JPH11248603A - シャシダイナモメータ及び車両試験装置 - Google Patents

シャシダイナモメータ及び車両試験装置

Info

Publication number
JPH11248603A
JPH11248603A JP10054005A JP5400598A JPH11248603A JP H11248603 A JPH11248603 A JP H11248603A JP 10054005 A JP10054005 A JP 10054005A JP 5400598 A JP5400598 A JP 5400598A JP H11248603 A JPH11248603 A JP H11248603A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
load
roller
vehicle
drive wheel
flywheel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10054005A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroyuki Hashimoto
洋之 橋本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kanzaki Kokyukoki Manufacturing Co Ltd
Original Assignee
Kanzaki Kokyukoki Manufacturing Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kanzaki Kokyukoki Manufacturing Co Ltd filed Critical Kanzaki Kokyukoki Manufacturing Co Ltd
Priority to JP10054005A priority Critical patent/JPH11248603A/ja
Publication of JPH11248603A publication Critical patent/JPH11248603A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 被検車両の駆動輪に転接するローラに機械的
な慣性付与を行うフライホイールを用いながら配設スペ
ースの大幅な削減を図り、配設スペースが限られた場所
での駆動特性試験を高精度に実施し得るようにする。 【解決手段】 被験車両の駆動輪に転接する負荷ローラ
1aを、この駆動輪よりも小径とし、回転負荷を加えるた
めの負荷装置2と、慣性を付与するためのフライホイー
ル3とを、負荷ローラ1aの両側に直結する。負荷ローラ
1aと平行をなして補助ローラ1bを配し、駆動輪の周方向
に負荷ローラ1aと異なる位置に転接させて、駆動輪を支
える構成とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、自動車に代表され
る車両の駆動特性試験のためのシャシダイナモメータに
関し、更には、前記走行挙動に加えて排気ガス分析を含
む特性評価試験を行うための車両試験装置に関する。
【0002】
【従来の技術】駆動特性を含めた自動車の特性評価は、
実際に路上を走行させて行うのが望ましいが、排気ガス
分析等、路上走行状態での測定が難しい試験項目を含む
ことから、一般的には、室内において走行状態を模擬す
る再現性の良好なシャシダイナモメータを用いて行われ
ている。
【0003】シャシダイナモメータは、実公平5-6515号
公報等に開示されている如く、被検車両の駆動輪に転接
し、該駆動輪からの伝動により回転するローラと、該ロ
ーラに回転負荷を加える負荷装置と、同じく慣性を付与
するフライホイールとを備えて構成されている。
【0004】前記負荷装置は、走行状態に応じて変化す
る回転負荷を前記ローラを介して駆動輪に加える作用を
なすものであり、電気動力計、水動力計等、負荷の測定
装置を兼ねる構成となっている。また前記フライホイー
ルは、被検車両の重量に見合った慣性を前記ローラを介
して駆動輪に付与する作用をなすものであり、軸芯回り
に回転自在に支持された大径の慣性円板を前記ローラの
回転軸に連結して構成されている。
【0005】このように構成されたシャシダイナモメー
タは、その駆動輪を前記ローラの上部に転接させた被検
車両を移動不可に拘束し、前記駆動輪により回転駆動さ
れるローラに、前記フライホイールにより付与される慣
性下にて、前記負荷装置の動作により、発進時、加減速
時等、路上走行中の種々の状態を模擬する回転負荷を作
用させて用いられ、夫々の状態での負荷の測定結果によ
り被検車両の駆動特性を知ることができ、また、各状態
で排気ガス分析を含む総合的な特性評価試験を行わせる
ことができる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】さて近年においては、
排気ガス規制の強化への対応のため、車検場、自動車整
備工場においても、前述した如き総合的な特性評価試験
を実施することが潜在的に切望されている。しかしなが
ら、前記実公平5-6515号公報等に開示されたシャシダイ
ナモメータは、自動車の製造工場において完成車両の特
性評価試験に用いることを前提とし、配設スペース及び
コストの制約を受けることなく構成されたものであり、
費用対効果論上、前述した車検場、自動車整備工場等、
配設スペースが限られる場所への適用が難しいという問
題があった。
【0007】特開平5-223699号公報には、配設スペース
の削減を図ったシャシダイナモメータが提案されてい
る。これは、前記負荷装置として、大嵩となる電気動力
計又は水動力計に代えて、湿式多板ブレーキを用いると
共に、該負荷装置の発生負荷をトルクセンサにより検出
する構成とし、また、慣性付与のための大嵩のフライホ
イールを廃止し、電気的に慣性付与を行う構成としたも
のである。
【0008】しかしながらこの構成においては、電気的
に行われる慣性付与が、駆動輪と共に回転するローラの
回転速度の検出結果に基づくフィードバック制御によっ
て実現されており、時間的な遅れが生じることが避けら
れないという問題があり、例えば、停止状態からの発進
加速時等の過渡的な走行状態における駆動特性の評価に
誤差を伴う等、フライホイールを用いた場合と比較し
て、得られる試験結果の精度が低いという不都合があっ
た。
【0009】本発明は斯かる事情に鑑みてなされたもの
であり、機械的な慣性付与を行うフライホイールを用い
ながら配設スペースの大幅な削減を図ることができ、配
設スペースが限られた場所での駆動特性試験を高精度に
実施し得るシャシダイナモメータを提供し、これを用い
ることにより排気ガス分析を含め、登坂状態、水平走行
状態等、降坂状態を除くあらゆる走行状態での総合的な
特性評価試験をも実施し得る車両試験装置を提供するこ
とを目的とする。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明に係るシャシダイ
ナモメータは、試験対象となる車両の駆動輪に転接する
負荷ローラに、前記車両の走行状態に応じた回転負荷を
加える負荷装置と、前記車両を模擬する慣性を付与する
フライホイールとを連結し、前記駆動輪からの伝動によ
り前記負荷ローラを、前記フライホイールにより付与さ
れる慣性下にて前記負荷装置による回転負荷を適宜に変
更して回転させ、前記車両の駆動特性試験を実施するシ
ャシダイナモメータにおいて、前記駆動輪よりも小径と
してある前記負荷ローラと、該負荷ローラと前記駆動輪
の周上の異なる位置に転接する補助ローラとを備え、前
記負荷装置及びフライホイールは、前記負荷ローラの両
側に直結してあることを特徴とする。
【0011】本発明においては、被検車両の駆動輪にこ
れよりも小径の負荷ローラを転接させ、駆動輪の回転に
応じて高速度にて回転する負荷ローラに負荷装置及びフ
ライホイールを直結して、これらの小型化を図り、配設
スペースを削減する。また負荷ローラの両側に負荷装置
及びフライホイールを振り分けた合理的な配置により配
設スペースを削減する。このとき補助ローラは、負荷ロ
ーラと共に駆動輪に転接し、該駆動輪を安定して支持す
る作用をなす。なお負荷ローラは、ベルト等の伝動手段
により負荷ローラに連結し、互いに同期した回転を補償
するようにするのが望ましい。
【0012】更に加えて、前記フライホイールは、その
回転軸に同軸的に外嵌され、軸長方向に並設された複数
の慣性円板と、これらと前記回転軸とを各別に係断する
クラッチとを備えることを特徴とする。
【0013】この発明においては、複数の慣性円板を各
別のクラッチにより回転軸に選択的に係合させ、係合さ
れた慣性円板の組み合わせにより複数種類の慣性の付与
を可能とし、被検車両に応じた慣性の変更を容易に実現
すると共に、夫々の慣性円板を小径として配設スペース
を削減する。
【0014】また前記補助ローラに付設され、該ローラ
を介して前記駆動輪を所定速度にて回転駆動するモータ
と、該モータによる前記駆動輪の回転下にて前記車両の
スピードメータの指示値を較正する較正手段とを備える
ことを特徴とする。
【0015】この発明においては、補助ローラにモータ
を付設し、このモータにより補助ローラ及びこれに転接
する駆動輪を所定速度にて回転させ、被検車両に装備さ
れたスピードメータの指示値の較正に使用し、駆動特性
の試験と共に、スピードメータの較正が行えるようにす
る。なお前記モータは、電磁クラッチ等の係断手段を介
して補助ローラに連結し、前記較正時以外には補助ロー
ラから切り離し得るようにするのが望ましい。
【0016】更に本発明に係る車両試験装置は、以上の
構成を備えるシャシダイナモメータと、該シャシダイナ
モメータによる試験状態において前記車両の排気ガス分
析を含む特性評価手段とを備えることを特徴とする。
【0017】本発明においては、シャシダイナモメータ
による駆動特性の試験中に、特性評価手段の動作により
排気ガス分析を含む種々の特性評価試験を同時に実施し
て総合的な特性評価を可能とする。
【0018】
【発明の実施の形態】以下本発明をその実施の形態を示
す図面に基づいて詳述する。図1は、本発明に係るシャ
シダイナモメータの正面図、図2は、同じく平面図であ
り、これらの図に示す如く本発明に係るシャシダイナモ
メータは、床面下に形成されたピットP内に固設された
共通の基台B上に、負荷ローラ1a、補助ローラ1b、負荷
装置2及びフライホイール3を備えて構成されている。
【0019】負荷ローラ1aは、両端の軸芯部に同軸的に
突設された支軸10,10を前記基台B上に固設された軸受
台11,11に回動自在に両持ち支持させてある。補助ロー
ラ1bは、両端の軸芯部に同軸的に突設された支軸12,12
を前記基台B上に固設された軸受台13,13に回動自在に
両持ち支持させ、前記負荷ローラ1aの一側にこれと平行
をなして並設してある。
【0020】図1に示す如く負荷ローラ1a及び補助ロー
ラ1bは、前記ピットPの上部に夫々の一部を露出させて
おり、この露出部を被検車両の駆動輪W(図1中に2点
鎖線により図示)に下側から転接させて、該駆動輪Wか
らの伝動により回転するようになしてある。負荷ローラ
1a及び補助ローラ1bの外径dは、前記駆動輪Wの外径D
よりも小さく設定してあり、これらは、駆動輪Wからの
伝動により、該駆動輪Wよりも高速度にて回転するよう
になしてある。
【0021】また負荷ローラ1a及び補助ローラ1bの外表
面には、駆動輪Wとの間の滑りを軽減すべく、適宜の表
面処理が施してあり、また両ローラ1a,1bは、図2に一
部を破断して示す如く中空の筒体として、重量及び慣性
モーメントを軽減し、駆動輪Wからの伝動に伴う両ロー
ラ1a,1bの回転が、夫々の慣性による抵抗が少なく、滑
らかに生じるようになしてある。更に負荷ローラ1aと補
助ローラ1bとは、夫々の一側に張架された伝動ベルト41
により連結され、同期回転するようになしてある。
【0022】負荷ローラ1aの支軸10,10は、夫々の軸受
台11,11から適長突出させてあり、一方の支軸10の突出
端には、基台B上に固設された前記負荷装置2の回転軸
20が直結されている。この負荷装置2は、本願出願人に
よる実公平5-43394号公報に開示されている如く、ハウ
ジングとこれの内部に回動自在に支承された回転軸とを
備え、該回転軸の外側に回転を拘束されて同軸的に取り
付けた多数枚の回転制動板と、前記ハウジングの内側に
同様に取り付けた多数枚の固定制動板とを、ハウジング
内に封入された油を介して交互に重合させ、これらを油
圧により動作する作動シリンダにより相互に押し付けて
制動トルクを発生する湿式多板ブレーキであり、前記作
動シリンダへの導入油圧と制動トルクとのフィードバッ
ク制御により、回転軸20に直結された前記支軸10に回転
負荷を加える構成となっている。
【0023】また他方の支軸10の突出端には、基台B上
に固設された前記フライホイール3の回転軸30が直結さ
