JPH10507649A - Method and apparatus for performing multi-treatments - Google Patents

Method and apparatus for performing multi-treatments

Info

Publication number
JPH10507649A
JPH10507649A JP52592495A JP52592495A JPH10507649A JP H10507649 A JPH10507649 A JP H10507649A JP 52592495 A JP52592495 A JP 52592495A JP 52592495 A JP52592495 A JP 52592495A JP H10507649 A JPH10507649 A JP H10507649A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP52592495A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ジェームズ アール カーモード
アーロン ヴィ カプラン
エンリケ ジェイ クライン
Original Assignee
ローカルメッド インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/10Balloon catheters
    • A61M25/104Balloon catheters used for angioplasty
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B8/00Diagnosis using ultrasonic, sonic or infrasonic waves
    • A61B8/12Diagnosis using ultrasonic, sonic or infrasonic waves in body cavities or body tracts, e.g. by using catheters
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B8/00Diagnosis using ultrasonic, sonic or infrasonic waves
    • A61B8/44Constructional features of the ultrasonic, sonic or infrasonic diagnostic device
    • A61B8/4444Constructional features of the ultrasonic, sonic or infrasonic diagnostic device related to the probe
    • A61B8/445Details of catheter construction
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B8/00Diagnosis using ultrasonic, sonic or infrasonic waves
    • A61B8/44Constructional features of the ultrasonic, sonic or infrasonic diagnostic device
    • A61B8/4483Constructional features of the ultrasonic, sonic or infrasonic diagnostic device characterised by features of the ultrasound transducer
    • A61B8/4488Constructional features of the ultrasonic, sonic or infrasonic diagnostic device characterised by features of the ultrasound transducer the transducer being a phased array
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/95Instruments specially adapted for placement or removal of stents or stent-grafts
    • A61F2/958Inflatable balloons for placing stents or stent-grafts
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2250/00Special features of prostheses classified in groups A61F2/00 - A61F2/26 or A61F2/82 or A61F9/00 or A61F11/00 or subgroups thereof
    • A61F2250/0058Additional features; Implant or prostheses properties not otherwise provided for
    • A61F2250/0067Means for introducing or releasing pharmaceutical products into the body
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/0043Catheters; Hollow probes characterised by structural features
    • A61M2025/0057Catheters delivering medicament other than through a conventional lumen, e.g. porous walls or hydrogel coatings
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/0043Catheters; Hollow probes characterised by structural features
    • A61M2025/0063Catheters; Hollow probes characterised by structural features having means, e.g. stylets, mandrils, rods or wires to reinforce or adjust temporarily the stiffness, column strength or pushability of catheters which are already inserted into the human body
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/01Introducing, guiding, advancing, emplacing or holding catheters
    • A61M25/09Guide wires
    • A61M2025/09175Guide wires having specific characteristics at the distal tip
    • A61M2025/09183Guide wires having specific characteristics at the distal tip having tools at the distal tip
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/10Balloon catheters
    • A61M2025/1043Balloon catheters with special features or adapted for special applications
    • A61M2025/105Balloon catheters with special features or adapted for special applications having a balloon suitable for drug delivery, e.g. by using holes for delivery, drug coating or membranes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/10Balloon catheters
    • A61M2025/1043Balloon catheters with special features or adapted for special applications
    • A61M2025/1079Balloon catheters with special features or adapted for special applications having radio-opaque markers in the region of the balloon
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/10Balloon catheters
    • A61M2025/1043Balloon catheters with special features or adapted for special applications
    • A61M2025/1081Balloon catheters with special features or adapted for special applications having sheaths or the like for covering the balloon but not forming a permanent part of the balloon, e.g. retractable, dissolvable or tearable sheaths
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/10Balloon catheters
    • A61M2025/1043Balloon catheters with special features or adapted for special applications
    • A61M2025/1084Balloon catheters with special features or adapted for special applications having features for increasing the shape stability, the reproducibility or for limiting expansion, e.g. containments, wrapped around fibres, yarns or strands
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M37/00Other apparatus for introducing media into the body; Percutany, i.e. introducing medicines into the body by diffusion through the skin
    • A61M37/0092Other apparatus for introducing media into the body; Percutany, i.e. introducing medicines into the body by diffusion through the skin using ultrasonic, sonic or infrasonic vibrations, e.g. phonophoresis

Abstract

(57)【要約】 遠位端部近傍にインタアクティブ装置(32)を有するスリーブカテーテル(12)は、在来のインタベンション及び撮像カテーテル(30)上に配置した状態で、挿入される。 Sleeve catheter having a (57) Abstract: interactive device in the vicinity of the distal end portion (32) (12), while disposed on conventional interventional and imaging catheter (30), is inserted. スリーブカテーテル上の例示的インタアクティブ装置は、超音波撮像アレイ(32)、薬剤供給管腔(216)、ステント植設装置(304)等を含む。 Exemplary interactive device on the sleeve catheter, ultrasound imaging array (32), the drug supply lumen (216), including a stent implanted device (304) or the like.

Description

【発明の詳細な説明】 多重処置を実行するための方法及び装置 発明の背景1. Of the Detailed Description of the Invention The multiple treatment methods and apparatus invention for performing background 1. 発明の分野本発明は、一般的には、多数の連続的な血管内処置を実行するための方法及び装置に関する。 Field of the Invention The present invention generally relates to a method and apparatus for performing multiple sequential endovascular procedures. 特に、方法及び装置は、治療及び診断装置を含む2つ以上のインタアクティブ装置を、別個のカテーテル上で、管腔内の所望の目標位置に装置の少なくとも1つを選択的に位置決めすると共にその他の装置を後の使用に備えて不使用にしたまま、利用している。 In particular, the method and apparatus, two or more interactive devices including therapeutic and diagnostic devices, on a separate catheter, other with selectively positioning at least one of the devices to a desired target location within the lumen while the non-use provided with the device for later use, it is used. 経皮的且つ経管腔の血管形成処置では、通常はバルーンの形の拡張可能な遠位端部を有するカテーテルを血管の管腔内に位置決めし、狭窄したアテローム性動脈硬化部内に遠位端部を配置している。 The angioplasty procedure of percutaneous and transluminal lumen, usually positioned a catheter having an expandable distal end portion in the form of a balloon within the lumen of a blood vessel, the distal end to the stenotic atherosclerotic portion It is arranged parts. 次に、拡張可能な端部を拡張して血管を拡げ、除去時には罹病部を通る十分な血流を回復させている。 Then, expand the blood vessels to expand the expandable end, and to restore adequate blood flow through the diseased portion at the time of removal. 拡張時は血流を遮断するが、膨張時間を0.5乃至3分間に限定している。 When it expanded to block blood flow, but limits the rise time of 0.5 to 3 minutes. 血管形成術は、幅広い支持を受けているが、1つの主要な問題、即ち、急性閉塞と再狭窄の問題により、依然として制約されている。 Angioplasty is undergoing widespread but one of the main problems, namely, the acute occlusion and restenosis problem, is still constrained. 急性閉塞とは、拡張処置を行った直後に或いはそれに続く数時間以内に発生する血管の急性閉鎖である。 Acute occlusion is acute closure of the vessel which occurs within or hours subsequent immediately after extended treatment. この合併症は、略20症例に対し1例の割合で生じ、心筋梗塞に繋がることも多く、血流が迅速に回復されないときは死に至る場合もある。 This complication occurs at a rate of one example to approximately 20 patients, it is also often lead to myocardial infarction, in some cases death when blood flow is not quickly restored. 現在では、バルーン膨張を5分以上続けて、動脈離断を治療する。 At present, the balloon inflation to continue for more than five minutes, the treatment of arterial transection. このような長い処置の場合、通常、膨張時に拡張カテーテルを通る灌流を可能とする特別な血管形成バルーンカテーテルが必要となる。 For such a long treatment, usually special angioplasty balloon catheter which allows perfusion through the dilatation catheter upon inflation is needed. 再狭窄とは、一度は血管形成術が成功した後に、動脈の狭窄が再び生じることである。 The restenosis, once after angioplasty is successful, narrowing of the artery is to reoccur. 再狭窄は、通常、血管形成後最初の6か月以内に生じるが、略3症例に対して1例の割合で発生する。 Restenosis usually occurs within the first six months after angioplasty, occurring at a rate of one example with respect to substantially three cases. 即ち、約3人に1人の患者が、別の血管再生処置を必要とする。 In other words, one patient in about 3 people, requires a different revascularization procedures. 再狭窄の発生率を低下させるために、機械的アプローチ(例えば、バルーン膨張時間の延長、アテローム切除術、レーザ及びステント植設)及び薬理学的アプローチ(例えば、カルシウム拮抗薬、アンギオテンシン転換酵素阻害剤、魚油、ステロイド、代謝拮抗物質)を含む、数多くの方法が試みられてきたが、いずれも不首尾に終わった。 To reduce the incidence of restenosis, mechanical approaches (for example, prolonged balloon inflation time, atherectomy, laser and stent implanted) and pharmacological approaches (e.g., calcium antagonists, angiotensin converting enzyme inhibitors , fish oil, steroids, antimetabolites) including, but has been attempted a number of methods were both unsuccessful. 期待できる新しい方法は、動脈壁の血管形成箇所に直接薬剤を供給することである。 The new method can be expected is to provide a drug directly to the angioplasty portion of the arterial wall. 動脈壁に局部的に薬剤を供給するための装置は、幾つか開発されている。 Apparatus for supplying locally agents to the arterial wall is several developed. 血管形バルーンカテーテルと同様、殆どの薬剤供給カテーテルが血流を遮断するので、薬剤の供給時間が制約される。 As with vascular type balloon catheter, since most of the drug delivery catheter to block blood flow, the supply time of the drug is restricted. もう一つの期待し得る方法は、最初の血管再生(例えば、バルーン血管形成、アテローム切除等々)の案内に、血管内超音波撮像法を用いることである。 Method capable of other expectations, first revascularization (e.g., balloon angioplasty, atherectomy, etc.) to guide, is to use an intravascular ultrasound imaging method. 現在では、単一の損傷を治療するために多数の薬剤を使用する結果、多くのカテーテルが必要となる。 Currently, a result of the use of multiple drugs to treat a single injury, many catheters is required. 臨床では、これは、ガイドワイヤの位置を維持したままあるカテーテルを除去した後、第2のカテーテルをガイドワイヤに沿って対象箇所まで移送しなければならない、ことを意味する。 In clinical, which, after removal of the catheter that is while maintaining the position of the guide wire must be transferred to the target location along the second catheter to the guide wire means. 一般に「交換」と呼ばれるこの操作は、処置時間を延長し、血液損失を増大させると共に、ガイドワイヤ位置の維持を困難にする。 Generally this operation called "exchange" is to extend the treatment time, with increasing blood loss, make it difficult to maintain the guidewire position. これらの理由により、多数の血管内診断及び/又はインタベンショナル処置を連続的に行うための改善された方法及び装置を提供することが望まれる。 For these reasons, to provide an improved method and apparatus for performing multiple intravascular diagnostic and / or inter interventional treatment continuously desired. かかる方法及び装置は、それぞれ少なくとも1つの診断又はインタベンショナル機能を有して装置内で相互に交換し得る別個のカテーテル要素を採用した単一のカテーテル装置の導入を可能とするならば、特に望ましい。 Such methods and apparatus, if possible the introduction of a single catheter apparatus employing a separate catheter element that can be interchanged in the apparatus having at least one diagnostic or interventional relational function respectively, especially desirable. また、在来のインタベンショナル及び撮像カテーテルと組み合わせて利用できて1つ以上の診断及び/又はインタベンショナル機能を有するカテーテル要素を提供することが更に特に望ましい。 Moreover, it is further especially desired to provide a catheter element having a conventional diagnosis available in combination with inter interventional and imaging catheter one or more of and / or inter interventional functions. 更に、かかるカテーテル要素が、撮像、薬剤供給、血流灌流、動脈プラークの事前処置(例えば、切り込み)等に対応し得るならば、一層望ましい。 Furthermore, such a catheter element, imaging, drug supply, blood perfusion, pretreatment of arterial plaque (e.g., cut) if may correspond to like, more desirable. かかるカテーテル、カテーテル装置、及び方法は全て、ある処置の間に任意の位置で不要な遅滞なく適正な治療、診断又は撮像を行い得るように、個々の診断、撮像、及びインタベンショナル機能の迅速な再採用にも対応し得なければならない。 Such catheters, catheter devices, and all methods are appropriate without unnecessary delay treatment at any position between a certain treatment, so as to diagnose or imaging, rapid individual diagnosis, imaging, and inter interventional functions It must be able to respond to re-adopt such. 発明の概要 本発明によれば、多数の血管内処置を連続的に行うための方法及び装置が提供される。 SUMMARY OF THE INVENTION In accordance with the invention, a method and apparatus for performing multiple endovascular treatment continuously provided. 方法は、第1の処置を行うために体管腔内の目標位置に位置決めされた第1のインタアクティブ装置を含む基部カテーテル上に摺動可能に受け入れられたスリーブカテーテルを導入することを含む。 The method includes introducing a sleeve catheter slidably received on the base catheter including a first interactive device positioned target position of a body lumen in order to perform the first treatment. 第2の処置を行うために、スリーブカテーテル上に配置された第2のインタアクティブ装置を目標位置に位置決めするように、スリーブカテーテルを基部カテーテルに対して軸方向に並進させる。 To perform the second procedure, to position the second interactive device disposed on the sleeve catheter to the target position, translating the sleeve catheter axially relative to the base catheter. 第1及び第2の処置は、任意の順序で(即ち、第1の処置の実行に先立ち第2 の処置を実行することもできる)、且つ特定の治療、診断及び/又は撮像処置を完了するのに必要な回数だけ行うことができる。 The first and second treatment, in any order (i.e., it is also possible to perform the second treatment prior to execution of the first treatment), and a particular treatment, completes the diagnosis and / or imaging procedure it can be carried out as many times as necessary to. インタアクティブ装置は、広範な公知のインタベンション、治療診断及び撮像要素及び装置から選定することができる。 Interactive device can be chosen wide known interventional from therapeutic diagnostic and imaging elements and apparatus. 本発明の好適な心臓血管処置の場合、 第1のインタアクティブ装置は、通常、インタベンショナル装置、レーザ切除装置等である。 In a preferred cardiovascular treatments of the present invention, the first interactive device is usually inter interventional device is a laser ablation device or the like. 第2のインタアクティブ装置は、通常、薬剤供給要素、撮像装置、 ステント植設装置、プラーク事前切り込み装置等である。 The second interactive device is typically a drug supply element, an imaging device, a stent implanted device, plaque pre incision device or the like. いずれの場合でも、スリーブカテーテルを所望の治療箇所に正しく配置したとき、血液灌流(即ちスリーブと障害物を通る血流)を流すに十分な距離だけカテーテルの遠位端部から近位方向に離間させて、スリーブカテーテル上に灌流ポートを設けることが好ましい。 In either case, when the sleeve catheter properly placed in the desired treatment site, spaced proximally from the distal end portion of the sufficient distance catheter flow blood perfusion (i.e. blood flow through the sleeve and the obstacle) by, it is preferable to provide a perfusion port on the sleeve catheter. このように、スリーブは、急性再閉塞の場合に、及び/又はインタベンショナルな診断、治療その他の処置が長引いている間に、血液灌流を施すために用いることができる。 Thus, the sleeve, in the case of acute reocclusion, and / or inter interventional diagnostic, while treating other treatments are prolonged, can be used to apply the blood perfusion. 本発明による好適な方法は、従って、バルーン血管形成術又はアテローム切除術等のインタベンショナル処置と組み合わせて血管治療箇所まで治療薬剤を供給することを含む。 The preferred method according to the invention, therefore, includes in combination with balloon angioplasty or inter interventional treatment of atherectomy or the like to supply a therapeutic agent to a vascular treatment site. スリーブカテーテルを「背負った」状態で支持した基部インタベンショナルカテーテルを、患者の血管系内の目標位置まで導入する。 A base interface interventional catheter supported by "carrying" state the sleeve catheter is introduced to a target location within a patient's vasculature. 通常、インタベンショナル処置を実行するために先ず基部カテーテルを使用し、次に、薬剤供給機能を有するスリーブカテーテルを基部カテーテル上で前進させて、薬剤供給手段を治療箇所内に位置決めする。 Usually, using the first base catheter to perform inter interventional treatment, then, the sleeve catheter with drug delivery capabilities is advanced over the base catheter, positioning the drug supply means into the treatment site. 