JPH11259162A - Suspending/resuming method - Google Patents

Suspending/resuming method

Info

Publication number
JPH11259162A
JPH11259162A JP10080571A JP8057198A JPH11259162A JP H11259162 A JPH11259162 A JP H11259162A JP 10080571 A JP10080571 A JP 10080571A JP 8057198 A JP8057198 A JP 8057198A JP H11259162 A JPH11259162 A JP H11259162A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
memory
suspend
resume
system
step
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10080571A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masa Hironaka
雅 廣中
Original Assignee
Nec Corp
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nec Corp, 日本電気株式会社 filed Critical Nec Corp
Priority to JP10080571A priority Critical patent/JPH11259162A/en
Publication of JPH11259162A publication Critical patent/JPH11259162A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To speedily start up a system at the starting of resuming by saving data needed for system management in a cache memory at the time of suspending and powering on the cache memory during the suspending mode.
SOLUTION: Once a suspending event is detected, the contents of the cache memory 21 are flashed back to a system memory 22 to update the system memory 22 and then the contents of the system memory 22 are transferred to a fixed disk drive 51 and saved as necessary data. The cache memory 22 is switched into a diagnostic mode, the contents of the registers of a CPU 1 and other volatile registers are stored in the cash memory 22, and the cache memory 22 and resuming event detecting circuit 501 are powered during the suspending mode while other parts are powered off. Consequently, the system can speedily be started up at a start of resuming.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、情報処理システムのサスペンド/レジューム方法に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to suspend / resume process of the information processing system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、ラップトップパソコン(lap top p Conventionally, a laptop personal computer (lap top p
ersonal computer) やノートブックパソコン(notebook ersonal computer) or a notebook personal computer (notebook
personal computer)のようなバッテリ内蔵型パソコンでの業務実行中にも無駄な電力を消費しない様、業務を中断(suspend) する場合にはサスペンド状態といわれる消費電力を節約する方法がとられている。 personal computer) such as a built-in battery as you do not consume unnecessary power even during business running on a PC, how to save power consumption, which is said to suspend state has been taken in the case to suspend the business (suspend) . サスペンド状態は大別するとRAMへ待避のサスペンド(suspend to RA Suspend state is roughly divided and suspend saved to RAM (suspend to RA
M)とディスクへ待避のサスペンド(suspend to disk) がある。 M) and suspend saved to disk (suspend to disk) there is.

【0003】図5はRAMへ待避する(suspend to RAM) [0003] FIG. 5 is saved to RAM (suspend to RAM)
サスペンド/レジューム方法に対する装置の構成を示すブロック図で、図において11はCPU、12はメモリコントローラ、13はプロセッサバス、121はキャッシュメモリ(cache memory)、122はシステムメモリ、 A block diagram showing the configuration of the device to suspend / resume process, 11 CPU, 12 memory controller in FIG, 13 is a processor bus, 121 is a cache memory (cache memory), 122 is a system memory,
1221はシステムメモリ122内に設けられるSMM 1221 is provided in system memory 122 SMM
(System Management Memory)エリア、14はシステムバス、15はシステムコントローラ、1501はレジュームイベント検出回路、151は固定ディスクドライブ、 (System Management Memory) area, the system bus 14, 15 system controller, resume event detection circuit 1501, a fixed disk drive 151,
16はI/Oデバイス、161は入出力装置、17はビデオ制御装置、171はビデオメモリ、172は表示装置である。 The 16 I / O devices, 161 output device, 17 video controller, 171 is a video memory, 172 is a display device. 図5の構成部分の内、SMMエリア1221 Among components of FIG. 5, SMM area 1221
とレジュームイベント検出回路1501以外の部分は一般の情報処理装置の構成部分であり、良く知られている部分であるのでその説明は省略する。 A portion other than the resume event detection circuit 1501 is a component of a general information processing apparatus, its description because it is part well known is omitted.

【0004】図5の装置でサスペンドイベントが検出されたときは、キャッシュメモリ121の制御方式がコピーバック方式の場合は、キャッシュメモリ121の内容をシステムメモリ122にフラッシュバックし、レジューム時に必要となるCPUレジスタや、メモリコントローラ12、システムコントローラ15、ビデオ制御装置17、I/Oデバイス16の揮発性レジスタの各内容をシステムメモリ122のSMMエリア1221と呼ばれるエリアにストアした後、システムメモリ122、ビデオメモリ171及びシステムコントローラ15内のレジュームイベント検出回路1501には電力を供給してデータを保持しておき、それら以外のデバイスには電力の供給を停止する。 [0004] When the suspend event is detected by the apparatus of FIG. 5, when the control method of the cache memory 121 is a copy-back scheme, flashback contents of the cache memory 121 to the system memory 122 is required during resume and CPU registers, memory controller 12, the system controller 15, after storing the respective contents of the volatile registers in the video controller 17, I / O device 16 to the area called SMM area 1221 of the system memory 122, system memory 122, video the resume event detection circuit 1501 of the memory 171 and the system controller 15 holds the data supplying power, is their other devices to stop the supply of electric power. 図5では、サスペンド時に電力が供給されているデバイスを網掛けで示す。 In Figure 5, it shows a device power on suspend is supplied shaded.

