JPH11107844A - Engine controller equipped with knocking detection control device - Google Patents

Engine controller equipped with knocking detection control device

Info

Publication number
JPH11107844A
JPH11107844A JP27576997A JP27576997A JPH11107844A JP H11107844 A JPH11107844 A JP H11107844A JP 27576997 A JP27576997 A JP 27576997A JP 27576997 A JP27576997 A JP 27576997A JP H11107844 A JPH11107844 A JP H11107844A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
knocking
detection
means
engine
determination
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP27576997A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masahiro Sato
正博 佐藤
Original Assignee
Hitachi Car Eng Co Ltd
Hitachi Ltd
株式会社日立カーエンジニアリング
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent misdetection of knocking and also to check the worsening of engine drivability and a drop in exhaust performance due to this knocking misdetection by comparing the continuous detecting frequency of knocking with the presetting knocking misdetection judging specified value, and judging the knocking misdetection. SOLUTION: Continuous frequency of the knocking detected result from a knocking detection means 13 is measured by a knocking detection frequency measuring means 18 in case of a sub-microcomputer 5 in a control unit 2 during the engine driving, and thereby the continuous frequency and the judging specified value are compared by a knocking misdetection judging means 19. When it is judged as knocking misdetection, the knocking detection means 13 is stopped as long as the specified period of time by a knocking detection stopping means 20, and in the case where the stopping result is continued more than the specified frequency, it is so judged that a knocking detection function is something wrong by a knocking detection function abnormal judging means 22, whereby any knocking detection at the knocking detection means 13 is prohibited by a knocking detection forbidding means 26.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、ノッキング検出制御装置を備えたエンジン制御装置に係り、特に、エンジンのノッキング検出における誤検出を判定する機能を備えたノッキング検出制御装置と、該ノッキング検出と誤検出判定に基づいて点火時期制御等の主制御手段を調整するエンジン主制御装置と、を備えたエンジン制御装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to an engine control apparatus provided with a knocking detection controller, in particular, the knocking detection controller having a function of determining an erroneous detection in the knocking detection of the engine, and the knocking detection an engine main control unit for adjusting the main control unit of the ignition timing control and the like based on the error detection determination relates to an engine control device provided with a.

【0002】 [0002]

【従来の技術】周知のように、エンジンに発生するノッキング現象は、エンジンの燃焼室内の端末部の未燃ガスの自己発火により該燃焼室内のガスが振動を起こし、この振動がエンジン本体に伝わる現象であり、該ノッキング現象は、エンジンに発生する駆動エネルギの損失(出力低下)やエンジンの各部への衝撃、更には、燃費の低下等を招くため、できるだけ回避するのが望ましいものであり、そのためには、ノッキングの発生を正確に検出することが不可欠となっている。 DESCRIPTION OF THE PRIOR ART As is well known, knocking phenomenon occurring in the engine, combustion chamber of a gas by the self-ignition of unburned gas in the terminal portion of the combustion chamber of the engine cause vibration, this vibration is transmitted to the engine body a phenomenon, the knocking phenomenon, the impact of the drive energy losses (power reduction) and an engine of each part generated in the engine, and further, because it causes a reduction or the like of the fuel consumption is intended is desirable as much as possible avoided, for this purpose, to accurately detect the occurrence of knocking is indispensable.

【0003】このような要請のもとに、例えば、特開昭58−45520号公報には、振動検出センサの出力信号の中から5〜12kHzの範囲の単一の共鳴周波数成分だけをバンドパスフィルタを用いて分離し、その出力の積分値がバックグランドレベルより大きくなったか否を判定することで、ノッキングの発生を検出する手段を提案しており、また、特開平3ー47449号公報にでは、複数の共鳴周波数成分を取り出してノッキングの検出を行う手段が提案されている。 [0003] Under such demands, for example, in JP-A-58-45520, only a band-pass single resonance frequency components in the range of 5~12kHz from the output signal of the vibration detecting sensor was separated using a filter, that the integral value of the output to determine whether it has become greater than the background level, it proposes a means for detecting the occurrence of knocking, also in Japanese Unexamined Patent Publication No. 3 over 47,449 in the means for detecting the knocking to retrieve more than one resonant frequency component has been proposed.

【0004】更に、特開平6−108915号公報等には、センサの信号を直接マイコンに取り込み、マイコン内で高速フーリエ変換などの周波数分析の処理を行い、 [0004] Further, in Japanese Laid-6-108915 discloses such a signal of the sensor directly taken into the microcomputer performs a processing of the frequency analysis such as Fast Fourier transform in the microcomputer,
その処理後の周波数の特定の周波数でのノッキング強度を演算し、これによりノッキングの有無を検出する手段が提案されている。 It calculates the knock intensity at a particular frequency of the frequency after the processing, thereby has been proposed means for detecting the presence or absence of knocking. 後者の提案の場合、高速なマイコン処理を行なうためには、ノッキング検出を専用に実行させるためのノッキング検出用専用マイコンを用いて行い、該ノッキング検出用専用マイコンで検出したノッキング検出結果のみをエンジン制御用のマイコンに取り込んで、点火時期制御等に活用していた。 In the latter proposal, fast to perform the microcomputer processing is performed using the knocking detection dedicated microcontroller for executing a knock detection in a dedicated, knocking detection result only engine detected by the knocking detection dedicated microcontroller is taken to the microcomputer for the control, it has been utilized to the ignition timing control and the like.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】ところで、前記如きノッキング検出手段は、ノッキング判定にバックグランドレベルと周波数成分との関係からノッキング強度を求め、この値が所定値(スライスレベル)よりも大きければ、ノッキング有りと判定している。 [SUMMARY OF THE INVENTION Incidentally, the Shiki knocking detecting means obtains the knocking intensity from the relationship between the background level and frequency component in knocking determination, if the value is greater than a predetermined value (slice level), it is determined that there is knocking. 前記バックグランドレベルは、周波数成分を平滑化処理して求めており、 The background level is determined by the frequency component smoothed,
エンジンの運転状態が、急加速のような過渡状態であった場合には、周波数成分の上昇にバックグランドレベルの追従が追いつかず、ノッキングが発生していないにもかかわらず、ノッキング有りと判定してしまう”ノッキング誤判定”が生じてしまう危険性があった。 The engine operating state, if a a transient state, such as rapid acceleration, follow the background level is not keep up with increase in the frequency components, even though knocking has not occurred, it is determined that knocking and it will "knock erroneous determination" there is a danger of occurring.

【0006】また、エンジンの細分化された運転領域毎に、バックグランドレベルの平均値や最大値を学習し、 Further, for each operating region subdivided engine learns the average value and the maximum value of the background level,
過渡時には、該学習値にバックグランドレベルを置き換える手法も提案されいる。 At the time of the transient, also it has been proposed a method to replace the background level in the learning value. しかし、運転領域毎のバックグランドレベルの学習は、学習値の記憶手段であるRA However, the learning of the background level for each operating region is a storage unit of the learning values ​​RA
Mを大量に準備する必要があって製造コスト等が増大する等の理由からあまり現実的ではなく、かつ、学習領域を大まかに分割した場合には、ノッキング検出の感度が低下してしまう危険性もある(危険性を排除するために点火時期遅角補正を行なう必要がある)。 Not very practical reasons such as the manufacturing cost or the like is necessary to prepare a large amount of M increases, and, when roughly dividing the learning region, the risk that the sensitivity of the knock detection is reduced there is also (it is necessary to perform the ignition timing retard correction to eliminate risk).

【0007】また、近年のエンジン制御においては、燃費の向上や排気ガス規制等の理由から、エンジンへの燃料供給量を少なくしてエンジン運転をリーン化する傾向にあり、ノッキング検出に対する検出感度の向上の要求が高くなっている。 Further, in the recent engine control, for reasons such as improvement and exhaust gas regulations in fuel consumption, there is a tendency to lean engine operation by reducing the amount of fuel supplied to the engine, the detection sensitivity for detecting knocking request of improvement is high. この様な背景の中で、ノッキング検出装置におけるノッキング判定所定値は、繊細に設定されてきており、エンジンの製造バラツキなどによるメカノイズレベル(コントロールユニットへのノッキング信号入力レベル)が、エンジン毎に変化することになり、 In this background, knocking determination predetermined value in the knocking detection device has been delicately set, mechanical noise level due to manufacturing variations of the engine (knocking signal input level to the control unit) is changed for each engine It will be,
ノッキング誤判定を起こさない技術の他に、ノッキング誤判定を検出する技術の開発が要求されている。 Other techniques that do not cause knocking erroneous determination, development of a technique for detecting knocking erroneous determination is required.

【0008】更に、前記周波数成分の平滑化結果であるバックグランドレベルは、ノッキング無しの場合のみに更新されていくようにされているので、ノッキング誤判定の場合には、いつまでも新値に更新されず、ノッキング誤判定をいつまでも継続してしまう危険性(例えば、 Furthermore, the background level is a smoothing result of the frequency components, because it is so will be updated only when no knocking, in the case of knocking erroneous determination is updated to the new value forever not, danger of continued knocking misjudgment indefinitely (e.g.,
点火時期制御であれば、異常遅角してしまう)があり、 If the ignition timing control, resulting in abnormal retarded) there is,
早期にノッキング誤判定を検出し、通常のエンジン制御(例えば、点火時期制御であれば基準点火時期)に復帰させなくてはならない。 Early detection knocking erroneous determination, the normal engine control (e.g., the reference ignition timing when the ignition timing control) must be allowed to return to.

【0009】更にまた、ノッキング誤判定は、前記点火時期の例のように、異常遅角してしまった場合には、エンジンの発生トルクが極端に低下してしまうために、運転性の不良や、排気ガス温度の上昇による空燃比センサーや触媒装置へのダメージを与える排気性能低下を招くことになり、ディーラーなどでのテスト過程の中でコントロールユニットが行なう自己診断結果としての故障(異常)履歴としては、扱われて来ず、原因究明までの作業工数に大量の時間を費やす結果となっていた。 [0009] Furthermore, knock erroneous determination, as in the example of the ignition timing, when had abnormally retarded, in order to generate torque of the engine will be extremely lowered, the operation of the defective Ya , will be lead to the exhaust performance degradation damage to the air-fuel ratio sensor and the catalytic converter due to an increase in exhaust gas temperature, the failure of the self-diagnosis result of performing the control unit in the test process in such dealer (abnormalities) history as is, not come are treated, it has been a result to spend a lot of time to work man-hours to investigate the cause.

【0010】本発明は、このような問題に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、ノッキングの誤検出を防止すると共に、かつ、該ノッキング誤検出を速やかに判定して、前記ノッキング誤検出にもとずくエンジンの運転性の悪化と排気性能の低下を抑制できるノッキング検出制御装置を備えたエンジン制御装置を提供することにある。 [0010] The present invention was made in view of such problems, and an object, thereby preventing erroneous detection of knocking, and quickly determined to the knocking erroneous detection, It is to provide an engine control apparatus provided with a knocking detection controller capable of suppressing the deterioration of exhaust performance and deterioration of drivability original Nuisance engine to the knocking false detection.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】前記目的を達成すべく、 Means for Solving the Problems] To achieve the above object,
本発明に係るエンジン制御装置は、基本的には、燃焼室内の燃焼状態を検出する燃焼状態センサと、エンジン主制御装置と、ノッキング検出制御装置とを備えたものであって、前記ノッキング検出制御装置が、ノッキングの連続検出回数を計測するノッキング検出回数計測手段と、該ノッキングの連続検出回数と予め設定されているノッキング誤検出判定用所定値とを比較してノッキング誤検出を判定するノッキング誤検出判定手段とを備えていること、あるいは、前記ノッキング検出制御装置が、 The engine control apparatus according to the present invention basically comprises a combustion condition sensor for detecting the combustion state of the combustion chamber, there is provided with an engine main control unit, and a knocking detection controller, the knocking detection control device, the knocking detection frequency measurement means for measuring the number of times of continuously detecting the knocking by comparing the knock error detection determination for a given value previously set with the number of times of continuously detecting the knocking erroneous knocking determining knocking misdetection and a detection determining means, or said knocking detecting controller,
上昇傾向のノッキング強度の連続検出回数を計測する上昇傾向ノッキング強度計測手段と、該上昇傾向ノッキング強度の連続検出回数と予め設定されているノッキング誤検出判定用所定値とを比較してノッキング誤検出を判定するノッキング誤検出判定手段とを備えていることを特徴としている。 A rising trend knock intensity measuring means for measuring the number of times of continuously detecting the knocking intensity of the upward trend, the rising trend knocking intensity of the continuous detection number and a preset in which knocking error detection determination for a given value and compares the knocking misdetection is characterized by comprising a knock error detection determination means for determining.

【0012】そして、本発明に係るエンジン制御装置の前記ノッキング検出制御装置の付加態様としては、該ノッキング検出制御装置が、前記燃焼状態センサの出力信号に基づいて該出力信号の周波数成分を分析する周波数分析手段と、該周波数成分からバックグランドレベルを演算するバックグランドレベル演算手段と、前記周波数成分とバックグランドレベルとからノッキング強度を演算するノッキング強度演算手段と、該ノッキング強度とノッキング検出用所定値とを比較してエンジンのノッキングを検出するノッキング検出手段とを備えていることを特徴としている。 [0012] Then, as additional embodiments of the knocking detection control device for an engine control apparatus according to the present invention, the knocking detection controller, analyzes the frequency components of the output signal based on the output signal of the combustion condition sensor a frequency analysis unit, a background level calculating means for calculating a background level from the frequency components, and the knocking intensity calculating means for calculating a knock intensity from said frequency components and the background level, the knocking strength and the knocking detecting predetermined by comparing the value it is characterized by comprising a knock detecting means for detecting engine knock.

【0013】また、本発明に係る前記ノッキング検出制御装置の好ましい具体的な態様としては、該ノッキング検出制御装置が、前記ノッキング誤検出判定手段でノッキング誤検出と判定された時、所定期間の間、ノッキング検出を停止するノッキング検出停止手段と、前記ノッキング誤検出判定手段でノッキング誤検出と判定された時、周波数分析手段により分析された周波数成分又はバックグランドレベル初期値の何れかをバックグランドレベルに置き換えるバックグランドレベル置換手段と、前記ノッキング誤検出判定用所定値をエンジンの運転状態に基づき決定するノッキング誤検出判定用所定値設定手段と、ノッキング誤検出領域を記憶するノッキング誤検出領域記憶手段とを備え、前記エンジン主制御装置が、 [0013] Preferred specific embodiments of the knock detection control apparatus according to the present invention, when the knocking detecting controller, it is determined that knocking erroneous detection by the knocking erroneous detection judgment means, during a predetermined time period a knocking detection stopping means for stopping the knocking detection, said when it is determined that knocking erroneously detected knocking erroneous detection judgment means, either the background level of the analyzed frequency component or the background level initial value by the frequency analyzing means knocking false detection region storage means stores the background level substitution means, and the knocking error detection determination for a given value setting means for determining on the basis of the knocking error detection determination for a given value to the operating state of the engine, knocking false detection area to replace the with the door, the engine main controller,
前記ノッキング誤検出判定手段でノッキング誤検出と判定された時、ノッキング誤検出領域記憶手段による記憶値に該当する領域のノッキング検出用所定値を調整するノッキング検出用所定値調整手段を備えていることを特徴としている。 It has when it is determined that knocking false detection, the knocking detecting predetermined value adjusting means for adjusting the knocking detection for a given value of the area corresponding to the stored value by knocking erroneous detection region storage unit by the knocking erroneous detection judgment means It is characterized in.

【0014】更に、本発明に係るエンジン制御装置の前記エンジン主制御装置の具体的な態様としては、該エンジン主制御装置が、点火時期制御手段、燃料噴射制御手段、排気ガス還流量制御手段、もしくは、過給圧制御手段の少なくとも一つを有し、前記ノッキング検出手段による前記ノッキング検出に基づき、前記点火時期制御手段、前記燃料噴射制御手段、前記排気ガス還流量制御手段、もしくは、前記過給圧制御手段の少なくとも一つが、その制御パラメータを調整制御することを特徴としている。 Furthermore, as a specific embodiment of the engine main control unit of the engine control apparatus according to the present invention, the engine main control unit, an ignition timing control means, fuel injection control means, exhaust gas recirculation amount control means, or has at least one boost pressure control means, based on the knocking detection by said knocking detecting means, said ignition timing control means, said fuel injection control means, the exhaust gas recirculation amount control means or the excessive At least one of the supercharging pressure control means is characterized by adjusting and controlling the control parameter.

【0015】前記の如く構成された本発明に係るノッキング検出制御装置を備えたエンジン制御装置は、前記ノッキング検出回数計測手段で、ノッキング検出手段からのノッキング検出結果の連続回数を計測するか、もしくは、ノッキング強度演算手段の結果からノッキング強度が上昇している場合の上昇検出回数(上昇傾向)を計測してノッキング誤検出判定手段に出力する。 [0015] The engine control apparatus provided with a knocking detection control apparatus according to the present invention configured as described, in the knocking detection frequency measurement unit, or to measure the number of consecutive knocking detection result from the knocking detecting means, or , and it outputs the increased number of detections (rise) was measured knocking error detection determination means when the knock intensity is rising from the results of the knock intensity calculating means. ノッキング誤検出判定手段では、予め設定してある判定用所定値と前記連続回数とを比較し、ノッキングが誤検出か否かを判定する。 Knocking error detection determination means compares the said number of consecutive times the determination predetermined value that is set in advance, determines whether the detected or not knocking erroneous. ノッキング誤検出と判定した場合には、ノッキング停止手段によりノッキング検出手段を所定期間停止させ、バックグランドレベル置換手段では、バックグランドレベル演算手段内の周波数成分又はバックグランドレベル初期値の何れかをバックグランドレベルに置き換える。 Knocking erroneous when it is determined that the detection of knocking detection means is stopped for a predetermined time period by the knocking stop means, the background level substitution means back one frequency component or background level initial value of the background level calculating means replaced with the ground level.

【0016】このように、本発明のノッキング検出制御装置を備えたエンジン制御装置は、ノッキング連続検出回数の計測結果と予め設定されているノッキング誤検出判定用所定値との関係からノッキング誤検出を判定するか、あるいは、ノッキング強度の連続上昇傾向を計測し、上昇傾向のノッキング強度の検出回数の計測結果と予め設定されているノッキング誤検出判定用所定値との関係からノッキング誤検出を判定することとしたので、 [0016] Thus, the engine control apparatus provided with a knocking detection control device of the present invention, the knocking false detection from the relationship between the knocking error detection determination for a given value previously set with the measurement result of the knocking continuous detection count or determining, or measuring the continuous rise of the knock intensity, it determines the relationship between the knocking false detection from the measurement results and the preset knocking error detection determination for a given value and the detection times of knocking strength rise since it was decided,
ノッキング誤判定を容易に検出可能となった。 It became easily detectable knocking misjudgment.

【0017】また、本発明の前記ノッキング検出制御装置は、ノッキング誤検出判定手段でノッキング誤検出と判定された時、周波数分析手段により分析された周波数成分又はバックグランドレベル初期値の何れかをバックグランドレベルに置き換えるバックグランドレベル置換手段を備えたので、前記周波数成分の平滑化結果であるバックグランドレベルが更新され、ノッキング誤判定の場合に、ノッキング誤判定をいつまでも継続してしまうことがない。 Further, the knocking detecting controller of the invention, the back when it is determined that knocking erroneously detected knocking erroneous detection judgment means, one of the analyzed frequency component or the background level initial value by the frequency analyzing means because with a background level replacement means for replacing the ground level, the is background level is smoothed result of the frequency components is updated, in the case of knocking erroneous determination, never would continue knocking misjudgment indefinitely. 従って、早期にノッキング誤判定を検出し、通常のエンジン制御(例えば、点火時期制御であれば基準点火時期)に復帰させることができる。 Therefore, to detect early knocking erroneous determination, the normal engine control (e.g., the reference ignition timing when the ignition timing control) can be returned to.

【0018】更に、前記ノッキング検出制御装置の好ましい他の具体的な態様としては、ノッキング誤検出判定が所定期間又は所定の運転状態経過履歴間継続した場合、もしくは、所定頻度以上の判定頻度となった場合に、ノッキング検出手段が異常であると判定するノッキング検出異常判定手段と該異常判定に応じてノッキング検出手段によるノッキング検出を禁止するノッキング検出禁止手段とを備え、前記エンジン主制御手段は、異常判定に応じて前記制御パラメータを所定値へ徐々に移行する制御パラメータ変更手段を備えている。 Furthermore, preferred other specific embodiments of the knock detecting controller, when knocking error detection determination is that lasts a predetermined time period or predetermined operating condition elapses history, or a predetermined frequency or more determined frequency If the, and a knocking detection inhibiting means knocking detection means prohibits the knocking detection by knocking detecting means in response to determining knocking detection abnormality determining means and said aberrantly determined to be abnormal, the engine main control means, and a control parameter changing means for gradually migrating the control parameter to a predetermined value in response to the abnormality determination.

【0019】更にまた、前記前記ノッキング検出制御装置は、エンジンの各気筒に対応して独立して備えられており、前記主エンジン制御装置は、ノッキング誤検出判定、及び/又は、ノッキング検出異常判定を特定の記憶手段に格納する判定結果記憶手段をを備え、電気的に接続される別の外部診断装置からの記憶結果出力要求に応じて、前記判定結果記憶手段の判定結果を前記外部診断装置へ出力するように構成されている。 [0019] Furthermore, the said knocking detecting controller is provided independently in correspondence with each cylinder of the engine, the main engine control system, knocking error detection determination, and / or, knocking detection abnormality determination the equipped with a determination result storing means for storing the specific storing means, in accordance with the storage result output request from another external diagnostic device electrically connected, wherein the determination result storage means of the determination result the external diagnostic device It is configured to output to.

【0020】前記ノッキング検出機能異常判定手段では、前記ノッキング検出停止手段でのノッキング検出停止が所定回数(期間)以上継続した場合に、ノッキング検出機能が異常であると判定し、ノッキング検出禁止手段で前記ノッキング検出手段でのノッキング検出を禁止すると共に、判定結果を判定結果記憶手段へ送り格納すると共に、その判定結果を制御パラメータ変更手段にも送り、点火時期等のエンジン制御用パラメータを調整する。 [0020] In the knocking detection abnormality determining means, when the knocking detection stop in the knocking detection stopping means continues for a predetermined number of times (period) or more, it is determined that knocking detection function is abnormal, in the knocking detection inhibiting means while prohibiting knocking detection in the knocking detection means, the determination result together with the feed store to the determination result storage unit, sends to the control parameter changing means the determination result, to adjust the engine control parameters such as ignition timing. 判定結果記憶手段では、外部診断装置からの診断結果出力要求を受け、ノッキング検出機能の異常判定結果を送り返す。 The determination result storing means, and receives a diagnosis result output request from an external diagnostic device, send back the abnormality determination result of the knocking detection.

【0021】また、前記ノッキング誤検出判定手段で誤検出判定をした場合は、前記ノッキング検出用所定値との不整合も考慮して、ノッキング誤検出領域記憶手段で誤検出をした領域を記憶し、ノッキング検出用所定値調整手段で、該誤検出領域に基づいてノッキング検出用データを調整する。 Further, when the detected erroneous determination in the knocking erroneous detection judgment means, wherein in consideration of mismatch with the knocking detection for a given value, stores the area in which the erroneous detection by the knock erroneous detection region storage unit in knocking detecting predetermined value adjusting means for adjusting the data for knocking detection based on said error detection region.

【0022】 [0022]

【発明の実施の形態】以下、図面により、本発明のノッキング検出制御装置を備えたエンジン制御装置の一実施形態について詳細に説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, with reference to the drawings, an embodiment of an engine control apparatus provided with a knocking detection control apparatus according to the present invention will be described in detail. 図1は、本実施形態のエンジン制御装置の制御システムの全体構成を示したものである。 Figure 1 is a diagram showing the overall configuration of a control system of the engine control apparatus of the present embodiment. エンジン1の各種のセンサで検出したエンジン状態情報(エンジン回転数、吸入空気量、エンジン水温、車速等)は、検出信号としてエンジン制御用マイコン4に入力され、該マイコン4からコントロールユニット(エンジン制御装置)2に出力され、該コントロールユニット2で前記検出信号に基づいて燃料供給量及び点火時期等が演算され、図示しないインジェクタや点火コイルに制御信号として出力される。 Engine state information detected by various sensors of the engine 1 (engine speed, intake air amount, the engine coolant temperature, vehicle speed, etc.) is input to an engine control microcomputer 4 as a detection signal, the control unit (engine control from the microcomputer 4 apparatus) is output to 2, the fuel supply amount and the ignition timing and the like based on the detection signal by the control unit 2 is calculated and output as a control signal to the injector and the ignition coil (not shown).

【0023】また、前記エンジン1のノッキングは、燃焼状態センサ3(主として、圧電素子で構成されるノッキングセンサ)によって検出され、該検出信号としてコントロールユニット2に入力され、後述するノッキング検出制御装置によって判定されて、ノッキング検出時には、点火時期等を変更するエンジン制御を実施する。 Further, knocking of the engine 1, the combustion state sensor 3 (principally, the knocking sensor consists of a piezoelectric element) is detected by, is input to the control unit 2 as a detection signal, by later knocking detecting controller is determined, at the time of knocking detection is carried out engine control for changing the ignition timing and the like. 前記コントロールユニット2でのノッキング信号の取り込みは、該コントロールユニット2のクロック周期信号に同期して、サブマイコン(ノッキング検出制御装置)5 Incorporation of knocking signals in the control unit 2, in synchronism with the clock period signal of the control unit 2, the sub-microcomputer (knocking detection controller) 5
に内蔵のA/D変換器にてサンプリングされ、該A/D It is sampled by the built-in A / D converter, the A / D
変換器により燃焼状態センサ3の出力信号がディジタル値に変換される。 The output signal of the combustion condition sensor 3 is converted into a digital value by the transducer.

