JPH1080916A - コンクリート打継ぎ仕切板 - Google Patents

コンクリート打継ぎ仕切板

Info

Publication number
JPH1080916A
JPH1080916A JP25771496A JP25771496A JPH1080916A JP H1080916 A JPH1080916 A JP H1080916A JP 25771496 A JP25771496 A JP 25771496A JP 25771496 A JP25771496 A JP 25771496A JP H1080916 A JPH1080916 A JP H1080916A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
concrete
partition plate
partition
reinforcing bar
plate body
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP25771496A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazufumi Watanabe
和文 渡辺
Kazumi Shinozaki
和美 篠崎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fastener Eng Kk
Original Assignee
Fastener Eng Kk
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fastener Eng Kk filed Critical Fastener Eng Kk
Priority to JP25771496A priority Critical patent/JPH1080916A/ja
Publication of JPH1080916A publication Critical patent/JPH1080916A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • On-Site Construction Work That Accompanies The Preparation And Application Of Concrete (AREA)
  • Moulds, Cores, Or Mandrels (AREA)
  • Manufacturing Of Tubular Articles Or Embedded Moulded Articles (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 埋込型でコンクリート打設後に撤去する必要
が無く、コンクリート打設後の構造物のせん断性能を高
めることができ、使用方法も簡便で、さらに配筋の位置
を支持、固定することで構造物の強度を高めることがで
き、又、止水性も具備できるコンクリート打継ぎ仕切板
を提供すること。 【解決手段】 コンクリートの打設に際しコンクリート
の範囲を区切って打設するための仕切板であって、仕切
板本体2と仕切板本体2に設けられた複数の突出部3と
を有し予め設計された配筋の位置に合わせて仕切板本体
2に鉄筋通し孔4が設けられる。鉄筋通し孔4は突出部
3に設けられる。仕切板本体2には鉄筋通し孔4の他に
配管用孔が設けられる。さらに仕切板本体2の周縁部に
は止水部材が設けられる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、コンクリート建造
物の壁、梁、床等の構築のためのコンクリート打設作業
において、範囲を区切ってコンクリートを打設するため
に用いられるコンクリート打継ぎ仕切板に関している。
【0002】
【従来の技術】コンクリート建造物の壁、梁、床等の各
構造体の構築に際してコンクリートを打設する場合は、
コンクリート打設時に突固め作業が必要であるが、コン
クリート量による制限、打設作業の作業時間に起因する
制限などの理由によって、打設する範囲を分割してコン
クリートを打設している。このため、区切られる範囲の
境界にはコンクリート打継ぎ仕切板が必要となる。
【0003】従来、コンクリート打継ぎ仕切板として、
ベニヤ板による木製平板あるいはラスが使用されてい
た。
【0004】しかし木製平板は、コンクリート打設後に
そのまま放置すると板の腐食によってコンクリート構造
物に隙間が生じ構造物の強度を著しく低下させる恐れが
あるため、コンクリート打設後には撤去する必要があ
り、かかる作業は大変面倒であった。又、木製平板は平
面状であることから、分割されて打設されたコンクリー
トの境界も平面状となるため、次に打設するコンクリー
トの付着力が弱く、構造物のせん断性能が低いという問
題点があった。さらに、木製平板の場合にはその都度現
場で鉄筋通し孔を開けているので、かかる作業も大変面
倒であった。
【0005】一方ラスは、上記した木製平板による問題
は回避できるが、固定のために溶接作業を必要とし、か
かる作業は面倒であるとう問題があった。さらに、入り
組んだ構造物等、溶接作業の足場がとれない場合には、
事実上ラスの使用は不可能であった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明が解決しようと
する課題は、埋込型でコンクリート打設後に撤去する必
要が無く、コンクリート打設後の構造物のせん断性能を
高めることができ、使用方法も簡便で、さらに配筋の位
置を支持、固定することで構造物の強度を高めることが
でき、又、止水性も具備できるコンクリート打継ぎ仕切
板を提供することである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明において上記課題
を解決するための手段は、コンクリートの打設に際しコ
ンクリートの範囲を区切って打設するための仕切板であ
って、仕切板本体と該仕切板本体に設けられた複数の突
出部とを有し予め設計された配筋の位置に合わせて上記
仕切板本体に鉄筋通し孔を設けたことを特徴としてい
る。鉄筋通し孔は突出部に設けられている。さらに、仕
切板本体は亜鉛メッキ鉄板によって構成され、又、仕切
板本体の周縁部には止水部材が設けられることを特徴と
する。
【0008】
【発明の実施の形態】図1は本発明の第1実施例を示す
図で、1が主として壁用のコンクリート打継ぎ仕切板で
あり、仕切板本体2の表面に予め設計された配筋の位置
に合わせて複数の突出部3及び鉄筋通し孔4が設けられ
ている。仕切板本体2の大きさ、形状は自由であるが、
