JPH11131494A - 基礎の補強構造及び補強方法 - Google Patents

基礎の補強構造及び補強方法

Info

Publication number
JPH11131494A
JPH11131494A JP31579697A JP31579697A JPH11131494A JP H11131494 A JPH11131494 A JP H11131494A JP 31579697 A JP31579697 A JP 31579697A JP 31579697 A JP31579697 A JP 31579697A JP H11131494 A JPH11131494 A JP H11131494A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reinforcing
foundation
plate
corner
shaped
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP31579697A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuto Nohara
和人 野原
Masaki Nohara
正貴 野原
Original Assignee
Toyo Shoji Kk
東洋商事株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyo Shoji Kk, 東洋商事株式会社 filed Critical Toyo Shoji Kk
Priority to JP31579697A priority Critical patent/JPH11131494A/ja
Publication of JPH11131494A publication Critical patent/JPH11131494A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 新築の家屋における基礎に適用できるばかり
でなく、既存の家屋の基礎や、地震等によって強度の低
下した基礎に適用してその強度を高めることができる基
礎の補強構造及び補強方法を提供する。 【解決手段】 高張力補強繊維を含んだ帯状補強部材8
を上記基礎の壁面に貼着して構成される帯状補強部3
と、基礎の角部及び/又は隅部に断面略L字状の板状補
強部材4を添着固定して構成される角隅補強部2とを備
えて構成される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本願発明は、基礎の補強構造
に関する。詳しくは、木造家屋、鉄骨プレハブ家屋等の
下部に形成される基礎の補強構造及び補強方法に関す
る。詳しくは、角部及び/又は隅部のある枠状基礎の補
強に適した補強構造及び補強方法に関する。
【0002】
【従来の技術】木造家屋等の基礎として布基礎を採用す
ることが多い。布基礎は、直接基礎の一種であり、敷砂
利あるいは捨てコンクリートの上に、断面I字状あるい
は逆T字状の鉄筋コンクリート製枠状構造物を形成した
ものである。通常、基礎の高さの半分程度が土中に埋ま
るように形成される。上記布基礎の上方に土台が固定さ
れ、この土台の上に柱等の家屋構造部材が組み付けられ
て家屋が構成される。
【0003】上記基礎及び土台は、外周壁、主要な間仕
切り壁の下、浴室等の耐久性の要求される部位の下方に
形成され、家屋の重量を地面との間で支持している。こ
のため、地震、地盤沈下等によって基礎が変形等すると
家屋が傾いたり、歪みが生じるといった問題が発生しや
すく、基礎には強度及び高い耐久性が要求される。
【0004】上記基礎の強度を高めるため、たとえば、
特開昭55−122924号公報に記載されているもの
のように、基礎の周囲に鉄骨補強コンクリートの補強構
造を形成したものがある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】木材は、重量が軽く、
高い変形能力を備える。このため、木造家屋は、コンク
リート製の家屋に比べて、地震の揺れや地盤沈下等の変
位を吸収して倒壊を免れることも多い。
【0006】一方、上述したように、木造家屋における
基礎は通常コンクリートによって形成されるため、変形
能力が低く、地震等によって亀裂等が発生しやすい。こ
のため、地震や地盤沈下等が生じた場合、家屋の外観は
それほど傷んでいない場合でも基礎が大きな損傷を受け
ていることがある。このような場合、再度地震が発生す