【0024】また、図示されてはいないが、A/D変換器の前段に、前記燃焼状態センサ3出力を一定電圧範囲内に収めるための増幅率切り替え回路を配置し、該増幅率切り替え回路によって前記燃焼状態センサ3の検出信号の増幅処理を行ってもよい。 Further, although not shown, in front of the A / D converter, the gain switching circuit for accommodating the combustion condition sensor 3 output within a predetermined voltage range is arranged, by amplification factor switching circuit it may be subjected to an amplification process of the detection signal of the combustion condition sensor 3. ノッキングを検出するための燃焼状態センサ3は、従来、13KHz付近で共振するものを使用しているが、本実施形態では、少なくとも18〜20KHzまでの共鳴周波数成分を得るために、18KHz以上で共振するものを使用する。 Combustion condition sensor 3 for detecting the knocking is conventionally but using what resonates at around 13 KHz, in the present embodiment, in order to obtain the resonance frequency components up to at least 18~20KHz, resonates at least 18KHz to use those to.

【0025】前記コントロールユニット2は、ノッキング検出機能の異常(故障)診断を実施するものであるが、その結果は、外部診断装置7からの自己診断結果出力要求に基づき、コントロールユニット2から外部診断装置7へ転送される(転送方法としてはシリアル通信を用いることが通例である)。 [0025] The control unit 2 is one in which to implement an abnormality (failure) diagnosis of the knocking detection function, the result is based on the self-diagnosis result output request from the external diagnostic device 7, the external diagnostic from the control unit 2 it is transferred to the device 7 (as a transfer method it is customary to use a serial communications). ここで、本実施形態におけるノッキング発生の有無を判定する原理について説明する。 Here, a description will be given of the principle determining whether knocking occurred in the present embodiment. エンジン1の振動には、多くの振動成分が含まれており、例えば、ピストンの摩擦、クランク軸の回転、弁の作動等による振動成分が含まれている。 The vibration of the engine 1, includes a number of vibration components, for example, friction of the piston, rotation of the crank shaft includes a vibration component caused by the operation in the valve. これらの振動成分は、エンジン1の運転状態、あるいは、エンジン1 These vibrations components, the operating state the engine 1 or the engine 1
の構造等によっても変化する。 Also vary according to the structure, and the like. エンジン1にノッキングが発生すると、ノッキングに特有な振動がエンジン1に発生する。 When knocking occurs in the engine 1, peculiar vibration to knocking occurs in the engine 1. そして、ノッキング発生の有無の判定は、振動センサ3が検出するエンジン1の全体の振動からノッキングに特有な振動を分離することによってなされる。 The determination of the occurrence of knocking is made by separating a specific vibration to knocking from the vibration of the entire engine 1 detected by the vibration sensor 3.

【0026】そこで、本実施形態の中心となるノッキングの検出手段について、詳細に説明する。 [0026] Therefore, the detection means of knocking at the heart of the present embodiment will be described in detail. エンジン1のノッキング周波数モード、即ち、ノッキング発生時に、 Knocking frequency mode of the engine 1, that is, at the time of occurrence of knocking,
エンジン1に特有の周波数として現れるパワースペクトル(ノッキング成分)は、Draperの法則(図2参照)として表せる。 Power spectrum appears as specific frequencies in the engine 1 (knock) is expressed as a law of Draper (see FIG. 2). 図2から理解されるように、エンジン1のノッキング共鳴振動周波数は、音速に比例し、エンジン1のシリンダ径に反比例する。 As understood from FIG. 2, the knocking resonance vibration frequency of the engine 1 is proportional to the speed of sound and inversely proportional to the cylinder diameter of the engine 1. 音速とは燃焼速度のことであり、これは燃焼温度などにより変化する。 The speed of sound is that of the combustion speed, which varies due to the combustion temperature. 共鳴振動周波数は、5個の共鳴振動モードに別れ、ノッキングのパワースペクトルは、図3に示すようなf01〜 Resonant frequency is divided into five resonant modes, the power spectrum of knocking, as shown in FIG. 3 F01~
f30の周波数帯域の分布となる。 The distribution of the frequency band of f30.

【0027】ノッキングが発生している場合は、ノッキングが発生していない場合に対して、各々の共鳴周波数成分、すなわち、周波数毎の振動強度(パワースペクトル)が大きくなり、ノッキングの発生によって各共鳴周波数帯での振動強度が大きくなる。 [0027] When knocking has occurred, for the case where knocking has not occurred, the respective resonance frequency components, i.e., the vibration intensity of each frequency (power spectrum) becomes larger, the resonance due to the occurrence of knocking vibration intensity in the frequency band increases. ノッキングの有無の判定には、ノッキング有り無しにおける振動強度の比(S/N比)で求める比率方式と、ノッキング有り無しにおける振動強度の差(S−N)で求める差分方式とに分別できる。 Knocking presence in the determination of the can separated and ratios method for determining the ratio of vibration intensity in no knocking Yes (S / N ratio), to a differential method for determining the difference between the oscillation intensity in the absence knocking there (S-N). 本実施形態は、両者への適応が可能であるが、比率方式を用いたノッキング検出方式を主として説明する。 This embodiment is capable of adaptation to both mainly described knocking detection method using the ratio method. なお、前記のノック指数を求めるための各検出周波数毎のノッキング無し時の振動強度(バックグランドレバル)は、過去に検出したノック周波数成分を基に平均化処理して作成している(気筒別、検出周波数別に、各々平均化処理して作成している)。 Note that the vibration intensity (background Les Bal) of knocking without for each detected frequency for obtaining the knock index is created by averaging based on the knock frequency component detected in the past (cylinder , by detecting the frequency, it is created by processing each averaged).

【0028】次に、本実施形態のコントロールユニット2内におけるノッキング誤検出判定の概要を、図4、図5の制御ブロック図に基づいて説明する。 Next, an outline of the knocking error detection determination in the control unit 2 of this embodiment, FIG. 4 will be described with reference to the control block diagram of FIG. 図4と図5 Figures 4 and 5
は、ノッキング誤検出判定を実施するにあたっての判定パラメータが異なっており、図4は、ノッキング検出回数を用いるものであり、図5は上昇傾向のノッキング強度の検出回数を用いるものある。 Are different the determination parameter in carrying out knocking error detection determination, FIG. 4 was used such that the knocking detection frequency, Figure 5 is intended using the detection times of knocking strength rise. 具体的内容については、後述する。 The specific contents will be described later.

【0029】図4の制御ブロック内における本実施形態の内容を明確にするために、従来のノッキング検出手段を、説明した後に、本実施形態に関する説明を行う。 [0029] In order to clarify the contents of this embodiment in the control block of FIG. 4, a conventional knocking detection means, after the description, a description relating to the present embodiment. サブマイコン5は、前記燃焼状態センサ3の信号と、メインマイコン6から転送されるノッキング検出用データ1 Sub microcomputer 5, a signal of the combustion condition sensor 3, knocking detection data 1 that is transferred from the main microcomputer 6
4(主としてノッキング検出用所定値15)により、以下の処理が実行される。 The 4 (mainly knocking detection for a given value 15), the following processing is executed.

【0030】即ち、信号入力手段10では、A/D変換器にてクロック同期で、前記燃焼状態センサ3からのノッキング信号を取り込み、周波数分析手段11で、分析周波数毎のノッキング周波数成分を演算する。 [0030] That is, the signal input unit 10, the clock synchronization by the A / D converter takes a knock signal from said combustion state sensor 3, the frequency analysis means 11 calculates the knocking frequency component of each analysis frequency . 周波数分析処理は、高速フーリエ変換などが用いられる。 Frequency analysis processing, such as fast Fourier transform is used. 次に、 next,
ノッキング強度演算手段12では、前記ノッキング周波数成分と予め計算されサブマイコン5内のRAMに格納されているバックグランドレベルとの比を各分析周波数毎に計算し、比が大きいもの、即ち、S/N(信号/ノイズ)比が大きいものから数個加算し、ノッキング強度を算出する。 In knock intensity computing means 12, the ratio of the background level stored in the RAM of the knocking frequency component as precalculated sub-microcomputer 5 calculates for each analysis frequency, what ratio is large, i.e., S / N (signal / noise) ratio several plus from what is large, and calculates the knock intensity.

【0031】前記バックグランドレベルは、バックグランドレベル演算手段17の周波数成分の平滑化処理により計算され、サブマイコン5内のRAMに格納されている。 [0031] The background level is calculated by the smoothing processing of the frequency components of the background level computation unit 17, it is stored in the RAM of the sub-microcomputer 5. ノッキング検出手段13では、前記ノッキング強度とメインマイコン6から転送されたノッキング検出用所定値15の中のノッキング判定所定値とを比較し、所定値より大きければノッキング有り、小さければノッキング無しと判定し、メインマイコン6へノッキング判定結果をノックフラグとして出力する。 The knocking detecting means 13, the comparing the knocking determination predetermined value in the knocking strength and the knocking detecting predetermined value 15, which is transferred from the main microcomputer 22, is larger than the predetermined value knocking, and determines that knocking no smaller , and it outputs the knock determination result as the knock flag to the main microcomputer 6.

【0032】前記ノックフラグを受けたメインマイコン6では、前記ノックフラグに基づいて点火時期や排気ガス還流量(EGR)等のエンジン制御用パラメータを調整制御する。 [0032] The main microcomputer 22 has received the knock flag, the engine control parameters such as ignition timing and exhaust gas recirculation amount (EGR) for adjusting the control on the basis of the knock flag. 例えば、点火時期制御であれば、ノッキング発生時には、点火時期を遅角側に補正する。 For example, if the ignition timing control, when knocking occurs, the ignition timing is corrected to the retard side. 図6は、 Figure 6,
前記点火時期制御に関する制御フローチャート示したものである。 It illustrates control flow chart of the ignition timing control. 該図6のフローチャートの動作は、一定時間周期、例えば10msec 毎に起動される。 Operation of the flowchart of figure 6 is activated a predetermined time period, for example, every 10 msec. ステップ29 Step 29
では、メインマイコン6のRAM内に設定された所定のレジスタからエンジン回転数N及び吸入空気量Qを読み込み、ステップ30では、単位回転数あたりの吸入空気量Q/Nを演算し、該吸入空気量Q/Nから燃料噴射時間幅Ti を求め、燃料供給のためにメインマイコン6のROM内に保持している基本点火時期マップから基本点火時期θbaseを求める。 In reads the engine speed N and the intake air quantity Q from a predetermined register which is set in the RAM of the main microcomputer 6, in step 30, calculates the intake air quantity Q / N per unit rotational speed, the inhalation air the amount Q / N fuel injection time determined width Ti from obtaining the basic ignition timing θbase from the basic ignition timing map held in the ROM of the main microcomputer 6 for fuel supply.

【0033】次いで、ステップ31でサブマイコン5からノックフラグを読み出してステップ32に進む。 [0033] Then, the process proceeds from sub-microcomputer 5 at step 31 to step 32 reads the knock flag. ステップ32では、ノックフラグの内容によってノッキングの発生の有無の判定をし、ノッキングが発生していれば、ステップ34に進み、該ステップ34で点火時期θ In step 32, the determination of the presence or absence of the occurrence of knocking by the contents of the knock flag, if knocking has occurred, the process proceeds to step 34, ignition timing at the step 34 theta
adv から所定の遅角量Δθret を減算する。 Subtracting a predetermined retardation amount Δθret from adv. この減算によって点火時期が遅角(リタード)される。 Ignition timing by this subtraction is retarded (retard).

【0034】一方、ステップ32でノッキングが発生していないと判定されれば、ステップ33に進み、該ステップ33で、点火時期θadvに所定の進角量Δθadvを加える。 On the other hand, if it is determined that knocking at step 32 has not occurred, the process proceeds to step 33, in the step 33, applying a predetermined advance amount Δθadv the ignition timing Shitaadv. ステップ35では、基本点火時期θbaseに前記のごとく求めた点火時期θadvを加えることにより点火時期θignを演算する。 In step 35, it calculates the ignition timing θign by adding the ignition timing θadv determined as the basic ignition timing [theta] base. ステップ36では、エンジン回転数N、及び、単位回転数あたりの吸入空気量Q/Nに対応して、最大進角値θres を求める。 In step 36, the engine speed N and, in response to the intake air amount Q / N per unit rotational speed, the maximum advance value Shitares. 最大進角値θres The maximum advance value θres
は、メインマイコン6のROM内に格納されている最大進角値マップから読みだすことによってなされる。 It is done by reading from the maximum advance angle value map stored in the ROM of the main microcomputer 6. ステップ37では、点火時期θign が、最大進角値θres を超えたかを判定する。 In step 37, it is determined whether the ignition timing θign exceeded the maximum advance value Shitares. 超えていなければステップ39に進み、最大進角値θres を超えていれば、進角しすぎているので、ステップ38で最大進角値θresを点火時期θignとする。 It does not exceed the flow proceeds to step 39, if more than the maximum advance value Shitares, since too advanced, the maximum advance value Shitares the ignition timing θign in step 38. 最後に、点火時期θign が設定された後に、ステップ39で点火コイルへの出力情報をセットする。 Finally, after the ignition timing θign is set, it sets the output information to the ignition coil at the step 39.

