JPH10503893A - Method and apparatus for matching point communication - Multi point in a multi-tonal data transmission system - Google Patents

Method and apparatus for matching point communication - Multi point in a multi-tonal data transmission system

Info

Publication number
JPH10503893A
JPH10503893A JP50123596A JP50123596A JPH10503893A JP H10503893 A JPH10503893 A JP H10503893A JP 50123596 A JP50123596 A JP 50123596A JP 50123596 A JP50123596 A JP 50123596A JP H10503893 A JPH10503893 A JP H10503893A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP50123596A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
シオフィ・ジョン・エム.
ジャコブセン・クリスタ・エス.
ビンガム・ジョン
Original Assignee
アマティ・コミュニケーションズ・コーポレーション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US08/252,829 priority Critical patent/US5625651A/en
Priority to US08/252,829 priority
Priority to US08/377,023 priority
Priority to US08/377,023 priority patent/US5644573A/en
Priority to US08/396,132 priority patent/US5557612A/en
Priority to US08/396,132 priority
Application filed by アマティ・コミュニケーションズ・コーポレーション filed Critical アマティ・コミュニケーションズ・コーポレーション
Priority to PCT/US1995/007035 priority patent/WO1995034149A1/en
Publication of JPH10503893A publication Critical patent/JPH10503893A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/0001Systems modifying transmission characteristics according to link quality, e.g. power backoff
    • H04L1/0023Systems modifying transmission characteristics according to link quality, e.g. power backoff characterised by the signalling
    • H04L1/0025Transmission of mode-switching indication
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/20Arrangements for detecting or preventing errors in the information received using signal quality detector
    • H04L1/206Arrangements for detecting or preventing errors in the information received using signal quality detector for modulated signals
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L27/00Modulated-carrier systems
    • H04L27/26Systems using multi-frequency codes
    • H04L27/2601Multicarrier modulation systems
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L27/00Modulated-carrier systems
    • H04L27/26Systems using multi-frequency codes
    • H04L27/2601Multicarrier modulation systems
    • H04L27/2602Signal structure
    • H04L27/2608Allocation of payload
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L5/00Arrangements affording multiple use of the transmission path
    • H04L5/003Arrangements for allocating sub-channels of the transmission path
    • H04L5/0037Inter-user or inter-terminal allocation
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L5/00Arrangements affording multiple use of the transmission path
    • H04L5/003Arrangements for allocating sub-channels of the transmission path
    • H04L5/0048Allocation of pilot signals, i.e. of signals known to the receiver
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L5/00Arrangements affording multiple use of the transmission path
    • H04L5/003Arrangements for allocating sub-channels of the transmission path
    • H04L5/0058Allocation criteria
    • H04L5/0064Rate requirement of the data, e.g. scalable bandwidth, data priority
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L5/00Arrangements affording multiple use of the transmission path
    • H04L5/0091Signaling for the administration of the divided path
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L5/00Arrangements affording multiple use of the transmission path
    • H04L5/02Channels characterised by the type of signal
    • H04L5/023Multiplexing of multicarrier modulation signals
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L2001/0092Error control systems characterised by the topology of the transmission link
    • H04L2001/0093Point-to-multipoint
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L5/00Arrangements affording multiple use of the transmission path
    • H04L5/0001Arrangements for dividing the transmission path
    • H04L5/0003Two-dimensional division
    • H04L5/0005Time-frequency
    • H04L5/0007Time-frequency the frequencies being orthogonal, e.g. OFDM(A), DMT

Abstract

A variety of bi-directional data transmission systems that facilitate communications between a plurality of remote units ( 15 ) and a central unit ( 10 ) using a frame based discrete multi-carrier transmission scheme are disclosed. In each of the systems, frames transmitted from the plurality of remote units ( 15 ) are synchronized at the central unit ( 10 ). A variety of novel modem arrangements and methods for coordinating communications between a plurality of remote units ( 15 ) and a central unit ( 10 ) to facilitate multi-point-to-point transmission are disclosed. The invention has application in a wide variety of data transmission schemes including Asymmetric Digital Subscriber Line systems that include the transmission of signals over twisted pair, fiber and/or hybrid telephone lines, cable systems that includes the transmission of signals over a coaxial cable, and digital cellular television systems that include the transmission of radio signals.

Description

【発明の詳細な説明】 多重音調データ伝送システムにおける多ポイント−ポイント通信を 整合するための方法及び装置 発明の背景 本発明は、中央装置が複数の遠隔装置にサービスする離散多重音調通信システムに関する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION Multi-point in a multi-tonal data transmission system - BACKGROUND The present invention of a method and apparatus invention for matching point communication, on Discrete multi-tone communication system central unit to service a plurality of remote devices. さらに詳細には、遠隔装置からの上流方向通信を整合するための方法に関する。 More particularly, to a method for aligning the upstream communication from the remote device. 離散多重音調(DMT)データ伝送方式は、高速データ伝送を容易にする技術として既に開示されている。 Discrete multi tone (DMT) data transmission method has already been disclosed as a technique for facilitating high-speed data transmission. DMTアーキテクチャの利点は、高効率スペクトルを有し、また、種々の信号歪み及びノイズの問題を回避できるところにある。 The advantage of DMT architectures have high efficiency spectrum, also, there is to be avoided various signal distortion and noise problems. D MTアーキテクチャは、非常に高いデータ伝送能力を有しているので、DMTデータ伝送方式を選択するほとんどの応用例は、データ伝送システムの増加の要求に応じてサービスを拡張するために十分な空き領域を備えるであろう。 D MT architecture since they have very high data transmission capabilities, most applications to select the DMT data transmission scheme is enough room in order to extend the service in response to a request of an increase in the data transmission system It will comprise the area. しかして、離散多重音調技術は、種々のデータ伝送環境における応用例を有する。 Thus, the discrete multi-tone technique has application in a variety of data transmission environments. 例えば、ANSI(米国規格協会)のスタンダードグループによって認可されたグループである、遠隔通信情報解決のための連合(the Alliance For Telecommunicati ons Information Solutions)(ATIS)は、非対称ディジタル加入者回線( ADSL)を通じたディジタルデータ伝送のための離散多重音調に基づく規格を最終決定している。 For example, a group that has been authorized by the standard group of ANSI (American National Standards Institute), Association for remote communication information solve (the Alliance For Telecommunicati ons Information Solutions) (ATIS), through an asymmetric digital subscriber line (ADSL) We have finalized standard based on discrete multi-tone for digital data transmission have. 当初、規格は、通常の電話回線を通じた、画像データの伝送のために企図されたが、他の種々の応用例にも同様にして用いることができる。 Initially, standard through ordinary telephone lines, although contemplated for the transmission of image data, can be used similarly in other various applications. この北米規格は、ANSI T1.413 ADSL規格と呼ばれている。 The North American standard is referred to as the ANSI T1.413 ADSL standard. ADSL規格下においては、ペア電話回線を通じて6百万ビット/秒以上(すなわち、6+Mbit/s)の速度での情報の伝送を容易にする伝送速度が目的とされている。 Under ADSL standard, 6 million bits / second or more through pair phone lines (i.e., 6 + Mbit / s) transfer rate to facilitate the transmission of information at a rate of is intended. 規格化された離散多重音調(DMT)システムは、正方向(下流方向)に各々4.3125kHz幅の256の「音調」又は「サブチャネル」を用いる。 Standardized discrete multi tone (DMT) system uses a positive direction of each 4.3125kHz width (downstream direction) 256 of "tone" or "sub-channels". 電話システムにおいては、一般的に下流方向とは、中央オフィス(一般的には電話会社によって所有されている)からエンドユーザ(すなわち、住居あるいは企業ユーザ)である遠隔地への伝送であると考えられている。 In telephone systems, and generally downstream direction, (typically owned by the telephone company) central office thought to be transmitted from the end-user (i.e., residential or corporate users) remote is It is. 他のシステムにおいては、使用される音調数は広く変更され得る。 In other systems, the number of tone to be used may vary widely. しかしながら、IFFT 変調が行われる時には、利用可能なサブチャネル(音調)数の一般的な値は、例えば、128、256、512、1024あるいは2048サブチャネルといった、2の整数乗となる。 However, when the IFFT modulation is performed, the general value of the number of available sub-channels (tones), for example, the like 128, 256, 512, 1024 or 2048 sub-channels, 2 integer power. 非対称ディジタル加入者回線規格は、また16〜800kbit/sの範囲におけるデータ速度での逆信号の使用を意図するものである。 Asymmetric Digital Subscriber Line standard is also intended to use a reverse signal at a data rate in the range of 16~800kbit / s. 逆信号は、例えば、 遠隔地から中央オフィスに向かう上流方向への伝送に相当する。 Conversely signals, for example, corresponds to a transmission in the upstream direction from the remote location to the central office. したがって、非対称ディジタル加入者回線という用語は、データ伝送速度が逆方向よりも正方向の方がかなり高いという事実に基づくものである。 Thus, the term Asymmetric Digital Subscriber Line is based on the fact that the data transmission rate is considerably higher in the positive direction than the opposite direction. このことは特に、画像プログラミング、あるいはテレビ会議情報を電話回線を通じて遠隔地へ伝送しようとするシステムにおいて有用である。 This is particularly useful in the system to be transmitted to a remote place image programming, or a TV conference information via a telephone line. 例えば、このシステムの一つの使用可能性として、住居顧客が映画のような画像情報をビデオカセットをレンタルすることなく電話回線、あるいはケーブルを通じて入手することができるといったものがある。 For example, as one of the possible uses of the system, residential customers have things like can be obtained via a telephone line or cable, without renting video cassettes image information such as a movie. 他の使用可能性には、テレビ会議がある。 Other possible uses, there is a TV conference. 離散多重音調(DMT)伝送方式は、応用例における使用に関して電話回線を通じたデータ伝送を卓越する可能性を備えている。 Discrete multi tone (DMT) transmission scheme has the potential to dominant data transmission over a telephone line for use in applications. 事実、DMTは他の種々のディジタル加入者アクセスシステムにおいても同様に用いることができる。 In fact, DMT can be used also in other various digital subscriber access system. 例えば、ケーブル式加入者システム(一般的に同軸ケーブルを使用)、ディジタルセルラテレビのような無線加入者システムにおいても用いることができる。 For example, cable-type (typically use coaxial cable) subscriber systems, it can also be used in a wireless subscriber systems such as digital cellular television. ケーブルシステムにおいては、1つの中央装置(中央モデム)は、一般的に、一以上の顧客、すなわち、一以上の遠隔装置(遠隔モデム)に対してディジタル信号を分配するために用いられる。 In cable systems, one central unit (central modem) is typically one or more clients, that is, used to distribute digital signals to one or more remote devices (remote modem). 全ての遠隔モデムが同一のディジタル信号を確実に受信することができる間、上流方向伝送は、上流方向信号ソースに関する中央モデムにおける混乱を避けるために整合されなければならない。 While it is possible that all remote modem to reliably receive the same digital signal, upstream transmission, must be matched in order to avoid confusion at the central modem relates upstream signal source. 幾つかの現存するケーブルシステム(これらは離散多重音調伝送方式を使用していない)では、各遠隔装置に対して、中央ステーションと通信するための専用周波数帯域が与えられる。 