JPH1122081A - コーナーパネルの取付け方法および装置 - Google Patents

コーナーパネルの取付け方法および装置

Info

Publication number
JPH1122081A
JPH1122081A JP17464097A JP17464097A JPH1122081A JP H1122081 A JPH1122081 A JP H1122081A JP 17464097 A JP17464097 A JP 17464097A JP 17464097 A JP17464097 A JP 17464097A JP H1122081 A JPH1122081 A JP H1122081A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
corner panel
prism
fixed
corner
hook
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP17464097A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3864501B2 (ja
Inventor
Itaru Shibata
格 柴田
Akira Saito
明 斉藤
Hitoshi Takakura
仁 高倉
Masafumi Kaneko
雅文 金子
Original Assignee
Sumitomo Metal Mining Co Ltd
住友金属鉱山株式会社
Sumitomo Forestry Co Ltd
住友林業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sumitomo Metal Mining Co Ltd, 住友金属鉱山株式会社, Sumitomo Forestry Co Ltd, 住友林業株式会社 filed Critical Sumitomo Metal Mining Co Ltd
Priority to JP17464097A priority Critical patent/JP3864501B2/ja
Publication of JPH1122081A publication Critical patent/JPH1122081A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3864501B2 publication Critical patent/JP3864501B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 建築物の隅角部の角柱の外面に、断面L字状
のコーナーパネルを取り付ける場合に、乾式で施工で
き、現場溶接や外部足場が不要で、作業性と経済性に優
れた取付け工法を提供する。 【解決手段】 角柱の屋外外面の長手方向に、コーナー
パネルの下端を支持するL字状の支持部材をコーナーパ
ネルの長さとほぼ等しい間隔で長手方向に配置して固着
し、隣り合う支持部材の間の角柱の外周には、上方に開
口する鉤状部を構成した受け金具を少なくとも2段固着
する。一方、コーナーパネルの内側面には、下方に開口
するように断面コ字状にして先端に舌片を有する突起金
物を、前記角柱の受け金具に相対する位置に固着してお
く。コーナーパネルを上方から吊り込んで、前記コーナ
ーパネルに固着された突起金物の舌片を、前記角柱に固
着された金貝の鉤状部と角柱の外面との間に差し込んで
挟持すると共に、下端小口面を前記支持部に支持させて
固定する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、軽量気泡コンク
リート(ALC)パネルを使った建築物に関し、特に該
建築物の隅角部に設けられた角柱の外面に、断面L字状
のALCコーナーパネルを取り付ける方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、鉄骨にALCパネルを取付けた建
築物の隅角部に設けられた角柱の外面に、パネルの目地
が出ないようにするために、水平断面がL字状のALC
コーナーパネル(以下、コーナーパネルという)を取り
付ける工法がある。
【0003】このコーナーパネルを乾式で取り付ける例
としては、例えば図5〜7に示すように、梁20による
鉄骨躯体の隅角部の外装となるコーナーパネル1の下端
を支持するL字状の支持部材3の垂直面を角柱2の屋外
側外面に溶接固着する。すなわち、支持部材3は、コー
ナーパネル1の長さとほぼ等しい間隔で角柱2の高さ方
向に配置される。
【0004】また角柱2の屋外側外面には、高さ方向
で、前記支持部材3の間に所望間隔で、複数のL字状の
アングルピース14を取り付ける。該アングルピース1
4は、厚さ3.2mm程度で、その一方の垂直面14a
が角柱2の外面から所望寸法張り出すようにして、他方
の垂直面14bを角柱2に溶接固着しておく。それから
コーナーパネル1を上方から吊り込んで、その下端小口
面を前記支持部材3の水平面で支承させ、屋外側からス
クリウビス4を捩じ込んで、前記アングルピース14の
垂直面14aにねじ固着する工法がある。
【0005】しかしこの工法では、建築現場で支持部材
3や多数のアングルピース14を、角柱2に溶接した
り、コーナーパネル1をアングルピース14にねじ固着
するために、屋外に足場を仮設する必要があり、手数と
費用が掛かる問題があった。またコーナーパネル1の表
面から、その裏側に位置するアングルピース14の所定
位置に、スクリウビス4を捩じ込むには高度な熟練が必
要であった。
【0006】また他の工法としては図8、9に示すよう
に、前例と同様なL字状の支持部材3の垂直面を、コー
ナーパネル1の長さとほぼ等しい間隔で角柱2の屋外側
外面に沿って溶接固着し、またコーナーパネル1と壁パ
ネル11の目地部のところで角柱2の外面に、複数のピ
ースアングル15の垂直面が角柱2と直交するように所
望間隔で溶接する。一方、コーナーパネル1には、長辺
小口面と裏面に跨がるL字状のコーナープレート16
を、前記ピースアングル15と同じ間隔でコーナーパネ
ル1に埋設したアンカー1aに、ボルト17で固着して
おく。このコーナーパネル1を上方から吊り込んで、そ
の下端小口面を前記支持部材3の水平面で支持させ、前
記ピースアングル15とコーナープレート16の当接部
を溶接する。
【0007】しかし、この工法では、現場溶接箇所が多
いうえに、コーナープレートの取付けに手数がかかる問
題があった。また前記ピースアングル15をコーナープ
レート16に溶接するため、コーナーパネル1の両側に
隣接する壁パネルを取り付ける前に、コーナーパネル1
を取付ける必要があるので、工程が制約される問題もあ
った。
【0008】また、特公平8一33067号公報に記載
のように、外面に嵌入溝を形成した条材からなる第1金
具を角柱の外周に巻回して締め付け固定し、コーナーパ
ネルに取り付けた四角枠状の第2の金具を前記嵌入溝に
はめ入れて、コーナーパネルの外面からタッピングビス
で固着する方法もある。この方法は現場溶接は不要であ
るが、足場の仮設が必要であるばかりでなく、コーナー
