JPH1122457A - 自動車排気系用フレキシブルチューブおよびそれに使用するコイルバネの固定方法 - Google Patents

自動車排気系用フレキシブルチューブおよびそれに使用するコイルバネの固定方法

Info

Publication number
JPH1122457A
JPH1122457A JP9181917A JP18191797A JPH1122457A JP H1122457 A JPH1122457 A JP H1122457A JP 9181917 A JP9181917 A JP 9181917A JP 18191797 A JP18191797 A JP 18191797A JP H1122457 A JPH1122457 A JP H1122457A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bellows
outer cylinder
flexible tube
exhaust pipe
coil spring
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9181917A
Other languages
English (en)
Inventor
Akira Mashita
亮 真下
Original Assignee
Calsonic Corp
カルソニック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Calsonic Corp, カルソニック株式会社 filed Critical Calsonic Corp
Priority to JP9181917A priority Critical patent/JPH1122457A/ja
Publication of JPH1122457A publication Critical patent/JPH1122457A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16LPIPES; JOINTS OR FITTINGS FOR PIPES; SUPPORTS FOR PIPES, CABLES OR PROTECTIVE TUBING; MEANS FOR THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16L27/00Adjustable joints, Joints allowing movement
    • F16L27/12Adjustable joints, Joints allowing movement allowing substantial longitudinal adjustment or movement

Abstract

(57)【要約】 【課題】 エンジン側に取り付けられる第1排気管とマ
フラ側に取り付けられる第2排気管の相対変位を吸収す
る自動車排気系用フレキシブルチューブにおいて、小型
軽量、低コスト、高変位吸収性、高耐久性という要求性
能を全て満足する実用価値の高いフレキシブルチューブ
を提供すること。 【解決手段】 第1排気管1と第2排気管2に両端部が
接続され両排気管1,2の変位を吸収するベローズ3
と、鋼板によりベローズ3の外周を覆う筒状に形成され
両開口縁に突出片11a,11bが設けられた外筒4
と、ベローズ3の両端部に嵌着固定されたサポートカラ
ー6a,6bと、外筒4と同軸上に配置され外筒4の突
出片11a,11bにより大径部がカシメ固定され、小
径部がサポートカラー6a,6bに係止された円錐コイ
ルバネ7a,7bと、を備えている。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、自動車用排気系の
エンジン側に取り付けられる第1排気管とマフラ側に取
り付けられる第2排気管の相対変位を吸収するベローズ
を有する自動車排気系用フレキシブルチューブの技術分
野に属する。

【0002】

【従来の技術】従来、自動車排気系用フレキシブルチュ
ーブとしては、例えば、下記に列挙するようなものが知
られている。

【0003】(1) 実開昭61−187916号公報 この公報に記載のフレキシブルチューブは、図7に示す
ように、排気管に接続されるベローズと、ベローズの外
周に配置されるアウタブレードと、アウタブレードの両
端部に設けられ、アウタブレードとベローズとをスポッ
ト溶接するプロテクタを備えた構成である。

【0004】(2) 実開平2−14418号公報 この公報に記載のフレキシブルチューブは、図8
(イ),(ロ)に示すように、排気管に接続されるベロ
ーズと、ベローズの両端外周にそれぞれ配置されるバネ
支管と、両バネ支管の間に架設されるバネ材を備えた構
成である。

【0005】(3) 実開平4−6523号公報 この公報に記載のフレキシブルチューブは、図9に示す
ように、排気管に接続されるベローズと、ベローズの外
周に配置され、一端がベローズに固定された網状のアウ
タブレードと、アウタブレードの他端部に固定されたク
ランプ材とベローズに固定された円筒体との間に介装さ
れた圧縮スプリングとを備えた構成である。

【0006】(4) 特開平6−117243号公報 この公報に記載のフレキシブルチューブは、図10に示
すように、排気管に接続されるベローズと、ベローズの
外周に配置され、一端がベローズの一端に固定された第
1アウタカバーと、一端がベローズの他端に固定され他
端がベローズおよび第1アウタカバーの外周に配置され
た第2アウタカバーと、第1アウタカバーと第2アウタ
カバーとの間に複数介装されたスプリングとを備えた構
成である。

【0007】(5) 実開平3−47421号公報 この公報に記載のフレキシブルチューブは、図11に示
すように、ベローズ503の外周の全体にワイヤメッシ
ュ502を介して円筒形のシェル501を設け、サポー
トカラー505とシェル501の折り曲げ部分で形成し
た迷路構造内にもワイヤメッシュ502を配設した構成
となっている。

【0008】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来の自動車排気系用フレキシブルチューブにあっては、
それぞれ下記に列挙するような問題がある。

【0009】(1) 図7に記載のフレキシブルチューブ
は、アウタブレードの製造バラツキによってフレキシブ
ルチューブのバネ定数が大きく影響され、振動変位の吸
収特性にバラツキが出る。また、ステンレス鋼線を編ん
で作られるアウタブレードが高価である。よって、振動
変位の吸収特性を確保するために採用される山数の多い
ベローズにより大型化し、また、ベローズを保護するた
めに採用されるアウタブレードにより高コスト化を招
く。

【0010】(2) 図8に記載のフレキシブルチューブ
は、ベローズの中央部が外部露出状態となるため、飛び
石等によりベローズが損傷され易く、ベローズ耐久性に
劣る。

【0011】また、バネ材が外方に大きく突出している
ため、外径の大きなフレキシブルチューブとなる。走行
中、外方に大きく露出状態で突出しているバネ材に泥等
が付着した場合、バネ特性が変化し、所望の変位吸収性
が得られなくなる。

【0012】(3) 図9に記載のフレキシブルチューブ
は、基本的にはステンレス鋼線を編んで作られるアウタ
ブレードを用いたものであるため、上記(1) の問題点を
有する。加えて、圧縮スプリングにより引っ張り変位に
対する吸収性は高まるが、圧縮変位に対する吸収性の向
上は見込めない。

【0013】(4) 図10に記載のフレキシブルチューブ
は、ベローズの外周に配置される第1・第2両アウタカ
バーの外周に、さらにスプリング径プラスアルファ−の
張り出し部が形成されるため、外径の大きなフレキシブ
ルチューブとなり、取付場所に制約を受け易く、車両の
最低地上高や路面干渉性に悪影響を与える。

【0014】また、スプリングはベローズの周方向に複
数配置されるため、スプリング特性のばらつきによる
悪影響、即ち、曲げ方向のバネ定数に左右あるいは上下
方向で差が生じ、振動吸収力にむらが発生し、また、引
っ張り圧縮荷重が印加された場合にベローズ曲げ方向の
力が掛かることが考えられる。バネ単品のバネ定数
は、相対的に弱い設計となるため、排気系の振動で振ら
れて他部品との干渉音が発生し易くなる。曲げ変形ま
たは剪断変形力の作用する方向によっては、両アウタカ
バーおよびベローズに加わる応力に差異が発生するた
め、耐久性の点で不利である。

【0015】(5) 図11に記載のフレキシブルチューブ
は、ベローズ503の変形と同時にワイヤメッシュ50
2が弾性変形するから、フレキシブルチューブのバネ定
数は、ベローズのバネ定数にワイヤメッシュのバネ定数
を加えたものとなり、変移量が増大するのにしたがって
大きくなる。特にワイヤメッシュ502が部分変形など
をしてベローズ503の谷に入り込んだ場合は、圧縮に
対してバネ定数が高くなるから製品にばらつきが生じる
ことがある。また、ワイヤメッシュの分、重量が増える
し、ベローズの熱が外部に開放されにくいことで熱影響
を受け、耐久性が低下するなどの欠点がある。

【0016】(6) ところで、コイルバネの端部を外筒ま
たはサポートカラーに固定する構造とする場合、このコ
イルバネの固定においては、まず溶接による方法が簡単
に考えられる。しかしながら、この溶接構造とした場
合、溶接についての管理が煩雑であるし、溶接時にはコ
イルバネを高温度に加熱することでバネ特性の劣化が危
惧される。

【0017】以上のように、それぞれについて一長一短
があり、小型軽量、低コスト、高変位吸収性、高耐久性
という自動車排気系用フレキシブルチューブに要求され
る性能を全て満足するものではなく、現在最も一般的に
採用されている図7に記載のフレキシブルチューブに代
わる新たなフレキシブルチューブの出現が望まれている
ところである。

【0018】本発明が解決しようとする課題は、自動車
用排気系のエンジン側に取り付けられる第1排気管とマ
フラ側に取り付けられる第2排気管の相対変位を吸収す
るベローズを有する自動車排気系用フレキシブルチュー
ブにおいて、組み立てが容易で小型軽量、低コスト、高
変位吸収性、高耐久性という要求性能を全て満足する実
用価値の高いフレキシブルチューブを提供することにあ
る。

【0019】

【課題を解決するための手段】

(解決手段1)上記課題を達成するため請求項1記載の
発明では、第1排気管と第2排気管に両端部が接続さ
れ、両排気管の変位を吸収するベローズと、プレート材
により前記ベローズの外周を覆う筒状に形成され、かつ
一端側開口縁に突出片が設けられた外筒と、前記外筒の
他端側から延設され先端部がベローズの他端部に嵌着固
定されたプロテクタと、前記ベローズの他端部に嵌着固
定されたサポートカラーと、前記外筒と同軸上に配置さ
れ該外筒の突出片により大径部がカシメ固定され、かつ
小径部が前記サポートカラーに係止された円錐コイルバ
ネと、を備えていることを特徴とする。

【0020】よって、第1排気管と第2排気管とが管軸
方向に変位しフレキシブルチューブに対し外力が作用す
る場合、圧縮荷重と引張荷重はベローズと円錐コイルバ
ネとの両方に作用する。

【0021】このため、ベローズの板厚を薄くしてベロ
ーズのバネ定数を低く設定してもフレキシブルチューブ
のトータルバネ定数は円錐コイルバネで補うことがで
き、フレキシブルチューブの小型軽量低コスト化が達成
される。

【0022】第1排気管と第2排気管に管軸方向の変位
を与えるような外力が作用した場合、ベローズと円錐コ
イルバネが、荷重の作用方向に追従する圧縮または引っ
張り変形することにより変位が吸収される。尚、円錐コ
イルバネはベローズと同心円の単独バネであって曲げ変
形や剪断変形方向によるバネ定数に差がないため、第1
排気管と第2排気管に曲げ方向や剪断方向の変位を与え
るような外力が作用しても、変形自由度の高いベローズ
と円錐コイルバネがその外力の作用方向に係らず均一に
荷重の作用方向に追従して曲げ変形や剪断変形すること
により吸収される。つまり、ベローズと円錐コイルバネ
との両方を用いた変位吸収作用が達成されると共に、曲
げ変形や剪断変形方向によるバネ定数に差がないため、
変位および振動吸収力にムラがなく、耐久性向上が達成
される。

【0023】さらに、円錐コイルバネは圧縮荷重にも引
張荷重にも作用し、フレキシブルチューブに加わる外力
がベローズと円錐コイルバネに分散されるため、ベロー
ズの荷重負担が軽減される。

【0024】また、走行中に石跳ね等があった場合、外
筒による保護作用でベローズ及び円錐コイルバネの変形
や損傷が防止される。

【0025】円錐コイルバネは、外筒の突出片を円錐コ
イルバネの軸部分に巻付け状態にカシメることによって
固定する。前記突出片のカシメは、簡単な押し曲げ作業
によってできるから、組み付け時の固定作業を自動化す
ることができる。

【0026】(解決手段2)請求項2記載の発明では、
第1排気管と第2排気管に両端部が接続され、両排気管
の変位を吸収するベローズと、プレート材により前記ベ
ローズの外周を覆う筒状に形成され、かつ両開口縁にそ
れぞれ突出片が設けられた外筒と、前記ベローズの両端
部にそれぞれ嵌着固定されたサポートカラーと、前記外
筒と同軸上に配置され該外筒の突出片によりそれぞれ大
径部がカシメ固定され、かつ小径部が前記サポートカラ
ーに係止された円錐コイルバネと、を備えていることを
特徴とする。

【0027】よって、上記請求項1記載の発明の作用が
得られる他、第1・第2両円錐コイルバネにより外筒が
両持ち状態で完全な弾性支持状態となり、円錐コイルバ
ネの変形範囲では外筒に応力が作用することがないた
め、耐久的にさらに有利である。

【0028】(解決手段3)請求項3記載の発明では、
第1排気管1と第2排気管2とに両端を接続したベロー
ズ3をプレートで形成した外筒4で覆い、前記ベローズ
3と外筒4の少なくとも一端側同士を前記外筒4と同軸
上に配置したコイルバネで支持した自動車排気系用フレ
キシブルチューブであって、前記外筒4の一端側から管
軸方向に突出させた先端鉤状の突出片11を根元から、
コイルバネ7の線外周にそって管軸方向に折り曲げてか
ら残りを管軸と平行する方向に折り曲げることにより、
コイルバネ7を突出片11で囲繞する状態にカシメ固定
することを特徴とする。

【0029】これによって、上記請求項1および請求項
2記載の発明の作用が得られる他、加熱によるコイルバ
ネの劣化を来す事がなく、コイルバネの取付け部が強固
となると共にコイルバネの組み付けの自動化が可能とな
り、また、これによって品質を一定にして製造すること
ができる。

【0030】

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面
に基づいて説明する。

【0031】(実施の形態1)まず、構成を説明する。

【0032】実施の形態1は請求項2記載の発明に対応
する。

【0033】図1は実施の形態1の自動車排気系用フレ
キシブルチューブA1を示す半断面図である。

【0034】図1において、1は第1排気管、2は第2
排気管、3はベローズ、4は外筒、6aは第1サポート
カラー,6bは第2サポートカラー、7aは第1円錐コ
イルバネ,7bは第2円錐コイルバネ、8aは第1イン
ナカバー,8bは第2インナカバーである。

【0035】前記ベローズ3は、第1排気管1と第2排
気管2にそれぞれ装着されたインナカバー8a,8bの
上から両端部を挿入して接続されている。尚、ベローズ
3の両端には前記第1サポートカラー6aと第2サポー
トカラー6bが挿入され固定されている。前記ベローズ
3の素材としては、厚み0.2mm(従来は厚み0.3
mm)のステンレス薄肉板を2層重ね合わせた薄肉多層
品を使用し、山数を従来より大幅に削減し(21〜28
山→8〜9山)、等価のバネ定数を得ている。

【0036】前記外筒4は、鋼板材によりベローズ3の
略全長に亘る外周を覆う筒状に形成され、その両端には
図2にも示すように、それぞれ突出片11a,11bが
3列ずつ設けられている。この突出片11a,11b
は、第1,第2の円錐コイルバネ7a,7bの大径部7
1a,71bにおける部材外周を略5/8周囲む長さに
突出して形成され、そのうち先端には、外筒製造時、既
に管軸に直交するように、つまり鉤状となるように折り
曲げ部14が設けられている。

【0037】前記第1,第2円錐コイルバネ7a,7b
は、それぞれ小径部70a,70bの内径がサポートカ
ラー6a,6bの外径と略同一大きさに形成され、大径
部71a,71bの外径が外筒4の内径と略同一大きさ
に形成されている。

【0038】前記第1円錐コイルバネ7aのカシメ作業
は、図3に示すように、小径部70aを第1のサポート
カラー6aの立縁部60aに係止し、大径部71aを外
筒4の端縁部に一致させた状態とし、まず、カシメ機の
刃12で突出片11aを管軸に直交する方向に折り曲げ
て1次折り曲げ部15mを形成し、次に、刃13で突出
片11aの残りの部分を管軸と平行する方向に折り曲げ
て2次折り曲げ部15nを形成する。この場合、前記2
回に係る作業で円錐コイルバネの大径部71aは、外筒
4自身で略2/8外周を、1次,2次折り曲げ部15
m,15nで略4/8外周を、そして既折り曲げ部14
で1/8外周を囲繞するようにカシメられることによ
り、軸部をほとんど(略7/8周)囲繞した状態で3カ
所が固定される。尚、もう一方の円錐コイルバネ7b側
も同様の作業工程によって、同様にカシメ固定される。

【0039】図4は実施の形態1のフレキシブルチュー
ブが適用された自動車排気系を示す斜視図である。

【0040】図4において、A1はフレキシブルチュー
ブ、Bはエキゾーストパイプ、Cは触媒コンバータ、D
はサブマフラ、Eはメインマフラであり、フレキシブル
チューブA1は、図外のエンジンと触媒コンバータCと
を連結するエキゾーストパイプBの途中に設けられ、エ
ンジンや車体等からの入力による変位を吸収する。

【0041】次に、作用を説明する。

【0042】[バネ定数の設定作用]フレキシブルチュ
ーブA1のバネ定数を設定するにあたっては、図5に示
すように、ベローズ3のバネ定数をK1とし、第1円錐コ
イルバネ7aと第2円錐コイルバネ7bのバネ定数をK2
とすると、ベローズ3と両円錐コイルバネ7a,7bと
が並列配置になっているので、フレキシブルチューブバ
ネ定数Kは、下記の式により表される。

【0043】K=K1+(K2/2) このように、ベローズ3のバネ定数K1と、両円錐コイル
バネ7a,7bのバネ定数K2と、フレキシブルチューブ
バネ定数Kのうち2つが明らかであれば残りの1つのバ
ネ定数は決まる。

【0044】よって、フレキシブルチューブバネ定数K
として良好な変位吸収ができる値に設定する場合、ベロ
ーズ3のバネ定数K1を一定値に設定し、管理しやすく選
択自由度が高い両円錐コイルバネ7a,7bのバネ定数
K2を多数の値の中から選択して決めると、所望のフレキ
シブルチューブバネ定数Kが得られることになる。

【0045】このように、バネ定数調整代を、ベローズ
3のバネ定数K1の変更によるものではなく両円錐コイル
バネ7a,7bのバネ定数K2の変更に委ねることで、ベ
ローズ3のバネ定数K1を一定値に設定することもができ
る。

【0046】この結果、実施の形態1のベローズ3のよ
うに、従来よりも薄肉で山数の少ない2層品をベローズ
素材として使用し、ベローズ3のバネ定数K1を低い値の
一定値に設定しても両円錐コイルバネ7a,7bのバネ
定数K2により補うことができ、フレキシブルチューブの
小型軽量低コスト化が図られる。

【0047】[変位吸収作用]エンジンや車体等から第
1排気管1と第2排気管2に管軸方向に変位を与えるよ
うな荷重が入力された時の変位吸収作用について説明す
る。

【0048】変位荷重のうち圧縮荷重が作用した場合に
は、ベローズ3は圧縮され第1,第2円錐コイルバネ7
a,7bは引っ張り方向に伸長されて両排気管1,2が
圧縮変位する。つまり、図5に示すように、圧縮荷重が
作用すると、ベローズ取付スパンL1がΔLだけ短くな
り、円錐コイルバネ取付スパンL2はそれぞれΔL/2
だけ長くなる。

【0049】変位荷重のうち引張荷重が作用した場合に
は、ベローズ3は引っ張られ第1,第1円錐コイルバネ
7a,7bは圧縮方向に短縮されて両排気管1,2が引
張変位する。つまり、図5に示すように、引張荷重が作
用すると、ベローズ取付スパンL1がΔLだけ長くな
り、円錐コイルバネ取付スパンL2はそれぞれΔL/2
だけ短くなる。

【0050】すなわち、ベローズ3の伸縮と、引っ張り
と圧縮の両方で同じバネ特性が発揮される第1,第2円
錐コイルバネ7a,7bにより、管軸方向に振動的に引
っ張りと圧縮が繰り返される変位が整然と吸収される。

【0051】尚、第1排気管1と第2排気管2には、管
軸方向以外にも曲げ方向や剪断方向の変位を与えるよう
な外力が作用することがあるが、この場合にも変形自由
度の高いベローズ3と両円錐コイルバネ7a,7bが、
荷重の作用方向に追従して曲げ変形や剪断変形すること
により曲げ変位や剪断変位が吸収される。

【0052】[ベローズ耐久性確保作用]ベローズ3の
耐久性は、後述するように、荷重負担の分担と、伸び切
りの防止と、飛び石等からの保護とにより確保される。

【0053】フレキシブルチューブA1に加わる外力
は、ベローズ3に加わる力と、両円錐コイルバネ7a,
7bに加わる力とに分散されるため、ベローズ3の荷重
負担が軽減される。

【0054】フレキシブルチューブA1は車両の底部に
露出して配置されるため、車両走行中にタイヤにより石
等を跳ねるような場合、この跳ね石等がフレキシブルチ
ューブA1に衝突することがあるが、走行中に跳ね石等
があった場合、ベローズ3の全外周を覆う外筒5による
保護作用でベローズ3の変形や損傷が防止される。尚、
外筒4は、第1,第2円錐コイルバネ7a,7bの外周
も覆う配置であるので、跳ね石等に対し第1,第2円錐
コイルバネ7a,7bの変形や損傷も防止される。

【0055】次に、効果を説明する。

【0056】(1)第1排気管1と第2排気管2に両端
部が接続され、両排気管1,2の変位を吸収するベロー
ズ3と、鋼板材により前記ベローズ3の外周を覆う筒状
に形成され、かつ両開口縁にそれぞれ突出片11a,1
1bが設けられた外筒4と、前記ベローズ3の両端部に
それぞれ嵌着固定されたサポートカラー6a,6bと、
前記外筒4と同軸上に配置され該外筒4の突出片11
a,11bによりそれぞれ大径部がカシメ固定され、か
つ小径部が前記サポートカラー6a,6bに係止された
円錐コイルバネ7a,7bと、を備えた構成としたた
め、小型軽量、低コスト、高変位吸収性、高耐久性とい
う要求性能を全て満足する実用価値の高いフレキシブル
チューブA1を提供することができる。

【0057】(2)円錐コイルバネ7a,7bを外筒4
にカシメ取付けするので、溶接取付けのように管理が煩
雑でなく、組み付けの自動化が可能となると共に加工工
数の削減によるコスト低減が可能となる。

【0058】(3)また、コイルバネを高温度に加熱す
ることがなく、従ってバネ特性も劣化することなく初期
の効果を維持した状態で高耐久性が得られる。

【0059】(4)ベローズ3の両端にそれぞれ円錐コ
イルバネ7a,7bを接続したため、第1排気管1と第
2排気管2とに曲げ方向や剪断方向の力が作用したと
き、ベローズ3の両端位置においてそれぞれ管軸の傾斜
やズレが許容され、力の作用方向に追随して変移する高
い自由度が得られる。

【0060】(実施の形態2)まず、構成を説明する。

【0061】図6は請求項1記載の発明に対応する実施
の形態2の自動車排気系用フレキシブルチューブA2を
示す半断面図である。

【0062】この実施の形態2のフレキシブルチューブ
A2は、前記実施の形態1のフレキシブルチューブA1
が一対の第1・第2円錐コイルバネ7a,7bで外筒4
を両持ち状に支持したのに対し、一方の円錐コイルバネ
を省略し、外筒4を1つの円錐コイルバネ7aで片持ち
状に支持した点で実施の形態1と異なる。16は円錐コ
イルバネ7aの小径部70aをサポートカラーに固定す
るための押え金である。

【0063】この一方の円錐コイルバネの省略に伴い、
円錐コイルバネで支持されていない方の外筒4の端部
は、異径円筒状プロテクタ5の大径部5bが接続され、
その小径部5aがベローズ3の一端に接続され、それぞ
れスポット溶接により接続固定されている。

【0064】尚、他の構成は実施の形態1と同様である
ので説明を省略する。

【0065】次に、バネ定数の設定作用において、フレ
キシブルチューブバネ定数Kは、下記の式により表され
る。

【0066】K=K1+K2 従って、実施の形態1と同様に、ベローズ3のバネ定数
K1と、円錐コイルバネ7aのバネ定数K2と、フレキシブ
ルチューブバネ定数Kのうち2つが明らかであれば残り
の1つのバネ定数は決まることになる。

【0067】この結果、実施の形態1と同様に、従来よ
りも薄肉で山数の少ない2層品をベローズ素材として使
用し、ベローズ3のバネ定数K1を低い値の一定値に設定
しても円錐コイルバネ7aのバネ定数K2により補うこと
ができ、フレキシブルチューブの小型軽量低コスト化が
図られる。

【0068】次に、効果を説明する。

【0069】実施の形態2にあっては、実施の形態1の
(1)、(2)の効果に、下記の効果が加えられる。

【0070】(3)一方の円錐コイルバネの省略によ
り、部品点数が削減され、部品コストを低減することが
できる。

【0071】(他の実施の形態)実施の形態では、外筒
4の端部外周の一部分に突出片11a(11b)を3列
まとめて設けたが、対向する側にも設けたり、あるいは
3カ所など、複数カ所に設けてもよい。

【0072】実施の形態では、円錐コイルバネを一方の
みに設けた場合、外筒の他方側はプロテクタを接続する
としたが、深絞りによって外筒とプロテクタを一体に形
成するようにしてもよい。

【0073】さらに、実施の形態では、外筒と第1排気
管断面形状が円形であるフレキシブルチューブの例を示
したが、楕円形のフレキシブルチューブにおいても同様
の作用効果が得られる。

【0074】

【発明の効果】請求項1記載の自動車排気系用フレキシ
ブルチューブにあっては、第1排気管と第2排気管に両
端部が接続され、両排気管の変位を吸収するベローズ
と、プレート材により前記ベローズの外周を覆う筒状に
形成され、かつ一端側開口縁に突出片が設けられた外筒
と、前記外筒の他端側から延設され先端部がベローズの
他端部に嵌着固定されたプロテクタと、前記ベローズの
他端部に嵌着固定されたサポートカラーと、前記外筒と
同軸上に配置され該外筒の突出片により大径部がカシメ
固定され、かつ小径部が前記サポートカラーに係止され
た円錐コイルバネと、を備えた構成としたため、円錐コ
イルバネの劣化を来すことがなく、円錐コイルバネの固
定作業の自動化が可能となり、小型軽量、低コスト、高
変位吸収性、高耐久性という要求性能を全て満足する実
用価値の高いフレキシブルチューブを提供することがで
きるという効果が得られる。