In some existing cable system (which are not using a discrete multi-tone transmission scheme), for each remote unit is given a dedicated frequency band for communicating with the central station. しかしながら、このような解決法では、本質的に伝送帯域幅を効率的に使用することができず、また、一般的に、複数の遠隔装置からの伝送を分離するためにアナログフィルタを使用しなければならない。 However, such a solution can not be used efficiently essentially transmission bandwidth, also generally necessary to use an analog filter to separate the transmissions from the plurality of remote units shall. 他の現存するケーブルシステムは、全遠隔装置に対して単一広帯域を用い、上流方向チャネルにアクセスするために時分割多重アクセス(TDMA)を使用している。 Other existing cable systems use a single wide-band for all remote unit uses a time division multiple access (TDMA) in order to access the upstream channel. この解決方法は、単一チャネルの全容量の低下をもたらし、また、アクセス処理に時間を要するので非効率的である。 This solution results in a decrease in the total capacity of a single channel, also inefficient because it takes time to access process. 定置ディジタルセルラ伝送システムは、似たような障壁に直面している。 Stationary digital cellular transmission systems face a barrier something similar. 時分割及び、周波数分割の双方に基づくチャネルへのアクセスの能力は、より効率的に伝送チャネルを利用することができるであろう。 Time division and the ability of the access to the channel based on both frequency division will be able to use the transmission channel more efficiently. しかしながら、全ディジタル多重化が適切に機能するためには、異なるソースからの伝送が同期されなければならないので、DMT固有の多重化特性は、予めその応用例を2地点間伝送に制限していた。 However, because all the digital multiplexes to function properly, because transmissions from different sources must be synchronized, DMT inherent multiplexing properties, have limited advance its application to the transmission between two points . ADSLの応用例は、その本質において一般的により制限されているにも拘わらず、類似する問題に対する潜在的能力を有している。 Applications of ADSL, despite being limited by a general in its nature, has a potential ability to the problems similar. より詳細には、単一回線は、特定の課金アドレス(一般的に家庭、又は事務所となろう)における複数のドロップポイントにサービスすることができる。 More specifically, a single line can service multiple drop points at a particular billing address (will become generally home or office). すなわち、ユーザが信号の受信を望むことができる幾つかの電話「ジャック」が存在するであろう。 That is, the user might have several telephone "jack" exist that can wishes to receive the signal. 単一回線を通じた複数位置(ジャック)へのサービスを容易にするため、同期を容易にする主モデムの使用が提唱されてきた。 To facilitate service to multiple locations through a single line (jack), the use of primary modem to facilitate synchronization have been proposed. しかしながら、これは相対的に高価であり、 また期待できない解決策であると考えられている。 However, this is relatively expensive, also believed to be not expected solution. それゆえ、中央装置が遠隔装置から送信された信号を整合し、また、確実に解釈することができように、離散多重音調データ伝送システムにおいて複数の遠隔装置からの信号の同期化を容易にする機構を備えることが望まれる。 Therefore, to match the signal the central unit is transmitted from a remote device, and as can be reliably interpreted, to facilitate synchronization of the signals from a plurality of remote devices in the discrete multi-tone data transmission system it is desirable that a mechanism. 遠隔装置から中央装置への通信に関して現在利用されている伝送システムの他の特徴は、両者が指定された最大速度でデータを伝送する(周波数分割式多重化)こと、又は、特定の大きさのパケットでデータを伝送する(時間式多重化)ことにある。 Other features of the transmission system that are currently used for communication to the central unit from a remote device, both to transmit data at a maximum rate specified (frequency division type multiplexing) that, or, for particular size It lies in transmission (time expression multiplexed) data packets. それらは、両方を実行することを認めていない。 They are not permitted to run both. このことは、伝送チャネルの使用効率化を制限する。 This limits the use efficiency of the transmission channel. したがって、必要なときには、遠隔装置が特定のデータ速度での伝送要求を指定することが可能であり、データ速度に関心のない場合には、遠隔装置が指定する情報量の伝送要求を示すことのできる機構を備えることが望まれている。 Therefore, when necessary, it is possible to remote device to specify the transmission requirements of a particular data rate, if not interested in the data rate, that indicating the transmission request for the amount of information the remote device to specify it is desirable with a possible mechanism. 発明の概要 前記した目的を達成するため、また、本発明の目的に従って、フレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用することにより複数の遠隔装置と中央装置との間における通信を容易にする多くの双方向データ伝送システムが開示されている。 To achieve the summary above objects of the invention, also, a number of both to facilitate communication between the in accordance with the purpose, a plurality of remote units and the central unit by using a frame-type discrete multi-carrier transmission system of the present invention direction data transmission system is disclosed. 各システムでは、複数の遠隔装置から伝送されたフレームは、中央装置にて同期化される。 In each system, the frame transmitted from a plurality of remote devices, is synchronized by the central unit. 多ポイント−ポイント伝送を容易にするために複数の遠隔装置と中央装置との間の通信を整合するための種々の新規なモデムの構成及び方法が開示されている。 Multi Point - various configurations and methods of the new modem for matching communication between the plurality of remote units and the central unit in order to facilitate point transmission is disclosed. 本発明は、撚り線対、ファイバ及び/又は複合電話回線を含む非対称ディジタル加入者回線システム、同軸ケーブルを通じた信号伝送を含むケーブルシステム、及び無線信号伝送を含むディジタルセルラテレビシステムのような広範なデータ伝送方式に応用例がある。 The present invention, twisted pair, fiber and / or composite telephone Asymmetric Digital Subscriber Line system that includes a line, cable system comprising the signal transmission through a coaxial cable, and broad such as a digital cellular television system that includes a radio signal transmission there are applications in the data transmission method. 一つの実施形態によれば、離散多重音調システムはオーバヘッドバスを含む多重の離散サブチャネルを有している。 According to one embodiment, the discrete multi-tone system has multiple discrete subchannels including overhead bus. 方法の態様においては、選択された遠隔装置が通信の開始を要求するとき、それ自身のクロックを中央装置のクロックにループして合わせ、遠隔開始同期化信号を専用オーバヘッドサブチャネル、又はオーバヘッドバスにおけるオーバヘッドサブチャネルセットを通じて中央装置に伝送する。 In embodiments of the method, when the selected remote device requests the start of communication, combined with its own clock and loop clock of the central unit, dedicated overhead subchannels remote start synchronization signals, or in the overhead bus transmitted to the central unit via the overhead subchannel set. 中央装置は、選択された第1の遠隔装置と、中央装置と現在通信中の他の遠隔装置とをより良好に同期化させるために要求されるフレーム境界位相偏移を示す情報を含む中央開始同期化信号で応答する。 Central unit a central initiation comprising a first remote device selected, information indicating a frame boundary phase shift required in order to better synchronize the other remote units of the central unit and the currently communicating It responds with the synchronization signal. 遠隔装置は、出力するフレームの位相を、中央開始同期化信号によって指示されたように偏移させることによって応答する。 Remote unit, the phase of the frame to be output, responds by shift as indicated by a central start synchronization signal. 同期化は、インタラクティブに、または、単一のステップのいずれかとして実行されるであろう。 Synchronization, interactively, or would be performed as either a single step. これは、選択された遠隔装置によって出力されるフレームのフレーム境界を、中央装置と現在通信中の他の遠隔装置によって出力されるフレームのフレーム境界と同期化する。 This frame boundaries of frames output by the selected remote device, frame boundaries and synchronization of frames output by the central unit and the other remote device currently in communication. この同期化は、中央装置において受信される際に、個々の遠隔装置からのフレーム境界がほぼ一致するように生起される。 This synchronization when it is received at the central unit, the frame boundary from the individual remote device is caused to coincide substantially. この発明の一つの実施形態において、オーバヘッドバスは2つの専用オーバヘッドサブチャネルを有し、遠隔開始同期化信号と中央開始同期化信号は異なるオーバヘッドサブチャネルを通じて伝送される。 In one embodiment of the present invention, the overhead bus includes two dedicated overhead subchannels, remote start synchronization signal and the central initiated synchronization signal are transmitted through different overhead subchannels. 他の実施形態においては、一又は複数の専用オーバヘッドサブチャネルが用いられるであろう。 In other embodiments, would one or more dedicated overhead subchannels are used. 幾つかの実施形態では、中央装置へのデータ伝送のために選択された遠隔装置が利用可能なサブチャネル数が動的に割り当てられる。 In some embodiments, the remote device number of subchannels available selected for data transmission to the central unit are dynamically allocated. そのようなシステムを実行するために好適な特定の中央及び遠隔モデムの構想もまた開示されている。 Is also disclosed envisioned preferred specific central and remote modem to perform such a system. 発明の他の側面においては、上流方向通信ストリーム中に同期化非通信時間( 同期化静時間)が定期的に供給される。 In another aspect of the invention, in the upstream communication stream synchronization non-communication time (synchronized static time) it is periodically supplied. 同期化非通信時間は、新規遠隔装置の初期化、伝送チャネルの品質検査、及びデータ伝送要求の処理といった種々のオーバヘッド型機能の取り扱いに用いられる。 Doki of non-communicating period, the initialization of the new remote device, used in the handling of various overhead type functions such as processing of inspection, and data transmission request of the transmission channel. 一つの実施形態では、初期化中の遠隔装置から中央装置へ伝送されるフレームを、他の遠隔装置から中央装置に伝送されるフレームに同期化する方法が記載されている。 In one embodiment, the frame transmitted from a remote device during initialization to the central unit, describes a method for synchronizing a frame to be transmitted to the central unit from another remote device. この発明の実施の形態では、同期化非通信時間が上流方向通信のために備えられた複数の離散サブチャネル上に定期的に供給される。 In this embodiment of the invention, the synchronization non-communication time is regularly provided on a plurality of discrete sub-channels provided for upstream communications. 遠隔装置が初期化されているとき、同期化非通信時間の間、遠隔装置は広帯域初期化信号を中央装置に伝送する。 When the remote unit is initialized during the synchronization non-communication time, the remote unit transmits a wideband initialization signal to the central unit. この広帯域初期化信号は、異なる複数のサブチャネルを通じて伝送される複数の初期化信号を含んでいる。 The wideband initialization signal includes a plurality of initialization signals transmitted over different sub-channels. 一つの好適な実施形態によれば、遠隔装置は、初期化を要求するときに下流通信を監視し、広帯域初期化信号のフレーム境界を、遠隔装置によって受信された下流方向信号を通じて搬送されたフレームタイミングマーカに実質的に同期化させる。 According to one preferred embodiment, the frame remote unit monitors the downstream communication when requesting the initialization, the frame boundaries of the wideband initialization signal, which is conveyed through the downstream signal received by the remote unit substantially synchronizing the timing marker. 中央装置はこの広帯域初期化信号を受け取り、同期化信号を第1遠隔装置に送り返す。 The central unit receives the wideband initialization signal, sends back a synchronization signal to the first remote device. この同期化信号は、遠隔装置によって送られる信号のフレーム境界を、中央装置と通信中の他の遠隔装置によって送られる信号のフレーム境界により良く同期化させるために要求されるフレーム境界位相偏移を示す情報を含んでいる。 The synchronization signal is a frame boundary of the signal sent by the remote device, a frame boundary phase shift required to synchronize better frame boundaries of signals sent by other remote units in communication with the central unit it includes information indicating. そして、遠隔装置は、同期化を容易にするために、自身が出力するフレームの位相を偏移させる。 The remote unit, in order to facilitate synchronization, to shift the phase of the frame to which it outputs. この実施形態において用いられる同期化非通信時間は、中央装置から最も離れた遠隔装置へ非通信期間マーカが伝送され、最も離れた遠隔装置から中央装置に初期化信号が返送されることが、全て同期化非通信時間内に行われるように十分な長さの期間を有している。 Synchronization non-communication time used in this embodiment is farthest non-communication period marker transmitted to the remote device from the central unit, that the initialization signal to the central unit from a remote device is returned farthest, all It has a duration of sufficient length to occur in the synchronization non-communication time. 他の実施形態では、遠隔装置から中央装置へのサブ搬送波伝送品質の動的な検査方法が記載されている。 In other embodiments, the dynamic test method of sub-carrier transmission quality from the remote device to the central unit is described. これは、中央装置による遠隔装置に対する帯域幅の割り当てを容易にする。 This facilitates the allocation of bandwidth to the remote device by the central unit. この実施形態では、選択された同期化非通信時間中において、上流方向通信の容易化のために備えられた多数のサブチャネルを通じて一の遠隔装置から調整信号が伝送される。 