パネルの外面から見えない前記第2の金具に、タッピン
グビスを捩じ込む際の位置決めに熟練を要する。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】この発明は、建築物の
隅角部の角柱の外面に横、断面L字状のコーナーパネル
を取り付ける場合に、乾式で施工でき、現場溶接や外部
足場が不要で、作業性と経済性に優れた取付け方法を提
供するものである。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明のコーナーパネル
の取付け装置は、角柱に固定された水平受け部と、角柱
に固定され、該水平受け部から一定距離だけ上方に上向
き鉤状部を有する受け金具と、コーナーパネルの下端小
口面から上に前記一定距離だけ上方に下向き鉤状部とで
構成され、前記上向き鉤状部と下向き鉤状部をはめ合わ
せつつ、コーナーパネルの下端小口面を前記水平受け部
の上に載せることができる。
【0011】また、本発明のコーナーパネルの取付け方
法では、建築物の隅角部の角柱の外面に横断面L字状の
コーナーパネルを取り付ける場合に、前記角柱の屋外側
外面に長手方向に沿って、コーナーパネルの下端を支持
する縦断面L字状の支持部材を固着し、長手方向に並ぶ
2つの支持部材の間において、上方に開口する鉤状部を
構成した受け金具を少なくとも2段固着する。
【0012】一方、下方に伸びる舌片を有する突起金物
を、前記角柱の受け金具に相対する位置にコーナーパネ
ルの内側面にて固着する。突起金物は、具体的には、下
方に開口するコ字状に形成され、その一方の脚部をコー
ナーパネルに固着したとき、他方の脚部が舌片を形成す
るように構成すればよい。
【0013】このコーナーパネルを上方から吊り込ん
で、前記コーナーパネルに固着された突起金物の舌片
を、前記角柱に固着された金具の鉤状部と角柱の外面と
の間に差し込んで挟持すると共に、下端小口面を前記支
持部に支持させて固定する。そして、この方法によれば
乾式で施工でき、現場溶接や外部足場が不要で、金具も
簡単なので、工数と工期、費用を節減することができ
る。
【0014】
【発明の実施の形態】以下本発明の一実施例を図面によ
って説明する。図1はコーナーパネルに突起金物を取り
付ける状況を示す斜視図、図2はコーナーパネルを角柱
に取り付けた状況を示す横断面図、図3は図2のIII−I
IIに沿う縦断面図であり、図4は図3において鉤状部を
有する受け金具を角柱にねじ固着して前記突起金物を挟
持した状況を拡大して示す断面図である。
【0015】図1に示すような断面L字状のALCコー
ナーパネル1は幅175ミリ、厚さ75ミリ、長さ35
00ミリであり、該パネル1が設置される建築物の駆体
角柱2は外形150ミリである。ALCコーナーパネル
1は、躯体角柱2に沿って立設される。
【0016】突起金物5は、厚さ2.3ミリ、幅50ミ
リ、長さ200ミリの条材を中央で直角に折り曲げた形
で、その両端部には幅50ミリの延長部があり、該延長
部により、下方に閉口する断面コ字状に折り曲げられ、
先端に舌片5aが設けられている。突起金物5は、図2
に示すように、スクリュウビス4によりコーナーパネル
1に固着される。これにより、1種の鉤状部が構成され
る。
【0017】図示の場合、スクリュウビス4は突起金物
5の舌片5aから横方向に離れた位置にあるが、舌片5
aに対向する位置にあってもよい。
【0018】また、図3に示すような鉤状部を有する受
け金具6は厚さ3.2ミリ、幅100ミリの条材を段状
あるいはイナヅマ形に折り曲げたものである。受け金具
6の一方の垂直部6a(図で下側)を角柱の外面に当接
して固着したときに、他方の垂直部6b(図で上側)が
鉤状部を構成するように、該垂直部6bの内面と角柱2
の外面との間に、上方に開口する約3〜4ミリの空隙が
設けられるようになっている。図3の実施例では、受け
金具6は、角柱2にボルト7で固着してある。
【0019】さらに、図3に示すように断面L字状の支
持部材3が、その垂直部をボルトで角柱2に固着されて
いる。支持部材3の水平部から突起金物5と受け金具6
までの距離は、角柱2の高さなどによって決定され、突
起金物5と受け金具6がかみ合うように位置決めされ
る。
【0020】次にこれらの金具類を使用してコーナーパ
ネル1を角柱2に取り付ける工法について説明する。先
ずコーナーパネル1を取付ける角柱2の屋外側の外面に
は、パネル1の長さ毎に前記支持部材3の垂直部をボル
ト7で固着し、高さ方向に並ぶ該支持部材の間の2か所
に前記受け金具6を角柱2の屋外側外面に固着してお
く。なお、前記支持部材3や受け金具6は、ねじ固着で
なく、工場で予め溶接しておいてもよい。一方、コーナ
ーパネル1の内面には、前記角柱2に取り付けた受け金
具6に相対する位置に、前記突起金物5を配置し、パネ
ル1の外面からスクリュウビス4を捩じ込んで固着して
おく。
【0021】その後、突起金物5を固着したコーナーパ
ネル1を、図示してないクレーンなどを使用して角柱2
の取付け部上方から吊り込み、突起金物5の舌片5a
を、受け金具6の鉤状部6aと角柱2の間に差し込んで
挟持すると共に、コーナーパネル1の下端小口面を前記
支持部3に担持させて固定する。このようにしてコーナ
ーパネルを順次上方に取付けていけばよい。なお、前述
のコーナーパネルや金具類の寸法などは必要に応じ適宜
選定すればよい。
【0022】
【発明の効果】本発明は、以上詳細に説明したように構
成されているので、本発明のコーナーパネルの取付け
を、乾式で施工でき、金具も簡単な構造で比較的安価で
ある。そしてこの金具を予め工場で取り付けておくか、
現場でボルトなどで固着できるようにしておけば、現場
溶接や外部足場が不要であり、コーナーパネルの取付け
も容易であるので、取付け工数と工期を大幅に節減する
ことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 コーナーパネルに金物を取り付けた状況を説
明する斜視図である。
【図2】 本発明の工法でコーナーパネルを角柱に取り
付けた状況を示す横断面図である。
【図3】 図1の(III)−(III)矢視断面図である。
【図4】 コーナーパネルの金具を角柱の受け金具にか
み合わせた状態を示す断面図である。
【図5】 従来の工法でコーナーパネルを角柱に取り付
けた状況を示す横断面図である。
【図6】 図5の(VI)−(VI)矢視図である。
【図7】 図5に対して高さの異なる部分の断面図であ
る。
【図8】 従来の他の工法でコーナーパネルを角柱に取
り付ける状況を示す横断面図である。
【図9】 図8の(IX)−(IX)矢視断面図である。
【符号の説明】
1 コーナーパネル 2 角柱 3 支持部材 4 スクリュウビス 5 突起金物 5a 舌片 6 受け金具 6a 鉤状部 7、17 ボルト 11 壁パネル 14 アングルピース 15 ピースアングル 16 コーナープレート 20 梁
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 高倉 仁 大阪市中央区北浜4−7−28 住友林業株 式会社内 (72)発明者 金子 雅文 大阪市中央区北浜4−7−28 住友林業株 式会社内

