JPH1091369A - Method and device for deleting printer driver, and medium where printer driver deleting program is recorded - Google Patents

Method and device for deleting printer driver, and medium where printer driver deleting program is recorded

Info

Publication number
JPH1091369A
JPH1091369A JP24622796A JP24622796A JPH1091369A JP H1091369 A JPH1091369 A JP H1091369A JP 24622796 A JP24622796 A JP 24622796A JP 24622796 A JP24622796 A JP 24622796A JP H1091369 A JPH1091369 A JP H1091369A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
printer driver
printer
driver
deleted
deletion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP24622796A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3346997B2 (en )
Inventor
Atsushi Sannokiyou
Maki Watanabe
Kazumi Yanagidaira
淳 三ノ京
一美 柳平
真基 渡辺
Original Assignee
Nec Corp
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make it possible to delete different kinds of printer drivers by one kind of a deletion software.
SOLUTION: A host device which can control printers individually implements the printer driver deleting method for deleting an arbitrary printer driver between printer drivers 71 and 72 stored in a specific storage location 7 to previously add characteristic deletion information 74 for specifying the printer driver to be deleted according to specification to the printer drivers 71 and 72 stored in the specific storage area 7, and when the printer driver to be deleted is specified, the host device specifies and deletes the printer driver to be deleted between the printer drivers according to the description contents of the characteristic deletion information 74.
COPYRIGHT: (C)1998,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、プリンタドライバ削除方法及び装置並びにプリンタドライバ削除プログラムを記録した媒体に係り、特に、複数のプリンタを個別に制御可能な上位装置が、所定の記憶領域に格納された複数のプリンタドライバのうち任意のプリンタドライバを削除するためのプリンタドライバ削除方法及び装置並びに媒体に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is stored, relates the printer driver deletion method and apparatus, and a printer driver deleting programs recorded medium, in particular, a plurality of printers individually controllable host device, in a predetermined storage area about the printer driver deletion method and apparatus, and medium to remove any printer driver of the plurality of printer drivers which is.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、異なる種類のプリンタ装置を複数台接続して個別に制御可能な上位装置があった。 Conventionally, there has been individually controllable upper apparatus connected plurality of different types of printer. ここで、各プリンタ装置に所期の動作を生じさせるためには、上位装置に各プリンタ毎に個別に対応する複数のプリンタドライバを登録する必要があった。 Here, in order to produce the desired operation for each printing apparatus, it is necessary to register a plurality of printer drivers corresponding individually for each printer to the host device. 一方、接続されていたプリンタ装置を個別に取り外す場合は、対応するプリンタ装置のプリンタドライバを上位装置から削除しておけば記憶容量を節約することができた。 On the other hand, when removing the printer apparatus are connected individually, it was possible to save the storage capacity if you delete the printer driver of the corresponding printer device from the host device. このため、プリンタドライバのソフトウェアには、そのプリンタドライバ専用の削除ソフトウェアが添付されていた。 For this reason, the printer driver software, the printer driver custom remove software has been attached.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来例にあっては、複数のプリンタ装置を取り外すときには、対応する各プリンタドライバ毎に別個の削除ソフトウェアを使用して各プリンタドライバの削除を行う必要があったので、操作手順が一貫しておらず煩わしさを伴う不都合があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the above conventional example, when removing a plurality of printer devices use a separate deletion software for each corresponding each printer driver necessary to perform the deletion of the printer driver because there was, there is a problem with the hassle of not operating procedures consistently.

【0004】また、メーカー側は、各プリンタドライバ毎に異なる削除ソフトウェアを開発しなければならなかったので、開発コストや開発に要する時間の削減が課題となっていた。 [0004] In addition, the manufacturer side, so had to develop a different deletion software for each printer driver, reduction of time required for development costs and development has been a problem.

【0005】 [0005]

【発明の目的】本発明は、かかる従来例の有する不都合を改善し、特に、一種類の削除ソフトウェアで異なる複数種類のプリンタドライバの削除を可能にするプリンタドライバ削除方法及び装置並びにプリンタドライバ削除プログラムを記録した媒体を提供することを、その目的とする。 SUMMARY OF THE INVENTION The present invention provides such a conventional example improving the disadvantages possessed by, in particular, one type a plurality of types of different deletion software printer driver deletion method allows the deletion of the printer driver apparatus, and a printer driver deletion program to provide a medium recording, and an object.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、請求項1記載の方法は、複数のプリンタを個別に制御可能な上位装置が、所定の記憶領域に格納された複数のプリンタドライバのうち任意のプリンタドライバを削除するためのプリンタドライバ削除方法において、所定の記憶領域に格納された各プリンタドライバに、上位装置が指定に応じて削除すべきプリンタドライバを特定するための固有削除情報を予め付加しておき、削除すべきプリンタドライバが指定されると、上位装置は、固有削除情報の記述内容に基づいて複数のプリンタドライバの中から削除すべきプリンタドライバを特定して削除する、という構成を採っている。 To achieve the above object, according to an aspect of the method of claim 1, wherein the plurality of printers individually controllable host system, a plurality of printer drivers stored in a predetermined storage area in the printer driver deletion method for deleting the out any printer driver, to each printer driver stored in a predetermined storage area, the specific deletion information for higher-level device to identify the printer driver to be deleted in accordance with the designation previously added, the printer driver to be deleted is designated, the host device deletes identifies the printer driver to be deleted from among a plurality of printer drivers on the basis of the description content of the specific deletion information, that It adopts a configuration.