In this embodiment, during a selected synchronized non-communication time, the adjustment signal from a remote device via a plurality of subchannels provided for facilitating upstream direction communication is transmitted. 調整信号は中央装置によって監視され、中央装置は、選択された遠隔装置から信号を伝送するための個々のサブチャネルのビット容量を示すチャネル特性を決定する。 Adjustment signal is monitored by the central unit, the central unit determines the channel characteristics indicating a bit capacity of each subchannel for transmitting signals from the selected remote device. 中央装置は、選択された遠隔装置が上流方向通信を行うためにに、どのサブチャネルを割り当てるかを決定する際にチャネル特性を使用することができる。 The central unit can be selected remote device in order to perform the upstream communication, using the channel characteristics in determining assign which sub-channel. 一の好適な実施形態では、伝送及び監視のステップは、複数の異なる遠隔装置についてチャネル特性を決定するために、複数の異なる遠隔装置に対して繰り返し行われ得る。 In one preferred embodiment, the step of transmission and monitoring, in order to determine the channel characteristics for a plurality of different remote devices, may be performed repeatedly for a plurality of different remote devices. 異なる遠隔装置は、異なる非通信時間の間にそれぞれの調整信号を伝送するように構成されていることが好ましい。 Different remote device is preferably configured to transmit the respective adjustment signals during different non-communication time. 各遠隔装置に対するチャネル特性は、各遠隔装置から中央装置へのチャネル容量を示す情報を含むチャネル特性のマトリクス内にストアされ得る。 Channel characteristics for each remote device may be stored in a matrix of channel characteristics including information indicating the channel capacity from the remote unit to the central unit. このチャネル特性情報は、個々の遠隔装置に対する帯域幅の動的な割り当てを容易にするために用いられ得る。 The channel feature information may be used to facilitate dynamic allocation of bandwidth for each remote unit. 他の好適な実施形態では、遠隔装置は中央装置からの再調整信号の受信に応じて単に個々の調整信号を伝送するだけである。 In another preferred embodiment, the remote device may merely transmit the individual adjustment signal in response to reception of the re-adjustment signal from the central unit. このことは、システム上の制御を容易にする。 This facilitates the control of the system. 本発明の他の実施形態では、遠隔装置の伝送要求を中央装置に通知する方法が記載されている。 In another embodiment of the present invention, a method of notifying a transmission request for the remote device to the central unit is described. この実施形態では、非通信時間間隔以外の時間に、通信の初期化、又は変更を望む遠隔装置がデータ要求信号を中央装置に伝送する。 In this embodiment, the time other than the non-communication time interval, the initialization of the communication, or a remote device desires change transmits a data request signal to the central unit. そして、 中央装置は、遠隔装置に対して認証信号を送信して特定の非通信時間を割り当てる。 The central unit transmits the authentication signal assign a specific non-communication time for the remote device. そして、遠隔装置は、割り当てられた非通信時間の間に、複数の離散サブチャネルを通じてデータ要求情報を伝送する。 The remote unit, between the non-communication time assigned to transmit data request information through a plurality of discrete sub-channels. 中央装置は、遠隔装置の要求を知ると、データ要求情報に応じて一以上のサブチャネルを遠隔装置に割り当てる。 Central unit knows the request for the remote device, allocating one or more sub-channels to the remote device in response to the data request information. 一の好適な実施の形態では、データ要求信号は、特定のデータ速度での伝送要求、あるいは、特定の情報量の伝送要求のいずれをも示すことができる。 In one preferred embodiment, the data request signal, the transmission request for a particular data rate, or may indicate any of the specific information of the transmission request. 前者の場合、中央装置は、データ要求情報中において特定されている要求データ速度での伝送を容易にするために十分なサブチャネルを遠隔装置に割り当てる。 In the former case, the central unit allocates sufficient sub-channels to facilitate the transmission of the request data rate that is specified in the data request information to a remote device. 後者の場合、中央装置は、データ要求情報中において特定されている情報量を伝送するために十分な時間の間、一以上のサブチャネルを割り当てる。 In the latter case, the central unit, a time sufficient for transmitting the amount of information that is specified in the data request information, allocates one or more subchannels. 他の好適な実施の形態では、遠隔装置は、データ要求情報が定義され、伝送された後に、被定義データパケット要求信号を伝送することができる。 In another preferred embodiment, the remote device, the data request information is defined, after being transmitted, it is possible to transmit the definition data packet request signal. これに続き、中央装置は、被定義データパケット要求信号に直接対応して、直ちに選択された第1遠隔装置に一以上のサブチャネルを割り当てる。 Following this, the central unit is to directly correspond to the definition data packet request signal, allocating one or more sub-channels to a first remote device that is immediately selected. 他の好適な実施の形態では、遠隔装置は、データ要求信号の伝送の前に下流方向通信ストリームに供給された情報を監視し、使用中でないと報告されたサブチャネルを通じてのみデータ要求信号を伝送する。 In another preferred embodiment, the remote device monitors the information supplied to the downstream communication stream prior to transmission of the data request signal, transmits a data request signal only through the sub-channel reported as not in use to. さらに他の好適な実施形態では、データ要求信号の第1の値はデータ速度を示し、データ要求信号の第2の値はデータパケット要求を示し、データ要求信号の第3の値は被定義データパケット要求を示している。 In yet another preferred embodiment, the first value of the data request signal indicates the data rate, the second value of the data request signal indicates a data packet request, the third value is the definition data of the data request signal It shows the packet request. このような取り決めにより、データ要求信号を2ビット信号程度に小さくすることができる。 Such arrangements can reduce the data request signal to about two-bit signal. さらに他の実施の形態では、離散多重音調信号の各フレームは、多重のシンボルを含み、また各遠隔装置には対応シンボルが割り当てられて、その間にデータ要求シンボルを伝送することができる。 In yet another embodiment, each frame of the discrete multi-tone signal comprises a multiple of a symbol, also to each remote unit is assigned a corresponding symbol may transmit a data request symbols therebetween. この実施の形態では、中央装置は、データ要求信号が受信された期間におけるシンボルの少なくとも一部に基づいて、データ要求信号を伝送している特定の遠隔装置を識別する。 In this embodiment, the central unit identifies, based on at least a portion of a symbol in the period in which the data request signal is received, a particular remote device is transmitting the data request signal. 種々の実施の形態が単独で、あるいは組み合わされても用いられ得ることは理解されるべきである。 It is to be understood that various embodiments are alone or in combination may also be used. 種々記載された非通信時間は、同一長さである必要はなく、また、一般的に、第三の実施の形態とともに記載された非通信時間は、他の2 つよりもより頻繁であろう。 Non communication time which is variously described, need not be identical in length, also generally non-communication time which is described in conjunction with the third embodiment, other than two will be more frequent . さらに他の実施形態では、高速アクセス伝送モードが提供される。 In yet another embodiment, the fast access transmission mode is provided. この実施の形態では、通信アクセス要求は、要求している遠隔装置から中央装置へ伝送される一義的遠隔装置識別子を有している。 In this embodiment, the communication access request includes a unique remote device identifier transmitted from the remote device to the central device requesting. この要求は、中央装置においてデコードのために等価を必要としない変調方式を使用して、一以上の不使用サブチャネルを通じて伝送される。 The request uses a modulation scheme that does not require the equivalent for decoding at the central unit and transmitted through one or more unused sub-channels. そして、中央装置は、適当なサブチャネルを要求中の遠隔装置に割り当てる。 The central unit, assigned to the remote device requesting the appropriate sub-channel. 発明の他の側面として、これらの種々の方法を実現可能な離散多ポイント送信装置、及び受信装置が記載されている。 Another aspect of the invention, these various methods capable of realizing the discrete multi-point transmission device, and the receiving apparatus are described. 種々の実施形態が単独で、あるいは組み合わされても用いられ得ることは理解されるべきである。 It should be understood that various embodiments alone or in combination may also be used. 記載されたシステムは、下流方向信号もまた離散多重搬送波であるか否かに関わらず使用され得るであろう。 The described system, downstream signal will also be used regardless of whether a discrete multi-carrier. 幾つかの好適な実施形態では、双方向データ伝送システムは、同軸ケーブルを通じた信号伝送を含むケーブルシステムであるが、他のシステムも同様に考えられる。 In some preferred embodiments, the interactive data transmission system is a cable system that includes a signal transmission through the coaxial cable, also conceivable other systems as well. 図面の簡単な説明 本発明は、以下の記載を図面とともに参照することにより、さらに目的及び利点とともに最も良く理解され得る。 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS The present invention, by referring in conjunction with the drawings to the following description may be further best understood with objects and advantages. 図1は複数の遠隔装置にサービスするヘッドエンド中央装置を含む通信システムのブロック図である。 Figure 1 is a block diagram of a communication system including a headend central unit serving a plurality of remote devices. 図2は一対の専用オーバヘッドサブチャネルを含むDMTシステムにおいて使用される、多数の被範囲設定サブチャネルの使用法を示す周波数特性図である。 Figure 2 is used in a DMT system, including a pair of dedicated overhead subchannels, is a frequency characteristic diagram showing the use of multiple target range setting subchannels. 図3は本発明における同期化の実行に好適な中央オフィスモデムアーキテクチャのブロック図である。 Figure 3 is a block diagram of a preferred central office modem architecture to perform the synchronization in the present invention. 図4は本発明における同期化の実行に好適な遠隔装置モデムアーキテクチャのブロック図である。 Figure 4 is a block diagram of a preferred remote unit modem architecture to perform the synchronization in the present invention. 図5は同期化及び上流方向シンボル調整の実現に好適な遠隔装置同期化構成を示すブロック図である。 Figure 5 is a block diagram showing a preferred remote device synchronization configuration to realize the synchronization and upstream symbol adjustment. 図6は位相誤差対周波数のグラフである。 6 is a graph of phase error versus frequency. 傾きはタイミング誤差に比例し、また、y切片は搬送波の位相誤差に比例する。 Slope proportional to the timing error, also, y intercept is proportional to the phase error of the carrier. 図7は本発明の一発明の実施の形態におけるDMTデータ伝送システムのタイミングチャートである。 Figure 7 is a timing chart of the DMT data transmission system of an aspect of one aspect of the present invention. 図8は本発明の一つの側面における遠隔装置初期化方法のフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart of a remote device initialization method in one aspect of the present invention. 図9は本発明の第2の側面における遠隔装置再調整方法のフローチャートである。 Figure 9 is a flowchart of a remote device reconditioning method in the second aspect of the present invention. 図10は中央装置との通信の確立を要求している遠隔装置によって採られるステップを示すフローチャートである。 Figure 10 is a flow chart illustrating the steps taken by the remote device requesting the establishment of communication with the central unit. 図11(a)はデータパケット要求を実行中の遠隔装置に対する、帯域幅の割り当て方法のフローチャートである。 11 (a) is to the remote device running a data packet request is a flowchart of a method of allocating bandwidth. 図11(b)は被定義データパケット要求を実行中の遠隔装置に対する、帯域幅の割り当て方法のフローチャートである。 FIG. 11 (b) to the remote device running the definition data packet request is a flowchart of a method of allocating bandwidth. 図11(c)はデータ速度要求を実行中の遠隔装置に対する、帯域幅の割り当て方法のフローチャートである。 FIG. 11 (c) to the remote device running data rate requirement, a flow chart of a method of allocating bandwidth. 図12は時分割多重アクセスに基づくデータ伝送方式におけるフレーム伝送シーケンスを示すグラフである。 Figure 12 is a graph showing a frame transmission sequence in the data transmission system based on time division multiple access. 発明の実施の形態 離散多重音調(DMT)データ伝送方式は、高速データ伝送を容易にする技術として既に示されている。 Forms a discrete multi tone (DMT) data transmission method embodiment of the invention, it has already been shown as a technique to facilitate high-speed data transmission. DMTアーキテクチャの利点は、高スペクトル効率を有し、また、種々の信号歪み及びノイズの問題を適応的に回避し得るところにある。 The advantage of DMT architectures have a high spectral efficiency, and there where that can adaptively avoid various signal distortion and noise problems. DMTアーキテクチャは、非常に高いデータ伝送能力を有しているので、D MTデータ伝送方式を選択するほとんどの応用例では、データ伝送システムの増加の要求に応じてサービスを拡張するために十分な余裕を有するであろう。 DMT architecture since they have very high data transmission capabilities, in most applications to select the D MT data transmission method, a sufficient margin to extend the service in response to a request of an increase in the data transmission system It will have. 