随意には、バルーン血管形成術の場合には、薬剤供給手段を血管壁に直に接触させて供給効果を高めるべくスリーブを径方向に拡張するために、バルーンカテーテルを用いることができる。 Optionally, in the case of balloon angioplasty, drug delivery means to extend the sleeve to increase the supply effect by direct contact with the vessel wall in the radial direction, it is possible to use a balloon catheter. 本発明による好適な血管撮像方法は、血管形成カテーテル又はアテローム切除カテーテル等のインタベンショナル基部カテーテル上に配置した状態で、撮像機能を有するカテーテルスリーブを導入することを含む。 Suitable vascular imaging method according to the invention comprises in a state of being arranged in angioplasty catheters or atherectomy catheters inter interventional base on catheters, introducing a catheter sleeve having an imaging function. 通常、インタベンショナル治療に先立ち、狭窄部の撮像及び診断を行うために、撮像スリーブをインタベンショナルカテーテル上でそれに沿って治療箇所まで前進させる。 Usually, before the inter interventional therapy, in order to perform the imaging and diagnosis of stenosis, advanced to a treatment site along which the imaging sleeve on inter interventional catheter. 次に、インタベンショナルカテーテルのインタベンショナル要素を露出させるに十分な距離だけ、撮像スリーブカテーテルを近位方向に後退させる。 Next, a distance sufficient to expose the inter interventional element inter interventional catheter, retracting the imaging sleeve catheter proximally. 次に、所望のインタベンショナル処置を行い、その後、必要に応じて撮像やインタベンショナル治療過程を行うことができる。 Next, the desired inter interventional treatment, then it is possible to perform imaging and inter interventional therapeutic course as needed. 本発明による第3の好適な処置では、一次インタベンション又は診断処置とステント又は移植片の植設とを組み合わせている。 In a third preferred treatment according to the invention combines the implanting of the primary interventional or diagnostic procedure and a stent or graft. 第1のインタアクティブ装置は、任意のインタベンショナル要素、撮像要素、又はその組合せでよく、通常は、 血管形成バルーンである。 The first interactive device is any inter interventional element, the imaging element, or may be a combination thereof, is usually angioplasty balloon. スリーブカテーテル上、代表的にはその径方向に拡張可能な遠位端部上に、径方向に拡張可能なステント又は血管移植片を支持する。 On the sleeve catheter, typically expandable distal end portion on the radial direction, for supporting an expandable stent or vascular graft radially. 血管形成カテーテルを用いて従来の拡張処置を行った後、スリーブカテーテルを前進させて、血管形成バルーン上のステント又は移植片を治療箇所内に位置決めする。 After conventional expansion treated with angioplasty catheter, by advancing the sleeve catheter, positioning the stent or graft on the angioplasty balloon in the treatment site. 次に、バルーンを膨張させることにより、カテーテルの交換を行うことなく、治療箇所内でステント又は移植片を拡張させて植設することができる。 Then, by inflating the balloon, without the replacement of the catheter, by expanding the stent or graft may be implanted within the treatment site. 本発明による第4の好適な処置では、一次インタベンション又は診断処置、好ましくはバルーン血管形成術と、動脈プラークの予備治療、通常はその後のバルーン拡張効果を高めるためのプラークの軸方向切り込みとを組み合わせている。 In a fourth preferred treatment according to the invention, the primary interventional or diagnostic procedure, preferably a balloon angioplasty, preliminary treatment of arterial plaque, and usually cut axially plaques for enhancing subsequent balloon dilation effect combination is. 代表的には引込式のシールドにより保護された固定刃である複数の刃その他の切開要素を、スリーブカテーテルに支持させている。 Typically has a plurality of blades other cutting element is a stationary blade protected by retractable shield, it is supported on the sleeve catheter. バルーン血管形成術を行う前に、スリーブ上の刃をプラーク内まで前進させて露出させるか、或いは、通常は軸方向であるが螺旋状やその他の向きを有する複数の線に沿ってプラークに切り込むように操作する。 Before performing balloon angioplasty, or expose to the blade on the sleeve is advanced to the plaque, or normal but is axially cut into the plaque along a plurality of lines having a spiral or other orientation manipulated to. このような切れ込みは、プラークを弱化させ、その後のバルーン拡張時の動脈の径方向の拡張と曲がりを容易にする。 Such cuts may weaken the plaque, to facilitate bending and subsequent balloon dilation during radial artery expansion. 本発明による心臓血管治療装置は、従来のインタベンショナル又は診断撮像カテーテルでよい基部血管内カテーテルと組み合わせたスリーブカテーテルを含む。 Cardiovascular therapy device according to the invention comprises a sleeve catheter in combination with conventional inter interventional or good base intravascular catheters for diagnostic imaging catheter. スリーブカテーテルは、近位端部と遠位端部と血管内カテーテルを摺動可能に収容して貫通する軸方向管腔とを有する管状本体を含む。 The sleeve catheter includes a tubular body having an axial lumen extending through accommodating an intravascular catheter and a proximal end and a distal end slidably. スリーブカテーテルは、更に、その遠位端部近傍に、通常は、超音波変換器の整相アレイ等の撮像装置、複数の薬剤注入管等の薬剤供給装置、バルーンの内部膨張によりステント又は移植片の膨張及び固定を可能にしてスリーブ上の径方向に拡張可能なセグメント等のステント/移植片植設装置、又はプラーク事前切り込み装置等の、インタアクティブ要素を含む。 The sleeve catheter further, near the distal end, typically, an image pickup apparatus such as a phased array of ultrasound transducers, drug feeder such as a plurality of infusion tubes, a stent or graft by the internal expansion of the balloon including expansion and possible to expandable segments stent / graft implanted device such as a radial direction on the sleeve a fixed or plaque prior incision of the device such as the interactive element. スリーブカテーテルは、基部血管内カテーテル上に密に嵌合するように寸法決めされ、通常は、直径が血管内カテーテルの外径の110% 乃至150%である軸方向管腔を有する。 The sleeve catheter is sized to tightly fit on the base intravascular catheters, typically has an axial lumen which is 110% to 150% of the outside diameter of the intravascular catheter diameter. 通常、スリーブカテーテルには、スリーブカテーテルを狭窄又は閉塞部に配置したとき血液の灌流を施すに十分な距離だけ遠位端部から近位方向に離れた位置に、代表的には遠位端部から少なくとも2cm離して、血液灌流ポートを設けている。 Usually, the sleeve catheter, in a position spaced proximally from only distal end a distance sufficient subjected to perfusion of blood when placing the sleeve catheter stenosis or occlusion, typically distal end away at least 2cm from, is provided with a blood perfusion port. 任意的に、薬剤供給装置、ステント/移植片植設装置、及びプラーク事前切り込み装置の場合、遠位部分のスリーブの一部を径方向に拡張可能として、バルーンカテーテルを用いて拡張し得るようにしてもよい。 Optionally, the tablet supply device, the stent / graft implanted device, and for plaque pre incision device, as expandable part of the sleeve of the distal portion in a radial direction, so as to be expanded using a balloon catheter it may be. 薬剤供給時のこうした膨張は、血管壁との接触を促進すると共に、血管壁内への供給効率を高める。 Such expansion during drug supply is configured to facilitate contact with the vessel wall, enhance the supply efficiency into the vessel wall. ステント/移植片植設時のこうした膨張は、血管系内の目標位置でステント/移植片を固定して拡張するように作用することができる。 Such expansion of the stent / graft planted 設時 can act to expand to secure the stent / graft at the target location within the vasculature. プラーク事前治療時のこうした膨張は、刃をプラークに当接させて軸方向の切れ込みを形成することができる。 Such expansion during plaque pre treatment may form an axial cut by the blade into contact with the plaque. 本発明の特徴及び利点の更なる理解は、明細書の以下の部分と添付図面を参照して明らかとなろう。 A further understanding of the features and advantages of the present invention will become apparent with reference to the following parts with the accompanying drawings of the specification. 図面の簡単な説明 図1は、本発明の原理に従って構成され、その遠位端部に超音波撮像変換器の整相アレイを含む、スリーブカテーテルの斜視図である。 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS Figure 1, constructed in accordance with the principles of the present invention, in its distal end comprises a phased array of ultrasound imaging transducer is a perspective view of the sleeve catheter. 図2は、遠位端部に更に複数の薬剤注入管腔を設けた、図1に示したものと同様のスリーブカテーテルの遠位端部を示す。 Figure 2 further provided with a plurality of drug infusion lumen to the distal end portion, showing the distal end portion of the same sleeve catheter to that shown in FIG. 図2Aは、線3−3に沿った図2のカテーテルの断面図である。 Figure 2A is a cross-sectional view of the catheter of Figure 2 taken along line 3-3. 図3A乃至図3Cは、遠位端部上に更に血管ステントを支持した、図1に示したものと同様のスリーブカテーテルの遠位端部を示す。 3A to 3C show supported the further vascular stent on a distal end, the distal end of the same sleeve catheter to that shown in FIG. 図4A乃至図4Dは、血管内の狭窄部の撮像及び拡張用のバルーン血管形成カテーテルと組み合わせて用いられている図1のスリーブを示した側面図である。 4A to 4D are side views showing the sleeve of Figure 1 used in conjunction with balloon angioplasty catheters for imaging and expansion of stenosis in a blood vessel. 図5は、本発明の原理に従って構成された薬剤供給カテーテルの別の実施形態の斜視図である。 Figure 5 is a perspective view of another embodiment of a drug delivery catheter constructed in accordance with the principles of the present invention. 図6A及び図6Bは、それぞれ、非展延及び展延形状で示した、図5のカテーテルの遠位部の側面図である。 6A and 6B, respectively, shown in a non-spread and spreading shape, a side view of a distal portion of the catheter of FIG. 図7は、図5のカテーテルの軸の近位部の線7−7に沿った横断面図である。 Figure 7 is a cross-sectional view taken along line 7-7 of the proximal portion of the shaft of the catheter of FIG. 図8A乃至図8Eは、注入アレイ内の補剛要素の種々の実施形態を示した、図5のカテーテルの軸の遠位端部の線8−8に沿った横断面図である。 8A to 8E showed various embodiments of the stiffening element in the injection array, a cross-sectional view taken along line 8-8 of the distal end portion of the shaft of the catheter of FIG. 図8Fは、図5のカテーテルの補剛要素の別の実施形態を示す上面図である。 Figure 8F is a top view of another embodiment of a stiffening element of the catheter of FIG. 図9は、供給導管をエラストマスリーブの周面部に固定した、図5のカテーテルの注入アレイの別の実施形態を示す側断面図である。 9, the supply conduit is fixed to the peripheral surface of the elastomeric sleeve is a side sectional view showing another embodiment of the injection array of the catheter of FIG. 図10Aは、図9の注入アレイの横断面図である。 Figure 10A is a cross-sectional view of an injection array of FIG. 図10Bは、エラストマスリーブを供給導管の外側に配置した、注入アレイの横断面図である。 Figure 10B placed the elastomeric sleeve on the outside of the supply conduit is a cross-sectional view of an injection array. 図11A及び図11Bは、図5のカテーテルの遠位先端部の、それぞれ、側断面図及び斜視図である。 11A and 11B, the distal tip of the catheter of FIG. 5, respectively, a side cross-sectional view and a perspective view. 図11Cは、本発明の原理に従って構成された遠位先端部の別の実施形態の側断面図である。 Figure 11C is a side cross-sectional view of another embodiment of a distal tip that is configured in accordance with the principles of the present invention. 図12は、図5のカテーテルの近位端部に位置するマニホールド組立体の側断面図である。 Figure 12 is a side sectional view of the manifold assembly at a proximal end of the catheter of FIG. 図13A乃至図13Dは、本発明の方法に従って体管腔内に位置決めされた図5のカテーテルを示す側面図である。 