JPH11119777A - Sampling device - Google Patents

Sampling device

Info

Publication number
JPH11119777A
JPH11119777A JP27782297A JP27782297A JPH11119777A JP H11119777 A JPH11119777 A JP H11119777A JP 27782297 A JP27782297 A JP 27782297A JP 27782297 A JP27782297 A JP 27782297A JP H11119777 A JPH11119777 A JP H11119777A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
pitch
sampling
key
sound
step
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP27782297A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroshi Watanabe
博 渡辺
Original Assignee
Casio Comput Co Ltd
カシオ計算機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make it possible to reproduce sampling sound based on correct pitch relation by generating a confirmation sound of pitch corresponding to a pushed key and also allocating original sound to the pertinent key, when a key is pushed for allocating original sound to be sampled.
SOLUTION: Based on performance information generated according to key- pushing operation or automatic performance data successively read from an automatic performance data storage area of a ROM 7, a sound source 8 synthesizes music sound by using a sinusoidal wave or sampled original sound and outputs this as musical sound data under the control of a CPU. In this case, in the state before sampling, it is selected to which key the original sound to be sampled now is to be allocated while operating a sampling key on, and then, by pushing the key to be allocated, a confirmation sound (sinusoidal wave) is generated at the pitch of that key. A stepping address width for realizing a reading speed according to the pitch is set in a register.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、例えば電子楽器等に用いて好適なサンプリング装置に関する。 The present invention relates, for example of a preferred sampling device used for electronic musical instruments.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、マイクロフォンを介した音声入力を、A/D変換してサンプリングデータとして記憶しておき、音高指定操作(例えば、鍵盤における押鍵操作)に応じた読み出し速度で当該サンプリングデータを再生することによって、所望の再生ピッチでサンプリング音を発生するようにしたサンプリング装置が知られている。 Conventionally, the voice input via a microphone, A / D converted is stored as the sampling data, pitch designation operation (e.g., key depression in the keyboard) at a reading speed corresponding to by reproducing the sampled data, the sampling device is known which is adapted to generate a sampling sound at a desired playback pitch.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】さて、従来のサンプリング装置では、サンプリングした原音を所定の鍵に割当て、その鍵が押鍵された時には、原音をそのままサンプリング音として発音させるが、それ以外の他の鍵が押鍵操作された時には、押鍵操作された鍵が指定する音高に対応させて原音のピッチを変換してサンプリング音の再生ピッチを得ている。 [SUMMARY OF THE INVENTION Now, the conventional sampling device, assigns the original sound sampled at predetermined key, when that key is depressed is to sound as it is sampled sound original sound, other other when the key is depressed operation, corresponding to the pitch of the depressed key operation is specified by converting the pitch of the original sound is obtained the playback pitch of the sampling sound. このため、原音が割当てられる鍵の音高と原音のピッチとが一致していないと、サンプリング音を正しい音程で再生することができない、という問題が生じる。 Therefore, when the pitch and original pitch key original sound is assigned does not match, it is impossible to reproduce the sampled sound at the correct pitch, a problem arises.

【0004】また、従来のサンプリング装置にあっては、自動演奏データに従ってサンプリングした原音をピッチ変換してサンプリング音による自動演奏を可能とした機能を備えるものも知られているが、こうした機能を備える装置において、サンプリングした原音のピッチと、この原音が割当てられる演奏データの音高とが一致していないと、楽曲を適正な音程関係で自動演奏することができなくなる、という問題もある。 [0004] Further, in the conventional sampling devices, but also it is known that a function which enables automatic playing original sound sampled by pitch conversion to sampled sounds according to the automatic performance data includes these features in the apparatus, there are a pitch of the original sound sampled, this original sound and pitch of the performance data to be allocated do not match, it is not possible to automatically play the music at a proper interval relationship, the problem that.

【0005】そこで本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、サンプリング音を正しい音程関係に基づいて再生することができるサンプリング装置を提供することを目的としている。 [0005] This invention has such has been made in view of the circumstances, and its object is to provide a sampling device that can be reproduced based sampling sound to the correct interval relationship.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、請求項1に記載の発明では、原音をサンプリングしてなるサンプリングデータを記憶手段に記憶しておき、 To achieve the above object, according to an aspect of, the invention described in claim 1, stores the sampling data obtained by sampling the original sound in the storage means,
押鍵操作に応じた読み出し速度で当該サンプリングデータを記憶手段から読み出して所望の音高のサンプリング音を発生するサンプリング装置において、サンプリング開始以前に、サンプリングしようとする原音を割り当てるべく押鍵操作した場合、その押鍵された鍵に対応した音高の確認音を発生する一方、当該鍵に原音を割り当てる鍵割り当て手段を具備することを特徴としている。 The sampling device for generating a sampling sound desired pitch in reading speed the sampling data from the storage means in response to the key depression operation, the sampling start earlier, when the key depression to assign the original sound to be sampled , while generating the pitch of confirmation sound corresponding to the depressed key, is characterized by comprising the key assignment means for assigning the original sound to the key.

【0007】また、請求項2に記載の発明では、原音をサンプリングしてなるサンプリングデータを記憶手段に記憶しておき、押鍵操作に応じた読み出し速度で当該サンプリングデータを記憶手段から読み出して所望の音高のサンプリング音を発生するサンプリング装置において、サンプリングした原音のピッチを抽出し、抽出したピッチと同一音程関係にある鍵に原音を割り当てる鍵割り当て手段を具備することを特徴とする。 Further, desired in the invention according to claim 2, it stores the sampling data obtained by sampling the original sound in the storage means, at a reading speed corresponding to the key depression operation reads the sampling data from the storage means the sampling device for generating a pitch of sampling sounds, and extracts the pitch of the original sound sampled, characterized by comprising the key assignment means for assigning the original sound in the key in the extracted same interval relationship and pitch.

【0008】さらに、請求項3に記載の発明では、サンプリングした原音を自動演奏データに従ってピッチ変換してサンプリング音による自動演奏を行うサンプリング装置において、サンプリングした原音のピッチを抽出するピッチ抽出手段と、前記自動演奏データが指定するイベント実行タイミング毎にイベント情報を読み出し、読み出したイベント情報がノートオンイベントの時には前記ピッチ抽出手段が抽出した原音ピッチと前記自動演奏データに含まれる中心音高との音程差に従って当該自動演奏データを形成するイベント情報中の音高情報を移調する移調手段とを具備することを特徴としている。 Furthermore, in the invention according to claim 3, in the sampling device for performing an automatic performance by pitch conversion to sampled sounds according to the automatic performance data to the original sound sampled, the pitch extracting means for extracting the pitch of the original sound sampled, pitch of the automatic performance data specifies reads the event information for each event execution timing, the read event information center pitch when the note-on event contained in the automatic performance data and original pitch extracted by the said pitch extracting means It is characterized by comprising a transposition device for transposing the pitch information in the event information forming the automatic performance data according to the difference.

【0009】また、請求項4に記載の発明では、サンプリング開始以前に、サンプリングしようとする原音を割り当てるべく押鍵操作した場合、その押鍵された鍵に対応した音高の確認音を発生する一方、当該鍵に原音を割り当てる鍵割り当て手段と、自動演奏データが指定するイベント実行タイミング毎に、楽曲の進行に同期してイベント情報を読み出して行き、読み出したイベント情報がノートオンイベントの時には前記鍵割り当て手段によって原音が割り当てられた鍵の音高と自動演奏データに含まれる中心音高との音程差に従って当該自動演奏データを形成するイベント情報中の音高情報を移調しながら自動演奏する自動演奏手段とを具備することを特徴とする。 Further, in the invention described in claim 4, the sampling start earlier, when the key depression to assign the original sound to be sampled, to generate a pitch of confirmation sound corresponding to the depressed key on the other hand, a key assignment means for assigning the original sound to the key, every time an event execution timing of the automatic performance data is specified, when gradually reads event information in synchronization with progression of the music, read event information is note-on event the automatic to automatically play while transposing pitch information in the event information that forms the automatic performance data in accordance with pitch difference between the central pitch contained in the pitch and automatic performance data of the key original sound is assigned by the key assignment means characterized by comprising a playing unit.

【0010】本発明では、サンプリング開始以前に、サンプリングしようとする原音を割り当てるべく押鍵操作した場合、その押鍵された鍵に対応した音高の確認音を発生する一方、当該鍵に原音を割り当てたり、サンプリングした原音のピッチを抽出し、抽出したピッチと同一音程関係にある鍵に原音を割り当てるので、サンプリング音を正しい音程関係に基づいて再生することが可能になる。 [0010] In the present invention, the sampling start earlier, when the key depression to assign the original sound to be sampled, while generating the pitch of confirmation sound corresponding to the depressed key, the original sound to the key and assign, to extract the pitch of the original sound sampled, is allocated to the original sound to the keys on the extracted same interval relationship to the pitch, to be played on the basis of a sampling sound to the correct interval relationship. また、サンプリングした原音を自動演奏データに従って自動演奏させる際には、サンプリングした原音を割り当てた鍵の音高、もしくは抽出した原音ピッチと自動演奏データに含まれる中心音高との音程差に従って楽曲の音域を移調するので、サンプリングした原音を自動演奏データに従ってピッチ変換してサンプリング音による自動演奏を行う時でも、サンプリング音を正しい音程関係に基づいて再生し得る。 Further, when to automatically play the original sound sampled according to the automatic performance data, of the music according to the pitch difference between the central pitch contained in the original sound pitch and automatic performance data pitch, or extraction of the key assigned the original sound sampled since transposing range, even when performing the automatic performance by pitch conversion to sampled sounds original sound sampled according to the automatic performance data may be reproduced based sampling sound to the correct interval relationship.

【0011】 [0011]

【発明の実施の形態】本発明によるサンプリング装置は、周知の電子楽器の他、パーソナル・コンピュータを用いたDTM(デスクトップミュージック)装置などに適用され得る。 Sampling device according to the present invention DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION, other known electronic musical instruments, DTM (Desktop Music) using a personal computer can be applied apparatus such as a. 以下では、本発明の実施の形態であるサンプリング装置を実施例として図面を参照して説明する。 The following describes a sampling device according to the embodiment of the present invention with reference to the drawings as examples.

【0012】A. [0012] A. 第1実施例の構成 図1および図2は、第1実施例によるサンプリング装置の外観および構成をそれぞれ示す外観図、ブロック図である。 Configuration FIG. 1 and FIG. 2 of the first embodiment is an external view showing appearance and configuration each of the sampling device according to the first embodiment, a block diagram. これらの図において、1は鍵盤であり、押離鍵操作に応じたキーオン/キーオフ信号、鍵番号(あるいはキーコード)および押鍵速度(強度)に対応したベロシティ等からなる演奏情報を発生する。 In these drawings, 1 is a keyboard, to generate the performance information consisting of velocity or the like corresponding to the key-on / key-off signal in accordance with the key depression and key release operation, the key number (or key code) and depression velocity (intensity).

【0013】2は操作パネル面上に配設される各種スイッチや操作子から構成されるパネルスイッチ部である。 [0013] 2 is constituted panel switch section from various switches and operators disposed on the operation panel.
このパネルスイッチ部2には、図1に図示するように、 The panel switch section 2, as shown in FIG. 1,
サンプリングの実行/停止を指示するサンプリングスイッチ2a、動作モードを指定するモードスイッチ2b Sampling switch 2a for instructing the execution / stop of the sampling mode switch 2b for designating an operation mode
や、自動演奏の開始/停止を指示するスタート/ストップスイッチ2c、あるいは装置電源をオンオフする電源スイッチ2d等が設けられてる。 And, the start of the automatic performance / start / stop switch 2c for instructing to stop, or apparatus power is the power switch 2d, such as turning on and off is provided a.

【0014】サンプリングスイッチ2aは、押下(オン操作)された後に離される(オフ操作)とサンプリング待機状態を指示するスイッチ信号を発生する。 [0014] Sampling switches 2a generates a switching signal indicating the (off operation) and the sampling standby state is released after being depressed (turned on). また、モードスイッチ2bは押下(オン操作)される毎に、動作モードを「再生モード」あるいは「サンプリングモード」に交互に指定するスイッチである。 The mode switch 2b is each time it is pressed (turned on), a switch for designating alternating the operation mode to "reproduction mode" or "sampling mode". なお、本実施例で言う「再生モード」とは「サンプリングモード」下にて採録したサンプリング波形を、自動演奏データに応じて再生する動作を指す。 Note that the "reproduction mode" in this embodiment refers to operation of reproducing in accordance with the sampling waveform accepted by the lower "sampling mode", the automatic performance data.