離散多重音調技術は、種々のデータ伝送環境における応用例を有している。 Discrete multi-tone techniques have applications in a variety of data transmission environments. 例えば、 ANSI非対称ディジタル加入者回線北(ADSL)米規格は、離散多重音調データ伝送方式を企図している。 For example, ANSI Asymmetric Digital Subscriber Line North (ADSL) US standard contemplates discrete multi tone data transmission method. ATIS ADSL北米規格離散多重音調データ伝送方式に関するプロトコルの詳細は、先に述べたATIS寄稿中に詳細に記載されている。 Protocol details regarding ATIS ADSL North American standard discrete multi-tone data transmission method, are described in detail in contributions ATIS previously described. 規格化された離散多重音調(DMT)システムは、正方向(下流方向)に各4.3125kHz 幅の256個の「音調」を用いる。 Standardized discrete multi tone (DMT) system uses a "tone" 256 of each 4.3125kHz width in the positive direction (downstream direction). 音調の周波数幅は、0から1.104MHz である。 Frequency width of tone is a 1.104MHz from 0. 低周波数側の32音調は、上流方向への2重データ伝送に対しても使用され得る。 32 tone on the low frequency side can also be used for double data transmission to the upstream direction. 10倍程度も伝送帯域幅を増加させることを企図するこのシステムの改良は、本発明によって他の応用例中に提案されている。 10 times also contemplates increasing the transmission bandwidth improvement of this system have been proposed in other applications by the present invention. 他のシステムにおいては、使用されるサブチャネル数、及び/又はサブチャネル帯域幅は、広く変更され得る。 In other systems, the number of sub-channels used, and / or sub-channel bandwidth may be changed extensively. しかしながら、IFFT変調が行われるときには、一般的に得られるサブチャネル数の値は、例えば、128、256、512、1024あるいは20 48サブチャネルといった、2の整数乗である。 However, when the IFFT modulation is performed it is generally a value of the number of sub-channels obtained, for example, such as 128, 256, 512, 1024 or 20 48 subchannels is integral power of two. この出願の背景技術の欄で述べたように、離散多重音調伝送システムの一つの制限は、単一回線によって複数のドロップポイントがサービスされるためには、 上流方向信号は、中央装置に着信するとき同期化されていなければならないところにある。 As mentioned in the background section of this application, one of the limitations of discrete multi-tone transmission system, since a plurality of drop points by a single line is service, upstream signals are arriving in the central unit there is the place that must be synchronized time. ケーブルシステムや無線セルラテレビ配信のようなシステムは、一般的に異なる加入者によって操作される比較的多くの独立遠隔装置に対してサービスするために単一回線(媒体)を使用しているので、この同期化の問題は、これらのシステムでの応用例における離散多重音調伝送方式の魅力を制限してきた。 System, such as a cable system or a wireless cellular television distribution, since in order to service relatively many independent remote device operated by the generally different subscribers are using a single line (medium), this synchronization problem has limited the appeal of discrete multi-tone transmission scheme in applications of these systems. 先ず最初に図1を参照して、一般的な多ユーザ加入者ネットワークのための伝送方式の概要について説明する。 First with reference to FIG. 1, an outline of the transmission method for general multiuser subscriber network will be described. 中央ユニット10(中央モデムを含んでいる) は、複数の供給線18に分割されている共通伝送回線17を通じて複数の遠隔装置と通信する。 Central unit 10 (which includes a central modem) communicates with a plurality of remote devices via a common transmission line 17 is divided into a plurality of supply lines 18. 各供給線18は、信号を受信する遠隔モデム15とデータを使用する遠隔装置22とを通常含む、対応する遠隔装置にサービスする。 Each supply line 18 typically includes a remote device 22 that uses the remote modem 15 and the data receiving signals, to service the corresponding remote device. サービスプロバイダ19は、通常は、遠隔装置15への伝送のためにデータを中央装置に供給するように、また、中央モデムによって受信された遠隔装置からのデータを処理するように構成されてる。 Service provider 19, typically, to supply to the central unit the data for transmission to the remote device 15, also configured to process data from a remote device that is received by the central modem. サービスプロバイダ19は、様々な好適な型を採り得る。 Service provider 19 may take a variety of suitable types. 例えば、サービスプロバイダは、ネットワークサーバの型を採ることができる。 For example, the service provider can take the type of network server. ネットワークサーバは、専用コンピュータ、若しくは分散システムの型を採ることができる。 The network server can take the type of dedicated computer or a distributed system. 種々の伝送媒体が、伝送回線として用いられ得る。 Various transmission media can be used as transmission lines. 例えば、 撚り線対電話回線、同軸ケーブル、ファイバ回線、及び2以上の異なる媒体を混合した複合のいずれであっても適切に機能する。 For example, twisted-pair telephone lines, coaxial cable, fiber line, and be either a composite obtained by mixing two or more different media to function properly. この解決方法は、無線システムにおいても適切に機能する。 This solution, to function properly even in a wireless system. 当業者によって認識されるように、ここで意図されている離散多重音調データ伝送システムの一つの要件は、2以上の装置(一般的には、2つの遠隔装置)が独立して情報を第3の装置(すなわち中央装置10)に伝送しようとする場合には、複数の遠隔装置からの信号は同期化されていなければならず、さもなければ、少なくとも幾つかの信号は中央装置10にとって解読不可能となろう。 As will be recognized by those skilled in the art, wherein one of the requirements of the discrete multi-tone data transmission system which is intended, the (generally, two remote devices) two or more devices to independently Information third when to be transmitted to the device (or central unit 10), signals from a plurality of remote devices must have been synchronized, otherwise, at least some of the signal decoder taking the central apparatus 10 not It would be possible. このようなシステムにおける離散多重音調伝送の使用に伴う問題は、通常は供給線18 の長さが遠隔装置毎に変わることである。 Problem with the use of a discrete multi-tone transmission in such systems, but is generally the length of the supply line 18 is changed for each remote device. したがって、遠隔装置が中央装置10 のクロックと同期化したとしても、中央装置10への応答通信は、対応供給線長に少なくとも部分的に依存する量だけ位相偏移させられるであろう。 Therefore, even if the remote device has a clock synchronized with the central unit 10, response communication to the central unit 10 it will be allowed to only the phase shift amount that depends at least in part on the corresponding supply line length. 実際問題として、このような位相偏移は、遠隔的に開始された通信を中央装置にとって理解不能なものとするであろう。 In practice, such a phase shift will assume a communication initiated remotely unintelligible to the central unit. 代表的なDMT伝送帯域が図2に図示されている。 Typical DMT transmission band is shown in Figure 2. 図から見て取れるように、 この伝送帯域は、独立の複数の搬送信号(サブ搬送波27として記載)が伝送され得る多数のサブチャネル23を有している。 As can be seen from the figure, the transmission band, a plurality of carrier signals of an independent (described as sub-carrier 27) has a plurality of sub-channel 23 that can be transmitted. DMT伝送は、本質的に伝送媒体を、各々が独立してデータを搬送する多数のサブチャネル23に区画する。 DMT transmission, essentially the transmission medium, partitions each independently a number of sub-channels 23 that carry data. 各サブチャネル23上におけるデータは、異なる信号に対応することが可能であり、 また、単1、又は少数の広帯域幅伝送を示す、より高速のデータ速度に集約され得る。 Data on each subchannel 23, may correspond to a different signal, also a single 1 or a few of the wide bandwidth transmission can be aggregated into higher data rates. これらサブチャネル23はDMTにおけるディジタル信号処理とともに完全に実現可能であり、このディジタル信号処理は、アナログ分離フィルタを必要とせず、スペクトル効率を最大にする。 These sub-channels 23 is fully implemented with digital signal processing in DMT, the digital signal processing does not require analog isolation filter, to maximize spectral efficiency. 使用されるサブチャネルの数は、特定のシステムの要求に従って広く変更され得る。 The number of sub-channels used may be varied widely according to the requirements of a particular system. しかしながら、変調が逆高速フーリエ変換(IFFT)を使用して実行されるときには、一般的に得られるサブチャネル23の数の値は、2の整数乗、例えば128、256、512、1024、 及び2048といったサブチャネル数となる。 However, when the modulation is performed using an inverse fast Fourier transform (IFFT), the number of values ​​typically obtained subchannels 23, integer power of 2, for example 128, 256, 512, 1024, and 2048 such as the number of sub-channels. 例えば、ケーブル式加入者システムにおける使用のために適用される一つの発明の実施の形態では、1024個の副搬送波27が、1個の32kHzのサブチャネル23に閉じこめられた各搬送波とともに使用され得る。 For example, in the embodiment of one invention as applied for use in cabled subscriber system, the 1024 subcarriers 27 may be used with each carrier confined to the sub-channel 23 of a single 32kHz . これは、遠隔装置が中央装置10と通信することのできる約32MHzの周波数帯域幅を提供する。 This provides a frequency bandwidth of about 32MHz that can be remote device to communicate with the central unit 10. 特定システムにおいて使用され得る遠隔装置の数は、特定のシステムの要求に従って大きく変化するであろう。 The number of remote devices that may be used in a particular system will vary greatly according to the requirements of a particular system. 例えば、ケーブル式加入者システムの一つの発明の実施の形態では、500個までの遠隔装置に対して1つ中央装置との通信を許容することが望ましいであろう。 For example, in the embodiment of one invention of the cabled subscriber system, it would be desirable to permit communication with one central unit to the remote device to 500. そのような数多くの遠隔装置を意図するシステムでは、遠隔装置をグループに振分けることが望ましい。 In a system intended for such a large number of remote devices, it is desirable to distribute the remote unit to a group. 当然のことながら、 各グループは同数の装置を含むことを必要としない。 Of course, each group does not need to include the same number of devices.例として、500個までの遠隔装置を許容するシステムは、90個までの遠隔装置を許容する8のグループに遠隔装置を分割することができ、各遠隔装置グループには指定周波数帯域が割り当てられる。例えば、周波数スペクトルは、複数の均等な大きさの指定周波数帯域に分割され得る。記載された特定の発明の実施の形態では、32MHzの8 分の1、すなわち約4MHzが各グループに割り当てられるであろう。したがって、各グループは、約4MHzを有し、従って、中央装置10への伝送に使用するための128個のサブチャネル23を有することとなるであろう。グループ分けにより、中央装置10は、遠隔装置が回線にログオン及びログオフするのに応じて、管理可能な方法で遠隔装置の跡を追いかけることができる。グループ分けには、数多くの方法が使用され得る。例として、第1グループは、連続したサブチャネル0−127から構成され、第2グループはサブチャネル128−255で構成される、といった具合である。この代わりに、各グループに対するサブチャネル23の割り当ては、スペクトルを通じたインタリーブによっても実行され得る。例えば、第1グループにはサブチャネル0,8,16,2 4,32. . .が、第2グループにはサブチャネル1,9,17,25,33. . .が、第3グループには2,10,18,26,34. . .がそれぞれ割り当てられるといった具合である。インタリーブによるサブチャネル23のグループへの割り当ては、周波数スペクトルの一つの特定領域に存在するノイズが、単一のグループにおける伝送の重要部分を破壊する確率を低減するのに役に立つ。そのかわりに、スプリアスなノイズは各グループに関するスペクトルの一部にだけ影響を及ぼすであろう。当業者によって認識され得るように、上流方向チャネルの周波数帯域幅、サブチャネル23の大きさ、及びグループ分けは、発明の実施の形態において記載されている数字に限定されず、伝送システムの特定の使用の要求に好適な数字をさらに選択することができる。上記において指摘された同期化の問題に対する解決方法としては、同期化を容易にするために専用オーバヘッドサブチャネル28、29(図2中)の使用を企図している。本発明の実施の形態では、上流方向オーバヘッドチャネル28は、 多数の遠隔装置から中央モデムへ同期化信号を運ぶ。下流方向オーバヘッドチャネル29は、中央モデムから多数の遠隔装置へ同期化信号を運ぶ。オーバヘッドサブチャネル28及び29は、伝送帯域内における好適な周波数位置であればどこにでも配置され得る。上述した非対称ディジタル加入者回線システムのような多くの発明の実施の形態においては、隣接するサブチャネルとの相互干渉を最小化するように、オーバヘッドサブチャネルが下流方向信号の高周波数エッジ、又は低周波数エッジのいずれかの近くに位置することが望まれる。システム制限が許容するときには、同期化信号に起因する干渉可能性を最小化するために、オーバヘッドサブチャネルを、データ伝送のために使用されている他のサブチャネルから少なくとも1又は2つのサブチャネルだけ離間させることがさらに望まれる。これは、同期化信号がしばしば他の伝送と同期化されていないので、望ましい。したがって、同期化信号は、同期から外れているために、他の信号より多くの歪みを引き起こすであろう。したがって、小さなバッファが有用である。同様に、幾つかの場合においてさらに干渉の問題を最小化するために、オーバヘッドサブチャネルとして比較的低出力の信号を用いることが望まれる。以下より詳細に説明するように、本発明の他の側面においては、同期化非通信時間が、定期的に上流方向通信ストリームに与えられる。同期化非通信時間は、 新しい遠隔装置の初期化、チャネル品質検査、及びデータ伝送要求の処理のような種々のオーバヘッド型機能を処理するために使用され得る。次に図7には、オーバヘッド機能の処理に好適な多くの同期化非通信期間を提供するフレーム限定伝送タイミングシーケンスの代表例が図示されている。この発明の実施の形態では、伝送は一群の伝送フレーム32に分割されている。各伝送フレームは、伝送間隔33と第1非通信間隔S1を有している。各伝送間隔33は、図示するように、さらに複数のシンボル期間35に分割されている。複数の伝送フレーム32 は、1つのスーパフレーム36としてまとめられている。複数の伝送フレーム3 2に加えて、各スーパフレーム36は、さらに、第2非通信間隔38を有している。記載された発明の実施の形態においては、第2非通信間隔38は、初期化間隔(S2)、あるいは 再調整間隔(S3)として使用され得る。伝送間隔33、非通信時間間隔S1、初期化間隔S2、及び再調整間隔S3のために与えられる実際の期間は、特定のシステムの要求に従って広く変更され得る。同様にして、スーパフレーム36における伝送フレーム32の数も広く変更され得る。例として、離散ケーブル式加入者システムにて使用するために好適な発明の実施の形態は、伝送間隔33が63個のシンボルを伝送するために十分な期間を設定し、また、S1時間間隔34が時間長さ中に1シンボルを伝送するために十分な期間を設定することを企図する。初期化間隔S2は、遠隔装置を初期化するための選択的構成として用いられ得る。したがって、第2非通信時間間隔の長さは、一般的に以下でより詳細に説明するように通信システムの物理的状態によって決定される。一般的に、遠隔装置には、中央装置10によって許可が与えられない限り、S1、S3非通信時間間隔の間は、送信しないことが要求される。幾つかの発明の実施の形態においては、以下により詳細に説明するように、 遠隔装置は、導入の開始を求めているのでなければ、S2非通信時間間隔の間もまた送信しないことが要求される。次に図2〜図4を参照しつつ、新規に加えられた遠隔装置の同期化を容易にするための補助オーバヘッドサブチャネルの使用についてより詳細に説明する。最初に、遠隔装置50は、中央モデム装置における中央制御装置60と共働する遠隔同期化制御装置80を有している。記載した上記発明の実施の形態中で簡単に説明したように、制御装置間における通信を容易にするように2つの補助オーバヘッドサブチャネルが備えられている。遠隔モデム50が初期化され、ストリームの利用を要求するとき、遠隔制御装置80は、本質的に中央モデムのクロック情報を含む下流方向信号伝送を監視する。これは、パイロット信号を利用することにより実行されるが、他の方式も採用可能である。そして、遠隔装置は「ルーブ時間合わせ」(loop-timed)される。すなわち、遠隔装置は、遠隔装置のクロックを中央モデムのクロックに位相固定する。そして、遠隔制御装置は、オーバヘッドサブチャネル28を介して中央装置30に同期化信号を送信する。