13A to 13D are side views showing the catheter of FIG. 5 positioned in a body lumen according to the method of the present invention. 図14A乃至図14Cは、補剛要素上の放射線不透過性マーカを示した、図5 の注入カテーテルの遠位部の側断面図である。 14A-FIG. 14C, showed radiopaque markers on the stiffening element is a side sectional view of a distal portion of the infusion catheter of FIG. 図15は、本発明の原理に従って構成されてバルーンカテーテル上に収容される別の注入アレイの遠位端部の斜視図である。 Figure 15 is a perspective view of the distal end portion of another injection arrays to be accommodated is constructed on a balloon catheter in accordance with the principles of the present invention. 図16は、隣接した注入導管対の間のスプリットのパターンを示すために管状アレイを「展開」した、図15の注入アレイの平面投影図である。 Figure 16 was "expand" the tubular array to indicate a split in the pattern between adjacent inlet conduit pairs, a planar projection view of an injection array of FIG. 特定の実施形態の詳細な説明 本発明は、治療又は診断処置の一環として患者に対し連続的な多重管腔内処置を行うための方法及び装置を提供する。 Detailed Description of the Invention The specific embodiments provide a method and apparatus for performing continuous multi-lumen treatment to patients as part of a therapeutic or diagnostic procedure. 「管腔内」とは、体管腔内の、一般的には患者の血管系内の、より一般的には冠状動脈と末梢動脈と脳動脈を含む動脈系内の、目標位置で処置が行われることを意味する。 The "lumen" of the body lumen, typically within the patient's vascular system, and more generally in the arterial system including the coronary arteries and peripheral arteries and cerebral arteries, are treated with a target position meant to be done. しかしながら、本発明の方法及び装置は、血管系内での使用に限定されず、前立腺尿道経由の前立腺(例えば、良性前立腺肥大、前立腺炎、腺癌の治療)、輸卵管腔経由の輸卵管(狭窄症の治療)、脳実質(パーキンソン病の治療)等を含む他の体構造内でも好適に使用し得る。 However, the method and apparatus of the present invention is not limited to use within the vasculature of the prostate through the prostatic urethra (e.g., benign prostatic hyperplasia, prostatitis, treatment of adenocarcinoma), via oviduct lumen oviduct (stenosis treatment), it can be preferably used also in other body structures, including the brain parenchyma (treatment of Parkinson's disease) and the like. 体管腔内の「目標位置」は、通常、罹病しているか或いは罹病の疑いがある。 "Target position" of the body lumen is usually, is whether or morbidity of doubt are diseased. 血管治療の場合、目標位置は、通常、アテローム沈積即ちプラークにより血流が限定された狭窄部である。 For vascular treatment, the target position is typically a narrowed portion which blood flow is restricted by atherosclerotic deposits i.e. plaque. 他の体管腔内の罹病位置は、周知であり、医学文献にも記載されている。 Morbidity positions of the other body lumen is well known, it is also described in the medical literature. 「多重」処置とは、単一の治療養生法の一貫として、少なくとも2つのインタベンション及び/又は診断処置を行うことを意味する。 The "multiple" treatment, as part of a single therapeutic regimen, means performing at least two interventional and / or diagnostic procedures. インタベンション処置は、セラピューティックとも呼ばれ、バルーン血管形成術、レーザ血管形成術、超音波血管形成術、アテローム切除術等の血管再生技術、薬剤供給技術、ステント移植技術、バルーン血管形成術による膨張に先立つプラークの軸方向の切り込み即ちスリット付け等を含む。 Interventional treatment, also known as Therapeutic, balloon angioplasty, laser angioplasty, ultrasound angioplasty, revascularization techniques atherectomy or the like, the drug supply technology, stent implantation techniques, balloon angioplasty cut in the axial direction of the plaque prior to inflation i.e. including slotted like. 診断処置には、撮像特に超音波撮像が含まれるが、 血管内視、対照供給等を含んでもよい。 The diagnostic procedures, imaging in particular include ultrasound imaging, intravascular viewing may include control supply or the like. 「連続的な」とは、通常任意の順序で反復的に又は反復無くカテーテルをガイドワイヤ上で交換する必要がなく、ある処置に続いて別の処置が行われることを意味する。 And "Continuous" means that iteratively or repeatedly without need not be exchanged over the guidewire a catheter in the usual any order, other procedures following the certain action is taken. 血管内処置の好適な事例では、 処置のうち少なくとも一つは、一般にインタベンションであり、より一般的には、バルーン、レーザ又は超音波血管形成術或いはアテローム切除術である。 In preferred cases of endovascular procedures, at least one of the treatment is generally interventional, more generally, the balloon is a laser or an ultrasonic angioplasty or atherectomy. 他の処置は、インタベンションでもよいし、診断的なもの、一般には、薬剤供給、撮像、ステント植設、又は血管形成術に先立つプラークの事前スリット付けでもよい。 Other treatments may be a interventional, diagnostic ones, generally, drug supply, imaging, stents implanted, or prior to angioplasty may be pre-slit with plaque. 本発明の方法は、基部カテーテルと、該基部カテーテル上に摺動可能に受け入れられるスリーブカテーテルと、を利用している。 The method of the present invention utilizes a base catheter, a sleeve catheter slidably received on the base portion the catheter, the. 基部及びスリーブカテーテルは、それぞれ、遠位端部又はその近傍にインタアクティブ装置を含み、スリーブカテーテルを基部カテーテル上に配置した状態でカテーテルを同時に挿入する。 Base and the sleeve catheter, respectively, include interactive device to the distal end or the vicinity thereof, simultaneously inserting a catheter in the state in which the sleeve catheter on the base catheter. カテーテルの遠位端部が処置箇所近傍の位置に達すると、カテーテルを互いに軸方向に並進させて、各インタアクティブ装置を処置箇所に順次又は同時に位置決めする。 When the distal end of the catheter reaches the location of the treatment site near by translating the catheter in the axial directions, sequentially or simultaneously positioned each interactive device in the treatment site. 有利には、基部カテーテルは、在来のインタベンションでも診断カテーテルでもよいが、一般的にはインタベンショナルカテーテルであり、より一般的には血管形成カテーテル又はアテローム切除カテーテルである。 Advantageously, the base catheter may be diagnostic catheter in interventional conventional, but generally a inter interventional catheter, more typically angioplasty catheter or atherectomy catheter. スリーブカテーテルは、基部カテーテル上に受け入れられるように寸法決めされており、基部カテーテルのインタベンション機能を補完する或いは高めるように選定されたインタアクティブ機能を備えている。 The sleeve catheter is sized to be received on the base catheter, and a interactive features that are selected to enhance or complement the interventional functions of the base catheter. 例えば、撮像スリーブカテーテルに血管形成又はアテローム切除基部カテーテルを備えることが有利なことが多く、この場合、撮像機能により、処置に先立ち狭窄部の評価を補助し、より効果的な処置を行うことができる。 For example, often it is advantageous to include the angioplasty or atherectomy base catheter imaging sleeve catheter, in this case, the imaging function, that aid in the evaluation of stenosis prior to treatment, make more effective treatment it can. 薬剤供給スリーブカテーテルは、血管形成後に目標箇所を処置して急閉鎖及び再狭窄を阻止する上で特に有効である。 Drug supply sleeve catheter is particularly effective in preventing the rapid closure and restenosis treating target location after angioplasty. 径方向に膨張可能なスリーブカテーテルにより、バルーン血管形成カテーテルと協働して、ステント及び移植片の搬送とその後の植設を行うことができる。 The expandable sleeve catheter radially balloon angioplasty catheter and cooperate can be conveyed and subsequent implanting of the stent and graft. また、径方向に膨張可能なスリーブカテーテルが、バルーン血管形成術に先立ち動脈プラークに切れ目を入れるべく配設される切刃その他の要素を支持してもよい。 The expandable sleeve catheter in the radial direction, the cutting edge other elements disposed to nicking the arterial plaque prior to balloon angioplasty may be supported. 基部カテーテルを受け入れるスリーブの管腔は、基部カテーテルの全長に亘り延びる必要はない。 Lumen of the sleeve for receiving a base catheter need not extend over the entire length of the base catheter. また、スリーブカテーテルの近位部を小径のロッド又は管から実質的に構成して外径を代表的には0.3mm乃至0.8mmの範囲とし、血管系の比較的蛇行していない部分に挿入するに十分な可撓性を持たせると共に、 スリーブの遠位端部の軸方向並進を可能とするに十分なコラム強度を持たせてもよい。 Moreover, the range of 0.3mm to 0.8mm is the outer diameter typically substantially constitutes the proximal portion of the sleeve catheter from the small-diameter rod or tube, in a relatively tortuous portion not in the vasculature together to have sufficient flexibility to be inserted may be provided with a sufficient column strength to permit axial translation of the distal end of the sleeve. 例えば、ステンレス鋼の皮下注射管を用いることができるが、超音波撮像装置の場合、皮下注射管の管腔により、電気導体のアクセスが可能となる。 For example, it is possible to use a hypotube of stainless steel, if the ultrasonic imaging apparatus, the lumen of the hypodermic tube, becomes accessible electrical conductors. 以下の説明は、スリーブ本体が関係基部カテーテルの全長に亘り延びた実施形態を対象にしている。 The following description is directed to an embodiment in which the sleeve body extends over the entire length of the relationship base catheter. しかしながら、少なくとも場合によっては、大径の管本体に代えてロッド又は小径の管を用いてもよい、ことを理解されたい。 However, at least in some cases, may be used a rod or the small diameter of the tube in place of the main pipe of larger diameter, it is to be understood that. 特定のインタアクティブ装置の構造及び構成は、周知であり、特許及び医学文献にも十分に記載されている。 The structure and configuration of a particular interactive device is well known and described fully in the patent and medical literature. 例えば、本発明において使用し得る血管形成装置及び血管形成カテーテルは、出典を明記することによりその開示内容全体を本願明細書の一部とした、米国特許第5041089号、同第4762129号、同第4775371号、同第4323071号、及び同第4292974号公報に記載されている。 For example, angioplasty devices and angioplasty catheters may be used in the present invention has the entire disclosure of the part of this specification by specifying the source, U.S. Patent No. 5,041,089, the No. 4,762,129, the first No. 4775371, is described in the No. 4323071, and the No. 4292974 publication. 好適なアテローム切除装置及びカテーテルは、出典を明記することによりその開示内容全体を本願明細書の一部とした、米国特許第49799 51号、同第5071425号、再発行特許第33569号、米国特許第478 1186号、同第4926858号、同第5047040号、同第518192 0号、同第5084010号、同第5226909号、同第5092873号、 同第5222966号、同第5242460号、及び同第5250059号公報に記載されている。 Suitable atherectomy devices and catheters, the entire disclosure was part of this specification by specifying the source, U.S. Patent No. 49799 No. 51, the No. 5,071,425, Reissue Patent No. 33,569, U.S. Pat. the 478 1186 No., the No. 4926858, the No. 5047040, the first 518,192 No. 0, the No. 5,084,010, the No. 5,226,909, the No. 5,092,873, the No. 5,222,966, the No. 5,242,460, and the second 5,250,059 It is described in JP. インタベンショナルレーザ血管形成装置は、商標名オプティラーゼ、カーディオラーゼ、レーザプローブとしてカリフォルニア州タスチン市のトリメダイン社等の製造業者から市販されている。 Inter interventional laser angioplasty device, trade name Opti hydrolase, cardio hydrolase, are commercially available from manufacturers Torimedain companies, etc. CA Tustin City as a laser probe. プラークを破壊するためのインタベンショナル心臓血管超音波装置は、出典を明記することによりその開示内容全体を本願明細書の一部とした、米国特許第3565062号、同第469 2139号、及びWO93/21835号公報、及びジーゲル他の米国(Col .)心臓病学会紀要第15号、345乃至351頁(1990年)に記載されている。 Inter interventional cardiovascular ultrasound device for destroying plaque, the entire disclosure was part of this specification by specifying the source, U.S. Patent No. 3,565,062, the first 469 2139, and WO93 / 21835 and JP Siegel et al US (Col.) heart Association Bulletin No. 15, is described in 345 to 351 (1990). 本発明のインタアクティブ装置としての使用に適した撮像装置は、一般には、出典を明記することによりその開示内容全体を本願明細書の一部とした米国特許第4841977号及び同第4917097号公報に記載されているような、超音波整相アレイ装置である。 Imaging apparatus suitable for use as the interactive system of the present invention is generally a part and the U.S. Patent No. 4,841,977 and ibid No. 4,917,097 discloses of this specification the entire disclosure by specify the Source as described, an ultrasonic phased array system. 血管内ステント及びステント供給カテーテルは、出典を明記することによりその開示内容全体を本願明細書の一部とした米国特許第4776337号及び同第5092877号公報に記載されている。 Intravascular stents and stent delivery catheters are described in part with the US Patent No. 4776337 and the first 5092877 JP hereinbefore the entire disclosure by specify the Source. ここで図1を参照すると、スリーブカテーテル10は、近位端部14と遠位端部16とを有する管状本体12を備えている。 Referring now to Figure 1, the sleeve catheter 10 includes a tubular body 12 having a proximal end 14 and distal end 16. スリーブカテーテル10は、遠位ポート22から近位ハウジング24まで延びる軸方向管腔20を含む。 The sleeve catheter 10 includes an axial lumen 20 extending from a distal port 22 to a proximal housing 24. 軸方向管腔20は、破線で示した血管形成カテーテル30等の基部カテーテルを収容するように寸法決めされている。 Axial lumen 20 is sized to receive a base catheter such as angioplasty catheter 30 shown in broken lines. 軸方向管腔20は、代表的には、関連した基部カテーテルの外径より僅かに大きく寸法決めされており、代表的には基部カテーテルの外径の110%乃至150%、好適には基部カテーテルの直径の110%乃至120%の内径を有する。 Axial lumen 20 is typically associated are determined slightly larger dimensions than the outer diameter of the base catheter, 110% to 150% of the outer diameter of the base catheter typically, preferably the base catheter of having a 110% to 120% of the inner diameter of the diameter. 従って、管腔20は、代表的には約1.3mm乃至2 . Thus, the lumen 20 is typically about 1.3mm to 2. 0mm、より一般的には1.3mm乃至1.7mmに寸法決めされる。 0 mm, is more typically dimensioned 1.3mm to 1.7 mm. カテーテル本体12は、その用途に応じた長さを有する。 The catheter body 12 has a length corresponding to the application. 代表的には、長さは、約40 cm乃至150cmであり、通常は、末梢カテーテルの場合で40cm乃至12 0cm、冠状動脈スリーブカテーテルの場合で110cm乃至150cmである。 Typically, the length is about 40 cm to 150cm, usually a 110cm to 150cm in the case of peripheral catheter 40cm to 12 0 cm, in the case of coronary sleeve catheter. カテーテル本体の外径は、通常約1.4mm乃至2.3mmであり、より一般的には約1.6mm乃至2.0mmである。 The outer diameter of the catheter body is typically about 1.4mm to 2.3 mm, more usually from about 1.6mm to 2.0 mm. カテーテル本体は、生物学的に適合する広範な材料から構成することができ、 代表的には、天然又は合成の重合体、例えばシリコーンゴム、ポリエチレン、ポリ塩化ビニル、ウレタン樹脂、ポリエステル樹脂、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、ナイロン等から形成される。 The catheter body may be composed of biologically compatible extensive material, typically a polymer of natural or synthetic, such as silicone rubber, polyethylene, polyvinyl chloride, urethane resin, polyester resin, polytetra fluoroethylene (PTFE), is formed from nylon. また、任意的に、重合体本体内に一つ以上の補強層を組み込んだ複合材としてカテーテルスリーブ本体を形成し、その強度、可撓性、及び靭性を高めるようにしてもよい。 Also, optionally, to form a catheter sleeve body as a composite material incorporating one or more reinforcing layers within the polymer body, its strength, flexibility, and may be enhanced toughness. 更に、カテーテルスリーブに、フルオロ重合体、例えばPTFE、FET、又はPFA等の滑らかな材料から形成した内側ライナを配し、基部カテーテル上での摺動性能を高めるようにしてもよい。 Furthermore, the catheter sleeve, fluoro polymers, for example PTFE, FET, or arranged inner liner formed from a smooth material such as PFA, may be enhanced sliding performance on the base catheter. また、カテーテル本体12の構造がその長さに沿って変動するようにして、その長さの不連続部を異なる材料及び/又は複合材で構成してもよい。 The structure of the catheter body 12 so as to vary along its length, may constitute a discontinuity of its length of a different material and / or composites. 代表的には、カテーテル本体は、特許及び医学文献に十分に説明されている押出技術を用いて形成される。 Typically, the catheter body is formed using an extrusion technique is well described in the patent and medical literature. 例示的カテーテル10(図1)は、本体の遠位端部近傍の外表面上の一部に形成された撮像アレイ32を含む。 Exemplary catheter 10 (FIG. 1) includes an imaging array 32 formed on a part of the outer surface near the distal end of the body. 撮像アレイは、円周方向に離間した複数の細長い超音波変換器から成り、これらは、カテーテル本体の外表面上に重合体その他の変換器材料を蒸着させることにより好適に形成される。 Imaging array includes a plurality of elongated ultrasonic transducer circumferentially spaced, it is preferably formed by depositing a polymer other transducer material on the outer surface of the catheter body. その結果生じる超音波変換器は、約5乃至50MHzの範囲の周波数で動作可能とすべきであり、好適な圧電材料としては、ポリ二弗化ビニリデン(PVDF)及び弗化ビニリデン− トリフルオロエチレン共重合体がある。 The resulting ultrasound transducer should be operable at a frequency in the range of about 5 to 50 MHz, suitable piezoelectric material, polyvinylidene difluoride (PVDF) and vinylidene fluoride - trifluoroethylene copolymer there is a polymer. 好適な無機変換器材料としては、チタン酸バリウム及び硫化水銀がある。 Suitable inorganic transducer material is a barium titanate, and mercury sulfide. 整相アレイ超音波変換装置をスリーブカテーテル10に組み込むための特定の構造及び方法は、上述した出典を明記することにより本願明細書の一部をなす米国特許公報を含む、特許及び科学文献に十分に記載されている。 The particular structures and methods for incorporating phased array ultrasound transducer device to the sleeve catheter 10, including the US patent publications constitute a part of this specification by specifying the sources mentioned above, sufficient in the patent and scientific literature It is described in. 図2及び図2Aには、血管内薬剤供給用のスリーブカテーテル40が示されている。 2 and 2A, the sleeve catheter 40 for intravascular drug supply is shown. カテーテル40は、上述した全体寸法と方法により製作されるカテーテル本体42を含む。 The catheter 40 includes a catheter body 42 which is manufactured by the overall dimensions and the method described above. カテーテル本体42は、更に、その長さに沿って軸方向に形成された複数の注入管腔44を含む。 The catheter body 42 further includes a plurality of injection lumens 44 formed axially along its length. 注入管腔は、カテーテル40の遠位端部近傍に配設された複数の薬剤注入ポート46と連通している。 Infusion lumen communicates with a plurality of drug infusion port 46 disposed at the distal end near the catheter 40. カテーテル40は、先に一般的に説明したような、バルーン血管形成その他のインタベンショナルカテーテルを収容する軸方向管腔48を含む。 The catheter 40 includes an axial lumen 48 which houses as generally described above, the balloon angioplasty other inter interventional catheter. 図3A乃至図3Cには、血管内ステント又は移植片植設用のスリーブカテーテル300が示されている。 Figure 3A to 3C, the sleeve catheter 300 intravascular stent or graft planting 設用 is shown. スリーブカテーテル300は、その遠位端部306近傍に径方向膨張可能部304を有する管状本体302を備えている。 The sleeve catheter 300 includes a tubular body 302 having a radially expandable portion 304 near the distal end portion 306. 径方向膨張可能部304は、エラストマ材料から構成してもよいし、且つ/或いは、血管形成バルーンの内部膨張による膨張を容易にする複数の軸方向スリット308を有してもよい。 Radially expandable portion 304 may be configured from an elastomeric material, and / or may have a plurality of axial slits 308 to facilitate inflation by the internal expansion of the angioplasty balloon. 随意には、スリーブカテーテル300は、先に説明したような灌流ポート301を含む。 Optionally, the sleeve catheter 300 includes a perfusion port 301 as previously described. 膨張可能なステント310は、径方向膨張可能部304上に配設される。 Expandable stent 310 is disposed on the radially expandable portion 304. ステント構造は、多重相反巻き螺旋として示されており、螺旋は、図3Aに示した小径形状から図3Cに示した大径形状まで膨張し得るように非弾性的に変形可能である。 The stent structure is shown as a multiple reciprocal turn helix, helix is ​​inelastically deformable so as to expand to the large diameter shape shown in FIG. 3C from the small diameter configuration shown in Figure 3A. 径方向に膨張可能とするために複数の軸方向及び/又は円周方向線に沿って食刻されたり或いは切り込みを付けられた薄肉管等の他のステント構造(出典を明記することによりその開示内容全体を本願明細書の一部とした米国特許第4 776337号及び同第5236447号公報参照)も、動脈その他の動脈瘤の治療に採用し得る血管移植構造と同様、本発明に関して有効である。 The disclosure by specify other stent structure (Source thin tube or the like attached to is or or cut etched along a plurality of axial and / or circumferential lines in order to enable radially expanded some and the U.S. Patent No. 4 776337 item and the No. 5236447 publication of this specification the entire contents) is also similar to the vascular graft structures that may be employed in the treatment of arterial other aneurysms, it is effective with respect to the present invention .ステント植設用スリーブカテーテル300は、通常、血管形成バルーンカテーテル302と共に、ガイドワイヤGWに沿って従来の態様で挿入される。スリーブカテーテル300は、血管形成カテーテル320と同時に挿入してもよいし、 血管形成カテーテルを最初に挿入した後に挿入してもよい。通常、血管BV内の目標部を処置するためにバルーン322を膨張させるが、スリーブカテーテル300は、図3A(膨張させたバルーンを破線で示した)に示すようにバルーンの近位に位置したままである。処置後、バルーン322を萎ませ、図3Bに示したように、スリーブカテーテル300を血管形成カテーテル320上で前進させ、膨張可能部304が萎んだバルーン322上に位置決めする。また、萎ませた後、血管形成カテーテル320上のバルーン322を引っ込め、代表的には血管形成カテーテル320とスリーブカテーテル300の両方に設けた放射線不透過性マーカ(図示せず)を整合させることにより、スリーブカテーテル300の径方向膨張可能部304内に位置決めしてもよい。次に、血管形成カテーテル32 0とスリーブカテーテル300とを同時に前進させ、処置されたばかりの目標部内にステント310を支持した膨張可能部304を位置決めする。次に、バルーン322を膨張させることにより、図3Cに示したように膨張可能部304とステント310を膨張させる。次に、バルーン322を萎ませ、処置箇所の所定の位置に膨張したステントを固定する。次に、図4A乃至図4Dを参照して、バルーン血管形成処置と組み合わせて血管撮像を行う際の撮像スリーブカテーテル10の使用を説明する。従来の拡張カテーテルDC上に配置した状態で、撮像スリーブ10を狭窄部Sに挿入する。撮像スリーブ10と拡張カテーテルDCを組み合わせたものを在来のガイドワイヤGWに沿って挿入し、撮像装置32を狭窄部S内に位置決めする。好ましくは、 X線透視によるスリーブの撮像部の位置決めを容易にするために、放射線不透過性マーカ50及び52を設けてもよい。図4Aには、狭窄部Sの撮像に使用する撮像スリーブ10の初期位置が示されている。撮像後、図4Bに示したように、拡張バルーンBを露出させるに十分な距離だけ、撮像スリーブ10を拡張カテーテルDCに沿って後退させる。拡張バルーンBの露出後、(放射線不透過性マーカを用いて)拡張カテーテルDCを一層正確に位置決めし、在来の仕方で拡張を行うことができる。撮像から得られた情報は、損傷の重大さの評価や最も妥当な治療プロトコルの選定を行う上で、有益であることは理解されよう。図4Cには、拡張バルーンBの膨張が示されている。バルーンは、径方向外側に膨張して処置箇所の血管を拡げ、在来の仕方で血流を回復させる。拡張カテーテルDCを用いて狭窄部Sの処置後、撮像スリーブ10は、拡張カテーテルDC の萎んだバルーンB上を遠位方向に通過させて撮像用に適切に位置決めするだけで、処置部の再撮像に利用することができる。撮像スリーブ10は、また、図4 Dに示したように、急性血管閉塞の場合に、灌流血流を付与するために利用することもできる。バルーンの膨張は、血管壁を粉砕して材料の「フラップ」Fを形成し、血管管腔を実質的に閉塞することがある。かかる場合には、血管を通る血流は、急激に遮断させる。損傷箇所における血栓又は血液クロットの形成も、急性血管閉塞を引き起こすことがある。冠状動脈の場合、かかる血流停止は心筋層梗塞に繋がり、生命を脅かすことがある。本発明の撮像スリーブ10は、急性閉塞の場合でも、撮像部32の近位のカテーテル管状本体部上に灌流ポート60を設けることにより、血流を再確立することができる。灌流ポート60は、狭窄部及びその内部に生じ得る閉塞部の上流で血液を流入させ得るように、十分な長さに沿って十分な数だけ設けられる。図4Dに示したように、血液は、これらのポートに流入して遠位ポート22から流出し、所望の血液灌流を創出する。スリーブカテーテルを通る血流灌流は、血管形成カテーテルを部分的に後退させてポート60と開いた遠位ポート22との間の内部管腔を開くことにより、高めることができる。図5乃至図14に示した別の実施形態では、薬剤灌流カテーテル200は、灌流カテーテル軸内の軸方向案内通路内に従来の拡張カテーテルを摺動可能に収容するように、構成されている。これにより、灌流カテーテルを処置箇所まで案内するための案内部材として拡張カテーテルを機能させると共に、本発明の薬剤灌流カテーテルと組み合わせて、市販されている種々の拡張カテーテルのうちいずれでも使用することができる。図5乃至図14に示した灌流カテーテルと併用するのに適した拡張カテーテルは、例えば、出典を明記することによりその開示内容全体を本願明細書の一部とした米国特許第5041089号、同第43230 71号、同第4292974号、同第4762129号、同第4775371号に記載されている。かかる拡張カテーテルは、例えば、カリフォルニア州、テメキュラ市、アドバンスト・カーディオバスキュラ・システムズ社から市販されている。図5を参照すると、好適な実施形態において、薬剤灌流カテーテル200は、 遠位端部204と近位端部206とを有する細長い可撓性の軸202を含む。マニホールド組立体208は、軸の近位端部に固定され、その近位端部上に形成された拡張カテーテルポート210と、組立体に固定されるルーエルロック(図示せず)を備えた取付部214内に設けた薬剤導入ポート210とを含む。軸20 2の遠位端部には、軸の側面に沿って複数のオリフィス218を有する灌流アレイ216が設けられている。軸202は、遠位端部の対応する数の薬剤供給導管222に接続された、近位端部から延びる複数の軸方向に配設された薬剤供給通路220を備えている。オリフィス218は、供給導管222内の内部軸方向管腔233と連通している。軸202の供給導管222の間には、軸方向の切れ目即ちスロット224が形成されており、このスロットにより供給導管を互いに分離している。以下により詳細に説明するように、少なくとも1つの供給導管22 2内には、補剛要素226が配設されている。軸の遠位端部204には、円錐状にテーパ付けされた遠位先端部228が固定されている。好適な実施形態では、軸202は、血管内で案内カテーテル(図示せず)の内側に管腔を経て挿入するのに適するように選定された、材料と寸法から構成される。例示的実施形態では、軸202は、110乃至150cmの範囲の長さを有し、1.1mm乃至2.3mm(0.04乃至0.09インチ)の外径を有する。灌流アレイ216は、長さ約10乃至60mmである。カテーテル軸202は、例えばポリエステル、ポリエチレン又はポリアミド等の種々の生物適合性の可撓性材料から構成してもよい。好ましくは、上述したように、カテーテル軸20 2(供給通路220を含む)及び供給導管222は、近位端部206から遠位端部204まで、単一の一体押出材から成る。図6Aに示したように、非展延形状において、灌流アレイ216は、軸202 の近位部と整列しており、軸202の近位部の外径と略等しい外径を有する。図6Bに示したように、拡張カテーテル230は、拡張カテーテルの遠位端部のバルーンその他の膨張部材232が供給導管222に隣接した灌流アレイ216内に位置するように、軸202の軸方向案内通路(後述)を通って位置決めしてもよい。バルーン232を膨張させることにより、灌流アレイ216を径方向外側に展延させ、オリフィス218を血管壁の処置箇所に近接して位置決めする。図7は、軸202の近位部を通る横断面を示す。拡張カテーテルを摺動可能に収容するために、カテーテル軸の長手方向に案内通路234が設けられている。案内通路234は、ヒドロゲル、或いは、フルオロカーボン重合体、例えば、弗素化エチレンプロピレン、又はデュポン社から商標名テフロンとして市販されているポリテトラフルオロエチレン等の滑らかな材料でコーティングしてもよい。かかるコーティングにより、カテーテル200を血管内に蛇行形状で配置する際に、案内通路234内での拡張カテーテルの長手方向の位置決めと整列が容易になる。案内通路234は、本用途で大抵の市販拡張カテーテルを収容するのに適した、0.7乃至2.0mm(0.03乃至0.08インチ)、好ましくは、1 . 2乃至1.8mm(0.05乃至0.07インチ)の直径を有する。供給通路220は、案内通路234に並行に延びる。例示的実施形態において、供給通路220は、軸202から径方向外側に突出した長手方向リブ236内に配設されている。供給通路220は、0.01mm乃至0.7mm(0.00 5乃至0.03インチ)の範囲の内部高さ(或いは断面円形であれば直径)を有する。図8A乃至図8Eは、種々の実施形態における灌流アレイ216を通る軸20 2の遠位部の横断面を示す。図8Aの実施形態において、供給導管222は、横方向に拡張して供給導管の展延が可能なように、スロット224により互いに分離されている。供給導管222は、カテーテル軸内の供給通路220と連通する軸方向管腔238を有する。供給導管222は、案内通路234を包囲している。軸方向管腔238内には、薬剤が管腔内を流通し得るようにその一部のみを占める補剛要素226が配設されている。図8Aの実施形態において、補剛要素2 26は、略矩形の断面を有するリボン又はバー状ロッドから成る。ロッドは、供給導管の軸方向管腔内で無規制でもよく、或いはその端部を後述するように遠位先端部に固定してもよく、或いはこれも後述するように供給導管の壁部内に同時押出形成をしてもよい。補剛要素226は、軸方向により大きい剛性を呈するが横方向にはより可撓的で弾性的な幾何形状を有する、ステンレス鋼、タンタル、 チタン酸ニッケル、又はタングステン等の種々の材料から構成することができる。補剛要素は、供給通路を通って軸方向202の遠位端部204から近位端部20 6まで延びてもよいし、或いは、遠位端部204近傍の位置から灌流アレイ21 6のすぐ近傍の位置まで延びるように、より短い長さ、例えば30乃至70mm の長さを有してもよい。補剛要素226は、幾つかの機能を有する。第1に、補剛要素は、供給導管の軸方向管腔238の開存を維持するのに役立つ。第2に、補剛要素は、供給導管が膨張後に非展延形状に復帰するように、剛性と弾性を付与する。第3に、補剛要素226は、展延時に供給導管を互いから略等間隔に離間した状態に置いて血管壁部の均一な処置を容易とするように、長手方向位置決めと後の拡張時に、供給導管間の相対的な整列を維持する。更に、断面矩形の補剛要素226は、横方向対径方向の剛性の相対的な大きさの調節を可能とする。図示の構成において、 補剛要素226の曲げ剛性は、軸に垂直な第1の軸線周りの径方向では、軸に垂直で第1の軸線に垂直な第2の軸線周りの横方向より、実質的に小さい。図8Bは、供給導管222と補剛要素226の別の実施形態を示す。本実施形態では、スロット224の幅は、先の実施形態より相当広く、供給導管222間の材料の略全部が除去されている。更に、本実施形態では、補剛要素226は、 円形断面を有するロッドから成る。かかる形状により、補剛要素は、軸方向管腔238の開存を維持する上で特に有効となる。更に、断面円形の補剛要素は、ロッドが軸方向管腔の外側表面まで浮き上がったとしても、薬剤がオリフィス21 8を通過するのを妨げることはない。図8Cの実施形態では、補剛要素226は、供給導管222の外側壁内に埋設された断面円形のロッドから成る。図8Cに示した態様で、種々の断面形状の補剛要素を供給導管の壁内に埋設し得ることは、理解されよう。図8Dの実施形態において、補剛要素226は、供給導管222の外側に配設されている。例示的実施形態では、補剛要素は、供給導管の外側横方向表面と血管壁との間の接触を妨げないように、各供給導管の側面に沿って配設されている。ここでも、円形、矩形その他の断面形を含む種々の形状の剛性要素を使用し得る。図8Eにおいて、補剛要素226の別の実施形態が幾つか示されている。これらの実施形態において、補剛要素は、万一補剛要素が浮き上がって軸方向管腔の外側壁に当接したとしても、オリフィス218を通過する薬剤の流れを補剛要素が妨げるのを防ぐような表面形状を有する。一実施形態において、補剛要素22 6aは、ジクザグな断面形を有する。第2の実施形態において、補剛要素226 bは、二重に湾曲した即ち波形の断面形を有する。第3の実施形態において、補剛要素226cは、長手方向の畝242を有する。これらの実施形態において、 補剛要素の長さに沿った異なる位置に複数の横方向スロット(図示せず)を設けることにより、径方向剛性を減少させると共に、補剛要素の一方の側から他方の側への薬剤の自由な流れを増強するようにしてもよい。図8Fに示した別の例示的実施形態において、補剛要素226は、その長さに沿って複数の切欠き227を有する。これらの切欠きは、図示したように長手方向縁部に沿った凹みの形でもよいし、或いは、補剛要素の中央部を通るスロット又は孔であってもよい。切欠き227は、補剛要素の一方の側から他方の側への薬剤の流れを容易にし、オリフィス218を通過する薬剤の流れを妨げないようにしている。図9及び図14Aに示した注入アレイ216の別の実施形態では、エラストマスリーブ248は、案内通路234内に取り付けられており、供給導管222は、エラストマスリーブの円周部に沿って配設されている。エラストマスリーブ2 48は、珪素又はウレタン等の可撓性と弾性を有するエラストマ重合体から成る管状要素を備えている。通常、供給導管222は、エラストマスリーブ248の外側に固定される。かくして、エラストマスリーブは、展延位置から非展延位置への供給導管の弾性復帰を容易にする。更に、エラストマスリーブは、供給導管が展延したとき供給導管の整列を維持して、隣接した供給導管間の適正な間隔を保持する。補剛要素226は、図9及び図10にも含まれているが、エラストマスリーブ248を使用することにより、整列を十分に維持し且つ弾性を付与し得るので、補剛要素を設ける必要が無くなる。図10Bに示した別の実施形態では、エラストマスリーブ248は、供給導管222の外側に配設されて、供給導管はスリーブの内側に固定されている。軸方向管腔238から供給導管222とエラストマスリーブ248とを通って、オリフィス218が延びている。好適な実施形態では、エラストマスリーブは、供給導管の外形と略一致するように形成され、カテーテルの遠位部の断面形を最小化すると共に、供給導管の拡張に順応し得るようにしている。次に、図11A乃至図11Cを参照して、遠位先端部228をより詳細に説明する。遠位先端部228により、カテーテル200は、外傷性の最も低い前縁部を獲得すると共に、以下により詳細に説明するように、拡張カテーテル上での摺動追跡が容易となる。更に、遠位先端部228は、供給導管222の遠位端部の封止部を構成する。図11A及び図11Bに示した例示的実施形態では、遠位先端部228は、軸202内の案内通路234と整合した軸方向通路250を有する。遠位先端部228は、血管管腔を通るカテーテルの操作性を高めるために、 円錐状にテーパ付けした外面を有する。通常、遠位先端部228は、1乃至5m mの長さを有し、近位端部254の外径は、供給導管222の外面の外径に略等しく、遠位端部252は、近位端部254より直径で約30%小さい。遠位先端部228は、更に、近位方向に延びて供給導管222の遠位端部の軸方向管腔2 38内に嵌合する複数の突出部260を含む。突出部260により、供給導管の遠位端部の封止部を構成すると共に、カテーテルに対して遠位先端部228を適切に拘留するために必要な軸202への接合部を構成する。突出部260は、また、軸方向管腔238内に補剛要素226の遠位端部を拘留するためにも使用することができる。一実施形態において、遠位先端部228は、ウレタンを型内に流し込み、ウレタンが液体の間に軸202の遠位端部を型内に挿入してウレタンを軸方向管腔238内に導入することにより突出部260を形成する工程により形成された、成形ウレタンでもよい。図11Cに示した遠位先端部の別の実施形態では、遠位先端部228は、軸方向通路250が遠位方向に向けて軸方向外側に拡がるらっば形を有する。遠位先端部228の外周面は、遠位端部252近傍で内側に向けてテーパ付けされており、血管管腔を通る案内を容易にしている。図11Cのらっば形の遠位先端部により、拡張カテーテルの膨張部材(例えばバルーン)を、遠位先端部228の遠位位置から供給導管222に隣接した案内通路234内の位置まで容易に且つ滑らかに後退させることができる。図11Cは、更に、遠位先端部の突出部260内での被包による補剛要素226の遠位端部の拘留を示す。本実施形態では、遠位先端部228を形成しようとする場合、補剛要素226の遠位端部229を軸202の遠位端部204近傍に位置決めした状態で、補剛要素226を供給導管の軸方向管腔238内に位置決めする。次に、ウレタン等の重合体を型内に流し込み、ウレタンが液体の間にカテーテル軸の遠位端部を型内に配置することにより、遠位端部228を上述したように形成する。次に、ウレタンが軸方向管腔234内に浸透し、補剛要素の遠位端部を被包する。次に、図12を参照して、マニホールド組立体208をより詳細に説明する。マニホールド組立体は、金属又はアクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS )、デルリン(登録商標)、ポリカーボネイト等の種々の硬質プラスチックのいずれかから形成し得るハウジング262を含む。軸202は、可撓性の重合体歪み逃がし部264を通って、ハウジング262内の内部室266内に延びる。軸202の近位端部270は、ハウジング262内に形成された円筒状のマンドレル272の周囲に固定されている。マンドレル272は、拡張カテーテルポート210を案内通路234に接続する軸方向内孔274を有する。好適な実施形態では、カテーテルポート210近傍の内孔274の近位部には、ダイヤフラム2 75が取り付けられている。ダイヤフラム275は、直径がそれより大きい拡張カテーテルが挿通されると弾性的に拡張する孔又はスリットから成る通路277 を有する。かくして、ダイヤフラムは、拡張カテーテルを案内通路234に導入するための封止入ポートを構成する。室266は、ルーエル取付部214内の薬剤導入ポート212と連通している。軸202の近位端部には、室266と薬剤供給通路220との間を流体連通させる円周方向切欠き268が設けられている。ルーエル取付部214は、精密薬剤供給装置に接続されるように構成されている。このように、供給ポート212 を通って供給された薬剤は、供給通路220内に流入して注入アレイ216まで供給される。図13A乃至図13Dには、カテーテル200の使用法が示されている。本実施形態では、在来の構成のバルーン拡張カテーテルDCは、図5乃至図12に基づいて先に説明した薬剤注入カテーテル200を利用して、バルーンその他の膨張部材280(非膨張形状)が処置箇所Sの近傍にくるように、管腔を経て血管V内に位置決めされる。代表的には、拡張カテーテルDCは、可動の可撓性ガイドワイヤGW上で位置決めされる。この工程の間、薬剤注入カテーテル200を、拡張カテーテルDC上に摺動可能に位置決めする必要はないが、位置決めしてもよい。実施形態によっては、先ず拡張カテーテルを血管内に位置決めして拡張を行い、次に拡張カテーテルを除去することが望ましい。その後、カテーテル2 0を拡張カテーテル上に導入し、両方のカテーテルを同時に血管内に挿入する。他の例では、カテーテル200を身体の外側で拡張カテーテル上に位置決めし、 両方のカテーテルを同時に管腔を経て血管内に位置決めする。次に、以下に説明するように、拡張カテーテルを用いて拡張を行ってもよい。図13Bに示したように、バルーン拡張カテーテルDCは、膨張部材280が薬剤注入カテーテル200の遠位端部の遠位に位置するように、位置決めされる。次に、公知の技術を用いて膨張部材280を膨張させ、処置箇所Sの血管Vを拡張させる。次に、膨張部材280を萎ませ、図13Cに示したように拡張カテーテルDC を薬剤注入カテーテル200に対して近位方向に引き寄せる。拡張カテーテルD Cは、上述したように、膨張部材280がカテーテル200の内部案内通路の注入アレイ216に隣接するように、位置決めされる。次に、注入アレイ216が処置箇所Sの近傍に来るように、薬剤注入カテーテル200を血管V内に位置決めする。次に、膨張部材280を膨張させ、供給導管222を血管壁上の処置箇所Sに当接させる。次に、カテーテル200内の供給通路220を通って供給導管22 2まで、薬剤を供給する。薬剤は、供給導管及びオリフィス218を通って加圧注入され、処置箇所S近傍の血管に浸透する。処置箇所での処置が終了すると、 薬剤の供給を停止し、膨張部材280を萎ませて供給導管222を図13Cのような非展延位置まで戻す。同じ箇所又は異なる箇所で別の処置が必要な場合は、 図13Aに示した注入カテーテル200の遠位位置まで拡張カテーテルDCを延伸させてもよい。同じ又は異なる箇所で拡張及び/又は薬剤注入を反復してもよい。血管管腔内での注入カテーテル200の長手方向位置決めを容易にすると共に、拡張カテーテルの膨張部材(例えばバルーン)と注入アレイ216との適正な軸方向整合を支援するために、注入カテーテル200上に放射線不透過性マーカを設けてもよい。図14A乃至図14Cに示した好適な実施形態では、補剛要素226の中の一つ以上に放射線不透過性マーカ282を設けている。マーカ28 2は、例えば、補剛要素226上に金又は白金等の放射線不透過性材料をめっきすることにより、形成される。拡張カテーテルDCにも放射線不透過性マーカ2 84を設けるが、これは、代表的にはカテーテルDCの内部軸286上で膨張要素280の内側に形成される。図14Aに示した一実施形態では、注入アレイ2 16の中央部で少なくとも二つのマーカ282が補剛要素226上に設けられており、マーカは、通常拡張カテーテルDC上のマーカ284の長さに略等しいかそれより僅かに長い距離だけ、互いに離間している。このように、マーカ282 は、放射線透過撮像装置による視覚化を介して、補剛要素226上のマーカ28 2の間に拡張カテーテルのマーカ284を整合させることにより、膨張要素28 0と注入アレイ226との軸方向整合を容易にしている。マーカ282は、更に、注入アレイ216を処置箇所に隣接して位置決めし得るように、血管内での注入カテーテル200の位置を視覚的に指示する。図14B及び図14Cには、放射線不透過性マーカ282の別の実施形態が示されている。図18Bでは、マーカ282は、補剛要素226の遠位部に設けられている。かくして、拡張カテーテルDC及び/又は注入カテーテル200は、 拡張カテーテル上のマーカ284がマーカ282の近位側に露出するまで、互いに対して軸方向に再位置決めされる。図14Cの実施形態では、マーカ282は、補剛要素226の近位部に設けられており、この結果、拡張カテーテルマーカ284を補剛要素上のマーカ282の遠位に位置決めすることにより、カテーテルは軸方向に整合する。図15及び図16には、別の注入アレイ300が示されている。注入アレイ3 00は、可撓性の軸(図示せず)の端部に接続されており、ある意味で上述した図5、図6A、及び図6Bに示したものに類似している。アレイ300は、四本の分離された薬剤供給導管302を含み、該供給導管302は、図5、図6A、 及び図6Bのカテーテルに類似した態様で近位軸上の供給通路に接続される。供給導管302は、スリーブ上に或いはスリーブの一部として形成され、隣接した対の導管302の間のスリーブのウエブ部303は、軸方向に分離されており、 バルーンカテーテル306の遠位端部に位置する内側バルーン304による拡張を容易にしている。スリーブは、通常、非弾性であり、代表的には注入カテーテル200の軸200の場合に先に説明した材料のうちのいずれかから形成される。スリーブのウエブは、単一の線に沿って切断する(材料は除去しない)ことにより分離してもよいし、平行な線に沿って切断し材料を除去してスロットを形成してもよい。注入アレイ300は、導管302の隣接した対の間に形成するスプリットのパターンが、図5、図6A及び図6Bに示したものとは異なる。図16 (注入アレイ300のスリーブの平面投影図)に最もよく示したように、第1の対の対向するウエブ部303aは、注入アレイのスリーブの長さの大部分又は全体に亘り延びる単一のスプリット310を有する。第2の対向する対のウエブ部303bは、対照的に、部分的なスプリットに過ぎない2つの軸方向に離間したスプリット312及び314を有する。特に好適な実施形態において、スプリット312及び314は整合しておらず、非スプリット部316及び318は互いに重なり合わない。図15に見るように、スプリット310、312、314のパターンは、注入アレイ300のスリーブの長さ全体に亘り供給導管302を比較的均一且つ反復可能に円周方向に分布させ得る。これは、隣接した供給導管間を十分に分離した注入アレイがその局部では収束してしまうような均一性に劣る供給導管の円周方向分布を呈した、図6Bの構造とは対照的である。このような不均一な供給導管分布は、薬剤供給には必ずしも最適とは言えない。隣接した導管間の軸方向スプリットのパターンを調節することにより、より反復可能な別の導管分布を得ることができる。図15及び図16のパターンは、注入アレイの長さの大部分に亘り導管を特に均一に分布させることができる。上記は本発明の好適な実施形態の完全な説明であるが、様々な代替例、変形例、及び均等物が使用可能である。従って、添付請求の範囲により画定される本発明の範囲を制限するものとして上記説明を理解すべきではない。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FR,GB,GR,IE,IT,LU,M C,NL,PT,SE),AU,CA,JP,KR,N Z (72)発明者 クライン エンリケ ジェイ アメリカ合衆国 カリフォルニア州 94024 ロス アルトス クリスティーナ ドライヴ 1868 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (81) designated States EP (AT, BE, CH, DE, DK, ES, FR, GB, GR, IE, IT, LU, M C, NL, PT, SE), AU, CA, JP, KR, N Z (72) inventor Klein Enrique Jay United States, CA 94024 Los Altos Christina DRIVE 1868

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. 心臓血管治療装置であって、 近位端部、遠位端部、及び遠位端部近傍のインタアクティブ装置を有する血管内カテーテルと、 近位端部、遠位端部、血管内カテーテルを摺動可能に受け入れる軸方向管腔、及び遠位端部近傍のインタアクティブ装置を有するスリーブカテーテルと、を含み、前記軸方向管腔は、血管内カテーテルの外径の110%乃至150%の直径を有する、 ことを特徴とする心臓血管治療装置。 A cardiovascular therapy apparatus, a proximal end, a distal end, and the intravascular catheter having an interactive device distal end near the proximal end, a distal end, an intravascular catheter sliding rotatably accept axial lumen, and includes a sleeve catheter having an interactive device distal end near the axial lumen, a 110% to 150% of the diameter of the outer diameter of the intravascular catheter a cardiovascular therapy and wherein the. 2. 2. 血管内カテーテル上のインタアクティブ装置が、拡張バルーン及び超音波変換器から成る群より選定される、 ことを特徴とする請求の範囲第1項に記載の心臓血管治療装置。 Interactive device on intravascular catheters, dilatation balloon and is selected from the group consisting of ultrasound transducers, that cardiovascular therapy apparatus according to claim 1, wherein. 3. 3. スリーブカテーテル上のインタアクティブ装置が、周辺部を撮像するための装置、ステント、移植片、及び薬剤注入マトリクス、及び軸方向に整列した刃から成る群より選定される、 ことを特徴とする請求の範囲第1項に記載の心臓血管治療装置。 Interactive device on the sleeve catheter, a device for imaging a peripheral portion, stents, grafts, and drug infusion matrix, and is selected from the group consisting of blades axially aligned, claims, characterized in that range cardiovascular therapy apparatus according to paragraph 1. 4. 4. 基部カテーテルと組合せて使用する注入カテーテルであって、 近位端部、遠位端部、基部カテーテルを摺動可能に受け入れる軸方向管腔、 及び遠位端部に位置して治療薬剤を隣接した罹病組織内に注入するための手段、 を有するスリーブを含み、前記軸方向管腔は、基部カテーテルの外径の約110 %乃至150%の直径を有する、 ことを特徴とする注入カテーテル。 A infusion catheter for use in combination with the base catheter, a proximal end, a distal end, an axial lumen slidably receiving a base catheter and adjacent the therapeutic agent situated in the distal end means for injecting into the diseased tissue, comprising a sleeve having an injection catheter said axial lumen, having about 110% to 150% of the diameter of the outer diameter of the base catheter, characterized in that. 5. 5. 注入手段が、スリーブカテーテルの遠位部分上に配設された複数の注入管腔から成る、 ことを特徴とする請求の範囲第4項に記載の注入カテーテル。 Injection means, injection catheter according to claim 4 comprising a plurality of injection lumens disposed on the distal portion of the sleeve catheter, characterized in that. 6. 6. スリーブの遠位部分が、径方向に拡張可能であり、それにより、スリーブカテーテルの遠位部分の管腔内でバルーンを膨張させることにより、注入管腔を径方向に膨張させることができる、 ことを特徴とする請求の範囲第5項に記載の注入カテーテル。 The distal portion of the sleeve is radially expandable, whereby by inflating a balloon within the lumen of the distal portion of the sleeve catheter can be inflated injection lumen in the radial direction, it injection catheter according to claim 5, wherein. 7. 7. スリーブの遠位部分が、軸方向に分割されて、径方向に拡張し得るようになっている、 ことを特徴とする請求の範囲第6項に記載の注入カテーテル。 The distal portion of the sleeve is split in the axial direction, injection catheter according to claim 6, characterized in going on, it adapted to expand radially. 8. 8. スリーブの遠位部分が、互い違いのパターンで軸方向に分割されている、 ことを特徴とする請求の範囲第7項に記載の注入カテーテル。 Injection catheter according to claim 7 in which the distal portion of the sleeve is axially divided in a staggered pattern, wherein the. 9. 9. 基部カテーテルと組み合わせて用いる撮像カテーテルであって、 近位端部、遠位端部、及び基部カテーテルを摺動可能に受け入れる軸方向管腔、及び遠位端部に位置して体管腔の周囲部分を撮像するための手段、を有するスリーブ、を含み、前記軸方向管腔は、インタベンショナルカテーテルの外径の110%乃至150%の直径を有する、 ことを特徴とする撮像カテーテル。 An imaging catheter used in combination with the base catheter, around a proximal end, a distal end, and an axial lumen for receiving a base catheter slidably, and located at the distal end portion body lumen includes a sleeve having means for imaging the portion, said axial lumen has a 110% to 150% of the diameter of the outer diameter of the inter interventional catheter, imaging catheter, characterized in that. 10. Ten. バルーンカテーテルと組み合わせて用いるステント供給カテーテルであって、 近位端部、遠位端部、及びバルーンカテーテルを摺動可能に受け入れる軸方向管腔、を有するスリーブ、を含み、 遠位端部近傍のスリーブの少なくとも一部が径方向に拡張可能で、スリーブの前記一部上に支持されたステントを径方向に拡張させるためにバルーンを膨張させることができる、 ことを特徴とするステント供給カテーテル。 A stent delivery catheter for use in combination with a balloon catheter, the proximal end, a distal end, and comprises a sleeve, having an axial lumen slidably receiving the balloon catheter, the distal end portion near at least a portion of the sleeve is radially expandable, the stent delivery catheter the balloon can be inflated to expand the support stent on the part of the sleeve in the radial direction, characterized in that. 11. 11. 管腔内処置を連続的に実行するための方法であって、 基部カテーテルの外径の110%乃至150%の軸方向管腔直径を有するスリーブカテーテルを摺動可能にその上に配置した基部カテーテルを、ガイドワイヤに沿って体管腔内の目標位置まで導入し、 第1の処置を行うために、基部カテーテル上の第1のインタアクティブ装置を目標位置に位置決めし、 第2の処置を行うために、スリーブカテーテルを基部カテーテルに対して軸方向に並進させて、スリーブカテーテル上の第2のインタアクティブ装置を目標位置に位置決めする、 ことを特徴とする方法。 A method for performing endoluminal treatment continuously, the base catheter placed a sleeve catheter having a 110% to 150% of the axial lumen diameter of the outer diameter of the base catheter thereon slidably the introduced to the target position of the body lumen along a guidewire, in order to perform the first treatment, positioning the first interactive device on the base catheter to the target position, a second treatment for a method of the sleeve catheter caused to be translated axially relative to the base catheter, positioning the second interactive device on the sleeve catheter to a target position, characterized in that. 12. 12. 第1のインタアクティブ装置が、拡張バルーン及び超音波変換器から成る群から選定され、 第1の処置が、血管内の狭窄部の血管再開及び撮像から成り、 第2のインタアクティブ装置が、軸方向に整列した刃、ステント、移植片、 及び薬剤注入マトリクスから成る群から選定され、 第2の処置が、血管内の狭窄部の血管再開から成り、 第2のインタアクティブ装置が、周囲部を撮像するための装置から成り、第2の処置が、前記周囲部を撮像することから成る、 ことを特徴とする請求の範囲第11項に記載の方法。 The first interactive device is selected from the group consisting of dilatation balloon and ultrasonic transducer, the first treatment consists vessel resumed and the imaging of the stenosis in a blood vessel, the second interactive device, the shaft blades aligned in a direction, stents, grafts, and is selected from the group consisting of drug infusion matrix, the second treatment consists vascular resumption of stenosis in a blood vessel, the second interactive device, the peripheral portion consists device for imaging, the second treatment consists of imaging the periphery, the method according to claim 11, characterized in that. 13. 13. 第1のインタアクティブ装置を位置決めし、第2のインタアクティブ装置を位置決めして第2の処置を行う前に第1の処置を実行し、 或いは、第2のインタアクティブ装置を位置決めし、第1のインタアクティブ装置を位置決めして第1の処置を実行する前に第2の処置を実行する、 ことを特徴とする請求の範囲第11項に記載の方法。 Positioning the first interactive device, the second interactive device to perform the first action before the second treatment is positioned, or, by positioning the second interactive device, first the method according to claim 11 in which the performing the second treatment the interactive device before performing the first treatment is positioned, characterized in that. 14. 14. 他の治療処置と組み合わせて、血管内に治療薬剤を供給するための方法であって、 遠位端部に治療装置を有する基部カテーテルと、基部カテーテル上に摺動可能に配置されて軸方向管腔直径が基部カテーテルの外径の110%乃至150% であるスリーブカテーテルとを、血管内の狭窄部まで導入し、 スリーブカテーテルの遠位端部を近位方向に後退させて前記治療装置を露出させた状態で、治療装置を用いて狭窄部で治療処置を行い、 狭窄部に治療薬剤を供給するために、スリーブカテーテル上の注入マトリクスを整合させるように、スリーブカテーテルを位置決めし、 スリーブカテーテル上の供給手段を通って、前記狭窄部まで治療薬剤を供給する、 ことを含む方法。 In combination with other therapeutic treatment, a method for supplying a therapeutic agent into a vessel, a base catheter having a treatment device to the distal end portion, the axial tube is slidably disposed on the base catheter a sleeve catheter lumen diameter is 110% to 150% of the outer diameter of the base catheter, was introduced to the stenosis in a blood vessel, exposing the therapy device distal end portion of the sleeve catheter is retracted proximally in a state of being, it performs therapeutic treatment in stenosis using the therapy device, to supply a therapeutic agent to the stenosis, as to match the injection matrix on the sleeve catheter, positioning the sleeve catheter, the sleeve catheter through the supply means, the method comprising, supplying the therapeutic agent to the stenosis. 15. 15. 治療処置中、血管を撮像するための方法であって、 遠位端部に治療装置を有する基部カテーテルと、基部カテーテル上に摺動可能に配置されて軸方向管腔直径が基部カテーテルの外径の110%乃至150 %であるスリーブカテーテルとを、体管腔内の目標位置まで導入し、 スリーブカテーテルの遠位端部を近位方向に後退させて前記装置を露出させた状態で、治療装置を用いて目標位置で治療処置を行い、 スリーブカテーテル上の撮像装置が目標位置にくるように、スリーブカテーテルを位置決めし、 撮像装置を用いて、目標位置を撮像する、 ことを含む方法。 During therapy treatment, a method for imaging a blood vessel, a base catheter having a treatment device to the distal end, the outer diameter of the slidably disposed axial lumen diameter is the base catheter on the base catheter of a sleeve catheter is 110% to 150%, in a state where introduced to the target position of the body lumen, and the distal end portion of the sleeve catheter is retracted proximally to expose the device, the treatment device perform therapeutic treatment at the target position using, as an imaging device on the sleeve catheter is at the target position, the method comprising positioning the sleeve catheter, using an imaging device, imaging the target position, it. 16. 16. 血管内の目標箇所までステントを供給する方法であって、 遠位端部近傍の径方向に拡張可能な部分上にステントを支持したスリーブカテーテルを、ステントが目標箇所にくるように、位置決めし、 ステントが目標箇所で拡張するように、スリーブの径方向に拡張可能な部分内でバルーンを膨張させる、 ことを含む方法。 A method for supplying a stent to a target location within a blood vessel, the sleeve catheter that supports the stent to the expandable upper part in the radial direction in the vicinity of the distal end portion, so that the stent is at the target location, positioning, as the stent is expanded at the target location, the balloon is inflated within the expandable portion in a radial direction of the sleeve, the method comprising.
JP52592495A 1992-11-02 1995-04-03 Method and apparatus for performing multi-treatments Pending JPH10507649A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US08/222,143 1994-04-01
US08222143 US5571086A (en) 1992-11-02 1994-04-01 Method and apparatus for sequentially performing multiple intraluminal procedures
US08/241,428 1994-05-11
US08241428 US5609574A (en) 1992-11-02 1994-05-11 Intravascular catheter with infusion array
PCT/US1995/004146 WO1995026777A1 (en) 1994-04-01 1995-04-03 Method and apparatus for performing multiple procedures

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10507649A true true JPH10507649A (en) 1998-07-28

Family

ID=26916480

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP52592495A Pending JPH10507649A (en) 1992-11-02 1995-04-03 Method and apparatus for performing multi-treatments

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP0754074A4 (en)
JP (1) JPH10507649A (en)
CA (1) CA2186870A1 (en)
WO (1) WO1995026777A1 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006501967A (en) * 2002-10-09 2006-01-19 フォッサ メディカル, インク.Fossa Medical, Inc. Eccentric lumen stent
JP2012245389A (en) * 2006-06-20 2012-12-13 Aortx Inc Prosthetic valve implant site preparation technique

Families Citing this family (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5810767A (en) * 1994-05-11 1998-09-22 Localmed, Inc. Method and apparatus for pressurized intraluminal drug delivery
US5728068A (en) * 1994-06-14 1998-03-17 Cordis Corporation Multi-purpose balloon catheter
US5807398A (en) * 1995-04-28 1998-09-15 Shaknovich; Alexander Shuttle stent delivery catheter
US6051001A (en) * 1995-09-13 2000-04-18 Ave Galway Limited Device and method for mounting an endovascular stent onto a ballon catheter
US5669924A (en) * 1995-10-26 1997-09-23 Shaknovich; Alexander Y-shuttle stent assembly for bifurcating vessels and method of using the same
US5776140A (en) * 1996-07-16 1998-07-07 Cordis Corporation Stent delivery system
US5843090A (en) * 1996-11-05 1998-12-01 Schneider (Usa) Inc. Stent delivery device
US5810869A (en) * 1996-11-18 1998-09-22 Localmed, Inc. Methods for loading coaxial catheters
US5868719A (en) * 1997-01-15 1999-02-09 Boston Scientific Corporation Drug delivery balloon catheter device
US6582392B1 (en) 1998-05-01 2003-06-24 Ekos Corporation Ultrasound assembly for use with a catheter
US6056721A (en) * 1997-08-08 2000-05-02 Sunscope International, Inc. Balloon catheter and method
US6723063B1 (en) * 1998-06-29 2004-04-20 Ekos Corporation Sheath for use with an ultrasound element
EP1647232B1 (en) 2001-12-03 2011-08-17 Ekos Corporation Catheter with multiple ultrasound radiating members
US6958040B2 (en) 2001-12-28 2005-10-25 Ekos Corporation Multi-resonant ultrasonic catheter
US8226629B1 (en) 2002-04-01 2012-07-24 Ekos Corporation Ultrasonic catheter power control
US9050437B2 (en) 2004-03-04 2015-06-09 YMED, Inc. Positioning device for ostial lesions
US7901378B2 (en) 2006-05-11 2011-03-08 Y-Med, Inc. Systems and methods for treating a vessel using focused force
US8486025B2 (en) 2006-05-11 2013-07-16 Ronald J. Solar Systems and methods for treating a vessel using focused force
WO2007132447A3 (en) * 2006-05-11 2009-04-30 Glen Lieber Systems and methods for treating a vessel using focused force
US7780715B2 (en) 2004-03-04 2010-08-24 Y Med, Inc. Vessel treatment devices
US20110118767A1 (en) * 2008-07-30 2011-05-19 Ams Research Corporation Method and Apparatus for Determining Status of Approximation Structures on Anastomosis Device
GB201419792D0 (en) * 2014-11-06 2014-12-24 Phagenesis Ltd Catheter for recovery of dysphagia

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4693243A (en) * 1983-01-14 1987-09-15 Buras Sharon Y Conduit system for directly administering topical anaesthesia to blocked laryngeal-tracheal areas
JPH088933B2 (en) * 1987-07-10 1996-01-31 日本ゼオン株式会社 Catheter - Tel
US5266073A (en) * 1987-12-08 1993-11-30 Wall W Henry Angioplasty stent
US5163905A (en) * 1990-01-12 1992-11-17 Don Michael T Anthony Regional perfusion dissolution catheter
US5087247A (en) * 1990-08-28 1992-02-11 Cardiovascular Designs, Inc. Balloon perfusion catheter
US5167233A (en) * 1991-01-07 1992-12-01 Endosonics Corporation Dilating and imaging apparatus
US5188605A (en) * 1991-05-08 1993-02-23 Cordis Corporation Separable insertion tool

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006501967A (en) * 2002-10-09 2006-01-19 フォッサ メディカル, インク.Fossa Medical, Inc. Eccentric lumen stent
JP2012245389A (en) * 2006-06-20 2012-12-13 Aortx Inc Prosthetic valve implant site preparation technique

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP0754074A4 (en) 1998-05-06 application
CA2186870A1 (en) 1995-10-12 application
EP0754074A1 (en) 1997-01-22 application
WO1995026777A1 (en) 1995-10-12 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5203338A (en) Vascular catheter having low-profile distal end
US7881769B2 (en) Method and system for mounting an MPS sensor on a catheter
US5649908A (en) Dilatation catheter
US5411016A (en) Intravascular balloon catheter for use in combination with an angioscope
US5722979A (en) Pressure assisted ultrasonic balloon catheter and method of using same
US5846218A (en) Balloon catheters having ultrasonically driven interface surfaces and methods for their use
US6074362A (en) Catheter system having imaging, balloon angioplasty, and stent deployment capabilities, and methods of use for guided stent deployment
US6508824B1 (en) Catheter-based methods for enlarging blood vessels to facilitate the formation of penetration tracts, fistulas and/or blood flow channels
US6770058B1 (en) Treatment catheter insert
US6689156B1 (en) Stent range transducers and methods of use
US20070073376A1 (en) Steep-taper flared stents and apparatus and methods for delivering them
US20020026145A1 (en) Method and apparatus for emboli containment
US4917102A (en) Guidewire assembly with steerable adjustable tip
US20130066316A1 (en) Selectable eccentric remodeling and/or ablation
US20060116750A1 (en) Guidewire loaded stent for delivery through a catheter
US20090105687A1 (en) Scoring catheter with drug delivery membrane
US20030208222A1 (en) Method and apparatus for emboli containment
US20060259005A1 (en) Methods and systems for delivering substances into luminal walls
US5951480A (en) Ultrasound imaging guidewire with static central core and tip
US5505699A (en) Angioplasty device
US5875782A (en) Methods and devices for minimally invasive coronary artery revascularization on a beating heart without cardiopulmonary bypass
US20090270850A1 (en) Devices and methods for the ablation of tissue in the lateral direction
US5022399A (en) Venoscope
US20110009750A1 (en) Cardiovascular imaging system
US7413558B2 (en) Elastically distensible folding member