【0005】操作スイッチの接点やタイマ等により、レジュームイベント検出回路1501がレジュームイベントを検出すると、電源オフ状態になっているデバイスの電源をオンにした後SMMエリア1221にストアした情報をCPUレジスタやその他の揮発性レジスタに復元してサスペンド状態に入る直前の状態に復元する。 [0005] The contact or a timer of the operation switch, when the resume event detection circuit 1501 detects a resume event, the information stored in SMM area 1221 after turning on the power to the device that is powered off Ya CPU registers restore other volatile register to restore the state immediately before entering the suspend state.

【0006】図6はディスクへ待避のサスペンド(suspe [0006] FIG. 6 suspend saved to disk (suspe
nd to disk) する装置の構成を示すブロック図で、図において31、32、33、321、322、3221、 A block diagram showing the configuration of a nd-to disk) to device, 31,32,33,321,322,3221 in FIG,
34、35、3501、351、36、361、37、 34,35,3501,351,36,361,37,
371、372はそれぞれ図5の11、12、13、1 371 and 372 11,12,13,1 of FIG. 5, respectively
21、122、1221、14、15、1501、15 21,122,1221,14,15,1501,15
1、16、161、17、171、172と同一部分を表すので重複した説明は省略する。 Duplicate explanation will represent the same parts as 1,16,161,17,171,172 will be omitted.

【0007】図6の装置でサスペンドイベントが検出されたときは、キャッシュメモリ321の制御方式がコピーバック方式の場合は、キャッシュメモリ321の内容をシステムメモリ322にフラッシュバックし、レジューム時に必要となるCPUレジスタや、メモリコントローラ32、システムコントローラ35、ビデオ制御装置37、I/Oデバイス36の揮発性レジスタの各内容をシステムメモリ322のSMMエリア3221と呼ばれるエリアにストアした後、システムメモリ322の内容と、ビデオメモリ371の内容を固定ディスクの予め確保されているエリアに転送して、システムコントローラ35内のレジュームイベント検出回路3501には電力を供給して動作可能な状態に保持しておき、それら以外のデバイスには電 [0007] When the suspend event is detected by the apparatus of FIG. 6, when the control method of the cache memory 321 is a copy-back scheme, flashback contents of the cache memory 321 to the system memory 322 is required during resume and CPU registers, memory controller 32, the system controller 35, after storing the respective contents of the volatile registers in the video controller 37, I / O device 36 to the area called SMM area 3221 of the system memory 322, the contents of the system memory 322 If, then transferred to the area that is secured in advance in the fixed disk the contents of the video memory 371, the resume event detection circuit 3501 of the system controller 35 may be held in an operable state by supplying power, they the power to other devices の供給を停止する。 To stop the supply of.

【0008】操作スイッチの接点やタイマなどによりレジュームイベントが発生されるが、レジュームイベント検出回路3501がレジュームイベントを検出すると、 [0008] While resume event due contacts and a timer of the operation switch is generated, when the resume event detection circuit 3501 detects a resume event,
電源オフ状態になっているデバイスの電源をオンにして固定ディスクドライブ351にストアした内容をシステムメモリ322とビデオメモリ371に転送した後、S After transferring the contents stored power to the fixed disk drive 351 to turn on the device that is a power-off state in the system memory 322 and video memory 371, S
MMエリア3221の情報をCPUレジスタやその他の不揮発性レジスタに復元してサスペンド状態に入る直前の状態に復元する。 Information MM area 3221 to restore the CPU registers and other non-volatile registers to restore the state immediately before entering suspend state.

【0009】 [0009]

【発明が解決しようとする課題】図5、図6に示す従来の方法では次のような問題点がある。 [0007] FIG. 5, there are the following problems in the conventional method shown in FIG. 図5に示す方法の第1の問題点は、サスペンド時の消費電力が大きくなることである。 The first problem of the method shown in FIG. 5 is that the power consumption during the suspend is increased. サスペンド時にビデオメモリ171とシステムメモリ122とに電力を供給する構成としているため、その電力が必要になり、特にビデオメモリ171やシステムメモリ122の容量が大きくなれば成る程、バックアップするデバイスの消費電力が大きくなり、サスペンド時の消費電力が大きくなってしまう。 Since it is configured to supply power to the video memory 171 to suspend the system memory 122 and, the power required, especially extent made the greater the capacity of the video memory 171 or system memory 122, the power consumption of the device to be backed up is increased, power consumption during suspend increases. また第2の問題点は、CPUレジスタやその他の揮発性レジスタの内容を待避させるためシステムメモリ122の中にSM The second problem, SM in the system memory 122 for retracting the contents of the CPU registers and other volatile register
Mエリア1221が設けられており、このエリアは本来のシステムメモリとして利用できなくなるという問題点があった。 M area 1221 is provided, this area there is a problem that can not be utilized as the original system memory.

