JPH11308465A - Encoding method for color image, encoder therefor, decoding method for color image and decoder therefor - Google Patents

Encoding method for color image, encoder therefor, decoding method for color image and decoder therefor

Info

Publication number
JPH11308465A
JPH11308465A JP10824798A JP10824798A JPH11308465A JP H11308465 A JPH11308465 A JP H11308465A JP 10824798 A JP10824798 A JP 10824798A JP 10824798 A JP10824798 A JP 10824798A JP H11308465 A JPH11308465 A JP H11308465A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pixel
color image
decoding
color
run
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP10824798A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masaki Ishikawa
真己 石川
Original Assignee
Seiko Epson Corp
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Seiko Epson Corp, セイコーエプソン株式会社 filed Critical Seiko Epson Corp
Priority to JP10824798A priority Critical patent/JPH11308465A/en
Publication of JPH11308465A publication Critical patent/JPH11308465A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To enhance reproducing speed of color images and to reduce memory for display. SOLUTION: This encoding method to receive and encode color image data is provided with a preserving process for preserving the inputted color image data and a modeling method judging process for making the image into a run- length model when a ratio that the value of the run becomes 1 and 2 is equal to or less than fixed value and making the image into a peripheral reference picture element model when it exceeds the fixed value in the case that a prescanned image state is run-length encoded. Thus, since an optimum encoding method is adopted for each image, compression rate as a whole is improved, and decoding speed is enhanced.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、カラー画像をパソコンや携帯端末等に表示するためのカラー画像の符号化方法およびその符号化装置ならびにカラー画像の復号化方法およびその復号化装置に関する。 The present invention relates to relates to a decoding method and a decoding apparatus for coding method and coding apparatus and a color image of a color image for displaying a color image on a computer or mobile terminal, or the like.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、カラー画像を符号化したり復号化する際は、所定数の色数からなるパレットを設け、各画素に対しそのパレット中のインデックスを付与し、そのインデックスを符号化したり復号化することによりカラー画像を符号化し、復号化している。 Conventionally, when decoding or encoding the color image is provided with a pallet having a predetermined number of number of colors, for each pixel and indexed in its pallet, decoding or encoding the index a color image encoding, and decoding by reduction.

【0003】例えば、パソコンやゲーム機器等では、マルチカラー画像と呼ばれる画像が使用されている。 [0003] For example, in personal computers and game machines, etc., image, called a multi-color image is being used. このマルチカラー画像とは、代表色画像とか限定色画像等とも呼ばれているもので、図19に示すように、特定の色、すなわち特定のR(赤)、G(緑)、B(青)の値を持つ色に対してインデックスを付与し、そのインデックスのデータを利用して、16色や256色等の限定された代表色で表現するようにした画像のことである。 And the multi-color image, what is also referred to as representative color image Toka limited color image or the like, as shown in FIG. 19, a specific color, namely certain R (red), G (green), B (blue value indexes assigned to the color with the), using the data of the index is that of an image to be expressed in a limited representative color, such as 16 colors and 256 colors.

【0004】このようなマルチカラー画像のデータは、 [0004] The data of such a multi-color image,
仮にR、G、Bの各色が8ビット(256種)で表されるとしたら、合計24ビット必要になるのであるが、インデックスそのものも例えば8ビットで表示するようにしているので、相当な圧縮率となっている。 If After R, G, and B colors is represented by 8 bits (256 species), although becoming total of 24 bits are required, since the operator displays the index itself also for example 8 bits, considerable compression and has a rate. しかし、圧縮はされているが、それでも情報量が多いため、何の工夫もせず、そのままの形で処理すると、メモリ容量が大きくなり、また通信速度も遅くなり実用的でない。 However, the compression is, but still because of the large amount of information, without any contrivance, when treated intact, the memory capacity is increased, also not practical communication speed becomes slower. したがって、マルチカラー画像も他の画像データと同様にその圧縮技術は極めて重要なものとなる。 Therefore, like its compression technology multicolor image also with the other image data becomes extremely important. 特に、マルチカラー画像は、その色の数が限定されていることから、ロスレスでの符号化および復号化、すなわち可逆的な圧縮技術が必要とされている。 In particular, multi-color images, since the number of the color is limited, the encoding and decoding of lossless, i.e. there is a need for reversible compression technology.

【0005】一方、近年、データ圧縮の手法の一つとして、エントロピー符号器および復号器を用いた技術が注目されている。 On the other hand, in recent years, as one of data compression techniques, techniques using entropy encoder and decoder are noted. このエントロピー符号化および復号化技術の一つとして、例えば、算術符号化および復号化の技術を用いたものがある。 As one of the entropy coding and decoding techniques, for example, those with the use of technology arithmetic encoding and decoding. この技術の概要は、例えば、特開昭62−185413号公報、特開昭63−7432 Introduction of this technology, for example, JP 62-185413, JP-Sho 63-7432
4号公報、特開昭63−76525号公報等に記載されている。 4 JP, are described in JP 63-76525 Publication.

【0006】図20に、このような技術を用いた従来のマルチカラー画像の符号化システム50および復号化システム60を示す。 [0006] Figure 20 illustrates a coding system 50 and the decoding system 60 of a conventional multi-color images using such techniques. この符号化システム50は、ラインバッファ51と、エントロピー符号器52とを含むものである。 The encoding system 50 includes a line buffer 51, is intended to include an entropy coder 52. 入力されるインデックスのデータ、すなわちカラー画素データ100Aは、ラインバッファ51およびエントロピー符号器52へ入力される。 Index of the input data, i.e. the color pixel data 100A is input to the line buffer 51 and the entropy encoder 52. このカラー画素データ100Aは、図21に示すように、いずれもラスタースキャンされ水平走査順に順次画素データとして入力される。 The color pixel data 100A, as shown in FIG. 21, both of which are input as raster scanned sequentially pixel data in the horizontal scanning order.

【0007】なお、このインデックスのデータ、すなわちカラー画素データ100Aを作成する方法としては、 [0007] Incidentally, the data of the index, namely as a method for creating a color pixel data 100A is
入力する色の順番にインデックスを付与する方法が一般的であり、図19に示すように、インデックスの番号が近いもの、例えば「1」と「2」でもその色が大きく異なったり、インデックスの番号が遠いもの、例えば「1 Method of providing an index to the order of colors to be input is common, as shown in FIG. 19, those index numbers are close, for example, "2", even its color or significantly different from the "1", the index number of what is far, for example, "1
00」と「200」でもその色は近似している現象が生じている。 The color 00 "and even" 200 "has caused a phenomenon that is approximate. このような現象を避けるため、特開平5−3 In order to avoid such a phenomenon, JP-A-5-3
28142に示されるように、色の近いものに連続番号を付与するようにしたものも現れている。 As shown in 28142, also it appeared that so as to impart a continuous number in the close color.

【0008】符号化システム50中のラインバッファ5 [0008] The line buffer 5 in the encoding system 50
1は、参照画素生成手段として、既に入力されたカラー画素データ100Aから、符号化対象画素Xに対する参照画素データA,B,C,Dを作成する。 1, as the reference pixel generation unit, from an already color pixel data 100A that has been input, to create the reference pixel data A to coded pixel X, B, C, and D. すなわち、ラインバッファ51は、画像をスキャンするときにnライン(1〜5ライン程度が多い)分の履歴を記憶しておく。 That is, the line buffer 51 stores the history of the n lines (often about 1 to 5 lines) minutes when scanning an image. そして、符号化対象画素Xのカラー画素データ10 The color pixel data 10 to be encoded pixel X
0Aが入力されるごとに、この直前の画素Aと、周辺の画素B,C,Dとからなる一連の画素データを参照画素データ110としてエントロピー符号器52へ向けて出力する。 Each time 0A is entered, the pixel A of the immediately preceding, surrounding pixels B, C, which are output toward the entropy coder 52 as reference pixel data 110 a set of pixel data comprising the D.

【0009】このエントロピー符号器52は、例えば、 [0009] The entropy encoder 52, for example,
算術符号化またはハフマン符号化などの手法を用いて形成される。 It is formed using a technique such as arithmetic coding or Huffman coding. そして、参照画素データ110を状態信号として用い、対象カラー画素データ100Aを符号化データ200に変換出力する。 Then, using the reference pixel data 110 as the state signal, and converts the output target color pixel data 100A to the encoded data 200.

【0010】一方、復号化システム60は、ラインバッファ61とエントロピー復号器62を含んで構成される。 On the other hand, the decoding system 60 is configured to include a line buffer 61 and the entropy decoder 62. ここにおいて、ラインバッファ61とエントロピー復号器62は、入力される符号化データ200を符号化システム50のラインバッファ51、エントロピー符号器52とは全く逆の手順で復号化出力するように形成されている。 Here, the line buffer 61 and the entropy decoder 62, the encoded data 200 input line buffer 51 of the encoding system 50, and is formed so as exactly to the decoded output in the reverse order to the entropy coder 52 there.

【0011】このようにして、符号化システム50と、 [0011] In this way, the encoding system 50,
復号化システム60とは、互いに全く逆のアルゴリズムを用いて、カラー画素データ100Aを符号化データ2 The decoding system 60, by means of exactly opposite algorithm to each other, the encoded data 2 color pixel data 100A
00に符号化し、さらにこの符号化データ200をカラー画素データ100Bに復号化して出力することができる。 00 encoded can be further decodes outputs the encoded data 200 to the color pixel data 100B. したがって、このシステムは、各種用途に幅広く用いることができる。 Therefore, this system can be widely used in various applications.

【0012】ここで図20に用いられる算術符号型のエントロピー符号器52の一例を図22に示す。 [0012] Here, FIG. 22 One example of the entropy coder 52 for arithmetic coding type used in Figure 20. なお、算術復号型のエントロピー復号器62の構成は、エントロピー符号器52の構成と実質的に同一であるので、ここではその説明は省略する。 The configuration of the entropy decoder 62 of the arithmetic decoding type, since it is configured substantially the same entropy coder 52 and the description thereof will be omitted.

【0013】このエントロピー符号器52は、算術演算部55と、状態記憶器として機能する発生確率生成手段56とを含んで構成される。 [0013] The entropy encoder 52 is configured as arithmetic operation unit 55, and a probability generation unit 56 that functions as a state storage device. この発生確率生成手段56 The occurrence probability generation means 56
内には、符号化に必要なシンボル発数確率を決定するために必要な状態パラメータテーブルが書き込まれている。 The inner state parameter table necessary to determine the symbol number of shots probability required for encoding is written. 上記の状態パラメータは、入力される状態信号によって特定される。 The above state parameter is specified by the state signal input. そして、この状態信号によって特定された状態パラメータのテーブルに対し、発生確率生成手段56の発生確率演算パラメータが算術演算部55へ向けて出力される。 Then, with respect to table of status parameters specified by the state signal, generating probability calculation parameters occurrence probability generation unit 56 is outputted to the arithmetic unit 55.

【0014】算術演算部55は、このようにして入力される発生確率に基づき、エントロピー符号化を行い、入力されるカラー画素データ100Aを符号化データ20 [0014] Arithmetic unit 55, based on the occurrence probability of input this way, perform entropy coding, the coded data 20 color pixel data 100A inputted
0に変換出力する。 0 to convert output. そして、符号化したカラー画素データ100Aの値により、状態信号に対する発生確率を再計算し、演算パラメータ更新値として、発生確率生成手段56へ入力する。 Then, the value of the color pixel data 100A obtained by encoding, to recalculate the probability for the state signal, as a calculation parameter update value, and inputs to the occurrence probability generation unit 56. この更新結果が次データの発生確率としてテーブルに記憶されることで、エントロピー符号器52の圧縮効率が向上することとなる。 The update result is that stored in the table as the probability of occurrence of the next data, so that the compression efficiency of the entropy encoder 52 is improved.

【0015】このようなマルチカラー画像の符号化とは異なり、自然画像をスキャナ装置で取り込み符号化し、 [0015] Unlike the coding of such a multi-color image, it is encoded capture by scanner natural images,
マルチカラー画像化することも行われている。 It has also been made to multi-color imaging. このような場合において、カラー画像を効率良く符号化するため、各種の方法や装置が案出されている。 In such a case, in order to efficiently encode the color image, various methods and apparatus have been devised. 例えば、特開平6−178122号公報では、読み込まれた画像をブロック単位で2値領域か多値領域かを識別し、2値画像、多値画像(=自然画像)、領域情報の各符号化データを作成している。 For example, Japanese Laid-6-178122 discloses a read image identifies whether the binary area or multilevel area in blocks, binary image, multi-value image (= natural image), each coding region Information We have created the data.

【0016】また、特開平8−9163号公報では、入力カラー画像データを16×16画素のブロックに分割し、各ブロックがカラー領域であるかあるいは白黒領域であるかどうかを調べ、カラー領域のブロックについては所定のサブサンプリング比でサンプリングを行った後、DCT変換、線形量子化、エントロピー符号化を行っている。 Further, in Japanese Laid-8-9163, JP-divides the input color image data into blocks of 16 × 16 pixels, each block is checked whether or monochrome region is a color region, the color area after the block subjected to sampling at a predetermined subsampling ratio, DCT conversion, linear quantization is performed entropy coding. 一方、白黒領域のブロックについては、カラー画像データを構成する各色成分YCrCbのY成分のみをDCT変換、線形量子化、エントロピー符号化している。 On the other hand, the blocks of black and white areas, only the DCT transform Y component of each color component YCrCb constituting the color image data, linear quantization, and entropy coding.

【0017】さらに、2次元画像データの圧縮として、 [0017] As yet, the 2-dimensional image data compression,
直前ラインのデータ情報を利用するものも知られている(特開平7−336696号公報参照)。 It is also known which utilize data information immediately before the line (see Japanese Patent Laid-Open No. 7-336696). この技術は、 This technology,
直前のラインのデータと少なくとも1画素分以上同じ部分データ列が存在するときに、その直前ライン上での部分データ列の位置と長さのデータをその部分データ列のデータとして出力するものである。 When the data and at least one or more pixel same partial data string immediately before the line is present, and outputs the data of the position and length of the partial data string on the immediately preceding line as the data of the partial data sequence .

【0018】 [0018]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の一般的なマルチカラー画像や自然画像の符号化や復号化装置では、各種の圧縮技術が採用され、符号化や復号化されたデータ量は大幅に削減されているが、パレットのためのデータ容量に関しての対応はほとんどなされていない。 [0006] However, in coding and decoding apparatus of a conventional multi-color image or a natural image, various compression techniques are employed, the encoding and decoding data amount greatly It has been reduced to the corresponding regarding data capacity for the pallets little made. すなわち、従来のカラー画像の符号化や復号化装置は、使用色が増えると、その画像用のデータ容量が大きくなると共に、画像表示のための再生速度が遅くなりがちとなっている。 That is, coding and decoding apparatus of a conventional color image, the color used is increased, the data capacity for the image is large, the reproduction speed for image display is in the prone slower. 例えば、256色で256×256 For example, 256 × 256 with 256 colors
ピクセルのカラー画像を符号化あるいは復号化するときは66,304バイトのメモリを必要としている。 When encoding or decoding a color image pixels are in need of memory 66,304 bytes. すなわち、各色がRGBで計3バイトを要するとき、256 That is, when each color requires a total of 3 bytes RGB, 256
×3バイト+256×256×1バイト(256色)= × 3 bytes + 256 × 256 × 1 byte (256-color) =
66,304バイトとなる。 The 66,304 bytes. このように256×256 In this way 256 × 256
ピクセルの画面の場合、256色でさえ約70Kバイトと大容量となり、各種の複雑な圧縮手段を利用してもかなりのデータ量となる。 If the screen pixels, even be about 70K bytes and large in 256 colors, a considerable amount of data using various complex compression means. このため、再生時の速度が遅くなると共に、表示用のメモリが大きくなってしまう。 For this reason, along with the speed at the time of reproduction is slow, memory for display is increased.

【0019】なお、特開平6−178122号公報や特開平8−9163号公報の技術は、カラー画像をブロック分割し、白黒領域とカラー領域に区分し、その領域に合わせた符号化を行うようにしているので、符号化効率が良くなるものの、ほとんどがカラー領域である場合は、符号化効率が向上しない。 [0019] Incidentally, the technical Hei 6-178122 and JP 8-9163 publication is that to the color image is divided into blocks, divided into black and white areas and the color area, performing the combined encoded in the region since it has to, although the coding efficiency is improved, if most is a color area, does not improve coding efficiency. しかも、画像を表示するために保有する色数は、従来どおりであり、大容量のデータとなっている。 Moreover, the number of colors held in order to display an image, are conventional, and has a large amount of data. また、特開平7−336696号公報で示される圧縮技術は、上下方向に同一の模様が続く場合は、圧縮効率が高くなるものの、ライン毎に異なる画素が横方向に続く場合は、圧縮率は全く上がらなくなる。 The compression technique shown in JP-A 7-336696 discloses, when the vertical direction in the same pattern continues, although the compression efficiency is increased, if different pixels for each line is followed laterally, the compression ratio at all it will not rise.

【0020】本発明は、カラー画像を再生する際、その再生速度を速くでき、しかも表示用メモリを小さくできるカラー画像の符号化方法およびその符号化装置ならびにカラー画像の復号化方法および復号化装置を提供することを目的とする。 The present invention, when reproducing a color image, can quickly the reproduction speed, moreover decoding method and decoding apparatus of the coding method and coding apparatus and a color image of a color image can be reduced display memory an object of the present invention is to provide a.

【0021】 [0021]

【課題を解決するための手段】かかる目的を達成するため、請求項1記載の発明では、カラー画像データを入力し符号化するカラー画像の符号化方法において、入力されたカラー画像データを保存する保存工程と、プリスキャンされた画像状態が、仮にランレングス符号化した場合、そのランの値が1および2となる割合が一定値以下のとき、その画像をランレングスモデル化し、その一定値を超えるとき周辺参照画素モデル化するモデル化方法判定工程とを備えている。 To achieve Means for Solving the Problems] Such objects, in the first aspect of the present invention, in the encoding method of a color image to be encoded input color image data, and stores the input color image data a storage step, an image state of being pre-scanning operation, if case of run-length encoding, when the ratio of the value of the run is 1 and 2 is equal to or less than a predetermined value, the image is run-length modeling, the constant value and a modeling method determination step of peripheral reference pixel modeling when exceeding.

【0022】このため、画像毎に最適な符号化方法を採用できるので、全体としての圧縮率が向上し、復号する場合にはそのデコード速度が速くなる。 [0022] Therefore, since, can be adopted optimal encoding method for each image, it improves overall compression ratio, the decoding speed increases in the case of decoding.

【0023】さらに、請求項2記載の発明では、請求項1記載のカラー画像の符号化方法において、一定値を1 Furthermore, in the second aspect of the present invention, in the encoding method of a color image according to claim 1, the constant value 1
5〜25%内の値としている。 It has a value within the 5-25%.

【0024】この結果、同一画素が続かないときや続いても2つのものがそのブロック中に15〜25%内の値で決められる一定値以上あると、ランレングス符号化の効率が落ちるので、周辺参照画素モデル化を採用し圧縮率を向上させることができる。 [0024] As a result, the even and subsequently when the same pixel is not last two ones are more than a predetermined value which is determined by the value of the 15-25% in the block, since the fall efficiency of run-length encoding, it can be improved by employing a near reference pixel modeling compression ratio. 一方、15〜25%内の一定値以下であるとランレングス符号化の方が効率が良くなるので、ランレングスモデル化して符号化効率を向上させることができる。 On the other hand, since the direction of the run-length encoding is more efficient is not more than a predetermined value within 15-25%, it is possible to improve coding efficiency by run-length model. このため、画像がどのような状態のものでも、その画像の性質に合わせより効率の良い符号化モデルを採用して符号化できるので、画像全体の符号化効率が向上する。 Therefore, even those image of what state, it is possible coding adopted from efficient coding model fit the nature of the image, the entire image of the coding efficiency is improved.

【0025】また、請求項3記載の発明では、請求項1 Further, in the invention described in claim 3, claim 1
または2記載のカラー画像の符号化方法において、周辺参照画素モデル化時に、符号化対象画素を1ライン前の画素と比較している。 Or the coding method of a color image of 2 wherein, when the peripheral reference pixel modeling are compared coded pixel to the preceding line of pixels. このように、周辺参照画素モデル化を採用したとき、1ライン前の画素と比較するので、 Thus, when employing a near reference pixel modeling, so compared to the preceding line of pixels,
ラインと直角方向に同じ画素が続くような場合に、特に圧縮率が向上する。 If the line direction perpendicular to the same pixel continues as improves the particular compression ratio.

【0026】さらに、請求項4記載の発明では、請求項1または2記載のカラー画像の符号化方法において、周辺参照画素モデル化時に、符号化対象画素を、1ライン前の画素、その1ライン前の画素の前後の画素および符号化対象画素の直前の画素からなる周辺の4画素と比較している。 Furthermore, in the invention of claim 4, wherein, in the encoding method according to claim 1 or 2, wherein the color image, when the peripheral reference pixel modeling, the coded pixel, one line before the pixel, one line It is compared with four pixels around consisting immediately preceding pixel around the pixel and the coding target pixel before the pixel. このように、周辺参照画素モデル化を採用したとき、周辺の4画素を参照するので、圧縮率が大きく向上する。 Thus, when employing a near reference pixel modeling, since the reference to the 4 pixels around the compression ratio is improved greatly.

【0027】加えて、請求項5記載の発明では、請求項1、2、3または4記載のカラー画像の符号化方法において、周辺参照画素モデル化時の画素の比較において、 [0027] In addition, in the invention of claim 5, wherein, in the encoding method according to claim 1, 2, 3 or 4 color images, wherein in the comparison of the pixels at the peripheral reference pixel modeling,
同じ画素か否かを固定長ビットで現している。 And represents whether the same pixel with a fixed length bit. このように、周辺画素と同じであることを特定するのに、固定長ビットを採用しているので、ビットシフトができるハードウェアを採用すると、符号化および復号化の際の速度が向上する。 Thus, to identify that it is the same as the peripheral pixels, because it uses a fixed-length bit, when adopting the hardware capable bit shift rate for encoding and decoding can be improved.

【0028】また、請求項6記載の発明は、カラー画像データを入力し符号化するカラー画像の符号化装置において、入力されたカラー画像データを保存する保存手段と、プリスキャンされた画像状態が、仮にランレングス符号化した場合、そのランの値が1および2となる割合が一定値以下のとき、その画像をランレングスモデル化し、その一定値を超えるとき周辺参照画素モデル化するモデル化方法判定手段とを備えている。 Further, an invention according to claim 6, in the encoding apparatus of a color image to be encoded input color image data, storage means for storing the inputted color image data, the image state of being pre-scan , if case of run-length encoding, when the ratio of the value of the run is 1 and 2 is equal to or less than a predetermined value, modeling methods that image runlength model, to the peripheral reference pixel modeling when exceeding the predetermined value and a determination unit.

【0029】このため、画像毎に最適な符号化方法を採用できるので、全体としての圧縮率が向上し、復号する場合にはそのデコード速度が速くなる。 [0029] Therefore, since, can be adopted optimal encoding method for each image, it improves overall compression ratio, the decoding speed increases in the case of decoding.

【0030】さらに、請求項7記載の発明では、請求項6記載のカラー画像の符号化装置において、一定値を1 Furthermore, in the invention of claim 7, wherein, in the encoding apparatus of a color image according to claim 6, the predetermined value 1
5〜25%内の値としている。 It has a value within the 5-25%.

【0031】この結果、同一画素が続かないときや続いても2回連続にすぎないというものがそのブロック中に15〜25%内の値で決められる一定値以上あると、ランレングス符号化の効率が落ちるので、周辺参照画素モデル化を採用し圧縮率を向上させることができる。 [0031] As a result, if there and subsequently those that only either continuously twice or more predetermined value which is determined by the value of the 15-25% in the block when the same pixel does not continue, the run-length encoding since the efficiency drops, it is possible to improve the adopted peripheral reference pixel modeling compression ratio. 一方、15〜25%内の一定値以下であるとランレングス符号化の方が効率が良くなるので、ランレングスモデル化して符号化効率を向上させることができる。 On the other hand, since the direction of the run-length encoding is more efficient is not more than a predetermined value within 15-25%, it is possible to improve coding efficiency by run-length model. このため、画像がどのような状態のものでも、その画像を性質に合わせより効率の良い符号化モデルを採用して符号化できるので、画像全体の符号化効率が向上する。 Therefore, even those image of what state, since it encodes employ efficient coding model than the combined image to the nature, the entire image of the coding efficiency is improved.

【0032】加えて、請求項8記載の発明では、請求項6または7記載のカラー画像の符号化装置において、周辺参照画素モデル化時に、符号化対象画素を1ライン前の画素と比較している。 [0032] In addition, in the invention according to claim 8, in the encoding apparatus of a color image according to claim 6 or 7, when the peripheral reference pixel model, compared coded pixel one line before the pixel there. このように、周辺参照画素モデル化を採用したとき、1ライン前の画素と比較するので、ラインと直角方向に同じ画素が続くような場合に特に圧縮率が向上する。 Thus, when employing a near reference pixel modeling, 1 because compared with the previous line of pixels, particularly the compression ratio is improved when the line direction perpendicular to the same pixel is followed as.

【0033】また、請求項9記載の発明では、請求項6 Further, in the invention described in claim 9, claim 6
または7記載のカラー画像の符号化装置において、周辺参照画素モデル化時に、符号化対象画素を、1ライン前の画素、その1ライン前の画素の前後の画素および符号化対象画素の直前の画素からなる周辺の4画素と比較している。 Or in the coding apparatus of a color image according 7, when the peripheral reference pixel modeling, the coded pixel, one line before the pixel, the pixel immediately preceding the preceding and succeeding pixels and coded pixels in the preceding line of pixels It is compared with the periphery of four pixels composed of. このように、周辺参照画素モデル化を採用したとき、周辺の4画素を参照するので、圧縮率が大きく向上する。 Thus, when employing a near reference pixel modeling, since the reference to the 4 pixels around the compression ratio is improved greatly.

【0034】加えて、請求項10記載の発明では、請求項6、7、8または9記載のカラー画像の符号化装置において、周辺参照画素モデル化時の画素の比較において、同じ画素か否かを固定長ビットで現している。 [0034] In addition, in the invention of claim 10, wherein, in the encoding apparatus of a color image according to claim 6, 7, 8 or 9, wherein, in the comparison of the pixels at the peripheral reference pixel model, whether the same pixel and it represents a fixed length bits. このように、周辺画素と同じであることを特定するのに、固定長ビットを採用しているので、ビットシフトができるハードウェアを採用すると、符号化および復号化の際の速度が向上する。 Thus, to identify that it is the same as the peripheral pixels, because it uses a fixed-length bit, when adopting the hardware capable bit shift rate for encoding and decoding can be improved.

【0035】また、請求項11記載の発明は、符号化されたカラー画像データを復号化するカラー画像の復号化方法において、符号化したカラー画像データを復号化する復号化工程を有し、この復号化工程は、復号化する画像がランレングスモデル化によって符号化されているか、周辺参照画素モデル化によって符号化されているかを判定する判定工程と、その判定工程の判定結果に基づきランレングスモデル化による復号化または周辺参照画素モデル化による復号化を行う復号化工程とを備えている。 Further, an invention according to claim 11, wherein, in the decoding method of a color image for decoding color image data coded has a decoding step of decoding the color image data obtained by encoding, this decoding step, whether the image to be decoded is encoded by the run-length modeling, a determination step of determining whether it is encoded by the peripheral reference pixel modeling, run-length model based on the determination result of the determination step and a decoding step of performing decoding by the decoding or near reference pixel modeling by reduction.

【0036】このため、画像毎に最適な復号化方法で復号されるので、画像の復号効率が向上する。 [0036] Therefore, since it is decoded by optimum decoding method for each image, decoding efficiency of the image is improved.

【0037】さらに、請求項12記載の発明では、請求項11記載のカラー画像の復号化方法において、周辺参照画素モデル化による復号化時に、復号化しようとする対象画素と周辺画素とが同じか否かを固定長ビットで現している。 Furthermore, in the invention of claim 12, wherein, in the decoding method of a color image according to claim 11, or during the decoding by the peripheral reference pixel modeling, and the target pixel and the surrounding pixels to be decoded the same and it represents a whether a fixed-length bit.

【0038】このように、周辺画素と同じであることを特定するのに、固定長ビットを採用しているので、ビットシフトができるハードウェアを採用すると、復号化の際の速度が向上する。 [0038] Thus, to identify that it is the same as the peripheral pixels, because it uses a fixed-length bit, when adopting the hardware capable bit shift speed when decoding is improved.

【0039】また、請求項13記載の発明は、符号化されたカラー画像データを復号化するカラー画像の復号化装置において、符号化したカラー画像データを復号化する復号化手段を有し、この復号化手段は、復号化する画像がランレングスモデル化によって符号化されているか、周辺参照画素モデル化によって符号化されているかを判定する判定手段と、その判定手段の判定結果に基づきランレングスモデル化による復号化または周辺参照画素モデル化による復号化を行う復号化手段とを備えている。 Further, an invention according to claim 13, wherein, in the decoding apparatus of a color image for decoding color image data coded has a decoding means for decoding the color image data obtained by encoding, this decoding means, whether the image to be decoded is encoded by the run-length modeling, determining means for determining has been encoded by the peripheral reference pixel modeling, run-length model based on the determination result of the determination means and a decoding means for performing decoding by the decoding or near reference pixel modeling by reduction.

【0040】このため、画像毎に最適な復号化方法を採用した復号化手段で復号されるので、画像の復号効率が向上する。 [0040] Therefore, since it is decoded by the decoding means employing the optimum decoding method for each image, decoding efficiency of the image is improved.

【0041】さらに、請求項14記載の発明は、請求項13記載のカラー画像の復号化装置において、周辺参照画素モデル化による復号化時に、復号化しようとする対象画素と周辺画素とが同じか否かを固定長ビットで現している。 [0041] Further, an invention according to claim 14, wherein, in the decoding apparatus of a color image according to claim 13, or during the decoding by the peripheral reference pixel modeling, and the target pixel and the surrounding pixels to be decoded the same and it represents a whether a fixed-length bit.

【0042】このように、周辺画素と同じであることを特定するのに、固定長ビットを採用しているので、ビットシフトができるハードウェアを採用すると、復号化の際の速度が向上する。 [0042] Thus, to identify that it is the same as the peripheral pixels, because it uses a fixed-length bit, when adopting the hardware capable bit shift speed when decoding is improved.

【0043】また、請求項15記載の発明は、カラー画像データを入力し符号化するカラー画像の符号化方法において、符号化するカラー画像データをスキャンし保存する保存工程と、そのカラー画像データをランレングス符号化する符号化工程とを備え、その符号化工程は、所定条件のとき、所定位置の画素を通常のランレングスモデル化するランレングスモデル化工程と、所定条件と合わないとき、所定位置の画素と同一でかつ異なる位置の画素をコピーするコピーモードを生成するコピーモード生成工程と、異なる位置の画素に続く画素と同じ色となるような画素が続く場合、その続く個数をコピー個数として生成するコピー個数生成工程とを有し、コピーモードの値とコピー個数の値とをランレングスモデル化された他のカラーイン [0043] Further, an invention according claim 15, in the encoding method of a color image to be encoded input color image data, a storage step of scanning the color image data to be encoded save, the color image data and a coding step of run-length encoding, the encoding process, when the predetermined condition, and the run-length modeling step of normal run-length modeling the pixels in a predetermined position, when not meet the predetermined condition, the predetermined If the copy mode generating step of generating a copy mode for copying and different positions of the pixels at the same position of the pixel, the pixel such that the same color as the pixel subsequent to the pixel of different positions subsequent copy number and the subsequent number and a copy number generating step of generating as other color in which the run length modeled and the values ​​of the copy mode and the copy number ックスおよび通常のランの値と共に符号化するようにしている。 Box and the normal run of values ​​so that encode together.

【0044】このように、所定条件のときはランレングスモデル化により符号化し、所定条件に合わないときに異なる位置の画素を参照し、同じ色のときは、いわゆるコピーしてくることとなるので、所定条件を画像の性質に合った条件とすることで各種の画像が現れても圧縮率を向上させることができる。 [0044] Thus, encoded by the run-length modeling when a predetermined condition, with reference to the pixels of different positions when not meet the predetermined condition, when the same color, since the to come to a so-called copy can be various image appears by matching condition a predetermined condition on the nature of the image to improve the compression ratio.

【0045】また、請求項16記載の発明は、請求項1 [0045] The invention of claim 16, wherein the claim 1
5記載のカラー画像の符号化方法において、所定位置の画素が直前の画素と同じ色のときおよび1ライン前の画素と異なる色のときにランレングスモデル化するランレングスモデル化工程と、所定位置の画素が直前の画素と異なり、かつ次の画素も所定位置の画素と異なるとき、 In 5 coding method of a color image, comprising: a run-length modeling step of run-length modeling when color different from the case and one line before the pixel of the same color pixels in a predetermined position as the previous pixel, the predetermined position when the pixel is different from the immediately preceding pixel, and the next pixel is also different from the pixels in a predetermined position,
所定位置の画素の1ライン前の画素を参照し、同じ色の場合、その1ライン前の画素をコピーするコピーモードを生成するコピーモード生成工程と、1ライン前の画素と同じ色となる画素が続く個数をコピー個数として生成するコピー個数生成工程とを備えている。 Referring to one line before the pixel of pixels in a predetermined position, if the same color becomes a copy mode generating step of generating a copy mode to copy the preceding line of pixels, the same color as one line before pixel pixel and a copy number generating step generates the copy number of the subsequent number. このため、このカラー画像の符号化方法を使用すると、通常はランレングスモデル化により符号化し、ランが続かないときに1ライン前の画素を参照し、同じ色のときは、いわゆるコピーしてくることとなるので、画像中に縦縞模様や横縞模様等各種の画像が現れても圧縮率を向上させることができる。 Therefore, when using the encoding method of the color image, normally encoded by the run-length modeling, with reference to one line before the pixel when the run does not continue, when the same color, come to a so-called copy since the can, even if the image of vertical stripes and horizontal stripes patterns and various appear in the image can be improved compressibility.

【0046】さらに、請求項17記載の発明は、請求項15または16記載のカラー画像の符号化方法において、スキャンを横方向にラスタースキャンし、異なる位置の画素を1ライン前の画素でかつ真上の画素とすると共にコピーモードをカラーインデックスの中の1つを利用して現している。 [0046] Further, an invention according to claim 17, in the encoding method of a color image according to claim 15 or 16 wherein, raster scanning a scan in the horizontal direction, the pixels of one line before the pixel of different positions and true the copy mode with a pixel above and represents utilizing one of the color index. このため、縦縞模様の画像については、従来のランレングス符号化技術では圧縮効率が向上しなかったが、この発明では、横縞模様に加え、縦縞模様でも圧縮率が向上する。 Therefore, the image of the stripes is in the conventional run-length encoding technique did not improve the compression efficiency, in this invention, in addition to the horizontal stripe pattern, the compression ratio is improved in vertical stripes.

【0047】また、請求項18記載の発明は、カラー画像データを入力し符号化するカラー画像の符号化装置において、符号化するカラー画像データをスキャンし保存する保存手段と、そのカラー画像データをランレングス符号化する符号化手段とを備え、その符号化手段は、所定条件のとき、所定位置の画素を通常のランレングスモデル化するランレングスモデル化手段と、所定条件に合わないとき、所定位置の画素がと同一でかつ異なる位置の画素をコピーするコピーモードを生成するコピーモード生成手段と、異なる位置の画素に続く画素と同じ色となるような画素が続く場合、その続く個数をコピー個数として生成するコピー個数生成手段とを有し、コピーモードの値とコピー個数の値とをランレングスモデル化された他のカラーイ Further, an invention according to claim 18, wherein, in the encoding apparatus of a color image to be encoded input color image data, and storage means for scanning the color image data to be encoded save, the color image data and a coding means for run-length encoding, the encoding means, when the predetermined condition, and the run-length modeling means for normally run length modeling the pixels in a predetermined position, when not meet the predetermined condition, the predetermined If the copy mode generating means for generating a copy mode position of the pixel to copy pixels and different positions in the same bets, the pixels such that the same color as the pixel subsequent to the pixel of different positions followed copying the subsequent number and a copy number generating means for generating a number, the copy mode values ​​and copy number of values ​​and run-length modeled other Karai デックスおよび通常のランの値と共に符号化している。 It is coded with Dex and normal run value.

【0048】このように、所定条件のときはランレングスモデル化により符号化し、所定条件に合わないときに異なる位置の画素を参照し、同じ色のときは、いわゆるコピーしてくることとなるので、所定条件を画像の性質に合った条件とすることで各種の画像が現れても圧縮率を向上させることができる。 [0048] Thus, encoded by the run-length modeling when a predetermined condition, with reference to the pixels of different positions when not meet the predetermined condition, when the same color, since the to come to a so-called copy can be various image appears by matching condition a predetermined condition on the nature of the image to improve the compression ratio.

【0049】また、請求項19記載の発明は、請求項1 [0049] The invention of claim 19, wherein the claim 1
8記載のカラー画像の符号化装置において、所定位置の画素が直前の画素と同じ色のときおよび1ライン前の画素と異なる色のときランレングスモデル化するランレングスモデル化手段と、所定位置の画素が直前の画素と異なり、かつ次の画素も所定位置の画素と異なるとき、所定位置の画素の1ライン前の画素を参照し、同じ色の場合、その1ライン前の画素をコピーするコピーモードを生成するコピーモード生成手段と、1ライン前の画素と同じ色となる画素が続く個数をコピー個数として生成するコピー個数生成手段とを備えている。 In the encoding device of a color image according 8, the predetermined position pixel and the run-length modeling means for run-length modeling when color different from the and one line before the pixel when the same color as the previous pixel, the predetermined position copy the pixel is different from the immediately preceding pixel, and when the next pixel is also different from the pixels in a predetermined position with reference to the previous line of pixels of the pixel of the predetermined position, if the same color, to copy the preceding line of pixels a copy mode generating means for generating a mode, and a copy number generating means for generating a pixel followed number of the same color as one line before the pixel as a copy number. このため、このカラー画像の符号化装置を使用すると、通常はランレングスモデル化により符号化し、ランが続かないときに1 When Thus, using the coding apparatus of the color image, normally encoded by the run-length modeling, when the run does not continue 1
ライン前の画素を参照し、同じ色のときは、いわゆるコピーしてくることとなるので、画像中に縦縞模様や横縞模様等各種の画像が現れても圧縮率を向上させることができる。 Referring to previous line pixel, when the same color, since the to come to a so-called copying, even though the image of vertical stripes and horizontal stripes patterns and various appear in the image can be improved compressibility.

【0050】さらに、請求項20記載の発明は、請求項18または19記載のカラー画像の符号化装置において、スキャンを横方向にラスタースキャンし、1ライン前の画素を真上の画素とすると共にコピーモードをカラーインデックスの中の1つを利用して現している。 [0050] Furthermore, the claimed invention 20, in the encoding apparatus according to claim 18 or 19, wherein the color image raster scans a scan in the horizontal direction, while the pixel of one line before and immediately above the pixel a copy mode which represents using one of the color index. このため、縦縞模様の画像については、従来のランレングス符号化技術では圧縮効率が向上しなかったが、この発明では、横縞模様に加え、縦縞模様でも圧縮率が向上する。 Therefore, the image of the stripes is in the conventional run-length encoding technique did not improve the compression efficiency, in this invention, in addition to the horizontal stripe pattern, the compression ratio is improved in vertical stripes.

【0051】また、請求項21記載の発明は、符号化されたカラー画像データを復号化するカラー画像の復号化方法において、符号化したカラー画像データを復号化する復号化工程を有し、その復号化工程は、ランレングス符号化されたデータ中に復号する画素とは異なる位置の画素のコピーを指示するコピーモードが含まれているとき、その異なる位置の画素およびそれに続く画素と同一の色を、そのコピーモードが継続する個数分復号するランレングス復号化工程を備えている。 [0051] The invention of claim 21, wherein, in the decoding method of a color image for decoding color image data coded has a decoding step of decoding the color image data obtained by encoding, that decoding step, when it contains a copy mode for instructing a copy pixel of a position different from the pixel to be decoded in the run-length encoded data, the different position of the pixel and subsequent pixels with the same color the, and a run-length decoding step of decoding the number fraction thereof copy mode is continued.

【0052】このように、通常はランレングスモデル化されたものを復号化し、ランが続かないときには、復号化しようとする画素とは異なる位置の画素を、いわゆるコピーしてくることとなるので、復号効率を向上させることができる。 [0052] Thus, typically decodes those runlength modeled, when the run is not last, the pixel of the position different from the pixel to be decoded, since the to come to a so-called copy, thereby improving the decoding efficiency.

【0053】さらに、請求項22記載の発明は、請求項21記載のカラー画像の復号化方法において、ラインをラスタースキャンによるものとし、異なる位置の画素を1ライン前の画素でかつ真上の画素とすると共に、コピーモードは画像データの画素を現すカラーインデックスの中の1つを利用して現されている。 [0053] Further, an invention according to claim 22, wherein, in the decoding method of a color image according to claim 21, shall line by raster scanning, a previous line of pixels to pixels of different positions and directly above pixel with the copy mode is revealed by using one of a color index representing a pixel of the image data.

【0054】このように、ランが続かないときは1ライン前の真上の画素をコピーしてくることとなる。 [0054] In this way, it is to come to copy directly above the pixel of the previous one line when the run does not continue. このため、縦縞模様の画像については、従来のランレングス復号化技術では、復号速度が向上しなかったが、この発明では、横縞模様に加え、縦縞模様でも復号速度が向上する。 Therefore, the image of the vertical pattern, in the conventional run-length decoding technique, but decoding speed is not improved, in this invention, in addition to the horizontal stripe pattern, the decoding speed is improved even with vertical stripes.

【0055】また、請求項23記載の発明は、符号化されたカラー画像データを復号化するカラー画像の復号化装置において、符号化したカラー画像データを復号化する復号化手段を有し、その復号化手段は、ランレングス符号化されたデータ中に復号する画素とは異なる位置の画素のコピーを指示するコピーモードが含まれているとき、その異なる位置の画素およびそれに続く画素と同一の色を、そのコピーモードが継続する個数分復号するランレングス復号化手段を備えている。 [0055] The invention of claim 23, wherein, in the decoding apparatus of a color image for decoding color image data coded has a decoding means for decoding the color image data obtained by encoding, that decoding means, when it contains a copy mode for instructing a copy pixel of a position different from the pixel to be decoded in the run-length encoded data, the different position of the pixel and subsequent pixels with the same color the, and a run-length decoding means for decoding the number fraction thereof copy mode is continued.

【0056】このように、通常はランレングスモデル化されたものを復号化し、ランが続かないときには、復号化しようとする画素とは異なる位置の画素をいわゆるコピーしてくることとなるので、復号効率を向上させることができる。 [0056] Thus, typically decodes those runlength modeled, when the run is not last, since the to come to a so-called copy pixel of a different position from the pixel to be decoded, decoding thereby improving the efficiency.

【0057】さらに、請求項24記載の発明は、請求項23記載のカラー画像の復号化装置において、ラインをラスタースキャンによるものとし、異なる位置の画素を1ライン前の画素でかつ真上の画素とすると共に、コピーモードは画像データの画素を現すカラーインデックスの中の1つを利用して現されている。 [0057] Further, an invention according claim 24, in the decoding apparatus of a color image according to claim 23, shall line by raster scanning, a previous line of pixels to pixels of different positions and directly above pixel with the copy mode is revealed by using one of a color index representing a pixel of the image data.

【0058】このように、ランが続かないときは、1ライン前の真上の画素をコピーしてくることとなる。 [0058] Thus, when the run does not continue, and to come to copy just above the pixels of one line before. このため、縦縞模様の画像については、従来のランレングス復号化技術では、復号速度が向上しなかったが、この発明では、横縞模様に加え、縦縞模様でも復号速度が向上する。 Therefore, the image of the vertical pattern, in the conventional run-length decoding technique, but decoding speed is not improved, in this invention, in addition to the horizontal stripe pattern, the decoding speed is improved even with vertical stripes.

【0059】本出願の発明では、画像を符号化や復号化するに当たり、画像の性質に合わせ、ランレングスモデル化と周辺参照画素モデル化を選択的に使用している。 [0059] In the invention of this application, when encoding and decoding an image, match the property of the image, and selectively using run-length modeling and peripheral reference pixel model.
また、他の発明では、ランレングスモデル化の際に、画像の性質に合わせ、通常のランレングスと特殊なコピーモードとを選択的に使用している。 Further, in another invention, when the run-length modeling, fit the nature of the image, it is selectively used a normal run length and a special copy mode. このため、符号化に際し、画像の性質に適した符号方法を採用でき、符号化効率が上がる。 Therefore, upon coding, can accept the code method suited to the nature of the image, the coding efficiency is improved. また、このような方法で符号化された画像データを復号すると、復号化速度が向上する。 Moreover, when decoding the image data encoded in this manner, the decoding speed increases.

【0060】 [0060]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態の例を図1から図18に基づき説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an example embodiment of the present invention based on FIG. 18 from FIG. なお、最初に、カラー画像の符号化装置およびその符号化方法について説明する。 Incidentally, it will be described first encoding apparatus and the encoding method of a color image.

【0061】この実施の形態のカラー画像の符号化装置1は、マルチカラーのカラー画像データ2を符号化データとなる符号ビット3に符号化するものとなっている。 [0061] encoding apparatus 1 of the color image of this embodiment has assumed that encodes the color image data 2 of a multi-color code bit 3 to be encoded data.
そして、このカラー画像の符号化装置1は、図1に示すように、全体のカラー画像データ2を一旦ストアする保存手段となるバッファレジスタ4と、入力されるカラー画像データ2の使用色数をカウントし、その使用色数が所定値以下のときその各色に対応するインデックスを記載したグローバルパレット5を作成するグローバルパレット作成手段6と、入力されたカラー画像データ2を複数のブロックに分割するブロック分割手段7と、ブロック内の色数がグローバルパレット5の中の色数より少ないとき、グローバルパレット5中のインデックスを記載したローカルパレット8を作成するローカルパレット作成手段9と、ブロック内の色数がグローバルパレット5 The encoding apparatus 1 of the color image, as shown in FIG. 1, a buffer register 4 to be storage means for temporarily storing the entire color image data 2, the number of used colors of the color image data 2 inputted counted, block divided global palette creation means 6 whose number of used colors to create a global palette 5 described an index corresponding to the respective colors when the predetermined value or less, the color image data 2 inputted to the plurality of blocks the dividing means 7, when the number of colors in the block is less than the number of colors in the global palette 5, the local palette creation means 9 for creating a local palette 8 describing the index in the global palette 5, number of colors in the block but global palette 5
の中の色数と同じとき、グローバルパレット5中のインデックスを入力された画素に付与し、それ以外のとき、 Same time as the number of colors in the, given to the pixel that is input to the index in the global palette 5, in other cases,
ローカルパレット8内のインデックスを入力された画素に付与するカラーインデックス付与手段10と、カラーインデックスを符号化するためのモデル化手段11と、 Color indexing means 10 to be applied to the pixel that is input to the index in the local palette 8, a modeling means 11 for encoding the Color Index,
図22に示すようなエントロピー符号化手段12とを有している。 And a entropy encoding means 12 shown in FIG. 22.

【0062】グローバルパレット作成手段6は、カラー画像データ2の使用色数、すなわちバッファレジスタ4 [0062] global palette creation means 6, the number of used colors color image data 2, i.e. the buffer register 4
にストアされたカラー画像データ2の使用色数をカウントする使用色数カウント手段15を有している。 And a number of used colors counting means 15 for counting the number of colors used in the stored color image data 2 in. また、 Also,
ローカルパレット作成手段9は、ブロック内の色数をカウントするブロック内色数カウント手段16と、ブロック内の色数とグローバルパレット5を作成する際の基準となる所定値とを比較する色数比較手段17を有している。 Local palette creation means 9, a block color number counting means 16 for counting the number of colors in the block, the number of colors is compared with the predetermined value serving as a reference for creating color depth and global palette 5 in the block comparison has means 17. なお、モデル化手段11とエントロピー符号化手段12とで符号化手段13を構成している。 Incidentally, it constitutes a coding means 13 and modeling means 11 and entropy coding unit 12.

【0063】この実施の形態では、所定値として256 [0063] In this embodiment, as the predetermined value 256
色を採用している。 We have adopted the color. すなわち、バッファレジスタ4に蓄えられた全体画像が256色以下の場合、グローバルパレット5を書き出すようにしている。 That is, the entire image stored in the buffer register 4 may of less than 256 colors, so that write the global palette 5. グローバルパレット5は、図2に示すように、RGBの各値が特定された色が順に並んでいるもので、そのグローバルパレット5 Global palette 5, as shown in FIG. 2, in which the color values ​​of the RGB is identified is arranged in order, global palette 5 thereof
の上から順に番号化されているものである。 Those which are the number of the order from the top of the. そして、使用色数の値(以下gcountという)が2色以下のとき、そのgcountと共に使用色数モード(以下gm Then, when the number of used colors values ​​(hereinafter referred gcount) is less than two colors, with its gcount used color number mode (hereinafter gm
odeという)として「1」を使用色数カウント手段1 Color count means using the "1" as) that ode 1
5が出力する。 5 outputs. 同様にgcountが4以下のときgm Similarly when gcount is 4 or less gm
ode=2を、gcountが16以下のときgmod The ode = 2, when gcount is 16 or less gmod
e=4を、gcountが256以下のときgmode e = 4, when gcount is 256 or less gmode
=8をそれぞれ出力する。 = 8 and outputs, respectively.

【0064】なお、gcountが256を超えた場合、グローバルパレット5は使用せず、ブロック単位で使用している色数を数え、256色以下であれば、パレットインデックス化するようにしている。 [0064] When the gcount exceeds 256, global palette 5 without using, count the number of colors that are used in blocks, not more than 256 colors, so that palette index. ただし、何も処理しないようにしたり、一旦画像全体で色数を間引き、上述の処理(ブロック単位の処理または何も処理しない方法)をするようにしても良い。 However, nothing or not to process, once thinning the number of colors in the entire image may be the above-described processing (processing or how nothing processing blocks).

【0065】また、この実施の形態では、ブロック分割手段7は、32×32ピクセルの単位でブロックを形成し、処理している。 [0065] Further, in this embodiment, the block dividing means 7, block to form a unit of 32 × 32 pixels, it is processed. そして、そのブロック内の色数をブロック内色数カウント手段16がカウントしている。 Then, the block color count means 16 the number of colors in the block are counted. そして、全体画像が256色以下で、グローバルパレット5が書き出されたときには以下の処理を行っている。 Then, the entire image is equal to or less than 256 colors, are subjected to the following process when the global palette 5 has been written out. すなわち、ブロック内の色数の値(以下scountという)と使用色数モード(以下smodeという)を出力している。 That is, it outputs the color number of values ​​in the block (hereinafter referred scount) and number of used colors mode (hereinafter referred smode).

【0066】具体的には、scount≦2のときsm [0066] More specifically, when the scount ≦ 2 sm
ode=1、scount≦4のときsmode=2、 ode = 1, when scount ≦ 4 smode = 2,
scount≦16のときsmode=4、scoun smode When scount ≦ 16 = 4, scoun
t≦32のときsmode=5、scount≦64のときsmode=6、scount≦128のときsm sm when smode = 6, scount ≦ 128 when smode = 5, scount ≦ 64 when t ≦ 32
ode=7、scount≦256のときsmode= ode = 7, when the scount ≦ 256 smode =
8を、色数カウント手段16がそれぞれ出力する。 8, color number counting means 16 outputs, respectively. なお、smode=4の次をsmode=8とすると、8 It should be noted that, when the next smode = 4 and smode = 8, 8
ビットシフトのハードウェアには好適となるが、smo It is suitable for bit shifting hardware but, smo
de=5,6,7の場合に、使用しないビットが生ずることとなり、メモリ容量の面で不利となる。 In the case of de = 5, 6, 7, it will not be used bits occurs, which is disadvantageous in terms of memory capacity. また、sm In addition, sm
ode=5,6,7を採用すると、メモリ容量の面で有利となると共に当該ブロックはすべて所定のビット数となるのでビット処理の面でも特に不都合とならない。 Employing ode = 5, 6, 7, the block with which is advantageous in terms of memory capacity is not a particularly disadvantageous in terms of bit processing since all the predetermined number of bits.

【0067】そして、smode≠gmodeのときに、グローバルパレット5内の位置番号を示すパレットインデックスであるローカルパレット8を書き出している。 [0067] Then, when the smode ≠ gmode, and writing the local palette 8 is a palette index indicating the position number in the global palette 5. このローカルパレット8は、図3に示すように、グローバルパレット5中の番号が順に並んでいるもので、 The local palette 8, as shown in FIG. 3, in which the numbers in the global palette 5 are arranged in this order,
このローカルパレット8の上から順に番号化されているものである。 Are those numbers of from the top of the local palette 8 sequentially. このため、smode≠gmodeのときの画素C1,C2,…のカラーインデックスは、図4 Therefore, pixels C1, C2 when the smode ≠ gmode, ... color index of 4
(A)に示すように、ローカルパレット8の番号を示すものとなる。 (A), the a indicates the number of local palette 8. このローカルパレット8は、間接的にグローバルパレット5を指すものとなっている。 The local palette 8 is adapted to that indirectly refers to global palette 5. そして、1 And, 1
色当たりに必要なビット数は、smodeの値と等しくなっている。 The number of bits required per color is equal to the value of smode.

【0068】一方、smode=gmodeのときは、 [0068] On the other hand, when the smode = gmode is,
ローカルパレット8を作成せず、カラーインデックスC Without creating a local palette 8, the color index C
1、C2、…は、図4(B)に示すように、直接グローバルパレット5の番号を指すこととなる。 1, C2, ..., as shown in FIG. 4 (B), so that the point to direct number of global palette 5. なお、1色当たりに必要なビット数は、gmodeの値と等しくなる。 Incidentally, the number of bits required per one color is equal to the value of gmode.

【0069】次に、このカラー画像の符号化装置1による具体的な符号化の処理手順を、図1、図5および図6 Next, a processing procedure of a specific coding by the coding apparatus 1 of the color image, FIGS. 1, 5 and 6
に基づいて説明する。 It will be described with reference to.

【0070】カラー画像データ2がバッファレジスタ4 [0070] The color image data 2 buffer register 4
に入力すると(ステップS1)、その画像全体の使用色数を使用色数カウント手段15によってカウントする(ステップS2)。 If you type (step S1), and counted by the image overall number of used colors using color number count section 15 (step S2). そして、その値が所定値、この実施の形態では256色以下か否か判断する(ステップS Then, the value is a predetermined value, it is determined whether the following 256 colors in this embodiment (step S
3)。 3). 256色以下であると、ステップS4によってグローバルデータを作成する。 If it is 256 or less colors, to create a global data in step S4. グローバルデータは、gm Global data, gm
odeと、gcountと、グローバルパレット5からなる。 And the ode, and gcount, consisting of global palette 5.

【0071】画像全体の使用色数が256色以下であると、その後、ブロック分割手段7によって32×32ピクセルのブロックに分割し(ステップS5)、処理していく。 [0071] When the number of colors used in the whole image is less than 256 colors, then, by the block dividing means 7 is divided into blocks of 32 × 32 pixels (step S5), and sequentially processes. 次に、最初のブロックの使用色数をブロック内色数カウント手段16によってカウントする(ステップS Next, it counts the number of used colors of the first block by block color number counting means 16 (Step S
6)。 6). このステップS6では、scountとsmod In step S6, scount and smod
eを生成している。 It is generating the e. 生成されたsmodeと先のgmo gmo of the generated smode the previous
deを色数比較手段17によって比較する(ステップS de is compared with the number of colors comparison means 17 (step S
7)。 7).

【0072】smodeとgmodeが異なるとき、すなわちsmode<gmodeのとき、ローカルパレット8を作成する(ステップS8)。 [0072] When the smode and gmode are different, that is, when smode <gmode, creates a local palette 8 (step S8). そして、各画素にローカルパレット8内のインデックスをカラーインデックス付与手段10にて付与し、モデル化手段11にて後述するようにランレングスモデル化または周辺参照画素モデル化し、その後エントロピー符号化手段12にて符号化する(ステップS9)。 Then, the index of the local palette 8 to each pixel assigned by the color indexing means 10, and run-length modeling or near reference pixel modeling as described below by modeling means 11, the subsequent entropy encoding unit 12 encoding Te (step S9). これにより、そのブロックの符号化が終了し、次のブロックの処理のためステップS Thus, the coding of that block is completed, the step S for processing the next block
6に戻る。 Back to 6. ステップS7にて、smodeとgmode At step S7, smode and gmode
が一致するときは、各画素にグローバルパレット5内のインデックスを付与して同様にランレングスモデル化等をした後、符号化する(ステップS10)。 When is matching, after the run-length modeling, etc. Similar to indexed global palette 5 in each pixel is coded (step S10).

【0073】ステップS3で、画像全体の使用色数が2 [0073] In step S3, the entire image using the number of colors 2
56色を超える場合は、図6に示す処理手順となり、以下にその内容を説明する。 If more than 56 colors, becomes the procedure shown in FIG. 6, The contents will be explained below.

【0074】この場合、グローバルパレット5は作成されず、バッファレジスタ4内のカラー画像データ2は、 [0074] In this case, global palette 5 is not created, the color image data 2 in the buffer register 4,
直接、ブロック分割手段7によって32×32ピクセルのブロックに分割される(ステップS11)。 Directly, is divided by the block dividing means 7 into blocks of 32 × 32 pixels (step S11). そして、 And,
ブロックの使用色数をブロック内色数カウント手段16 Block number of colors using the color number of the block counting means 16
によってカウントする(ステップS12)。 It counted by (step S12). そのカウント値が256色以下か否か判断し(ステップS13)、 It determines whether or not the count value is 256 colors or less (step S13), and
256色以下であると、先に示したグローバルパレット5に相当するパレットデータをローカルパレット8に相当する場所に生成する(ステップS14)。 If it is 256 or less colors, it generates a location corresponding palette data corresponding to the global palette 5 shown above in local palette 8 (step S14). その後、各画素にそのパレットデータ内のインデックスをカラーインデックス付与手段10にて付与し、モデル化手段11 Thereafter, the index in the palette data to each pixel assigned by the color indexing means 10, the modeling means 11
にてランレングスモデル化等し、その後エントロピー符号化手段12にて符号化する(ステップS15)。 Runlength modeling etc at, then encoded by the entropy coding unit 12 (step S15). ステップS13のとき、256色を超えるときは、新たなパレットデータも作成されず、各画素に対応する原画素の原パレットのインデックスがランレングスモデル化等された後、符号化される(ステップS16)。 When in step S13, when more than 256 colors, the new palette data is also not created, after the index of the original palette of the original pixels corresponding to the pixels are run-length modeling, etc., it is encoded (step S16 ).

【0075】ステップS9,S10,S15,S16で行われる符号化のプロセスは、図7に示すフローチャートのとおりとなっている。 [0075] Step S9, S10, S15, coding process carried out in S16 is a as in the flowchart shown in FIG. すなわち、仮にランレングス符号化したとすると、そのランの値が1および2となるものの割合がそのブロック中の一定値、この実施の形態では20%を越えているか否かを符号化手段13内のモデル化方法判定手段(図示省略)によって判定する(ステップS20)。 In other words, if the run when the length coded, constant value of the ratio of those values ​​of the run is 1 and 2 are in the block, whether the coding unit 13 exceeds 20% in this embodiment It checked by modeling method determination unit (not shown) of the (step S20). なお、一定値としては、15〜25% As the constant value, 15-25%
とすると、それらの値以下のときにランレングス符号化の効率が良くなり好ましい。 When, preferably Nari good efficiency of run-length encoding when: these values.

【0076】ステップS20の判定が肯定的な場合、周辺参照画素モデル化を行う(ステップS21)。 [0076] determination in step S20 is affirmative case, performing a neighboring reference pixel model (step S21). このステップS21では、図8(A)に示すように、マルコフモデルの場合と同様に周辺の参照画素A,B,C,Dと符号化対象画素Xとを比較する。 In step S21, as shown in FIG. 8 (A), comparing the case of Markov models as well as peripheral reference pixels A, B, C, and D and coded pixel X. そして、符号化対象画素Xと参照画素A(=1つ先行する画素)と一致するときは、L1データの値を“0”とする。 Then, when matching the encoding target pixel X and the reference pixel A (= 1 one preceding pixel) is set to "0" the value of the L1 data. 参照画素B(= Reference pixel B (=
真上の画素)と一致するときはL1データの値を“1” The values ​​of L1 data when matching the right above the pixel) "1"
とし、L2データの値を“00”とする。 And then, to "00" the value of the L2 data. 参照画素Cと一致するときは、L1=“1”,L2=“01”、参照画素Dと一致するときはL1=“1”,L2=“10” When matching the reference pixel C is, L1 = "1", L2 = "01", when matching the reference pixels D is L1 = "1", L2 = "10"
とする。 To. 周辺の参照画素A,B,C,Dと一致しないときは、L1=“1”,L2=“11”とする。 Peripheral reference pixels A, B, C, when not match the D is, L1 = "1", and L2 = "11".

【0077】この周辺参照画素モデル化により出力される信号をまとめると、図8(B)に示すとおりとなる。 [0077] To summarize the signal output by the peripheral reference pixel model is as shown in FIG. 8 (B).
このように、このモデル化により出力される信号は、そのブロック内ではそれぞれ固定長ビットとなる。 Thus, the signal output by the modeling, respectively a fixed-length bit in the block. このため、復号の際の速度を速くすることができる。 Therefore, it is possible to increase the speed of the decoding.

【0078】なお、周辺参照画素モデル化により出力される信号であるコードデータのデータ構成は、図8 [0078] The data structure of the code data is a signal output by the peripheral reference pixel modeling 8
(C)に示すように、L1データ,L2データ,カラーインデックス(C)の3つに区分けされている。 As shown in (C), L1 data, L2 data are divided into three color index (C). そして、各データの区切り部分が分かるように、その境にフラッグをたてる等の工夫を施している。 As separated portion of each data is known, it has devised such sets a flag to the border.