【0007】請求項2記載の装置は、複数のプリンタを個別に制御可能な上位装置に装備され、当該上位装置の所定の記憶領域に格納された複数のプリンタドライバのうち任意のプリンタドライバを削除する中央処理部を備えたプリンタドライバ削除装置において、所定の記憶領域に格納された各プリンタドライバに、中央処理部が指定に応じて削除すべきプリンタドライバを特定するための固有削除情報を予め付加しておき、中央処理部は、削除すべきプリンタドライバが指定されると、固有削除情報の記述内容に基づいて複数のプリンタドライバの中から削除すべきプリンタドライバを特定して削除する、という構成を採っている。 [0007] The apparatus of claim 2 wherein is equipped with multiple printers individually controllable host device, remove any of the printer driver of the plurality of printer drivers stored in a predetermined storage area of ​​the host device in the printer driver deleting apparatus having a central processing unit that, in the printer driver stored in a predetermined storage area, in advance adding a specific deletion information for the central processing unit to identify the printer driver to be deleted in accordance with the designation ; then, the central processing unit, the printer driver to be deleted is designated, configured as to remove by specifying the printer driver to be deleted from among a plurality of printer drivers on the basis of the description content of the specific deletion information It has taken.

【0008】請求項3記載の媒体は、コンピュータによって所定の記憶領域に格納された複数のプリンタドライバから任意のプリンタドライバを削除するためのプログラムを記録した媒体であって、該削除プログラムは削除すべきプリンタドライバが指定されると、コンピュータに指定に応じて削除すべきプリンタドライバを特定するための固有削除情報の記述内容に基づいて複数のプリンタドライバの中から削除すべきプリンタドライバを特定させ、特定したプリンタドライバを削除させる、という構成を採っている。 [0008] medium of the third aspect, a medium for recording a program for removing any printer driver from the plurality of printer drivers stored in a predetermined storage area by the computer, the deletion program deletes When the printer driver to is specified, based on the description content of the specific deletion information for identifying a printer driver to be deleted in accordance with the specified computer to identify the printer driver to be deleted from among a plurality of printer drivers, It adopts a configuration that causes delete a specific printer driver. これらにより、前述した目的を達成しようとするものである。 These are intended to achieve the object mentioned above.

【0009】本発明では、例えば、プリンタドライバの登録時に各プリンタドライバに固有の固有削除情報を付加し、プリンタドライバの削除時には削除すべきプリンタドライバの固有削除情報が参照され該当するプリンタドライバだけが削除される。 [0009] In the present invention, for example, by adding a specific unique deletion information to each printer driver at the time of registration of the printer driver, at the time of deletion of the printer driver is referred specific deletion information for the printer driver to be deleted by appropriate printer driver It is deleted.

【0010】 [0010]

【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施形態を図1 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, FIG. 1 one embodiment of the present invention
乃至図5に基づいて説明する。 To be described with reference to FIG.

【0011】図1は、本実施形態の構成を示すブロック図である。 [0011] Figure 1 is a block diagram showing the configuration of the present embodiment. 符号10は、上位装置を示す。 Reference numeral 10 denotes a host device. CPU5には、フロッピディスクドライブ2,情報入力用のキーボード3,表示用のディスプレイ4,及びプログラムやデータ等が格納される固定ディスク7が併設されている。 The CPU 5, a floppy disk drive 2, a keyboard 3 for information input, fixed disk 7 is juxtaposed to the display 4, and programs and data for display is stored.
CPU5は、固定ディスク7から又はフロッピディスクドライブ2を介してメモリ6に読み出したプログラムを逐次実行することにより各種の機能を実現するようになっている。 CPU5 is adapted to achieve various functions by sequentially executing a program read in the memory 6 via the or floppy disk drive 2 fixed disk 7. また、CPU5には、所定のインタフェース(図示略)を介して複数のプリンタ装置#1,#2, Further, the CPU 5, a plurality of printer apparatuses # 1 via a predetermined interface (not shown), # 2,
…,#nが接続されている。 ..., # n is connected.

【0012】符号1は、プリンタドライバ等が予め格納されたフロッピディスクを示す。 [0012] Reference numeral 1 denotes a floppy disk printer driver is stored in advance. このフロッピディスク1の内容を図2に示す。 It shows the contents of the floppy disk 1 in FIG. フロッピディスク1には、当該フロッピディスク1に格納されたプリンタドライバ17 The floppy disk 1, the printer driver 17 stored on the floppy disk 1
をCPU5が固定ディスク7に登録するためのドライバ登録機能11と、プリンタ毎に異なる複数のプリンタドライバがそれぞれ個別に備える所定の固有ドライバ機能12と、プリンタ毎に異なる複数のプリンタドライバがそれぞれ共通して備える共通ドライバ機能13とが格納されている。 The driver registration function 11 for CPU5 to register the fixed disk 7, a predetermined specific driver functions 12 different printer drivers for each printer respectively provided individually, different printer drivers are common, respectively for each printer a common driver functionality 13 provided Te is stored. また、フロッピディスク1には、CPU5 In addition, the floppy disk 1, CPU5
が固定ディスク7に格納された複数のプリンタドライバのうち指定された任意のプリンタドライバを削除するためのドライバ削除機能14と、CPU5がドライバ削除機能14を実行する際に固定ディスク7に格納されている複数の固有ドライバ機能から指定に応じて削除すべき固有ドライバ機能12を特定するための固有削除情報1 There the driver delete function 14 for removing any printer driver designated among a plurality of printer drivers stored in the fixed disk 7, CPU 5 is stored in the fixed disk 7 when executing the driver delete function 14 specific deletion information 1 for identifying the specific driver functions 12 to be deleted in accordance with the designation of a plurality of specific driver functions are
5と、CPU5がドライバ削除機能14を実行する際に削除すべき共通ドライバ機能13を特定するための共通削除情報16とが格納されている。 And 5, CPU 5 and the common deletion information 16 for identifying the common driver functionality 13 to be deleted when performing driver delete function 14 is stored.

【0013】ここで、固有削除情報とは、例えば、固有ドライブ機能を実現するプログラムファイル(複数ファイルから成る場合もある)が格納されるファイルディレクトリ等を記述したものである。 [0013] Here, the specific deletion information, for example, those program files for realizing the specific drive function (may consist of multiple files) describing the file directory, etc. to be stored. また、共通削除情報とは、例えば、共通ドライブ機能を実現するプログラムファイル(複数ファイルから成る場合もある)が格納されるファイルディレクトリ等を記述したものである。 Further, the common deletion information, for example, those program files that implement the common drive function (may consist of multiple files) describing the file directory, etc. to be stored.

【0014】ここで、固有ドライバ機能12と共通ドライバ機能13とが一組となってプリンタドライバ17を構成する。 [0014] Here, a specific driver function 12 and the common driver function 13 constitutes the printer driver 17 is a set. そして、このようなフロッピディスクがCP And, such a floppy disk CP
U5に接続される各プリンタ毎にそれぞれ用意されている。 They are prepared respectively for each printer connected to U5. 各プリンタ#1,#2,…#nのプリンタドライバ17は、それぞれ同一の共通ドライバ機能13を備えると共にそれぞれ異なる固有ドライバ機能12を有し、プリンタドライバ全体としては、各プリンタ毎に異なるプリンタドライバとして構成されている。 Each printer # 1, # 2, ... printer driver 17 of the # n has a different specific driver function 12 with each comprising a same common driver functionality 13, as a whole printer driver, different printer drivers for each printer It is configured as.

【0015】また、ドライバ登録機能11,ドライバ削除機能14,共通削除情報16は、各プリンタ用のフロッピディスク間において共通であるが、固有削除情報1 [0015] The driver registration function 11, the driver delete function 14, the common deletion information 16 is the same between floppy disk for each printer, specific deletion information 1
5は、各プリンタのフロッピディスク毎に固有ドライバ機能12に対応して異なっている。 5 is different in correspondence to the specific driver functions 12 for each floppy disk in the printer.

【0016】一方、このフロッピディスク1から読み出されたプリンタドライバ17等が格納される固定ディスク7の構成を図3に示す。 [0016] On the other hand, it shows the configuration of a fixed disk 7 by the printer driver 17 or the like read from the floppy disk 1 is stored in FIG. 固定ディスク7は、プリンタ毎に異なる複数の固有ドライバ機能71 1 ,71 2 Fixed disk 7, a plurality of different specific driver functions for each printer 71 1, 71 2,
…,71 nを格納する領域71と、共通ドライバ機能を格納する領域72と、ドライバ削除機能を格納する領域73とを備えている。 ..., and a region 71 for storing a 71 n, a region 72 for storing a common driver function, and an area 73 for storing the driver delete function. また、プリンタ毎に異なる複数の固有削除情報74 1 ,74 2 ,…,74 nを格納する領域74と、共通削除情報を格納する領域75と、固定ディスク7に登録されているプリンタドライバ名を格納する領域76とを備えている。 Further, a plurality of specific deletion information 74 1 different for each printer, 74 2, ..., and region 74 which stores the 74 n, a region 75 for storing the common deletion information, the printer driver name registered in the fixed disk 7 and a region 76 for storing.

【0017】次に、本実施形態におけるプリンタドライバ登録処理を図4に基づいて説明する。 Next, the printer driver registration processing in this embodiment will be described with reference to FIG. 以下、プリンタ#1のプリンタドライバを登録する場合を例に説明する。 Hereinafter, the case of registering the printer driver for the printer # 1 as an example.

【0018】プリンタ#1に対応するプリンタドライバのフロッピディスク1をフロッピディスクドライブ2に装着し、キーボード3から登録実行コマンドを入力すると、CPU5は、フロッピディスク1のドライバ登録機能11をメモリ6にコピーして実行する。 [0018] fitted with a printer # floppy disk 1 of the corresponding printer driver 1 in a floppy disk drive 2, when entering the registration execution command from the keyboard 3, copy CPU5 is a driver registration function 11 of the floppy disk 1 in the memory 6 to be executed.

【0019】ドライバ登録機能11が実行されると、C [0019] When the driver registration function 11 is executed, C
PU5は、フロッピディスク1をアクセスしてこれから登録しようとするプリンタドライバ17の種類を確認し(ステップS1)、そのプリンタドライバ17が固定ディスク7に既に登録されているか否かを固定ディスク7 PU5 checks the type of the printer driver 17 to be now registered to access the floppy disk 1 (step S1), the fixed disk 7 whether the printer driver 17 has already been registered in the fixed disk 7
の登録済ドライバ名76を参照して判断する(ステップS2)。 Referring to determine the registered driver name 76 (step S2).

