JPH11159001A - 柱と梁の接合方法 - Google Patents

柱と梁の接合方法

Info

Publication number
JPH11159001A
JPH11159001A JP32889897A JP32889897A JPH11159001A JP H11159001 A JPH11159001 A JP H11159001A JP 32889897 A JP32889897 A JP 32889897A JP 32889897 A JP32889897 A JP 32889897A JP H11159001 A JPH11159001 A JP H11159001A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
beams
columns
column
building
joining
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP32889897A
Other languages
English (en)
Inventor
Shingo Ura
進悟 浦
Yasuhiro Namiki
康弘 並木
Fumiaki Endo
文明 遠藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Obayashi Corp
Original Assignee
Obayashi Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Obayashi Corp filed Critical Obayashi Corp
Priority to JP32889897A priority Critical patent/JPH11159001A/ja
Publication of JPH11159001A publication Critical patent/JPH11159001A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 鉄筋コンクリート柱10と鉄骨梁12とによ
る混合構造の建物の柱と梁との接合方法において、製作
・施工を容易にし工費を低減することを可能にする。 【解決手段】 鉄筋コンクリート柱10と鉄骨梁12と
による混合構造の建物の柱と梁との接合方法において、
建物1を免震構造物又は耐震構造物とし、その梁12の
先端部12aを柱10の内部に挿入し、その梁の先端部
12aに幅方向に突出するピン20を設ける。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、建物の柱と梁の接
合方法、特に鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁とを用いた混
合構造における柱と梁の接合方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、通常の建物では、耐震性を確保す
るため、柱と梁とを剛接合とした耐震フレームを採用し
ている。
【0003】鉄骨梁によって広い空間を作った建物の柱
・梁フレームの設計においても、通常は、柱を鉄骨
(S)構造又は鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)構造と
し、鉄骨を使用する。そして梁鉄骨との接合は、剛接合
とするために、溶接や高力ボルト接合により行ってい
る。
【0004】一方、鉄筋コンクリート(RC)構造の耐
震性および経済性に着目して、柱を鉄筋コンクリート構
造とし、梁を鉄骨構造として構成した混合構造の建築工
法が提案されている。例えば、特開平3−275839
号公報に示された柱・梁構造では、柱と梁との接合部分
に鉄骨製の接続ユニットが用いられ、この接続ユニット
に鉄骨梁が剛接合される。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、柱が鉄
筋コンクリート構造で梁が鉄骨構造である混合構造にお
いて、従来では、その接合部を剛接合としている。この
ため、上記鉄骨製の接続ユニッのような力の伝達が可能
な特殊ジョイントを作り出して、柱・梁の剛接合を実現
する必要があり、接合部が複雑となって鉄骨の製作が難
しくなると共に、溶接作業やボルト締めの作業が必要
で、現場での施工に多くの時間と労力を必要とした。ま
た工費が高かった。
【0006】そこで、本発明の目的は、上記課題を解決
し、柱を鉄筋コンクリート構造、梁を鉄骨構造とした混
合構造において、製作・施工を容易にし工費を低減する
ことができる柱と梁の接合方法を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明は、次のように構成したものである。
【0008】(1)請求項1に記載の発明は、柱を鉄筋
コンクリート構造とし梁を鉄骨構造とした混合構造の建
物の柱と梁との接合方法において、梁の先端部を柱内部
に挿入し、その梁の先端部に幅方向に突出する突起物、
例えばピンを設けるものである。この梁の先端部を柱内
部に挿入する工程と、その梁の先端部に幅方向に突出す
る突起物を設ける工程とは、いずれが先であっても良
い。
【0009】突起物を柱内部で梁先端部に設けることに
より、突起物を中心として回転は自由にできるが、鉛直
と水平方向の移動は突起物で拘束されているためにでき
ない構成、いわゆるピン接合が具現される。換言すれ
ば、柱(RC)、梁(S)のピン接合の使用が可能とな
り、柱から鉄骨をなくすことができる。また柱と梁の接
合部の溶接作業や高力ボルト接合作業がなくなる。
【0010】さらに、鉄骨梁はRC柱に差し込むだけで
よいので、特殊な加工はいらず、施工誤差も吸収するこ
とができる。
【0011】(2)請求項2に記載の発明は、前記建物
が免震構造物であることを前提として、上記請求項1記
載の柱と梁との接合方法を採用するものである。建物が
免震構造物であることから、免震構造により建物への地
震力が大きく低減される。その結果、少しの耐震要素を
設ければ、柱・梁フレームは地震力から開放されるの
で、柱・梁の接合部を剛接合にする必要はなくなる。よ
って、建物の耐震性を減少させずに、工費を削減するこ
とができる。
【0012】(3)請求項3に記載の発明は、前記建物
が耐震構造物であることを前提として、上記請求項1記
載の柱と梁との接合方法を採用するものである。建物が
耐震構造物、例えば耐震壁を有する建物であることか
ら、その耐震壁だけで地震時の水平荷重に耐えて効果的
に抵抗することができる。その結果、柱・梁の水平力負
担が軽減されるので柱・梁の接合部を剛接合にする必要
がなくなり、バランスのとれた構造が得られる。よっ
て、建物の耐震性を減少させずに、工費を削減すること
ができる。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、本発明を図示の実施形態に
基づいて説明する。
【0014】図1は、鉄骨梁によって広い空間を作った
建物1の柱・梁フレームを略示したもので、○印で示す
RC(鉄筋コンクリート)柱10と、鉄骨梁12とによ
る混合構造となっている。
【0015】建物1はその一部に耐震壁2を有する耐震
構造物となっており、耐震壁2はそのフレームにブレー
ス3を用いて枠組みを強化した構造でもよい。この耐震
壁2を有することによって、建物1は、地震時の水平荷
重に耐えて効果的に抵抗することができる構成となって
いる。
【0016】上記柱・梁フレームの接合部Aの縦断面を
図2に、また図2のIII −III 断面を図3に示す。
【0017】前記RC柱10は、図3に示したように断
面方形状の角柱として構成され、このRC柱10の内部
に、それぞれ側方から、つまり接合部Aの四方向から、
鉄骨梁12の先端部12aが差し込まれている。
【0018】図2に示すように、鉄骨梁12はI又はH
形鋼からなり、その先端部12aは、I形鋼の上下のフ
ランジ部16を切り欠いてウエブ18のみとした部分か
ら構成され、その先端部12aのウエブ18には、突起
物としてのピン20が、鉄骨梁12の幅方向に突出する
形で設けられている。
【0019】この実施形態の場合、ピン20は、鉄骨梁
12の先端部12aを柱内部に挿入してから設けてい
る。しかし、このピン20は、予め鉄骨梁12の先端部
12aに設けておき、そのピン20の備わった鉄骨梁先
端部12aを柱内部に挿入しても良い。この挿入に際
し、互いのピン20が接触しないようにするため、ピン
20は、柱の直径方向に対向する一組と直径方向に対向
する他の一組とで、その高さ位置が異なるように、ピン
20の位置をずらしてある。
【0020】この鉄骨梁先端部12aの挿入に前後し
て、柱10となるエリア内には、主筋22が配置され、
フープ筋24により拘束される。そして、鉄骨梁先端部
12aを柱10のエリア内に設置した後は、柱10のエ
リアと同一幅をもってコンクリートが打設される。な
お、図2中、4はスラブ、5はフロアーレベルを示す。
【0021】上記はRC柱10と鉄骨梁12との接合を
示したが、鉄骨梁12の先端部を鉄筋コンクリート梁2
6に対して同様に図4の如く差し込んで接続することも
できる。なお、図4中、28、30は梁の鉄筋である。
【0022】次に、図1中の柱・梁フレームの接合部B
で、このRC柱10の内部には、接合部Bの側方の二方
向から、鉄骨梁12の先端部が差し込まれている。この
鉄骨梁12の先端部の挿入に際し、互いのピンが接触し
ないようにするため、ピンは隣り合う鉄骨梁12同士で
その高さ位置が異なっている。そして、この接合部Bで
は一方の鉄骨梁12の先端部の挿入深さを他方より大き
くして、当該先端部及びピンのコンクリートとのからみ
を大きくとるようにしている。また、この鉄骨梁先端部
が存在する縦方向領域内においても、鉄筋により主筋の
周囲を拘束するようにしている。そして、当該接合部分
の外側に、柱10のエリアと同一幅をもってコンクリー
トが打設される。
【0023】上記柱と梁の接合方法によれば、鉄骨梁1
2はRC柱10に差し込むだけでよいので、溶接作業や
高力ボルト接合作業といった特殊な作業はいらず、鉄骨
梁12とRC柱10との位置精度に関する施工誤差も吸
収することができる。
【0024】また、ピン20を柱10の内部で梁先端部
12aに設けた、いわゆるピン接合によっているため、
鉛直と水平方向の移動はピン20で拘束されるが、ピン
20を中心として回転は自由にできる構成が得られる。
そして、建物1はその一部に耐震壁2を有するため、地
震に対しては、この耐震壁2で有効に対抗できることか
ら、上記のように柱10と梁12の整合部をピン接合と
することができる。従って、剛接合にするための従来の
溶接作業や高力ボルト接合作業をなくし、工費の低減を
図ることができる。
【0025】この考え方は、免震構造を採用して建物へ
の地震力を大きく低減し、さらに少しの耐震要素(ブレ
ース)を設けたある程度の耐震壁をがあれば、それだけ
で地震に抵抗できる、とするものである。よって、その
ように構成した建物の柱・梁の複合構造に本発明を適用
することができる。即ち、免震ゴムやダンパーを用いた
公知の免震装置が建物の下に設けられた免震構造を有
し、さらにある程度の耐力を備えた耐震壁を有する建物
への適用が望ましい。かかる免震構造と耐震壁とを有す
る建物の場合は、柱・梁フレームは地震力から開放され
る。従って、柱と梁の接合部を剛接合にしなくても、耐
震性が確保されると同時に、上記ピン接合とした効果に
より、施工性の向上と工費の低減を図ることができる。
【0026】要するに、鉄筋コンクリート柱10と鉄骨
梁12とによる混合構造の建物の柱と梁との接合方法に
おいて、免震構造とともに少しの耐震要素を有する耐震
壁を備えた構造物であれば、その梁12の先端部12a
を柱10の内部に挿入し、その梁の先端部12aに幅方
向に突出するピン20を設けることにより、柱梁の接合
部が単純化され、鉄骨の製作、現場作業が容易になると
共に、工費の低減が図れる。
【0027】
【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、次
のような優れた効果が得られる。
【0028】(1)請求項1に記載の発明は、柱を鉄筋
コンクリート構造とし梁を鉄骨構造とした混合構造の建
物の柱と梁との接合方法において、梁の先端部を柱内部
に挿入し、その梁の先端部に幅方向に突出する突起物を
設けるものであるため、突起物を中心として回転ができ
る、いわゆるピン接合となる。このため、柱から鉄骨を
なくすことができ、また柱と梁の接合部の溶接や高力ボ
ルト接合の作業をなくすことができる。また、鉄骨梁は
鉄筋コンクリート柱に差し込むだけでよいので、特殊な
加工はいらず、施工誤差も吸収することができる。
【0029】(2)請求項2に記載の発明は、建物が免
震構造物であることを前提として、上記柱と梁との接合
方法を採用するものである。免震構造により建物への地
震力が大きく低減される結果、柱・梁フレームが地震力
から開放されるので、柱・梁の接合部を剛接合にする必
要はなくなる。よって、建物の耐震性を減少させずに、
工費を削減することができる。
【0030】(3)請求項3に記載の発明は、建物が耐
震構造物であることを前提として、上記柱と梁との接合
方法を採用するものである。建物が耐震構造物を有する
建物であることから、その耐震構造だけで地震時の水平
荷重に耐えて効果的に抵抗することができる。その結
果、柱・梁の水平力負担が軽減されるので柱・梁の接合
部を剛接合にする必要がなくなり、バランスのとれた構
造が得られる。よって、建物の耐震性を減少させずに、
工費を削減することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施形態に係る建物の柱・梁フレーム
の概要を示した平面図である。
【図2】図1の柱・梁フレームの接合部Aの縦断面を示
した図である。
【図3】図2のIII −III 断面を示した図である。
【図4】梁と梁の接合例を示した図である。
【符号の説明】 1 建物 2 耐震壁 3 ブレース 4 スラブ 5 フロアーレベル 10 RC柱 12 鉄骨梁 12a 先端部 16 フランジ部 18 ウエブ 20 ピン(突起物) 22 主筋 24 フープ筋 26 鉄筋コンクリート梁 28、30 鉄筋

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 柱を鉄筋コンクリート構造とし、梁を鉄
    骨構造とした混合構造の建物の柱と梁との接合方法にお
    いて、梁の先端部を柱内部に挿入し、その梁の先端部に
    幅方向に突出する突起物を設けたことを特徴とする柱と
    梁との接合方法。
  2. 【請求項2】 前記建物が免震構造物である請求項1記
    載の柱と梁との接合方法。
  3. 【請求項3】 前記建物が耐震構造物である請求項1記
    載の柱と梁との接合方法。
JP32889897A 1997-11-28 1997-11-28 柱と梁の接合方法 Pending JPH11159001A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32889897A JPH11159001A (ja) 1997-11-28 1997-11-28 柱と梁の接合方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32889897A JPH11159001A (ja) 1997-11-28 1997-11-28 柱と梁の接合方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11159001A true JPH11159001A (ja) 1999-06-15

Family

ID=18215332

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32889897A Pending JPH11159001A (ja) 1997-11-28 1997-11-28 柱と梁の接合方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11159001A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102979162A (zh) * 2012-11-26 2013-03-20 北京工业大学 一种多高层装配式钢结构框架-预应力中心支撑体系
CN102979163A (zh) * 2012-11-26 2013-03-20 北京工业大学 一种多高层装配式钢结构框架-预应力偏心支撑体系
CN103088917A (zh) * 2013-02-05 2013-05-08 北京建筑工程学院 一种震后具有自复位功能的新型预制预应力钢框架结构体系
CN104989119A (zh) * 2015-05-25 2015-10-21 西安建筑科技大学 一种采用角钢加固木结构节点的方法
CN105089148A (zh) * 2015-09-06 2015-11-25 广东菲思科金属科技有限公司 铝合金房屋的侧向立面系统
CN105332417A (zh) * 2015-12-04 2016-02-17 武汉理工大学 外包混凝土的预制钢框架组合结构的施工方法
JP2018009355A (ja) * 2016-07-13 2018-01-18 株式会社竹中工務店 柱梁の接合構造

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102979162A (zh) * 2012-11-26 2013-03-20 北京工业大学 一种多高层装配式钢结构框架-预应力中心支撑体系
CN102979163A (zh) * 2012-11-26 2013-03-20 北京工业大学 一种多高层装配式钢结构框架-预应力偏心支撑体系
CN102979163B (zh) * 2012-11-26 2015-06-17 北京工业大学 一种多高层装配式钢结构框架-预应力偏心支撑体系
CN103088917A (zh) * 2013-02-05 2013-05-08 北京建筑工程学院 一种震后具有自复位功能的新型预制预应力钢框架结构体系
CN103088917B (zh) * 2013-02-05 2015-10-28 北京建筑大学 一种震后具有自复位功能的新型预制预应力钢框架结构体系
CN104989119A (zh) * 2015-05-25 2015-10-21 西安建筑科技大学 一种采用角钢加固木结构节点的方法
CN104989119B (zh) * 2015-05-25 2017-03-15 西安建筑科技大学 一种采用角钢加固木结构节点的方法
CN105089148A (zh) * 2015-09-06 2015-11-25 广东菲思科金属科技有限公司 铝合金房屋的侧向立面系统
CN105332417A (zh) * 2015-12-04 2016-02-17 武汉理工大学 外包混凝土的预制钢框架组合结构的施工方法
JP2018009355A (ja) * 2016-07-13 2018-01-18 株式会社竹中工務店 柱梁の接合構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH09209450A (ja) 柱・梁接合構造およびこれを用いた鉄骨架構
JPH11159001A (ja) 柱と梁の接合方法
JPH11100854A (ja) 建築物およびその基礎構造
JPH1096329A (ja) 既存建築物の耐震補強方法
JP2000234387A (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合方法およびその接合構造、ならびに鉄骨梁
JP2005299138A (ja) ラーメン架構の補強構造
JP3284391B2 (ja) 鉄筋コンクリート架構およびその施工方法
JP2566701Y2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JP2663463B2 (ja) 多層建物の柱・梁仕口構造
JP3611473B2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート構造の柱梁接合部補強方法
JPH05272171A (ja) 柱・梁の混合構造
JPH0740561Y2 (ja) 柱梁接合部構造
JP3639368B2 (ja) 鉄骨柱脚部の基礎構造
JP3035205U (ja) 柱・梁接合装置
JP2534160Y2 (ja) 柱梁の仕口構造
JPH0732706Y2 (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造
JP2000291289A (ja) 耐震部材の接合構造
JP2002070159A (ja) 建物の構造
JPH06185117A (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JP2001288816A (ja) 小鉄骨内蔵鉄筋コンクリート造柱と鉄骨梁の接合構法及び接合構造
JPH06146397A (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート柱と梁の接合構造
JP3856796B2 (ja) コンクリート造柱と鉄骨梁による建物架構の構築方法
JPH0598703A (ja) 多層rcコアウオール構造体とその施工方法
JP2000034780A (ja) 柱構造
JP2524513Y2 (ja) 柱梁の接合構造