JPH11163878A - Spare route setting method - Google Patents

Spare route setting method

Info

Publication number
JPH11163878A
JPH11163878A JP32646397A JP32646397A JPH11163878A JP H11163878 A JPH11163878 A JP H11163878A JP 32646397 A JP32646397 A JP 32646397A JP 32646397 A JP32646397 A JP 32646397A JP H11163878 A JPH11163878 A JP H11163878A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
spare
route
link
capacity
set
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP32646397A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Haruhisa Hasegawa
Masayoshi Nabeshima
Naoaki Yamanaka
直明 山中
正義 鍋島
治久 長谷川
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>, 日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
Priority to JP32646397A priority Critical patent/JPH11163878A/en
Publication of JPH11163878A publication Critical patent/JPH11163878A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To improve the recover ratio of a path as much as possible by assuming respective failures of each link that is included in an ATM communication network, efficiently utilizing spare capacity that is reserved to recover them and setting plural spare routes to one current route.
SOLUTION: In this spare route setting method for an ATM communication network, one route is composed of plural nodes A to I and links 1 to 16 and plural spare routes are set for one current route. A 1st spare route is set to each current route and an initial spare capacity that can recover a failure is set to each link against all of one link failure. The failure of one link is assumed, a reservation spare capacity of links that are included in the 1st spare route which is reserved to recover the failure of the current route including the link is checked, a residual spare capacity is calculated by subtracting the reservation spare capacity from the initial spare capacity and a 2nd spare route candidate is set.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明はATM(Asynchronou BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to ATM (Asynchronou
s Transfer Mode)に利用する。 Be used for s Transfer Mode). 本発明は一つの現用ルートに対して複数の予備ルートを設定する技術に関する。 The present invention relates to a technique of setting a plurality of spare routes to one working route.

【0002】 [0002]

【従来の技術】ATM通信網では、現用ルートの故障時に、これを復旧させるためにあらかじめ予備ルートを設定しておくことが広く行われている。 BACKGROUND OF THE INVENTION ATM communication network, when the working route failure, it is widely practiced set in advance spare route in order to recover it.

【0003】従来の予備ルート設定方法を図6を参照して説明する。 [0003] will be described with reference to FIG. 6 a conventional preliminary routing method. 図6は従来の予備ルート設定方法を説明するための図である。 6 is a diagram for explaining a conventional preliminary routing method. 図6に示すように、現用ルートおよび予備ルートは複数のノードおよびリンクにより構成される。 As shown in FIG. 6, the working route and spare routes are constituted by a plurality of nodes and links. 従来の予備ルート設定方法では、現用ルートに対して経路独立、すなわち互いに同じリンク、あるいはノードを一つも共有しないように、ただ一つの予備ルートを設定している(R.Kawamura et.al."Self-healing Virt In conventional pre-routing method, path independent of the working route, i.e. so as not to share even one same link or node, to each other, only has set a spare route (R.Kawamura et.al. " Self-healing Virt
ual Path Architecture in ATM Networks",IEEE Commun ual Path Architecture in ATM Networks ", IEEE Commun
ication Magazine,vol.33,No.9,1995)。 ication Magazine, vol.33, No.9,1995).

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】よって、一つの現用ルートに対して複数の予備ルートを設定するときに、それらの予備ルートをどのように設定するのかという検討は、具体的になされていない。 [SUMMARY OF THE INVENTION Therefore, when setting a plurality of spare routes for one working route, considered of how to set their spare routes are not specifically made.

【0005】そのため、一つの現用ルートに対して複数の予備ルートを設定することが従来行われる場合には、 [0005] Therefore, when it is performed prior to setting a plurality of spare routes to one working route is
複数の予備ルートの内で第二の予備ルート以降の予備ルートを予備容量を考慮して設定するということもなく、 Without that the second spare routes subsequent spare routes among the plurality of spare routes set in consideration of the spare capacity,
また、複数の予備ルートの内で、第二の予備ルート以降の予備ルートを以前に設定してある予備ルートと経路独立に設定するか否かについて考慮するということもない。 Further, among a plurality of spare routes, nor that to consider whether to set the second spare routes and routes independent spare routes subsequent spare route is set previously.

【0006】本発明は、このような背景に行われたものであって、一つの現用ルートに対して複数の予備ルートを設定するATM通信網で、パスの復旧率ができるだけ向上するように予備ルートを設定することができる予備ルート設定方法を提供することを目的とする。 The present invention, which has been made in this background, the ATM communication network for setting a plurality of spare routes for one working route, preliminary as recovery rate paths as much as possible improves and to provide a pre-routing method capable of setting a route.

【0007】 [0007]

【課題を解決するための手段】本発明は、ATM通信網に含まれる各リンクのそれぞれの故障を想定し、これを復旧するために確保されている予備容量を効率良く利用して一つの現用ルートに複数の予備ルートを設定することを最も主要な特徴とする。 The present invention SUMMARY OF] may assume each of the failure of each link included in the ATM communication network, available to one working efficiently spare capacity that is reserved for recovering this the most important feature to set a plurality of spare routes to the route.

【0008】すなわち、ATM通信網に含まれる各リンクのそれぞれの故障を想定し、各リンクには、これを復旧させるための予備容量が設定される。 Namely, assuming each of the failure of each link included in the ATM communication network, each link, reserve capacity in order to recover this is set. これを初期予備容量とする。 This is referred to as initial spare capacity. この初期予備容量は各リンクで一定ではない。 This initial reserve capacity is not constant in each link. 本発明は、なるべく予備容量が大きく設定されているリンクから順に予備ルートを設定し、予備容量を効率良く活用することを特徴とする。 The present invention is, as much as possible to set the spare route in the order from a link spare capacity is greater, characterized by utilizing spare capacity efficiently.

【0009】まず、ATM通信網内の一つのリンクの故障を想定し、このリンクを経由する現用ルートを有するパスをパスグループとして抽出する。 [0009] First, assuming a failure of one of the links in the ATM network, to extract a path with the working route through this link as a path group. このパスにはそれぞれ第一の予備ルートが設定されているものとする。 This path is assumed that the first spare routes respectively are set.

【0010】次に、このパスグループに含まれるパスの故障がこの第一の予備ルートにより復旧した場合を想定する。 [0010] Next, the failure of the path included in the path group it is assumed that restored by the first spare routes. このとき確保された各リンクの予備容量を確保予備容量とする。 The spare capacity of each link secured at this time to ensure reserve capacity. また、前記初期予備容量からこの確保予備容量を減算した予備容量を残余予備容量とする。 Also, the spare capacity obtained by subtracting the reserved spare capacity from the initial reserve capacity and remaining reserve capacity.

【0011】ここで、第二の予備ルートを設定するが、 [0011] In this case, but to set the second of the preliminary route,
このとき、第二の予備ルート候補を複数抽出する。 In this case, a plurality extracted a second spare route candidate. そして、この候補の中で前記残余予備容量の大きいリンクを含むルートを第二の予備ルートとして設定する。 Then, set the route including a large links of the remaining spare capacity in the candidate as the second preliminary route. この手順は、第nの予備ルートまで繰り返される。 This procedure is repeated until the spare routes of the n. このとき、 At this time,
予備ルートに含まれるリンクが複数である場合には、残余予備容量の大きいリンクをより多数含むルートを選択する。 If the link included in the spare route is plural, selects a route including a larger number of large links residual reserve capacity.

【0012】これにより、残余予備容量のより大きなリンクから予備ルートを設定していくことができる。 [0012] Thus, it is possible to continue to set the preliminary route from a larger link of the remaining spare capacity. このとき、ある予備ルートは他の予備ルートとリンクおよびノードを全く共有しないようにすることもできるし、一部の共用を許すようにすることもできる。 At this time, there is preliminary route can either be prevented at all share another spare routes and links and nodes, it is also possible to allow a portion of the shared. リンクを全く共有しない場合には、故障復旧時の信頼性を高くすることができる。 If you have not at all share the link, it is possible to increase the reliability of the failure recovery. しかし、リンクの一部を共有することにより、一つの現用ルートに対する予備ルートの数を簡単に増やすことができるので、一部を共有する場合にも、一つの現用ルートに対する予備ルートの数を増やすことにより、故障復旧時の信頼性を高くすることができる。 However, by sharing a part of the link, it is possible to increase easily the number of spare routes for one working route, even if they share a part, increase the number of spare routes for one working route it makes it possible to increase the reliability of the failure recovery.

【0013】すなわち、本発明は、一つのルートは複数のノードおよびリンクにより構成され、一つの現用ルートに対して複数の予備ルートが設定されるATM通信網の予備ルート設定方法である。 [0013] Namely, the present invention is one of the root is composed of a plurality of nodes and links, a spare route setting method of an ATM network in which a plurality of spare routes for one working route is set.

【0014】ここで、本発明の特徴とするところは、各現用ルートに対する第一の予備ルートを設定し、全ての1リンク故障に対して故障復旧可能な初期予備容量を各リンクに設定し、1リンクの故障を想定しこのリンクを含む現用ルートの故障を復旧させるために確保する前記第一の予備ルートに含まれるリンクの確保予備容量を調べ、この確保予備容量を前記初期予備容量から減算して残余予備容量を算出し、第二の予備ルート候補を設定し、この候補に含まれるリンクの前記残余予備容量を参照し、この候補の中でこの残余予備容量の比較的大きいリンクを最も多数含む第二の予備ルート候補を第二の予備ルートとして設定するところにある。 [0014] Here, it is an aspect of the present invention sets the first spare route for each working route, set the fault recovery possible initial spare capacity to each link for every 1 link failure, 1 assuming link failure examined securing spare capacity of links included in the first spare routes to secure in order to recover the failure of the working route including this link, subtracts the reserved spare capacity from the initial reserve capacity and calculating the residual reserve capacity, setting the second spare route candidates, with reference to the remaining spare capacity of links included in the candidate, most a relatively large link the remaining spare capacity in the candidate there a second spare route candidates, including many where to set as the second preliminary route.

【0015】前記第一から第nの予備ルートの確保予備容量を前記初期予備容量から減算して残余予備容量を算出し、第(n+1)の予備ルート候補を設定し、この候補に含まれるリンクのこの残余予備容量を参照し、この候補の中でこの残余予備容量の比較的大きいリンクを最も多数含む第(n+1)の予備ルート候補を第(n+ [0015] from said first and securing spare capacity of spare routes of the n by subtracting from the initial reserve capacity to calculate the residual reserve capacity, to set the spare route candidate of the first (n + 1), links included in the candidate the reference to the residual spare capacity, the spare route candidate of the first containing the largest number of relatively large link the remaining spare capacity in the candidate (n + 1) the (n +
1)の予備ルートとして設定することが望ましい。 It is desirable to set as a spare route 1). ただし、n≧2の整数である。 However, it is an integer of n ≧ 2. さらに、全てのリンクについてそれぞれ1リンクの故障を想定することが望ましい。 Further, it is desirable to assume the failure of each 1 link for all links.

【0016】これから設定される予備ルートは、すでに設定された予備ルートとリンクを共有しないようにしてもよいし、あるいは、これから設定される予備ルートは、すでに設定された予備ルートと一部のリンクの共有を許容するようにしてもよい。 [0016] The preliminary route yet to be set, already may be that you do not share the preliminary route and link that has been set or, spare route yet to be set, the preliminary route and some of the links that have already been set Share of may be allowed.

【0017】 [0017]

【発明の実施の形態】発明の実施の形態を図1を参照して説明する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION explaining the embodiments of the invention with reference to FIG. 図1は本発明実施例のATM通信網の構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a configuration of an ATM network in the embodiment of the present invention.

【0018】本発明は、一つのルートは複数のノードA The present invention, one of the route a plurality of nodes A
〜Iおよびリンク1〜16により構成され、一つの現用ルートに対して複数の予備ルートが設定されるATM通信網の予備ルート設定方法である。 It is constituted by ~I and links 1-16, a spare route setting method of an ATM network in which a plurality of spare route is set for one working route. 図1の例では、現用ルートであるパスP1に対して複数の予備ルート(リンク4←→リンク5)、(リンク3←→リンク8←→リンク9←→リンク7←→リンク2)が設定される。 In the example of FIG. 1, a plurality of spare route for the path P1 is a working route (link 4 ← → links 5) is (link 3 ← → links 8 ← → links 9 ← → links 7 ← → links 2) Configuration It is.

【0019】ここで、本発明の特徴とするところは、各現用ルートに対する第一の予備ルートを設定し、全ての1リンク故障に対して故障復旧可能な初期予備容量を各リンクに設定し、1リンクの故障を想定しこのリンクを含む現用ルートの故障を復旧させるために確保する前記第一の予備ルートに含まれるリンクの確保予備容量を調べ、この確保予備容量を前記初期予備容量から減算して残余予備容量を算出し、第二の予備ルート候補を設定し、この候補に含まれるリンクの前記残余予備容量を参照し、この候補の中でこの残余予備容量の比較的大きいリンクを最も多数含む第二の予備ルート候補を第二の予備ルートとして設定するところにある。 [0019] Here, it is an aspect of the present invention sets the first spare route for each working route, set the fault recovery possible initial spare capacity to each link for every 1 link failure, 1 assuming link failure examined securing spare capacity of links included in the first spare routes to secure in order to recover the failure of the working route including this link, subtracts the reserved spare capacity from the initial reserve capacity and calculating the residual reserve capacity, setting the second spare route candidates, with reference to the remaining spare capacity of links included in the candidate, most a relatively large link the remaining spare capacity in the candidate there a second spare route candidates, including many where to set as the second preliminary route.

【0020】前記第一から第nの予備ルートの確保予備容量を前記初期予備容量から減算して残余予備容量を算出し、第(n+1)の予備ルート候補を設定し、この候補に含まれるリンクのこの残余予備容量を参照し、この候補の中でこの残余予備容量の比較的大きいリンクを最も多数含む第(n+1)の予備ルート候補を第(n+ [0020] from said first and securing spare capacity of spare routes of the n by subtracting from the initial reserve capacity to calculate the residual reserve capacity, to set the spare route candidate of the first (n + 1), links included in the candidate the reference to the residual spare capacity, the spare route candidate of the first containing the largest number of relatively large link the remaining spare capacity in the candidate (n + 1) the (n +
1)の予備ルートとして設定する。 It is set as spare routes of 1). ただし、n≧2の整数である。 However, it is an integer of n ≧ 2. また、全てのリンクについてそれぞれ1リンクの故障を想定する。 Further, assume a failure of each first link for all links.

【0021】本発明第一実施例では、これから設定される予備ルートは、すでに設定された予備ルートとリンクを共有しないようにする。 [0021] In the present invention the first embodiment, spare route yet to be set, so as not to share the spare routes and links that have already been set.

【0022】本発明第二実施例では、これから設定される予備ルートは、すでに設定された予備ルートと一部のリンクの共有を許容するようにする。 [0022] In the present invention the second embodiment, preliminary routes now set, already so as to allow the sharing of the set spare routes and some of the links.

【0023】 [0023]

【実施例】(第一実施例)本発明第一実施例を図1ないし図4を参照して説明する。 EXAMPLES The (first embodiment) the present invention the first embodiment with reference to FIGS. 1 to 4 will be described. 図1は上記のとおりである。 Figure 1 is as described above. 図2は予備容量の求め方について説明する図である。 Figure 2 is a diagram for explaining how to determine the reserve capacity. 図3は予備ルートの設定を説明するための図である。 Figure 3 is a diagram for explaining setting of the spare route. 図4は本発明第一実施例の動作を示すフローチャートである。 Figure 4 is a flow chart showing the operation of the first embodiment of the present invention.

【0024】図1では、ノード間の経路独立なルートの数は“3”である。 [0024] In Figure 1, the number of path-independent routes between the nodes is "3". すべてのノードA〜I間にパスが1 Path between all nodes A~I 1
本ずつ設定されており、ノードA〜I内のメッセージ処理時間は全てのノードA〜Iで同一、メッセージの伝搬遅延も全てのリンク1〜16で同一である。 This by is set, the same message processing time in all nodes A to I the same, the propagation delay of the message in all links 1-16 within the node A to I. パスの帯域は全て同一で、ここではそれを“1”とし、また、各パスの現用ルートはノード間を結ぶ最短ルートに設定され、第一の予備ルートは、現用ルートと経路独立な最短のルートに設定されている。 All band path at the same, here is it "1," the working route of each path is set to the shortest route between nodes, the first preliminary route, working routes and routes independent shortest It is set to root. 例えば、ノードAとノードB間のパスの現用ルートは、リンク1のみを経由し、第一の予備ルートはリンク4、5を経由する。 For example, the working route of the path between the node A and node B, through only link 1, the first preliminary route through the link 4,5.

【0025】そして、予備容量を全ての1リンク故障に対して100%復旧可能な容量として求める。 [0025] and, determined as 100% recoverable capacity spare capacity for all of the 1 link failure. この予備容量の求め方を図2を参照して説明する。 How to obtain this spare capacity is described with reference to FIG. 図2は予備容量の求め方を説明するための図である。 Figure 2 is a diagram for explaining how to determine the reserve capacity. ノードはP、 Node P,
Q、Rの三つ、リンクは51、52、53の三つとする。 Q, three of R, link and three of 51, 52 and 53. 全てのノード間にパスが1本ずつ設定されており、 Paths between all nodes are set one by one,
それらの帯域は全て“1”とする。 All of them of the band is "1". すなわち、ノードP、Q間のパスP51の現用ルートはリンク51を経由し、ノードQ、R間のパスP52の現用ルートはリンク52を経由し、ノードR、P間のパスP53の現用ルートは、リンク53を経由している。 That is, the node P, the working route of the path P51 between Q is via link 51, node Q, the working route of the path P52 between R is via link 52, node R, working route of the path P53 between P is , and via the link 53.

【0026】そして、予備ルートは現用ルートと経路独立に設定されているとする。 [0026] Then, spare route is assumed to be set to the working route and path-independent. すなわち、パスP51の予備ルートはリンク52、53を経由し、パスP52の予備ルートは、リンク51、53を経由し、パスP53の予備ルートはリンク51、52を経由する。 In other words, spare route path P51 is via link 52, 53, spare route path P52 is via link 51, 53, spare route path P53 is via the link 51.

【0027】いま、リンク51が障害により切断されたとすると、パスP51の予備ルートが新たな現用ルートになる。 [0027] Assuming that the link 51 is disconnected due to a fault, the spare route path P51 is a new working route. よって、リンク51障害時に故障復旧可能なためには、リンク52、53にそれぞれ“1”の予備容量が必要となる。 Therefore, in order link 51 capable fault recovery in case of failure, each link 52, 53 is required reserve capacity "1". 同様にリンク52障害時に故障復旧可能なためには、リンク51、53にそれぞれ“1”の予備容量が必要となる。 Similarly for possible failure recovery when a link 52 failure, respectively to a link 51, 53 is required reserve capacity "1". 同様にリンク53障害時に故障復旧可能なためには、リンク51、52にそれぞれ“1”の予備容量が必要となる。 Similarly for possible failure recovery when a link 53 failure, respectively to a link 51, 52 is required reserve capacity "1".

【0028】よって、全ての1リンク故障に対して、故障復旧可能な予備容量は、 {リンク51、リンク52、リンク53}={1、1、 [0028] Thus, for every 1 link failure, the failure recovery available spare capacity, {link 51, link 52, link 53} = {1, 1,
1} となる。 A 1}. 図1に示すATM通信網において、図2で示した原理を適用すると、 {リンク1、リンク2、リンク3、リンク4、リンク5、リンク6、リンク7、リンク8、リンク9、リンク10、リンク11、リンク12、リンク13、リンク1 In ATM communication network shown in FIG. 1, applying the principle shown in FIG. 2, {link 1, link 2, link 3, link 4, link 5, link 6, the link 7, the link 8, the link 9, the link 10, link 11, link 12, link 13, link 1
4、リンク15、リンク16}={3、2、2、2、 4, link 15, link 16} = {3,2,2,2,
2、2、3、2、2、3、2、1、1、4、4、2} となる。 2,2,3,2,2,3,2,1,1,4,4,2 a}.

【0029】このようにして求めた予備容量に対し、リンク1が切断されたと仮定する。 [0029] Assume for this way spare capacity determined, and the link 1 is disconnected. リンク1を経由するパスは、ノードAおよびB間のリンク1のみを経由するパスP1、ノードAおよびC間のリンク1および2を経由するパスP2、ノードBおよびD間のリンク1および3 Link 1 path through the, the node path P1 passing through the only link 1 between A and B, the node path P2 passing through the link 1 and 2 between A and C, links 1 and 3 between nodes B and D
を経由するパスP3の三つである。 It is a three path P3 passing through the.

【0030】また、パスP1の第一の予備ルートはリンク4および5を経由し、パスP2の第一の予備ルートはリンク4および6を経由し、パスP3の第一の予備ルートはリンク5および8を経由する。 Further, via the first preliminary route links 4 and 5 of the path P1, the first preliminary route path P2 is via link 4 and 6, the first spare routes pass P3 link 5 and through the 8.

【0031】したがって、これらのパスP1〜P3が故障復旧可能なために必要な確保予備容量は、リンク4および5に“2”、リンク6および8に“1”、その他のリンクは“0”である。 [0031] Thus, ensuring reserve capacity required for these paths P1~P3 capable fault recovery, "2" in the link 4 and 5, linked to the 6 and 8 "1", and the other links "0" it is. そして、パスP2の現用ルートが使用していたリンク2の容量“1”と、パスP3の現用ルートが使用していたリンク3の容量“1”が解放される。 Then, the working route of the path P2 is the link 2 of volume "1" that has been used, the working route of the path P3 is the capacity of link 3 that used "1" is released. したがって、確保予備容量は、 {リンク1、リンク2、リンク3、リンク4、リンク5、リンク6、リンク7、リンク8、リンク9、リンク10、リンク11、リンク12、リンク13、リンク1 Therefore, ensuring reserve capacity, {link 1, link 2, link 3, link 4, link 5, link 6, the link 7, the link 8, the link 9, the link 10, link 11, link 12, link 13, link 1
4、リンク15、リンク16}={0、−1、−1、 4, link 15, link 16} = {0, -1, -1,
2、2、1、0、1、0、0、0、0、0、0、0、 2,2,1,0,1,0,0,0,0,0,0,0,
0} となる。 0 become}. これにより、残余予備容量(RSC:Residual As a result, the remaining spare capacity (RSC: Residual
Spare Capacity)は、 {3、2、2、2、2、2、3、2、2、3、2、1、 Spare Capacity) is, {3,2,2,2,2,2,3,2,2,3,2,1,
1、4、4、2}−{0、−1、−1、2、2、1、 1,4,4,2} - {0, -1, -1,2,2,1,
0、1、0、0、0、0、0、0、0、0}={x、 0,1,0,0,0,0,0,0,0,0} = {x,
3、3、0、0、1、3、1、2、3、2、1、1、 3,3,0,0,1,3,1,2,3,2,1,1,
4、4、2} となる。 4,4,2 a}. 本発明の特徴は、第二の予備ルート以降の予備ルートをこの残余予備容量を考慮して設定するところにある。 Feature of the present invention is a second spare routes subsequent spare routes where the set in consideration of the residual reserve capacity.

【0032】本発明第一実施例では、予備ルート相互間で同一リンクを共有しないことを前提としているから、 [0032] In the present invention the first embodiment, since it is assumed that do not share the same link between spare route one another,
図1の例では、パスP1の第二の予備ルートは、唯一リンク3←→リンク10←→リンク15←→リンク16← In the example of FIG. 1, the second pre-route path P1 is the only link 3 ← → links 10 ← → links 15 ← → links 16 ←
→リンク14←→リンク7←→リンク2を経由するルートに設定される。 → link 14 ← → link 7 ← → is set to route through the link 2. この場合の確保予備容量は、{0、 Spare capacity ensured in this case is {0,
1、1、0、0、0、1、0、0、1、0、0、0、 1,1,0,0,0,1,0,0,1,0,0,0,
1、1、1}となる。 The 1, 1, 1}. また、このときの残余予備容量は、{x、2、2、0、0、1、2、1、2、2、2、 Further, the remaining spare capacity at this time, {x, 2,2,0,0,1,2,1,2,2,2,
1、1、3、3、1}となる。 1,1,3,3,1 become}.

【0033】図1の例では、第二の予備ルートは唯一に定まったが、候補が複数存在する場合には、確保予備容量を参照し、この候補の中でこの残余予備容量の比較的大きいリンクを最も多数含む第二の予備ルート候補を第二の予備ルートとして設定する。 In the example of FIG. 1, but the second spare routes have definite uniquely, if the candidate there are multiple, with reference to securing spare capacity, relatively large in this residual spare capacity in the candidate setting the second spare route candidate including the most number of links as the second preliminary route.

【0034】本発明第一実施例の動作を図4を参照して説明する。 [0034] The operation of the first embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 図4は本発明第一実施例の動作を第jの予備ルートの設定まで拡張して示したものである。 Figure 4 shows to extend the operation of the first embodiment of the present invention to set the spare routes of the j. ただし、 However,
jは2以上の整数である。 j is an integer of 2 or more. また、iは自然数である。 In addition, i is a natural number.

【0035】まず、初期設定として図2に示した原理を用いて初期予備容量を設定する(S1)。 [0035] First, an initial reserve capacity using the principle shown as the initial setting in FIG. 2 (S1). ここでi=1 Here i = 1
として、リンク1が切断したと想定する。 As, assume that link 1 is disconnected. ここで、jに“2”を代入する(S2)。 Here, it substitutes "2" j (S2). リンク1を経由する現用ルートを有するパスをパスグループとする(S3)。 A path having a working route via the link 1 and path group (S3). パスグループに含まれるパスが復旧した後の残余予備容量R The remaining spare capacity R after the paths in the path group has recovered
SCを求める(S4)。 Seek SC (S4). パスグループから第二の予備ルートが既に設定されているパスを消去し、そのパスに予備ルートが確保した容量を残余予備容量RSCから減算する(S5)。 The second pre-route path group has already erased the path set, subtracts the capacity spare route is secured to the path from the remainder reserve capacity RSC (S5). この時点で、パスグループにまだパスが残っていれば(S6)、パスグループから任意のパスを選択し(S7)、選択したパスの以前に設定した予備ルートと経路独立でかつ出来るだけ多くのリンクの残余予備容量RSCがパスの帯域以上であるルートを、選択したパスの第2の予備ルートとする(S8)。 At this point, if still path in the path group (S6), selecting any path from the path group (S7), the selected previously set to the spare route and the route independently a and can as many paths link residual reserve capacity RSC is greater than or equal to the bandwidth of the path route, the second spare route for the selected path (S8). 設定した予備ルートが確保した容量を残余予備容量RSCから減算し、選択したパスをパスグループから消去する(S The capacity setting the spare route is secured by subtracting from the residual reserve capacity RSC, to erase the selected path from the path group (S
9)。 9). この手順(S6〜S9)をパスグループからパスが全てなくなるまで繰り返す。 The path to this procedure (S6~S9) from the path group is repeated until no longer all.

【0036】さらに、必要に応じて(S10)、jに“1”を足し(S12)、手順(S3〜S9)を繰り返す。 Furthermore, if necessary (S10), adds "1" to the j (S12), and repeats the steps (S3 to S9). また、必要に応じて(S11)、iに“1”を足し(S13)、手順(S2〜S10)を繰り返す。 Further, if necessary (S11), adds "1" to the i (S13), and repeats the steps (S2 to S10).

【0037】(第二実施例)本発明第二実施例を図5を参照して説明する。 [0037] (second embodiment) the present invention a second embodiment will be described with reference to FIG. 図5は本発明第二実施例の動作を示すフローチャートである。 Figure 5 is a flow chart showing the operation of the second embodiment of the present invention. 本発明第二実施例は、予備ルートの設定において、予備ルート相互間でリンクの一部を共有することを許容することを特徴とする。 Second Embodiment The present invention, in the setting of spare routes, characterized in that it allows to share some of the links between spare routes mutually. これにより、本発明第一実施例と比較すると、一見、故障復旧の信頼性においては多少劣るような印象があるが、予備ルートの設定の自由度が向上するので、一つの現用ルートに対して本発明第一実施例よりも多数の予備ルートを容易に設定することができるため、故障復旧の信頼性において、本発明第一実施例よりも劣るとはいえない。 Thus, when compared with the present invention a first embodiment, at first glance, but the impression that some inferior in reliability of fault recovery, the degree of freedom in setting the spare routes are improved, for one working route it is possible to easily set the number of spare routes than the present invention the first embodiment, the reliability of the fault recovery, it can not be said that less than the first embodiment of the present invention.

【0038】まず、初期設定として図2に示した原理を用いて初期予備容量を設定する(S21)。 Firstly, an initial reserve capacity using the principle shown as the initial setting in FIG. 2 (S21). ここでi= Here i =
1として、リンク1が切断したと想定する。 As 1, assume that link 1 is disconnected. ここで、j Here, j
に“2”を代入する(S22)。 Substitutes "2" (S22). リンク1を経由する現用ルートを有するパスをパスグループとする(S2 A path having a working route via the link 1 and path group (S2
3)。 3). パスグループに含まれるパスが復旧した後の残余予備容量RSCを求める(S24)。 The paths in the path group seeks residual reserve capacity RSC after restored (S24). パスグループから第二の予備ルートが既に設定されているパスを消去し、 Clear the path from the path group second spare route is already set,
そのパスに予備ルートが確保した容量を残余予備容量R The remaining spare capacity R the capacity to spare route is secured in its path
SCから減算する(S25)。 It is subtracted from the SC (S25). この時点で、パスグループにまだパスが残っていれば(S26)、パスグループから任意のパスを選択し(S27)、選択したパスの以前に設定した予備ルートと経路の一部が重複してもよく、かつ出来るだけ多くのリンクの残余予備容量RSC At this point, if still path in the path group (S26), select any path from the path group (S27), overlapping a portion of the spare routes and route previously set for the selected path It may be, and can only remaining spare capacity of many links RSC
がパスの帯域以上であるルートを、選択したパスの第2 Second pass but the at is root or more band pass was chosen
の予備ルートとする(S28)。 And the preliminary route (S28). 設定した予備ルートが確保した容量を残余予備容量RSCから減算し、選択したパスをパスグループから消去する(S29)。 The capacity setting the spare route is secured by subtracting from the residual reserve capacity RSC, to erase the selected path from the path group (S29). この手順(S26〜S29)をパスグループからパスが全てなくなるまで繰り返す。 The path to this procedure (S26~S29) from the path group is repeated until no longer all.

【0039】さらに、必要に応じて(S30)、jに“1”を足し(S32)、手順(S23〜S29)を繰り返す。 [0039] Further, if necessary (S30), adds "1" to the j (S32), and repeats the steps (S23 to S29). また、必要に応じて(S31)、iに“1”を足し(S33)、手順(S22〜S30)を繰り返す。 Further, if necessary (S31), adds "1" to the i (S33), and repeats the procedure (S22~S30).

【0040】 [0040]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
一つの現用ルートに対して複数の予備ルートを設定するATM通信網で、パスの復旧率ができるだけ向上するように予備ルートを設定することができる。 In ATM communication network for setting a plurality of spare routes for one working route can be recovered rate of the path to set the spare routes to possible improvement.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明実施例を説明するためのノードおよびリンクの接続構成を示す図。 Diagram showing a connection configuration of the nodes and links for Figure 1 illustrate the invention examples.

【図2】予備容量の求め方について説明する図。 FIG. 2 is a diagram for explaining how to determine the reserve capacity.

【図3】予備ルートの設定を説明するための図。 FIG. 3 is a diagram for explaining the setting of the preliminary route.

【図4】本発明第一実施例の動作を示すフローチャート。 [4] The present invention flowchart showing the operation of the first embodiment.

【図5】本発明第二実施例の動作を示すフローチャート。 [5] The present invention flowchart showing the operation of the second embodiment.

【図6】従来の予備ルート設定方法を説明するための図。 6 is a diagram for explaining a conventional preliminary routing method.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1〜16 リンク A〜I、P〜R ノード P1〜P3 パス 1-16 link A~I, P~R node P1~P3 path

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 一つのルートは複数のノードおよびリンクにより構成され、一つの現用ルートに対して複数の予備ルートが設定されるATM通信網の予備ルート設定方法であって、 各現用ルートに対する第一の予備ルートを設定し、全ての1リンク故障に対して故障復旧可能な初期予備容量を各リンクに設定し、1リンクの故障を想定しこのリンクを含む現用ルートの故障を復旧させるために確保する前記第一の予備ルートに含まれるリンクの確保予備容量を調べ、この確保予備容量を前記初期予備容量から減算して残余予備容量を算出し、第二の予備ルート候補を設定し、この候補に含まれるリンクの前記残余予備容量を参照し、この候補の中でこの残余予備容量の比較的大きいリンクを最も多数含む第二の予備ルート候補を第二の予備ル 1. A single route is composed of a plurality of nodes and links, a preparatory route setting method of an ATM network in which a plurality of spare routes for one working route is set, the for each working route set one spare route, the failure recovery possible initial reserve capacity for all 1 link failure set for each link, assuming the failure of a link in order to recover the failure of the working route including this link examine the securing spare capacity of links included in the first spare routes to ensure, to calculate the residual reserve capacity the securing spare capacity by subtracting from the initial reserve capacity, to set the second preparatory route candidates, the Referring to the remaining spare capacity of links included in the candidate, a second spare route candidate including the largest number of relatively large link the remaining spare capacity in the candidate second preliminary Le トとして設定することを特徴とする予備ルート設定方法。 Spare route setting method and setting the bets.
  2. 【請求項2】 前記第一から第nの予備ルートの確保予備容量を前記初期予備容量から減算して残余予備容量を算出し、第(n+1)の予備ルート候補を設定し、この候補に含まれるリンクのこの残余予備容量を参照し、この候補の中でこの残余予備容量の比較的大きいリンクを最も多数含む第(n+1)の予備ルート候補を第(n+ 2. A subtracted securing spare capacity of spare routes of the n from the first from the initial reserve capacity to calculate the residual reserve capacity, to set the spare route candidate of the first (n + 1), contained in the candidate Referring to this residual reserve capacity links, the spare route candidate of the (n + 1) including the largest number of relatively large link the remaining spare capacity in the candidate (n +
    1)の予備ルートとして設定する請求項1記載の予備ルート設定方法。 Spare route setting method of claim 1 wherein the set as spare routes of 1). ただし、n≧2の整数 However, n ≧ 2 of integer
  3. 【請求項3】 全てのリンクについてそれぞれ1リンクの故障を想定する請求項1または2記載の予備ルート設定方法。 3. A process according to claim 1 or 2 spare routes setting method according to assume a failure of each first link for all links.
  4. 【請求項4】 これから設定される予備ルートは、すでに設定された予備ルートとリンクを共有しない請求項1 Preliminary route wherein is now set already not share configured to backup routes and link claim 1
    ないし3のいずれかに記載の予備ルート設定方法。 To spare route setting method according to any one of the three.
  5. 【請求項5】 これから設定される予備ルートは、すでに設定された予備ルートと一部のリンクの共有を許容する請求項1ないし3のいずれかに記載の予備ルート設定方法。 Preliminary routes 5. From this setting is already set pre Routing method according to any one of claims 1 to 3 to allow sharing of spare routes and some of the links.
JP32646397A 1997-11-27 1997-11-27 Spare route setting method Pending JPH11163878A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32646397A JPH11163878A (en) 1997-11-27 1997-11-27 Spare route setting method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32646397A JPH11163878A (en) 1997-11-27 1997-11-27 Spare route setting method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11163878A true JPH11163878A (en) 1999-06-18

Family

ID=18188098

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32646397A Pending JPH11163878A (en) 1997-11-27 1997-11-27 Spare route setting method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11163878A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002041691A (en) * 2000-05-18 2002-02-08 Canon Inc Maintenance system and maintenance method for managing equipment
JP2002374283A (en) * 2001-06-13 2002-12-26 Kddi Corp Design method for optical network
JP2011518517A (en) * 2008-04-18 2011-06-23 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド Method of protection sharing in a WDM mesh network

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002041691A (en) * 2000-05-18 2002-02-08 Canon Inc Maintenance system and maintenance method for managing equipment
JP2002374283A (en) * 2001-06-13 2002-12-26 Kddi Corp Design method for optical network
JP4565483B2 (en) * 2001-06-13 2010-10-20 Kddi株式会社 Optical network design method
JP2011518517A (en) * 2008-04-18 2011-06-23 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド Method of protection sharing in a WDM mesh network

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0766430B1 (en) Routing method in a communications network
US5646936A (en) Knowledge based path set up and spare capacity assignment for distributed network restoration
US7058845B2 (en) Communication connection bypass method capable of minimizing traffic loss when failure occurs
CA2380426C (en) Method and apparatus for fast reroute in a connection-oriented network
US6377551B1 (en) QoS based route determination method for communications networks
Gao et al. Stable internet routing without global coordination
JP2933021B2 (en) Communications network failure recovery system
CN1300965C (en) Notifying type dynamic path protection for optical network
US8179786B2 (en) Dynamic traffic rearrangement and restoration for MPLS networks with differentiated services capabilities
US6728205B1 (en) Method and apparatus for automatic protection switching
Mouftah et al. Optical networks: architecture and survivability
US6282170B1 (en) Network restoration routing optimization
US5999286A (en) Method and system for restoring a distributed telecommunications network
US7366114B2 (en) Method for providing QoS (quality of service)—guaranteeing multi-path and method for providing disjoint path using the same
Raghavendra et al. Reliable loop topologies for large local computer networks
US6574669B1 (en) Method and apparatus for routing traffic within a network utilizing linear optimization
US6163525A (en) Network restoration
US6047331A (en) Method and apparatus for automatic protection switching
CA2470637C (en) Method and apparatus for multi-layer network in sonet/sdh
US7398321B2 (en) Segment protection scheme for a network
De Maesschalck et al. Intelligent optical networking for multilayer survivability
US5850505A (en) Method for preconfiguring a network to withstand anticipated failures
CN101361306B (en) Optimized dynamic routing in optical network
US5459716A (en) Facility restoration for telecommunications networks
Murakami et al. Optimal capacity and flow assignment for self-healing ATM networks based on line and end-to-end restoration