【0020】この結果、同じプリンタドライバが既に登録されている場合は、登録の必要がないから処理を終了する。 [0020] Consequently, if the same printer driver has already been registered, the process ends because no need for registration. 一方、同じプリンタドライバが登録されていない場合、CPU5は、固定ディスク7に少なくとも1つの任意のプリンタドライバが登録されているか否かを登録済ドライバ名76を参照して判断する(ステップS On the other hand, if the same printer driver is not registered, CPU 5 is at least one optional printer driver determines by referring to the registered driver name 76 whether or not it is registered in the fixed disk 7 (step S
3)。 3). この結果、何れのプリンタドライバも登録されていない場合は、フロッピディスク1から、共通ドライバ機能13,ドライバ削除機能14,共通削除情報16を読み出し、固定ディスク7の対応する領域にコピーする(ステップS4)。 As a result, if either of the printer drivers is not registered, the floppy disk 1, the common driver functionality 13, the driver delete function 14 reads out the common deletion information 16, the corresponding copied to the region (Step S4 in the fixed disk 7 ). 一方、何れかのプリンタドライバが既に登録されている場合、共通ドライバ機能13,ドライバ削除機能14,及び共通削除情報16が既に固定ディスク7に格納されていると考えられるから、CPU5 On the other hand, if any of the printer driver has already been registered, the common driver functionality 13, the driver delete function 14, and be considered that the common deletion information 16 is already stored in the fixed disk 7, CPU 5
は上記ステップS4の処理を省略する。 It is omitted process in step S4.

【0021】次に、CPU5は、フロッピディスク1から固有ドライバ機能12,固有削除情報15を読み出し、固定ディスク7の該当領域にコピーする(ステップS5)。 [0021] Then, CPU 5 is specific driver function 12 from a floppy disk 1, reads out the specific deletion information 15 is copied to the corresponding area of ​​the fixed disk 7 (step S5). その後、CPU5は、今登録したプリンタドライバ名を固定ディスクの登録済ドライバ名76に追加し(ステップS6)、プリンタドライバの登録処理を終了する。 Thereafter, CPU 5 adds the printer driver name registered now registered driver name 76 of the fixed disk (step S6), and terminates the registration processing of the printer driver.

【0022】以上のプリンタドライバ登録処理は、CP [0022] The above printer driver registration process, CP
U5に接続された各プリンタ毎に固有のフロッピディスクを用いて実行される。 It is performed using a specific floppy disk for each printer connected to U5. 例えば、プリンタ#1〜#nまでのプリンタドライバを登録したとすると、固定ディスク7には、図3に示したように、固有ドライバ機能71 For example, if the registered printer drivers to printers #. 1 to # n, the fixed disk 7, as shown in FIG. 3, unique driver functionality 71
及び固有削除情報74がプリンタ毎に格納され、共通ドライバ機能72と共通削除情報75は各一つ格納される。 And specific deletion information 74 is stored in each printer, the common deletion information 75 and the common driver functionality 72 is stored each one. そして、CPU5は、プリンタ#1を動作させるときは、共通ドライバ機能72と固有ドライバ機能71 1 Then, CPU 5, when operating the printer # 1, the common driver function 72 and specific driver functions 71 1
を起動し、プリンタ#nを動作させるときは、共通ドライバ機能72と固有ドライバ機能71 nを起動する。 Start, when operating the printer #n starts the common driver function 72 and specific driver functionality 71 n.

【0023】次に、本実施形態におけるプリンタドライバ削除処理を図5に基づいて説明する。 Next, the printer driver deletion processing in the present embodiment will be described with reference to FIG.

【0024】キーボード3から削除コマンドを入力すると、CPU5は、固定ディスク7のドライバ削除機能7 [0024] When you enter the Delete command from the keyboard 3, CPU5, the driver delete function of the fixed disk 7 7
3をメモリ6に読み出して実行する。 3 is read into the memory 6 to perform. ドライバ削除機能が実行されると、ディスプレイ4に削除するプリンタドライバの選択要求メッセージが表示され、これに対し、 When the driver delete function is executed, the printer driver selection request message to delete the display 4 displays, contrast,
キーボード3から削除したいプリンタドライバを入力する(ステップS11)。 Inputting a printer driver to be deleted from the keyboard 3 (step S11). ここでは、プリンタ#1のプリンタドライバが削除対象として選択されたとする。 Here, the printer # 1 of the printer driver has been selected for deletion.

【0025】プリンタドライバの選択を受けたCPU5 [0025] received the selection of the printer driver CPU5
は、該当するプリンタ#1の固有削除情報74 1を固定ディスク7から読み出し(ステップS12)、当該固有削除情報の記述内容に基づいて固定ディスク7に格納されている複数の固有ドライバ機能71 1 ,71 2 ,…, Reads the unique deletion information 74 1 of the relevant printer # 1 from the fixed disk 7 (step S12), the said specific deletion-specific driver functions 71 1 more stored on fixed disk 7 on the basis of the description content of the information, 71 2, ...,
71 nの中からプリンタ#1の固有ドライバ機能71 1 71 specific driver functionality 71 1 of the printer # 1 out of n
を特定して削除する(ステップS13)。 Certain to be deleted (step S13).

【0026】続いて、CPU5は、もはや必要の無くなったプリンタ#1の固有削除情報74 1を固定ディスク7から削除した後(ステップS14)、プリンタ#1のプリンタドライバ名を登録済ドライバ名76から削除する(ステップS15)。 [0026] Subsequently, CPU5 is, after deleting the specific deletion information 74 1 of the printer # 1 no longer need from fixed disk 7 (step S14), and the printer driver name of the printer # 1 from the registered driver name 76 to remove (step S15).

【0027】ここまでの処理を終了したCPU5は、登録済ドライバ名76を参照して他のプリンタドライバが登録されているか否かを判断し(ステップS16)、何れかのプリンタドライバが登録されていれば、削除処理を終了する。 The CPU5 that have been processed so far, with reference to the registered driver name 76 determines whether another printer driver is registered (step S16), and any of the printer driver is registered lever, and ends the deletion process. 一方、登録済ドライバ名が全て削除された場合、CPU5は、固定ディスク7から共通削除情報7 On the other hand, if the registered driver name has been deleted all, CPU5 the common deletion information from fixed disk 7 7
5を読み出し(ステップS17)、当該共通削除情報の記述内容に基づいて共通ドライバ機能18を削除する(ステップS18)。 5 reads out (step S17), and deletes the common driver function 18 based on the description content of the common deletion information (step S18). そして、最後に固定ディスク7からドライバ削除機能自体を削除する(ステップS1 Finally, to remove the driver delete function itself from the fixed disk 7 (step S1
9)。 9).

【0028】このように、本実施形態によれば、プリンタドライバの登録時に各プリンタドライバに固有の固有削除情報を付加し、プリンタドライバの削除時に削除すべきプリンタドライバの固有削除情報を参照して該当するプリンタドライバだけを削除するので、それぞれ別個に登録された任意のプリンタドライバを単一のドライバ削除機能により選択的に削除することができ、一貫した操作手順により任意のプリンタドライバを容易に削除することができる。 [0028] Thus, according to this embodiment, by adding the specific deletion information unique to each printer driver at the time of registration of the printer driver, with reference to the specific deletion information for the printer driver to be deleted when deleting the printer driver since only delete the appropriate printer driver, respectively can be selectively removed by separately registered single driver delete function any printer driver was easily delete any printer driver a consistent operating procedure can do. また、メーカー側は、各プリンタドライバ毎に異なる削除ソフトウェアを開発する必要がなくなるので、開発コストや開発に要する時間の削減を図ることができる。 Further, manufacturers are the need to develop different deletion software for each printer driver is eliminated, it is possible to reduce the time required for development cost and development. 更に、プリンタドライバ毎に異なる削除ソフトウェアを固定ディスクに格納する必要がなくなるので、従来例に比べ固定ディスクの容量を節約することができる。 Furthermore, the need to store different deletion software for each printer driver in the fixed disk is eliminated, it is possible to save the capacity of a fixed disk compared with the conventional example. また、将来開発されるプリンタドライバについては、固有削除情報さえ作成しておけば、既に登録済のドライバ削除機能によって既に登録済のプリンタドライバと同様に削除できるので、ソフト開発コストの更なる低減を図ることができる。 As for the printer driver to be developed in the future, if you create even specific deletion information, so already be removed already similarly to the registered printer drivers by driver delete function registered, the further reduction of the software development costs it is possible to achieve.

【0029】これに加え、プリンタドライバを、プリンタ毎に異なる複数のプリンタドライバがそれぞれ個別に備える所定の固有ドライバ機能と、プリンタ毎に異なる複数のプリンタドライバがそれぞれ共通して備える共通ドライバ機能とに分けて構成し、単一の共通ドライバ機能を複数のプリンタドライバ間で共用するように構成したので、固定ディスクの記憶容量をより節約することができる。 [0029] In addition to this, the printer driver, and a predetermined specific driver functions provided individually different printer drivers for each printer, respectively, a plurality of different printer drivers for each printer to the common driver functions provided in common respectively divided constructed, since it is configured so as to share a single common driver functionality between a plurality of printer drivers, it is possible to further save the storage capacity of a fixed disk.

【0030】次に、本発明の他の実施形態を図6乃至図7に基づいて説明する。 Next, another embodiment of the present invention will be described with reference to FIGs 6-7.

【0031】図6において、サーバSには、複数のクライアント#1,#2,#3が接続され、各クライアント毎に複数のプリンタ#1〜#6がそれぞれ接続されている。 [0031] In FIG. 6, the server S, a plurality of client # 1, # 2, # 3 are connected, a plurality of printer # 1 to # 6 are connected to each client. ここで、各クライアント#1,#2,#3は、上記実施形態で説明した上位装置10(図1)の構成とほぼ同一であるが、サーバSとのインタフェースを有する点と、CPU5がフロッピディスク1から読み出した共通削除情報をクライアントの固定ディスクに替えてサーバSの固定ディスク7Sに記録する機能を有する点で異なっている。 Here, each client # 1, # 2, # 3 is substantially the same as the configuration of the high-level equipment 10 described in the above embodiment (FIG. 1), and that it has an interface with the server S, the CPU5 floppy by changing the common deletion information read from the disk 1 to the client's fixed disk it is different in that it has a function of recording the fixed disk 7S server S.

【0032】本実施形態によるプリンタドライバ登録処理を図7に示す。 [0032] The printer driver registration process according to the present embodiment shown in FIG.

【0033】例えば、プリンタ#1に対応するプリンタドライバのフロッピディスク1をクライアント#1のフロッピディスクドライブ2に装着し、キーボード3から登録実行コマンドを入力すると、クライアント#1のC [0033] For example, when the floppy disk 1 of the printer driver corresponding to the printer # 1 is attached to the floppy disk drive 2 of the client # 1, and inputs the registration execution command from the keyboard 3, the client # 1 C
PU5は、フロッピディスク1のドライバ登録機能11 PU5 is, of floppy disk 1 driver registration function 11
をメモリ6にコピーして実行する。 The run was copied to the memory 6.

【0034】ドライバ登録機能11が実行されると、C [0034] When the driver registration function 11 is executed, C
PU5は、フロッピディスク1をアクセスしてこれから登録しようとするプリンタドライバ17の種類を確認し(ステップS21)、そのプリンタドライバ17が固定ディスク7に既に登録されているか否かを固定ディスク7の登録済ドライバ名76を参照して判断する(ステップS22)。 PU5 checks the type of the printer driver 17 to be now registered to access the floppy disk 1 (step S21), and registration of the fixed disk 7 whether the printer driver 17 has already been registered in the fixed disk 7 it is determined by referring to the pre-driver name 76 (step S22).

【0035】この結果、同じプリンタドライバが既に登録されている場合は、登録の必要がないから処理を終了する。 [0035] Consequently, if the same printer driver has already been registered, the process ends because no need for registration. 一方、同じプリンタドライバが登録されていない場合、CPU5は、固定ディスク7に少なくとも1つの任意のプリンタドライバが登録されているか否かを登録済ドライバ名76を参照して判断する(ステップS2 On the other hand, if the same printer driver is not registered, CPU 5 is at least one optional printer driver determines by referring to the registered driver name 76 whether or not it is registered in the fixed disk 7 (step S2
3)。 3). この結果、何れのプリンタドライバも登録されていない場合は、フロッピディスク1から、共通ドライバ機能13,ドライバ削除機能14を読み出し、固定ディスク7の対応する領域にコピーする(ステップS2 As a result, if both of the printer driver is not registered, the floppy disk 1, the common driver function 13 reads out the driver delete function 14 is copied to the corresponding area of ​​the fixed disk 7 (step S2
4)。 4).

【0036】そして、CPU5はサーバSの固定ディスク7Sにアクセスし、サーバSに共通削除情報がコピーされているか否かを判断する(ステップS25)。 [0036] Then, CPU 5 accesses the fixed disk 7S server S, the common deletion information to the server S determines whether it is copied (step S25). この結果、サーバSに共通削除情報がコピーされていない場合は、フロッピディスク1から共通削除情報16を読み出してサーバSの固定ディスク7Sに記録する(ステップS26)。 As a result, when the common deletion information to the server S is not copied, and records reads the common deletion information 16 from the floppy disk 1 on fixed disk 7S server S (step S26). 一方、既に共通削除情報がサーバSにコピーされていれば、CPU5はステップS26を省略する。 On the other hand, if it is already copied common deletion information to the server S, CPU 5 is omitted step S26.

【0037】また、上述したステップS23において、 Further, in step S23 described above,
クライアント#1の固定ディスク7に何れかのプリンタドライバが既に登録されている場合、共通ドライバ機能13,ドライバ削除機能14,及び共通削除情報16が既に固定ディスク7,7Sに格納されていると考えられるから、CPU5は後述するステップS27からの処理に移行する。 If the client # 1 in any of the printer driver in the fixed disk 7 has already been registered, considered common driver functionality 13, the driver delete function 14, and the common deletion information 16 has already been stored in the fixed disk 7,7S since is, CPU 5 proceeds to the processing from step S27 to be described later.

【0038】次に、CPU5は、フロッピディスク1から固有ドライバ機能12,固有削除情報15を読み出し、クライアント#1が有する固定ディスク7の該当領域にコピーする(ステップS27)。 Next, CPU 5 is specific driver function 12 from a floppy disk 1, reads out the specific deletion information 15 is copied to the corresponding area of ​​the fixed disc 7 having the client # 1 (step S27). その後、CPU5 Then, CPU5
は、今登録したプリンタドライバ名を固定ディスクの登録済ドライバ名76に追加し(ステップS28)、プリンタドライバの登録処理を終了する。 , Add a printer driver name registered now to the registered driver name 76 of the fixed disk (step S28), and terminates the registration process of the printer driver.

【0039】以上のプリンタドライバ登録処理は、各クライアント#1,#2,#3に対し、CPU5に接続された各プリンタ#1〜#6毎に固有のフロッピディスクを用いて実行される。 The above printer driver registration process, each client # 1, # 2, with respect to # 3 is performed using a specific floppy disk to each printer # 1 to # every 6 connected to the CPU 5.

【0040】このようにすると、上述した実施形態の効果に加え、各クライアント毎に共通削除情報を備える必要がなくなるので、各クライアントの固定ディスク容量を効果的に節約することができる。 [0040] Thus, in addition to the effects of the embodiment described above, it is unnecessary to include the common deletion information for each client, it is possible to save the fixed disk capacity of each client effectively.