【0075】請求項2記載の自動車排気系用フレキシブ
ルチューブにあっては、第1排気管と第2排気管に両端
部が接続され、両排気管の変位を吸収するベローズと、
プレート材により前記ベローズの外周を覆う筒状に形成
され、かつ両開口縁にそれぞれ突出片が設けられた外筒
と、前記ベローズの両端部にそれぞれ嵌着固定されたサ
ポートカラーと、前記外筒と同軸上に配置され該外筒の
突出片によりそれぞれ大径部がカシメ固定され、かつ小
径部が前記サポートカラーに係止された円錐コイルバネ
と、を備えた構成としたため、上記効果に加え、一方の
円錐コイルバネの省略により、部品点数が削減され、部
品コストを低減することができる。

【0076】請求項3記載の自動車排気系用フレキシブ
ルチューブに使用するコイルバネの固定方法にあって
は、第1排気管と第2排気管とに両端を接続したベロー
ズをプレートで形成した外筒で覆い、前記ベローズと外
筒の少なくとも一端側同士を前記外筒と同軸上に配置し
たコイルバネで支持した自動車排気系用フレキシブルチ
ューブであって、前記外筒の一端側から管軸方向に突出
させた先端鉤状の突出片を根元から、コイルバネの線外
周にそって管軸方向に折り曲げてから残りを管軸と平行
する方向に折り曲げることにより、コイルバネを突出片
で囲繞する状態にカシメ固定する方法としたため、コイ
ルバネの劣化を来すことがなく、コイルバネの取付け部
が強固となると共にコイルバネの固定作業の自動化が可
能となり、また、これにより品質が一定し、小型軽量、
低コスト、高変位吸収性、高耐久性という要求性能を全
て満足する実用価値の高いフレキシブルチューブを製造
できるという効果が得られる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の実施の形態1の自動車排気系用フレキ
シブルチューブを示す半断面図である。

【図2】本発明の実施の形態1の外筒の要部を示す斜視
図である。

【図3】本発明の実施の形態1のカシメ工程を示す説明
図である。

【図4】本発明の実施の形態1のフレキシブルチューブ
が適用された自動車排気系を示す斜視図である。

【図5】本発明の実施の形態1の自動車排気系用フレキ
シブルチューブのバネ吸収作用説明図である。

【図6】本発明の実施の形態2の自動車排気系用フレキ
シブルチューブを示す半断面図である。

【図7】従来例1の自動車排気系用フレキシブルチュー
ブを示す半断面図である。

【図8】従来例2の自動車排気系用フレキシブルチュー
ブを示す正面図(イ)及び側面図(ロ)である。

【図9】従来例3の自動車排気系用フレキシブルチュー
ブを示す半断面図である。

【図10】従来例4の自動車排気系用フレキシブルチュ
ーブを示す半断面図である。

【図11】従来例5の自動車排気系用フレキシブルチュ
ーブを示す半断面図である。

【符号の説明】

A1,A2 フレキシブルチューブ 1 第1排気管 2 第2排気管 3 ベローズ 4 外筒 5 プロテクタ 6,6a,6b サポートカラー 7a,7b 円錐コイルバネ 11,11a,11b 突出片

