JPH11212842A - File management device - Google Patents

File management device

Info

Publication number
JPH11212842A
JPH11212842A JP10010994A JP1099498A JPH11212842A JP H11212842 A JPH11212842 A JP H11212842A JP 10010994 A JP10010994 A JP 10010994A JP 1099498 A JP1099498 A JP 1099498A JP H11212842 A JPH11212842 A JP H11212842A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
program
file
frequency
management table
use frequency
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10010994A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masayuki Hamakawa
Masanori Saeki
正憲 佐伯
雅之 濱川
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP10010994A priority Critical patent/JPH11212842A/en
Publication of JPH11212842A publication Critical patent/JPH11212842A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a means for reducing a burden on an operator who operates a file in a file management device.
SOLUTION: A file management device has a file information management table 04, a means for setting a representative program 0403 to be judged to be a program of high use frequency and a program use frequency management table 05, is equipped with a means for setting a frequency counter 0503 to become use frequency information on the program and dynamically changes the representative program in accordance with the use frequency.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は処理の対象となるファイルと、そのファイルの処理が可能である複数のプログラムとを関連付けし、現在処理対象として指定されているファイルについて、それを処理可能な任意のプログラムを起動できるようにするとともに、プログラムの利用頻度によって起動するプログラムの選択を行うことを可能としたデータ処理装置に関する。 TECHNICAL FIELD The present invention relates to a file to be processed, associate a plurality of programs which can be processed in the file, the file specified as the current processing target, capable of processing it together to be able to launch any program on the possibility and the data processing apparatus to make a selection of a program to be started by frequency of use of the program.

【0002】 [0002]

【従来の技術】ファイルの指定後にこれを処理可能なプログラムを起動する場合、ファイルを処理可能なプログラムが複数存在してもファイル種別に対して1つのみ関連付けられていたため、登録されている1つのプログラムだけを自動的に起動することができた。 To start the process can program this after designation of the Related Art file, because the file capable of processing programs was associated only one even for the file type and plurality of, registered 1 One of only can be activated automatically program.

【0003】また特開平5−257669号公報に示されている通り、1つのファイル種別に対して複数のプログラムを登録できるようにすることにより、複数のプログラムの中から起動するプログラムを選択することができた。 [0003] As shown in JP-A-5-257669, by allowing register multiple programs for one file type, selecting a program to start from a plurality of programs It could be.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】ファイル種別とプログラムを1対1に関連付ける方法では、あらかじめ指定されたファイルを処理可能な複数のプログラムの中から選択することができなかった。 In the method for associating a file type with a program [0005] one-to-one, it was not possible to select a pre-specified files from a plurality of programs can be processed.

【0005】複数のプログラムの中から起動するプログラムを選択する場合、利用するプログラムが常に同一のものである場合でも毎回プログラムの選択を行う必要があった。 [0005] If you select a program to start from among a plurality of programs, it is necessary to perform the selection of each program even if the program to be used is always the same.

【0006】本発明ではこれらの問題点の解決を図り、 [0006] In the present invention aims to solve these problems,
あらかじめ指定されたファイルを処理可能な全てのプログラムを利用頻度順に表示し、特に起動するプログラムの選択操作を行わない場合でも、利用頻度が高いと考えられるプログラムを自動的に起動する手段を提供することを目的とする。 Displays can be processed every program predesignated files in use frequency order, in particular even if not performed a selection operation for the program to be started, provides a means to automatically start the program that is considered to be high use frequency and an object thereof.

【0007】 [0007]

【課題を解決するための手段】ファイル情報管理テーブル(04)を有し、利用頻度の高いプログラムである代表プログラム(0403)を設定する手段と、プログラム利用頻度管理テーブル(05)を有し、プログラムの利用頻度情報となる頻度カウンタ(0503)を設定する手段と、代表プログラムを利用頻度に応じて動的に変更する手段を備えることを特徴とする。 Has a file information management table (04) SUMMARY OF], comprising means for setting a representative program (0403) is a frequently used program, the program use frequency management table (05), characterized in that it comprises means for setting the frequency counter (0503) to be a use frequency information of the program, the means for dynamically changed according to use frequency representative program.

【0008】 [0008]

【発明の実施の形態】図1は、本発明の実施の形態に係わる原理説明図である。 Figure 1 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION is a diagram for explaining the principle according to an embodiment of the present invention. 図1において、入力装置(0 In Figure 1, an input device (0
1)はキーボードやマウス、もしくは外部の装置との接点となる装置、出力装置(02)はディスプレイ等の装置、処理装置(03)はCPUやメモリからなる装置、 1) The device as a contact point of a keyboard and a mouse, or an external device, the output device (02) is device such as a display, processing unit (03) is composed of a CPU and a memory device,
ファイル情報管理テーブル(04)はファイル単位でファイル種別(0402)と代表プログラム(0403) File information management table (04) file type in the file unit (0402) and the representative program (0403)
を管理しているテーブル、プログラム利用頻度管理テーブル(05)はファイル種別単位にファイルを処理可能なプログラム(0502)とこのプログラムの利用頻度を設定する頻度カウンタ(0503)を管理しているテーブル、ファイル格納媒体(06)はファイルの実体を格納する部分、ファイル情報処理部(07)はインターフェース部(10)からの要求を受け取り、ファイル情報管理テーブル(04)の操作を行い、必要に応じてプログラム利用頻度処理部(08)に処理を依頼し、必要なファイル実体をファイル処理部(09)から取得する処理部、プログラム利用頻度処理部(08)はファイル情報処理部(07)からの要求に応じてプログラム利用頻度管理テーブル(05)の操作を行う処理部、ファイル処理部(09) Administration to have a table, program usage frequency management table (05) manages the frequency counter (0503) for setting the frequency of use of the program and file can be processed program file type unit (0502) table, partial file storage medium (06) is for storing the entity of the file, receives a request from the file information processing unit (07) is an interface unit (10), do the file information management table (04), if necessary requests the processing program use frequency processing unit (08), processing unit for acquiring the file entity required file processing unit from (09), the program use frequency processing unit (08) is a request from the file information processing unit (07) processing unit, file processing unit that performs the operation of the program use frequency management table (05) in response to (09) ファイル情報処理部(07)からの要求に応じてファイル格納媒体(06)に対してファイルの実体の受け渡しを行う処理部、インターフェース部(10)は入力装置(01)を通して利用者からの要求を受け取り、これをファイル情報処理部(07)に伝え、処理結果を出力装置(02)に表示する処理部である。 Processing unit for transferring the file entity for a file storage medium (06) in response to a request from the file information processing unit (07), the interface unit (10) is a request from a user through an input device (01) receive, convey this file processing portion (07), a processing unit for displaying on the output device a processing result (02).

【0009】図2は、本発明の実施の形態に係わるテーブルの説明図である。 [0009] Figure 2 is an explanatory diagram of a table according to the embodiment of the present invention. 図2において、ファイル情報管理テーブル(04)はファイル名(0401)、ファイル種別(0402)、代表プログラム(0403)の項目を持つテーブルであり、ファイル名(0401)をキーとしてファイル種別(0402)と代表プログラム(0 In FIG. 2, the file information management table (04) is the file name (0401), file type (0402), is a table with the items in the representative program (0403), file type a file name (0401) as the key (0402) a representative program (0
403)を管理している。 It is managing the 403). ファイル種別(0402)はファイルの種別を示す情報で、ファイルのデータ形式などの特徴を示すものであり、この情報をもとに、ファイルとそれを処理できるプログラムとを関連付けることができる。 File type (0402) is information indicating the type of the file indicates the character of such a data format of the file, on the basis of this information, it is possible to associate the program that can process the file and it. 拡張子のようにファイル名の一部がファイル種別を表す場合もあるが、ファイル名と独立していてもよい。 Part of the file name as the extension, but there is also a case that represents the file type, may be independent of the file name. 代表プログラム(0403)にはこのファイルを処理することのできるプログラムが複数あるときに主に利用する代表的なプログラムを設定する。 Representative program (0403) for setting a representative program mainly used when a program that can process this file are multiple.

