JPH11122388A - インターネット電話システムと接続方法 - Google Patents

インターネット電話システムと接続方法

Info

Publication number
JPH11122388A
JPH11122388A JP28536497A JP28536497A JPH11122388A JP H11122388 A JPH11122388 A JP H11122388A JP 28536497 A JP28536497 A JP 28536497A JP 28536497 A JP28536497 A JP 28536497A JP H11122388 A JPH11122388 A JP H11122388A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
internet
ip address
means
telephone
connection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP28536497A
Other languages
English (en)
Inventor
Yuji Hara
雄司 原
Original Assignee
Nec Corp
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】IPアドレスを含むユーザ情報を管理するサー
バそのものを必要とする上、そのサーバが稼動していな
い場合インターネット電話が利用できない。 【解決手段】インターネット電話が持っているインター
ネットに接続するためのインターネット接続手段10
1、111接続先を選択する接続先選択手段108、1
18音声データをやり取りする音声データ通信手段10
5、115音声の入出力を司る音声入力手段106、1
16および音声出力手段107、117以外に、電話回
線に接続するための手段である電話接続手段102、1
12自分のクライアントマシンのIPアドレスを電話接
続手段を用い、相手のクライアントマシンに送信する自
IPアドレス送信手段103、113さらに、相手から
送られてきた相手のクライアントマシンのIPアドレス
を受信し、音声データ通信手段に渡す相手IPアドレス
受信手段104、114からなる。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明はインターネット電話
システムに関し、特に電話接続可能なマシンのIPアド
レスを含むユーザ情報を管理するサーバを使用せず、直
接相手の電話番号を指定し、インターネットを経由した
電話を利用できるインターネット電話システムに関す
る。

【0002】

【従来の技術】従来のインターネット電話システムは、
ダイヤルアップ接続ユーザも利用できるようにするた
め、インターネット電話を利用できる状態のあるユーザ
のIPアドレスを含むユーザ情報を管理するサーバを設
置する必要があった。

【0003】図4は従来のインターネット電話システム
を示すブロック図である。

【0004】図4を参照すると、サーバ400は、イン
ターネット電話を受けることのできるユーザの情報を管
理するサーバで、インターネットへ接続するためのイン
ターネット接続手段404、インターネット電話を受け
ることのできるユーザの情報を受信するユーザ情報受信
手段402、この受信したユーザ情報を保存するユーザ
情報保存手段401、クライアントマシンからの要求に
よりユーザ情報を送信するユーザ情報送信手段403を
有している。また、ユーザ情報保存手段401の内容の
構成を示したものがユーザ情報保存手段の構成405に
示すような構成になっており、、この構成では、インタ
ーネット電話が使用できるユーザとしてユーザA、ユー
ザBがおり、IPアドレスはそれぞれ、”xxx.aa
a”、”yyy.bbb”が割り当てられている。

【0005】クライアントマシン410、420は、電
話をかけるもしくは受けるマシンで、インターネットへ
接続するためのインターネット接続手段411、42
1、ユーザ情報を登録管理するサーバ400のIPアド
レスを保存するユーザ情報登録サーバアドレス保存手段
415、425、IPアドレスを含んだ自分のユーザ情
報をサーバ400に通知する自ユーザ情報送信手段41
2,422、サーバ400から逆に現在インターネット
電話を受けることのできるユーザの情報を受け取るユー
ザ情報受信手段413、423、受け取ったユーザ情報
から実際に接続先を操作者に選択させる接続先選択手段
416、426、指定されたIPアドレスをもつクライ
アントマシンと接続し音声データの通信を行う音声デー
タ通信手段414、424、音声入力および出力を行う
音声入力手段417、427および音声出力手段41
8、428を有する。

