JPH11238462A - プラズマディスプレイパネル - Google Patents

プラズマディスプレイパネル

Info

Publication number
JPH11238462A
JPH11238462A JP10038688A JP3868898A JPH11238462A JP H11238462 A JPH11238462 A JP H11238462A JP 10038688 A JP10038688 A JP 10038688A JP 3868898 A JP3868898 A JP 3868898A JP H11238462 A JPH11238462 A JP H11238462A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
discharge
electrode
electrodes
island
dielectric layer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10038688A
Other languages
English (en)
Inventor
Akira Nakazawa
明 中澤
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd, 富士通株式会社 filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP10038688A priority Critical patent/JPH11238462A/ja
Publication of JPH11238462A publication Critical patent/JPH11238462A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 プラズマディスプレイパネルに関し、放電電
極上に誘電体層を介して導電体を配設して従来よりも低
い電圧で放電が生じるようにする。 【解決手段】 一対の基板間に形成された放電空間に、
主放電を発生させる一対の放電電極が配置されたプラズ
マディスプレイパネルの一対の放電電極上に、それぞれ
誘電体層を介して島状の導電体を配置し、その島状の導
電体どうし間で放電電極対による主放電に先行して放電
が発生されるようにする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、プラズマディス
プレイパネル(PDP)に関し、さらに詳しくは、マト
リクス表示方式のプラズマディスプレイパネルに関す
る。
【0002】
【従来の技術および発明が解決しようとする課題】PD
Pは視認性にすぐれ、高速表示が可能であり、しかも比
較的大画面化の容易な薄型表示デバイスである。なかで
も面放電型のPDPは、駆動電圧の印加に際して対とな
る表示電極を同一の基板上に配列したPDPであり、蛍
光体によるカラー表示に適している。
【0003】従来のプラズマディスプレイパネルにおい
ては、表示のための主放電を発生させる電極は帯状(ス
トライプ状)であり、さらに電極上にAC駆動のための
電荷を蓄積する誘電体層を持つ構造であった。
【0004】しかしながら、この電極構造では、放電開
始電圧が200V以上必要であり、また、隣接セルとの
クロストークを防止するために、隣接セルまでの電極間
の距離を放電電極間の距離よりも広く設定しなければな
らないので、発光効率が低下する原因になっていた。
【0005】なお、放電電極上に誘電体層を介して導電
体を配設したものとしては、特開昭59−93141号
公報に記載のような、主放電発生用の対向した電極対の
交点の近傍位置に遊離導体を配設し、その遊離導体によ
って電極交点の主放電セルで発生した放電の広がりを規
制して、発光輝度を増大させるようにしたものが知られ
ている。
【0006】また、特開昭59−94328号公報に記
載のような、主放電発生用電極対のうちの一方の放電電
極上であってかつ主放電セルの近傍位置に誘電体層を介
して遊離導体からなる阻止電極を形成し、グロー放電の
隣接放電セルへの広がりを限定するようにしたものも知
られている。
【0007】この発明は、このような事情を考慮してな
されたもので、プラズマディスプレイパネルの放電電極
上に誘電体層を介して導電体を配設し、それによって従
来よりも低い電圧で放電が生じるようにしたプラズマデ
ィスプレイパネルを提供するものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】この発明は、一対の基板
間に形成された放電空間に、主放電を発生させる一対の
放電電極が配置されたプラズマディスプレイパネルであ
って、前記一対の放電電極上にそれぞれ誘電体層を介し
て島状の導電体を配置し、その島状の導電体どうし間で
前記放電電極対による主放電に先行して放電が発生され
るようにしたことを特徴とするプラズマディスプレイパ
ネルである。
【0009】この発明において、一対の放電電極はプラ
ズマディスプレイパネルの放電空間に配置されていれば
よく、これらの放電電極は、対向配置あるいは同一平面
上に配置された面配置のいずれの形態で配置されていて
もよい。対向配置の場合には生ずる放電は対向放電であ
り、面配置の場合には生ずる放電は面放電である。この
一対の放電電極の放電面に形成される誘電体層として
は、低融点ガラスを適用することができる。
【0010】この発明において、島状の導電体は、放電
電極上に誘電体層を介して形成されていればよく、誘電
体層の層間、あるいは誘電体層の層上のいずれに形成さ
れていてもよい。また、誘電体層と島状の導電体との上
に保護膜が形成されていてもよい。この場合、導電体の
劣化防止の観点からは、放電電極上に形成された低融点
ガラス上にこの導電体を形成し、その上からさらに保護
膜としてMgOのような誘電体層を形成しておくことが
望ましい。導電体は、Cuを材料として蒸着法により形
成したり、ITOまたはNESA等の透明導電膜を蒸着
してパターニングすることにより形成することができ
る。
【0011】この島状の導電体は、電界を集中させて放
電電極間の放電を容易にするものであり、このため、島
状の導電体には、電界の集中をさらに促進させるため
に、放電対向面に突起を形成しておくことが望ましい。
この突起は、電界集中の程度により、1つ、2つ又は3
つ等、任意の数だけ形成することができる。また、この
島状の導電体は島状フロート電極として形成されること
が望ましく、この島状フロート電極は、その一部または
全部が放電電極の垂直面上(真上)に位置していればよ
い。島状フロート電極とは、いずれの配線にも接続され
ない孤立した導電体であることを意味する。
【0012】この島状の導電体は、放電電極が透明電極
とバス電極からなる場合には、透明電極上に設けること
が望ましい。なお、透明電極としては公知のITO膜あ
るいはNESA膜など適用することができ、バス電極と
しては公知のCr−Cu−Crなどを適用することがで
きる。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、図面に示す実施の形態に基
づいてこの発明を詳述する。なお、これによってこの発
明が限定されるものではない。
【0014】図1は本発明のPDPを備えたプラズマ表
示装置の構成図である。プラズマ表示装置100は、マ
トリクス形式のカラー表示デバイスであるAC型のPD
P1と、画面(スクリーン)SCを構成する縦横に並ん
だセルCを選択的に点灯させるための駆動ユニット80
とから構成されており、壁掛け式テレビジョン受像機、
コンピュータシステムのモニターなどとして利用され
る。
【0015】PDP1は、対をなす第1及び第2の主放
電用電極としてのサステイン電極X,Yが平行配置さ
れ、各セルCにおいてサステイン電極X,Yと第3の電
極としてのアドレス電極Aとが交差する3電極面放電構
造のPDPである。サステイン電極X,Yは画面の行方
向(水平方向)に延び、一方のサステイン電極Yはアド
レッシングに際して行単位にセルCを選択するためのス
キャン電極として用いられる。アドレス電極Aは列方向
(垂直方向)に延びており、列単位にセルCを選択する
ためのデータ電極として用いられる。サステイン電極群
とアドレス電極群とが交差する領域が表示領域、すなわ
ち画面SCである。
【0016】駆動ユニット80は、コントローラ81、
フレームメモリ82、データ処理回路83、サブフィー
ルドメモリ84、電源回路85、Xドライバ87、Yド
ライバ88、及びアドレスドライバ89を有している。
駆動ユニット80には、TVチューナ、コンピュータな
どの外部装置からR,G,Bの各色の輝度レベル(階調
レベル)を示す画素単位のフィールドデータDFが各種
の同期信号とともに入力される。
【0017】フィールドデータDFは、フレームメモリ
82に一旦格納された後、データ処理回路83へ送られ
る。データ処理回路83は、フィールドを所定数のサブ
フィールドに分割して階調表示を行うためのデータ変換
手段であり、フィールドデータDFに応じたサブフィー
ルドデータDSFを出力する。サブフィールドデータD
SFはサブフィールドメモリ84に格納される。サブフ
ィールドデータDSFの各ビットの値は、サブフィール
ドにおけるセルの点灯の要否を示す情報、厳密にはアド
レス放電の要否を示す情報である。
【0018】Xドライバ87はサステイン電極Xに駆動
電圧を印加し、Yドライバ88はササステイン電極Yに
駆動電圧を印加する。アドレスドライバ89はアドレス
電極Aに駆動電圧を印加する。これらドライバには電源
回路85から所定の電力が供給される。
【0019】図2はPDPの内部構造を示す斜視図であ
る。PDP1では、前面側のガラス基板11の内面に、
行L毎に一対ずつサステイン電極X,Yが配列されてい
る。行Lは画面における水平方向のセル列である。サス
テイン電極X,Yは、それぞれがITOからなる透明導
電膜41とCr−Cu−Crからなる金属膜(バス導
体)42で形成され、低融点ガラスからなる厚さ30μ
m程度の誘電体層17で被覆されている。誘電体層17
の表面にはマグネシア(MgO)からなる厚さ数千オン
グストロームの保護膜18が設けられている。アドレス
電極Aは、背面側のガラス基板21の内面を覆う下地層
22の上に配列されており、厚さ10μm程度の誘電体
層24によって被覆されている。誘電体層24の上に
は、高さ150μmの平面視直線帯状の隔壁29が、各
アドレス電極Aの間に1つずつ設けられている。これら
の隔壁29によって放電空間30が行方向にサブピクセ
ル(単位発光領域)毎に区画され、且つ放電空間30の
間隙寸法が規定されている。そして、アドレス電極Aの
上方及び隔壁29の側面を含めて背面側の内面を被覆す
るように、カラー表示のためのR,G,Bの3色の蛍光
体層28R,28G,28Bが設けられている。なお、
隔壁形成に際しては、コントラストを高めるために頂上
部を暗色に着色し、他の部分を白色に着色して可視光の
反射率を高めるのが望ましい。着色は材料のガラスペー
ストに所定色の顔料を添加することにより行う。
【0020】放電空間30には主成分のネオンにキセノ
ンを混合した放電ガスが充填されており(封入圧力は5
00Torr)、蛍光体層28R,28G,28Bは放
電時にキセノンが放つ紫外線によって局部的に励起され
て発光する。表示の1ピクセル(画素)は行方向に並ぶ
3個のサブピクセルで構成される。各サブピクセル内の
構造体がセル(表示素子)Cである。隔壁29の配置パ