【0079】周辺参照画素モデル化後、ブロック内のすべての画素に所定ビットが付与されたかを判定し(ステップS22)、否定的な場合はステップS21に戻り、 [0079] After the peripheral reference pixel modeling, to determine whether a predetermined bit is assigned to all pixels in the block (step S22), and if negative returns to step S21,
肯定的なときはエントロピー符号化する(ステップS2 When affirmative entropy coding (step S2
3)。 3). そして、次のブロックの処理を行うこととなる。 Then, the performing the processing in the next block.
なお、ステップS22のブロック終了判定をエントロピー符号化のステップS23の後に持ってくるようにしても良い。 Incidentally, it is also possible to bring the block end judgment in step S22 after the step S23 in entropy coding.

【0080】ステップS20で否定的な場合、ランレングスモデル化のステップS31へ移行する。 [0080] negative case in step S20, the process proceeds to step S31 of the run-length modeling.

【0081】ランレングスモデル化のステップでは、まず同じ色が続かないかを判断し(ステップS32)、続かないようであると、その符号化対象画素がその1つ前のライン上、この実施の形態では真上の画素と同じ色か否かを判定する(ステップS33)。 [0081] The step in the run-length modeling, to determine first the same color does not last (step S32), when it does not continue, the encoding target pixel immediately preceding the line, in this embodiment determines whether the same color as the just above the pixel in the form (step S33). 同じ色のときは、 When the same color,
コピーモード(ステップS34)に移行する。 Transition to the copy mode (step S34). そして、 And,
符号化対象画素Xが真上の画素と同じである限りコピーモードが継続する(ステップS35)。 Copy mode continues as long as the coding object pixel X is the same as just above the pixel (step S35). 真上の画素と異なる色が現れたらコピーモードは終了する(ステップS Copy mode When appears a different color from the immediately above the pixel is finished (step S
36)。 36).

【0082】例えば、図9(A)に示すように通常は符号化対象画素Xの直前の画素を参照するが、その画素と符号化対象画素Xが異なるときは、真上の画素も参照する。 [0082] For example, normally as shown in FIG. 9 (A) refers to the pixel immediately before the encoding target pixel X, when the pixel and the coding target pixel X are different, see also just above the pixel . そして、通常のコードデータは、図9(B) The normal code data, and FIG. 9 (B)
に示すように、カラーインデックスCの部分は「0」以外で、ランLの部分も「0」以外なのに対し、コピーモードのときはC=「0」とし、L≠「0」としている。 As shown in, part of the color index C is other than "0", also part of the run-L whereas such other than "0", when the copy mode and C = "0", is set to L ≠ "0".
なお、ある画素部分以降がすべて空白のときはC= Incidentally, when after a certain pixel portion is blank All C =
「0」でL=「0」で現すようにしている。 So that expressed by L = "0" and "0". このように、この実施の形態ではC=「0」の値を特別モード(=コピーモード)として位置づけると共にL=「0」 Thus, L = "0" with in this embodiment positions the value of C = "0" as a special mode (= copy mode)
もライン全白という特別な意味で使用している。 It is used in a special sense that also line all white.

【0083】コピーモード終了後、コピーモード時のC [0083] After the copy mode end, at the time of copy mode C
とLの値をランレングスの1つの値として保存する(ステップS37)。 And it stores the value of L as a single value of the run length (step S37). そして、通常のランレングスに戻り(ステップS38)、ブロック内の画素についてすべて終了しない限り(ステップS39)、ステップ32に戻りその後のステップを繰り返す。 Then, return to the normal run length (step S38), unless terminated all the pixels in the block (step S39), and repeats the subsequent steps returns to step 32. ブロック内の画素すべてについてランレングスが完了するとエントロピー符号化する(ステップS23). When the run length for all pixels in the block is completed entropy coding (step S23). なお、このフローにおいても、ステップS39のブロック終了判定をエントロピー符号化の後に持ってくるようにしても良い。 Also in this flow, it may be brought to the block end judging in step S39 after the entropy encoding.

【0084】以上のフローを図10の具体例に基づいて示す。 [0084] The above flow shown on the basis of the embodiment of FIG. 10. 図10(A)に示すようなカラーインデックスを有する画像がある場合、カラーインデックスCとランL If there is an image having a color index as shown in FIG. 10 (A), the color index C and the run L
は、図10(B)に示す数値となる。 Is a numerical value shown in FIG. 10 (B). カラーインデックスCが「1」が2つ続いているのでLは「2」、次にC Since the color index C is "1" has two followed by L is "2", then C
=5が3つなのでL=3、次はC=4が2つ続くのでL = 5 are three such since L = 3, since next C = 4 are two subsequent L
=2となる。 = A 2. このとき、Cが「1」から「5」へ変わった場合や、Cが「5」から「4」に変わった場合、ステップS32でYesとなるもののステップS33で真上の画素と異なるため通常のランレングスが行われることとなる。 In this case, C is and when changed from "1" to "5", if changed to "4" C from "5", usually because different from the immediately above the pixel at step S33 of what is Yes in Step S32 so that the run length of is carried out.

【0085】次に、カラーインデックスCが「4」から「X」に変わったときは、真上の画素と同じであるため、ステップS32,S33,S34と移行し、コピーモードとなる。 Next, when the color index C is changed from "4" to "X", is the same as just above the pixel, the process proceeds to step S32, S33, S34, a copy mode. このためCは「0」となる。 For this reason C is "0". その後、3 After that, 3
つの画素がそれぞれ真上の画素と同じであるためコピーモードが継続し、異なる画素(=「3」と「△」)が現れた時点でコピーモードは終了する。 One of the pixel continues the copy mode is the same as just above the pixel, respectively, copying mode ends at time different pixels (= the "3", "△") appeared. そして、ランに相当する値として「4」が保存される。 And, "4" is stored as a value corresponding to the run. その後、カラーインデックスCが「3」ともなるものが1つ、C=「4」 Then, one is that the color index C is also "3", C = "4"
が2つとなり、最後に空白がくるため、C=「0」でL But 2 Tsutonari, because the last to come blank, C = "0" L
=「0」が付与される。 = "0" it is assigned.

【0086】以上のような周辺参照画素モデル化とランレングスモデル化の切り換えでは、切り換えを行わないものに比べデコード速度が数10%以上速くなる。 [0086] In the switching of the above-described peripheral reference pixel modeling and the run-length modeling, decoding speed increases the number of 10% or more compared with those not switch. また、いわゆるコピーモードを採用したものは、採用しないものに比べ圧縮率が10%程度良くなる。 Also, those employing a so-called copy mode, the compression ratio is improved by about 10% compared with those not employed. また、コピーモードを採用すると、従来の横縞のものに加え、縦縞のものについても圧縮率が高くなる。 Further, when employing the copy mode, in addition to those of the conventional horizontal stripes, the compression ratio is higher for those of vertical stripes. なお、縦方向へスキャンする場合は、コピーモード採用によって縦縞に加え横縞のものの圧縮率が高くなることとなる。 In the case of scanning in the vertical direction, so that the compressibility of those horizontal stripes in addition to vertical stripes by the copy mode adopted increases.

【0087】以上のようにして符号化されていくが、そのデータ構成は、図11に示すとおりとなる。 [0087] As described above, but will be coded, the data structure is as shown in FIG. 11. すなわち、最初にgmode、gcount、グローバルパレットデータからなるグローバルデータがきて、次に、s That is, first gmode, gcount, come global data consisting global palette data, then, s
mode、scount、ローカルパレットデータからなるローカルデータがくる。 mode, scount, local data comes consisting of a local palette data. そして、次に、ブロック1 And, then, block 1
のカラーインデックスCとL1データおよびL2データのコードデータまたはカラーインデックスCとランLの各値を示すコードデータがくる。 Code data come indicating the values ​​of the color index C and the L1 data and L2 data code data or color index C and the run L of. なお、smode=g It should be noted, smode = g
modeのときはローカルパレットデータは生成されない。 Local palette data when the mode is not generated. ブロック1の後には、ブロック1と同様の構成のブロック2のデータがくる。 After block 1 comes data block 2 having the same configuration as the block 1. その後、順にブロック3、4 Then, in turn block 3 and 4
・・・というように各ブロックのデータが配置される。 Data of each block is arranged such that,.

【0088】なお、各データは、“0”“1”のビットで現され各データの終了部分が分からなくなるので、各データの終了部を示すキーデータKが、各データの最終尾に付加されている。 [0088] Incidentally, the data is "0", "since one termination portion of each data are revealed in bits of" not know the key data K indicating the end of each data is added to the final tail of each data ing.

【0089】コードデータは、図12(A)に示すように、smode=1のときは、各カラーインデックスであるC1,C2・・・は、それぞれ1ビットとなり、1 [0089] code data, as shown in FIG. 12 (A), when the smode = 1, which is the color index C1, C2 · · · are respectively become 1 bit, 1
バイトで8画素(ピクセル)分表示可能となっている。 It has become 8 pixels (pixels) content can be displayed in bytes.
また、smode=2のときは、各カラーインデックスC1,C2・・・は、2ビットとなり、1バイトで4画素分の表示が可能となっている。 Further, when the smode = 2, the color index C1, C2 · · · becomes a 2-bit, and can be displayed four pixels in one byte. 同様にsmode=4 Similarly smode = 4
のときは、1画素4ビット表示となり1バイトで2画素表示となる。 Is two pixels displayed in one byte becomes 1 pixel 4 bit display time. また、smode=8のときは、1画素8 Further, when smode = 8 is 1 pixel 8
ビット表示となり1バイトで1画素のみの表示となる。 The display of only one pixel in the 1-byte becomes a bit display.
なお、smode=5,6,7のときも同様に、1画素5ビットまたは6ビットまたは7ビットで表示されることとなる。 Incidentally, similarly when smode = 5, 6, 7, and is displayed on a pixel 5-bit or 6-bit or 7-bit.

【0090】コードデータを含め、各データはモデル化手段11によって周辺参照画素モデル化されたりランレングスモデル化されるが、ランレングスモデル化される場合、その際の最大ラン数を、この実施の形態では16 [0090] including the code data, but the data is run length modeled or is near reference pixel modeled by modeling means 11, as run-length modeling, the maximum run number at that time, in the present in the form 16
個としている。 It is to the individual. このため、ランレングスデータは、図1 Thus, run-length data, Fig. 1
3に示すように、4ビットで1つのランを示すことが可能となる。 As shown in 3, it is possible to show one run in 4 bits. なお、このラン数は、任意として良いが、1 Incidentally, the number of runs is as good as any, 1
ブロックの横サイズが32ピクセルの場合、16程度が好ましい。 When the horizontal size of the block is 32 pixels, about 16 are preferred.

【0091】なお、符号化に当たり、特定の色が継続する場合、次に示すような特殊な処理を付加するとデータ量が圧縮され好ましいものとなる。 [0091] Note that when encoding, if a particular color is continued, the data amount is preferred compressed The addition of special processing such as the following. 例えば、図14 For example, FIG. 14
(A)に示すような背景が白となる全体画像の場合、その右下のブロックを処理するとき、各ラインの白が始まる位置に、上述のように、この部分以降そのラインすべてが白であることを意味するC=0,L=0のコードを割り当てる。 If the entire image background, as shown in (A) is white, when processing blocks in the lower right, the white starts position of each line, as described above, the line and all the parts later in white assign code C = 0, L = 0, which means that there is. また、ある1つのラインを含めその後のすべてが白のときは、ライン先頭に同様にC=1のコードを割り当てる。 Further, when all subsequent including one certain line is white, assigns code C = 1 as well in the line head. これらのコードを割り当てることにより、使用できる色数は2つ減少するが、データ圧縮の面では極めて有利となる。 By assigning these codes, the number of colors that can be used is decreased two, becomes extremely advantageous in terms of data compression. このような処理は、背景が白だけではなく、他の色の場合にも適用できる。 Such processing is not background only white, it can be applied to the case of other colors.

【0092】また、特定のブロックが図15に示すように、白が継続した後で、ある画像が生じている場合は、 [0092] Further, as a specific block is shown in FIG. 15, after the white continues, if an image has occurred,
ダミーの白として各ラインの先頭に白を意味するC=0 C = 0, which means the white at the beginning of each line as a dummy of white
のコードを割り当て、各ラインがすべて白であることを指すようにすることもできる。 Assign a code, it is also possible to point that each line are all white.

【0093】次に、カラー画像の復号化装置およびその復号化方法を図16等に基づいて説明する。 [0093] Next, a description will be given of a decoding apparatus and decoding method of the color image in FIG. 16 or the like.

【0094】この実施の形態のカラー画像の復号化装置21は、符号ビット3を入力し、ランレングス復号化すると共にデータを切り分けるデータ復号化手段22と、 [0094] decoding unit 21 of the color image in this embodiment, by entering the code bit 3, a data decoding unit 22 to isolate the data as well as run-length decoding,
符号化するカラー画像データ全体の使用色数を識別する使用色数識別手段23と、使用色数が所定値以下のときのその各色に対応するインデックスが記載されたグローバルパレット24を保存しておくグローバルパレット保存手段25と、カラー画像データを複数のブロックに分割して符号化したデータとなる符号ビット3をそのブロック毎に復号化するブロック復号化手段26を備えている。 A color image data overall use number of used colors identifying means 23 for identifying the number of colors to be encoded, the number of used colors keep a global palette 24 index have been described corresponding to the respective color when below a predetermined value a global palette storage unit 25, a block decoding unit 26 for decoding the code bit 3 to be encoded with data by dividing the color image data into a plurality of blocks for each block. なを、グローバルパレット24は、図2に示すローカルパレット5と同様となっている。 Nao, global palette 24 is similar to that in local palette 5 shown in FIG.

【0095】そして、ブロック復号化手段26は、分割されたブロック内の色数を識別するブロック内色数識別手段27と、グローバルパレット24中のインデックスが記載されたローカルパレット28を保存しておくとローカルパレット保存手段29と、ブロック内色数識別手段27によって識別された色数がグローバルパレット2 [0095] Then, block decoding unit 26 includes a block color number identifying means 27 for identifying the number of colors in the divided blocks, keep a local palette 28 index is described in global palette 24 a local palette and storage means 29, the number of colors identified by the block number of colors identifying means 27 global palette 2
4の中の色数より少ないとき、復号したカラーインデックスの値からグローバルパレット24中のインデックスを記載したローカルパレット28の対応する欄を呼び出しそのローカルパレット28に記載してあるグローバルパレット24の色を復号し、ブロック内色数識別手段2 When fewer than the number of colors in the 4, the color of the global palette 24 which are described the corresponding column of the local palette 28 described indexes in the global palette 24 from the values ​​of the color index is decoded it calls its local palette 28 decoded, block color number identifying means 2
7によって識別された色数がグローバルパレット24の色数と同一のとき、復号したカラーインデックスの値から直接グローバルパレット24中の色を復号化する条件別復号化手段30とを有している。 When the number of colors identified by 7 is equal to the number of colors in the global palette 24, and a condition-specific decoding means 30 for decoding the color directly in the global palette 24 from the values ​​of the color index decoded.

【0096】なお、データ復号化手段22は、図20に示すようなエントロピー復号化手段ともなっている。 [0096] The data decoding unit 22 has also entropy decoding means as shown in FIG. 20. また、ローカルパレット28は、図3に示すローカルパレット8と同様となっている。 The local pallet 28 is similar to that in local palette 8 shown in FIG.

【0097】ここで、使用識別手段23は、gmode [0097] In this case, it uses the identification means 23, gmode
を識別するgmode識別手段31と、gcountを識別するgcount識別手段32とを有している。 gmode identification means 31, and a gcount identification means 32 for identifying the gcount identify the. また、ブロック内色数識別手段27は、smodeを識別するsmode識別手段33と、scountを識別するscount識別手段34とを有している。 Further, the number of the block color identification means 27 includes a smode identifying means 33 for identifying the smode, and a scount identifying means 34 for identifying the scount. さらに、 further,
条件別復号化手段30は、gmodeとsmodeを比較する色数比較手段35と、復号化されたコードデータの値とローカルパレット28およびグローバルパレット24を利用して対応する色のインデックスを復号化してマルチカラー画像のカラー画像データ2を出力するコードデータ復号化手段36とを有している。 Conditional decoding means 30 includes a color number comparing means 35 for comparing the gmode and smode, decodes the index of the corresponding color using the values ​​and local palette 28 and global palette 24 of the decoded code data and a code data decoding means 36 for outputting color image data 2 of the multi-color image. なお、復号化されたカラー画像データ2は、図19に示すパレット表に相当するパレット(図示省略)に基づいて実質的な色が復号されることとなる。 The color image data 2 that is decoded, so that the substantial color is decoded based on the pallet (not shown) corresponding to the pallet table shown in FIG. 19.

【0098】また、カラー画像データ2の復号は、先に示した符号化方法と逆のアルゴリズムによって復号される。 [0098] In addition, decoding of the color image data 2 is decoded by the encoding method and the inverse of the algorithm shown above. すなわち、復号化するカラー画像データ全体の使用色数を識別する使用色数別工程と、使用色数が所定値以下のときその各色に対応するインデックスを記載したグローバルパレット24を呼び出すグローバルパレット呼び出し工程と、カラー画像データを複数のブロックに分割して符号化したデータとなる符号ビット3をそのブロック毎に復号化するブロック復号化工程を備えている。 That is, the number of used colors by identifying the number of used colors of the entire color image data to be decoded, global palette call process for calling a global palette 24 the number of colors used is described an index corresponding to the respective colors when less than a predetermined value When, and a block decoding step of decoding the code bit 3 to be encoded with data by dividing the color image data into a plurality of blocks for each block.

【0099】そして、ブロック復号化工程は、分割されたブロック内の色数を識別するブロック内色数識別工程と、このブロック内色数識別工程によって識別された色数がグローバルパレット24の中の色数より少ないとき、復号したカラーインデックスの値からグローバルパレット24中のインデックスを記載したローカルパレット28の対応する欄を呼び出しそのローカルパレット2 [0099] Then, the block decoding step, block and color depth identifying step identifies the number of colors divided block, the number of colors identified by the block number of colors identified steps in the global palette 24 when fewer than the number of colors, the corresponding call to the column to its local palette second local palette 28 described indexes in the global palette 24 from the values ​​of the color index decoded
8に記載してあるグローバルパレット24の色を復号化し、ブロック内色数識別工程によって識別された色数がグローバルパレット24の中の色数と同一のとき、復号したカラーインデックスの値から直接グローバルパレット24中の色を復号化する条件別復号化工程とを有している。 Decoding the color of the global palette 24 which are described in 8, when the number of colors identified by the number of colors identified process block is the same as the number of colors in the global palette 24, global directly from the value of the color index decoded and a condition-specific decoding step of decoding the color in the palette 24.

【0100】そして、この実施の形態では、所定値を2 [0101] In the present embodiment, the predetermined value 2
56色とし、1つのブロックの大きさを32×32ピクセルとしている。 And 56 colors, and the size of one block with 32 × 32 pixels. このように、符号化の際のアルゴリズムと同様の規則のもとに、復号化のためのアルゴリズムを使用して、符号ビット3からカラー画像データ2を得ている。 Thus, based on the same rules and algorithms for encoding, using an algorithm for decoding, to obtain the color image data 2 from the sign bit 3.

【0101】このようなカラー画像の復号化装置21が組み込まれた表示装置の1例を図17および図18に示す。 [0102] shows an example of a display device decoding apparatus 21 of such a color image has been built in FIGS. 17 and 18. この表示装置は携帯端末表示装置40となっており、中央の液晶からなる表示部41と、表示部41の周辺に配置される操作部42と、音を出力するスピーカ部43と特定のウエブページにアクセスできる磁気カードが挿入されそのアドレスを読み取ったり、その他の磁気カードを読み取る磁気カードリーダ部44と、電源ラインやホストとなるパソコン46に接続される接続部45 This display device has a portable terminal display device 40, a display unit 41 comprising a central liquid crystal, an operation portion 42 disposed around the display unit 41, a particular web page with speaker 43 for outputting sound or read the magnetic card is the address being inserted for access to, and magnetic card reader 44 for reading the other magnetic cards, connecting portion 45 connected to the personal computer 46 serving as a power supply line and the host
とから主に構成されている。 It is mainly composed of a.

【0102】表示部41の左右の操作部42は、1〜0 [0102] The operation unit 42 of the left and right of the display unit 41, 1-0
の10種類のメニュー釦42aがあり、この各釦42a There are 10 kinds of menu button 42a, the each button 42a
に近接した表示部41に、対応する操作メニューの表示がなされる。 On the display unit 41 in proximity to the display of the corresponding operation menu is performed. 例えば、パソコン46内に保管されている各種のアニメーションをその番号によって選択するようにする。 For example, the various animation stored in the personal computer 46 to be selected by its number. すなわち、1番のメニュー釦42aを押すと、 That is, when you press the menu button 42a of the No. 1,
1番のアニメーションが再生されるようにする。 No. 1 of the animation is to be played. また、 Also,
表示部41の下側には、インターネット上のウエブページにアクセスしたときの各種の操作釦部42bが配置されている。 The lower side of the display unit 41, various operation buttons part 42b when accessing the web page on the Internet are located. また、磁気カードリーダ部44の近傍に、画面の操作矢印を上下左右に動かすための指示操作部42 In the vicinity of the magnetic card reader 44, an instruction operation section 42 for moving the operating arrow screen vertically and horizontally
cが設けられている。 c is provided.

【0103】このような携帯端末表示装置40の使い方の1例を図18に示す。 [0103] shows an example of how to use such a portable terminal display device 40 in FIG. 18. 1台のパソコン46に複数の携帯端末表示装置40が接続されている。 A plurality of portable terminal display device 40 is connected to one personal computer 46. パソコン46では画面一杯に画像表示がなされているが、各携帯端末表示装置40には、その画像の一部のみが表示されるようになっている。 Although the image displayed on the full screen in the personal computer 46 have been made, each portable terminal display device 40, only a part of the image is supposed to be displayed. ただし、各携帯端末装置40では、スクロール機能により、パソコン46上の画面の一部をスクロールさせることにより画面全体の内容を把握できる。 However, in each of the portable terminal device 40, the scroll function, by scrolling the portion of the screen on the personal computer 46 can recognize the contents of the entire screen.
なお、この携帯端末表示装置40の圧縮方式は、ソフトウエアのみで再生が可能であり、専用のハードウエアを不要とでき、小型化および低価格化に有利なものとなる。 The compression scheme of the portable terminal display device 40 is capable of reproducing only by software, dedicated hardware can be eliminated, it becomes advantageous for miniaturization and cost reduction.

【0104】さらに、パソコン46の画像全体ではなく、図18に示すように、その一部分のみを表示するので、画像全体をデコードする必要がなくなり、表示用メモリを小さくできる。 [0104] Further, instead of the entire image of the personal computer 46, as shown in FIG. 18, since the display portions thereof only, it is not necessary to decode the entire image, it is possible to reduce the display memory. なお、各携帯端末表示装置40によって、その表示用メモリと表示用パネルの大きさを変えるようにしても良い。 Incidentally, by each portable terminal display device 40 may be changed the size of the display panel and the display memory. 例えば、ある携帯端末表示装置40は、「ABCD」を表示できるようにし、他の携帯端末表示装置40は、「AB」を表示できるようにし、 For example, some mobile terminal display device 40 to display the "ABCD", another portable terminal display device 40 to display the "AB",
さらに他の携帯端末表示装置40は、「A」のみを表示できるような大きさとしても良い。 Still other portable terminal display device 40, "A" only may be sized to display the. このカラー画像の復号化装置21および携帯端末表示装置40は、シンプルで小型化された構造となり、しかも、ロスレスでの復号となっている。 Decoding device 21 and the portable terminal display device 40 of the color image is a simple becomes miniaturized structure, moreover, has become a decoding lossless.

【0105】以上のような実施の形態では、復号化に当たりその再生スピードが速くなる。 [0105] In the above-described embodiment, the playback speed becomes faster Upon decoding. しかも、画像全体をデコードする必要がなく、表示に必要なブロックのみで良くなる。 Moreover, it is not necessary to decode the entire image, well only blocks necessary for display. 加えて、シンプルでかつロスレスな復号が可能となる。 In addition, simple and lossless decoding is possible. また、ブロックサイズは任意で良いが、32 The block size may be arbitrary, but 32
×32ピクセルとすると最大値で1,024色となり、 Becomes 1,024 colors at the maximum value when the × 32 pixels,
通常では256色に納まることとなる。 In normal so that the fall in 256 colors. しかも、ランレングス符号化の際のラン数も4ビットとすることができ、符号化効率と復号化効率が良いものとなる。 Moreover, the number of runs at the time of run-length encoding may be four bits, it becomes the coding efficiency and decoding efficiency.

【0106】なお、上述の各実施の形態は、本発明の好適な実施の形態の例であるが、これに限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲において、種々変形実施可能である。 [0106] Incidentally, the above-described embodiments are examples of preferred embodiments of the present invention is not limited thereto, without departing from the scope of the present invention, various modifications may be implemented it is. 例えば、1つの画像を複数のブロックに分割するのではなく、各画像毎または複数の画像毎に、ランレングスモデル化と周辺参照画素モデル化を選択するようにしても良い。 For example, instead of dividing one image into a plurality of blocks, each or for a plurality of images each image may be selected run-length modeling and peripheral reference pixel model.

【0107】また、各画像毎や各ブロック毎にいずれか一方のモデル化を選択するのではなく、当初、ランレングスモデル化し、所定の値、例えばランの値が2以下となったら周辺参照画素モデル化に切り替える。 [0107] Also, for each image or each respective block instead of selecting one of the modeling, initially, and run-length modeling, peripheral reference pixels When a predetermined value, for example, the value of the run becomes 2 or less switch to modeling. そして、 And,
周辺参照画素モデル化において、所定の値、例えば周辺画素(直前の画素を除く)のいずれとも一致しない回数が3回以上続いたら、再度ランレングスモデル化に切り替える。 In the peripheral reference pixel modeling, a predetermined value, for example, When subsequently the number that does not match one of the peripheral pixels (excluding the previous pixel) is more than three times, switching to the run-length modeling again. このように、所定条件毎に両モデル化を切り替えるようにしても良い。 Thus, it may be switched to both models for each predetermined condition.

【0108】さらに、上述の実施の形態では、ランレングスモデル化の他にコピーモードを入れるようにしているが、コピーモードを採用しないようにしても良い。 [0108] Further, in the above-described embodiment, so that put the copy mode to another run-length modeling, it may not employ a copy mode. また、コピーモードの際、1ライン前の真上の画素をコピーするのではなく、2ライン前等他のライン上における真上の画素としたり、真上ではなく、他の位置のものをコピーしてくるようにしても良い。 Also, when the copy mode, one line instead of copying just above the pixel of the previous, or directly above the pixel in the two lines before such other on the line, rather than directly above, copies those other positions it may be come to. 一方、周辺参照画素モデル化の際、周辺3画素ではなく、図8における画素Aの左側の画素と画素Bの上側の画素の周辺6画素としたり、その他の画素の組み合わせを採用したりしても良い。 On the other hand, when the peripheral reference pixel modeling, rather than around three pixels, or the peripheral six pixels of the pixel above the left pixel and the pixel B of the pixel A in FIG. 8, or by employing a combination of other pixels it may be.

【0109】また、ランレングスモデル化と周辺参照画素モデル化の切替の判断基準を1ブロックの中の2以下のラン値の割合が20%を越えているか否かとしているが、1ブロックや1画素等の中の2以下のラン値の割合としては、15〜25%の範囲が好ましい。 [0109] Further, although the proportion of 2 following run value in one block criterion for switching runlength modeling and peripheral reference pixel modeling is a whether exceeds 20%, 1 block and 1 the 2 following proportions of the run value in the pixel or the like, preferably in the range of 15-25%. また、切り替えの基準としては、ラン値ではなく、周辺参照画素モデル化による符号化の際の参照程度、例えば、上述の実施の形態の図8のL1=“1”,L2=“11”となる率を基準としたり、さらには他の基準を採用するようにしても良い。 As the criterion for switching, rather than the run value, the reference about the time of encoding by the peripheral reference pixel modeling, for example, L1 = "1" in FIG. 8 of the above-described embodiment, the L2 = "11" rate or a reference made, more may be adopted other criteria.

【0110】さらに、ブロックサイズは、32×32ピクセルの他、16×16ピクセルや64×64ピクセル等他の正方形のブロックとしたり、ラン数を大きくするようなときは横に長いブロックとしたり、各種の大きさ、形状のブロックとすることができる。 [0110] Further, the block size, other 32 × 32 pixels, or a long block next to the 16 × 16 pixels and or a 64 × 64 pixels or the like of another square blocks, such as when a larger number of runs, various sizes can be a block shape. また、カラー画像の復号化装置21中のローカルパレット28がグローバルパレット24より下のモードになるのが望ましいので、ブロックサイズは、大きすぎないようにするのが好ましい。 Moreover, since the local palette 28 in the decoding device 21 of the color image become mode below global palette 24 is desired, the block size is preferably not be too large. すなわち、16×16ピクセルから64×6 That, 64 × 6 from 16 × 16 pixels
4ピクセル程度が好ましい。 About 4 pixels is preferred.

【0111】また、上述の実施の形態では、所定値として、256色を採用しているが、その原画像の使用色数等に応じてその値を適宜変更することができる。 [0111] Further, in the above embodiment, as the predetermined value, is adopted 256 colors, it can change its value depending on a use number of colors or the like of the original image. さらに、マルチカラー画像ではなく、自然画像の符号化や復号化にも本発明を適用できる。 Further, instead of the multi-color image, the present invention can also be applied to encoding and decoding of a natural image. 加えて、上述の実施の形態では、gcountが256色を超える場合は、何も処理しないようにしたり、グローバルパレット5,24 In addition, in the above embodiment, if the gcount exceeds 256 colors, nothing or to avoid processing, global palette 5 and 24
を作成しないようにすることにより、一部の全体画像については本発明が適用されないようにしている。 By not create, the present invention is to prevent the application for some of the entire image. しかし、マルチカラー化された画像の最大使用色数を所定値として選択することにより、すべての画像の処理に当たりグローバルパレット5,24を作成するようにしても良い。 However, by selecting the maximum number of used colors of the multi-colored image as the predetermined value may be create a global palette 5 and 24 Upon processing of all images.

【0112】また、上述の実施の形態のように、所定値を256色としたときにgcountが256色を超えるものが出たときは、その画像の色数を一定数間引き2 [0112] Also, as in the embodiment described above, when the gcount when a 256-color a predetermined value is out in excess of 256 colors, the number of constant color depth of the image thinning 2
56色以下にして、本発明を適用するようにしても良い。 Not exceed 56 colors may be applied to the present invention. この場合、ロスレスではなく、非可逆な処理となる。 In this case, instead of a lossless, an irreversible process.

【0113】さらに、上述の実施の形態では、グローバルパレット5,24とローカルパレット8,28を有するものとなっているが、グローバルパレット5,24のみを有するものやローカルパレット8,28のみを有するものも所定の効果を保有するものとなり、従来のものに比べ好ましいものとなる。 [0113] Further, in the above embodiment, although a one having a global palette 5 and 24 and local palette 8, 28, has only one or local palette 8, 28 which has only global palette 5 and 24 becomes shall possess desired effects things, which is preferable over the prior art.

【0114】なお、上述の実施の形態では、周辺参照画素モデル化とランレングスモデル化とを切り替え可能としているが、両モデル化のいずれか一方と、マルコフモデル、予測符号化、DCT(離散コサイン変換)、サブバンド符号化等の他の符号化モデルとを切り替え可能にしても良い。 [0114] In the embodiment described above, thereby enabling switching between peripheral reference pixel modeling and the run-length modeling, and either one of the two modeled, Markov models, predictive coding, DCT (Discrete Cosine conversion), may be capable of switching and other coding model, such as sub-band coding. また、エントロピー符号化手段12やエントロピー復号化手段としては、算術符号化やハフマン符号等の各種の符号が適宜採用される。 As the entropy coding unit 12 or entropy decoding unit, various codes such as arithmetic coding or Huffman coding is employed as appropriate.

【0115】また、本発明のカラー画像の復号化装置やその復号化方法は、レストランやフードチェーンでの端末表示装置に適用されたり、インターネットでのウエブページへのアクセス時の端末表示装置等各種の携帯端末表示装置やその他の表示装置に適用される。 [0115] Further, the decoding apparatus and its decoding method of a color image of the present invention, restaurants and or applied to the terminal display device in the food chain, when accessing a web page on the Internet of the terminal display device and various It is applied to the portable terminal display device or other display device.

【0116】 [0116]

【発明の効果】以上説明したように、請求項1から10 As described above, according to the present invention, it claims 1 to 10,
および請求項15から20記載のカラー画像の符号化方法や符号化装置では、画像の性質に合わせて最適な圧縮法で画像圧縮が行われることとなる。 And the encoding method and encoding apparatus of a color image of the claims 15 20, wherein becomes the image compression is performed at the optimal compression method in accordance with the nature of the image. このため、圧縮率が向上し、再生速度を速くすることが可能となる。 Therefore, the compression ratio is improved, it becomes possible to increase the playback speed.

【0117】また、請求項11から14および請求項2 [0117] From claims 11 14 and claim 2
1から24記載のカラー画像の復号化方法や復号化装置では、画像の性質に合わせて圧縮された符号化データを効率的に扱うことが可能となり、再生速度を速くすることができる。 1 In the decoding method and decoding apparatus of a color image according 24 can handle coded data compressed in accordance with the nature of the image efficiently and it is possible to increase the playback speed.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態のカラー画像の符号化装置の機能ブロック構成図である。 1 is a functional block diagram of a coding apparatus of a color image embodiment of the present invention.

【図2】図1のカラー画像の符号化装置のグローバルパレットを説明するための図である。 It is a diagram for explaining a global palette encoder of a color image of FIG. 1. FIG.

【図3】図1のカラー画像の符号化装置のローカルパレットを説明するための図である。 3 is a diagram for explaining a local palette encoder of the color image of Figure 1.

【図4】ブロック内のカラーインデックスの内容を示す図で、(A)はgmodeとsmodeが一致しないときの図で、(B)はgmodeとsmodeが一致するときの図である。 [Figure 4] a view showing the contents of a color index in the block and is a diagram of FIG at, (B) is that gmode and smode match when (A) is the gmode and smode do not match.

【図5】図1のカラー画像の符号化装置を使用しての符号化の処理手段を示すフローチャートの基本ルーチン部分を示す図である。 5 is a diagram showing the basic routines part of a flowchart showing the processing means of the encoding using the encoding device of the color image in FIG.

【図6】図1のカラー画像の符号化装置を使用しての符号化の処理手段を示すフローチャートの分枝部分を示す図である。 6 is a diagram showing a branch part of the flowchart showing the processing means of the encoding using the encoding device of the color image in FIG.

【図7】図5および図6中のモデル化からエントロピー符号化までの流れの詳細を示すフローチャートである。 7 is a flowchart for detailed from modeling in FIGS. 5 and 6 to entropy coding.

【図8】図7中の周辺参照画素モデル化のステップで得られる信号を説明するための図で、(A)は周辺参照画素の状態を示し、(B)はこのステップで得られるコードデータの信号ビットを示し、(C)はコードデータの配置を示す図である。 [8] a diagram for explaining the signal obtained in step around the reference pixel model in FIG. 7, (A) shows a state of the peripheral reference pixels, (B) code data is obtained in this step It shows the signal bit is a diagram showing the arrangement of (C) the code data.

【図9】図7中のランレングスモデル化のステップで得られる信号を説明するための図で、(A)は参照する画素を示す図で、(B)はこのステップで得られるコードデータの値とその意味を示す表である。 [9] a diagram for explaining the signal obtained in step run length modeled in FIG. 7, a diagram illustrating a pixel to be referred to (A), (B) the code data obtained in step is a table showing the values ​​and their meanings.

【図10】図7中のランレングスモデル化のステップで得られる信号の具体例を説明するための図で、(A)は入力してきた画素の状態を示し、(B)は得られる信号を示している。 [10] a diagram for explaining a specific example of the resulting signal in steps of run-length modeling in FIG 7, (A) shows a state of the pixel which has been input, the (B) signal is obtained shows.

【図11】図1のカラー画像の符号化装置により生成されるデータの構造を示す図である。 11 is a diagram showing the structure of the data generated by the encoding device of the color image in FIG.

【図12】図1のカラー画像の符号化装置により生成されるコードデータの内容を示す図で、(A)はsmod In diagram showing the contents of the code data generated by the [12] encoding device of the color image in FIG. 1, (A) is smod
eが「1」のとき、(B)はsmodeが「2」のとき、(C)はsmodeが「4」のとき、(D)はsm If e is "1", (B) when smode is "2", (C) when smode is "4", (D) is sm
odeが「8」のときをそれぞれ示している図である。 ode is a diagram that shows each the time of "8".

【図13】図1のカラー画像の符号化装置により生成されるランレングスデータの構成を示す図である。 13 is a diagram showing the configuration of a run-length data generated by the encoding device of the color image of Figure 1.

【図14】図1のカラーの画像の符号化装置で特殊な画像を処理する際の処理方法を説明するための図で、 [14] In the drawings for the processing method will be described when dealing with special image encoding device of the color image in FIG. 1,
(A)はその画像全体を示し、(B)は分割した一部のブロックを示す図である。 (A) shows the entire image, (B) is a diagram showing a part of the divided blocks.

【図15】図1のカラーの画像の符号化装置で特殊な画像を処理する際の処理方法を説明するための図で、他の種類のブロックを処理する例を説明するための図である。 [15] a diagram for explaining the processing method when handling special image encoding device of the color image in FIG. 1, a diagram for explaining an example of processing other types of blocks .

【図16】本発明の実施の形態のカラー画像の復号化装置の機能ブロック構成図である。 FIG. 16 is a functional block diagram of a decoding apparatus of a color image embodiment of the present invention.

【図17】図16のカラー画像の復号化装置が組み込まれた携帯端末表示装置の例を示す斜視図である。 [Figure 17] decoding apparatus of a color image in FIG. 16 is a perspective view showing an example of a portable terminal display device incorporated.

【図18】図17の携帯端末表示装置が使用されるシステムの例を説明するための図である。 18 is a diagram for a portable terminal display apparatus of FIG. 17 illustrates an example of a system used.

【図19】従来および本発明に使用されるマルチカラー画像の性質およびバレット表を説明するための図である。 19 is a diagram for explaining the nature and Barrett table multicolor image on a conventional and the present invention.

【図20】従来の符号化および復号化システムを示す図で、(A)は従来のマルチカラー画像の符号化システムを示す図で、(B)は従来のマルチカラー画像の復号化システムを示す図である。 [20] a view showing a conventional encoding and decoding systems, (A) is a diagram showing an encoding system of a conventional multi-color image shows the (B) decoding system of a conventional multi-color image it is a diagram.

【図21】図20のマルチカラー画像の符号システムにおいて、画像がラスタースキャンされる状態を説明するための図である。 [21] In the code system of the multi-color image of FIG. 20 is a diagram for explaining a state in which an image is raster scanned.

【図22】従来および本発明で用いられる算術符号型のエントロピー符号器の構成を示す図である。 22 is a diagram showing a configuration of arithmetic coding type entropy encoder used in the conventional and present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 カラー画像の符号化装置 2 カラー画像データ 3 符号ビット 5 グローバルパレット 6 グローバルパレット作成手段 7 ブロック分割手段 8 ローカルパレット 9 ローカルパレット作成手段 10 カラーインデックス付与手段 11 モデル化手段 12 エントロピー符号化手段 13 符号化手段 21 カラー画像の復号化装置 22 データ復号化手段 23 使用色数識別手段 24 グローバルパレット 25 グローバルパレット保存手段 26 ブロック復号化手段 27 ブロック内色数識別手段 28 ローカルパレット 29 ローカルパレット保存手段 30 条件別復号化手段 1 of the color image coding apparatus 2 color image data 3 code bits 5 global palette 6 global palette creation means 7 block dividing means 8 local palette 9 local palette creation means 10 Color indexing means 11 modeling means 12 entropy coding means 13 codes means 21 decoding apparatus 22 data decoding unit 23 uses the number of colors identifying means 24 global palette 25 global palette storage means 26 block decoding means 27 block number of colors identifying means 28 local palette 29 local palette storage unit 30 conditions the color image another decoding means

Claims (24)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 カラー画像データを入力し符号化するカラー画像の符号化方法において、入力されたカラー画像データを保存する保存工程と、プリスキャンされた画像状態が、仮にランレングス符号化した場合、そのランの値が1および2となる割合が一定値以下のとき、その画像をランレングスモデル化し、その一定値を超えるとき周辺参照画素モデル化するモデル化方法判定工程とを備えることを特徴とするカラー画像の符号化方法。 1. A method of encoding a color image to be encoded input color image data, a storage step of storing the input color image data, when the image state of being pre-scanning operation, and if the run-length encoding when the proportion of the value of the run is 1 and 2 is equal to or less than a predetermined value, characterized in that the image is run-length modeling, and a modeling method determination step of peripheral reference pixel modeling when exceeding the predetermined value method of encoding a color image to be.
  2. 【請求項2】 前記一定値を15〜25%内の値としたことを特徴とする請求項1記載のカラー画像の符号化方法。 2. A coding method of a color image according to claim 1, characterized in that said predetermined value is a value within 15-25%.
  3. 【請求項3】 前記周辺参照画素モデル化時に、符号化対象画素を1ライン前の画素と比較したことを特徴とする請求項1または2記載のカラー画像の符号化方法。 Wherein upon the peripheral reference pixel modeling, the coding method according to claim 1 or 2, wherein the color image and wherein the comparing coded pixel to the preceding line of pixels.
  4. 【請求項4】 前記周辺参照画素モデル化時に、符号化対象画素を、1ライン前の画素、その1ライン前の画素の前後の画素および符号化対象画素の直前の画素からなる周辺の4画素と比較したことを特徴とする請求項1または2記載のカラー画像の符号化方法。 4. A time said peripheral reference pixel modeling, the coded pixel, one line before the pixel, four pixels around made from the previous pixels of preceding and succeeding pixels and coded pixels in the preceding line of pixels coding method according to claim 1 or 2, wherein the color image, characterized in that compared to.
  5. 【請求項5】 前記周辺参照画素モデル化時の画素の比較において、同じ画素か否かを固定長ビットで現したことを特徴とする請求項1、2、3または4記載のカラー画像の符号化方法。 5. A comparison of the pixels at the peripheral reference pixel modeling, code of claims 1, 2, 3 or 4 color image, wherein that reveal whether the same pixel in a fixed length bit method of.
  6. 【請求項6】 カラー画像データを入力し符号化するカラー画像の符号化装置において、入力されたカラー画像データを保存する保存手段と、プリスキャンされた画像状態が、仮にランレングス符号化した場合、そのランの値が1および2となる割合が一定値以下のとき、その画像をランレングスモデル化し、その一定値を超えるとき周辺参照画素モデル化するモデル化方法判定手段とを備えることを特徴とするカラー画像の符号化装置。 6. A coding device for color image encoding type color image data, storage means for storing the inputted color image data, when the image state of being pre-scanning operation, and if the run-length encoding when the proportion of the value of the run is 1 and 2 is equal to or less than a predetermined value, characterized in that the image is run-length modeling, and a modeling method determination means for surrounding reference pixels modeling when exceeding the predetermined value encoding device of a color image to be.
  7. 【請求項7】 前記一定値を15〜25%内の値としたことを特徴とする請求項6記載のカラー画像の符号化装置。 7. A coding device for color image according to claim 6, characterized in that the value of the constant value within 15-25%.
  8. 【請求項8】 前記周辺参照画素モデル化時に、符号化対象画素を1ライン前の画素と比較したことを特徴とする請求項6または7記載のカラー画像の符号化装置。 8. A time said peripheral reference pixel modeling, the coding device of a color image according to claim 6 or 7, wherein the comparing coded pixel to the preceding line of pixels.
  9. 【請求項9】 前記周辺参照画素モデル化時に、符号化対象画素を、1ライン前の画素、その1ライン前の画素の前後の画素および符号化対象画素の直前の画素からなる周辺の4画素と比較したことを特徴とする請求項6または7記載のカラー画像の符号化装置。 9. A time said peripheral reference pixel modeling, the coded pixel, one line before the pixel, four pixels around made from the previous pixels of preceding and succeeding pixels and coded pixels in the preceding line of pixels encoding device of a color image according to claim 6 or 7, characterized in that compared to.
  10. 【請求項10】 前記周辺参照画素モデル化時の画素の比較において、同じ画素か否かを固定長ビットで現したことを特徴とする請求項6、7、8または9記載のカラー画像の符号化装置。 10. A comparison of the pixels at the peripheral reference pixel modeling code of claim 6, 7, 8 or 9, wherein the color image, characterized in that reveal whether the same pixel in a fixed length bit apparatus.
  11. 【請求項11】 符号化されたカラー画像データを復号化するカラー画像の復号化方法において、符号化したカラー画像データを復号化する復号化工程を有し、この復号化工程は、復号化する画像がランレングスモデル化によって符号化されているか周辺参照画素モデル化によって符号化されているかを判定する判定工程と、その判定工程の判定結果に基づきランレングスモデル化による復号化または周辺参照画素モデル化による復号化を行う復号化工程とを備えることを特徴とするカラー画像の復号化方法。 11. The encoded decoding method of a color image for decoding color image data has a decoding step of decoding the color image data obtained by encoding, the decoding step decodes a determination step of determining whether it is encoded by the peripheral reference pixel modeling are either encoded image by run-length modeling, decoding or near reference pixel model by the run-length modeling based on the determination result of the determination step decoding method for a color image, characterized in that it comprises a decoding step of performing decoding by reduction.
  12. 【請求項12】 前記周辺参照画素モデル化による復号化時に、復号化しようとする対象画素と周辺画素とが同じか否かを固定長ビットで現したことを特徴とする請求項11記載のカラー画像の復号化方法。 12. A time decoding by the peripheral reference pixel modeling, color according to claim 11, wherein the target pixel and the surrounding pixels to be decoded, characterized in that expresses a fixed length bit whether the same decoding method of the image.
  13. 【請求項13】 符号化されたカラー画像データを復号化するカラー画像の復号化装置において、符号化したカラー画像データを復号化する復号化手段を有し、この復号化手段は、復号化する画像がランレングスモデル化によって符号化されているか、周辺参照画素モデル化によって符号化されているかを判定する判定手段と、その判定手段の判定結果に基づきランレングスモデル化による復号化または周辺参照画素モデル化による復号化を行う復号化手段とを備えることを特徴とするカラー画像の復号化装置。 In the decoding apparatus 13. The coding color image for decoding color image data has a decoding means for decoding the color image data obtained by encoding, the decoding means decodes whether the image is encoded by run-length modeling, determining means for determining it has been encoded by the peripheral reference pixel modeling, decoding or near reference pixel by the run-length modeling based on the determination result of the determination means decoding device of a color image, characterized in that it comprises a decoding means for performing decoding by modeling.
  14. 【請求項14】 前記周辺参照画素モデル化による復号化時に、復号化しようとする対象画素と周辺画素とが同じか否かを固定長ビットで現したことを特徴とする請求項13記載のカラー画像の復号化装置。 To 14. During decoding by the peripheral reference pixel modeling, color according to claim 13, wherein the target pixel and the surrounding pixels to be decoded, characterized in that expresses a fixed length bit whether the same decoding apparatus for an image.
  15. 【請求項15】 カラー画像データを入力し符号化するカラー画像の符号化方法において、符号化するカラー画像データをスキャンし保存する保存工程と、そのカラー画像データをランレングス符号化する符号化工程とを備え、その符号化工程は、所定条件のとき、所定位置の画素を通常のランレングスモデル化するランレングスモデル化工程と、所定条件に合わないとき、所定位置の画素と同一でかつ異なる位置の画素をコピーするコピーモードを生成するコピーモード生成工程と、上記異なる位置の画素に続く画素と同じ色となるような画素が続く場合、その続く個数をコピー個数として生成するコピー個数生成工程とを有し、上記コピーモードの値と上記コピー個数の値とをランレングスモデル化された他のカラーインデックスおよび通 15. A method of encoding a color image to be encoded input color image data, a storage step of scanning the color image data to be encoded storage, coding process for run-length encoding the color image data with the door, the encoding process, when the predetermined condition, and the run-length modeling step of normal run-length modeling the pixels in a predetermined position, when not meet the predetermined condition, and different identical to pixels in a predetermined position If the copy mode generating step of generating a copy mode for copying a pixel position, the different positions of the subsequent pixel pixel is the same color as such pixels followed, copy number generation step of generating the subsequent number as a copy number has the door, color index and passing of values ​​and the value of the copy number run-length modeled other said copying mode 常のランの値と共に符号化することを特徴とするカラー画像の符号化方法。 Method of encoding a color image, characterized in that the encoded with the value of the normal run.
  16. 【請求項16】 前記所定位置の画素が直前の画素と同じ色のときおよび1ライン前の画素と異なる色のときにランレングスモデル化する前記ランレングスモデル化工程と、前記所定位置の画素が直前の画素と異なり、かつ次の画素も前記所定位置の画素と異なるとき、前記所定位置の画素の1ライン前の画素を参照し、同じ色の場合、その1ライン前の画素をコピーするコピーモードを生成する前記コピーモード生成工程と、1ライン前の画素と同じ色となる画素が続く個数をコピー個数として生成する前記コピー個数生成工程とを備えることを特徴とする請求項15記載のカラー画像の符号化方法。 16. with the run-length modeling step of run-length modeling when color different from the case and one line before the pixel of the same color as the pixel of the predetermined position immediately preceding pixel, the pixel of the predetermined position Unlike the immediately preceding pixel, and when even the next pixel different from the pixel of the predetermined position, copying the reference to one line before the pixel of a predetermined position of the pixel, for the same color, to copy the preceding line of pixels It said copy mode generation step of generating mode, color according to claim 15, characterized in that it comprises a said copy number generation step of the pixel having the same color as one line before the pixel is generated as a copy number of the subsequent number encoding method of the image.
  17. 【請求項17】 前記スキャンを横方向にラスタースキャンし、前記異なる位置の画素を1ライン前の画素でかつ真上の画素とすると共に前記コピーモードを前記カラーインデックスの中の1つを利用して現したことを特徴とする請求項15または16記載のカラー画像の符号化方法。 17. raster scanning the scan in the lateral direction, using the copy mode one of the color index as well as said pixel to different positions in one line before the pixel and immediately above the pixel coding method of a color image according to claim 15 or 16, wherein that represents Te.
  18. 【請求項18】 カラー画像データを入力し符号化するカラー画像の符号化装置において、符号化するカラー画像データをスキャンし保存する保存手段と、そのカラー画像データをランレングス符号化する符号化手段とを備え、その符号化手段は、所定条件のとき、所定位置の画素を通常のランレングスモデル化するランレングスモデル化手段と、所定条件に合わないとき、所定位置の画素と同一で異なる位置の画素をコピーするコピーモードを生成するコピーモード生成手段と、上記異なる位置の画素に続く画素と同じ色となるような画素が続く場合、その続く個数をコピー個数として生成するコピー個数生成手段とを有し、上記コピーモードの値と上記コピー個数の値とをランレングスモデル化された他のカラーインデックスおよび通常の 18. The encoding apparatus of a color image to be encoded input color image data, and storage means for scanning the color image data to be encoded storage, coding means for run-length encoding the color image data with the door, the encoding means, when the predetermined condition, and the run-length modeling means for normally run length modeling the pixels in a predetermined position, when not meet the predetermined condition, different positions in the same pixel in a predetermined position a copy mode generating means for generating a copy mode for copying the pixel, when the different positions of pixels such that the same color as the subsequent pixel to the pixel of continues, and the copy number generating means for generating the subsequent number as a copy number the a, above copy mode values ​​and the copy number of values ​​and run-length modeled other color index and normal ランの値と共に符号化することを特徴とするカラー画像の符号化装置。 Encoding device of a color image, characterized in that the encoded with the run value.
  19. 【請求項19】 前記所定位置の画素が直前の画素と同じ色のときおよび1ライン前の画素と異なる色のときにランレングスモデル化する前記ランレングスモデル化手段と、前記所定位置の画素が直前の画素と異なり、かつ次の画素も前記所定位置の画素と異なるとき、前記所定位置の画素の1ライン前の画素を参照し、同じ色の場合、その1ライン前の画素をコピーするコピーモードを生成する前記コピーモード生成手段と、1ライン前の画素と同じ色となる画素が続く個数をコピー個数として生成する前記コピー個数生成手段とを備えることを特徴とする請求項18記載のカラー画像の符号化装置。 19. with the run-length modeling means for run-length modeling when color different from the case and one line before the pixel of the same color as the pixel of the predetermined position immediately preceding pixel, the pixel of the predetermined position Unlike the immediately preceding pixel, and when even the next pixel different from the pixel of the predetermined position, copying the reference to one line before the pixel of a predetermined position of the pixel, for the same color, to copy the preceding line of pixels said copy mode generating means for generating a mode, color according to claim 18, characterized in that it comprises a said copy number generating means pixels having the same color as one line before the pixel is generated as a copy number of the subsequent number encoding apparatus of the image.
  20. 【請求項20】 前記スキャンを横方向にラスタースキャンし、前記異なる位置の画素を1ライン前の画素でかつ真上の画素とすると共に前記コピーモードを前記カラーインデックスの中の1つを利用して現したことを特徴とする請求項18または19記載のカラー画像の符号化装置。 20. A raster scanning the scan in the lateral direction, using the copy mode one of the color index as well as said pixel to different positions in one line before the pixel and immediately above the pixel encoding device of a color image according to claim 18 or 19, wherein in that represent Te.
  21. 【請求項21】 符号化されたカラー画像データを復号化するカラー画像の復号化方法において、符号化したカラー画像データを復号化する復号化工程を有し、その復号化工程は、ランレングス符号化されたデータ中に復号する画素とは異なる位置の画素のコピーを指示するコピーモードが含まれているとき、その異なる位置の画素およびそれに続く画素と同一の色を、そのコピーモードが継続する個数分復号するランレングス復号化工程を備えていることを特徴とするカラー画像の復号化方法。 21. A coded decoding method of a color image for decoding color image data has a decoding step of decoding the color image data obtained by encoding, the decoding process is run-length code when contain a copy mode for instructing a copy pixel of a position different from the pixel to be decoded in the encrypted data, the pixel and the same color and subsequent pixels in the different positions, the copy mode is continued decoding method for a color image, characterized in that it comprises a run-length decoding step of decoding number minute.
  22. 【請求項22】 前記ラインをラスタースキャンによるものとし、前記異なる位置の画素を1ライン前の画素でかつ真上の画素とすると共に、前記コピーモードは前記画像データの画素を現すカラーインデックスの中の1つを利用して現されていることを特徴とする請求項21記載のカラー画像の復号化方法。 22. Assume the line by raster scanning, as well as with the different positions of the pixels in one line before the pixel and directly above pixel, the copy mode in the color index representing a pixel of the image data decoding method for a color image according to claim 21, wherein it is characterized in that revealed using one of the.
  23. 【請求項23】 符号化されたカラー画像データを復号化するカラー画像の復号化装置において、符号化したカラー画像データを復号化する復号化手段を有し、その復号化手段は、ランレングス符号化されたデータ中に復号する画素とは異なる位置の画素のコピーを指示するコピーモードが含まれているとき、その異なる位置の画素およびそれに続く画素と同一の色を、そのコピーモードが継続する個数分復号するランレングス復号化手段を備えていることを特徴とするカラー画像の復号化装置。 In the decoding apparatus 23. The color image for decoding an encoded color image data, a decoding means for decoding the color image data obtained by encoding, the decoding means, run-length code when contain a copy mode for instructing a copy pixel of a position different from the pixel to be decoded in the encrypted data, the pixel and the same color and subsequent pixels in the different positions, the copy mode is continued decoding device of a color image, characterized in that it comprises a run-length decoding means for decoding the number fraction.
  24. 【請求項24】 前記ラインをラスタースキャンによるものとし、前記異なる位置の画素を1ライン前の画素でかつ真上の画素とすると共に、前記コピーモードは前記画像データの画素を現すカラーインデックスの中の1つを利用して現されていることを特徴とする請求項23記載のカラー画像の復号化装置。 24. Assume the line by raster scanning, as well as with the different positions of the pixels in one line before the pixel and directly above pixel, the copy mode in the color index representing a pixel of the image data decoding device of a color image according to claim 23, wherein the being revealed using one of the.
JP10824798A 1998-04-17 1998-04-17 Encoding method for color image, encoder therefor, decoding method for color image and decoder therefor Withdrawn JPH11308465A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10824798A JPH11308465A (en) 1998-04-17 1998-04-17 Encoding method for color image, encoder therefor, decoding method for color image and decoder therefor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10824798A JPH11308465A (en) 1998-04-17 1998-04-17 Encoding method for color image, encoder therefor, decoding method for color image and decoder therefor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11308465A true JPH11308465A (en) 1999-11-05

Family

ID=14479827

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10824798A Withdrawn JPH11308465A (en) 1998-04-17 1998-04-17 Encoding method for color image, encoder therefor, decoding method for color image and decoder therefor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11308465A (en)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7091985B1 (en) 2000-05-16 2006-08-15 International Business Machines Corporation System and method for compressing color data using expandable color palette
US7272180B2 (en) 2002-10-01 2007-09-18 Avocent Corporation Video compression system
US7336839B2 (en) 2004-06-25 2008-02-26 Avocent Corporation Digital video compression command priority
US7457461B2 (en) 2004-06-25 2008-11-25 Avocent Corporation Video compression noise immunity
US7782961B2 (en) 2006-04-28 2010-08-24 Avocent Corporation DVC delta commands
US8427301B2 (en) 2010-06-24 2013-04-23 Avocent Corporation System and method for identifying electrical equipment using wireless receivers
JP2016521042A (en) * 2013-04-05 2016-07-14 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Pallet index determination in palette-based video coding
US9424215B2 (en) 2006-08-10 2016-08-23 Avocent Huntsville Corporation USB based virtualized media system
US9560371B2 (en) 2003-07-30 2017-01-31 Avocent Corporation Video compression system
JP2017139769A (en) * 2014-07-07 2017-08-10 寰發股▲ふん▼有限公司HFI Innovation Inc. Method for processing escape pixel as predictor of index map coding

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7091985B1 (en) 2000-05-16 2006-08-15 International Business Machines Corporation System and method for compressing color data using expandable color palette
US7272180B2 (en) 2002-10-01 2007-09-18 Avocent Corporation Video compression system
JP2007243965A (en) * 2002-10-01 2007-09-20 Avocent Corp Video compression system
US7321623B2 (en) 2002-10-01 2008-01-22 Avocent Corporation Video compression system
US7809058B2 (en) 2002-10-01 2010-10-05 Avocent Corporation Video compression system
US7738553B2 (en) 2002-10-01 2010-06-15 Avocent Corporation Video compression system
US7515632B2 (en) 2002-10-01 2009-04-07 Avocent Corporation Video compression system
US7515633B2 (en) 2002-10-01 2009-04-07 Avocent Corporation Video compression system
US7542509B2 (en) 2002-10-01 2009-06-02 Avocent Corporation Video compression system
US7720146B2 (en) 2002-10-01 2010-05-18 Avocent Corporation Video compression system
US9560371B2 (en) 2003-07-30 2017-01-31 Avocent Corporation Video compression system
US7336839B2 (en) 2004-06-25 2008-02-26 Avocent Corporation Digital video compression command priority
US7457461B2 (en) 2004-06-25 2008-11-25 Avocent Corporation Video compression noise immunity
US7782961B2 (en) 2006-04-28 2010-08-24 Avocent Corporation DVC delta commands
US9424215B2 (en) 2006-08-10 2016-08-23 Avocent Huntsville Corporation USB based virtualized media system
US8427301B2 (en) 2010-06-24 2013-04-23 Avocent Corporation System and method for identifying electrical equipment using wireless receivers
JP2016521042A (en) * 2013-04-05 2016-07-14 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Pallet index determination in palette-based video coding
JP2017139769A (en) * 2014-07-07 2017-08-10 寰發股▲ふん▼有限公司HFI Innovation Inc. Method for processing escape pixel as predictor of index map coding

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100251618B1 (en) Data transmission apparatus for transmitting code data
US7161508B2 (en) Variable length coding method and variable length decoding method
JP3978478B2 (en) Apparatus and method for performing image compression of the block unit of a fixed speed by the estimated pixel value
CA1234231A (en) Image information retrieval/display apparatus
KR100214055B1 (en) Data compression for indexed color image data
US6798916B2 (en) Decoding method and decoding apparatus
US6008847A (en) Temporal compression and decompression for video
US5724441A (en) Image processing apparatus and method
CN1135494C (en) Visual-lossless image compression scheme lookuped based on efficient table
KR100292160B1 (en) Image synthesis method, image synthesis device, and data recording medium
US6639945B2 (en) Method and apparatus for implementing motion detection in video compression
CN100550057C (en) Image processing
US5227789A (en) Modified huffman encode/decode system with simplified decoding for imaging systems
CN101242531B (en) Video coding system providing separate coding chains for dynamically selected small-size or full-size playback
EP0594338A2 (en) Video decompression apparatus and method
US5267052A (en) Encoding the original image data and progessively encoding the image data independently
EP0665512B1 (en) An image processing method and apparatus
US6038346A (en) Runs of adaptive pixel patterns (RAPP) for lossless image compression
US5933249A (en) Image processing apparatus and method
JP3260910B2 (en) Encoding method
US7336711B2 (en) Image encoding method, image decoding method, image encoder, image decode, program, computer data signal, and image transmission system
US6243416B1 (en) Image coding and decoding methods, image coder, and image decoder
US6031938A (en) Image encoding apparatus with selective Markov and predictive coding
EP2005393B1 (en) High quality image processing
US6061474A (en) Image processing apparatus and method

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20050705