JPH1058562A - 段ボールシートの糊塗布装置 - Google Patents

段ボールシートの糊塗布装置

Info

Publication number
JPH1058562A
JPH1058562A JP22087396A JP22087396A JPH1058562A JP H1058562 A JPH1058562 A JP H1058562A JP 22087396 A JP22087396 A JP 22087396A JP 22087396 A JP22087396 A JP 22087396A JP H1058562 A JPH1058562 A JP H1058562A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
single
cardboard sheet
corrugated cardboard
roll
glue
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP22087396A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshihide Kato
Takayuki Miyake
Atsushi Watanabe
孝之 三宅
利英 加藤
淳 渡辺
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Ind Ltd
三菱重工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Ind Ltd, 三菱重工業株式会社 filed Critical Mitsubishi Heavy Ind Ltd
Priority to JP22087396A priority Critical patent/JPH1058562A/ja
Priority claimed from US08/914,147 external-priority patent/US5916414A/en
Publication of JPH1058562A publication Critical patent/JPH1058562A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 段種の異なる段ボールシートを通紙しても、
常に一定の押し付け力を得る。 【解決手段】 片面段ボールシート7の走行経路を挟ん
で糊付けロール2に対向して押さえシュー35を片面段
ボールシート7の全幅にわたって配設し、空気圧により
押さえシュー35を片面段ボールシート7側に押圧する
フレキシブルチューブ40を備え、フレキシブルチュー
ブ40へ供給されるエア圧をエア圧調整手段の切換弁4
4の操作により所定の圧力に調整し、段種の異なる片面
段ボールシート7を通紙しても、常に一定の押し付け力
を得る。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、コルゲートマシン
におけるダブルフェーサ部の直前工程のグルーマシンに
設備され、シングルフェーサから連続的に給送されてく
る片面段ボールシートの芯紙段頂部へ糊を供給する糊塗
布装置に関する。

【0002】

【従来の技術】図5に基づいてコルゲートマシンへ設備
するグルーマシン部の概略構成を説明する。コルゲート
マシンのグルーマシン1へ設備する一般的な糊塗布装置
は、糊付けロール2、ドクターロール3及び糊付けロー
ル1の下方に位置する糊溜4等によって構成された糊供
給部5と、糊付けロール1へ所定の間隙を持って対設し
たライダーロール6等から構成されている。糊塗布装置
により糊付ロール2とライダーロール6の中間を走行す
る片面段ボールシート7の芯紙8の段頂部へ糊9を転移
供給するようになっている。

【0003】糊付けロール1のシート導入口部側には押
さえロール10が設けられ、糊付けロール1のシート排
出部側にはテンションロール11が設けられている。押
さえロール10及びテンションロール11により、片面
段ボールシート7の走行が安定化されていると共に、片
面段ボールシート7への糊9の接触長さが規定されてい
る。

【0004】前工程のシングルフェーサにおいて製造さ
れた片面段ボールシート7は、ガイドロール12、プレ
ヒートロール13を巻回走行することによって適度に加
熱され、その後、グルーマシン1へ送り込まれて糊付け
ロール2とライダーロール6との中間を走行する途中で
糊付けロール2と接触し、芯紙8の段頂部へ外周面の糊
9が転移供給される。

【0005】糊付けロール2の外周上の糊量(糊厚)
は、糊溜4へ糊付けロール2の周面の一部を浸し、図中
矢印方向へ回転する途中へ並設したドクターロール3に
よってコントロールされるものである。ドクターロール
3で掻き取られた余剰糊は糊溜4に落下して回収される
ようになっている。グルーマシン1を通過した片面段ボ
ールシート7は、更に次工程のダブルフェーサ14のヒ
ーティングパート15へ導入され、他経路を経て送り込
まれたライナ16と合流して互いに貼合わされ、両面段
ボールシート17に形成される。

【0006】両面段ボールシート17は、使用する目的
によって種々多様なものがあり、図5では、2枚の片面
段ボールシート7、つまり、図中上方の糊付装置によっ
て糊9が付けられた片面段ボールシート7aと、図中下
方の糊付装置によって糊9が付けられた片面段ボールシ
ート7bと、ライナ16を互いに貼着することによって
両面段ボールシート17を形成する場合を例示してあ
る。