ターンがストライプパターンであることから、放電空間
30のうちの各列に対応した部分は全ての行Lに跨がっ
て列方向に連続している。そのため、隣接する行Lどう
しの電極間隙(逆スリットと呼称されている)の寸法は
各行Lの面放電ギャップ(例えば80〜140μmの範
囲内の値)より十分に大きく、列方向の放電結合を防ぐ
ことのできる値(例えば400〜500μmの範囲内の
値)に選定されている。なお、逆スリットには非発光の
白っぽい蛍光体層を隠す目的で、ガラス基板11の外面
側又は内面側に図示しない遮光膜が設けられる。
【0021】図3はサステイン電極の部分拡大平面図で
あり、図4はサステイン電極の形成状態を側面から見た
説明図である。これらの図において、31は島状フロー
ト電極である。この島状フロート電極31は、いずれの
配線にも接続されない孤立した導電体であり、隔壁29
で仕切られた放電空間内のサステイン電極X,Yを覆う
誘電体層17上にCuを材料として蒸着法により形成し
たものである。そして、この島状フロート電極31と誘
電体層17の上に保護膜18が形成されている。したが
って、保護膜18により、島状フロート電極31を放電
時のイオン衝撃から保護することができる。
【0022】この島状フロート電極31は、島状フロー
ト電極どうし間で放電を発生させる必要から一対形成
し、それぞれの対向面には当該放電を容易にするために
突起部を設けている。島状フロート電極31は、サステ
イン電極X,Yの透明導電膜41上に誘電体層17を介
して形成され、かつガス放電が発生する面に面してい
る。
【0023】このように各サステイン電極の真上の誘電
体層17面上に島状フロート電極31を形成して、サス
テイン電極間の主放電に先立って放電を発生させるとと
もに、それらの放電に伴って生じる誘電体層17の表面
電荷を制御する。なお、島状フロート電極31は保護膜
18上に形成するようにしてもよい。すなわち誘電体層
17の全面に保護膜18を形成した後、その保護膜18
上に島状フロート電極31を形成するようにしてもよ
い。その場合には、島状フロート電極31により放電特
性を直接制御することができる。
【0024】サステイン電極X,Yに電圧が印加される
と、誘電体層17の表面に電荷が誘起される。島状フロ
ート電極31の誘電体層17側には反対極性の電荷が誘
起されるが、島状フロート電極31の反対側(ガス空間
側)にはさらに反対の電荷が誘起され、この電荷は島状
フロート電極31中を自由に移動できるので、電界に沿
って突起部に集中する。したがって、突起部近傍が高電
界になり、ガス放電が生じやすくなる。かくして島状フ
ロート電極31間に放電が発生した後、サステイン電極
X,Y間に本来の表示用放電(主放電)が発生する。
【0025】図5および図6は島状フロート電極の他の
構成例を示す説明図であり、図5は図3対応図、図6は
図4対応図である。これらの図に示すように、本例にお
いては、島状フロート電極31は放電側に同形状の3つ
の突起部を形成した構造となっている。この突起部は2
つまたは4つ以上形成してもよい。この構造は、突起状
の島状フロート電極31を並列に3つ設け、その3つの
島状フロート電極31を導電体で接続した構造と言い換
えることができ、このように島状フロート電極31を複
数個設けることにより、電荷密度を分散させることがで
きる。
【0026】また、島状フロート電極31の放電側(対
をなす島状フロート電極の対向する面)と非放電側(隣
接する電極対と対向する面)との曲率を変え、放電側の
曲率を非放電側の曲率よりも小さくすることにより、放
電側では放電が起こり易く、非放電側では放電が起こり
難くする構成としている。この島状フロート電極31
は、誘電体層17の上にITOを蒸着してパターニング
することにより形成している。
【0027】本例においては、複数の突起部は電気的に
接続されており、また島状フロート電極31どうしは同
電位であるので、各突起部からの放電のタイミングは同
じになり、複数箇所で同時に放電を発生することができ
る。
【0028】また、島状フロート電極31が透明なIT
O膜であるため、背面側基板に配置した蛍光体からの発
光が妨げられることがない。
【0029】このようにして、プラズマディスプレイパ
ネルの放電空間に配置された主放電用電極上に、それぞ
れ誘電体層を介して島状フロート電極を設けることによ
り、固体表面上の電荷密度を部分的に上げることがで
き、主放電用電極での放電開始電圧を従来よりも低くす
ることができるので、これにより駆動回路のコストを下
げることができる。また、クロストークには影響を与え
ないので、隣接電極間を狭く、放電電極間を広くして、
発光面積を広くすることができ、これにより発光効率を
向上させることができる。
【0030】
【発明の効果】この発明によれば、プラズマディスプレ
イパネルの放電空間に配置された主放電用電極上に、そ
れぞれ誘電体層を介して導電体を設けて、それら導電体
間に主放電用電極よりも先行して放電を発生させるよう
にしたので、主放電用電極間の放電開始電圧を従来より
も低くすることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のPDPを備えたプラズマ表示装置の構
成図である。
【図2】PDPの内部構造を示す斜視図である。
【図3】サステイン電極(主放電用電極)の部分拡大平
面図である。
【図4】サステイン電極の形成状態を側面から見た説明
図である。
【図5】島状フロート電極の他の構成例を示す図3対応
図である。
【図6】島状フロート電極の他の構成例を示す図4対応
図である。
【符号の説明】
11 前面側のガラス基板 17 誘電体層 18 保護膜 29 隔壁 41 透明導電膜 42 金属膜 31 島状フロート電極 X,Y サステイン電極(主放電用電極)

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 一対の基板間に形成された放電空間に、
    主放電を発生させる一対の放電電極が配置されたプラズ
    マディスプレイパネルであって、前記一対の放電電極上
    にそれぞれ誘電体層を介して島状の導電体を配置し、そ
    の島状の導電体どうし間で前記放電電極対による主放電
    に先行して放電が発生されるようにしたことを特徴とす
    るプラズマディスプレイパネル。
  2. 【請求項2】 前記島状の導電体が、少なくとも1つの
    突起を持つ島状フロート電極からなり、この島状フロー
    ト電極は、その一部または全部が放電電極の垂直面上に
    位置することを特徴とする請求項1記載のプラズマディ
    スプレイパネル。
  3. 【請求項3】 前記放電電極が透明電極とバス電極から
    なり、前記島状の導電体がその透明電極上に設けられて
    いることを特徴とする請求項1記載のプラズマディスプ
    レイパネル。
JP10038688A 1998-02-20 1998-02-20 プラズマディスプレイパネル Pending JPH11238462A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10038688A JPH11238462A (ja) 1998-02-20 1998-02-20 プラズマディスプレイパネル

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10038688A JPH11238462A (ja) 1998-02-20 1998-02-20 プラズマディスプレイパネル

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11238462A true JPH11238462A (ja) 1999-08-31

Family

ID=12532246

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10038688A Pending JPH11238462A (ja) 1998-02-20 1998-02-20 プラズマディスプレイパネル

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11238462A (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1033740A1 (en) * 1999-03-01 2000-09-06 Electro Plasma, Inc. Flat-panel display
KR100400373B1 (ko) * 2001-04-18 2003-10-08 엘지전자 주식회사 플라즈마 디스플레이 패널
US6744413B2 (en) 1999-12-22 2004-06-01 Nec Corporation Plasma display panel and plasma display apparatus having the same
WO2004049374A1 (ja) * 2002-11-25 2004-06-10 Technology Trade And Transfer Corporation Ac型pdpの構造
WO2004049375A1 (ja) * 2002-11-22 2004-06-10 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. プラズマディスプレイパネルとその製造方法
US6819307B2 (en) 2000-02-03 2004-11-16 Lg Electronics Inc. Plasma display panel and driving method thereof
WO2005101448A1 (ja) * 2004-04-13 2005-10-27 Technology Trade And Transfer Corporation プラズマディスプレイパネル及びその駆動方法
KR100658753B1 (ko) * 2004-11-23 2006-12-15 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 패널
WO2007063604A1 (ja) * 2005-12-02 2007-06-07 Fujitsu Hitachi Plasma Display Limited プラズマディスプレイパネル及びプラズマディスプレイ装置
US7602124B2 (en) 2005-02-04 2009-10-13 Samsung Sdi Co., Ltd. Plasma display panel (PDP) having improved electrodes structure