厚さ1.0〜1.2mmの亜鉛メッキ鉄板によって構成
されている。又、突出部3は外周絞り径40mm、深さ
6mmの円筒形リブ状に構成されており、鉄筋通し孔4
の孔径はD16鉄筋の場合で20mmである。
【0009】尚、本実施例において鉄筋通し孔4は突出
部3と共に配筋の位置に合わせて設けられているが、鉄
筋通し孔4と突出部3とは別個に形成してもよい。又、
突出部3は8個設けられているが、突出部3の個数はこ
れに限らない。
【0010】本実施例を使用するには、図2及び図3に
示すように、型枠11内に配設した配筋10を鉄筋通し
孔4に通して、仕切板本体2をコンクリート打設部12
の境界とする位置に合わせるだけでよい。本実施例は公
知の手段によって型枠11を支持している構造体に固定
されるが、鉄筋通し孔4及び配筋10によっても支持さ
れるため、固定は容易である。
【0011】本実施例は強度、防錆性において優れる亜
鉛メッキ鉄板で構成されているため、腐食の恐れが極め
て少なく、コンクリート打設後に撤去する必要が無い。
又、本実施例は円筒形リブ状の突出部3を有しているた
め、コンクリートの付着力がよく、コンクリート打設後
の構造物のせん断性能を高めることができる。特に突出
部3に鉄筋通し孔4を設けた構成とすると、突出部3は
配筋10に沿って存在することになるため、せん断性能
向上の効果は顕著である。円筒形リブ状の突出部3はせ
ん断性能を高めるが、突出部3の形状、大きさ、数は、
構造物の仕様に合わせて選択することが可能である。さ
らに、鉄筋通し孔4によって配筋10の位置が支持、固
定されるため、配筋10の乱れが抑制され、構造物の強
度はより高められることになる。
【0012】本実施例では、図2、図3に示すように隣
接する仕切板本体2は突出部3を互いに重合して接続し
ているが、仕切板本体2の端縁部を単に接合させるだけ
で接続することができることは言うまでもない。
【0013】図4は本発明の第2実施例を示す図で、1
が主として梁用のコンクリート打継ぎ仕切板であり、仕
切板本体2の形状は構築材としてコンクリートに内蔵さ
れるH型鋼材の断面形状に合わせて構成され、具体的に
は仕切板本体2にH型鋼材係合部5が設けられている。
仕切板本体2の厚さ及び素材は第1実施例と同じであ
り、又、仕切板本体2に予め設計された配筋の位置に合
わせて複数の突出部3ならびに鉄筋通し孔4が設けられ
ることも第1実施例と同じである。ただし、第2実施例
では突出部3が仕切板本体2の表裏両面に交互に突出し
て設けられる。この他、突出部3の個数が実施例に限ら
れないことも第1実施例と同様である。
【0014】本実施例を使用するには、H型鋼材に仕切
板本体2のH型鋼材係合部5を係合させると共に、予め
設計された配筋10を鉄筋通し孔4に通して、コンクリ
ート打設部12の境界とする位置に仕切板本体2を合わ
せるだけで良い。本実施例も公知の手段によって型枠1
1等に固定される。本実施例を2個組み合わせることに
より、H型鋼材を内蔵する配置が可能である(図4参
照)。
【0015】本実施例によっても、第1実施例と同様の
効果が得られる。特に本実施例では、突出部3を仕切板
本体2の両面に設けているため、コンクリート打設後の
構造物のせん断性能を高める効果がより顕著である。
【0016】図5は本発明の第3実施例を示す図で、1
が主として床用のコンクリート打継ぎ仕切板であり、仕
切板本体2の形状は型枠となるデッキプレートの形状に
合わせて構成されている。仕切板本体2に複数の突出部
3及び鉄筋通し孔4が設けられていることは前記実施例
の場合と同様である。なお、本実施例の仕切板本体2に
は、配管用孔7が設けられている。この配管用孔7は、
詳細には半円形の切り込み7aを向かい合わせて構成さ
れており(図5B参照)、これを打ち抜くことによって
配管用孔7を貫通させられるように構成されている。配
管用孔7の個数は実施例に限られない。この他、説明し
ない構造は前記実施例と同じである。
【0017】第3実施例の使用方法は、配管に合わせて
配管用孔7を貫通させる他は第1実施例と同様である。
第3実施例においても、第1実施例と同様の効果が得ら
れる。
【0018】図6は本発明の第4実施例を示す図で、1
がコンクリート打継ぎ仕切板であり、第1実施例と同様
の構成に、仕切板本体2の周縁部に止水部材6を設けた
構成である。本実施例では、止水部材6は弾性のある軟
質プラスチック又はゴムによって構成されている。
【0019】第4実施例は、止水部材6と型枠とが密接
するように配置して使用する。その他の使用方法は第1
実施例と同様である。第4実施例においては、第1実施
例と同様の効果に加えて、止水部材6による止水効果に
よりコンクリート打設後に「ノロ」の流出を防止するこ
とができる。
【0020】
【発明の効果】本発明は、使用に際して予め設計、配設
された配筋を鉄筋通し孔に通すだけでよく、孔開け作
業、溶接作業等の特別な作業を必要とせず、取り扱いが
極めて簡便であることの他、配筋設計図ができた時点で
製造準備が始められるので工期の短縮が計れるものであ
る。又、コンクリート打設後に撤去する必要が無いの
で、従来行われていた型枠に対する処理も何ら必要が無
いことの効果がある。
【0021】又、本発明は突出部を有しているため、次
に打設するコンクリートの付着力がよく、コンクリート
打設後の構造物のせん断性能を高めることができる。突
出部の大きさ、形状等は随意に選択することができるた
め、構造物の要求する性能に幅広く対応することが可能
である。
【0022】又、本発明によって配筋の位置が支持、固
定されるため、配筋の乱れが抑制され、構造物の強度を
高めることの効果もある。
【0023】さらに、本発明は仕切板本体の周縁に止水
部材を設けることにより、コンクリート打設後に「ノ
ロ」の流出を防止することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】第1実施例を示す図で、(A)は正面図、
(B)は側面図、(C)は(A)のc―c線拡大断面
図。
【図2】第1実施例の使用状態を示す図で、(A)は正
面図、(B)は(A)のb―b線拡大断面図。
【図3】第1実施例の使用状態を示す斜視図。
【図4】第2実施例を示す図で、(A)は正面図、
(B)は平面図。
【図5】第3実施例を示す図で、(A)は正面図、
(B)は配管用孔部分の拡大図。
【図6】第4実施例を示す図で、(A)は正面図、
(B)は(A)のb―b線拡大断面図。
【符号の説明】
1 コンクリート打継ぎ仕切板 2 仕切板本体 3 突出部 4 鉄筋通し孔 5 H型鋼材係合部 6 止水部材 7 配管用孔 7a 切り込み 10 配筋(鉄筋) 11 型枠 12 コンクリート打設部

