JPH1096329A - 既存建築物の耐震補強方法 - Google Patents

既存建築物の耐震補強方法

Info

Publication number
JPH1096329A
JPH1096329A JP25171296A JP25171296A JPH1096329A JP H1096329 A JPH1096329 A JP H1096329A JP 25171296 A JP25171296 A JP 25171296A JP 25171296 A JP25171296 A JP 25171296A JP H1096329 A JPH1096329 A JP H1096329A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
existing building
frame
earthquake
existing
beams
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP25171296A
Other languages
English (en)
Inventor
Masatake Yomo
正武 四方
Takao Kijima
隆夫 木島
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP25171296A priority Critical patent/JPH1096329A/ja
Publication of JPH1096329A publication Critical patent/JPH1096329A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Buildings Adapted To Withstand Abnormal External Influences (AREA)
  • Working Measures On Existing Buildindgs (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 既存の建築物を同建築物を使用しながら、か
つ従来の空間を確保し、耐震補強工事に伴う経済的負担
を軽減するとともに、既存建築物の保有水平耐力を補強
し、耐震性の向上が計られる既存建築物の耐震補強方法
を提供する。 【解決手段】 耐震補強すべき既存の建築物Aの外周架
構構面に、同既存の建築物に対する地震水平力に対して
剛性を有する増設架構Bを架設し、同増設架構と前記既
存建築物の架構の各構面を構造的に接続する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、既存建築物に対す
る耐震補強方法に係るものである。
【0002】
【従来の技術】建築物、あるいは工作物のほとんどは、
建築あるいは工作する時点において、法規制のもとにそ
の設計基準に倣って設計され、施工されるが、従来の耐
震構造の設計基準に準拠して構築された建築物は、想定
される国内で発生する大地震に対して、同規模の地震が
発生すると人身、財産(家屋)に多大な被害が出る恐れ
があるので、関係機関によって従来の耐震構造の設計基
準が見直されている。
【0003】従って、建築当初の設計基準は適格であっ
たものが、新基準に照らし合わせると不適格な建築物に
なってしまう場合が少なくない。不適格な建築物の被害
のほとんどは、地震時の水平力による剪断破壊、あるい
は曲げ破壊によるものである。そこで、地震に対して不
適格な建築物を再度現行の、即ち法改正後の適格基準に
照らして事前に耐震補強が以下の方法で行われてる。 a. 既存建築物の柱、梁の剪断あるいは曲げ応力の不
足に対しては当該部材断面の補強を行う。 b. 既存建築物の耐震壁の配置の見直し、耐震壁や筋
違などの部材断面を増強する。 c. 既存の建築物架構構面内に新たに耐震壁や筋違な
どを設けて補強する。d. 既存の建築物に免震、制振
装置を処置する。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記し
た従来の補強方法には次のような問題がある。既存建築
物の耐震性は、同建築物が建築された立地条件、規模、