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1033740A1 (en) * 1999-03-01 2000-09-06 Electro Plasma, Inc. Flat-panel display
US6603266B1 (en) * 1999-03-01 2003-08-05 Lg Electronics Inc. Flat-panel display
US6744413B2 (en) 1999-12-22 2004-06-01 Nec Corporation Plasma display panel and plasma display apparatus having the same
US6819307B2 (en) 2000-02-03 2004-11-16 Lg Electronics Inc. Plasma display panel and driving method thereof
KR100400373B1 (ko) * 2001-04-18 2003-10-08 엘지전자 주식회사 플라즈마 디스플레이 패널
US7816869B2 (en) 2002-11-22 2010-10-19 Panasonic Corporation Plasma display panel and manufacturing method for the same
WO2004049375A1 (ja) * 2002-11-22 2004-06-10 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. プラズマディスプレイパネルとその製造方法
US7432656B2 (en) 2002-11-22 2008-10-07 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Plasma display panel and method for manufacturing same
JPWO2004049375A1 (ja) * 2002-11-22 2006-03-30 松下電器産業株式会社 プラズマディスプレイパネルとその製造方法
JP5081386B2 (ja) * 2002-11-22 2012-11-28 パナソニック株式会社 プラズマディスプレイパネルとその製造方法
CN1320587C (zh) * 2002-11-25 2007-06-06 株式会社技术贸易和转让 Ac型pdp的构造
US7245077B2 (en) 2002-11-25 2007-07-17 Technology Trade And Transfer Corporation Structure of AC type PDP
WO2004049374A1 (ja) * 2002-11-25 2004-06-10 Technology Trade And Transfer Corporation Ac型pdpの構造
WO2005101448A1 (ja) * 2004-04-13 2005-10-27 Technology Trade And Transfer Corporation プラズマディスプレイパネル及びその駆動方法
KR100658753B1 (ko) * 2004-11-23 2006-12-15 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 패널
US7649317B2 (en) 2004-11-23 2010-01-19 Samsung Sdi Co., Ltd. Plasma display panel with an improved electrode structure
US7602124B2 (en) 2005-02-04 2009-10-13 Samsung Sdi Co., Ltd. Plasma display panel (PDP) having improved electrodes structure
WO2007063604A1 (ja) * 2005-12-02 2007-06-07 Fujitsu Hitachi Plasma Display Limited プラズマディスプレイパネル及びプラズマディスプレイ装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6876340B2 (en) Plasma display panel and method of driving same
JP2000251739A (ja) 面放電型プラズマディスプレイパネル
KR100679912B1 (ko) 플라즈마 표시 장치 및 그 구동 방법
KR20000067805A (ko) 플라즈마 디스플레이 패널 및 그 구동방법
KR100352862B1 (ko) Ac형플라즈마표시패널
JP2004342447A (ja) プラズマディスプレイパネル
KR20050108428A (ko) 플라즈마 디스플레이 장치
JP2003203571A (ja) プラズマディスプレイパネル
JP3591971B2 (ja) Ac型pdp及びその駆動方法
JP4675517B2 (ja) プラズマディスプレイ装置
JPH11238462A (ja) プラズマディスプレイパネル
JP2000223034A (ja) プラズマディスプレイパネル
US6628076B2 (en) Plasma display panel
JP3688142B2 (ja) プラズマディスプレイパネル
JP3005020B2 (ja) プラズマディスプレイパネル
JPH08339766A (ja) プラズマパネル、その製造方法及び画像表示装置
JP3644789B2 (ja) プラズマディスプレイパネル及びその駆動方法
JP3179817B2 (ja) 面放電型プラズマディスプレイパネル
JP4111359B2 (ja) プラズマディスプレイパネルの階調表示方法
KR100327352B1 (ko) 플라즈마디스플레이패널
JPH0765727A (ja) 面放電型プラズマディスプレイパネル
KR100226166B1 (ko) 교류형 플라즈마 표시소자
KR100300415B1 (ko) 면방전형 플라즈마 표시 패널 및 그 구동방법
JP3625620B2 (ja) プラズマディスプレイパネル
KR100322083B1 (ko) 플라즈마 디스플레이 패널

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050210

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20050720

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20050720

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20050915

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051206

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20051207

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060814

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060829

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061030

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070327

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070524

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080507