector of the user requesting the current assignment is read, the cross-correlation value C between them is calculated.

【0066】次に、ステップSP15において、ステップSP14において計算された相互相関値Cが、信号間の干渉の発生の判断基準となるある基準値S(Sは0よりも大きく1よりも小さい)よりも小さいか否かが判別される。 Next, in step SP15, the cross-correlation value C calculated at the step SP14 is, the reference value is a criterion for the occurrence of interference between the signals S (S is smaller than 1 greater than 0) whether is small or not. そして、相互相関値Cが基準値Sよりも小さいと判別されれば、既に接続されているチャネル(1, Then, if it is determined that the cross-correlation value C is smaller than the reference value S, is already connected channels (1,
1)の既存のユーザの信号と、割当を要求している新規ユーザの信号との間には実質的に干渉が生じないものと判断する。 A signal existing user 1) determines that no substantial interference between the new user signal requesting allocation.

【0067】この場合には、ステップSP16において、ステップSP13で設定したj=1が、ステップS [0067] In this case, in step SP16, the j = 1 set in step SP13, step S
P12で調べられたユーザ数M以上か否かが判別される。 Whether the number of users M or examined at P12 is determined. タイムスロット1においてチャネル(1,1)だけが既存のユーザと接続中であれば、j=M=1であるため、ステップSP18に進み、タイムスロット1のチャネル(i=1,M+1=2)に新規ユーザの伝送チャネルが割当てられ、タイムスロット1内のパス多重が行なわれる。 If in time slot 1 only the channel (1,1) being connected to an existing user, because it is j = M = 1, the process proceeds to step SP18, the channel time slot 1 (i = 1, M + 1 = 2) new users of the transmission channel is assigned, the path multiplexing time slot 1 is carried out. そして、ステップSP19で、このチャネル(1,2)における当該ユーザからの受信信号ベクトルが測定され、ユーザ情報として図示しないメモリに記憶される。 Then, in step SP19, the reception signal vector from the user in the channel (1,2) is measured and stored in a memory (not shown) as the user information.

【0068】一方、タイムスロット1において既にパス多重が行なわれていて2以上のユーザが接続している場合には、ステップSP16でjがM以上でないことが判別され、ステップSP17でjを1だけインクリメントしてステップSP14に戻り、メモリに記憶されているチャネル(1,2)の受信信号ベクトルと、新規ユーザの受信信号ベクトルとの相互相関値Cが計算される。 Meanwhile, when already have paths multiplexed is performed in time slot 1 2 or more users are connected, at step SP16 j is determined to be not greater than or equal to M, only 1 j at step SP17 returns to step SP14 to increment the received signal vector of the channel stored in the memory (1,2), the cross-correlation value C between the received signal vector for the new user is calculated. そして、相互相関値Cが基準値Sよりも小さいことがステップSP15で判別され、jがM以上であることがステップSP16で判別されれば、ステップSP18でチャネル(1,M+1)に当該新規ユーザの伝送チャネルが割当てられる。 Then, it cross-correlation value C is smaller than the reference value S is determined in step SP15, if j is determined by the step SP16 is greater than or equal to M, the new user in step SP18 to the channel (1, M + 1) transmission channel is assigned.

【0069】一方、ステップSP15において、相互相関値Cが基準値Sよりも小さくないと判別されれば、タイムスロット1において既に接続しているチャネルの既存のユーザの信号と、割当要求している新規ユーザの信号との間には実質的に干渉が生じるものと判断する。 [0069] On the other hand, in step SP15, if it is determined that the cross-correlation value C is not smaller than the reference value S, a signal existing user channel already connected in time slot 1, and the allocation request it is determined that the substantially interference occurs between the new user signal. この場合には、次のタイムスロット2におけるパス多重の可能性を調べる必要がある。 In this case, it is necessary to investigate the possibility of a path multiplex in the next time slot 2.

【0070】このため、ステップSP20において、ステップSP11で設定したi=1がタイムスロット数N [0070] Therefore, in step SP20, i = 1 is the number of time slots set in step SP11 N
(=3)以上か否かが判別され、i(=1)はN(= (= 3) or whether it is discriminated, i (= 1) is N (=
3)よりも小さいため、ステップSP21においてiは1だけインクリメントされてi=2にセットされる。 3) smaller than, i is being set is incremented by 1 to i = 2 in step SP21. そして、ステップSP12〜ステップSP15の処理を反復し、相互相関値Cが基準値Sよりも小さくなければ、 Then, repeating the process of step SP12~ step SP15, if there is no cross-correlation value C is smaller than the reference value S,
ステップSP20でi=N(=3)が判別されるまで、 In step SP20 until i = N (= 3) is determined,
iを1ずつインクリメントしながらステップSP12〜 i is incremented by one while step SP12~
ステップSP15の処理が繰返される。 Processing of step SP15 is repeated. 相互相関値Cが基準値Sよりも小さいタイムスロットが見つかれば、ステップSP16〜SP18において、チャネル(i,M If found less timeslots than the cross-correlation value C is the reference value S, in step SP16~SP18, channel (i, M
+1)に新規ユーザが割当てられる。 A new user is assigned to +1). 一方、ステップS On the other hand, step S
P20でi=N(=3)が判別されるまで、相互相関値Cが基準値Sよりも小さいタイムスロットが見つからなければ、いずれのタイムスロットにおいてもパス多重はできないものとして、ステップSP22において当該新規ユーザの接続は不許可となる。 P20 until i = N (= 3) is determined, if not found smaller timeslots than the cross-correlation value C is the reference value S, as it can not pass multiplexed in any time slot, the at step SP22 new user's connection is not permitted.

【0071】以上のように、この発明の第1の実施形態によれば、同一タイムスロット内の接続中の既存のユーザの信号との干渉が生じない限り、新規ユーザに対しj [0071] As described above, according to the first embodiment of the present invention, as long as the interference with signals of existing users connected in the same time slot does not occur, j for the new user
方向のパス多重を行ない、タイムスロットの空きを埋めている。 Carried out the direction of the path multiplexing, and fill the empty time slot.

【0072】なお、上述の実施形態では、受信信号ベクトルをチャネル割当基準の計算に用いるようにしたが、 [0072] In the above embodiment has been to use a received signal vector in the calculation of the channel allocation criteria,
これに限ることなくウエイトベクトルまたは到来方向ベクトルを並列的に用いてチャネル割当基準を計算するようにしてもよい。 It may be calculated channel assignment criteria with weight vector or DOA vector in parallel not limited thereto.

【0073】図8は図7に示した第1の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 [0073] FIG 8 is a flowchart showing a modification of the first embodiment shown in FIG. この例は、図7に示したステップSP8〜SP10の動作を、ユーザのチャネル割当要求があれば、直ちに行なうようにしたものである。 This example of the operation of step SP8~SP10 shown in FIG. 7, if there is channel assignment request of the user, in which to carry out immediately. それ以外のステップSP1〜SP6,SP11〜S Other steps SP1~SP6, SP11~S
P22の動作は図7と同じであるので、説明を省略する。 Since P22 of operation is the same as FIG. 7, a description thereof will be omitted.

【0074】図9は図7に示した第1の実施形態の他の変形例を示すフローチャートである。 [0074] FIG. 9 is a flow chart showing another modification of the first embodiment shown in FIG. この例はチャネル割当基準にウエイトベクトルを用いるようにしたものであり、図7のステップSP5,SP8,SP9,SP1 The examples are intended as adapted to use the weight vector to the channel assignment criteria, step SP5 in FIG. 7, SP8, SP9, SP1
0,SP14,SP19における受信信号ベクトルを、 0, SP14, the received signal vector at SP19,
ステップSP31〜SP36でウエイトベクトルに置き換えたものである。 It is replaced with a weight vector in step SP31~SP36. それ以外の動作は図7と同じであるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as FIG. 7, a description thereof will be omitted.

【0075】図10は図9に示した実施形態のさらなる変形例を示すフローチャートである。 [0075] FIG. 10 is a flowchart showing a further modification of the embodiment shown in FIG. この例は、図8の変形例と同様に、図9に示したステップSP32〜SP This example, like the modified example of FIG. 8, step SP32~SP shown in FIG. 9
34の動作を、ユーザのチャネル割当要求があれば直ちに行なうものである。 34 the operation of, and performs immediate if there is channel assignment request of the user. それ以外の動作は図9と同じであるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as FIG. 9, the description thereof is omitted.

【0076】図11は図7に示した第1の実施形態のさらに他の変形例を示すフローチャートである。 [0076] Figure 11 is a flowchart showing still another modification of the first embodiment shown in FIG. この例はチャネル割当基準にユーザ信号の到来方向を用いるようにし、信号間の干渉発生基準値を角度差S(Sは0度から360度)としたものであり、図7のステップSP This example is to use a direction of arrival of the user signals to the channel allocation reference angular difference S occurrence of interference reference value between the signals (S from 0 ° 360 °) is obtained by a step SP 7
5,SP8,SP9,SP10,SP14,SP19における受信信号ベクトルを、ステップSP37〜SP4 5, SP8, SP9, SP10, SP14, the received signal vector at SP19, step SP37~SP4
2でユーザ信号の到来方向に、ステップSP14における相互相関値をステップSP41で到来角度差にそれぞれ置き換えたものである。 The arrival direction of the user signals at 2, is replaced each cross-correlation value in step SP14 the arrival angle difference at step SP41. それ以外の動作は図7と同じであるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as FIG. 7, a description thereof will be omitted.

【0077】図12は図11に示した実施形態のさらなる変形例を示すフローチャートである。 [0077] FIG. 12 is a flowchart showing a further variation of the embodiment shown in FIG. 11. この例も、図8 This example also, as shown in FIG. 8
の変形例と同様に、図11のステップSP38〜SP4 Like the modified example of the steps of FIG. 11 SP38~SP4
0の動作を、ユーザのチャネル割当要求があれば直ちに行なうものである。 The operation of 0, and performs immediate if there is channel assignment request of the user. それ以外の動作は図11と同じであるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as FIG. 11, a description thereof will be omitted.

【0078】図13は図2に示した第2の実施形態によるチャネル割当の具体的にな動作を説明するためのフローチャートである。 [0078] Figure 13 is a flowchart for explaining a specific operation of channel allocation according to the second embodiment shown in FIG. 図7に示した第1の実施形態のフローチャートでは、ユーザからチャネル割当要求があると、ステップSP2〜SP7のループでタイムスロット1に空きがあるか否かを判別し、空きがあればそのタイムスロット内にチャネル割当を行ない、空きがなければステップSP7でiを1だけインクリメントし、次のタイムスロットに空きがあるか否かの判別を行なうようにした。 In the flowchart of the first embodiment shown in FIG. 7, when there is a channel assignment request from a user, to determine whether there is a free space in the time slot 1 in the loop of steps SP2~SP7, that time if there is a space performs channel allocation in the slot, is incremented by 1 to i in step SP7 if there is no empty, and to perform whether there is an empty space in the next time slot determination.

【0079】これに対して、図13に示した第2の実施形態では、タイムスロット1内に接続しているユーザがいなければステップSP2〜SP5でその空きのチャネルにチャネル割当を行ない、既に接続しているユーザがいれば、ステップSP8〜SP10で新規チャネル割当を要求しているユーザの受信信号ベクトルを測定する。 [0079] In contrast, in the second embodiment shown in FIG. 13 performs channel assignment to a channel of the vacant at step SP2~SP5 if there are no users connected to the time slot 1, already connected if there are to have the user measures the received signal vector of a user requesting a new channel assignment in step SP8~SP10.
ステップSP14で当該タイムスロット内の既存ユーザの信号と新規ユーザの信号との相互相関値Cを計算し、 The cross correlation value C of the existing users of the signal and the new user signals in the time slot calculated at step SP14,
ステップSP15で既存のユーザと新規ユーザとが干渉するか否かを判別する。 The existing user and the new user to determine whether the interference in step SP15. 干渉せずかつタイムスロット内に空きがあればステップS18でチャネル(i,M+ Without interference and channel step S18 if there is a space in the time slot (i, M +
1)に新規ユーザのチャネルを割当てる。 Assign a channel for the new user to 1). 干渉する場合にはステップSP21でiを1だけインクリメントしてステップSP2〜SP20を反復し、次のタイムスロットにおいてチャネルの割当、すなわちパス多重を行なうための処理を行なう。 Case repeating the steps SP2~SP20 is incremented by 1 to i in step SP21 interfering, channel allocation in the next time slot, i.e. a process for performing a path multiplex is performed.

【0080】図14は図13に示した第2の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 [0080] FIG. 14 is a flowchart showing a modification of the second embodiment shown in FIG. 13. この例は、ユーザからのチャネル割当要求があれば、図13のステップS In this example, if there is channel assignment request from a user, step S in FIG. 13
P8〜SP10の動作を直ちに実行して、新規チャネル割当を要求しているユーザの受信信号ベクトルを測定してメモリに記憶するようにしたものである。 The operation of P8~SP10 immediately executed, in which so as to store in the memory by measuring the received signal vector of a user requesting a new channel assignment. それ以外の動作は図13と同じであるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as FIG. 13, the description thereof is omitted.

【0081】図15は図3に示した第3の実施形態によるチャネル割当の具体的な動作を説明するためのフローチャートである。 [0081] Figure 15 is a flowchart for describing a specific operation of channel allocation according to the third embodiment shown in FIG. 図3で説明したように、この第3の実施形態では、たとえばタイムスロット1がPDMAのプロトコルに対応していない端末装置の専用タイムスロットとして予め確保されている。 As described in FIG. 3, in the third embodiment, for example, time slot 1 is reserved in advance as a dedicated time slot of a terminal device that is not compatible with PDMA protocol. 図15のステップSP5 The steps of FIG. 15 SP5
1において新規チャネル割当を要求しているユーザの端末装置がPDMA対応であるか否かを判別し、PDMA Terminal device of the user requesting a new channel allocation is determined whether or not the PDMA corresponding in 1, PDMA
対応の端末装置であればステップSP1でi=k+1を設定し、図7の第1の実施形態と同様にしてチャネル割当を行なう。 Set i = k + 1 in step SP1 if the corresponding terminal device, performs the channel assignment in the same manner as in the first embodiment of FIG. ここで、kはPDMA非対応端末専用のスロットの番号であり、PDMA対応の端末装置ではk番目のタイムスロットを避けてチャネル割当が行なわれる。 Here, k is the number of the PDMA incompatible terminal dedicated slot, the PDMA compatible terminal device channel allocation is performed to avoid the k th time slot.

【0082】ステップSP51でユーザ端末装置がPD [0082] The user terminal device PD in step SP51
MAに対応していないことが判別されると、ステップ5 If it is determined that is not compatible with MA, Step 5
2でPDMA非対応端末専用としてタイムスロット1を設定するためにk=1を設定する。 2 sets the k = 1 to set the time slot 1 as PDMA incompatible terminal only with. ステップSP53においてk番目のタイムスロットに接続中のユーザがあるか否かを判別し、なければステップSP54でk番目のタイムスロットに新規ユーザを割当てる。 k-th to determine whether there are users connected to the time slot at step SP53, assign a new user to the absence if k-th time slot in step SP54. しかし、既にユーザがいればステップSP55においてk≧Lであるか否かを判別する。 However, already it determined whether or not k ≧ L in step SP55 If there are users. ここで、Lは予め決められているP Here, P where L is determined in advance
DMA非対応端末専用のタイムスロットの数である。 Is the number of DMA incompatible terminal dedicated time slots. k
がLよりも小さければステップSP56においてkを1 1 but the k at step SP56 is smaller than L
だけインクリメントし、再びステップSP53で、次のPDMA非対応端末専用タイムスロットに既にユーザがいるか否かを判別する。 Incremented and again at step SP53, it is determined whether there is already a user to the next PDMA incompatible terminal dedicated time slots. いなければステップSP54で新規ユーザのチャネルを割当てる。 If there are no assigned channel for the new user in step SP54. もし、ステップSP If, step SP
55においてk≧LであればステップSP57において新規ユーザの接続を不許可にする。 To disallow the connection of a new user in step SP57, if k ≧ L at 55.

【0083】図16は図15に示した第3の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 [0083] FIG. 16 is a flowchart showing a modification of the third embodiment shown in FIG. 15. この変形例では、 In this modification,
ステップSP51でPDMA対応の端末装置であることを判別した後、ステップSP8〜SP10を直ちに実行して新規チャネル割当を要求しているユーザの受信信号ベクトルをメモリに記憶している。 After determining that the PDMA compatible terminal apparatus at step SP51, stores the received signal vector of a user requesting a new channel allocation by performing the steps SP8~SP10 immediately memory. その後、ステップS Then, step S
P1〜SP7,SP1〜SP22の動作を実行する。 P1~SP7, for performing the operations of the SP1~SP22. それ以外の動作は図15と同じであるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as FIG. 15, the description thereof is omitted.

【0084】図17は、図4に示した第4の実施形態によるチャネル割当の具体的な動作を説明するためのフローチャートである。 [0084] Figure 17 is a flowchart for describing a specific operation of channel allocation according to the fourth embodiment shown in FIG. 図4で説明したように、この第4の実施形態では、j方向にチャネルを割当てる際に、チャネルの接続タイミングがi方向にずらされている(T As described in FIG. 4, in the fourth embodiment, when allocating channels to the j direction, connection timing channels are offset in the i direction (T
(1)→T(2)→T(3))。 (1) → T (2) → T (3)). 図17のステップSP Step SP shown in FIG. 17
43(図7のステップSP4に対応)において、チャネル(i,1)に新規ユーザを割当てる際に、当該チャネルの接続タイミングT(1)が指定される(たとえば基準時間T(1)=0に指定される)。 43 In (corresponding to step SP4 in FIG. 7), when allocating a new user in the channel (i, 1), the connection timing T (1) is designated (for example, the reference time T (1) = 0 of the channel It is specified).

【0085】次に、図17のステップSP44(図7のステップSP18に対応)において、チャネル(i,M Next, in steps of FIG. 17 SP44 (corresponding to step SP18 in Fig. 7), the channel (i, M
+1)に新規ユーザを割当てる際に、チャネルの接続タイミング(M+1)が指定される。 When assigning a new user to +1), the channel connecting the timing (M + 1) is specified. それ以外の動作は、 The other operation,
図7と同じであるので、説明を省略する。 Are the same as FIG. 7, a description thereof will be omitted.

【0086】図18は図5に示した第5の実施形態によるチャネル割当の具体的な動作を説明するためのフローチャートである。 [0086] Figure 18 is a flowchart for describing a specific operation of channel allocation according to the fifth embodiment shown in FIG. 図5で説明したように、タイムスロット1がPDMA非対応端末専用タイムスロットとして割当てられており、ステップSP51でPDMA非対応端末装置であることが判別されると、図15の第3の実施形態の説明と同様にして、ステップSP52〜SP57 As described in FIG. 5, the time slot 1 is allocated as PDMA incompatible terminal dedicated time slot, when it is judged a PDMA non compatible terminal in step SP51, the third embodiment of FIG. 15 descriptions and similarly, step SP52~SP57
が実行される。 There is executed. しかし、PDMA対応の端末装置であれば、図13の第2の実施形態と同じ動作を実行する。 However, if the PDMA compatible terminals, to perform the same operation as the second embodiment of FIG. 13. すなわち、接続を要求する端末装置がPDMA対応であれば、PDMA非対応端末専用タイムスロット以外のタイムスロットをステップSP18でパス多重で割当てる。 That is, the terminal device requesting connection if PDMA corresponds, assigns a time slot other than the PDMA incompatible terminal dedicated time slot paths multiplexed in step SP18.
そして、パス多重ができなくなると、ステップSP2, When it becomes impossible to pass multiplexing step SP2,
3で次のタイムスロットの空き状態を判別し、ステップSP4でそのタイムスロットの最初のチャネルに新規ユーザのチャネルを割当てる。 3 to determine the free state of the next time slot, assigning channels of a new user to the first channel of the time slots in step SP4.

【0087】図19は図18に示した第5の実施形態の変形例を示すフローチャートであり、図18のステップSP8〜SP10の処理をステップSP51の後で行なっている。 [0087] Figure 19 is a flowchart showing a modification of the fifth embodiment shown in FIG. 18, and performs processing of step SP8~SP10 in Fig. 18 after step SP51. その後のステップSP1〜SP5,SP1 Subsequent step SP1~SP5, SP1
0,SP13〜SP22の動作は図18と同じなので、 0, since the operation of SP13~SP22 is the same as that of FIG. 18,
説明を省略する。 Description thereof will be omitted.

【0088】図20は図6に示した第6の実施形態によるチャネル割当の具体的な動作を説明するためのフローチャートである。 [0088] Figure 20 is a flowchart for describing a specific operation of channel allocation according to the sixth embodiment as shown in FIG. 図6で説明したように、この第6の実施形態では、PDMA未対応端末用のタイムスロットを予め決めておくことなく適宜決定する。 As described in FIG. 6, in the sixth embodiment, it is suitably determined without predetermining the time slot for PDMA incompatible terminal. このために、ユーザのチャネル割当要求があると、ステップSP51においてユーザ端末がPDMA未対応端末であるか否かを判別し、PDMA未対応端末であることを判別すると、 Therefore, if there is a channel assignment request from a user, the user terminal determines whether the PDMA incompatible terminal in step SP51, if it is determined that the PDMA incompatible terminal,
ステップSP52〜SP57を実行してタイムスロットを適宜割当てる。 Assigning appropriate time slots by performing the steps SP52~SP57.

【0089】一方、ステップSP51でユーザ端末がP [0089] On the other hand, the user terminal P in step SP51
DMA対応であることを判別すると、ステップSP1でi=1に設定した後、ステップSP2でi番目のタイムスロットに接続しているユーザ数Mを調べる。 If it is determined that the DMA-capable, after setting i = 1 in step SP1, examining the number of users M that are connected to the i-th time slot at step SP2. ステップSP3でユーザ数Mが0でなければ、ステップSP60 Unless the number of users M is 0 at step SP3, step SP60
でそのタイムスロットに接続中のユーザ端末がPDMA User terminal PDMA of in connecting to the time slot
対応端末であるか否かを判別し、PDMA未対応のユーザであることが判別されれば、ステップSP61でiを1だけインクリメントして他のタイムスロットでのパス多重を実行しようとする。 Determine whether the corresponding terminal, if it is determined to be a PDMA unsupported user, is incremented by 1 to i in step SP61 attempts to perform a path multiplex in other time slots.

【0090】図21は図20に示した第6の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 [0090] Figure 21 is a flowchart showing a modification of the sixth embodiment shown in FIG. 20. 図21の例は、ステップSP51でPDMA対応のユーザ端末であることを判別した後、図20に示したステップSP8とSP9 Example of FIG. 21, after it is determined that the user terminal PDMA corresponds at step SP51, and step SP8 shown in FIG. 20 SP9
の処理を実行するものである。 And executes the processing. その後のステップSP1 Subsequent step SP1
以下の動作は図20と同じなので、説明を省略する。 Since the following operations are the same as those in FIG. 20, the description thereof is omitted.

【0091】以上で、第1ないし第6の基本的な伝送チャネル割当方法の実施形態の説明を終り、以下のこれらの実施形態に付随する種々の追加の実施の形態について説明する。 In [0091] above, the end of the description of the first to sixth embodiments fundamental transmission channel allocation method will be described various additional embodiments associated with these embodiments below.

【0092】図22は、この発明の第7の実施形態として、通話中のユーザが移動する場合のチャネル割当の具体的な動作を説明する図である。 [0092] Figure 22 is a seventh embodiment of the present invention, is a diagram for explaining a specific operation of channel allocation when the user during a call moves. この第7の実施形態によれば、通信中のユーザが移動することにより2人のユーザの信号間に実質的に干渉が生じ、アクティブアレイを用いてユーザの信号を分離できなくなった場合に、ユーザの伝送チャネルを、ユーザ同士の間で実質的に干渉しないタイムスロットに移動させるものである。 According to the seventh embodiment, when by the user during communication moves substantially interference between two users of the signal resulting, it can no longer be separated user signal using an active array, a transmission channel of the user, and moves in a substantially non-interfering time slots between the adjacent users.

【0093】すなわち、ユーザの通信中には、相互干渉の監視命令が出され、まずステップSP71でi方向にi=1がセットされ、ステップSP72において、タイムスロット1に接続中のユーザ数Mが調べられる。 [0093] That is, during communication of user, monitoring instructions mutual interference is issued, the first i = 1 is set in the i direction at step SP71, in step SP 72, the number of users M currently connected to the time slot 1 It is examined.