構造、建築の時期によって異なり、前記の方法で補強工
事を行う場合、事務所ビル、病院、学校、特殊な施設等
の建築物で現行基準に照らして地震保有水平耐力の不足
分を補い耐力を上げるには、既存の柱、梁の補強がなさ
れるが、通常の執務が行われている状態での補強工事は
困難で、その間、仮の建物に転居しなくてはならず、経
済的な負担が多くなったり、通常業務を執務したままで
の補強は、その補強方法にも制約を受けるばかりか、使
用者及び施工者双方の仕事の能率が低下する。
【0005】また、補強方法によっては補強部材の断面
変更に伴う建築物の有効空間が減少し、従来無かった場
所に耐震壁や筋違などを新設しようとした場合は建築物
の用途上に支障をきたすことにもなり、場合によっては
機能が満足されず、新たに建築物の増設あるいは移転し
なければならない。本発明は前記従来技術の有する問題
点に鑑みて提案されるもので、その目的とするところ
は、既存の建築物の耐震補強において、同建築物を使用
しながら、かつ、従来の空間を確保し、耐震補強工事に
伴う経済的負担を軽減するとともに、既存建築物の保有
水平耐力を補強し現行の耐震基準を満たし、耐震性の向
上が計れる既存建築物の耐震補強方法を提供する点にあ
る。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記の目的を達成するた
めに本発明に係る既存建築物の耐震補強工法は、耐震補
強すべき既存建築物の外周架構構面に同既存建築物の地
震水平力に対して剛性を有する架構を増設し、同増設し
た架構と既存の架構の各構面を構造的に接続することを
特徴とするものである。
【0007】また、請求項2の発明は地震水平力に対し
て剛性を有する前記増設架構は、既存の建築物外周架構
構面に対向する柱、梁で形成することを特徴とするもの
である。さらに、請求項3の発明は柱、梁で形成された
前記増設架構面内に耐震壁あるいは筋違を設けることを
特徴とするものである。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明の最も好ましい実施
の形態について図面によって説明する。図1は耐震補強
される既存建築物Aの平面図で、既存建築物Aの架構は
柱C0と、梁G0と、床S0と、耐震壁W0とで構成さ
れている。図2は本発明に係る既存建築物を増設架構に
よって耐震補強した状態を示す平面図で、Aは既存建築
物、Bは同既存の建築物外周架構構面に新たに設けた耐
震補強用の増設架構Bを示し、柱C1と、梁G1で構成
されて既存建築物に対する地震水平力に対して十分な剛
性を有している。
【0009】前記柱C1と、梁G1は鉄筋コンクリート
造で、現場施工によるものや、鉄骨造、あるいはプレキ
ャストコンクリート部材(以下、PC部材という)の組
み立て等によって構成される。柱C1と、梁G1からな
る増設架構は既存建築物の柱C0と、梁G0に添設する
ように増設したもので、新たに設けた柱C1と、梁G1
と既存建築物の柱C0と、梁G0とを構造的に接合する
ものである。
【0010】その接合に際しては例えば、鉄筋コンクリ
ート造、あるいはPC部材の場合においては既存建築物
の柱C0と、梁G0にケミカルアンカーを植設し、同ア
ンカーを増設された柱C1と、梁G1とに定着する定着
法や、既存建築物の柱C0と、梁G0、床S0とから既
存の内部鉄筋を斫り出し、鉄筋の定着による接合を行
う。また、鉄骨架構の場合は溶接接合等で接合する。
【0011】前記の他に必要に応じて前記増設架構Bの
構面に柱C1と柱C1に亘り図3に示すようにウォール
ガーダー方式とし、壁梁WG1による耐震補強や、図4
に示すように増設された柱C1、梁G1構面内に耐震壁
W1による耐震補強や、図5に示すように増設された柱
C1、梁G1架構構面内に筋違B1による耐震補強を行
う。
【0012】その他、増設された補強構面内には制震ダ
ンパー、防振装置を設置することも可能である。本発明
の他の実施例として図6から図8に示す。図6は耐震補
強される既存建物の平面伏図で、既存建物Aは柱C0
と、梁G0と、床S0、耐震壁W0と各階にベランダS
01が設けられ構成されている。
【0013】図7は前記図6に対する既存建築物を耐震
補強する平面伏図で、Aは既存建築物で、Bは既存の建