同期化信号は、伝送媒体を通過し、中央モデム装置30の受信部に到達する。中央モデム30は、他の遠隔装置と通信中に遠隔的に開始された(上流方向)同期化信号を受信すると、遠隔開始同期化信号のフレーム境界を他の遠隔装置から受信したフレーム境界信号と比較する。制御装置60によって検出されるフレーム境界信号の間には、位相偏移が存在するのが普通である。そして、制御装置60は、オーバヘッドサブチャネル29を介して遠隔装置に返送される下流方向同期化信号を発生する。前記した発明の実施の形態では、遠隔装置が中央装置との通信の開始を要求する際に、制御装置80が上流方向同期化信号を発生させる責務を有する。上流方向同期化信号は、制御装置80からマルチプレクサ/エンコーダ143に供給され、また、特に上流方向オーバヘッドサブチャネル28に向けられる。同期化信号の特性は知られているので、同様に他の位置においても送信装置に導入され得ること、あるいは、直接アナログインタフェース148に適用され得ることが認識されるべきである。通常は、同期化信号及び/又はシーケンスは、同期化が完了するまでに遠隔装置によって伝送されるただ一つの信号となろう。この上流方向同期化信号は、その後、オーバヘッドサブチャネル28を介して中央モデムに伝送され、受信装置70によって受信されるであろう。そして、受信装置の復調装置76は、復調された同期化信号を中央モデムの制御装置60に供給する。中央制御装置60は、遠隔的に開始された同期化信号を検出し、また、そのフレーム境界と他の遠隔装置から同時に受信されているあらゆる信号のフレーム境界とを比較する。中央モデム30が他の遠隔装置と通信中の場合には、遠隔要求アクセスのフレーム境界は、供給線長さの変化に起因して、既に中央装置と通信中のそれらのフレーム境界から位相偏移しているであろう。このような場合には、中央制御装置60は、フレーム境界を整合させるために要求される位相偏移(時間遅れの形を採る)を示す返信(下流方向)同期化信号を開始する。そして、この返信同期化信号は、第2オーバヘッドサブチャネルを介して遠隔装置に伝送される。上流方向同期化信号と同様、下流方向同期化信号は、エンコーダにおいて下流方向データストリームに導入され得る。しかしながら、下流方向同期化信号の特性は多様であり、例えば、同期化信号は、1サンプルだけフレーム境界より進行すべき、又は遅延すべきであることを単に示すことができる。より複雑なシステムにおいては、制御装置は、フレーム境界を進行させるべき、又は遅延させるべきサンプル数の算出を試みることが可能であり、また、フレーム境界が偏移させられるべきサンプル数を示す信号が送信され得る。同様に他の信号解釈も用いられ得る。以下により詳細に説明するように、多くの発明の実施の形態では、上流方向通信に対するサンプル率は、下流方向通信のサンプル率の整数因数となるであろう。ここに記載されている遅延は、遠隔装置ではなく、中央モデムのサンプル率に基づいている。複数の遠隔装置が全て同一の伝送回線17に接続されているので、同期化信号は、全作動中の遠隔モデムによって受信されるであろう。そして、この信号は、 各遠隔モデムのデコーダからそれらの対応する制御装置80へと渡される。しかしながら、遠隔制御装置80は、それらが現実に中央モデムとの通信の開始を試みていない限り、オーバヘッドサブチャネル上の同期化信号を無視するように設定されている。このことは、種々の方法により達成され得る。例によれば、下流方向同期化信号は、特定の遠隔装置に割り当てられたアドレスを含むことができる。あるいは、遠隔装置は、それらが現実に通信の開始を試みている場合には、 中央モデム信号がそれらに向けられているものと単にみなすことができる。通信の開始を試みている遠隔装置の遠隔制御装置80は、中央にて開始された同期化信号を受信、及び解釈し、また、要求された位相偏移タイミング遅延(あるいは進行)を実行するようフレーム同期化装置147に命令する。そして、第2の遠隔開始同期化信号が送信される。新しい同期化信号が同期化していない場合には、同じ処理が繰り返し行われる。一つの発明の実施の形態では、同期化信号は、 単にフレーム同期化装置に1サンプルだけの進行、又は遅延を命令するだけである。多くのDMT応用例においては、このようなインクリメンタルシステムが遠隔装置を素早く同期化するために適切に機能することが期待される。例えば、2 マイル(約3.2km)程度の供給線長さ変化を有する分散ネットワークであって、各フレームが128サンプルとプレフィクスとを有し、64kbpsに相当する8kHzのシンボル(フレーム)速度(すなわち、125μsのシンボル期間)を有するシステムでは、単純な単一サンプル進行/遅延アプローチを用いて同期化するために、約10ミリ秒未満の時間が掛るだけであろう。遠隔開始信号が同期化されていると判断された場合には、中央制御装置は、第2オーバヘッドサブチャネル29を通じて、もはや位相偏移は要求されていないこと、および、遠隔装置が要求位相偏移を取り込んでいる中央モデムと完全な通信を開始することができることを示している返信同期化信号を送信するであろう。中央装置によって認識される前に遠隔装置が同期化されている場合には、初期化の直後に伝送されるデータ音調が、遠隔装置の識別に用いられる。相対的なフレーム境界の位相偏移は、主に種々の供給線を通じた伝送長さのような、固定された制約に依存すると思われる。したがって、一旦、遠隔装置が同期化されると、通信が終了、あるいは中断させられない限り再同期化は要求されない。通信開始の要求を受信した時点で中央装置が他のどの遠隔装置とも通信していない場合には、中央制御装置60は、単に位相偏移は要求されていなかった旨、 及び完全通信を開始することができる旨を示す同期化信号を返信することが理解されるべきである。当然ながら、遠隔装置が最初に通信の開始を試みる際に、遠隔装置が他の遠隔装置と偶然に同期しているような場合にも、類似の信号が生成されるであろう。遠隔モデムがそのような信号を受信したときには、要求される位相偏移が単に0である状態で、同一の過程が続けられ得る。通常は、中央制御装置60は、遠隔装置がその伝送等のために利用すべきサブチャネルを示す情報をも提供する。上述したように、使用の間、サブチャネルの割り当ては、動的に変更され得る。この特徴は、離散多重音調伝送方式にとって重要であるとしても、特に本発明と密接な関係があるわけではない。したがって、引用参照文献中には詳細に記載されていても、ここでは簡単に説明されるであろう。中央モデムに対する遠隔モデムの同期化は、中央モデムのサンプリングクロック及び搬送波の取得を必要とする。好適な一つの発明の実施の形態では、これらのクロックは、2以上の音調に関して位相誤りを検査することによって回復させられる。これらの音調間の位相誤差は、音調(例えば、「パイロット」音調)上の固定された既知の伝送位相に関して演算され得る。他の手段として、位相誤差は、伝送された位相は正しいと仮定すること、及び、決定前位相および決定後位相の間のオフセットを演算すること(すなわち、決定補助による位相誤差計算法)により決定され得る。図6に図示されているように、位相誤差プロットの傾きはタイミング位相誤差に比例しており、位相誤差プロットの定数部分(y切片) が搬送波位相誤差である。タイミング(サンプリング)位相誤差及び搬送波位相誤差は、図5に図示されるように、位相検出装置181によって決定され、復帰中央モデム周波数においてサンプリングクロック及び搬送波周波数を合成する位相固定ループ182、184に入力される。この搬送波は、下流方向信号をベース帯域に復調するために用いられ、また、サンプリングクロックは、(分割装置189によって分割された後)アナログ−ディジタル変換器(ADC)の計時のために用いられる。データ音調、及び信号音調が別々の音調を占有している場合には、より低速のサンプリングクロックの1以上のアナログ−ディジタル変換器が単一の高速ADCクロックの代わりに用いられ得る。ノッチフィルタ185を含む発明の実施の形態では、ノッチ位置を制御するために電圧制御発振器183 、186を備えている。同一のサンプリングクロック(分割装置189によって分割された後の)が上流方向のディジタル/アナログ変換器に用いられる。上流方向搬送波は、下流方向搬送波と同期化させてもよく、同期化させなくてもよい。同期化させていない場合には、中央モデムの上流方向受信装置は、上流方向伝送搬送波位相を復帰させなければならず、さもなくば中央モデムの上流方向受信装置は、データ復帰のために下流方向データ搬送波の有理位相固定倍数を使用することができる。広帯域遠隔モデムは、中央モデムにおけるサンプリングクロックと同一のサンプリングクロックを使用することが好ましいであろう。これらの遠隔モデムは、復帰されたサンプルクロックを分割しないであろう。わずかに少数の音調を受信する狭帯域遠隔モデムは、復帰されたサンプリングクロックの整数の除数であるサンプルクロックを使用するであろう。したがって、狭帯域モデムは実施するためにコストがかからない。遠隔モデムから上流方向へ伝送された複数のDMTシンボルは、たとえ異なる遠隔モデムによって発生させられたとしても、上述したように同一時間に中央モデムに到達しなければならない。したがって、遅延同期化装置147は、整数個のサンプルクロックの遅延を上流方向被伝送信号に挿入する。この遅廷は、先に述べたように、下流方向同期化信号の制御の下にプログラムされる。この遅延は、遠隔モデムではなく、中央モデムのサンプル率に基づいていることが再度、認識されるべきである。特に、図5に図示されているように、遠隔モデムのサンプル率は、中央モデムのサンプル率の整数因数とすることができる。しかしながら、これらの信号は、中央モデムで同期化されなければならず、したがって、同期化調整は、中央モデムのサンプル率に基づいて実行されなければならない。 2つの遠隔モデムが同時に中央モデムと通信を開始しようとする場合には、競合が発生し、中央制御装置60は、複数の上流方向同期化信号によって混乱させられるであろう。このような場合、中央制御装置の下流方向同期化信号は、不適切な位相偏移を示し、また、確認同期化信号は、適切に同期化されないであろう。発明の一つの実施形態では、中央制御装置60は、この問題を認識することができ、また、通信を停止して後に通信の確立を試みるよう遠隔装置に指令することができる。他の発明の実施の形態では、中央制御装置は、単に、要求されている追加の位相偏移を示す他の下流方向同期化信号を送信することができる。どちらの場合においても、遠隔装置は、素早く問題の存在を認識し、競合が発生していることを推測するであろう。この状態では、好適な競合解決方法が採用され得る。一つの簡単な競合解決方法は、単に各遠隔モデムを無作為時間遅延させ、無作為遅延の後に通信の再開を試みさせるというものである。複数の遠隔モデムが一貫して同一の遅延パターンに従わないような方法で遅延が定められている限り、複数の遠隔モデムの要求は、各々が独立して回線上に戻りうるように十分に分離されるであろう。種々の待ち時間分布を利用することができる。例によれば、 ポアソン分布がうまく機能するものと見いだされている。既述のIFFT変調方式は、比較的大きなデータ量を伝送し、それ故に、一握り以上の音調以上を要求するために構成されたシステムに対して極めて良好に作用することが理解されるべきである。しかしながら、多くの場合、遠隔モデムは、定期的に大きなデータのブロックを伝送する必要はないであろう。そのような場合、遠隔装置から中央装置へ情報を伝送するためのより単純な既存の変調方式を利用することが最も費用効果が高いであろう。そのような状況では、遠隔送信装置、及び中央受信装置は、共に適当な要素に置き換えられるであろう。しかしながら、依然として上述のような遠隔装置の同期化が要求される。動作中においては、中央モデムは、各遠隔装置がそれ自身が受信すべき音調と、受信された各音調に割り当てられたビット数とを知るような方法で、全ての( あるいは利用可能な)音調を使用する集成DMT信号を伝送する。遠隔装置は、 それぞれ利用可能な上流方向音調のサブセットのみを使用する。中央モデムから遠隔モデムに伝送される信号は、特定の受信装置に利用可能な音調を動的に割り当てるために使用することができる。この代わりに、静的なシステムでは、割り当てが下流方向同期化信号の中にでなされ得る。動的割り当ては、他の専用オーバヘッド上、又は制御チャネル上のいずれかにおいて実行可能であり、あるいは、他の非制御信号とともに多重送信され得る。既述のシステムでは、複数の上流方向信号は、実質的に同時に中央モデムに到達するように時間合わせされる。正確な整合は必要ない;しかしながら、システムは、境界が中央モデムのサンプル率の点から綿密に整合されたときに、最も良く機能する。次に図8を参照し、本発明の他の側面に従い、導入(インストール)中に、既述の第2非通信時間S2を利用して第1遠隔装置を初期化する代替方法について説明する。上述したように、遠隔装置が最初に回線に現れるときには、遠隔装置は、この第1遠隔装置から中央モデムに到達する伝送が、他の現在導入済みの遠隔装置の伝送と同期化されるように初期化されなければならない。すなわち、多数の遠隔装置から中央装置への上流方向DMT通信のフレーム境界は、中央装置によって伝送が認識されるように中央装置においてほぼ同期化されるべきである。図8を参照して説明される方法は、既述の非通信時間を利用してこのような同期化を達成する一つの方法である。先ず最初に、導入される遠隔装置は、ステップ302において伝送ネットワークとの接続を確立しなければならない。この接続は、遠隔装置が中央装置10からの下流方向伝送を聴取することを可能にし、また上流方向チャネルの不使用チャネルを通じた伝送を可能にする。幾つかのシステムでは、システムが使用できない或る周波数範囲が存在する。例によれば、多くのケーブルネットワークでは、特定の周波数帯域を利用する確立されたシステムが存在し得る。干渉を防ぎ、 既存システムとの互換性を維持するために、たとえ初期化期間であれ、遠隔装置が禁止周波数範囲における伝送を決して行わないことが重要である。もちろん、 幾つかの周波数は、同様に他の理由のために禁止されるであろう。したがって、 ステップ303では、中央装置は、決して使用されない周波数の識別信号を定期的に送信する。上述したような遠隔装置グループの概念を利用するシステムでは、中央装置はまた、導入される次の遠隔装置によって使用されるべきグループのグループ番号を定期的に送信するであろう。あるいは、グループの割り当ては、 後の段階において取り扱うようにすることもできる。新規に接続された遠隔装置は、使用されていない幾つかのサブチャネルを示す情報に関する下流方向信号を聴取する。下流方向信号はまた、遠隔装置を中央装置に同期化させるために要求されるフレームタイミング及び非通信期間マーカを含んでいる。遠隔装置は、自身を下流方向信号と同期化させた後、ステップ30 4にてS2非通信期間初期において初期化信号を伝送する。一つのシステムでは、これは、S2非通信期間マーカ信号を受信すると直ちに初期化信号を伝送することによって行われる。初期化信号は、遠隔装置がシステム上に導入されることを要求していることを中央装置に示す。遠隔装置は、あらゆる好適な方法によって、S2初期化非通信期間の開始を決定することができる。例えば、中央装置1 0によってフラグが下流方向通信中に供給されるようにしてもよい。遠隔装置は、特定システムの要求に応じて、その初期化信号を全てのサブチャネル23を通じて伝送してもよく、サブチャネル23のグループ、あるいは単一のサブチャネル23を通じて伝送してもよい。好適な発明の実施の形態においては、下流方向信号は、導入される次の装置によって使用されるグループを示し、初期化信号は、そのグループにおける全てのサブチャネルを介して伝送される。遠隔装置から中央装置10への上流方向初期化伝送は、ディジタル情報を伝送するために好適な如何なる変調方式によっても達成され得る。例によれば、振幅、周波数、及び横軸位相偏移調和(QPSK)変調方式が用いられ得る。同期化信号に関しては、雑音による悪影響を減少させるための好適な発明の実施の形態では、微分QPSK(DQPSK)方式が望ましい。さらに、同期化は、コヒーレント通信を確実にするために、多量の誤り訂正と冗長度とともにエンコードされるようにしてもよい。初期化信号は、その遠隔装置に関する情報を含んでいることが望ましい。好適な発明の実施の形態においては、初期化信号は、遠隔装置のグローバルアドレス、及び、その第1遠隔装置の最大伝送速度要求を搬送する。グローバルアドレスは、イーサネット、あるいは、セルラ機器において使用されているアドレスと類似するものである。そのようなアドレスは、通信機器の内部に組込まれており、 また、全ての他の通信機器のアドレスとは区別されている。遠隔装置によって要求される最大データ速度は、遠隔装置の機種に依存する。例えば、遠隔装置がテレビセットの場合には、それは、中央装置10に対する最小通信容量を要求するであろうし、多分、画像選択又は視聴者意見に関する情報を送るために上流方向信号が使用されるだけであろう。一方、遠隔装置がテレビ会議送信装置の場合には、画像、及び音声情報を遠隔装置から中央装置10に伝送するために多量の帯域幅が要求されるであろう。第1遠隔装置に関係のある他の情報片もまた、他の発明の実施の形態において、初期化信号とともに送信され得る。第1遠隔装置からの初期化信号を受信すると、ステップ306において中央装置10は、第1遠隔装置からの初期化信号が、同時に接続を試みる他の遠隔装置からの他の初期化信号と競合したか否かを判断する。競合が検知された場合には、ステップ308において中央装置10は、競合通知をそれらの遠隔装置に送り返す。競合通知は、接続を試みている複数の遠隔装置に対して再度試みることを指示する。競合している遠隔装置は、初期化信号を再送信する前に、各々無作為数のS2期間だけ待機する。 2つの遠隔装置が同時に初期化を試みる可能性は少ない。競合している装置に互いに独立な無作為量の時間だけ待機することを要求することにより、再競合の可能性はさらに一層低減される。中央装置10は、第1遠隔装置から有効な初期化信号を受信した後に、同期化信号310をその遠隔装置に返信する。一発明の実施の形態では、同期化信号は、第1遠隔装置のグローバルアドレス、第1遠隔装置に割り当てられたノードアドレス、遅延訂正情報、及び上流方向チャネルにおけるサブチャネル23の割り当てに関する情報を含んでいる。伝送効率の程度は異なるものの、グローバルアドレスとノードアドレスのうちのいずれかが、一義的な遠隔装置識別子として機能し得る。グローバルアドレスは、第1遠隔装置が自身に向けられた同期化信号を識別することを可能にする。ノードアドレスは、効率の良い将来の通信を容易にするために第1遠隔装置に割り当てられる。グローバルアドレスは、製造される全ての通信機器のために十分なグローバルアドレスの数を与えるためにかなり長く(例えば、48ビット)なるであろう。単一の中央装置10とは、限られた数の遠隔装置が通信するだけなので、ノードアドレスは、より短いアドレスである。多グループシステムが用いられる場合には、ノードアドレスはまた、グループ識別子情報、例えば第1遠隔装置が割り当てられるグループに関する情報を含む。全部で8つのグループを企図する上述の発明の実施の形態では、アドレスのその部分は、8つのグループのどのグループに第1遠隔装置が属するかを識別するために3ビットであろう。ビットの残りは、一義的にノード、例えばそのグループ内の特定の遠隔装置、を識別することができる。遠隔装置が、中央装置10に対する自身の一義的な識別を必要とする場合には、グループを特定するノードアドレスの部分、例えばグループ識別子情報が省略され得ることは、当業者によって認識されるべきである。この理由は、中央装置は、一義的識別子情報の周波数帯域を調べることにより、送信された遠隔装置の通知からグループを決定し得るからである。この方法では、中央装置に対して自身を一義的に識別するために、遠隔装置は、グループ内においてて自身を識別するノードアドレス中のビットパターン、すなわち一義的なグループ内識別子情報、だけを送信することを必要とする。この受信されたグループ内識別子ビットパターンは、確認されたグループ識別子情報と組合わされて、要求している遠隔装置の完全なノードアドレスを中央装置に与える。 1グループ当たり128のサブチャネルを備える好適な発明の実施の形態では、一義的遠隔識別子情報は、上流方向に7ビット程度と短いであろう。遅延訂正情報は、他の接続された遠隔装置からの信号に第1遠隔装置から送信されたフレームを同期化させるために、フレームをどれだけ遅延させなければならないかを第1遠隔装置に知らせる。遅延訂正は、中央装置が伝送する非通信期間S2マーカと、中央装置による初期化信号の受信との間に中央装置が検知した遅延量から決定される。例によれば、そのチャネルにおける最大遅延がT RT (M ax)、例えば最大往復遅延であり、所定の遠隔装置に関連する遅延がT RT (i )の場合には、遠隔装置に対する遅延訂正は、T RT (Max)−T RT (i)となる。遠隔装置に関する往復遅廷は、中央装置から遠隔装置へ信号が伝わるために要する時間と、中央装置へ戻される即時の応答に要する時間と、処理に起因するあらゆる最小の付随的な遅延とを含むものとして定義される。この情報を使用することにより、複数の遠隔装置のフレームが同時に中央装置に到達するように、 第1遠隔装置がその伝送を調整して、他の接続中の遠隔装置と同期化されるようにすることができる。第1遠隔装置はまた、他の接続中の遠隔装置によってどのサブチャネル23が現在使用中であるかを知ることができる。他の発明の実施の形態によれば、サブチャネル23の特性に関する情報は、下流方向チャネルを通じて定朋的に全遠隔装置に伝送される。そのようなシステムでは、チャネル使用情報は、同期化信号とともに送信することが要求されない。利用可能なスペクトルの広範な部分を通じて初期化信号を伝送する一つの利点は、遅延が、信号が伝送される周波数に依存して幾らか変化し得るということである。したがって、初期化信号が個々のサブチャネル23を通じて送信されると、要求される位相偏移は、これらの遅延の平均に基づいて算出され得る。先に述べたように、S2時間間隔の長さは、通信ネットワークの物理的な性質に依存する。好適な発明の実施の形態においては、S2時間間隔は、初期化信号の存続期間に、ネットワークに関する最大往復遅延と最小往復遅延との差を加えたものよりも長ければよい。例によれば、伝送回線17として光ファイバ中継線を採用し、供給線18として同軸ケーブルを採用する一般的なシステムでは、ファイバ中継線は、中央装置と遠隔装置との間の全パスに共通であり、ネットワークに関する最大往復遅延と最小往復遅廷との差は、ネットワークのケーブルの部分にのみ依存する。 2マイル(約3.2km)の長さの同軸ケーブルを使用し、 その伝播速度として1マイル(約1.6km)当たり約7.5マイクロ秒を仮定した場合、最大往復遅延と最小往復遅延は、約32マイクロ秒及び2マイクロ秒となるであろう。好適な発明の実施の形態では、例えば、シンボルは約30マイクロ秒の長さであり、初期化信号は2つのシンボルを含むであろうから、4シンボルのS2時間間隔が適当であろう。幾つかの発明の実施の形態では、受信情報を確認するため、及び/又は遠隔装置が適切に同期化されたことを確認するためにステップ304−310を繰り返すことが望ましいであろう。同期化が成し遂げられた後、第1遠隔装置は、ステップ312にて、次に利用可能なS2又はS3時間間隔の間に、全サブチャネル23を通じて同期化された広帯域調整信号を送信することにより応答する。調整ステップの詳細は、図9を参照して後で説明する。幾つかの発明の実施の形態では、中央装置10は、第1 遠隔装置に対して特定のS3時間(例えば、3番目のS3を待つ)を使用するよう指示する。調整信号を受信すると、中央装置10は、第1遠隔装置と中央装置10との間の伝送を処理するために個々のサブチャネル23の容量を決定する( ステップ314)。中央装置10は、調整信号の内容の知識を予め得ているいることが好ましい。このことは、中央装置10がサブチャネル23の最適等化を知ることを許容し、また、サブ搬送波27が第1遠隔装置と中央装置10との間においてサブチャネル23上で搬送しうる最大ビット速度を許容する。中央装置1 0は、第1遠隔装置316についてのサブチャネル23のチャネル特性をセーブする。好適な発明の実施の形態では、中央装置10は、各サブチャネルが各遠隔装置から搬送することのできるビット数の示唆を含むビット/搬送波マトリクス内に情報をセーブする。そのようなマトリクスは、中央装置10が個々のサブチャネル23のそれぞれを追跡することを許容し、また、遠隔装置に帯域幅を割り当てるときに利用することができる。これはまた、現在の伝送環境の特性に基づいた動的なサブチャネル割り当てを容易にする。次に図9を参照して、選択された遠隔装置から中央装置への個々のサブチャネルの容量を定期的に検査する方法について説明する。個々の周波数における伝送回線の容量は時間によって幾らか変化し得ることは、当業者によって理解されるであろう。したがって、中央装置がサービスを行っている各遠隔装置に関するサブチャネル23に関して、中央装置の情報が定期的に更新されることが望ましい。既述された発明の実施の形態では、そのような更新は、S3非通信期間の間に実行される。ここで記載されている発明の実施の形態では、S3非通信期間は、 S2非通信期間と同一の長さである。単一の信号伝送回線検査処理が、初期調整と定期検査の双方に対して使用され得るということが当業者によって理解されるべきである。ここで記載されている発明の実施の形態中では、中央装置10は、ステップ3 30において、中央装置10と現在通信中の第1遠隔装置(遠隔装置x)に再調整命令を伝送することにより再調整事象を開始する。