JPH1067002A - 突板のフィンガージョイント - Google Patents

突板のフィンガージョイント

Info

Publication number
JPH1067002A
JPH1067002A JP22690796A JP22690796A JPH1067002A JP H1067002 A JPH1067002 A JP H1067002A JP 22690796 A JP22690796 A JP 22690796A JP 22690796 A JP22690796 A JP 22690796A JP H1067002 A JPH1067002 A JP H1067002A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
veneer
finger
butting
plate
finger joint
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP22690796A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3469002B2 (ja
Inventor
Kanji Kitayama
完治 北山
Original Assignee
Kanji Kitayama
完治 北山
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kanji Kitayama, 完治 北山 filed Critical Kanji Kitayama
Priority to JP22690796A priority Critical patent/JP3469002B2/ja
Publication of JPH1067002A publication Critical patent/JPH1067002A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3469002B2 publication Critical patent/JP3469002B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 突板単板のフィンガージョイント部におい
て、肉厚段差を極小にして接合部を目立たないように
し、接合部に接着性樹脂を過不足なく浸透させてストレ
スの集中部のない安定した接合強度を有する突板のフィ
ンガージョイントを提供する。 【解決手段】 フィンガージョイントの工程に従って、
後続突板3b の送り込みローラ4、この突板3b に振動
を与えながらフィンガーカット部を突き合わせる振動突
き合わせ機構5、上記突き合わせ時に突板3が跳ね上が
らないように押さえるガラス平板6、先行突板3a を押
さえる先行突板押圧機構7、先行・後続の突板3a と3
b のフィンガーカット部の突き合わせ上に接着性テープ
を添置する接着性テープ供給機構8を順次配置し、前記
ガラス平板6を撥ね上げ収納した状態で、フィンガーカ
ット部を突き合わせた上を加圧・加熱するプレス10を
設置してなる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、突板のフィンガ
ージョイントに関し、詳しくは、フィンガージョイント
された部分における肉厚の段差が感じられず、突板単板
のスライスを薄くして、原木から突板単板を採取する歩
留りを向上させた突板のフィンガージョイントに関す
る。
【0002】
【従来の技術】変化に富んだ木目模様を有する原木は、
一般的に節間隔の長い部分が少ないため、節間の長い部
分をより取りしていたのでは歩留りが悪くなる。従って
節間の短い部分でも、節のある部分を取り除いて、これ
をスライスして突板単板とし、この突板単板に接着性樹
脂を塗布した不織布を裏打ちして突板とし、この突板の
両端をフィンガーカットし、木目を合わせて継ぎ目が目
立たないようにして仕上げるのがフィンガージョイント
である。
【0003】上記従来のフィンガージョイントは、原木
から厚さ0.5mm乃至1.0mmにスライスして突板単板
とし、これに接着性不織布を裏打ちして突板とし、この
両端をフィンガーカットして次々に突き合わせ、接着樹
脂層を有する不織布を、前記突き合わせ部に添置し、こ
の上から加圧・加熱して融着する。こうして得られた突
板は、厚肉の状態のまま融着され、その後にサンダーを
かけて所望の厚さにするとともに表面を滑らかに仕上げ
るものであった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記ような従来の突板
のフィンガージョイント技術では、原木から突板単板を
得るためのスライスが厚いため歩留りが悪く、フィンガ
ージョイント部に使用する接着性不織布を厚くし、接着
性樹脂も多くしないと確実な接着が望めず、その結果ジ
ョイント部に厚さの段差が残る問題がある。
【0005】また、前述のようにフィンガージョイント
後にサンダー掛けなどをしなければならないので、作業
環境も悪くなり、余分の工程と工数を必要とし、かつ、
歩留りも悪いものであった。また、フィンガージョイン
トは、フィンガーカットした部分を互いに突き合わせて
接合するのであるから、突き合わせが不十分であると接
合部に隙間ができて仕上がり表面が悪くなり、かつ、接
合強度も不安定になる問題がある。
【0006】この発明は、上記の問題に鑑み、原木をス
ライスして得られる突板単板の厚さを薄くして採取する
突板単板の歩留りを飛躍的に向上させ、フィンガーカッ
ト部の突き合わせを完全にして、フィンガージョイント
部が目立たないようにし、肉厚段差が認められないよう
にする。また、接合部に接着性樹脂を過不足なく浸透さ
せてストレスの集中部のない安定した接合強度を有する
突板のフィンガージョイントを提供することを課題とす