【0015】3はマイクロフォン、4はマイクロフォン3を介して入力される音声信号を一定レベルに増幅した後、所定のサンプリング周波数でサンプリングするA/ [0015] 3 microphones, 4 after amplifying the audio signal input via the microphone 3 at a constant level, is sampled at a predetermined sampling frequency A /
D変換器である。 A D converter. 5は装置各部を制御するCPUであり、本発明の要旨にかかわる一連の動作については後述する。 5 is a CPU for controlling respective units, a series of operations related to the gist of the present invention will be described below. 6は上記CPU5にロードされる各種制御プログラムを記憶するROMである。 6 is a ROM for storing various control programs loaded into the CPU 5. また、このROM6にはデータ記憶エリアが設けられており、ここには後述するサイン波データや自動演奏データが記憶されている。 Also, this is the ROM6 is provided with a data storage area are stored the sine wave data and automatic performance data to be described later herein.

【0016】ROM6のデータ記憶エリアに記憶されるサイン波データとは、基準ピッチ(音高)の確認音(後述する)を発音させるために用いるものである。 [0016] The sine wave data stored in the data storage area of ​​the ROM6 is to use in order to sound beep reference pitch (pitch) (to be described later). また、 Also,
同記憶エリアには、複数楽曲分の自動演奏データがプリセットされており、この内から所望に楽曲の自動演奏データが選択されて後述するRAM7に格納し直される。 In the storage area, the automatic performance data of a plurality musical content is preset, the automatic performance data of a desired to music from among the are re-stored in the RAM7 described later is selected.
自動演奏データは、その楽曲の中心音高と、曲進行順に配列される時系列のタイミング情報およびイベント情報から構成されている。 Automatic performance data, the center pitch of the music, and a timing information and event information of the time series to be arranged in the song progression order.

【0017】RAM7は上記CPU5のワークエリアとして用いられ、各種レジスタ・フラグデータを記憶するレジスタエリアと、上述したサイン波データおよび自動演奏データを一時記憶するデータエリアとを有する。 [0017] RAM7 is used as a work area of ​​the CPU 5, has a register area for storing various register flag data, and a data area for temporarily storing sine wave data and automatic performance data described above. ここで、図3を参照してRAM7のデータエリアについて説明する。 Here it will be described the data area of ​​RAM7 with reference to FIG. 図3において、SWEはサイン波記憶エリアであり、ROM6より転送されてくる正弦波振幅(1) In FIG. 3, SWE is sinusoidal storage area, a sine wave amplitude which is transferred from the ROM 6 (1)
〜(N)を一時記憶する。 Temporarily stores - the (N). SPEはサンプリングデータ記憶エリアであり、CPU5の指示の下に、上述のA/ SPE is the sampling data storage area, under the CPU5 instructions above A /
D変換器4が発生するサンプリングデータDS(振幅(1)〜(N))が格納される。 Sampling data DS D converter 4 is generated (amplitude (1) ~ (N)) are stored. APEはROM6に格納される自動演奏データ、すなわち、中心音高CP、曲進行順に配列されたタイミング情報TIME(1)〜 APE is automatic performance data stored in the ROM 6, i.e., the center tone pitch CP, timing information are arranged in a song progression order TIME (1) ~
(N)およびイベント情報EVENT(1)〜(N)が格納される自動演奏データ記憶エリアである。 (N) and event information EVENT (1) an automatic performance data storage area ~ (N) is stored.

【0018】8は周知の波形メモリ読み出し方式によって構成され、時分割動作する複数の同時発音チャンネルを備える音源である。 [0018] 8 is a sound source comprising a plurality of polyphony channels time-division action is constituted by a known waveform memory readout method. 音源8では、CPU5の制御の下に、押離鍵操作に応じて発生する演奏情報あるいは上記RAM7の自動演奏データ記憶エリアAPEから順次読み出される自動演奏データに基づき、サイン波もしくはサンプリングした原音を用いて楽音合成し、これを楽音データWとして出力する。 In the sound source 8, under the control of the CPU 5, based on the automatic performance data to be sequentially read out from the automatic performance data storage area APE performance data or the RAM7 generated in response to key depression and key release operation, using the original sound was sine wave or sampling and tone synthesis Te, and outputs it as tone data W. 9は音源8から出力される楽音データWをアナログ波形信号に変換した後、これを増幅してスピーカSPから発音するサウンドシステムである。 9 converts the musical tone data W that is output from the sound source 8 into an analog waveform signal, a Could sound system from the speaker SP by amplifying it.

【0019】B. [0019] B. 第1実施例の動作 次に、図4〜図13を参照して上記構成による第1実施例の動作について説明する。 Operation of the first embodiment Next, with reference to FIGS. 4 to 13 the operation of the first embodiment of the above construction. 以下では、最初に、動作概要としてメインルーチンの動作について説明した後、メインルーチンからコールされる一連の処理動作について述べる。 In the following, first, after the operation of the main routine as an operation outline will be described series of processing operations which is called from the main routine.

【0020】(1)メインルーチンの動作 先ず、本実施例に電源が投入されると、CPU5はRO [0020] (1) Main Routine Operation When the power supply to the embodiment is turned on, the CPU 5 RO
M6から所定の制御プログラムを読み出してロードし、 Loaded from the M6 ​​reads a predetermined control program,
図4に示すメインルーチンのステップSA1に処理を進める。 The process proceeds to step SA1 of the main routine shown in FIG. ステップSA1では、RAM7のワークエリアに設けられている各種レジスタ・フラグ類をゼロリセットしたり初期値をセットする他、音源8に対して内部レジスタ・フラグの初期化指示を与えるイニシャライズ処理を行う。 In step SA1, other to set the zero reset or initial values ​​of various register flag acids provided in the work area of ​​the RAM 7, performs the initialization processing of giving an initializing instruction for the internal register flag for the sound source 8.

【0021】イニシャライズ処理が完了すると、CPU [0021] When the initialization process is completed, CPU
5は次のステップSA2に処理を進め、パネルスイッチ部2におけるスイッチ操作に対応した処理、すなわち、 5 advances the processing to step SA2, processing corresponding to the switch operation of the panel switch section 2, i.e.,
モードスイッチ2bの操作に応じたモード遷移や、サンプリングスイッチ2aの操作によるサンプリング開始指示、またはスタート/ストップスイッチ2cの操作に応じた自動演奏スタート指示などを行うスイッチ処理を実行する。 Mode transition or in response to operation of the mode switch 2b, executes the switch process of performing an automatic performance start instruction according to the operation of the sampling start command or the start / stop switch 2c, by the operation of the sampling switch 2a.

【0022】次いで、ステップSA3に進むと、CPU [0022] Then, when the process proceeds to step SA3, CPU
5は鍵盤1の各鍵を走査して押離鍵操作による鍵イベントの有無を検出すると共に、検出したイベント内容を判別し、判別したイベントに応じてフラグONTF,ON 5 detects the presence or absence of a key event by the key depression and key release operation by scanning the respective keys of the keyboard 1, to determine the detected event contents, flag according to the determined event ONTF, ON
F(後述する)をセットしたり、押鍵操作された鍵にサンプリングしようとする原音を割り当て、その割り当てがなされた鍵の音高で確認音の発音を指示する鍵盤処理を実行する。 F or sets (to be described later), assign the original sound to be sampled on the depressed key operation, executes a keyboard process to instruct pronunciation for confirmation sound pitch of the assignment is made keys.

【0023】続いて、ステップSA4では、一連のスイッチ操作によりサンプリング待機状態となってから、マイクロフォン3を介して入力される音声信号が所定レベル以上になった時点で、順次それをサンプリングしてR [0023] Then, in step SA4, since a sampling standby state by a series of switch operation, when the audio signal input via the microphone 3 exceeds a predetermined level, for sequentially sampling it R
AM7のサンプリングデータ記憶エリアSPEに書込み、サンプリング期間終了と共に採録を停止するサンプリング処理を行う。 AM7 write the sampling data storage area SPE of performing the sampling process of stopping the accepted with sampling period.

【0024】次に、ステップSA5に進むと、CPU5 [0024] Next, when the process proceeds to step SA5, CPU5
は自動演奏スタート状態にあると、自動演奏データが指定するイベント実行タイミング毎に、楽曲の進行に同期してイベント情報を読み出して行き、読み出したイベント情報がノートオンイベントの時にはサンプリングした原音を割り当てた鍵の音高と自動演奏データの中心音高CPとの音程差に従って楽曲の音域を移調する自動演奏処理を実行する。 Assigned to be in the automatic performance start state, every time an event execution timing the automatic performance data is specified, go read the event information in synchronization with the progress of the music, read the event information of the original sound that was sampled at the time of note-on event It was to run the automatic performance process to transpose the range of music in accordance with pitch difference between the center tone pitch CP of the pitch and the automatic performance data of the key.

【0025】そして、ステップSA6では、上記ステップSA3にて発音指示される確認音や、上記ステップS [0025] Then, in step SA6, and the confirmation sound that is sounding instruction in step SA3, the step S
A6にて移調される自動演奏データに応じて発音指示されるサンプリング音を発生させる発音処理を行い、続くステップSA7では、効果付与等のその他の処理を行い、この後に再び処理をステップSA1に戻して上述した各処理を繰り返す。 Performs sound processing for generating a sound indicated by sampled tone according to the automatic performance data to be transposed at A6, the following step SA7, it performs other processing effects such as addition, returns again process after this step SA1 repeating the processes described above Te.

【0026】(2)スイッチ処理ルーチンの動作 次に、図5を参照してスイッチ処理ルーチンの動作について説明する。 [0026] (2) Operation of the switch processing routine Next, with reference to FIG. 5 describes the operation of the switch processing routine. 前述したステップSA2を介してスイッチ処理ルーチンが実行されると、CPU5は図5に示すステップSB1に処理を進める。 When the switch processing routine is executed through the steps SA2 described above, CPU 5 proceeds to the block SB1 shown in FIG. ステップSB1では、 In step SB1,
モードスイッチ2bがオン操作されたか否かを判断する。 Mode switch 2b determines whether or not turned ON.

【0027】ここで、モードスイッチ2bがオン操作されたならば、判断結果が「YES」となり、ステップS [0027] Here, if the mode switch 2b is turned on, the judgment result is "YES", step S
B2に処理を進めてレジスタMFに格納されるモードフラグMFをビット反転させ、次のステップSB3に処理を進める。 The mode flag MF stored in the register MF and proceeds to B2 is bit-inverted, and goes to the next step SB3. 一方、モードスイッチ2bがオン操作されない時には、上記ステップSB1の判断結果が「NO」となり、ステップSB3に処理を進める。 On the other hand, the mode switch 2b is when not turned on, the judgment result at Step SB1 is the process advances to "NO", step SB3. 以下、サンプリングモードに設定された場合の動作と、再生モードに設定された場合の動作とに場合分けして説明を進める。 Hereinafter, advancing operation and when it is set in the sampling mode, the explanation was divided case the operation when the playback mode is set.

【0028】サンプリングモードに設定された場合の動作 この場合、モードフラグMFが「1」になるので、ステップSB3の判断結果が「YES」となり、次のステップSB4に処理を進め、サンプリングスイッチ2aが押下中(オン操作中)であるか否かを判断する。 The operation in this case when it is set in the sampling mode, the mode flag MF is "1", the judgment result is "YES" in step SB3, the process proceeds to the next step SB4, the sampling switch 2a is it is determined whether or not being depressed (during the oN operation). そして、 And,
サンプリングスイッチ2aがオン操作中であれば、判断結果が「YES」となり、ステップSB5に進み、フラグセットする。 If during the sampling switch 2a is turned on, the judgment result is "YES", the process proceeds to step SB5, flag set.