【0010】図2のプログラム利用頻度管理テーブル(05)はファイル種別(0501)、プログラム(0 [0010] The program use frequency management table in FIG. 2 (05) is the file type (0501), program (0
502)、頻度カウンタ(0503)の項目をもつテーブルであり、ファイル種別(0501)をキーとしてプログラム(0502)とプログラムに対応した頻度カウンタ(0503)を管理している。 502), a table with an entry of the frequency counter (0503), which manages the program (0502) and the frequency counter corresponding to the program (0503) file type (the 0501) as a key. プログラム(050 Program (050
2)はそれぞれのファイル種別(0501)に対してそのファイル種別のファイルを処理可能なすべてのプログラムが設定されており、頻度カウンタ(0503)はファイル種別(0501)のファイルをプログラム(05 2) it is set each file type (0501) all programs capable of processing files of the file type with respect to a file program in the frequency counter (0503) is file type (0501) (05
02)で処理した頻度が設定されている。 Processing the frequency is set at 02). 新しいプログラムを設定するには、そのプログラムが扱えるファイル種別の数だけプログラム利用頻度管理テーブル(05) To set up a new program, the number of file types that can be handled by the program program use frequency management table (05)
にレコードを作成し、ファイル種別(0501)には扱えるファイル種別すべてをそれぞれのレコードに設定し、プログラム(0502)には設定するプログラム名を、頻度カウンタには0を設定する。 To create a record, set all file types that can be handled on the file type (0501) to each of the record, the name of the program to be set in the program (0502), the frequency counter is set to 0.

【0011】プログラム利用頻度管理テーブルの例ではレコード0504、レコード0505、レコード050 [0011] The program use record in the example of the frequency management table 0504, a record 0,505, a record 050
6、レコード0507をみると、ファイル種別02を処理することのできるプログラムがプログラム01、プログラム02、プログラム03、プログラム04の4つ存在することが分かる。 6, looking at a record 0,507, a program that can process the file type 02 program 01, program 02, program 03, it can be seen that there are four of the program 04. さらにそれぞれのプログラムの利用頻度は頻度カウンタ0508では5回、頻度カウンタ0509では10回、頻度カウンタ0510では3回、 Furthermore the use frequency of each program the frequency counter 0508 in 5 times, the frequency counter 0509 10 times, the frequency counter 0510 three times,
頻度カウンタ0511では1回であることが分かる。 It can be seen that once the frequency counter 0511.

【0012】図3は、本発明の実施の形態に係わるファイル情報処理部のフローチャートである。 [0012] Figure 3 is a flowchart of the file information processing unit according to an embodiment of the present invention. 図1に示すファイル情報処理部(07)は、図3に示すステップ07 File information processing unit shown in FIG. 1 (07), the step 07 shown in FIG. 3
01からステップ0711により実現できる。 01 can be realized by step 0711.

【0013】ステップ0701は、インターフェース部で利用者に指定されたファイルとプログラムの起動方法を受け付けるステップである。 [0013] The step 0701 is a step that accepts a start-up method of file and the program that is specified by the user in the interface unit.

【0014】ステップ0702は、ステップ0701で受け付けたプログラムの起動方法に基づいて、起動条件を判断する分岐であり、起動するプログラムの一覧を表示する場合はステップ0703に分岐する。 [0014] step 0702, based on the method of starting a program that has been received in step 0701, is a branch to determine the start-up conditions, if you want to display a list of programs to launch branches to step 0703.

【0015】ステップ0703は、指定されたファイルの種別を調べるステップであり、ファイル情報管理テーブル(04)においてファイル名をキーとして検索を行い、ファイル種別を取得する。 [0015] The step 0703 is a step to determine the type of the specified file, it performs a search for the file name as the key in the file information management table (04), to get the file type.

【0016】ステップ0704はステップ0703において取得したファイル種別のファイルを処理することができるプログラムと利用頻度の情報を調べるステップであり、プログラム利用頻度管理テーブル(05)においてファイル種別をキーとしてプログラム(0502)および頻度カウンタ(0503)の検索を行う。 [0016] Step 0704 is a step to examine the program and the usage frequency information that can process the file of the file type obtained in Step 0703, the program (0502 to file type in the program usage frequency management table (05) as the key ) and do a search of the frequency counter (0503).

