JPH11259283A - Software developing method and development system - Google Patents

Software developing method and development system

Info

Publication number
JPH11259283A
JPH11259283A JP6351198A JP6351198A JPH11259283A JP H11259283 A JPH11259283 A JP H11259283A JP 6351198 A JP6351198 A JP 6351198A JP 6351198 A JP6351198 A JP 6351198A JP H11259283 A JPH11259283 A JP H11259283A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
framework
objects
system
application system
object
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6351198A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takeshi Senoo
Hironori Takagi
健 瀬野尾
浩則 高木
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To smoothly advance the development of an application system by classifying and rearranging objects included in a framework, managing correspondence to judgements of design, and also managing the correspondence between surrounding environment factors and the objects.
SOLUTION: For a change important matter corresponding to an application level object, an influence range is specified (S7) by a judgement of the design of the application level object and for a change important matter for a system level object, an influence range is specified (S8) by a judgement of the design of the system level object. Then how modifications are made is determined according to a design pattern and a metapattern related to a found class, a cook book of a collection of recipes, etc., and the framework is customized (S9). Then this process is repeated (S10) for all important matters to obtain a target application system.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、オブジェクト指向フレームワークを基にアプリケーションシステムを開発するソフトウェア開発方法および開発システムに関する。 The present invention relates to relates to software development process and development system for developing application system based on object-oriented framework.

【0002】 [0002]

【従来の技術】オブジェクト指向フレームワーク(以下、フレームワークと称する)を基にアプリケーションシステムを開発するためには、開発者はそのフレームワークの設計上の決断を理解し、どのように実現されているかを把握した上で、ターゲットアプリケーションシステムの機能要件に合致するようにフレームワーク中のオブジェクトやメソッドを変更する必要がある。 BACKGROUND ART Object-oriented framework for developing applications system (hereinafter, a framework hereinafter) based on the developer to understand the design of the decision that framework, how it is realized after having grasped the dolphin, it is necessary to change the objects and methods in the framework so as to meet the functional requirements of the target application system.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、フレームワークはクラス構造が複雑であり、学習するのが困難であり、時間もかかるため、フレームワークを基にアプリケーションシステムを開発することは容易ではないという問題がある。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, the framework class structure is complicated and difficult to learn, since the time consuming, that it is not easy to develop an application system based on a framework There's a problem. なお、この点がフレームワークの利点を十分に活かせない要因またはフレームワークの導入が進まない要因の1つとなっている。 Incidentally, this point the advantages of the framework introduced sufficiently capitalize not cause or framework is one of the factors does not proceed.

【0004】本発明は、上記に鑑みてなされたもので、 [0004] The present invention has been made in view of the above,
その目的とするところは、フレームワークに含まれるオブジェクトを分類階層化し、フレームワークを理解する視点とオブジェクトを関連付けることによりフレームワークを基にしたアプリケーションシステムの開発を円滑に進め得るソフトウェア開発方法および開発システムを提供することにある。 And has as its object to classify hierarchy of objects included in the framework, software development methods and development that may facilitate developing application system based on the framework by associating the viewpoint and the object to understand the framework It is to provide a system.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、請求項1記載の本発明は、オブジェクト指向フレームワークを基にアプリケーションシステムを開発するソフトウェア開発方法であって、フレームワークに含まれるオブジェクトを分類整理し、設計上の判断との対応付けを管理し、フレームワークが想定するアプリケーションシステムの利用者および関連するシステムといった周りを取り巻く環境面とオブジェクトとの対応付けを管理し、これによりフレームワークに含まれるオブジェクトを分類階層化し、フレームワークを理解する視点とオブジェクトを関連付けて開発者に対してフレームワークの理解を容易にするとともに、段階的にフレームワークの変更箇所を絞り込んでフレームワークの変更箇所の特定を容易にし、フレー To achieve the above object, according to an aspect of the present invention is claimed in claim 1, a software development process for developing the application system based on object-oriented framework, objects contained in the framework the classification organize, manage correspondence between design decisions, manages the correspondence between environmental and objects surrounding around such system framework associated user and application system assumed, thereby frame classifying hierarchy of objects contained in the work, as well as facilitating the understanding of the framework to the developer in association with the viewpoint and the object to understand the framework, the framework to refine the location of the changes stepwise framework to facilitate certain changes locations, frame ワークを基にしたアプリケーションシステムの開発を円滑に進めることを要旨とする。 And summarized in that further development of the application system based on the work smoothly.