【0029】すなわち、ステップSB5では、サンプリングモード下において、サンプリング開始以前の状態であることを表わすべく、レジスタORIGINALFに格納されるフラグORIGINALFを「1」にセットし、続くステップSB6ではレジスタPITCHFに格納されるフラグPITCHFを「0」にセットする。 [0029] That is, in step SB5, under the sampling mode, to represent the sampling start a previous state, the flag ORIGINALF stored in the register ORIGINALF set to "1", followed by step SB6 in register PITCHF stores to set a flag PITCHF to "0" to be. なお、このフラグPITCHFが意図するところについては後述する。 Note that where this flag PITCHF is intended it will be described later.

【0030】さて、一方、サンプリングモード下においてサンプリングスイッチ2aがオン操作されていない場合には、上述したステップSB4の判断結果が「NO」 [0030] Now, on the other hand, when the sampling switch 2a is not turned on in the under sampling mode, the judgment result of step SB4 described above is "NO"
となり、ステップSB7に進む。 Next, the process proceeds to step SB7. ステップSB7では、 In step SB7,
上記フラグORIGINALFが「1」、つまり、サンプリングスイッチ2aがオン操作中であるか否かを判断する。 The flag ORIGINALF is "1", that is, whether or not the sampling switch 2a is being turned on.

【0031】ここで、サンプリングスイッチ2aがオン操作され続けていない時には、判断結果が「NO」となり、後述するステップSB10に進むが、オン操作中であれば、判断結果が「YES」となり、次のステップS [0031] Here, when the sampling switch 2a is not continued to be turned on, the judgment result is "NO", the process proceeds to step SB10 to be described later, if during the ON operation, the judgment result is "YES", the next step S of
B8に処理を進める。 The process proceeds to B8. そして、ステップSB8では、フラグORIGINALFをゼロリセットし、続くステップSB9では、サンプリング待機状態を表わすべく、レジスタTAIKIFに格納されるフラグTAIKIFを「1」にセットした後、ステップSB10に処理を進める。 In step SB8, zero reset flag ORIGINALF, In step SB9, to represent the sampling standby state, after setting the flag TAIKIF stored in the register TAIKIF to "1", the process proceeds to step SB 10.

【0032】したがって、サンプリングモード下においては、サンプリングスイッチ2aをオン操作してからオフ操作することにより、サンプリング待機状態に設定されるようになっている。 [0032] Thus, under the sampling mode, by turning off the operation of the sampling switch 2a from the ON operation, and is set in the sampling standby state.

【0033】再生モードに設定された場合の動作 この場合、モードフラグMFは「0」になるので、ステップSB10の判断結果が「YES」となり、次のステップSB11に処理を進め、自動演奏の開始・停止を指示するスタート/ストップスイッチ2cがオン操作されたか否かを判断する。 The operation in this case when it is set to the reproduction mode, since the mode flag MF is "0", the judgment result is "YES" in step SB 10, the process proceeds to the next step SB11, the start of the automatic performance Start / stop switch 2c for instructing the stop to determine whether or not it has been turned on. ここで、当該スイッチ2cがオン操作されれば、判断結果が「YES」となり、次のステップSB12に処理を進めるが、そうでなければ、後述するステップSB13(図6参照)へ進む。 Here, if it is the switch 2c is turned on, the judgment result is "YES", it proceeds to the next step SB12, otherwise proceeds to step SB13 (see FIG. 6) described later.

【0034】スタート/ストップスイッチ2cのオン操作に応じてステップSB12に処理を進めると、CPU [0034] When the process proceeds to step SB12 according to the on operation of the start / stop switch 2c, CPU
5はレジスタSTARTFに格納されるフラグSTAR 5 is stored in register STARTF flag STAR
TFをビット反転させ、続くステップSB13ではビット反転されたフラグSTARTFが「1」、つまり、スタート指示であるかどうかを判断する。 The TF is bit-inverted, "1" following step SB13 in bit reversed flag STARTF is, that is, it is determined whether the start instruction. ここで、ビット反転されたフラグSTARTFが「1」ではなく、ストップ指示を表わす場合には判断結果が「NO」となり、 Here, instead of the bit inverted flag STARTF it is "1", becomes "NO" determination result is in the case of representing the stop instruction,
図6に示すステップSB14に進み、現在発音中にある自動演奏データについて消音指示し、続くステップSB The flow proceeds to step SB14 shown in FIG. 6, and mute instruction for auto-play data currently being sounded, the subsequent step SB
15ではタイマ1インタラプト(後述する)を禁止して自動演奏を停止させる。 Prohibited 15, timer 1 interrupt (described below) to stop the automatic performance.

【0035】これに対し、スタート指示の場合には、上記ステップSB13の判断結果が「YES」となり、ステップSB16〜ステップSB22を経て自動演奏に必要な諸設定を行ってからステップSB23を経て自動演奏をスタートさせる。 [0035] On the other hand, in the case of a start instruction, the automatic performance through the step SB23 after performing the various settings required for automatic performance through the judgment result of the step SB13 is "YES", the step SB16~ step SB22 to start the. すなわち、ステップSB16では、RAM7の自動演奏データ記憶エリアAPE(図3 That is, in step SB16, the automatic performance data storage area APE (Figure 3 RAM7
参照)の先頭アドレスSTARTをアドレスカウンタA Address the start address START of reference) Counter A
DDRESS1にストアし、続くステップSB17では、このアドレスカウンタADDRESS1に格納された先頭アドレスSTARTに応じて自動演奏データ記憶エリアAPEから読み出される中心音高CPを、レジスタCHUSINにストアする。 Stores the DDRESS1, In step SB17, the center tone pitch CP read out from the automatic performance data storage area APE in accordance with the start address START stored in the address counter ADDRESS1, it is stored in the register CHUSIN.

【0036】次に、ステップSB18では、レジスタP [0036] Next, in step SB18, the register P
ITCHFに格納されるフラグPITCHFが「1」であるか否か、すなわち、サンプリングした原音を鍵に割当てた状態にあるかどうかを判断する。 Whether the flag PITCHF stored in ITCHF is "1", i.e., it determines whether a state in which assigned the original sound sampled the key. そして、原音が鍵割当てされている時には、判断結果が「YES」となり、次のステップSB19に進み、レジスタORIGI When the original sound is a key assignment, the judgment result is "YES", then control goes to step SB19, register ORIGI
NALに格納される鍵番号、つまり、原音が割当てられた鍵の鍵番号から上記レジスタCHUSINに格納される中心音高CPを差し引いて、原音が割当てられた鍵の音高と自動演奏データの中心音高との音高差をレジスタSABUNに登録した後、後述するステップSB21に処理を進める。 The key number stored in the NAL, i.e., by subtracting the center sound high CP stored from the key number of the key original sound is assigned in the register CHUSIN, pitch and automatic performance data of the key original sound assigned center after registering the pitch difference between the pitch in the register Sabun, the process proceeds to step SB21 described below.

【0037】一方、レジスタPITCHFに格納されるフラグPITCHFが「0」の時、すなわち、サンプリングした原音が鍵割り当てされていない状態では、上記ステップSB18の判断結果は「NO」となり、ステップSB20に処理を進める。 On the other hand, when the flag PITCHF stored in the register PITCHF is "0", i.e., in the state where the original sound sampled is not the key allocation, the judgment result at Step SB18 is "NO", the process to step SB20 the advance. ステップSB20では、レジスタSABUNの値を「0」として次のステップSB In step SB20, the next step SB the value of the register SABUN as "0"
21に処理を進める。 The process proceeds to 21.

【0038】そして、ステップSB21に進むと、CP [0038] Then, when the process proceeds to step SB21, CP
U5はアドレスカウンタADDRESS1に格納されるアドレスをインクリメントして歩進させ、続くステップSB22ではこの歩進されたアドレスに応じて自動演奏データ記憶エリアAPEからタイミング情報TIME U5 is then incremented for stepping the address stored in the address counter ADDRESS1, followed by timing information TIME from the automatic performance data storage area APE in accordance with the step SB22 This incremented address
(1)を読み出し、これをレジスタTIMEにストアする。 Read the (1), and stores it in the register TIME.

【0039】次いで、ステップSB23では、タイマ1 [0039] Then, in step SB23, the timer 1
インタラプトの禁止を解除する。 To cancel the prohibition of the interrupt. これにより、所定テンポに同期して自動演奏データを順次読み出すタイマ1インタラプトが起動され、上記タイミング情報TIME Thus, sequentially reads the timer 1 interrupt the automatic performance data in synchronization with a predetermined tempo is started, the timing information TIME
(1)に対応したイベントタイミングから順次、自動演奏が進行する。 (1) sequentially from the event timing corresponding, automatic performance progresses. そして、この後、CPU5はステップS Then, after this, CPU5 step S
B24に処理を進め、例えば、音色選択スイッチの操作に応じた音色切替え等、その他のスイッチ処理を実行してから本ルーチンを完了して前述のメインルーチンへ処理を戻す。 The process proceeds to B24, for example, such as switching tone color corresponding to the operation of the tone color selecting switch, perform the other switch processing to complete the routine and returns the process to the above-mentioned main routine.

【0040】(3)鍵盤処理ルーチンの動作 次に、図7を参照して鍵盤処理ルーチンの動作について説明する。 [0040] (3) Operation of the keyboard processing routine Next, with reference to FIG. 7 the operation of the keyboard process routine. 前述したステップSA3を介して本ルーチンが実行されると、CPU5は図7に示すステップSC1 When the routine via step SA3 described above is performed, step CPU5 is shown in FIG. 7 SC1
に処理を進め、鍵盤1の各鍵を走査して鍵変化を判別する。 The process proceeds to, to determine the key changes by scanning the respective keys of the keyboard 1. すなわち、鍵操作が行われず、鍵変化が無い場合には、何も処理せずに本ルーチンを完了し、離鍵操作に応じたキーオフイベントが発生した時にはステップSC7 That is not the key operation is performed, when the key change is not, nothing to complete the routine without processing, when the key-off event according to the key releasing operation is generated step SC7
に処理を進めてレジスタONFに格納されるフラグON To complete the processing flag ON is stored in the register ONF
Fを「0」としてキーオフ状態を表わしてから本ルーチンを完了させる。 The F "0" to complete the routine from represent key-off state.

【0041】一方、押鍵操作に応じたキーオンイベントが発生すると、上記ステップSC1を経てステップSC [0041] On the other hand, when the key-on event occurs in response to the key depression operation, step SC through the above-mentioned step SC1
2に処理を進め、レジスタONTFに格納されるオントリガフラグONTFを「1」にセットしてオンイベント発生を表わし、続くステップSC3では押鍵された鍵の音高を表わす鍵番号を、レジスタNOTEにストアする。 2 advances the process, the on-trigger flag ONTF stored in the register ONTF represent on-event occurs is set to "1", the key number representative of the pitch of the key that is in the following step SC3 depressed, the register NOTE to store.

【0042】次いで、ステップSC4に進むと、上述したフラグORIGINALFが「1」か否か、すなわち、サンプリング開始以前の状態であるか否かを判断する。 [0042] Then, the processing proceeds to step SC4, whether the above-mentioned flag ORIGINALF is "1", that is, whether the sampling start previous state. ここで、サンプリング終了後の状態であれば、判断結果は「NO」となり、本ルーチンを完了させるが、サンプリング開始以前の状態であると、判断結果が「YE Here, if the state after the end of sampling, the judgment result is "NO", but to complete the present routine, if it is sampled before the start of the state, the judgment result is "YE
S」となり、次のステップSC5に処理を進める。 S ", and proceeds to the next step SC5.

【0043】ステップSC5では、レジスタNOTEに格納されている鍵番号を、レジスタORIGINALに格納する。 [0043] At step SC5, the key number stored in the register NOTE, stored in the register ORIGINAL. これにより、サンプリングしようとしている原音を割り当てる鍵が指定され、続くステップSC6では、鍵指定された旨を表わすべくレジスタPITCHF Thus, the designated key to assign the original sound you are trying to sampling, In step SC6, register to represent the fact that the given key PITCHF
に格納されるフラグPITCHFを「1」にセットして本ルーチンを完了する。 It sets the flag PITCHF to "1" stored in and complete the routine.

【0044】このように、鍵盤処理ルーチンでは、押離鍵操作に応じてフラグONTF,ONFをセットする一方で、サンプリングスイッチ2aをオン操作しながら押鍵操作された場合には、その押鍵された鍵にサンプリングしようとする原音を割り当てるようにしている。 [0044] Thus, in the keyboard processing routine flag ONTF according to key depression and key release operation, while setting the ONF, when it is depressed operation while turning on the sampling switch 2a is its depressed and to assign the original sound to be sampled on the key.

【0045】(4)サンプリング処理ルーチンの動作 次に、図8を参照してサンプリング処理ルーチンの動作について説明する。 [0045] (4) operation of the sampling processing routine Next, with reference to FIG. 8 will be described operation of the sampling processing routine. 前述したステップSA4を介して本ルーチンが実行されると、CPU5は図8に示すステップSD1に処理を進め、レジスタTAIKIFに格納されるフラグTAIKIFが「1」、つまり、サンプリング待機状態であるかどうかを判断する。 When this routine is executed via Step SA4 described above, CPU 5 proceeds to the block SD1 shown in FIG. 8, a flag TAIKIF stored in the register TAIKIF is "1", that is, whether the sampling standby state the judges.

【0046】ここで、サンプリングスイッチ2aをオン操作しながら、サンプリングしようとする原音を割り当てるべく所望の音高の鍵を押鍵した後に、サンプリングスイッチ2aをオフ操作したとする。 [0046] In this case, while turns on the sampling switch 2a, after key pressing the desired pitch of the key to assign the original sound to be sampled, and the sampling switch 2a was off operation. そうすると、前述のステップSB9(図5参照)を経てフラグTAIKI Then, the flag through the above steps SB9 (see FIG. 5) TAIKI
Fが「1」にセットされ、サンプリング待機状態になるので、ステップSD1の判断結果が「YES」となり、 F is set to "1", since the sampling standby state, the judgment result is "YES" in step SD1,
次のステップSD2に処理を進める。 And proceeds to the subsequent step SD2.

【0047】ステップSD2では、A/D変換器4からのサンプリングデータ入力があるかどうかを判断し、入力が無い場合には一旦、本ルーチンを完了させるが、入力がある時には次のステップSD3に処理を進める。 [0047] In step SD2, it is determined whether there is sampling data input from the A / D converter 4, once when there is no input, but to complete the routine, the next step SD3 when there is an input proceed with the processing. そして、ステップSD3に進むと、CPU5はA/D変換器4からのサンプリングデータ入力をレジスタDATA When the processing proceeds to step SD3, CPU 5 registers the sampling data input from the A / D converter 4 DATA
にストアし、続くステップSD4ではこのレジスタDA Stores to, the following step SD4 this register DA
TAに一時記憶したサンプリングデータ(振幅値)がスレッショルド値より大きいか否かを判断する。 Sampling data (amplitude values) temporarily stored in the TA determines greater or not than the threshold value.

【0048】サンプリングデータがスレッショルド値を超えない時には、無効入力と見做して判断結果が「N [0048] When the sampling data does not exceed the threshold value, invalid input and considered to judgment result is "N
O」となり、本ルーチンを一旦、完了させるが、スレッショルド値を超えた入力である時には、有効な入力であると判断して次のステップSD5に処理を進め、サンプリング期間に相当する設定時間を、レジスタTIME2 O ", and the routine once but complete, and when the input exceeds the threshold value, the process proceeds to the next step SD5 it is determined that the valid input, the setting time corresponding to the sampling period, register TIME2
にセットする。 It is set to. 次いで、ステップSD6では、レジスタSAMPLINGFに格納されるフラグSAMPLIN At step SD6, the flag is stored in the register SAMPLINGF SAMPLIN
GFを「1」にセットしてサンプリング実行中の旨を表わし、続くステップSD7ではフラグTAIKIFを「0」にセットする。 Set the GF to "1" represents the effect in the sampling execution, set In step SD7 flag TAIKIF to "0".

【0049】そして、ステップSD8に進むと、CPU [0049] Then, when the process proceeds to step SD8, CPU
5はRAM7のサンプリングデータ記憶エリアSPE 5 sampling data storage area SPE of RAM7
(図3参照)の先頭アドレスWAVEを、アドレスカウンタADDRESS2にストアし、次のステップSD9 The start address WAVE (see FIG. 3), and stored in the address counter ADDRESS2, the next step SD9
では、このアドレスカウンタADDRESS2に格納される先頭アドレスWAVEに、レジスタDATAに保持されているサンプリングデータDSを書き込む。 In the beginning address WAVE stored in this address counter ADDRESS2, writes the sampled data DS stored in the register DATA. この後、ステップSD10に進み、アドレスカウンタADD Then, the procedure proceeds to step SD10, address counter ADD
RESS2に格納される書込みアドレスを歩進させてから一旦、本ルーチンを完了させる。 Once the by incrementing the write addresses stored in RESS2, to complete the routine.

【0050】こうして、最初のサンプリングデータDS [0050] Thus, the first sampling data DS
が書き込まれた後に、再度、本ルーチンが実行されると、この時、フラグTAIKIFは「0」となっているので、上述したステップSD1の判断結果は「NO」となり、ステップSD11に処理を進める。 After it is written again, when this routine is executed, at this time, since the flag TAIKIF is "0", the judgment result at Step SD1 described above proceed "NO", the step SD11 . ステップSD Step SD
11では、フラグSAMPLINGFが「1」、つまり、サンプリング実行中であるかどうかを判断する。 In 11, the flag SAMPLINGF is "1", i.e., it is determined if in the sampling execution. サンプリング実行中であれば、判断結果が「YES」となり、次のステップSD12に処理を進めるが、サンプリング期間が終わっている時には判断結果が「NO」となり、本ルーチンを完了させる。 If during the sampling run, the judgment result is "YES", it proceeds to the next step SD12, the judgment result is "NO", thereby completing the routine when you are finished sampling period.

【0051】そして、サンプリング実行中では、ステップSD12に進み、A/D変換器4からのサンプリングデータ入力があるかどうかを判断し、入力が無い場合には判断結果が「NO」となり、後述するステップSD1 [0051] Then, during the sampling run, the flow proceeds to step SD12, it is determined whether there is sampling data input from the A / D converter 4, "NO" determination result is when there is no input, it will be described later step SD1
6に処理を進める。 6 to proceed with the processing. 一方、入力がある時には次のステップSD13に処理を進め、A/D変換器4からのサンプリングデータ入力をレジスタDATAにストアする。 On the other hand, when there is an input, the process proceeds to the next step SD13, storing sampling data input from the A / D converter 4 in the register DATA. 続いて、ステップSD14では、アドレスカウンタADD Subsequently, in step SD14, address counter ADD
RESS2に格納される書込みアドレスに従って、レジスタDATAに保持されているサンプリングデータDS According to the write addresses stored in RESS2, sampling data DS stored in the register DATA
をサンプリングデータ記憶エリアSPEに書き込む。 The write to the sampling data storage area SPE. この後、ステップSD15では、アドレスカウンタADD Thereafter, in step SD15, the address counter ADD
RESS2の書込みアドレスを歩進させる。 The write address of RESS2 be incremented.

【0052】次に、ステップSD16に進むと、CPU Next, when the process proceeds to step SD16, CPU
5はレジスタTIME2にセットされた設定時間が経過したか否か、つまり、サンプリング期間が終了したかどうかを判断する。 5 whether the set time has elapsed which is set in the register TIME2, i.e., it determines whether the sampling period has ended. なお、このレジスタTIME2にセットされた設定時間は、図示されていないタイマ2インタラプト処理によって一定時間毎に順次デクリメントされている。 Incidentally, the set set time in the register TIME2 it is sequentially decremented at every predetermined time by the timer 2 interrupt processing not shown.

【0053】さて、サンプリング期間が未了であれば、 [0053] Now, the sampling period is if incomplete,
上記ステップSD16の判断結果は「NO」となり、一旦、本ルーチンを完了させるが、サンプリング期間が終了している時には判断結果が「YES」となり、次のステップSD17に処理を進める。 The judgment result at Step SD16 is "NO", once it is completed the routine, "YES" determination result is when the sampling period is finished, and proceeds to the subsequent step SD17. ステップSD17では、フラグSAMPLINGFを「0」にセットしてサンプリング終了状態を表わし、続くステップSD18では、レジスタTIME2にセットされた設定時間を一定周期毎に順次デクリメントするタイマ2インタラプト処理を禁止し、この後に本ルーチンを完了する。 In step SD17, represents the sampling end state sets a flag SAMPLINGF to "0", followed by step SD18, prohibits timer 2 interrupt processing for sequentially decrementing the set time set in the register TIME2 for each fixed period, this after completing the routine.

【0054】このように、サンプリング処理ルーチンでは、サンプリング待機状態となる一連の操作、すなわち、サンプリングスイッチ2aをオン操作しつつ押鍵操作してサンプリングしようとする原音を割り当てる鍵を指定した後に、サンプリングスイッチ2aをオフ操作すると、サンプリングデータ入力待ちとなり、所定レベル以上のサンプリングデータDSが入力されたら、予め定められたサンプリング期間中、順次サンプリングデータDSを取込んでRAM7のサンプリングデータ記憶エリアSPEに書き込んでいき、サンプリング期間終了と共に採録を停止するようにしている。 [0054] Thus, in the sampling process routine, a series of operations that are sampling standby state, i.e., after specifying a key to assign the original sound to be sampled by key depression sampling switch 2a while turned on, the sampling When turned off the switch 2a, becomes the sampling data input waiting, when a predetermined level or more sampling data DS is input, in a predetermined sampling period, writes the sampling data storage area SPE of RAM7 crowded preparative sequentially sampling data DS Deiki, and so as to stop the accepted with sampling period.

【0055】(5)自動演奏処理ルーチンの動作 次に、図9〜図10を参照して自動演奏処理ルーチンの動作について説明する。 [0055] (5) Operation of the automatic performance processing routine Next, an operation of the automatic performance processing routine with reference to FIGS. 9-10. 前述したステップSA5を介して本ルーチンが実行されると、CPU5は図9に示すステップSE1に処理を進め、レジスタTIME1の値が「0」以下であるか否かを判断する。 When this routine is executed via Step SA5 as described above, CPU 5 proceeds to the block SE1 shown in FIG. 9, the value of the register TIME1 is equal to or less than "0".

【0056】つまり、レジスタTIME1にはイベント間隔を表わすタイミング情報TIMEがセットされるようになっており(図6のステップSB22参照)、当該レジスタTIME1の値は、図示されていないタイマ1 [0056] That is, (see step SB22 of FIG. 6) being adapted to the timing information TIME is set to represent the event interval in the register TIME1, timer 1 value of the register TIME1 is not shown
インタラプト処理により一定周期毎にデクリメントされ、これにより次のイベント実行迄のタイミングを管理している。 Is decremented every predetermined period by the interrupt processing, thereby manages the timing until the next event execution. 従って、このステップSE1では、イベント実行タイミングに達したか否かを判断している。 Thus, in this Step SE1, it is determined whether reaches the event execution timing.

【0057】イベント実行タイミング下になければ、上記ステップSE1の判断結果は「NO」となり、この場合、何も処理せずに本ルーチンを完了するが、イベント実行タイミング下にあると、判断結果が「YES」となり、次のステップSE2に処理を進める。 [0057] If under event execution timing, the judgment result at Step SE1 is "NO", in this case, nothing but to complete the present routine without processing, if there under event execution timing, the determination result "YES", and proceeds to the subsequent step SE2. ステップSE Step SE
2では、アドレスカウンタADDRESS1に格納されるアドレス値を1インクリメントして歩進させ、続くステップSE3では、その歩進されたアドレスに従って、 In 2, is incremented by 1 increments the address value stored in the address counter ADDRESS1, In step SE3, according to the incremented address,
RAM7の自動演奏データ記憶エリアAPE(図3参照)からイベント情報EVENTを読み出し、これをレジスタEVENTにストアする。 Reads the event information EVENT from RAM7 automatic performance data storage area APE (see FIG. 3) and stores it in a register EVENT.

【0058】続いて、ステップSE4では、歩進されたアドレス値が曲の終わりを表わす終了アドレスENDであるか否かを判断する。 [0058] Then, in step SE4, the incremented address value to determine whether the end address END representing the end of the song. ここで、アドレス値が終了アドレスENDであると、判断結果は「YES」となり、次のステップSE5に処理を進めてレジスタSTARTF Here, when the address value is the end address END, the judgment result is "YES", it proceeds to the next step SE5 register STARTF
に格納されるスタートフラグSTARTFを「0」にセットして自動演奏終了の旨を表わして本ルーチンを完了させる。 Set the start flag STARTF to be stored in the "0" represents the effect of the automatic performance end to complete this routine. 一方、アドレス値が終了アドレスENDでない場合には、上記ステップSE4の判断結果は「NO」となり、ステップSE6に処理を進める。 On the other hand, if the address value is not the end address END, the judgment result at Step SE4 advances the process "NO", the step SE6.

【0059】ステップSE6では、次のタイミング情報TIMEを読み出すべく、アドレスレジスタADDRE [0059] In step SE6, in order to read the next timing information TIME, address register ADDRE
SS1の値をインクリメントして歩進させ、続くステップSE7では、この歩進されたアドレス値に応じて読み出されるタイミング情報TIMEを、レジスタTIME Increments the SS1 value of is incremented, the following step SE7, the timing information TIME read out in response to the incremented address value, register TIME
1にストアする。 To store 1. これにより、次のイベントタイミングが管理される。 As a result, the next event timing is managed. そして、ステップSE8に進むと、CP Then, when the process proceeds to step SE8, CP
U5はレジスタEVENTに格納されたイベント情報の内、ノートオン/オフ等のイベント種類を表わす情報をレジスタSTAUSに、音高情報をレジスタNOTEにそれぞれストアする。 U5 among the event information stored in the register EVENT, information representing the event type, such as note-on / off register STAUS, store respectively the pitch information in the register NOTE.

【0060】次に、図10に示すステップSE10に進むと、レジスタSTATUSに格納されたイベント種類を判断する。 Next, the process proceeds to step SE10 shown in FIG. 10, it is determined event type stored in the register STATUS. ここで、レジスタSTATUSに格納されたイベントがノートオフイベントの時には、ステップS Here, when the event stored in the register STATUS is note-off event, the step S
E10に進み、レジスタONFに格納されるフラグON Proceeds to E10, flag ON is stored in the register ONF
Fを「0」にセットして消音イベントを表わす。 Sets the F to "0" represents a mute event. 一方、 on the other hand
ノートオンイベントの時にはステップSE11に処理を進めてオントリガフラグONTFを「1」にセットして発音イベントを表わす。 When the note-on event is set to "1" on the trigger flag ONTF proceed to step SE11 represent pronunciation events.

【0061】そして、発音イベントの場合には、次のステップSE12に進み、レジスタNOTEに格納される音高情報に対して、前述したレジスタSABUNの値を加算してレジスタNOTEの値を更新する。 [0061] When the sound event, the process proceeds to the next step SE12, relative pitch information stored in the register NOTE, updates the value of the register NOTE by adding the value of the register SABUN described above. すなわち、 That is,
サンプリングした原音を割り当てた鍵の音高と自動演奏データの中心音高CPとの音程差に従って自動演奏する楽曲の音域を移調し、この後に本ルーチンを完了する。 Transpose the range of music to be auto-play in accordance with pitch difference between the center tone pitch CP pitch and automatic performance data of the key assigned the original sound sampled, completing the routine thereafter.

【0062】以上のように、自動演奏処理ルーチンでは、イベント実行タイミング毎に、順次イベント情報を読み出して行き、読み出したイベント情報がノートオンイベントの時にはサンプリングした原音を割り当てた鍵の音高と自動演奏データの中心音高CPとの音程差に従って自動演奏する楽曲の音域を移調するようにしている。 [0062] As described above, in the automatic performance processing routine, for each event execution timing, go sequentially reads out the event information, the read event information is at the time of note-on event and the pitch of the key that assigned the original sound sampled Auto so that to transpose the range of music to be automatic performance in accordance with pitch difference between the center sound high CP of performance data. なお、サンプリングした原音を鍵割り当てしていない時には、上記レジスタSABUNの値が「0」だから、この場合、移調は行われない。 Incidentally, when not the key assigned the original sound sampled, the value of the register SABUN is "0" So, in this case, transposition is not performed.

【0063】(6)発音処理ルーチンの動作 次に、図11〜図13を参照して発音処理ルーチンの動作について説明する。 [0063] (6) Operation of the sound processing routine Next, the operation of the sound processing routine will be described with reference to FIGS. 11 to 13. 前述したステップSA6を介して本ルーチンが実行されると、CPU5は図11に示すステップSF1に処理を進め、レジスタONTFに格納されるオントリガフラグONTFが「1」であるか否か、 When this routine is executed via a step SA6 described above, CPU 5 proceeds to the block SF1 shown in FIG. 11, whether or not on-trigger flag ONTF stored in the register ONTF is "1",
つまり、押鍵に応じたキーオンイベントもしくは自動演奏データによるノートオンイベントが発生した時点であるか否を判断する。 That is, it is determined whether a time of note-on event by key-on event or automatic performance data corresponding to the depressed key is generated. 以下、オンイベント発生時点の動作と、オンイベント中の動作とに場合分けして説明する。 Hereinafter, operation of the on-event time of occurrence, and when divided into the operation in the on-event will be described.

【0064】オンイベント発生時点の処理 この場合、判断結果は「YES」となり、次のステップSF2に処理を進め、フラグORIGINALFが「1」であるか否かを判断する。 [0064] processing on event occurrence time of this case, the judgment result is "YES", the process proceeds to the next step SF2, the flag ORIGINALF determines whether or not "1". すなわち、サンプリング開始以前の状態、あるいはサンプリング終了後の状態のいずれであるかを判断する。 That is, it is determined whether it is sampling start previous state or the state after the end of sampling.

【0065】(イ)サンプリング開始以前の状態 サンプリング開始以前の状態では、サンプリングスイッチ2aをオン操作しつつ、これからサンプリングしようとする原音をどの音高の鍵に割り当るかを選び、割り当てる鍵を押鍵し、その鍵の音高で確認音(サイン波)を発音させる。 [0065] (i) at a sampling before the start of the state sampling before the start of the state, while turns on the sampling switch 2a, select or hit split in which the pitch of the key the original sound to try from now sampling, assign a key press the key, to sound check sound (sine wave) in the pitch of the key. したがって、この確認音を発音させる場合には、上記ステップSF2の判断結果が「YES」となって次のステップSF3に処理を進め、RAM7のサイン波記憶エリアSWE(図3参照)に記憶されるサイン波振幅値を読み出す為、その先頭アドレスをアドレスカウンタADDRESS2にストアする。 Therefore, in the case of sound the confirmation sound, the process proceeds to the next step SF3 judgment result at Step SF2 becomes "YES", is stored in the sine wave memory area SWE of RAM 7 (see FIG. 3) for reading the sine wave amplitude value, to store the address in the address counter ADDRESS2.

【0066】続く、ステップSF4ではレジスタNOT [0066] Subsequently, in step SF4 register NOT
Eの値に対応する歩進アドレス幅をレジスタΔAにストアする。 Stores the incremented address width corresponding to the value of E to register ΔA. なお、このレジスタNOTEには、鍵割り当てすべく押鍵された鍵の鍵番号が格納されている。 Note that this register NOTE, depressed key of the key numbers in order to key assignments are stored. したがって、レジスタΔAには、押鍵された鍵の音高に応じた読み出し速度を実現する歩進アドレス幅がセットされる。 Therefore, the register .DELTA.A, incremented address width to achieve a reading speed corresponding to the pitch of the depressed key is set. 次いで、ステップSF5に進むと、アドレスカウンタADDRESS2に格納された先頭アドレスに従ってサイン波振幅値をRAM7のサイン波記憶エリアSWE Then, the process proceeds to step SF5, sine wave storage area SWE of RAM7 a sine wave amplitude value in accordance with the start address stored in the address counter ADDRESS2
から読み出してレジスタDATAにセットする。 Is set in the register DATA is read from.

【0067】そして、ステップSF6では当該レジスタDATAにストアされたサイン波振幅値を音源8へ出力する。 [0067] Then, provide the stored sine wave amplitude value in step SF6 the register DATA to the sound source 8. この後、CPU5はステップSF7に処理を進め、レジスタONFに格納されるオンフラグONFを「1」にセットしてノートオン状態を表わし、続くステップSF8ではオントリガフラグONTFをゼロリセットしてから、一旦、本ルーチンを完了させる。 Thereafter, CPU 5, the flow advances to step SF7, represents a note-on state by setting the on flag ONF stored in the register ONF to "1", the next step SF8 the ON trigger flag ONTF after zero reset, once , to complete the routine.

【0068】(ロ)サンプリング終了後の状態 一方、サンプリングが終了し、サンプリングした原音に基づいてサンプリング音を発音させる場合には、上述したステップSF2の判断結果は「NO」となり、ステップSF9に処理を進める。 Meanwhile state after (b) the sampling end, the sampling is finished, the case of sound sampling sound on the basis of the original sound was sampled, the judgment result of step SF2 described above is "NO", the step SF9 processing the advance. ステップSF9では、RAM In step SF9, RAM
7のサンプリングデータ記憶エリアSPE(図3参照) 7 sampling data storage area SPE (see FIG. 3)
に格納されたサンプリングデータDSを読み出す為、その先頭アドレスをアドレスカウンタADDRESS2にストアする。 In order to read the sampling data DS stored in, to store the address in the address counter ADDRESS2.

【0069】次いで、ステップSF10では発音指示された音高に対応した歩進アドレス幅をレジスタΔAにストアする。 [0069] Then, store the incremented address width corresponding to the pitch that is sounding instruction step SF10 to register .DELTA.A. すなわち、レジスタNOTEに格納される音高に対応した歩進アドレス幅をレジスタΔAにストアする。 That is, store the incremented address width corresponding to the pitch stored in the register NOTE to register .DELTA.A. そして、ステップSF11では、レジスタNOTE Then, in step SF11, register NOTE
の値とレジスタORIGINALの値との比、すなわち、現在発音指示されている音高と原音を割り当てた鍵の音高との比をレジスタΔAにストアされた歩進アドレス幅に乗算する。 The ratio between the values ​​of the register ORIGINAL, that is, multiplying the ratio of the current sound high instructed sound that is being a key pitch assigned the original sound the stored incremented address width register .DELTA.A.

【0070】こうして、サンプリング音を正しい音程で発音させるよう、読み出し速度を調整してなるピッチ変換が行われると、上述した(イ)項と同様に、アドレスカウンタADDRESS2に格納された先頭アドレスに従ってサンプリングデータをRAM7のサンプリングデータ記憶エリアSPEから読み出してレジスタDATA [0070] Thus, so as to sound the sampled sound at the correct pitch, the pitch conversion made by adjusting the reading speed is carried out, similarly to the above-mentioned (i) section, sampled according to the start address stored in the address counter ADDRESS2 the data is read from the sampling data storage area SPE of RAM7 register dATA
にセットした後、当該レジスタDATAにストアされたサンプリングデータを音源8へ出力する。 After setting, the outputs of the sampling data stored in the register DATA to the sound source 8. この後、オンフラグONFを「1」にセットしてノートオン状態を表わす一方、オントリガフラグONTFをゼロリセットしてから、一旦、本ルーチンを完了させる。 Thereafter, while representing a note-on state by setting the on flag ONF to "1", the on-trigger flag ONTF after zero reset once, to complete the routine.

【0071】オンイベント中の動作 さて、以上のようにして、オンイベント発生時点での処理が完了してから再度、本ルーチンが実行されると、オントリガフラグONTFが「0」となるので、り、前述したステップSF1の判断結果が「NO」になり、図1 [0071] Operation in the on-event now, as described above, again treated in the on event occurrence time is completed, the present routine is executed, the on-trigger flag ONTF becomes "0", Ri, the judgment result of step SF1 described above is "NO", FIG. 1
2に示すステップSF12に処理を進める。 The process advances to step SF12 shown in 2.

【0072】そして、ステップSF12では、オンフラグONFが「1」、つまり、オンイベント中にあるか否かを判断する。 [0072] Then, in step SF12, on flag ONF is "1", in other words, it is determined whether or not there during the on-event. オンイベント中であると、判断結果が「YES」となり、次のステップSF13に処理を進める。 If is in on event, the judgment result is "YES", and proceeds to the subsequent step SF13. なお、オフイベント中の時には上記ステップSF1 It should be noted that the above-mentioned at the time of during the off-event step SF1
2の判断結果が「NO」となり、この場合には何も処理せずに本ルーチンを完了する。 2 of the judgment result is "NO", completes the present routine without doing anything further treatment in this case.

【0073】ステップSF13に進むと、CPU5は、 [0073] When the processing proceeds to step SF13, it is CPU5,
アドレスカウンタADDRESS2をレジスタΔAに格納されている歩進アドレス幅を加算し、続くステップS By adding the incremented address width stored address counter ADDRESS2 in the register .DELTA.A, the subsequent step S
F14では、この歩進されたアドレスカウンタADDR In F14, the incremented address counter ADDR
ESS2の値が、終端アドレスENDを超えたか否かを判断する。 Value of ESS2 determines whether exceeds the end address END. ここで、歩進後のアドレスが終端アドレスE Here, the address after the increment is the end address E
NDを超えた時には、判断結果が「YES」となり、次のステップSF15に進む。 When exceeding the ND, the judgment result is "YES" so that the processing proceeds to step SF15. ステップSF15では、周知のループ再生を行うべく、アドレスカウンタADDR In step SF15, in order to perform the known loop reproduction, the address counter ADDR
ESS2に格納されるアドレスを先頭アドレス側へ戻し、次のステップSF16に処理を進める。 It returns the address stored in ESS2 to the top address side, and proceeds to the subsequent step SF16.

【0074】なお、上記ステップSF15においてアドレスを先頭アドレス側へ戻す場合、確認音を再生している時にはサイン波データ記憶エリアSWEの先頭アドレス側に戻し、サンプリング音を再生している時にはサンプリングデータ記憶エリアSPEの先頭アドレス側に戻すようにし、しかもその際には波形不連続が生じない振幅値に対応させるようアドレス設定する。 [0074] In the case where the address in step SF15 back to the top address side, return to the beginning address side of the sine wave data memory area SWE when playing a confirmation tone, the sampling data storage when playing the sampled sound then returned to the head address side of the area SPE, yet in that case addresses set so as to correspond to the amplitude value that does not cause waveform discontinuities.

【0075】一方、歩進後のアドレスが終端アドレスE [0075] On the other hand, the address after the increment is the end address E
NDを超えない時には、上記ステップSF14の判断結果が「NO」となり、ステップSF16に進む。 When not exceeding ND, the judgment result of step SF14 proceeds to "NO", step SF16. ステップSF16では、アドレスカウンタADDRESS2に格納されるアドレスの整数部をレジスタSEISUに、 In step SF16, the integer part of the address stored in the address counter ADDRESS2 in the register SEISU,
続くステップSF17では小数部をレジスタSYOSU Register subsequent step SF17 the fractional part SYOSU
にそれぞれセットする。 To set each to. 次いで、ステップSF18では、レジスタSEISUに格納されるアドレス整数部に対応して読み出した波形振幅値をレジスタDATA1にストアする。 At step SF 18, and stores the waveform amplitude value read in response to the address integer part stored in the register SEISU the register DATA1.

【0076】次に、ステップSF19では、レジスタS [0076] Next, in step SF19, the register S
EISUに格納されるアドレス整数部を1インクリメント歩進させ、歩進させたアドレス整数部が終端アドレスENDを超えたか否かを判断する。 An address integer part stored in EISU is incremented by one increment, address integer part obtained by stepping it is determined whether or not beyond the end address END. ここで、歩進させたアドレス整数部が終端アドレスENDを超えていない時には、判断結果が「NO」となり、次のステップSF2 Here, when the address integer part obtained by stepping does not exceed the end address END, the judgment result is "NO", the next step SF2
0に処理を進め、歩進させたアドレス整数部に対応して読み出した波形振幅値をレジスタDATA2にストアするが、そうでない場合には、ステップSF21に処理を進める。 0 proceeds to store the waveform amplitude value read in response to the address integer part obtained by incrementing the register DATA2, but if not, the process proceeds to step SF21.

【0077】ステップSF21では、フラグORIGI [0077] In step SF21, the flag ORIGI
NALFが「1」であるか否か、つまり、確認音を再生する状態か、あるいはサンプリング音を再生する状態のいずれかを判別する。 Whether NALF is "1", i.e., whether the state to play a confirmation sound, or to determine any of the conditions for reproducing sampling sounds. ここで、フラグORIGINAL Here, flag ORIGINAL
Fが「1」となり、確認音を再生する状態であると、判断結果が「YES」となり、ステップSF22に処理を進めて、レジスタDATA2にサイン波の先頭アドレスに対応した波形振幅値をストアする。 If F is in a state to play "1" confirmation tone, the judgment result is "YES", the flow advances to step SF22, stores the waveform amplitude value corresponding to the start address of the sine wave in the register DATA2 . これに対し、サンプリング音を再生する状態であれば、判断結果が「N In contrast, if the state of reproducing sampling sounds, the judgment result is "N
O」となり、ステップSF23に処理を進めて、レジスタDATA2にサンプリングデータDSの先頭アドレスに対応した波形振幅値をストアする。 O ", and proceed to step SF23, it stores the waveform amplitude value corresponding to the start address of the sampled data DS to register DATA2.

【0078】こうして、ΔA分歩進されたアドレス整数部と次アドレス整数部とにそれぞれ対応した波形振幅値がレジスタDATA1,DATA2に各々セットされると、CPU5は図13に示すステップSF24に進み、 [0078] Thus, the waveform amplitude value corresponding respectively to the ΔA min incremented address integer part and the next address integer part is respectively set in the register DATA1, DATA2, CPU 5 proceeds to step SF24 shown in FIG. 13,
これらレジスタDATA1,DATA2にセットされた波形振幅値を小数部で内挿補間する。 These registers DATA1, the set waveform amplitude value DATA2 to interpolating a decimal portion. すなわち、レジスタDATA2に格納される次アドレス整数部に対応した波形振幅値とレジスタDATA1に格納されるアドレス整数部に対応した波形振幅値との差分に小数部を乗算し、その乗算結果をレジスタDATA1に格納されるアドレス整数部に対応した波形振幅値に加算してレジスタDATAにストアする。 That is, the fractional part by multiplying the difference between the waveform amplitude value corresponding to the address integer part stored in waveform amplitude value and register DATA1 corresponding to the next address integer part stored in the register DATA2, register the multiplication result DATA1 adding to the waveform amplitude value corresponding to the address integer part to be stored in the store in the register DATA.

【0079】そして、この後、CPU5はステップSF [0079] Then, after this, CPU5 step SF
25に処理を進め、レジスタDATAにストアされた波形補間された波形振幅値を発生する。 The process proceeds to 25, to generate a store waveform interpolated waveform amplitude value in the register DATA. これにより、音源8が当該波形振幅値に基づき楽音合成してなる楽音データWを発生し、サウンドシステム9を介して発音される。 Accordingly, the sound source 8 generates a musical tone data W formed by tone synthesis based on the waveform amplitude value, is sounded via a sound system 9.

【0080】以上のように、第1実施例によれば、サンプリングモード下において、サンプリングスイッチ2a [0080] As described above, according to the first embodiment, under the sampling mode, a sampling switch 2a
をオン操作しながら、サンプリングしようとする原音を割り当てるべく押鍵操作すると、その鍵に対応した音高の確認音(サイン波)が発音する。 A while turned on, and the key depression operation to assign the original sound to try to sampling, pronounce the pitch of the confirmation tone corresponding to the key (sine wave). この為、サンプリングしようとする原音を適正な音程関係にある鍵に事前に割り当てることが可能になっている。 For this reason, it has been possible to assign to the pre-key that the original sound to try to sampling the proper interval relationship. そして、この後にサンプリングスイッチ2aがオフ操作されると、サンプリングデータ入力待ちとなり、所定レベル以上のサンプリングデータDSが入力されたら、順次それを取込んでRAM7のサンプリングデータ記憶エリアSPEに書き込んで行く。 The sampling switch 2a after this is when it is turned off, becomes the sampling data input waiting, when a predetermined level or more sampling data DS is input, and writes the sampled data storage area SPE of RAM7 crowded sequentially taken it.

【0081】一方、再生モードにおいて自動演奏をスタートさせると、自動演奏データが指定するイベント実行タイミング毎に、楽曲の進行に同期してイベント情報を読み出して行き、読み出したイベント情報がノートオンイベントの時にはサンプリングした原音を割り当てた鍵の音高と自動演奏データの中心音高CPとの音程差に従って楽曲の音域を移調しながら自動演奏が進行する。 [0081] On the other hand, and to start the automatic performance in playback mode, every time an event execution timing the automatic performance data is specified, go read the event information in synchronization with the progress of the music, read the event information of the note-on event sometimes automatic performance progresses while transposing the range of music in accordance with pitch difference between the center tone pitch CP of the pitch and the automatic performance data of key assigned the original sound that was sampled. これにより、サンプリング音を正しい音程関係に基づいて再生される。 Thus, it is reproduced on the basis of a sampling sound to the correct interval relationship.

【0082】C. [0082] C. 第2実施例 次に、図14〜図17を参照して第2実施例について説明する。 Second Embodiment Next, a second embodiment will be described with reference to FIGS. 14 to 17. 上述した第1実施例では、サンプリングしようとする原音を適正な音程関係にある鍵に割り当てることによって、サンプリング音を正しい音程関係で再生し得るようにしたが、第2実施例では人手を介してサンプリングしようとする原音を適正な音程関係にある鍵に割り当てるのではなく、サンプリングしようとする原音のピッチを抽出し、それに合致する音高の鍵に自動的に割り当てる態様にしたことを特徴としている。 In the first embodiment described above, by assigning to the keys on the original sound to be sampled in a proper interval relationship has been adapted to play the sampled sound at the correct interval relationship, in the second embodiment through the manual instead of assigning a key with the original sound to be sampled in a proper interval relationship, it is characterized in that extracting the pitch of the original sound to be sampled, and automatically assign embodiment the pitch of the key that matches therewith .

【0083】第2実施例の構成は、上述の第1実施例と同一なので、その説明については省略する。 [0083] configuration of the second embodiment, since same as the first embodiment described above, description thereof is omitted. 第2実施例と第1実施例とが相違する点は、図14に示すメインルーチンにおけるステップSG4のピッチ抽出処理を新たに設け、これに対応してステップSG5の鍵盤処理を変更したことにあり、これ以外の処理動作については前述した第1実施例の動作と同一である。 The point where the second embodiment and the first embodiment is different, newly provided a pitch extraction process of step SG4 in the main routine shown in FIG. 14, this corresponds lies in changing the keyboard process in step SG5 is the same as the operation of the first embodiment described above for the other processing operation. これ故、以下では第1実施例との相違点である、ピッチ抽出処理ルーチンおよび鍵盤処理ルーチンの各動作について述べる。 Hence, in the following is a difference from the first embodiment will be described the operation of the pitch extraction process routine and the keyboard processing routine.

【0084】(1)ピッチ抽出処理ルーチンの動作 第2実施例ではメインルーチンのステップSG4(図1 [0084] (1) Step of the main routine in operation the second embodiment of the pitch extraction process routine SG4 (Figure 1
4参照)を介して図15に示すピッチ抽出処理ルーチンを実行し、ステップSH1に処理を進める。 4 reference) via the running pitch extraction processing routine shown in FIG. 15, the process proceeds to step SH1. ステップS Step S
H1に進むと、CPU5はフラグPITCHFの値が「0」、すなわち、サンプリングした原音に対して割り当てる鍵が定まっている否かを判断し、すでにその鍵が定まっている時には、本ルーチンの処理を必要としないから、判断結果が「NO」となり、本ルーチンを完了させる。 Proceeding to H1, CPU 5 is the value "0" of the flag PITCHF, i.e., to determine whether that definite the key to be assigned to the original sound sampled, already when the key is determined, the processing of this routine does not require, the judgment result is "nO", thereby completing the routine.

【0085】一方、サンプリングした原音に対して割り当てる鍵が定まっていない場合には、ここでの判断結果が「YES」となり、次のステップSH2に進む。 [0085] On the other hand, if not determined the key to be assigned to the original sound sampled proceeds this determination result is "YES", the next step SH2. ステップSH2では、フラグORIGINALFが「0」、 In step SH2, flag ORIGINALF is "0",
つまり、前述した第1実施例と同様、サンプリング終了後の状態であるかどうかを判断する。 That is, it is determined whether or similarly to the first embodiment described above, a state after the end of sampling. ここで、サンプリングが終了していない場合には、サンプリングした原音のピチを抽出し得ないので、判断結果が「NO」となり、何も処理せずに本ルーチンを完了させる。 Here, if the sampling is not completed, because not extract the Pichi original sound sampled, the judgment result is "NO", nothing to complete the present routine without processing.

【0086】これに対し、サンプリングが終了していれば、判断結果が「YES」となり、ステップSH3に処理を進め、RAM7のサンプリングデータ記憶エリアS [0086] In contrast, if finished sampling, the judgment result is "YES", the process proceeds to step SH3, RAM 7 of the sampling data storage area S
PE(図3参照)の先頭アドレスをアドレスカウンタA PE address start address (see FIG. 3) Counter A
DDRESS2にセットする。 It is set to DDRESS2. そして、ステップSH4 Then, step SH4
では、データ数をカウントするレジスタNをゼロクリアし、続くステップSHではレジスタCOUNTに初期値「1」をストアする。 In, cleared to zero register N for counting the number of data, the default value "1" is stored in the following step SH the register COUNT. なお、このレジスタCOUNT In addition, the register COUNT
は、サンプリングデータDSにおいて、極性反転するゼロクロス近傍(ゼロクロス点を含む)のデータ個数を順次累算して行くカウンタである。 , In the sampling data DS, which is successively accumulating counter data number of neighboring zero crossings of the polarity inversion (including the zero-cross point).

【0087】次いで、ステップSH6に進むと、CPU [0087] Then, when the process proceeds to step SH6, CPU
5はまずアドレスカウンタADDRESS2にセットされている先頭アドレスのサンプリングデータを読み出し、レジスタDATA1にストアする。 5 reads the sampling data of the head address is first set in the address counter ADDRESS2, is stored in the register DATA1. 次に、ステップSH7では、アドレスカウンタADDRESS2のアドレス値を1インクリメントして歩進させ、この歩進させたアドレスに応じて読み出したサンプリングデータをレジスタDATA2にストアする。 In step SH7, is incremented by 1 increments the address value of the address counter ADDRESS2, storing sampling data read in response to the increment is not an address in the register DATA2.

【0088】続いて、ステップSH8では、上記レジスタDATA1,DATA2に各々格納されたサンプリングデータ、つまり、互いに隣接するアドレスのサンプリングデータについて、その符号(極性)が異なっているか否かを判断する。 [0088] Then, in step SH8, each stored sampled data in the register DATA1, DATA2, i.e., the sampling data of the address to be adjacent to each other, it is determined whether the sign (polarity) is different. 互いの符号が同符号であると、判断結果が「NO」となり、ステップSH9に処理を進めてレジスタNの値を1インクリメントして上述のステップSH6に処理を戻す。 When another code is the same code, the judgment result is "NO", and increments the value of the register N and the process proceeds to step SH9 the process returns to the above step SH6. これにより、次に隣接するアドレス同士のサンプリングデータについて極性反転の有無が判断される。 Accordingly, then the presence or absence of polarity inversion for sampling data of the adjacent address each other is determined.

【0089】そして、隣接するアドレス同士のサンプリングデータの符号が異なり、極性反転が検出されると、 [0089] Then, different codes of sampling data of an address adjacent to, the polarity inversion is detected,
上記ステップSH8の判断結果が「YES」となり、ステップSH10に処理を進める。 The judgment result at Step SH8 is "YES", the process proceeds to step SH10. ステップSH10では、上述したレジスタCOUNTの値が「1」、つまり、最初のゼロクロス近傍点アドレス(ゼロクロス点直下アドレスを含む)を検出したかどうかを判断する。 At step SH10, "1" value of the register COUNT described above, i.e., determines whether it detects the first zero-crossing near the point address (including the zero-cross point immediately below the address).

【0090】ここで、最初のゼロクロス近傍点アドレス(ゼロクロス点直下アドレスを含む)を検出した場合には、次のステップSH11に進み、レジスタCOUNT [0090] Here, in the case of detecting a first zero crossing near point address (including the zero-cross point immediately below the address), the process proceeds to the next step SH11, register COUNT
の値を「2」にセットする。 To set the value to "2". この後、ステップSH12 After this, step SH12
に進むと、レジスNに格納されるデータ個数をレジスタFIRSTにストアし、続くステップSH14ではレジスタDATA1に格納されるサンプリングデータの符号をレジスタFUGOにストアした後、上述のステップS Proceeding to, after storing stores the number of data stored in the register N to the register FIRST, the sign of the sampling data stored in the following step SH14 in register DATA1 to register FUGO, the above steps S
H9に処理を戻す。 H9 to return the process.

【0091】さて、一方、二度目以降のゼロクロス近傍点アドレス(ゼロクロス点直下アドレスを含む)を検出した場合には、上記ステップSH10の判断結果が「N [0091] Now, on the other hand, when detecting the second and subsequent zero-crossing near the point address (including the zero-cross point immediately below address), the judgment result at Step SH10 is "N
O」となり、ステップSH15に処理を進める。 O ", and advances the process to step SH15. ステップSH15では、最初にゼロクロス近傍点アドレスを検出した時に、レジスタFUGOに格納した符号と、レジスタDATA1に格納される現サンプリングデータの符号とが一致するか、すなわち、最初のゼロクロス近傍点アドレスを起点とし、一周期分のサンプリングデータを読み出したどうかを判断する。 At step SH15, when the first detected a near zero cross point address, origin and code stored in the register FUGO, the current sampling data stored in the register DATA1 or code and match, i.e., the first near zero cross point address and then, it determines whether the read sampling data of one period.

【0092】ここで、一周期分のサンプリングデータを読み出していない場合には、判断結果が「NO」となり、ステップSH9に処理を戻してサンプリングデータの読み出しを続けるが、一周期分のサンプリングデータを読み出した場合には、判断結果が「YES」となり、 [0092] Here, if no reading the sampled data of one cycle, the judgment result is "NO", will continue to read the sampled data is returned to step SH9, the sampling data of one period when read, the judgment result is "YES",
ステップSH16に処理を進める。 The process proceeds to step SH16. ステップSH16では、レジスタNに格納されているデータ個数を、レジスタSECONDにストアし直し、次のステップSH17 At step SH16, the number of data stored in the register N, again stored in the register SECOND, the next step SH17
に処理を進める。 The process proceeds to.

【0093】ステップSH17では、このレジスタSE [0093] In step SH17, this register SE
CONDとレジスタFIRSTとにそれぞれ格納されているデータ個数の差分、すなわち、サンプリングデータ一周期分のアドレス離間値を求め、求めたアドレス離間値に基づき、ピッチテーブルTABLEを参照してサンプリングデータDSの基本ピッチを抽出してレジスタO COND and register FIRST and the difference of the number of data stored respectively, i.e., obtains the address spacing value of the sampling data one cycle, based on the address spaced values ​​obtained, the basic sampling data DS by referring to the pitch table TABLE register O by extracting the pitch
RIGNALにストアする。 Store to RIGNAL. そして、この後に、フラグPITCHFを「1」にセットして本ルーチンを完了させる。 Then, after this, it sets the flag PITCHF to "1" to complete the routine. なお、ピッチテーブルTABLEとは、予め各種アドレス離間値に対応したピッチデータ(鍵番号)を記憶したデータテーブルであり、サンプリングデータ一周期分のアドレス離間値を読み出しアドレスとして対応するピッチデータ(鍵番号)を読み出すものである。 Note that the pitch table TABLE, a data table storing pitch data (key number) corresponding to the advance various addresses spaced values, the pitch data (key number corresponding the address reads the address spacing value of the sampling data one cycle ) is intended to read out.

【0094】このように、第2実施例によれば、サンプリング完了後に、サンプリングデータ一周期分のアドレス離間値を求め、このアドレス離間値に基づいてサンプリングデータDSのピッチを抽出し、抽出したピッチと同じ音高の鍵に自動的に割り当てることが可能になる。 [0094] Thus, according to the second embodiment, after the sampling completion, it obtains the address spacing value of the sampling data one cycle, to extract the pitch of the sampling data DS based on the address spacing value, the extracted pitch it is possible to automatically assign the same pitch of the key.
この結果、第1実施例と同様に、サンプリング音を正しい音程関係に基づいて再生することができる。 As a result, like the first embodiment, it can be reproduced on the basis of a sampling sound to the correct interval relationship.

【0095】(2)鍵盤処理ルーチンの動作 このように、ピッチ抽出を行う第2実施例の場合、鍵盤処理ルーチンは図16に示す動作となる。 [0095] (2) As the operation of the keyboard process routine, the case of the second embodiment performs pitch extraction, the keyboard process routine becomes operation shown in FIG. 16. すなわち、前述したステップSG5(図14参照)を介して鍵盤処理ルーチンが実行されると、CPU5は図16のステップSJ1に処理を進め、鍵盤1の各鍵を走査して鍵変化を判別する。 That is, when the keyboard process routine through step SG5 (see FIG. 14) described above is executed, CPU 5 proceeds to the block SJ1 in FIG 16, to determine the key changes by scanning the respective keys of the keyboard 1.

【0096】鍵操作が行われず、鍵変化が無い場合には、何も処理せずに本ルーチンを完了し、離鍵操作に応じたキーオフイベントが発生した時にはステップSJ2 [0096] without key operation is performed, if the key there is no change, nothing completed the routine without processing, when the key-off event in response to the key-release operation has occurred step SJ2
に処理を進めてレジスタONFに格納されるフラグON To complete the processing flag ON is stored in the register ONF
Fを「0」としてキーオフ状態を表わしてから本ルーチンを完了させる。 The F "0" to complete the routine from represent key-off state. 一方、押鍵操作に応じたキーオンイベントが発生すると、ステップSJ3に処理を進め、レジスタONTFに格納されるオントリガフラグONTFを「1」にセットしてオンイベント発生を表わし、続くステップSJ4では押鍵された鍵の音高を表わす鍵番号をレジスタNOTEにストアする。 On the other hand, when the key-on event occurs in response to the key depression operation, the process proceeds to step SJ3, represents on event generates an on trigger flag ONTF stored in the register ONTF is set to "1", the following step SJ4 press stores the key number that represents the pitch of the key has been key to the register nOTE.

【0097】さて、こうした第2実施例においては、再生モード下において自動演奏をスタートさせると、第1 [0097] Now, in this second embodiment, when to start the automatic performance under playback mode, the first
実施例と同様に、自動演奏データが指定するイベント実行タイミング毎に、楽曲の進行に同期してイベント情報を読み出して行き、読み出したイベント情報がノートオンイベントの時にはサンプリングした原音を割り当てた鍵の音高と自動演奏データの中心音高CPとの音程差に従って楽曲の音域を移調しながら自動演奏が進行する。 Similar to the embodiment, every time an event execution timing of the automatic performance data is specified, in synchronization with progression of the music go reads the event information, the read event information is the key assigned the original sound sampled at the time of note-on event automatic performance progresses while transposing the range of music in accordance with pitch difference between the center tone pitch CP of the pitch and the automatic performance data.

【0098】例えば、図17(イ)に図示する楽曲が自動演奏データとして登録されている場合、この自動演奏データの中心音高CPはE 4音(「ミ」)となる。 [0098] For example, if the music to be shown in FIG. 17 (a) is registered as automatic performance data, the center tone pitch CP of the automatic performance data becomes E 4 sound ( "mi"). そして、前述したピッチ抽出処理ルーチンの動作によってサンプリングした原音のピッチがA 4音になると、この原音ピッチと中心音高CPとの音程差に従って自動演奏データの各音符がそれぞれ完全5度分移調されて演奏され、結果、サンプリング音を正しい音程関係に基づいて再生し得るようになっている。 When the pitch of the original sound sampled by the operation of the pitch extraction process routine described above is A 4 sound, each note of the automatic performance data is transposed fully 5 degrees each in accordance with pitch difference between the original pitch and the center tone pitch CP It played Te, results, and is able to reproduce on the basis of a sampling sound to the correct interval relationship.

【0099】なお、第2実施例では、サンプリングデータ一周期分のアドレス離間値を求め、このアドレス離間値に基づいてサンプリングデータDSのピッチを抽出する態様としたが、これに限らず、例えば、原音をサンプリングしながら、サンプリングした原音に対してリアルタイムに高速フーリエ変換を施して、その基本ピッチを抽出する手法を用いても良い。 [0099] In the second embodiment, obtains the address spacing value of the sampling data one cycle, but the manner of extracting the pitch of the sampling data DS based on the address spacing value, not limited to this, for example, while sampling the original sound, by performing a fast Fourier transform in real time corresponding to the sampled original, may be used a method of extracting the fundamental pitch.

【0100】また、ピッチ抽出を行う場合には、サンプリングする原音の種類に応じて最適なピッチ抽出ポイントを選ぶようにしても良く、例えば、打撃音のように波形が急俊に立上がる場合にはピッチ抽出が困難なので、 [0100] Further, when the pitch extraction may be to choose the optimum pitch extraction point according to the type of the original sound to be sampled, for example, if the waveform as impact sound rises steep since it is difficult to pitch extraction,
その場合には原音波形がある程度落着いたところでピッチ抽出する。 To extract the pitch at the original sound waveform had settled to some extent in that case. さらに、人声音をサンプリングする場合には、データ減少法等の波形処理や、自己相関法あるいはAMDF法などの相関処理、あるいはケプストラム等のスペクトル処理を用いてピッチ抽出することも出来る。 Furthermore, when sampling human vocal the waveform processing and the like data reduction method, correlation processing such as autocorrelation method or AMDF method, or can also be extracted pitch using spectral processing such as cepstrum.

【0101】 [0101]

【発明の効果】本発明によれば、サンプリング開始以前に、サンプリングしようとする原音を割り当てるべく押鍵操作した場合、その押鍵された鍵に対応した音高の確認音を発生する一方、当該鍵に原音を割り当てたり、サンプリングした原音のピッチを抽出し、抽出したピッチと同一音程関係にある鍵に原音を割り当てるので、サンプリング音を正しい音程関係に基づいて再生することができる。 According to the present invention, the sampling start earlier, when the key depression to assign the original sound to be sampled, while generating the pitch of confirmation sound corresponding to the depressed key, the the key to assign original sound, extracting the pitch of the original sound sampled, is allocated to the original sound to the keys on the extracted same interval relationship and pitch, it can be reproduced on the basis of a sampling sound to the correct interval relationship. また、サンプリングした原音を自動演奏データに従って自動演奏させる際には、サンプリングした原音を割り当てた鍵の音高、もしくは抽出した原音ピッチと自動演奏データに含まれる中心音高との音程差に従って楽曲の音域を移調するので、サンプリングした原音を自動演奏データに従ってピッチ変換してサンプリング音による自動演奏を行う時でも、サンプリング音を正しい音程関係に基づいて再生することができる。 Further, when to automatically play the original sound sampled according to the automatic performance data, of the music according to the pitch difference between the central pitch contained in the original sound pitch and automatic performance data pitch, or extraction of the key assigned the original sound sampled since transposing range, the original sound sampled even when performing an automatic performance by pitch conversion to sampled sounds according to the automatic performance data can be reproduced based on a sampling sound to the correct interval relationship.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明による第1実施例の外観を示す外観図である。 1 is an external view showing an appearance of a first embodiment according to the present invention.

【図2】同実施例の構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing the configuration of the embodiment.

【図3】RAM7のメモリ構成を示すメモリマップである。 FIG. 3 is a memory map showing the memory configuration of RAM7.

【図4】同実施例におけるメインルーチンの動作を示すフローチャートである。 4 is a flowchart showing the operation of the main routine in the same embodiment.

【図5】スイッチ処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 5 is a flowchart showing the operation of the switch processing routine.

【図6】スイッチ処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing the operation of the switch processing routine.

【図7】鍵盤処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 7 is a flowchart showing the operation of the keyboard processing routine.

【図8】サンプリング処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 8 is a flowchart showing the operation of the sampling processing routine.

【図9】自動演奏処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 9 is a flowchart illustrating the operation of the automatic performance processing routine.

【図10】自動演奏処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 10 is a flowchart illustrating the operation of the automatic performance processing routine.

【図11】発音処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing the operation of the sound processing routine.

【図12】発音処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 12 is a flowchart showing the operation of the sound processing routine.

【図13】発音処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 13 is a flowchart showing the operation of the sound processing routine.

【図14】第2実施例におけるメインルーチンの動作を示すフローチャートである。 14 is a flowchart showing the operation of the main routine in the second embodiment.

【図15】ピッチ抽出処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 15 is a flowchart showing the operation of the pitch extraction process routine.

【図16】鍵盤処理ルーチンの動作を示すフローチャートである。 16 is a flowchart showing the operation of the keyboard processing routine.

【図17】移調動作を説明するための図である。 FIG. 17 is a diagram for explaining the transposition operation.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 鍵盤 2 パネルスイッチ部 3 マイクロフォン 4 A/D変換器 5 CPU(鍵割り当て手段、ピッチ抽出手段、移調手段、自動演奏手段) 6 ROM 7 RAM 8 音源 9 サウンドシテム 1 keyboard 2 panel switch unit 3 Microphone 4 A / D converter 5 CPU (key assignment means, a pitch extracting means, transposing means, the automatic performance means) 6 ROM 7 RAM 8 source 9 Sound sheet Temu

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 原音をサンプリングしてなるサンプリングデータを記憶手段に記憶しておき、押鍵操作に応じた読み出し速度で当該サンプリングデータを記憶手段から読み出して所望の音高のサンプリング音を発生するサンプリング装置において、 サンプリング開始以前に、サンプリングしようとする原音を割り当てるべく押鍵操作した場合、その押鍵された鍵に対応した音高の確認音を発生する一方、当該鍵に原音を割り当てる鍵割り当て手段を具備することを特徴とするサンプリング装置。 1. A stores the sampling data obtained by sampling the original sound in the storage means, reads out from the storage means the sampled data at a reading speed corresponding to the key depression operation to generate a sampling sound desired pitch in the sampling device, the sampling start earlier, when the key depression to assign the original sound to be sampled, while generating the pitch of confirmation sound corresponding to the depressed key, the key assignment that assigns the original sound to the key sampling apparatus characterized by comprising means.
  2. 【請求項2】 原音をサンプリングしてなるサンプリングデータを記憶手段に記憶しておき、押鍵操作に応じた読み出し速度で当該サンプリングデータを記憶手段から読み出して所望の音高のサンプリング音を発生するサンプリング装置において、 サンプリングした原音のピッチを抽出し、抽出したピッチと同一音程関係にある鍵に原音を割り当てる鍵割り当て手段を具備することを特徴とするサンプリング装置。 2. A stores the sampling data obtained by sampling the original sound in the storage means, reads out from the storage means the sampled data at a reading speed corresponding to the key depression operation to generate a sampling sound desired pitch in the sampling device, sampling device, characterized by comprising the key assignment means for assigning the original sound keys on sampled to extract the pitch of the original sound, extracted same interval relationship and pitch.
  3. 【請求項3】 サンプリングした原音を自動演奏データに従ってピッチ変換してサンプリング音による自動演奏を行うサンプリング装置において、 サンプリングした原音のピッチを抽出するピッチ抽出手段と、 前記自動演奏データが指定するイベント実行タイミング毎にイベント情報を読み出し、読み出したイベント情報がノートオンイベントの時には前記ピッチ抽出手段が抽出した原音ピッチと前記自動演奏データに含まれる中心音高との音程差に従って当該自動演奏データを形成するイベント情報中の音高情報を移調する移調手段とを具備することを特徴とするサンプリング装置。 3. A sampling device for performing an automatic performance by pitch conversion to sampled sounds original sound sampled according to the automatic performance data, and the pitch extracting means for extracting the pitch of the original sound sampled, event execution the automatic performance data is designated reads the event information for each timing, the read event information to form the automatic performance data in accordance with pitch difference of the center pitch and included in the automatic performance data and original pitch extracted by the said pitch extracting means when the note-on event sampling apparatus characterized by comprising a transposition device for transposing the pitch information in the event information.
  4. 【請求項4】 サンプリング開始以前に、サンプリングしようとする原音を割り当てるべく押鍵操作した場合、 Wherein the sampling start earlier, when the key depression to assign the original sound to be sampled,
    その押鍵された鍵に対応した音高の確認音を発生する一方、当該鍵に原音を割り当てる鍵割り当て手段と、 自動演奏データが指定するイベント実行タイミング毎に、楽曲の進行に同期してイベント情報を読み出して行き、読み出したイベント情報がノートオンイベントの時には前記鍵割り当て手段によって原音が割り当てられた鍵の音高と自動演奏データに含まれる中心音高との音程差に従って当該自動演奏データを形成するイベント情報中の音高情報を移調しながら自動演奏する自動演奏手段とを具備することを特徴とするサンプリング装置。 While generating a pitch of confirmation sound corresponding to the depressed key, and the key assignment means for assigning the original sound to the key, every time an event execution timing of the automatic performance data is specified, in synchronization with progression of the music event go read information read event information to the note-on the automatic performance data in accordance with pitch difference between the central pitch contained in the pitch and automatic performance data of the key original sound is assigned by the key assignment means at the time of the event sampling apparatus characterized by comprising the automatic performance means for automatic performance while transposing pitch information in the event information formed is.
JP27782297A 1997-10-09 1997-10-09 Sampling device Pending JPH11119777A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27782297A JPH11119777A (en) 1997-10-09 1997-10-09 Sampling device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27782297A JPH11119777A (en) 1997-10-09 1997-10-09 Sampling device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11119777A true true JPH11119777A (en) 1999-04-30

Family

ID=17588752

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27782297A Pending JPH11119777A (en) 1997-10-09 1997-10-09 Sampling device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11119777A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003066966A (en) * 2001-08-29 2003-03-05 Roland Corp Encoding process selecting apparatus
JP2006106754A (en) * 2004-10-05 2006-04-20 Sony France Sa Mapped meta-data sound-reproduction device and audio-sampling/sample-processing system usable therewith

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003066966A (en) * 2001-08-29 2003-03-05 Roland Corp Encoding process selecting apparatus
JP2006106754A (en) * 2004-10-05 2006-04-20 Sony France Sa Mapped meta-data sound-reproduction device and audio-sampling/sample-processing system usable therewith

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5857171A (en) Karaoke apparatus using frequency of actual singing voice to synthesize harmony voice from stored voice information
US6075193A (en) Automatic music composing apparatus and computer readable medium containing program therefor
US5955693A (en) Karaoke apparatus modifying live singing voice by model voice
US4448104A (en) Electronic apparatus having a tone generating function
US5321198A (en) Tone signal generator utilizing ancillary memories for electronic musical instrument
US5767430A (en) Sound source controlling device
US5652402A (en) Electronic musical instrument capable of splitting its keyboard correspondingly to different tone colors
JPH10105169A (en) Harmony data generating device and karaoke (sing along machine) device
JPH09127941A (en) Electronic musical instrument
JP2002189466A (en) Performance training apparatus and performance training method
JP2004341385A (en) Apparatus and program for musical performance recording and reproduction
JPH10268895A (en) Voice signal processing device
JPH09179572A (en) Voice converting circuit and karaoke singing equipment
JPH06266354A (en) Electronic musical instrument
JP2001022350A (en) Waveform reproducing device
GB2091470A (en) Electronic Musical Instrument
US5461190A (en) Electronic musical instrument with automatic accompaniment using designated regions of automatic performance data
JPH08234733A (en) Electronic musical instrument
JP2879948B2 (en) Voice processing unit
JPH11282483A (en) Karaoke device
JP2006126710A (en) Playing style determining device and program
JPH07261757A (en) Automatic player
JPH11161271A (en) Musical sound producing method, musical sound producing device and medium with program recorded
JP2002182642A (en) Playing guide device and playing guide method
JPH10268875A (en) Karaoke device