JPH11272087A - 転写ユニットおよびそれを用いた電子写真装置 - Google Patents

転写ユニットおよびそれを用いた電子写真装置

Info

Publication number
JPH11272087A
JPH11272087A JP10070149A JP7014998A JPH11272087A JP H11272087 A JPH11272087 A JP H11272087A JP 10070149 A JP10070149 A JP 10070149A JP 7014998 A JP7014998 A JP 7014998A JP H11272087 A JPH11272087 A JP H11272087A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
transfer
cleaning
roller
unit
bias
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP10070149A
Other languages
English (en)
Inventor
Hirochika Taguchi
博規 田口
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP10070149A priority Critical patent/JPH11272087A/ja
Publication of JPH11272087A publication Critical patent/JPH11272087A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 単一の電源でクリーニング手段と転写手段と
に給電を行うことができ、転写手段の転写バイアスを安
定化させることのできる転写ユニットを得る。 【解決手段】 中間転写体15との協働により記録媒体
19を挟持して回転し、中間転写体15上に形成された
合成画像を記録媒体19に転写する転写ローラ24と、
転写ローラ24に接触回転し、この転写ローラ24に付
着したトナー7を吸着除去して転写ローラ24をクリー
ニングするクリーニングローラ25と、トナー7の帯電
極性と逆の極性の電圧を発生し、転写バイアスを転写ロ
ーラ24に印加するとともに、トナー7に対する転写バ
イアスの電位差よりも大きな電位差となるクリーニング
バイアスをクリーニングローラ25に印加して転写ロー
ラ24とクリーニングローラ25との間に電位勾配を形
成する高圧電源27とを有する転写ユニット23とす
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、転写ユニットおよ
びそれを用いた電子写真装置に関し、特に、転写ユニッ
トにおける転写バイアスの制御に適用して有効な技術に
関する。
【0002】
【従来の技術】従来からプリンタ等に用いられる電子写
真装置において、転写ローラ(転写手段)をクリーニン
グするクリーニング手段には、転写ローラとは別の電源
からバイアスが供給されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな従来の技術では、高圧電源(電源)がクリーニング
手段用と転写ローラ用に合計2つ必要なため、コストが
かかり装置が高価なものになる。
【0004】また、クリーニングバイアスと転写バイア
スの電位差を大きくしすぎると、クリーニングバイアス
によって転写バイアスが引き上げられて転写バイアスが
不安定になり、転写が安定しなくなる。
【0005】そこで、本発明は、単一の電源でクリーニ
ング手段と転写手段とに給電を行うことのできる転写ユ
ニットおよびそれを用いた電子写真装置を提供すること
を目的とする。
【0006】また、本発明は、転写手段の転写バイアス
を安定化させることのできる転写ユニットおよびそれを
用いた電子写真装置を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】この課題を解決するため
に、本発明の転写ユニットは、中間転写体との協働によ
り記録媒体を挟持して回転し、中間転写体上に形成され
た合成画像を記録媒体に転写する転写手段と、転写手段
に接触回転し、この転写手段に付着したトナーを吸着除
去して当該転写手段をクリーニングするクリーニング手
段と、トナーの帯電極性と逆の極性の電圧を発生し、転
写バイアスを転写手段に印加するとともに、トナーに対
する転写バイアスの電位差よりも大きな電位差となるク
リーニングバイアスをクリーニング手段に印加して転写
手段とクリーニング手段との間に電位勾配を形成する電
源とを有する構成としたものである。
【0008】これにより、転写手段の転写バイアスおよ
びクリーニング手段のクリーニングバイアスに電源の電
圧が供給されているので、単一の電源でクリーニング手
段と転写手段とに給電を行うことが可能になる。
【0009】また、クリーニング手段と転写手段との間
に、クリーニング手段の方が高電圧となる電位勾配が形
成されているので、クリーニングバイアスによって転写
バイアスが引き上げられることがなくなり、転写手段の
転写バイアスを安定化させることが可能になる。
【0010】
【発明の実施の形態】本発明の請求項1に記載の発明
は、中間転写体との協働により記録媒体を挟持して回転
し、中間転写体上に形成された合成画像を記録媒体に転
写する転写手段と、転写手段に接触回転し、この転写手
段に付着したトナーを吸着除去して当該転写手段をクリ
ーニングするクリーニング手段と、トナーの帯電極性と
逆の極性の電圧を発生し、転写バイアスを転写手段に印
加するとともに、トナーに対する転写バイアスの電位差
よりも大きな電位差となるクリーニングバイアスをクリ
ーニング手段に印加して転写手段とクリーニング手段と
の間に電位勾配を形成する電源とを有する転写ユニット
であり、転写手段の転写バイアスおよびクリーニング手
段のクリーニングバイアスに電源の電圧が供給されてい
るので、単一の電源でクリーニング手段と転写手段とに
給電を行うことが可能になるという作用を有する。ま
た、クリーニング手段と転写手段との間に、クリーニン
グ手段の方が高電圧となる電位勾配が形成されているの
で、クリーニングバイアスによって転写バイアスが引き
上げられることがなくなり、転写手段の転写バイアスを
安定化させることが可能になるという作用を有する。
【0011】本発明の請求項2に記載の発明は、請求項
1記載の発明において、電源とグランドとの間には第1
の抵抗と第2の抵抗とが電気的に直列接続されており、
クリーニング手段は電源に接続され、転写手段は第1の
抵抗と第2の抵抗との間に接続されている転写ユニット
であり、転写手段の転写バイアスとして第1の抵抗と第
2の抵抗とで分圧された電源の電圧が供給され、クリー
ニング手段のクリーニングバイアスとして電源の電圧が
供給されるので、単一の電源でクリーニング手段と転写
手段とに給電を行うことが可能になるという作用を有す
る。また、クリーニング手段と転写手段との間に、クリ
ーニング手段の方が高電圧となる電位勾配が形成されて
いるので、クリーニングバイアスによって転写バイアス
が引き上げられることがなくなり、転写手段の転写バイ
アスを安定化させることが可能になるという作用を有す
る。
【0012】本発明の請求項3に記載の発明は、請求項
1記載の発明において、転写手段の中心部分とグランド
との間に抵抗が接続され、電源からグランドに向かっ
て、クリーニング手段、転写手段、抵抗が電気的に直列
接続されている転写ユニットであり、転写手段の転写バ
イアスとして抵抗と転写手段が有する電気抵抗とで分圧
された電源の電圧が供給され、クリーニング手段のクリ
ーニングバイアスとして電源の電圧が供給されるので、
単一の電源でクリーニング手段と転写手段とに給電を行
うことが可能になるという作用を有する。また、クリー
ニング手段と転写手段との間に、クリーニング手段の方
が高電圧となる電位勾配が形成されているので、クリー
ニングバイアスによって転写バイアスが引き上げられる
ことがなくなり、転写手段の転写バイアスを安定化させ
ることが可能になるという作用を有する。
【0013】本発明の請求項4に記載の発明は、請求項
1、2または3記載の転写ユニットが用いられた電子写
真装置であり、良好な画像品質の転写画像を得ることが
可能になるという作用を有する。
【0014】以下、本発明の実施の形態について、図1
および図2を用いて説明する。なお、これらの図面にお
いて同一の部材には同一の符号を付しており、また、重
複した説明は省略されている。
【0015】図1は本発明の一実施の形態である電子写
真装置の全体構成を示す説明図、図2は図1の電子写真
装置における転写ユニットの変形例を示す説明図であ
る。
【0016】図1に示す電子写真装置は、感光体ベルト
1上にレーザビーム10aで形成された潜像を各色の現
像器3K,3Y,3M,3Cで現像し、顕画化された単
色画像を一旦中間転写体15と呼称する像形成媒体上に
転写して合成し、中間転写体15上の合成像を一括して
用紙に転写する、いわゆる中間転写体方式の電子写真装
置である。
【0017】このような電子写真装置において、アルミ
ニウムなどの金属箔を基材とし、その外周面上に有機光
導電体(OPC)等の感光受容層が薄膜状に塗布された
閉ループ状の感光体ベルト(像担持体)1は、感光体ベ
ルト1を駆動する1個の駆動ローラ13および感光体ベ
ルトに張力を与える2個のテンションローラ14によっ
て支持され、駆動モータ(図示せず)によって矢印A方
向に周回動される。
【0018】感光体ベルト1の周面には、矢印Aで示す
回動方向に帯電器2、露光光学系10、ブラック
(K)、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン
(C)の各色の現像ユニット3、中間転写体(像担持
体)15、クリーニングブレード(クリーニング手段)
11および除電器12が順次配置されている。
【0019】帯電器2はタングステンワイヤ等からなる
帯電線2aと金属板からなるシールド板2bおよびグリ
ッド板2cによって構成されている。そして、帯電線へ
負の高電圧を印加すると帯電線2aがコロナ放電を起こ
し、グリッド板2cに例えば−700Vの電圧を印加す
ると感光体ベルト1の表面は一様に−600V程度の負
の電位に帯電する。
【0020】露光光学系10はレーザ駆動装置、ポリゴ
ンミラー、レンズ系、ポリゴンミラー回転用のモータ
(スキャナモータ)等(図示せず)で構成され、帯電さ
れた感光体ベルト1上に露光光線10aを照射して静電
潜像を形成する。この露光光線10aは画像データ変換
手段(図示せず)からの画像信号をレーザ駆動回路(図
示せず)によりパルス幅変調して得られ、感光体ベルト
1上に特定色の画像データに対応する静電潜像を形成す
るものである。
【0021】4台の各現像ユニット3はそれぞれブラッ
ク、イエロー、マゼンタ、シアンのトナー7を収納して
いる。各色の現像ユニット3には、トナー7を搬送する
トナー供給ローラ4、短形状に屈曲形成されてトナー7
を攪拌するトナー攪拌部材6、攪拌・搬送されたトナー
7により現像を行う現像ローラ8を有している。現像ロ
ーラ8とトナー供給ローラ4は、ステンレス等の金属を
基材としてその外周面上にウレタンやシリコン等が層状
に形成されており、現像ユニットハウジング5の両側に
回転可能に軸支されている。そして、トナー供給ローラ
4により供給されてきたトナー7は、ウレタンまたはシ
リコン等により形成されたトナー薄層化ブレード9によ
り摩擦帯電されて現像ローラ8の外周面上に薄層化され
る。
【0022】各色の現像は、現像ローラ8に負の電圧を
印加して回転させながら、選択された現像ユニット、例
えばブラック現像ユニット3を移動させて現像ローラ8
を感光体ベルト1に接触させて行う。
【0023】潜像が形成された部分の感光体ベルト1の
表面電位は−50〜−100V近くに上昇している。し
たがって、現像ローラ8に−300V程度の負の電位を
与えることで、感光体ベルト1から現像ローラ8の方向
に電界が発生する。この結果、現像ローラ8上の負に帯
電したトナー7には電界の逆、即ち感光体ベルト1の方
向にクーロン力が作用するので、トナー7は感光体ベル
ト1に形成された潜像部分に付着する。一方潜像が形成
されていない部分の感光体ベルト1の表面電位は−60
0Vであるから、現像バイアスを印加しても電界は現像
ローラ8から感光体ベルト1の方向に生じるため、トナ
ー7は感光体ベルト1には付着しない。これにより、感
光体ベルト1上に形成された静電潜像が顕像化される。
【0024】なお、以上のような現像プロセスは、光が
照射された部分(即ち白)にトナーを付着させる(即ち
黒)ため、一般にネガポジプロセスあるいは反転現像と
呼称されている。
【0025】クリーニングブレード11は感光体ベルト
1を挟んで一方のテンションローラ14の近傍に配置さ
れており、感光体ベルト1から中間転写体15の転写後
に感光体ベルト1に残っている残留トナーを除去する。
【0026】除電器12は赤色LEDを複数個配置した
ものであり、感光体ベルト1上の残留電位を除去する。
【0027】次に中間転写体周辺の構成について説明す
る。中間転写体15は、アルミ等の金属からなる例えば
直径200mm程度の素管16に中抵抗体の樹脂等から
なるベルト形状のシート17が巻かれたもので、駆動モ
ータ(図示せず)によって感光体ベルト1の回転方向A
と順方向となる回転方向Bに周回動される。そして、感
光体ベルト1に形成された各色の単色画像が中間転写体
15上に順次重ね転写されてフルカラー画像が形成され
る。
【0028】次に、給紙系および定着系の構成について
説明する。印字用紙などの記録媒体19は、記録媒体カ
セット18から給紙ローラ20により1枚ずつ用紙搬送
路に送り出される。
【0029】用紙搬送路上には、レジストローラ21
と、このレジストローラ21に当接している従動ローラ
22とが配置されている。そして、送り出された記録媒
体19と中間転写体15上に形成されたトナー像とを一
致させるため、記録媒体19はこれらレジストローラ2
1と従動ローラ22によって一時的に停止待機される。
【0030】中間転写体15の外周面と所定量にわたっ
て接触する転写ユニット23が配置されている。
【0031】この転写ユニット23は、中間転写体15
に接触してこの中間転写体15の回転方向と順方向に回
転し、中間転写体15上の合成画像を記録媒体22に転
写する転写ローラ(転写手段)24と、中間転写体15
上の合成画像を記録媒体22に転写するための転写バイ
アスを転写ローラ24に印加する高圧電源(電源)27
とを有している。
【0032】転写ローラ24には、導電性部材からな
り、トナー7の帯電極性と逆の極性を発生する高圧電源
27で発生したクリーニングバイアスが印加されて転写
ローラ24をクリーニングするクリーニングローラ(ク
リーニング手段)25が回転可能に接触して設けられて
いる。
【0033】図示するように、高圧電源27とグランド
との間には、抵抗(第1の抵抗)28と抵抗(第2の抵
抗)29とが直列接続されており、転写ローラ24は抵
抗28と抵抗29との間に電気的に接続されている。し
たがって、転写ローラ24には、抵抗28と抵抗29と
で分圧された高圧電源27からの電圧が転写バイアスと
して印加される。また、クリーニングローラ25は高圧
電源27に電気的に接続されている。したがって、クリ
ーニングローラ25には、高圧電源27からの電圧がそ
のままクリーニングバイアスとして印加される。これに
より、クリーニングローラ25と転写ローラ24との間
には、クリーニングローラ25の方が高電圧となる電位
勾配が形成される。
【0034】ここで、高圧電源27の電圧をVとする
と、クリーニングローラ25は高圧電源27に接続され
ているので、クリーニングバイアスVcは、Vc=Vと
なる。また、転写ローラ24は抵抗28と抵抗29との
間に接続されているので、抵抗28の電気抵抗をr、抵
抗29の電気抵抗をRとすると、転写バイアスVtは、
Vt=V・R/(R+r)となる。
【0035】紙詰まりなどによって転写ローラ24がト
ナー7で汚染された場合には、転写ローラ24に付着し
たトナーは、前述した電位勾配によってクリーニングロ
ーラ25に静電的に付着する。そして、クリーニングロ
ーラ25に付着したトナーはクリーニングブレード26
によって掻き落とされ、図示しない廃トナーボックスに
回収される。
【0036】転写ユニット23よりも搬送方向下流側に
は、内部に熱源を有するヒートローラ30と加圧ローラ
31とから構成された定着器32が配置されている。こ
の定着器32において、記録媒体18上に転写された合
成画像はヒートローラ30と加圧ローラ31の狭持回転
に伴い圧力と熱によって記録媒体18に定着され、カラ
ー画像が形成される。
【0037】このように、本実施の形態の転写ユニット
23によれば、転写ローラ24の転写バイアスとして、
抵抗28と抵抗29とで分圧された高圧電源27の電圧
が供給され、クリーニングローラ25のクリーニングバ
イアスとして高圧電源27の電圧が供給されているの
で、単一の高圧電源27でクリーニングローラ25と転
写ローラ24とに給電を行うことが可能になる。
【0038】また、本実施の形態の転写ユニット23に
よれば、抵抗28と抵抗29とにより、クリーニングロ
ーラ25と転写ローラ24との間に、クリーニングロー
ラ25の方が高電圧となる電位勾配が形成されているの
で、クリーニングバイアスによって転写バイアスが引き
上げられることがなくなり、転写ローラ24の転写バイ
アスを安定化させることが可能になる。
【0039】ここで、転写ユニット23においては、図
2に示すように、転写ローラ24の中心部分とグランド
との間に抵抗29を設け、高圧電源27からグランドに
向かって、クリーニングローラ25、転写ローラ24、
抵抗29を電気的に直列接続するようにしてもよい。
【0040】このような転写ユニット23によれば、転
写ローラ24には、転写ローラ24と抵抗29とで分圧
された高圧電源27からの電圧が転写バイアスとして印
加される。また、クリーニングローラ25には、高圧電
源27からの電圧がそのままクリーニングバイアスとし
て印加される。これにより、クリーニングローラ25と
転写ローラ24との間には、クリーニングローラ25の
方が高電圧となる電位勾配が形成される。
【0041】そして、高圧電源27の電圧をVとする
と、クリーニングローラ25は高圧電源27に接続され
ているので、クリーニングバイアスVcは、Vc=Vと
なる。また、転写ローラ24は高圧電源27と抵抗29
との間に接続されているので、抵抗29の電気抵抗を
R、転写ローラ24の電気抵抗をrとすると、転写バイ
アスVtは、Vt=V・R/(R+r)となる。
【0042】したがって、このような転写ユニット23
においても、単一の高圧電源27でクリーニングローラ
25と転写ローラ24とに給電を行うことが可能にな
る。また、クリーニングバイアスによって転写バイアス
が引き上げられることがなくなり、転写ローラ24の転
写バイアスを安定化させることが可能になる。
【0043】
【発明の効果】以上のように、本発明の転写ユニットに
よれば、転写手段の転写バイアスおよびクリーニング手
段のクリーニングバイアスに電源の電圧が供給されてい
るので、単一の電源でクリーニング手段と転写手段とに
給電を行うことが可能になるという有効な効果が得られ
る。
【0044】また、本発明の転写ユニットによれば、ク
リーニング手段と転写手段との間に、クリーニング手段
の方が高電圧となる電位勾配が形成されているので、ク
リーニングバイアスによって転写バイアスが引き上げら
れることがなくなり、転写手段の転写バイアスを安定化
させることが可能になるという有効な効果が得られる。
【0045】そして、このような転写ユニットが用いら
れた本発明の電子写真装置によれば、良好な画像品質の
転写画像を得ることが可能になるという有効な効果が得
られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施の形態である電子写真装置の全
体構成を示す説明図
【図2】図1の電子写真装置における転写ユニットの変
形例を示す説明図
【符号の説明】
7 トナー 15 中間転写体 19 記録媒体 23 転写ユニット 24 転写ローラ(転写手段) 25 クリーニングローラ(クリーニング手段) 27 高圧電源(電源) 28 抵抗(第1の抵抗) 29 抵抗(第2の抵抗)

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】中間転写体との協働により記録媒体を挟持
    して回転し、前記中間転写体上に形成された合成画像を
    前記記録媒体に転写する転写手段と、 前記転写手段に接触回転し、この転写手段に付着したト
    ナーを吸着除去して当該転写手段をクリーニングするク
    リーニング手段と、 トナーの帯電極性と逆の極性の電圧を発生し、転写バイ
    アスを前記転写手段に印加するとともに、前記トナーに
    対する前記転写バイアスの電位差よりも大きな電位差と
    なるクリーニングバイアスを前記クリーニング手段に印
    加して前記転写手段と前記クリーニング手段との間に電
    位勾配を形成する電源とを有することを特徴とする転写
    ユニット。
  2. 【請求項2】前記電源とグランドとの間には第1の抵抗
    と第2の抵抗とが電気的に直列接続されており、前記ク
    リーニング手段は前記電源に接続され、前記転写手段は
    前記第1の抵抗と前記第2の抵抗との間に接続されてい
    ることを特徴とする請求項1記載の転写ユニット。
  3. 【請求項3】前記転写手段の中心部分とグランドとの間
    に抵抗が接続され、前記電源から前記グランドに向かっ
    て、前記クリーニング手段、前記転写手段、前記抵抗が
    電気的に直列接続されていることを特徴とする請求項1
    記載の転写ユニット。
  4. 【請求項4】請求項1、2または3記載の転写ユニット
    が用いられていることを特徴とする電子写真装置。
JP10070149A 1998-03-19 1998-03-19 転写ユニットおよびそれを用いた電子写真装置 Withdrawn JPH11272087A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10070149A JPH11272087A (ja) 1998-03-19 1998-03-19 転写ユニットおよびそれを用いた電子写真装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10070149A JPH11272087A (ja) 1998-03-19 1998-03-19 転写ユニットおよびそれを用いた電子写真装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11272087A true JPH11272087A (ja) 1999-10-08