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 第1排気管(1)と第2排気管(2)に
    両端部が接続され、両排気管(1),(2)の変位を吸
    収するベローズ(3)と、 プレート材により前記ベローズ(3)の外周を覆う筒状
    に形成され、かつ一端側開口縁に突出片(11)が設け
    られた外筒(4)と、 前記外筒(4)の他端側から延設され先端部がベローズ
    (3)の他端部に嵌着固定されたプロテクタ(5)と、 前記ベローズ(3)の他端部に嵌着固定されたサポート
    カラー(6)と、 前記外筒(4)と同軸上に配置され該外筒(4)の突出
    片(11)により大径部がカシメ固定され、かつ小径部
    が前記サポートカラー(6)に係止された円錐コイルバ
    ネ(7)と、 を備えていることを特徴とする自動車排気系用フレキシ
    ブルチューブ。
  2. 【請求項2】 第1排気管(1)と第2排気管(2)に
    両端部が接続され、両排気管(1),(2)の変位を吸
    収するベローズ(3)と、 プレート材により前記ベローズ(3)の外周を覆う筒状
    に形成され、かつ両開口縁にそれぞれ突出片(11
    a),(11b)が設けられた外筒(4)と、 前記ベローズ(3)の両端部にそれぞれ嵌着固定された
    サポートカラー(6a),(6b)と、 前記外筒(4)と同軸上に配置され該外筒(4)の突出
    片(11a),(11b)によりそれぞれ大径部がカシ
    メ固定され、かつ小径部が前記サポートカラー(6
    a),(6b)に係止された円錐コイルバネ(7a),
    (7b)と、 を備えていることを特徴とする自動車排気系用フレキシ
    ブルチューブ。
  3. 【請求項3】 第1排気管(1)と第2排気管(2)と
    に両端を接続したベローズ(3)をプレートで形成した
    外筒(4)で覆い、前記ベローズ(3)と外筒(4)の
    少なくとも一端側同士を前記外筒(4)と同軸上に配置
    したコイルバネで支持した自動車排気系用フレキシブル
    チューブであって、前記外筒(4)の一端側から管軸方
    向に突出させた先端鉤状の突出片(11)を根元から、
    コイルバネ(7)の線外周にそって管軸方向に折り曲げ
    てから残りを管軸と平行する方向に折り曲げることによ
    り、コイルバネ(7)を突出片(11)で囲繞する状態
    にカシメ固定することを特徴とする自動車排気系用フレ
    キシブルチューブに使用したコイルバネの固定方法。
JP9181917A 1997-07-08 1997-07-08 自動車排気系用フレキシブルチューブおよびそれに使用するコイルバネの固定方法 Pending JPH1122457A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9181917A JPH1122457A (ja) 1997-07-08 1997-07-08 自動車排気系用フレキシブルチューブおよびそれに使用するコイルバネの固定方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9181917A JPH1122457A (ja) 1997-07-08 1997-07-08 自動車排気系用フレキシブルチューブおよびそれに使用するコイルバネの固定方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1122457A true JPH1122457A (ja) 1999-01-26

Family

ID=16109175

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9181917A Pending JPH1122457A (ja) 1997-07-08 1997-07-08 自動車排気系用フレキシブルチューブおよびそれに使用するコイルバネの固定方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1122457A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2421063A (en) * 2004-12-08 2006-06-14 Terence Mckenna Thomson Flexible telescopic exhaust coupling biased to neutral position
WO2009140380A1 (en) * 2008-05-13 2009-11-19 American Boa, Inc. Sealed flexible coupling with torsion acceptance
WO2012114417A1 (ja) * 2011-02-24 2012-08-30 テルモ株式会社 シリンジポンプ

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2421063A (en) * 2004-12-08 2006-06-14 Terence Mckenna Thomson Flexible telescopic exhaust coupling biased to neutral position
GB2421063B (en) * 2004-12-08 2009-09-02 Terence Mckenna Thomson Shock absorbing apparatus
WO2009140380A1 (en) * 2008-05-13 2009-11-19 American Boa, Inc. Sealed flexible coupling with torsion acceptance
US8042840B2 (en) 2008-05-13 2011-10-25 Paul Chahine Sealed flexible coupling with torsion acceptance
WO2012114417A1 (ja) * 2011-02-24 2012-08-30 テルモ株式会社 シリンジポンプ

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4304922B2 (ja) 車両用ブレーキホース
US6848478B2 (en) Flexible tube
CA1149137A (en) Catalytic converter
US6857502B2 (en) Engine muffler and method of manufacturing the same
EP0511000B1 (en) Flexible coupler apparatus
US6062268A (en) Tube element with one metal bellows
US7644911B2 (en) Isolator
JP5417348B2 (ja) 剪断ハブアイソレータ
EP2532918B1 (en) Vibration-damping device
US6240969B1 (en) Conduit element for exhaust gas conduits of motor vehicles
US6702062B2 (en) Exhaust system for automobile engine
US20080315473A1 (en) Torque rod
EP1270987A2 (de) Aggregatelager in Buchsenform
US8066266B2 (en) End plated shear-hub isolator
DE102010037162A1 (de) Dämpfungselement für Entkopplungselemente, insbesondere für Membranbälge
JP4046010B2 (ja) ダイナミックダンパ
US6881004B2 (en) Knuckle bracket for a strut-type shock absorber
WO1994008169A1 (de) Flexible verbindungsanordnung für zwei rohrteile, insbesondere bei abgasanlagen von kraftfahrzeugen
EP1424472B1 (fr) Perfectionnement à un flexible de découplage pour une ligne d'échappement de moteur de véhicule automobile
DE69921313T2 (de) Halteanordnung für ein stabteil
US20080169038A1 (en) Thermal shield and methods of construction and installation
JPH05149386A (ja) 中空ドライブシヤフト用ダイナミツクダンパ
JP3557669B2 (ja) 自動車排気管用可撓性継手
US6682060B2 (en) Dynamic damper
EP1038712B1 (en) Mount assembly for automotive power plant