れている。図3は、フライホイール3の構成を示す側面
図であり、本図に示す如くフライホイール3は、基台B
への固定のためのベースプレート31と、該ベースプレー
ト31上に適宜の間隔を隔てて立設された4本の支持脚3
2,32…と、これらの上部に各別に固設された軸受台3
3,33…を備えており、前記回転軸30は、その両端部及
び中途部の2か所をこれらの軸受台33,33…に回動自在
に支持させ、ベースプレート31の上面と平行をなして横
架されている。
【0024】フライホイール3の回転軸30の中途部に
は、同サイズの慣性円板3a,3bと、これらと同径であ
り、厚さを異ならせた各一枚の慣性円板3c,3dが同軸的
に外嵌され、軸長方向に並設されている。慣性円板3a
は、回転軸30の一側端部を支持する軸受台33とこれに相
隣する軸受台33との間に、また回転円板3bは、回転軸30
の中途を支持する2つの軸受台33,33間に、更に慣性円
板3c,3dは、回転軸30の他側端部を支持する軸受台33と
これに相隣する軸受台33との間に、夫々の一側に付設さ
れたクラッチ6,6…と共に外嵌されており、これらの
動作により回転軸30と選択的に係合される構成となって
いる。
【0025】図4は、慣性円板3bの取付け位置近傍の拡
大断面図である。図示の如く慣性円板3bは、その軸芯部
に内嵌固定された玉軸受34,34を備え、これらを介して
前記回転軸30の外周に回転自在に嵌め合わせてある。
【0026】慣性円板3bに付設されたクラッチ6は、該
慣性円板3bの一面に取付けられたアーマチュア60と、該
アーマチュア60の取付け側にて前記回転軸30に外嵌固定
された摩擦板61と、該摩擦板61の一部に、玉軸受62を介
して回転自在に外嵌されたコイルハウジング63とを備え
た電磁クラッチとして構成されている。
【0027】前記アーマチュア60は、磁性材料からなる
円環状の部材であり、適宜の円周上に並設された複数の
係合部を、慣性円板3bの前記一面の該当位置に螺合固定
された各別の係合ボルト35,35…(一つのみ図示)の頭
部に夫々係合させ、前記慣性円板3bに回転を拘束すると
共に、慣性円板3bとの間に介装された薄肉円板状をなす
ばね板65のばね力により、軸長方向への移動可能に取付
けてある。
【0028】前記摩擦板61は、以上の如く取付けられた
アーマチュア60と対向する摩擦面を有しており、軸回り
の回転及び軸長方向の移動を拘束して前記回転軸30に固
定されている。この摩擦板61に外嵌されたコイルハウジ
ング63は、前記摩擦板61との対向側に励磁コイル64を一
体的に保持し、その周辺の適宜の部位に固定板65を介し
て連結して回転不可に拘束されており、前記励磁コイル
64は、コイルハウジング63の外側からの給電により励磁
されるようになしてある。
【0029】このように構成されたクラッチ6におい
て、励磁コイル64が非励磁状態にある場合、前記アーマ
チュア60は、図4に示す如く、摩擦板61との間に所定の
エアギャップを隔てて離反した状態にあり、このとき慣
性円板3bは、内側の玉軸受34,34の転動により回転軸30
の回転の如何に拘わらずその位置を保つ。一方、励磁コ
イル64が励磁された場合、これに伴って周辺に発生する
磁界の作用により前記アーマチュア60が引き付けられて
摩擦板61に摺接し、アーマチュア60が取付けられた慣性
円板3bは、前記摩擦板61を介して回転軸30と係合され、
該回転軸30の回転に伴って回転する。なお、クラッチ6
の構成は、以上の如き摩擦クラッチに限らず、ドグクラ
ッチ等の他の形式のクラッチであってもよい。
【0030】即ち、前記クラッチ6は、励磁コイル64へ
の励磁電流の通断により、慣性円板3bと回転軸30とを係
断する作用をなすものであり、このようなクラッチ6,
6…は、回転軸30に外嵌された慣性円板3a,3c,3dにも
夫々付設されている。慣性円板3cの厚さは、クラッチ6
を含めた慣性が慣性円板3a,3bの慣性の1/2となるよ
うに設定され、また慣性円板3dの厚さは、クラッチ6を
含めた慣性が慣性円板3cの慣性の1/2、即ち、慣性円
板3a,3bの慣性の1/4となるように設定されている。
【0031】従って、フライホイール3においては、夫
々に付設された前記クラッチ6,6…の動作により、4
枚の慣性円板3a〜3dを回転軸30に選択的に係合させるこ
とにより、該回転軸30に付与される慣性を、慣性の小さ
い慣性円板3dのみが係合された場合から、全ての慣性円
板3a〜3dが係合された場合との間にて段階的に変更する
ことが可能である。
【0032】以上の如く構成されたフライホイール3の
回転軸30は、負荷ローラ1aの一側の支軸10に直結されて
おり、該負荷ローラ1aの他側の支軸10は、前記負荷装置
2の回転軸20に直結されている。即ち、負荷装置2とフ
ライホイール3とは、負荷ローラ1aの両側に振り分け配
置され、該負荷ローラ1aに直結されており、図2に示す
如く平面視において、基台B上に無為な配設スペースを
占めることがなく、占有面積の大幅な削減が図れる。
【0033】一方、補助ローラ1bの一側の支軸12は、同
側の軸受台13から適長突出させてあり、この突出端に
は、図2に示す如く、スピードメータ較正用のモータ4
が係断用の電磁クラッチ40を介して連結されている。前
記モータ4は、インバータモータを用いてなり、電磁ク
ラッチ40の係合により補助ローラ1bと連結され、このと
き補助ローラ1bは、モータ4により所定の回転速度にて
回転駆動され、この回転により外周に転接する前記駆動
輪Wが所定の回転速度にて回転せしめられる。
【0034】このような補助ローラ1bの駆動は、被検車
両の図示しないスピードメータの較正に利用される。こ
の較正は、モータ4からの伝動により駆動輪Wを所定速
度にて回転せしめ、このときスピードメータが所定の指
示値を示すように所定の較正操作を行う手順により実施
される。
【0035】以上の如く構成された本発明に係るシャシ
ダイナモメータにおいて、負荷ローラ1a及び補助ローラ
1bは、その上部に転接する被検車両の駆動輪Wからの伝
動により回転し、負荷ローラ1bの回転は、その一側にお
いて負荷装置2の回転軸20に伝達され、また他側におい
てフライホイール3の回転軸30に伝達される。
【0036】この状態でフライホイール3において、4
枚の慣性円板3a〜3dのいくつかを回転軸30に選択的に係
合させ、これらの慣性を回転軸30を介して負荷ローラ1a
に付与する。また負荷装置2の前述した動作により、該
負荷装置2内に発生する回転負荷を種々に変更し、回転
軸20を介して負荷ローラ1aに加える。これにより負荷ロ
ーラ1aに転接する駆動輪Wには、被検車両の慣性がフラ
イホイール3により付され、また走行状態に応じた回転
負荷が負荷装置2から加えられ、前記被検車両の駆動特
性試験を行うことができる。
【0037】図1及び図2に示す負荷装置2は、本願出
願人による前記実公平5-43394号公報に開示された装置
である。この装置は、その内部に制動トルクとして発生
する回転負荷を、ハウジングに突設された支持アーム21
(図1参照)の支持荷重として検出可能に構成されたも
のであり、この検出結果は、駆動特性評価用のデータと
して用いられる。
【0038】なおこのとき、補助ローラ1bは、前記電磁
クラッチ40の遮断によりモータ4から切り離しておく。
補助ローラ1bは、負荷ローラ1aと異なる位置にて駆動輪
Wに転接し、前記伝動ベルト41の作用により前記負荷ロ
ーラ1aと同期回転して、前記駆動輪Wを安定して支持す
る支持ローラとしての作用をなし、前記モータ4が切り
離されていることから、該モータ4の慣性が駆動輪Wに
加わることがなく、前述した駆動特性の試験は、フライ
ホイール3の慣性のみが加えられた状態で精度良く行わ
れる。
【0039】以上の如く行われる駆動特性の試験中の被
検車両は、発進状態、加減速状態等の過渡的な走行状態
を含め、通常の道路での種々の走行状態を模擬した状態
にある。従って、前記駆動特性の試験中の被検車両に、
排気ガス分析、振動及び騒音の測定等、走行駆動系に関
連する他の特性評価を行わせるための装置を適宜に付設
することにより、総合的な特性試験装置として構成する
ことができる。
【0040】本発明に係るシャシダイナモメータにおい
ては、負荷装置2とフライホイール3とが、図2に示す
如く、駆動輪Wに転接する負荷ローラ1aの両側に振り分
けられた合理的な配置がなされており、負荷ローラ1a及
び補助ローラ1bを含めて基台B上にコンパクトに配置で
き、装置全体の平面的な配設スペースを大幅に削減する
ことができる。
【0041】また、負荷ローラ1aの外径dがこれに転接
する駆動輪Wの外径Dよりも小さく設定されており、該
負荷ローラ1aは、駆動輪Wからの伝動により、該駆動輪
Wよりも高速度にて回転する。従って、負荷ローラ1aを
介して駆動輪Wに回転負荷を加える負荷装置2として、
トルク負荷容量が小さい小型の装置を用いることがで
き、これによる配設スペースの削減が可能となる。
【0042】なお以上の実施の形態においては、補助ロ
ーラ1bも、負荷ローラ1aと等しい外径dを有する構成と
してあるが、該補助ローラ1bは、前述した駆動特性試験
に際し駆動輪Wを支える作用をなすのみであり、補助ロ
ーラ1bの外径は、駆動輪Wの外径Dよりも小とする必要
はない。但し、負荷ローラ1aと同径の補助ローラ1bを用
いることにより、両ローラ1a,1bを共通部品とすること
ができ、装置構成の簡素化が図れるという付加的な効果
が得られる。
【0043】負荷装置2を小型化するという観点から見
た場合、負荷ローラ1aの外径dは、可及的に小径とする
のが望ましいが、過度に小径化した場合、該負荷ローラ
1aとの転接位置において駆動輪Wが局所的に変形し、通
常走行中と異なる変形態様を示すこととなり、この状態
で得られる駆動特性の試験結果の信頼性が低下する虞れ
があることから、負荷ローラ1aの外径dは、被検車両の
駆動輪Wの外径Dに対し、過度に小さくならない範囲内
にて適正に設定されるべきである。
【0044】前記負荷装置2としては、前述した湿式多
板ブレーキに限らず、乾式ブレーキ等、その回転軸20に
加わる回転負荷を可変に調節し得るものであれば適宜の
負荷装置を用いることができる。また従来から用いられ
ている電気動力計、水動力計等、負荷の測定が可能に構
成された負荷装置を用いることも可能である。
【0045】また前記負荷ローラ1aが、駆動輪Wからの
伝動により高速度にて回転し、該負荷ローラ1aに直結さ
れたフライホイール3の慣性が減速を経て駆動輪Wに付
与される。従って、慣性円板3a〜3dの容量も、駆動輪W
に対する負荷ローラ1aの直径比(d/D)の二乗に比例
して小さくでき、図示の如く、小径の慣性円板3a〜3dを
用いて被検車両に相当する慣性の付与が可能となり、フ
ライホイール3を大幅に小型化することができ、これに
よる配設スペースの削減が可能となる。
【0046】また、図3及び図4に示す如くフライホイ
ール3は、慣性円板3a〜3dの夫々に付設したクラッチ
6,6…の選択的な係合により、回転軸30に付与される
慣性を多段階に変更可能に構成してあるから、被検車両
の大きさ、重量に応じた適正な慣性の付与が可能とな
り、特性評価試験の試験範囲を拡大することができる。
【0047】なお図2中の70は、インバータモータを用
いてなるモータ4のコントローラ、並びにモータ4に付
設した電磁クラッチ40、及びフライホイール3に付設し
たクラッチ6,6…の制御盤等、電気的な制御部を一括
収納する制御箱を示し、また同図中の80は、湿式多板ブ
レーキを用いてなる負荷装置2の作動油、各部に送給さ
れ潤滑油の配管マニホールドを示しており、これらは、
補助ローラ1bの延長線上にフライホイール3の一側に沿
って生じたデッドスペースを利用して設置されている。
【0048】
【発明の効果】以上詳述した如く本発明に係るシャシダ
イナモメータにおいては、被検車両の駆動輪に転接し、
高速度にて回転する小径の負荷ローラの両側に負荷装置
とフライホイールとを各別に直結したから、これらの負
荷装置及びフライホイールを小型化することができ、ま
た負荷装置及びフライホイールが負荷ローラの両側に振
り分けられた合理的な配置となり、配設スペースを削減
することができ、機械的な慣性付与を行うフライホイー
ルを用い、高精度に駆動特性試験をて行い得るシャシダ
イナモメータをコンパクトに構成し得る。
【0049】また複数の慣性円板の組み合わせにより複
数種類の慣性の付与を可能としたフライホイールを用い
たから、被検車両に応じた慣性の変更が容易に行え、試
験対象の拡大が図れると共に、夫々の慣性円板が小型化
されて配設スペースを削減することができる。
【0050】また負荷ローラと共に駆動輪を支える補助
ローラにモータを付設し、このモータにより補助ローラ
に転接する被検車両の駆動輪を所定速度にて回転させる
構成としたから、駆動特性の試験と共に、被検車両に装
備されたスピードメータの指示値の較正が容易に行える
ようになる。
【0051】更に本発明に係るシャシダイナモメータと
特性評価手段とを備えた本発明に係る車両試験装置にお
いては、シャシダイナモメータによる駆動特性の試験中
に、排気ガス分析等の駆動系の状態に関連する種々の特
性評価を含む総合的な特性評価試験が可能となる等、本
発明は優れた効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るシャシダイナモメータの正面図で
ある。
【図2】本発明に係るシャシダイナモメータの平面図で
ある。
【図3】フライホイールの構成を示す側面図である。
【図4】慣性円板の取付け位置近傍の拡大断面図であ
る。
【符号の説明】
1a 負荷ローラ 1b 補助ローラ 2 負荷装置 3 フライホイール 3a〜3d 慣性円板 4 モータ 6 クラッチ 10 支軸 12 支軸 20 回転軸 30 回転軸 B 基台

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 試験対象となる車両の駆動輪に転接する
    負荷ローラに、前記車両の走行状態に応じた回転負荷を
    加える負荷装置と、前記車両を模擬する慣性を付与する
    フライホイールとを連結し、前記駆動輪からの伝動によ
    り前記負荷ローラを、前記フライホイールにより付与さ
    れる慣性下にて前記負荷装置による回転負荷を適宜に変
    更して回転させ、前記車両の駆動特性試験を実施するシ
    ャシダイナモメータにおいて、前記駆動輪よりも小径と
    してある前記負荷ローラと、該負荷ローラと前記駆動輪
    の周上の異なる位置に転接する補助ローラとを備え、前
    記負荷装置及びフライホイールは、前記負荷ローラの両
    側に直結してあることを特徴とするシャシダイナモメー
    タ。
  2. 【請求項2】 前記フライホイールは、その回転軸に同
    軸的に外嵌され、軸長方向に並設された複数の慣性円板
    と、これらと前記回転軸とを各別に係断するクラッチと
    を備える請求項1記載のシャシダイナモメータ。
  3. 【請求項3】 前記補助ローラに付設され、該補助ロー
    ラを介して前記駆動輪を所定速度にて回転駆動するモー
    タと、該モータによる前記駆動輪の回転下にて前記車両
    のスピードメータの指示値を較正する較正手段とを備え
    る請求項1又は請求項2記載のシャシダイナモメータ。
  4. 【請求項4】 請求項1乃至請求項3のいずれかに記載
    のシャシダイナモメータと、該シャシダイナモメータに
    よる試験状態において前記車両の排気ガス分析を含む特
    性評価を行う手段とを備える車両試験装置。
JP10054005A 1998-03-05 1998-03-05 シャシダイナモメータ及び車両試験装置 Pending JPH11248603A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10054005A JPH11248603A (ja) 1998-03-05 1998-03-05 シャシダイナモメータ及び車両試験装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10054005A JPH11248603A (ja) 1998-03-05 1998-03-05 シャシダイナモメータ及び車両試験装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11248603A true JPH11248603A (ja) 1999-09-17

Family

ID=12958483

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10054005A Pending JPH11248603A (ja) 1998-03-05 1998-03-05 シャシダイナモメータ及び車両試験装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11248603A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102967470A (zh) * 2012-11-01 2013-03-13 中国煤炭科工集团太原研究院 防爆胶轮车台架测试系统
JP2013160746A (ja) * 2012-02-09 2013-08-19 Altia Co Ltd 車両複合試験装置及び車両試験方法
CN112485021A (zh) * 2020-12-10 2021-03-12 湖南奥鑫新能源车业有限公司 一种新能源电动环卫车底盘负载检测装置
CN113049270A (zh) * 2021-03-24 2021-06-29 林武 一种加装在惯性式滚筒制动检验台上的底盘测功模块

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013160746A (ja) * 2012-02-09 2013-08-19 Altia Co Ltd 車両複合試験装置及び車両試験方法
CN102967470A (zh) * 2012-11-01 2013-03-13 中国煤炭科工集团太原研究院 防爆胶轮车台架测试系统
CN112485021A (zh) * 2020-12-10 2021-03-12 湖南奥鑫新能源车业有限公司 一种新能源电动环卫车底盘负载检测装置
CN112485021B (zh) * 2020-12-10 2022-09-16 湖南奥鑫新能源车业有限公司 一种新能源电动环卫车底盘负载检测装置
CN113049270A (zh) * 2021-03-24 2021-06-29 林武 一种加装在惯性式滚筒制动检验台上的底盘测功模块

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8418541B2 (en) Dynamometer free of off-axis loading
US7493805B2 (en) Apparatus and method for testing the performance of a vehicle
US5450748A (en) Multiple function chassis dynamometer and method
US5452605A (en) Dynamometer for simulating the inertial and road load forces encountered by motor vehicles
EP0666978B1 (en) Dynamometer for simulating the inertial and road load forces encountered by motor vehicles and method
KR970004995B1 (ko) 소형 구조를 가진 평벨트형 샤시 동력계
US5154076A (en) Dynamometer for simulating the inertial and road load forces encountered by motor vehicles
JP3338214B2 (ja) ダイナモメーター
US3289471A (en) Dynamometer
JP3191437B2 (ja) ブレーキの試験装置
JPH11248603A (ja) シャシダイナモメータ及び車両試験装置
CN2476468Y (zh) 汽车底盘测功机反拖测试装置
JPH089626Y2 (ja) 動力試験装置
JP3444163B2 (ja) エンジンおよびドライブトレーンの性能試験装置とトルク検出装置
CN210774714U (zh) 一种永磁同步电机直驱的外转子底盘测功机
US20180113054A1 (en) Chassis Dynamometer Having Mechanical Configuration That Reduces Size While Maintaining Functionality
JP3471908B2 (ja) トルク検出装置
JPH10325782A (ja) 車両試験装置
JP5603665B2 (ja) 自動車のパワートレインの試験装置
JP2006138674A (ja) ブレーキダイナモメータ
JP2000266641A (ja) シャシダイナモメータ
JP2001305020A (ja) オートバイ用チェーンの動力試験装置と、それを使用するオートバイ用チェーンの試験方法
JP3110784B2 (ja) Abs性能検査装置
JP2004037211A (ja) シャシダイナモメータ
CN113029409B (zh) 用于重载底盘测功机的电机直驱的转毂