【0006】次に、従来のインターネット電話システム
の動作について、図5および図6を参照して詳細に説明
する。

【0007】図5は従来のインターネット電話システム
のクライアントマシンの動作を示す流れ図である。

【0008】また図6は従来のインターネット電話シス
テムのサーバマシンの動作を示す流れ図である。

【0009】図5および図6を参照すると、クライアン
トマシン410からクライアントマシン420に電話を
かけることを想定する。まず自分のIPアドレスをサー
バに登録する(ステップS500)。クライアントマシ
ン410において、電話をかけるユーザの操作を認識す
ると(ステップS502)、次にその時点で電話を受け
ることのできるユーザ情報をサーバ400から入手する
(ステップS503、S504)。ここで接続先のユー
ザがどのサーバにユーザ情報を登録しているか、事前に
該当するIPアドレスを確認しておく必要があるためユ
ーザ情報を登録しているサーバのIPアドレス”zz
z.ccc”情報を前もってクライアント410、42
0で保存されてある。ユーザ情報を管理するサーバは一
般に複数存在することが可能である。この入手した情報
をもとに、どのユーザに電話をかけるかユーザに選択さ
せる(ステップS505)。この場合は、接続先とし
て、ユーザBが選択され、IPアドレス”yyy.bb
b”のマシンへ接続要求を行う(ステップS506)。
一方、クライアントマシン420では、電話の接続要求
があったことを認識し(ステップS501)、接続の受
付けの了解を行う(ステップS509)。クライアント
マシン410では、了解されたことを認識し(ステップ
S507)、クライアントマシン410、420双方で
通話を開始する(ステップS508)。

【0010】本システムを終了する際は(ステップS5
10)、電話を受けられなくなるため、サーバ400に
対して、ユーザ情報の削除の要求を行う(ステップS5
11)。

【0011】一方サーバ400では、それぞれ、ユーザ
情報の追加登録要求、ユーザ情報の削除要求、ユーザ情
報の問合せ要求の判断を行い(ステップS600、S6
02、S604)、それぞれに対応した処理を行う(ス
テップS601、S603、S605)。インターネッ
ト電話を使用する必要がなくなり、操作者が終了の指示
を行うとサーバシステムは終了する(ステップS60
6)。

【0012】

【発明が解決しようとする課題】上述した従来のインタ
ーネット電話システムは、第1の問題点は、IPアドレ
スを含むユーザ情報を管理するサーバそのものを必要と
する上、そのサーバが何らかの要因で稼動していない場
合インターネット電話が利用できない点である。

【0013】その理由は、このような状態になると、接
続先のクライアントマシンのIPアドレスを手段がなく
なるためである。

【0014】第2の問題点は、前もって接続先のユーザ
がどのサーバにユーザ情報を登録しているか、事前に該
当するIPアドレスを確認しておく必要があるというこ
とである。

【0015】その理由は、ユーザ情報を管理するサーバ
は一般に複数存在することが可能であるからである。

【0016】本発明の目的は、以上の問題点を解決する
インターネット電話システムを提供することにある。

【0017】

【課題を解決するための手段】本発明のインターネット
電話システムは、インターネットに接続するためのイン
ターネット接続手段、接続先を選択する接続先選択手
段、音声データを相互にやり取りする音声データ通信手
段、音声のアナログ/デジタル変換を行い入出力を司る
音声入力手段、および音声出力手段を持つインターネッ
ト電話システムにおいて、電話回線に接続するための電
話接続手段、前記電話接続手段により接続された電話回
線を経て自IPアドレスを相手に送信する自IPアドレ
ス送信手段、電話回線を経て相手から送られてきた相手
IPアドレスを受信し前記音声データ通信手段に渡す相
手IPアドレス受信手段とを備え、インターネット接続
で使用するIPアドレスを通知し、前記電話接続手段に
より接続された電話回線を経て相手から送られてきた相
手IPアドレスを受信したとき、インターネット接続に
接続してない場合は、受信した前記相手IPアドレスに
前記インターネット接続手段によりインターネット接続
を行う。

【0018】[作用]電話接続可能なマシンのIPアド
レスを含むユーザ情報を管理するサーバを利用せずかつ
相手がインターネットにダイアルアップで最初接続して
いなくても、電話接続が可能となる。

【0019】

【発明の実施の形態】次に、本発明の実施の形態につい
て図面を参照して説明する。

【0020】図1は本発明のインターネット電話システ
ムの一実施の形態を示すブロック図である。

【0021】図1を参照すると、通常のインターネット
電話が持っているインターネットに接続するためのイン
ターネット接続手段101、111、接続する相手を操
作者に選択させる接続先選択手段108、118、音声
データを相互にやり取りする音声データ通信手段10
5、115、音声のアナログ/デジタル変換を行い入出
力を司る音声入力手段106、116、および音声出力
手段107、117以外に、インターネットで接続する
ために必要となるIPアドレスを通知する手段を持って
いる。

【0022】これは、インターネットへ接続する手段と
は別の、電話回線に接続するための手段である電話接続
手段102、112、自分のクライアントマシンのIP
アドレスを電話接続手段102、112を用い、相手の
クライアントマシンに送信する自IPアドレス送信手段
103、113、さらに、相手から送られてきた相手の
クライアントマシンのIPアドレスを受信し、音声デー
タ通信手段105、115に渡す相手IPアドレス受信
手段104、114からなる。

【0023】次に、本発明の第1の実施の形態の動作に
ついて、図1および図2を参照して詳細に説明する。

【0024】図2は本発明のインターネット電話システ
ムの第1の一実施の形態の動作を示す流れ図である。

【0025】システムが起動すると、他クライアントマ
シンから電話接続の要求があるかどうか、電話をかける
操作をユーザが行ったか、あるいは、システムを終了さ
せようとしている継続的に監視している(ステップS2
00、S201、S214)。

【0026】ここで、クライアントマシン100のユー
ザがクライアントマシン110のユーザへインターネッ
ト電話をかけようとした場合について説明を行う。クラ
イアントマシン100でインターネットへすでに接続済
みかどうか判断する(ステップS202)。もし、接続
がされていない場合は、インターネット接続手段101
がインターネットへの接続処理を行う(ステップS20
3)。この際得られる自IPアドレスを相手のクライア
ントマシン110へ伝えるため、まず、ユーザが指定し
た通常の電話番号を用い、直接相手のクライアントマシ
ンと接続を行う(ステップS204)。

【0027】一方、電話がかかってきたクライアントマ
シン110では、電話接続手段112が応答する。クラ
イアントマシン100では、接続の応答を得ると(ステ
ップS205)、次に自IPアドレス送信手段103
が、自分のクライアントマシンのIPアドレスの送信を
行う(ステップS206)。このあとは、インターネッ
ト経由で逆に電話がかかってくるのを待つ(ステップS
207)。クライアントマシン110では、送信されて
きたクライアントマシン100のIPアドレスを相手I
Pアドレス受信手段114が、受取り、音声データ通信
手段115に渡す。ここで、インターネットに接続され
ていない場合は、インターネットへの接続を行った上で
(ステップS210、S211)、音声データ通信手段
115は、インターネット接続手段111を介し、イン
ターネット電話の接続要求をクライアントマシン100
に対して行う(ステップS212)。

【0028】クライアントマシン100では、インター
ネット電話の接続要求があると(ステッップ207)、
音声データ通信手段105が応答する(ステップS20
8)。クライアントマシン110で、この応答を得ると
(ステップS213)、双方で、音声データ通信手段1
05、115が音声データの交換を開始し、インターネ
ット電話での通話が可能となる。最後に、操作者が終了
の操作を行うとシステムは終了する(ステップS21
4)。

【0029】こうすることで、電話がかかってきたトリ
ガは、インターネット経由ではなく、電話回線を使用
し、通知されるため、電話を受ける可能性がある場合で
も、常にインターネットに接続しておく必要がなく、電
話回線を使用してユーザは、電話待機のために電話料金
を支払う必要がなくなる。

【0030】次に、本発明の第2の実施の形態の動作に
ついて、図1および図3を参照して詳細に説明する。

【0031】図3は本発明のインターネット電話システ
ムの第2の一実施の形態の動作を示す流れ図である。

【0032】図2に示す第1の実施の形態の動作では、
最初にインターネット電話をかけようとしたクライアン
トマシン100のIPアドレスを電話回線により、相手
のクライアントマシン110に通知し、インターネット
上は、逆にクライアントマシン110からクライアント
マシン100へ接続を試みている。

【0033】これに対して図3に示す第2の実施の形態
の動作では、インターネット電話をかけようとしたクラ
イアントマシン100ではなく、相手のクライアントマ
シン110のIPアドレスを電話回線を介し、インター
ネット電話をかけようとしたクライアントマシン100
が取得し、実際のインターネット上での接続もクライア
ントマシン100側から行おうとするものである。

【0034】クライアントマシン100は、相手のIP
アドレスを取得するため、電話回線を使用しクライアン
トマシン110に電話をかける(ステップS301、S
302)。クライアントマシン110にて、電話での接
続要求があると(ステップS300)、インターネット
へすでに接続済みかどうか判断する(ステップS30
9)。もし、接続がされていない場合は、インターネッ
ト接続を行う(ステップS310)。

【0035】次に自IPアドレスをクライアントマシン
100へ送信する(ステップS311)。クライアント
マシン100は、接続の要求が受け付けられると(ステ
ップS303)、インターネットへすでに接続済みかど
うか判断する(ステップS304)。もし、接続がされ
ていない場合は、インターネット接続を行う(ステップ
S305)。さらにクライアントマシン110から送ら
れてきたIPアドレスへインターネット電話の接続要求
を行い(ステップS306、S312)、要求が受け付
けられると(ステップS307、S313)通話が開始
される(ステップ308)。最後に、操作者が終了の操
作を行うとシステムは終了する(ステップS314)。

【0036】

【発明の効果】以上説明したように、本発明のインター
ネット電話システムは、第1の効果は、電話を受ける可
能性がある場合でも、常にインターネットに接続してお
く必要がなく、電話回線を使用してユーザは、電話待機
のために電話料金を支払う必要がなくなる。

【0037】その理由は、電話がかかってきたトリガ
は、インターネット経由ではなく、電話回線を使用し、
通知されるためである。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明のインターネット電話システムの一実施
の形態を示すブロック図である。

【図2】本発明のインターネット電話システムの第1の
一実施の形態の動作を示す流れ図である。

【図3】本発明のインターネット電話システムの第2の
一実施の形態の動作を示す流れ図である。

【図4】従来のインターネット電話システムを示すブロ
ック図である。

【図5】従来のインターネット電話システムのクライア
ントマシンの動作を示す流れ図である。

【図6】従来のインターネット電話システムのサーバマ
シンの動作を示す流れ図である。

【符号の説明】

100,110 クライアントマシン 101,111 インターネット接続手段 102,112 電話接続手段 103,113 自IPアドレス送信手段 104,114 相手IPアドレス受信手段 105,115 音声データ通信手段 106,116 音声入力手段 107,117 音声出力手段 108,118 接続先選択手段

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 インターネットに接続するためのインタ
    ーネット接続手段、接続先を選択する接続先選択手段、
    音声データを相互にやり取りする音声データ通信手段、
    音声のアナログ/デジタル変換を行い入出力を司る音声
    入力手段、および音声出力手段を持つインターネット電
    話システムにおいて、電話回線に接続するための電話接
    続手段、前記電話接続手段により接続された電話回線を
    経て自IPアドレスを相手に送信する自IPアドレス送
    信手段、電話回線を経て相手から送られてきた相手IP
    アドレスを受信し前記音声データ通信手段に渡す相手I
    Pアドレス受信手段とを備え、インターネット接続で使
    用するIPアドレスを通知することを特徴とするインタ
    ーネット電話システム。
  2. 【請求項2】 前記電話接続手段により接続された電話
    回線を経て相手から送られてきた相手IPアドレスを受
    信したとき、インターネット接続に接続してない場合
    は、受信した前記相手IPアドレスに前記インターネッ
    ト接続手段によりインターネット接続を行うことを特徴
    とする請求項1記載のインターネット電話システム。
  3. 【請求項3】 電話回線を経て自IPアドレスを相手に
    送信し、相手から送られてきた相手IPアドレスを受信
    し、インターネット接続で使用するIPアドレスを通知
    し、相手から送られてきた相手IPアドレスを受信した
    とき、インターネットに接続してない場合、受信した前
    記相手IPアドレスにインターネット接続を行うことを
    特徴とするインターネット電話接続方法。
JP28536497A 1997-10-17 1997-10-17 インターネット電話システムと接続方法 Pending JPH11122388A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28536497A JPH11122388A (ja) 1997-10-17 1997-10-17 インターネット電話システムと接続方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28536497A JPH11122388A (ja) 1997-10-17 1997-10-17 インターネット電話システムと接続方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11122388A true true JPH11122388A (ja) 1999-04-30

Family

ID=17690607

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28536497A Pending JPH11122388A (ja) 1997-10-17 1997-10-17 インターネット電話システムと接続方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11122388A (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001078336A1 (en) * 2000-04-11 2001-10-18 Young Koo Cho System and method for telephone communication and internet browsing at the same time
WO2003015387A1 (en) * 2001-08-06 2003-02-20 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Talking apparatus adaptor, circuit connection method, circuit connection program, and recorded medium
WO2003026264A1 (en) * 2001-09-14 2003-03-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Network connection device, communication system, communication method, communication program, and recording medium
JP2006121180A (ja) * 2004-10-19 2006-05-11 Fujitsu Ltd 携帯電話端末間のデータ伝送路確立システム
KR100779459B1 (ko) 2006-09-29 2007-11-26 엔에이치엔(주) 인터넷폰 서비스 시스템 및 방법
JP2009500990A (ja) * 2005-11-15 2009-01-08 アークソフト (シャンハイ) テクノロジー カンパニー リミテッド Ipアドレスを通信して、ポイント対ポイントのテキスト、ボイス、ビデオ又はデータ通信を行なうためのpstnの使用
JP2010502076A (ja) * 2006-08-25 2010-01-21 ジョハン エリアシュ モバイルフォンに関する間接通信システム及び方法
KR100941551B1 (ko) 2003-12-29 2010-02-10 엘지노텔 주식회사 무선랜을 이용한 브이오아이피 무선전화기간 직접 정보교환 방법
JP2013176005A (ja) * 2012-02-27 2013-09-05 Aiphone Co Ltd インターホンシステム
US9270799B2 (en) 2006-08-25 2016-02-23 Wireless Wonders Ltd. Using indirect communication to provide a solution to use international dialing convention and incorporating phone numbers for non-phone devices

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001078336A1 (en) * 2000-04-11 2001-10-18 Young Koo Cho System and method for telephone communication and internet browsing at the same time
WO2003015387A1 (en) * 2001-08-06 2003-02-20 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Talking apparatus adaptor, circuit connection method, circuit connection program, and recorded medium
WO2003026264A1 (en) * 2001-09-14 2003-03-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Network connection device, communication system, communication method, communication program, and recording medium
KR100941551B1 (ko) 2003-12-29 2010-02-10 엘지노텔 주식회사 무선랜을 이용한 브이오아이피 무선전화기간 직접 정보교환 방법
JP2006121180A (ja) * 2004-10-19 2006-05-11 Fujitsu Ltd 携帯電話端末間のデータ伝送路確立システム
US7751376B2 (en) 2004-10-19 2010-07-06 Fujitsu Limited System for establishing data transmission path between mobile phone terminals
JP2009500990A (ja) * 2005-11-15 2009-01-08 アークソフト (シャンハイ) テクノロジー カンパニー リミテッド Ipアドレスを通信して、ポイント対ポイントのテキスト、ボイス、ビデオ又はデータ通信を行なうためのpstnの使用
JP4690460B2 (ja) * 2005-11-15 2011-06-01 アークソフト (シャンハイ) テクノロジー カンパニー リミテッド Ipアドレスを通信して、ポイント対ポイントのテキスト、ボイス、ビデオ又はデータ通信を行なうためのpstnの使用
US8503431B2 (en) 2006-08-25 2013-08-06 Wireless Wonders Ltd. Mobile phone related indirect communication system and method
JP2010502076A (ja) * 2006-08-25 2010-01-21 ジョハン エリアシュ モバイルフォンに関する間接通信システム及び方法
US9270799B2 (en) 2006-08-25 2016-02-23 Wireless Wonders Ltd. Using indirect communication to provide a solution to use international dialing convention and incorporating phone numbers for non-phone devices
US9544925B2 (en) 2006-08-25 2017-01-10 Wireless Wonders Ltd. Mobile phone related indirect communication system and method
US9642168B2 (en) 2006-08-25 2017-05-02 Wireless Wonders Ltd. Mobile phone related indirect communication system and method
KR100779459B1 (ko) 2006-09-29 2007-11-26 엔에이치엔(주) 인터넷폰 서비스 시스템 및 방법
JP2013176005A (ja) * 2012-02-27 2013-09-05 Aiphone Co Ltd インターホンシステム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6876734B1 (en) Internet-enabled conferencing system and method accommodating PSTN and IP traffic
US7058689B2 (en) Sharing of still images within a video telephony call
US6961416B1 (en) Internet-enabled conferencing system and method accommodating PSTN and IP traffic
US5604737A (en) Voice communication system and voice communication method
US6501740B1 (en) System and method for teleconferencing on an internetwork comprising connection-oriented and connectionless networks
US6430174B1 (en) Communication system supporting simultaneous voice and multimedia communications and method of operation therefore
US20020071539A1 (en) Method and apparatus for telephony-enabled instant messaging
US20050223097A1 (en) Personal user agent
JP2004153352A (ja) マルチメディアコミュニケーションシステム
WO1998006201A1 (en) Teleserver for interconnection of communications networks
WO1997031492A1 (en) Distributed architecture for services in a telephony system
US6490344B1 (en) Communication system and communication channel coupling method
JP2003298751A (ja) 電話によるグループ通話方法及びグループ通話システム
US6693662B1 (en) Coordination of video sessions when calling an auto-attendant system
JP2003158553A (ja) Ip電話装置およびip電話装置検索方法
JPH10228431A (ja) 電話またはインターネットホンとwwwブラウザを利用した対話型通信方法、通信装置及び記録媒体
JP2003110667A (ja) 携帯電話機及びその外部装置接続方法、通信端末システム及びその利用者特定方法
JPH09172462A (ja) 通話システム
JPH09168063A (ja) 通話システムの端末装置
KR20010054570A (ko) 인터넷 브라우져를 이용한 상담 장치 및 방법
US6687357B1 (en) Arbitration-type call establishing system method and storage medium
JPH07264298A (ja) 通信方法及びその装置
JP2005107893A (ja) インスタントメッセージシステム、サーバ、通信制御方法、および、プログラム
JPH07245656A (ja) 通信システム及び発着信制御方法
JP2004304666A (ja) 企業向けip電話通信サービス提供方法、および同方法を用いたアプリケーションサービス提供システム、ならびにそのプログラム、記録媒体

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20000314