る。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に、請求項1の発明は、フィンガージョイントの工程に
従って、後続突板の送り込みローラ、この突板に振動を
与えながらフィンガーカット部を突き合わせる振動突き
合わせ機構、上記突き合わせ時に突板が跳ね上がらない
ように押さえる平板、先行突板を押さえる先行突板押圧
機構、先行・後続の突板とのフィンガーカット部の突き
合わせ上に接着性テープを添置する接着性テープ供給機
構を順次配置し、前記ガラス平板を撥ね上げ収納した状
態で、フィンガーカット部を突き合わせた上を加圧・加
熱するプレスを設置してなる構成を採用したものであ
る。
【0008】上記の如く構成するこの発明にあっては、
フィンガーカット突き合わせ部が、跳ね上がらないで隙
間なく完全に突き合わされ、その突き合わせ部分が接着
性テープの接着性樹脂により、ムラなく完全接着され
る。
【0009】請求項2の発明は、先行突板と後続突板の
フィンガーカット部を互いに突き合わせ、その上部を平
板で微小間隙を残して押さえ、前記後続の突板に振動を
与えながら送り込んでフィンガーカット部の突き合わせ
を完了させた後、不織布に接着性樹脂を含浸・塗布して
なる接着テープを添え、この部分を加圧・加熱融着する
構成を採用したものである。
【0010】上記の如く構成するこの発明にあっては、
フィンガーカットされた突板の突き合わせ部を、平板で
押さえ振動を与えながら微小送りをするので、突き合わ
せ部が跳ね上がらず、かつ、隙間なく確実に突き合わさ
れ、その突き合わされた部分に前記接着性樹脂を含浸・
塗布した不織布テープを添置して加圧、加熱して融着す
るので、前記接着性樹脂がフィンガーカットの突き合わ
せ部および突板の木質組織内に移行してムラなく完全に
接合され、ジョイント部の肉厚段差が認められないフィ
ンガージョイントを得ることができる。
【0011】請求項3の発明は、原木をスライスした突
板単板に、接着性不織布で裏打ちして突板とし、この突
板の両端をフィンガーカットして互いに突き合わせ、そ
の突き合わせ部分に接着性樹脂を含浸・塗布した不織布
テープを添え、この上を加圧・加熱してフィンガージョ
イントの継ぎ目および突板の木質組織内に前記不織布に
含浸・塗布した接着性樹脂を移行浸透させて接合してな
る構成を採用したものである。
【0012】上記の如く構成するこの発明にあっては、
フィンガージョイント部に適用する接着性テープの接着
性樹脂フィンガージョイントの継ぎ目および突板の木質
組織内に浸透して確実な接合が行われ、接合部の肉厚段
差が認められない厚さの薄い突板を得ることができる。
【0013】請求項4の発明は、厚さが0.02〜0.
04mm、繊維密度が7〜15g/m2 の不織布に、熱可
塑性接着性樹脂を15から30g/m2 含浸・塗布させ
てなる構成を採用したものである。
【0014】上記のフィンガージョイント用接着テープ
を採用することにより、上記フィンガージョイント突板
とその製造方法を保障するものである。
【0015】
【発明の実施の形態】次に、図1乃至図7を参照して、
この発明に係る実施形態を説明する。図1に示すごとく
フレーム1の上には、フィンガージョイントを行うテー
ブル2が設置されている。フレーム1には、突板3のフ
ィンガージョイントの工程に従って、その上流側から突
板3b の送り込みローラ4、送り込まれた突板3b に振
動を与えながらフィンガーカット部を突き合わせる振動
突き合わせ機構5、フィンガーカット部を突き合わせる
ときに、突板3のフィンガーカット部が跳ね上がらない
ように上から押さえるガラス平板6(使用しないときは
図2鎖線のごとく、撥ね上げ状態で収納できるようにな
っている。)、先行する突板3a のフィンガーカット部
を前記ガラス平板6の下に位置させて押さえる先行突板
押圧機構7、先行の突板3a と後続の突板3b のフィン
ガーカット部を突き合わせた上に、接着性テープを添え
置く接着性テープ供給機構8が順次配置され、前記ガラ
ス平板6を撥ね上げ収納した状態で振動突き合わせ機構
5と先行突板押圧機構7との間に、図3のごとくフレー
ム1から立ち上げたカラム9に加圧・加熱するプレス1
0を設置したものである。
【0016】図1に戻って突板の送り込みローラ4を駆
動させる前に、準備作業として先行の突板3a またはダ
ミーの突板のフィンガーカット部後端が接合位置(ガラ
ス平板6の下)になるようにしてモータM8 を駆動させ
て先行突板押圧機構7で固定する。
【0017】突板の送り込みローラ4は、図7のごとく
テーブル2の両側に蟻19a と蟻溝20a で上下方向に
摺動可能に取り付けられた(図1に戻る)支柱Cの軸受
けBに支持され、モータM1 によって押圧力が調整さ
れ、モータM2 によって送りローラ4が駆動される。な
お、21は軸受けを押圧するスプリングである。送りロ
ーラ4は、その上流側に設置された突板先端検出センサ
S1 の出力信号により始動され、先行する突板3a フィ
ンガーカット部に後続する突板3b のフィンガーカット
部が到達すると、それを検知するセンサS2 の出力信号
によって停止する。
【0018】センサS2 の出力信号は(以下、図2参
照)、ガラス平板6のアーム迫り出し用モータM5 に入
力され、アーム22が迫り出し、アーム22の先端にピ
ン11とリンク12を介して取り付けられたガラス平板
6が下向きに回動してフィンガーカットの突き合わせ部
を微小間隙をもって押さえる。
【0019】前記センサS2 の出力信号は、振動突き合
わせ機構5の押圧板昇降モータM3と振動発生源である
バイブレータVおよび押圧板13(図4参照)を下流方
向にスライドさせるモータM4 にも遅延回路を介して入
力され、ガラス平板6がフィンガーカット部を押さえる
と、押圧板昇降モータM3 、バイブレータVおよびモー
タM4 の順で起動する。押圧板13の昇降は、図7の如
くテーブル2の両側に蟻19b と蟻溝20b で上下方向
に摺動可能に取り付けられた昇降台23a がモータM3
の駆動により行われる。
【0020】上記振動突き合わせ機構5のスライドモー
タM4 と押圧板13との連結部14には、図4・5のご
とくモータM4 によって駆動されるスクリュー5a が、
スプリング5b により矢印の方向に付勢されたナットに
螺合して、スプリングギャップ15を形成し、フィンガ
ーカット部の突き合わせが完了すると前記スプリングギ
ャップ15が次第に小さくなるので、これをセンサS3
が検出して、振動突き合わせ機構5のバイブレータVを
停止する。センサS3 の出力信号は、ガラス平板6の迫
り出しモータM5 にも入力され、アーム22を後退させ
てガラス平板6が撥ね上げ状態で収納される(図2参
照)。このとき、ガラス平板の撥ね上げをより確実にす
るためにワイヤロープWで撥ね上げ力を付加してもよ
い。
【0021】ガラス平板6が収納されるとモータM6
(図1に戻る)を駆動し、接着テープ供給機構8のチャ
ック16を作動する。チャック16が接着テープホルダ
18から繰り出された接着テープの端を掴み、供給機構
8のモータM7 が駆動して接着テープが繰り出され、フ
ィンガーカット部の突き合わせ上に添え置かれる。
【0022】接着テープの繰り出しが完了すると、図3
に示す加圧・加熱プレス10が下降し(その過程で接着
テープが切断される)、フィンガーカット突き合わせ部
を加圧・加熱してフィガージョイントが完了する。な
お、加圧・加熱プレスの圧板は、その接着性テープに接
する面は、梨地状・網目状・エンボス状とする。これ
は、融着した接着テープ面が、鏡面に仕上げられると、
突板の貼付け工事の際、その部分の糊の付着が不十分に
なって貼付け工事の接着ムラがでるので、これを防止す
るためのものである。
【0023】フィンガージョイントが完了すると、昇降
モータM8 、およびM3 が上昇側に作動して先行および
後続の突板3の押圧が開放されると同時にスライドモー
タM4 が逆転してナット5c が掛止片5d (図5参照)
に掛かって振動突き合わせ機構5が元の位置に復帰し、
その間にフィガージョイントされた突板3が巻き取り機
(図示せず)によって巻き取られ、以上の操作が繰り返
されて、次つぎに突板のフィンガージョイントが行われ
る。なお、先行突板押圧機構7は、図6のごとくテーブ
ル2の両側に蟻19c と蟻溝20c で上下方向に摺動可
能に取り付けられた昇降台23b がモータM8 の駆動に
よって昇降する。
【0024】上記実施形態では、送りローラ押圧力調整
用としてモータM1 、振動突き合わせ機構の押圧力調整
用としてモータM3 、振動押圧板のスライド用としてモ
ータM4 、ガラス平板のアーム迫り出し用としてモータ
M5 、接着テープのチャック用としてモータM6 および
押圧板13の昇降用としてモータM8 を使用している
が、これらは、エアシリンダやロータリーアクチュエー
タに替えることができる。
【0025】また、上記振動突き合わせ機構のバイブレ
ータの振動数30乃至120サイクル、振幅1乃至2mm
であった。加圧・加熱プレスの条件は、1乃至5kgf /
cm2で、60℃、8sec であった。
【0026】さらに、フィンガージョイントに使用した
接着テープは、表1に示す構成のものを使用した。ここ
で、不織布の厚さ、繊維密度は、表に示す範囲内である
ことを要件とする。不織布が厚くなるとジョイント部の
段差が目立ってくる。薄くなると接着性樹脂の担持量が
少なくなって、良好な接合を望めない。繊維密度も同様
の効果が発生し、繊維密度が高い場合は接着樹脂の担持
量が少なく、かつ、不織布が嵩だかになって接着効果が
低下するとともに、接合部の段差が目立つようになる。
接着樹脂の単位面積当たりの量も少な過ぎるときは、接
合が不十分になり、多すぎるときは、接合部の両端に接
着樹脂がはみ出して肉厚の段差が目立つようになるだけ
でなく、その部分の突板の撓み性が低下して割れやすく
なってしまうので、適量の範囲でジョイントする必要が
ある。
【0027】
【表1】
【0028】また、図6および図7において、摺動機構
を蟻と蟻溝の組み合わせとしているが、円筒状カラムに
リニヤスライドベアリングを嵌める機構など、公知の摺
動機構を適宜採用することができる。
【0029】
【発明の効果】以上説明した如く、この発明によれば、
原木をスライスして得られる突板単板の厚さを薄くする
ことが可能になって、採取する突板単板の歩留りを飛躍
的に向上し、フィンガーカット部の突き合わせが完全に
なってフィンガージョイント部が目立たないようにな
り、ジョイント部の肉厚段差が認められなくなった。ま
た、接合部に接着性樹脂を過不足なく浸透させてストレ
スの集中部のない安定した接合強度を有する突板のフィ
ンガージョイント部を得ることが可能になった。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明に係る実施形態の斜視図
【図2】同ガラス平板の撥ね上げ機能説明図
【図3】同加圧・加熱プレス斜視図
【図4】押圧板スライド機構説明図
【図5】同詳細図
【図6】図1のX−X矢視図
【図7】図1のY−Y矢視図
【符号の説明】
1 フレーム 2 テーブル 3,3a ,3b 突板 4 送り込みローラ 5 振動突き合わせ機構 5a スクリュー 5b スプリング 5c ナット 5d 掛止片 6 ガラス平板 7 先行突板押圧機構 8 接着テープ供給機構 9 カラム 10 加圧・加熱プレス 11 ピン 12 リンク 13 押圧板 14 連結部 15 スプリングギャップ 16 チャック 17 ローラ 18 接着テープホルダ B 軸受け C 支持柱 M1 M2 M3 M4 M5 M6 M7 M8 モ
ータ S1 S2 S3 センサ V バイブレータ W ワイヤロープ

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 フィンガージョイントの工程に従って、
    後続突板の送り込みローラ、この突板に振動を与えなが
    らフィンガーカット部を突き合わせる振動突き合わせ機
    構、上記突き合わせ時に突板が跳ね上がらないように押
    さえる平板、先行突板を押さえる先行突板押圧機構、先
    行・後続の突板とのフィンガーカット部の突き合わせ上
    に接着性テープを添置する接着性テープ供給機構を順次
    配置し、前記ガラス平板を撥ね上げ収納した状態で、フ
    ィンガーカット部を突き合わせた上を加圧・加熱するプ
    レスを設置してなる突板のフィンガージョイント装置。
  2. 【請求項2】 先行突板と後続突板のフィンガーカット
    部を互いに突き合わせ、その上部を平板で微小間隙を残
    して押さえ、前記後続の突板に振動を与えながら送り込
    んでフィンガーカット部の突き合わせを完了させた後、
    不織布に接着性樹脂を含浸・塗布してなる接着テープを
    添え、この部分を加圧・加熱融着することを特徴とする
    突板のフィンガージョイント方法。
  3. 【請求項3】 原木をスライスした突板単板に、接着性
    不織布で裏打ちして突板とし、この突板の両端をフィン
    ガーカットして互いに突き合わせ、その突き合わせ部分
    に接着性樹脂を含浸・塗布した不織布テープを添え、こ
    の上を加圧・加熱してフィンガージョイントの継ぎ目お
    よび突板の木質組織内に前記不織布に含浸・塗布した接
    着性樹脂を移行浸透させて接合してなることを特徴とす
    るフィンガージョイントされた突板。
  4. 【請求項4】 厚さが0.02乃至0.04mm、繊維密
    度が7乃至15g/m2 の不織布に、熱可塑性接着製樹
    脂を15乃至30g/m2 含浸・塗布させてなることを
    特徴とする突板のフィンガージョイント用接着テープ。
JP22690796A 1996-08-28 1996-08-28 突板のフィンガージョイント Expired - Lifetime JP3469002B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22690796A JP3469002B2 (ja) 1996-08-28 1996-08-28 突板のフィンガージョイント

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22690796A JP3469002B2 (ja) 1996-08-28 1996-08-28 突板のフィンガージョイント

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1067002A true JPH1067002A (ja) 1998-03-10
JP3469002B2 JP3469002B2 (ja) 2003-11-25

Family

ID=16852475

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22690796A Expired - Lifetime JP3469002B2 (ja) 1996-08-28 1996-08-28 突板のフィンガージョイント

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3469002B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009248522A (ja) * 2008-04-10 2009-10-29 Meinan Mach Works Inc ベニヤ単板の接合装置
CN103101089A (zh) * 2013-01-31 2013-05-15 开县庆宁木业有限公司 利用废旧木材制造指接拼板的方法
CN103358368A (zh) * 2013-06-28 2013-10-23 东莞市锦诚机械有限公司 拼板挤压装置的松紧机构
CN105397878A (zh) * 2015-12-10 2016-03-16 广西南宁侨盛木业有限责任公司 一种集成板材拼板干燥一体装置
CN105751327A (zh) * 2016-04-28 2016-07-13 安徽宜留电子科技有限公司 一种齐位结构的平铺装置
CN106042087A (zh) * 2016-07-15 2016-10-26 北京林业大学 一种用于单板的快速接长机
CN107020673A (zh) * 2017-05-25 2017-08-08 河池学院 一种板材拼缝机

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104816359B (zh) * 2015-04-22 2016-11-23 青岛橡胶谷知识产权有限公司 具有双向加热功能的自动拼板机
CN106217513B (zh) * 2015-04-22 2018-07-24 宣城市捷信家具有限公司 一种翻料板具有牵引功能的自动拼板机
CN104786304B (zh) * 2015-04-22 2017-01-11 刘伟航 自动拼板机

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009248522A (ja) * 2008-04-10 2009-10-29 Meinan Mach Works Inc ベニヤ単板の接合装置
CN103101089A (zh) * 2013-01-31 2013-05-15 开县庆宁木业有限公司 利用废旧木材制造指接拼板的方法
CN103358368A (zh) * 2013-06-28 2013-10-23 东莞市锦诚机械有限公司 拼板挤压装置的松紧机构
CN105397878A (zh) * 2015-12-10 2016-03-16 广西南宁侨盛木业有限责任公司 一种集成板材拼板干燥一体装置
CN105751327A (zh) * 2016-04-28 2016-07-13 安徽宜留电子科技有限公司 一种齐位结构的平铺装置
CN106042087A (zh) * 2016-07-15 2016-10-26 北京林业大学 一种用于单板的快速接长机
CN106042087B (zh) * 2016-07-15 2018-05-11 北京林业大学 一种用于单板的快速接长机
CN107020673A (zh) * 2017-05-25 2017-08-08 河池学院 一种板材拼缝机

Also Published As

Publication number Publication date
JP3469002B2 (ja) 2003-11-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4935082A (en) Forming corrugated board structures
JP3607323B2 (ja) アンテナ線を埋め込んだ合わせ窓ガラスの製造方法
JP4746100B2 (ja) タイヤ用ビードの製造方法及び装置
US7166181B2 (en) Wood-gluing and clamping system
EP0167377B1 (en) Method and apparatus for laying down tapes
JP2625326B2 (ja) 本構造体
EP1400327B1 (en) Method of manufacturing glued laminated wood
JPH10112494A (ja) 接着シート貼付装置
US3262723A (en) Finger jointing of lumber
GB2111759A (en) Making wire scribed circuit boards
JPH03112660A (en) Method for preparing roll of material to be printed
JP4296222B2 (ja) ベルトの継手加工方法
US8083878B1 (en) Fire resistant veneer assembly for aircraft interiors
EP0803313A3 (en) Method and apparatus for diffusion bonding
EP2204274A1 (en) Method of joining sheet member and sheet joined body
TW200925092A (en) Apparatus for bonding adhesive tape, and method for connecting tape member
US20070158012A1 (en) Ultrasound welding device
JP2003311838A (ja) レーザ溶着方法
FI111612B (fi) Menetelmä ja kone kerrostettujen kohokuvioitujen arkkien valmistamiseksi
CH694122A5 (de) Versiegelung.
ES2441599T3 (es) Procedimiento y dispositivo para el revestimiento de piezas de trabajo
WO2002024562A3 (en) Tape for flying splice, method of use, and method of manufacture
JP2003117664A (ja) 材料層を接合する装置及び方法
EP0028862B2 (en) Method and apparatus for forming a plate with at least one profiled border
WO2007069421A1 (ja) 貼着テープの接続装置、貼着装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080905

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090905

Year of fee payment: 6

S201 Request for registration of exclusive licence

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R314201

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090905

Year of fee payment: 6

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090905

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100905

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100905

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110905

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120905

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130905

Year of fee payment: 10

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term