JPH11287896A - ガラス固化体の搬送装置 - Google Patents

ガラス固化体の搬送装置

Info

Publication number
JPH11287896A
JPH11287896A JP8975198A JP8975198A JPH11287896A JP H11287896 A JPH11287896 A JP H11287896A JP 8975198 A JP8975198 A JP 8975198A JP 8975198 A JP8975198 A JP 8975198A JP H11287896 A JPH11287896 A JP H11287896A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vitrified
traveling
traveling crane
vitrified body
ball screw
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8975198A
Other languages
English (en)
Inventor
Yutaka Omura
豊 大村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
IHI Corp
Original Assignee
IHI Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by IHI Corp filed Critical IHI Corp
Priority to JP8975198A priority Critical patent/JPH11287896A/ja
Publication of JPH11287896A publication Critical patent/JPH11287896A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 保守が容易で、ガラス固化体の停止精度を高
め、且つガラス固化体を安全に搬送できる搬送装置を提
供する。 【解決手段】 放射性廃棄物をガラス固化して収容容器
に収容させたガラス固化体12を、固化体受入口58か
ら受入室55内に受入れて検査作業等の処理を実施する
際に用いられるガラス固化体の搬送装置であって、受入
室55の固化体受入口58と受入室55に設けたインデ
ックス確認装置59との間の上部に、ボールねじ44を
介して移動するようにした走行クレーン39を設け、且
つボールねじ44を駆動するための走行用モータ45を
受入室55の外部に設ける。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、原子力発電プラン
トの原子炉などにおいて発生する放射性廃棄物をガラス
固化して収容容器に収容したガラス固化体を、放射性廃
棄物処理設備の受入室に取込んでインデックス確認作業
を行う際に用いられるガラス固化体の搬送装置に関する
ものである。
【0002】
【従来の技術】原子力発電プラントなどの原子炉におい
て発生した高・中・低放射能レベルの物質(使用済燃
料、廃棄物等)は、高・中・低のレベル毎に分類され、
それらに適した専用の容器に収納して、保管、貯蔵する
ようにしている。
【0003】そして、上記放射性廃棄物を深地層内に収
納処分することにより生活圏から隔離させるようにする
ために、放射性廃棄物を先ずガラス固化して収容容器に
収容したガラス固化体を作り、該ガラス固化体を、数十
年間程度の冷却のための貯蔵を行い、その後金属製のオ
ーバーパックと呼ばれる密封容器で更に密封するオーバ
ーパック処理を施した上で、該オーバーパックを地層処
分場所へ搬入し、これらを地層処分場所に設けられた処
分孔の中へ装填して地層処分を行うようにしている。
【0004】ここで、ガラス固化体の搬入作業、ガラス
固化体の検査作業、ガラス固化体のインデックス確認作
業、及びガラス固化体の貯蔵作業は、放射性廃棄物を取
り扱う関係上、外気から隔絶された放射性廃棄物処理設
備で全てが遠隔操作で行われる必要があるため、簡単確
実、且つ、効率良く実施できなければならないという条
件がある。
【0005】しかし、上記ガラス固化体の搬入作業、ガ
ラス固化体の検査作業、ガラス固化体のインデックス確
認作業、及びガラス固化体の貯蔵作業等を行う設備は、
実験段階での試行と検討が繰返されている程度に過ぎ
ず、現在のところ実用段階の設備はまだ存在していな
い。
【0006】図6は実験的に製造された放射性廃棄物処
理設備の一例を示している。放射性廃棄物をガラス固化
処理して収容容器に収容したガラス固化体12は、該ガ
ラス固化体12を複数個収容するようにした輸送容器1
に入れられて輸送され、ガラス固化体搬入建屋2の一時
保管区域3に、天井クレーン4を介して取入れられて保
管されている。
【0007】更に、一時保管区域3の輸送容器1は、輸
送容器縦起し架台5によって縦状態に起こされて台車室
6の輸送容器搬送台車7上に載置され、ガラス固化体貯
蔵建屋8に設けられた処理室の1つである検査室9の下
部まで搬送されるようになっている。図中10は、台車
室6における検査室9の手前に設けられた輸送容器1の
検査室である。
【0008】前記検査室9には、ガラス固化体12の外
観検査、発熱量測定、寸法測定、重量測定、閉じ込め検
査、表面汚染検査、放射能量測定検査などを行う検査装
置13が備えられており、検査室9内の上部にはガラス
固化体12の搬送を行うための走行クレーン14が設け
られている。
【0009】更に検査室9の一側の下部には、前記輸送
容器搬送台車7によって搬送されてきた輸送容器1に収
容されているガラス固化体12を、前記走行クレーン1
4によって検査室9内に取入れるための固化体取入口1
5を備えている。
【0010】前記検査室9の後部には、前記検査装置1
3の検査で合格したガラス固化体12を一時保管してお
くための仮置架台9aが設けてある。
【0011】更に、該仮置架台9aの後部にはインデッ
クス確認室18が設けてあり、前記仮置架台9aのガラ
ス固化体12を、走行クレーン14によってインデック
ス確認室18に取出してインデックス確認装置18aに
より貯蔵装置への貯蔵に必要なインデックスを確認する
作業を行うようになっている。
【0012】インデックス確認室18の上部には床面走
行クレーン19を備えた搬送室16が設けられており、
前記インデックス確認装置18aによるインデックス確
認作業が終了したガラス固化体12は、インデックス確
認室18の上部に設けられた固化体払出口17から床面
走行クレーン19によって搬送室16に取り出されるよ
うになっている。
【0013】インデックス確認室18から搬送室16に
取り出されたガラス固化体12は、床面走行クレーン1
9によって貯蔵ピット20上部まで搬送され、貯蔵ピッ
ト20の収納管21に収納して貯蔵するようになってい
る。図中22はガラス固化体搬入建屋2に設けられた制
御室である。
【0014】前記検査室9に設けるようにしている走行
クレーン14は、図7〜図9に示すように、一般的に利
用されている天井クレーンと同様の構成、即ち走行ガー
ダ23と、横行トロリー24と、巻上装置25とによっ
て構成されている。
【0015】即ち、検査室9の両側に設けた走行レール
26上に、走行車輪27を介して走行できるようにした
走行ガーダ23を設け、該走行ガーダ23に前記走行車
輪27を駆動する走行モータ28を設けている。
【0016】更に、前記走行ガーダ23上に横行レール
29を設け、該横行レール29上に、横行車輪30を介
して横行できるようにトロリーフレーム31を設け、該
トロリーフレーム31に前記横行車輪30を駆動する横
行モータ32を設けて横行トロリー24を構成してい
る。
【0017】また、前記トロリーフレーム31の上部
に、巻上モータ33と、減速機34と、巻上胴35を備
えて吊具の巻上げ巻下げを行う巻上装置25を構成して
いる。
【0018】上記従来の検査室9に設けるようにしてい
る走行クレーン14は、走行モータ28の駆動による走
行レール26に沿った走行ガーダ23の走行と、横行モ
ータ32の駆動による横行レール29に沿った横行トロ
リー24の横行と、巻上装置25における巻上モータ3
3の駆動による吊具36の巻上げ巻下げとを行って、検
査室9に配置されたガラス固化体12の外観検査、発熱
量測定、寸法測定、重量測定、閉じ込め検査、表面汚染
検査、放射能量測定検査などの検査を行う検査装置13
にガラス固化体12を移動させて、ガラス固化体12の
検査を行うようになっている。
【0019】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記し
たようにガラス固化体12の検査等を行う処理室である
検査室9に備えている従来の走行クレーン14は、図7
〜図9に示したように、走行ガーダ23の走行と、横行
トロリー24の横行と、巻上装置25による吊具36の
巻上げ巻下げとを行って、検査室9に配置され検査装置
13によるガラス固化体12の種々の検査を行うように
しており、そのために、走行クレーン14には走行モー
タ28、横行モータ32及び巻上モータ33等の電動機
とそのためのケーブル類が備えられており、このように
外部と隔絶された高放射性雰囲気の検査室9内に設けら
れた電動機やケーブル類を保守点検する作業は非常に大
変であり、また前記電動機等の故障の発生時には、これ
らを救援することが非常に大変であり、復旧に長い期間
が必要になるという問題を有していた。
【0020】また、前記したように走行ガーダ23が走
行レール26上を走行車輪27により走行し、横行トロ
リー24が横行車輪30により横行レール29上を横行
するようにした構成では、車輪のスリップのために、走
行クレーン14の自動運転時における位置決め精度が悪
いという問題を有していた。
【0021】更に、前記走行クレーン14が検査室9と
インデックス確認室18の総てをカバーして走行して作
業を行うようになっていたために、ガラス固化体12を
一時保管しておくための仮置架台9aが必要であり、し
かもガラス固化体12の流れが滞ることが生じて処理能
力が低下してしまうという問題を有していた。
【0022】また、従来の走行クレーン14は、ガラス
固化体12の運搬時において地震発生時の振動から保護
するための配慮がなされていないという問題を有してい
た。
【0023】本発明は、上述の実情に鑑みてなしたもの
で、保守が容易で、しかもガラス固化体の停止精度を高
め、且つガラス固化体を安全に搬送することができるガ
ラス固化体の搬送装置を提供することを目的とするもの
である。
【0024】
【課題を解決するための手段】本発明は、放射性廃棄物
をガラス固化して収容容器に収容させたガラス固化体
を、固化体受入口から処理室内に受入れて検査作業等の
処理を実施する際に用いられるガラス固化体の搬送装置
であって、前記処理室の固化体受入口と処理室に設けた
処理装置との間の上部に、ボールねじを介して移動する
ようにした走行クレーンを設け、且つボールねじを駆動
するための走行用モータを前記処理室の外部に設けたこ
とを特徴とするガラス固化体の搬送装置、に係るもので
ある。
【0025】更に、走行クレーンの巻上装置を駆動する
スプライン軸をボールねじと平行に設け、スプライン軸
を駆動するための巻上用モータを処理室の外部に設ける
ようにしている。
【0026】また、走行クレーンの走行架台の下部に、
ガラス固化体の外周を包囲する耐震ガイドを設けたり、
走行クレーンの移動経路の下部に、ガラス固化体の下面
に接近させた落下防止ガイドを設けるようにする。
【0027】本発明によれば、走行クレーンの走行はボ
ールねじにて駆動し、ガラス固化体の巻上げ巻下げを行
う巻胴の回転はスプライン軸で駆動するようにしている
ので、受入室内部に設けられる走行クレーンの構成は著
しく簡略化され、よって走行クレーンの故障の原因とな
る部品点数を大幅に減少できるので、保守点検作業が著
しく容易になる。
【0028】また、走行クレーンの走行をボールねじに
て駆動しているので、走行クレーンの位置決め精度を工
作機械並みに高めることができる。
【0029】更に、走行用モータと巻上用モータからな
る電動機を、受入室の壁部の外部に設けるようにしてい
るので、電動機の故障発生時等に直ちに救援を行うこと
ができ、よって補修期間を短縮して稼働率を改善するこ
とができる。
【0030】走行クレーンにより吊り下げるガラス固化
体の外周を耐震ガイドにより包囲するようにしているの
で、搬送時に地震等があっても、ガラス固化体が揺動し
て処理装置等に衝突することを防止できる。
【0031】また、固化体受入口と処理装置との間にお
けるガラス固化体の移動経路の下部に、落下防止ガイド
を設けているので、万が一、ガラス固化体が走行クレー
ンの吊具から脱落するようなことがあってもガラス固化
体が損傷するのを防止できる。
【0032】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を、図
示例と共に説明する。
【0033】図3は、図6に示した放射性廃棄物処理設
備に適用した本発明を実施する設備の一例を示したもの
で、図3では、処理室の1つである検査室9に対して、
別の処理室である受入室55を独立して設けるようにし
ており、前記検査室9の検査装置13によって検査を行
って合格となったガラス固化体12は、検査室9の下部
に設けた搬送室56に備えられている搬送台車57によ
って前記受入室55の固化体受入口58の下部まで搬送
されるようになっている。
【0034】前記受入室55の内部にはインデックス確
認装置59が設けられており、また受入室55の上部に
は本発明の搬送装置である走行クレーン39が設けられ
ている。更に、前記受入室55内における固化体受入口
58の下部には、図5に示すようにスライドによって前
記固化体受入口58を開閉するようにした開口60を有
する開閉板61が設けられている。また、受入室55に
設けているインデックス確認装置59は、図4、図5に
示すように、固化体払出口17の下部において、例えば
6本のガラス固化体12を収容して回転できるようにし
た回転テーブル62を備えており、更に回転テーブル6
2側部には、回転テーブル62上のガラス固化体12の
インデックス確認を行うためのテレビカメラ63が備え
られている。
【0035】本発明の搬送装置である走行クレーン39
は、受入室55の天井部に設けた二本の平行な天井レー
ル37に対して、吊下車輪38により走行可能に吊り下
げられており、走行クレーン39は、固化体受入口58
とインデックス確認装置59との間を移動できるように
なっている。
【0036】走行クレーン39は、枠体によって矩形形
状に形成された走行架台40を備えており、該走行架台
40に備えたナット41が走行クレーン39の走行方向
と平行に設けたボールねじ44に螺合している。
【0037】前記ボールねじ44は、一端が受入室55
の一側の内面に設けた支持部42に支持され、他端が受
入室55の他側の壁部43を貫通して受入室55の外部
まで延びている。更に、前記壁部43を貫通して受入室
55の外部に延びているボールねじ44の他端には、該
ボールねじ44の回転を駆動するための走行用モータ4
5が設けられている。
【0038】また、走行架台40上に設けた巻上装置6
4の巻上げ巻下げを行うための前記ボールねじ44と平
行なスプライン軸48を設けている。該スプライン軸4
8は、走行架台40に設けたスプライン嵌合部46に嵌
合して一端が前記天井レール37に設けた支持部47に
支持され、他端が受入室55の他側の壁部43を貫通し
て受入室55の外部まで延びている。更に、前記壁部4
3を貫通して受入室55の外部に延びているスプライン
軸48の他端には、該スプライン軸48の回転を駆動す
るための巻上用モータ49が設けられている。
【0039】前記スプライン軸48に螺合しているスプ
ライン嵌合部46は減速機50を介して走行架台40に
設けた巻胴51に回転力を伝えて吊具52の巻上げ巻下
げを行うようになっている。
【0040】更に、走行クレーン39の走行架台40の
下部に、吊具52で吊り上げたガラス固化体12の外周
を包囲するようにした耐震ガイド53を設けている。
【0041】また、走行クレーン39の走行によって吊
具52が移動する固化体受入口58とインデックス確認
装置59との間の経路には、ガラス固化体12の下面に
接近させた樋状の落下防止ガイド54を設けている。
【0042】次に、上記図1〜図5に示した装置の作用
を説明する。
【0043】走行クレーン39を固化体受入口58の上
部に位置させておき、巻上用モータ49を駆動すること
により吊具52を介して、図3における搬送台車57上
のガラス固化体12を、固化体受入口58から受入室5
5内に取込む。このとき、上記したように巻上用モータ
49を駆動すると、スプライン軸48が回転されること
により、スプライン嵌合部46を介して減速機50が回
転され、これにより巻胴51が回転されて吊具52の巻
上げ巻下げが行われる。
【0044】ガラス固化体12を耐震ガイド53の内部
まで吊り上げた状態で、走行用モータ45を駆動し、ガ
ラス固化体12をインデックス確認装置59の上部に移
動させる。このとき、上記したように走行用モータ45
を駆動すると、ボールねじ44が回転し、これにより走
行架台40のナット41を介して、走行クレーン39が
天井レール37に沿って走行するようになる。また、走
行クレーン39の走行時、スプライン嵌合部46はスプ
ライン軸48に沿って移動するようになる。
【0045】再び巻上用モータ49を駆動して吊具52
を下降させることにより6本を収容できるようになって
いるインデックス確認装置59の回転テーブル62上に
載置する。
【0046】回転テーブル62上に載置されたガラス固
化体12は、テレビカメラ63によりインデックス確認
が行われた後、図3の床面走行クレーン19により固化
体払出口17を介して搬送室16に取り出される。
【0047】又、前記走行クレーン39によりガラス固
化体12を吊り下げて走行する際に、ガラス固化体12
の外周を耐震ガイド53によって包囲するようにしてい
るので、搬送時に地震等があっても、ガラス固化体12
が揺動してインデックス確認装置59等に衝突すること
を防止できる。
【0048】また、固化体受入口58とインデックス確
認装置59との間におけるガラス固化体12の移動経路
の下部に、落下防止ガイド54を設けているので、万が
一、ガラス固化体12が吊具52から脱落するようなこ
とがあってもガラス固化体12が損傷するのを防止する
ことができる。
【0049】前記したように、走行クレーン39の走行
はボールねじ44にて駆動し、ガラス固化体12の巻上
げ巻下げを行う巻胴51の回転はスプライン軸48で駆
動するようにしているので、受入室55内部に設けられ
る走行クレーン39の構成は著しく簡略化され、よって
走行クレーン39の故障の原因となる部品点数を大幅に
減少できるので、保守点検作業が著しく容易になる。
【0050】また、前記したように走行クレーン39の
走行はボールねじ44にて駆動されるので、走行クレー
ン39の位置決め精度を工作機械並みに高めることがで
きる。
【0051】更に、走行用モータ45と巻上用モータ4
9からなる電動機を、受入室55の壁部43の外部に設
けるようにしているので、電動機の故障発生時等に直ち
に救援を行うことができ、よって補修期間を短縮して稼
働率を改善することができる。
【0052】尚、本発明は上記形態例にのみ限定される
ものではなく、受入室55においてガラス固化体12を
移動する走行クレーン39以外に、検査室9等のような
ガラス固化体12を取扱う種々の処理室の走行クレーン
にも適用できること、その他本発明の要旨を逸脱しない
範囲内において種々変更を加え得ること、等は勿論であ
る。
【0053】
【発明の効果】本発明によれば、走行クレーンの走行は
ボールねじにて駆動し、ガラス固化体の巻上げ巻下げを
行う巻胴の回転はスプライン軸で駆動するようにしてい
るので、受入室内部に設けられる走行クレーンの構成は
著しく簡略化され、よって走行クレーンの故障の原因と
なる部品点数を大幅に減少できるので、保守点検作業が
著しく容易になる効果がある。
【0054】また、走行クレーンの走行をボールねじに
て駆動しているので、走行クレーンの位置決め精度を工
作機械並みに高めることができる効果がある。
【0055】更に、走行用モータと巻上用モータからな
る電動機を、受入室の壁部の外部に設けるようにしてい
るので、電動機の故障発生時等に直ちに救援を行うこと
ができ、よって補修期間を短縮して稼働率を改善するこ
とができる効果がある。
【0056】走行クレーンにより吊り下げるガラス固化
体の外周を耐震ガイドにより包囲するようにしているの
で、搬送時に地震等があっても、ガラス固化体が揺動し
て処理装置等に衝突することを防止できる効果がある。
【0057】また、固化体受入口と処理装置との間にお
けるガラス固化体の移動経路の下部に、落下防止ガイド
を設けているので、万が一、ガラス固化体が走行クレー
ンの吊具から脱落するようなことがあってもガラス固化
体が損傷するのを防止できる効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のガラス固化体の搬送装置の一例を示す
切断側面図である。
【図2】図1の平面図である。
【図3】本発明を実施する放射性廃棄物処理設備の一例
を示す切断側面図である。
【図4】受入室の斜視図である。
【図5】受入室の平面図である。
【図6】従来の放射性廃棄物処理設備の一例を示切断側
面図である。
【図7】従来のガラス固化体の搬送装置の一例を示す切
断正面図である。
【図8】図7の平面図である。
【図9】図7の側面図である。
【符号の説明】
12 ガラス固化体 13 検査装置(処理装置) 39 走行クレーン 44 ボールねじ 45 走行用モータ 48 スプライン軸 49 巻上用モータ 53 耐震ガイド 54 落下防止ガイド 55 受入室(処理室) 58 固化体受入口 59 インデックス確認装置(処理装置) 64 巻上装置

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 放射性廃棄物をガラス固化して収容容器
    に収容させたガラス固化体を、固化体受入口から処理室
    内に受入れて検査作業等の処理を実施する際に用いられ
    るガラス固化体の搬送装置であって、前記処理室の固化
    体受入口と処理室に設けた処理装置との間の上部に、ボ
    ールねじを介して移動するようにした走行クレーンを設
    け、且つボールねじを駆動するための走行用モータを前
    記処理室の外部に設けたことを特徴とするガラス固化体
    の搬送装置。
  2. 【請求項2】 走行クレーンの巻上装置を駆動するスプ
    ライン軸をボールねじと平行に設け、スプライン軸を駆
    動するための巻上用モータを処理室の外部に設けたこと
    を特徴とする請求項1記載のガラス固化体の搬送装置。
  3. 【請求項3】 走行クレーンの下部に、ガラス固化体の
    外周を包囲する耐震ガイドを設けていることを特徴とす
    る請求項1又は2記載のガラス固化体の搬送装置。
  4. 【請求項4】 走行クレーンの走行経路の下部に、ガラ
    ス固化体の下面に接近させた落下防止ガイドを設けてい
    ることを特徴とする請求項1又は2又は3記載のガラス
    固化体の搬送装置。
JP8975198A 1998-04-02 1998-04-02 ガラス固化体の搬送装置 Pending JPH11287896A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8975198A JPH11287896A (ja) 1998-04-02 1998-04-02 ガラス固化体の搬送装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8975198A JPH11287896A (ja) 1998-04-02 1998-04-02 ガラス固化体の搬送装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11287896A true JPH11287896A (ja) 1999-10-19

Family

ID=13979458

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8975198A Pending JPH11287896A (ja) 1998-04-02 1998-04-02 ガラス固化体の搬送装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11287896A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101734558A (zh) * 2009-12-31 2010-06-16 上海科大重工集团有限公司 冶金料箱桥式起重机
KR101430828B1 (ko) * 2012-11-23 2014-08-18 한국원자력연구원 방사성 세라믹 고화체 적재장치
CN105600678A (zh) * 2016-03-16 2016-05-25 无锡出新环保设备有限公司 一种用于电镀线的大件运载自动车
CN107618975A (zh) * 2017-10-25 2018-01-23 通裕重工股份有限公司 一种防辐射自控吊车

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101734558A (zh) * 2009-12-31 2010-06-16 上海科大重工集团有限公司 冶金料箱桥式起重机
KR101430828B1 (ko) * 2012-11-23 2014-08-18 한국원자력연구원 방사성 세라믹 고화체 적재장치
CN105600678A (zh) * 2016-03-16 2016-05-25 无锡出新环保设备有限公司 一种用于电镀线的大件运载自动车
CN107618975A (zh) * 2017-10-25 2018-01-23 通裕重工股份有限公司 一种防辐射自控吊车

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10304576B2 (en) Canister transfer system with independent traveling shielded bell
US5633904A (en) Spent nuclear fuel (SNF) dry transfer system
JP2012255742A (ja) 放射性構造部材の搬送方法
CN105913892A (zh) 核电厂放射性废过滤器滤芯屏蔽容器及转运系统
KR100891765B1 (ko) Ⅹ선 검사 설비
CA1202125A (en) Method and apparatus for changing filters in nuclear power stations
JPH11287896A (ja) ガラス固化体の搬送装置
JP3893952B2 (ja) 放射性物質収納容器搬送設備,放射性物質収納容器の搬送方法及び放射性物質収納容器の貯蔵方法
JPH1090464A (ja) 放射性物質収納体の受入設備
JP2004170280A (ja) 放射性物質搬送装置
JP6963922B2 (ja) 放射性物質の搬出装置、放射性物質の搬入装置並びに放射性物質の搬送システム及びその方法
US5748692A (en) Rack loader and method for transuranic transfers into and out of storage
KR101736166B1 (ko) 핫 셀 내부의 방사성 폐기물 이송시스템
KR100924311B1 (ko) 원자력발전소용 방사성 폐필터 보관장치
JP3970162B2 (ja) 地層処分時の高レベル廃棄物定置装置
JP3174031B2 (ja) 放射性廃棄体の埋設システム
JP2000321398A (ja) 遠隔保守装置
JP7034826B2 (ja) 原子炉建屋内のプールに収容された物品の搬出装置及びその搬出方法
JP2736735B2 (ja) 新燃料搬入検査作業方法
JPH11171475A (ja) 位置制御型ジブクレーン
JP2004069591A (ja) 密閉容器の貯蔵システム
CN112599276B (zh) 核电厂放射性废过滤器滤芯搬运装置
JPH05107392A (ja) 容器取扱設備
JP2005172443A (ja) 放射性物質収納施設
JPH1172591A (ja) 原子力プラントの定期点検作業装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041102

A977 Report on retrieval

Effective date: 20060830

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20061114

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070111

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070724