【0035】このように、ノッキングを検出して点火時期を制御することで、機関のノッキングを回避することが可能となる。 [0035] In this way, by controlling the ignition timing to detect the knocking, it is possible to avoid the knocking of the engine. 以上が従来のノッキング検出及びノッキング検出結果に基づくエンジン制御パラメータの調整手段である。 The above is an adjustment means of the engine control parameter based on the conventional knock detection and knock detection result. 次に、本実施形態のノッキング誤検出判定の説明に入る前に、ノッキング誤検出判定の必要性について、図7、図8に基づき説明する。 Then, before entering the explanation of the knocking error detection determination of the present embodiment, the need for knocking error detection determination, FIG. 7 will be described with reference to FIG.

【0036】図7は、エンジン負荷とエンジン回転数の運転状態に対する過渡時の軌跡を示しており、図7のように、エンジン1が加速を開始すると、まず、負荷が上昇し、次いで回転数が上昇する。 [0036] Figure 7 shows the locus of the transient with respect to the operating state of the engine load and engine speed, as shown in FIG. 7, when the engine 1 starts acceleration, first, the load is increased, then the rotational speed but to rise. 減速すると、まず、負荷が減少し、次いで、回転数が減少する。 When decelerating, firstly, the load is reduced, then the rotational speed is reduced. 図8は、スロットル開度、エンジン回転数、周波数成分(バックグランドレベル)、S/N比、及び、本実施形態で用いられる誤検出判定パラメータのタイミングチャートを示している。 8, the throttle opening, engine speed, the frequency components (background level), S / N ratio, and shows a timing chart of the error detection determination parameters used in this embodiment. 図8の上段からスロットル開度、エンジン回転数、周波数成分(バックグランドレベル)、S/N比、 Throttle opening from the top of FIG. 8, the engine speed, the frequency components (background level), S / N ratio,
ノッキング強度の変化率、ノッキング検出気筒、ノッキング連続検出カウンタを示している。 Rate of change of the knock intensity, knocking detection cylinder shows a knocking continuous detection counter. 最上段の記載は、 The description of the top,
図7のものと同一である。 It is identical to that of FIG.

【0037】加速を開始(スロットル開度が閉から開に移行)し、しばらくした後にエンジン回転数が上昇を開始する(本図の場合スロットル開度が上昇を開始した時期からノッキング制御領域に入るものとする)。 The acceleration starts (throttle opening transition from the closed to the open), enters the knock control area from the timing when the engine speed starts to increase (the figure throttle opening starts increasing after a while and things). 周波数成分は、スロットル開度の上昇と共に大きく、エンジン回転数の上昇と共に大きくなる。 Frequency component is greater with increasing throttle opening, increases with increasing engine speed. バックグランドレベルは、追従遅れがあり、所定の遅れを持ち、周波数成分を追従する。 Background level, there is follow-up delay has a predetermined delay, to follow the frequency components.

【0038】この場合のS/N比は、加速初期に急増し、最悪の場合図示したようにノッキング判定所定値を上回るため、ノッキングが発生していないにもかかわらず、ノッキング有りと見るノッキング誤検出になってしまう。 The S / N ratio in this case is surged initial acceleration, since above a knocking determination predetermined value as shown in the worst case, even though knocking has not occurred, erroneous knocking seen as knocking it becomes detection. 前述したバックグランドレベルは、周波数成分を平滑化処理したものであり、ノッキング発生時にはバックグランドレベルの上昇によるノック検出感度低下防止のために、バックグランドレベルの平滑化処理(更新) Aforementioned background level is obtained by smoothed frequency components, for knock detection sensitivity drop prevention by increasing the background level at the time of occurrence of knocking, the background level smoothing process (update)
を停止する。 A stop.

【0039】図8では、ノッキング誤検出によりバックグランドレベルを停止した状態であり、このためノッキング強度は上昇し続け、この図の例では2番気筒がノッキング検出をしっぱなしになっている(他の気筒はノッキング判定値が幾分高めに設定してあったので連続的なノッキング誤検出には至らず、バックグランドレベルが更新された(追従した)ものとする)。 [0039] In Figure 8, a state of stopping the background level by knocking misdetection Therefore knock intensity continues to rise, the second cylinder in the example of this figure has become leave the knocking detection ( other cylinders do not lead to continuous knocking erroneous detection because knocking determination value had been set to somewhat elevated, it is assumed that the background level is updated (and following)).

【0040】図9は、点火時期とノッキング検出カウンタとの関係を示しており、ノッキング検出でθretずつ遅角補正していくため、エンジン1にとっては,過リタードの状態になる。 [0040] Figure 9 shows the relationship between the ignition timing and the knock detecting counter decided that in order to delay correction by knocking detection by Shitaret, for the engine 1, a state of excessive retard. ここで,所定回数(所定期間)遅角補正した場合、点火時期はエンジン1としてのノッキング素質であるノッキング発生限界点火時期を下回ることになり、ノッキングは発生し得ない。 Here, the predetermined number of times (the predetermined period) If the retard correction, the ignition timing will be below the knock limit ignition timing which is the knocking quality of the engine 1, the knocking can not occur.

【0041】今回の発明ではこの点に着目している。 [0041] In the present invention it has been paying attention to this point. 再度、図4に戻り、本実施形態によるノッキング発生の有無の判定処理動作について説明する。 Returning again to FIG. 4, described determination processing operation of occurrence of knocking in accordance with the present embodiment. 図4において、本発明の実施形態の主体となるステップは、ブロック18 4, steps that are the subject of embodiments of the invention, block 18
からブロック24である。 From a block 24. ノッキング検出回数計測手段18は、ノッキング検出手段13からのノッキング検出結果の連続回数を計測し、ノッキング誤検出判定手段1 Knocking detection frequency measurement unit 18, the number of continuous knocking detection result from the knocking detecting means 13 measures, knocking error detection determination means 1
9では、予め設定してある判定用所定値と連続回数とを比較する。 In 9, and it compares the number of consecutive times the determination predetermined value set in advance. 判定用所定値は、エンジン1の運転状態(例えば、冷却水温)に応じて、ノッキング誤検出判定用所定値設定手段27により設定される。 Determining the predetermined value, the state of operating the engine 1 (e.g., cooling water temperature) according to are set by knocking error detection determination for a given value setting means 27. ノッキング誤検出と判定した場合は、ノッキング停止手段20によりノッキング検出手段13を所定期間停止させ、バックグランドレベル置換手段21では、バックグランドレベル演算手段17(及び格納用RAM)内のバックグランドレベルを所定値に置き換える。 If it is determined that knocking erroneous detection, a predetermined time period to stop the knocking detection means 13 by the knocking stop means 20, the background level substitution unit 21, a background level of the background level computation unit 17 (and the storage RAM) in replaced with a predetermined value. 但し、ノッキング停止手段2 However, knocking stop means 2
0とバックグランドレベル置換手段21は、前記例の通り両方採用しても良いし、片方何れかでも良い。 0 and the background level substitution unit 21 may be employed both as the example, it may be one or.

【0042】ノッキング検出停止手段20でのノッキング検出停止結果を計測し、所定回数(期間)以上継続した場合は、前記ノッキング検出機能異常判定手段22でノッキング検出機能が異常であると判定し、ノッキング検出禁止手段26で前記ノッキング検出手段13でのノッキング検出を禁止すると共に、判定結果を判定結果記憶手段23内のRAMへ送り格納する。 The measured knock detection stop results in knocking detection stopping means 20, if it continues for a predetermined number of times (period) or, knocking detection in the knocking detection abnormality determining means 22 is determined to be abnormal, knocking while prohibiting knocking detection in the knocking detection means 13 detecting inhibiting means 26 sends and stores the determination result to the RAM in the determination result storage unit 23. また、判定結果は制御パラメータ変更手段24にも送り、点火時期等のエンジン制御用パラメータを調整する。 The determination result is also sent to the control parameter changing section 24, adjusts the engine control parameters such as ignition timing.

【0043】判定結果記憶手段23では、コントロールユニット6とは別の外部診断装置7からの診断結果出力要求を受け、ノッキング検出機能の異常判定結果を送り返す。 [0043] The decision result storage means 23 receives the diagnosis result output request from another external diagnostic device 7 and the control unit 6 sends back the abnormality determination result of the knocking detection. また、前記ノッキング誤検出判定手段19で誤検出判定をした場合は、前記ノッキング検出用所定値15 Further, when the detected erroneous determination in the knocking error detection determination unit 19, the knocking detection for a given value 15
との不整合も考慮して、ノッキング誤検出領域記憶手段28で誤検出をした領域を記憶し、ノッキング検出用所定値調整手段29で、該誤検出領域に基づいてノッキング検出用データ14を調整する。 Mismatch even considering the stores area where the false detection knocking erroneous detection region storage unit 28, in knocking detecting predetermined value adjusting means 29, adjusting the knocking detection data 14 on the basis of said error detection region to.

【0044】図5は、図4のノッキング検出回数計測手段18に対して上昇傾向ノッキング強度計測手段25が相違しており、他に関しては共通である。 [0044] Figure 5 differs upward trend knock intensity measuring means 25 relative to the knocking detection frequency measurement unit 18 in FIG. 4, are common with respect to the other. ブロック25 Block 25
の上昇傾向ノッキング強度計測手段では、ノッキング強度演算手段12の結果からノッキング強度が上昇している場合の上昇検出回数(上昇傾向)を計測する。 The upward trend knock intensity measuring means for measuring the increase in the number of detections if the knock intensity is rising from the results of the knock intensity calculating means 12 (the rise). この上昇傾向が所定値以上であれば、ノッキング誤検出判定手段19にて、誤検出を判定する。 If this rising trend is greater than a predetermined value at knocking error detection determination unit 19 determines an erroneous detection.

【0045】前記各処理に関する説明においては、エンジンの各気筒に関する記述やノッキング検出周波数に関する記述は省略されているが、気筒毎、周波数毎に実施することが好ましい。 [0045] In description of each process, description of description and knocking detection frequency for each cylinder of the engine is omitted, each cylinder is preferably carried out for each frequency. 図4、図5の制御ブロック図に基づく本実施形態のコントロールユニット2内におけるノッキング誤検出判定の具体的な実現手段を制御フローに基づき、以下説明する。 4, based on the specific implementation means a control flow of the knocking error detection determination in the control block diagram in based in the control unit 2 of the embodiment of FIG. 5 will be described below.

【0046】まず、図4のノッキング誤検出判定の具体的な実現手段から説明する。 [0046] First, a description from specific implementation means knocking error detection determination in FIG. 図10は、図8に対して図4の制御を採用した場合のタイミングチャートである。 Figure 10 is a timing chart in the case of adopting the control of FIG. 4 with respect to FIG.
このタイミングチャート例では、明確化のために図4のブロック20、22〜24は省略し、また、特定気筒i、特定周波数に限定している。 In this timing chart example, block 20,22~24 in FIG. 4 for clarity are omitted, also specific cylinder i, is limited to a specific frequency. 上段からロットル開度、エンジン回転数、周波数成分(バックグランドレベル)、S/N比、ノッキング検出カウンタ(連続検出カウンタ)を示している。 Throttle opening degree from the top, the engine speed, the frequency components (background level), S / N ratio, shows a knocking detection counter (continuous detection counter). 最上段は、図7のものと同一である。 Top is identical to that of FIG. 加速を開始し、しばらくした後にエンジン回転数が上昇を開始する。 Acceleration starts, the engine speed starts increasing after a while.

【0047】図8でも説明した通り、ノッキングを検出するとバックグランドレベルの更新は停止され、ノッキング誤検出は、継続される。 [0047] As described also in FIG. 8, the update of the background level when detecting knocking is stopped, knocking erroneous detection is continued. ノッキング誤検出の場合は、ノッキング検出(連続)カウンタが上昇し、判定所定値CKを越えた場合に、ノッキング誤検出を判定する。 For knocking erroneous detection is judged, when the knocking detection (continuous) counter increases, exceeding the judgment predetermined value CK, knocking false detection. 次に、ノッキング誤検出判定結果により、バックグランドレベルを所定値に置き換える。 Then, by knocking the error detection determination result, replacing the background level to a predetermined value. この例ではバックグランドレベル=周波数成分としているが、予め設定した初期値などの所定値としても良い。 In this example it is the background level = frequency component may be a predetermined value, such as preset initial values.

【0048】この効果として、バックグランドレベルの追従を促進でき、ノッキング誤判定を排除することができる。 [0048] The effect of this can facilitate the background level tracking, it is possible to eliminate the knocking misjudgment. 図5の制御を採用した場合は、図11のタイミングチャートになる。 When employing the control of FIG. 5, the timing chart of FIG 11. このタイミングチャート例も、図1 The timing chart example also, FIG. 1
0と同様に明確化のため図2のブロック20、22〜2 0 block of FIG. 2 for similarly clarify 20,22~2
4は省略し、また、特定気筒i、特定周波数に限定している。 4 is omitted, and also, a specific cylinder i, is limited to a specific frequency.

【0049】ノッキングを検出するとバックグランドレベルの更新は停止され、ノッキング誤検出は継続される。 [0049] Upon detecting knocking updating the background level is stopped, knocking erroneous detection is continued. このときのノッキング強度変化率(所定周期間毎の変化量:例えば10ms前のノッキング強度と今回のノッキング強度の比を取った結果)は下から2段目のチャートになり、ノッキング強度変化率が(+)方向に継続している場合に所定周期毎にカウントアップし、そのカウンタ値が判定所定値KUを越えた場合にノッキング誤検出を判定する。 Knock intensity change rate at this time (the amount of change per predetermined circumferential period: for example, the result of taking the ratio of 10ms previous knock intensity and the current knock intensity) becomes chart of the second stage from the bottom, the knocking intensity change rate (+) counts up to a predetermined cycle if you continue in the direction determines knocking erroneous detection if the counter value exceeds a determined predetermined value KU.

【0050】このノッキング誤検出判定結果により、バックグランドレベルを所定値に置き換える。 [0050] The knocking error detection determination result, replacing the background level to a predetermined value. この例でもバックグランドレベル=周波数成分としているが、予め設定した初期値などの所定値としても良い。 While the background level = frequency components in this example, may be a predetermined value, such as preset initial values. この効果として、バックグランドレベルの追従を促進でき、ノッキング誤判定を排除することができる。 The effect of this can facilitate the background level tracking, it is possible to eliminate the knocking misjudgment.

【0051】図12は、前記2つのタイミングチャートにおいて、図4(図5)のブロック21(バックグランドレベル置換手段)を省略し、ブロック20(ノッキング検出停止手段)を加味した場合の周波数成分(バックグランドレベル)とS/N比(ノッキング強度)のタイミングチャートである。 [0051] Figure 12 is, in the above two timing charts, FIG. 4 is omitted block 21 (background level substitution means) (Fig. 5), the frequency component in the case in consideration the block 20 (knocking detection stopping means) ( it is a timing chart of the background level) and the S / N ratio (knocking strength). 図12では、バックグランドレベルの所定値への置き換えを採用せず、ノッキング検出を所定期間(この例ではT1間)停止させる。 In Figure 12, without adopting the replacement of background level to a predetermined value, it stops (T1 between in this example) the knocking detection predetermined period. 所定期間T1は、バックグランドレベルが通常のバックグランドレベル演算手段17で更新させ、真値に追従させる待ち時間と考えて良い。 Predetermined period T1, the background level was the updated at normal background level computation means 17, may be considered as latency to follow the true value.

【0052】図13、図14は、本実施形態の具現化した制御フローチャートを示したものであり、図13は、 [0052] Figure 13, Figure 14, which shows a control flowchart embodying the present embodiment, FIG. 13,
図4のノッキング検出装置の制御フローチャートであり、図14は、図5のノッキング検出装置の制御フローチャートである。 A control flowchart of the knocking detecting apparatus of FIG. 4, FIG. 14 is a control flowchart of the knocking detector of Fig. これらのフローチャートは、図4及び図5のブロック20(ノッキング検出停止手段)、ブロック21(バックグランドレベル置換手段)をともに採用した場合のものであるが、ブロック22〜24は明確化のため省略している。 These flowcharts, FIG. 4 and block 20 of FIG. 5 (knocking detection stopping means), but those in the case of adopting both the block 21 (background level substitution means), the block 22-24 is omitted for clarity are doing.

【0053】図13のフローチャートは、エンジン1の爆発サイクル毎に実行されるもので、サブマイコン5に割込みをかけて起動され、かつ、ノッキング制御領域内に運転状態がある時に起動される。 The flowchart in Figure 13, intended to be executed every explosion cycle of the engine 1 is started by interrupt the sub-microcomputer 5, and is activated when there is a driving state to knocking control region. まず、ステップ40 First, step 40
で、燃焼状態センサ3からのA/D変換後の信号を読み込み、バッファ内に保管して置く、ステップ41では、 In, it reads the signal after A / D conversion from the combustion condition sensor 3, put and stored in the buffer, in step 41,
バッファ内のA/D変換結果を高速フーリエ変換(FF Fast Fourier transform of A / D conversion result in the buffer (FF
T)にて検出周波数毎の周波数分析を実施し、周波数成分fiを求める。 Performing a frequency analysis of each detection frequency at T), determining the frequency component fi. ステップ42では、周波数帯域を選択し、ステップ43では、周波数成分fiとバックグランドレベルBGLiとによりS/N比(SNi=fi/B In step 42, selects a frequency band, in step 43, S / N ratio by the frequency component fi and background level BGLi (SNi = fi / B
GLi)を算出する。 GLi) is calculated. つまり、複数の選択周波数(f1 In other words, a plurality of selectable frequency (f1
……fi )、これに対応した周波数のバックグラウンドレベル(BGL1……BGLi )より、各周波数毎のS ...... fi), than the background level of the frequency corresponding to this (BGL1 ...... BGLi), S of each frequency
/N比、SNi =fi/BGLi を求め、SN1=f1 / N ratio, determine the SNi = fi / BGLi, SN1 = f1
/BGL1,……,SNi=fi/BGLiが求められる。 / BGL1, ......, is SNi = fi / BGLi are required.

【0054】ステップ50では、ステップ56にて後述するノッキング判定停止期間T1がセットされているかどうかを判定する。 [0054] At step 50, it determines whether or not knocking determination stop period T1 which will be described later in Step 56 is set. 即ち、このステップ50では、誤検出判定が成立し、ノッキング判定禁止期間中かどうかを判定している。 That is, in the step 50, the error detection determination is satisfied, it is determined whether in knocking determination prohibition period. 期間T1中(ステップ50でYes判定)であれば、ステップ51で計測カウンタTcのカウントアップを行ない、ステップ52で、時間T1経過したかどうかの判定を行なう。 If the duration of T1 (Yes judgment in step 50), performs a count-up of the measurement counter Tc in step 51, in step 52, it is determined whether the elapsed time T1. ステップ52で、No、即ち、時間T1経過していなければ、ステップ48に進み、バックグランドレベル演算(fiとBGLiとの加重平均計算処理)を行なうが、期間T1が経過していれば、ステップ44に進む。 In Step 52, No, ie, if not the elapsed time T1, the process proceeds to step 48, perform background level calculation (weighted average calculation process between fi and BglI), but if the elapsed time period T1, step proceed to 44. ステップ50で、No判定した場合も、前記ステップ44に進む。 In step 50, if it is determined No, the process proceeds to the step 44. 移行する。 Transition.

【0055】ステップ44では、S/N比の大きな周波数から数個(実施例ではm個)分のSNiを加算し、ノッキング強度Sを算出する。 [0055] At step 44, (in the example the m) few from a large frequency of the S / N ratio by adding the SNi of content, calculates a knock intensity S. つまりこれら選択された周波数のうちS/N値が大きい順にm個を抽出してノック強度を求める。 That finding a knock intensity by extracting the m sequentially S / N value is large among these selected frequencies. このノック強度を求める式は例えば、 The formula for this knock strength is, for example, で表わされるようにS/N値を加算して求められる。 In obtained by adding the S / N value as represented.

【0056】このステップ44を通過することは、ノッキング誤検出判定によるT1期間中でない(正常時である)ので、各判定ステップにセットされている判定用の判定値やカウンタ値(本実施例では前述のT1、Tcおよびステップ54で後述するCK)をステップ53にてクリア(消去)しておく。 [0056] passing through the step 44, since not being T1 period by knocking the error detection determination (a normal), the determination value and the counter value for determination set in each determining step (in this example keep clear (erase) the CK) to be described later by the aforementioned T1, Tc and step 54 at step 53. 次に、ステップ45で、ノッキング強度Sがノッキング判定用所定値と比較され、小さければ(判定結果がNoであれば)ステップ48以降に進み、前回値との加重平均処理を実行し、結果をサブマイコン5内のBGLマップ(RAM)に格納する。 Next, at step 45, is compared knock intensity S is the knocking determination for a given value, the process proceeds to it (if the determination result is No) Step 48 and subsequent smaller, executes a weighted average processing of the previous value, the results stored in BGL maps the sub-microcomputer in 5 (RAM). その後、ステップ49にてノックフラグを0とする(例えば、出力ポートにLowを出力する)。 Thereafter, the 0 knock flag at step 49 (e.g., outputs a Low output port).

【0057】ステップ45にて、ノッキング強度Sがノッキング判定用所定値より大きければ(判定結果がYe [0057] At step 45, if the knocking intensity S is greater than the knocking determination for a given value (the determination result is Ye
sであれば)ノッキング有りとし、ステップ46に進む。 If s) and knocking there, the process proceeds to step 46. ステップ54では、ノッキング連続検出カウンタC In step 54, the knocking continuous detection counter C
Kをカウントアップする(このカウンタCKは、ノッキングを連続して判定した時のみカウントアップする必要があるので、前述した通りステップ53でクリアされる)。 Increments the K (the counter CK, it is necessary to look at the count-up when it is determined continuously knocking, cleared in as step 53 described above).

【0058】ステップ55では、ノッキング誤検出を判定するためにノッキング誤検出判定用所定値とノッキング連続検出カウンタCKとを比較する。 [0058] At step 55, it compares the knocking error detection determination for a predetermined value and knock continuous detection counter CK to determine the knocking erroneous detection. 判定結果がN Judgment result is N
o、即ち、ノッキング誤検出判定用所定値がノッキング連続検出カウンタCKより大であれば、ノッキング検出結果は正しいと考え、ステップ47でノックフラグに1 o, i.e., if greater than knocking error detection determination for a given value knocking continuous detection counter CK, considered knocking detection result is correct, the knock flag in step 47 1
を立てる(例えば出力ポートにHighを出力する)。 The stand (eg outputs a High output port).

【0059】判定結果がYesであれば,ステップ56に進み、該ステップ56でノッキング誤検出と判定し、ノッキング判定停止期間T1をセットしてステップ57に進む。 [0059] determination result if Yes, the process proceeds to step 56, it is determined that knocking erroneous detection at the step 56, the process proceeds to step 57 to set a knocking determination stop period T1. ステップ57では、バックグランドレベルの置き換え処理を実行する(前記したバックグランドレベルを置き換える所定値は、周波数成分(fi)としても、予め設定したバックグランドレベル初期値としても良い)。 In step 57, to perform a background level process replacement (predetermined value to replace the background level described above, even frequency components (fi), may be background level initial value set in advance).
その後、ステップ49でノックフラグを0とする(例えば、出力ポートにLowを出力する)。 Thereafter, the 0 knock flag in step 49 (e.g., outputs a Low output port).

【0060】このノックフラグは、メインマイコン6にて起動されるエンジン制御(例えば図6の点火制御タスク)で用いられる。 [0060] The knock flag is used in engine control which is activated by the main microcomputer 22 (e.g., the ignition control task in Figure 6). 図14は、図5のノッキング検出装置の制御フローチャートであり、図13のノッキング検出装置の制御フローチャートと共通するステップが多いので、相違点についてのみ説明をする。 Figure 14 is a control flowchart of the knocking detecting apparatus of FIG. 5, the steps common to the control flowchart of the knocking detection device 13 is large, only the described differences. 相違するステップは、ステップ58、59、60のみである。 The step of difference is only the steps 58, 59, and 60.

【0061】ステップ59は、ノッキング強度の上昇傾向KU(上昇傾向に関する説明は前述したのでここでは省略する)を計測するステップであり、ステップ60 [0061] Step 59, the upward trend KU knock intensity is a step of measuring the (description of the rise will be omitted because the above-mentioned), Step 60
は、ノッキング誤検出を判定するステップであって、前記KUとノッキング誤検出判定所定値とを比較するステップである。 It is a determining knocking erroneous detection, a step of comparing the KU and knocking error detection determination predetermined value. また、ステップ58は、ノッキング誤検出を判定していない通常のノッキング検出処理中のステップであるので、ノッキング強度の上昇傾向KUをクリアするステップである。 Also, step 58, since a normal step in the knocking detection process does not determine the knocking erroneous detection, a step of clearing the upward trend KU knock intensity.

【0062】ここで、図13、14の制御フローチャート中のノッキング誤検出判定用所定値(図13のステップ55のCKとの判定値、図14のステップ60のKU [0062] Here, the knocking error detection determination for a given value in the control flowchart of FIGS. 13 and 14 (determination value with CK in step 55 in FIG. 13, KU step 60 in FIG. 14
との判定値)は、ノッキング発生頻度が多い運転状態では、ノッキング誤検出判定の誤判定を防止するために、 Determination value) and, in the operating condition knocking occurrence frequency is large, in order to prevent erroneous determination of knocking error detection determination,
図15の如きパラメータによる可変設定としても良い(ノッキングの多発運転状態では、図9のノッキング発生限界点火時期が低下するため、θretをかける要求回数が増加し、ノッキング誤検出判定の誤判定の危険性がある)。 Figure In multiple operating conditions, such as may be variably set according to parameters (knocking of 15, for knocking limit ignition timing in FIG. 9 is lowered, increasing the number of requests to apply a Shitaret, risk of erroneous determination of knocking error detection determination there is a gender).

【0063】図15は、パラメータをエンジン冷却水温とした場合の設定例である(パラメータはエンジン負荷や吸気温などでも良い)。 [0063] Figure 15 is a setting example in which the parameters and the engine coolant temperature (parameter may be a such as the engine load and the intake air temperature). 上段の(a)は、図13のノッキング連続検出カウンタCKに対する判定値の設定例であり、(b)は、図14のノッキング強度上昇傾向K Of (a) the upper part, an example of setting the determination value for the knocking continuous detection counter CK in FIG 13, (b), the knock intensity rise K in FIG. 14
Uに対する所定値の設定例である。 An example of setting a predetermined value for the U. まず(a)から説明する。 First described from (a). 本図では、横軸に冷却水温W1、W2を設定し、 In the figure, it sets the cooling water temperature W1, W2 in the horizontal axis,
冷却水温W1未満は、低水温域であり、エンジンの燃焼が不安定なためノッキング検出制御自体を禁止する領域である。 Less than the cooling water temperature W1 is a low water temperature region is a region where the combustion of the engine is prohibited unstable for knock detection control itself. ここでは、ノッキング誤検出判定用所定値を大きな値(1バイトデータであれば最大値のFFh)に設定する。 Here, setting the knocking error detection determination for the predetermined value to a larger value (FFh of the maximum value as long as 1 byte data). 冷却水温W1からW2は、通常の運転状態であり、この間は、ノッキング誤検出判定所定値をJC1とする。 From the cooling water temperature W1 W2 is a normal operating state, during which, the knocking error detection determination predetermined value and JC1. 更に、温度が高くなる冷却水温W2以上の領域は、非常にノッキングが発生しやすくなっており、この場合は、通常の判定所定値JC1よりも大きい判定所定値JC2に引き上げる。 Furthermore, the cooling water temperature W2 or more areas where the temperature is high is very become knocking is likely to occur, in this case, pulled high determination predetermined value JC2 than normal determination predetermined value JC1.

【0064】(b)も同様であり、横軸に冷却水温W [0064] (b) is also similar, the cooling water temperature W on the horizontal axis
1、W2を設定する。 1, to set the W2. 冷却水温W1未満は、ノッキング誤検出判定用所定値を大きな値(1バイトデータであれば最大値のFFh)に設定する。 Less than the cooling water temperature W1 sets the knocking error detection determination for the predetermined value to a larger value (FFh of the maximum value as long as 1 byte data). 冷却水温W1からW2 From the cooling water temperature W1 W2
は、通常の運転状態であり、この間は、ノッキング誤検出判定用所定値をJK1とする。 Is a normal operating state, during which, the knocking error detection determination for a given value and JK1. 更に、温度が高くなる冷却水温W2以上の領域は、通常の判定所定値JC1よりも大きい判定所定値JK2に引き上げる。 Furthermore, the cooling water temperature W2 or more areas where the temperature becomes high, pulling a large determination predetermined value JK2 than normal determination predetermined value JC1.

【0065】以上、図13と図14とのフローチャートを用いて本発明の具体的な実施形態について説明した。 [0065] This completes the description of specific embodiments of the present invention with reference to the flowchart of FIGS. 13 and 14.
これによって、現状の問題点であるノッキング誤検出が解決される。 Thus, knocking erroneous detection is a current problems are solved. 次に、引き続いて、エンジンのノッキング検出制御装置のその後の処理、即ち、ノッキング検出機能の診断と診断結果異常時の診断結果記憶、エンジン制御パラメータの制御手段に関する実施形態の説明をする。 Then, subsequently, the subsequent processing of the knocking detection control apparatus for an engine, i.e., diagnosis and diagnosis abnormality diagnosis result storage of the knocking detection function, the description of the embodiments relating to the control means of the engine control parameter.

【0066】図16は、図13または図14のステップ43から引き続いているものとし、ステップ61〜63 [0066] Figure 16 is assumed to subsequent steps 43 of FIG. 13 or FIG. 14, step 61-63
に関しては、図13、14中で詳細説明したものを、簡素化して記載したものであるので、本フローチャートではその説明を割愛し、ステップ64から説明する。 With regard to the those detailed described in FIG. 13 and 14, since those described to simplify, in the present flowchart is omitted the description, the step 64. ステップ64は、ノッキング検出機能が正常か異常かを判定するステップであり、判定手段としては、例えば”ノッキング誤検出の判定結果が所定回数連続したかどうか”、”所定期間中のノッキング誤検出判定回数が所定頻度(割合)以上になったかどうか”、あるいは、”所定の運転状態を経過するまでノッキング誤検出判定結果が連続したかどうか”などがある。 Step 64 is a step of determining whether knocking detection function is normal abnormality, as the determination means, for example, "whether the determination result of the knocking erroneous detection is predetermined number of times in succession", "knocking error detection determination during a given period whether the number is equal to or greater than a predetermined frequency (rate) ", or" whether or not knocking error detection determination result is continuous until after the predetermined operating condition "and the like.

【0067】ステップ64で、ノッキング検出機能を異常と判定した場合には、ステップ65に進み、該ステップ65で、ノッキング検出機能の異常に対応した異常コードを設定する(具体的には、異常ならば異常コード記憶用RAM内の該当フラグに1をセットし、正常ならばフラグを0とする)異常コードを設定した後、ステップ66にて、ノッキング検出手段によるノッキング検出処理を禁止する(ノッキング検出手段が異常であり、これによるエンジン制御への悪影響を防ぐためにノッキング検出手段は禁止しておく必要がある)。 [0067] In step 64, if it is determined the knocking detection function and abnormal, the process proceeds to step 65, in the step 65, sets the abnormality abnormality code corresponding knocking detection (specifically, if abnormality if set to 1 to the corresponding flag in the abnormality code storage for the RAM, and a flag 0 if normal) after setting the abnormality code, at step 66, to prohibit the knocking detection processing by knocking detecting means (knocking detection means is abnormal, which by the knocking detecting means in order to prevent adverse effects on engine control it is necessary to prohibit).

【0068】ステップ67では、ノッキング検出手段を禁止したために、ノッキングが発生してもエンジンのダメージが無いように、エンジン制御パラメータを安全方向に変更(調整)する。 [0068] At step 67, in order to prohibit the knocking detection means, so that no damage of the engine even if knocking occurs, changing the engine control parameters in a safe direction (adjustment). 具体例として、図17に示すように点火時期制御への適用がある。 As a specific example, there is applied to the ignition timing control as shown in FIG. 17. 図17は、上段からエンジン制御手段における点火時期θadv、ノッキング検出カウンタ、及び、ノッキング検出カウンタを示しており、点火時期θadvは上側が進角、下側が遅角の方向である。 17, an ignition timing θadv in the engine control unit from the top, the knocking detection counter and shows the knocking detection counter, ignition timing θadv the upper advance, the direction of the lower retard. 図17の例では、ノッキング誤検出判定所定値を、連続ノッキング検出回数で2回、ノッキング機能異常判定所定値を連続ノッキング誤検出判定回数で4 In the example of FIG. 17, a knocking error detection determination predetermined value, twice in a row the knocking detection times, the knocking function abnormality determination predetermined value in a continuous knocking error detection determination number 4
回と設定している。 It is set with the times. 点火タイミング毎にノッキング検出処理は実行され、ノッキング検出初回の点火タイミングからノッキング検出が継続したとすると、ノッキング検出(ノックフラグ=1)により、点火時期制御は、点火時期をノッキング検出毎にθretずつ遅角させている。 Knocking detection processing for each ignition timing is executed, when the knocking detection from the ignition timing of the knocking detected first continued by knocking detection (knock flag = 1), the ignition timing control, by θret the ignition timing for each knocking detection and it is retarded.

【0069】同時に、ノッキング検出カウンタ(連続カウンタ)を点火タイミング毎に1加算していく。 [0069] At the same time, we continue to add 1 knock detection counter (continuous counter) for each ignition timing. ノッキング誤検出判定所定値を、連続ノッキング検出回数で2 Knocking error detection determination predetermined value, 2 a continuous knocking detection count
回に設定しているので、ノッキング検出回数が2回上昇する毎に、連続ノッキング誤検出判定カウンタを1加算する。 Since the set times for each knock detection frequency is increased twice, 1 is added to the detection determination counter erroneous continuous knocking. 連続ノッキング誤検出判定カウンタの判定回数を4に設定しているので、連続ノッキング誤検出判定回数が4回上昇で、ノッキング機能異常と判定する。 Since the set number of judgments continuous knocking error detection determination counter to 4 to determine the detection determination count erroneous continuous knocking at elevated 4 times, the knocking dysfunction.

【0070】ノッキング機能異常と判定後は、ノッキング検出処理、ノッキング検出結果による点火時期遅角処理を禁止し、点火時期を所定期間毎にΔθfalずつ進角させ、ノッキング機能異常判定時の点火時期所定値θ [0070] knocking dysfunction and determination after knocking detection process prohibits the ignition timing delay processing by the knocking detection result, it is advanced by Δθfal the ignition timing in each predetermined period, knocking dysfunction determination time of the ignition timing a predetermined value θ
falへ収束させる。 To converge to fal. ノッキング機能異常判定時の点火時期所定値は、運転状態により可変にし、θbaseに対する増減分として扱うことが望ましい。 Ignition timing a predetermined value at the time of knocking malfunction determination is made variable according to the operating conditions, it is desirable to treat the increment or decrement for the [theta] base.

【0071】式としては、θign=θbase+θf [0071] Examples of expression, θign = θbase + θf
al、と表すことができる(但し、実際のθfalは、 Can be al, to represent (However, actual θfal is,
ノッキングが発生した場合のエンジンダメージを回避するため、θbaseに対して遅角側に設定するものとする)。 To avoid engine damage when knocking occurs, shall be set to the retard side with respect to [theta] base). 以上のようにして、ノッキング機能異常判定が可能になる。 As described above, it is possible to knock dysfunction determination. 次に、図18の制御フローチャートに基づき、ノッキング誤検出時のノッキング所定値の調整手段に関する説明をする。 Then, based on the control flowchart of FIG. 18, the description of the adjusting means of knocking predetermined value during knocking erroneous detection.

【0072】図19は、前記図16の制御フローチャートと同様に、図13または図14の制御フローチャートのステップ43から引き続いて制御されるものとし、ステップ61、62、67は、共通とするが、その他のステップに関しては、図19からは省略している。 [0072] Figure 19 is similar to the control flowchart of FIG. 16, and shall be controlled subsequently from step 43 of the control flowchart of FIG. 13 or FIG. 14, step 61,62,67 is a common, for other steps, it is omitted from FIG. 19. まず、 First of all,
ステップ61で、ノッキング検出を行ない、ステップ1 In step 61, it performs a knocking detection, Step 1
00でノッキングが有ったかどうかを判定する。 00 determines whether or not there is knocking at. ノッキングの発生が無ければ、ステップ101に移行し、後に説明するカウンタMKNKをクリアし、フローを終了する。 Without knocking, the process proceeds to step 101, clears the counter MKNK described later, the flow is terminated.

【0073】ステップ100で、ノッキングが有りと判定された場合は、ステップ102に移行し、カウンタM [0073] In step 100, if the knocking is determined to have, the process proceeds to step 102, counter M
KNKをインクリメント(+1)する。 The increment (+1) KNK. 該カウンタは、 The counter,
ノッキング連続検出カウンタに対応し、ノッキングが発生した運転領域を、このMKNKに対応させることで、 Corresponding to knocking continuous detection counter, the operation region where knocking occurs, by corresponding to this MKNK,
ノッキング誤判定検出時のノッキング判定所定値を検索するためのものである。 It is intended to search for knocking determination predetermined value during knocking misjudgment detected. iはノッキング発生が1回目であればi=1、2回目であればi=2となり、ノッキング誤検出用連続検出回数(何回連続で行なうのか)と対応している。 i is knocking corresponds with first a long if i = 1,2 th a long if i = 2, and the knocking false detection for continuous detection count (several times carried out in continuous).

【0074】ステップ103では、前記MKNKiの各々に応じたメモリであるノッキング判定領域iに、運転領域データ(例えば回転数)を記憶する。 [0074] At step 103, the knock determination region i is a memory in response to each of said MKNKi, stores operating region data (e.g., speed). 次に、ステップ62で、ノッキング誤検出であるかどうかを判定してステップ104に進む。 Next, at step 62, the process proceeds to step 104 to determine whether a knock false detection. ステップ104で、誤検出がなければ、ステップ67へ移行し、エンジン制御パラメータ(例えば点火時期)を調整し、本フローを終了する。 In step 104, if there is erroneous detection, the process proceeds to step 67 to adjust the engine control parameter (e.g., ignition timing), the flow ends.

【0075】ステップ104で、誤検出が有りと判定されれば、ステップ105で、ステップ103で記憶したMKNK1(1回目のノッキング判定)に対応の判定領域1から運転領域データを読み出し、ステップ106 [0075] In step 104, false if detected there and is determined, in step 105, it reads the operating region data from judging region 1 corresponding to MKNK1 (1 st knocking determination) stored in step 103, step 106
で、その運転領域に対応したノッキング判定所定値を読み出す。 In, it reads the knocking determination predetermined value corresponding to the operating region. ステップ107では、ノッキング判定所定値がエンジンとの整合が取れていないことを考慮してノッキング判定所定値にΔSLを加算する。 In step 107, the knocking determination predetermined value is added to ΔSL knocking determination predetermined value in consideration of the fact that is inconsistent with the engine.

【0076】この加算結果を、ノッキング判定所定値が格納されていたメモリに再度格納し、次回判定時(同一領域でノッキング判定処理する場合)に、更新後のノッキング判定所定値を用いるものとする。 [0076] The addition result is stored again in the memory knocking determination predetermined value has been stored, the next determination time (when knocking determination process in the same area), and those using knocking determination predetermined value after update . 次いで、ステップ109でカウンタMKNKiをクリアし、ステップ6 Then, the counter is cleared MKNKi in step 109, step 6
7の処理を実施し、本フローを終了する。 7 processing performed in, the flow ends. このようにしてノッキング判定所定値の調整処理は実行される。 Adjustment processing of the thus knocking determination predetermined value is executed. 但し、以上までの内容は、説明を簡略化するために、エンジンの各気筒の概念を無視しているが、実際に、エンジン制御に適応させる場合には、エンジンの各気筒毎に前記制御を適用させる必要がある。 However, the contents of up to more than, in order to simplify the explanation, but ignores the concept of each cylinder of the engine, in fact, in the case of adapting to the engine control, the control for each cylinder of the engine application needs to be.

【0077】図19は、図16をエンジンの各気筒毎に処理する制御フローチャートを記載したものであり、例として気筒数がi気筒のエンジンを想定している(図1 [0077] Figure 19 is for describing the control flow chart for processing 16 for each cylinder of the engine, number of cylinders is assumed engine i cylinder Examples (FIG. 1
8に関する説明は省略する)。 Description of the 8 will be omitted). 図13と図14のステップ43から続くステップとして、ステップ70からステップ72で、現在ノッキング検出処理を実行している気筒を判別する。 As the steps following the step 43 of FIG. 13 and FIG. 14, in step 72 from step 70, to determine the cylinder that is currently running the knocking detection process. 1番気筒と判別された場合は、ステップ73の制御フローチャートのブロックに、2番気筒と判別された場合は、ステップ74の制御フローチャートのブロックに、i番気筒と判別された場合は、ステップ7 If it is determined that the first cylinder, to block the control flowchart of step 73, if it is determined that the second cylinder, the block of the control flowchart of step 74, if it is determined that the i-th cylinder, Step 7
5の制御フローチャートのブロックに移行して、ノッキング検出、ノッキング誤検出判定、ノッキング機能異常判定のそれぞれを実行する。 5 goes to block the control flowchart of the knocking detection, knocking error detection determination, perform their respective knocking dysfunction determination.

【0078】各気筒毎のブロック内容(ブロック73ではステップ76から82、ブロック74ではステップ8 [0078] From block content (Block 73 step 76 for each cylinder 82, in block 74 Step 8
3から89、ブロック75ではステップ90から96) 3 to 89, from the block 75 in step 90 96)
に関しては、図16中のステップ61から67と同一であり、ここでの説明は省略する。 Respect are the same as steps 61 in FIG. 16 67, the description thereof is omitted here. 但し、各気筒間で共通に使用可能な処理、例えばノッキング検出、ノッキング誤検出判定、ノッキング機能異常判定の各判定処理や判定用の各カウンタの加算処理などに関してはサブルーチン化して用いてもよい。 However, the process can be used in common among the cylinders, for example knocking detection, knocking error detection determination, may be used in a subroutine regarding such the judgment processing and the determination counters addition processing for knocking dysfunction determination. 更に、点火時期制御が気筒番号によらず、全気筒一律点火時期制御の場合、ステップ8 Further, the ignition timing control regardless of the cylinder number in the case of all the cylinders uniform ignition timing control, Step 8
2、89、96に関しては、共通の一個のステップとしてもよい。 For the 2,89,96, it may be a common one of the step.

【0079】次に、図20の制御フローチャートに基づき、外部診断装置7からの出力要求に関するコントロールユニット動作についての説明をする。 [0079] Then, based on the control flowchart of FIG. 20, the description of the control unit operation relating to the output request from the external diagnostic device 7. 図20の制御フローチャートは、定時間割り込み処理で起動されるものとし、外部診断装置7からの出力要求は、人が外部診断装置7を操作することにより、要求される場合や自動的にプログラミングされた出力要求操作により要求される場合などがある。 Control flowchart of FIG. 20 is intended to be started at a constant time interrupt processing, the output request from the external diagnostic device 7, by a person operating the external diagnostic device 7, is the case or automatically programming required and the like where required by the output request operation was.

【0080】まず、前記制御フローチャートにおいては、外部診断装置7からの異常判定結果の出力要求があったかどうかをステップ97にて判定する(外部診断装置からの出力要求には、自己診断関連診断項目全てを出力させる要求と、個別の診断項目のみを出力させる要求とがあるが、本例では、特に規定しておらず、何れの要求にも対応可能とするが、本実施形態の中では、特に重要でないため説明は省略する)。 [0080] First, the in the control flow chart, the output request whether an abnormality determination result of the output request from the external diagnostic device 7 determines (external diagnostic device at step 97, the self-diagnosis related diagnostic item All a request to output, there are a request to output only individual diagnostic items, in the present embodiment, not particularly defined, but also possible to cope with any requirements, in the present embodiment, in particular explanation for not important will be omitted).

【0081】出力要求が無かった場合は、本処理は終了するが、出力要求が有った場合には、ステップ98に移行して異常判定結果を記憶手段であるRAM(図4、図5のブロック23中のRAM)から異常コードを読み出す。 [0081] When the output request was not, but this processing ends, if the output request is there is RAM (FIG. 4, FIG. 5 a storing means abnormality determination result the process proceeds to step 98 read an abnormal code from RAM) in the block 23. ステップ99では、外部診断装置7へ異常コードを出力する(異状なしであれば、異常の無いことを示すコードを出力する)。 In step 99, outputting the abnormality code to the external diagnostic device 7 (if no abnormality, and outputs a code indicating that there is no abnormality).

【0082】これにより、外部診断装置7への異常コード出力を実行するが、外部診断装置7では、人が読めるような(異常コードが何の異常コードなのかを変換する変換表がなくても読めるような)”ノッキング機能異常”の如き言語に変換して画面に表示させる。 [0082] Thus, executes the abnormality code output to the external diagnostic device 7, even if there is no conversion table for converting the external diagnostic device 7, such as human-readable (abnormality code is what the abnormal code of read such) is converted into such language of "knocking dysfunction" to be displayed on the screen. 以上、本発明の一実施形態について詳述したが、本発明は、前記実施形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された本発明の精神を逸脱することなく、設計において種々の変更ができるものである。 Has been described in detail an embodiment of the present invention, the present invention is not said to be limited to the embodiments without departing from the spirit of the present invention described in the claims, various in design it is those that can change.

【0083】例えば、本実施形態では、外部診断装置7 [0083] For example, in this embodiment, the external diagnostic device 7
への異常コード出力について記述したが、全世界的視野で見るとサービス体制が不十分な国も多く、外部診断装置7が行き届いていない場合もある。 Has been described for the abnormality code output to, all viewed in a global perspective and service system is also many poor countries, in some cases you are not in good external diagnostic device 7. この様な場合は、 Such a case,
インスツルメントパネル内のランプの点灯や点滅などで異常であることを表示させる手法も有効である。 Method for displaying an abnormal like lamp lighting or blinking of the instrument panel is also effective. また、 Also,
本実施形態では、点火時期制御に関する内容を説明したが、ノッキング発生有無の検出結果は、点火時期制御のみならず、燃料噴射制御やEGR制御、過給圧制御にも利用できることは勿論である。 In the present embodiment has described the contents related to the ignition timing control, the detection result of the knocking presence is not the ignition timing control only the fuel injection control and EGR control, it is of course also available to the supercharging pressure control.

【0084】 [0084]

【発明の効果】以上の説明から理解できるように、本発明のノッキング検出制御装置を備えたエンジン制御装置は、ノッキング誤判定を容易に検出可能であると共に、 As can be understood from the above description, the engine control apparatus provided with a knocking detection control device of the present invention are readily detectable knocking erroneous determination,
該ノッキング誤判定を早期に解除できるので、ノッキング誤検出が及ぼす運転性悪化、排気性能低下などを抑制できると共に、ディーラーでのサービス性(作業性)を向上させることができる。 Because be released early the knocking misjudgment, drivability deteriorates on knocking erroneous detection, with and exhaust performance degradation can be suppressed, thereby improving services of the dealer (the workability).

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施形態のエンジンのノッキング検出装置の全体構成図。 Overall configuration diagram of a knocking detecting apparatus for an engine of an embodiment of the present invention; FIG.

【図2】図1のエンジンのノッキング検出装置に用いられる共鳴振動周波数を表す式。 [Figure 2] expression representing the resonant frequency used device for detecting knocking of the engine 1.

【図3】図1のエンジンのノッキング検出装置で検出される共鳴振動周波数を示す図。 FIG. 3 shows a resonant frequency detected by the device for detecting knocking of the engine 1.

【図4】図1のエンジンのノッキング検出装置の第一の制御ブロック図。 [4] The first control block diagram of a device for detecting knocking of the engine 1.

【図5】図1のエンジンのノッキング検出装置の第二の制御ブロック図。 [5] The second control block diagram of a device for detecting knocking of the engine 1.

【図6】図1のエンジンのノッキング検出装置の点火時期の演算を行う制御フローチャート。 [6] control flowchart for performing an operation of the ignition timing of the knocking detection device of the engine 1.

【図7】図1のエンジンの過渡時の運転状態の軌跡(負荷と回転数)を示す図。 7 is a diagram showing a trajectory (load speed) of the operating state of the transient in the engine 1.

【図8】エンジンのノッキング検出装置のノッキング誤検出時のタイミングチャート。 [8] knocking erroneous detection when a timing chart of the device for detecting knocking of the engine.

【図9】エンジンのノッキング検出装置の点火時期とノッキング発生限界との関係を示す図。 Figure 9 is a graph showing a relation between the ignition timing and the knock occurrence limit of knocking detecting apparatus for an engine.

【図10】図1のエンジンのノッキング検出装置のノッキング誤検出時のタイミングチャート(ノッキング検出数カウンタ)。 [10] knocking of the knocking detection device of the engine 1 false detection when the timing chart (knocking detection counter).

【図11】図1のエンジンのノッキング検出装置のノッキング誤検出時の他のタイミングチャート(ノッキング強度上昇傾向カウンタ)。 [11] knocking of the knocking detection device of the engine 1 false detection when another timing chart (knock intensity rise counter).

【図12】図1のエンジンのノッキング検出装置のノッキング誤検出時の更に他のタイミングチャート。 [12] knocking erroneous yet another timing chart at the time of detecting device for detecting knocking of the engine 1.

【図13】図1のエンジンのノッキング検出装置の制御フローチャート。 [13] control flowchart of the device for detecting knocking of the engine 1.

【図14】図1のエンジンのノッキング検出装置の他の制御フローチャート。 [14] Other control flowchart of the knocking detection device of the engine 1.

【図15】図1のエンジンのノッキング検出装置の判定所定値の設定例を示す図。 15 is a diagram showing an example of setting the determination predetermined value of the device for detecting knocking of the engine 1.

【図16】図1のエンジンのノッキング検出装置(ノッキング検出機能の診断と診断結果異常時の診断結果記憶、及び、エンジン制御パラメータの制御手段)の制御フローチャート。 [16] control flowchart of the device for detecting knocking of the engine 1 (diagnosis and the diagnosis results abnormality diagnosis result storage of the knocking detection function, and the control means of the engine control parameter).

【図17】図1のエンジンのノッキング検出装置のノッキング誤検出に基づくエンジン制御パラメータ調整(点火時期)のタイミングチャート。 Figure 17 is a timing chart of the engine control parameter adjustment based on knocking erroneous detection of knocking detection device of the engine 1 (ignition timing).

【図18】図1のエンジンのノッキング検出装置のノッキング誤検出時のノッキング所定値の調整手段の制御フローチャート。 [18] control flowchart of the knocking erroneous detection when the knocking predetermined value of the adjustment means device for detecting knocking of the engine 1.

【図19】図1のエンジンのノッキング検出装置の気筒別の制御フローチャート。 [19] cylinder of control flowchart of the knocking detection device of the engine 1.