【0007】糊付装置における片面段ボールシート7を
糊付けロール2側に押圧するため、糊付けロール2に対
設してライダーロール6が設けられている。糊付けロー
ル2とライダーロール6の係合状態(間隙、挾持圧)
は、両面段ボールシート17の品質(強度)を左右する
重要な要素であり、例えば、芯紙8の段頂部が圧潰され
た場合、段ボールシート箱の強度が急激に低下すること
が知られている。このため、ライダーロール6は糊付け
ロール2に対して係合状態が調整できるように支持され
ている。

【0008】図6に基づいて従来採用されていたライダ
ーロール6の支持部の構造について説明する。図6に示
した例は、位置が固定状態に設備された糊付けロール2
に対し、支点軸18を中心としてシリンダ19の伸縮を
介して揺動する一対の揺動ブラケット(ライダーロール
用アーム)20にライダーロール6の両軸端を軸支させ
たものである。装置両幅端の揺動ブラケット20には偏
心ロール21がそれぞれ係合して取り付けら、偏心ロー
ル21の位相角度を適宜設定することによって揺動ブラ
ケット20の揺動昇降位置が調整できる。揺動ブラケッ
ト20の揺動昇降位置を調整することにより、揺動ブラ
ケット20の一部に軸支させたライダーロール6の外周
面と糊付けロール2の外周面の間隙を適宜設定すること
ができるようになっている。

【0009】一方、片面段ボールシート7を糊付けロー
ル2側に押圧する手段として、図7に示す装置が提案さ
れている(特公平8-18386 号公報)。本装置は、糊付け
ロール2に対しロール軸方向に沿ってビーム22を架設
し、ビーム22へ複数個のブラケット23を並設すると
共に、ブラケット23の下端にピン24を中心に揺動す
るプレート状のシュー25を取り付けたものである。ま
た、プレート状のシュー25の揺動端側には圧縮ばね2
6が係合されていると共に、シュー25の後端側には位
置決めボルト27が設けられている。シュー25の糊付
けロール2側への揺動は位置決めボルト27により規制
され、圧縮ばね26によって所定の隙間を持った押圧力
が付加できるようになっている。また、シュー25は片
面段ボールシート7の横幅方向において複数個に分割さ
れ、各々が独立的に揺動できるようになっている。この
ため、部分的な摩耗、破損に際して該当部品のみを取り
替えて交換できる特徴がある。

【0010】上述したライダーロール6やシュー25に
より片面段ボールシート7を糊付けロール2側へ押圧す
ることにより、片面段ボールシート7の挾持圧を最適に
保つことができ、両面段ボールシート17の品質(強
度)が高く保たれている。

【0011】

【発明が解決しようとする課題】図6に示したライダー
ロール6は、片面段ボールシート7の厚さやフルートの
種類によって必要とする所定の隙間を位置固定的に設定
するものである。このため、同一ユニットで段種の異な
る2種類以上の片面段ボールシート7を通紙する場合に
はその都度隙間の再設定が必要になっていた。また、紙
種(厚さ)や生産条件による段高差に対して接触圧に変
動が発生してしまい、隙間調整に高度の技術を必要とし
ていた。また、同一フルート紙種であってもシングルフ
ェーサでの段繰り条件等により微少ではあるが片面段ボ
ールシート7の厚さに違いが生じていた。ライダーロー
ル6と糊付けロール2との初期隙間設定は、通常山形段
高のバラツキを考慮して最小段繰り高さにて設定されて
いるため、高さの高い山形段頂に対しては潰し量が増大
し余分な糊9が塗布されることになり、糊消費量が多く
なっていた。

【0012】図7に示したシュー25を用いた装置の場
合、それぞれのシュー25が独立的に上下動できるた
め、図8(a) に示したように、片面段ボールシート7の
幅によってはシート端のわずかな加圧幅hにシュー25
が係合し、単位面積当たりの押圧力が増大してシート幅
端を圧潰してダレ変形が生じることがあった。また、図
8(b) に示したように、片面段ボールシート7が蛇行し
てシュー25からずれた場合、図中左端のシュー25a
が片面段ボールシート7の表面より下がり、このため再
び片面段ボールシート7が元の走行装置に復帰しようと
すると、図8(c)に示したように、ずれたシュー25a
の側面25bと片面段ボールシート7の側端面7cが互
いに干渉し、片面段ボールシート7の側端に傷を付けた
り、破損したりする不具合が発生する虞があった。