築物外周架構構面に新たに設けた耐震補強の架構を示
し、柱C1と、梁G1とベランダS02で構成されてい
る。前記柱C1と、梁G1は鉄筋コンクリート造で現場
施工によるものや、鉄骨造、あるいはPC部材の組み立
て等で行なわれる。
【0014】ベランダは各階の桁行方向に設けられてい
る構造となっており、桁行方向の柱C1と、梁G1から
なる架構は既存のベランダの幅員を一部撤去し、既存建
物の柱C0と、梁G0に添設するように増設したもの
で、新たに設けた柱C1と、梁G1と既存建物とは一部
撤去したベランダの床S02と構造的に接合するもので
ある。
【0015】前記の構造的接合においては、既存建物の
一部撤去されたベランダと柱C1と、梁G1を一部撤去
して露出したベランダ補強鉄筋によって鉄筋の定着によ
る接合、あるいは鉄骨架構の場合は溶接接合等で接合さ
れる。接合の様子を図8に示し、建築物外周架構構面に
新たに設けた耐震補強の架構の断面の一部を示す断面図
で、建築物外周架構構面に新たに耐震補強の架構の柱C
1、梁G1で、既存の床から延設されたベランダS02
とが接合されて各階の既存建築物の水平力は新たに設け
た耐震補強の架構に伝達される。
【0016】図示の例によれば前記したように、既存建
築物の耐震補強によって、既存の建築物外周架構構面に
既存の建築物に対する地震水平力に対して剛性を有する
架構を増設して、同架構と既存の架構とが構造的に接続
されているので、既存建築物に地震時にかかる水平力
は、例えば、既存の建物架構の剛性値が10であると
き、増設架構の剛性値2のものを加えると、既存の建築
物架構が負担する水平力は10/12となり既存建築物
の水平力は約20%低減され、地震時の既存建築物架構
にかかる水平力は小さくなり、耐震性が確保される。
【0017】また、増設される架構は柱、梁で形成され
ており、同架構は既存の建築物外周架構構面に設けられ
ているので柱、梁の耐震補強工事は建物を通常の執務を
しながら行うことが出来る。さらに、前記増設架構の
柱、梁の架構面内に耐震壁あるいは筋違を形成して柱、
梁の水平力の負担を軽減するとともに、必要な位置に設
けることにより、地震水平力に対してバランスのよい剛
性を得ることによって耐震性が向上する。
【0018】
【発明の効果】本発明によれば、前記したように既存の
建築物の架構は現状のままにして、新たに既存の建築物
外周架構構面に、同既存の建築物にかかる地震水平力に
対して剛性を有する架構を増設して、同増設架構面と既
存の建築物と外周架構面とを構造的に接合しているの
で、既存の建築物から増設架構に地震による水平力が伝
達されて、既存建築物に不足している保有水平力が補強
されることによって耐震性が確保されるとともに、既存
建築物を使用しながら補強工事が行えるので補強工事等
の直接工事費の他に、間接的に掛かる経済的負担(賃貸
建物においては賃料収入、営業補償、移転費用等、その
他の建築物においては付帯施設の移転等)が軽減され
る。
【0019】また、既存の建築物外周架構構面に同既存
の建築物に対する地震入力に対する剛性を有する架構が
設けられているので、耐震補強工事が既存建築物の機能
は現状のままで執務に支障をきたすことなく、かつ、建
築物の有効空間を損なうことなく行われる。
【図面の簡単な説明】
【図1】既存建築物の平面図である。
【図2】既存建築物の外周構面へ、新たに耐震補強の架
構を設けた状態を示した平面図である。
【図3】(イ)及び(ロ)は増設架構構面内にウォール
ガーダー方式とし壁梁を設けた建築物の一部を示す立面
図及び部分縦断側面図である。
【図4】(イ)(ロ)は前記増設架構構面内に耐震壁を
設けた建築物の一部を示す立面図、及び部分縦断側面図
である。
【図5】(イ)(ロ)は前記増設架構構面内に筋違を設
けた建築物の一部を示す立面図、及び部分縦断側面図で
ある。
【図6】耐震補強される既存建物の平面図である。
【図7】図6の建物を耐震補強した平面図である。
【図8】建築物外周架構構面に設けた耐震補強の架構の
断面の一部を示す縦断面図である。
【符号の説明】
A 既存建築物 B 増設架構 C0 既存の柱 G0 既存の梁 S0 既存の床 W0 既存の耐震壁 C1 増設された柱 G1 増設された梁 WG1 壁梁 W1 耐震壁 B1 筋違