【0094】そして、ステップSP73で、タイムスロット1に2人以上のユーザが接続されていることが判別されると、タイムスロット1内でユーザ同士の信号の干渉が生じている可能性があるので、そのような干渉の有無を調べる必要がある。 [0094] Then, in step SP73, when the time slot 1 2 or more users is determined to have been connected, the signal interference between users in the time slots within 1 may be occurring , it is necessary to check for such interference.

【0095】まず、ステップSP76でj方向にj=1 [0095] First, j in the j direction in step SP76 = 1
がセットされてタイムスロット1のチャネル(1,j) There set and the time slot 1 channel (1, j)
=(1,1)が指定され、次いでステップSP77でj = (1, 1) is specified, then j in step SP77
方向にk=j+1=2がセットされてタイムスロット1 k = j + 1 = 2 in the direction is set timeslot 1
のチャネル(1,k)=(1,2)が指定される。 Channel (1, k) = (1,2) is designated.

【0096】次に、これら同一タイムスロットに含まれる2つのチャネル(1,1),(1,2)の間の干渉の有無を判別するために、ステップSP78において、双方のチャネルに接続されているユーザ信号のウエイトベクトルの相互相関値Cが計算される。 [0096] Next, the two channels contained in these same timeslot (1,1), in order to determine the presence or absence of interference between the (1,2), in step SP 78, is connected to both channels cross correlation value C of weight vectors of the user signals are are computed.

【0097】次に、ステップSP79において、ステップSP78において計算された相互相関値Cが、信号間の干渉の発生の判断基準となる基準値Sよりも小さいかが判別される。 [0097] Then, in step SP79, the cross-correlation value C calculated at the step SP78 is either smaller than the reference value S as a criterion for the occurrence of interference between the signals is determined. そして、相互相関値Cが基準値Sよりも大きければ、同一タイムスロットの2つのチャネル(1,1),(1,2)に接続している2つのユーザ信号が実質的に干渉しているものと判別され、ステップS Then, larger than the reference value S cross correlation value C, the two channels of the same time slot (1,1), two user signals connected to the (1,2) is substantially interfere is judged things, step S
P80において、チャネル(1,2)に接続しているユーザ信号を別のチャネルに割当てるため、プログラムは前述の第1ないし第6の実施の形態のいずれかのチャネル割当方法のルーチンに進む。 In P80, for allocating user signals that are connected to the channel (1, 2) to another channel, the program proceeds to the routine of any channel allocation method of an embodiment of the first to sixth mentioned above.

【0098】そして、ステップSP81において、kがタイムスロット1のユーザ数M以上でないことが判別されれば、ステップSP82においてkを1だけインクリメントして、ステップSP78においてチャネル(1, [0098] Then, in step SP81, if k is determined to be not the number of users M or more time slots 1, is incremented by 1 to k at step SP82, the channel (1 in step SP 78,
1),(1,3)に接続しているユーザ信号のウエイトベクトルの相互相関値Cが計算される。 1), the cross-correlation value C of weight vectors of the user signals connected is computed (1,3). そして、両者の間で実質的に干渉しているものと判別されると、前述のようにステップSP80でチャネルの再割当が行なわれる。 When it is determined that that substantially interfere between them, re-allocation of channels is performed in step SP80 as described above.

【0099】上述のステップSP78〜SP82の処理が繰返されてステップSP81においてkがタイムスロット1のユーザ数Mに達したことが判別されると、ステップSP83でjがM−1以上か否かが判別される。 [0099] When k in it is repeated step SP81 the above-described processing of step SP78~SP82 is determined that reaches the number of users M of time slots 1, whether j is M-1 or more at step SP83 is It is determined. j
がM−1に達していなければ、ステップSP84でjが1だけインクリメントされ、以後、ステップSP77〜 If There has not been reached M-1, j is incremented by 1 in step SP 84, thereafter, step SP77~
SP82を介してチャネル(1,2)とチャネル(1, Channels and channels (1, 2) via the SP82 (1,
k)との間の干渉の有無が判別される。 Whether interference between k) is determined. そして、両者の間で干渉しているものと判断されると、前述のようにステップSP80でチャネルの再割当が行なわれる。 When it is determined that the interfering between them, re-allocation of channels is performed in step SP80 as described above.

【0100】上述のステップSP77〜SP84の処理が繰返され、ステップSP83でjがM−1以上であることが判別されると、タイムスロット1に含まれる2以上のユーザのチャネルのすべての対の間の実質的な干渉の有無が判断されたことになる。 [0100] treatment of the above step SP77~SP84 is repeated and j in step SP83 that is determined is M-1 or more, of all the pairs of channels of two or more users included in the time slot 1 presence of substantial interference between would have been determined. そし、次のタイムスロット2での実質的な干渉の可能性を調べる必要がある。 And, it is necessary to examine the possibility of substantial interference in the next time slot 2.
そこで、プログラムはステップSP74に進む。 Then, the program proceeds to step SP74.

【0101】一方、ステップSP73で、タイムスロット1に2人以上のユーザが接続されていないことが判別されると、タイムスロット1内ではユーザ同士の信号の干渉がないことがわかるので、次のタイムスロット2での実質的な干渉の可能性を調べる必要がある。 [0102] On the other hand, in step SP73, the time slot 1 is 2 or more users is determined that it is not connected, since it is understood that there is no interference signal between users in time slots within 1, of the following it is necessary to examine the possibility of substantial interference in the time slot 2. そして、 And,
この場合にもプログラムはステップSP74に進み、ステップSP71で設定したi=1がタイムスロット数M This program also when the process proceeds to step SP 74, set at step SP71 i = 1 is the number of time slots M
以上か否かが判別される。 Whether or not it is decided. ここで、i(=1)はN(= Here, i (= 1) is N (=
3)よりも小さいため、ステップSP75においてiは1だけインクリメントされてi=2にセットされ、ステップSP72においてタイムスロット2に接続中のユーザ数Mが調べられる。 3) smaller than, in step SP 75 i is set is incremented by 1 to i = 2, the number of users M currently connected to the time slot 2 is checked in step SP 72.

【0102】以下、上述のステップSP73〜SP84 [0102] In the following, the above-mentioned step SP73~SP84
が繰返され、N個のタイムスロットのすべてにおいて、 It is repeated, in all of the N time slots,
ユーザ間の実質的な干渉の有無が判断され、実質的な干渉が判断されると一方のユーザの伝送チャネルの移動(再割当)が実行される。 Presence of substantial interference between the users is determined, the movement of the transmission channel of one user that substantial interference is determined (reassigned) is executed.

【0103】図23は、図22に示した第7の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 [0103] Figure 23 is a flowchart showing a modification of the seventh embodiment shown in FIG. 22. 図22に示した例では、ステップSP80でタイムスロット1のチャネル(1,k)のユーザを別のチャネルに移動させた後、 In the example shown in FIG. 22, after moving the user's channel time slot 1 (1, k) to another channel in step SP80,
ステップSP81,SP82に進み、チャネル(1, The process proceeds to step SP81, SP82, the channel (1,
j)を固定したままで、チャネル(1,k)をj方向にインクリメントするようにしている。 While fixing the j), so that increment channel (1, k) in the j direction. これに対し、図2 On the other hand, as shown in FIG. 2
3に示した例では、チャネル(1,k)のユーザの別チャネルへの移動後に、ステップSP83,SP84に進み、タイムスロット1のチャネル(1,j),(1, In the example shown in 3, the channel after movement to another channel of the user (1, k), step SP83, the process proceeds to SP 84, the channel time slot 1 (1, j), (1,
k)の双方をインクリメントするように構成したものである。 k) in which both configured to increment a. それ以外の動作は図22と同じであるので、説明を省略する。 Since other operations are the same as FIG. 22, the description thereof is omitted.

【0104】図24は図22に示した第7の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 [0104] Figure 24 is a flowchart showing a modification of the seventh embodiment shown in FIG. 22. 図22に示した例では、ステップ78においてタイムスロット1のチャネル(1,j)のユーザ信号とタイムスロット1のチャネル(1,k)のユーザ信号との実質的な干渉を判別するために、双方のユーザ信号のウエイトベクトルの相関値Cを調べるようにしたが、図24に示した例では、ステップSP85で双方のユーザ信号の受信信号ベクトルの相関値Cを調べるようにしたものであり、それ以外の動作は図22と同じであるので、説明を省略する。 In the example shown in FIG. 22, in order to determine the substantial interference with the user signal of the user signal and time slot 1 of channel (1, k) of the time slot 1 of channel (1, j) in step 78, and to investigate the correlation value C of weight vectors of both user signals but, in the example shown in FIG. 24, which was to investigate the correlation value C of reception signal vectors of both users signal at step SP85, since other operations are the same as FIG. 22, the description thereof is omitted.

【0105】図25は図23に示した実施形態の変形例である。 [0105] Figure 25 is a modification of the embodiment shown in FIG. 23. この例は、図24と同様にして、ステップSP This example, as in FIG. 24, step SP
85で双方のユーザ信号の受信信号ベクトルの相関値C 85 correlation values ​​of the received signal vector of both users signal at C
を調べるようにしたものである。 In which was to investigate.

【0106】図26は図22に示した第7の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 [0106] Figure 26 is a flowchart showing a modification of the seventh embodiment shown in FIG. 22. この例は、ステップSP86において双方のユーザ信号の到来方向の角度差Cを求めるものである。 This example is to determine the angular difference C in the incoming direction of both user signal in step SP86.

【0107】図27は図23に示した実施形態の変形例を示すフローチャートである。 [0107] Figure 27 is a flowchart showing a modification of the embodiment shown in FIG. 23. この例も、ステップSP This example also, step SP
86において双方のユーザ信号の到来方向の角度差Cを求めるものである。 In which determining the angle difference C in the arrival direction of both users signal at 86.

【0108】図28は通信中に受信信号ベクトルを更新する動作を示すフローチャートである。 [0108] Figure 28 is a flowchart showing an operation of updating the received signal vector during communication. 通信中にユーザが移動しているときに、受信信号ベクトルを通信中随時に測定することによって、ユーザ間の信号の干渉量の増減を調べるものである。 When the user during communications is moving, by measuring the received signal vector during communication at any time it is used for determining increase or decrease of the amount of interference signal between users.

【0109】図28は1タイムスロットに1人または2 [0109] FIG. 28 is one or two in one time slot
人以上のユーザがいる場合の受信信号ベクトルの更新動作を示している。 It shows the operation of updating the received signal vector when there are people or more users. 図28のステップSP91において、 In step SP91 of FIG. 28,
i方向にi=1にセットしてタイムスロット1を選択し、ステップSP92でタイムスロット1に接続されているユーザ数Mを調べる。 It is set to i = 1 in the i direction to select the time slot 1, examine the number of users M that are connected to time slot 1 in step SP92. ステップSP93で1以上のユーザがタイムスロット1に接続されていることを判別すると、ステップSP94でユーザが2以上であるか否かを判別する。 If in step SP93 1 or more users to determine that it is connected to the time slot 1, the user determines whether or not 2 or more in step SP94. ステップSP94において、ユーザ数が2より少ないこと、すなわちユーザ数が1であることが判別されれば、ステップSP99においてタイムスロット1の1番目のチャネル(1,1)のユーザの受信信号ベクトルを計算してメモリされている値を更新する。 In step SP94, that the number of users is less than 2, i.e. if it is determined that the number of users is 1, calculates a reception signal vector of user of the first channel time slot 1 (1,1) in step SP99 to update the values ​​that are memory by. このようにユーザ数Mが1の場合の受信信号ベクトルは、 The received signal vector when the number of users M is 1, thus,
図32および図33を参照して後述されるM=1の場合に適用される受信信号ベクトル計算方法を用いて正確に計算される。 It is accurately calculated by using the received signal vector calculation method applied to the case of M = 1, which will be described later with reference to FIGS. 32 and 33.

【0110】一方、ユーザ数が2以上であればステップSP95でj=1にセットしてタイムスロット1のチャネル(1,1)を設定する。 [0110] On the other hand, the number of users is set to j = 1 sets the channel time slot 1 (1,1) in step SP95 as long as it is two or more. ステップSP96においてタイムスロット1のチャネル(1,1)のユーザの受信信号ベクトルを計算し、メモリされている値を更新する。 The received signal vector of a user channel of the time slots 1 (1,1) calculated at step SP96, updates the value that is memory. このようにユーザ数Mが2以上の場合の受信信号ベクトルは、図30および図31を参照して後述されるM M the received signal vector when the number of users M is 2 or more, as, described below with reference to FIGS. 30 and 31
=1またはM≧2の場合に適用される受信信号ベクトル計算方法を用いて正確に計算される。 It is accurately calculated by using the received signal vector calculation method applied in the case of = 1 or M ≧ 2.

【0111】そして、ステップSP97において、j方向のチャネル番号jがユーザ数M以上になったか否かを判別し、以上でなければ、ステップSP98においてj [0111] Then, in step SP97, the channel number j of the j-direction, it is determined whether it is above the number of users M, unless more, j in step SP98
を1だけインクリメントして次のチャネル(1,j)の受信信号ベクトルを計算してメモリに記憶されている値を更新する。 The is incremented by 1 and updates the value stored by calculating the received signal vector of the following channels (1, j) in the memory.

【0112】図29も、1タイムスロットにユーザが何人いる場合でも受信信号ベクトルを更新する動作を示すフローチャートである。 [0112] Figure 29 is also a flowchart showing an operation of updating the received signal vector, even if the user is no person in one time slot. 前述の図28ではユーザが1人の場合に限り特別な計算方法を用いているのでステップSP94とSP99の処理が必要であったのに対して、 Whereas above in FIG. 28 users were required processing in steps SP94 and SP99 because of the use of special calculation method only if one,
図29では、ステップSP96で、図30および図31 In Figure 29, at step SP96, 30 and 31
に示されるM=1またはM≧2の場合に適用される計算方法を用いているので、これらの処理を省略しており、 Because of the use of computational methods to be applied in the case of M = 1 or M ≧ 2 shown in, and skip these processes,
それ以外の動作は図28と同じである。 The other operation is the same as FIG. 28.

【0113】次に、1個のタイムスロットに2人以上のユーザが接続しているときの各ユーザの受信信号ベクトル計算方法について説明する。 Next, a description will be given received signal vector calculation method for each user when two or more users to one time slot is connected. アンテナ素子数を2本とし、1つのタイムスロットに接続中のユーザ数を2人とした場合、受信信号は次式で表わされる。 The number of antenna elements and two, if the number of users connected to a single time slot was two, the received signal is expressed by the following equation.

【0114】X(t)=[x 1 (t),x 2 (t)] T1 (t)=h 111 (t)+h 122 (t)+n [0114] X (t) = [x 1 (t), x 2 (t)] T x 1 (t) = h 11 s 1 (t) + h 12 s 2 (t) + n
1 (t) x 2 (t)=h 211 (t)+h 222 (t)+n 1 (t) x 2 (t ) = h 21 s 1 (t) + h 22 s 2 (t) + n
2 (t) ここで、x i (t)はi番目のアンテナの受信信号であり、s i (t)はi番目のユーザの信号であり、n 2 (t) where, x i (t) is the received signal of the i-th antenna, s i (t) is the signal of the i th user, n
i (t)はi番目のアンテナの熱雑音であり、h ijはi i (t) is the thermal noise of the i-th antenna, h ij is i
番目のアンテナに受信されたj番目のユーザ信号の係数を示し、[・] Tは行列[・]の転置を表わす。 Th antenna shows the coefficients of the received j-th user signal, representing the transpose of [.] T is the matrix [-].

【0115】ここで、アダプティブアレイが良好に動作していると、ユーザ信号を分離し、取出しているため、 [0115] Here, the adaptive array is operating satisfactorily, separate the user signal, since the extraction,
i (t)はすべて既知となる。 s i (t) it is all become known. そこで、受信信号と既知となったユーザ信号とを掛け合わせ、アンサンブル平均(時間平均)を計算すると、次式で表わされる。 Therefore, multiplying the user signal becomes received signal and the known, calculating an ensemble average (time average) is expressed by the following equation.

【0116】E[x 1 (t)s 1 (t)]=h 11 E[s [0116] E [x 1 (t) s 1 (t)] = h 11 E [s
1 (t)s 1 (t)]+h 12 E[s 1 (t) s 1 (t )] + h 12 E [s 2 (t)s 2 (t) s
1 (t)]+E[n 1 (t)s 1 (t)] ここで、平均時間が十分長いと、上述の式の右辺第1項のE[s 1 (t)s 1 (t)]=1となり、第2項はユーザ1の信号とユーザ2の信号に相関がないため、E 1 (t)] + E [ n 1 (t) s 1 (t)] Here, when the average time is sufficiently long, the formula of the first term on the right side of E described above [s 1 (t) s 1 (t)] = 1, since the second term there is no correlation signal of the user 1 and user 2 of the signal, E
[s 2 (t)s 1 (t)]=0となり、第3項はユーザ1の信号と雑音信号に相関がないため、E[n 1 (t) [S 2 (t) s 1 (t)] = 0 , and the order third term there is no correlation signal of the user 1 and the noise signal, E [n 1 (t)
1 (t)]=0となるので、1番目のユーザの1番目のアンテナに受信されたベクトル値h 11は次式で計算できる。 and since s 1 (t)] = 0 , 1 th vector value h 11 received in the first antenna of the user can be calculated by the following equation.

【0117】E[x 1 (t)s 1 (t)]=h 11以下、アンテナを順番に変えて同様にしてベクトル値h [0117] E [x 1 (t) s 1 (t)] = h 11 below, vector value h in the same manner by changing the antenna in order
21は次式で計算できる。 21 can be calculated by the following equation.

【0118】E[x 2 (t)s 1 (t)]=h 21これにより、ユーザ1の受信信号ベクトルR 1 [0118] E [x 2 (t) s 1 (t)] = h 21 Thus, the receiving user 1 signal vector R 1 =
[h 11 ,h 21Tも計算できる。 [H 11, h 21] T can be calculated.

【0119】図30は上述の各ユーザの受信信号ベクトル計算方法を示すフローチャートである。 [0119] Figure 30 is a flowchart showing a received signal vector calculation method of each of the above user. 図30において、ステップSP101で時刻を示すパラメータkを設定し、ステップSP102でアンテナ素子を示すパラメータm=1,e m =0を設定する。 In Figure 30, sets the parameter k indicating the time at step SP101, sets the parameter m = 1, e m = 0 showing the antenna element in a step SP 102. なお、e mはアンテナの素子数だけある。 Incidentally, the e m is only the number of elements in the antenna. ステップSP103でe m =e In step SP103 e m = e m m
+x m (k)s j (k)を演算する。 + Calculates the x m (k) s j ( k). ここで、x Here, x
m (k)はm番目のアンテナの時刻kの受信信号であり、s j (k)はj番目のユーザの変調された信号であり、アダプティブアレイにより分離された信号である。 m (k) is the received signal at time k of the m-th antenna, s j (k) is the modulated signal of the j-th user, a signal separated by the adaptive array.

【0120】ステップSP104でm≧アンテナ素子数Nか否かを判別し、mがNよりも小さければステップS [0120] to determine whether m ≧ the number of antenna elements N at step SP104, step S smaller than m is N
P105でパラメータmを1だけインクリメントし、ステップSP103,SP104を繰返す。 The parameter m is incremented by 1 at P105, repeats step SP103, SP104.

【0121】ステップSP104でパラメータmがアンテナ素子数Nと等しくなるかあるいは大きくなると、ステップSP106で時刻を示すパラメータkが時間平均を行なう所定のシンボル数T以上か否かを判別する。 [0121] When parameter m in step SP104 becomes or greater equals the number of antenna elements N, the parameter k representing the time it is determined whether or not more than a predetermined number of symbols T for performing the average time at step SP106. 大きければステップSP107でkを1だけインクリメントし、次の時刻におけるステップSP102〜SP10 It is incremented by 1 to k at step SP107 larger, steps in the next time SP102~SP10
6の処理を繰返す。 It repeats the process of 6. そして、k=Tになると、ステップSP108でm=1に設定し、ステップSP109でe Then, at k = T, set to m = 1 in step SP108, e in step SP109
mをTで除算して平均値h mjを求める。 The m is divided by T an average value h mj. ステップSP1 Step SP1
10でm≧Nでないことを判別すると、ステップSP1 If it is determined that it is not m ≧ N at 10, Step SP1
11でパラメータmを1だけインクリメントし、ステップSP109で次のアンテナ素子の平均値を求める。 The parameter m is incremented by 1 at 11, the average value of the next antenna element at step SP109. ステップSP110でパラメータmがNになったことを判別すると、受信信号ベクトルR j =[h ij ,…,h Nj Step SP110 parameter m is determined that it is now in N, the received signal vector R j = [h ij, ... , h Nj]
Tを出力する。 And outputs the T.

【0122】図31は図30に示した実施形態の変形例を示すフローチャートである。 [0122] Figure 31 is a flowchart showing a modification of the embodiment shown in FIG. 30. 前述の図30に示した例では、ステップSP103〜SP105のループで各アンテナ素子ごとの受信信号e mを加算し、ステップSP In the example shown in FIG. 30 described above, adds the received signals e m for each antenna element in the loop of steps SP103~SP105, Step SP
109でアンサンブル平均値を求めるようにしたが、この図31に示した例では、ステップSP112で加算とアンサンブル平均を求めるようにしたものであり、それ以外の動作は図30と同じである。 And to obtain the ensemble average value in 109, but in the example shown in FIG. 31, which was set to determine the addition and ensemble averaged at step SP112, the other operation is the same as FIG. 30.

【0123】上述の説明は1個のタイムスロットに1人以上のユーザが接続しているときの各ユーザの受信信号ベクトル計算方法について説明したが、次に1個のタイムスロットに1人のユーザが接続しているときのそのユーザの受信信号ベクトル計算方法について説明する。 [0123] While the description above has been described for the received signal vector calculation method for each user when the one or more users in one time slot are connected, then one user to one time slot There will be described received signal vector calculation method of the user when connecting. アンテナ素子数を2本とし、接続中のユーザ数を1人とした場合、受信信号は次式で示される。 The number of antenna elements and two, if the number of users connected to the one, the received signal is expressed by the following equation.

【0124】X(t)=[x 1 (t),x 2 (t)] T1 (t)=h 111 (t)+n 1 (t) x 2 (t)=h 211 (t)+n 2 (t) ただし、x i (t)はi番目のアンテナの受信信号であり、s i (t)は1番目のユーザの信号であり、n [0124] X (t) = [x 1 (t), x 2 (t)] T x 1 (t) = h 11 s 1 (t) + n 1 (t) x 2 (t) = h 21 s 1 (t) + n 2 (t ) However, x i (t) is the received signal of the i-th antenna, s i (t) is the signal of the first user, n
i (t)はi番目のアンテナの熱雑音であり、h ijはi i (t) is the thermal noise of the i-th antenna, h ij is i
番目のアンテナに受信された1番目のユーザ信号がフェージングなどの影響を受け、結果として変動した位相と振幅値を示す。 Th 1 th user signal received by the antenna is affected by fading, indicating the phase and amplitude values ​​vary as a result. [・] Tは行列[・]の転置を表わす。 [·] T represents the transpose of the matrix [.].

【0125】ここで、アダプティブアレイが良好に動作していると、ユーザ信号を分離し、取出しているため、 [0125] Here, the adaptive array is operating satisfactorily, separate the user signal, since the extraction,
i (t)は既知となる。 s i (t) is known. そこで、受信信号を既知となったユーザ信号s 1 (t)で割算し、アンサンブル平均(時間平均)を計算する。 Therefore, divided by the user signal s 1 which was a received signal with a known (t), calculates the ensemble average (time average).

【0126】E[x 1 (t)÷s 1 (t)]=h 11 [0126] E [x 1 (t) ÷ s 1 (t)] = h 11 E
[s 1 (t)÷s 1 (t)]+E[n [S 1 (t) ÷ s 1 (t)] + E [n 1 (t)÷s 1 (t) ÷ s
1 (t)] ここで、平均時間が十分長いと、E[s 1 (t)÷s 1 1 (t)] Here, when the average time is sufficiently long, E [s 1 (t) ÷ s 1
(t)]=1であり、雑音のランダム性によりE[n 1 (T)] is = 1, E [n 1 by the randomness of the noise
(t)÷s 1 (t)]=0なので、1番目のユーザの1 (T) ÷ s 1 (t )] = 0 , so, 1 of the first user
番目のアンテナに受信されたベクトル値h 11が計算できる。 Th vector value received by the antenna h 11 can be calculated.

【0127】E[x 1 (t)÷s 1 (t)]=h 11以下、アンテナを順番に変えて同様に E[x 2 (t)÷s 1 (t)]=h 21となり、ユーザ1の受信信号ベクトルR 1 =[h 11 ,h [0127] E [x 1 (t) ÷ s 1 (t)] = h 11 below, similarly E by changing the antenna in order [x 2 (t) ÷ s 1 (t)] = h 21 , and the user 1 of the received signal vector R 1 = [h 11, h
21Tが計算できる。 21] T can be calculated.

【0128】図32は上述の受信信号ベクトル計算方法を実行するためのフローチャートであり、ステップSP [0128] Figure 32 is a flow chart for executing the received signal vector calculation method described above, step SP
114のみが図30のSP103と異なる。 114 different from the SP103 of although only 30. すなわち、 That is,
ステップSP114において各アンテナ素子ごとに時刻kの受信信号x m (k)をj番目の変調された信号s j Received signal x m (k) the j-th modulated signals s j at time k for each antenna element at step SP114
(k)で割算したものを受信信号e mに加算していき、 (K) continue adding to the received signal e m those divided by,
ステップSP109においてTで除算してh mjが求められる。 H mj is obtained by dividing the T at step SP109.

【0129】図33は図32の変形例を示すフローチャートであり、図31の変形例に対応している。 [0129] Figure 33 is a flow chart showing a modification of FIG. 32, it corresponds to a modified example of FIG. 31. すなわち、図32のステップSP109でのTによる除算をステップSP115で行なうようにしたものであり、それ以外の動作は図32と同じである。 That is obtained by the division by T at step SP109 of FIG. 32 as executed in step SP115, the other operation is the same as FIG. 32.

【0130】上述の説明ではいずれも図39に示した構成を用いて複数のユーザが通信する場合について説明したが、次に図34を参照して1人のユーザが複数のパスを利用して通信を行なう場合にチャネルを割当てる実施形態について説明する。 [0130] While using the configuration that both shown in FIG. 39 in the above description a plurality of users has been described a case where the communication, then referring to a single user to Figure 34 by using a plurality of paths an embodiment of allocating a channel in the case of performing communication will be described.

【0131】図34において、DSP12内には、図3 [0131] In FIG. 34, in the DSP 12, Fig. 3
9と同様にしてチャネル割当計算機121とチャネル割当装置122とアダプティブアレイ131と132とが設けられるとともに、データ合成器123が設けられる。 9 and with the channel assignment computer 121 and the channel allocation unit 122 and the adaptive array 131 and the 132 are provided in the same manner, the data synthesizer 123 is provided. アダプティブアレイ131のユーザ1から送信されたチャネル(1,1)の信号を抽出し、アダプティブアレイ132は、チャネル(1,2)を用いて通信している同じユーザ1から送信されたチャネル(1,1)で送信された信号とは異なる信号を抽出する。 Extracts a signal of a channel transmitted from a user 1 of adaptive array 131 (1, 1), the adaptive array 132 channel transmitted from the same user 1 communicating with the channel (1, 2) (1 , it extracts a signal different from the transmitted signal by 1). この例では、 In this case,
チャネル(1,1)の信号として32Kbpsの信号がデータ合成器123に与えられ、チャネル(1,2)の信号として32Kbpsの信号がデータ合成器123に与えられ、データ合成器123から64Kbpsの信号系列に並び換えられたデータが出力される。 32Kbps signal as a signal of the channel (1, 1) is applied to data synthesizer 123, signal 32Kbps as the signal channel (1, 2) is applied to data synthesizer 123, 64 Kbps signal from the data synthesizer 123 data that has been rearranged in the sequence is output.

【0132】ところで、最近の携帯型電話機の急速な普及により、たとえ上述のようなPDMA方式を採用したとしても、近い将来、周波数の利用効率が限界に達する事態が想定される。 [0132] Incidentally, the rapid spread of the recent portable telephone, even if adopting the PDMA scheme as described above, the near future, a situation in which the utilization efficiency of the frequency reaches the limit are contemplated. すなわち、新規のユーザからの接続要求があっても、どのタイムスロットにも接続可能な空きチャネルがなく、結局接続不許可になることが予想される。 That is, even if a connection request from a new user, which time slot in the free channel without connectable are also expected to be eventually connected disallowed. このような事態を放置すれば、移動通信システムの運用に著しい支障が生じることになる。 If left untreated such a situation, it would significantly hinder the operation of the mobile communication system occurs.

【0133】このような事態の対策の1つとして、加入料金等の差に応じて、ユーザ間に合理的な接続の優先度を設け、空きチャネルがない場合に、接続状態にある優先度の低いユーザの接続を強制的に切断して当該チャネルに優先度の高いユーザを割当てる方法が考えられる。 [0133] As one of measures against such a situation, according to the difference of such subscription fee, provided the priority of rational connection between users, when there is no free channel, the priority in the connected state force off low user connection method of assigning higher priority users in the channel can be considered to.

【0134】図35および図36は、このようなユーザの優先度に基づくチャネル割当を行なう実施形態の動作を説明するフロー図である。 [0134] Figures 35 and 36 is a flow diagram illustrating operation of an embodiment for performing channel assignment based on the priority of such users. 図35に示したチャネル割当動作は、以下の点を除いて、基本的に図7に示した第1の実施形態の動作と同じである。 Channel allocation operation shown in FIG. 35, except for the following is the same as the operation of the first embodiment shown in basically FIG.

【0135】すなわち、図7の第1の実施形態では、ステップSP20で、接続可能な空きチャネルがN個のタイムスロットのいずれにも存在しないことが判断されると、ステップSP22で新規ユーザの接続を不許可としている。 [0135] That is, in the first embodiment of FIG. 7, in step SP20, when the connectable empty channel is not present in any of the N time slots is determined, the connection of a new user in step SP22 the are not permitted. これに対し、図35の実施形態では、ステップSP201で、新規にチャネル割当を要求しているユーザの予め決められた接続優先度が最下位か否かが判断される。 In contrast, in the embodiment of FIG. 35, at step SP201, predetermined connection priority of the user requesting a new channel allocation is whether significant or not.

【0136】最下位であることが判断されると、このユーザには、他のユーザを排除してまでチャネルが割当てられる余地は全くないため、ステップSP202で接続拒否される。 [0136] If it is the lowest is determined, this user, since no room for channels assigned to the exclusion of other users, are connected rejected at step SP202. 一方、最下位でないことが判断されると、 On the other hand, if it is not the lowest is determined,
より優先度の低い他のユーザを排除してチャネルが割当てられる可能性があるため、図36の優先ユーザ接続ルーチンに移行する。 There is a possibility that the channel is assigned to the exclusion of more low priority other users, the process proceeds to priority user connection routine of FIG 36.

【0137】図36において、ステップSP203でまずi方向にi=1がセットされ、ステップSP204でタイムスロット1に接続中のユーザ数Mが調べられ、メモリに格納される。 [0137] In FIG. 36, i = 1 is set in the first i direction at step SP203, the number of users M currently connected to the time slot 1 is checked at step SP204, is stored in the memory.

【0138】次に、ステップSP205でj方向にk= [0138] Then, in the j direction in step SP205 k =
1がセットされ、ステップSP206において、チャネル(i,k)=(1,1)に既に接続中のユーザの優先度を調べてメモリに格納する。 1 is set, in step SP206, and stores channel (i, k) = already in memory by examining the priority of users connected to the (1,1). ステップSP207でk k in step SP207
がユーザ数M以上でないことが判断されると、ステップSP208でkを1だけインクリメントし、チャネル(1,2)のユーザの優先度を調べてメモリに格納する。 There If it not the number of users M or more is determined, the k is incremented by 1 at step SP208, stores check the priority of the user channels (1, 2) in the memory.

【0139】このステップSP206〜SP208を繰返し、ステップSP207においてkがユーザ数Mに達したことが判断されると、ステップSP209において、タイムスロット1に接続中のすべてのユーザを、優先度の低い順にソートする。 [0139] Repeat this step SP206~SP208, when k is determined that it has reached the number of users M in step SP207, in step SP209, all users connected to the time slot 1, the lower order of priority to sort. ただし、ソート結果はこのルーチンの中でのみ保持されかつ有効であり、実際のチャネル配置の変更を伴わない。 However, the sort result is only held and effective in this routine, without actual changes in channel arrangement.

【0140】次に、ステップSP210において、j方向にk=1がセットされ、1つのタイムスロット内の、 [0140] Next, in step SP210, k = 1 is set in the j direction, in one time slot,
新規ユーザとの相関値が基準値を越える接続ユーザ数を示すパラメータNGを0にセットする。 Is set to 0 the parameter NG indicating the number of connected users correlation value with the new user exceeds the reference value. ステップSP2 Step SP2
11において、新規にチャネル割当を要求しているユーザの優先度と、チャネル(i,k)=(1,1)に接続中のユーザの優先度とが比較される。 In 11, the priority of the user requesting a new channel assignment, the channel (i, k) = the priority of the user currently connected to the (1,1) are compared. 新規ユーザの優先度の方がチャネル(1,1)の既存ユーザの優先度よりも低いと判断されると、ステップSP209で当該タイムスロットのユーザは既に優先度の低い順にソートされているので、新規ユーザの優先度は他の接続中のユーザと比較しても低いはずである。 When towards the priority of the new user is judged to be lower than the priority of the existing users of the channel (1, 1), since the user of the time slot has already been sorted in ascending order of priority in step SP209, priority of the new user should lower as compared to the user in other connections. そこで、ステップSP2 So, step SP2
12でiがタイムスロット数Nに達したことが判断されるまで、ステップSP213でiを1ずつインクリメントしながらステップSP211での優先度の比較が繰返される。 To i 12 is determined that it has reached the number of time slots N, the priority comparison in step SP211 is repeated while incrementing by one a i at step SP213.

【0141】一方、ステップSP211で新規ユーザの優先度がチャネル(1,k)の既存ユーザの優先度よりも高いことが判断されると、ステップSP214でj方向にm=1がセットされる。 [0141] On the other hand, when the priority of the new user is high it is determined than the priority of the existing users of the channel (1, k) at step SP211, m = 1 is set in the j direction in step SP214. ステップSP215でm= In step SP215 m =
kか否かが判断され、ステップSP216で新規ユーザの受信信号ベクトルと、m≠kであるチャネル(1, k whether is determined, and the received signal vector of the new user in step SP216, the channel (1 a m ≠ k,
m)のユーザの受信信号ベクトルとの相互相関値Cが計算される。 Cross-correlation value C between the received signal vector of user m) is calculated.

【0142】ステップSP217において、ステップS [0142] In step SP217, step S
P216において計算された相互相関値Cが、信号間の干渉の発生の判断基準となる基準値Sよりも小さいか否かが判断される。 Cross-correlation value C calculated at P216 is either smaller or not than a reference value S as a criterion for the occurrence of interference between the signals is determined. そして、相互相関値Cが基準値Sよりも小さいと判断されると、新規ユーザをタイムスロット1のチャネル(1,k)に割当てても、チャネル(1, When the cross-correlation value C is determined to be smaller than the reference value S, be assigned a new user in the time slot 1 of channel (1, k), the channel (1,
m)のユーザ信号との間で実質的に干渉は起こらないことが理解される。 Substantially interfere with the user signal of m) will not occur is understood.

【0143】ステップSP218でmがユーザ数Mに達したことが判断されるまで、ステップSP219でmを1ずつインクリメントしながら、ステップSP215〜 [0143] Until m in step SP218, it is determined that reaches the number of users M, while incrementing by 1 m on the step SP219, step SP215~
SP218を繰返し、タイムスロット1内のm=k以外のすべてのチャネル(1,m)との間で、新規ユーザの信号が実質的な干渉を引き起こさないか否かが判断される。 Repeat SP218, between all channels except m = k in time slot 1 (1, m), the signal of a new user whether or not cause substantial interference is determined.

【0144】そして、ステップSP218でmがユーザ数Mに達し、タイムスロット1内で実質的な干渉の発生がないことが判断されると、ステップSP220で、チャネル(1,k)に接続していたユーザの接続を強制的に切断し、ステップSP221でチャネル(1,k)に新規ユーザを割当てる。 [0144] Then, reaching m is the number of users M in step SP218, when it is determined there is no occurrence of substantial interference timeslot within 1, at step SP220, are connected to the channel (1, k) the user's connection to forcibly disconnected and assigns a new user at step SP221 in the channel (1, k). そして、ステップSP222 Then, step SP222
で、新規ユーザの受信信号ベクトルをチャネル(1, In the channel (1 reception signal vector of the new user,
k)のユーザ情報としてメモリに格納する。 Stored in the memory as the user information of k).

【0145】一方、ステップSP217で、タイムスロット1内のいずれかのチャネル(1,m)に関して、相互相関値Cが基準値Sよりも小さくなく、タイムスロット1内での実質的な干渉の発生が判断されると、ステップSP223でNG≧1か否かが判別される。 [0145] On the other hand, in step SP217, with respect to any channel time slot 1 (1, m), not less than the cross-correlation value C is the reference value S, the substantial interference in the time slot within 1 occurs There it is determined whether NG ≧ 1 is determined in step SP223. NG=0 NG = 0
にセットされているのでステップSP224でNGを1 Because it is set to 1 NG in step SP224
だけインクリメントし、ステップSP225でk=mとしてステップSP211で優先度の判断を行なう。 Incremented, and performs the priority determination at step SP211 as k = m in step SP225. すなわち、同一タイムスロット内で新規ユーザとの相関値が基準値を越える接続中ユーザが1人見つかったのでその接続ユーザとしか新規ユーザはチャネルの置換をすることができない。 That is, the new user can not be the replacement of the channel since the connection in the user correlation value with the new user exceeds the reference value are found one in the same time slot only with its connected users. そこで、k=mとして2回目の優先度の判定を行なうことにした。 Therefore, we decided to make a determination of the second priority as k = m.

【0146】その後、ステップSP217でC<Sが再度判定されると、ステップSP223でNG≧1と判定される。 [0146] Thereafter, when C <S is determined again in step SP217, it is determined that the NG ≧ 1 at step SP223. すなわち、同一タイムスロット内で新規ユーザとの相関値が基準値を越える接続中ユーザが2人以上存在していることが判定されたことになる。 That is, the possible connection of the user correlation value with the new user in the same time slot exceeds the reference value is present two or more people is determined. この場合、新規ユーザをたとえどちらか一方の接続ユーザと置換しても他方のユーザとの実質的な相互干渉量が大きく、結局通話不能となる。 In this case, substantial interference of the other users be replaced with even either of connected users new users is large, the ultimately call impossible. したがって、この場合は、新規ユーザに対する当該タイムスロット内での割当は断念し、次のタイムスロットでの割当の可能性を調べることになる。 Therefore, in this case, assignment in the corresponding time slot for the new user gives up, would examine the possibility of allocation in the next time slot.

【0147】そこで、ステップSP212で、iがタイムスロット数Nに達していないと判断されれば、ステップSP213でiを1だけインクリメントして、次のタイムスロットに対し、ステップSP204〜SP225 [0147] Therefore, in step SP212, if i is determined not to have reached the number of time slots N, is incremented by 1 to i in step SP213, for the next time slot, steps SP204~SP225
の処理を行なう。 Carry out the process.

【0148】そして、1つのタイムスロット内のいずれかのチャネルに接続しているユーザよりも新規ユーザの優先度が高いことがステップSP211で判断され、かつそのタイムスロット内の他のチャネルに接続しているユーザとの間で実質的な干渉が生じないことがステップSP214〜SP225で確認されれば、当該チャネルの優先度の低いユーザの切断をステップSP220で強制的に切断し、ステップSP221でそのチャネルに新規ユーザを割当てる。 [0148] Then, the high priority of the new users than users connected to one of the channels in one time slot is determined at step SP211, and connected to the other channels in that time slot if it is confirmed that no substantial interference in step SP214~SP225 between Current user, forcibly cutting the cutting of the lower priority of the channel the user at step SP220, the at step SP221 to channel assign a new user.

【0149】以上のように、加入料金の差などの合理的理由によりユーザ間の差別化を図ることにより、移動通信システムの周波数利用効率が限界に近づいた状況においても、システムの効率的な運用を図ることが可能となる。 [0149] As described above, by to differentiate between users by rational reasons, such as differences in subscription rates, even in a situation where the frequency utilization efficiency is close to the limit of the mobile communication system, efficient operation of the system it is possible to achieve.

【0150】次に、図37は、基本的に図22の第7の実施形態に対応し、通信中のユーザが移動することによりユーザの信号間に実質的な干渉が生じた場合に、予め決められた優先度に基づき、別のチャネルに移動させられるべきユーザを決定しようとするものである。 [0150] Next, FIG. 37 is basically corresponds to the seventh embodiment of FIG. 22, when the substantial interference between users of the signal by the user during communication moves occurs, advance based on the determined priority, it is intended to determine the user should be moved to another channel.

【0151】この図37の例は、以下の点を除いて図2 [0151] example shown in FIG. 37, FIG. 2 except for the following
2の第7の実施形態と同じである。 Is the same as 2 in the seventh embodiment. すなわち、図22の第7の実施形態では、同一タイムスロットに属する2つのチャネル間でユーザ信号の干渉が生じることが判断された場合に、ステップSP80において、チャネル(i,j)およびチャネル(i,k)のうちチャネル(i,k)に接続しているユーザを別のタイムスロットのチャネルに移動させるようにしている。 That is, in the seventh embodiment of FIG. 22, when that interference user signals occurs is determined between the same time slot to the two belonging channel, in step SP80, the channel (i, j) and channel (i , and the users connected to the channel of k) (i, k) to move to the channel of a different time slot. これに対し、 On the other hand,
図37の実施形態では、同一タイムスロットに属する2 In the embodiment of FIG. 37, 2 belonging to the same time slot
つのチャネル間で実質的な干渉の発生が判断された場合、これら2つのチャネルにそれぞれ接続しているユーザの優先度を比較し、優先度の低い方のユーザを、別のタイムスロットのチャネルに移動させるように制御している。 When the occurrence of substantial interference is determined between One channel, compares the priority of the users connected respectively to these two channels, the user with a lower priority, the channel of a different time slot and it is controlled so as to move to. したがって、優先度の高い方のユーザは接続中のチャネルに残留することが認められるので、他のチャネルへの再割当動作に入る必要がなく接続不許可になるようなおそれはない。 Accordingly, the user of the highest priority because it is recognized that the remaining channels in connection, there is no possibility such that the connection is not permitted without the need to enter the reallocation operation to other channels. したがってこの場合にも移動通信システムの合理的な運用が可能となる。 Thus it becomes possible rational operation of the mobile communication system in this case.

【0152】 [0152]

【発明の効果】以上のように、この発明によれば、各ユーザの受信信号ベクトル,ウエイトベクトルまたは到来方向のいずれかを使用して干渉除去装置を用いて干渉を除去できるチャネルをユーザに割当てることができる。 As is evident from the foregoing description, according to the present invention, assigning the received signal vector of each user, the channel capable of removing interference by using the interference removing apparatus using one of the weight vector or direction of arrival to the user be able to.

【0153】また、通信中のユーザが移動しているとき、各ユーザの受信信号ベクトル,ウエイトベクトルまたは到来方向のいずれかを使用して同一タイムスロットのユーザ同士の干渉量を計算して、干渉除去装置を用いて干渉を除去できる新たなチャネルを割当てることができる。 [0153] Also, when a user during communication is moving, the received signal vector of each user, to calculate the amount of interference between users of the same time slot using one of the weight vector or direction of arrival, interference it can be assigned a new channel capable of removing interference by using a removal device.

【0154】さらに、PDMA非対応の端末装置に対して、特定のタイムスロットを予め設定しておき、PDM [0154] Further, with respect to PDMA-capable terminal device is preset to a particular time slot, PDM
A対応,非対応の端末装置からの要求があっても、PD A corresponding, even if a request from a non-compatible terminal apparatus, PD
MA非対応の端末装置に対して特定のタイムスロットを割当てることができる。 It may be assigned a specific time slot relative to MA-capable terminal device.

【0155】さらに、チャネルの利用効率が限界に近づいた場合にも合理的なチャネルの割当が可能となる。 [0155] Further, it becomes possible rational channel allocation when the channel efficiency is close to the limit.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】この発明の第1の実施形態におけるチャネル割当手順を説明するための図である。 1 is a diagram for explaining a channel allocation procedure in the first embodiment of the present invention.

【図2】この発明の第2の実施形態におけるチャネル割当手順を説明するための図である。 2 is a diagram for explaining a channel allocation procedure according to the second embodiment of the present invention.

【図3】この発明の第3の実施形態におけるチャネル割当手順を説明するための図である。 3 is a diagram for explaining a channel allocation procedure according to the third embodiment of the present invention.

【図4】この発明の第4の実施形態におけるチャネル割当手順を説明するための図である。 4 is a diagram for explaining a channel allocation procedure according to the fourth embodiment of the present invention.

【図5】この発明の第5の実施形態におけるチャネル割当手順を説明するための図である。 5 is a diagram for explaining a channel allocation procedure according to the fifth embodiment of the present invention.

【図6】この発明の第6の実施形態におけるチャネル割当手順を説明するための図である。 6 is a diagram for explaining a channel allocation procedure according to a sixth embodiment of the present invention.

【図7】図1に示した第1の実施形態の動作を説明するためのフローチャートである。 7 is a flowchart for explaining the operation of the first embodiment shown in FIG.

【図8】第1の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 8 is a flowchart showing a modification of the first embodiment.

【図9】第1の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 9 is a flowchart showing a modification of the first embodiment.

【図10】図9に示した実施形態の変形例を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a modification of the embodiment shown in FIG. 10 FIG.

【図11】第1の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing a modification of the first embodiment.

【図12】図11に示した実施形態の変形例を示すフローチャートである。 12 is a flowchart showing a modification of the embodiment shown in FIG. 11.

【図13】図2に示した第2の実施形態の動作を説明するためのフローチャートである。 13 is a flowchart for explaining the operation of the second embodiment shown in FIG.

【図14】第2の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 14 is a flowchart showing a modification of the second embodiment.

【図15】図3に示した第3の実施形態の動作を説明するためのフローチャートである。 15 is a flowchart for explaining the operation of the third embodiment shown in FIG.

【図16】第3の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 16 is a flowchart showing a modification of the third embodiment.

【図17】図4に示した第4の実施形態の動作を説明するためのフローチャートである。 17 is a flowchart for explaining the operation of the fourth embodiment shown in FIG.

【図18】図5に示した第5の実施形態の動作を説明するためのフローチャートである。 18 is a flowchart for explaining the operation of the fifth embodiment shown in FIG.

【図19】第5の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 19 is a flowchart showing a modification of the fifth embodiment.

【図20】図6に示した第6の実施形態の動作を説明するためのフローチャートである。 20 is a flowchart for explaining the operation of the sixth embodiment shown in FIG.

【図21】第6の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 21 is a flowchart showing a modification of the sixth embodiment.

【図22】第7の実施形態の動作を説明するフローチャートである。 22 is a flowchart for explaining the operation of the seventh embodiment.

【図23】第7の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 23 is a flowchart showing a modification of the seventh embodiment.

【図24】第7の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 FIG. 24 is a flowchart showing a modification of the seventh embodiment.

【図25】図23に示した実施形態の変形例を示すフローチャートである。 25 is a flowchart showing a modification of the embodiment shown in FIG. 23.

【図26】第7の実施形態の変形例を示すフローチャートである。 FIG. 26 is a flowchart showing a modification of the seventh embodiment.

【図27】図23に示した実施形態の変形例を示すフローチャートである。 27 is a flowchart showing a modification of the embodiment shown in FIG. 23.

【図28】通信中に受信信号ベクトルを更新する動作を示すフローチャートである。 28 is a flowchart showing an operation of updating the received signal vector during communication.

【図29】通信中の受信信号ベクトルを更新する動作を示すフローチャートである。 29 is a flowchart showing an operation of updating the received signal vector in the communication.

【図30】1タイムスロットに1ユーザしかいない場合の受信信号ベクトルを更新する動作を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing an operation of updating the received signal vector in the case where FIG. 30 there is only one user in one time slot.

【図31】図30に示した実施形態の変形例を示すフローチャートである。 31 is a flowchart showing a modification of the embodiment shown in FIG. 30.

【図32】1個のタイムスロットに1人のユーザが接続しているときのそのユーザの受信信号ベクトル計算方法を示すフローチャートである。 FIG. 32 is a flowchart showing a received signal vector calculation method of the user when one user at a time slots are connected.

【図33】図31に示した実施形態の変形例を示すフローチャートである。 FIG. 33 is a flowchart showing a modification of the embodiment shown in FIG. 31.

【図34】1人のユーザが複数のパス多重チャネルを利用して通信を行なう場合の実施形態を示す図である。 34 is a diagram showing an embodiment in which one user performs communication using a plurality of paths multiplexed channels.

【図35】優先度に基づくチャネル割当を行なう実施形態の動作を説明するフロー図である。 Figure 35 is a flow diagram illustrating the operation of the embodiment for performing channel allocation based on priority.

【図36】優先度に基づくチャネル割当を行なう実施形態の動作を説明するフロー図である。 Figure 36 is a flow diagram illustrating the operation of the embodiment for performing channel allocation based on priority.

【図37】優先度に基づくチャネル再割当を行なう実施形態の動作を説明するフロー図である。 Figure 37 is a flow diagram illustrating the operation of the embodiment for performing channel reassignment based on priority.

【図38】FDMA,TDMAおよびPDMAにおけるユーザ信号の配置図である。 [Figure 38] FDMA, a layout view of a user signal in the TDMA and PDMA.

【図39】従来のPDMA用基地局の受信システムを示す図である。 39 is a diagram showing a receiving system of a conventional PDMA base station.

【図40】従来のアダプティブアレイのブロック図である。 FIG. 40 is a block diagram of a conventional adaptive array.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

3〜6 アンテナ 7〜10 周波数変換回路 11 A/D変換器 12 DSP 121 チャネル割当基準計算機 122 チャネル割当装置 123 データ合波器 131,132 アダプティブアレイ 3-6 antenna 7-10 frequency converting circuit 11 A / D converter 12 DSP 121 channel allocation reference calculator 122 channel allocation apparatus 123 data multiplexer 131 and 132 adaptive array

Claims (26)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 受信側の干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 1. A interference receiving side, wherein the assigning channels that can be substantially removed, the transmission channel allocation methods.
  2. 【請求項2】 受信信号ベクトル、ウエイトベクトルまたは到来方向のいずれかを使用して、受信側の干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 2. A received signal vector, using any of the weight vector or arrival direction, the interference of the receiving side, characterized in that assigning a channel that can be substantially removed, the transmission channel allocation methods.
  3. 【請求項3】 受信信号ベクトル、ウエイトベクトルまたは到来方向のいずれかを使用して干渉除去装置を用いて干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 3. A received signal vector, the interference is equal to or assigning channels that can be substantially removed by using the interference removing apparatus using one of the weight vector or direction of arrival, the transmission channel allocation methods.
  4. 【請求項4】 送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、優先度の高い順にチャネルを割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 4. A priority of a connection to the user on the transmission side are denoted advance, and wherein the assigning channels to the order of priority, transmission channel allocation methods.
  5. 【請求項5】 ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送信または受信する場合に、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための方法であって、 各ユーザ信号の受信信号ベクトルを使用して干渉除去装置を用いて干渉が実質的に除去できるチャネルを前記ユーザに割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 5. When a user sends or receives data in the terminal device by using a multi-connection, a method for assigning a channel used by a user requesting a connection, a received signal vector of each user signal interference and wherein the assigning channels that can be substantially removed in the user by using the interference removing apparatus using a transmission channel allocation method.
  6. 【請求項6】 既に接続されているユーザ信号の受信信号ベクトルを予め記憶しておき、前記接続を要求するユーザ信号の受信信号ベクトルと前記既に接続されているユーザ信号の受信信号ベクトルとを比較して、接続を要求するユーザに対して干渉除去装置を用いて干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てることを特徴とする、 6. leave already previously stored received signal vector of user signals connected, compare the received signal vector of a received signal vector and the user signal that is already connected user signal requesting the connection and, wherein the allocating channel interference can be substantially eliminated by using the interference removing apparatus to the user requesting the connection,
    請求項5に記載の伝送チャネル割当方法。 Transmission channel allocation method according to claim 5.
  7. 【請求項7】 ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送信または受信する場合に、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための方法であって、 各ユーザ信号のウエイトベクトルを使用して干渉除去装置を用いて干渉が実質的に除去できるチャネルを前記ユーザに割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 If 7. A user sends or receives data in the terminal device by using a multi-connection, a method for assigning a channel used by a user requesting a connection, using a weight vector of each user signal and interference, wherein the assigning channels that can be substantially removed in the user by using the interference elimination device, the transmission channel allocation methods.
  8. 【請求項8】 既に接続されているユーザのウエイトベクトルを予め記憶しておき、前記接続を要求するユーザ信号のウエイトベクトルと前記既に接続されているユーザ信号のウエイトベクトルとを比較して、接続を要求するユーザに対して干渉除去装置を用いて干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てることを特徴とする、請求項7に記載の伝送チャネル割当方法。 8. leave already previously stores the weight vector of users connected, by comparing the weight vector of the user signal and the weight vector of the user signals the already connected that requests the connection, the connection interference and wherein the assigning channels that can be substantially removed using the interference canceller to the user requesting the transmission channel allocation method according to claim 7.
  9. 【請求項9】 ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送信または受信する場合に、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための方法であって、 各ユーザ信号の到来方向を使用して干渉除去装置を用いて干渉が実質的に除去できるチャネルを前記ユーザに割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 If 9. user to send or receive data at the terminal device using multiple connections, a method for assigning a channel used by a user requesting a connection, using the direction of arrival of each user signal and interference, wherein the assigning channels that can be substantially removed in the user by using the interference elimination device, the transmission channel allocation methods.
  10. 【請求項10】 既に接続されているユーザの到来方向を予め記憶しておき、前記接続を要求するユーザ信号の到来方向と前記既に接続されているユーザ信号の到来方向とを比較して前記接続を要求するユーザに対して干渉除去装置を用いて干渉が除去できるチャネルを割当てることを特徴とする、請求項9に記載の伝送チャネル割当方法。 10. Leave already previously stored the direction of arrival of users connected, the connection by comparing the incoming direction of the user signal direction of arrival of the user signals the already connected that requests the connection wherein the allocating channel interference can be removed by using the interference removing apparatus to the user requesting the transmission channel allocation method according to claim 9.
  11. 【請求項11】 送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、割当てるべき空きチャネルが存在しない場合に、優先度の低い既存のユーザのチャネルを、干渉を実質的に除去できる限りにおいて優先度の高い新規ユーザに強制的に割当てることを特徴とする、請求項5乃至請求項10のいずれかに記載の伝送チャネル割当方法。 11. priority connection to the user on the transmission side are denoted advance, if there is no idle channel to be allocated, the channel of the lower priority existing user, as far as possible substantially eliminate interference characterized forcibly allocating higher new user priority in the transmission channel allocation method according to any one of claims 5 to 10.
  12. 【請求項12】 ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送信または受信する場合に、通信中に干渉量が増加し、予め定められたしきい値を越えた場合に、チャネルを変更するための方法であって、 前記ユーザ信号の受信信号ベクトルを使用して通信中監視するそれぞれのタイムスロットのユーザ信号同士の干渉量を計算することを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 12. When a user sends or receives data in the terminal device by using the multiple access interference amount is increased during communication, when exceeded a predetermined threshold, changing channels a method for, characterized in that said calculating the amount of interference user signals between the respective time slots using the received signal vector of the user signal monitoring during communication, the transmission channel allocation methods.
  13. 【請求項13】 ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送受信する場合に、通信中に干渉量が増加し、 If 13. the user to send and receive data terminal equipment using a multiple access interference amount is increased during communication,
    予め定められたしきい値を越えた場合にチャネルを変更するための方法であって、 前記ユーザ信号のウエイトベクトルを使用して通信中監視するそれぞれのタイムスロットのユーザ信号同士の干渉量を計算することを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 A method for changing a channel when it exceeds a predetermined threshold, calculating the amount of interference user signals between the respective time slots to be monitored during communication using the weight vector of the user signal feature that the transmission channel allocation method to.
  14. 【請求項14】 ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送信または受信する場合に、通信中に干渉量が増加し、予め定められたしきい値を越えた場合に、チャネルを変更するための方法であって、 前記ユーザ信号の到来方向を使用して通信中監視するそれぞれのタイムスロットのユーザ信号同士の干渉量を計算することを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 14. When a user sends or receives data in the terminal device by using the multiple access interference amount is increased during communication, when exceeded a predetermined threshold, changing channels a method for, characterized in that said calculating the amount of interference user signals between the respective time slots to be monitored during communication using the direction of arrival of the user signals, transmission channel allocation methods.
  15. 【請求項15】 送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、前記干渉量が前記予め定められたしきい値を越えた場合に、干渉を起こしているユーザのうち優先度の低いユーザのチャネルを移動させることを特徴とする、請求項12乃至請求項14のいずれかに記載の伝送チャネル割当方法。 15. has priority connection to the user on the transmission side is attached in advance, when the interference amount exceeds the predetermined threshold, among the priority of the user cause interference and wherein the moving the lower user channel, the transmission channel allocation method according to any one of claims 12 to claim 14.
  16. 【請求項16】 ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送信または受信する場合に、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための方法であって、 時間軸方向に複数のタイムスロットが設けられ、各タイムスロットはパス多重方向に複数のチャネルを有していて、 前記ユーザがチャネル割当要求を出したとき、時間軸方向の空きスロットのチャネルを割当てて、空きスロットがなくなったときパス多重方向の空きスロットのチャネルを割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 If 16. the user to send or receive data at the terminal device using multiple connections, a method for assigning a channel used by a user requesting a connection, a plurality of time slots in the time axis direction are provided, each time slot has a plurality of channels in the path multiplex direction, when the user issues a channel allocation request, allocates a channel of the empty slots in the time axis direction, when the free slot is used up and wherein the assigning channels of free slots pass multiple directions, the transmission channel allocation methods.
  17. 【請求項17】 パス多重方向のチャネルの割当を時間軸方向にタイミングをずらしながら行なうことを特徴とする、請求項16に記載の伝送チャネル割当方法。 17. and performs while shifting the timing of the assignment of the path multiplex direction of the channel in the time axis direction, the transmission channel allocation method according to claim 16.
  18. 【請求項18】 ユーザが多重接続を用いて端末装置でデータを送受信する場合に、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための方法であって、 時間軸方向に複数のタイムスロットが設けられ、各タイムスロットはパス多重方向に複数のチャネルを有していて、 前記ユーザがチャネル割当要求を出したとき、パス多重方向の空きスロットのチャネルを割当てて、空きスロットがなくなったとき時間軸方向の空きスロットのチャネルを割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 If 18. the user to send and receive data terminal equipment using multiple connections, a method for assigning a channel used by a user requesting a connection, a plurality of time slots provided in the time axis direction are, each time slot has a plurality of channels in the path multiplex direction, when the user issues a channel allocation request, allocates a channel path multiplex direction of the empty slots, the time when there are no more free slots axis and wherein the assigning channels in the direction of the empty slots, transmission channel allocation methods.
  19. 【請求項19】 ユーザが多重接続対応の端末装置と非対応の端末装置を用いてデータを送信または受信する場合に、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための方法であって、 前記非対応の端末装置に対して特定のタイムスロットを設定しておき、 前記非対応の端末装置からの要求に応じて、前記特定のタイムスロットのチャネルを割当て、前記対応の端末装置からの要求に応じて他のタイムスロットのチャネルを割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 If 19. the user sends or receives data using multiple connections corresponding terminal devices and non-compatible terminal apparatus, a method for assigning a channel used by a user to request a connection, the It has set up a particular time slot for non-compatible terminal apparatus, wherein in response to a request from a non-compatible terminals, allocates a channel of the particular timeslot, to a request from the corresponding terminal device depending wherein the assigning channels of another time slot, the transmission channel allocation methods.
  20. 【請求項20】 ユーザが多重接続対応の端末装置と非対応の端末装置を用いてデータを送信または受信する場合に、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための方法であって、 時間軸方向に複数のタイムスロットが設けられ、各タイムスロットはパス多重方向に複数のチャネルを有していて、前記非対応の端末装置に対して特定のタイムスロットを設定しておき、 前記非対応の端末装置からの要求に応じて、前記特定のタイムスロットのチャネルを割当て、前記対応の端末装置からの要求に応じて時間軸方向の空きスロットのチャネルを割当て、空きスロットがなくなったとき多重方向の空きスロットのチャネルを割当てることを特徴とする、伝送チャネル割当方法。 If 20. the user sends or receives data using multiple connections corresponding terminal devices and non-compatible terminal apparatus, a method for assigning a channel used by a user requesting a connection, time a plurality of time slots is provided in the axial direction, each time slot has a plurality of channels in the path multiplex direction, may be set to a specific time slot to the non-compatible terminal, the non-compliant depending on the request from the terminal device, the allocated channel of a particular time slot, the allocation of the channel in the time axis direction of the empty slots in response to a request from the corresponding terminal device, multiple directions when a free slot is used up and wherein the assigning channels of free slots, the transmission channel allocation methods.
  21. 【請求項21】 送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、割当てるべき空きチャネルが存在しない場合に、優先度の低い既存のユーザのチャネルを、干渉を実質的に除去できる限りにおいて優先度の高い新規ユーザに強制的に割当てることを特徴とする、請求項16 21. priority connection to the user on the transmission side are denoted advance, if there is no idle channel to be allocated, the channel of the lower priority existing user, as far as possible substantially eliminate interference characterized forcibly allocating higher new user priority in claim 16
    乃至請求項20のいずれかに記載の伝送チャネル割当方法。 To transmission channel allocation method according to any one of claims 20.
  22. 【請求項22】 複数のアンテナと複数の受信回路を持つ受信機を用いて通信を行なうデジタル無線通信システムにおいて、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための装置であって、 前記複数の受信回路から出力される信号から計算されるユーザ信号の受信信号ベクトルに基づいて、干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てるための割当情報を出力する割当情報出力手段、および前記チャネル割当情報出力手段から出力された割当情報に基づいて、前記複数の受信回路から出力された信号からあるユーザ信号のみを選択する干渉除去手段を備えた、伝送チャネル割当装置。 22. A digital radio communication system that performs communication using a receiver having a plurality of antennas and a plurality of receiving circuits, a device for assigning a channel used by a user to request a connection, the plurality of based on the received signal vector of the user signal that is calculated from the signal output from the receiving circuit, interference allocation information output means for outputting the allocation information for allocating a channel capable of substantially removed, and the channel assignment information output means based on the output allocation information from, with interference cancellation means for selecting only the user signals from signals output from said plurality of receiving circuits, transmission channel allocation apparatus.
  23. 【請求項23】 複数のアンテナと複数の受信回路を持つ受信機を用いて通信を行なうデジタル無線通信システムにおいて、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための装置であって、 干渉除去装置から出力されるユーザ信号のウエイトベクトルに基づいて、干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てるための割当情報を出力する割当情報出力手段、 23. A digital radio communication system that performs communication using a receiver having a plurality of antennas and a plurality of receiving circuits, a device for assigning a channel used by a user requesting a connection, interference canceller allocation information output means on the basis of the weight vector of the user signals, interference and outputs the allocation information for allocating a channel capable of substantially removing output from,
    および前記割当情報出力手段から出力された割当情報に基づいて、前記複数の受信回路から出力された信号からあるユーザ信号のみを選択する干渉除去手段を備えた、 And based on the allocation information output from the allocation information output means, comprising interference cancellation means for selecting only the user signals from signals output from said plurality of receiving circuits,
    伝送チャネル割当装置。 Transmission channel allocation apparatus.
  24. 【請求項24】 複数のアンテナと複数の受信回路を持つ受信機を用いて通信を行なうデジタル無線通信システムにおいて、接続を要求するユーザが使用するチャネルを割当てるための装置であって、 前記複数の受信回路から出力される信号から計算されるユーザ信号の到来方向に基づき干渉が実質的に除去できるチャネルを割当てるための割当情報を出力する割当情報出力手段、および前記割当情報出力手段から出力された割当情報に基づいて、前記複数の受信回路から出力されたユーザ信号からあるユーザ信号のみを選択する干渉除去手段を備えた、伝送チャネル割当装置。 24. A digital radio communication system that performs communication using a receiver having a plurality of antennas and a plurality of receiving circuits, a device for assigning a channel used by a user to request a connection, the plurality of allocation information output means interference based on the direction of arrival of the user signal and outputs the allocation information for allocating a channel capable of substantially removed, which is calculated from the signal output from the reception circuit, and output from the allocation information output means based on the allocation information, comprising interference cancellation means for selecting only the user signal from the user signals output from said plurality of receiving circuits, transmission channel allocation apparatus.
  25. 【請求項25】 送信側のユーザに接続の優先度が予め付されており、前記割当情報出力手段は、割当てるべき空きチャネルが存在しない場合に、優先度の低い既存のユーザのチャネルを、干渉を実質的に除去できる限りにおいて優先度の高い新規ユーザに強制的に割当てることを特徴とする、請求項22乃至請求項24のいずれかに記載の伝送チャネル割当装置。 25. priority connection to the user on the transmission side are denoted previously, the allocation information output means, if there is no idle channel to be allocated, the channel of the lower priority existing user, interference characterized forcibly allocating the higher priority new user as long as possible substantially eliminate the transmission channel allocation apparatus according to any one of claims 22 to claim 24.
  26. 【請求項26】 電波の干渉を実質的に除去することを特徴とした請求項1乃至請求項21のいずれかに記載の伝送チャネル割当方法。 26. The transmission channel allocation method according to any one of claims 1 to 21 characterized by substantially removing interference waves.
JP10186312A 1997-10-28 1998-07-01 Method and system for assigning transmission channel Pending JPH11313364A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29540597 1997-10-28
JP9-295405 1997-10-28
JP4518098 1998-02-26
JP10-45180 1998-02-26
JP10186312A JPH11313364A (en) 1997-10-28 1998-07-01 Method and system for assigning transmission channel

