JPH1051489A - Radio packet flow control method - Google Patents

Radio packet flow control method

Info

Publication number
JPH1051489A
JPH1051489A JP20074396A JP20074396A JPH1051489A JP H1051489 A JPH1051489 A JP H1051489A JP 20074396 A JP20074396 A JP 20074396A JP 20074396 A JP20074396 A JP 20074396A JP H1051489 A JPH1051489 A JP H1051489A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
radio
station
frames
radio station
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP20074396A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masataka Iizuka
Yasuhiko Inoue
保彦 井上
正孝 飯塚
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>, 日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
Priority to JP20074396A priority Critical patent/JPH1051489A/en
Publication of JPH1051489A publication Critical patent/JPH1051489A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a radio packet flow control method in which data are transferred continuously in the case of packet communication and the occupancy of a backward channel is decreased. SOLUTION: In the case of sending I frames of a maximum outstanding I frame number (7 frames), a transmission station 11 sends a frame while setting P to 1 in an I frame 21-1 whose sequence number is 3rd that is the middle of the 7 frames and sends 4th, 5th and 6th I frames continuously. On the other hand, a reception station 12 receives the 3rd I frame 21-1 and returns a response frame 22-1 whose F is set to 1 immediately. Thus, the transmission station 11 confirms that the I frames from 0 to 3rd are received correctly to the reception station 12 and the transmission station 11 sends newly four I frames at this point of time.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、無線パケット通信システムにおいて、マルチフレーム確認型の情報転送を行う際に、最大アウトスタンディングIフレーム数の規定によりフロー制御を行いつつ、ポール/ファイナルチェックポインティングにより送達確認を行う無線パケットフロー制御方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, in a wireless packet communication system, when performing multi-frame acknowledged information transfer, while performing flow control pursuant to the provisions of the maximum outstanding number of I frames, the pole / Final checkpointing a wireless packet flow control method for performing delivery confirmation.

【0002】 [0002]

【従来の技術】図4は送信局11と受信局12が無線パケット通信を行っており、送信局11が確認をとらずに連続的に送信できるIフレームの最大数(以下、最大アウトスタンディングIフレーム数と記す)のIフレームを送信する毎に、ポール/ファイナルチェックポインティング(以下、P/Fチェックポインティングと記す) BACKGROUND ART FIG. 4 is the receiving station 12 performs radio packet communication with the transmitting station 11, the maximum number of I frames transmission station 11 can be continuously transmitted without taking confirmation (hereinafter, the maximum outstanding I each time to send the I frame of the referred to as the number of frames), Paul / Final check pointing (hereinafter referred to as the P / F check pointing)
により送達確認を行うという、従来のフロー制御によりデータ転送を行った場合の送受信局の動作を説明する図である。 By that confirms delivery is a diagram for explaining the operation of the transceiver stations in the case of performing data transfer by the conventional flow control.

【0003】ここでは、ITU−T(国際電気通信連合)のX. [0003] Here, X. of ITU-T (International Telecommunication Union) 25勧告におけるLAPB(Link Access Pr LAPB in 25 recommendations (Link Access Pr
ocedure Balanced)やISDN(Integrated Services ocedure Balanced) and ISDN (Integrated Services
Digital Network) のLAPD(Link Access Procedur LAPD of Digital Network) (Link Access Procedur
e on the D-channel),PHS(Personal Handy-Phone e on the D-channel), PHS (Personal Handy-Phone
System) のLAPDC(Link Access Procedure forD LAPDC of System) (Link Access Procedure forD
igital Cordless)等、現存する多くのデータリンク層プロトコルのモデルとなっているHDLC(High-Level igital Cordless) or the like, HDLC which is a model for a number of data link layer protocol in existence (High-Level
Data Link Control)を基本としたデータリンク層のプロトコルにおいて、マルチフレーム確認型の情報転送を行うことを想定している。 In Data Link Control) of basic data link layer protocol, it is assumed that a multi-frame acknowledged information transfer. すなわち、上位レイヤから引き渡された情報は、複数のIフレームに分割され、送信局において送達確認を取りながら転送される。 That is, the information delivered from an upper layer is divided into a plurality of I frames, it is transferred while taking acknowledgment in the transmitting station.

【0004】図4において、0〜7の番号が付与された矩形はそれぞれIフレームであり、送信局11は受信局12に対し、マルチフレーム確認型の情報転送を行っている。 [0004] In FIG. 4, rectangle 0-7 number is assigned is I-frame, respectively, the transmitting station 11 to receiving station 12 is performed a multi-frame acknowledged information transfer. 各Iフレームは送信時に、モジュロMで操り返されるシーケンス番号が付与される。 Each I-frame at the time of transmission, the sequence number returned manipulation modulo M is applied. 同図では、M=8の場合、すなわちモジュロ8の場合について示されている。 In the figure, the case of M = 8, i.e., are shown for the case of modulo 8. また、同図では最大アウトスタンディングIフレーム数を7としている。 Also, as the maximum outstanding I frames number 7 in FIG.

【0005】受信局12は、次に受信すべきIフレームに付与されたシーケンス番号を示す受信状態変数を有する。 [0005] The receiving station 12 includes a receive state variable indicating the next sequence number assigned to the I-frame to be received. この受信状態変数もまた、モジュロMで操り返される。 The receive state variable are also returned manipulation modulo M. 受信局12は、誤りなく受信したIフレームのシーケンス番号と自身の受信状態変数の値が一致した場合、 Receiving station 12, if the value of the receive state variable of the sequence number and its own I frame received without error are matched,
当該Iフレームの受信は成功したものとみなし、受信状態変数にlを加える。 It assumes reception of the I-frame is successful, add l to receive state variable. 一方、受信したIフレームのシーケンス番号と自身の受信状態変数の値が一致しなかった場合は、受信状態変数の更新は行われない。 On the other hand, when the value of the receive state variable of the sequence number and its own I frame received does not match, the update of the receive state variable is not performed.

【0006】図4において、送信局11は最大アウトスタンディングIフレーム数のIフレームを送信する際、 [0006] In FIG 4, when the transmitting station 11 to transmit the I frame of the maximum outstanding number of I frames,
その最終フレームにおいて、応答を要求するためのビット(以下、Pと記す)を1に設定し、受信局12に送達確認のためのレスポンスを要求している。 In the final frame, the bit for requesting a response (hereinafter, referred to as P) is set to 1, requesting a response for delivery confirmation to the receiving station 12. 同図において、両端に矢印の付いた範囲が、確認をとらずに連続送信可能なIフレームの範囲であり、その最大数が最大アウトスタンディングIフレーム数として規定されている。 In the figure, the range with an arrow at both ends is in the range of possible continuous transmission I-frame without taking check, the maximum number is defined as the maximum outstanding number of I frames. 同図では、連続送信された最後のIフレームでPがlに設定され、受信局12に対しレスポンスが要求されている。 In FIG, P is set to l in the last I-frame that is continuously transmitted, a response is required to the receiving station 12.

【0007】送信局11は、受信局12に対しレスポンスを要求した後、受信局12からのレスポンスフレームを受信し、送達確認を行うまでは、モジュロMで繰り返されるシーケンス番号の混乱を防ぐために、新たなIフレームの送信を行うことができない。 [0007] transmitting station 11, after requesting a response to the receiving station 12 receives the response frame from the receiving station 12, until the acknowledgment, in order to prevent confusion of the sequence number repeats modulo M, it is not possible to perform the transmission of a new I-frame. 受信局12は、受信したIフレーム中のPが、1に設定されていた場合、 Receiving station 12, if P in the I frame received, has been set to 1,
直ちに応答を示すビット(以下、Fと記す)をlに設定したレスポンスフレームを送信局11に返す。 Immediately it shows the response bit (hereinafter, referred to as F) returns a response frame set to l to the transmitting station 11. このレスポンスフレームには、受信局12が次に受信すべきIフレームのシーケンス番号が含まれている。 This is the response frame contains the sequence number of the I-frame to be received receiving station 12 next.

