JPH11114650A - 鍛造型 - Google Patents

鍛造型

Info

Publication number
JPH11114650A
JPH11114650A JP28046197A JP28046197A JPH11114650A JP H11114650 A JPH11114650 A JP H11114650A JP 28046197 A JP28046197 A JP 28046197A JP 28046197 A JP28046197 A JP 28046197A JP H11114650 A JPH11114650 A JP H11114650A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
die
punch
pin
forging
ring
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP28046197A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasuhiro Morimoto
泰広 森本
Original Assignee
Toyota Motor Corp
トヨタ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyota Motor Corp, トヨタ自動車株式会社 filed Critical Toyota Motor Corp
Priority to JP28046197A priority Critical patent/JPH11114650A/ja
Publication of JPH11114650A publication Critical patent/JPH11114650A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】同軸度の要求される鍛造品の歩留まりを向上さ
せることのできる鍛造型を提供する。 【解決手段】鍛造型は、外輪Wの外面を拘束するダイス
1と、下降により外輪Wの上方側から内面を加工するパ
ンチ8と、ダイス1内で固定されることにより外輪Wの
下端にセンタ穴W4を心立てし、上昇により鍛造後の外
輪Wを押し出すピン5と、を有する。ダイス1とパンチ
8とには軸芯回りに互いに嵌合するテーパ面1a、8b
が設けられ、ダイス1とピン5とにも軸芯回りに互いに
嵌合するテーパ面1b、5bが設けられている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は鍛造型に関する。こ
の鍛造型は、例えば自動車のドライブシャフト等を構成
する等速ジョイントの外輪等を製造する場合に用いて好
適である。
【0002】
【従来の技術】例えば、図4に示すように、等速ジョイ
ントの外輪Wは、軸芯方向に延在する軸部W1と、この
軸部W1の一端に形成されたカップ状のカップ部W2と
を有し、カップ部W2内には図示しないボールを保持す
る複数条のトラック溝W3が凹設されている。
【0003】かかる外輪Wは、ワークを切削加工するこ
とよっても得られるが、近年には製造コストの低廉化の
要望から、トラック溝W3をも鍛造により成形すること
がなされている。このための従来の鍛造型では、図5に
示すように、第1ダイス91及び第2ダイス92がダイ
スホルダ93〜95等により固定され、第1ダイス91
の内部には外輪Wのカップ部W2及び軸部W1の一部と
整合するキャビティC1が形成され、第2ダイス92の
内部にはキャビティC1の下端と連通して軸部W1の残
部と整合するキャビティC2が形成されている。また、
ダイスホルダ94にはキャビティC2の下端と連通する
ピン穴94aが貫設されており、ピン穴94aには上面
にセンタ96aが突設されたピン96が上下摺動可能に
収納され、ピン96はホルダ97に設けられたピン98
を介して図示しない油圧ポンプ等で昇降可能になされて
いる。さらに、第1ダイス91の上方にはパンチ81を
固定するパンチホルダ82等が第1、2ダイス91、9
2に対して上方側から下方側に軸芯方向に移動可能に設
けられ、パンチ81の下端外周にはカップ部W2内のト
ラック溝W3と整合する凸部81aが突設されている。
【0004】この鍛造型によりワークとしての粗形材か
ら外輪Wを鍛造する場合、パンチ81が上死点に位置
し、かつピン96、98が下死点に位置する状態におい
て、第1、2ダイス91、92のキャビティC1、C2
内に粗形材を挿入し、パンチ81を所定の加圧力で下降
させる。これにより、粗形材は、第1ダイス91のキャ
ビティC1により外面が拘束されてカップ部W2及び軸
部W1の一部が成形され、第2ダイス92のキャビティ
C2により外面が拘束されて軸部W1の残部が成形さ
れ、かつパンチ81の凸部81aによりカップ部W2内
にトラック溝W3が成形される。また、ピン96のセン
タ96aにより軸部W1の下端にセンタ穴W4が心立て
される。この後、ピン98を介してピン96を上昇さ
せ、鍛造後の外輪Wを押し出す。そして、鍛造後の外輪
Wは、トラック溝W3を含むカップ部W2の内面がその
まま鍛造肌とされ、このカップ部W2の内面及びセンタ
穴W4を基準としてカップ部W2及び軸部W1の外面が
切削加工されることにより、製品としての外輪Wとされ
る。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかし、従来の鍛造型
では、図6に示すように、パンチ81が下死点まで下降
しても、そのパンチ81は第1ダイス91のキャビティ
C1の上部に位置するだけであり、第1ダイス91とパ
ンチ81との間に間隙を残存させている。また、図7に
示すように、ピン96は第2ダイス92のキャビティC
2を摺動し、第2ダイス92とピン96との間にも間隙
を残存させている。このため、パンチ81の下降時にお
いて、パンチ81及びピン96が両間隙によって軸芯か
ら横方向にずれ、鍛造後の外輪Wにおけるカップ部W2
の内面とカップ部W2及び軸部W1の外面との同軸度が
損なわれることとなる。この場合、鍛造後の外輪Wにお
いて、鍛造肌のカップ部W2の内面及びセンタ穴W4を
基準としてカップ部W2及び軸部W1の外面を切削加工
すると、不良品を製品としてしまうこととなる。
【0006】上記不具合は、等速ジョイントの外輪ばか
りでなく、同様の鍛造型によって鍛造される同軸度の要
求される鍛造品においても当てはまる。本発明は、上記
従来の実状に鑑みてなされたものであって、同軸度の要
求される鍛造品の歩留まりを向上させることのできる鍛
造型を提供することを解決すべき課題とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の鍛造型は、ワー
クの外面を拘束するダイスと、該ダイスに対して一方側
から他方側に軸芯方向に移動可能に設けられ、該ダイス
内への該一方側への移動により該ワークの一端側から内
面を加工するパンチと、該ダイスに対して他方側から一
方側に軸芯方向に移動可能に設けられ、該ダイス内で固
定されることにより該ワークの他端にセンタ穴を心立て
し、該ダイス内への該他方側への移動により鍛造後の該
ワークを押し出すピンと、を有する鍛造型において、前
記ダイスと前記パンチとには前記軸芯回りに互いに嵌合
するテーパ面が設けられ、該ダイスと前記ピンとには該
軸芯回りに互いに嵌合するテーパ面が設けられているこ
とを特徴とする。
【0008】この鍛造型では、パンチが一方側の死点ま
で移動すると、ダイスとパンチとはテーパ面により互い
に嵌合し、両者間に間隙を残存させずに同軸とされる。
また、ピンも一方側の死点まで移動すると、ダイスとピ
ンとがテーパ面により互いに嵌合し、両者間に間隙を残
存させずに同軸とされる。このため、パンチの一方側へ
の移動時において、パンチ及びピンが軸芯から横方向に
ずれることはなく、鍛造品の同軸度が確保される。
【0009】したがって、この鍛造型によれば、同軸度
の要求される鍛造品の歩留まりを向上させることができ
る。そして、鍛造品において、一部の鍛造肌の部分及び
センタ穴を基準として切削加工しても、不良品を製品と
することはなく、製品歩留まりも向上する。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、等速ジョイントの外輪を鍛
造する鍛造型に本発明を具体化した実施形態を図面を参
照しつつ説明する。この鍛造型では、図1に示すよう
に、ダイス1がダイスホルダ2〜4等により固定され、
ダイス1の内部には外輪Wのカップ部W2及び軸部Wと
整合するキャビティCが形成されている。また、ダイス
ホルダ4にはキャビティCの下端と連通するピン穴4a
が貫設されており、ピン穴4aには上面にセンタ5aが
突設されたピン5が上下摺動可能に収納され、ピン5は
ホルダ6に設けられたピン7を介して図示しない油圧ポ
ンプ等で昇降可能になされている。さらに、ダイス1の
上方にはパンチ8を固定するパンチホルダ9等がダイス
1に対して上方側から下方側に軸芯方向に移動可能に設
けられ、パンチ8の下端外周にはカップ部W2内のトラ
ック溝W3と整合する凸部8aが突設されている。
【0011】そして、この鍛造型の特徴的な構成とし
て、ダイス1にはキャビティCの上方と連通する軸芯回
りで上広がりのテーパ面1aが形成され、パンチ8にお
ける凸部8aの上方にはテーパ面1aと整合するテーパ
面8bが形成されている。また、ダイス1にはキャビテ
ィCの下方と連通する軸芯回りで上広がりのテーパ面1
bが形成され、ピン5の上方にはテーパ面1bと整合す
るテーパ面5bが形成されている。
【0012】この鍛造型によりワークとしての粗形材か
ら外輪Wを鍛造する場合、パンチ8が上死点に位置し、
かつピン5、7が下死点に位置する状態において、ダイ
ス1のキャビティC内に粗形材を挿入し、パンチ8を所
定の加圧力で下降させる。これにより、粗形材は、ダイ
ス1のキャビティCにより外面が拘束されてカップ部W
2及び軸部W1が成形され、かつパンチ8の凸部8aに
よりカップ部W2内にトラック溝W3が成形される。ま
た、ピン5のセンタ5aにより軸部W1の下端にセンタ
穴W4が心立てされる。
【0013】この間、図2に示すように、パンチ8が下
死点まで移動すると、ダイス1とパンチ8とはテーパ面
1a、8bにより互いに嵌合し、両者間に間隙を残存さ
せずに同軸とされる。また、図3に示すように、ピン5
も下死点まで移動すると、ダイス1とピン5とがテーパ
面1b、5bにより互いに嵌合し、両者間に間隙を残存
させずに同軸とされる。このため、パンチ8の下降時に
おいて、パンチ8及びピン5が軸芯から横方向にずれる
ことはなく、鍛造後の外輪Wの同軸度が確保される。
【0014】この後、ピン7を介してピン5を上昇さ
せ、鍛造後の外輪Wを押し出す。したがって、この鍛造
型によれば、同軸度の要求される鍛造後の外輪Wの歩留
まりを向上させることができる。そして、鍛造後の外輪
Wは、トラック溝W3を含むカップ部W2の内面がその
まま鍛造肌とされ、このカップ部W2の内面及びセンタ
穴W4を基準としてカップ部W2及び軸部W1の外面が
切削加工されることにより、製品としての外輪Wとされ
る。このため、鍛造後の外輪Wにおいて、鍛造肌のカッ
プ部W2の内面及びセンタ穴W4を基準としてカップ部
W2及び軸部W1の外面を切削加工しても、不良品を製
品とすることはなく、製品歩留まりも向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】実施形態の鍛造型を示す断面図である。
【図2】実施形態の鍛造型の一要部を示す拡大断面図で
ある。
【図3】実施形態の鍛造型の他の要部を示す拡大断面図
である。
【図4】等速ジョイントの外輪を示す断面図である。
【図5】従来の鍛造型を示す断面図である。
【図6】従来の鍛造型の一要部を示す拡大断面図であ
る。
【図7】従来の鍛造型の他の要部を示す拡大断面図であ
る。
【符号の説明】
W…ワーク(外輪) W1…軸部 W2…カップ部 W3…トラック溝 W4…センタ穴 1…ダイス 8…パンチ 5…ピン 1a、8b、1b、5b…テーパ面

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】ワークの外面を拘束するダイスと、該ダイ
    スに対して一方側から他方側に軸芯方向に移動可能に設
    けられ、該ダイス内への該一方側への移動により該ワー
    クの一端側から内面を加工するパンチと、該ダイスに対
    して他方側から一方側に軸芯方向に移動可能に設けら
    れ、該ダイス内で固定されることにより該ワークの他端
    にセンタ穴を心立てし、該ダイス内への該他方側への移
    動により鍛造後の該ワークを押し出すピンと、を有する
    鍛造型において、 前記ダイスと前記パンチとには前記軸芯回りに互いに嵌
    合するテーパ面が設けられ、該ダイスと前記ピンとには
    該軸芯回りに互いに嵌合するテーパ面が設けられている
    ことを特徴とする鍛造型。
JP28046197A 1997-10-14 1997-10-14 鍛造型 Pending JPH11114650A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28046197A JPH11114650A (ja) 1997-10-14 1997-10-14 鍛造型

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28046197A JPH11114650A (ja) 1997-10-14 1997-10-14 鍛造型

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11114650A true JPH11114650A (ja) 1999-04-27

Family

ID=17625395

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28046197A Pending JPH11114650A (ja) 1997-10-14 1997-10-14 鍛造型

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11114650A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104439027A (zh) * 2014-11-05 2015-03-25 许昌中兴锻造有限公司 传动轴节叉轴锻造新工艺
CN110605308A (zh) * 2018-06-15 2019-12-24 洛阳道熹机械有限公司 驱动轴毛坯热挤压成型方法及其模具

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104439027A (zh) * 2014-11-05 2015-03-25 许昌中兴锻造有限公司 传动轴节叉轴锻造新工艺
CN104439027B (zh) * 2014-11-05 2016-06-01 许昌中兴锻造有限公司 传动轴节叉轴锻造新工艺
CN110605308A (zh) * 2018-06-15 2019-12-24 洛阳道熹机械有限公司 驱动轴毛坯热挤压成型方法及其模具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4934170A (en) Fatigue life enhancement of noncircular openings
US8572843B2 (en) Method, production line, and piston blank used for the production of a monolithic piston for combustion engines, and piston for combustion engines
EP0116877B1 (en) Method and apparatus of producing a stepped hollow article
EP1356878B1 (en) Method for forming pulley
US7066702B2 (en) Aerosol can ends
US3381515A (en) Cold forming die construction
US20030130048A1 (en) Hub member and shaft journal assembly and method
EP2000688B1 (en) Method for producing a forged inner ring for constant velocity universal joint and manufacturing apparatus therefor
JP4335536B2 (ja) 環状形状の被加工物を機械加工する装置
GB2279602A (en) Hollow body cut out
EP1534444B1 (en) Method and apparatus for making a splined clutch hub
CN100554712C (zh) 制造用于等速接头的外环部件的设备和方法、以及外环部件的中间成形体
EP0049474B1 (en) Forging die for a part with internal, tapered grooves
US2913811A (en) Cold extrusion of bearing races
SE508791C2 (sv) Preparation Method for a Cooled Piston Top and Piston Top Made With This Method
JPH0910883A (ja) ギヤの成形方法
JP2008264871A (ja) フランジ付部材の製造方法
JP2010529383A (ja) 機械加工を伴わない転がり軸受の製造方法
CZ286317B6 (cs) Způsob spojování dvou nebo několika přes sebe položených tabulových spojovaných členů, zařízení pro provádění tohoto způsobu a spoj vytvořený tímto způsobem
JP4234366B2 (ja) スプライン付きボス部を有するクラッチギヤの製造方法
US8309019B2 (en) Powder metal forging and method and apparatus of manufacture
JP2010125475A (ja) 中空形材成形用押出ダイス
CA1307389C (en) Method and apparatus for manufacturing a constant velocity joint and the like
JP2020192608A (ja) セルフピアスリベットの製造方法
JP4319015B2 (ja) 等速ジョイント用外輪部材の製造方法