【0013】また、シュー25を用いた装置の場合、紙
種(厚さ)やフルート別段高差に対して圧縮ばね26の
たわみ量が変化するため、シュー25に付加される押圧
力にバラツキが発生してしまう。また、フルート別、あ
るいは片面段ボールシート7の状態(ひねり、波板状)
に対応して加圧力の変更ができなかった。更に、安全上
片面段ボールシート7の押さえ力の調整にあたっては機
械の稼働を停止して行う必要があった。

【0014】

【課題を解決するための手段】本発明は上記状況に鑑み
てなされたもので、段ボールシートの走行経路を挟んで
糊付けロールに対向して前記段ボールシートの全幅にわ
たって配設される押さえシューと、流体圧により前記押
さえシューを前記段ボールシート側に押圧するフレキシ
ブルチューブと、前記フレキシブルチューブへ供給され
る前記流体圧を所定の圧力に調整して前記押さえシュー
の前記段ボールシートへの押圧力を制御する制御手段と
を備えたことを特徴とする。また、前記押さえシューの
前記段ボールシートとの対向面の幅方向に穴部材を形成
し、前記穴部材から流体を噴出する流体噴出手段を設け
たことを特徴とする。

【0015】

【発明の実施の形態】走行する片面段ボールシートの芯
紙山形段頂部へ糊を点に供給する装置において、糊付け
ロールの外周面と片面段ボールシートを介して対設させ
た押さえシューとの隙間を機械的に設定するこれまでの
装置に代え、圧縮空気によるエアチューブの拡縮と押さ
えシューからのエア吹出しとを、片面段ボールシートに
対するの押圧手段(隙間調整手段)としたものである。

【0016】このため、糊付けロールと押さえシューと
の係合状態を隙間量(寸法)に関係のない挾持力(押圧
力)として設定する事ができ、種々のフルート、あるい
は段繰り高さの変動に関係なく常に均一圧力の係合状態
が設定できる。また、片面段ボールシートの側端エッジ
部の潰れ及び段潰れがなくなり、糊消費量を減少(節
約)させることができる。また、押さえシューによる押
圧力がフレキシブルチューブへ付加する内圧(空気圧)
によって任意に、しかも外部から機械稼働中に設定でき
る。また、美的品質とシート剛性の向上が図れると共
に、押さえシューと片面段ボールシートライナ側表面と
の間へ空気層を形成できるため、押さえシューの摩擦抵
抗が減少し耐摩耗性を大幅に向上させることができる。

【0017】

【実施例】図1には本発明の一実施例に係る段ボールシ
ートの糊塗布装置の要部側面、図2には図1中のII-II
線矢視を示してある。尚、本実施例の糊塗布装置は、図
4に示したグルーマシン1の糊付けロール2に対向して
備えられるものであり、重複する部材には同一符号を付
して詳細な説明は省略してある。

【0018】図4に示すように、前工程のシングルフェ
ーサで製造した段ボールシートである片面段ボールシー
ト7の山形段頂部へグルーマシン1によって糊9を塗布
し、糊9が塗布された片面段ボールシート7と、他経路
を通って送り込まれたライナ16とを合流させて次工程
のダブルフェーサ14に搬入する。そして、所定の熱と
加圧力を付加した状態で挾持搬送することにより、両面
段ボールシート17に形成するようになっている。

【0019】糊塗布装置は、糊付けロール2、ドクター
ロール3、糊溜4から成る糊供給部と、片面段ボールー
シート7の押圧部とから構成されている。片面段ボール
ーシート7の押圧部は、図1に示すように、糊付けロー
ル2へ片面段ボールシート7を介して対設するものであ
る。

【0020】糊付けロール2の軸方向に沿ってビーム3
1が架設され、ビーム31にはブラケット32が固着さ
れている。ブラケット32の下端にはピン33を介して
揺動プレート34が揺動自在に配置に設けられ、揺動プ
レート34の下面には押さえシュー35が取り付けられ
ている。揺動プレート34の前端(揺動端)は引張ばね
36によって上方に付勢支持され、揺動プレート34の
上方側(図1中反時計回り方向)の揺動端は上限ストッ
パ37によって規制されている。また、揺動プレート3
4の下方側(図1中時計回り方向)の揺動端は下限スト
ッパ38によって規制されている。

【0021】一方、ビーム31の下面にはホルダ39が
固定されており、ホルダ39と揺動プレート34との間
には長手方向に延びるフレキシブルチューブ40が設け
られている。フレキシブルチューブ40は制御装置とし
てのエア圧調整手段41を介してコンプレッサ42につ
ながり、フレキシブルチューブ40に所定圧のエアが供
給されるようになっている。フレキシブルチューブ40
に供給するエア圧をエア圧調整手段41によって調整す
ることにより、押さえシュー35の片面段ボールシート
7への押圧力が制御される。

【0022】エア圧調整手段41には、コンプレッサ4
2からの圧縮エアを所定圧に減圧する減圧弁43が設け
られると共に、減圧弁43を介して送られるエアのフレ
キシブルチューブ40への流通を切り換える切換弁44
が備えられている。切換弁44のオン・オフを操作する
ことにより、押さえシュー35の押圧力が制御されるよ
うになっている。尚、図中の符号で45、46は圧力計
である。

【0023】揺動プレート34及び押さえシュー35
は、片面段ボールシート7の横幅方向に複数個に分割し
て製作され、図2に示すように、片面段ボールシート7
の両幅端と係合しない位置で接合され、また、組立に際
して接合部に段差が発生しないよう一体構造とされてい
る。また、揺動プレート34及び押さえシュー35は、
分割せずに一枚で一体に形成するようにすることも可能
である。

【0024】上記構成の糊塗布装置の作用を説明する。
初期設定として、揺動プレート34と押さえシュー35
の重量による回転モーメントに対し微かに強く引張ばね
36の張力を設定し、揺動プレート34の上面が上限ス
トッパ376へ軽く当接する状態にする。また、下限ス
トッパ38はフレキシブルチューブ40に作用させる内
圧によって押さえシュー35の下面が糊け付ロール2の
外周面へ接触しない状態に設定する。

【0025】初期設定のもと、片面段ボールシート7を
通紙した後切換弁44の操作によってフレキシブルチュ
ーブ40内へ所定圧力の空気を供給する。即ち、切換弁
44のオン・オフ操作によりフレキシブルチューブ40
内のエアの出し入れを行い、目視あるいは圧力計45、
46の確認により、片面段ボールシート7の状態等に応
じて糊付けロール2と押さえシュー35との隙間を所定
の状態に保持する。これにより、糊付けロール2の周速
度に対応して同期走行する片面段ボールシート7に常に
一定の押圧力を付加させることができる。

【0026】従って、同一ユニットで段種の異なる2種
類以上の片面段ボールシート7を通紙する場合でも、外
部からの切換弁44の操作により糊付けロール2と押さ
えシュー35との隙間を所定の状態に保つことができ
る。これにより、段種の異なる片面段ボールシート7を
通紙する都度糊付けロール2と押さえシュー35との隙
間を調整する必要がなく、紙種やフルート別段高差に関
係なく常に一定の接触圧が得られる。このため、段種の
異なる片面段ボールシート7を通紙しても、段潰れやシ
ートエッジ部の潰れが生じることがなく、糊9の供給量
が安定し無駄な糊消費を大幅に減少することができる。
また、切換弁44を操作してフレキシブルチューブ40
の内圧を昇降することにより、片面段ボールシート7の
状態(ひねり、液板状)に対応して押付状態を微妙に設
定することが可能となる。

【0027】次に押さえシュー35の部位の他の実施例
を図3、図4に基づいて説明する。図3には押さえシュ
ーの他の実施例を表す概略構成、図4にはエア圧調整手
段の回路構成を示してある。

【0028】図3に示すように、揺動プレート34と押
さえシュー35との間、即ち、接合面には、長手方向に
延びる空気室51が設けられ、空気室51に対応して押
さえシュー35には長手方向に沿って複数の穴部材とし
ての空気噴出穴52が設けられている。尚、穴部材とし
ては、長手方向に沿って延びるスリットを押さえシュー
35の下面に形成することも可能である。空気室51は
制御装置としてのエア圧調整手段53を介してコンプレ
ッサ42につながり、所定の圧力のエアが空気室51に
供給されて空気噴出穴52からエアが噴出されるように
なっている。エア圧調整手段53はフレキシブルチュー
ブ40にも所定圧のエアを供給するようになっている。

【0029】図4に示すように、エア圧調整手段53に
は、フレキシブルチューブ40側につながる減圧弁43
及び切換弁44が備えられている。また、空気室51側
につながる減圧弁54、流量制御弁55及び切換弁56
が備えられ、切換弁56のオン・オフ操作によって空気
室51に所定の圧力のエアが供給される。図中57は圧
力計である。

【0030】上記構成の押さえシュー35を備えた糊塗
布装置では、押さえシュー35と糊付けロール2の間に
片面段ボールシート7を通紙して走行させ、切換弁56
の操作によって空気室51に所定の圧力のエアを供給す
る。空気室51に所定圧力のエアが供給されると、押さ
えシュー35の下面の空気噴出穴52から片面段ボール
シート7に向けてエアが噴出する。これにより、片面段
ボールシート7の表面と押さえシュー35の間に空気層
が形成され、押さえシュー35の摺接面の摩擦抵抗およ
び摩耗を大幅に減少させることができる。

【0031】上述した段ボールシートの糊塗布装置で
は、段種の異なる片面段ボールシート7を通紙しても、
段潰れやシートエッジ部の潰れが生じることがなく、糊
9の供給量が安定し無駄な糊消費を大幅に減少すること
ができると共に、切換弁44を操作してフレキシブルチ
ューブ40の内圧を昇降することにより、片面段ボール
シート7の状態(ひねり、液板状)に対応して押付状態
を微妙に設定することができる。また、片面段ボールシ
ート7の表面と押さえシュー35の間に空気層を形成す
ることができ、押さえシュー35の摺接面の摩擦抵抗お
よび摩耗を大幅に減少させることができる。

【0032】また、本実施例の糊塗布装置は、予め組立
てられた押さえシュー35等を既設の摺動ブラケット
(図6参照)20に取り付けることにより、従来機への
適用が可能で、安価に改造できる。また、フレキシブル
チューブ40に供給する空気を減圧することにより押さ
えシュー35を揺動上昇させることができ、糊付けロー
ル2との間に広い隙間を形成できる。このため初期通紙
に際しての作業性が大幅に向上する。

【0033】尚、押さえシュー35は、鋼材により形成
して表面へ硬質クロームメッキを施したり、樹脂材で形
成する等種々の材質により製作する事ができる。また、
押さえシュー35の下面(摺接面)の形状は、図示例の
ように凸形だけでなく片面段ボールシート7の表面の曲
線に沿ったわずかに大きな曲率半径で凹形に形成するこ
ともできる。また、押さえシュー35に設ける穴部材
は、複数列の空気噴出穴にしたり、あるいは複数条のス
リット状に形成することもできる。本発明は上記実施例
にのみ限定されるものではなく本発明の要旨を逸脱しな
い範囲で種々変更を加え得るものである。

【0034】

【発明の効果】本発明の段ボールシートの糊塗布装置に
よると、同一ユニットで複数個のシートを通紙する場合
でも、押さえシューと糊付けロールとの隙間の再設定を
する必要がなく、紙種(厚さ)や生産条件による段高差
変動に関係なく、機械外部からの操作により常に一定の
押圧力が得られる。また、芯紙部の段潰れや片面段ボー
ルシートの側端エッジ部の潰れが生じないので、糊消費
量が少なくなると共に段ボールシートの剛性の向上が図
れる。また、フルート別、あるいは片面段ボールシート
の状態(ひねり、液板状)に対応して加圧力の変更が容
易に行える。更に、押さえシューかエアを噴出させるよ
うにすることにより、押さえシューの摺接部の摩擦抵抗
および摩擦を大幅に低減させることができ、ランニング
コストの低減が可能となる。この結果、段ボールシート
製造における品質が安定し、しかも大幅な省力化が図れ
る。

【0035】また、押さえロール等は従来の既設の揺動
ブラケットに簡単に取り付けることができるので、従来
機への適用(改造)が容易に可能である。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施例に係る段ボールシートの糊塗
布装置の要部側面図。

【図2】図1中のII-II 線矢視図。

【図3】押さえシューの他の実施例を表す概略構成図。

【図4】エア圧調整手段の回路構成図。

【図5】コルゲートマシンへ設備するグルーマシン部の
概略構成図。

【図6】図5中の要部拡大図。

【図7】従来の押さえシューの支持状況説明図。

【図8】従来の押さえシューによる押し付け状況説明
図。

【符号の説明】

2 糊付けロール 7 片面段ボールシート 9 芯紙 31 ビーム 32 ブラケット 33 ピン 34 揺動プレート 35 押さえシュー 36 引張ばね 37 上限ストッパ 38 下限ストッパ 39 ホルダ 40 フレキシブルチューブ 41、53 エア圧調整手段 42 コンプレッサ 43、54 減圧弁 44、56 切換弁 45、46、57 圧力計 51 空気室 52 空気噴出穴 55 流量制御弁

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 段ボールシートの走行経路を挟んで糊付
    けロールに対向して前記段ボールシートの全幅にわたっ
    て配設される押さえシューと、流体圧により前記押さえ
    シューを前記段ボールシート側に押圧するフレキシブル
    チューブと、前記フレキシブルチューブへ供給される前
    記流体圧を所定の圧力に調整して前記押さえシューの前
    記段ボールシートへの押圧力を制御する制御手段とを備
    えたことを特徴とする段ボールシートの糊塗布装置。
  2. 【請求項2】 請求項1において、前記押さえシューの
    前記段ボールシートとの対向面の幅方向に穴部材を形成
    し、前記穴部材から流体を噴出する流体噴出手段を設け
    たことを特徴とする段ボールシートの糊塗布装置。
JP22087396A 1996-08-22 1996-08-22 段ボールシートの糊塗布装置 Withdrawn JPH1058562A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22087396A JPH1058562A (ja) 1996-08-22 1996-08-22 段ボールシートの糊塗布装置

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22087396A JPH1058562A (ja) 1996-08-22 1996-08-22 段ボールシートの糊塗布装置
US08/914,147 US5916414A (en) 1996-08-22 1997-08-19 Glue applicator for corrugated board
AU34278/97A AU694700B2 (en) 1996-08-22 1997-08-20 Glue applicator for corrugated board
DE1997614155 DE69714155T2 (de) 1996-08-22 1997-08-21 Beleimungsvorrichtung für eine Wellpappen-Anlage
EP19970114464 EP0825017B1 (en) 1996-08-22 1997-08-21 Glue applicator for corrugated board

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1058562A true JPH1058562A (ja) 1998-03-03

Family

ID=16757883

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22087396A Withdrawn JPH1058562A (ja) 1996-08-22 1996-08-22 段ボールシートの糊塗布装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1058562A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1071988A (en) Process control system for corrugators
EP1828475B1 (en) Method and apparatus for processing a fibre web
US7284486B2 (en) Device and method for controlling the position of the lateral edge of a continuous web
US3972763A (en) Method of laminating planar and corrugated surface defining layers of sheet material
US6802253B2 (en) Rotational body configuration for web width correction
US4757782A (en) Apparatus for coating a web
US6129305A (en) Process and winding machine for continuous winding of a material web
DE4341341C1 (de) Dosiersystem für Vorrichtungen zum Beschichten von Materialbahnen, insbesondere Papier- oder Kartonbahnen
CH620864A5 (ja)
DE4224235C2 (de) Breiten-Einstellvorrichtung für eine Papierbahn, sowie damit ausgestattete Rotationspresse
KR101680911B1 (ko) 단일면 골판지 제조방법
EP1270810B1 (de) Auftragsvorrichtung
JP2685406B2 (ja) 波板紙の製造工程で糊付けの均一性を向上させるための装置
CA2604142C (en) Method and apparatus for producing a corrugated product
US3722465A (en) Smoothing scraper-coating apparatus
US20030116296A1 (en) Method and apparatus for caliper control of a fibrous web
JP5592403B2 (ja) 波形成形作業における水分及び温度を制御する方法
US7590378B2 (en) Device and method for guiding a continuous web by means of a pivotable apparatus
GB2106015A (en) Coating travelling webs
US6655280B2 (en) Inking unit in a printing machine having a chambered doctor blade and multiple inking zones
EP0307618A1 (de) Vorrichtung zum Beschichten einer um eine Gegenwalze geführten Materialbahn
US6579366B2 (en) Coating machine for direct or indirect coating of a material web
JP2001310875A (ja) ウェブテンションを制御するための装置及び方法
EP2910368B1 (de) Wellpappe-Anlage
DE4305158C2 (de) Wellpappenmaschine zur Herstellung einseitiger Wellpappe

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20031104