JPH106252A - けがき装置及びけがき方法 - Google Patents

けがき装置及びけがき方法

Info

Publication number
JPH106252A
JPH106252A JP15532296A JP15532296A JPH106252A JP H106252 A JPH106252 A JP H106252A JP 15532296 A JP15532296 A JP 15532296A JP 15532296 A JP15532296 A JP 15532296A JP H106252 A JPH106252 A JP H106252A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
scribing
storage rack
board
marking
roller conveyor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP15532296A
Other languages
English (en)
Inventor
Yuji Kobayashi
裕司 小林
Shigemasa Kaneko
繁正 金子
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
TOKYO SEKISUI KOGYO KK
Sekisui Chemical Co Ltd
Original Assignee
TOKYO SEKISUI KOGYO KK
Sekisui Chemical Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by TOKYO SEKISUI KOGYO KK, Sekisui Chemical Co Ltd filed Critical TOKYO SEKISUI KOGYO KK
Priority to JP15532296A priority Critical patent/JPH106252A/ja
Publication of JPH106252A publication Critical patent/JPH106252A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 適度の識別濃度を有するけがき線を得ること
が容易なけがき装置及び、けがき方法を提供する。 【解決手段】 複数個の被けがき物2を収納取出し可能
な収納ラック1にけがき手段5が設けられ、けがき手段
5には筆記手段543が設けられ、筆記手段543が被
けがき物2に自重により押しつけられるようになってい
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ボード等の長尺体
のけがきに使用して好適なけがき装置及びけがき方法に
関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、例えば、実公昭62−28389
号公報等に記載されているように、ガイド溝に沿って移
動する被けがき物の側面にけがき手段をスプリングの復
元力により接触させることにより被けがき物の側面にけ
がきを施すけがき装置が知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】このようなけがき装置
においては、けがきを施そうとする被けがき物の側面に
けがき手段をスプリングの復元力により接触させるもの
であるから、スプリングの復元力が過大であるときは、
被けがき物に施されるけがき線が過度に濃厚となり、ス
プリングの復元力が過小であるときは、被けがき物に施
されるけがき線が、過度に薄弱となって識別困難とな
り、適度の識別濃度を有するけがき線を得ることが容易
ではなかった。
【0004】本発明は、従来のけがき装置における、こ
のような問題点に鑑みてなされたものであり、その目的
とするところは、上記の問題を解決し、適度の識別濃度
を有するけがき線を得ることが容易なけがき装置及び、
けがき方法を提供するにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、請求項1記載の本発明けがき装置は、複数個の被け
がき物を収納取出し可能な収納ラックにけがき手段が設
けられ、けがき手段には筆記手段が設けられ、筆記手段
が被けがき物に自重により押しつけられるようになって
いることを特徴とするものである。
【0006】又、請求項2記載の本発明けがき装置は、
請求項1記載のけがき装置において、けがき手段には収
納ラックに収納された被けがき物からの高さを確保する
手段が設けられ、筆記手段がけがき手段の本体に対して
昇降自在にされていることを特徴とするものである。
【0007】又、請求項3記載の本発明長尺体のけがき
装置は、請求項1又は2記載のけがき装置において、け
がき手段が収納ラックに昇降自在に設けられていること
を特徴とするものである。
【0008】又、請求項4記載の本発明けがき装置は、
請求項1、2又は3記載のけがき装置において、けがき
手段の本体が横杆で構成され、けがき手段に設けられる
高さを確保する手段として転動輪が設けられていること
を特徴とするものである。
【0009】又、請求項5記載の本発明けがき方法は、
複数個の被けがき物を積み重ねて収納ラックに収納し、
収納ラックから被けがき物を一個ずつ取り出し、収納ラ
ックに設けられたけがき手段の筆記手段を自重により被
けがき物の表面に沿って接触させ、被けがき物にけがき
を施すことを特徴とするものである。
【0010】本発明において、被けがき物としては、特
に限定されるものではないが、例えば、長尺板、杆体、
管体のような長尺体のけがきに使用して効果的である。
【0011】〔作用〕請求項1記載の本発明けがき装置
においては、複数個の被けがき物を収納取出し可能な収
納ラックにけがき手段が設けられ、けがき手段には筆記
手段が設けられ、筆記手段が被けがき物に自重により押
しつけられるようになっているので、被けがき物に筆記
手段を押しつけ、被けがき物を収納ラックから取り出す
ことにより筆記手段が被けがき物の表面に沿って接触
し、被けがき物の表面にけがきを施すことができ、筆記
手段の被けがき物に対する押しつけ力が一定であり、適
度のけがき線を得ることができる。
【0012】又、請求項2記載の本発明けがき装置にお
いては、けがき手段には収納ラックに収納された被けが
き物からの高さを確保する手段が設けられ、筆記手段が
けがき手段の本体に対して昇降自在にされているので、
けがき手段をけがきを施そうとする被けがき物の上方の
一定高さに確保することができ、けがき手段の筆記手段
を被けがき物に自重により押しつけることができ、筆記
手段の被けがき物に対する押しつけ力が一定となり、適
度のけがき線を得ることができる。
【0013】又、請求項3記載の本発明長尺体のけがき
装置においては、けがき手段が収納ラックに昇降自在に
設けられているので、けがき手段を高さを被けがき物の
高さに対応した位置に設けることができ、けがき手段の
筆記手段を被けがき物に自重により押しつけることがで
き、筆記手段の被けがき物に対する押しつけ力が一定と
なり、適度のけがき線を得ることができる。
【0014】又、請求項4記載の本発明けがき装置にお
いては、けがき手段の本体が横杆で構成されているの
で、横杆に筆記手段や高さを確保する手段としての転動
輪を設けることが容易であり、けがき手段に設けられる
高さを確保する手段として転動輪が設けられているの
で、被けがき物を収納ラックから取り出す際に転動輪が
転動することにより摩擦が少なくて済み、被けがき物を
収納ラックから円滑に取り出すことができる。
【0015】又、請求項5記載の本発明けがき方法にお
いては、複数個の被けがき物を積み重ねて収納ラックに
収納し、収納ラックから被けがき物を一個ずつ取り出
し、収納ラックに設けられたけがき手段の筆記手段を自
重により被けがき物の表面に沿って接触させ、被けがき
物にけがきを施すものであるから、被けがき物に対する
筆記手段の押しつけ力が一定となり、適度のけがき線を
得ることができる。
【0016】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を添付
図面を参照して説明する。図1は本発明けがき装置の一
例を示す正面図、図2は図1に示す本発明けがき装置の
平面図、図3は図1に示す本発明けがき装置の左側面図
である。
【0017】図1〜3において、1は本発明けがき装置
によりけがきを施そうとするボード2を収納する収納ラ
ックであり、収納ラック1には3列のローラコンベア1
1、12、13が設けられ、3列のローラコンベア1
1、12、13は柱14により仕切られている。
【0018】3は収納ラックの前方に設けられたボート
搬入装置である。ボート搬入装置3は収納ラック1と共
通の機台4の上に設けられ、ボート搬入装置3の移動台
31の下方には車輪311が設けられ、車輪311は機
台4に設けられたレール41の上方を転動するように設
けられ、図2、3において矢印a方向に往復移動でき、
図2の二点鎖線で示すように移動できるようになってい
る。
【0019】移動台31の上方には回転台32が設けら
れ、回転台32には図4にも拡大して示すように回転軸
321が設けられ、回転軸321は移動台31に設けら
れた軸受け312により回転可能に軸受けされている。
回転台32の下方には車輪322が設けられ、回転台3
2は回転軸321と共に移動台31上を図2の矢印bで
示す方向に往復回動できるようになっている。
【0020】回転台32の上方にはローラコンベア32
3が設けられ、ローラコンベア323は移動台31の矢
印a方向に移動することにより収納ラック1の3列のロ
ーラコンベア11、12、13のうちのいずれかのロー
ラコンベアに接続できるようになっている。
【0021】図4に示すように、回転軸321の下端に
は腕3211が設けられ、腕3211の先端と移動台3
1の下方に突設されたピン313との間には引張りコイ
ルばね314が張設されており、図2に示すように、回
転台32のローラコンベア323が収納ラック1の3列
のローラコンベア11、12、13のうちのいずれかの
ローラコンベアに接続されている状態から引張りコイル
ばね314の復元力に逆らって回転台32を矢印b方向
に回動することにより回転台32のローラコンベア32
3を図2の3点鎖線で示すように、収納ラック1の3列
のローラコンベア11、12、13に対して直交するよ
うに、その向きに変えて回転台32のローラコンベア3
23の上にボード2を供給できるようになっている。
【0022】その後、ばね314の復元力によって回転
台32のローラコンベア323が収納ラック1の3列の
ローラコンベア11、12、13のうちのいずれかのロ
ーラコンベアに接続させて回転台32のローラコンベア
323上のボード2を3列のローラコンベア11、1
2、13のうちのいずれかのローラコンベアに移送でき
るようになっている。
【0023】図2、3において、15は収納ラック1の
梁16に設けられたサイド位置矯正用ロールである。矯
正用ロール15は図5〜7に示すように、収納ラック1
の梁16に取付けられたブラケット151に回転可能に
取付けられ、ローラコンベア11〜13上のボード2の
両側縁の位置を矯正するものである。
【0024】図3において、5は収納ラック1の後方の
柱14に設けられたけがき手段の本体となる横杆であ
り、横杆5の両端には図8、9に拡大して示すように、
溝形板51が取付けられ、溝形板51の開口内には柱1
4が挿入され、横杆5は柱14に沿って昇降可能とさ
れ、蝶ボルト52をねじ込むことにより、横杆5を柱1
4の任意の位置で仮止めできるようになっている。
【0025】図8、9において、53は横杆5のボード
2からの高さを確保する手段としてのロールであり、ロ
ール53はブラケット531により横杆5に取付けられ
ている。ボード2が収納ラック1から取り出される際に
ボード2の表面をロール53が転動し、横杆5がボード
2からの高さを確保できると共にボード2が収納ラック
1から円滑に取り出されるようになっている。
【0026】図8、9に示すように、横杆5のほぼ中央
に軸受け板54が取付けられ、軸受け板54にアーム5
41の一端がボルト545により回動可能に軸支され、
アーム541の他端には筒状の筆記具ホルダー542が
設けられ、筆記具ホルダー542には筆記具として鉛筆
543が保持されている。544は筆記具ホルダー54
2に鉛筆543を保持するための蝶ボルトである。
【0027】アーム541は図11に示すように、軸受
け板54に矢印cで示すように揺動可能にボルト545
により軸支され、ボード2が若干昇降してもボード2の
表面を常時鉛筆543が接触してけがきを施すことがで
きるようになっている。
【0028】次に、図1〜11に示す本発明けがき装置
の作用について説明する。図2に示すように、回転台3
2を3点鎖線で示すように、回転台32のローラコンベ
ア323を収納ラック1のローラコンベア11〜13と
交差する方向に向けて回転台32のローラコンベア32
3にボード2を移送する。
【0029】次いで、コイルばね314の復元力により
回転台32を図2の実線もしくは二点鎖線で示すように
回転台32のローラコンベア323の移送方向を収納ラ
ック1のローラコンベア11〜13の移送方向に平行と
なるように回転台32の向きを変える。
【0030】次いで、回転台32を矢印a方向に移動さ
せて収納ラック1のローラコンベア11〜13のいずれ
かと接続し、回転台32のローラコンベア323上のボ
ード2を回転台32のローラコンベア323上から収納
ラック1のローラコンベア11〜13のいずれかに移送
する。このとき横杆5を柱14の上部に仮止めしてお
き、移送後、仮止めを解除すると、けがき手段はボード
2の上面に載り、収納ラック1のローラコンベア11〜
13上のボード2の上面には図8に示すように、ロール
53の下面及び鉛筆543の先端が接触する。
【0031】このような状態において、図1、11に示
すように、最上方のボード2を収納ラック1から取り出
すとロール53がボード2の上面を転動すると共に鉛筆
543によりボード2の上面にけがきが施され、ボード
2の上面に釘打ちのけがき線が表示される。尚、ボード
2を取り出す際に、ボード2が斜めになっていてもアー
ム541が揺動可能であるためけがきを円滑に施すこと
ができる。
【0032】以上、本発明の実施の形態を図により説明
したが、本発明の具体的な構成は図示の実施の形態に限
定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない設計
変更は本発明に含まれる。例えば、筆記具としては鉛筆
を使用する代わりに毛筆その他の筆記具を使用してもよ
い。
【0033】
【発明の効果】請求項1記載の本発明けがき装置におい
ては、複数個の被けがき物を収納取出し可能な収納ラッ
クにけがき手段が設けられ、けがき手段には筆記手段が
設けられ、筆記手段が被けがき物に自重により押しつけ
られるようになっているので、被けがき物に筆記手段を
押しつけ、被けがき物を収納ラックから取り出すことに
より筆記手段が被けがき物の表面に沿って接触し、被け
がき物の表面にけがきを施すことができ、筆記手段の被
けがき物に対する押しつけ力が一定であり、適度の識別
濃度を有するけがき線を得ることができる。
【0034】又、請求項2記載の本発明けがき装置にお
いては、けがき手段には収納ラックに収納された被けが
き物からの高さを確保する手段が設けられ、筆記手段が
けがき手段の本体に対して昇降自在にされているので、
けがき手段をけがきを施そうとする被けがき物の上方の
一定高さに確保することができ、けがき手段の筆記手段
を被けがき物に自重により押しつけることができ、筆記
手段の被けがき物に対する押しつけ力が一定となり、適
度の識別濃度を有するけがき線を得ることができる。
【0035】又、請求項3記載の本発明長尺体のけがき
装置においては、けがき手段が収納ラックに昇降自在に
設けられているので、けがき手段を高さを被けがき物の
高さに対応した位置に設けることができ、けがき手段の
筆記手段を被けがき物に自重により押しつけることがで
き、筆記手段の被けがき物に対する押しつけ力が一定と
なり、適度の識別濃度を有するけがき線を得ることがで
きる。
【0036】又、請求項4記載の本発明けがき装置にお
いては、けがき手段の本体が横杆で構成されているの
で、横杆に筆記手段や高さを確保する手段としての転動
輪を設けることが容易であり、けがき手段に設けられる
高さを確保する手段として転動輪が設けられているの
で、被けがき物を収納ラックから取り出す際に転動輪が
転動することにより摩擦が少なくて済み、被けがき物を
収納ラックから円滑に取り出すことができる。
【0037】又、請求項5記載の本発明けがき方法にお
いては、複数個の被けがき物を積み重ねて収納ラックに
収納し、収納ラックから被けがき物を一個ずつ取り出
し、収納ラックに設けられたけがき手段の筆記手段を自
重により被けがき物の表面に沿って接触させ、被けがき
物にけがきを施すものであるから、被けがき物に対する
筆記手段の押しつけ力が一定となり、適度の識別濃度を
有するけがき線を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明けがき装置の一例を示す正面図。
【図2】図1に示す本発明けがき装置の平面図。
【図3】図1に示す本発明けがき装置の左側面図。
【図4】図1に示す本発明けがき装置の移動台及び回転
台を拡大して示す正面図。
【図5】図1に示す本発明けがき装置のサイド位置矯正
ロールを拡大して示す正面図。
【図6】図5に示すサイド位置矯正ロールの平面図。
【図7】図6に示すサイド位置矯正ロールの側面図。
【図8】図1に示す本発明けがき装置のけがき手段を拡
大して示す正面図。
【図9】図8に示すけがき手段の平面図。
【図10】図9においてX−X線における断面図。
【図11】図9におけるXI−XI線における断面図。
【符号の説明】
1 収納ラック 11〜13 ローラコンベア 14 柱 15 サイド位置矯正ロール 16 梁 2 ボード 3 移動台 4 回転台 5 けがき手段の本体(横杆) 53 ロール 543 筆記手段(鉛筆)

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数個の被けがき物を収納取出し可能な
    収納ラックにけがき手段が設けられ、けがき手段には筆
    記手段が設けられ、筆記手段が被けがき物に自重により
    押しつけられるようになっていることを特徴とする長尺
    体のけがき装置。
  2. 【請求項2】 けがき手段には収納ラックに収納された
    被けがき物からの高さを確保する手段が設けられ、筆記
    手段がけがき手段の本体に対して昇降自在にされている
    ことを特徴とする請求項1記載のけがき装置。
  3. 【請求項3】 けがき手段が収納ラックに昇降自在に設
    けられていることを特徴とする請求項1又は2記載のけ
    がき装置。
  4. 【請求項4】 けがき手段の本体が横杆で構成され、け
    がき手段に設けられる高さを確保する手段として転動輪
    が設けられていることを特徴とする請求項1、2又は3
    記載のけがき装置。
  5. 【請求項5】 複数個の被けがき物を積み重ねて収納ラ
    ックに収納し、収納ラックから被けがき物を一個ずつ引
    出し、収納ラックに設けられたけがき手段の筆記手段を
    自重により被けがき物の表面に沿って接触させ、被けが
    き物にけがきを施すことを特徴とするけがき方法。
JP15532296A 1996-06-17 1996-06-17 けがき装置及びけがき方法 Pending JPH106252A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15532296A JPH106252A (ja) 1996-06-17 1996-06-17 けがき装置及びけがき方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15532296A JPH106252A (ja) 1996-06-17 1996-06-17 けがき装置及びけがき方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH106252A true JPH106252A (ja) 1998-01-13

Family

ID=15603364

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15532296A Pending JPH106252A (ja) 1996-06-17 1996-06-17 けがき装置及びけがき方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH106252A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN112536786A (zh) * 2020-11-17 2021-03-23 宁波金凤焊割机械制造有限公司 一种金属条板喷码划线系统

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN112536786A (zh) * 2020-11-17 2021-03-23 宁波金凤焊割机械制造有限公司 一种金属条板喷码划线系统
CN112536786B (zh) * 2020-11-17 2022-01-28 宁波金凤焊割机械制造有限公司 一种金属条板喷码划线系统

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH106252A (ja) けがき装置及びけがき方法
JP2635655B2 (ja) 印刷物の貯蔵カセット
JPS60263639A (en) Printedboard carrying device for printed board boring machine
CN213813303U (zh) 一种笔芯书写检测装置
CN114275565A (zh) 一种具有码垛功能的料仓
US3568950A (en) Bobbin truck for arranging transfer tail
JP2562747Y2 (ja) 板材加工機の材料送り装置
CN211767570U (zh) 一种移动式的放料架
CN209477431U (zh) 一种伺服电机的主轴成型装置
JP3262816B2 (ja) 形鋼の穴明け切断加工装置
CN211220643U (zh) 一种薄膜涂布机的收卷储存架
CN105618615A (zh) 板材输送机构
CN208575393U (zh) 输送系统及包含该输送系统的激光打孔机
CN215515359U (zh) 一种纸盒加工用稳定输送装置
CN215094807U (zh) 一种开方机
CN215393576U (zh) 组装流水线
JPH11197983A (ja) 棒材供給方法およびその装置
JP3016917U (ja) 枚葉印刷機に紙葉パイルを収容するための装置
US3654036A (en) Apparatus for applying cover slides
JPH0742590Y2 (ja) 板材加工機におけるクランプ支持装置
JPH0718429Y2 (ja) 板材加工機におけるテーブル装置
JPH061560Y2 (ja) ロール紙の残芯回収装置
CN108857101A (zh) 输送系统及包含该输送系统的激光打孔机
JPH0668821U (ja) ビード供給装置
JPH06166429A (ja) 長尺棒材、管材等の長尺材料の振り分け供給装置