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 コンクリートの打設に際しコンクリート
    の範囲を区切って打設するための仕切板であって、仕切
    板本体(2)と、該仕切板本体(2)に設けられた複数
    の突出部(3)とを有し、予め設計された配筋(10)
    の位置に合わせて上記仕切板本体(2)に鉄筋通し孔
    (4)を設けたことを特徴とするコンクリート打継ぎ仕
    切板。
  2. 【請求項2】 鉄筋通し孔(4)が、突出部(3)に設
    けられていることを特徴とする請求項1に記載のコンク
    リート打継ぎ仕切板。
  3. 【請求項3】 突出部(3)が、円筒形リブ状に構成さ
    れていることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載
    のコンクリート打継ぎ仕切板。
  4. 【請求項4】 仕切板本体(2)の形状が、打設される
    コンクリートに内蔵される構築材の断面形状に合わせて
    構成されていることを特徴とする請求項1から請求項3
    のいずれかに記載のコンクリート打継ぎ仕切板。
  5. 【請求項5】 仕切板本体(2)が、亜鉛メッキ鉄板に
    よって構成されていることを特徴とする請求項1から請
    求項4のいずれかに記載のコンクリート打継ぎ仕切板。
  6. 【請求項6】 仕切板本体(2)の周縁部に、止水部材
    (6)が設けられていることを特徴とする請求項1から
    請求項5のいずれかに記載のコンクリート打継ぎ仕切
    板。
  7. 【請求項7】 仕切板本体(2)が、鉄筋通し孔(4)
    以外の配管用孔(7)を有することを特徴とする請求項
    1から請求項6のいずれかに記載のコンクリート打継ぎ
    仕切板。
  8. 【請求項8】 配管用孔(7)が、半円形の切り込み
    (7a)を向かい合わせて構成されていることを特徴と
    する請求項7に記載のコンクリート打継ぎ仕切板。
  9. 【請求項9】 突出部(3)が、仕切板本体(2)の両
    面に設けられていることを特徴とする請求項1から請求
    項8のいずれかに記載のコンクリート打継ぎ仕切板。
JP25771496A 1996-09-06 1996-09-06 コンクリート打継ぎ仕切板 Withdrawn JPH1080916A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25771496A JPH1080916A (ja) 1996-09-06 1996-09-06 コンクリート打継ぎ仕切板

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25771496A JPH1080916A (ja) 1996-09-06 1996-09-06 コンクリート打継ぎ仕切板

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1080916A true JPH1080916A (ja) 1998-03-31

Family

ID=17310095

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25771496A Withdrawn JPH1080916A (ja) 1996-09-06 1996-09-06 コンクリート打継ぎ仕切板

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1080916A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN110670716A (zh) * 2019-10-11 2020-01-10 中民筑友科技产业有限公司 预制梁式阳台、其与预制墙板的连接结构及施工方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN110670716A (zh) * 2019-10-11 2020-01-10 中民筑友科技产业有限公司 预制梁式阳台、其与预制墙板的连接结构及施工方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH1080916A (ja) コンクリート打継ぎ仕切板
KR100370437B1 (ko) 유로폼 거푸집용 스페이서
US4541213A (en) Shuttering elements
KR102180280B1 (ko) 보강철물을 이용한 주차장용 중공슬래브 이음부 구조
JP3239151B2 (ja) コンクリート壁の施工方法
JPH1161978A (ja) コンクリート構造及びその製造方法
JP4404263B2 (ja) コンクリート打継ぎ工法
JPH0633112Y2 (ja) コンクリート型枠の打継ぎ装置
JPH03217538A (ja) 構築用ブロック体
JP2565008Y2 (ja) コンクリート打継ぎ用金網板
JP2501766B2 (ja) 堰板の接合構造
JP7223656B2 (ja) プレキャストコンクリート製部材、基礎構造及びスラブ構造
JPS603151Y2 (ja) 合成樹脂土台
JP2958424B2 (ja) プレキャスト型枠及びその組み立て方法
JPH0860769A (ja) 建築物の壁面部材及びこれを用いた壁面構造
JP3146217B2 (ja) 軽量気泡コンクリート板の取付方法
JP2982847B2 (ja) コンクリート工事用永久型枠
KR950006219Y1 (ko) 암거의 하부판
JPH07119142A (ja) 鋼矢板および鋼製連壁
JPS6321620Y2 (ja)
JPH047307Y2 (ja)
JPH055927U (ja) コンクリート打継ぎ部用せき板
JP2023113116A (ja) 柱梁材及び柱梁材の形成方法
JPH09144214A (ja) 型枠用セパレータ
RU2155840C2 (ru) Универсальный строительный брус

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20031202