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 角柱に固定された水平受け部と、角柱に
    固定され、該水平受け部から一定距離だけ上方に上向き
    鉤状部を有する受け金具と、コーナーパネルに固定さ
    れ、コーナーパネルの下端小口面から上に前記一定距離
    だけ上方に下向き鉤状部を有する突起金物とで構成さ
    れ、前記上向き鉤状部と下向き鉤状部をはめ合わせつ
    つ、コーナーパネルの下端小口面を前記水平受け部の上
    に載せることを特徴とするコーナーパネルの取付け装
    置。
  2. 【請求項2】 建築物の隅角部の角柱の外面に横断面L
    字状のコーナーパネルを取り付ける方法であって、前記
    角柱の屋外側外面に、長手方向に沿って、コーナーパネ
    ルの下端を支持する縦断面L字状の支持部材を固着し、
    長手方向に並ぶ2つの支持部材の間において、鉤状部を
    有する受け金具を角柱の屋外側外面に固着し、鉤状部と
    角柱の外面の間に上方に開く開口を設け、下方に伸びる
    舌片を有する突起金物を、前記受け金具に対応する位置
    にて、前記コーナーパネルの内側面に固着し、該コーナ
    ーパネルを上方から吊り込んで、前記突起金物の舌片
    を、前記受け金具の鉤状部と角柱の外面との間に挟持す
    ると共に、コーナーパネルの下端小口面を前記支持部に
    支持固定することを特徴とするコーナーパネルの取付け
    方法。
  3. 【請求項3】 建築物の隅角部の角柱の外面に横断面L
    字状のコーナーパネルを取り付ける装置であって、前記
    角柱の屋外側外面に、コーナーパネルの下端を支持する
    ために固着される縦断面L字状の支持部材と、支持部材
    の上側において角柱の屋外側外面に固着され、上方に開
    口する鉤状部を設けた受け金具と、前記コーナーパネル
    の内側面に固着され、下方に伸びる舌片を有する突起金
    物とからなり、コーナーパネルの下端小口面を前記支持
    部に支持したとき、前記突起金物の舌片が、前記受け金
    具の鉤状部と角柱の外面との間に挟持されることを特徴
    とするコーナーパネルの取付け装置。
JP17464097A 1997-06-30 1997-06-30 コーナーパネルの取付け方法および装置 Expired - Fee Related JP3864501B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17464097A JP3864501B2 (ja) 1997-06-30 1997-06-30 コーナーパネルの取付け方法および装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17464097A JP3864501B2 (ja) 1997-06-30 1997-06-30 コーナーパネルの取付け方法および装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1122081A true JPH1122081A (ja) 1999-01-26
JP3864501B2 JP3864501B2 (ja) 2007-01-10