【0006】また、請求項2記載の本発明は、オブジェクト指向フレームワークを基にアプリケーションシステムを開発するソフトウェア開発システムであって、フレームワークに含まれるオブジェクトを分類整理し、設計上の判断との対応付けを管理する手段と、フレームワークが想定するアプリケーションシステムの利用者および関連するシステムといった周りを取り巻く環境面とオブジェクトとの対応付けを管理する手段とを有し、これによりフレームワークに含まれるオブジェクトを分類階層化し、フレームワークを理解する視点とオブジェクトを関連付けて開発者に対してフレームワークの理解を容易にするとともに、段階的にフレームワークの変更箇所を絞り込んでフレームワークの変更箇所の特定を容易にし、フレームワーク Further, the present invention is claimed in claim 2, a software development system for developing application system based on object-oriented framework, to pigeonhole the objects included in the framework, on the design of the decision a means for managing a correspondence, and means for managing the association between environmental and objects surrounding around and application system users and related system of the framework is assumed, contained thereby in the framework classifying hierarchical objects, as well as facilitating the understanding of the framework to the developer in association with the viewpoint and the object to understand the framework, stepwise specific changes locations Framed narrow the changes of the work work the facilitates, framework 基にしたアプリケーションシステムの開発を円滑に進めることを要旨とする。 And summarized in that further development of the application system based on smoothly.

【0007】請求項1および2記載の本発明にあっては、フレームワークに含まれるオブジェクトを分類整理し、設計上の判断との対応付けを管理し、フレームワークが想定するアプリケーションシステムの利用者および関連するシステムといった周りを取り巻く環境面とオブジェクトとの対応付けを管理するため、開発者に対してフレームワークの理解を容易にするとともに、フレームワークの変更箇所の特定を容易にし、フレームワークを基にしたアプリケーションシステムの開発を円滑に進めることができる。 [0007] claimed in the present invention of claim 1 and 2 wherein, to pigeonhole the objects included in the framework, and manage the correspondence between design decisions, a user of an application system framework assumed and related to managing the association between environmental and objects surrounding around such systems, as well as facilitating the understanding of the framework to the developer, to facilitate the specific location of the change framework framework You can proceed to develop applications based system smoothly.

【0008】 [0008]

【発明の実施の形態】以下、図面を用いて本発明の実施の形態について説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, embodiments of the present invention are described with reference to the drawings.

【0009】図1は、本発明の一実施形態の基本構成を示す図である。 [0009] Figure 1 is a diagram showing a basic configuration of an embodiment of the present invention. 同図において、21はフレームワークを基に開発されるターゲットアプリケーションシステムに対する要件であり、この要件が本実施形態の入力となる。 In the figure, 21 is a requirement for a target application system which is developed based on the framework, this requirement becomes the input of the present embodiment. 22は本発明を適用した結果開発されるターゲットアプリケーションシステムであり、これが本実施形態の出力となる。 22 is a target application system which is developed result of applying the present invention, which is an output of this embodiment.

【0010】フレームワークを想定するアプリケーションシステムの利用者や関連するシステムといった周りを取り巻く環境面からフレームワークを捉えるために、図1において符号11,12,13で示すような3つの視点と対応付ける。 [0010] From environmental surrounding around and application system users or related systems that assume a framework to capture the framework associates three viewpoints as shown at 11, 12 and 13 in FIG. 1.

【0011】(a)Organization:企業間の関係、企業の組織階層や人の役割等の機能組織構造 (b)Process :ビジネス・プロセスやタスクを考慮した垂直方向の分類 (c)Role:オブジェクトの役割を考慮した水平方向の分類 視点(a)は、フレームワークが想定しているシステム利用者の所属する組織間の関係や企業間の関係等の実世界の役割構造を意味する。 [0011] (a) Organization: the relationship between enterprises, function organizational structure of the roles of the organizational hierarchy and people of the company (b) Process: classification of vertical direction in consideration of the business processes and tasks (c) Role: object of the horizontal direction of the classification point of view that takes into account the role (a) refers to the real world of the role structure of the relationship or the like between the relationship and companies between system users of your organization that the framework is assumed. すなわち、会社、部門、課、 In other words, the company, department, division,
係、担当等の実世界の機能組織構造である。 Engagement, it is a real world of functional organization structure of the charge or the like. これらの機能組織には、その組織で実施されるビジネスルールやその組織または担当等が責任を持って管理するデータなどが存在する。 These features organizations, such as the data exists that business rules and the organization or representative, etc. is carried out in the organization to manage responsibly. フレームワークには、ビジネスロジックやデータ等が含まれるため、フレームワークが想定しているシステム利用者を介して、これらの実世界の機能組織構造とフレームワークを対応付ける。 The framework, because it contains business logic, data, and the like, via the system user that the framework is assumed associates these real world features organizational structure and framework.

【0012】視点(b)は、企業間並びに企業内の組織横断的な仕事の流れを意味しており、これらとフレームワークに含まれるビジネスプロセスと対応付ける。 [0012] viewpoint (b) is meant a flow of cross-organizational work between companies and the enterprise associated with the business process in these and framework. 視点(c)は、役割、イベント、ビジネスルール、サブジェクトなどの観点とフレームワークに含まれるオブジェクトとを対応付けるものである。 Viewpoint (c) are those associated roles, events, business rules, and objects contained in the viewpoint of the subject and framework. 視点(b)はユーザの側面から見たシステムの外面を表現しているのに対して、 Whereas viewpoint (b) is represented the outer surface of the system as viewed from the side of the user,
視点(c)は開発者の側面から見たシステムの内側を表現している。 Point of view (c) is to represent the inside of the system as viewed from the side of the developers.

【0013】これら3つの視点とフレームワークとの対応をとる理由を説明する。 [0013] to explain why to take the correspondence between these three perspectives and frameworks. 本来、開発されるシステムは企業の組織階層や実世界の人の役割関係と無縁ではなく、視点(a)により実世界の機能組織構造とフレームワーク中のビジネスルールやデータの観点とを関連付けることによって、フレームワークが理解しやすくなる。 Originally, the system to be developed is not immune to the organizational hierarchy and the real world of the people of the role relationship between the company, point of view (a) by correlating the point of view of business rules and data functions organizational structure and in the framework of the real world by, the framework is easy to understand.
ユーザの観点からフレームワークを捉えた視点(b) Point of view that captures the framework from the point of view of the user (b)
は、視点(a)同様、ユーザも理解可能であり、マシンやネットワーク、プログラミング言語などの観点からではなく、ユーザと開発者が同じ観点からフレームワークを捉えることができる。 Likewise viewpoint (a), the user is also understandable, the machine and the network, rather than from the viewpoint of programming languages ​​may be users and developers capture framework from the same viewpoint. そのため、両者の間のコミュニケーションギャップを埋めるという効果が期待できる。 For this reason, and it is expected to fill the communication gap between the two.
視点(c)ではオブジェクトの関係を階層的に記述することによって開発者がフレームワークの内部を役割、イベント、ビジネスルール、サブジェクトなどの概念で捉えることができ、理解しやすくなると同時に変更箇所の特定が容易になる。 Role internal developer framework by hierarchically describes the viewpoint (c) the relationship between objects, events, business rules, can be captured by concepts such as subject, comprising the specific change point at the same time easy to understand it becomes easy.

【0014】次に、図1のオブジェクトの分類の視点(c)について更に詳細に説明する。 [0014] Next, will be described in more detail classified perspective of objects in FIG. 1 (c). フレームワークに含まれるオブジェクトを大きく、業務を実現するために必要なビジネスレベルのオブジェクト、ネットワーク上でのデータの分散やサーバ間の通信などの物理的な制約やシステム的な要素を考慮したアプリケーションレベルのオブジェクト、および使用するミドルウェアなど実装環境を考慮したシステムレベルのオブジェクトに分類し対応付ける。 Larger objects contained in the framework, physical constraints and system elements consideration the application level, such as communications between distributed or server data business level object, on the network needed to implement the business objects, and used to classify the system level object in consideration of implementations middleware associated. この分類自体も設計の視点、判断そのものとなる。 This classification itself design point of view, the decision itself. すなわち、図1において、符号15で示すように、ビジネスレベルのオブジェクト、アプリケーションレベルのオブジェクト、およびシステムレベルのオブジェクトに分類することができる。 That is, in FIG. 1, as indicated by reference numeral 15, it can be divided into business-level object, the application-level objects, and system-level objects.