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 耐震補強すべき既存建築物の外周架構構
    面に、同既存建築物の地震水平力に対して剛性を有する
    架構を増設し、同増設架構と前記既存の架構の各構面を
    構造的に接続することを特徴とする既存建築物の耐震補
    強方法。
  2. 【請求項2】 地震水平力に対して剛性を有する前記増
    設架構は、既存の建築物外周架構構面に対向する柱、梁
    で形成する請求項1記載の既存建築物の耐震補強方法。
  3. 【請求項3】 柱、梁で形成された前記増設架構構面内
    に、耐震壁あるいは筋違を設ける請求項1または2記載
    の既存建築物の耐震補強方法。
JP25171296A 1996-09-24 1996-09-24 既存建築物の耐震補強方法 Pending JPH1096329A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25171296A JPH1096329A (ja) 1996-09-24 1996-09-24 既存建築物の耐震補強方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25171296A JPH1096329A (ja) 1996-09-24 1996-09-24 既存建築物の耐震補強方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1096329A true JPH1096329A (ja) 1998-04-14

Family

ID=17226875

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25171296A Pending JPH1096329A (ja) 1996-09-24 1996-09-24 既存建築物の耐震補強方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1096329A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10131516A (ja) * 1996-10-30 1998-05-19 Kumagai Gumi Co Ltd 既存の建物の補強構造
JPH1162264A (ja) * 1997-08-13 1999-03-05 Takenaka Komuten Co Ltd 外殻フレーム耐震補強構造
JP2001049874A (ja) * 1999-08-09 2001-02-20 Kajima Corp 既存構造物の耐震補強工法および耐震補強構造
JP2003328568A (ja) * 2002-05-15 2003-11-19 Shimizu Corp 構造物の耐震補強構造
JP2004169504A (ja) * 2002-11-22 2004-06-17 Katsuhiko Imai Rc造用ブレースレス耐震補強工法
JP2009209585A (ja) * 2008-03-05 2009-09-17 Takenaka Komuten Co Ltd 既存建物の耐震補強方法および耐震補強構造
JP2011149253A (ja) * 2010-01-25 2011-08-04 Kfc Ltd 構造物の制振構造及びその施工方法
JP2011214261A (ja) * 2010-03-31 2011-10-27 Ube Industries Ltd 耐震補強構造及び耐震補強方法
JP2015137487A (ja) * 2014-01-22 2015-07-30 株式会社竹中工務店 構造物
JP2017066625A (ja) * 2015-09-28 2017-04-06 東京電力ホールディングス株式会社 単柱構造物の補強方法
JP2020084689A (ja) * 2018-11-29 2020-06-04 株式会社竹中工務店 耐震補強構造

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10131516A (ja) * 1996-10-30 1998-05-19 Kumagai Gumi Co Ltd 既存の建物の補強構造
JPH1162264A (ja) * 1997-08-13 1999-03-05 Takenaka Komuten Co Ltd 外殻フレーム耐震補強構造
JP2001049874A (ja) * 1999-08-09 2001-02-20 Kajima Corp 既存構造物の耐震補強工法および耐震補強構造
JP2003328568A (ja) * 2002-05-15 2003-11-19 Shimizu Corp 構造物の耐震補強構造
JP2004169504A (ja) * 2002-11-22 2004-06-17 Katsuhiko Imai Rc造用ブレースレス耐震補強工法
JP2009209585A (ja) * 2008-03-05 2009-09-17 Takenaka Komuten Co Ltd 既存建物の耐震補強方法および耐震補強構造
JP2011149253A (ja) * 2010-01-25 2011-08-04 Kfc Ltd 構造物の制振構造及びその施工方法
JP2011214261A (ja) * 2010-03-31 2011-10-27 Ube Industries Ltd 耐震補強構造及び耐震補強方法
JP2015137487A (ja) * 2014-01-22 2015-07-30 株式会社竹中工務店 構造物
JP2017066625A (ja) * 2015-09-28 2017-04-06 東京電力ホールディングス株式会社 単柱構造物の補強方法
JP2020084689A (ja) * 2018-11-29 2020-06-04 株式会社竹中工務店 耐震補強構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR20180010833A (ko) 헌치를 이용한 철근콘크리트 보-기둥 내진 보강 접합부
JPH1096329A (ja) 既存建築物の耐震補強方法
JP2005139894A (ja) 鉄骨連結部材
JPH1096294A (ja) 鉄骨・鉄筋コンクリート梁
JP2002317498A (ja) 高層建物の軸組構造
JP3116767B2 (ja) 既設建物の免震構造化方法
JP2010229801A (ja) 建築工法
JP2686372B2 (ja) ユニット住宅
JPS6314937A (ja) 鉄筋鉄骨複合柱
JP2006241892A (ja) 家屋の耐震構造及びその施工方法
JP4354381B2 (ja) 増築工法
Matthewson et al. Design of an earthquake resisting building using precast concrete cross-braced panels and incorporating energy absorbing devices
JPS602462B2 (ja) プレキヤストコンクリ−ト耐震壁の組立架構法
JP3317057B2 (ja) 耐震チューブ架構の構築方法および高層事務所ビルの躯体構造
JP2024074693A (ja) 耐震補強用構造体、及びそれを使った耐震補強方法
Xiong et al. Configuration Features and Calculation Mechanisms of the Composite RC Column‐Steel Beam (RCS) Joints: State of the Art
JPH0718191B2 (ja) 多層建物の柱梁の仕口構造
JP2594382B2 (ja) ユニット住宅
JP2003035051A (ja) 耐震壁用鋼板および鋼板耐震壁の構築方法
JP2005139868A (ja) 鉄骨門型及び四方枠型ラーメンフレームによる木造建物の耐震等の補強に関する工法
JPH10306614A (ja) メガストラクチャとフラットスラブを採用した建物の免震構造
JPH10299260A (ja) ロ字型骨組架構による既存建築物の耐震改修方法
JPH09125568A (ja) 耐震架構
JP2003074192A (ja) 耐震補強構造
JPS641628B2 (ja)