JPH1129930A - 補強土工法 - Google Patents

補強土工法

Info

Publication number
JPH1129930A
JPH1129930A JP18416697A JP18416697A JPH1129930A JP H1129930 A JPH1129930 A JP H1129930A JP 18416697 A JP18416697 A JP 18416697A JP 18416697 A JP18416697 A JP 18416697A JP H1129930 A JPH1129930 A JP H1129930A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
embankment
slope
fabric bag
bag
reinforcing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP18416697A
Other languages
English (en)
Inventor
Shunichi Ihara
Hideo Ishizaki
Hiroyasu Kitayama
俊一 井原
裕康 北山
英夫 石崎
Original Assignee
Kumagai Gumi Co Ltd
株式会社熊谷組
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kumagai Gumi Co Ltd, 株式会社熊谷組 filed Critical Kumagai Gumi Co Ltd
Priority to JP18416697A priority Critical patent/JPH1129930A/ja
Publication of JPH1129930A publication Critical patent/JPH1129930A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 補強土工法に於いて、定着及び緊張を行わな
くてもその機能を維持できる補強材を提供することによ
り、該工法の施工を簡易化する。 【解決手段】 盛土Fの法先に当る位置に基礎コンクリ
ート1を打設するとともに、その上方に壁面材2を設置
して法面を形成する。そして、上下一定間隔置きに設定
した所定の高さまで盛土する毎に、その盛土Fの上面に
異形筒状の織物袋3を配置し、吹込機6により該織物袋
3の内部に砂sを充填して、補強材13を形成する。織
物袋3の前端開口部3aは壁面材2の排水口4に連結さ
れるとともに、該前端開口部3aは透水性プラグ14に
て封塞されている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は補強土工法に関す
るものであり、特に、法面に壁面材を設置した盛土の補
強土工法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】此種補強土工法は、所定のまき出し厚ず
つ盛土する毎に、その盛土の上面に補強材を法面側から
水平奥方向へ向けて配置するものである。これにより、
完成した盛土の内部には上下一定間隔置きに複数段の補
強材が埋設されて、盛土の侵食や崩壊を防止する。従来
の補強材はアンカー筋で構成され、該アンカー筋の盛土
奥端部を盛土に定着させるとともに、該アンカー筋を種
々の手段によって緊張させている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】アンカー筋を定着させ
たり緊張させたりするのは煩雑である。また、アンカー
筋が鋼材でできている場合には腐食のおそれもある。
【0004】そこで、定着及び緊張を行わなくてもその
機能を維持できる補強材を提供して、此種補強土工法の
施工を簡易化するために解決すべき技術的課題が生じて
くるのであり、本発明は該課題を解決することを目的と
する。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は上記課題を解決
するために提案されたものであり、法面に壁面材を設置
し、且つ、所定の高さまで盛土する毎に、その盛土上面
に異形筒状の織物袋を法面側から水平奥方向へ配置し
て、該織物袋の内部に充填材を充填することにより補強
材を形成し、且つ、該織物袋の前端開口部を壁面材の排
水口に接続して、該前端開口部を透水性の栓にて封塞す
る補強土工法を提供するものである。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図1
乃至図4に従って詳述する。図1に示す如く、盛土Fの
築造にあたっては、先ず該盛土Fの法先に当たる位置に
基礎コンクリート1を打設する。該基礎コンクリート1
の表面には排水溝1aが凹設されている。そして、該基
礎コンクリート1の上方にプレキャストコンクリートス
ラブから成る壁面材2を設置して法面を形成するととも
に、該壁面材2の背面側(紙面右)に盛土材fをタンピ
ングし、且つ、転圧して締め固める。転圧によるまき出
し厚は一回の転圧当り約30cm程度である。
【0007】こうして盛土Fが所定の高さまで達する毎
に、その盛土Fの上面に織物袋3を配置し、図2に示す
如く、該織物袋3の前端開口部3aを壁面材2の排水口
4に設けたパイプ5に外挿して連結する。ここで、織物
袋3はポリエステル、ナイロン、アラミド等の糸を用い
て全体的に継ぎ目無く織り上げられ、膨拡した場合、多
数個の球を一列に連続させた異形筒状になるように形成
されている。この織物袋3は日光に曝されると腐食し易
いが、地中での耐食性は極めて高い。
【0008】而して、図1に示した如く、前記排水口4
に吹込機6から延出されたフレキシブルホース7のノズ
ル8を差し込む。また、コンベア9で砂sを吹込機6の
ホッパー10内へ搬入する。吹込機6にはコンプレッサ
ー11が付設されており、発電機12を電源として該コ
ンプレッサー11を駆動すれば、ホッパー10内の砂s
がフレキシブルホース7へ圧送されて、ノズル8から織
物袋3内に噴射される。これにより織物袋3内に砂sが
充填されて、該織物袋3が盛土Fの上面水平奥方向(図
に於いて右)に伸延し乍ら膨拡し、異形筒状の補強材1
3が形成される。そして、図2に示した如く、前記パイ
プ5内に透水性プラグ14を詰めることにより、織物袋
3の前端開口部3aを封塞して該織物袋3内の砂sがこ
ぼれ出ないようにする。尚、ここでは織物袋3への充填
材として砂sを用いているが、本発明は之に限定される
ものではなく、現場の土砂を用いても良い。
【0009】然る後に、前記盛土Fの上面に再び盛土材
fをタンピングし、且つ、転圧して締め固め、前記補強
材13を土中に埋設する。盛土Fの高さが法面に設置し
た壁面材2の上端高さまで達したときは、新たな壁面材
2を上方に継ぎ足す。そして、前記補強材13からのま
き出し厚が所定の大きさに達したとき、その盛土Fの上
面に前述した場合と同様にして織物袋3と砂sとによる
補強材13を形成する。このように、壁面材2の設置→
盛土→補強材13の形成の各操作を反復することによ
り、図3に示す如く、完成した盛土Fの内部には上下一
定間隔置きに複数段の補強材13,13…が、夫々法面
側から奥方向へ水平に埋設されることになる。
【0010】而して、この補強材13,13…は水平に
埋設した一種の杭のような機能を果しており、且つ、異
形筒状に形成されているので、周辺の盛土材fとの付着
強度が大きい。従って、盛土Fの侵食や崩壊を可及的に
抑制することができる。また、織物袋3に砂sを充填す
るだけであり、盛土F内に定着させたり、緊張させたり
する必要がないので、施工が極めて簡単である。更に、
織物袋3は水分を透過するので地下水は該織物袋3を介
して内部の砂sに浸透し、この砂sを伝って法面方向へ
流れて、前記透水性プラグ14を透過することにより排
水口4から排水される。斯くして、地下水の排水も円滑
に行われる。
【0011】尚、壁面材2を上方に継ぎ足す際は、法面
が階段状の斜面になるように、ブラケット15及び止め
具16を介して、下方の壁面材2よりもやや水平奥方向
へずらして設置すれば、上下の壁面材2,2間に山はぎ
やメドハギ等の草木17を植栽することによって、法面
の緑化を図ることができる。この場合、図4に示す如
く、壁面材2の表面に溝18を刻設しておくと良い。こ
の溝18は排水口4から左右斜め下方へ斜設された2本
の斜め溝部18aと、多数本の縦溝部18bとからな
り、縦溝部18bは斜め溝部18aを境に上方のものの
位置と下方のものの位置とがずれている。これにより排
水口4から流出した水や上方の壁面材2から流落した水
等が、該溝18を伝って上下の壁面材2,2間に露出し
た盛土Fの全体に均等に行き亘ることとなり、草木17
へ充分な水分を供給することができる。
【0012】尚、本発明は、本発明の精神を逸脱しない
限り種々の改変を為すことができ、そして、本発明が該
改変されたものに及ぶことは当然である。
【0013】
【発明の効果】以上説明したように、本発明は、織物袋
の内部に砂等の充填材を充填して補強材を形成するもの
であり、定着操作や緊張操作を行う必要がないので、施
工が極めて簡易化される。そして、この補強材は水平に
埋設した一種の杭のような機能を果しており、且つ、異
形筒状に形成されているので、周辺の盛土材との付着強
度が大きく、盛土の侵食や崩壊を可及的に抑制すること
ができる。更に、この補強材内を伝って地下水が法面方
向へ流れ、織物袋の前端開口部に設けた透水性の栓を透
過して排水口から排水されるので、地下水の排水も円滑
化される。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態を示し、下から2段目の補
強材を形成する様子を示す解説図。
【図2】織物袋に砂を充填し、該織物袋の前端開口部を
透水性プラグにて封塞した状態を示す織物袋の前端開口
部周辺の要部断面図。
【図3】完成した盛土の断面図。
【図4】図3に於ける盛土の法面の斜視図。
【符号の説明】
F 盛土 f 盛土材 s 砂 1 基礎コンクリート 2 壁面材 3 織物袋 4 排水口 5 パイプ 6 吹込機 13 補強材 14 透水性プラグ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 法面に壁面材を設置し、且つ、所定の高
    さまで盛土する毎に、その盛土上面に異形筒状の織物袋
    を法面側から水平奥方向へ配置して、該織物袋の内部に
    充填材を充填することにより補強材を形成し、且つ、該
    織物袋の前端開口部を壁面材の排水口に接続して、該前
    端開口部を透水性の栓にて封塞することを特徴とする補
    強土工法。
JP18416697A 1997-07-09 1997-07-09 補強土工法 Withdrawn JPH1129930A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18416697A JPH1129930A (ja) 1997-07-09 1997-07-09 補強土工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18416697A JPH1129930A (ja) 1997-07-09 1997-07-09 補強土工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1129930A true JPH1129930A (ja) 1999-02-02

Family

ID=16148529

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18416697A Withdrawn JPH1129930A (ja) 1997-07-09 1997-07-09 補強土工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1129930A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007051514A (ja) * 2005-08-19 2007-03-01 Mitsui Kagaku Sanshi Kk 長尺土嚢ドレーン補強工法
JP2007070820A (ja) * 2005-09-05 2007-03-22 Ashimori Ind Co Ltd 盛土の補強工法および盛土
JP2008063834A (ja) * 2006-09-07 2008-03-21 Ashimori Ind Co Ltd 長尺袋体、表土流出防止用堰、及び植物育成設備
KR101020201B1 (ko) 2008-10-30 2011-03-08 이종원 용출수 배수관 및 용출수 배수관을 이용한 절개지 사면의 배수보강공법

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007051514A (ja) * 2005-08-19 2007-03-01 Mitsui Kagaku Sanshi Kk 長尺土嚢ドレーン補強工法
JP2007070820A (ja) * 2005-09-05 2007-03-22 Ashimori Ind Co Ltd 盛土の補強工法および盛土
JP4499001B2 (ja) * 2005-09-05 2010-07-07 芦森工業株式会社 盛土の補強工法および盛土
JP2008063834A (ja) * 2006-09-07 2008-03-21 Ashimori Ind Co Ltd 長尺袋体、表土流出防止用堰、及び植物育成設備
KR101020201B1 (ko) 2008-10-30 2011-03-08 이종원 용출수 배수관 및 용출수 배수관을 이용한 절개지 사면의 배수보강공법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
AU2014227495B2 (en) Geotextile sheeting stabilized fiberglass swimming pool body
US4728227A (en) Retaining wall structure
CA2017578C (en) Embankment reinforcing structures
EP0966571B1 (en) System for collecting fluids
Koerner Emerging and future developments of selected geosynthetic applications
US4343571A (en) Reinforced earth structures
CN104131575B (zh) 一种岩溶高度发育地层坝基的堵漏排水方法
US20030126809A1 (en) Building block, system and method
US4666334A (en) Erosion control system for bluffs located adjacent a body of water
CN101591904B (zh) 先预压排水后向排水体注浆形成复合桩基的加固方法
CN103410167B (zh) 一种立体加筋刚柔复合生态挡土墙及施工方法
US6371699B1 (en) Anchored retaining wall system
US20050163576A1 (en) Retaining wall block and drainage system
CN104762955B (zh) 一种基于冻结法的人工挖孔扩底桩施工方法
RU2319806C2 (ru) Способ возведения биопозитивного крепления
US7076925B2 (en) Integrated footings
KR100924933B1 (ko) 식생토낭과 고정부재를 이용한 자연 친화적인 옹벽의시공방법 및 그 설치구조
US3226935A (en) Retaining wall and method of constructing same
JP2002501583A (ja) 擁壁システム
CA2420991C (en) Integrated footings
US6010279A (en) Retaining wall construction
JP2007530833A (ja) 補強土擁壁システム及び構築方法
CN106836246B (zh) 明挖隧道过河段围护结构的施工方法
KR100641815B1 (ko) 보강토목섬유매트 및 이를 사용한 성토시공법
US5154542A (en) Earth-retaining module, system and method

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20041005