【0015】また、このビジネスレベルオブジェクトおよびそれに含まれるメソッドは、その役割に応じて更に詳細に以下の8種類(a)〜(h)に分類し対応付けられる。 Furthermore, methods in this business level object and it is associated classified in more detail below eight types according to their roles (a) ~ (h). このうち、(a)から(e)は主に機能的な意味を持つ階層であり、(f)から(h)は主にデータ的な意味を持つ階層である。 Among, (a) from (e) is a hierarchy with mainly functional sense, from (f) (h) is a hierarchy with the main data sense. ビジネスレベルオブジェクトのこの分類が前記視点(c)のオブジェクトの役割構造を意味する。 This classification of business-level object means the role structure of the object of the viewpoint (c).

【0016】(a)ビジネスプロセスに着目し、複数の人が行う処理をひとまとめにしたワークフローを意味する階層 (b)システムを利用する人の役割に着目し、その人が行う処理をまとめたクラスやメソッドを意味する階層 (c)一人の人が行う1つの処理に着目し、その処理の中で行う一連の作業の流れをまとめたクラスやメソッドを意味する階層 (d)処理の中に含まれるアトミックなトランザクションに着目し、そのトランザクションの中のステップをまとめたクラスやメソッドを意味する階層 (e)データに対する演算である計算ロジックを意味する階層 (f)基本的なデータおよびデータにアクセスするためのアクセスメソッドをまとめた基本クラスを意味する階層 (g)基本クラス間の関係として意味を持つ関係クラス [0016] (a) focusing on business processes, focusing on the role of the people who use the hierarchy (b) system, which means the workflow that collectively the process of more than one person to do, summarizes the process in which the person is carried out class focusing on a single processing means for hierarchically (c) one person performing and methods included in the hierarchy (d) processing means classes and methods that summarizes the flow of a series of operations performed in the processing it is focused on atomic transaction and accesses the meaning hierarchy (f) basic data and data calculation logic is an operation for hierarchical (e) data meaning summarized classes and methods of steps in a transaction relationship class that has a meaning as the relationship between the hierarchy (g) the base class, which means the base class that summarizes the access method for 意味する階層 (h)基本クラスや関係クラスおよび自身のクラスからも導出される派生クラスを意味する階層 また、これらの分類に加えて、フレームワークの構築過程における設計上の判断と、それによって出現したオブジェクトや変更を受けたメソッド等を関係付けておく。 Meaning Hierarchy (h) hierarchy means derived class is also derived from the base class and related classes and their class In addition to these classifications, the design decisions in the construction process of the framework, the appearance whereby keep in relation to the method has received the object and changes.
すなわち、設計上の判断、判断理由、新たに追加したオブジェクトやメソッド、変更を受けたオブジェクト、メソッドを関係付ける。 In other words, it relates decision on the design, reason judgment, the newly added objects and methods, object receiving the change, the method. 設計上の判断には、フレームワークに柔軟性、拡張性を持たせるためにとった判断なども含む。 The design decisions, flexibility, and the like determined taken in order to provide extensibility comprising the framework. また、図1において符号14で示すように、これらと一緒にデザインパターン、メタパターン、レシピなども対応付けておく。 Further, as indicated by reference numeral 14 in FIG. 1, the design pattern with these, meta patterns, should also correlated like recipes.

【0017】次に、図2に示すフローチャートをデータベース参照して、本実施形態の基本処理について説明する。 [0017] Next, the database reference to a flowchart shown in FIG. 2, illustrating the basic process of the present embodiment. 本実施形態では、要件から段階的にフレームワークの中の変更箇所を絞り込んで、変更箇所を特定し、この変更箇所をカスタマイズすることによって最終的にターゲットアプリケーションシステムを得ている。 In the present embodiment, narrow the changes in the stepwise framework from requirements to identify the changes, and ultimately give the target application system by customizing the changes.

【0018】図2においては、まず最初に、ターゲットアプリケーションシステムに対する要件を抽出する(ステップS1)。 [0018] In Figure 2, first, it extracts the requirements for the target application system (step S1). このターゲットアプリケーションシステムに対する要件から、その要件がビジネス上影響を及ぼす要件であるのかまたはそれともそれらに関係のないシステム的な要件であるのかを分類する(ステップS From the requirements for this target application system, the requirement to classify whether a system requirement unrelated is the or or their affect requirements business (step S
2)。 2). ビジネス上影響を及ぼす要件の場合には、Organi In the case of business on the impact requirements, Organi
zationの視点からフレームワークが想定する周りを取り巻く環境とターゲットアプリケーションシステムの周りを取り巻く環境との相違を分析して決定する(ステップS3)。 Framework from the perspective of zation is determined by analyzing the difference between the environment surrounding the environment around the target application system surrounding around an assumed (step S3). この際、組織の機能的な役割に着目して相違点を決定する。 At this time, to determine the differences by focusing on the functional role of tissue.

【0019】次に、Process の視点から、フレームワークが実装するプロセスやタスクと、ターゲットアプリケーションシステムが実現すべきプロセスやタスクとの相違点を分析して決定する(ステップS4)。 Next, the Process perspective, a process or task framework implements, determined by analyzing the differences between processes or tasks to be achieved target application system (step S4). このようにして、前記ステップS3の手順と合わせて、フレームワークにおいて影響を受ける範囲を絞り込む。 In this way, together with the procedure of the step S3, narrow down the affected in the framework. そして、この絞り込んだ範囲の中で以下のステップを行う。 Then, perform the following steps in this narrowed range.

【0020】すなわち、Roleの視点から、オブジェクトの役割に着目し、要件がどのビジネスレベルのオブジェクトに影響を及ぼすかを決定する(ステップS5)。 [0020] That is, from the perspective of Role, focused on the role of the object, requirements to determine affects how business-level object (step S5). この際、オブジェクトの役割のみでなく、ビジネスオブジェクトのクラス構造に影響を与えた設計上の判断をも参考にする。 In this case, not only the role of the object consults also the design decisions that affect the class structure of the business object. これによってどのオブジェクト群に影響を及ぼすかが明確になる。 They affect to this by any group of objects becomes clear.

【0021】一方、ステップS2の判定において、システム的な要件と分類された場合には、ビジネスレベルオブジェクト、アプリケーションレベルオブジェクト、システムレベルオブジェクトの3つに分けたオブジェクトの分類の中で、ビジネスレベルオブジェクトには影響を与えないので、システム的な要件に対しては、アプリケーションレベルオブジェクトに対する変更かまたはシステムレベルオブジェクトに対する変更であるのかを判断し(ステップS6)、それに対応した設計上の判断を参照して関連クラスを見つけ出す。 [0021] On the other hand, in the judgment of step S2, if it is classified as a system requirement, within the classification of objects divided business level objects, application-level object, the three system-level objects, business-level objects has no influence on the relative system requirements, refer to the application level to determine whether a change to change or system-level objects for the object (step S6), and design of determination corresponding thereto find the relevant class Te. すなわち、アプリケーションレベルオブジェクトに対応する変更要件の場合には、アプリケーションレベルオブジェクトの設計上の判断から影響範囲を特定し(ステップS7)、またシステムレベルオブジェクトに対する変更要求の場合には、システムレベルオブジェクトの設計上の判断から影響範囲を特定する(ステップS8)。 That is, in the case of changing requirements for the application-level object is to identify the impact range of design decisions application-level object (step S7), and in the case of change requests for system-level objects, system-level objects specifying the range of influence of design decisions (step S8).

【0022】次に、ステップS9において、見つけ出したクラスに関連付けられたデザインパターンやメタパターン、レシピを集めたクックブックなどによってどのように変更するかを決定してフレームワークをカスタマイズする。 Next, in step S9, customizing how the framework to determine whether to change the like cookbook collection discover design patterns and meta pattern associated with the class, a recipe. そして、すべての要件について上記処理を繰り返して(ステップS10)、ターゲットアプリケーションシステムを得ることができる(ステップS11)。 Then, for all of the requirements by repeating the above process (step S10), and it is possible to obtain the target application system (step S11).

【0023】上述したように、本発明によれば、フレームワークの理解が容易になり、変更箇所の特定が容易になる。 [0023] As described above, according to the present invention, the understanding of the framework is facilitated, it is easy to identify the changes. すなわち、フレームワークはその構築過程で順次詳細化されていくに従って新たなクラス(オブジェクト)が出現したり、メソッドが影響を受ける。 In other words, the framework a new class (object) or the appearance according to are successively refined in its construction process, the method is affected. フレームワークの構築の経験からも、最終的なフレームワークには業務を実現するために必要なオブジェクト(ビジネスレベルのオブジェクト)、ネットワーク上でのデータの分散やサーバ間の通信などの物理的な制約やシステム的な要素を考慮したオブジェクト(アプリケーションレベルのオブジェクト)、および使用するミドルウェアなど実装環境を考慮したオブジェクト(システムレベルのオブジェクト)など多様なオブジェクトが含まれる。 From experience building framework, the final framework objects required to implement the business (the business-level objects), physical constraints, such as communications between distributed or server data on a network objects and considering the system elements (application-level objects), and the like used objects in consideration of implementations like middleware (system-level objects) include a variety of objects. そのため、オブジェクトを分類階層化し、設計上の判断と対応付けする手段によってフレームワーク自体が理解しやすくなる。 Therefore, classifying a hierarchy of objects, the framework itself is easily understood by means of association with design decisions. また、フレームワークを利用する際には、業務の理解、業務を実現するビジネスレベルオブジェクトの構造、関係の理解、および設計上の観点、判断の理解が必要であるが、フレームワークが想定するアプリケーションシステムの利用者や関連するシステムといった周りの環境面とオブジェクトを対応付ける手段によってフレームワークを取り巻く周りの環境面から捉えることが可能となり、この上でビジネスレベルのオブジェクトを参照するため、フレームワークがより一層理解しやすくなる。 Further, when using the framework, understanding of the business, the structure of the business-level object to realize a business, understanding the relationship, and the design point of view, it is necessary to understand the determination, the framework is assumed Applications can be viewed from the environmental surrounding surrounding framework by means associating environmental and objects around such system users and related systems and will, to refer to objects business level on this, more framework more easier to understand.

【0024】また、オブジェクトの分類階層化、設定上の判断との対応付けを管理する手段、および周りを取り巻く環境面との対応付けを管理する手段によってフレームワークを基にアプリケーションシステムを構築する際に、要件がフレームワークのどの部分に対して影響を及ぼすかという対応を取ることが可能となり、変更箇所の特定が容易になる。 Further, classification hierarchy of objects, means for managing the correspondence between determined on set, and when building application systems based on a framework by means for managing the correspondence between environmental surrounding around , the requirements it is possible to take corrective that they affect to any part of the framework, it is easy to identify the changes.

【0025】上述したように、フレームワークの理解か容易になり、変更箇所の特定が容易になるという利点により、結果としてフレームワークの変更箇所特定を容易にし、フレームワークを基にアプリケーションシステムの開発を円滑に進めることができる。 [0025] As described above, facilitates Understanding of the framework, the advantage that the particular becomes easy change point, consequently facilitating the change position of a specific framework, application development systems based on the framework it can proceed smoothly.

【0026】 [0026]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
フレームワークに含まれるオブジェクトを分類整理し、 Classified organize the objects to be included in the framework,
設計上の判断との対応付けを管理し、フレームワークが想定するアプリケーションシステムの利用者および関連するシステムといった周りを取り巻く環境面とオブジェクトとの対応付けを管理するので、フレームワークの理解を容易にするとともに、フレームワークの変更箇所の特定を容易にし、フレームワークを基にしたアプリケーションシステムの開発を円滑に進めることができる。 Manages the association between design decisions, because the framework manages the correspondence between environmental and objects surrounding around such a user and associated system application system assumed, easily understanding of the framework to together, to facilitate a particular location change framework framework can be smoothly advance the development of an application system based on.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施形態の基本構成を示す図である。 1 is a diagram showing a basic configuration of an embodiment of the present invention.

【図2】図1に示す実施形態の作用を示すフローチャートである。 2 is a flowchart showing the operation of the embodiment shown in FIG.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11 Organization:実世界の機能組織構造 12 Process :組織横断的プロセス 13 Role:オブジェクトの役割構造 14 設計上の判断 15 デザインパターン、メタパターン、レシピ 21 要件 22 アプリケーションシステム 11 Organization: Real world features organizational structure 12 Process: cross-organizational process 13 Role: determination 15 design patterns on the role structure 14 design objects, meta pattern, recipe 21 requirements 22 application system

Claims (2)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 オブジェクト指向フレームワークを基にアプリケーションシステムを開発するソフトウェア開発方法であって、フレームワークに含まれるオブジェクトを分類整理し、設計上の判断との対応付けを管理し、フレームワークが想定するアプリケーションシステムの利用者および関連するシステムといった周りを取り巻く環境面とオブジェクトとの対応付けを管理し、これによりフレームワークに含まれるオブジェクトを分類階層化し、フレームワークを理解する視点とオブジェクトを関連付けて開発者に対してフレームワークの理解を容易にするとともに、段階的にフレームワークの変更箇所を絞り込んでフレームワークの変更箇所の特定を容易にし、 1. A software development method for developing object-oriented frame application system work based on classifies organize objects included in the framework, and manage the correspondence between design decisions, framework manages the association between environmental and objects surrounding around such a user and associated systems of the assumed application system, thereby classifying hierarchy of objects included in the framework, associate viewpoint and object to understand the framework frame with ease of understanding of the work, the specific location of the change framework to facilitate narrow down the location of the changes stepwise framework to developers Te,
    フレームワークを基にしたアプリケーションシステムの開発を円滑に進めることを特徴とするソフトウェア開発方法。 Software development method characterized by further development of the application system in which the framework based on smoothly.
  2. 【請求項2】 オブジェクト指向フレームワークを基にアプリケーションシステムを開発するソフトウェア開発システムであって、フレームワークに含まれるオブジェクトを分類整理し、設計上の判断との対応付けを管理する手段と、フレームワークが想定するアプリケーションシステムの利用者および関連するシステムといった周りを取り巻く環境面とオブジェクトとの対応付けを管理する手段とを有し、これによりフレームワークに含まれるオブジェクトを分類階層化し、フレームワークを理解する視点とオブジェクトを関連付けて開発者に対してフレームワークの理解を容易にするとともに、段階的にフレームワークの変更箇所を絞り込んでフレームワークの変更箇所の特定を容易にし、フレームワークを基にしたアプリケーションシス 2. A software development system for developing application system based on object-oriented framework, means for classifying organize objects included in the framework, to manage the correspondence between design decisions, frame and means for managing the association between environmental and objects surrounding around and application system users and associated systems that work is assumed, thereby classifying hierarchy of objects included in the framework, the framework together to facilitate understanding of the framework to the developer in association with the viewpoint of understanding the objects, a specific part of the modified framework to facilitate narrow down the location of the changes stepwise framework, based on the framework the application of cis テムの開発を円滑に進めることを特徴とするソフトウェア開発システム。 Software development system characterized by further development systems out smoothly.
JP6351198A 1998-03-13 1998-03-13 Software developing method and development system Pending JPH11259283A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6351198A JPH11259283A (en) 1998-03-13 1998-03-13 Software developing method and development system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6351198A JPH11259283A (en) 1998-03-13 1998-03-13 Software developing method and development system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11259283A true true JPH11259283A (en) 1999-09-24

Family

ID=13231332

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6351198A Pending JPH11259283A (en) 1998-03-13 1998-03-13 Software developing method and development system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11259283A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004280821A (en) * 2003-03-12 2004-10-07 Microsoft Corp Software business process model

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004280821A (en) * 2003-03-12 2004-10-07 Microsoft Corp Software business process model

Similar Documents

Publication Publication Date Title
van der Aalst et al. Beyond workflow management: product-driven case handling
US5960200A (en) System to transition an enterprise to a distributed infrastructure
US6308163B1 (en) System and method for enterprise workflow resource management
US6408404B1 (en) System and method for ensuring and managing situation awareness
US6272489B1 (en) Visually oriented, easily navigable search facility
Basili et al. A reference architecture for the component factory
US5848393A (en) &#34;What if . . . &#34; function for simulating operations within a task workflow management system
US6751657B1 (en) System and method for notification subscription filtering based on user role
Robinson Integrating multiple specifications using domain goals
US7406432B1 (en) Project management over a network with automated task schedule update
US6725445B1 (en) System for minimizing notifications in workflow management system
US6510457B1 (en) Data analysis method and apparatus for data mining
Froese Models of construction process information
US7284000B2 (en) Automatic policy generation based on role entitlements and identity attributes
US7096222B2 (en) Methods and systems for auto-instantiation of storage hierarchy for project plan
US20050065951A1 (en) Visualization of commonalities in data from different sources
US6775658B1 (en) Notification by business rule trigger control
Kang et al. Feature-oriented domain analysis (FODA) feasibility study
McKinney et al. Interactive 4d-cad
US20050257136A1 (en) Methods and systems for animating a workflow and a project plan
US20060265690A1 (en) Software development environment with design specification validation tool
US20060200476A1 (en) Creating, storing and viewing process models
US6278977B1 (en) Deriving process models for workflow management systems from audit trails
US20020188597A1 (en) Methods and systems for linking tasks to workflow
US7197502B2 (en) Machine-implemented activity management system using asynchronously shared activity data objects and journal data items