【図20】図1のエンジンのノッキング検出装置の外部自己診断装置への出力を示す制御フローチャート。 [Figure 20] control flowchart showing an output to an external self-diagnosis system device for detecting knocking of the engine 1.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1. 1. エンジン 2. Engine 2. コントロールユニット 3. Control unit 3. 燃焼状態センサ 4. Combustion state sensor 4. エンジン状態センサ 5. Engine state sensor 5. ノッキング検出用マイコン(サブマイコン) 6. Knocking detection microcomputer (sub-microcomputer) 6. エンジン制御用マイコン(メインマイコン) 7. Engine control microcomputer (main microcomputer) 7. 外部診断装置 12. External diagnostic device 12. ノッキング強度演算手段 13. Knock intensity computing means 13. ノッキング検出手段 18. Knocking detection means 18. ノッキング検出回数計測手段 19. Knocking detection frequency measurement means 19. ノッキング誤検出判定手段 20. Knocking error detection determination unit 20. ノッキング検出停止装置。 Knocking detection stopping device. 27. 27. ノッキング誤検出判定用所定値設定手段 Knocking error detection determination for a given value setting means

Claims (11)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 燃焼室内の燃焼状態を検出する燃焼状態センサと、エンジン主制御装置と、ノッキング検出制御装置とを備えたエンジン制御装置において、 前記ノッキング検出制御装置は、ノッキングの連続検出回数を計測するノッキング検出回数計測手段と、該ノッキングの連続検出回数と予め設定されているノッキング誤検出判定用所定値とを比較してノッキング誤検出を判定するノッキング誤検出判定手段とを備えていることを特徴とするエンジン制御装置。 1. A combustion state sensor for detecting the combustion state of the combustion chamber, the engine main control unit, the engine control apparatus provided with a knocking detection controller, said knock detecting controller, the number of times of continuously detecting the knocking it includes a knocking detection frequency measurement means for measuring, and a knocking error detection determination means for determining to knock erroneous detection compared with the knocking error detection determination for a given value previously set with the number of times of continuously detecting the knocking the engine control apparatus according to claim.
  2. 【請求項2】 燃焼室内の燃焼状態を検出する燃焼状態センサと、ノッキング検出制御装置とを備えたエンジン制御装置において、 前記ノッキング検出制御装置は、上昇傾向のノッキング強度の連続検出回数を計測する上昇傾向ノッキング強度計測手段と、該上昇傾向ノッキング強度の連続検出回数と予め設定されているノッキング誤検出判定用所定値とを比較してノッキング誤検出を判定するノッキング誤検出判定手段とを備えていることを特徴とするエンジン制御装置。 Wherein the combustion state sensor for detecting the combustion state of the combustion chamber, the engine control apparatus provided with a knocking detection controller, said knock detecting controller, measures the number of times of continuously detecting the knocking intensity of the rising trend It includes a rising trend knock intensity measuring means, and a knocking error detection determination means for determining to knock erroneous detection compared with the knocking erroneous detection judgment predetermined value set in advance with the number of times of continuously detecting the rise knock intensity the engine control apparatus characterized by there.
  3. 【請求項3】 前記ノッキング検出制御装置は、前記燃焼状態センサの出力信号に基づいて該出力信号の周波数成分を分析する周波数分析手段と、該周波数成分からバックグランドレベルを演算するバックグランドレベル演算手段と、前記周波数成分とバックグランドレベルとからノッキング強度を演算するノッキング強度演算手段と、該ノッキング強度とノッキング検出用所定値とを比較してエンジンのノッキングを検出するノッキング検出手段とを備えていることを特徴とする請求項1又は2に記載のエンジン制御装置。 Wherein the knocking detecting controller, a frequency analysis means for analyzing the frequency components of the output signal based on the output signal of the combustion condition sensor, the background level computation for computing the background level from the frequency component comprising means, the knock intensity calculating means for calculating a knock intensity from said frequency components and the background level is compared with the knocking detection for a given value the knock intensity and knock detecting means for detecting an engine knock the engine control apparatus according to claim 1 or 2, characterized in that there.
  4. 【請求項4】 前記エンジン主制御装置は、点火時期制御手段、燃料噴射制御手段、排気ガス還流量制御手段、 Wherein said engine main controller, an ignition timing control means, fuel injection control means, exhaust gas recirculation amount control means,
    もしくは、過給圧制御手段の少なくとも一つを備え、前記ノッキング検出手段による前記ノッキング検出に基づき、前記点火時期制御手段、前記燃料噴射制御手段、前記排気ガス還流量制御手段、もしくは、前記過給圧制御手段の少なくとも一つが、その制御パラメータを調整制御することを特徴とする請求項3に記載のエンジン制御装置。 Or comprising at least one boost pressure control means, based on the knocking detection by said knocking detecting means, said ignition timing control means, said fuel injection control means, the exhaust gas recirculation amount control means, or the supercharging at least one pressure control means, the engine control apparatus according to claim 3, characterized in that the adjustment control the control parameter.
  5. 【請求項5】 前記ノッキング検出制御装置は、前記ノッキング誤検出判定手段でノッキング誤検出と判定された時、所定期間の間、ノッキング検出を停止するノッキング検出停止手段を備えていることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか一項に記載のエンジン制御装置。 Wherein said knocking detecting controller, when it is determined that knocking erroneous detection by the knocking erroneous detection judgment means, during a predetermined period, and characterized in that it comprises a knocking detection stopping means for stopping the knocking detection the engine control apparatus according to any one of claims 1 to 4.
  6. 【請求項6】 前記ノッキング検出制御装置は、前記ノッキング誤検出判定手段でノッキング誤検出と判定された時、周波数分析手段により分析された周波数成分又はバックグランドレベル初期値の何れかをバックグランドレベルに置き換えるバックグランドレベル置換手段を備えていることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか一項に記載のエンジン制御装置。 Wherein said knocking detecting controller, wherein when it is determined that knocking erroneously detected knocking erroneous detection judgment means, either the background level of the analyzed frequency component or the background level initial value by the frequency analyzing means the engine control apparatus according to any one of claims 1 to 4, characterized in that it comprises a background level replacement means for replacing the.
  7. 【請求項7】 前記ノッキング検出制御装置は、前記ノッキング誤検出判定用所定値をエンジンの運転状態に基づき決定するノッキング誤検出判定用所定値設定手段を備えていることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか一項に記載のエンジン制御装置。 Wherein said knocking detecting controller, according to claim 1, characterized in that it comprises a knocking error detection determination for the predetermined value setting means for determining on the basis of the knocking error detection determination for a given value to the operating condition of the engine to the engine control apparatus according to any one of 6.
  8. 【請求項8】 前記ノッキング検出制御装置は、ノッキング誤検出領域を記憶するノッキング誤検出領域記憶手段を備え、前記エンジン主制御装置は、前記ノッキング誤検出判定手段でノッキング誤検出と判定された時、ノッキング誤検出領域記憶手段による記憶値に該当する領域のノッキング検出用所定値を調整するノッキング検出用所定値調整手段を備えていることを特徴とする請求項1乃至7のいずれか一項に記載のエンジン制御装置。 Wherein said knocking detecting controller includes a knocking false detection region storage means for storing the knocking false detection region, the engine main controller, when it is determined that knocking erroneous detection by the knocking erroneous detection judgment means , in any one of claims 1 to 7, characterized in that it comprises a knocking detection for a given value adjusting means for adjusting the knocking detection for a given value of the area corresponding to the stored value by knocking erroneous detection region storage unit the engine control apparatus according.
  9. 【請求項9】 前記ノッキング検出制御装置は、ノッキング誤検出判定が所定期間又は所定の運転状態経過履歴間継続した場合、もしくは、所定頻度以上の判定頻度となった場合に、ノッキング検出手段が異常であると判定するノッキング検出異常判定手段と該異常判定に応じてノッキング検出手段によるノッキング検出を禁止するノッキング検出禁止手段とを備え、前記エンジン主制御手段は、異常判定に応じて前記制御パラメータを所定値へ徐々に移行する制御パラメータ変更手段を備えていることを特徴とする請求項1乃至8のいずれか一項に記載のエンジン制御装置。 Wherein said knocking detecting controller, when knocking error detection determination is that lasts a predetermined time period or predetermined operating condition elapses history, or, in the case where a predetermined frequency or more determined frequency, the knocking detecting means abnormal and a knocking detection inhibiting means for inhibiting the knocking detection by knocking detecting means is a determining in response to the knocking detection abnormality determining means and the abnormal judgment at the engine main control means, said control parameter in response to the abnormality determination the engine control apparatus according to any one of claims 1 to 8, characterized in that it comprises a control parameter changing means gradually shifts to a predetermined value.
  10. 【請求項10】 前記前記ノッキング検出制御装置は、 Wherein said said knocking detecting controller,
    エンジンの各気筒に対応して独立に備えていることを特徴とする請求項1乃至9のいずれか一項に記載のエンジン制御装置。 The engine control apparatus according to any one of claims 1 to 9, characterized in that it comprises independently in correspondence with each cylinder of the engine.
  11. 【請求項11】 前記エンジン主制御装置は、ノッキング誤検出判定、及び/又は、ノッキング検出異常判定を特定の記憶手段に格納する判定結果記憶手段をを備え、 Wherein said engine main controller, knocking error detection determination, and / or provided with a determination result storage means for storing the knocking detection abnormality determination on the particular storage unit,
    電気的に接続される別の外部診断装置からの記憶結果出力要求に応じて、前記判定結果記憶手段の判定結果を前記外部診断装置へ出力することを特徴とする請求項1乃至9のいずれか一項に記載のエンジン制御装置。 Depending on the storage result output request from another external diagnostic device electrically connected, any one of claims 1 to 9 to the determination result of the determination result storing means and outputting to said external diagnostic device the engine control apparatus according to an item.
JP27576997A 1997-10-08 1997-10-08 Engine controller equipped with knocking detection control device Pending JPH11107844A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27576997A JPH11107844A (en) 1997-10-08 1997-10-08 Engine controller equipped with knocking detection control device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27576997A JPH11107844A (en) 1997-10-08 1997-10-08 Engine controller equipped with knocking detection control device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11107844A true true JPH11107844A (en) 1999-04-20

Family

ID=17560145

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27576997A Pending JPH11107844A (en) 1997-10-08 1997-10-08 Engine controller equipped with knocking detection control device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11107844A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6867691B2 (en) 2001-06-06 2005-03-15 Fujitsu Ten Limited Knock determining apparatus for internal combustion engine
JP2008133735A (en) * 2006-11-27 2008-06-12 Kokusan Denki Co Ltd Electronic control unit
JP2013024063A (en) * 2011-07-19 2013-02-04 Hitachi Automotive Systems Ltd Cylinder determination device for internal combustion engine
JP2013536918A (en) * 2010-09-06 2013-09-26 ロベルト・ボッシュ・ゲゼルシャフト・ミト・ベシュレンクテル・ハフツングRobert Bosch Gmbh Method and apparatus for setting the emergency operation mode when an error occurs in a system for detecting pre-ignition in an internal combustion engine

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6867691B2 (en) 2001-06-06 2005-03-15 Fujitsu Ten Limited Knock determining apparatus for internal combustion engine
JP2008133735A (en) * 2006-11-27 2008-06-12 Kokusan Denki Co Ltd Electronic control unit
JP2013536918A (en) * 2010-09-06 2013-09-26 ロベルト・ボッシュ・ゲゼルシャフト・ミト・ベシュレンクテル・ハフツングRobert Bosch Gmbh Method and apparatus for setting the emergency operation mode when an error occurs in a system for detecting pre-ignition in an internal combustion engine
JP2013024063A (en) * 2011-07-19 2013-02-04 Hitachi Automotive Systems Ltd Cylinder determination device for internal combustion engine

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4971007A (en) System and method for combined knock and torque timing control
US4991553A (en) Engine controller equipped with knocking detector
US6575133B2 (en) Method and arrangement for monitoring the operation of a gas flow control element in an internal combustion engine
US7181338B2 (en) Knock determining apparatus for internal combustion engine
US5598822A (en) Knocking detection method for internal combustion engines and ignition timing control method therefor
US6513495B1 (en) Device for suppressing engine knocking in an internal combustion engine
JP2001065402A (en) Control device of hybrid vehicle
US7043353B2 (en) Knock determining apparatus and method for internal combustion engine
US20030005749A1 (en) Knock determining apparatus for internal combustion engine
US4896639A (en) Method and apparatus for engine control and combustion quality detection
JPH1054295A (en) Misfire detection device for internal combustion engine
US7653477B2 (en) Method and device for control ignition timing through knock control in an internal combustion engine
JPH10159634A (en) Vehicular failure diagnostic device
US6457455B2 (en) Method for detecting combustion misfires and cylinder equalization in internal combustion engines with knock control
JP2005299579A (en) Knock detection device of internal combustion engine
US6947828B2 (en) Knock control system for internal combustion engine
JP2005090250A (en) Engine knock control device
US4966117A (en) System and method for controlling ignition timing for vehicular internal combustion engine
US20140172280A1 (en) Method for detecting combustion noise in internal combustion engine, combustion noise detection device, and device for controlling internal combustion engine
EP0096869A2 (en) Method and apparatus of ignition timing control
US20090217908A1 (en) Ignition timing controlling apparatus and ignition timing controlling method for internal combustion engine
JPH08232820A (en) Combustion condition detecting device for internal combustion engine and control device for internal combustion engine utilizing the device
US5991684A (en) Apparatus and method of detecting combustion state of internal combustion engine and recording medium storing program for execution of the detecting method
US7054735B2 (en) Apparatus and method for controlling internal combustion engine
US20060293832A1 (en) Method and control device for diagnosing a charge cycle valve stroke adjusting system of an internal-combustion engine