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10186312A JPH11313364A (en) 1997-10-28 1998-07-01 Method and system for assigning transmission channel
US09/115,179 US6466557B1 (en) 1997-07-14 1998-07-14 Transmission channel allocation method and allocation apparatus

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11313364A true JPH11313364A (en) 1999-11-09

Family

ID=27292143

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10186312A Pending JPH11313364A (en) 1997-10-28 1998-07-01 Method and system for assigning transmission channel

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11313364A (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001069816A1 (en) * 2000-03-16 2001-09-20 Sanyo Electric Co., Ltd. Radio communication quality measuring apparatus, radio communication quality measuring method and radio base station
CN1303768C (en) * 2002-11-20 2007-03-07 三洋电机株式会社 Receiving method and receiver
CN1303767C (en) * 2002-11-20 2007-03-07 三洋电机株式会社 Method and apparatus for estimating response characteristic, and receiving method and receiver utilizing the same
US7215657B2 (en) 2000-04-21 2007-05-08 Kabushiki Kaisha Toshiba Radio base station and frame configuration method using TDMA scheme and SDMA scheme
JP2007180888A (en) * 2005-12-28 2007-07-12 Nec Corp Carrier assignment system, method thereof, and base station using the same, and program
JP2008042853A (en) * 2006-08-10 2008-02-21 Kyocera Corp Base station apparatus and space division multiplexing method
JP2009207179A (en) * 2002-12-05 2009-09-10 Panasonic Corp Radio communication system, radio communication method, and radio communication device
US7623488B2 (en) 2000-08-25 2009-11-24 Kyocera Corporation Radio base station and program for radio base station
JP2010022025A (en) * 2001-01-31 2010-01-28 Qualcomm Inc Method and apparatus for efficient use of communication resources in data communication system under overload conditions
US7693033B2 (en) 2002-12-27 2010-04-06 Sanyo Electric Co., Ltd. Multiple access method and radio apparatus utilizing the same
JP2010161782A (en) * 2010-02-09 2010-07-22 Kyocera Corp Wireless base station

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7426370B2 (en) 2000-03-16 2008-09-16 Sanyo Electric Co., Ltd. Radio communication quality measuring apparatus, radio communication quality measuring method and radio base station
WO2001069816A1 (en) * 2000-03-16 2001-09-20 Sanyo Electric Co., Ltd. Radio communication quality measuring apparatus, radio communication quality measuring method and radio base station
US7215657B2 (en) 2000-04-21 2007-05-08 Kabushiki Kaisha Toshiba Radio base station and frame configuration method using TDMA scheme and SDMA scheme
US7623495B2 (en) 2000-04-21 2009-11-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Radio base station and frame configuration method using TDMA scheme and SDMA scheme
US7623488B2 (en) 2000-08-25 2009-11-24 Kyocera Corporation Radio base station and program for radio base station
JP2010213347A (en) * 2001-01-31 2010-09-24 Qualcomm Inc Method and apparatus for efficient use of communication resource in data communication system under overload condition
JP2010022025A (en) * 2001-01-31 2010-01-28 Qualcomm Inc Method and apparatus for efficient use of communication resources in data communication system under overload conditions
CN1303768C (en) * 2002-11-20 2007-03-07 三洋电机株式会社 Receiving method and receiver
CN1303767C (en) * 2002-11-20 2007-03-07 三洋电机株式会社 Method and apparatus for estimating response characteristic, and receiving method and receiver utilizing the same
JP2009207179A (en) * 2002-12-05 2009-09-10 Panasonic Corp Radio communication system, radio communication method, and radio communication device
US7693033B2 (en) 2002-12-27 2010-04-06 Sanyo Electric Co., Ltd. Multiple access method and radio apparatus utilizing the same
JP2007180888A (en) * 2005-12-28 2007-07-12 Nec Corp Carrier assignment system, method thereof, and base station using the same, and program
JP4736800B2 (en) * 2005-12-28 2011-07-27 日本電気株式会社 Carrier allocation system and method, and base station and program using the same
JP2008042853A (en) * 2006-08-10 2008-02-21 Kyocera Corp Base station apparatus and space division multiplexing method
JP2010161782A (en) * 2010-02-09 2010-07-22 Kyocera Corp Wireless base station

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1191712B1 (en) Method and system for CDMA mobile communication
EP0786914B1 (en) A space division multiple access radio communication system and method for allocating channels therein
ES2421088T3 (en) Wireless telephone distribution system with transmission with diversity in time and space
EP0798874B1 (en) Wireless communication system using frequency hopping, and method of controlling the system
US6411611B1 (en) Communication systems, communication methods and a method of communicating data within a DECT communication system
KR100885989B1 (en) Fast acquisition of traffic channels for a highly variable data rate
AU648472B1 (en) Frequency-multiplexed cellular telephone cell site base station and method of operating the same
CN1084117C (en) Spectrally efficient high capacity wireless communication systems
US6813277B2 (en) Method and apparatus enabling multiple access on a broadband communication network
KR100199316B1 (en) Multi channel digital transceiver and method thereof
US9408216B2 (en) Dynamic bandwidth allocation to transmit a wireless protocol across a code division multiple access (CDMA) radio link
EP1320212B1 (en) Method and apparatus for frequency multiplexing with interference cancellation
JP3043958B2 (en) Network communication system based on wireless communication
EP0496810B1 (en) Data transmission method in a digital communication network
FI124521B (en) Band spreading system and method
JP3202754B2 (en) Method of processing a plurality of multiple access transmission
DE69732097T2 (en) Message transmission system with multi-access and processes using code and time distribution
US20040156449A1 (en) Systems and methods for wireless communications
JP3260950B2 (en) Data communication equipment
CN1218591C (en) Two-level dynamic allocation of packet data channels
CN1027209C (en) Data transfer apparatus
CN100508426C (en) Radio device, spatial path control method, and spatial path control program
US6801519B1 (en) Traffic distribution in a wireless communication system
JP3088308B2 (en) Direct sequence spread spectrum communication method
CN100484302C (en) Dedicated high priority access channel

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20011113