【0017】ステップ0705はステップ0704において取得したプログラムを頻度カウンタの値を用いて頻度順に並べ替えたものをインターフェース部(10)に返す処理を行う。 [0017] Step 0705 performs the process of returning those rearranged in order of frequency by using the value of the frequency counter the acquired program at step 0704 to the interface unit (10). インターフェース部(10)ではプログラム一覧の表示を行い、利用者にプログラムの選択を促す。 To display the interface unit (10), the program list, prompting the selection of the program to the user.

【0018】ステップ0706は、インターフェース部(10)で利用者が選択した結果を待つステップであり、選択の結果としてプログラム名もしくは選択の取り消しを受け取る。 [0018] Step 0706 is a step of waiting for the results the user has selected an interface unit (10) receives the cancellation of the program name or selected as a result of the selection.

【0019】ステップ0707は、利用者の選択結果の判定を行うステップである。 [0019] The step 0707 is a step in which a determination is made of the user's selection result. プログラムの選択が取り消された場合はステップ0708に進み、処理を終了する。 If the selection of the program has been canceled proceeds to step 0708, the process ends. プログラムの選択が行われた場合は、ステップ07 If the selection of the program has been carried out, step 07
10に分岐する。 Branches to 10.

【0020】ステップ0702において、利用頻度の最も高い代表プログラムを起動する場合はステップ070 [0020] In step 0702, if you start the highest representative program of the frequency of use is step 070
9に分岐する。 Branches to 9.

【0021】ステップ0709は、指示されたファイル名をキーとしてファイル情報管理テーブル(04)を検索して代表プログラムを調べ、これをステップ0710 [0021] step 0709, the file name you are instructed to check the file information management table (04) to search for and representative program as a key, step this 0710
に引き渡す。 Deliver to.

【0022】ステップ0710はステップ0706、もしくはステップ0709から引き渡されたプログラムを起動するステップであり、プログラムの実体をファイル処理部(09)より取得し起動する。 [0022] Step 0710 is a step 0706, or a step of activating a program delivered from the step 0709, and acquires the entity of the program file processing unit from (09) to start. 起動する際には利用者が指定したファイルを処理するようにプログラムに指定する。 When you start to specify the program to process the file specified by the user.

【0023】ステップ0711はプログラム利用頻度処理部(08)を呼び出し、プログラム利用頻度管理テーブル(05)の頻度カウンタ(0503)の値の更新を行う。 [0023] step 0711 calls the program use frequency processing unit (08), and updates the frequency value of the counter (0503) of the program use frequency management table (05).

【0024】図4は、本発明の実施の形態に係わるプログラム利用頻度処理部のフローチャートである。 [0024] FIG 4 is a flowchart of a program use frequency processing unit according to an embodiment of the present invention. 図1に示すプログラム利用頻度処理部(08)は、図4に示すステップ0801からステップ0806により実現できる。 Programs use frequency processing unit shown in FIG. 1 (08) can be realized by step 0806 from step 0801 shown in FIG.

【0025】ステップ0801はファイル情報処理部(07)からの要求を受け付ける部分である。 [0025] The step 0801 is a part that accepts a request from the file information processing unit (07). プログラムの一覧の要求の場合にはファイル種別を受け付け、カウンタ更新の場合にはファイル種別と起動したプログラム名を受け付ける。 It accepts the file type in the case of a request for the list of programs, accepts the name of the program that started with the file type in the case of a counter update.

【0026】ステップ0802はステップ0801において受け付けた2種類の要求に応じて分岐判断を行うステップであり、プログラム一覧の要求の場合はステップ0803へ分岐する。 [0026] Step 0802 is a step of performing branch decision in accordance with the two types of requests accepted in step 0801, if the request for the program list branches to step 0803.

【0027】ステップ0803は、ファイル種別の情報をキーとして、プログラム利用頻度管理テーブル(0 [0027] step 0803, as a key information of the file type, program use frequency management table (0
5)からプログラムと頻度カウンタの抽出を行う。 The extraction of the program and frequency counter from 5).

【0028】ステップ0801で受け付けた要求がカウンタの更新である場合は、ステップ0805へ分岐する。 [0028] If the request received in step 0801 is an update of the counter, the process branches to step 0805.