【0008】送信局11は、レスポンスフレームに含まれたシーケンス番号により、何番のIフレームまでが受信局12に正しく届いたかを確認する。 [0008] The transmitting station 11, by a sequence number that was included in the response frame, until I frame of what number to check whether the received correctly to the receiving station 12. このとき、先にPを1に設定したIフレームまでの確認が取れなかった場合には、予め定められた手順に従いIフレームの再送が行われる。 At this time, when the previously did the check up I-frame that is set to P 1, the retransmission of the I frame is performed according to a predetermined procedure.

【0009】図5は、従来のスライディングウィンドウ方式によるフロー制御を行った場合の送受信局の動作を説明する図である。 [0009] Figure 5 is a diagram for explaining the operation of the transceiver stations in the case of performing flow control of the conventional sliding window method. 図5において、0〜7の番号が付与された矩形はそれぞれIフレームであり、送信局11は受信局12に対し、マルチフレーム確認型の情報転送を行っている。 5, rectangle 0-7 number is assigned is I-frame, respectively, the transmitting station 11 to receiving station 12 is performed a multi-frame acknowledged information transfer. 各Iフレームは送信時に、モジュロMで操り返されるシーケンス番号が付与される。 Each I-frame at the time of transmission, the sequence number returned manipulation modulo M is applied. 同図では、M In the figure, M
=8の場合、すなわちモジュロ8の場合について示されている。 = For 8, that is shown for the case of modulo 8.

【0010】受信局12は、次に受信すべきIフレームに付与されたシーケンス番号を示す受信状態変数を有する。 [0010] The receiving station 12 includes a receive state variable indicating the next sequence number assigned to the I-frame to be received. この受信状態変数もまた、モジュロMで繰り返される。 The receive state variable are also repeated in modulo M. 受信局12は、誤りなく受信したIフレームのシーケンス番号と自身の受信状態変数の値が一致した場合、 Receiving station 12, if the value of the receive state variable of the sequence number and its own I frame received without error are matched,
当該Iフレームの受信は成功したものとみなし、受信状態変数に1を加え、送信局11に対し確認のためのレスポンスフレームを返す。 It assumes reception of the I-frame is successful, 1 is added to the receive state variable, returns a response frame for confirmation to the transmission station 11. 図5において、破線の矢印で示されたのがレスポンスフレームである。 5, was shown by the dashed arrows is the response frame.

【0011】受信局12において、受信したIフレームの番号と自身の受信状態変数の値が一致しなかった場合は、受信状態変数の更新は行われず、確認のためのレスポンスフレームの送信も行われない。 [0011] In the receiving station 12, if the value of the receive state variable of number and its I frame received does not match, the update is not performed in the receive state variable, is also performed transmission of the response frame for confirmation Absent. この場合受信局1 In this case the receiving station 1
2は、送信局11に対し、予め定められた手順に従い再送を要求するためのレスポンスフレームを返す。 2, to the transmission station 11 and returns a response frame for requesting retransmission according to a predetermined procedure.

【0012】 [0012]

【発明が解決しようとする課題】従来は、上述のような手順でマルチフレーム確認型のパケット伝送を行っていた。 [SUMMARY OF THE INVENTION Conventionally, has been performed packet transmission of multiple frame types in the above-described procedure. したがって、図4に示されるように、最大アウトスタンディングIフレーム数毎にP/Fチェックポインティングによる送達確認を行うという方法によりデータ転送を行った場合、送信局11は最大アウトスタンディングIフレーム数分のIフレームを送信し終えると、受信局12から、Fが1に設定されたレスポンスフレームを受信するまでは後続のIフレームを送ることができず、 Accordingly, as shown in FIG. 4, when data is transferred by a method of performing delivery confirmation by P / F checkpointing every maximum outstanding number of I frames, the transmitting station 11 is the maximum outstanding I frames fraction after finishing sending the I-frame, the receiving station 12, F can not be sent to subsequent I-frame until it receives the set response frame to 1,
この間に時間が浪費されることによる伝送効率の低下、 Decrease in transmission efficiency due to time during this period is wasted,
および、伝送遅延時間の増加が問題となっていた。 And, an increase in the transmission delay time has been a problem.

【0013】また、図5に示すようなスライディングウィンドウ方式のフロー制御を行った場合、ある送受信局対がデータ転送中は当該送受信局対に上下チャネルが占有されるため、その間に生じた他の無線局からの通信の要求を受け付けることができず、これに起因する待ち時間の増大が問題となっていた。 Further, in the case of performing flow control of a sliding window system as shown in FIG. 5, there transceiver station pair for vertical channel is occupied by the transceiver station pair during data transfer, the other occurring during can not accept a request for communication from the radio station, the increase in latency has been a problem due to this. また、上下チャネルに等しい通信容量を持つシステムにおいては、一般的にバックワードチャネルはデータ転送方向と比較するとわずかな通信容量しか必要としないにもかかわらず、スライディングウィンドウ方式のフロー制御では、バックワードチャネルが無駄な使い方をされてしまうという問題があった。 Further, in a system having the same transmission capacity in the vertical channel, despite the generally backward channel requires only little transmission capacity when compared with the data transfer direction, a flow control of the sliding window method, backward there was a problem that the channel would be wasteful to use and.

【0014】さらに、上下に等しい通信容量を持つシステムにおいてスライディングウィンドウ方式のフロー制御を行った場合、チャネルはデータ転送中の送受信局により占有されるため、他の無線局からのデータ転送要求が生じた場合でも、前記送受信局間の通信が終了するまではデータ転送を行うことができず、高い周波数効率が得られないという問題があった。 Furthermore, in the case of performing flow control of sliding window in the system having a communication capacity equal up and down, because the channel is occupied by the transmitting and receiving stations during data transfer, occurs the data transfer request from another radio station even if, until the communication between the transmitting and receiving stations is completed can not perform data transfer, there is a problem that a high frequency efficiency can not be obtained.

【0015】本発明の目的は、パケット通信を行う際に連続的なデータ転送を行うことにより効率の良いデータ転送を実現し、同時に、バックワードチャネルの占有度を低くすることにより、上下チャネルで同時に異なる送受信対がデータ転送を行うことを可能とする無線パケットフロー制御方法を提供することにある。 An object of the present invention is to realize efficient data transfer by performing continuous data transfer when performing packet communication, at the same time, by reducing the occupancy of the backward channel, in the vertical channel At the same time different transceiver pair to provide a wireless packet flow control method capable of performing data transfer.

【0016】 [0016]

【課題を解決するための手段】請求項1に記載の発明は、無線パケット通信を行う第1の無線局と第2の無線局から構成され、前記第1の無線局が前記第2の無線局に対してマルチフレーム確認型の情報転送を行い、前記第1の無線局は前記第2の無線局に対して情報転送フレーム(以下、Iフレーム)をi個(iは2以上の自然数)連続送信すると共に、送達確認のための応答要求を行い、前記第2の無線局は前記応答要求を確認した後、 Means for Solving the Problems The invention described in claim 1 is composed of a first radio station and the second radio station performing radio packet communication, the first radio station and the second radio performs multi-frame acknowledged information transfer with respect to a station, the first radio station information transfer frame to the second radio station (hereinafter, I-frame) i pieces of (i is a natural number of 2 or more) as well as continuous transmission, performs a response request for acknowledgment, after the second radio station confirming the response request,
直ちに前記第1の無線局に対してレスポンスフレームを返送し、前記第1の無線局は前記レスポンスフレームを受信後、後続のIフレームを連続送信する無線パケットフロー制御方法において、前記第1の無線局は、(1) Immediately returns a response frame to the first wireless station, after receiving the first radio station the response frame, in the radio packet flow control method for continuously transmitting a subsequent I-frame, the first wireless the station, (1)
最初のIフレームを送信してからj番目(jは自然数、 j-th from the transmission of the first I-frame (j is a natural number,
j<i)のIフレームにおいて前記応答要求を行い、 Perform the response request in the I-frame of the j <i),
(2)前記第2の無線局からのレスポンスフレームを受信後、前記第2の無線局に対して前記Iフレームの(j (2) said after receiving the response frame from the second wireless station, (j of the I frame to the second radio station
+1)番目から(j+i)番目までのi個の前記Iフレームを連続送信し、(3)(j+1)番目のIフレームから起算して、前記(1),(2)の動作を繰り返し、 +1) th from the i number of the I frames up to (j + i) th consecutive transmission, (3) (j + 1) th counted from I-frame, wherein (1), repeating the operations of (2),
Iフレームの送信を連続的に行うことを特徴とする無線パケットフロー制御方法である。 A radio packet flow control method and performing the transmission of I frames continuously.

【0017】請求項2に記載の発明は、無線パケット通信を行う第1の無線局と第2の無線局から構成され、前記第1の無線局が前記第2の無線局に対してマルチフレーム確認型の情報転送を行い、前記第1の無線局は前記第2の無線局に対して情報転送フレーム(以下、Iフレーム)をi個(iは2以上の自然数)連続送信すると共に、送達確認のための応答要求を行い、前記第2の無線局は前記応答要求を確認した後、直ちに前記第1の無線局に対してレスポンスフレームを返送し、前記第1の無線局は前記レスポンスフレームを受信後、後続のIフレームを連続送信する無線パケットフロー制御方法において、(1)前記各Iフレームをk個(kは2以上の自然数)の無線区間伝送単位(以下、無線バースト)で構成し、前記第1の無 [0017] According to a second aspect of the invention is constructed from a first radio station and the second radio station performing radio packet communication, multi-frame the first radio station to the second radio station confirm type information transfer, wherein the first radio station information transfer frames (hereinafter, I-frame) to the second radio station together with a (is i 2 or greater natural number) i pieces successively transmits, delivery performs a response request for confirmation, the following second radio station confirming the response request, immediately returns a response frame to the first wireless station, the first radio station the response frame after receiving the configuration in the radio packet flow control method for continuously transmitting a subsequent I-frame, (1) the respective I frame k number (k is a natural number of 2 or more) radio section transmission unit (hereinafter, radio bursts) and, the first free 局は、(2)前記第2の無線局に対して情報を前記無線バースト単位で連続送信し、(3) The station (2) continuously transmits the second information to the radio station in the radio bursts, (3)
最初の前記Iフレームを送信してからj番目(jは自然数、j<i)の前記Iフレームにおいて前記応答要求を行い、(4)前記第2の無線局からのレスポンスフレームを受信後、前記第2の無線局に対して前記Iフレームの(j+1)番目から(j+i)番目までの(k×i) j-th from the transmission of the first said I frame (j is a natural number, j <i) performs the response request in the I frame, (4) after receiving the response frame from the second wireless station, wherein of the I frame to the second radio station (j + 1) -th from the (j + i) th to the (k × i)
個の前記無線バーストを連続送信し、(5)(j+1) Continuously transmitting the number of the radio bursts, (5) (j + 1)
番目のIフレームから起算して、前記(2)ないし(4)の動作を繰り返し、Iフレームの送信を連続的に行うことを特徴とする無線パケットフロー制御方法である。 Th counted from the I frame, the (2) to repeat the operations of (4) is a radio packet flow control method and performing the transmission of I frames continuously.

【0018】請求項3に記載の発明は、無線パケット通信を行う第1の無線局と第2の無線局から構成され、前記第1の無線局が前記第2の無線局に対してマルチフレーム確認型の情報転送を行い、前記第1の無線局は前記第2の無線局に対して情報転送フレーム(以下、Iフレーム)をi個(iは2以上の自然数)連続送信すると共に、送達確認のための応答要求を行い、前記第2の無線局は前記応答要求を確認した後、直ちに前記第1の無線局に対してレスポンスフレームを返送し、前記第1の無線局は前記レスポンスフレームを受信後、後続のIフレームを連続送信する無線パケットフロー制御方法において、(1)前記各Iフレームにおいて前記応答要求を行わない当該Iフレームを複数の無線区間伝送単位(以下、無線バースト) [0018] According to a third aspect of the invention is constructed from a first radio station and the second radio station performing radio packet communication, multi-frame the first radio station to the second radio station confirm type information transfer, wherein the first radio station information transfer frames (hereinafter, I-frame) to the second radio station together with a (is i 2 or greater natural number) i pieces successively transmits, delivery performs a response request for confirmation, the following second radio station confirming the response request, immediately returns a response frame to the first wireless station, the first radio station the response frame after receiving the, in the radio packet flow control method for continuously transmitting a subsequent I-frame, (1) the said response request to the I-frame more is not performed radio section transmission units in each I-frame (hereinafter, radio burst) 構成し、前記応答要求を行うIフレームを1つの前記無線バーストで構成して送出し、前記第1の無線局は、(2)前記第2の無線局に対して情報を前記無線バースト単位で連続送信し、(3)最初の前記Iフレームを送信してからj番目(jは自然数、j Configured, the sending constitutes a I frame for the response request at one of the radio bursts, the first radio station, (2) the information to the second radio station in the radio bursts and continuous transmission, (3) j th from the transmission of the first said I frame (j is a natural number, j
<i)のフレームに相当する前記無線バースト(以下、 <The radio burst which corresponds to a frame of i) (hereinafter,
規準バースト)において前記応答要求を行い、(4)前記第2の無線局からの前記レスポンスフレームを受信後、前記第2の無線局に対して前記規準バーストに続く前記Iフレームを含むi個のフレームを連続送信し、 Perform the response request in reference burst), (4) the rear receiving the response frame from the second wireless station, i pieces of containing the I-frame following the reference burst to the second radio station continuously transmitting a frame,
(5)(j+1)番目のIフレームから起算して、前記(2)ないし(4)の動作を繰り返し、Iフレームの送信を連続的に行うことを特徴とする無線パケットフロー制御方法である。 (5) (j + 1) th counted from the I frame, the (2) to repeat the operations of (4) is a radio packet flow control method and performing the transmission of I frames continuously.

【0019】したがって、本発明は、マルチフレーム確認型の情報転送を行う際に、送信局が最大アウトスタンディングIフレーム数のIフレームを連続送信する際の途中のIフレームにおいて、Iフレーム中の応答要求を意味するビット(P)を1に設定することにより、受信局に送達確認のためのレスポンスを要求し、前記受信局は、前記Pが1に設定されたIフレームを受信した際、 [0019] Accordingly, the present invention is, when performing multi-frame acknowledged information transfer, in the middle of I frame when the transmitting station successively transmits the I frame of the maximum outstanding number of I frames, the response in the I-frame by setting bits that means request (P) to 1 time, requesting a response for delivery confirmation to the receiving station, the receiving station receives the I-frame in which the P is set to 1,
直ちに前記Pが1に設定されたIフレームに対する応答を意味するビット(F)を1に設定したレスポンスフレームを返し、前記送信局は、最大アウトスタンディングIフレーム数のIフレームの連続送信を終了する以前に前記レスポンスフレームを受信することで、自身の状態変数の更新を行い、未確認状態のIフレーム数を減少させることにより、バックワードチャネルを完全に占有することなく、最大アウトスタンディングIフレーム数以上のIフレームの連続送信を可能とすることを主要な特徴とする。 Immediately the P returns a response frame set bit means responding (F) to 1 for the I-frame that is set to 1, the transmission station completes the continuous transmission of the I frame of the maximum outstanding number of I frames by receiving the response frame previously updates the own state variables, by reducing the number of I frames unconfirmed state, without completely occupy the backward channel, the maximum outstanding I or number of frames to mainly characterized in that to enable continuous transmission of I frames.

【0020】本発明は、P/Fチェックポインティングを最大アウトスタンディングIフレーム数のIフレームを連続送信する途中のフレームで行うことにより、最大アウトスタンディングIフレーム数のIフレームを送信しきる前に受信局からのレスポンスを受信し、自身の状態変数を更新することで、最大アウトスタンディングI The present invention, by performing in the course of successive frames transmit I frames maximum outstanding number of I frames P / F checkpointing receiving station before partitioning send I frame maximum outstanding number of I frames receiving a response from, by updating its own state variables, the maximum outstanding I
フレーム数以上のIフレームを連続的に送信することが可能である点、また、最大アウトスタンディングIフレーム数以上のIフレームを連続的に送信する場合においても、バックワードチャネルを完全に占有することなくIフレームを連続的に送信することができる点が、従来技術と異なる。 That it is possible to transmit the I frame or the number of frames continuously, and in case of transmitting a maximum outstanding I frames number or more I frames continuously also be fully occupied backward channel that without any I-frame can be transmitted continuously is different from the prior art.

【0021】 [0021]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して、本発明の実施形態について説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, with reference to the drawings, embodiments of the present invention will be described. 〔第1の実施形態〕図1は、本発明の第1の実施形態を説明する図であり、最大アウトスタンディングIフレーム数を7、モジュロを8とした場合の送受信局の動作を示している。 First Embodiment FIG. 1 is a diagram illustrating a first embodiment of the present invention, the maximum outstanding I frames number 7 shows the operation of the transceiver stations in the case of the modulo 8 . 同図において、白い矩形はIフレームであり、各Iフレームにはモジュロ8、すなわち0から7まで操り返される番号が付与されている。 In the figure, the white rectangles is I-frame, modulo 8 for each I frame, that is, manipulate returned numbered from 0 to 7 are assigned. また、矩形上にPと書いてあるIフレームは、受信局12に応答を要求するためのビットPが、1に設定されたIフレームである。 Also, I frame that says P on the rectangle, bit P for requesting a response to the reception station 12 is an I-frame that is set to 1.

【0022】同図における実線の矢印は、Iフレームが伝送されている様子を示しており、破線の矢印は、Pが1に設定されたIフレームに対して返されたレスポンスフレームが、伝送されている様子を示している。 The solid arrows in the figure shows how the I-frame is being transmitted, the dashed arrows, the response frame returned for I frame P is set to 1, it is transmitted and it shows a state has. このレスポンスフレームは、Pが1に設定されたIフレームに対する応答を表すビットFが、1に設定されており、同図ではこれを意味するために破線上にFと記した。 The response frame, P is a bit F indicating a response to the I-frame that is set to 1, is set to 1, in the figure marked with F on the dashed line to mean the same. また、同図中、一点鎖線で示される矢印は、各々、その時刻において送信局11が、送達未確認のIフレームの範囲を示している。 Further, in the figure, the arrows indicated by a chain line, respectively, the transmitting station 11 at that time, it indicates the range of delivery unidentified I-frame.

【0023】同図において送信局11は、最大アウトスタンディングIフレーム数(7フレーム)のIフレームを送信する際に、その中間のIフレームであるシーケンス番号が3番のIフレーム(以下、単に3番のIフレームという。他のシーケンス番号のIフレームについても同様)21−1で、Pを1に設定している。 The transmitting station in figure 11, when transmitting the I-frame of maximum outstanding number of I frames (7 frames), the middle of the sequence number # 3 I-frame is an I-frame (hereinafter, simply 3 that turn the I-frame. in other same applies to I frame of the sequence numbers) 21-1, is set to P 1. また、送信局11がIフレーム21−1を送信を終了した時点、すなわち、時刻t1での未確認状態のIフレーム数は4フレームになる。 Further, when the transmission station 11 has finished transmitting the I-frame 21-1, i.e., I frame number of unconfirmed state at time t1 is four frames. 同図では、最大アウトスタンディングI In the figure, the maximum outstanding I
フレーム数は7であるので、送信局11は、さらに3つのIフレームを送信することが可能である。 Since the number of frames is 7, the transmitting station 11, it is possible to send up to three additional I frames. したがって、送信局11は、3番のIフレーム21−1に続いて4,5,6番のIフレームをさらに連続送信する。 Therefore, the transmitting station 11 further continuous transmission followed by 4,5,6 I-frame to I-frame 21-1 and the third.

【0024】受信局12は、上述したIフレーム21− The receiving station 12, I-frame described above 21-
1を受信後、直ちにFを1に設定したレスポンスフレーム22−1を返す。 After receiving one immediately returns a response frame 22-1 is set to F 1. このレスポンスフレーム22−1には、受信局12が、Pが1に設定されたIフレーム21 The response frame 22-1, the receiving station 12, I frame 21 P is set to 1
−1を受信した時点において、次に受信すべきIフレームのシーケンス番号(この場合、4番)が含まれている。 In the time of receiving the -1, then the sequence number of the I-frame to be received (in this case, No. 4) are included.

【0025】図1において、送信局11は、5番のIフレームを送信後にレスポンスフレーム22−1を受信している。 [0025] In FIG. 1, the transmitting station 11 receives the response frame 22-1 after transmitting the fifth I-frame. また、送信局11は、レスポンスフレーム22 The transmitting station 11, a response frame 22
−1により、0番から3番までのIフレームが受信局1 The -1, I frame receiving station 1 of numbers (0 to 3)
2に正しく届いたことを確認する。 To verify correctly arrived it to 2. これにより、送信局11において、6番のIフレームを送信し終えた時点、 Thus, in the transmitting station 11, when it has finished sending a sixth of the I-frame,
すなわち、時刻t3における未確認状態のIフレームは、4,5,6番の3フレームになる。 That, I frames of the unconfirmed state at time t3 will three frames 4,5,6.

【0026】したがって、この時点で送信局11は、新たに4つのIフレームを送信可能となる。 [0026] Thus, the transmitting station 11 at this point, the new transmittable four I frames. また、次に送信する、Pが1に設定されたIフレーム21−2は、この時点で4番目の未確認Iフレームということになり、 Also, then transmits, I-frame 21-2 which P is set to 1, will be referred to as fourth unconfirmed I-frame at this point,
最大アウトスタンディングIフレーム数の中間に位置するIフレームである。 An I frame located in the middle of the maximum outstanding number of I frames. したがって、送信局11は次に送信する7番のIフレーム21−2においてPを1に設定し、受信局12に対してレスポンスを要求する。 Thus, set P 1 in the transmitting station 11 is I-frame 21-2 of the seventh to send next, requesting a response to the receiving station 12. これに対して、受信局12は、Pが1に設定された7番のIフレーム21−2を受信後、直ちにFを1に設定したレスポンスフレーム22−2を送信する。 In contrast, the receiving station 12, P sends after receiving the I frame 21-2 of No. 7 is set to 1, immediately response frame 22-2 is set to F 1.

【0027】そして、送信局11は、1番のIフレーム送信後に前記レスポンスフレーム22−2を受信することにより、先に送信した4番のIフレームから7番のI [0027] Then, the transmitting station 11, by receiving the response frame 22-2 after transmitting the No. 1 I-frame, the seventh from fourth I-frame previously transmitted I
フレーム21−2までの確認をとることができる。 It is possible to take a check of up to frame 21-2. これにより、送信局11における2番のIフレーム送信後の未確認状態のIフレームは、0,1,2番のIフレームの3フレームということになる。 Thus, the I frame unidentified state after I-frame transmission number 2 in the transmitting station 11, it comes to three frames of I frames 0,1,2 No.. したがって、送信局1 Therefore, the transmission station 1
1は、新たに4つのIフレームを送信可能となる。 1 is a newly transmittable four I frames.

【0028】上記動作を繰り返すことにより、確認をとらずに連続送信可能なIフレームの範囲を、オーバーラップする形で更新することで、送信局11は、最大アウトスタンディングIフレーム数以上のIフレームを、連続的に送信することが可能となる。 [0028] By repeating the above operation, the range of the continuous transmittable I frames without taking the confirmation, by updating in overlapping form, the transmitting station 11, the maximum outstanding I frames number or more I frames and it is possible to transmit continuously. また、その際のバックワードチャネルの占有率は、データ転送方向に比較し1/4に抑制することが可能となっている。 Further, the occupancy of the backward channel at that time, it is possible to suppress to 1/4 compared to the data transfer direction.

【0029】〔第2の実施形態〕図2は、本発明の第2 [0029] Second Embodiment FIG. 2, the second invention
の実施形態を説明する図であり、1つのIフレームを複数の無線バーストで構成した場合の例を表している。 Is a diagram for explaining the embodiments represent examples of case where the single I-frame in the plurality of radio bursts. 同図においては、1つのIフレームを4つの無線バーストで構成し、最大アウトスタンディングIフレーム数を7,モジュロを8とした場合を示している。 In the figure, constitute one I-frame in four radio bursts, the maximum outstanding I frames number 7 shows the case of a modulo 8.

【0030】同図において白い矩形はIフレームであり、各Iフレームには、モジュロ8、すなわち、0から7で繰り返されるシーケンス番号が付与されている。 The white rectangle in the figure is an I-frame, each I-frame, modulo 8, i.e., sequence number repeats from 0 to 7 is applied. また、シーケンス番号の隣に(P)と書いてあるIフレームは、送信局11が受信局12に応答を要求するために、Pを1に設定したIフレームである。 Further, the I frame is written next to the sequence number and (P), to the transmitting station 11 is requesting a response to the receiving station 12, an I frame is set to P 1. 同図における実線の矢印は、Iフレームが伝送されている様子を無線バースト毎に示しており、破線の矢印は、Pが1に設定されたIフレームに対して返されたレスポンスフレームが、伝送されている様子を示している。 The solid line arrows in the figure shows how the I frames are transmitted every radio burst, broken arrow, the response frame returned for I frame P is set to 1, the transmission It shows a state that is. このレスポンスフレームは、Fが1に設定されており、同図ではこれを意味するために破線上にFと記してある。 The response frame, F is set to 1, in the figure are marked F on the dashed line to mean the same.

【0031】同図において送信局11は、最大アウトスタンディングIフレーム数(7フレーム)のIフレームを送信する際に、その中間のIフレームである3番のI The transmitting station 11 in the figure, when transmitting the I-frame of maximum outstanding number of I frames (7 frames), I and the third is an I-frame in between
フレーム21−1で、Pを1に設定している。 In the frame 21-1, is set to P to 1. 送信局1 The transmitting station 1
1におけるPを1に設定した3番のIフレームを送信を終了した時点、すなわち、時刻t1での未確認状態のI The time of completion of transmission of the third I-frame that is set to P 1 in 1, i.e., the unconfirmed state at time t1 I
フレーム数は、4フレームになる。 The number of frames is composed of four frames. 同図では、最大アウトスタンディングIフレーム数は7であるので、送信局11は、さらに3つのIフレームを送信することが可能である。 In the figure, since the maximum outstanding number of I frames is 7, the transmitting station 11, it is possible to send up to three additional I frames. したがって、送信局11は、3番のIフレーム21−1に続いて4,5,6番のIフレームをさらに連続送信する。 Therefore, the transmitting station 11 further continuous transmission followed by 4,5,6 I-frame to I-frame 21-1 and the third.

【0032】受信局12は、上述したIフレーム21− The receiving station 12, I-frame described above 21-
1を受信後、直ちにFを1に設定したレスポンスフレーム22−1を返す。 After receiving one immediately returns a response frame 22-1 is set to F 1. このレスポンスフレーム22−1には、受信局12が、Iフレーム21−1を受信した時点において、次に受信すべきIフレームのシーケンス番号(この場合、4番)が含まれている。 This is a response frame 22-1, the receiving station 12, in the time of receiving the I-frame 21-1, then the sequence number of the I-frame to be received (in this case, No. 4) are included.

【0033】図2において、送信局11は、4番のIフレームを送信中にレスポンスフレーム22−1を受信している。 [0033] In FIG. 2, the transmitting station 11 receives the response frame 22-1 while sending fourth I-frame. また、送信局11は、レスポンスフレーム22 The transmitting station 11, a response frame 22
−1により、0番から3番までのIフレームが受信局1 The -1, I frame receiving station 1 of numbers (0 to 3)
2に正しく届いたことを確認する。 To verify correctly arrived it to 2. これにより、送信局11において4番のIフレームを送信し終えた時点、すなわち、時刻t2における未確認状態のIフレームは、 Thus, when it has finished sending the I-frame of the fourth in the transmitting station 11, i.e., the I frame of the unconfirmed state at time t2,
4番のIフレームのみになる。 It becomes only the fourth of the I frame.

【0034】したがって、この時点で送信局11は、新たに6つのIフレームを送信可能となる。 [0034] Thus, the transmitting station 11 at this point, the new transmittable six I frames. また、7番のIフレーム21−2は、4番のIフレームから起算して4番目の未確認Iフレームということになり、最大アウトスタンディングIフレーム数の中間に位置するIフレームである。 Also, I frame 21-2 of No. 7, will be referred to as fourth unidentified I-frame counted from the fourth I-frame is an I frame located in the middle of the maximum outstanding number of I frames. したがって、送信局11は、7番のIフレーム21−2においてPを1に設定し、受信局12に対してレスポンスを要求する。 Therefore, the transmitting station 11 sets P to 1 in the I-frame 21-2 of the seventh to request a response to the receiving station 12. これに対して、受信局12 On the other hand, the receiving station 12
は、Pが1に設定された7番のIフレーム21−2を受信後、直ちにFを1に設定したレスポンスフレーム22 Is the response frame 22 P is after receiving the seventh I-frame 21-2 which is set to 1, immediately set the F 1
−2を送信する。 Sending -2.

【0035】図2において、送信局11は、0番のIフレームを送信中にレスポンスフレーム22−2を受信している。 [0035] In FIG. 2, the transmitting station 11 receives the response frame 22-2 while sending zeroth I-frame. これにより、先に送信した4番のIフレームから7番のIフレーム21−2までの確認をとることができる。 Thus, it is possible to take a check up I-frame 21-2 seventh from fourth I-frame previously transmitted. したがって、送信局11における0番のIフレーム送信終了時の、未確認状態のIフレームは、0番のI Thus, the I frame transmission at the end of the zeroth in the transmission station 11, I-frame of the unconfirmed state, zeroth I
フレームのみということになる。 So that only that frame. このため、送信局11 For this reason, the transmitting station 11
は、新たに6つのIフレームを送信可能となる。 Becomes newly transmittable six I frames.

【0036】上記動作を繰り返すことにより、確認をとらずに連続送信可能なIフレームの範囲を、オーバーラップする形で更新することで、送信局11は、最大アウトスタンディングIフレーム数以上のIフレームを連続的に送信することが可能となる。 [0036] By repeating the above operation, the range of the continuous transmittable I frames without taking the confirmation, by updating in overlapping form, the transmitting station 11, the maximum outstanding I frames number or more I frames it is possible to transmit continuously. また、その際のバックワードチャネルの占有率は、データ転送方向に比較し1 Further, the occupancy of the backward channel at that time, compared to the data transfer direction 1
/16に抑制することが可能となっている。 It is possible to suppress the / 16.

【0037】〔第3の実施形態〕図3は、本発明の第3 [0037] Figure 3 [Third Embodiment] The third of the present invention
の実施形態を説明する図であり、1つのIフレームを複数の無線バーストで構成した場合の例を表している。 Is a diagram for explaining the embodiments represent examples of case where the single I-frame in the plurality of radio bursts. 同図は、Pが0に設定されたIフレームを、4つの無線バーストで構成し、Pが1に設定されたIフレームを、1 The figure, the I frames that P is set to 0, and consists of four radio bursts, the I-frame P is set to 1, 1
無線バーストで構成した場合の送受信局の動作を表している。 It represents the operation of the transceiver stations in the case of a configuration using radio bursts. また、同図では、最大アウトスタンディングIフレーム数を7,モジュロを8とした場合を示している。 Further, in the figure, the maximum outstanding I frames number 7 shows the case of a modulo 8.

【0038】同図において、白い矩形はIフレームであり、各Iフレームにはモジュロ8、すなわち、0から7 [0038] In the figure, the white rectangles is I-frame, modulo 8 for each I frame, i.e., from 0 7
で繰り返されるシーケンス番号が付与されている。 In sequence number repeats it is given. また、矩形の上にPと書いてあるIフレームは、送信局1 Also, I frame that says P on the rectangle, the transmitter 1
1が受信局12に応答を要求するために、Pを1に設定したIフレームである。 For 1 requests a response to the reception station 12, an I frame is set to P 1. 同図における実線の矢印は、I The solid line arrows in the figure, I
フレームが伝送されている様子を無線バースト毎に示しており、破線の矢印は、Pが1に設定されたIフレームに対して返された、レスポンスフレームが伝送されている様子を示している。 Frame indicates a state that is transmitted every radio burst, broken arrow, P is returned for I-frame that is set to 1, the response frame indicates a state being transmitted. このレスポンスフレームは、Fが1に設定されており、同図ではこれを意味するために破線上にFと記してある。 The response frame, F is set to 1, in the figure are marked F on the dashed line to mean the same.

【0039】同図において送信局11は、最大アウトスタンディングIフレーム数(7フレーム)のIフレームを送信する際に、その中間のIフレームである3番のI The transmitting station 11 in the figure, when transmitting the I-frame of maximum outstanding number of I frames (7 frames), I and the third is an I-frame in between
フレーム21−1で、Pを1に設定している。 In the frame 21-1, is set to P to 1. 送信局1 The transmitting station 1
1におけるPを1に設定した3番のIフレーム21−1 I frame 21-1 of the third set the P to 1 in 1
を送信を終了した時点、すなわちも時刻t1での未確認状態のIフレーム数は4となる。 When the finished transmission, i.e. I number of frames unconfirmed state at even time t1 is four. 同図では、最大アウトスタンディングIフレーム数は7であるので、送信局1 Since the figure, the maximum outstanding number of I frames is 7, the transmitting station 1
1は、さらに3つのIフレームを送信することが可能である。 1, it is possible to send up to three additional I frames. したがって、送信局11は、3番のIフレーム2 Therefore, the transmitting station 11, and the third I-frame 2
1−1に続いて4,5,6番のIフレームをさらに連続送信する。 Further continuous transmission followed by 4,5,6 of I frames 1-1.

【0040】受信局12は、上述したIフレーム21− [0040] The receiving station 12, I frame the above-mentioned 21-
1を受信後、直ちにFを1に設定したレスポンスフレーム22−1を返す。 After receiving one immediately returns a response frame 22-1 is set to F 1. このレスポンスフレーム22−1には、受信局12がIフレーム21−1を受信した時点において、次に受信すべきIフレームのシーケンス番号(この場合、4番)が含まれている。 This is a response frame 22-1, the receiving station 12 in the time of receiving the I-frame 21-1, then the sequence number of the I-frame to be received (in this case, No. 4) are included.

【0041】図3において送信局11は、4番のIフレームを送信中にレスポンスフレーム22−1を受信している。 The transmitting station 11 in Figure 3 receives the response frame 22-1 while sending fourth I-frame. また、送信局11は、レスポンスフレーム22− In addition, the transmitting station 11, the response frame 22-
1により、0番から3番までのIフレームが受信局12 The 1, I frame receiving station 12 of the numbers (0 to 3)
に正しく届いたことを確認する。 To verify correctly arrived thing. これにより、送信局1 As a result, the transmission station 1
1において、4番のIフレームを送信し終えた時点、すなわち、時刻t2における未確認状態のIフレームは、 In 1, when it has finished sending the fourth I-frame, i.e., the I frame of the unconfirmed state at time t2,
4番のIフレームのみになる。 It becomes only the fourth of the I frame.

【0042】したがって、送信局11は、この時点で新たに6つのIフレームを送信可能となる。 [0042] Thus, the transmitting station 11 becomes able to transmit the new six I frames at this point. また、7番のIフレーム21−2は、上述した4番のIフレームから起算して、4番目の未確認Iフレームということになり、最大アウトスタンディングIフレーム数の中間に位置するIフレームである。 Further, seventh I-frame 21-2, counting from I frame No. 4 described above, will be referred to as fourth unidentified I-frame is the I-frame is located between the maximum outstanding number of I frames . したがって、送信局11は、 Therefore, the transmitting station 11,
7番のIフレーム21−2においてPを1に設定し、受信局12に対してレスポンスを要求する。 Set P to 1 in 7 No. I-frame 21-2, requesting a response to the receiving station 12. これに対して、受信局12は、Pが1に設定された7番のIフレーム21−2を受信後、直ちにFを1に設定したレスポンスフレーム22−2を送信する。 In contrast, the receiving station 12, P sends after receiving the I frame 21-2 of No. 7 is set to 1, immediately response frame 22-2 is set to F 1.

【0043】図3において、送信局11は、0番のIフレームを送信中にレスポンスフレーム22−2を受信している。 [0043] In FIG. 3, the transmitting station 11 receives the response frame 22-2 while sending zeroth I-frame. これにより、先に送信した4番のIフレームから7番のIフレーム21−2までの確認をとることができる。 Thus, it is possible to take a check up I-frame 21-2 seventh from fourth I-frame previously transmitted. したがって、送信局11における0番のIフレーム送信終了時における未確認状態のIフレームは、0番のIフレームのみということになる。 Thus, I-frames unacknowledged state in zeroth I frame transmission at the end of the transmission station 11, it comes to only the I-frame of the 0 th. このため、送信局11は、新たに6つのIフレームを送信可能となる。 Therefore, the transmitting station 11 is a new transmittable six I frames.

【0044】上記動作を繰り返すことにより、確認をとらずに連続送信可能なIフレームの範囲をオーバーラップする形で更新することで、送信局11は、最大アウトスタンディングIフレーム数以上のIフレームを連続的に送信することが可能となる。 [0044] By repeating the above operations, by updating in a manner that overlaps the range of the continuous transmittable I frames without taking confirmation, the transmitting station 11, the maximum outstanding I frames number or more I frames it is possible to transmit continuously. また、その際のバックワードチャネルの占有率は、データ転送方向に比較し、1 Further, the occupancy of the backward channel at that time, compared to the data transfer direction, 1
/13に抑制することが可能となり、送達確認を行う上で重要な意味を持つ、Pが1に設定されたIフレームが、フェージング等の影響で誤る確率を低くしている。 / 13 it is possible to suppress the, has important implications in performing delivery confirmation and I frame set P 1, and lower the probability of mistaking the influence of fading or the like.

【0045】 [0045]

【発明の効果】以上説明したように、本発明による無線パケットフロー制御方法では、最大アウトスタンディングIフレーム数のIフレームを連続送信する途中で、P As described in the foregoing, in the radio packet flow control method according to the present invention, in the course of successive transmissions of I-frames maximum outstanding number of I frames, P
/Fチェックポインティングによる送達確認を行うことにより、最大アウトスタンディングIフレーム数以上のIフレームを、連続送信することが可能となり、従来のフロー制御で問題となっていた、送信局におけるPが1 By performing / F check acknowledgment by the pointing, the maximum outstanding I frames number or more I frames, it is possible to continuously transmitted, which has been a problem in the conventional flow control, P at the transmitting station 1
に設定されたIフレームを送出後、Fが1に設定されたレスポンスフレームを受信するまでの送信待ち状態の時間がなくなることで、チャネルの有効利用が可能となる。 After sending the I-frame that is set to, F is that there is no time for transmission waiting state until it receives a set response frame to 1, it is possible to effectively utilize the channel.

【0046】また、バックワードチャネルが使用されるのは、P/Fチェックポインティングによる送達確認時のみであるため、データ転送中の1送受信局対による上下チャネルの独占を防ぐことが可能であり、バックワードチャネルにおいて、余裕のできた分を逆方向のデータ転送に利用することができる。 [0046] Further, the backward channel is used, since only the time of delivery confirmation by P / F checkpointing, it is possible to prevent the monopoly of the upper and lower channel by 1 transceiver station pair in the data transfer, in the backward channel, can be utilized amount that can afford the reverse data transfer. これにより、上下両チャネルをデータ転送に利用することが可能となり、チャネル利用効率の向上につながる。 Thus, it is possible to utilize the upper and lower channels for data transfer, which leads to improved channel utilization.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明の第1の実施形態を説明する説明図である。 1 is an explanatory view for explaining a first embodiment of the present invention.

【図2】 本発明の第2の実施形態を説明する説明図であり、Iフレームを複数の無線バースト(4バースト) Figure 2 is an explanatory view illustrating a second embodiment of the present invention, a plurality of radio bursts the I-frame (4 bursts)
で構成した場合の例である。 In an example where the configuration.

【図3】 本発明の第3の実施形態を説明する説明図であり、Pが1に設定されたIフレームを1無線バーストで構成し、それ以外のIフレームを複数の無線バースト(4バースト)で構成した場合の例である。 [Figure 3] is an explanatory view illustrating a third embodiment of the present invention, to configure the I frame P is set to 1 in one radio burst, the other I frames a plurality of radio bursts (4 bursts ) is an example of the case of a configuration using.

【図4】 従来型の最大アウトスタンディングIフレーム数毎にP/Fチェックポインティングを行うデータ転送方法を説明する説明図である。 [4] for each conventional maximum number of outstanding I frames is an explanatory diagram for explaining a data transfer method for performing P / F checkpointing.

【図5】 従来型のスライディングウィンドウ方式によるフロー制御方法を説明する説明図である。 5 is an explanatory diagram for explaining a flow control method according to a conventional sliding window method.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11 送信局 12 受信局 21−1〜6 情報転送フレーム(Iフレーム) 22−1〜5 レスポンスフレーム 11 transmitting station 12 receiving station 21-1~6 information transfer frame (I-frame) 22-1~5 response frame

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 無線パケット通信を行う第1の無線局と第2の無線局から構成され、前記第1の無線局が前記第2の無線局に対してマルチフレーム確認型の情報転送を行い、前記第1の無線局は前記第2の無線局に対して情報転送フレーム(以下、Iフレーム)をi個(iは2以上の自然数)連続送信すると共に、送達確認のための応答要求を行い、前記第2の無線局は前記応答要求を確認した後、直ちに前記第1の無線局に対してレスポンスフレームを返送し、前記第1の無線局は前記レスポンスフレームを受信後、後続のIフレームを連続送信する無線パケットフロー制御方法において、 前記第1の無線局は、(1)最初のIフレームを送信してからj番目(jは自然数、j<i)のIフレームにおいて前記応答要求を行い、(2)前記 1. A is composed of a first radio station and the second radio station performing radio packet communication, performs a multiple frame types of information transfer the first radio station to the second radio station , wherein the first radio station information transfer frames (hereinafter, I-frame) to the second radio station together with a (is i 2 or greater natural number) i pieces successively transmits a response request for acknowledgment performed after the second radio station confirming the response request, immediately above it returns a response frame to the first wireless station, the first radio station after receiving the response frame, the subsequent I in the radio packet flow control method for continuously transmitting frames, the first radio station, (1) j th from the transmission of the first I-frame (j is a natural number, j <i) the response request in the I frame was carried out, (2) the 2の無線局からのレスポンスフレームを受信後、前記第2の無線局に対して前記Iフレームの(j+1)番目から(j+i)番目までのi個の前記Iフレームを連続送信し、(3) After receiving the second response frame from the wireless station, the i-number of the I frames from the (j + 1) th I-frame to (j + i) th consecutive transmitted to the second radio station, (3)
    (j+1)番目のIフレームから起算して、前記(1),(2)の動作を繰り返し、Iフレームの送信を連続的に行うことを特徴とする無線パケットフロー制御方法。 (J + 1) th counted from I-frame, wherein (1), (2) operating the repetition of a radio packet flow control method and performing the transmission of I frames continuously.
  2. 【請求項2】 無線パケット通信を行う第1の無線局と第2の無線局から構成され、前記第1の無線局が前記第2の無線局に対してマルチフレーム確認型の情報転送を行い、前記第1の無線局は前記第2の無線局に対して情報転送フレーム(以下、Iフレーム)をi個(iは2以上の自然数)連続送信すると共に、送達確認のための応答要求を行い、前記第2の無線局は前記応答要求を確認した後、直ちに前記第1の無線局に対してレスポンスフレームを返送し、前記第1の無線局は前記レスポンスフレームを受信後、後続のIフレームを連続送信する無線パケットフロー制御方法において、(1)前記各Iフレームをk個(kは2以上の自然数)の無線区間伝送単位(以下、無線バースト)で構成し、 前記第1の無線局は、(2)前記第2 2. A is composed of a first radio station and the second radio station performing radio packet communication, performs a multiple frame types of information transfer the first radio station to the second radio station , wherein the first radio station information transfer frames (hereinafter, I-frame) to the second radio station together with a (is i 2 or greater natural number) i pieces successively transmits a response request for acknowledgment performed after the second radio station confirming the response request, immediately above it returns a response frame to the first wireless station, the first radio station after receiving the response frame, the subsequent I in the radio packet flow control method for continuously transmitting frames (1) the radio section transmission unit each I frame k number (k is a natural number of 2 or more) (hereinafter, radio burst) constituted by said first radio the station (2) said second 無線局に対して情報を前記無線バースト単位で連続送信し、(3)最初の前記Iフレームを送信してからj番目(jは自然数、 Continuously transmitting information by the radio bursts to the radio station, (3) j th from the transmission of the first said I frame (j is a natural number,
    j<i)の前記Iフレームにおいて前記応答要求を行い、(4)前記第2の無線局からのレスポンスフレームを受信後、前記第2の無線局に対して前記Iフレームの(j+1)番目から(j+i)番目までの(k×i)個の前記無線バーストを連続送信し、(5)(j+1)番目のIフレームから起算して、前記(2)ないし(4) j performs the response request in the I-frames <i), (4) after receiving the response frame from the second wireless station, the (j + 1) -th said I frame to the second radio station (j + i) and (k × i) number of the radio bursts until th consecutive transmission, (5) (j + 1) th counted from I-frame, to the (2) to (4)
    の動作を繰り返し、Iフレームの送信を連続的に行うことを特徴とする無線パケットフロー制御方法。 Repeat the operation, the radio packet flow control method and performing the transmission of I frames continuously.
  3. 【請求項3】 無線パケット通信を行う第1の無線局と第2の無線局から構成され、前記第1の無線局が前記第2の無線局に対してマルチフレーム確認型の情報転送を行い、前記第1の無線局は前記第2の無線局に対して情報転送フレーム(以下、Iフレーム)をi個(iは2以上の自然数)連続送信すると共に、送達確認のための応答要求を行い、前記第2の無線局は前記応答要求を確認した後、直ちに前記第1の無線局に対してレスポンスフレームを返送し、前記第1の無線局は前記レスポンスフレームを受信後、後続のIフレームを連続送信する無線パケットフロー制御方法において、(1)前記各Iフレームにおいて前記応答要求を行わない当該Iフレームを複数の無線区間伝送単位(以下、無線バースト)で構成し、前記応答要求を 3. A is composed of a first radio station and the second radio station performing radio packet communication, performs a multiple frame types of information transfer the first radio station to the second radio station , wherein the first radio station information transfer frames (hereinafter, I-frame) to the second radio station together with a (is i 2 or greater natural number) i pieces successively transmits a response request for acknowledgment performed after the second radio station confirming the response request, immediately above it returns a response frame to the first wireless station, the first radio station after receiving the response frame, the subsequent I in the radio packet flow control method for continuously transmitting frames, said response requesting the I-frame more is not performed radio section transmission unit (hereinafter, radio bursts) constituted by, the response request in (1) wherein each I frame 行うIフレームを1つの前記無線バーストで構成して送出し、 前記第1の無線局は、(2)前記第2の無線局に対して情報を前記無線バースト単位で連続送信し、(3)最初の前記Iフレームを送信してからj番目(jは自然数、 The I-frame and sends it consists of one of the radio bursts performed, the first radio station, (2) continuously transmits the second information to the radio station in the radio bursts, (3) j-th from the transmission of the first said I frame (j is a natural number,
    j<i)のフレームに相当する前記無線バースト(以下、規準バースト)において前記応答要求を行い、 j <the radio burst which corresponds to a frame of i) (hereinafter, performs the response request in reference burst),
    (4)前記第2の無線局からの前記レスポンスフレームを受信後、前記第2の無線局に対して前記規準バーストに続く前記Iフレームを含むi個のフレームを連続送信し、(5)(j+1)番目のIフレームから起算して、 (4) after receiving the response frame from the second wireless station, the i frames consecutively transmitted, including the I frame following the reference burst to the second radio station, (5) ( counting from j + 1) th I frame,
    前記(2)ないし(4)の動作を繰り返し、Iフレームの送信を連続的に行うことを特徴とする無線パケットフロー制御方法。 Wherein (2) to (4) operating a repetition of a radio packet flow control method and performing the transmission of I frames continuously.
JP20074396A 1996-07-30 1996-07-30 Radio packet flow control method Pending JPH1051489A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20074396A JPH1051489A (en) 1996-07-30 1996-07-30 Radio packet flow control method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20074396A JPH1051489A (en) 1996-07-30 1996-07-30 Radio packet flow control method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1051489A true JPH1051489A (en) 1998-02-20

Family

ID=16429440

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP20074396A Pending JPH1051489A (en) 1996-07-30 1996-07-30 Radio packet flow control method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1051489A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001186210A (en) * 1999-10-15 2001-07-06 Fisher Rosemount Syst Inc Method and system for transmitting message, communicating method, deferred acknowledge communication system, process control system and method for communicating application information
JP2008077664A (en) * 2006-09-21 2008-04-03 Irdeto Access Bv Method of implementing state tracking mechanism in communications session between server and client system
JP2010074643A (en) * 2008-09-19 2010-04-02 Hitachi Kokusai Electric Inc Transmission system
JP2013178621A (en) * 2012-02-28 2013-09-09 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Data synchronization system, operation system computer, and standby system computer

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001186210A (en) * 1999-10-15 2001-07-06 Fisher Rosemount Syst Inc Method and system for transmitting message, communicating method, deferred acknowledge communication system, process control system and method for communicating application information
JP2008077664A (en) * 2006-09-21 2008-04-03 Irdeto Access Bv Method of implementing state tracking mechanism in communications session between server and client system
JP2010074643A (en) * 2008-09-19 2010-04-02 Hitachi Kokusai Electric Inc Transmission system
JP2013178621A (en) * 2012-02-28 2013-09-09 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Data synchronization system, operation system computer, and standby system computer

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100385962C (en) System and method for business processing start procedure of chain circuit and medium access control layer
CN105743623B (en) It is handled by transmission time interval boundling come enhanced uplink transmission
US6526034B1 (en) Dual mode subscriber unit for short range, high rate and long range, lower rate data communications
KR100424222B1 (en) Method and apparatus for providing a distributed architecture digital wireless communication system
CN1139201C (en) Allocation of control channel in packet radio network
RU2419218C2 (en) Method to transfer control information in wireless communication system and using its method to renew transfer window
US5461627A (en) Access protocol for a common channel wireless network
US6665313B1 (en) Apparatus and method for exchanging variable-length data according to radio link protocol in mobile communication system
EP0399612B1 (en) Data transmission over a time division duplex channel
EP0321454B1 (en) A method of operating a multiple access communications system
US6466800B1 (en) Method and system for a wireless communication system incorporating channel selection algorithm for 2.4 GHz direct sequence spread spectrum cordless telephone system
AU714170B2 (en) Multichannel high-speed data transfer
CN1165146C (en) Method and apparatus for transmitting and receiving information byte stream
JP4112680B2 (en) Dynamic configuration method and apparatus of the radio link protocol in a telecommunications system
RU2226039C2 (en) Variable-speed data transfer over communication channel
US6795435B1 (en) Method for transmitting data transmission flows
JP3080991B2 (en) Packet transmission system
FI98023C (en) But based on the sliding window datavuonohjaus, which uses an adjustable window size
CA2381073C (en) Apparatus and method for retransmitting data according to radio link protocol in mobile communication system
EP3399791A1 (en) Information processing apparatuses and methods used in a wireless communication system
US20060062192A1 (en) Method for wireless access system supporting multiple frame types
RU2204215C2 (en) Device and method for transmitting variable- length data in compliance with operation protocol of radio link in communication system with mobile objects
RU2360363C2 (en) Method of updating data on index number of next expected transfer and recipient window, so as to avoid halted state
US5774460A (en) Local ISDN radio transmission system
KR100539879B1 (en) Data transmissiion and reception device and method in accordance with radio link protocol in a mobile communication system