ると、基礎の荷重支持能力が急激に低下して、家屋の倒
壊等につながるといった恐れもある。
【0007】上記の鉄骨補強コンクリートによって形成
される補強構造においては、基礎の強度が非常に大きく
なり、荷重支持力及び変形抵抗等も非常に高くなる。し
たがって、地震等に対する抵抗力も大きくなると思われ
る。
【0008】ところが、上記公報に記載されているよう
な基礎の補強構造は、鉄骨をコンクリートの補強構造中
に配設することを前提としているため、既設の家屋の基
礎を補強したり、地震等で傷んだ基礎を補修するのは困
難である。
【0009】また、補強構造自体が大がかりなものとな
り、多大な費用を必要とする。さらに、木造家屋等の居
住用住宅は小規模なものが多く、断面幅のある基礎を設
けることができない場合が多い。このため、一般的な居
住用の木造家屋等の基礎を補強するために適用するのは
困難である。
【0010】本願発明は、上記従来の問題を解決し、新
築の家屋における基礎に適用できるばかりでなく、既存
の家屋の基礎や、地震等によって強度の低下した基礎に
適用してその強度を高めることができる基礎の補強構造
及び補強方法を提供することをその課題とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するた
め、本願発明では、次の技術的手段を講じている。
【0012】本願の請求項1に記載した発明は、基礎の
補強構造であって、高張力補強繊維を含んだ帯状補強部
材を上記基礎の壁面に貼着して構成される帯状補強部
と、基礎の角部及び/又は隅部に断面略L字状の板状補
強部材を添着固定して構成される角隅補強部とを備える
ものに関する。
【0013】上記帯状補強部材は、高張力補強繊維を含
んで形成されるとともに、基礎の壁面に貼着されて基礎
と一体化されるため、内部に鉄筋を設けるのと同様に、
基礎自体の強度を大幅に高めることができる。しかも、
数ミリメートルの厚さの帯状部材を基礎壁面に貼着する
だけで基礎の強度を高めることができるため、施工が極
めて容易である。また、隣家との間隔が小さい場合にも
適用できる。このため、小規模な家屋の基礎の補強や、
既設の家屋に対する補修工事等も容易に行える。
【0014】通常、基礎の角部や隅部には、家屋を支持
する主要な柱が配置されることが多い。このため、高い
荷重支持能力及び変形抵抗が要求される。ところが、基
礎の角部や隅部近傍には、側壁部あるいは内側に充填さ
れた土砂等から基礎を変形させようとする力が集中しや
すく、角部あるいは隅部近傍に歪みや亀裂が生じやす
い。
【0015】本願発明に係る上記板状補強部材は断面略
L字状に形成されて、基礎の角部あるいは隅部に添着固
定される。そして、上記帯状補強部材と共働して、従来
にない補強効果を発揮させる。
【0016】基礎の角部に断面略L字状の板状補強部材
を添着固定する構成を採用することにより、基礎角部の
変形抵抗が大幅に増加し、角部近傍の変形や亀裂の発生
を未然に防止できる。また、亀裂等が生じても、補強部
材によって、、角隅部の強度を確保することができる。
【0017】一方、帯状補強部材は長手方向作用する引
っ張り力を支持することができる。したがって、帯状補
強部材のみを基礎の壁面にそって設けた場合には、隅角
部近傍に帯状補強部材から作用する力が集中しやすく、
これら部位において帯状補強部材が基礎表面から剥離し
たり、帯状補強部材が角部で切断されるといったことも
考えられる。
【0018】本願発明においては、断面略L字状の板状
補強部材を隅角部に添着固定することにより、上記角隅
部における上記問題点を解消し、帯状補強部材の能力を
充分に引き出すことが可能となる。
【0019】上記板状補強部材は、強度の高い板状材料
ならば種々の材料を採用できる。たとえば、鋼板、ステ
ンレス板、繊維強化樹脂製板材等を採用することができ
る。一方、上記帯状補強部材を構成する高張力補強繊維
は特に限定されることはなく、たとえば、炭素繊維、ガ
ラス繊維、アラミド繊維等を採用することができる。ま
た、帯状補強部材は、基礎の壁面形状に沿って接着剤等
により容易に貼着できるように、上記の繊維を編成した
帯状編成シートを採用するのが望ましい。
【0020】また、上記帯状補強部材は、高張力繊維に
樹脂等の接合剤を含浸させて構成することができる。た
とえば、高張力繊維を接着剤等を用いて基礎の壁面に貼
着するとともに繊維に樹脂を含浸させて繊維強化樹脂を
形成し、基礎と強固に一体化させるとよい。含浸樹脂は
特に限定されることはなく、不飽和ポリエステル樹脂、
エポキシ樹脂等の樹脂材料の外、ポリマーセメント等を
採用することもできる。また、必要に応じて、複数の帯
状補強部材を積層形成した帯状補強部を設けてもよい。
【0021】本願の請求項2に記載した発明は、上記板
状補強部材を、基礎の角部及び/又は隅部に貼着された
上記帯状補強部材を覆うように添着固定したものであ
る。
【0022】帯状補強部材を覆うようにして板状補強部
材を添着固定することにより、帯状補強部材を角部にお
いて確実に貼着固定できる。また、板状補強部材によっ
て帯状補強部材を基礎に対して挟圧固定した形態をとる
ため、角隅部近傍における帯状補強部材に大きな力が作
用しても帯状補強部材が基礎の表面から剥離することは
ない。
【0023】特に、隅部には、周辺の地盤から基礎の内
側方向への力が作用する傾向にあるめ、帯状補強部材を
剥離させようとする力が作用しやすいが、上記板状補強
部材を設けることにより、帯状補強部材の剥離を有効に
防止できる。
【0024】また、角部を取り巻くようにして帯状補強
部材を貼着する場合、角部近傍に応力が集中して、帯状
補強部材が切断されるといった問題も生じやすい。本願
発明では、帯状補強部材を覆うように板状補強部材を添
着固定しているため、角部における帯状補強部材の貼着
強度を補強し、上記問題を回避することができる。ま
た、万一、角部で帯状補強部材が切断された場合であっ
ても、切断端部を基礎に対して挟着しているため、切断
端部が剥離等することもない。さらに、帯状補強部材の
接合端部を角部近傍において位置するように設定して、
帯状補強部材の接合端部における貼着強度を上記板状補
強部材によって確保するように構成してもよい。
【0025】本願に請求項3に記載した発明は、基礎の
角部及び/又は隅部に上記板状補強部材を添着固定する
とともに、基礎の壁面及び上記板状補強部材を覆うよう
にして上記帯状補強部材を貼着したものである。
【0026】角部に設けた板状補強部材を覆うようにし
て帯状補強部材を貼着した場合、板状補強部材が変位し
ようとすると、上記帯状補強部材に反力が作用して変位
が阻止される。このため、角部の変形あるいは変位をき
わめて効率よく防止できる。すなわち、基礎全体の変形
等を有効に防止できる。
【0027】また、角部を覆うようにして略L字状の補
強部材を添着固定しているため、角部全体で帯状補強部
材に作用する張力を支持することができる。したがっ
て、地震が発生した場合のように角部が大きく変位する
とき、帯状補強部材に作用する力を効率よく支持できる
とともに、基礎の角部を保護することが可能となる。こ
の結果、基礎の外周壁部全体に高張力補強繊維を含む補
強構造を形成する必要がなくなり、施工コストを大幅に
削減できる。
【0028】さらに、板状補強部材のL字角部に丸みを
持たせると、基礎自体の角部が鋭利であっても帯状補強
部材が切断される恐れはなくなる。一方、隅部において
も、丸みがあれば、帯状補強部材を確実に貼着すること
ができる。このため、帯状補強部材の性能を充分に引き
出すことが可能となる。
【0029】なお、請求項3と請求項4に記載した発明
を組合せ、角隅部において、複数の帯状補強部材及び板
状補強部材を積層させて補強構造を構成することもでき
る。
【0030】本願の請求項4に記載した発明は、上記帯
状補強部が、基礎壁面の上縁及び/又は下縁に沿って略
平行に貼着される水平補強部と、基礎壁面の中間部にお
いてたすき状に交差して貼着される交差補強部とを備え
て構成されているものである。
【0031】上述したように、本願発明においては、高
張力補強繊維を含む補強構造を、外周壁部の全面に設け
る必要はない。特に、亀裂等の生じやすい基礎の上縁部
及び/又は下縁部に沿う水平補強部と、外周壁部に作用
する捩じれ力による変形抵抗を大幅に増加させるための
交差補強部とを設けることにより、基礎の強度を効率よ
く高めることができる。なお、これらこれら水平補強部
と交差補強部の補強部の一方のみを形成することもでき
るが、双方を設けることが望ましい。
【0032】本願の請求項5に記載した発明は、上記帯
状補強部及び上記角隅補強部を、基礎の外周部に成形し
たものである。
【0033】通常、基礎を変形させようとする力は、基
礎の周囲の地盤から作用する。このため、基礎の強度を
効率よく高めるには、基礎の外周部に補強部を形成する
のが望ましい。また、既設家屋の基礎を補強あるいは補
修する場合、基礎内側に補強構造を形成するのは不可能
な場合も多い。本願発明は、上記の事情を考慮して、上
記帯状補強部及び上記角隅補強部を、基礎の外周部に成
形したものである。
【0034】本願の請求項6に記載した発明は、上記板
状補強部材を、基礎に対して連結手段を介して添着固定
したものである。
【0035】上記連結手段は特に限定されることはない
が、たとえば、基礎の角隅部近傍に埋め込みボルトを設
ける一方、補強部材にこのボルトを通挿する通挿孔を設
け、上記ボルトに螺合されるナットによって基礎と板状
補強部材とを一体的に連結することが考えられる。上記
連結手段を設けることにより、板状補強部材と基礎の角
部とが一体化され、補強効果を高めることができる。
【0036】本願の請求項7に記載した発明は、上記板
状補強部材が、基礎壁面の上端から上方に向けて延出す
る上部連結部を備えており、この上部連結部を上記基礎
の上方に配置される土台及び/又は柱材に対して連結し
たものである。
【0037】通常、基礎と土台とはアンカーボルト等に
よって一体的に連結されている。しかしながら、地震等
によって基礎の強度が低下して変形等が生じると、上記
基礎と土台との連結強度が低下して、家屋が歪むといっ
た問題が生じやすい。特に、土台の角隅部には、軸方向
の力が集中しやすく変位しやすい。
【0038】本願発明は、板状補強部材を基礎と土台あ
るいは基礎と柱材に掛け渡し状に設けて連結することに
より、基礎とこれら上部材との連結強度を増加させ、土
台角隅部の変位を阻止して、家屋全体の強度を高めるこ
とができる。
【0039】特に、基礎の角隅部には、通し柱等の主要
な柱が設けられることが多く、基礎と土台、基礎と柱材
とを強度高く連結することにより、家屋に歪み等が生じ
るのを有効に防止でき、家屋の寿命を大幅に伸ばすこと
もできる。
【0040】本願の請求項8に記載した発明は、上記板
状補強部材の下端部に、土中において基礎の壁面から離
れる方向に延出する底板部を一体形成したものである。
【0041】布基礎の強度を高めるために、下端部に土
中において略水平方向に延出するフーチング部が形成さ
れることが多い。このフーチング部によって基礎に作用
する荷重を分散支持できるため、基礎の強度及び荷重支
持能力を大幅に向上させることができる。
【0042】ところが、基礎の下部に捨てコンクリート
を敷設しただけの基礎構造が採用される場合も多く、こ
のような場合、基礎の角隅部に荷重が集中しやすい。ま
た、地震、地盤沈下等が生じると、フーチング部と基礎
枠部との間に亀裂等が生じている場合も考えられる。
【0043】本願発明は、断面略L字状の板状補強部材
の下端部に、土中において基礎の壁面から離れる方向に
延出する底板部を設けることにより、基礎角隅部の荷重
支持能力を高めるものである。
【0044】本願発明においては、板状補強部材に底板
部を一体形成するため、基礎の強度を効力よく高めるこ
とができる。また、既設家屋の基礎を効力よく補強でき
るのみならず、フーチング部を備えない新築家屋の基礎
の補強構造にも適用して、大きな補強効果を得ることも
できる。
【0045】本願の請求項9に記載した発明は、上記板
状補強部材の底板部を、基礎の下端部に一体形成された
フーチング部に連結したものである。
【0046】板状補強部材の底板部と、基礎のフーチン
グ部とを連結することにより、基礎の強度をさらに高め
ることができる。特に、地震等によって傷んだ基礎に適
用することにより、大きな効果を得ることができる。な
お、連結手段は特に限定されることはなく、接着、ボル
トナット等種々の手段を用いて連結することができる。
【0047】本願の請求項10に記載した発明は、基礎
の補強方法であって、基礎の角部及び/又は隅部に断面
略L字状の板状補強部材を添着固定する角隅部補強工程
と、高張力補強繊維を含んだ帯状補強部材を上記基礎の
壁面に貼着する帯状補強部材貼着工程とを含むものであ
る。
【0048】本願の請求項11に記載した発明は、上記
断面略L字状補強部材の上端部を、基礎の角隅部に載置
される土台及び/又は柱材に連結固定する上部連結工程
と、下端部を基礎のフーチング部に連結固定する下部連
結工程とを含む基礎の補強方法に関するものである。
【0049】
【発明の実施の形態】以下、本願発明に係る実施の形態
を図に基づいて具体的に説明する。
【0050】図1に示す実施の形態は、コンクリートに
よって形成された方形枠状の基礎1の外周部に本願発明
に係る補強構造を形成したものである。
【0051】図1に示すように、本実施の形態に係る補
強構造は、基礎1の角部に形成した角補強部2と、基礎
1の周囲の壁面を取り巻くように形成した帯状補強部3
とを備えて構成される。
【0052】上記角補強部2は、ステンレス鋼板から形
成された断面略L字状の板状補強部材4を基礎1の各角
部に添着固定して形成される。本実施の形態において
は、上記板状補強部材4は、中間部が接着剤を介して基
礎1の角部表面に接着固定されている。
【0053】板状補強部材4は、基礎角部の上端から上
方に向けて延出する上部連結部6を備えるとともに、下
部には土中において基礎1の壁面から離れる方向に延出
する底板部7が一体形成されている。上記上部連結部6
は、図示はしないが、上記基礎1の上面に沿って配置さ
れる土台及び/又は柱材に対して連結できるように形成
されている。
【0054】上記帯状補強部3は、アラミド繊維(ポリ
アミド繊維)を編成して形成された帯状補強部材8を、
基礎1の外周面に貼着して形成されている。本実施の形
態においては、上記帯状補強部3は、基礎壁面の上縁9
及び下縁10に沿って略平行に貼着される水平補強部1
1と、基礎壁面の中間部においてたすき状に交差して貼
着される交差補強部12とを備えて構成されている。
【0055】上記帯状補強部材8は、エポキシ樹脂を含
浸させた状態で基礎壁面に貼着されて繊維強化樹脂を構
成しており、基礎壁面と一体化させられている。
【0056】本実施の形態に係る補強構造においては、
まず板状補強部材4を基礎1の角部に添着固定した後、
基礎の壁面及び上記板状補強部材を覆うようにして上記
帯状補強部材8が貼着されている。すなわち、上記板状
補強部材の上部及び下部に、上記帯状補強部材8が掛け
回されるようにして貼着されている。
【0057】帯状補強部材を構成するアラミド繊維は、
鉄鋼材料に匹敵する引っ張り弾性率及び強度を備える。
また、上記アラミド繊維は、帯状補強部材8の長手方向
に配向するように編成されていため、破断に至る伸度も
数パーセントと小さい。このため、コンクリート構造物
の表面に貼着するだけで、構造物の強度を効率よく補強
することができる。
【0058】図1に示すように、基礎1の角部に設けた
板状補強部材4を囲うようにして帯状補強部材を貼着す
ることにより、板状補強部材4が変位しようとすると、
上記帯状補強部材8に変位を阻止する方向に反力が作用
する。上記帯状補強部材8は、上記反力が作用しても引
っ張り強度及び変形抵抗が高いため、基礎角部の変形あ
るいは変位をきわめて効率よく阻止できる。この結果、
基礎全体の変形等を有効に防止することが可能となり、
地震等の際における家屋の倒壊を防止することができ
る。
【0059】また、基礎1の角部を覆うようにして略L
字状の板状補強部材を添着固定しているため、基礎の角
部全体で帯状補強部材8に作用する張力を支持すること
ができる。しがって、地震等が発生した場合等に帯状補
強部材8に作用する力を効率よく支持することが可能と
なり、基礎の外周壁面全体に高張力補強繊維を貼着して
補強構造を形成する必要がなくなる。この結果、帯状補
強部材の貼着面積を減少させて、施工コストを大幅に削
減できる。
【0060】さらに、板状補強部材4のL字角部に丸み
を持たせると、基礎1の角部が鋭利な形状であっても帯
状補強部材8が角部で切断される恐れはなくなる。この
ため、帯状補強部材8の性能を充分に引き出すことも可
能となる。
【0061】本実施の形態においては、亀裂等の生じや
すい基礎1の上縁部及び下縁部に沿う水平補強部11を
設けることにより、基礎の縁部の強度を効率よく高めて
いる。しかも、上記交差補強部12を設けることによ
り、基礎の壁部に捩じるような力が作用する場合の変形
抵抗を大幅に増加させることができる。さらに、補強構
造を、枠状基礎の外周壁面に成形するでけで基礎の強度
を効率よく高めることができるため、既設の家屋の基礎
の補強あるいは補修を、極めて容易に行うこともでき
る。
【0062】図2ないし図4に本願発明に係る第2の実
施の形態を示す。図3は図2における角部の補強構造の
縦方向断面を示す図である。また、図4は図3における
IV−IV線に沿う断面を表している。
【0063】家屋の基礎は、図1に示すような方形の枠
形状をとるとは限らず、図2に示すように、角部Aと隅
部Bとを備えるのが一般的である。
【0064】本実施の形態においては、図2及び図4に
示すように、基礎1aの角部A及び隅部Bに板状補強部
材5,13をそれぞれ貼着固定するとともに、角部Aに
おいては上記板状補強部材5を覆うようにして帯状補強
部材8を貼着する一方、隅部Bにおいては基礎表面に貼
着した帯状補強部材8を覆うように板状補強部材13を
添着固定している。
【0065】基礎の外周隅部Bには、周辺の地盤から基
礎の内側方向への力が作用する傾向にあるめ、帯状補強
部材8を基礎の表面から剥離させようとする力が作用し
やすい。本実施の形態においては、帯状補強部材8を隅
部において挟圧するようにして板状補強部材13を添着
固定しているため帯状補強部材8の剥離を有効に防止で
きる。
【0066】しかも、本実施の形態においては、図2及
び図3に示すように、角部A及び隅部Bに添着固定した
板状補強部材5,13を、基礎1aに埋め込み固定した
アンカーボルト14及びこれに螺合させられるナット1
5を用いて、基礎1aの角部A及び隅部Bに対して一体
的に連結固定している。これにより、板状補強部材5,
13と基礎1aとが一体化され、補強効果を高めること
ができる。
【0067】また、図3に示すように、本願発明は、板
状補強部材5の上部連結部6を上記基礎1aの上面に配
置される土台16に対して、ボルト20を用いて掛け渡
し状に連結している。これにより、基礎1と土台16と
の連結強度を増加させ、土台角部の変位を阻止して、家
屋全体の強度をさらに高めることができる。
【0068】しかも、基礎1aの角隅部には、通し柱等
の主要な柱が設けられることが多く、基礎1aと土台1
6とを強度高く連結することにより、家屋に歪み等が生
じるのを有効に防止でき、家屋の寿命を大幅に伸ばすこ
ともできる。
【0069】さらに、図3に示すように、上記底板部7
は、土中において水平方向外方に延出形成されており、
この底板部7によって基礎の角部に作用する荷重を分散
支持することができる。このため、基礎1aの強度及び
荷重支持能力を大幅に向上させることができる。また、
地震等によって基礎の角部が損傷を受けた場合において
も、補修によって荷重支持能力を容易に高めることがで
きる。
【0070】図5に、本願発明の第3の実施の形態を示
す。この実施の形態は、板状補強部材19の上部連結部
6を土台16及び柱17に掛け渡し状に連結するととも
に、下端部に形成した底板部7を、基礎1bの下部に一
体形成したフーチング部18に掛け渡し状に連結したし
ものである。
【0071】本実施の形態におていは、板状補強部材1
9を介して、基礎1b、土台16、柱17及び基礎のフ
ーチング部18を一体的に連結することができる。この
ため、基礎1bと家屋の構造材とが一体化され、耐震性
の高い基礎及び家屋を形成することが可能となる。
【0072】しかも、上記の補強構造は、家屋の外周部
のみから構成することができるため、既存の家屋に対し
て容易に適用することができる。したがって、地震等に
よって、傷んだ家屋を容易に修復することも可能とな
る。
【0073】本願発明は、上述の実施の形態に限定され
ることはない。
【0074】実施の形態においては、アラミド繊維を含
む帯状補強部材を採用したが、炭素繊維、ガラス繊維等
他の高張力繊維を含む帯状補強部材を採用することがで
きる。
【0075】また、板状補強部材として、ステンレス鋼
板を採用したが、耐蝕鋼板、繊維強化樹脂板等他の板状
補強部材を採用することができる。
【0076】また、板状補強部材と帯状補強部材の積層
構造も実施の形態に限定されることはなく、家屋の立地
条件、地盤の特性、基礎の形状等に応じて変更すること
ができる。
【0077】また、帯状補強部材の基礎壁面に対する接
着強度を高めるため、基礎壁面に樹脂でプライマ処理を
施してもよい。また、帯状補強部材を保護するため、補
強構造の表面にポリマーセメント等を用いて保護被覆を
形成してもよい。
【0078】また、実施の形態においては、基礎の外周
全体に補強構造を形成したが、基礎の一部に本願発明に
係る補強構造を形成することもできる。
【0079】本願発明に係る補強構造は、木造家屋の基
礎に限定されることはなく、コンクリート製家屋等種々
の家屋に適用することができる。また、枠状の基礎に限
定されることもなく、角隅部を有する基礎であれば適用
できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本願発明に係る基礎の補強構造の概要を示す斜
視図である。
【図2】本願発明に係る第2の実施の形態を示す斜視図
である。
【図3】図2の角部の補強構造を示す縦断面図である。
【図4】図3のIV−IV線に沿う断面図である。
【図5】本願発明の第3の実施の形態を示す図であり、
図3に相当する断面図である。
【符号の説明】
1 基礎 1a 基礎 1b 基礎 2 角補強部(角隅補強部) 3 帯状補強部 4 板状補強部材 5 板状補強部材 6 上部連結部 7 底板部 8 帯状補強部材 11 水平補強部 12 交差補強部 13 板状補強部材 14 ボルト(連結部材) 15 ナット(連結部材) 16 土台 17 柱 18 フーチング部 19 板状補強部材

Claims (11)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 高張力補強繊維を含んだ帯状補強部材を
    基礎の壁面に貼着して構成される帯状補強部と、 基礎の角部及び/又は隅部に断面略L字状の板状補強部
    材を添着固定して構成される角隅補強部とを備える、基
    礎の補強構造。
  2. 【請求項2】 上記板状補強部材を、基礎の角部及び/
    又は隅部に貼着された上記帯状補強部材を覆うように添
    着固定した、請求項1に記載の基礎の補強構造。
  3. 【請求項3】 基礎の角部及び/又は隅部に上記板状補
    強部材を添着固定するとともに、基礎の壁面及び上記板
    状補強部材を覆うようにして上記帯状補強部材を貼着し
    た、請求項1に記載の基礎の補強構造。
  4. 【請求項4】 上記帯状補強部は、基礎壁面の上縁及び
    /又は下縁に沿って略平行に貼着される水平補強部と、
    基礎壁面の中間部においてたすき状に交差して貼着され
    る交差補強部とを備えて構成されている、請求項1から
    請求項3のいずれかに記載の基礎の補強構造。
  5. 【請求項5】 上記帯状補強部及び上記角隅補強部が、
    基礎の外周部に形成されている、請求項1から請求項4
    のいずれかに記載の基礎の補強構造。
  6. 【請求項6】 上記板状補強部材は、固定手段を介して
    基礎の角部及び/又は隅部に連結固定されている、請求
    項1から請求項5のいずれかに記載の基礎の補強構造。
  7. 【請求項7】 上記板状補強部材は、基礎壁面の上端か
    ら上方に向けて延出する上部連結部を備えており、この
    上部連結部が上記基礎の上方に配置される土台及び/又
    は柱材に対して連結されている、請求項1から請求項6
    のいずれかに記載の基礎の補強構造。
  8. 【請求項8】 上記板状補強部材の下端部に、土中にお
    いて基礎の壁面から離れる方向に延出する底板部が一体
    形成されている、請求項1から請求項7のいずれかに記
    載の基礎の補強構造。
  9. 【請求項9】 上記底板部を、基礎の下端部に一体形成
    されたフーチング部に連結した、請求項1から請求項8
    のいずれかに記載の基礎の補強構造。
  10. 【請求項10】 基礎の補強方法であって、 基礎の角部及び/又は隅部に断面略L字状の板状補強部
    材を添着固定する角隅部補強工程と、 高張力補強繊維を含んだ帯状補強部材を上記基礎の壁面
    に貼着する帯状補強部材貼着工程とを含む、基礎の補強
    方法。
  11. 【請求項11】 上記断面略L字状補強部材の上端部
    を、基礎の角隅部上方に配置される土台及び/又は柱材
    に連結固定する上部連結工程と、下端部を基礎のフーチ
    ング部に連結固定する下部連結工程とを含む、請求項1
    0に記載に記載の基礎の補強方法。
JP31579697A 1997-10-31 1997-10-31 基礎の補強構造及び補強方法 Pending JPH11131494A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31579697A JPH11131494A (ja) 1997-10-31 1997-10-31 基礎の補強構造及び補強方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31579697A JPH11131494A (ja) 1997-10-31 1997-10-31 基礎の補強構造及び補強方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11131494A true JPH11131494A (ja) 1999-05-18

Family

ID=18069665

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31579697A Pending JPH11131494A (ja) 1997-10-31 1997-10-31 基礎の補強構造及び補強方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11131494A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008121236A (ja) * 2006-11-10 2008-05-29 Misawa Homes Co Ltd 基礎の補強構造
JP2008121239A (ja) * 2006-11-10 2008-05-29 Misawa Homes Co Ltd 基礎の補強構造
JP2010150755A (ja) * 2008-12-24 2010-07-08 J Kenchiku Syst Kk 基礎補強構造
JP2010203215A (ja) * 2009-02-28 2010-09-16 J Kenchiku Syst Kk 耐圧版式グリッドポスト基礎における外周地中梁、内部地中梁及びポストの形成方法
JP2012167524A (ja) * 2011-02-17 2012-09-06 Miyazono Seisakusho:Kk 既存建造物の耐震補強構造
JP2015092054A (ja) * 2013-10-03 2015-05-14 三栄商事株式会社 木造建築物の補強構造

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008121236A (ja) * 2006-11-10 2008-05-29 Misawa Homes Co Ltd 基礎の補強構造
JP2008121239A (ja) * 2006-11-10 2008-05-29 Misawa Homes Co Ltd 基礎の補強構造
JP2010150755A (ja) * 2008-12-24 2010-07-08 J Kenchiku Syst Kk 基礎補強構造
JP2010203215A (ja) * 2009-02-28 2010-09-16 J Kenchiku Syst Kk 耐圧版式グリッドポスト基礎における外周地中梁、内部地中梁及びポストの形成方法
JP2012167524A (ja) * 2011-02-17 2012-09-06 Miyazono Seisakusho:Kk 既存建造物の耐震補強構造
JP2015092054A (ja) * 2013-10-03 2015-05-14 三栄商事株式会社 木造建築物の補強構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO1999014453A1 (fr) Structure de renfort d'elements de beton et procede associe
JP4194871B2 (ja) コンクリート構造物の補強方法
KR101937536B1 (ko) 내진보강용 frp보강판, 및 그 frp보강판과 섬유보강 콘크리트를 이용한 내진보강 방법
JP4003211B2 (ja) コンクリート構造体の補強構造及びコンクリート構造体の補強方法
JP3532441B2 (ja) 構造材同士の接合箇所における補強構造及び補強方法
JPH11131494A (ja) 基礎の補強構造及び補強方法
JP3806252B2 (ja) 強化繊維シートによるコンクリート構造物の補強方法
JP2994365B1 (ja) コンクリート部材の補強構造
JP3984378B2 (ja) コンクリート部材の補強構造
JP5026830B2 (ja) 補強コンクリートブロック造壁体
JP4851916B2 (ja) 基礎の補強構造
JP2002129753A (ja) コンクリート構造物の補強方法
KR100718585B1 (ko) 프리스트레스가 도입된 외부부착형 에프알피 스트립을이용한 구조물 펀칭전단 보강공법
JP2005120608A (ja) 床版の下面補強工法
JP2000045565A (ja) コンクリート部材の補強構造および補強工法
JPH1144047A (ja) 連続繊維シートを用いたコンクリート構造物の補強構造
JP3071732U (ja) コンクリート構造物の補強構造
JPH0593463A (ja) 既設コンクリート構造物の補強方法
JPH1088524A (ja) 橋脚基部の補強工法および基部補強された橋脚
JP4596298B2 (ja) 既設木造建造物の補強方法および補強木造建造物
JP4634702B2 (ja) 建物の耐震補強構造、建物の耐震補強方法
JP4882895B2 (ja) コンクリート支柱基礎の補強方法
JP3769720B2 (ja) コンクリート部材の補強工法
JP2000027446A (ja) コンクリート部材の補強構造および補強工法
JPH10298930A (ja) コンクリート構造物の補強方法