【0010】また図6に示す方法では、レジューム時の復旧時間が長いことが問題となる。 [0010] In the method shown in FIG. 6, that the long recovery time at the time of a resume is a problem. すなわち、レジューム時にはCPUレジスタやその他の揮発性レジスタの内容、すなわちSystem Management に必要なデータの内容を固定ディスクドライブ351からシステムメモリ32 That is, at the time of resuming CPU registers and the contents of other volatile registers, i.e. the system the contents of the data necessary for the System Management from the fixed disk drive 351 memory 32
2に読み出した後、CPUレジスタやその他の揮発性レジスタに復旧しなければならないため、図5に示す方法より多くの時間が必要となる。 After reading the 2, because it must recover the CPU registers and other volatile registers requires more time than the method shown in FIG. また、SMMエリア32 In addition, SMM area 32
21をシステムメモリ322内に持っており、このエリアが本来のシステムメモリとして利用できなくなるという問題点も残る。 And with 21 in the system memory 322, it remains a problem that this area can not be used as the original system memory.

【0011】また、サスペンド/レジューム方法に関しては、従来色々な方法が開示されているが、バッテリ内蔵型パソコンや省エネルギーを必要とするパソコンに適用できる方法としては、例えば特開平6−131082 [0011] With respect to the suspend / resume method, conventional various methods have been disclosed, as a method that can be applied to a personal computer that requires a built-in battery computer or energy conservation, for example, JP-A-6-131082
号公報に開示された「サスペンド/レジューム方式採用コンピュータ」(以下、先行文献という)がある。 No. disclosed in Japanese "suspend / resume scheme adopted computer" (hereinafter referred to as prior art) there is. この先行文献の方法では「電源断要求時に主記憶装置のブロックの中で使用中かつ主記憶装置上にしか存在しない情報を持つブロックを検索する第1の検索手段」、「使用中であるが主記憶装置以外の装置に同じ情報が存在するブロックを検索する第2の検索手段」、「第1の検索手段で検索されたブロックの情報を不揮発性記憶装置へ待避させる待避手段」、「第2の検索手段によって検索されたブロックの情報を無効とし、電源回復後再度そのブロックの有していた情報の参照が要求された時には、その情報が存在する主記憶装置以外の装置から当該情報を必要な所へ転送する手段」等を備えていて、サスペンド/レジュームの処理が複雑になるという問題があった。 The "first retrieving means for retrieving a block having information only on the in-use and the main storage device is not present in the blocks of the main memory when the power-off request" In prior art methods, although "in use second search means "to retrieve the blocks present the same information to a device other than the main memory, retraction means for retracting the" information of the first search means search block to the nonvolatile memory device "," the the information search block by second search means is invalidated, when the reference information had again the block after the power recovery is requested, the information from a device other than the main memory device the information is present be provided with a means "or the like to be transferred to the place you need, there is a problem that processing of the suspend / resume is complicated.

【0012】本発明の目的は従来の方法における上述の問題点を解決し、サスペンド時の消費電力が小さく、レジューム状態への復旧が迅速なサスペンド/レジューム方法を提供することである。 An object of the present invention is to solve the above problems in the conventional methods point, less power consumption during suspend, recovery to resume state is to provide a rapid suspend / resume method.

【0013】 [0013]

【課題を解決するための手段】本発明では、サスペンド時点でキャッシュメモリの中にシステム・マネジメントに必要なデータを待避し、サスペンド中はキャッシュメモリに電源を供給しておくことにより、レジューム開始に当たりシステムの立ち上がりを迅速にし、かつサスペンド中の電力消費を低減した。 In the present invention, there is provided a means for solving], and saves the data necessary for system management in the cache memory at the suspend time, by being suspended in keep supplying power to the cache memory hits the resume start the rapid rise of the system, and to reduce power consumption during suspend.

【0014】すなわち本発明のサスペンド/レジューム方法は、CPUと、システムメモリと、このシステムメモリを制御するメモリコントローラと、該システムメモリの記憶内容の一部をCPUからのアクセスが容易な状態にして別に記憶するキャッシュメモリと、不揮発性メモリである固定ディスクドライブと、この固定ディスクドライブを制御するシステムコントローラとを備えた情報処理システムのサスペンド/レジューム方法であって、サスペンドイベントが検出されたとき、キャッシュメモリの内容をシステムメモリにスワップアウトするステップ、このステップのあとシステムメモリの内容を固定ディスクドライブに転送するステップ、キャッシュメモリを診断モードに切り替えるステップ、CPUレジスタその他の揮発性レ [0014] That suspend / resume process of the present invention includes a CPU, a system memory, a memory controller for controlling the system memory, a portion of the contents of the system memory accesses from the CPU to facilitate state a cache memory for storing separately and fixed disk drive is a non-volatile memory, a suspend / resume method for an information processing system including a system controller for controlling the fixed disk drive, when the suspend event is detected, the step of swapping out the contents of the cache memory to the system memory, the step of transferring the contents after the system memory of the step to the fixed disk drive, the step of switching the cache memory to the diagnostic mode, CPU registers and other volatile les スタの内容を前記キャッシュメモリに格納するステップ、キャッシュメモリに対する電源と、レジューム検出回路の電源とを残し、その他の電源を遮断するステップ、サスペンド中にレジュームイベントを検出したとき、システム全体の電力供給を開始するステップ、前記キャッシュメモリに格納されていたCP Storing the contents of static in said cache memory, leaving the power supply to the cache memory, and a power supply resume detection circuit, the step of blocking the other power, upon detecting a resume event during suspension of the entire system power supply initiating step, CP which has been stored in the cache memory
Uレジスタ、その他の揮発性レジスタの内容を各レジスタに復元するステップ、固定ディスクドライブに格納されていたシステムメモリの内容をシステムメモリに転送するステップ、キャッシュメモリを診断モードから通常モードに切り替えるステップ、を備えて構成される。 The step of transferring U registers, or other contents of the volatile register reconstructing the respective registers, the contents of the system memory that has been stored in the fixed disk drive to the system memory, the step of switching the cache memory from the diagnostic mode to the normal mode, configured to include a.

【0015】また当該情報処理システムのキャッシュメモリの書き込み方式がライトスルー(write through) の場合、前記キャッシュメモリの内容を前記システムメモリにスワップアウトするステップを省略することを特徴とする。 [0015] The write method of the cache memory of the information processing system is in the write-through (write through), characterized by omitting the step of swapping out the contents of the cache memory to the system memory.

【0016】また当該情報処理システム内にビデオメモリが存在する場合、前記システムメモリの内容を固定ディスクドライブに転送するステップの後にこのビデオメモリを前記固定ディスクドライブに転送するステップが挿入され、前記固定ディスクドライブに格納されていたシステムメモリの内容をシステムメモリに転送するステップの後に前記固定ディスクドライブに格納されていたビデオメモリの内容をビデオメモリに転送するステップが挿入されるとを特徴とする。 [0016] If the video memory in the information processing system is present, the step of transferring the video memory on the fixed disk drive after the step of transferring the contents of the system memory to the fixed disk drive is inserted, the fixed forwarding said of fixed video memory that has been stored in the disk drive after the step of transferring the contents of the system memory that has been stored in the disk drive to the system memory to the video memory, characterized in when it is inserted.

【0017】またサスペンド時前記キャッシュメモリに格納されるデータを格納するため、キャッシュメモリの特定の領域がSMM(System Management Memory)空間として予め確保されていることを特徴とする。 [0017] To store the data stored in the suspend time the cache memory, wherein the specific area of ​​the cache memory is secured in advance as SMM (System Management Memory) space.

【0018】また前記サスペンドイベントは操作者により発生されることを特徴とする。 [0018] wherein said suspend event is generated by the operator.

【0019】また前記サスペンドイベントはタイマにより発生されることを特徴とする。 [0019] wherein said suspend event is generated by a timer.

【0020】また前記レジュームイベントは操作者により発生されることを特徴とする。 [0020] wherein the resume event is generated by the operator.

【0021】さらに前記レジュームイベントはタイマにより発生されることを特徴とする。 Furthermore the resume event is characterized in that it is generated by the timer.

【0022】 [0022]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について図面を参照し説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, embodiments of the present invention with reference to the drawings. 図1は本発明の一実施形態を示すブロック図であって、図1において、符号1、2、 Figure 1 is a block diagram illustrating an embodiment of the present invention, in FIG. 1, reference numeral 1,
3、4、5、6、7、21、22、51、61、71、 3,4,5,6,7,21,22,51,61,71,
72、501はそれぞれ図5の11、12、13、1 72,501 is 11,12,13,1 of FIG. 5, respectively
4、15、16、17、121、122、151、16 4,15,16,17,121,122,151,16
1、171、172、1501と同一の部分であるので重複した説明は省略する。 Repeated description is identical parts and 1,171,172,1501 will be omitted. 図1の211はキャッシュメモリ21内に設けられたSMMエリアであって、図5においてシステムメモリ122内に設けられたSMMエリア1221に対応する。 211 of FIG. 1 is a SMM area provided in the cache memory 21, corresponding to the SMM area 1221 provided in the system memory 122 in FIG. また、図1の符号511、51 Further, the sign of FIG. 1 511,51
2はそれぞれ図6の3511、3512と同一の部分である。 2 is the same parts as 3511,3512, respectively, in FIG 6.

【0023】図2は図1のシステムメモリ22とキャッシュメモリ21のメモリマッピングの一例を示すフォーマット図で、アドレス0000,0000h(hは16 [0023] Figure 2 is a format diagram showing an example of a memory mapping of system memory 22 and cache memory 21 in FIG. 1, the address 0000,0000h (h 16
進数表示であることを示す)から1000,0000h 1000,0000h from the advance indicating a numeral)
はシステムメモリ空間101に割り当てられ、C00 Assigned to the system memory space 101, C00
0,0000hからE000,000hまではキャッシュメモリ103空間に割り当てられる。 From 0,0000h to E000,000h it is assigned to the cache memory 103 space. 空間103の一部をSMM空間104として使用する。 Using a portion of the space 103 as SMM space 104. キャッシュメモリを使用する通常のモードでは、ソフトウェアはキャッシュメモリを意識することなく、システムメモリエリア101をアクセスし、そのうちキャッシュメモリをアクセスすべき場合はハードウェアがキャッシュメモリをアクセスする。 In normal mode using the cache memory, the software without being conscious of the cache memory, accessing the system memory area 101, if them to be accessed cache memory hardware accesses the cache memory. キャッシュメモリを直接アドレスしてリード/ライトし、キャッシュメモリの診断を行うようなときは、診断モードに切り替えてキャッシュメモリに直接アクセスする。 Read / write and address the cache memory directly, such as when making a diagnosis of the cache memory is direct access to the cache memory by switching to the diagnostic mode. SMMエリア104へのアクセスは診断モードにして直接キャッシュメモリにアクセスする。 Access to SMM area 104 directly access the cache memory in the diagnostic mode.

【0024】次に、図1の回路におけるサスペンド/レジューム方法の各ステップを図3、図4のフローチャートに基づいて説明する。 Next, FIG each step of suspend / resume process in the circuit of FIG. 1 3 will be described with reference to the flowchart of FIG. サスペンドイベントは操作者がスイッチを操作して入力するか、タイマで発生されるので、ステップS−1でCPU1がこのサスペンドイベントを検出するとサスペンド状態に移る動作を開始し、ステップS−2ではキャッシュメモリ21の内容をシステムメモリ22にフラシュバックしてシステムメモリ22 Or suspend event an operator inputs by operating the switch, because it is generated by the timer, step S-1 in CPU1 starts operating to move to the suspend state when detecting the suspend event, the cache in step S-2 system memory 22 to flash back the contents of the memory 21 to the system memory 22
を更新する。 To update. 但し、ステップS−2は、キャッシュメモリ21の書き込み方式がコピーバック(ストアイン)方式の場合、システムメモリ22の内容がキャッシュメモリ21の内容通りに更新されてない場合があるので行う必要があるが、キャッシュメモリ21の書き込み方式がライトスルーの場合は、システムメモリ22とキャッシュメモリ21の内容は常に一致しているので、ステップS−2を省略することができる。 However, step S-2, when the writing mode of the cache memory 21 is copied back (store-in) method, the contents of the system memory 22 have to do with there may not have been updated to the contents as a cache memory 21 but if writing method of the cache memory 21 is write-through, the contents of the system memory 22 and cache memory 21 is always consistent, it is possible to omit the step S-2.

【0025】ステップS−3では、システムメモリ22 [0025] In the step S-3, system memory 22
の内容を固定ディスクドライブ51に予め確保しておいたシステムメモリ転送領域511に転送する。 Transferring the contents into system memory transfer region 511 which has been reserved in advance in the fixed disk drive 51. ステップS−4では、ビデオメモリ71の内容を固定ディスクドライブ51に予め確保しておいたビデオメモリ転送領域512に転送する。 In step S-4, is transferred to the video memory transfer region 512 which has been secured in advance the contents of the video memory 71 to the fixed disk drive 51. ステップS−5ではキャッシュメモリ21を診断モードに切り替える。 In step S-5 switches the cache memory 21 to the diagnostic mode. ステップS−6ではCPUレジスタや他の揮発性レジスタの内容をキャッシュメモリ21に格納する。 In step S-6 to store the contents of the CPU registers or other volatile register into the cache memory 21. ステップS−7ではシステムコントローラ5内のレジュームイベント検出回路501 Step Resume S-7 in the system controller 5 event detection circuit 501
とキャッシュメモリ21以外への電力供給を停止する。 And stops the power supply to the non-cache memory 21.

【0026】レジュームイベントも操作者かタイマによって発生されるので、システムコントローラ5内のレジュームイベント検出回路501がこれを検出すると(ステップS−10)、レジューム動作に移り、ステップS [0026] Since the resume event is also generated by the operator or a timer, when the resume event detection circuit 501 in the system controller 5 detects this (step S-10), shifts to resume operation, the step S
−20でシステム全体の電力供給を開始し、ステップS Start the power supply of the entire system at -20, step S
−30ではキャッシュメモリに格納されていたCPUレジスタその他の揮発性レジスタの内容(メモリコントローラ2、システムコントローラ5、I/Oデバイス6、 -30 The contents of the CPU registers and other volatile registers stored in the cache memory (memory controller 2, the system controller 5, I / O device 6,
ビデオ表示装置7等の揮発性レジスタであって、これらレジスタがシステム・マネジメン・メモリ(System Mana A volatile register, such as a video display device 7, these registers are system management memory (System Mana
gement Memory)を構成している)をそれぞれのレジスタに復元する。 Gement Memory) to restore configuration to that) to each register. このときキャッシュメモリ21はまだ診断モードの儘である。 Cache memory 21 at this time is still as one likes of the diagnostic mode. ステップS−40では、動作可能な状態に復元したメモリコントローラ2とシステムコントローラ5によって固定ディスクドライブ51内のシステムメモリ転送領域511の内容を読み出してシステムメモリ22にロードする。 In step S-40, is loaded into the system memory 22 reads out the contents of the system memory transfer area 511 in the fixed disk drive 51 by the memory controller 2 and the system controller 5 restored to an operable condition. ステップS−50では、動作可能な状態に復元したビデオ制御装置7とシステムコントローラ5によって、固定ディスクドライブ51内のビデオメモリ転送領域512の内容を読み出してビデオメモリ71にロードする。 In step S-50, the video controller 7 and a system controller 5 which is restored to an operable state, loaded into the video memory 71 reads out the contents of the video memory transfer area 512 in the fixed disk drive 51. ステップS−60ではキャッシュメモリ21を診断モードから通常モードに戻し、キャッシュメモリ21が本来のキャッシュメモリとして動作するように復元する。 Returned to step S-60 in the cache memory 21 from the diagnostic mode to the normal mode, to restore to the cache memory 21 operates as the original cache memory.

【0027】 [0027]

【発明の効果】以上の説明から明らかなように本発明によれば、サスペンド状態では、レジュームイベント検出回路501とキャッシュメモリ21の電力だけを供給すればよいので、図5に示す従来の方法のように、レジュームイベント検出回路1501とシステムメモリ12 According to apparent the present invention from the above description, in the suspended state, since only may be supplied power resume event detection circuit 501 and the cache memory 21, the conventional method shown in FIG. 5 as such, resume event detection circuit 1501, the system memory 12
2、ビデオメモリ171に電力を供給する方法に比べ、 2, compared with the method of supplying power to the video memory 171,
消費電力を低減することができる。 It is possible to reduce power consumption. また図4に示すステップS−30の時点で、システムの全動作が可能となるので、図6に示す従来の方法のように、システムメモリ転送領域3511に待避しておいた内容を一旦システムメモリ322にロードした上でそのSMMエリア322 Also at the time of the step S-30 shown in FIG. 4, the total operation of the system is possible, as in the conventional method shown in FIG. 6, once the system memory contents that has been saved in the system memory transfer region 3511 the SMM area 322 on the loaded to 322
1からCPUのレジスタやその他の揮発性レジスタにロードして、始めてシステムの動作が可能となるものに比べて、レジューム動作での復元が迅速に行える。 Load from 1 to register or other volatile registers CPU, as compared to what the first time it is possible to operate the system, restore in resume operation performed quickly. さらに図5のSMMエリア1221、図6のSMMエリア32 Further SMM area 1221 in FIG. 5, SMM area 32 in FIG. 6
21のように、SMMエリアがシステムメモリ内には存在しないので、システムメモリにSMMエリアを予め確保する必要がない等の効果がある。 21 as in, since SMM area does not exist in the system memory, the effect of no need to pre-secure the SMM area in the system memory or the like.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施形態を示すブロック図である。 1 is a block diagram illustrating an embodiment of the present invention.

【図2】図1のメモリマッピングを示す説明図である。 FIG. 2 is an explanatory diagram showing the memory mapping of Fig.

【図3】図1のサスペンド処理の動作ステップを示すフローチャートである。 3 is a flow chart illustrating the operation steps of the suspend process of FIG.

【図4】図1のレジューム処理の動作ステップを示すフローチャートである。 4 is a flow chart illustrating the operation steps of the resume process of FIG.

【図5】従来の方法の一例を示すブロック図である。 5 is a block diagram showing an example of a conventional method.

【図6】従来の方法の他の一例を示すブロック図である。 6 is a block diagram showing another example of a conventional method.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 CPU 2 メモリコントローラ 3 プロセッサバス 4 システムバス 5 システムコントローラ 6 I/Oデバイス 7 ビデオ制御装置 21 キャッシュメモリ 22 システムメモリ 51 固定ディスクドライブ 61 入出力装置 71 ビデオメモリ 72 表示装置 211 SMMエリア 501 レジュームイベント検出回路 511 システムメモリ転送領域 512 ビデオメモリ転送領域 1 CPU 2 memory controller 3 processor bus 4 system bus 5 system controller 6 I / O device 7 the video controller 21 cache memory 22 system memory 51 fixed disk drive 61 input-output device 71 the video memory 72 the display device 211 SMM area 501 resume event detection circuit 511 system memory transfer area 512 video memory transfer area

Claims (8)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 CPUと、システムメモリと、このシステムメモリを制御するメモリコントローラと、該システムメモリの記憶内容の一部をCPUからのアクセスが容易な状態にして別に記憶するキャッシュメモリと、不揮発性メモリである固定ディスクドライブと、この固定ディスクドライブを制御するシステムコントローラとを備えた情報処理システムのサスペンド/レジューム(suspe And 1. A CPU, a system memory, a memory controller for controlling the system memory, a cache memory for storing separately and a portion of the contents of the system memory to the easy access state from CPU, nonvolatile a fixed disk drive is a sexual memory, suspend / resume information processing system including a system controller for controlling the fixed disk drive (Suspe
    nd/resume)方法であって、 サスペンドイベント(suspend event) が検出されたとき、 前記キャッシュメモリの内容を前記システムメモリにスワップアウトするステップ、 このステップのあと該システムメモリの内容を固定ディスクドライブに転送するステップ、 前記キャッシュメモリを診断モードに切り替えるステップ、 CPUレジスタその他の揮発性レジスタの内容を前記キャッシュメモリに格納するステップ、 キャッシュメモリに対する電源と、レジューム検出回路の電源とを残し、その他の電源を遮断するステップ、 サスペンド中にレジュームイベント(resume event)を検出したとき、 システム全体の電力供給を開始するステップ、 前記キャッシュメモリに格納されていたCPUレジスタ、その他の揮発性レジスタの内容を各レジスタに復元す A nd / resume) method, when a suspend event (suspend event) is detected, the step of swapping out the contents of the cache memory to the system memory, the contents after the system memory of the step to the fixed disk drive the step of transferring, leaving storing step of switching said cache memory to the diagnostic mode, the contents of CPU registers and other volatile register in the cache memory, a power supply to the cache memory, and a power supply resume detection circuit, other power the step of blocking the, upon detecting a resume event (resume event) during suspension, the entire system of initiating a power supply, the CPU registers have been stored in the cache memory, other volatile registers of each register contents be restored to るステップ、 固定ディスクドライブに格納されていたシステムメモリの内容をシステムメモリに転送するステップ、 キャッシュメモリを診断モードから通常モードに切り替えるステップ、 を備えたサスペンド/レジューム方法。 That step, the step of transferring the contents of the system memory that has been stored in the fixed disk drive to the system memory, suspend / resume process which includes a step of switching the cache memory from the diagnostic mode to the normal mode.
  2. 【請求項2】 請求項1記載のサスペンド/レジューム方法であって、当該情報処理システムのキャッシュメモリの書き込み方式がライトスルー(writethrough)の場合、前記キャッシュメモリの内容を前記システムメモリにスワップアウトするステップを省略することを特徴とするサスペンド/レジューム方法。 2. A suspend / resume process of claim 1 wherein, the writing method of the cache memory of the information processing system is in the write-through (writethrough), swapping out the contents of the cache memory to the system memory suspend / resume wherein the omitting step.
  3. 【請求項3】 請求項1記載のサスペンド/レジューム方法であって、当該情報処理システム内にビデオメモリが存在する場合、前記システムメモリの内容を固定ディスクドライブに転送するステップの後にこのビデオメモリを前記固定ディスクドライブに転送するステップが挿入され、前記固定ディスクドライブに格納されていたシステムメモリの内容をシステムメモリに転送するステップの後に前記固定ディスクドライブに格納されていたビデオメモリの内容をビデオメモリに転送するステップが挿入されるとを特徴とするサスペンド/レジューム方法。 3. A suspend / resume method according to claim 1, wherein, when the video memory in the information processing system is present, the video memory after the step of transferring the contents of the system memory to the fixed disk drive the fixing step of transferring the disk drive is inserted, the video memory the contents of video memory that was stored in the fixed disk drive after the step of transferring the contents of the system memory that was stored in the fixed disk drive to the system memory suspend / resume and wherein the the step is inserted to be transferred to.
  4. 【請求項4】 請求項1記載のサスペンド/レジューム方法であって、サスペンド時前記キャッシュメモリに格納されるデータを格納するため、キャッシュメモリの特定の領域がSMM(System Management Memory)空間として予め確保されていることを特徴とするサスペンド/レジューム方法。 4. A suspend / resume method according to claim 1, wherein, for storing the data stored in the suspend time the cache memory, reserved beforehand as a specific area SMM (System Management Memory) space of the cache memory suspend / resume wherein the being.
  5. 【請求項5】 請求項1記載のサスペンド/レジューム方法であって、前記サスペンドイベントは操作者により発生されることを特徴とするサスペンド/レジューム方法。 5. A suspend / resume method according to claim 1, wherein said suspend event suspend / resume method characterized by being produced by the operator.
  6. 【請求項6】 請求項1記載のサスペンド/レジューム方法であって、前記サスペンドイベントはタイマにより発生されることを特徴とするサスペンド/レジューム方法。 6. A suspend / resume method according to claim 1, wherein said suspend event suspend / resume method characterized in that it is produced by the timer.
  7. 【請求項7】 請求項1記載のサスペンド/レジューム方法であって、前記レジュームイベントは操作者により発生されることを特徴とするサスペンド/レジューム方法。 7. A suspend / resume method according to claim 1, wherein the suspend / resume process, characterized in that the resume event is generated by the operator.
  8. 【請求項8】 請求項1記載のサスペンド/レジューム方法であって、前記レジュームイベントはタイマにより発生されることを特徴とするサスペンド/レジューム方法。 8. A suspend / resume method according to claim 1, wherein the resume event suspend / resume method characterized in that it is produced by the timer.
JP10080571A 1998-03-13 1998-03-13 Suspending/resuming method Granted JPH11259162A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10080571A JPH11259162A (en) 1998-03-13 1998-03-13 Suspending/resuming method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10080571A JPH11259162A (en) 1998-03-13 1998-03-13 Suspending/resuming method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11259162A true JPH11259162A (en) 1999-09-24