第1遠隔装置は、利用可能なサブチャネル23を通じて調整信号セットを伝送するために、次に利用可能なS3再調整非通信時間期間が現れるまで待機する。 (ステップ332)。代わりの発明の実施の形態では、中央装置10は、次に利用可能なS3時間期間の代わりに、調整信号の伝送に使用するために特定のS3非通信期間を割り当てることができる。調整信号セットは、一般的に、グループに割り当てられたサブチャネルに限定され、また、一般的にはさらに、対費用効果の高い設計を提供するために全ての利用可能なグループのサブチャネルの幾つかのサブセットに限定される。したがって、現実に使用される調整信号の数は、特定のシステムの要求に従って幅広く変化され得る。初期化過程のときと同様に、中央装置10は、受信した信号を解析し、関連する遠隔装置に対応するチャネル特性マトリクス中のビット/搬送波速度を更新する。 (ステップ334)。中央装置10は、次に、サブチャネル割り当てに関する変更が遠隔装置にとって必要であるか否かを決定する。すなわち、第1遠隔装置のスループットと誤り確率の要求に合致するように、付加的な、あるいは、より少数のサブチャネル23が第1遠隔装置に割り当てられるべきかを決定することができる。変更が必要な場合には、ステップ338において、中央装置10は、第1遠隔装置に対してサブチャネル23の再割り当てを実行する。ステップ336にて何も訂正が要求されていないと決定された場合、あるいは、何らかの必要な変更がステップ338にて実行された後には、中央装置10は、ステップ340にて、他のいずれかの遠隔装置によって即時再調整に関する何らかの要求がなされているか否かを判断する。ステップ340において、即時再調整要求はないと決定された場合には、ステップ347において、中央装置10 は、有効な旧アドレス(oldx)が存在するか否かを判断することによって、第1 遠隔装置の再調整が、即時再調整要求の結果であるか否かを判断する。有効な旧アドレスが存在しない場合には、ステップ349にて、中央装置10は、カウンタ(x)をインクリメントし、再調整信号を次の遠隔装置に対して送信するステップ330に戻る。これに対して、ステップ340において、有効な旧アドレスが存在すると決定された場合には、中央装置10は、旧アドレスに1を加算した値を読み込みむようにカウンタを調整し、この値は、即時再調整要求が受信された際に次の対象となる遠隔装置のアドレスに相当する。 (ステップ350)。すなわち、x=oldx+1である。ステップ340にて即時再調整要求が検知された場合には、中央装置10は、 ステップ342にて旧アドレス(oldx)として第1遠隔装置のアドレスをセーブする。そして、中央装置10は、カウンタ(x)を、要求している遠隔装置のアドレスにセットするとともに、それを、344にて現在再調整されている次の遠隔装置のアドレスとして使用する。そして、ロジックは、ステップ330に戻る。再調整処理は、中央装置10と現在通信中の全ての遠隔装置との間で連続して繰り返し実行され得る。当然のことながら、再調整する遠隔装置を選択するために用いられるアルゴリズムは、いずれの特定システムの要求にも合致させるために幅広く変更され得る。この発明の一つの実施形態では、初期化された遠隔装置であって中央装置10 と現在通信中でない遠隔装置までも再調整される。この場合、中央装置10は、 その遠隔装置が中央装置10と活発に通信を行っているわけではないので、再調整されている遠隔装置に対してサブチャネル23の割り当てが変更されるべきか否かを決定する必要はない。中央装置10は単に、遠隔装置が中央装置10との通信を要求するときに、使用されるべき更新されたチャネル特性をセーブするだけでよい。中央装置10は、伝送時間間隔32の間に、不使用サブチャネル23上で再調整要求を受信するようにされていることが好ましい。好適な発明の実施の形態では、伝送時間間隔32は、64シンボル長さであり、これは、グループ内に包含可能な遠隔装置の最大数に相当する。即時再調整を要求している遠隔装置は、伝送時間間隔32の間に、要求している遠隔装置に割り当てられたシンボル時間の内の1のシンボル時間の間にフラグを伝送する。この方法では、中央装置10は、フラグの位置によってどの遠隔装置が要求を送信しているかを直ちに決定することができる。例えば、グループ8内の遠隔装置0−63には、伝送時間間隔の間にそれぞれシンボル0−63が割り当てられ得る。フラグが、第9シンボル位置の間にグループ8の周波数帯域内における不使用サブチャネル23上で到達した場合には、中央装置10は、グループ8内における第9遠隔装置が再調整要求を送信したことを知ることができる。当業者によって理解され得るように、シンボルに対する遠隔装置の割り当ては、多くの異なる方法によって達成され得る。上述したように、動的に割り当てられる離散多重音調伝送方式を容易にするために、遠隔装置が中央装置にデータ伝送要求を通信することができるような、幾つかの機構が存在しなければならない。一つの実施の形態では、伝送の開始を容易にするために、S1非通信時間がデータ伝送要求とともに使用される。ここで記載されている発明の実施の形態では、遠隔装置は、3つの形式のデータ要求を中央装置に送信することができる。それらのデータ形式は、データパケット要求(DPR)、被定義データパケット要求(DDPR)及びデータ速度要求(DR R)を含む。この実施形態で使用されているように、データパケット要求は、特定の情報量(一般的にデータバイト数によって定義されている)を伝送するという遠隔装置の要求を示す。被定義データパケット要求は、中央装置に既知の特性を有するパケット、あるいは、パケットのグループを伝送するという遠隔装置の要求を示している。例によれば、中央装置は、要求している遠隔装置からのデータパケットが送信されるべき遠隔装置に関する情報を、既に自身のメモリに格納していてもよい。中央装置に知られている他の情報には、例えば、データパケットに関する要求伝送速度、要求遠隔装置によって必要とされるサブチャネル数等がある。データ速度要求は、特定の速度においてデータを伝送するという遠隔装置の要求を示している。一つの実施形態では、既述のデータ伝送要求は、4つの状態を含む単一の2ビット信号中において、上述の即時再調整要求と結合されるようにしてもよい。例によれば、第1の状態(1,1)は、データ速度要求に相当し;第2の状態(1 ,0)は、データパケット要求に相当し;第3の状態(0,1)は、即時再調整要求に相当し、第4の状態(0,0)は、被定義データパケット要求に相当するようにしてもよい。当然ながら、この同じ情報は、大きな信号の一部として含まれるようにしてもよく、及び/又は、種々の状態の意味を変更するようにしてもよい。上述したように、この2ビットデータ伝送要求信号は、使用されていないサブチャネルを通じて遠隔装置によって伝送され得る。特定のシンボル期間を各遠隔装置に割り当てることにより、中央装置は、データ伝送要求信号中における如何なる独立の識別情報を必要とすることなく、要求している遠隔装置を容易に識別することができる。各遠隔装置に特定シンボル期間を割り当てるこの伝送モードは、被ポール伝送モードと呼ばれている。当業者によって理解されているように、データ速度要求とデータパケット要求の双方の場合、単に遠隔装置が伝送を望む情報の形式を識別するだけでなく、中央装置がその要求を適切に処理するために、遠隔装置は、通常、実質的により多くの情報を中央装置に対し与える必要がある。高速アクセス時間を提供するために、次の利用可能なS1非通信時間間隔の間に、この追加情報が中央装置に中継される。より詳細には、中央装置10が有効なデータパケット要求、又は有効なデータ速度要求を受信した場合、中央装置10は、次の利用可能なS1非通信時間間隔34の間に、要求遠隔装置の要求に関するあらゆる追加情報を伝送するように、要求遠隔装置に対して指示を行う。そのS1非通信期間の間に、要求遠隔装置は、ヘッダ情報を伝送するために必要な数のサブチャネルにアクセスする。データ速度要求、及びデータパケット要求の双方は、実質的に1つのS1非通信時間の割り当てだけを要求するので、それらは、2ビットデータ伝送要求信号中における1つの信号状態を容易に共有することができる。したがって、代替の実施形態では、一つの状態がS1非通信期間の割り当てに関する要求を示すために用いられ、また、要求の性質は、S1期間の間に、他の情報とともに伝送され得る。システムがあまり使用されていない時には、データ伝送要求を送信する際に、 遠隔装置が利用することのできる比較的多数のサブチャネルが存在し得る。そのような期間の間には、同一シンボル期間において、要求されるすべてのヘッダ情報をデータ要求とともに伝送することが可能である。したがって、他の実施形態では、データ伝送要求内の空き状態は、遠隔装置が、要求されたヘッダ情報をデータ伝送要求と同時に不使用サブチャネルを通じて伝送していることを中央装置に対してフラグするために使用され得る。被ポール伝送モードでは、データ伝送要求のタイミングは、その要求を送信している遠隔装置を識別するであろう。したがって、この解決手段の利点は、比較的少ない使用量の間は、データ速度及びデータパケット要求に関するアクセス時間がさらに短縮されるところにある。各遠隔装置は被割り当てシンボル期間の間だけ伝送するので、2つの遠隔装置間で競合は発生しないであろう。遠隔装置は、被割り当てシンボル期間の間に要求される全てのヘッダ情報を入れるための十分な帯域幅が存在しないと判断した場合には、上述したように、単にS1非通信期間の割り当てを要求するであろう。他の実施の形態では、中央装置10は、要求遠隔装置が使用するための特定のS1間隔34を割り当てることができる。これは、2つのS1間隔の間に、2以上の遠隔装置が、データパケット又はデータ速度要求を行なう際に、特に有用である。先に述べたように、システムがあまり使用されていない場合には、使用されておらず、また遠隔装置がアクセスを要求するために利用することのできる比較的多数のサブチャネルが存在する。中央装置がシステムの使用量が少ないと判断した場合、例えば、使用量が予め設定された使用量閾値を下回ったときには、中央装置は、遠隔装置が高速アクセス伝送モードを使用して中央装置に対して通信アクセス要求を伝送することができるように、全遠隔装置に対して指令を送信することができる。高速アクセス伝送モードは、データ伝送要求信号を伝送するために各遠隔装置にシンボル期間が割り当てられる上述した被ポール伝送モードとは異なる。名称が暗示するように、高速アクセス伝送モードは、シンボル期間が要求遠隔装置に割り当てられているか否かに係わらず、シンボル期間の間いつでも、使用されていない、又は割り当てられていないサブチャネルを通じた通信アクセス要求の伝送を、要求遠隔装置に対して許容することにより、要求遠隔装置のアクセス速度をかなり改善するものである。例えば、中央装置がサブチャネルの使用量を監視するとともに、サブチャネル使用量に関する情報を逐次全遠隔装置に対して送信しているので、遠隔装置は、どのサブチャネルが使用されていないか知っている。遠隔装置は、もはや通信アクセス要求を表明するために被割り当てシンボル期間まで待機する必要がないので、必要なとき、直ちに通信アクセス要求を表明することができる。一方で、高速アクセス伝送モードにおける要求のタイミングは、要求遠隔装置の識別に関する情報を具備しない。高速アクセス伝送モードは、 どの遠隔装置が受信された通信アクセス要求信号を表明したのかを識別するために、各要求遠隔装置がアクセス要求の際に、一義的遠隔装置識別子を送信することを要求する。先に述べたように、一義的遠隔装置識別子は、1グループ当たり128個のサブチャネルを有するシステムにおいてわずか7ビット程であろう。一つの実施の形態においては、通信アクセス要求信号は、データ伝送要求を含む。先に述べたように、データ伝送要求は、遠隔装置によって要求されているデータ要求の形式、例えば、DPR、DDPR、又はDRR、を識別する。 2ビットがデータ伝送要求の識別に用いられる場合には、最後の状態は、ヘッダデータが同一シンボル期間に同時送信されているのか、又は続くS1期間の間に送信されるのかを示すために用いられ得る。当然のことながら、データ要求がDDPR の場合には、中央装置は既に特定の遠隔装置に関する伝送要求、例えば、データパケットの宛先、パケットの大きさ、優先度等を知っているので、ヘッダ情報は存在しないであろう。データ要求がDPR、又はDRRの場合には、2ビットデータ伝送要求によって定義された最後の状態は、ヘッダ情報がいつ送信されるのかを決定するために中央装置によって調べられる。他の実施の形態においては、通信アクセス要求は、さらにDRR、及びDPR に関するヘッダ情報を含んでいる。ヘッダ情報の内包は、高速アクセス伝送モードにおいて送信されるビット数を増大させる。ビット数が増大すると、競合の機会が増加する。 2つの遠隔装置が、同一の不使用サブチャネル上において同時に通信アクセス要求を表明する場合に競合は発生する。したがって、好適な実施の形態は、競合を最小にするために、できるだけ高速アクセス要求において送信されるビット数を少なくするようにすることが好ましい。 DDPRデータ要求は遠隔装置から中央装置へヘッダ情報を送信する必要がないので、高速アクセス伝送モードは、DDPRデータ要求に対して最も好適であることは明白である。したがって、通信アクセス要求は、遠隔装置の一義的遠隔装置識別子、及び2 ビットデータ伝送要求だけを含んでいることが好ましい。しかしながら、一つの実施の形態では、通信アクセス要求が2ビットデータ伝送要求を含んでいない場合には、中央装置は、DDPRデータ要求が要求されたと推測し、遠隔装置に関連して格納されているデータパケット定義情報に基づいて、要求遠隔装置に対するサブチャネルの割り当てを進めるようにしてもよい。高速アクセス伝送モードは、デコード実行中に等化を要求しない変調方法を使用して、遠隔装置から中央装置に通信アクセス要求が伝送されることを要求することが好ましい。等化は、入力されるデータをデコードするために、中央装置がサブチャネルと遠隔装置の特性、例えば、受信された信号の絶対振幅と位相、を知っていることを要求するような変調方式において必要となる。通信アクセス要求が高速アクセス伝送モードの間に中央装置に到達した場合には、明らかに、中央装置は、デコードする前に要求遠隔装置を識別することができない。この理由は、高速アクセス伝送モードでは、遠隔装置は、シンボル期間中いつでも通信アクセス要求を表明し、また、要求のタイミングは要求遠隔装置の識別に関する情報を含んでいないからである。デコードする前には要求遠隔装置は識別されていないので、その通信アクセス要求は、サブチャネル及び遠隔装置識別の事前情報を要求する変調方法、例えばQAM、によってはデコードできない。一つの実施の形態においては、本発明は、微分横軸位相偏移調和(DQPSK)を用いて遠隔装置の通信アクセス要求を有効にエンコードする。 DQPSKが使用された場合には、通信アクセス要求に関する情報は、絶対位相の代わりに、位相の差分に格納される。さらに、振幅が無関係になるように、適当な配置を選択することもできる。この方法では、通信アクセス要求は、要求遠隔装置の識別に関する事前知識が要求されることなく、 中央装置によって受信され、またデコードされ得るであろう。先に述べたように、高速アクセス伝送モードは、要求遠隔装置に対してアクセスを要求するための被割り当てシンボル期間まで待機することを要求しない。したがって、アクセス時間は、通信アクセス要求を送信するために要する時間に、 中央装置が、遠隔装置によって使用されるためのサブチャネルの割り当て情報を要求遠隔装置に対して送信するために要する時間を加えた時間程度に少なくなるであろう。一つの実施の形態では、高速アクセス伝送モードは、システム使用量が少ないとき、例えば、所定の使用量閾値よりも低いとき、中央装置によって利用可能とされる。これらの期間中に高速アクセス伝送モードを可能にすれば、1以上の遠隔装置が通信アクセス要求を表明することができる多くの不使用サブチャネルが存在するので、競合の機会を低減することができる。競合が発生した場合には、 中央装置は混同データ、例えばデコードされ得ないデータ、を受信することになる。どの遠隔装置がアクセスを要求しているのか分からないので、中央装置は、 サブチャネルを適切な要求遠隔装置に割り当てることができない。この場合、要求遠隔装置は、通信アクセス要求を表明した後、所定時間の間だけ待機して、割り当てが行われな場合には、要求遠隔装置は、好ましくは他の競合の可能性を低減するために無作為時間の間だけ待機した後に、通信アクセス要求を再伝送する。一つの実施の形態においては、中央装置は、割り当てられていない、又は使用されていない任意のサブチャネル上で混同データ伝送を受信した場合には、2以上の通信アクセス要求間における競合が発生しているものと見なし、遠隔装置に対して、好ましくは乱数時間の間だけ待機した後に、通信アクセス要求を再送信するよう促すために、全遠隔装置に対して「競合が検知された」旨の通知を送信する。明らかなことではあるが、多数の競合が存在する場合には、遠隔装置による再送動作、及び、一つの実施の形態においては、中央装置の送信動作のために、サブチャネルの使用量は増加するであろう。余りに多くの競合が発生する場合には、システム使用量は、所定の使用量閾値を超え、一つの実施の形態における中央装置は、高速アクセス伝送モードにおけるデータ伝送を中止し、各遠隔装置が自身に割り当てられたシンボル期間の間だけデータ要求を伝送する被ポール伝送モードを再開するように、全遠隔装置に対して制御命令を送る。図10は、中央装置と通信を確立するために要求遠隔装置によって採られるステップを示すフローチャートである。図10を参照すると、ステップ360にて開始した後、この方法は、要求遠隔装置が、伝送モードが高速アクセスか被ポールかを確認するステップ362に移行する。要求遠隔装置が、例えばシステム使用量が多いときに中央装置からの制御信号に応じて、被ポール伝送モードが現在作動中であると確認した場合には、この方法は被ポール伝送モードでデータを伝送するためにステップ366に移行する。被ポール伝送モードでは、要求遠隔装置は、自身に割り当てられたシンボル期間の間だけ、そのデータ要求を1以上の不使用サブチャネルを通じて伝送する。これに対して、要求遠隔装置が、例えばシステム使用量が少ないときに中央装置からの制御信号に応じて、高速アクセス伝送モードが現在作動中であると確認した場合には、この方法はステップ362からステップ364に移行して、どのシンボル期間でも、1以上の不使用サブチャネルを通じて通信アクセス要求を伝送する。先に説明したように、高速アクセス伝送モードにおいては、要求遠隔装置は、通信アクセス要求を伝送するために割り当てられたシンボル期間まで待機する必要はない。この方法は、ステップ364又はステップ366のいずれかからステップ36 8に移行して、データ要求がデータパケット要求(DPR)であるかないかを決定する。データ要求がデータパケット要求の場合には、この方法はステップ37 0に移行して、図11(a)に示す各ステップが実行される。一方、データ要求がDPRではない場合(ステップ368における決定として)には、この方法は、ステップ372に移行して、データ要求が被定義データパケット要求(DDP R)であるか否かを決定する。データ要求がDDPRの場合には、この方法はステップ374に移行して、図11(b)に示す各ステップが実行される。これに対して、データ要求がDDPRではない場合(ステップ372における決定として)には、この方法はステップ376に移行して、データ要求がデータ速度要求(DRR)であるか否かを決定する。データ要求がDRRの場合には、方法はステップ378に移行して、図11(c)に示す各ステップが実行される。データ要求が上記のいずれにも該当しない場合には、この方法は図10に示す最後のステップであるステップ380に移行する。多くの実施の形態は、付加的なデータ要求形式を含むことができること、及び、この方法はそれら付加的データ要求の処理を実行するために適当に改良され得ることは理解されるべきである。特定の付加的データ要求形式を処理するために、ここに開示された方法を適用することは、この開示を与えられた当業者の能力の範囲内のものである。図11(a)を参照してデータパケット要求を処理する方法について説明する。先ず、中央装置10は、次に利用可能なS1時間間隔34を要求遠隔装置に割り当て、また、割り当てを確認する通知を下流方向信号とともに送信する(ステップ204)。そして、ステップ206にて要求遠隔装置は、割り当てられたS 1時間間隔34の間に付加的情報を伝送する。例によれば、付加的伝送要求は、 データが送信されるアドレス、パケットの大きさ、及び優先度を含むようにしてもよい。先に述べたように、遠隔装置は、この代りに、伝送要求と同一のシンボル期間に付加的伝送要求を伝送するようにしてもよい。中央装置10は、受信した付加的データパケット情報をステップ208において格納する。中央装置10は、遠隔装置の要求に対して割り当てられるべきサブチャネル数を決定し、使用されるべきサブチャネルに関する指令を、チャネル当たりの許容ビット速度とともに要求遠隔装置に送り返す。中央装置10は、要求遠隔装置210に対応する格納されたチャネル特性に基づいてサブチャネル23 を割り当てることが理解されるべきである。こうして、中央装置10は、遠隔装置の要求を処理するために最も効率的なサブチャネル数を動的に割り当てることができる。中央装置の受信装置は、伝送されるデータ量を(S1非通信期間に受信された情報から)知っており、データ伝送速度(遠隔装置が特定した)も知っていることは理解されるべきである。したがって、中央装置は、伝送を完了するために必要な時間量を知っている。したがって、中央装置10は、遠隔装置がパケットを伝送するために要求された時間量の間のみ、要求遠隔装置に対して指定された数のサブチャネル23を割り当てる。特定の時間量が(必要な緩衝時間とともに)経過した後、中央装置10は、第1遠隔装置に割り当てられたサブチャネル23は、現在使用されておらず、また、他の如何なる遠隔装置に対しても再割り当ての準備が整っている旨を通知する(ステップ212)。図11(b)を参照して、被定義データパケット要求を処理する方法について説明する。被定義データパケット要求では、中央装置は、ステップ208において格納された付加的データパケット定義情報に頼らなければならない。繰返すが、この情報は、パケットが送信されるべきアドレス、及びパケットサイズのようなものを含んでいてもよい。したがって、ここで説明される実施の形態では、被定義パケット要求は、以前にDPRを送信している遠隔装置によって伝送された場合にだけ処理され得る。他の実施の形態では、データパケット要求が送信されていない場合においても、被定義データパケットの使用を許可するために、適当な初期値が与えられているようにしてもよい。図11(b)に示されているように、ステップ223では、中央装置は格納された被定義データパケット伝送要求をルックアップし、また、受信されたデータパケットを配信する際、及び/又は、受信されたデータパケットを処理する際にその情報を使用する。中央装置10は、同一シンボル期間、又はS1時間間隔3 4の間のいずれにおいても、如何なる付加的情報をも受信する必要がなく、したがって、ステップ225において1以上のサブチャネルを直ちに要求遠隔装置に割り当てることができることが理解されるべきである。さらに、伝送される情報量とデータ伝送速度は共に知られているので、中央装置は、パッケージを伝送するために必要な時間量の間、サブチャネルを割り当てるだけである。適当な伝送時間が経過した後、227において、中央装置10は、現在、サブチャネル23 は自由に再割り当てされうる旨を通知する。多くの通信装置がパケット化通信によって効率的に通信することができる一方で、他の通信装置は、パケット化伝送システムの使用によっては、ときに得ることが困難な一定伝送速度を要求する。そのような遠隔装置は、不定時間量の間、 要求されたデータ伝送速度を処理するために十分な多数のサブチャネルを割り当てることにより適応させることができる。すなわち、遠隔装置が、帯域幅がもはや必要とされないことを示すか、または、誤りが検知された旨を示すまでである。例えば、テレビ会議はこのような要求を有する傾向にある。ここで記載されている実施の形態では、この形式のデータ伝送要求は、データ速度要求を通じて処理される。次に、図11(c)を参照してデータ速度要求を処理するために好適な方法について説明する。中央装置10は、通常は、アドレス及び要求されるデータ速度といった付加的伝送情報を、DRR要求を受信する際に要求する。したがって、 ステップ252では、中央装置は、被要求情報を送信するために次に利用可能なS1非通信期間を要求遠隔装置に割り当てる。そして、要求遠隔装置は、ステップ254において、割り当てられたS1時間間隔の間に付加的伝送情報を送信する。先に述べたように、遠隔装置は、付加的伝送情報を伝送要求と同一シンボル期間内に伝送するようにしてもよい。各サブチャネルに対して許可し得るビット速度とデータ速度要求とを知ることにより、中央装置10は、ステップ256において、要求されたスループットを処理するために適当な数のサブチャネル23を割り当てる。要求遠隔装置がもはや伝送を必要としない場合には、ステップ258において、ゼロ容量が要求されている旨を示す新規のデータ速度要求を送信する。中央装置10は、これを終了要求として理解し、ステップ260において、適当なサブチャネルを不使用としてマークする。 S1非通信期間を繰り返す理想的な一定の期間は存在しない。一方では、S1 非通信期間の頻度を多くすれば、被ポール伝送モード、又はDPR及びDRR要求に対してより短いアクセス時間が達成されるであろう。