Family

ID=15982136

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17464097A Expired - Fee Related JP3864501B2 (ja) 1997-06-30 1997-06-30 コーナーパネルの取付け方法および装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3864501B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0650266A3 (en) * 1993-10-20 1995-11-15 Gold Star Co Device and method for decoding an error correction code.
JP2016151143A (ja) * 2015-02-18 2016-08-22 トヨタホーム株式会社 コーナー外壁の固定構造

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0650266A3 (en) * 1993-10-20 1995-11-15 Gold Star Co Device and method for decoding an error correction code.
JP2016151143A (ja) * 2015-02-18 2016-08-22 トヨタホーム株式会社 コーナー外壁の固定構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP3864501B2 (ja) 2007-01-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH1122081A (ja) コーナーパネルの取付け方法および装置
JP2006124973A (ja) パネル取付金具およびパネル取付け用下地金具の取付け方法
JP3462374B2 (ja) 梁型枠構造
JP4022943B2 (ja) パネル取付け金具
JPH09177213A (ja) パネル取付け構造および自重受け金具
JPH062386A (ja) 梁の支持装置
JP3202129B2 (ja) 屋根構造
JP2533531B2 (ja) 壁、天井等の組立工法
JP4225355B2 (ja) パネル取付け金具
JP2892167B2 (ja) 玄関ユニット
JP3280329B2 (ja) 手摺支柱の取付具
JP2920275B2 (ja) 横壁パネルの取り付け構造
JPH09317071A (ja) 建築用外壁パネルのパラペットへの取付構造
JP3035240B2 (ja) 天井支持構造
JP2715892B2 (ja) 大引の取付構造
JPH0740010Y2 (ja) 建築用外装パネルの取付装置
JPH0640733Y2 (ja) 壁パネルの取付け装置
JPH1061078A (ja) 建築用パネルの取付け金具
JP2006063754A (ja) 幕板の取付構造
JP2537341Y2 (ja) 建屋天井根太締結構造と根太受け金具
JPH11172823A (ja) Alcパネルの取付構造
JP2001065130A (ja) パラペット構造
JPH0842003A (ja) 柱材に取り付けられるチャンネル型横架材の架設部構造
JP2523593Y2 (ja) 天井部構造
JPH0734085Y2 (ja) コンクリートパネルの取付構造

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20040604

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20040720

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040720

TRDD Decision of grant or rejection written
A977 Report on retrieval

Effective date: 20060908

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Effective date: 20060912

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20060925

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 3

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091013

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 4

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101013

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 5

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111013

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees