JPH11144373A - Optical disk reproducing device - Google Patents

Optical disk reproducing device

Info

Publication number
JPH11144373A
JPH11144373A JP31228897A JP31228897A JPH11144373A JP H11144373 A JPH11144373 A JP H11144373A JP 31228897 A JP31228897 A JP 31228897A JP 31228897 A JP31228897 A JP 31228897A JP H11144373 A JPH11144373 A JP H11144373A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
optical disk
reproducing apparatus
control unit
rotational speed
spindle motor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP31228897A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tomoaki Izumi
Kazuhiko Kono
Masataka Nikaido
Masayuki Shibano
Eiji Ueda
Takatoshi Yukimasa
英司 上田
正隆 二階堂
智紹 泉
和彦 甲野
正行 芝野
隆俊 行正
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP31228897A priority Critical patent/JPH11144373A/en
Publication of JPH11144373A publication Critical patent/JPH11144373A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent unnecessary circuit operations during an intermittent period to reduce power and to limit power consumption by motor rotation to increase a power saving effect in a reproducing device for intermittently reproducing data from an optical disk, temporarily storing the data in a memory and reading and reproducing data from the memory continuously and at a low speed. SOLUTION: A system control unit 112 controls a PU control unit 110, a reproducing amplifier 103 and a signal processing section 104 by a circuit stop command SLP according to a memory remaining amount in a RAM 106, and driving in a motor control unit 111 is also controlled by a motor control unit stop command SPSLP.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、光ディスク再生装置に関し、特に消費電力の小さな光ディスク再生装置、 The present invention relates to relates to an optical disk reproducing apparatus, especially small optical disk reproducing apparatus of power,
中でも携帯型の装置において連続再生動作時間を長いものとできる光ディスク再生装置に関する。 Among them it relates to an optical disc reproducing apparatus capable of a long continuous playback operation time in a portable device.

【0002】 [0002]

【従来の技術】現在、オーディオ用の記録媒体として用いられる光ディスクとしては、CD(コンパクトディスク)、及びMD(ミニディスク)が実用化されており、 At present, as an optical disk used as a recording medium for audio, CD (compact disc), and MD (mini disc) has been put into practical use,
このうちCDは通常、記録がなされた状態で流通され、 Among CD it is usually distributed in a state in which recording has been made,
一般使用者は専ら再生のみを行うものとなっている場合が多いが、MDについては、通常一般使用者が記録・再生を行うものとして用いられている。 In many cases the general user that is intended to exclusively perform only reproduction, for MD, normally general user is used as for recording and reproduction. これら光ディスク記録媒体の特徴としては、レーザーを利用した高密度記録により、その形態が比較的小型(小径)であり流通性や可搬性に優れること、一般に磁気記録媒体よりも記録の信頼性が高いこと、また、ランダムアクセスが可能であり、かつ、アクセスが早いこと等があげられる。 The characteristics of these optical disk recording medium, high-density recording using a laser, its form relatively small (small), and is excellent in flow property and portability, high reliability of the recording than general magnetic recording medium it, also, is capable of random access, and that such access is fast, and the like. 高速なランダムアクセス性は、特にテープ媒体と比較した場合に顕著であり、普及の大きな要因となっている。 High-speed random accessibility is particularly remarkable when compared to the tape medium, a major cause of widespread.

【0003】これら光ディスクの中でも、特にMDは、 [0003] Among these optical disk, in particular MD,
オーディオ信号に対して人の聴覚心理特性を巧みに利用して圧縮した上で記録するものであり、よってCDの約半分の直径のディスクにCDと同等の長さの音楽を記録出来るようにしたため、携帯性の点で高い評価を得て、 It is intended to record on compressed using skillfully the psychoacoustic characteristics of the human to the audio signal, thus because you allow recording the same length music and CD to the disc of about half the diameter of the CD , a high reputation in terms of portability,
最近急速に普及しつつある。 Recently rapidly becoming popular. 携帯型のMDプレーヤを実用化する場合に、電力源として通常は電池を用いるので、電池から得られる限られた電力によって、如何に長い時間の連続動作を可能とするかは、開発の重要なポイントとなる。 If the practical use of portable MD player, because normally use a battery as a power source, the power limited obtained from the battery, whether to allow how long time of continuous operation, important in the development the point.

【0004】従来より各社において開発された省電力のための技術としては、たとえば回路技術を駆使して可能な限り少ない個数の集積回路に必要な回路を集積し、回路規模の小型化によって省電力を図ること、或いは電気回路の動作電圧を可能な限り抑制することなどが行われていた。 [0004] As a technique for saving power developed at their respective prior art, for example, integrated circuits necessary for an integrated circuit smaller number as possible by making full use of circuit technology, power consumption by downsizing the circuit scale possible to, or the like can be suppressed as much as possible the operating voltage of the electric circuit has been performed. さらに、近年においては、MDシステムでのオーディオ信号圧縮技術により、記録されたオーディオ信号は約4.8分の1に圧縮されていることを巧みに利用して、信号再生にとって冗長な回路動作を停止させる技術が実用化され、省電力に貢献している。 Further, in recent years, the audio signal compression technology in MD system, recorded audio signal by skillfully utilizing the fact that has been compressed by a factor of about 4.8 minutes, the redundant circuit operation for signal reproduction techniques for stopping is practically, contributing to power saving. 以下に、かかる従来の技術による光ディスク再生装置について図を用いて説明する。 It will be described below with reference to FIG optical disk reproducing apparatus according to the conventional art.

【0005】図7は、消費電力を削減する工夫のなされた従来の技術による光ディスク再生装置としての、MD [0005] Figure 7, as the optical disc reproducing apparatus according to the prior art has been made of devise to reduce power consumption, MD
プレーヤの要部構成を示すブロック図である。 It is a block diagram showing a configuration of a main part of the player. 図示するように、光ディスク再生装置は、光ピックアップ70 As shown, the optical disk reproducing apparatus includes an optical pickup 70
2、再生アンプ703、信号処理部704、メモリ制御部705、RAM(Random Access Memory) 706、圧縮・伸張部707、DAC(Digital Analog Converte 2, a reproducing amplifier 703, the signal processing unit 704, a memory controller 705, RAM (Random Access Memory) 706, a compression and decompression unit 707, DAC (Digital Analog Converte
r) 708、モータ709、PU制御部710、スピンドルモータ制御部711、及びシステム制御部712を備え、光ディスク701から記録されたデータを読み出し(再生)て利用するものである。 r) 708, a motor 709, PU control unit 710, a spindle motor control unit 711, and includes a system controller 712, is to use this in reading the recorded data from the optical disk 701 (reproduced).

【0006】同図において、光ディスク701はたとえば前述のMDであり、ディジタルのオーディオ信号が記録または再生されるものである。 [0006] In the figure, the optical disc 701 is for example, a preceding MD, in which the digital audio signal is recorded or reproduced. 光ピックアップ702 The optical pick-up 702
は、レーザー光を利用して光ディスク701から信号を読み出す。 Reads a signal from the optical disk 701 by using a laser beam. 再生アンプ703は、光ピックアップ702 Reproduction amplifier 703, the optical pick-up 702
で読み出したディスク上のディジタル信号に対して信号処理を行い、圧縮オーディオ信号等の主情報を伝送するEFM(8−14変調)信号と、ディスク上の位置情報を伝送するADIP(アドレス)信号と、光ピックアップ702の位置制御に用いるフォーカスエラー信号、及びトラッキングエラー信号等のサーボ信号とを取得する。 Read performs signal processing on the digital signal on the disc, the EFM (8-14 modulation) signal for transmitting main information such as a compression audio signal, ADIP (address) for transmitting position information on the disk signal and in obtains a focus error signal used for position control of the optical pickup 702, and a servo signal such as a tracking error signal. 信号処理部704は、再生アンプ703から入力されたEFM信号、およびADIP信号に対して信号処理を行い、圧縮オーディオデータ、およびアドレス情報を取得する。 The signal processing unit 704, EFM signal inputted from the reproducing amplifier 703, and performs signal processing on the ADIP signal to obtain compressed audio data, and address information. メモリ制御部705は、後述するRAM70 The memory control unit 705 will be described later RAM70
6に蓄積されるデータの入出力を制御する。 It controls the data stored in the 6 input. RAM70 RAM70
6は、ランダムアクセスにより読み出し・書き込みを行うことが可能なメモリであり、データの一時蓄積に用いられるものである。 6 is a memory capable of performing read and write by the random access, and is used in the temporarily storing of the data. 圧縮伸張部707は、RAM706 Compression and decompression unit 707, RAM706
に蓄積されたデータに対して伸張処理を行い、圧縮を解いて元のディジタルオーディオ信号を生成する。 It performs decompression processing on the data stored in the by solving compression produces the original digital audio signal. DAC DAC
708は、入力されたディジタルオーディオ信号に対してディジタル−アナログ変換処理を行い、アナログのオーディオ信号を生成する。 708, a digital on the input digital audio signal - performs analog conversion to generate an analog audio signal.

【0007】スピンドルモータ709は、後述するスピンドルモータ制御部711の制御に従って光ディスク7 [0007] The spindle motor 709, the optical disc 7 according to control of the spindle motor control unit 711 to be described later
01を回転させる。 01 is rotated. PU(ピックアップ)制御部710 PU (pickup) controller 710
は、光ピックアップ702の位置を制御する。 Controls the position of the optical pickup 702. スピンドルモータ制御部711は、スピンドルモータ709の回転を制御する。 Spindle motor control unit 711 controls the rotation of the spindle motor 709. システム制御部712は、メモリ制御部705を介して取得するRAM706におけるメモリ残量を監視して、該メモリ残量に対応した制御信号を出力することによって、当該光ディスク再生装置におけるオーディオの再生を制御する。 The system control unit 712 monitors the remaining memory in the RAM706 to get through the memory control unit 705, by outputting a control signal corresponding to the remaining memory capacity, control the playback of audio in the optical disc reproducing apparatus to.

【0008】このように構成された従来の技術による光ディスク装置における、データ再生の際の「A.オーディオ再生」、「B.バッファリング」、「C.光ピックアップ・光ディスク回転制御」、および「D.省電力のための再生制御」の動作について、以下に説明する。 [0008] in such an optical disk apparatus according to the prior art that are configured, "A. Audio playback" during data reproduction, "B. Buffering", "C. Light pick-up disc rotation control", and "D the operation of the regeneration control "for. power will be described below.

【0009】A. [0009] A. オーディオ再生 光ピックアップ702は、スピンドルモータ709が回転させている光ディスク701から、当該光ディスクに記録された信号を読み出して、再生アンプ703に出力する。 Audio playback optical pickup 702 from optical disc 701 to the spindle motor 709 is rotated to read the signal recorded on the optical disc, and outputs it to the reproduction amplifier 703. 再生アンプ703は、入力された信号に対して信号処理を行うことにより、圧縮オーディオ信号等の主情報を伝送するEFM(8−14変調)信号、及びディスク上の位置情報を伝送するADIP(アドレス)信号とを取得して、これらを信号処理部704に出力する。 Reproducing amplifier 703, by performing signal processing on the input signal, EFM (8-14 modulation) signal for transmitting main information such as a compression audio signal, and ADIP (address for transmitting position information on the disk ) signal and obtains and outputs them to the signal processing unit 704.

【0010】信号処理部704は、入力された信号に対してディジタル信号処理である再生処理を行い、EFM [0010] The signal processing unit 704 performs a reproducing process which is a digital signal processing of an inputted signal, EFM
信号およびADIP信号から、圧縮オーディオデータ、 From the signal, and ADIP signal, the compressed audio data,
及びアドレス情報を再生する。 And reproducing address information. 信号処理部704において再生された圧縮オーディオデータは、メモリ制御部7 Compressed audio data reproduced by the signal processing unit 704, the memory controller 7
05を介して一旦RAM706に蓄積される。 Through 05 it is temporarily stored in the RAM 706. この蓄積は後述する「B.バッファリング」のように行われる。 This accumulation is performed as "B. buffering" described later.
その後、蓄積された圧縮オーディオデータは、圧縮伸張部707の要求に応じて再びメモリ制御部705を介して読み出され、圧縮伸張部707内で圧縮が解かれて元のディジタル形式のオーディオ信号となる。 Thereafter, the compressed audio data stored is read out via the memory controller 705 again in response to a request from the decompression unit 707, the audio signal is compressed in the compression expansion portion 707 is released by the original digital form and Become. その後DA Then DA
C708でディジタル形式のオーディオ信号はアナログのオーディオ信号に復元されて、スピーカや、ヘッドフォン等(図示せず)から放音される。 Audio signals in digital form in C708 is restored to an analog audio signal, a speaker and is emitted from the headphones or the like (not shown).

【0011】B. [0011] B. バッファリング RAM706での圧縮オーディオデータのバッファリングについて説明していくにあたり、まずRAM706のデータ蓄積方式について簡単に説明する。 Upon going to describe the buffering of the compressed audio data in the buffering RAM 706, first briefly describes the data storage method of RAM 706. 図8はRAM 8 RAM
706に対しての蓄積を模式的に表現している。 It is schematic representation of the accumulation against 706. ただし801、及び802は、それぞれ書き込みアドレス、及び読み出しアドレスの位置を示す番号であり、アドレス値ではない。 However 801, and 802, the write address respectively, and a number indicating the position of the read address is not an address value.

【0012】記録・再生するデータを一時蓄積するバッファについては、FIFO(先入れ・先出し)方式に従って、データの蓄積がなされることが望ましい。 [0012] The buffer for temporarily storing the data to be recorded and reproduced in accordance with the FIFO (first in-first out) system, it is desirable that the data storage is made. 又、一時蓄積に用いることのできるメモリの容量は有限である。 Also, the amount of memory can be used for the temporary storage is finite. かかる場合に、リングバッファの手法によってメモリを用いることで、効果的にFIFO方式に従っての一時蓄積を行うことが可能となる。 In such a case, by using the memory by the technique of the ring buffer becomes effectively possible to perform temporary storage of according FIFO method. ここでリングバッファ手法とは、バッファに用いるメモリにおいて、その記憶部位を一意的に示すアドレス番号の順に従って、順次データの蓄積を行うものとし、先頭アドレスより蓄積を始め、該メモリにおけるデータの蓄積部位が最後尾アドレスまで至ったならば、その後先頭アドレスにまた戻って同様の蓄積を行い、図8に示すように、見かけ上循環的にエンドレスにメモリを使用するアルゴリズムに従って一時蓄積を行う方法である。 Here, the ring buffer method, the memory used to buffer, according to the order of the address number indicating the storage site uniquely, and shall sequentially performing accumulation of the data, including the accumulation from the start address, the accumulation of data in the memory if the site has reached to the end address, the same storage and then back again to the start address, as shown in FIG. 8, in a method of performing temporary storage in accordance with an algorithm that uses the memory apparently cyclically endlessly is there.

【0013】信号処理部704で復元された圧縮オーディオデータは、メモリ制御部705により上記データ蓄積方式に従って、RAM706に蓄積される。 [0013] compressed audio data restored by the signal processing unit 704, in accordance with the data storage system by the memory control unit 705, is stored in the RAM 706. 図8に示すように、蓄積されるデータは、書き込みアドレス31 As shown in FIG. 8, the data to be stored, the write address 31
から時計回りの方向に、循環するように順次書き込まれていくものである。 In the clockwise direction from, those going written sequentially to circulate. 前述のように光ディスク701に記録されているデータは圧縮されたものであることから、 Since data recorded are those compressed to the optical disc 701 as described above,
光ディスクからの読み出しに要する時間は、該読み出されたデータが処理され、最終的にオーディオデータが放音される時間より短いものとなるため、光ディスク70 Time required to read from the optical disk, the read data is processed, since the final audio data is shorter than the time that is sound, an optical disk 70
1からの読み出しは間欠的に行われる。 Reading from 1 is performed intermittently. 従って、RAM Therefore, RAM
706への書き込み動作についても、該読み出しに伴って間欠的に行われる。 For even write operation to 706, it carried out intermittently with the said reading.

【0014】一方、圧縮伸張部707の要求に従って読み出されるデータは、図8の読み出しアドレス32から、これも時計回りの方向で順次読み出される。 [0014] On the other hand, data read out in accordance with the requirements of the compression decompression unit 707, the read address 32 of FIG. 8, which is also sequentially read out in the clockwise direction. 圧縮伸張部707からの読み出し要求は、圧縮伸張部707における処理との関係による多少の不均一性はあるものの、ほぼ一定の速度で行われ、これによりオーディオ信号を絶え間なく出力し、再生することが可能である。 Read request from the decompression unit 707, although there are some non-uniformity due to the relationship between the process in the compression and expansion unit 707, almost at a constant speed, that this continuously outputs an audio signal by, playing it is possible. 従って、間欠的に進む書き込みアドレス31と、ほぼ一定速度で進む読み出しアドレス32とは、メモリ残量だけの間をおいた追いつ追われつの関係を保って、図8のリング上を移動することになる。 Accordingly, the write address 31 to proceed intermittently, the read address 32 traveling at a substantially constant rate, the chased One follow were placed only between the remaining memory capacity while maintaining a relationship of a column, it moves on the ring of FIG. 8 become. かかる追いつ追われつの関係において、例えば読み出しアドレス32が書き込みアドレス31を追い越したり(アンダーフロー)、逆に書き込みアドレス31が読み出しアドレス32に追いついたり(オーバーフロー)すると、正しくオーディオ信号が再生されず、再生のとぎれや停止を招くこととなる。 In the context of such a chase One chased column e.g. read address 32 overtaking or (underflow) the write address 31, or caught up with the write address 31 on the contrary the read address 32 (overflow), the not correctly audio signal is reproduced, and thus lead to a break and stop playback.

【0015】このため、メモリ制御部705は、RAM [0015] For this reason, the memory controller 705, RAM
706に対して読み出し、または書き込みを行ったとき、そのアドレス値をシステム制御部712に出力し、 Reading from the 706, or when performing a write, and outputs the address value to the system control unit 712,
システム制御部712は、書き込みアドレス31と読み出しアドレス32の距離であり、RAMにおけるデータ蓄積量であるメモリ残量REM(図8)を監視し、該メモリ残量に応じて光ディスク701からのデータ再生を制御することで、オーバーフローやアンダーフローを起こさないようにしている。 The system control unit 712 is the distance of the write address 31 and read address 32 to monitor the remaining memory REM is a data accumulation amount in RAM (FIG. 8), data reproduction from the optical disk 701 in response to the remaining memory by controlling the, so that not overflow or underflow.

【0016】このため、システム制御部712は、メモリ残量の下限の閾値であるTLと、上限の閾値であるT [0016] Thus, the system control unit 712 is TL and the upper limit threshold of a lower threshold of the remaining memory T
Hとを予め設定しておき、メモリ残量がTLとTHの間の値を維持するように制御する。 Have set up and H in advance, the remaining memory capacity is controlled to maintain the value between TL and TH. 従って、システム制御部712は、メモリ残量REMが所定値TLを上回るときは光ディスク701からの読み出しとRAM706への蓄積を行わず、該所定値TL以下になった時点で、光ディスク701からのデータ読み出しとRAM706への蓄積を行うよう制御して、アンダーフローを防止する。 Thus, the system control unit 712, when the when the remaining memory REM exceeds a predetermined value TL without accumulation in the read and RAM706 from the optical disk 701, falls below the predetermined value TL, the data from the optical disc 701 and it controls to perform accumulation in the read and RAM 706, to prevent underflow. また、システム制御部712は、メモリ残量REM The system control unit 712, memory remaining amount REM
が上限の閾値として設定された所定値TH以上に達した時点で、光ディスク701からのデータ読み出しとRA Once but reaches a predetermined value or more TH set as the upper threshold, the data read and the RA from the optical disc 701
M706への蓄積を休止するよう制御して、オーバーフローを防止する。 And controls so as to halt the accumulation in the M706, to prevent overflow.

【0017】システム制御部712によるかかる制御において、具体的な信号の出力については、「D.省電力のための再生制御」において、併せて説明する。 [0017] In this control by the system control unit 712, the output of the specific signal, the "D. Ministry playback control for power", together will be described.

【0018】C. [0018] C. 光ピックアップ・光ディスク回転制御 光ピックアップ702の位置制御については、光ディスク701上で所望の記録位置に移動するためのトラッキング制御と、光ディスク701面上でレーザ光の焦点を結ばせるためのフォーカシング制御とが必要となる。 For the position control of the optical pick-up disc rotation control optical pickup 702, a tracking control for moving to a desired recording position on the optical disk 701, a focusing control for focusing the laser beam on the optical disk 701 surface is is required. 前者は光ディスク701の記録面と平行的な水平方向の移動に対する制御であり、後者は光ディスク面と垂直方向に距離を変更する移動に対する制御となる。 The former is a control for the movement of the recording surface parallel to specific horizontal direction of the optical disc 701, the latter as a control for the mobile to change the distance to the optical disk surface and vertically. また、光ピックアップ702の移動については、所望の記録位置までディスク半径方向に大きく移動する場合もある。 Also, the movement of the optical pickup 702 may also be moved largely in the radial direction of the disk to a desired recording position.

【0019】再生アンプ703は、光ピックアップ70 [0019] The reproduction amplifier 703, the optical pick-up 70
2が光ディスク701から読み出した信号に対して信号処理を行うことによって、光ピックアップ702の位置制御に用いるフォーカスエラー信号、及びトラッキングエラー信号を取得してPU制御部710に出力する。 By performing signal processing on the 2 read from the optical disk 701 signal, a focus error signal used for position control of the optical pickup 702, and obtains the tracking error signal outputted to the PU control unit 710. P
U制御部710は再生アンプ703から入力されるフォーカスエラー信号、及びトラッキングエラー信号に基いて、フォーカスサーボと、トラッキングサーボとを行い、さらに、必要に応じて光ピックアップ702全体のディスク半径方向への移送サーボを行う。 U control unit 710 based on the focus error signal, and tracking error signal inputted from the reproducing amplifier 703, the focus servo performs a tracking servo, further to the disk radial direction of the entire optical pickup 702 as needed carry out the transfer servo. これにより光ディスク701からの読み出し動作の安定化を図ることができる。 This makes it possible to stabilize the operation of reading from the optical disk 701.

【0020】一方、光ディスクの回転については、スピンドルモータ制御部711が、スピンドルモータ709 Meanwhile, the rotation of the optical disk, the spindle motor control unit 711, a spindle motor 709
の回転によって得られる回転数信号FGを基にスピンドルモータ709の回転を安定に保つべく制御する。 Controlled to maintain stable rotation of the spindle motor 709 on the basis of the speed signal FG obtained by the rotation. 回転数に相当する信号FGについては、光学的な回転エンコーダや、モータのコイルに生じる逆起電力等を利用して取得するものとする。 For equivalent signal FG to the rotation speed shall be acquired by utilizing the optical rotation encoders and back EMF, etc. generated in the coil of the motor.

【0021】D. [0021] D. 省電力のための制御 ここで、この従来の技術による光ディスク再生装置では、再生動作中における不要な回路動作を停止するように制御を行うことによって、電力の節約を図るものである。 Here the control for power saving, the optical disk reproducing apparatus according to the prior art, by performing a control to stop the unnecessary circuit operation during the playback operation, is intended to achieve saving of power. 図9は従来の技術による光ディスク再生装置における、かかる制御による電力節約手法を示すタイミングチャート図である。 Figure 9 is in the optical disc reproducing apparatus according to the prior art, it is a timing chart showing a power saving method by such control.

【0022】同図においては、横軸を時間軸として、 [0022] In the figure, the horizontal axis as a time axis,
(a) にRAM706におけるメモリ残量REM(図8参照)の、(b) にシステム制御部712から出力される回路部休止指令SLPの状態の、また、(d) に前述の回転数信号FGの時間的推移を示すものである。 Remaining memory REM in RAM706 in (a) (see FIG. 8), the (b) of the state of the circuit portion pause command SLP output from the system control unit 712, also speed signal FG described above in (d) of It shows a temporal transition. 以下に、同図を用いて、従来の技術による光ディスク再生装置における、省電力のための制御の動作を説明する。 Hereinafter, with reference to the drawing, in the optical disc reproducing apparatus according to the prior art, the operation of the control for power saving.

【0023】「B.バッファリング」で説明したように、図9(a) に示すメモリ残量REMが所定の値TLを下回らないときは、光ディスク701からのデータ読み出しとRAM706への蓄積は行わない。 [0023] As described in "B. Buffering", when the memory residual amount REM shown in FIG. 9 (a) is not less than a predetermined value TL is the accumulation of the data reading and RAM706 from the optical disk 701 is carried out Absent. 従って、区間Cでは、光ディスク701からのデータ読み出しが休止しており、RAM706に対する書き込みは行われず、 Therefore, in the section C, the data read from the optical disk 701 are at rest, writing to RAM706 is not performed,
読み出しのみが行われるので、メモリ残量REMはコンスタントに減少している。 Since only reading is performed, the remaining memory REM is reduced constantly.

【0024】また、本実施例では電力削減の為に、光ディスク701からのデータ読み出しを休止している期間は、ピックアップ制御部710、再生アンプ703、及び信号処理部704について動作を停止させるか、或いは待機状態とするような制御を行う。 Further, in order to reduce power in this embodiment, if the period of resting the data read from the optical disc 701, a pickup control unit 710 stops the operation for reproduction amplifier 703 and the signal processing unit 704, or performs control such that a standby state. このような制御は、システム制御部712から出力される回路部休止指令SLPにより行われる。 Such control is performed by the circuit section resting command SLP output from the system control unit 712.

【0025】図9(b) は、システム制御部712から出力される指令SLPを示す。 FIG. 9 (b) shows the command SLP output from the system control unit 712. システム制御部712はメモリ残量REMを監視し、REMの値を所定値TH及びTLと比較して、REMがTL以下となった時点でSL The system control unit 712 monitors the remaining memory REM, by comparing the value of REM with the predetermined value TH and TL, SL when REM is equal to or less than TL
Pを論理Hとし、その後REMがTH以上になった時点でSLPを論理Lとして、ピックアップ制御部710、 The P at logic H, then the SLP when REM is equal to or greater than TH as logic L, the pickup control unit 710,
再生アンプ703、及び信号処理部704に出力する。 Reproduction amplifier 703, and outputs to the signal processing unit 704.
図9(b) でONと表現している区間は、SLPが論理H Figure 9 (b) in section is expressed as ON is, SLP logical H
である区間であり、ピックアップ制御部710、再生アンプ703、及び信号処理部704が動作している。 A section is, the pickup control unit 710, a reproduction amplifier 703 and the signal processing unit 704, is operating. これに対し、同図ではOFFと表現している区間は、SL On the other hand, sections in the figure is expressed as OFF is, SL
Pが論理Lの区間であり、ピックアップ制御部710、 P is a section of logic L, the pickup control unit 710,
再生アンプ703、及び信号処理部704は、このSL Reproduction amplifier 703 and the signal processing unit 704, is the SL
P(論理L)を受けて停止或いは待機状態となり、電力消費の削減を図るものである。 In response to P (logic L) in a stopped or standby state, it is intended to reduce the power consumption.

【0026】なお、同図において、メモリ残量REMがTL以下となって、光ディスク701からのデータ読み出しが再開された直後においては、前述のような光ピックアップ702の制御における、フォーカスサーボやトラッキングサーボの引き込み整定に時間を要するものであり、これが区間Aに該当する。 [0026] In the figure, the remaining memory REM is equal to or less than TL, immediately after the data read from the optical disk 701 is resumed, the control of the optical pickup 702 as described above, the focus servo and tracking servo are those in the retracted settling takes time, which corresponds to section a. 実際に光ディスク70 In fact, the optical disc 70
1からのデータ読み出しがなされるのは区間Aでのサーボ整定動作終了後の区間Bにおいてである。 The data read out from the 1 made is in the interval B after the end servo settling behavior of the section A. また、図9 In addition, FIG. 9
(d) は、Cで説明したように、従来の技術による光ディスク再生装置では、光ディスクを一定の速度で回転させるように制御を行うものであるので、スピンドルモータ709の回転数FGが、全区間にわたって一定の値、すなわち再生に適した速度である再生速度における回転数に相当する値を保っていることを示している。 (D) is as described in C, and the optical disk reproducing apparatus according to the prior art, since it performs control to rotate the optical disc at a constant speed, the rotation speed FG of the spindle motor 709, the entire section constant value over, that is, the fact that keeping the value corresponding to the rotational speed of the playback speed is a speed suitable for reproducing.

【0027】 [0027]

【発明が解決しようとする課題】従来の技術による光ディスク再生装置では、間欠的な読み出しの動作中において、光ディスク701からの読み出しを休止している期間は、図7のピックアップ制御部710、再生アンプ7 In the optical disk reproducing apparatus according to the invention will to challenge to be solved] The prior art during the operation of the intermittent reading, period, sleeping read from the optical disc 701, a pickup control unit 710 of FIG. 7, a reproducing amplifier 7
03、及び信号処理部704については、システム制御部712からの回路部休止指令SLPに従って省電力状態となるので、当該システム全体の電力をある程度削減する事ができる。 03, and the signal processing unit 704, since the power saving state in accordance with the circuit portion pause command SLP from the system control unit 712, it is possible to reduce the power of the entire system to some extent. しかしながら、携帯機器としては未だ十分な省電力が達成されているとは言い難い。 However, it is hard to say that still sufficient power savings as a mobile device is achieved.

【0028】すなわち、図9(d) に示したように、この従来例では、スピンドルモータ709の回転数は、再生休止期間である区間Cにおいても一定値を保っているものである。 [0028] That is, as shown in FIG. 9 (d), in this prior art example, the rotation speed of the spindle motor 709 is intended that retain a constant value even in a section C is a reproduction pause. 即ちスピンドルモータの回転は読み出しを行っていないにもかかわらず読み出しを行っている場合と変わらず、回転制御された状態にあるため、スピンドルモータ及びモータ駆動回路での電力消費が無駄になっていた。 That rotation of the spindle motor is maintained at If the product has been despite reading not performed reading, because it is in a state of being rotated controlled, power consumption of the spindle motor and the motor drive circuit was wasted .

【0029】本発明は、かかる問題点に鑑みてなされたものであり、従来の技術による光ディスク再生装置よりも必要な消費電力を小さなものとし、携帯型の装置において連続再生動作時間を延長することができる光ディスク再生装置を提供することを目的とする。 [0029] The present invention has been made in view of such problems, it is the power consumption required than the optical disk reproducing apparatus according to the prior art small, extending the continuous playback operation time in a portable device and to provide an optical disc reproducing apparatus capable.

【0030】 [0030]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、請求項1にかかる光ディスク再生装置は、光ディスクに記録されたデータを再生して一時蓄積し、上記一時蓄積したデータを読み出して用いる光ディスク再生装置において、上記再生されたデータが一時蓄積されるバッファメモリと、上記バッファメモリにおける、上記データの蓄積量であるメモリ残量を監視するメモリ残量監視手段と、上記メモリ残量が、所定の第1の閾値よりも少なくなった時、上記光ディスクを回転させるスピンドルモータを起動するとともに、該光ディスクから新たにデータを再生して上記バッファメモリに蓄積する再生開始制御処理と、上記メモリ残量が、上記第1の閾値よりも大きい値を有する所定の第2の閾値を越えた時、上記光ディスクからの再生 To achieve the above object, according to an aspect of optical disc reproducing apparatus according to claim 1, and temporarily stores and reproduces data recorded on the optical disc, used reads the data stored at the one optical disc in reproduction apparatus, a buffer memory the reproduced data are accumulated temporarily in the buffer memory, and the memory remaining amount monitoring means for monitoring the remaining memory capacity is the accumulation amount of the data, the remaining memory capacity is predetermined when it becomes less than the first threshold value, as well as start the spindle motor rotating the optical disc, a reproduction start control process of storing in the buffer memory to reproduce the new data from the optical disk, the remaining memory but when it exceeds a predetermined second threshold value having a value larger than the first threshold value, reproducing from the optical disk 作を停止するとともに、ディスクを回転させるスピンドルモータの駆動を休止するよう制御する再生停止制御処理とを行うシステム制御手段を備えたものである。 It stops the work, but with a system control means for performing a reproduction stop control process for controlling so as to pause a drive of a spindle motor for rotating the disk.

【0031】また、請求項2にかかる光ディスク再生装置は、請求項1の装置において、上記システム制御手段は、上記再生停止制御処理において、上記メモリ残量が上記第2の閾値を越えた時点から、上記第1の閾値に達する時点までの間に、上記スピンドルモータの回転が停止状態にまで減速するよう制御するものである。 Further, the optical disk reproducing apparatus according to claim 2, in the apparatus of claim 1, said system control means is in the playback stop control process, from the time when the remaining memory capacity exceeds the second threshold , until the time reaches the first threshold value, and controls so that the rotation of the spindle motor is decelerated to a standstill.

【0032】また、請求項3にかかる光ディスク再生装置は、請求項1の装置において、上記光ディスクの回転数を監視して、回転数信号を出力する回転数監視手段をさらに備え、上記システム制御手段は、上記再生開始制御処理において、上記メモリ残量が、上記第1の閾値よりも少なくなった時、上記光ディスクを回転させるスピンドルモータを起動し、その後上記回転数信号が、再生可能な回転数を示す所定の値に達したときに、該光ディスクから新たにデータを再生して上記バッファメモリに蓄積するよう制御するものである。 Further, the optical disk reproducing apparatus according to claim 3, The apparatus of claim 1, monitors the rotational speed of the optical disc, further comprising a rotational speed monitoring means for outputting a speed signal, said system control means , in the reproduction start control process, the remaining memory capacity is, when it becomes less than the first threshold value, to start the spindle motor rotating the optical disc, then the rotational speed signal, reproducible rpm upon reaching a predetermined value indicating, and controls so as to accumulate in the buffer memory to reproduce the new data from the optical disk.

【0033】また、請求項4にかかる光ディスク再生装置は、請求項1の装置において、上記システム制御手段は、上記再生停止制御処理において、上記メモリ残量が上記第2の閾値を越えた時点から、上記第1の閾値に達する時点までの間に、上記スピンドルモータの回転が、 Further, the optical disk reproducing apparatus according to claim 4, in the apparatus of claim 1, said system control means is in the playback stop control process, from the time when the remaining memory capacity exceeds the second threshold , until the time reaches the first threshold value, the rotation of the spindle motor,
上記再生停止制御処理開始時における回転数より小さい値である所定の回転数に至るまで減速し、その後当該回転数を維持するよう制御するものである。 Slowed down to a predetermined speed is a rotational speed less than the value used during the reproduction stop control process starts, in which thereafter controlled to maintain the speed.

【0034】また、請求項5にかかる光ディスク再生装置は、請求項1の装置において、上記システム制御手段は、上記再生停止制御処理において、上記メモリ残量が上記第2の閾値を越えた時点から、上記第1の閾値に達する時点までの間に、上記スピンドルモータの回転が、 Further, the optical disk reproducing apparatus according to claim 5, The apparatus of claim 1, said system control means is in the playback stop control process, from the time when the remaining memory capacity exceeds the second threshold , until the time reaches the first threshold value, the rotation of the spindle motor,
上記再生停止制御処理開始時における回転数より小さい値である所定の回転数に至るまで減速し、その後当該回転数近傍の回転数を維持するよう制御するものである。 Slowed down to a predetermined speed is a rotational speed less than the value used during the reproduction stop control process starts, in which then controls so as to maintain the rotational speed of the rotational number of neighbors.

【0035】 [0035]

【発明の実施の形態】実施の形態1. DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION Embodiment 1. 本発明の実施の形態1による光ディスク再生装置は、光ディスクからの読み出しを行わない期間については、当該光ディスクの回転を停止するように、制御を行うものである。 The optical disk reproducing apparatus according to the first embodiment of the present invention, for periods not read from the optical disk, so as to stop the rotation of the optical disc, and performs control. 図1は、 Figure 1,
本実施の形態1による光ディスク再生装置である、MD An optical disk reproduction apparatus according to the first embodiment, MD
プレーヤの要部構成を示すブロック図である。 It is a block diagram showing a configuration of a main part of the player. 図示するように、光ディスク再生装置は、光ピックアップ10 As shown, the optical disk reproducing apparatus, the optical pickup 10
2、再生アンプ103、信号処理部104、メモリ制御部105、RAM(Random Access Memory) 106、圧縮・伸張部107、DAC(Digital Analog Converte 2, playback amplifier 103, the signal processing unit 104, a memory control unit 105, RAM (Random Access Memory) 106, a compression and decompression unit 107, DAC (Digital Analog Converte
r) 108、モータ109、PU制御部110、スピンドルモータ制御部111、システム制御部112、および回転数モニタ部113を備えており、光ディスク10 r) 108, a motor 109, PU control unit 110, a spindle motor control unit 111 includes a system control unit 112 and the rotation speed monitoring unit 113, the optical disk 10
1に記録されたデータを再生して利用する。 Use by reproducing the data recorded on the 1.

【0036】図において、スピンドルモータ制御部11 [0036] In view, a spindle motor control unit 11
1は、従来の技術による装置(図7の711)と同様にモータ709の回転を制御するものであるが、本実施の形態1による装置では、後述するシステム制御部112 1, apparatus according to the prior art but is to control the rotation of similarly motor 709 and (711 of FIG. 7), in the apparatus according to the first embodiment, the system control unit 112 to be described later
からのモータ制御部休止指令SPSLPに応じて、稼働状態と休止状態とを切り替えるものである。 Depending on the motor controller pause command SPSLP from, in which switching between operating state and resting state. システム制御部112は、従来の技術による装置のシステム制御部(図7の712)と同様の制御を行うが、本実施の形態1による装置では、スピンドルモータ109の回転を制御するためのモータ制御部休止指令SPSLPを出力するものである。 The system control unit 112, the system control unit of the device according to the prior art performs the same control as (712 in FIG. 7), in the apparatus according to the first embodiment, a motor control for controlling the rotation of the spindle motor 109 and it outputs the section resting command SPSLP.

【0037】回転数モニタ部113は、スピンドルモータ9の回転数を監視し、該監視の結果を信号FGCNT The rotation speed monitoring unit 113 monitors the rotational speed of the spindle motor 9, signals the result of the monitoring FGCNT
としてシステム制御部112に出力する。 And outputs to the system control section 112 as. 光ディスク1 Optical disk 1
01、光ピックアップ102、再生アンプ103、信号処理部104、メモリ制御部105、RAM106、圧縮・伸張部107、DAC108、モータ109、およびPU制御部110については、従来の技術による光ディスク再生装置の701〜710と同様であり、説明を省略する。 01, the optical pickup 102, the reproducing amplifier 103, the signal processing unit 104, a memory controller 105, RAM 106, the compression and decompression unit 107, DAC 108, the motor 109 and the PU control unit 110, the prior art optical disk reproducing apparatus according to 701 It is similar to ~710, omitted.

【0038】本実施の形態1による光ディスク再生装置の動作において、「A.オーディオ再生」、「B.バッファリング」、および「C.光ピックアップ・光ディスク回転制御」については、従来の技術による光ディスク再生装置と同様のものとなるので、説明を省略し、従来技術の「D.」に対応する省電力のための制御についてのみ説明する。 [0038] In operation of the optical disk reproduction apparatus according to the first embodiment, "A. Audio playback", "B. Buffering", and the "C. optical pickup disc rotation control", the optical disk reproduction according to the prior art since the similar to the device, not described, it will be described only for the control of the "D." for power saving corresponding to the prior art.

【0039】図2は本実施の形態1による光ディスク再生装置における、電力節約のための制御を説明するためのタイミングチャート図である。 [0039] Figure 2 in the optical disk reproduction apparatus according to the first embodiment, a timing chart for explaining the control for power saving. 同図においては、横軸を時間軸として、(a) にRAM706におけるメモリ残量REM(図8参照)の、(b) にシステム制御部712 In the figure, the horizontal axis as a time axis, the remaining memory capacity REM in RAM706 in (a) (see FIG. 8), the system control unit 712 (b)
から出力される回路部休止指令SLPの状態の、(c)にシステム制御部112から出力されるモータ制御部休止指令SPSLPの状態の、また、(d) に回転数信号FG The state of the circuit portion pause command SLP output from, the state of the motor controller pause command SPSLP output from the system control unit 112 (c), the addition, the rotational speed signal FG in (d) of
の時間的推移を示すものである。 It shows a temporal transition.

【0040】従来の技術による装置と同様に、本実施の形態1においても、図2(a) に示す区間Cでは、光ディスク101からのデータ読み出しが休止しており、RA [0040] Similar to the apparatus according to the prior art, also in Embodiment 1, has a data reading pause from section In C, the optical disk 101 shown in FIG. 2 (a), RA
M706に対する書き込みは行われず、読み出しのみが行われるので、同区間においてメモリ残量REMはコンスタントに減少している。 Writing to M706 is not performed, since only the read operation is performed, the remaining memory capacity REM in the same section is reduced constantly. そして、メモリ残量REM Then, the remaining memory capacity REM
が、所定値TL以下になった時点で、光ディスク101 But when it becomes less than a predetermined value TL, the optical disc 101
からのデータ読み出しを行い、メモリ残量REMが所定値TH以上に達した時点で、再び光ディスク101からのデータ読み出しを休止する。 Performs data reading from, when the memory residual amount REM has reached a predetermined value or more TH, suspends data reading from the optical disk 101 again.

【0041】システム制御部112による、ピックアップ制御部110、再生アンプ103、及び信号処理部1 [0041] According to the system control unit 112, the pickup control unit 110, a reproduction amplifier 103, and a signal processing unit 1
04に対しての回路部休止指令SLP出力についても、 For even circuit portion resting command SLP output relative to 04,
図2(b) に示すように従来の技術による装置と同様に、 Like the device according to the prior art as shown in FIG. 2 (b),
光ディスク101からの読み出しが行われない区間Cについては、動作を行わないように論理L(図ではOFF The section C which read from the optical disc 101 is not performed, OFF is a logical L (FIG so as not to perform the operation
と表記)として出力されており、上記各部分における電力の節約が図られるものである。 Hereinafter) are output as one in which power savings in the respective parts can be reduced.

【0042】本実施の形態1におけるシステム制御部1 The system control unit 1 of the first embodiment
12は、図2(a) のメモリ残量REMを監視して、RE 12 monitors the remaining memory capacity REM in FIG 2 (a), RE
Mが所定値TL以下になった時点で回路部休止指令SL Circuit portion pause command SL when M is equal to or less than a predetermined value TL
Pとともに、モータ制御部休止指令SPSLPを論理H Together with P, the logic H to the motor control unit halt command SPSLP
として出力する。 And outputs it as. 図2では、同指令SPSLPが論理H In Figure 2, the Directive SPSLP logical H
として出力される区間をONと表現している。 It is expressed as ON the section to be output as. スピンドルモータ制御部111は、モータ制御部休止指令SPS The spindle motor control unit 111, the motor control unit halt command SPS
LPが論理Hとなったとき、スピンドルモータ109に駆動電流を供給するものである。 When LP becomes logical H, and supplies the driving current to the spindle motor 109. 従って、図2(c) 、および同図(d) に示すように、SPSLPがONになった直後に、FGが増加しており、駆動を受けたスピンドルモータ109、またディスク101が回転数を増す加速状態であることを示している。 Accordingly, as shown in FIG. 2 (c), and FIG. (D), immediately after the SPSLP is turned ON, FG is increasing, the spindle motor 109 receiving the driving, also the disc 101 rpm It indicates that the acceleration state to increase.

【0043】図2(b) 、および同図(c) に示すように、 [0043] As shown in FIG. 2 (b), and FIG. (C),
指令SPSLPの切り替えと同時に、システム制御部1 Simultaneously with the switching command SPSLP, the system control unit 1
12から出力される回路部休止指令SLPも切り替えられて論理Hとなることから、ピックアップ制御部110 Since the logic H is also switched circuit portion pause command SLP output from 12, the pickup control unit 110
は休止状態から復帰して動作を再開する。 It resumes operation to return from hibernation. また同様に再生アンプ103、信号処理部104も動作を再開する。 Similarly reproducing amplifier 103, the signal processing unit 104 also restarts the operation.
従来の技術による装置と同様に、図2(a) に示す区間A Like the device according to the prior art, the section A shown in FIG. 2 (a)
の経過後に、スピンドルモータ109の回転が再生速度に達するとディスクからの信号再生が可能となり、区間Bでは再生アンプ103及び信号処理部104の働きでデータ再生が行われ、RAM106へのデータ書き込みがなされるので、メモリ残量REMは減少から増加へと転ずる。 After the course, when the rotation of the spindle motor 109 has reached the reproduction speed enables signal reproduction from the disk, data reproduction is performed by the operation of reproduction in the section B amplifier 103 and a signal processing unit 104, data writing to the RAM106 since it is made, the remaining memory capacity REM is Turning to increase from decrease.

【0044】同図の区間Bにおいてメモリ残量REMは増加し、所定値THに達すると、システム制御部112 The remaining memory REM in the interval B in the figure increases and reaches a predetermined value TH, the system control unit 112
は回路部休止指令SLP及びモータ制御部休止指令SP The circuit portion resting command SLP and a motor control unit halt command SP
SLPを切り替えて論理L(図2ではOFF)として出力する。 Switch the SLP is output as a logic L (OFF in Fig. 2). スピンドルモータ制御部111はモータ制御部休止指令SPSLPが論理Lとなったため、スピンドルモータ109への駆動電流の供給を止め、ディスク10 Since the spindle motor control unit 111 that the motor control unit halt command SPSLP becomes logic L, stopping the supply of the drive current to the spindle motor 109, the disk 10
1は慣性によって回転が続行するフリーラン状態となる。 1 is a free-run state to continue the rotation by inertia. 従って、図2(d) のモータ回転数信号FGに見られるように、モータ制御部休止指令SPSLPが論理Lの区間Cではモータに駆動力が与えられないため、スピンドルモータ109は摩擦によって次第に回転数を落とす。 Thus, as seen in the motor speed signal FG in FIG. 2 (d), since the motor control unit halt command SPSLP no driving force is applied to the motor In the section C of the logic L, the spindle motor 109 gradually by friction rotation dropping the number. これにともない、回路部休止指令SLPが論理Lとなったので、ピックアップ制御部110は休止状態になる。 Accordingly, since the circuit portion pause command SLP becomes logic L, the pickup control unit 110 is dormant. また同様に再生アンプ103、信号処理部104も休止し、電力削減が可能となる。 Similarly reproducing amplifier 103, the signal processing unit 104 also suspended, thereby enabling power reduction. また、図2では、メモリ残量REMが所定値TL以下となってデータ再生が再開された直後、フォーカスサーボやトラッキングサーボの引き込み整定に必要な区間Aの時間が、常時光ディスク701を回転させている(図9)従来例に比べて長くなっているものである。 Further, in FIG. 2, immediately after the remaining memory REM is data reproduction becomes less than a predetermined value TL is resumed, the time of the focus servo and tracking servo pull-settling section A necessary is to rotate constantly optical disc 701 are (Fig. 9) in which is longer than the conventional example.

【0045】このように、本実施の形態1による光ディスク再生装置では、図1に示すように従来の技術による光ディスク再生装置において、システム制御部112 [0045] Thus, the optical disk reproduction apparatus according to the first embodiment, in the optical disc reproducing apparatus according to the prior art as shown in FIG. 1, the system control unit 112
が、メモリ残量REMを監視して、該メモリ残量に対応して、当該光ディスク再生装置を構成する一部の回路を停止させる指令SLPを出力するとともに、スピンドルモータ109に対する駆動をも停止させる指令SPSL But monitors the remaining memory REM, corresponding to the remaining memory, and outputs the command SLP stopping part of the circuit that constitutes the optical disk reproducing apparatus, stops also drive to the spindle motor 109 Directive SPSL
Pをスピンドルモータ制御部111に出力する構成とし、光ディスク101からのデータの読み出しを行わない期間には、スピンドルモータ109の駆動を行わないようにして、常時駆動を行う従来例よりも電力を節減することを図るものである。 And configured to output a P to the spindle motor control unit 111, the period during which not read data from the optical disk 101, so as not to perform driving of the spindle motor 109, reducing power than the conventional example in which the constantly driven it is intended to achieve that.

【0046】実施の形態2. [0046] Embodiment 2. 本発明の実施の形態2による光ディスク再生装置は、実施の形態1と同様にスピンドルモータの駆動を停止するものであり、かかる駆動停止により、スピンドルモータが停止に至るように制御するものである。 The optical disk reproducing apparatus according to a second embodiment of the present invention is to stop the drive of the spindle motor as in the first embodiment, by such driving stops, in which the spindle motor is controlled to reach the stop. 実施の形態1において説明したように、 As described in the first embodiment,
同実施の形態では、光ディスクの読み出しを行わない期間にスピンドルモータの駆動を停止することで、かかる制御を行わない従来の技術による装置と比較して節電効果の向上を図り得るものであったが、実施の形態1による光ディスク再生装置においても、まだ節電の点で改善の余地がある。 In the embodiment, by stopping the driving of the spindle motor in the period in which not read the optical disc, but there were those compared with the device according to the prior art that does not perform such control to obtain working to improve the power saving effect , in the optical disk reproducing apparatus according to the first embodiment, there is still room for improvement in terms of power saving. 次にこの理由を説明する。 Next, a description will be given of this reason. 一般的にモータのトルクm(t)と、回転速度n(t)との関係は、 A general motor torque m (t), the relationship between the rotational speed n (t),
式1で与えられる。 It is given by Equation 1.

【0047】 [0047]

【数1】 [Number 1]

【0048】ここに、Jは慣性モーメント、Dはモータ及び負荷の粘性制動係数である。 [0048] Here, J is the moment of inertia, D is a viscous damping coefficient of the motor and load.

【0049】また、トルクm(t)と、駆動電流i [0049] In addition, the torque m (t), the drive current i
(t)との関係は式2で与えられる。 The relationship between the (t) is given by equation (2).

【0050】 [0050]

【数2】 [Number 2]

【0051】ここに、KTはモータのトルク定数である。 [0051] Here, KT is the torque constant of the motor. 従って、 Therefore,

【0052】 [0052]

【数3】 [Number 3]

【0053】が成立することとなる。 [0053] so that the is established. そこで、この式(3)を積分する次式によって、スピンドルモータでの消費電力が求められる。 Therefore, the following equation integrating this equation (3), the power consumption of the spindle motor is determined.

【0054】 [0054]

【数4】 [Number 4]

【0055】但し、N(t)はn(t)の原始関数である。 [0055] However, N (t) is a primitive function of n (t). ここで、回転速度n(t)がほぼ定数であるような場合には、右辺第2項はDn(T2−T1)となり、このことは、常に一定の速度で回転エネルギーが減少していくことを意味する。 Here, if the rotation speed n (t) is such that substantially constant, it the second term on the right side Dn (T2-T1), and this fact is going always rotational energy at a constant speed is reduced It means. また、どのような過程を経由したものであっても、最初の回転速度と最後の回転速度と同じになるものならば、右辺第1項で消費されるエネルギーも等しい。 Moreover, even those passing through what processes, if made the same as the first rotational speed and the final speed, energy consumed by the first term on the right side are equal. 従って、同式の左辺で電流の形で供給されるエネルギーも、同式が成り立つ限り殆ど変化がない。 Therefore, energy supplied in the form of current in the left side of the equation is also hardly change as long as the equation is satisfied.
つまり、回転速度の変化が小さい場合には、あまり電力の節減が期待できないこととなる。 That is, when the change in the rotational speed is low, and thus can not be expected so much power savings.

【0056】本実施の形態2による光ディスク再生装置は、実施の形態1の装置を元に、かかる点において改良を施したものである。 The optical disc reproducing apparatus according to the second embodiment, based on the device of the first embodiment, it is a modification in this respect. 本実施の形態2による光ディスク再生装置は、実施の形態1によるものと同様の構成であり、説明には図1を用いる。 The optical disk reproducing apparatus according to the second embodiment has a structure similar to that according to the first embodiment, used for the explanation FIG. また、本実施の形態2による光ディスク再生装置の動作についても、実施の形態1 As for the operation of the optical disc reproducing apparatus according to the second embodiment, Embodiment 1
と同様に、従来技術の「D.」に対応する省電力のための制御についてのみ説明する。 And similarly, a description will be given of the control of the "D." for power saving corresponding to the prior art only.

【0057】図3は本実施の形態2による光ディスク再生装置における、電力節約のための制御を説明するためのタイミングチャート図である。 [0057] Figure 3 is in the optical disk reproducing apparatus according to the second embodiment, a timing chart for explaining the control for power saving. 同図(a) 〜(d) は、図2と同様に、メモリ残量REM、回路部休止指令SLP FIG (a) ~ (d), similarly to FIG. 2, the remaining memory REM, circuit portion pause command SLP
の状態、モータ制御部休止指令SPSLPの状態、および回転数信号FGの時間的推移を示す。 Shown state, the state of the motor control unit halt command SPSLP, and time course of the rotational speed signal FG of.

【0058】図3では、図2との比較において示されるように、同図(d) におけるモータ回転数信号FGがフリーラン状態の後に停止状態に至る点が異なる。 [0058] In Figure 3, as shown in comparison with FIG. 2, that the motor speed signal FG in the (d) of FIG reaches the stop state after coasting it is different. かかる制御を実行するため、本実施の形態2による光ディスク再生装置では、RAM106の容量を実施の形態1の場合よりも大容量として、さらに所定値TLと所定値THとの差を格段に大きくしているものである。 To perform such control, in the optical disk reproducing apparatus according to the second embodiment, as a large-capacity than the capacity of the RAM106 of the first embodiment, and further significantly increase a difference between the predetermined value TL and the predetermined value TH and those are.

【0059】ここで、図3に示す制御を行う場合においても、図2に示す制御の場合と同様に、モータ制御部休止指令SPSLPは、実質的に回路部休止指令SLPと同一の指令であり、どちらもシステム制御部112において生成され、メモリ残量REMがTLよりも小さくなった時点で論理H(ON)となり、その後にTHよりも大きくなった時点で論理L(OFF)となって出力される。 [0059] Here, even when performing the control shown in FIG. 3, as in the control shown in FIG. 2, the motor control unit halt command SPSLP are substantially in the same command and the circuit portion pause command SLP both are generated in the system control unit 112, memory remaining amount REM logic H (oN) becomes as it becomes smaller than TL, then it becomes a logical L and (OFF) when it becomes greater than the TH output It is.

【0060】モータ制御部休止指令SPSLPが論理L [0060] motor controller pause instruction SPSLP is logic L
から論理Hとなれば、それまで休止状態であったモータ制御部111が起動し、図3(d) の回転数信号FGに見られるようにスピンドルモータ109は停止状態から再び回転を始める。 If the logical H, activates the motor control unit 111 was dormant until then, the spindle motor 109 as seen in the rotational speed signal FG in FIG. 3 (d) starts to rotate again from a stopped state. 図3の区間Aに於いて、スピンドルモータ109の回転数は、再生アンプ103、及び信号処理部104でのデータ再生に適した回転数にまで高められ、またフォーカスサーボ及びトラッキングサーボの再引き込みも行われる。 In section A of Figure 3, the rotational speed of the spindle motor 109, a reproduction amplifier 103, and raised to a rotational speed suitable for data reproduction in the signal processing unit 104, also pull again the focus servo and tracking servo It takes place. なお、図3では、かかる再生に適した回転数の状態を再生速度と表現した。 In FIG. 3, representing the reproduction speed the rotational speed of the state suitable for the reproduction.

【0061】モータ制御部111は信号FGを監視しながらスピンドルモータ109の回転数制御を行う。 [0061] The motor control unit 111 performs rotation speed control of the spindle motor 109 while monitoring the signal FG. スピンドルモータ109が再生速度にある区間Bでは、再生アンプ103、及び信号処理部104を介して光ディスク101からデータが読み出され、メモリ制御部105 In section B the spindle motor 109 is in the reproduction speed, the data is read out from the optical disk 101 through the reproduction amplifier 103 and the signal processing unit 104, a memory controller 105
を介してRAM106に蓄積される。 It is stored in the RAM106 through. 従って図3の区間Bではメモリ残量REMは急速に増加している。 The section remaining memory REM in B of FIG. 3 is rapidly increasing.

【0062】その結果、REMは所定値THに達し、システム制御部112はモータ制御部休止指令SPSLP [0062] Consequently, REM reaches the predetermined value TH, the system controller 112 the motor controller pause command SPSLP
及び回路部休止指令SLPを論理Hから論理Lへと切り替え、区間Bは終了する。 And switching a circuit portion pause command SLP logical H to logic L, the interval B is ended. 回路部休止指令SLPが論理Lの間は、光ディスク101からのデータ読み出しは休止しており、RAM106への書き込みは行われないが、圧縮伸張部107によるRAM106からのデータ読み出しは、音楽の再生が続く限り一定の速さで行われるので、図3(a) に見られるようにメモリ残量REMは減少し続ける。 During circuit portion pause command SLP is logic L, the data read from the optical disk 101 is at rest, but not performed write to RAM 106, data read from the RAM 106 by the compression and expansion unit 107, the music playback since carried out at a constant speed for as long as, the remaining memory REM as seen in FIG. 3 (a) continues to decrease.

【0063】やがてREMが所定値TLに達すると再び回路部休止指令SLP及びモータ制御部休止指令SPS [0063] Eventually REM reaches again the circuit portion resting command SLP and a motor control unit halt command SPS to a predetermined value TL
LPが論理Hとなり、光ディスク101からのデータ読み出しが行われる。 LP logical H level, the data read from the optical disk 101 is performed. また、モータ制御部休止指令SPS Further, the motor control unit halt command SPS
LPが論理Hから論理Lとなった直後においては、スピンドルモータ109は慣性によって回り続けるが、モータ自身及び負荷の粘性制動によって減速していく。 Immediately after the LP becomes logical L from the logic H of the spindle motor 109 is continued around the inertia, gradually decelerated by the viscosity braking of the motor itself and the load. 図3 Figure 3
(d) では、図2と同様にかかる状態をフリーランと表現している。 In (d), it is expressed as free-run state in accordance with the same manner as FIG.

【0064】そして、前述の通り、図3に示す本実施の形態2による装置では、図2に示す実施の形態1によるものとは異なり、図3(d) に示すようにスピンドルモータ109の回転はフリーランの状態からさらに停止状態に至っている。 [0064] Then, as described above, in the apparatus according to the second embodiment shown in FIG. 3, it differs from that according to Embodiment 1 shown in FIG. 2, the rotation of the spindle motor 109 as shown in FIG. 3 (d) and further led to the stop state from the free-run state. 停止状態になると、式(4)で、問題となった右辺第2項の粘性摩擦によるエネルギー損失について、それ以上増加することはなくなり、結果として再起動時に消費される電流の積分値は減少する。 Becomes the stopped state, by the formula (4), the energy loss due to viscous friction of the second term in question, more no longer be increased, the integral value of the current consumed upon restarting the resulting decrease .

【0065】このように、本発明の実施の形態2による光ディスク再生装置によれば、実施の形態1による装置と同様の構成において、RAM106の容量を大きなものとし、システム制御部112が、制御に用いる所定の値THとTLとの差を大きなものとして設定しておき、 [0065] Thus, according to the optical disc reproducing apparatus according to a second embodiment of the present invention, in the structure similar to the device according to the first embodiment, and large capacity RAM 106, the system control unit 112, the control may be set as large a difference between the predetermined value TH and TL to be used,
図3に示すように、スピンドルモータ109の状態がフリーランとなった後停止状態に至るようにしたので、メモリ容量を大きくする分若干のコスト上昇はあるものの、実施の形態1よりも、さらに消費電力の節減を図り得る効果が得られる。 As shown in FIG. 3, the state of the spindle motor 109 so as to reach the stop state after a free run, although a slight cost increase amount to increase the memory capacity is, than in the first embodiment, further effect of obtaining achieving savings in power consumption can be obtained.

【0066】実施の形態3. [0066] Embodiment 3. 本発明の実施の形態3による光ディスク再生装置は、実施の形態1と同様にスピンドルモータの駆動を停止するものであり、二つの停止指令の切り替えのタイミングを異なるものとする制御を行う。 The optical disk reproducing apparatus according to a third embodiment of the present invention is to stop the drive of the spindle motor as in the first embodiment performs control to be different the timing of switching of the two stop command. 本実施の形態3による光ディスク再生装置は、実施の形態1によるものと同様の構成であり、説明には図1 The optical disk reproducing apparatus according to the third embodiment has a structure similar to that according to the first embodiment, the description Figure 1
を用いる。 It is used. また、本実施の形態3による光ディスク再生装置の動作についても、実施の形態1と同様に、従来技術の「D.」に対応する省電力のための制御についてのみ説明する。 As for the operation of the optical disc reproducing apparatus according to the third embodiment, similarly to the first embodiment, a description will be given of a control for power saving corresponding to "D." of the prior art only.

【0067】図4は本実施の形態3による光ディスク再生装置における、電力節約のための制御を説明するためのタイミングチャート図である。 [0067] Figure 4 is in the optical disc reproducing apparatus according to the third embodiment, a timing chart for explaining the control for power saving. 同図(a) 〜(d) は、図2と同様に、メモリ残量REM、回路部休止指令SLP FIG (a) ~ (d), similarly to FIG. 2, the remaining memory REM, circuit portion pause command SLP
の状態、モータ制御部休止指令SPSLPの状態、および回転数信号FGの時間的推移を示す。 Shown state, the state of the motor control unit halt command SPSLP, and time course of the rotational speed signal FG of.

【0068】図4では、図3との比較において示されるように、同図(d) におけるモータ回転において、実施の形態2と同様に、フリーランから停止に至るような制御を行うものである。 [0068] In Figure 4, as shown in comparison with FIG. 3, the motor rotation in FIG. (D), as in the second embodiment, and performs control so as reach the stop from the free-run . また、本実施の形態3においては、 Further, in the third embodiment,
図4(b) と同図(c) に示すように、回路部休止指令SL As shown in FIG. 4 (b) and FIG. (C), the circuit portion pause command SL
Pと、モータ制御部休止指令SPSLPとの切り替えタイミングが異なるものとなっている。 And P, the switching timing of the motor control unit halt command SPSLP becomes different.

【0069】図1に示すように、本実施の形態3による光ディスク再生装置は、スピンドルモータ109の回転数を回転数信号FGから計測する回転数モニタ部113 [0069] As shown in FIG. 1, the optical disk reproducing apparatus according to the third embodiment, the rotation speed monitoring unit 113 for measuring the rotational speed of the spindle motor 109 from the speed signal FG
を備えたものであり、回転数モニタ部113は、回転数信号FGから計測した回転数FGCNTをシステム制御部112に伝送する。 Are those having a rotation speed monitoring unit 113 transmits the rotational speed FGCNT measured from the rotational speed signal FG to the system control unit 112.

【0070】図4に示すように、システム制御部112 [0070] As shown in FIG. 4, the system control unit 112
は、図3に従って説明した実施の形態2による装置と同様に、スピンドルモータ制御部111の動作を制御するモータ制御部休止指令SPSLPと、ピックアップ制御部110、再生アンプ103、及び信号処理部104の動作を制御する回路部休止指令SLPとの二つの指令を生成するが、本実施の形態3においては、回路部休止指令SLPの論理Lから論理Hへの切り替えは、モータ制御部休止指令SPSLPと同じタイミングでは行われない。 , As in the device according to the second embodiment described in accordance with FIG. 3, a motor controller pause command SPSLP for controlling the operation of the spindle motor control unit 111, the pickup control unit 110, a reproduction amplifier 103, and the signal processing unit 104 Although generates two command the circuit portion pause command SLP for controlling the operation, in the third embodiment, switching from a logic L of the circuit portion resting command SLP to logic H, the motor control unit halt command SPSLP not performed at the same timing.

【0071】モータ制御部休止指令SPSLPについては、図3に示した実施の形態2の場合と同様に、メモリ残量REMが所定値TLよりも小さくなったとき、これを監視するシステム制御部112によって、論理Lから論理Hに切り替えられるものである。 [0071] For the motor control unit halt command SPSLP, as in the case of the second embodiment shown in FIG. 3, when the remaining memory REM is smaller than a predetermined value TL, the system control unit 112 to monitor this the one in which is switched from a logic L to logic H. 一方、システム制御部112は、回路部休止指令SLPの切り替えについては、先に切り替えたモータ制御部休止指令SPSLP On the other hand, the system controller 112, for the switching of the circuit portion pause command SLP, the motor control unit halt command SPSLP switching to previously
の、論理Hとしての出力に応じてスピンドルモータ10 Of the spindle motor 10 in accordance with the output of the logic H
9の回転数が上昇し、再生速度に達したときに切り替えるものである。 9 speed increases, and is intended to switch when it reaches the playback speed. このことは、システム制御部112が前述のFGCNTによって察知したときに、指令SLPを論理Lから論理Hに切り替えることで実行される。 This system control unit 112 when perceive by FGCNT described above, is performed by switching the command SLP from logic L to logic H.

【0072】従って図4に示すように回路部休止指令S [0072] Thus circuit portion pause command S as shown in FIG. 4
LPはモータ制御部休止指令SPSLPに比べて遅れて論理Hになる。 LP becomes logical H delayed as compared with the motor control unit halt command SPSLP. これによって、図4の区間Aにおいて、 Thus, in the interval A in FIG. 4,
ピックアップ制御部110、再生アンプ103、及び信号処理部104における電力の無駄使いが回避でき、さらなる電力削減が可能となる。 Pickup control unit 110, a reproduction amplifier 103, and a signal processing unit can be avoided waste of power in 104, it is possible to further reduce power.

【0073】このように、本発明の実施の形態3による光ディスク再生装置によれば、実施の形態1による装置と同様の構成において、システム制御部112が、実施の形態2と同様の、スピンドルモータ109の状態がフリーランとなった後停止状態に至るようにする制御を行うことに加えて、回路部休止指令SLPの出力切り替えを、回転数モニタ部113から入力される回転数FGC [0073] Thus, according to the optical disc reproducing apparatus according to a third embodiment of the present invention, in the structure similar to the device according to the first embodiment, the system control unit 112, similar to the second embodiment, the spindle motor 109 condition of addition to performing control to reach the stop state after a free run, the output switching circuit portion pause command SLP, the rotational speed inputted from the rotation speed monitoring unit 113 FGC
NTを用いて行い、モータ制御部休止指令SPSLPの切り替えよりも遅れて実行されるものとしたので、実施の形態1や2と比較すると若干の制御の複雑化をともなうものの、ピックアップ制御部110、再生アンプ10 It performed using NT, since to that performed later than the switching of the motor control unit halt command SPSLP, although accompanied by complication of some control when compared to the first and second embodiments, the pickup control unit 110, reproduction amplifier 10
3、及び信号処理部104の休止状態を延長することで、さらなる電力の節減を図り得る効果が得られる。 3, and by extending the resting state of the signal processing section 104, the effect of obtaining achieving savings additional power is obtained.

【0074】実施の形態4. [0074] Embodiment 4. 本発明の実施の形態4による光ディスク再生装置は、実施の形態1と同様にスピンドルモータの駆動を停止するものであり、スピンドルモータを完全な停止に至らせず、待機速度における回転を維持するよう制御するものである。 The optical disk reproducing apparatus according to a fourth embodiment of the present invention is to stop the drive of the spindle motor as in the first embodiment, not bring the spindle motor to a complete stop, so as to maintain the rotation in the standby speed it is intended to control. 本実施の形態4による光ディスク再生装置は、実施の形態1によるものと同様の構成であり、説明には図1を用いる。 The optical disk reproducing apparatus according to the fourth embodiment has a structure similar to that according to the first embodiment, used for the explanation FIG. また、本実施の形態4による光ディスク再生装置の動作についても、 Also, the operation of the optical disc reproducing apparatus of the fourth embodiment also,
実施の形態1と同様に、従来技術の「D.」に対応する省電力のための制御についてのみ説明する。 Similar to the first embodiment, a description will be given of a control for power saving corresponding to "D." of the prior art only.

【0075】図5は本実施の形態4による光ディスク再生装置における、電力節約のための制御を説明するためのタイミングチャート図である。 [0075] Figure 5 is in the optical disc reproducing apparatus of the fourth embodiment, a timing chart for explaining the control for power saving. 同図(a) 〜(d) は、図2と同様に、メモリ残量REM、回路部休止指令SLP FIG (a) ~ (d), similarly to FIG. 2, the remaining memory REM, circuit portion pause command SLP
の状態、モータ制御部休止指令SPSLPの状態、および回転数信号FGの時間的推移を示す。 Shown state, the state of the motor control unit halt command SPSLP, and time course of the rotational speed signal FG of.

【0076】図5では、図2〜4との比較において示されるように、スピンドルモータ109の回転制御が実施の形態1〜3とは異なるものとなっている。 [0076] In Figure 5, as shown in comparison with FIG. 2-4, which is different from the rotation control of the spindle motor 109 and the first to third embodiments. 一般にモータは一旦完全停止すると、再度の起動の場合には、式(1)のDで表現された動的摩擦によるエネルギー損失に加え、静止状態から動き出す瞬間に生じる静止摩擦でのエネルギー損失も発生する。 In general, the motor is temporarily completely stops, in the case of re-activation, in addition to the energy loss due to dynamic friction expressed by D in the formula (1), also the energy loss in the static friction that occurs at the moment when start moving from stationary state generator to. また、停止状態では、モータの軸受の自己潤滑機構もうまく作用せず、結果としてモータの消費電力が増すこととなったり、また、モータの寿命にも悪影響を与えることとなる。 Further, in the stopped state, the self-lubricating mechanism of the motor bearings also not work well, or a possible power consumption of the motor increases as a result, also, so that the adverse effects to the life of the motor. 実施の形態1 Embodiment 1
〜3に示す制御では、かかる問題に対応することができない。 In the control shown in to 3 can not correspond to such a problem.

【0077】そこで、本実施の形態4では、図5に示すように、システム制御部112によりモータ制御部休止指令SPSLPが論理Lに切り替えられ、スピンドルモータ109がフリーランとなり、その回転数が落ちてきて所定の回転数、すなわち図5(d) で待機速度と表現する速度まで下がったとき、システム制御部112は、モータ制御部休止指令SPSLPを論理Hに切り替えるものであり、モータ制御部111はスピンドルモータ10 [0077] Therefore, in the fourth embodiment, as shown in FIG. 5, the motor control unit pause command SPSLP by the system control unit 112 is switched to logic L, the spindle motor 109 becomes coasting speed drops its predetermined rotational speed getting, i.e. when lowered to a speed which express a standby speed at FIG. 5 (d), the system control unit 112 is for switching the motor controller pause command SPSLP to logic H, the motor control unit 111 the spindle motor 10
9に対して、その回転速度を当該待機速度に維持するように駆動する。 Against 9, driving the rotational speed so as to maintain to the standby speed. このようにすることで、静止摩擦によるエネルギー損失を防ぎ、モータの磨耗や破損を回避できる。 By doing so, prevent energy loss due to the static friction can be avoided wear and damage of the motor.

【0078】このように、本発明の実施の形態4による光ディスク再生装置によれば、実施の形態1による装置と同様の構成において、システム制御部112が、実施の形態2と同様の、スピンドルモータ109の状態がフリーランとなった後、減速によってあらかじめ設定された待機速度に至ったときに、モータ制御部休止指令SP [0078] Thus, according to the optical disc reproducing apparatus according to a fourth embodiment of the present invention, in the structure similar to the device according to the first embodiment, the system control unit 112, similar to the second embodiment, the spindle motor after 109 state of becomes free run, when reaching the standby speed set in advance by the deceleration, the motor control unit halt command SP
SLPを切り替えて、スピンドルモータ109が、当該待機速度における回転を維持するようにする制御を行うので、実施の形態1〜3と比較すると待機速度維持のために電力節減の効果が若干損なわれるものの、モータが完全停止に至ることによる静止摩擦が原因となるエネルギー損失やモータの摩耗、および破損を防止する円滑な制御が可能となる。 Switch the SLP, the spindle motor 109, since the control to maintain the rotation in the standby rate, although slightly impaired the effect of power savings for comparison to the standby speed maintenance and third embodiments , motor completely static friction due to reaching the stop energy loss and motor wear causing, and it is possible to smoothly control to prevent breakage.

【0079】実施の形態5. [0079] Embodiment 5. 本発明の実施の形態5による光ディスク再生装置は、実施の形態4と同様のモータを完全な停止に至らせず、待機速度における回転を維持する制御において、さらに電力節減を図るものである。 The optical disk reproducing apparatus according to a fifth embodiment of the present invention does not bring the same motor as the fourth embodiment to a complete stop, the control for maintaining the rotation in standby speed, in which further achieve power savings.
本実施の形態5による光ディスク再生装置は、実施の形態1によるものと同様の構成であり、説明には図1を用いる。 The optical disk reproducing apparatus according to the fifth embodiment has a structure similar to that according to the first embodiment, used for the explanation FIG. また、本実施の形態5による光ディスク再生装置の動作についても、実施の形態1と同様に、従来技術の「D.」に対応する省電力のための制御についてのみ説明する。 As for the operation of the optical disc reproducing apparatus according to the fifth embodiment, similarly to the first embodiment, a description will be given of a control for power saving corresponding to "D." of the prior art only.

【0080】図6は本実施の形態5による光ディスク再生装置における、電力節約のための制御を説明するためのタイミングチャート図である。 [0080] Figure 6 is in the optical disc reproducing apparatus according to the fifth embodiment, a timing chart for explaining the control for power saving. 同図(a) 〜(d) は、図2と同様に、メモリ残量REM、回路部休止指令SLP FIG (a) ~ (d), similarly to FIG. 2, the remaining memory REM, circuit portion pause command SLP
の状態、モータ制御部休止指令SPSLPの状態、および回転数信号FGの時間的推移を示す。 Shown state, the state of the motor control unit halt command SPSLP, and time course of the rotational speed signal FG of.

【0081】図6では、図5との比較において示されるように、スピンドルモータ109のフリーラン後の待機区間における制御が異なるものとなっている。 [0081] In FIG. 6, as shown in comparison with FIG. 5, which is intended to control the stand-by area after the free run of the spindle motor 109 are different. 図5に示す実施の形態4の装置における制御では、待機速度の区間にモータ制御部休止指令SPSLPはずっと論理Hとなり、モータ制御部111にはその間常に電流が供給されることとなる。 In the control in the apparatus of the fourth embodiment shown in FIG. 5, the motor control unit halt command SPSLP the interval of the standby speed is much logic H level, the motor control unit 111 so that the always current therebetween is supplied.

【0082】これに対し、図6に示す本実施の形態5による装置では、待機状態においても、システム制御部1 [0082] In contrast, in the apparatus according to the fifth embodiment shown in FIG. 6, even in the standby state, the system control unit 1
12は、モータ制御部休止指令SPSLPを出力するにあたり、適宜論理Hと論理Lとを切り替えて制御するものであって、スピンドルモータ109の回転速度をほぼ一定の待機速度に維持するとともに、スピンドルモータ制御部111の動作における休止時間を増やし、電力消費を一段と抑制している。 12, when outputting the motor control unit halt command SPSLP, it is one which controls switching between appropriate logic H and logic L, while maintaining a substantially constant standby speed rotational speed of the spindle motor 109, a spindle motor increase the downtime in the operation of the control unit 111, and further reduce power consumption. そのために、システム制御部112は回転数モニタ部113から入力される回転数F Therefore, the rotational speed F the system controller 112 which is input from the rotation speed monitoring unit 113
GCNTを監視し、回転数FGCNTが待機速度以下になると即座にモータ制御部休止指令SPSLPを論理H Monitor GCNT, logical motor controller pause command SPSLP as soon as the rotational speed FGCNT falls below the standby speed H
にし、一旦所定の量だけ回転数を上昇させた後再びモータ制御部休止指令SPSLPを論理Lにしてモータ制御部111を休止させてフリーラン状態にする。 To temporarily predetermined amount only again motor controller pause command SPSLP After increasing the rotational speed in the logic L rested motor control unit 111 to free-run state. このようにすることで、若干の制御の複雑化はあるものの、スピンドルモータ109およびモータ制御部111で消費される電力を、実施の形態4よりも削減出来る。 By doing so, despite the complexity of some of the control, the power consumed by the spindle motor 109 and the motor control unit 111, can be reduced than the fourth embodiment.

【0083】このように、本発明の実施の形態5による光ディスク再生装置によれば、実施の形態1による装置と同様の構成において、システム制御部112が、スピンドルモータ109の状態がフリーランとなった後、減速によってあらかじめ設定された待機速度に至ったときに、モータ制御部休止指令SPSLPを切り替えて、スピンドルモータ109が、当該待機速度における回転を維持するようにする、実施の形態4と同様の制御を行うにあたり、一定の待機速度で回転を続けるように指令S [0083] Thus, according to the optical disc reproducing apparatus according to a fifth embodiment of the present invention, in the same configuration as the apparatus according to the first embodiment, the system control unit 112, the state of the spindle motor 109 is a free-run after, when reaching the standby speed set in advance by reduction, by switching the motor controller pause command SPSLP, spindle motor 109, so as to maintain the rotation in the standby speed, as in the fourth embodiment in performing control, command S to continue the rotation at a constant standby rate
PSLPを維持するのではなく、当該一定の待機速度近傍において、小幅な加速とフリーランが繰り返されるように指令SPSLPを切り替えるので、実施の形態4と同様の円滑な制御において、さらなる消費電力の節減が可能となる効果が得られる。 Instead of maintaining PSLP, in the constant standby rate near, since it switches the command SPSLP so modest acceleration and free-run is repeated, in smooth control similar to the fourth embodiment, savings further power consumption effect that is possible is obtained.

【0084】なお、本発明の実施の形態1〜5においては、説明の容易のため、モータ回転が角速度一定回転(CAV)の様に説明したが、線速度一定回転(CL [0084] In the first to fifth embodiments of the present invention, for ease of explanation, although the motor rotation has been described as a constant angular velocity rotation (CAV), constant linear velocity rotation (CL
V)であっても同様の制御を実行し、同様の効果を得ることが可能である。 Even V) performs the same control, it is possible to obtain the same effect.

【0085】 [0085]

【発明の効果】請求項1の光ディスク装置によれば、光ディスクに記録されたデータを再生して一時蓄積し、上記一時蓄積したデータを読み出して用いる光ディスク再生装置において、上記再生されたデータが一時蓄積されるバッファメモリと、上記バッファメモリにおける、上記データの蓄積量であるメモリ残量を監視するメモリ残量監視手段と、上記メモリ残量が、所定の第1の閾値よりも少なくなった時、上記光ディスクを回転させるスピンドルモータを起動するとともに、該光ディスクから新たにデータを再生して上記バッファメモリに蓄積する再生開始制御処理と、上記メモリ残量が、上記第1の閾値よりも大きい値を有する所定の第2の閾値を越えた時、 According EFFECTS OF THE INVENTION The optical disk apparatus according to claim 1, and temporarily stored by reproducing data recorded on the optical disc, the optical disc reproducing apparatus using reads data stored at the one, the reproduced data is temporarily a buffer memory to accumulate, in the buffer memory when the memory remaining amount monitoring means for monitoring the remaining memory capacity is the accumulation amount of the data, which the remaining memory capacity has become less than a predetermined first threshold value , as well as start the spindle motor rotating the optical disc, a reproduction start control process of storing in the buffer memory to reproduce the new data from the optical disk, the remaining memory capacity is larger than the first threshold value when it exceeds the predetermined second threshold value having,
上記光ディスクからの再生動作を停止するとともに、ディスクを回転させるスピンドルモータの駆動を休止するよう制御する再生停止制御処理とを行うシステム制御手段を備えたので、光ディスクからのデータ読み出し動作を停止するのみならず、該光ディスクを回転させるスピンドルモータの駆動をも休止するように制御し、スピンドルモータ駆動回路での電力消費を効果的に削減できる。 It stops the reproducing operation from the optical disc, because with a system control means for performing a reproduction stop control process for controlling so as to pause a drive of a spindle motor for rotating the disk, and stops the operation of reading data from the optical disk only Narazu controls to pause also the driving of the spindle motor for rotating the optical disc, it is possible to reduce the power consumption of the spindle motor drive circuit effectively.

【0086】請求項2の光ディスク再生装置によれば、 [0086] According to the optical disc reproducing apparatus according to claim 2,
請求項1の装置において、上記システム制御手段は、上記再生停止制御処理において、上記メモリ残量が上記第2の閾値を越えた時点から、上記第1の閾値に達する時点までの間に、上記スピンドルモータの回転が停止状態にまで減速するよう制御するので、スピンドルモータの回転が給電停止によって停止状態にまで減速するように制御し、スピンドルモータが回転している限り発生する粘性抵抗によるエネルギーロスを抑圧し、消費電力のさらなる削減を可能とする。 The apparatus of claim 1, said system control means is in the playback stop control process, from the time when the remaining memory capacity exceeds the second threshold value, until the time reaches the first threshold value, the and controls so that the rotation of the spindle motor is decelerated to a standstill, the energy loss due to viscous drag rotation of the spindle motor is controlled so as to decelerate to a stop state by the power supply stop, occurs as long as the spindle motor is rotating suppressing, to enable further reduction in power consumption.

【0087】請求項3の光ディスク再生装置によれば、 [0087] According to the optical disc reproducing apparatus according to claim 3,
請求項1の装置において、上記光ディスクの回転数を監視して、回転数信号を出力する回転数監視手段をさらに備え、上記システム制御手段は、上記再生開始制御処理において、上記メモリ残量が、上記第1の閾値よりも少なくなった時、上記光ディスクを回転させるスピンドルモータを起動し、その後上記回転数信号が、再生可能な回転数を示す所定の値に達したときに、該光ディスクから新たにデータを再生して上記バッファメモリに蓄積するよう制御するので、ディスク回転が再起動後に再び安定化するまで、再生アンプ、ピックアップ制御部、および信号処理部の起動を遅らせて、その分さらに電力消費の節約が可能となる。 The apparatus of claim 1, monitors the rotational speed of the optical disc, further comprising, the system control unit the rotational speed monitoring means for outputting a speed signal, in the reproduction start control process, the remaining memory, when it becomes less than the first threshold value, to start the spindle motor rotating the optical disc, when subsequently the speed signal reaches a predetermined value indicating the number of playable rotation, new from the optical disk and controls so as to accumulate by reproducing data in the buffer memory, until the disk rotation is stabilized again after the restart, playback amplifier, pickup control unit, and delays the activation of the signal processing unit, correspondingly more power saving of consumption is possible.

【0088】請求項4の光ディスク再生装置によれば、 [0088] According to the optical disc reproducing apparatus according to claim 4,
請求項1の装置において、上記システム制御手段は、上記再生停止制御処理において、上記メモリ残量が上記第2の閾値を越えた時点から、上記第1の閾値に達する時点までの間に、上記スピンドルモータの回転が、上記再生停止制御処理開始時における回転数より小さい値である所定の回転数に至るまで減速し、その後当該回転数を維持するよう制御するので、モータを停止状態に至らせずに待機速度を維持して、停止状態からの立ち上がり時おける静止摩擦によるエネルギー消費を回避でき、さらにモータの損傷防止をも可能とする。 The apparatus of claim 1, said system control means is in the playback stop control process, from the time when the remaining memory capacity exceeds the second threshold value, until the time reaches the first threshold value, the rotation of the spindle motor, decelerated until the predetermined rotational speed is a rotational speed less than the value used during the reproduction stop control process starts, since then controls to maintain the rotational speed, thereby bring the motor to a standstill maintains the standby speed without, can be avoided energy consumption by the rise definitive static friction from the stop state, further also allows the prevention of damage motor.

【0089】請求項5の光ディスク再生装置によれば、 [0089] According to the optical disc reproducing apparatus according to claim 5,
請求項1の装置において、上記システム制御手段は、上記再生停止制御処理において、上記メモリ残量が上記第2の閾値を越えた時点から、上記第1の閾値に達する時点までの間に、上記スピンドルモータの回転が、上記再生停止制御処理開始時における回転数より小さい値である所定の回転数に至るまで減速し、その後当該回転数近傍の回転数を維持するよう制御するので、モータを停止状態に至らせずに待機速度近傍の速度を維持するように駆動と休止を繰り返し、停止状態からの立ち上がり時おける静止摩擦によるエネルギー消費を回避して、モータの損傷防止をも図ることに加え、さらに電力消費の節減をも可能とする。 The apparatus of claim 1, said system control means is in the playback stop control process, from the time when the remaining memory capacity exceeds the second threshold value, until the time reaches the first threshold value, the rotation of the spindle motor, decelerated until the predetermined rotational speed is a rotational speed less than the value used during the reproduction stop control process starts, since then controls to maintain the rotational speed of the rotational speed near, stops the motor without reach the state repeatedly driving a rest so as to maintain the speed of the standby speed near, to avoid energy consumption by the rise definitive static friction from the stop state, also in addition to possible to prevent damage to the motor, in addition also allows savings of power consumption.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態1による光ディスク再生装置の要部構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a main configuration of an optical disk reproducing apparatus according to a first embodiment of the present invention.

【図2】同実施の形態の装置における制御を示すタイミングチャート図である。 2 is a timing chart showing the control in the apparatus of the embodiment.

【図3】本発明の実施の形態2による光ディスク再生装置における制御を示すタイミングチャート図である。 3 is a timing chart showing the control in the optical disk reproducing apparatus according to a second embodiment of the present invention.

【図4】本発明の実施の形態3による光ディスク再生装置における制御を示すタイミングチャート図である。 Is a timing chart showing the control in the optical disk reproducing apparatus according to a third embodiment of the present invention; FIG.

【図5】本発明の実施の形態4による光ディスク再生装置における制御を示すタイミングチャート図である。 5 is a timing chart showing the control in the optical disk reproducing apparatus according to a fourth embodiment of the present invention.

【図6】本発明の実施の形態5による光ディスク再生装置における制御を示すタイミングチャート図である。 6 is a timing chart showing the control in the optical disk reproducing apparatus according to a fifth embodiment of the present invention.

【図7】従来の技術による光ディスク再生装置の要部構成を示すブロック図である。 7 is a block diagram showing a main configuration of an optical disk reproducing apparatus according to the prior art.

【図8】リングバッファ手法を説明するための図である。 8 is a diagram for explaining a ring buffer method.

【図9】従来の技術による光ディスク再生装置における制御を示すタイミングチャート図である。 9 is a timing chart showing the control in the optical disk reproducing apparatus according to the prior art.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101,701:光ディスク 102,702:光ピックアップ 103,703:再生アンプ 104,704:信号処理部 105,705:メモリ制御部 106,706:RAM 107,707:圧縮伸張部 108,708:DAC 109,709:スピンドルモータ 110,710:ピックアップ制御部 111,711:モータ制御部 112,712:システム制御部 113:回転数モニタ部 101,701: optical 102,702: an optical pickup 103,703: playback amplifier 104,704: the signal processing unit 105,705: the memory controller 106,706: RAM 107,707: decompression unit 108,708: DAC 109, 709: spindle motor 110,710: pickup control unit 111,711: motor control unit 112,712: system control unit 113: rotational speed monitor

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 甲野 和彦 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 (72)発明者 上田 英司 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 (72)発明者 行正 隆俊 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Kono Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita Electric industrial Co., Ltd. in the Kazuhiko (72) inventor Eiji Ueda Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita Electric industrial Co., Ltd. in the ( 72) inventor Yukimasa Takatoshi Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita Electric industrial Co., Ltd. in

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 光ディスクに記録されたデータを再生して一時蓄積し、上記一時蓄積したデータを読み出して用いる光ディスク再生装置において、 上記再生されたデータが一時蓄積されるバッファメモリと、 上記バッファメモリにおける、上記データの蓄積量であるメモリ残量を監視するメモリ残量監視手段と、 上記メモリ残量が、所定の第1の閾値よりも少なくなった時、上記光ディスクを回転させるスピンドルモータを起動するとともに、該光ディスクから新たにデータを再生して上記バッファメモリに蓄積する再生開始制御処理と、 上記メモリ残量が、上記第1の閾値よりも大きい値を有する所定の第2の閾値を越えた時、上記光ディスクからの再生動作を停止するとともに、ディスクを回転させるスピンドルモータの駆動を休止す 1. A stored temporarily by reproducing data recorded on the optical disc, the optical disc reproducing apparatus using reads data stored at the one, and a buffer memory in which the reproduced data are accumulated temporarily, the buffer memory in boot memory remaining amount monitoring means for monitoring the remaining memory capacity is the accumulation amount of the data, the remaining memory capacity is, when it becomes less than a predetermined first threshold value, a spindle motor for rotating the optical disc while, beyond the reproduction start control process of storing in the buffer memory to reproduce the new data from the optical disk, the remaining memory capacity is a predetermined second threshold value having a value larger than the first threshold value and when stops the reproducing operation from the optical disc, to suspend the driving of the spindle motor for rotating the disc よう制御する再生停止制御処理とを行うシステム制御手段を備えたことを特徴とする光ディスク再生装置。 Optical disk reproducing apparatus characterized by comprising a system control means for performing a reproduction stop control process for controlling so.
  2. 【請求項2】 請求項1に記載の光ディスク再生装置において、 上記システム制御手段は、 上記再生停止制御処理において、上記メモリ残量が上記第2の閾値を越えた時点から、上記第1の閾値に達する時点までの間に、上記スピンドルモータの回転が停止状態にまで減速するよう制御するものであることを特徴とする光ディスク再生装置。 In the optical disk reproducing apparatus according to claim 1, said system control means is in the playback stop control process, from the time when the remaining memory capacity exceeds the second threshold, the first threshold value until the time of reaching the optical disc reproducing apparatus, wherein the rotation of the spindle motor is used to control so as to decelerate to a standstill.
  3. 【請求項3】 請求項1に記載の光ディスク再生装置において、 上記光ディスクの回転数を監視して、回転数信号を出力する回転数監視手段をさらに備え、 上記システム制御手段は、 上記再生開始制御処理において、上記メモリ残量が、上記第1の閾値よりも少なくなった時、上記光ディスクを回転させるスピンドルモータを起動し、その後上記回転数信号が、再生可能な回転数を示す所定の値に達したときに、該光ディスクから新たにデータを再生して上記バッファメモリに蓄積するよう制御するものであることを特徴とする光ディスク再生装置。 In the optical disk reproducing apparatus according to claim 1, further comprising: monitoring the rotational speed of the optical disc, further comprising a rotational speed monitoring means for outputting a speed signal, the system control means, the reproduction start control in the process, the remaining memory capacity is, when it becomes less than the first threshold value, to start the spindle motor rotating the optical disc, then the rotational speed signal, to a predetermined value indicating the number of rotation playable upon reaching, the optical disk reproducing apparatus, characterized in that by reproducing the new data from the optical disc and controls so as to accumulate in the buffer memory.
  4. 【請求項4】 請求項1に記載の光ディスク再生装置において、 上記システム制御手段は、 上記再生停止制御処理において、上記メモリ残量が上記第2の閾値を越えた時点から、上記第1の閾値に達する時点までの間に、上記スピンドルモータの回転が、上記再生停止制御処理開始時における回転数より小さい値である所定の回転数に至るまで減速し、その後当該回転数を維持するよう制御するものであることを特徴とする光ディスク再生装置。 4. The optical disk reproducing apparatus according to claim 1, said system control means is in the playback stop control process, from the time when the remaining memory capacity exceeds the second threshold, the first threshold value until the time of reaching the rotation of the spindle motor, it decelerated until the predetermined rotational speed is a rotational speed less than the value used during the reproduction stop control process starts, performs control so that thereafter maintaining the rotational speed optical disk reproducing apparatus, characterized in that.
  5. 【請求項5】 請求項1に記載の光ディスク再生装置において、 上記システム制御手段は、 上記再生停止制御処理において、上記メモリ残量が上記第2の閾値を越えた時点から、上記第1の閾値に達する時点までの間に、上記スピンドルモータの回転が、上記再生停止制御処理開始時における回転数より小さい値である所定の回転数に至るまで減速し、その後当該回転数近傍の回転数を維持するよう制御するものであることを特徴とする光ディスク再生装置。 In the optical disk reproducing apparatus according to 5. The method of claim 1, said system control means is in the playback stop control process, from the time when the remaining memory capacity exceeds the second threshold, the first threshold value until the time of reaching, maintaining rotation of the spindle motor, decelerated until the predetermined rotational speed is a rotational speed less than the value used during the reproduction stop control process starts, the rotational speed of the subsequent near the rotational speed optical disk reproducing apparatus, characterized in that to control to.
JP31228897A 1997-11-13 1997-11-13 Optical disk reproducing device Pending JPH11144373A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31228897A JPH11144373A (en) 1997-11-13 1997-11-13 Optical disk reproducing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31228897A JPH11144373A (en) 1997-11-13 1997-11-13 Optical disk reproducing device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11144373A true JPH11144373A (en) 1999-05-28

Family

ID=18027453

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31228897A Pending JPH11144373A (en) 1997-11-13 1997-11-13 Optical disk reproducing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11144373A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001076415A (en) * 1999-06-29 2001-03-23 Sony Corp Recorder and reproducing device
JP2005538444A (en) * 2002-09-09 2005-12-15 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. Method and apparatus for managing power consumption of a disk drive
JP2008198293A (en) * 2007-02-14 2008-08-28 Kenwood Corp Data recording device
JP2009266308A (en) * 2008-04-25 2009-11-12 Panasonic Corp Optical disk device, optical disk controller, and laser driving circuit of the optical disk device

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001076415A (en) * 1999-06-29 2001-03-23 Sony Corp Recorder and reproducing device
JP2005538444A (en) * 2002-09-09 2005-12-15 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. Method and apparatus for managing power consumption of a disk drive
JP2008198293A (en) * 2007-02-14 2008-08-28 Kenwood Corp Data recording device
JP2009266308A (en) * 2008-04-25 2009-11-12 Panasonic Corp Optical disk device, optical disk controller, and laser driving circuit of the optical disk device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4628631B2 (en) Method and apparatus for reducing user response time during simultaneous playback and recording
US5442598A (en) Information reproduction apparatus with control means for plural track kickback operation
US5323367A (en) Reproduction or recording device having a pause function
DE69928468T2 (en) Power consumption saving system for optical disc recording / reproducing apparatus
JP3230319B2 (en) Sound reproducing apparatus
US6603676B2 (en) Method of managing optical disk drive parameters
US5699336A (en) Reproducing apparatus having buffer memory and capable of rapidly restarting reproduction and method of controlling the apparatus
KR100378246B1 (en) A disc-shaped optical recording medium recording and / or reproducing apparatus,
JP3220960B2 (en) The information recording apparatus
EP1028415B1 (en) Rotation servo circuit in disk player
JP2000207750A (en) Disc drive
JPH10143872A (en) Device for reprpducing multilayer optical disk recording information
JP2002157825A (en) Information recording device
JP2944859B2 (en) High-speed dubbing method of data
US5331617A (en) Audio data recording/reproduction device having digital high speed dubbing function and audio data dubbing system using such devices
CN1077316C (en) Reproducing method and reproducing apparatus of recording medium
JP2004062928A (en) Magnetic disk drive and storage system
JP4538907B2 (en) Recording apparatus and reproducing apparatus
US5799197A (en) Information reproducing apparatus by which reading operation from recording medium is controlled based on amount of data in memory
KR100432005B1 (en) Disk device and method of decelarating/stopping disk in disk device
JP2007511863A (en) Determining buffer refill time when playing variable bit rate media streams
JP2004227750A (en) Recording device with independently movable read and write heads
US6353510B2 (en) Disk speed profile method and device
JP3625739B2 (en) Method for controlling the speed of a spindle motor of an optical information reproducing apparatus
JP2001338458A (en) Information recorder, information recording system and information storage medium