したがって、システムの応答性はより高まるであろう。他方では、S1非通信期間の頻度を多くすると、より多くのオーバーヘッドが必要になり、システム全体の容量を低減してしまう。したがって、S1期間の適切な頻度は、特定のシステムの要求にしたがって変化するであろう。ここで記載されている発明の実施の形態では、S1非通信期間がフレームの境界を定めるために用いられるが、これは必須要件ではないことは理解されるべきである。一般的に、S1非通信期間の使用は、通信を開始するために要求されるアクセス時間を減少させる。適切な場合には、DDPRの使用は、さらに要求遠隔装置のアクセス時間を減少させることができる。上述したように、初期化と再調整は、通常は、即時通信に関する要求ほど迅速な応答を要求しないので、初期化時間間隔、S2、及び再調整時間間隔、S3は、S1非通信期間ほど多くはない。一つの実施の形態では、S2及びS3は、スーパフレーム36おきに交替する。他の実施の形態では、S2及びS3は、状態変化に調整するために中央装置10によって動的に割り当てられ得る。例えば、 日中のように、遠隔装置がもっと導入され、初期化を要求しそうなときには、被予約時間間隔38のほとんどを初期化時間間隔として割り当てることができる。導入がほとんどありそうにない夜間は、被予約間隔38のほとんどを、再調整時間間隔として割り当てることができる。次に図3を参照し、既述の同期化及び調整を実行するために好適な中央オフィスのアーキテクチャについて説明する。図示された中央装置は、中央モデム30 、ネットワークサーバ9、及びネットワークインタフェース41を備えている。中央モデムは、送信装置40、受信装置70、及び制御装置60を備えている。制御装置60は、複数の遠隔装置のクロックを中央モデムのクロックに同期化させるために使用され、また、遠隔装置から伝送されたフレームを同期化するためにも使用される。ネットワークサーバ19は、非同期化伝送モデムスイッチ41 (図中ネットワークインタフェースと記されている)を介してディジタルデータを送信装置40に供給する。ネットワークサーバ19は、送信装置の能力、伝送距離、伝送回線品質、及び使用されている通信回線のタイプの点から許容される最大データ速度までのいずれのデータ速度においてもデータを供給することができる。送信装置40は、エンコーダ43、離散多重音調変調装置45、及びウィンドウィングフィルタ46を含む幾つかの構成要素を内包している。エンコーダ43は、伝送されるためのデータ(例えば、画像データ)を多重化(マルチプレックス)し、同期化し、及びエンコードするために機能する。より詳細には、エンコーダは入力ビットストリームを、複数のサブチャネルの各々のための位相の合った直交成分に変換する。エンコードは、順方向誤り訂正、及び/又はトレリスコーディングを使用することにより実行され得る。エンコーダは、一般的に、 システムが利用可能なサブチャネル数に等しい数のサブシンボル列を出力するように構成されている。例えば、256のサブチャネルを有するシステムにおいては、エンコーダは256のサブシンボル列を出力する。先に参照したATIS規格では、サブシンボル列はそれぞれ4kbpsを示している。これらの入力は、 離散多重音調変調装置45に渡される複合入力である。例えば、好適なエンコーダは、参照したATIS規格中に詳細に説明されている。変調装置45は、任意の好適なアルゴリズムに基づいて逆フーリエ変換を演算するIFFT変調装置である。好適なIFFTエンコーダは、IEEEコミュニケーションマガジン1990年5月号中におけるジェイ。・ビンガムの「多重キャリア変調:このアイデアの時代がやってきた」と表題された論文中に記載されている。エンコーダの出力は複合数なので、IFFT変調装置は、存在する利用可能なサブチャネルの2倍の入力を受信する。ビット分布は、離散多重音調システムにおいて適応的に決定される。このことを容易にするため、送信装置40はまた、 各利用可能なサブチャネルの回線品質を決定するために、通信回線を監視する回線監視装置(ラインモニタ)を備えている。一つの実施の形態では、回線監視装置(制御装置60の一部であってもよい)は、各サブチャネル上の雑音レベル、 信号利得、及び位相偏移を決定する。この回線監視装置は、一般的に、既述のS 3再調整信号の品質を識別するために用いられる。その目的は、各サブチャネルの信号対雑音比を見積ることである。したがって、既述の変数とともに、あるいはこれに代えて、他の変数を監視するようにし得る。どのサブチャネルを通じてエンコードされたデータを送信するか、および、どれだけのデータを各サブチャネルを通じて送信するか、という決定は、幾つかの因子に基づいて動的に決定される。この因子としては、検出された回線品質変数、サブチャネル利得パラメータ、許容電力マスク、及び要求最大サブ搬送波ビット誤り率を含んでいる。多くの因子がサブチャネル間で一定である必要はなく、実際には使用中にも変化し得ることは留意されるべきである。特に、回線品質パラメータは、繰り返し検査され、また、使用中に回線品質が個々のサブチャネルで変化するのに従って、動的に変調を調整するために、変調方式の調整をリアルタイムで実行するようにしてもよい。例えば、好適な離散多重音調変調装置が、同一のATIS規格書類中に一般的に記載されている。被エンコード信号が変調されて離散多重音調信号が形成された後に、循環プレフィクスが離散多重音調信号に付加される。循環プレフィクスは、主として離散多重音調信号の復調を容易にするために用いられ、必ずしも要求されるものではない。 ATIS規格では、32ビット循環プレフィクスが用いられている。しかしながら、より大きな帯域幅を利用するシステムでは、循環プレフィクスの長さも同様にして増加することが好ましい。例えば、512個のサンプルを有する信号では、40個のサンプル循環プレフィクスが良く機能することが見い出されている。被変調信号は、帯域外エネルギを最小化するためにウィンドウィングフィルタ46、及び/又は、他のフィルタを通過する。このことは、遠隔装置におけるアナログインタフェースの飽和の回避を容易にするために好ましい。ウィンドウィングは、幅広い種類の従来のウィンドウィングプロトコルによって達成され得る。送信装置はまた、離散多重音調信号を伝送媒体に適用するアナログインタフェース48を備えている。撚り線対電話回線、及び同軸ケーブルといった配線システムでは、アナログインタフェースは、回線ドライバの形式をとる。中央モデム30はまた、遠隔装置からの多重音調信号を受信するために受信装置70を備えている。受信装置70は、アナログインタフェース72、ウィンドウィングフィルタ74,復調装置76、及びデコーダ78を備えている。中央モデム30によって受信される信号は、最初にアナログフィルタ72を介して受信される。ウィンドウィングフィルタ74は、被受信信号に対してウィンドウィング及び/又はフィルタリング機能を有効に実行するように構成されている。一つの好適なフィルタ構成は、時間ドメイン等化装置74である。繰返すが、このウィンドウィングは、幅広い種類の従来のウィンドウィングプロトコルによって達成され得る。復調装置76は、等化された離散多重音調信号を復調し、循環プレフィクスを取り除く。デコーダ78は、復調された信号をデコードする。復調装置76及びデコーダ78は、それぞれ変調装置45及びエンコーダ43の逆の動作を有効に実行する。デコードされた信号は、インタフェース47を介してデコーダ78からネットワークサーバ19へ、あるいは、その情報の他の適当なユーザへ送られる。時間ドメイン等化装置74、復調装置76、及びデコーダ78の機能は、要求される機能を達成するための好適なアルゴリズムとともに、Chow等の米国特許5,285,474に詳細に記載されている。次に図4を参照して、本発明の同期化の実現に好適な遠隔装置アーキテクチャについて説明する。それぞれの上流、及び下流方向通信容量は多少異なるであろうものの、遠隔装置は、多くの点において中央モデムと近似している。中央モデム30によって伝送された信号は、アナログフィルタ172を介して遠隔装置5 0によって受信される。遠隔装置50は、アナログインタフェース172と、時間ドメイン等化装置(TEQ)174と、等化された離散多重音調信号を復調し、循環プレフィクスを取り除く復調装置176と、復調された信号をデコードするデコーダ178とを備えている。時間ドメイン等化装置174は、受信された信号に対してフィルタリング機能を有効に実行する。ウィンドウィングフィルタも利用するようにしても良い。復調装置176及びデコーダ178は、それぞれ変調装置45及びエンコーダ43の逆の機能を実行する。デコードされた信号は、デコーダ178から、テレビ、コンピュータ、他の好適な受信装置といったような遠隔装置22に送られる。時間ドメイン等化装置174、復調装置176、 及びデコーダ178の機能は、中央モデムの対応構成要素と類似している。ノッチフィルタ185は、その遠隔装置に関係のあるサブチャネルの外側の周波数帯域におけるエネルギを阻止するために、任意に受信装置のアナログフィルタ17 2の上流位置に備えるようにしてもよい。こうすれば、アナログフィルタが飽和するのを防止する助けとなる。帯域外エネルギをふるい落すために、ノッチアナログ又は他の好適なフィルタリング機構を備えることにより、受信装置自身が多くのエネルギを処理する必要がなくなるので、より低コストの受信装置構成を利用し得る。上流方向のエンコードと変調は、上記中央モデム装置の説明で述べた下流方向のデータ伝送と全く同一の方法によって実行され得る。したがって、遠隔装置5 0はまた、エンコーダ143と、多重音調変調装置145と、ウィンド又はフィルタ146と、アナログインタフェース148とを備えている。遠隔装置50はまた、上記のように、遠隔装置50を中央モデムと現在通信中の他の遠隔装置と同期化させるために、多重音調信号を適切な時間だけ遅延させるフレーム同期化装置147を必要とする。加入者形式の応用例では、典型的に、より少ない数のサブチャネルが上流方向通信を容易にするために利用される。しかしながら、このような上流方向通信のために、如何なる数のサブチャネルでも利用可能にし得ることは理解されるべきである。被ポール伝送モードが実行中の場合には、エンコーダ143は、例えば、QA Mエンコーダとなり得る。例えば、16ポイント配列QAMエンコーダは、多くのシステムにおいて良好に機能する。高速アクセス伝送モードによる伝送の場合には、エンコーダ143は、例えば、4ポイント配列微分横軸位相偏移調和(D QPSK)エンコーダとなり得る。例えば、好適なDQPSKエンコーダは、J. Wiley&Sons社による1988年発行の「モデム設計の理論と実際」と題名されたジェイ。・ビンガムの本文に記載されている。被ポール伝送と高速アクセス伝送モード間の切り替えをもたらす制御信号は、同様にして他の場所に選択的に付加され得ることは理解されるべきであるが、既述のモード切り替えの例では、被ポール伝送モードと高速アクセス伝送モードとの間のスイッチングを行わせる制御信号もエンコーダに入力されるが、他の位置にこの信号が追加されるようにすることができることを理解するべきである。同様にして、被ポール伝送モードが実行中の場合には、中央装置におけるデコーダ78は、例えば、QAMデコーダとなり得る。高速アクセス伝送モードをによる伝送の場合には、中央装置のデコーダ78は、例えば、微分横軸位相偏移調和(DQPSK)エンコーダとなり得る。上述の発明の実施の形態のほとんどは、主に、遠隔装置から中央装置10への上流方向通信の操作に向けられていた。したがって、そのようなシステムに適用可能な下流方向通信の形式に対しては、何らの制限も課されない。下流方向チャネルは、上流方向通信に対して使用される変調と類似の離散多重音調変調を利用することができ、また、残留側波帯(VSB)又はQAMのような、他の好適な技術を利用することもできる。また、下流方向チャネルには、さらに、S1、S 2及びS3フラグや、同期化信号、および、サブチャネル23の割り当てに関する情報(これらに限定されるものではない)のような、関連あるフォーマット信号を伝送するための専用オーバヘッドチャネルを備えるようにしてもよい。当業者によって理解されるように、数多くの他の伝送方式の方法が本発明において下流方向チャネルに適用され得ることは理解され得る。離散多重音調伝送が、上流及び下流データ方向の双方に用いられ、要求されるデータ伝送速度が比較的高い場合には、時分割多重アクセス(例えば、「ピンポン伝送方式」)に基づく伝送方式を備えることが望まれる。すなわち、下流方向通信には、指定された数のフレーム又はスーパフレームが、全帯域幅を通じて伝送するために与えられる。その後、上流方向通信に、指定された数のフレーム又はスーパフレームが、全帯域幅を通じて伝送するために与えられる。 25.6ミリオンビット/秒及び51.2ミリオンビット/秒のような高いデータ速度の多くの応用例では、上流及び下流方向の同時通信を分離するための高価なフィルタを備える必要性がなくなるので、ピンポン伝送方式の使用は、送信装置及び受信装置の設計において、かなりのコストの削減をもたらす。このピンポン方式は、 10ミリオンビット/秒以上の伝送速度において特に有効である。次に図12を参照して、非対称応用例のためのピンポン伝送方式について説明する。この発明の実施の形態では、8つの連続する下流方向スーパフレーム(D SF)885のデータが下流方向に向けて伝送され、1つの上流方向スーパフレーム(USF)886のデータが上流方向に向けて伝送される。他の発明の実施の形態では、各方向における伝送のために使用される現実のフレーム数は、特定システムの要求に従って変更され得る。例えば、非対称率は下流方向通信のために幅広く変更されることが可能であり、伝送期間は対称にすることが可能であり、又は、上流方向通信により多くのアクセスが与えらるようにすることもできる。上流及び下流方向通信間の帯域幅の動的割り当てを保証するシステムでは、上流及び下流方向通信間のフレームの分配を動的に割り当てするために制御装置を備えるようにしてもよい。中央装置及び遠隔装置間の信号が比較的長い距離を移動するシステムでは、過渡変化を沈静させるために、一方向へのデータ伝送の終了後に、沈静期間887を備えることが好ましい。図示された発明の実施の形態では、沈静期間が上流方向伝送の後に備えられているが、下流方向伝送の後には備えられていない。実際には、沈静期間は、いずれか一方向又は両方向の伝送の後に置かれるのが適当かもしれない。遠隔装置の初期化及び/又は同期化、上流方向サブチャネルのアクセス要求及び/又は調整間隔は、上述したどの技術を用いても達成し得ることは理解されるべきである。既述の時分割多重アクセス方式の主な利点は、伝送帯域幅が酷使されそうなシステムにおいて上流及び下流方向同時通信を分離するための高価なフィルタを必要としないところにある。他の利点は、上流方向通信が第1周波数レンジで行われ、下流方向通信は第2周波数レンジにて行われるような標準的な周波数分割多重化方式と比較した場合に、ピンポン伝送方式は、非対称伝送を改善することができる。実際、伝送速度は、エコーキャンセリングを採用するシステムのレベルのほぼ近くにまで増加され得る。しかしながら、ピンポン方式は、このような伝送速度を、周波数分割システム又はエコーキャンセルシステムのいずれかを利用するために要求されるコストと比較して、ずっと低いアナログ構成部品コスト(現在の技術を使用して)で達成することができる。本発明の幾つかの発明の実施の形態を詳細に説明してきたが、本発明は、本発明の趣旨又は範囲内で多くの特定の形に具現化され得ることは理解されるべきである。例えば、本発明は、主に離散多重音調伝送システムを背景に説明なされてきた。しかしながら、この同一の技術は、離散ウェーブレット多重音調方式や、 ベクトルコーディング方式、及び他の多重搬送波変調方式といった、他の離散多重搬送波システムにも適用可能であることは認識されるべきである。オーバヘッドサブチャネルを含む発明の実施の形態では、そのようなサブチャネルは、各方向で共有することもでき、又は、区別することができることが理解されるべきである。オーバヘッドバス中に2つのサブチャネルを使用することが、最も詳細に説明されてきた。しかしながら、1つのサブチャネルが上流及び下流方向通信( 特にエコーキャンセルが用いられている場合)の両方のために備えられ得ることは認識されるべきである。この代わりに、特定システムの制約が、1以上のサブチャネルがいずれか(又は双方)の方向の通信のために使用されるべきであることを命令している場合には、2以上のオーバヘッドサブチャネルを備えるようにしてもよい。例えば、比較的少数の遠隔装置を有するシステムでは、各遠隔装置(あるいは、遠隔装置のサブグループ)に、専用のサブチャネルが割り当てられ得る。あるいは、雑音に起因する干渉のリスクを低減するために、冗長性を備えるようにすることもできる。同じことが下流方向オーバヘッド通信に適用することができる。各遠隔装置のために専用サブチャネルを使用することに伴う欠点は、当然ながら、帯域幅の浪費である。さらに、専用オーバヘッドサブチャネルが説明されている。しかしながら、ある環境においては、同一のサブチャネル上に他のオーバヘッド情報(例えば、制御情報)を多重化することは可能である。前述の観点から、これらの例は、限定としてでなく実例として考慮され、本発明は、ここに与えられた詳細に限定されず、添付のクレームの範囲内において改良され得ることは認識されるべきである。

【手続補正書】特許法第184条の8 【提出日】1996年5月9日【補正内容】 請求の範囲1. [Procedure amendment] # 184 Article 8 [filing date] of the May 9, 1996 Patent Act [correction contents] the scope of claim 1. 複数のオーバーヘッドサブチャネルを有するオーバヘッドバスを含む複数の離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して中央装置と複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける選択された遠隔装置から中央装置へ伝送されるフレームを同期化する方法であって、 (a)選択された第1遠隔装置が前記中央装置との通信の確立を欲するときに、 前記中央装置からの第1信号を受信し、前記選択された第1遠隔装置のクロックを前記第1信号中に搬送されたクロック信号にループ時間合わせするステップと、 (b)前記選択された第1遠隔装置が中央装置との通信の確立を欲するときに、 前記ループ時間合わせされた遠隔装置から前記中央装置へ前記オーバヘッドバス中のオーバヘ Bidirectional data transmission system that facilitates communications between a central unit and a plurality of remote devices using the flame discrete multicarrier transmission system having a plurality of discrete sub-channels including overhead bus having a plurality of overhead subchannels from the selected remote unit to a method for synchronizing frames to be transmitted to the central unit in, (a) when the first remote unit that is selected wishing to establish communication with the central unit, said central unit receiving a first signal from the steps of aligning the loop time the transport clock signal of the clock of the selected first remote unit in the first signal, (b) the selected first remote unit Obahe of but when wishing to establish communication with the central unit, the overhead in the bus from a remote device which is combined the loop time to said central unit ッドサブチャネルを通じて遠隔開始同期化信号を伝送するステップと、 (c)前記中央装置が前記遠隔開始同期化信号を受信したとき、前記選択された第1遠隔装置を前記中央装置と現在通信中の他の遠隔装置により良く同期させるために要求されるフレーム境界位相偏移を示す情報を含む、中央開始同期化信号を、前記中央装置から前記選択された第1遠隔装置へ伝送するステップと、 (d)前記選択された第1遠隔装置から出力されるフレームのフレーム境界を前記中央装置と通信中の他の遠隔装置から出力されるフレームのフレーム境界により良く同期させるために、前記中央開始信号に応じて前記選択された第1遠隔装置から出力される前記フレームの位相を偏移させるステップと、を備え、 前記同期化は、同期化が完全に行われ Transmitting a remote initiated synchronization signal through head subchannel, (c) when said central unit receives the remote initiated synchronization signal, a first remote device said selected said central unit and other currently in communication a step of including information indicating the frame boundary phase shift required in order to well synchronized by a remote device, the central starting synchronization signal, transmitted from the central unit to the selected first remote unit, (d) to better synchronize the frame boundaries of frames output frame boundaries of frames output from the first remote unit said selected from other remote devices in communication with the central unit, depending on the central initiation signal and a step of shift the phase of the frame output from the first remote unit said selected said synchronization, synchronization is performed completely 場合に、前記個々の遠隔装置からの前記フレーム境界が前記中央装置にて受信される際に、前記フレーム境界がほぼ一致するように実行される、方法。 Case, when the said frame boundary from the individual remote unit is received by the central unit, the frame boundary is performed to match generally the method. 2. 2. 請求項1に記載された方法において、前記オーバヘッドバスは、2つの専用オーバヘッドサブチャネルを備え前記遠隔開始同期化信号と中央開始同期化信号が異なるオーバヘッドサブチャネルを通じて伝送される、方法。 The method of claim 1, wherein the overhead bus includes two dedicated overhead subchannels, the remote start synchronization signal and the central initiated synchronization signal are transmitted through different overhead sub-channel.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (31)優先権主張番号 08/396,132 (32)優先日 1995年2月28日(33)優先権主張国 米国(US) (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FR,GB,GR,IE,IT,LU,M C,NL,PT,SE),AM,AT,AU,BB,B G,BR,BY,CA,CH,CN,CZ,DE,DK ,EE,ES,FI,GB,GE,HU,JP,KE, KG,KP,KR,KZ,LK,LR,LT,LU,L V,MD,MG,MN,MW,MX,NO,NZ,PL ,PT,RO,RU,SD,SE,SG,SI,SK, TJ,TT,UA,US,UZ,VN (72)発明者 ジャコブセン・ク ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (31) priority claim No. 08 / 396,132 (32) priority date February 28, 1995 (33) priority country the United States (US) (81) designated States EP (AT, BE, CH, DE, DK, ES, FR, GB, GR, IE, IT, LU, M C, NL, PT, SE), AM, AT, AU, BB, B G, BR, BY, CA, CH , CN, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, GB, GE, HU, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LK, LR, LT, LU, L V, MD, MG, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, RU, SD, SE, SG, SI, SK, TJ, TT, UA, US, UZ, VN (72) inventor Jakobusen-click リスタ・エス. アメリカ合衆国 カリフォルニア州94040 マウンテン・ビュー,ボランダ・アベニ ュー #7,1112 Lista es. United States, CA 94040 Mountain View, Boranda-suberythemal-menu # 7,1112