Family

ID=13423242

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10070149A Withdrawn JPH11272087A (ja) 1998-03-19 1998-03-19 転写ユニットおよびそれを用いた電子写真装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11272087A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7317884B2 (en) 2004-10-20 2008-01-08 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus featuring a defined relationship among an image length, transforming member length, and length of an electric field area
US9026016B2 (en) 2011-08-09 2015-05-05 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7317884B2 (en) 2004-10-20 2008-01-08 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus featuring a defined relationship among an image length, transforming member length, and length of an electric field area
US9026016B2 (en) 2011-08-09 2015-05-05 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001175092A (ja) 画像形成装置
JP2005114975A (ja) 画像形成装置
JPH06289666A (ja) 電子写真装置
JPH10186775A (ja) カラー画像形成装置
JPH11272087A (ja) 転写ユニットおよびそれを用いた電子写真装置
JP2005025010A (ja) 画像形成装置およびクリーニング装置
JP3234103B2 (ja) 電子写真装置のクリーニング装置
JP3025070B2 (ja) 電子写真装置
JPH09114322A (ja) 電子写真装置
JP2914531B2 (ja) 多色画像形成装置
JP2002268322A (ja) 多色画像形成装置
JP2002202653A (ja) 画像形成装置
JPH0962111A (ja) 画像形成装置
JPH07140809A (ja) 画像形成装置
JP2000172043A (ja) カラー画像形成装置
JPH09251225A (ja) カラー画像形成装置
JPH05297734A (ja) 画像形成装置
JPH0996972A (ja) 電子写真装置および電子写真の転写方法
JP2000098683A (ja) 多色画像形成装置
JPH08254936A (ja) 画像形成装置
JPH10260563A (ja) カラー画像形成装置
JPH09311602A (ja) 画像形成装置
JPH06208276A (ja) 多色画像形成装置
JPH1063061A (ja) 画像形成装置及び画像形成方法
JP2000221811A (ja) クリーニング装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050322

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20050413

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20050627

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20070613