【0029】ステップ0805は、ステップ0801において受け付けたファイル種別と起動したプログラム名をキーに持つ頻度カウンタの値の更新を行う。 [0029] step 0805 updates the value of the frequency counter with the name of the program that started with the file type received in step 0801 to the key.

【0030】ステップ0806は、更新結果を返す。 [0030] step 0806 returns an update result.

【0031】図5はインターフェース部(10)が入力装置(01)と出力装置(02)を介して指定されたファイルを処理するプログラムを起動するときの表示例を示している。 FIG. 5 shows a display example when starting the program for processing the specified file via the interface unit (10) is an input device (01) and an output device (02).

【0032】ファイル一覧画面(3001)はファイルの一覧を表示する画面、ファイル03(0404)は利用者により指定されたファイル、プログラム一覧画面(3002)はファイル03(0404)を指定後に表示されたプログラムの一覧である。 [0032] The file list screen (3001) is a screen that displays a list of files, file 03 (0404) the file specified by the user, the program list screen (3002) was displayed after specifying the file 03 (0404) is a list of the program. このプログラムの一覧は、図3のフローチャートにおいてはステップ070 This list of programs, steps in the flowchart of FIG. 3 070
5の応答を受けたインターフェース部(10)で表示される。 Interface unit which receives a response 5 is displayed (10). またこのプログラム一覧は、図2のプログラム利用頻度管理テーブルの頻度カウンタ(0503)の値のとおりに頻度順に表示されている。 The program list is displayed in order of frequency as the value of the frequency counter (0503) for program use frequency management table of FIG. ここで選択中止が選択されれば図3のステップ0708でプログラムの起動は中止される。 If selected here discontinuation selected program startup at step 0708 of FIG. 3 it is aborted. 図5のプログラム一覧画面(3002) Figure 5 of the program list screen (3002)
においてプログラム04(3003)が選択されると、 When the program 04 (3003) is selected in,
プログラム04が起動してウィンドウ(3004)が表示されるとともに、その中にはファイル03のウィンドウ(3005)が表示されてファイル03の処理が可能な状態となることを示している。 With programs 04 are displayed window (3004) and is activated, indicating that the process is ready window (3005) is displayed file 03 of the file 03 therein. これは図3のフローチャートのステップ0710の処理に相当する。 This corresponds to the processing in step 0710 of the flowchart of FIG.

【0033】図6はファイル03(0404)指定時に、代表プログラムの起動指示を行った場合の表示例を示している。 [0033] FIG. 6 at the time of file 03 (0404) specified, it shows a display example in the case of performing the start-up instruction of the representative program. 起動指示が行われると、図3のステップ0 Start the instruction is executed, the steps of FIG. 3 0
709において、図2のファイル情報管理テーブル(0 In 709, the file information management table in FIG. 2 (0
4)よりファイル0404の代表プログラムであるプログラム02が取得され、図3のステップ0710においてプログラム02が起動された結果、ウィンドウ300 4) Program 02 is a representative program file 0404 is obtained from a result of the program 02 is started in step 0710 of FIG. 3, window 300
6とウィンドウ3007が表示される。 6 and the window 3007 is displayed.

【0034】 [0034]

【発明の効果】本発明によれば1つの処理対象ファイルの指定後、そのファイルを処理可能なプログラムを選択する時に、利用頻度の高い順番でプログラムのリストを表示することが可能となる。 After specifying one of the processing object file according to the present invention, when selecting a processable program file, it is possible to display a list of programs frequently used order.

【0035】また処理対象ファイルの指定後、プログラムの選択を行う代わりにそのファイルの処理に最もよく利用されているプログラムを、自動的に起動することができる。 Further after specified processing object file, the program that is most commonly used for processing of the file instead of performing the selection of the programs can be automatically activated.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の原理説明図である。 1 is a diagram illustrating a principle of the present invention.

【図2】本発明で利用されているテーブルの説明図である。 FIG. 2 is an explanatory diagram of a table which is used in the present invention.

【図3】本発明の実施の形態に係わるファイル情報処理部のフローチャートを示す図である。 3 is a diagram showing a flowchart of the file information processing unit according to an embodiment of the present invention.

【図4】本発明の実施の形態に係わるプログラム利用頻度処理部のフローチャートを示す図である。 4 is a diagram showing a flowchart of a program use frequency processing unit according to an embodiment of the present invention.

【図5】本発明の実施の形態に係わるプログラム一覧画面表示時のインターフェース例である。 Figure 5 is an interface example when a program list screen display according to an embodiment of the present invention.

【図6】本発明の実施の形態に係わる代表プログラムの起動指定時のインターフェース例である。 6 is an interface example of activation is specified representative program according to an embodiment of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

01…キーボードやマウス、もしくは外部の装置との接点となる入力装置、 02…ディスプレイ等の出力装置、 03…CPUやメモリからなる処理装置、 04…ファイル単位でファイル種別(0402)と代表プログラム(0403)を管理するファイル情報管理テーブル、 05…ファイル種別単位に、ファイルを処理可能なプログラム(0502)とこのプログラムの起動頻度を設定する頻度カウンタ(0503)を管理するプログラム利用頻度管理テーブル、 06…ファイルの実体を格納するファイル格納媒体、 07…インターフェース部(10)からの要求を受け取り、ファイル情報管理テーブル(04)の操作を行い、 01 ... contact to become an input device with a keyboard and a mouse, or an external device, 02 ... output device such as a display, 03 ... CPU and of memory processing unit, 04 ... file type in file units (0402) as a representative program ( file information management table for managing the 0403), 05 ... file to the type unit, capable of processing program file (0502) and the program use frequency management table for managing the frequency counter (0503) to set the start-up frequency of this program, 06 ... file storage medium for storing the entity of the file, receives a request from 07 ... interface unit (10), do the file information management table (04),
必要に応じてプログラム利用頻度処理部(08)に処理を依頼し、必要なファイル実体をファイル処理部(0 If necessary, ask the process to the program use frequency processing unit (08), the file entity of the file-processing section required (0
9)から取得するファイル情報処理部、 08…ファイル情報処理部(07)からの要求に応じて、プログラム利用頻度管理テーブル(05)の操作を行うプログラム利用頻度処理部、 09…ファイル情報処理部(07)からの要求に応じて、ファイル格納媒体、(06)に対してファイルの実体の受け渡しを行うファイル処理部、 10…入力装置(01)を通して利用者からの要求を受け取り、これをファイル情報処理部(07)に伝え、処理結果を出力装置(02)に表示するインターフェース部、 0401…ファイル情報管理テーブル(04)においてファイル名を設定する項目、 0402…ファイル情報管理テーブル(04)においてファイル種別を設定する項目、 0403…ファイル情報管理テーブル(04)において代表プロ File an information processing unit for acquiring from 9), 08 ... in response to a request from the file information processing unit (07), program use frequency processing unit that performs the operation of the program use frequency management table (05), 09 ... file information processing unit in response to a request from (07), the file storage medium, the file processing unit for transferring the file entity relative to (06), receives a request from the user through 10 ... input device (01), which files transmitted to the information processing unit (07), an interface unit for displaying on the output device a processing result (02), item to set the file name in 0401 ... file information management table (04), in 0402 ... file information management table (04) to set the file type item, a representative professional in 0403 ... file information management table (04) ラムを設定する項目、 0404…ファイル03、 0501…プログラム利用頻度管理テーブル(05)においてファイル種別を設定する項目、 0502…プログラム利用頻度管理テーブル(05)においてプログラムを設定する項目、 0503…プログラム利用頻度管理テーブル(05)において頻度カウンタを設定する項目、 0504…プログラム利用頻度管理テーブル(05)においてファイル種別(0501)がファイル種別02であり、プログラム(0502)がプログラム01であるレコード、 0505…プログラム利用頻度管理テーブル(05)においてファイル種別(0501)がファイル種別02であり、プログラム(0502)がプログラム02であるレコード、 0506…プログラム利用頻度管理テーブル(05 Item to set the ram, 0404 ... file 03, 0501 ... item to set the file type in the program use frequency management table (05), item to set the program in 0502 ... program use frequency management table (05), 0503 ... program use item to set the frequency counter in the frequency management table (05), record the file type in 0504 ... program use frequency management table (05) (0501) is a file type 02, program (0502) is a program 01, 0505 ... is a file type (0501) is the file type 02 in the program use frequency management table (05), program (0502) is a program 02 record, 0506 ... program use frequency management table (05 においてファイル種別(0501)がファイル種別02であり、プログラム(0502)がプログラム03であるレコード、 0507…プログラム利用頻度管理テーブル(05)においてファイル種別(0501)がファイル種別02であり、プログラム(0502)がプログラム04であるレコード、 0508…プログラム利用頻度管理テーブル(05)においてファイル種別(0501)がファイル種別02であり、プログラム(0502)がプログラム01である項目の頻度カウンタ(0503)、 0509…プログラム利用頻度管理テーブル(05)においてファイル種別(0501)がファイル種別02であり、プログラム(0502)がプログラム02である項目の頻度カウンタ(0503)、 0510…プログラム利用頻 File type (0501) is a file type 02, program (0502) record is a program 03, file type (0501) in 0507 ... program use frequency management table (05) is a file type 02 in the program (0502 ) record is a program 04, file type (0501 in 0508 ... program use frequency management table (05)) is a file type 02, program (0502) the frequency counter of the item is a program 01 (0503), 0509 ... file type in the program use frequency management table (05) (0501) is a file type 02, item frequency counter (0503) of the program (0502) is a program 02, 0510 ... program use frequent 管理テーブル(05)においてファイル種別(0501)がファイル種別02であり、プログラム(0502)がプログラム03である項目の頻度カウンタ(0503)、 0511…プログラム利用頻度管理テーブル(05)においてファイル種別(0501)がファイル種別02であり、プログラム(0502)がプログラム04である項目の頻度カウンタ(0503)、 3001…ファイル一覧画面、 3002…プログラム一覧画面、 3003…プログラム一覧画面(3002)においてプログラム04が選択されていることを示す、 3004…プログラム04の選択後に起動したプログラム04が表示したウィンドウ、 3005…処理対象のファイル03のウィンドウ、 3006…ファイル03の代表プログラムであるプログラ File type in the management table (05) (0501) is a file type 02, frequency counter (0503) of item program (0502) is a program 03, file type (0501 in 0511 ... program use frequency management table (05) ) is a file type 02, program (0502) the frequency counter of the item is a program 04 (0503), 3001 ... file list screen, 3002 ... program list screen, 3003 ... program 04 is selected in the program list screen (3002) to show that is, in 3004 ... window in which the program 04 that started after the selection of the program 04 is displayed, 3005 ... file 03 of the window to be processed, program is a representative program of 3006 ... file 03 02の起動により表示されたプログラム02のウィンドウ、 3007…プログラム02のウィンドウ(3006)中に表示されたファイル03のウィンドウ。 02 of the window of the program 02 displayed by the start-up, 3007 ... program 02 of the window (3006) window of the file 03, which is displayed in the.

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】ファイル情報管理テーブル(04)を有し、利用頻度が高いプログラムである代表プログラム(0403)を設定する手段を備え、ファイル指定後にプログラムの起動要求が行われた場合に、起動できるプログラムが複数あっても代表プログラムを起動するファイル管理装置。 Has 1. A file information management table (04), when provided with a means for setting a representative program use frequency is high program (0403), the program start request after the file specification has been made, starting file management device can program to launch a multiple there be representative program.
  2. 【請求項2】プログラム利用頻度管理テーブル(05) 2. A program use frequency management table (05)
    を有し、プログラムの利用頻度情報となる頻度カウンタ(0503)を設定する手段を備え、ファイル指定後にプログラムの選択起動要求が行われた場合に、起動できるプログラムを利用頻度順に表示し、選択されたプログラムを起動することのできるファイル管理装置。 Has, provided with a means for setting a frequency counter (0503) to be a use frequency information of the program, if the program selection start request after the file specification has been performed, to view the program that can be launched to the use order of frequency, are selected file management device capable of starting the program.
  3. 【請求項3】ファイル情報管理テーブル(04)を有し、利用頻度の高いプログラムである代表プログラム(0403)を設定する手段と、プログラム利用頻度管理テーブル(05)を有し、プログラムの利用頻度情報となる頻度カウンタ(0503)を設定する手段を備え、代表プログラムを利用頻度に応じて動的に変更するファイル管理装置。 3. has a file information management table (04) comprises means for setting a representative program (0403) is frequently used programs, program usage frequency management table (05), use frequency of the program comprising means for setting a frequency counter (0503) to be the information, the file management apparatus that dynamically changes according to use frequency representative program.
JP10010994A 1998-01-23 1998-01-23 File management device Granted JPH11212842A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10010994A JPH11212842A (en) 1998-01-23 1998-01-23 File management device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10010994A JPH11212842A (en) 1998-01-23 1998-01-23 File management device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11212842A true JPH11212842A (en) 1999-08-06

Family

ID=11765705

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10010994A Granted JPH11212842A (en) 1998-01-23 1998-01-23 File management device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11212842A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007517281A (en) * 2003-11-28 2007-06-28 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ Data processing system
JP2008515048A (en) * 2004-09-24 2008-05-08 マイクロソフト コーポレーション Of the file system shell
US8555199B2 (en) 2003-03-24 2013-10-08 Microsoft Corporation System and method for user modification of metadata in a shell browser
US8615717B2 (en) 2003-04-17 2013-12-24 Microsoft Corporation Address bar user interface control
US8782073B2 (en) 2004-05-03 2014-07-15 Microsoft Corporation System and method for dynamically generating a selectable search extension
US8972342B2 (en) 2004-04-29 2015-03-03 Microsoft Corporation Metadata editing control
US9361313B2 (en) 2003-03-27 2016-06-07 Microsoft Technology Licensing, Llc System and method for filtering and organizing items based on common elements

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8555199B2 (en) 2003-03-24 2013-10-08 Microsoft Corporation System and method for user modification of metadata in a shell browser
US9361313B2 (en) 2003-03-27 2016-06-07 Microsoft Technology Licensing, Llc System and method for filtering and organizing items based on common elements
US9361312B2 (en) 2003-03-27 2016-06-07 Microsoft Technology Licensing, Llc System and method for filtering and organizing items based on metadata
US8615717B2 (en) 2003-04-17 2013-12-24 Microsoft Corporation Address bar user interface control
JP2007517281A (en) * 2003-11-28 2007-06-28 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ Data processing system
US8972342B2 (en) 2004-04-29 2015-03-03 Microsoft Corporation Metadata editing control
US8782073B2 (en) 2004-05-03 2014-07-15 Microsoft Corporation System and method for dynamically generating a selectable search extension
JP2008515048A (en) * 2004-09-24 2008-05-08 マイクロソフト コーポレーション Of the file system shell

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0717352A1 (en) Method and system for connecting to, browsing, and accessing computer network resources
EP1304626A1 (en) Managing modified documents
CN1326046C (en) Application data management method for mobile terminal and mobile terminal used therein
US6457046B1 (en) Information providing apparatus for server and computer-readable recording medium storing information providing program for server
JP2004532481A (en) Web-based file operation system
JP2004030526A (en) Retrieval result ranking change processing program, retrieval result ranking change processing program recording medium and contents retrieval processing method
EP0328688B1 (en) Data processing system
JP2003296223A (en) Method and device, and program for providing web page information
JPH0711779B2 (en) Processed instruction symbol display device
US6295075B1 (en) Configurable terminal capable of communicating with various remote computers
KR20040101304A (en) Previewing documents on a computer system
JP2004046375A (en) Business form processing device, business form processing method and program
JP2000339312A (en) System for editing document and method for generating tag information management table
GB2391659A (en) Sharing personal information between computing devices
US4308582A (en) Precursory set-up for a word processing system
JPH08180003A (en) Electronic mail system
JPH09204289A (en) Document editing device
US7062643B2 (en) System method and apparatus for controlling a boot process of a computer
JP2006276926A (en) Re-arrangement method of data
JP3521147B2 (en) User Interface customization method and apparatus
JP2003202987A (en) Installer for driver of network device
JP3873362B2 (en) Network system and a recording medium
CN1366246A (en) Super text display device and supertext display program
JP2003141011A (en) Remote setup system and program
JP2000076109A (en) Data display device and data display method