JPH1123900A - 光コネクタ - Google Patents

光コネクタ

Info

Publication number
JPH1123900A
JPH1123900A JP17404297A JP17404297A JPH1123900A JP H1123900 A JPH1123900 A JP H1123900A JP 17404297 A JP17404297 A JP 17404297A JP 17404297 A JP17404297 A JP 17404297A JP H1123900 A JPH1123900 A JP H1123900A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
optical connector
plug
connector plug
state
optical
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP17404297A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2991161B2 (ja
Inventor
幸太郎 ▲吉▼永
Kotaro Yoshinaga
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NEC Corp
Original Assignee
NEC Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NEC Corp filed Critical NEC Corp
Priority to JP9174042A priority Critical patent/JP2991161B2/ja
Publication of JPH1123900A publication Critical patent/JPH1123900A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2991161B2 publication Critical patent/JP2991161B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 SC型の光コネクタ内部の、光コネクタプラ
グ抜け落ち防止用のロック用のツメの機能不良化を未然
に防止し、光コネクタプラグが光コネクタハウジングか
ら簡単に抜け落ち伝送路が遮断されてしまうことを防止
する。 【解決手段】 光コネクタ11内部の抜け落ち防止用の
爪21と、光コネクタプラグ13との接続状態を、外部
より目視にて確認できるように、光コネクタハウジング
12の上部に透明部22を設ける。こうすることによ
り、異常接続を即発見でき再度接続し直すことで、爪が
拡がった状態が長時間続くことを防止できるので、ロッ
ク機構が動作しなくなってしまうことを事前に防止する
ことが可能となり、簡単に光コネクタプラグが光コネク
タより抜け落ちることを防止できる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、光通信分野に関
し、特に、SC型光コネクタプラグを持つ光ファイバを
使用した光通信分野に関する。
【0002】
【従来の技術】データ伝送システムの高速化に伴い、光
通信装置が広く普及している。この光通信装置にて使用
されている光ファイバ両端の光コネクタプラグも、ねじ
込み式のFC型から、簡単に脱着できるプッシュロック
式と言われるSC型に移りつつあるが、このSC型には
FC型では見られなかった問題点が存在する。図4は、
現在普及しているSC型光コネクタを示している。
【0003】図4において、従来の光コネクタ11で
は、光コネクタハウジング12から光コネクタプラグ1
3が抜け落ちないように光コネクタ11内部にロック用
のツメ21を設け、このツメ21が光コネクタプラグ1
3を固定し、多少引っ張ってもコネクタプラグ13がコ
ネクタハウジング12から抜け落ちないような構成にな
っており、従来の光コネクタ11では、この光コネクタ
プラグ12とロック用のツメ21との接続状態を、挿入
時の音と感触をもとに正常に接続されたかを判断してい
る。特開昭62−111221号公報に開示してある光
コネクタをより単純化したものが、現在普及しているS
C型光コネクタである。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上述した光コネクタで
は、下記のような問題点が有る。第1の問題点は、光コ
ネクタ内のロック用のツメと光コネクタプラグとの異常
接続を検知しにくいことである。ここでいう異常接続と
は、光コネクタ内部のロック用のツメが開いた状態で接
続されている状態を指し、この状態では、光ファイバを
引っ張っただけで、光コネクタプラグが光コネクタから
抜け落ちてしまう。その理由は、光コネクタプラグを光
コネクタに挿入する際に、差し込んだ時の音と感触とで
正常に接続されたかどうかを判断しているからである。
光コネクタの種類によっては音さえせず、感触によって
のみ判断する種類も存在する。
【0005】第2の問題点は、上記異常接続状態のまま
長時間放置されると、ロック機能が全く働かなくなって
しまう事が有るということである。その理由は、上述の
ように、ロック用のツメが拡がった状態のままで長時間
放置されることで、ツメがそのまま拡がった状態で固定
されてしまい、もとに戻る力を失い、挿入されたコネク
タプラグをロックできなくなってしまうからである。一
度このような状態になると、コネクタのツメは、開いた
状態となり、構造上及び材質上、元には戻らず、軽く光
ファイバを引っ張っただけで、光コネクタプラグが光コ
ネクタから抜け落ちてしまうことになり、部品交換を余
儀なくされることになる。
【0006】本発明の課題は、目視で確認できるように
する事により、上記問題点を引きおこす異常接続状態
を、確実に発見し、正常接続状態にすることである。し
たがって、本発明の目的は、光コネクタ内のロック用の
ツメと光コネクタプラグとの接続状態を目で確認するこ
とにより、異常接続状態が長時間続くことを防止するこ
とで、ロック機能が働かなくなることを防止することに
ある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の光コネクタは、
光コネクタの外側の筐体部分を透明な材質を使用するこ
とにより、光コネクタ内部のロック用のツメと、光コネ
クタプラグとの接続状態を目で見て確認できるようにな
っている。また、この接続状態の正常/異常を一目で判
断できるように、ツメの開き具合を見るための基準線を
透明な筐体側に施してある。
【0008】
【発明の実施の形態】本発明の発明の実施の形態につい
て図面を参照して説明する。図1は本発明に係る光コネ
クタを上面、正面、側面から見た図である。
【0009】同図において、光コネクタ11は、SC型
光コネクタプラグ13を持つ光ファイバ14を接続する
ための光コネクタ11で、ロック用ツメ21は、挿入さ
れた光コネクタプラグ13が抜け落ちることが無いよう
にロックするためのものである。このとき光コネクタハ
ウジング12の上面は、内部の状態が確認できるように
透明な材料を使用し光コネクタハウジングの透明部22
としている。また、接続状態の正常/異常を一目で判断
できるように、ツメの開き具合を見るための基準線23
を光コネクタハウジングの透明部22に施してある。
【0010】次に、本発明の動作について説明する。光
コネクタプラグ13を光コネクタハウジング12に挿入
すると、ロック用のツメ21が押し広げられる形にな
り、光コネクタプラグ13がそのまま正常に挿入される
と、ロック用のツメ21は、光コネクタプラグ13の溝
15に入り、広がった状態からもとの閉じた状態にもど
る。こうなることで、光コネクタプラグ13が光コネク
タハウジング12より抜け落ちるのを防いでいる。しか
し、差し込み方によっては、一度押し広げられたロック
用のツメ21が、広がったままの状態で放置される場合
も有り得る。こうなると、上記課題にも記したように、
光コネクタプラグ13が光コネクタ12に対してロック
されず、光ファイバ14を軽く引っ張っただけで、光コ
ネクタプラグ13が光コネクタハウジング12から抜け
落ちてしまうことが有る。こうなってしまうことを事前
に防ぐため、光コネクタプラグ13を光コネクタハウジ
ング12に挿入したときの、光コネクタ11内部の接続
状態を目視にて確認できるように光コネクタハウジング
12の1面を内部が透けて見える透明な素材とし光コネ
クタハウジングの透明部22とする。こうすることで、
音や感触といった曖昧な判定手段ではなく、目視という
確実な手段で接続状態を確認できるため、異常接続状態
を即発見でき、再度挿入し直すことで正常接続状態へと
もっていくことができる。
【0011】また、目視にて接続状態を確認しやすいよ
うに基準線23を光コネクタハウジング12の透明部2
2に設けている。内部のロック用ツメ21がこの基準線
23よりも外側に出ていれば異常接続(図3)、内側に
有れば正常接続(図2)と判断出来る。
【0012】
【実施例】次に本発明の実施例について、図面を参照し
て詳細に説明する。図1は本発明に係る光コネクタを上
面、正面、側面から見た図である。
【0013】同図において、光コネクタ11は、SC型
光コネクタプラグ13を持つ光ファイバ14を接続する
ための光コネクタ11で、ロック用ツメ21は、挿入さ
れた光コネクタプラグ13が抜け落ちることが無いよう
にロックするためのものである。このとき光コネクタハ
ウジング12の上面は、内部の状態が確認できるように
透明な材料を使用し光コネクタハウジングの透明部22
としている。また、接続状態の正常/異常を一目で判断
できるように、ツメの開き具合を見るための基準線23
を光コネクタハウジングの透明部22に施してある。
【0014】次に、本発明の動作について説明する。光
コネクタプラグ13を光コネクタハウジング12に挿入
すると、ロック用のツメ21が押し広げられる形にな
り、光コネクタプラグ13がそのまま正常に挿入される
と、ロック用のツメ21は、光コネクタプラグ13の溝
に入り、広がった状態からもとの閉じた状態にもどる。
こうなることで、光コネクタプラグ13が光コネクタハ
ウジング12より抜け落ちるのを防いでいる。しかし、
差し込み方によっては、一度押し広げられたロック用の
ツメ21が、広がったままの状態で放置される場合も有
り得る。こうなると、上記課題にも記したように、光コ
ネクタプラグ13が光コネクタ12に対してロックされ
ず、光ファイバ14を軽く引っ張っただけで、光コネク
タプラグ13が光コネクタハウジング12から抜け落ち
てしまうことが有る。こうなってしまうことを事前に防
ぐため、光コネクタプラグ13を光コネクタハウジング
12に挿入したときの、光コネクタ11内部の接続状態
を目視にて確認できるように光コネクタハウジング12
の1面を内部が透けて見える透明な素材とし光コネクタ
ハウジング12に透明部22を設ける。こうすること
で、音や感触といった曖昧な判定手段ではなく、目視と
いう確実な手段で接続状態を確認できるため、異常接続
状態を即発見でき、再度挿入し直すことで正常接続状態
へともっていくことができる。
【0015】また、目視にて接続状態を確認しやすいよ
うに基準線23を透明部22に設けている内部のロック
用ツメ21がこの基準線23よりも外側に出ていれば異
常接続(図3)、内側に有れば正常接続(図2)と判断
出来る。
【0016】発明の実施の形態では、光コネクタハウジ
ングの1面を透明化しているが、製造上、不利な場合は
全面透明化してもよい。また、逆に1面全体を透明化す
るのではなく、ツメの動きを確認できる為の小さな窓を
設けてもよい。
【0017】
【発明の効果】第1の効果は、異常接続状態をすぐに発
見できることである。この発見により、不用意に光コネ
クタプラグが光コネクタから抜け落ち、伝送路が遮断さ
れることを未然に防ぐことができる。
【0018】第2の効果は、異常接続状態で長時間放置
されることを防止できるため、光コネクタのロック機能
が停止することを防止でき、結果、光コネクタが不良部
品となることを防ぐことができる。その理由は、光コネ
クタの外側筐体を透明にすることにより、複雑な機構を
設ける事なく、光コネクタ内部のロック用のツメと光コ
ネクタプラグとの接続状態を確実に目視にて確認できる
からである。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の光コネクタの一実施例を示し、上面、
正面、側面から見た図である。
【図2】本発明の光コネクタの一実施例を示し、正常接
続状態時の上面から見た図である。
【図3】本発明の光コネクタの一実施例を示し、異常接
続状態時の上面から見た図である。
【図4】従来の光コネクタの一実施例を示し、上面、正
面、側面から見た図である。
【符号の説明】
11 光コネクタ 12 光コネクタハウジング 13 光コネクタプラグ 14 光ファイバ 15 溝 21 ロック用ツメ 22 透明部 23 基準線

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 光コネクタハウジングと、該光コネクタ
    ハウジング内に設けられ、光ファイバ接続用の光コネク
    タプラグが該光コネクタハウジング内に挿入されたと
    き、該光コネクタプラグにより押し拡げられて光コネク
    タプラグに嵌合されるロック用ツメとからなる光コネク
    タにおいて、 該光コネクタハウジングに、光コネクタプラグとロック
    用ツメの嵌合状態を確認するための透明部が設けられて
    いることを特徴とする光コネクタ。
  2. 【請求項2】 光コネクタハウジングの全面が透明部と
    して形成されている請求項1記載の光コネクタ。
  3. 【請求項3】 光コネクタハウジングの一面が透明部と
    して形成されている請求項1記載の光コネクタ。
  4. 【請求項4】 透明部が光コネクタハウジングの面上に
    設けられた透明な窓である請求項1記載の光コネクタ。
  5. 【請求項5】 透明部にロック用ツメの開き具合を判断
    するための基準線が設けられている請求項1〜4記載の
    光コネクタ。
JP9174042A 1997-06-30 1997-06-30 光コネクタ Expired - Fee Related JP2991161B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9174042A JP2991161B2 (ja) 1997-06-30 1997-06-30 光コネクタ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9174042A JP2991161B2 (ja) 1997-06-30 1997-06-30 光コネクタ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1123900A true JPH1123900A (ja) 1999-01-29
JP2991161B2 JP2991161B2 (ja) 1999-12-20

Family

ID=15971611

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9174042A Expired - Fee Related JP2991161B2 (ja) 1997-06-30 1997-06-30 光コネクタ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2991161B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010038987A (ja) * 2008-07-31 2010-02-18 Fujitsu Telecom Networks Ltd アダプタおよびモジュール用ソケット
JP2010038988A (ja) * 2008-07-31 2010-02-18 Fujitsu Telecom Networks Ltd アダプタおよびモジュール用ソケット
JP2010049008A (ja) * 2008-08-21 2010-03-04 Fujitsu Telecom Networks Ltd アダプタおよびモジュール用ソケット
JP2013118441A (ja) * 2011-12-01 2013-06-13 Hochiki Corp 共同受信ヘッドアンプ
JP2013197324A (ja) * 2012-03-21 2013-09-30 Fuji Mach Mfg Co Ltd 実装機

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010038987A (ja) * 2008-07-31 2010-02-18 Fujitsu Telecom Networks Ltd アダプタおよびモジュール用ソケット
JP2010038988A (ja) * 2008-07-31 2010-02-18 Fujitsu Telecom Networks Ltd アダプタおよびモジュール用ソケット
JP2010049008A (ja) * 2008-08-21 2010-03-04 Fujitsu Telecom Networks Ltd アダプタおよびモジュール用ソケット
JP2013118441A (ja) * 2011-12-01 2013-06-13 Hochiki Corp 共同受信ヘッドアンプ
JP2013197324A (ja) * 2012-03-21 2013-09-30 Fuji Mach Mfg Co Ltd 実装機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2991161B2 (ja) 1999-12-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5628649A (en) Lock detecting structure of connector
EP0895312B1 (en) An electrical connector having a terminal position assurance device
US5292261A (en) Terminal retainer for connector
US6116941A (en) Device for locking two mating connectors
US6244900B1 (en) Electrical connector with redundant prevention of excessive forward movement of a terminal fitting in a cavity of a connector housing
JP2007108741A (ja) 接続装置
JP2001230021A (ja) コネクタ
US6145886A (en) Pipe connector connection checking assembly
JP2006004901A (ja) コネクタ装置
JP2991161B2 (ja) 光コネクタ
EP1528636A1 (en) A divided connector and method of disengaging an auxiliary connector housing therefrom
US5108310A (en) Electrical connector
JP2001297827A (ja) コネクタ
JPH076809A (ja) 端子係止具付きコネクタ
EP0803939B1 (en) Connector
US5603642A (en) Rear holder having a releasing hole which extends beyond a rear end of a connector housing
US5251104A (en) Enclosure latch system including a bearing surface tapering from flat to cylindrical
JP4082477B2 (ja) 端子位置保証装置付電気コネクタ
US5820405A (en) Connector with fitting-indication mechanism
JP2001074985A (ja) 光ファイバ接続用コネクタの係止構造
JPH1123901A (ja) 光コネクタ
JPH11204197A (ja) 可動コネクタへの挿着用コネクタ
JPH10189076A (ja) 接続端子の取付構造
JP2000243505A (ja) 防水コネクタ用ゴム栓
GB2362516A (en) Leak preventing coupling

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees