JPH11198873A - 内周駆動型ゴムクロ−ラ及びゴムクロ−ラ装置 - Google Patents

内周駆動型ゴムクロ−ラ及びゴムクロ−ラ装置

Info

Publication number
JPH11198873A
JPH11198873A JP1479798A JP1479798A JPH11198873A JP H11198873 A JPH11198873 A JP H11198873A JP 1479798 A JP1479798 A JP 1479798A JP 1479798 A JP1479798 A JP 1479798A JP H11198873 A JPH11198873 A JP H11198873A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rubber
rubber crawler
core
corners
drive
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP1479798A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3957100B2 (ja
Inventor
Yoshihiko Ono
義彦 小野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Bridgestone Corp
Original Assignee
Bridgestone Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Bridgestone Corp filed Critical Bridgestone Corp
Priority to JP01479798A priority Critical patent/JP3957100B2/ja
Priority to US09/220,591 priority patent/US6176557B1/en
Priority to DE69903475T priority patent/DE69903475T2/de
Priority to EP99300141A priority patent/EP0928735B1/en
Publication of JPH11198873A publication Critical patent/JPH11198873A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3957100B2 publication Critical patent/JP3957100B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Gears, Cams (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】本発明は主として高速走行に供されるゴムクロ
−ラに関する。 【解決手段】幅方向に横並べした芯金とスチ−ルコ−ド
とを埋設したゴムクロ−ラであって、芯金よりゴムクロ
−ラの内周側に突出する芯金の左右幅方向に長尺とされ
た一対の角部と、この角部の前後方向面にこの角部を覆
うゴム部材とからなる一対の駆動突起を形成した内周駆
動型ゴムクロ−ラ。10‥‥芯金、12‥‥角部、12
1 、122 ‥‥角部の前後面、20‥‥ゴムクロ−ラ、
21‥‥ゴム弾性体、22‥‥スチ−ルコ−ド、23‥
‥角部の前後面を覆うゴム部材、26‥‥ロ−ラの転動
面、27‥‥ゴムラグ

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は主として高速走行に
供されるゴムクロ−ラ及びゴムクロ−ラ装置に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】通常のゴムクロ−ラの構造にあっては、
長手方向に横並べした芯金とこれを外囲いしたスチ−ル
コ−ドがゴム中に埋設されており、芯金の中央部がスプ
ロケットとの係合部とされている。従って芯金の中央部
がカマボコ状肉厚部とされていて、その芯金の重量は著
しく重くなることは避けられなかった。一方、この係合
部に対応してスプロケットの係合孔が芯金間に形成され
るが、これによって芯金を囲うスチ−ルコ−ドは左右に
振り分けられて埋設されることとなる。そのため、それ
だけゴムクロ−ラの幅や芯金の左右幅を大きくする必要
があった。
【0003】このことは、ゴムクロ−ラ全体として重量
が重くなることは否めず、高速走行性や軽量化には対処
しにくい構造となっている。更に、芯金とスプロケット
の中央部とが接触することによって推進力が伝達される
ため、両者の金属同士の接触の際の打撃音が騒音の大き
な原因となっている。そして、ゴムクロ−ラの幅方向中
央にスプロケット係合孔が連設されていることにより、
ゴムクロ−ラの外表面側に備えるゴムラグの配列もそれ
だけ限定されたものとなり走行時の振動低減の対策にネ
ックとなる場合もある。
【0004】従来のゴムクロ−ラをそのまま高速走行に
供する場合には以上のような問題点があるところから、
これを改良したものとしてゴムクロ−ラの内周面に形成
した一定のピッチを持って形成した突起と駆動ピンとを
係合させるいわゆる内駆動方式のゴムクロ−ラが提案さ
れている。このゴムクロ−ラは通常は芯金が埋設されて
いないためその分だけ重量が軽く、しかも振動の発生も
少ないというメリットがある。しかるに、この方式のゴ
ムクロ−ラにあっても尚解決するべき点は多く、例え
ば、芯金が埋設されていないため、駆動輪はクロ−ラの
幅方向のほぼ全域に渡って押えつける構造をもたなくて
はならず、又、突起との係合部を併せもつ構造から、駆
動輪に土や泥等が堆積しやすいと言う問題がある。更
に、芯金が埋設されていないためにクロ−ラ幅方向の接
地圧が均一化されず、牽引力の低下ともなっている。そ
して、ゴムクロラの内周面に形成する突起はゴム突起で
あることから、駆動輪との接触により摩耗やゴム欠け等
の発生する割合が多いという問題も生じている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は従来の
課題を解決するものであって、内駆動型ゴムクロ−ラに
特殊形状の芯金を埋設することによって課題を解決しよ
うとするにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】即ち、本発明の第1であ
るゴムクロ−ラは、幅方向に横並べした芯金と、この芯
金を外囲いするスチ−ルコ−ドとを埋設したゴムクロ−
ラであって、芯金よりゴムクロ−ラの内周側に突出する
芯金の左右幅方向に長尺とされた一対の角部と、この角
部の前後方向面にこの角部を覆うゴム部材とからなる一
対の駆動突起を形成し、好ましくは、ゴムクロ−ラの外
周表面に隣り合う芯金の投影域にわたってゴムラグが傾
斜配置された内周駆動型ゴムクロ−ラにかかるものであ
る。
【0007】そして、本発明の第2は、幅方向に横並べ
した芯金と、この芯金を外囲いするスチ−ルコ−ドとを
埋設し、芯金よりゴムクロ−ラの内周側に突出する芯金
の左右幅方向に長尺とされた一対の角部と、この角部の
前後方向面にこの角部を覆うゴム部材とからなる一対の
駆動突起が形成されたゴムクロ−ラと、この駆動突起間
に入り込む円盤とこの円盤の左右に駆動ピンを立設させ
た駆動輪とからなり、前記駆動突起に駆動ピンを係合さ
せたことを特徴とし、好ましくは、ゴムクロ−ラの外周
表面に隣り合う芯金の投影域にわたってゴムラグが傾斜
配置された内周駆動型ゴムクロ−ラ装置にかかるもので
ある。
【0008】
【発明の実施の形態】本発明は以上の構造をもつゴムク
ロ−ラ及びその装置であり、ゴムクロ−ラの特徴として
は芯金より突出する左右幅方向に長尺の角部と、前後方
向の面に角部を覆うゴム部材とからなる一対の駆動突起
を有する内周駆動型ゴムクロ−ラである。そして、角部
の前後面を覆うゴム部材はゴムクロ−ラと一体とされて
成形されたものである。かかる駆動突起は後述する駆動
ピンと係合して駆動力が伝達されるものであり、駆動ピ
ンとの接触はゴム部材が受け持つこととなる。又、ゴム
クロ−ラの外周表面に形成するゴムラグは、埋設された
芯金の投影面に対して隣り合う芯金の投影面を跨ぐよう
に傾斜配置されるのがよく、これによって振動の発生を
おさえることができることとなったものである。
【0009】ゴムクロ−ラ装置における駆動輪はゴムク
ロ−ラの駆動突起間に入り込む円盤と、この円盤の左右
に立設された駆動ピンとよりなるものであって、駆動ピ
ンと駆動突起、即ち駆動突起を構成するゴム部材とが接
触して駆動力を伝達することとなる。このため駆動輪の
構造が著しく簡略化されると共に駆動ピンがゴム部材と
の接触となるために騒音も低減し、しかも駆動突起の幅
方向全体には芯金からのびる角部が配置されているため
に摩耗することも少なくなるという特徴を有している。
【0010】
【実施例】以下、本発明を実施例をもって更に詳細に説
明する。図1は本発明のゴムクロ−ラに用いられる芯金
10の傾視図であり、11は左右方向にのびる翼部、1
2は角部である。この翼部11はゴムクロ−ラ中に埋設
され、この外側に後述するスチ−ルコ−ドが配置され
る。角部12は一対形成され、この角部12の芯金左右
幅方向の幅W1 と前後方向の幅W2 との関係はW1>W2
とされている。この角部12の前後面121 、122
には後述するようにゴムクロ−ラと一体となるゴム部材
が覆って一対の駆動突起を形成することになり、角部1
2の左右幅方向面123 、124 は駆動突起の左右幅を
区画するものである。尚、角部12、12間の中央部1
3の厚さはスプロケットが係合しないために翼部11と
やや厚い程度である。
【0011】図2は本発明の第1のゴムクロ−ラの内周
側平面図、図3は外周側平面図、図4は右側面図であ
る。又、図5はA−A線での断面図であり、図6はB−
B線での断面図である。図中、符号20はゴムクロ−ラ
であり、これは無端状のゴム弾性体21を基体とし、芯
金10の翼部11がここに埋設され、これらを外囲いし
てスチ−ルコ−ド22が共に埋設されている。そして芯
金10の角部12に対してはその前後面121 、122
にゴム弾性体22と一体としたゴム部材23がこれを覆
って形成されたものであり、ゴムクロ−ラの駆動突起2
4がこのゴム部材23と角部12とよりなっている。
【0012】尚、芯金10の中央部13はゴムクロ−ラ
の内周面と略同一とされ、前後端には溝25が形成され
て巻き掛け抵抗を減少させると共にこの境界でのゴムの
クラックの発生を防止する工夫がなされている。又、駆
動突起24の左右には図示しないロ−ラの転動面26が
形成されている。そしてゴムクロ−ラ20の外表面には
左右先端が幅方向に向かって伸び中央部が傾斜配置され
たゴムラグ27が配置されるものであって、この例では
交互に長短のゴムラグ271 、272 とされ、しかもこ
れらは隣り合う芯金10、10に跨がって傾斜配置され
ている。
【0013】本発明の第1のゴムクロ−ラ20は以上の
通りであって、駆動突起24には左右幅方向に角部12
が配置され、前後面にゴム部材23が配置された構造と
なっている。そして溝25が形成されることによって、
又、ゴムラグ27隣り合う芯金10、10を跨がるよう
に配置されていることから、巻き掛け抵抗が少なくかつ
振動の発生も小さくなることは明らかである。そして更
に、芯金10にあっては中央部13が肉薄とされかつ角
部12も従来の芯金の角部よりも小型化されたことから
重量的にも軽量化が図られたものである。
【0014】図7は本発明の第2のゴムクロ−ラ装置の
駆動輪30を示す一部右側面図であり、図8は断面図で
ある。この駆動輪30はゴムクロ−ラ20の駆動突起2
4間に入り込む円盤31とこの円盤31の縁部に立設さ
れた駆動ピン32とからなり、この駆動ピン32が図9
に示すように駆動突起24と係合して駆動力を伝達する
こととなる。この伝達の際、駆動ピン32と駆動突起2
4の接触は駆動突起24の前後面に接着されたゴム部材
23との接触となるために金属同士の接触はない。従っ
て、両者の衝突音は低減すると共に、ゴム部材23との
接触になるので角部12及び駆動ピン32の摩耗はほと
んどないというメリットがある。更に、駆動輪30の構
造が単純化されたことによって製作上のメリットは勿論
のこと、草や藁等の繊維質の巻き付きも少なく脱輪等に
発展することもほとんどないというメリットも併せ持
つ。
【0015】
【発明の効果】本発明の第2におけるゴムクロ−ラ装置
について述べれば、駆動ピンがゴム部材との接触となる
ために騒音も低減し、しかも駆動突起の幅方向全体には
芯金からのびる角部が配置されているために摩耗するこ
とも少なくなり、この特徴と共に、駆動輪の構造が簡略
化されるという特徴もある。
【図面の簡単な説明】
【図1】図1は本発明のゴムクロ−ラに用いられる芯金
の傾視図である。
【図2】図2は本発明の第1のゴムクロ−ラの内周側平
面図である。
【図3】図3は図2のゴムクロ−ラの外周側平面図であ
る。
【図4】図4は図2のゴムクロ−ラの右側面図である。
【図5】図5はA−A線での断面図である。
【図6】図6はB−B線での断面図である。
【図7】図7はゴムクロ−ラ装置の駆動輪を示す一部右
側面図である。
【図8】図8はC−C線での断面図である。
【図9】図9は駆動輪とゴムクロ−ラの駆動突起との係
合を示す図である。
【符号の説明】
10‥‥芯金、 11‥‥芯金の翼部、 12‥‥角部、 121 、122 ‥‥角部の前後面、 123 、124 ‥‥角部の左右面、 13‥‥芯金の中央部、 20‥‥ゴムクロ−ラ、 21‥‥ゴム弾性体、 22‥‥スチ−ルコ−ド、 23‥‥角部の前後面を覆うゴム部材、 24‥‥駆動突起、 25‥‥溝、 26‥‥ロ−ラの転動面、 27、271 、272 ‥‥ゴムラグ、 30‥‥駆動輪、 31‥‥円盤、 32‥‥駆動ピン。

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 幅方向に横並べした芯金と、この芯金を
    外囲いするスチ−ルコ−ドとを埋設したゴムクロ−ラで
    あって、芯金よりゴムクロ−ラの内周側に突出する芯金
    の左右幅方向に長尺とされた一対の角部と、この角部の
    前後方向面にこの角部を覆うゴム部材とからなる一対の
    駆動突起を形成したことを特徴とする内周駆動型ゴムク
    ロ−ラ。
  2. 【請求項2】 ゴムクロ−ラの外周表面に隣り合う芯金
    の投影域にわたってゴムラグが傾斜配置された内周駆動
    型ゴムクロ−ラ。
  3. 【請求項3】 幅方向に横並べした芯金と、この芯金を
    外囲いするスチ−ルコ−ドとを埋設し、芯金よりゴムク
    ロ−ラの内周側に突出する芯金の左右幅方向に長尺とさ
    れた一対の角部と、この角部の前後方向面にこの角部を
    覆うゴム部材とからなる一対の駆動突起が形成されたゴ
    ムクロ−ラと、この駆動突起間に入り込む円盤とこの円
    盤の左右に駆動ピンを立設させた駆動輪とからなり、前
    記駆動突起に駆動ピンを係合させたことを特徴とする内
    周駆動型ゴムクロ−ラ装置。
  4. 【請求項4】 ゴムクロ−ラの外周表面に隣り合う芯金
    の投影域にわたってゴムラグが傾斜配置された内周駆動
    型ゴムクロ−ラ装置。
JP01479798A 1998-01-10 1998-01-10 内周駆動型ゴムクロ−ラ及びゴムクロ−ラ装置 Expired - Fee Related JP3957100B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP01479798A JP3957100B2 (ja) 1998-01-10 1998-01-10 内周駆動型ゴムクロ−ラ及びゴムクロ−ラ装置
US09/220,591 US6176557B1 (en) 1998-01-10 1998-12-28 Inner periphery driving type rubber crawler
DE69903475T DE69903475T2 (de) 1998-01-10 1999-01-08 Innenumfangsseitige Antriebs- Gummigleiskette
EP99300141A EP0928735B1 (en) 1998-01-10 1999-01-08 Inner periphery driving type rubber crawler

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP01479798A JP3957100B2 (ja) 1998-01-10 1998-01-10 内周駆動型ゴムクロ−ラ及びゴムクロ−ラ装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11198873A true JPH11198873A (ja) 1999-07-27
JP3957100B2 JP3957100B2 (ja) 2007-08-08

Family

ID=11871053

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP01479798A Expired - Fee Related JP3957100B2 (ja) 1998-01-10 1998-01-10 内周駆動型ゴムクロ−ラ及びゴムクロ−ラ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3957100B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009061829A (ja) * 2007-09-04 2009-03-26 Bridgestone Corp ゴムクローラおよびそのゴムクローラ用芯金
JP2009067241A (ja) * 2007-09-13 2009-04-02 Bridgestone Corp ゴムクローラ用芯金およびそれを用いたゴムクローラ
JP2012081895A (ja) * 2010-10-13 2012-04-26 Bridgestone Corp ゴムクローラ組込体
JP2013100104A (ja) * 2007-09-05 2013-05-23 Bridgestone Corp ゴムクローラ及び車両

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009061829A (ja) * 2007-09-04 2009-03-26 Bridgestone Corp ゴムクローラおよびそのゴムクローラ用芯金
JP2013100104A (ja) * 2007-09-05 2013-05-23 Bridgestone Corp ゴムクローラ及び車両
JP2009067241A (ja) * 2007-09-13 2009-04-02 Bridgestone Corp ゴムクローラ用芯金およびそれを用いたゴムクローラ
JP2012081895A (ja) * 2010-10-13 2012-04-26 Bridgestone Corp ゴムクローラ組込体

Also Published As

Publication number Publication date
JP3957100B2 (ja) 2007-08-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1685019B1 (en) Elastic crawler
US6474756B2 (en) Rubber crawler belt
EP0638472B1 (en) Rubber crawler
US6471307B2 (en) Crawler belt type traveling system
JP5469163B2 (ja) ゴムクローラ
JP2004216936A (ja) ゴムクロ−ラ
JPH11198873A (ja) 内周駆動型ゴムクロ−ラ及びゴムクロ−ラ装置
JP4319262B2 (ja) ゴムクロ−ラ
JP5273937B2 (ja) 弾性クローラ
JP2002337766A (ja) ゴムクローラおよびゴムクローラ走行装置
JP4233159B2 (ja) ゴムクロ−ラ用芯金及びこれを用いた内駆動型ゴムクロ−ラ
JPH11222170A (ja) 内周駆動型ゴムクロ−ラ
JP4220602B2 (ja) 脱輪防止機能を付与したゴムクロ−ラ
JP2000072057A (ja) 弾性クローラ用芯金及びこの芯金を用いた弾性クローラ及びこの弾性クローラ用芯金の製造方法
JPH11222169A (ja) 内周駆動型ゴムクロ−ラ
JPH11198871A (ja) 内周駆動型ゴムクロ−ラ
JP2829443B2 (ja) 脱輪防止ゴムクローラ
JPH0648334A (ja) ゴムクロ−ラ
JP2871192B2 (ja) クローラ用芯金及び弾性クローラ
JP2009061859A (ja) ゴムクローラ用芯金、及びこれを用いたゴムクローラ
JPH11222166A (ja) ゴムク−ラ用芯金及びこれを用いた内駆動型ゴムクロ−ラ
JP3295614B2 (ja) ゴム履帯
JP3907788B2 (ja) ゴムクロ−ラ
JP3295613B2 (ja) 履帯用ゴムシュー
JPH11240471A (ja) 無限軌道履帯装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041228

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20041228

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061120

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061121

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070122

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070220

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070405

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070501

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070502

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110518

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110518

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120518

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130518

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees