JPH11117504A - 連結目地構造 - Google Patents

連結目地構造

Info

Publication number
JPH11117504A
JPH11117504A JP27555997A JP27555997A JPH11117504A JP H11117504 A JPH11117504 A JP H11117504A JP 27555997 A JP27555997 A JP 27555997A JP 27555997 A JP27555997 A JP 27555997A JP H11117504 A JPH11117504 A JP H11117504A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
piece
core
joint
groove
female
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP27555997A
Other languages
English (en)
Inventor
Sue Koseki
Hideki Takiguchi
Hiroyuki Umetsu
寿衛 小関
浩之 梅津
英喜 滝口
Original Assignee
Ig Tech Res Inc
株式会社アイジー技術研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ig Tech Res Inc, 株式会社アイジー技術研究所 filed Critical Ig Tech Res Inc
Priority to JP27555997A priority Critical patent/JPH11117504A/ja
Publication of JPH11117504A publication Critical patent/JPH11117504A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 目地部の断熱性、気密性、防火性、強度を損
なわない連結目地構造とすること。 【構成】 建築用パネルAの形状を側壁5の先端を外側
方に屈曲して延長した底片6と、底片6の先端を内側方
にU字状に折り返した差込溝7と、差込溝7の先端を外
側方に折り返した当て片8と、当て片8の先端を外側方
に延長した固定片9と、固定片9の先端を内側方に屈曲
した支持片10とからなる雌型連結部11と、側壁12
と側壁12の先端を内側方に屈曲した差込片13とから
なる雄型連結部14から形成すると共に、芯材3を表面
材1の雄型連結部14を除く雌型連結部11と化粧面4
の裏面に充填し、芯材2の裏面を裏面材2にて被覆した
パネルとし、雌型連結部11の差込溝7に雄型連結部1
4の差込片13が挿入されて形成される芯材欠損部15
に充填材Bを形成する構造とすることにより、目地部に
おける断熱性、気密性、防水性、強度の劣化を防止する
ことができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は建築、構築物の内壁材、
外壁材、屋根材、天井材、床材、間仕切り材等として利
用される建築用パネルの連結目地構造に関するものであ
る。
【0002】
【従来の技術】一般に、雌型連結部に差込溝を、雄型連
結部に差込片を設けた、いわゆる「引っかけ型」の建築
用パネルを用いた連結目地は、図14に示すように、差
込溝aに差込片bを嵌合するために、雄型連結部裏面に
は芯材cを形成することができずに、連結後は連結目地
部に一部芯材cが存在しない、芯材欠損部dが形成され
る構造がほとんどであった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の
ような連結目地構造では、連結目地部に芯材欠損部が形
成されるので、目地部における断熱性、気密性、防水
性、強度が劣化してしまう課題があった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明はこのような課題
を解決するために、建築用パネルの形状を側壁の先端を
外側方に屈曲して延長した底片と、底片の先端を内側方
にU字状に折り返した差込溝と、差込溝の先端を外側方
に折り返した当て片と、当て片の先端を外側方に延長し
た固定片と、固定片の先端を内側方に屈曲した支持片と
からなる雌型連結部と、側壁と側壁の先端を内側方に屈
曲した差込片とからなる雄型連結部から形成すると共
に、芯材を表面材の雄型連結部を除く雌型連結部と化粧
面の裏面に充填し、芯材の裏面を裏面材にて被覆したパ
ネルとし、雌型連結部の差込溝に雄型連結部の差込片が
挿入されて形成される芯材欠損部に充填材を形成する構
造とすることにより、目地部における断熱性、気密性、
防水性、強度の劣化を防止することができる連結目地構
造を提案するものである。
【0005】
【実施例】以下に図面を用いて、本発明に係る連結目地
構造について詳細に説明する。まず初めに、連結目地構
造を構成する各部材を説明すると、図1は上記連結目地
構造の断面図を表す代表例であり、建築用パネルA、充
填材B、下地材α、固定具βからなる構造である。
【0006】建築用パネルAは例えば図2に示すよう
に、表面材1と裏面材2とから芯材3をサンドイッチし
た長尺状の複合板等からなる主に縦張り型として用いら
れるものである。表面材1、裏面材2は金属薄板からな
る場合は、例えば鉄、アルミニウム、銅、ステンレス、
チタン、アルミ・亜鉛合金メッキ鋼板、ガルバリウム鋼
板、ホーロー鋼板、クラッド鋼板、フッ素樹脂鋼板、ラ
ミネート鋼板(塩ビ鋼板等)、サンドイッチ鋼板(制振
鋼板等)、(勿論、これらを各種色調に塗装したカラー
板を含む)の一種を押出成形、ロール成形、プレス成形
して所定形状に形成したものである。
【0007】また、表面材1、裏面材2は合成樹脂板か
らなる場合は、例えば塩ビ樹脂、ポリカーボネイト樹脂
等を押出成形、プレス成形、ロール成形等を行って所定
形状に形成したものである。勿論、これら金属板と合成
樹脂板とを積層複合した素材としても良いものである。
【0008】さらに、特に裏面材2をアルミニウム蒸着
紙、アスベスト紙、クラフト紙、アスファルトフェル
ト、金属箔(Al、Fe、Pb、Cu)、合成樹脂シー
ト、ゴムシート、布シート、石膏紙、水酸化アルミ紙、
ガラス繊維不織布等の1種、または2種以上をラミネー
トしたもの、あるいは防水処理、難燃処理されたシート
状物から形成することもできる。
【0009】芯材3は建築用パネルAの主に断熱材、防
火材、嵩上材として機能するものであり、ポリウレタ
ン、ポリイソシアヌレート、フェノール、塩化ビニル、
ポリエチレン、ポリスチレン、ユリア等の合成樹脂やそ
の発泡体、もしくはケイ酸カルシウム、炭酸カルシウ
ム、水酸化アルミニウム等の無機材やその発泡体、ある
いはガラス繊維、セラミック繊維、岩綿、アスベスト等
の繊維質マット状物からなるものである。
【0010】また、芯材3と表面材1および裏面材2と
の一体化は、例えば芯材3が合成樹脂発泡体の際はその
自己接着性を利用して、またそれ以外の際には別途接着
剤(図示せず)を介して一体に積層し、サンドイッチす
るものである。
【0011】さらに、建築用パネルAの表面材1の形状
としては、化粧面4と化粧面4の一側端には少なくとも
内方に屈曲した側壁5と、側壁5の先端を外側方に屈曲
して延長した底片6と、底片6の先端を内側方にU字状
に折り返した差込溝7と、差込溝7の先端を外側方に折
り返した当て片8と、当て片8の先端を外側方に延長し
た固定片9、固定片9の先端を内側方に屈曲した支持片
10とからなる雌型連結部11を形成したものである。
【0012】また、表面材1の化粧面4の他側端には、
少なくとも内方に屈曲した側壁12と、側壁12の先端
を内側方に屈曲した差込片13とからなる雄型連結部1
4を形成したものである。
【0013】そして、芯材3は表面材1の雄型連結部1
4を除く部分、すなわち芯材欠損部15以外の雌型連結
部11と化粧面4の裏面に充填されており、芯材3の裏
面を裏面材2にて被覆して一体に形成したものである。
【0014】さらに図に示すように、必要に応じて固定
片9の途中には、固定具βの打設位置をガイドするV溝
16を形成すると共に、支持片10の先端および差込片
13の先端を折り返して、危険防止と強度の向上を図る
舌片17、18を形成することもできる。
【0015】充填材Bは図3に示すように、芯材欠損部
14と略同一断面のな長尺定形材、あるいは図示しない
不定形材からなるものである。定形材の例としては、例
えば上述した芯材3と同様な素材、もしくは発泡ポリエ
チレン、クロロプレンゴム、EPTゴム、合成ゴムビー
ド、ボンドブレーカー等からなるものである。
【0016】また、不定形材からなる場合の例として
は、弾性型1成分系としてはシリコーン系、変成シリコ
ーン系、ポリサルファイド系、ポリウレタン系の湿気硬
化型、アクリル系、SBR系のエマルジョン乾燥硬化
型、弾性型2成分系としてはシリコーン系、変成シリコ
ーン系、ポリサルファイド系、ポリウレタン系、アクリ
ルウレタン系の反応硬化型、非弾性型としては油性コー
キング、シリコーン系等の1種からなるものである。
【0017】下地材αは、例えば建築用パネルAを壁材
として用いる際は、柱、間柱等の躯体、もしくは躯体か
ら持ち出される縦胴縁材や横胴縁材、また、建築用パネ
ルAを屋根材として用いる際は、垂木や野地板、さら
に、建物が鉄骨造の際はこれらに対応するH型鋼材、角
形鋼材、リップ溝型鋼材、アングル材等の各種鋼材等か
らなるものである。なお、図では建築用パネルAを縦張
り壁材として使用した例を示しているので、下地材αと
しては横胴縁からなるものである。
【0018】固定具βは、例えば釘(ステンレス釘、ス
クリュー釘等)、ビス(テクス、セルフドリリングスク
リュービス)等、下地材αの種類によって適するものを
選択して用いるものである。
【0019】次に、本発明に係る連結目地構造を、施工
例を通して詳細に説明する。まず、図4(a)に示すよ
うに、横胴縁からなる下地材α上に、左側建築用パネル
A1を当接し、雌型連結部11にある固定片9のV溝1
6を位置決めガイドとして、釘からなる固定具βを矢印
方向に打設し、左側建築用パネルA1を下地材αに取り
付け固定する。
【0020】そして、図4(b)に示すように、右側建
築用パネルA2の雄型連結部14を矢印のおよびの
方向、順序で移動させることにより、図4(c)に示す
ように、雌型連結部11の差込溝7に雄型連結部14の
差込片13を挿入し、連結目地を形成するものである。
この際、左側建築用パネルA1を固定している固定具β
は右側建築用パネルA2の雄型連結部14によって隠蔽
され、表面に表れず、美観性を損なうことがないものと
なる。また、壁全体を形成する場合はこの作業を繰り返
し行えば良く、高能率で施工することができるものであ
る。
【0021】次に、充填材Bが定形材の際は図5に、充
填材Bが不定形の際は図6に示すように、連結目地に形
成された芯材欠損部15に、建築用パネルAの裏面側
(室内側)から充填材Bを矢印で示すように充填するこ
とにより、本発明に係る連結目地構造が完成するもので
ある。すなわち、充填材Bは芯材3の欠損部を補う働き
をするものであり、目地部における断熱性、気密性、防
水性、強度の劣化を防止することができる連結目地構造
とするものである。なお、図6に一点鎖線で示したの
は、不定形の充填材Bを充填するための器具であり、例
えばコーキングガン等γを示したものである。
【0022】以上、説明したのは本発明に係る連結目地
構造の代表的な一実施例であり、図7〜図13に示すよ
うな断面の建築用パネルAを用いた構造とすることもで
きる。
【0023】図7(a)〜(d)に示す建築用パネルA
は、各部に防水パッキング材Cを装着した例を示すもの
であり、図7(a)は差込溝7内に、図7(b)は固定
片9上に、図7(c)は側壁12の裏面に、図7(e)
は雄型連結部14側の化粧面4の先端部裏面にそれぞれ
装着した例であり、いずれも、建築用パネルA同士の連
結の際に密着することにより、目地部の防水性を向上す
るものである。
【0024】図8(a)および図8(b)に示す建築用
パネルAは、裏面材2の途中に裏リブ19を形成した
例、図8(c)に示す建築用パネルAは雌型連結部11
の側壁5の先端部分に、内方に窪ませた窪部20を形成
した例であり、窪部20を形成することにより連結目地
部に陰影が付加され、美観性を向上するものである。図
8(d)に示す建築用パネルAは、側壁5、側壁12を
傾斜して形成し、張り上がりの意匠に変化を持たせた建
築用パネルAの例である。
【0025】図9〜図13に示す各建築用パネルAは、
主に化粧面4の途中に美観性と強度を付加する任意形状
の化粧リブ21を形成したり、化粧面4そのものを傾斜
させたり屈曲させたり、R状に形成することにより、強
度と美観性を付加した建築用パネルAの例を示すもので
ある。勿論、これら各構成を組み合わせた建築用パネル
Aとすることもできるものである。
【0026】
【発明の効果】以上説明したように本発明に係る連結目
地構造によれば、雌型連結部の差込溝に雄型連結部の差
込片が挿入されて形成される芯材欠損部に、充填材を充
填する構造とすることにより、目地部における断熱性、
気密性、防水性、強度の劣化を防止することができる。
等の特徴、効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る連結目地構造の代表例を示す説明
図である。
【図2】建築用パネルの例を示す説明図である。
【図3】充填材の例を示す説明図である。
【図4】施工例を示す説明図である。
【図5】施工例を示す説明図である。
【図6】施工例を示す説明図である。
【図7】建築用パネルのその他の例を示す説明図であ
る。
【図8】建築用パネルのその他の例を示す説明図であ
る。
【図9】建築用パネルのその他の例を示す説明図であ
る。
【図10】建築用パネルのその他の例を示す説明図であ
る。
【図11】建築用パネルのその他の例を示す説明図であ
る。
【図12】建築用パネルのその他の例を示す説明図であ
る。
【図13】建築用パネルのその他の例を示す説明図であ
る。
【図14】従来例を示す説明図である。
【符号の説明】
a 差込溝 b 差込片 c 芯材 d 芯材欠損部 A 建築用パネル A1 左側建築用パネル A2 右側建築用パネル B 充填材 C 防水パッキング材 α 下地材 β 固定具 γ コーキングガン等 1 表面材 2 裏面材 3 芯材 4 化粧面 5 側壁 6 底片 7 差込溝 8 当て片 9 固定片 10 支持片 11 雌型連結部 12 側壁 13 差込片 14 雄型連結部 15 芯材欠損部 16 V溝 17 舌片 18 舌片 19 裏リブ 20 窪部 21 化粧リブ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 表面材と裏面材とで芯材をサンドイッチ
    した建築用パネルであり、かつ、建築用パネルの表面材
    は、化粧面と該化粧面の一側端には少なくとも内方に屈
    曲した側壁と、該側壁の先端を外側方に屈曲して延長し
    た底片と、該底片の先端を内側方にU字状に折り返した
    差込溝と、該差込溝の先端を外側方に折り返した当て片
    と、該当て片の先端を外側方に延長した固定片と、該固
    定片の先端を内側方に屈曲した支持片とからなる雌型連
    結部を形成し、化粧面の他側端には少なくとも内方に屈
    曲した側壁と、該側壁の先端を内側方に屈曲した差込片
    とからなる雄型連結部を形成すると共に、芯材は表面材
    の雄型連結部を除く雌型連結部と化粧面の裏面に充填さ
    れており、該芯材の裏面を裏面材にて被覆されている建
    築用パネルを備え、雌型連結部の差込溝に雄型連結部の
    差込片が挿入されて連結目地が形成されており、かつ、
    雌型連結部の支持片と雌型連結部付近の芯材との芯材欠
    損部に充填材が形成されていることを特徴とする連結目
    地構造。
JP27555997A 1997-10-08 1997-10-08 連結目地構造 Pending JPH11117504A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27555997A JPH11117504A (ja) 1997-10-08 1997-10-08 連結目地構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27555997A JPH11117504A (ja) 1997-10-08 1997-10-08 連結目地構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11117504A true JPH11117504A (ja) 1999-04-27

Family

ID=17557143

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27555997A Pending JPH11117504A (ja) 1997-10-08 1997-10-08 連結目地構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11117504A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101942871A (zh) * 2010-09-29 2011-01-12 深圳赤晓建筑科技有限公司 一种横装金属面夹芯墙板连接结构及使用该结构的建筑物
CN102704578A (zh) * 2012-06-13 2012-10-03 美联钢结构建筑系统(上海)股份有限公司 横铺单层金属墙面板的伸缩缝连接方法
JP2012193529A (ja) * 2011-03-16 2012-10-11 Nippon Steel & Sumikin Coated Sheet Corp 建築用パネル
JP2015098781A (ja) * 2015-02-23 2015-05-28 日鉄住金鋼板株式会社 建築用パネル

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101942871A (zh) * 2010-09-29 2011-01-12 深圳赤晓建筑科技有限公司 一种横装金属面夹芯墙板连接结构及使用该结构的建筑物
JP2012193529A (ja) * 2011-03-16 2012-10-11 Nippon Steel & Sumikin Coated Sheet Corp 建築用パネル
CN102704578A (zh) * 2012-06-13 2012-10-03 美联钢结构建筑系统(上海)股份有限公司 横铺单层金属墙面板的伸缩缝连接方法
CN102704578B (zh) * 2012-06-13 2014-03-19 美联钢结构建筑系统(上海)股份有限公司 横铺单层金属墙面板的伸缩缝连接方法
JP2015098781A (ja) * 2015-02-23 2015-05-28 日鉄住金鋼板株式会社 建築用パネル

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004517234A5 (ja)
JPH11117504A (ja) 連結目地構造
JP3084329B2 (ja) 縦目地構造
JP2008240321A (ja) 屋根材
JPH1082121A (ja) 耐火パネルの取付構造
JP4142781B2 (ja) 建築用パネル
JPH0738549Y2 (ja) サイディングボード
JP2999780B2 (ja) 建築用パネル
JPH07252928A (ja) 縦目地構造
JP3300779B2 (ja) 構築物の開口上部構造
JP3597278B2 (ja) 屋根材
JP3604100B2 (ja) 屋根材
JPH06146435A (ja) 縦目地構造
JPH10317636A (ja) 隅部構造
JP2000064563A (ja) 建築用パネル
JPH0819755B2 (ja) サイディングボード
JP2005060948A (ja) 壁材の取付構造
JPH1181612A (ja) パネルの目地構造
JPH1077697A (ja) 耐火パネルの取付構造
JPH07331837A (ja) 縦目地構造
JP2771509B2 (ja) 建築用パネル
JPH0738546Y2 (ja) サイディングボード
JPH10311130A (ja) 隅部構造
JP2002054292A (ja) 建築用パネル
JP2013245431A (ja) スタータ兼シール受け部材

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040913

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060615

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20060912

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Effective date: 20061109

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20070116

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A02 Decision of refusal

Effective date: 20070529

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02