Connect public, paid and private patent data with Google Patents Public Datasets

電子モール装置及びコンピュータ読取り可能な記録媒体

Info

Publication number
JPH11259576A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
product
data
electronic
device
images
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP7319098A
Other languages
English (en)
Inventor
Kaku Niwa
Masami Noda
Tomeo Tanigawa
革 丹羽
百明生 谷川
正美 野田
Original Assignee
Best Mix Consultant:Kk
株式会社ベストミックスコンサルタント
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 電子モール装置ごとにホームページを開設す
る手間とコストとを低減するとともに、電子モールの商
品データの修正等のメンテナンスを容易とし、さらに、
購入者と販売者とが商品の売買取引を行うに当たって、
非公開の状態で商談をすることを可能とする電子モール
装置を提供する。 【解決手段】 購入者からある商品が選択されたら、そ
の商品に対応したホームページを備えた外部装置に回線
接続を行い、その商品を説明する表示画像についてのh
tmlデータを取り込む。そして、その取り込んだデー
タを表示した商品表示用画像200aと、予め登録され
た商品購入用画像200bのデータとを1つの表示画像
データに合成してショッパー側の端末に表示する。ま
た、商談を行うための掲示板を設け、注文前に値下げ交
渉等を行うことができるようにする。この掲示板には、
購入者と販売者のみがアクセス可能とする。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、コンピュータ端末
を使って商品の売買を行う電子モールシステムに関する
ものである。

【0002】

【従来の技術】従来の電子モールシステムは、一般にま
ず、ホームページを出して自分の商品を販売したいテナ
ントが、電子モールサービスを行っているシステムに登
録した上で、そこに販売したい商品データを送信してホ
ームページを開設する。次に購入者はその商品の購入を
する場合にはその電子モール上の注文ページ上で所定の
売買取引手続を行う。こうして販売者と購入者間で商品
の売買契約が成立する。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】しかし、上記従来の電
子モールシステムでは、販売者はホームページを掲載す
る電子モールごとにホームページを制作する必要があ
る。その商品データを訂正したり、新商品のデータを追
加したりする場合でも、すべての登録電子モールに対し
て修正する必要がある。その際、電子モールごとに登録
の方法が違うため、複数の電子モールへの登録はその運
営上極めて難しい。また、従来のホームページでの発注
は、ホームページに提示されている価格で発注するか、
電子メールで個々に問い合わせるしかなく、細かく商談
を進めることができない。また、従来より掲示板システ
ム(Bulletin Board System )が存在するが、これは任
意の者がアクセスすることができるため、秘密を保持す
ることができない。

【0004】そこで、本発明は、電子モールシステムご
とにホームページを開設する手間とコストとを低減する
とともに、そのメンテナンスを容易に行うことができ、
ショッパーとテナントとが商品の売買取引を行うに当た
って、非公開の状態で商談を行うことを可能とする電子
モール装置及びコンピュータ読取り可能な記録媒体を提
供することを目的とする。

【0005】

【課題を解決するための手段】本発明は上記問題点を解
決するために創作されたものであって、第1には、商品
等の販売対象物を販売者と購入者との間で端末操作によ
り売買を行うための電子モール装置であって、購入者が
購入を行うための購入用画像についてのデータと、上記
販売対象物についての表示画像についてのデータを格納
した外部装置の宛先の情報とを少なくとも格納する記憶
手段と、購入者が選択した上記販売対象物に関する表示
画像についてのデータを格納した上記外部装置の宛先に
回線接続を行い、上記販売対象物についての表示画像に
ついてのデータを受信する受信手段と、上記購入用画像
についてのデータと、上記受信手段により受信した上記
販売対象物に関する表示画像についてのデータとを1つ
の表示画像として合成したデータを購入者側の端末に送
信する送信手段と、を有することを特徴とする。上記第
1の構成においては、購入者がある販売対象物を選択し
た場合には、上記受信手段が、該販売対象物についての
表示情報についてのデータを格納した外部装置の宛先に
回線接続を行い、上記販売対象物についての表示画像の
データを受信する。回線接続の宛先の情報は、上記記憶
手段に格納されている。そして、上記送信手段は、上記
記憶手段に格納された購入用画像についてのデータと、
上記受信手段により受信した上記販売対象物に関する表
示画像についてのデータとを1つの表示画像として合成
したデータを購入者側の端末に送信する。よって、購入
者は、該送信手段から送信された表示画像により販売対
象物の内容を知ることができ、販売対象物を購入したい
場合には、上記購入用画像により購入することができ
る。上記構成の電子モール装置によれば、該販売対象物
についての表示画像を外部装置から読み込んで表示する
ので、電子モール装置のためにわざわざ販売対象物につ
いての表示画像のデータ、例えば、ホームページ用のh
tmlデータを作成する必要がなく、電子モールの開設
が非常に容易となる。また、商品の情報を変更する場合
にも上記外部装置に格納された上記販売対象物について
の表示画像のデータを書き換えるのみでよく、また、新
商品を加えたい場合にも、その商品についての情報を該
外部装置に備えて、該電子モール装置に登録するのみで
よく、メンテナンスが非常に容易となる。

【0006】また、第2には、上記第1の構成におい
て、上記記憶手段には、商談を行うための掲示部であっ
て、購入者及び販売者の書込み内容についてのデータを
累積的に格納する掲示部についてのデータが格納され、
上記購入者の所定の操作に基づき上記記憶手段に記憶さ
れた掲示部についてのデータが読み出されて、個別の売
買についての個別掲示部として保持され、上記送信手段
が、購入者側の端末と販売者側の端末のいずれかからの
操作に基づき、上記個別掲示部に格納されたデータを送
信することを特徴とする。

【0007】また、第3には、商品等の販売対象物を販
売者と購入者との間で端末操作により売買を行うための
電子モール装置であって、商談を行うための掲示部であ
って、購入者及び販売者の書込み内容についてのデータ
を累積的に格納する掲示部についてのデータを格納する
記憶手段と、上記購入者の所定の操作に基づき上記記憶
手段に記憶された掲示部についてのデータを読み出し、
個別の売買についての個別掲示部として保持する保持手
段と、購入者側の端末と販売者側の端末のいずれかから
の操作に基づき、上記個別掲示部に格納されたデータを
送信する送信手段と、を有することを特徴とする。

【0008】この第2及び第3の構成においては、購入
者が所定の操作を行うと、上記記憶手段に記憶された掲
示部についてのデータが読み出され、上記保持手段によ
り個別の売買についての個別掲示部として保持される。
この掲示部には、購入者及び販売者の書込み内容につい
てのデータが累積的に格納される。そして、購入者側の
端末と販売者側の端末のいずれかからの操作に基づき、
上記個別掲示部に格納されたデータが上記送信手段によ
り送信されるので、販売者と購入者はこの掲示板を利用
して商談を行うことができる。

【0009】また、第4には、上記第2又は第3の構成
において、上記掲示部については、ある販売対象物につ
いての該販売対象物を選択した購入者と該販売対象物を
販売する販売者のみがアクセス可能であることを特徴と
する。よって、商談の内容を他人に知られないようにす
ることができる。

【0010】また、第5には、商品等の販売対象物を販
売者と購入者との間で端末操作により売買を行うための
プログラムを格納した記録媒体であって、購入者が購入
を行うための購入用画像についてのデータと、上記販売
対象物についての表示画像についてのデータを格納した
外部装置の宛先の情報とを少なくとも格納する記憶処理
と、購入者が選択した上記販売対象物に関する表示画像
についてのデータを格納した上記外部装置の宛先に回線
接続を行い、上記販売対象物についての表示画像につい
てのデータを受信する受信処理と、上記購入用画像につ
いてのデータと、上記受信手段により受信した上記販売
対象物に関する表示画像についてのデータとを1つの表
示画像として合成したデータを購入者側の端末に送信す
る送信処理と、をコンピュータに実行させるためのプロ
グラムを記録したことを特徴とする。

【0011】

【発明の実施の形態】本発明の実施の形態としての一具
体例を図面を利用して説明する。本発明に基づく電子モ
ールシステムEは、基本的に、上記購入者としてのショ
ッパーと、上記販売者としてのテナントとをインターネ
ットを介してネットワークを形成し商品の売買取引を行
うことを可能とする通信販売システムである。すなわ
ち、電子モールに出店したテナントが陳列する商品を、
上記ショッパーが購買することを可能とするサービスを
提供するものである。但し、別個に開設してあるテナン
トのホームページのhtmlデータをそのまま利用でき
る点と、ショッパーとテナントだけが利用できる掲示板
を使って商談をすることが可能である点に大きな特徴を
有している。

【0012】この電子モールシステムEには、図1に示
すように、テナント側端末装置Tと、ショッパー側端末
装置Uと、上記外部装置としての外部ウェブサーバ装置
Wと、上記電子モール装置としての電子モールサーバ装
置1と、各装置を接続する通信回線K1、K2、K3、
K4とが設けられている。なお、ショッパー側端末装置
Uと電子モールサーバ装置1間及びテナント側端末装置
Tと外部ウェブサーバ装置W間、テナント側端末装置T
と電子モールサーバ装置1間の各通信回線の接続はそれ
ぞれ、ブロバイダーの接続装置P1、P2を介してい
る。また、通信回線K4は、テナント側端末装置Tを使
用する会社又は個人(以下、「テナント」という。)が
この通信回線K4を使用して外部ウェブサーバ装置Wに
ホームページを開設した後は本実施例では使用しないも
のである。

【0013】ここで、上記テナント側端末装置Tは、少
なくともCPU及び入出力制御部、入・出力装置、表示
装置、通信装置(モデム、TA又はルータ)などにより
構成されている。そして、このハードウェアには、少な
くとも後記する外部ウェブサーバ装置Wや電子モールサ
ーバ装置1に接続するためのソフトウェアが組み込まれ
ている。上記ショッパー側端末装置Uは、テナント側端
末装置Tと同様なハードウェア構成を有しており、この
ハードウェアには、少なくとも後記する電子モール装置
1に接続するためのソフトウェアが組み込まれている。
上記外部ウェブサーバ装置Wは、テナントが登録し開設
したホームページのhtmlデータを通信回線を介して
一般ユーザー(必ずしもこの電子モールシステムEに接
続できる者とは限らない。)へ送信するものである。

【0014】上記電子モールサーバ装置1は、この電子
モールシステムEの中核をなすものであって、CPU1
0と、通信装置20と、記憶装置30とを有している。
上記CPU10は、後記する通信装置20、記憶装置3
0などを全般的に制御するものである。上記通信装置2
0は、CPU10によって制御されながら、ショッパー
側端末装置Uやテナント側端末装置Tへ向けて画像デー
タを送信したり、ショッパー側端末装置Uやテナント側
端末装置T、外部ウェブサーバ装置Wからの画像データ
を受信するためのものである。

【0015】上記記憶手段としての上記記憶装置30
は、データベース100と、動作制御プログラム格納部
110とを格納している。データベース100は、この
電子モールシステムEに登録した各種データを格納する
ためのものであって、テナント会員データベース102
と、商品データ・外部Web情報データベース104
と、を有している。ここで、テナント会員データベース
102には、テナントの名称又は氏名、性別、県名、住
所、電話番号、郵便番号、パスワード、ID、HTML
ファイル/URL、E−mailアドレス等の各種デー
タが格納され、上記テナント会員登録フレーム83によ
って表示された画面上で入力した各種データが蓄積され
る。

【0016】また、商品データ・外部Web情報データ
ベース104には、テナントが陳列する商品の名称、仕
様、価格、消費税の税別/税込、送料、カテゴリー、キ
ーワード等の各種データが格納されている。つまり、上
記商品登録フレーム81によって表示された画面上で入
力した各種データが蓄積されている。さらに、この商品
データ・外部Web情報データベース104には、外部
ウェブサーバ装置Wから取り込んだホームページのht
mlデータを格納する機能も有している。

【0017】また、動作制御プログラム格納部110
は、電子モールサーバ1を動作させるための各種動作プ
ログラムが格納され、具体的には、図3〜図5に示すフ
ローチャートに示すプログラムが格納されている。な
お、上記受信手段と送信手段とは、上記CPU10、通
信装置20、記憶装置30等により構成される。

【0018】次に、本発明に基づく電子モールシステム
Eの一連の処理について、図2、図3フローチャート
と、図4から図12までに示される表示画面とを利用し
て説明する。なお、表示画面を示す各図面は、上記ショ
ッパー側端末装置U又は上記テナント側端末装置Tにお
ける表示装置のそれぞれに表示される実際の各画面を簡
易に例示したものである。従って、各画面の表示内容
は、これらの画面に限定されるものではなく任意であ
る。また、以下の説明では、ショッパーAがショッパー
側端末装置Uを、テナントであるB会社がテナント側端
末装置Tを操作するものとし、基本的に入力装置として
マウスとキーボードとを使用するものとする。

【0019】まず、ショッパーAが、電子モールサーバ
1に氏名、E−mailアドレス等の登録を行う。これ
により、ショッパーAは、電子モールサーバ1が提供す
るサービスを受けることができ、商品を購買することが
可能となる。

【0020】次に、テナントが、別個にホームページを
開設する。そして、電子モールサーバ1にテナントの諸
情報を登録する。従って、例えば、テナントであるB会
社は、電子モールサーバ1が提供するサービスを受ける
ことが可能となり、電子モールに出店することができ、
商品を陳列することが可能となる。また、陳列する商品
を登録する場合には、図4に示す商品登録フォームに所
定の事項を入力する必要がある。この商品登録フォーム
等は外部装置の宛先の情報を記憶手段に登録するための
上記格納手段として機能する。

【0021】例えば、テナントであるB会社が「快適椅
子」についての商品の登録を行う場合には、図4に示す
ように記入する。つまり、商品名、仕様、商談ルームを
使用するか否か等を登録する。例えば、商品名の欄に
「快適椅子」とその名称を入力し、仕様の欄に「革張
り」と入力し、商談ルーム(掲示板)を使用するか否か
につき、商談ルーム(掲示板)の欄に、「使用する
(B)」のラジオボタンをチェックし、かつ、価格を
「25000」と入力し、さらに、「税別」のラジオボ
タンをチェックする。また、商品情報のあるURL/H
TMLファイル名の欄には所定の入力を行い、この「快
適椅子」のカテゴリを選択する。必要があれば、備考欄
又はキーワード欄に対して所定の入力を行う。以上の入
力内容でよければ「商品登録」にマウスカーソルを合わ
せクリックする。よって、この「快適椅子」に関する事
項がこの電子モールシステムEに登録される。登録され
た内容は電子モールサーバ1に送られ、データベース1
00における商品データ・外部Web情報データベース
104に格納される。

【0022】次に、ショッパーAがショッパー側端末装
置Uを操作して、電子モールサーバ1に接続する。これ
は、インターネットにより所定のURLに対して接続す
ることにより行われる。そして、所定の操作により図5
に示すようなテナントインデックス画面をショッパー側
端末装置Uに表示する(S10)。つまり、該テナント
インデックス画面のhtmlデータを上記通信装置20
によりショッパー側端末装置U側に送信して、ショッパ
ー側端末装置Uのディスプレイに表示する。このテナン
トインデックス画面は、各テナントが「ファッション・
アパレル」、「ハウジング・リビング」、「フード・グ
ルメ」、「メディカル・ヘルスケア」、「教育・カルチ
ャー・ホビー」、「ギフト・冠婚葬祭」などの分野別に
構成されている。テナント名の情報は上記テナント会員
データベース102から読み出され、どこの分野に分類
するかはテナントが登録時に指定した分野に従う。

【0023】次に、テナントインデックス画面に表示さ
れているテナントの中からテナントを検索する操作が行
われたか否かが判定される(S11)。そして、当該操
作が行われた場合には、図6に示すような所定のテナン
トの商品インデックス画面が表示される(S8)。この
商品インデックス画面は、所定のフレームデータに所定
の情報、例えば、分野や登録商品名を書き込んだ形で表
示される。

【0024】例えば、ショッパーAが図5に示すテナン
トインデックス画面の「ハウジング・リビング」の「そ
の他」に属する「B会社」を検索したいときは、その会
社名上にマウスカーソルを合わせクリックする。する
と、B会社を選択した旨の情報が電子モールサーバ1に
送られ、これを受けた電子モールサーバ1においては、
所定のフレームデータに、B会社の名称、B会社の商品
が掲載されたホームページのURL、B会社が登録した
商品の名称を書き込んだ形で商品インデックス画面の表
示を行う(図6参照)。上記B社のホームページのUR
Lや、商品の名称は、B会社が商品の登録時に登録した
情報であり、商品データ・外部Web情報データベース
104に格納されているので、この商品データ・外部W
eb情報データベース104から読み出せばよい。な
お、図6に示すテナントインデックス画面においては、
商品名として「快適椅子」のみ表示されているが、B会
社の商品として他にも商品が登録されている場合には、
スクロールボタン(図6で、「快適椅子」の右側にある
ボタン)をクリックすれば該他の商品も表示されること
になる。

【0025】一方、テナントを検索する操作以外の操作
が行われた場合には、その操作に応じた処理が行われる
(S30)。例えば、前の画面に戻る操作を行った場合
には、前に表示されていた画面に戻り、通信を切断する
操作が行われた場合には、通信を切断する処理を行う。
つまり、この「別処理」には、電子モールシステムの
「END(終了)」をも含むものである。以下同様であ
る。

【0026】次に、商品インデックス画面に表示されて
いる商品の中から選択したい商品を1つ検索する操作が
行われたか否かが判定される(S13)。この操作は、
商品インデックス画面(図6参照)に登録された商品の
中から所定の商品を選択し、「商品を見る」のアイコン
をクリックすることにより行われる。この操作を行う
と、上記購入用画像としての商品購入用画面200bの
データを読み出すとともに(S14)、選択された商品
について登録されたURLで指定されたホームページが
登録された外部ウェブサーバWに対して回線接続を行い
(S15)、当該ホームページのhtmlデータを取り
込む(S16)。このURLが、上記販売対象物に関す
る表示画像についてのデータを格納した外部装置の宛先
の情報に該当する。また、上記ホームページのhtml
データが、販売対象物に関する表示画像についてのデー
タに該当する。また、商品購入用画面200bのデータ
は、動作制御プログラム格納部110に格納されている
ので、ここから読み出される。

【0027】例えば、ショッパーAが図6に示す商品イ
ンデックス画面に表示されているテナントであるB会社
の陳列商品のうち、「快適椅子」についてその商品の内
容や価格等を知りたいときは、「商品を見る」にマウス
カーソルを合わせクリックする。すると、所定のフレー
ムデータに、指定された商品「快適椅子」についての情
報を書き込んだ形で商品購入用画面200bのデータを
作成する。なお、商品「快適椅子」についての情報は、
テナントであるB会社が「快適椅子」の登録時に図4に
示す商品登録フォームに所定の事項を入力して登録した
各種データに基づくものである。

【0028】一方、指定された商品「快適椅子」につい
て登録されているURLを商品データ・外部Web情報
データベース104から読み出し、そのURLに対して
回線接続を行う。そして、そのURLで指定されたホー
ムページのhtmlデータを受信する。受信したhtm
lデータは、一旦商品データ・外部Web情報データベ
ース104に格納される。この格納されたhtmlデー
タが、商品表示用画面200aのデータとなる。

【0029】そして、上記商品購入用画面200bのデ
ータと、商品表示用画面200aのデータとを合成し
て、図7に示すように商品表示用及び購入用画面を表示
する(S17)。この商品表示用及び購入用画面は、上
側に位置する商品表示用画面200aと下側に位置する
商品購入用画面200bとを並べた形で表示される。つ
まり、この商品表示用画面200aと商品購入用画面2
00bとを上下に並べた形で商品表示用及び購入用画面
のhtmlデータを生成し、これをショッパー側端末装
置Uに送信する。

【0030】これにより、ショッパーAは、商品表示用
画面200aの内容から商品の内容を知ることができ
る。例えば、商品の全体写真、詳細な仕様を知ることが
できる。また、ショッパーAは、商品購入用画面200
bにより、「快適椅子」について、商談が可能であるこ
と、その仕様は革張りであること、価格は25000
円、消費税は税別、送料は0円、支払方法は代引、すな
わち、代金引き替えであること等を知ることができる。
ここで、「商談可」の表示は、テナントがその商品につ
いて後述する商談ルーム処理を可能とする登録をした場
合に行われる。つまり、図4において、商談ルームを
「使用する」にした商品について「商談可」の表示が行
われる。一方、「使用しない」にした商品については、
「商談不可」と表示される。一方、商品を検索する操作
以外の操作を行った場合には、別処理へ進む(S3
0)。なお、他のテナントを検索したい場合は、図5に
示す「テナントインデックス画面」に戻ればよい。

【0031】次に、商品表示用及び商品購入用画面に表
示されている商品を購入する旨の操作があったか否かが
判定される(S18)。この操作は、商品表示用及び商
品購入用画面における「買物かごに入れる」と表示され
た操作ボタン表示部210のアイコンにマウスカーソル
を合わせクリックすることにより行われる。当該操作が
行われると図8に示すような買い物かご画面が表示され
る(S19)。この買い物かご画面には、商品名、仕様
等が表示され、個数や、支払い方法を選択できるように
なっている。この買い物かご画面は、所定のフレームデ
ータに、選択した商品の商品名、仕様、価格等の情報を
商品データテーブル103から抽出して書き込んだ形で
表示する。

【0032】例えば、ショッパーAがこの「快適椅子」
を購入するときは、「買物かごに入れる」と示された操
作ボタン表示部210にマウスカーソルを合わせクリッ
クする。すると、図8に示す買物かご画面が表示され
る。この画面には「快適椅子」に関する事項の一覧表等
が表示されている。なお、この一覧表の各欄には、商品
の名称「快適椅子」、仕様「革張り」、価格「2500
0」、消費税「税別」、送料「0」等と表示されてい
る。そして、ショッパーAが、この「快適椅子」を購入
したい場合には、買物かご画面の「快適椅子」に関する
事項の一覧表の先頭にあるラジオボタンにマウスカーソ
ルを合わせクリックしてチェックマークを入れる。そし
て、個数を入力するとともに、支払い方法を選択する。
個数を変更したいときは、個数の欄に数字を入力し、
「計算結果更新」にマウスカーソルを合わせクリックす
る。すると、参考価格が変わる。また、支払い方法を変
更したいときは、「支払い方法」にマウスカーソルを合
わせクリックした上、選択することができる。さらに、
「快適椅子」の送付先を入力する。具体的には、郵便番
号、県名、住所を入力する。入力内容をすべて変更する
ときは、「すべて削除」にマウスカーソルを合わせクリ
ックする。もう一度入力し直すことができる。一方、商
品を購入する操作以外の操作を行った場合には、別処理
へ進む(S30)。

【0033】次に、買物かご画面に表示されている商品
の名称、仕様、価格、個数等を確認して仮注文をする操
作があったか否かが判定される(S20)。この操作
は、買い物かご画面において「仮注文する」にマウスカ
ーソルを合わせクリックすることにより行う。なお、所
定事項を入力しないままこの操作を行った時には、所定
事項を入力すべき旨の警告を行うのが望ましい。

【0034】上記操作が行われると、図9に示すような
仮注文完了画面が表示される(S21)。この画面に
は、上部にショッパーの氏名A及びID番号が宛名とし
て表示され、さらに、「快適椅子」の注文書番号、B会
社の電話番号及びE−mailアドレス、「快適椅子」
に関する事項、参考価格、支払い方法、送付先住所が表
示されている。

【0035】また、上記ステップS20において仮注文
するための操作が行われた場合には、掲示板システム
(Bulletin Board System)を作動させる(S22)。
この掲示板システムとは、後述する商談ルーム処理にお
いて使用されるものであり、今回の取引専用の掲示板が
立ち上がる。つまり、記憶装置30には、購入者及び販
売者の書込み内容についてのデータを累積的に格納する
掲示板のデータが格納され、この仮注文が操作が行われ
た段階で、今回の取引(売買)についての個別掲示板
(個別掲示部)として生成されるのである。

【0036】次に、ステップS21において仮注文完了
画面が表示されたら、仮注文があった旨の電子メールを
自動的にテナント側端末装置Tに送信する(S23)。
よって、このメールを見たテナントは、電子モールサー
バ1に接続して図11に示すような商品注文一覧画面を
見ることによりどのような商品について仮注文があった
かを知ることができる。なお、この仮注文の段階では、
注文確認の欄は「未」になっている。一方、仮注文する
操作以外の操作を行った場合には、別処理へ進む(S3
0)。

【0037】次に、仮注文を正式の注文とするためのご
利用記録ページへ移行する操作が行われたか否かが判定
される(S24)。この操作は、仮注文完了画面におい
て、「ご利用記録ページへ」にマウスカーソルを合わせ
クリックすることにより行われる。当該操作が行われた
場合には、図10に示すようなご利用記録ページ画面が
表示される(S25)。つまり、この画面には、発注内
容の一覧表が表示され、その各欄には、テナント名「B
会社」、注文書番号、注文日時、商品名「快適椅子」、
仕様「革張り」、価格「25000」、消費税は税別、
送料「0」、個数「1」、注文確認、受注書送付
「未」、入金確認「未」、商品発送「未」が表示されて
いる。なお、この注文確認をクリックすると正式に注文
されることになる。一方、ご利用記録ページへ移行する
操作以外の操作を行った場合には、別処理へ進む(S3
0)。

【0038】次に、ご利用記録ページ画面でテナントと
商談をするための操作を行ったかか否かが判定される
(S26)。この操作は、ご利用記録ページ画面の「商
談ルーム」のアイコンをクリックすることにより行われ
る。但し、テナントがショッパーとの商談を受けるとし
て登録している商品に限られる。商談をする場合は、商
談ルーム処理へ移行する(S27)。この処理について
は後述する。

【0039】一方、商談しない場合又は商談できない場
合は、正式注文をするか操作があったか否かが判定され
る(S28)。この操作は、ご利用記録ページ画面(図
10)における「注文確認」の箇所をクリックした上、
「チェックの更新」にマウスカーソルを合わせクリック
することにより行われる。そして、商談を行わずに正式
注文した場合には、正式注文があった旨の電子メールが
自動的に送信され(S29)、処理を終了する。正式注
文しないとした場合は、別処理へ進む(S30)。

【0040】例えば、ショッパーAが「快適椅子」につ
いて商談を行わずに正式注文するときは、上記ご利用記
録ページ画面(図10)の発注内容の一覧表の「注文確
認」の欄にマウスカーソルを合わせクリックした上、
「チェックの更新」にマウスカーソルを合わせクリック
する。すると、正式注文があった旨の電子メールがテナ
ント側端末装置Tに自動的に送信する。そこで、テナン
トとしてのB会社は、電子モールサーバ1に接続して図
11に示すような商品注文一覧画面を見ることによりど
のような商品について正式注文があったかを知ることが
できる。なお、この正式注文の段階では、注文確認の欄
は「済」になっている。この正式注文があったことをテ
ナントが確認したら、「受注書送付」の欄をクリックし
てチェックの更新をクリックする。すると、ショッパー
側から電子モールサーバ1に接続してご利用記録ページ
画面(図10)を確認した際には、「受注書送付」の欄
は「済」になっている。なお、「入金確認」の欄につい
ても、入金があったことを確認したらこの欄をクリック
してチェックの更新をクリックする。すると、ショッパ
ーは同じようにして入金確認されたことを知ることがで
きる。また、「商品発送」の欄についても、テナントが
商品を発送したらこの欄をクリックしてチェックの更新
をクリックする。すると、ショッパーは同じようにして
商品が発送されたことを知ることができる。

【0041】次に、上記商談ルーム処理(S27)につ
いて、図3のフローチャート等を利用して説明する。テ
ナントと商談をするための操作を行った場合には、図1
2に示すような商談ルーム画面が表示される。この商談
ルーム画面は、所定のフレームデータに注文日時、商品
名、仕様等の情報を書き込んだ形で表示される。これら
の情報はご利用記録ページ画面(図10)から取り込
む。また、上記商談ルーム画面には、上記個別掲示板の
内容が表示される。この商談ルーム画面の画像データ
は、上記商談用表示画像として機能する。

【0042】なお、この商談ルーム画面において「注文
確認」をクリックすることにより正式注文を行った場合
には、ステップS21に移行するので、まず、この正式
注文の操作があったか否かが判定される(S40)。正
式注文があった場合には、ステップS29に移行し、正
式注文がない場合には、キャンセル操作があったか否か
が判定される(S41)。キャンセル操作があった場合
には、別処理に移行する(S45)。

【0043】キャンセル操作がなかった場合には、送信
操作があったか否かが判定され(S42)、送信操作が
あった場合には、上記個別掲示板に、入力されたメッセ
ージを書き込む(S43)。つまり、上記送信操作の前
にショッパー又はテナントはメッセージを書き込むこと
になる。送信操作がない場合には、別処理に移行する
(S45)。そして、相手方に該個別掲示板にメッセー
ジの書込みがあった旨の電子メールを送信する(S4
4)。

【0044】具体的な動作を説明すると、商談ルーム画
面を表示した直後では、通常は、この段階では正式注文
の操作はないので、ステップS41に移行する。そし
て、ショッパーが「もう少し価格を安くできないでしょ
うか」という旨のメッセージを入力して送信操作を行う
と、個別掲示板に該メッセージを書き込む(S43、S
44)。その後、電子モールサーバ装置1は、個別掲示
板に書込みがあった旨の電子メールをテナント側に送
る。

【0045】すると、テナントは電子モールサーバ1に
接続を行い、上記個別掲示板の内容を含む商談ルーム画
面をテナント側端末装置Tに表示する。すると、図12
に示すように、上記の「もう少し価格を安くできないで
しょうか」というメッセージを確認することができる。
この商談ルーム画面の下欄に表示されたメッセージが上
記個別掲示板に書き込まれた内容である。

【0046】これに対してテナントが「価格を10%サ
ービスします」と記入して送信操作を行う。すると、ス
テップS40、S41、S42からステップS43に移
行して、このメッセージを個別掲示板に書き込む。な
お、この場合、テナント側からは正式注文があることは
ないので、ステップS40からはステップS41に移行
することになる。そして、個別掲示板への書込みが行わ
れた後に、メールが送信される(S44)。つまり、こ
の場合には、ショッパー側に対して商談ルーム画面への
書込みがあった旨のメールを送信する。新たなメッセー
ジはそれ以前のメッセージを残した形で累積的に個別掲
示板に格納されるので、複数のメッセージが書き込まれ
た状態で商談ルーム画面にアクセスすると、過去のメッ
セージをすべて確認することができる。以上のようにし
て、メールのやり取りを繰り返して商談が行われる。

【0047】そして、ショッパー側が正式に注文するこ
ととして、「注文確認」をクリックした場合には、テナ
ント会員にメールの送信を行う(S29(図2))。こ
の場合には、正式注文があった旨の電子メールがテナン
ト側端末装置Tに自動的に送信される。そこで、上記と
同様に、テナントとしてのB会社は、電子モールサーバ
1に接続して図11に示すような商品注文一覧画面を見
ることによりどのような商品について正式注文があった
かを知ることができる。なお、この正式注文の段階で
は、注文確認の欄は「済」になっている。この正式注文
があったことをテナントが確認したら、「受注書送付」
の欄をクリックしてチェックの更新をクリックする。す
ると、ショッパー側から電子モールサーバ1に接続して
ご利用記録ページ画面(図10)を確認した際には、
「受注書送付」の欄は「済」になっている。なお、ステ
ップS40で正式注文の操作があった場合及びステップ
S41でキャンセル操作があった場合には、ステップS
22で生成された個別掲示板は消去される(S45、S
46)。

【0048】上記の構成の電子モールシステムEによれ
ば、電子モールサーバ装置1が、テナントが開設したホ
ームページが設けられた外部ウェブサーバ装置Wから送
信されるホームページのhtmlデータを、通信回線K
3を介して電子モールサーバ装置1に取り込み、これを
商品表示用画面として商品購入用画面と合成した商品表
示用及び購入用画面のhtmlデータをショッパー側端
末装置Uへ送信するので、テナントは、電子モールシス
テムごとにホームページを開設する必要がない。また、
商品の情報を変更する場合にも外部ウェブサーバ装置W
に設けられたホームページを書き換えるのみでよく、ま
た、新商品を加えたい場合にも、その商品についてのホ
ームページを新たに設け、電子モールシステム1にその
商品を登録するのみでよく、従来のようにすべての電子
モールを修正する必要がないので、メンテナンスが非常
に容易となる。また、ショッパー及びテナント双方が商
談ルーム画面上の掲示板で、テナントが陳列している商
品につき商談をすることができる。特に、上記の掲示板
はその商品についてのショッパーとテナントのみしかア
クセスできないので、他の第三者に秘密の状態で商談を
進めることができる。

【0049】なお、上記記憶装置30に格納された情報
は、CD−ROM等の記憶媒体に格納して、そこから読
み出すようにしてもよい。特に、動作制御プログラム格
納部110に格納された動作制御プログラムをCD−R
OM等の記憶媒体に格納しておき、記憶装置30に取り
込んで使用するようにしてもよい。

【0050】

【発明の効果】本発明に基づく電子モールシステムによ
れば、該販売対象物についての表示画像についてのデー
タを外部装置から読み込んで表示するので、電子モール
装置のためにわざわざ販売対象物についてのホームペー
ジを開設する必要がなく、電子モールの開設が容易とな
る。また、電子モールのメンテナンスも容易となる。ま
た、購入者と販売者との間で秘密の状態で商談を行うこ
とができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の具体例に基づく電子モールシステムの
構成を示す概要図である。

【図2】本発明の具体例に基づく電子モールシステムの
処理のメインルーチンを示すフローチャートである。

【図3】本発明の具体例に基づく電子モールシステムの
処理のサブルーチンを示すフローチャートである。

【図4】本発明の具体例に基づく電子モールシステムに
おける商品登録フォームを示す説明図である。

【図5】本発明の具体例に基づく電子モールシステムに
おけるテナントインデックス画面を示す説明図である。

【図6】本発明の具体例に基づく電子モールシステムに
おける商品インデックス画面を示す説明図である。

【図7】本発明の具体例に基づく電子モールシステムに
おける商品表示用及び購入用画面を示す説明図である。

【図8】本発明の具体例に基づく電子モールシステムに
おける買物かご画面を示す説明図である。

【図9】本発明の具体例に基づく電子モールシステムに
おける仮注文完了画面を示す説明図である。

【図10】本発明の具体例に基づく電子モールシステム
におけるご利用記録ページ画面を示す説明図である。

【図11】本発明の具体例に基づく電子モールシステム
における商品注文一覧画面を示す説明図である。

【図12】本発明の具体例に基づく電子モールシステム
における商談ルーム画面を示す説明図である。

【符号の説明】 E 電子モールシステム K1、K2、K3、K4 通信回線 T テナント側端末装置 U ショッパー側端末装置 W 外部ウェブサーバ装置 1 電子モールサーバ装置 10 CPU 20 通信装置 30 記憶装置

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 丹羽 革 愛知県名古屋市熱田区六野2−6−29− 501 不二総合企画センター内

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 商品等の販売対象物を販売者と購入者と
    の間で端末操作により売買を行うための電子モール装置
    であって、 購入者が購入を行うための購入用画像についてのデータ
    と、上記販売対象物に関する表示画像についてのデータ
    を格納した外部装置の宛先の情報とを少なくとも格納す
    る記憶手段と、 購入者が選択した上記販売対象物に関する表示画像につ
    いてのデータを格納した上記外部装置の宛先に回線接続
    を行い、上記販売対象物に関する表示画像についてのデ
    ータを受信する受信手段と、 上記購入用画像についてのデータと、上記受信手段によ
    り受信した上記販売対象物に関する表示画像についての
    データとを1つの表示画像として合成したデータを購入
    者側の端末に送信する送信手段と、を有することを特徴
    とする電子モール装置。
  2. 【請求項2】 上記記憶手段には、商談を行うための掲
    示部であって、購入者及び販売者の書込み内容について
    のデータを累積的に格納する掲示部についてのデータが
    格納され、 上記購入者の所定の操作に基づき上記記憶手段に記憶さ
    れた掲示部についてのデータが読み出されて、個別の売
    買についての個別掲示部として保持され、 上記送信手段が、購入者側の端末と販売者側の端末のい
    ずれかからの操作に基づき、上記個別掲示部に格納され
    たデータを送信することを特徴とする請求項1に記載の
    電子モール装置。
  3. 【請求項3】 商品等の販売対象物を販売者と購入者と
    の間で端末操作により売買を行うための電子モール装置
    であって、 商談を行うための掲示部であって、購入者及び販売者の
    書込み内容についてのデータを累積的に格納する掲示部
    についてのデータを格納する記憶手段と、 上記購入者の所定の操作に基づき上記記憶手段に記憶さ
    れた掲示部についてのデータを読み出し、個別の売買に
    ついての個別掲示部として保持する保持手段と、 購入者側の端末と販売者側の端末のいずれかからの操作
    に基づき、上記個別掲示部に格納されたデータを送信す
    る送信手段と、を有することを特徴とする電子モール装
    置。
  4. 【請求項4】 上記掲示部については、ある販売対象物
    についての該販売対象物を選択した購入者と該販売対象
    物を販売する販売者のみがアクセス可能であることを特
    徴とする請求項2又は3に記載の電子モール装置。
  5. 【請求項5】 商品等の販売対象物を販売者と購入者と
    の間で端末操作により売買を行うためのプログラムを格
    納した記録媒体であって、 購入者が購入を行うための購入用画像についてのデータ
    と、上記販売対象物についての表示画像についてのデー
    タを格納した外部装置の宛先の情報とを少なくとも格納
    する記憶処理と、 購入者が選択した上記販売対象物に関する表示画像につ
    いてのデータを格納した上記外部装置の宛先に回線接続
    を行い、上記販売対象物についての表示画像についての
    データを受信する受信処理と、 上記購入用画像についてのデータと、上記受信手段によ
    り受信した上記販売対象物に関する表示画像についての
    データとを1つの表示画像として合成したデータを購入
    者側の端末に送信する送信処理と、をコンピュータに実
    行させるためのプログラムを記録したことを特徴とする
    コンピュータ読取り可能な記録媒体。
JP7319098A 1998-03-06 1998-03-06 電子モール装置及びコンピュータ読取り可能な記録媒体 Granted JPH11259576A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7319098A JPH11259576A (ja) 1998-03-06 1998-03-06 電子モール装置及びコンピュータ読取り可能な記録媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7319098A JPH11259576A (ja) 1998-03-06 1998-03-06 電子モール装置及びコンピュータ読取り可能な記録媒体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11259576A true true JPH11259576A (ja) 1999-09-24

Family

ID=13510984

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7319098A Granted JPH11259576A (ja) 1998-03-06 1998-03-06 電子モール装置及びコンピュータ読取り可能な記録媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11259576A (ja)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001040994A1 (fr) * 1999-12-03 2001-06-07 Sailup Japan Co., Ltd Systeme d'exposition virtuel
JP2001306856A (ja) * 2000-04-20 2001-11-02 Dna:Kk ネットワークを用いた商品売買仲介システム及びその方法
JP2001319093A (ja) * 2000-02-28 2001-11-16 Pro Trade:Kk 仲介装置および仲介方法
JP2002007697A (ja) * 2000-06-23 2002-01-11 Sumitomo Mitsui Banking Corp 金融情報提供システムおよびそのウェブ情報提供方法
JP2002109217A (ja) * 2000-09-29 2002-04-12 Hitachi Kokusai Electric Inc 携帯端末を用いた情報提供システム
JP2002157409A (ja) * 2001-02-13 2002-05-31 Mitsui Sumitomo Insurance Co Ltd 販売支援装置、代理店端末、販売支援システム、販売支援方法、及び記録媒体
WO2002050732A1 (fr) * 2000-12-21 2002-06-27 Fujitsu Limited Centre commercial electronique
JP2002329050A (ja) * 2001-04-27 2002-11-15 Fujitsu Ltd 情報提供方法及び装置
JP2006338609A (ja) * 2005-06-06 2006-12-14 Nippon Micro Systems Kk 商品販売システム
US7522716B2 (en) * 2000-07-19 2009-04-21 Ewi Holdings, Inc. System and method for distributing personal identification numbers over a computer network
JP2010515126A (ja) * 2006-12-22 2010-05-06 マイクロソフト コーポレーション 対話型マーケットプレイスインフラストラクチャ
KR101103797B1 (ko) * 2010-06-28 2012-01-06 한국전력공사 전기접속 단자대
US8867713B2 (en) 2000-07-19 2014-10-21 Ewi Holdings, Inc. Systems and methods for personal identification number distribution and delivery
US8967464B2 (en) 2003-05-28 2015-03-03 Ewi Holdings, Inc. System and method for electronic prepaid account replenishment
JP2016031609A (ja) * 2014-07-28 2016-03-07 東芝テック株式会社 サーバ装置およびプログラム
WO2016079862A1 (ja) * 2014-11-21 2016-05-26 楽天株式会社 メールサーバ、メール転送方法、記録媒体、および、プログラム

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001040994A1 (fr) * 1999-12-03 2001-06-07 Sailup Japan Co., Ltd Systeme d'exposition virtuel
JP2001319093A (ja) * 2000-02-28 2001-11-16 Pro Trade:Kk 仲介装置および仲介方法
JP4588169B2 (ja) * 2000-02-28 2010-11-24 楽天株式会社 仲介装置および仲介方法
JP2001306856A (ja) * 2000-04-20 2001-11-02 Dna:Kk ネットワークを用いた商品売買仲介システム及びその方法
JP2002007697A (ja) * 2000-06-23 2002-01-11 Sumitomo Mitsui Banking Corp 金融情報提供システムおよびそのウェブ情報提供方法
US8867713B2 (en) 2000-07-19 2014-10-21 Ewi Holdings, Inc. Systems and methods for personal identification number distribution and delivery
US7522716B2 (en) * 2000-07-19 2009-04-21 Ewi Holdings, Inc. System and method for distributing personal identification numbers over a computer network
JP2002109217A (ja) * 2000-09-29 2002-04-12 Hitachi Kokusai Electric Inc 携帯端末を用いた情報提供システム
US7072860B2 (en) 2000-12-21 2006-07-04 Fujitsu Limited Electronic shopping mall
WO2002050732A1 (fr) * 2000-12-21 2002-06-27 Fujitsu Limited Centre commercial electronique
JP2002157409A (ja) * 2001-02-13 2002-05-31 Mitsui Sumitomo Insurance Co Ltd 販売支援装置、代理店端末、販売支援システム、販売支援方法、及び記録媒体
JP2002329050A (ja) * 2001-04-27 2002-11-15 Fujitsu Ltd 情報提供方法及び装置
US8967464B2 (en) 2003-05-28 2015-03-03 Ewi Holdings, Inc. System and method for electronic prepaid account replenishment
US9558484B2 (en) 2003-05-28 2017-01-31 Ewi Holdings, Inc. System and method for electronic prepaid account replenishment
JP2006338609A (ja) * 2005-06-06 2006-12-14 Nippon Micro Systems Kk 商品販売システム
JP2010515126A (ja) * 2006-12-22 2010-05-06 マイクロソフト コーポレーション 対話型マーケットプレイスインフラストラクチャ
KR101103797B1 (ko) * 2010-06-28 2012-01-06 한국전력공사 전기접속 단자대
JP2016031609A (ja) * 2014-07-28 2016-03-07 東芝テック株式会社 サーバ装置およびプログラム
WO2016079862A1 (ja) * 2014-11-21 2016-05-26 楽天株式会社 メールサーバ、メール転送方法、記録媒体、および、プログラム
JP5933133B1 (ja) * 2014-11-21 2016-06-08 楽天株式会社 メールサーバ、メール転送方法、記録媒体、および、プログラム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6901380B1 (en) Merchandising system method, and program product utilizing an intermittent network connection
US7197475B1 (en) Multi-vendor internet commerce system for e-commerce applications and methods therefor
US20020087583A1 (en) On line product distribution and purchasing system
US20080162305A1 (en) Apparatuses, methods and systems for a product manipulation and modification interface
US20100094699A1 (en) Consolidated consumer rewards systems and methods with card vendor integration
US20040078276A1 (en) System for electronic merchandising and shopping
US7565308B1 (en) Method of executing an electronic commerce sale from an affiliate web site
US20080183593A1 (en) On-Line Payment Transactions
US20020188559A1 (en) Digital receipt personal identification
US7552087B2 (en) Electronic transaction receipt system and method
US20010029484A1 (en) Electronic transaction receipt system and method
US20020077927A1 (en) Internet shopping system and method
US20010029470A1 (en) Electronic transaction receipt system and method
US20010023402A1 (en) System and method for transmitting and journaling a retail transaction
US20050204281A1 (en) Dynamic web storefront technology
US20080307034A1 (en) System and Method of Enterprise and On-Line Franchise Models for E-Commerce Website
Collier et al. How do customers judge quality in an e-tailer?
US20050060228A1 (en) Method and system for offering a money-back guarantee in a network-based marketplace
US20030004816A1 (en) User-specific method of selling products, computer program product, and system for performing the same
JP2002007904A (ja) 物品配送方法、オンラインショッピング方法、オンラインショッピングシステム、サーバ、販売者サーバ
US20110213678A1 (en) Computerized system for e-commerce shopping in a shopping mall
WO2001001313A2 (en) Multi-vendor internet commerce system for e-commerce applications and methods therefor
US20020111880A1 (en) Method of facilitating electronic commerce over a computer network
US20060161484A1 (en) Method and system for operating an internet accessible multi-merchant universal compilation of items
JP2002083202A (ja) 顧客紹介方法、顧客紹介システム、及び紹介報酬管理サーバ