【0041】 [0041]

【発明の効果】本発明は、以上のように構成され機能するので、これによると、各プリンタドライバに固有の固有削除情報を付加し、プリンタドライバの削除時に削除すべきプリンタドライバの固有削除情報を参照して該当するプリンタドライバだけを削除するので、それぞれ別個に登録された任意のプリンタドライバを単一のドライバ削除機能により選択的に削除することができ、一貫した操作手順により任意のプリンタドライバを容易に削除することができる。 The present invention exhibits, so structured and functions as described above, according to this, by adding a specific unique deletion information to each printer driver, specific deletion information for the printer driver to be deleted when deleting the printer driver Referring to since only delete the appropriate printer driver, respectively can be selectively removed by separately registered single driver delete function any printer driver has, any printer driver a consistent operating procedure it is possible to easily remove. また、メーカー側は、各プリンタドライバ毎に異なる削除ソフトウェアを開発する必要がなくなるので、開発コストや開発に要する時間の削減を図ることができる。 Further, manufacturers are the need to develop different deletion software for each printer driver is eliminated, it is possible to reduce the time required for development cost and development. 更に、プリンタドライバ毎に異なる削除ソフトウェアを固定ディスクに格納する必要がなくなるので、従来例に比べ固定ディスクの容量を節約することができる。 Furthermore, the need to store different deletion software for each printer driver in the fixed disk is eliminated, it is possible to save the capacity of a fixed disk compared with the conventional example. また、将来開発されるプリンタドライバについては、固有削除情報さえ作成しておけば、既に登録済のドライバ削除機能によって既に登録済のプリンタドライバと同様に削除できるので、ソフト開発コストの更なる低減を図ることができる、という従来にない優れたプリンタドライバ削除方法及び装置並びにプリンタドライバ削除プログラムを記録した媒体を提供することができる。 As for the printer driver to be developed in the future, if you create even specific deletion information, so already be removed already similarly to the registered printer drivers by driver delete function registered, the further reduction of the software development costs it is possible to provide a recorded medium can be excellent printer driver deletion method unprecedented that apparatus, and a printer driver deletion program be reduced.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施形態を示すブロック図である。 1 is a block diagram illustrating an embodiment of the present invention.

【図2】図1におけるフロッピディスクの内容を示す構成図である。 Is a block diagram showing the contents of a floppy disk in FIG. 1;

【図3】図1における固定ディスクの記憶領域を示す構成図である。 3 is a block diagram showing a storage area of ​​the fixed disk in FIG.

【図4】図1に示す実施形態におけるプリンタドライバ登録処理の流れを示すフローチャートである。 4 is a flowchart showing a flow of a printer driver registration process in the embodiment shown in FIG.

【図5】図1に示す実施形態におけるプリンタドライバ削除処理の流れを示すフローチャートである。 5 is a flowchart showing a flow of a printer driver deletion processing in the embodiment shown in FIG.

【図6】本発明の他の実施形態を示すブロック図である。 6 is a block diagram showing another embodiment of the present invention.

【図7】図6に示す実施形態におけるプリンタドライバ登録処理の流れを示すフローチャートである。 7 is a flowchart showing a flow of a printer driver registration process in the embodiment shown in FIG.

【符号の説明】 1 フロッピディスク(媒体) 2 フロッピディスクドライブ 3 キーボード 4 ディスプレイ 5 CPU(中央処理部、コンピュータ) 6 メモリ 7 固定ディスク(所定の記憶領域) 8 プリンタ 10 上位装置 11 ドライバ登録機能 12 固有ドライバ機能 13 共通ドライバ機能 14 ドライバ削除機能 15 固有削除情報 16 共通削除情報 17 プリンタドライバ S サーバ 7S サーバの固定ディスク [EXPLANATION OF SYMBOLS] 1 floppy disk (medium) 2 floppy disk drive 3 keyboard 4 display 5 CPU (central processing unit, a computer) 6 memory 7 fixed disk (predetermined storage area) 8 printer 10 host device 11 driver registration function 12 specific driver function 13 common driver functionality 14 driver delete function 15 specific deletion information 16 common deletion information 17 printer driver S server 7S server fixed disk

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 複数のプリンタを個別に制御可能な上位装置が、所定の記憶領域に格納された複数のプリンタドライバのうち任意のプリンタドライバを削除するためのプリンタドライバ削除方法において、 前記所定の記憶領域に格納された各プリンタドライバに、前記上位装置が指定に応じて削除すべきプリンタドライバを特定するための固有削除情報を予め付加しておき、 削除すべきプリンタドライバが指定されると、前記上位装置は、前記固有削除情報の記述内容に基づいて複数のプリンタドライバの中から削除すべきプリンタドライバを特定して削除することを特徴としたプリンタドライバ削除方法。 1. A plurality of printers individually controllable host device, the printer driver deletion method for deleting an arbitrary printer driver of the plurality of printer drivers stored in a predetermined storage area, the predetermined each printer driver stored in the storage area, the host system is previously added with unique deletion information for identifying a printer driver to be deleted in accordance with the designation, the printer driver to be deleted is designated, the host device, the printer driver deletion method and deletes identify the printer driver to be deleted from among a plurality of printer drivers on the basis of the description content of the specific deletion information.
  2. 【請求項2】 複数のプリンタを個別に制御可能な上位装置に装備され、当該上位装置の所定の記憶領域に格納された複数のプリンタドライバのうち任意のプリンタドライバを削除する中央処理部を備えたプリンタドライバ削除装置において、 前記所定の記憶領域に格納された各プリンタドライバに、前記中央処理部が指定に応じて削除すべきプリンタドライバを特定するための固有削除情報を予め付加しておき、 前記中央処理部は、削除すべきプリンタドライバが指定されると、前記固有削除情報の記述内容に基づいて複数のプリンタドライバの中から削除すべきプリンタドライバを特定して削除することを特徴としたプリンタドライバ削除装置。 2. A is equipped with a plurality of printers individually controllable host device comprises a central processing unit to remove any printer driver of the plurality of printer drivers stored in a predetermined storage area of ​​the host device and the printer driver deletion unit, to each printer driver stored in the predetermined storage area, in advance adding a specific deletion information for the central processing unit to identify the printer driver to be deleted in accordance with the designation, It said central processing unit, the printer driver to be deleted is designated and characterized by deleting identify the printer driver to be deleted from among a plurality of printer drivers on the basis of the description content of the specific deletion information printer driver deletion unit.
  3. 【請求項3】 コンピュータによって所定の記憶領域に格納された複数のプリンタドライバから任意のプリンタドライバを削除するためのプログラムを記録した媒体であって、 該削除プログラムは、 削除すべきプリンタドライバが指定されると、コンピュータに、指定に応じて削除すべきプリンタドライバを特定するための固有削除情報の記述内容に基づいて複数のプリンタドライバの中から削除すべきプリンタドライバを特定させ、特定したプリンタドライバを削除させる、 ことを特徴としたプリンタドライバ削除プログラムを記録した媒体。 3. A medium for recording a program for removing any printer driver from the plurality of printer drivers stored in a predetermined storage area by the computer, the deletion program, the designated printer driver to be deleted Once, the computer to identify the printer driver to be deleted from among a plurality of printer drivers on the basis of the description content of the specific deletion information for identifying a printer driver to be deleted in accordance with the designation, a specific printer driver to remove, medium recording a printer driver deletion program characterized by.
JP24622796A 1996-09-18 1996-09-18 Printer driver deletion method, apparatus, and medium recording a printer driver deletion program Ceased JP3346997B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24622796A JP3346997B2 (en) 1996-09-18 1996-09-18 Printer driver deletion method, apparatus, and medium recording a printer driver deletion program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24622796A JP3346997B2 (en) 1996-09-18 1996-09-18 Printer driver deletion method, apparatus, and medium recording a printer driver deletion program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1091369A true true JPH1091369A (en) 1998-04-10
JP3346997B2 JP3346997B2 (en) 2002-11-18

Family

ID=17145413

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP24622796A Ceased JP3346997B2 (en) 1996-09-18 1996-09-18 Printer driver deletion method, apparatus, and medium recording a printer driver deletion program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3346997B2 (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005050062A (en) * 2003-07-31 2005-02-24 Canon Inc Print processing system, method for processing information of system, information processor, method for processing information of processor, client apparatus, and information processing program
US7665084B2 (en) 2003-03-25 2010-02-16 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Uninstall system
US7853946B2 (en) 2003-02-28 2010-12-14 Canon Kabushiki Kaisha Information processing apparatus, information processing method, and control program

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7853946B2 (en) 2003-02-28 2010-12-14 Canon Kabushiki Kaisha Information processing apparatus, information processing method, and control program
US7665084B2 (en) 2003-03-25 2010-02-16 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Uninstall system
JP2005050062A (en) * 2003-07-31 2005-02-24 Canon Inc Print processing system, method for processing information of system, information processor, method for processing information of processor, client apparatus, and information processing program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP3346997B2 (en) 2002-11-18 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0921481A2 (en) Named bookmark sets
US6728711B2 (en) Automatic backup/recovery process
JP2002025182A (en) Media converter and data processor corresponding to plural media
US20040148367A1 (en) Method for integration edition of setting file and setting file integration base
JP2000112666A (en) Disk controller
JP2002024065A (en) Document management system, document managing method and recording medium in which program to execute its method is recorded
JPH0887440A (en) Device and method for data input/output management
JP2000099338A (en) Computer readable information recording medium
JP2001306382A (en) Method for accessing shared file, device for executing the method and recording medium recording its processing program
US20020013882A1 (en) Recordable optical disc and apparatus therefor including operating system and user configuration
JPH06161855A (en) Filing device and file access method
JPH07200182A (en) Information processor
JPH08314679A (en) Application management control method
JP2000132480A (en) Method and device for internet browsing, and record medium where internet browsing program is recorded
US20060095583A1 (en) Uniform disk image for performing computer diagnostics
JPH07219865A (en) Image input device, image output device and information processor
JP2002023964A (en) Method for controlling information stored in recording medium of computer system
JP2001184354A (en) Information read supporting device and recording medium stored with information read supporting program recorded
JPH10289134A (en) Access management system in data base
JPH1021123A (en) Information processor
JPH05113932A (en) Personal computer
JP2002007139A (en) Method for selecting boot partition and hiding unselected partition
JPH10283717A (en) Cd-rom reading system and cd-rom reading method
US6704754B1 (en) Method for shared use of medium-exchangeable storage device for purposes of backup and file system, and medium-exchangeable recording system
JPH1186512A (en) Data rewriting method for optical disk

Legal Events

Date Code Title Description
RVOP Cancellation by post-grant opposition