Family

ID=13722033

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10080571A Granted JPH11259162A (en) 1998-03-13 1998-03-13 Suspending/resuming method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11259162A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6681336B1 (en) 1999-06-18 2004-01-20 Kabushiki Kaisha Toshiba System and method for implementing a user specified processing speed in a computer system and for overriding the user specified processing speed during a startup and shutdown process
GB2395302A (en) * 2002-11-13 2004-05-19 Advanced Risc Mach Ltd State saving and restoring in data processing system using scan chain cells
JP2007306143A (en) * 2006-05-09 2007-11-22 Ricoh Co Ltd Image processing apparatus
KR100994723B1 (en) * 2008-10-14 2010-11-16 포항공과대학교 산학협력단 selective suspend resume method of reducing initial driving time in system, and computer readable medium thereof
KR101026831B1 (en) 2002-02-06 2011-04-04 후지쯔 세미컨덕터 가부시키가이샤 Semiconductor device and electronic device
KR101064834B1 (en) 2009-02-18 2011-09-14 홍익대학교 산학협력단 Instant bootable computing system and method using non-volatile random access memory
JP2013073318A (en) * 2011-09-27 2013-04-22 Seiko Epson Corp Medium processor and control method for the same

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6681336B1 (en) 1999-06-18 2004-01-20 Kabushiki Kaisha Toshiba System and method for implementing a user specified processing speed in a computer system and for overriding the user specified processing speed during a startup and shutdown process
KR101026831B1 (en) 2002-02-06 2011-04-04 후지쯔 세미컨덕터 가부시키가이샤 Semiconductor device and electronic device
GB2395302A (en) * 2002-11-13 2004-05-19 Advanced Risc Mach Ltd State saving and restoring in data processing system using scan chain cells
GB2395302B (en) * 2002-11-13 2005-12-28 Advanced Risc Mach Ltd Hardware driven state save/restore in a data processing system
JP2007306143A (en) * 2006-05-09 2007-11-22 Ricoh Co Ltd Image processing apparatus
KR100994723B1 (en) * 2008-10-14 2010-11-16 포항공과대학교 산학협력단 selective suspend resume method of reducing initial driving time in system, and computer readable medium thereof
KR101064834B1 (en) 2009-02-18 2011-09-14 홍익대학교 산학협력단 Instant bootable computing system and method using non-volatile random access memory
JP2013073318A (en) * 2011-09-27 2013-04-22 Seiko Epson Corp Medium processor and control method for the same

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7093089B2 (en) Systems and methods for storing data on computer systems
US7472230B2 (en) Preemptive write back controller
JP2728108B2 (en) Storage controller
US6693840B2 (en) Non-volatile semiconductor memory device with enhanced erase/write cycle endurance
US7111134B2 (en) Subsystem and subsystem processing method
JP3893008B2 (en) Method and apparatus for improving the direct memory access and cache performance
US5951685A (en) Computer system with system ROM including serial-access PROM coupled to an auto-configuring memory controller and method of shadowing BIOS code from PROM
US7457928B2 (en) Mirroring system memory in non-volatile random access memory (NVRAM) for fast power on/off cycling
US5485623A (en) Information processor having high speed and safety resume system
CN102216899B (en) Management cache data and metadata
KR100247875B1 (en) Multi-processor system
US7412565B2 (en) Memory optimization for a computer system having a hibernation mode
JP3598321B2 (en) Buffering data exchanged between buses operating at different frequencies
US9274592B2 (en) Technique for preserving cached information during a low power mode
US5903911A (en) Cache-based computer system employing memory control circuit and method for write allocation and data prefetch
JP2916421B2 (en) Cache flush apparatus and data processing method
JP4057114B2 (en) Data processing system and method therefor having a cache
JP4136001B2 (en) Calculation system for input and output address translation mechanism
US7085955B2 (en) Checkpointing with a write back controller
US6336161B1 (en) Computer configuration system and method with state and restoration from non-volatile semiconductor memory
JP2916420B2 (en) Checkpoint accelerating apparatus and data processing method
US7130962B2 (en) Writing cache lines on a disk drive
EP0518622B1 (en) Apparatus and method for suspending and resuming software on a computer
JP2988866B2 (en) Computer system
JP3859757B2 (en) Virtual Address Virtual Address Reference method and the virtual address of a reference device using the translation table entry and the bit with a cacheability attribute bits for