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. オーバヘッドバスを含む複数の離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して中央装置と複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける選択された遠隔装置から中央装置へ伝送されるフレームを同期化する方法であって、 (a)選択された第1遠隔装置が前記中央装置との通信の確立を欲するときに、 前記中央装置からの第1信号を受信し、前記選択された第1遠隔装置のクロックを前記第1信号中に搬送されたクロック信号にループ時間合わせするステップと、 (b)前記選択された第1遠隔装置が中央装置との通信の確立を欲するときに、 前記ループ時間合わせされた遠隔装置から前記中央装置へ前記オーバヘッドバス中のオーバヘッドサブチャネルを通じて遠隔開始同期化信 From the remote device selected in the bi-directional data transmission system that facilitates communications between a central unit and a plurality of remote devices using the flame discrete multicarrier transmission system having a plurality of discrete sub-channels including overhead bus a method of synchronizing a frame to be transmitted to the central apparatus, (a) when the first remote unit that is selected wishing to establish communication with the central unit, receiving a first signal from the central unit and a step of aligning the loop time the transport clock signal of the clock of the selected first remote unit in the first signal, a first remote unit of the communication with the central unit, which is the selected (b) when wishing to establish a remote start synchronous from a remote device which is combined the loop time through the overhead subchannel of the overhead in bus to the central unit Cassin 号を伝送するステップと、 (c)前記中央装置が前記遠隔開始同期化信号を受信したとき、前記選択された第1遠隔装置を前記中央装置と現在通信中の他の遠隔装置により良く同期させるために要求されるフレーム境界位相偏移を示す情報を含む、中央開始同期化信号を、前記中央装置から前記選択された第1遠隔装置へ伝送するステップと、 (d)前記選択された第1遠隔装置から出力されるフレームのフレーム境界を前記中央装置と通信中の他の遠隔装置から出力されるフレームのフレーム境界により良く同期させるために、前記中央開始信号に応じて前記選択された第1遠隔装置から出力される前記フレームの位相を偏移させるステップと、を備え、 前記同期化は、同期化が完全に行われる場合に、前記個々の遠隔装置からの前記フ And transmitting the items, is well synchronized by (c) when said central unit receives the remote initiated synchronization signal, the other remote units of the central unit and the currently communicating a first remote device wherein the selected including information indicating a frame boundary phase shift is required in order, first the center start synchronization signal, and transmitting from the central unit to the selected first remote unit, which is the selected (d) to better synchronize the frame boundaries of frames output frame boundaries of frames output from the remote device from the other remote devices in communication with the central unit, the said selected according to the central initiation signal 1 comprising a step of shift the phase of the frame output from the remote device, wherein the synchronization, when synchronization is completely performed, the off from the individual remote device ーム境界が前記中央装置にて受信される際に、前記フレーム境界がほぼ一致するように実行される、方法。 When over beam boundary is received by the central unit, the frame boundary is performed to match generally the method. 2. 2. 請求項1に記載された方法において、前記オーバヘッドバスは2つの専用オーバヘッドサブチャネルを備えて前記遠隔開始同期化信号と中央開始同期化信号が異なるオーバヘッドサブチャネルを通じて伝送される、方法。 The method of claim 1, wherein the overhead bus the remote start synchronization signal includes two dedicated overhead sub-channel and the central initiated synchronization signal are transmitted through different overhead sub-channel. 3. 3. 請求項1に記載された方法において、単一の専用オーバヘッドサブチャネルが備えられ、前記遠隔開始同期化信号及び前記中央開始同期化信号が共に前記単一の専用サブチャネルを通じて伝送される、方法。 The method of claim 1, provided with a single dedicated overhead sub-channel, the remote start synchronization signal and the central initiated synchronization signal are transmitted together via the single dedicated sub channel. 4. 4. 請求項1に記載された方法において、前記遠隔装置のうち2つの遠隔装置がそれぞれに関連する遠隔開始同期化信号をほぼ同時に伝送したときには、競合が認識されて、前記各遠隔装置はそれぞれに関連する遠隔開始同期化信号を再送信する、方法。 The method of claim 1, wherein when the two remote devices of the remote device is substantially simultaneously transmitted to remote start synchronization signals associated with each, the conflict is recognized, associated with each of the respective remote device retransmitting the remote start synchronization signal for the method. 5. 5. 請求項1に記載された方法において、前記ステップb、c及びdは、前記選択された遠隔装置が完全に同期化されるまで繰り返され、さらに、前記選択された遠隔装置から前記中央装置への通常通信を開始するステップを備える、方法。 The method of claim 1, wherein step b, c and d, the selected remote unit is repeated until the fully synchronized, further from the selected remote unit to the central unit comprising the step of starting the normal communication process. 6. 6. 中央装置と複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおいて使用するための離散多重搬送波中央モデム装置であって、 ディジタル情報をエンコードするためのエンコーダと、 それぞれ関連するサブ搬送波と周波数において符合する複数のサブチャネルの、それぞれにおける雑音レベルを示す回線品質変数を決定するために通信回線を監視するための監視装置と、 フレーム式離散多重音調信号中の多数のサブ搬送波を通じて被エンコードディジタルデータを変調するための変調装置であって、各サブ搬送波は関連音調及び関連サブチャネルに対応し、前記変調は少なくとも検出された回線品質パラメータ及び許容電力マスク変数を考慮して実行され、さらに、前記変調は、特定のパラメータの実時間変化に適応す A discrete multi-carrier central modem unit for use in a two-way data transmission system that facilitates communications between a central unit and a plurality of remote devices, and an encoder for encoding digital information, the sub-associated respectively a plurality of sub-channels consistent in carrier frequency, the monitoring apparatus for monitoring a communication line to determine line quality variable indicating the noise level in each through a plurality of sub-carriers in the flame discrete multi tone signal a modulator for modulating the encoded digital data, each sub-carrier corresponds to the relevant tonal and related sub-channel, the modulation is performed in consideration of at least the detected line quality parameters and allowable power mask variables further, the modulation to adapt to the real-time changes in specific parameters ために、使用されている前記サブチャネル及び各サブチャネルを通じて伝送されるデータ量の双方を伝送期間中に動的に更新することが可能である変調装置と、 前記多重音調信号が前記伝送回線に適用される前に前記多重音調信号に循環プレフィクスを付加するための装置と、 専用オーバヘッドサブチャネルを通じて受信される信号を監視し、前記オーバヘッドサブチャネルを通じて受信された遠隔開始同期化信号を識別し、前記遠隔開始同期化信号のフレーム境界と前記離散多重音調信号中におけるフレームのフレーム境界との間の位相偏移を決定し、前記遠隔開始同期化信号を発信した選択された遠隔装置を、前記中央装置と現在通信中の他の遠隔装置と同期化するために要求されるフレーム境界位相を示す中央開始同期化信号を生成 For a modulator can be dynamically updated during transmission periods of both the amount of data to be transmitted through the subchannel and each sub-channel is being used, the multi-tone signal is the transmission line a device for adding cyclic prefix to the multiple tone signal before it is applied to monitor the signals received through the dedicated overhead subchannels, identifies the remote start synchronization signal received through the overhead subchannel the remote device determines the phase shift was selected originated the remote start synchronization signal between the frame boundaries of frames in the remote start synchronizing signal frame boundaries between the discrete multi tone signal in the generating a central start synchronization signal indicating a frame boundary phase required to other remote devices and synchronization of the central unit and the currently communicating して前記遠隔モデム装置へ伝送するための同期化装置とを備える、中央モデム装置。 And and a synchronizing device for transmission to the remote modem, the central modem unit. 7. 7. 中央装置と複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおいて使用するための離散多重搬送波遠隔モデム装置であって、 第1ディジタル情報セットを示す第1離散多重音調信号を復調するための復調装置であって、前記離散多重音調信号の一部として変調情報を受信するために構成されており、変調課程における実時間変化に適応するために、変更された変調情報に応じて受信中に動的に更新する能力を有し、前記離散多重音調信号から循環プレフィクスを取り除くように構成されている復調装置と、 前記復調されたディジタル情報をリアルタイムにデコードするためのデコーダと、 第2ディジタル情報セットをエンコードするためにエンコーダと、 第2離散多重音調信号中の多数のサブ搬送波を通じて前記被エ A discrete multi-carrier remote modem unit for use in a two-way data transmission system that facilitates communications between a central unit and a plurality of remote devices, the first discrete multi-tone signal indicating the first digital information set a demodulating apparatus for demodulating is configured to receive modulation information as part of the discrete multi-tone signal, in order to adapt to the real-time changes in the modulation degree, depending on the changed modulation information have the ability to dynamically updated during reception Te, a decoder for decoding said discrete multi tone signal from the demodulator is configured to remove the cyclic prefix unit, the digital information the demodulated in real time an encoder for encoding the second digital information set, the through number of sub-carriers in the second discrete multi-tone signal to be d ンコード第2ディジタル情報セットを変調するための変調装置であって、前記第2離散多重音調信号中の各サブ搬送波が関連音調及び関連サブチャネルと対応している変調装置と、 前記離散多重音調遠隔モデムが前記中央装置との通信の開始を欲するときにオーバヘッドサブ搬送波に適用される第1同期化信号を生成し、前記遠隔装置を前記中央装置と現在通信中の他の遠隔装置と同期化するために要求されるフレーム境界位相を示す第2同期化信号を前記中央装置から受信し、前記第2離散多重音調信号が前記他の遠隔装置によって送信される多重音調信号と前記中央装置において同期されるように前記第2離散多重音調信号の位相を偏移させるための同期化装置と、を備える遠隔モデム装置。 A modulating apparatus for modulating Nkodo second digital information set, the second the sub-carriers in discrete multi-tone signal and the associated tone and associated subchannel and corresponding to that modulator, the discrete multi-tone remote modem to generate a first synchronization signal that is applied to the overhead subcarriers when wishing to initiate communication with the central unit, to other remote devices synchronized in the central unit and the current communications the remote device It is synchronized in the central device a multiple tone signal transmitted the second synchronization signal indicating a frame boundary phase required received from the central unit, the second discrete multi-tone signal by the other remote device for remote modem device and a synchronizing device for shift the phase of the second discrete multi-tone signal so that. 8. 8. 請求項7に記載された遠隔モデム装置において、前記復調装置はさらに、 時間ドメイン等化装置を備える、遠隔モデム装置。 In the remote modem apparatus according to claim 7, wherein the demodulator further includes a time domain equalizer, the remote modem. 9. 9. 請求項7に記載された遠隔モデム装置において、前記復調装置及び前記デコーダは受信装置の一部であり、前記遠隔装置はさらに、前記受信装置によって処理される信号のエネルギレベルを低減させるために前記第1離散音調信号が前記受信装置に渡される前に前記第1離散音調信号をフィルタリングするように構成されているアナログノッチフィルタを備える、遠隔モデム装置。 In the remote modem apparatus according to claim 7, wherein the demodulator and the decoder are part of a receiving device, the remote device further said to reduce the energy level of the signal processed by the receiving device comprises an analog notch filter configured to filter said first discrete tone signal before the first discrete tone signals are passed to the receiving device, the remote modem. 10. 10. オーバヘッドバスを含む複数の離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して中央装置と複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける選択された遠隔装置から中央装置へ伝送されるフレームを同期化する方法であって、 選択された第1遠隔装置が前記中央装置との通信の確立を欲するときに、前記中央装置からの第1信号を受信し、前記選択された第1遠隔装置のクロックを前記第1信号中に搬送されたクロック信号にループ時間合わせするステップと、 前記クロックが前記第1信号中の前記クロック信号にループ時間合わせされたとき、前記選択された第1遠隔装置から前記中央装置へ前記オーバヘッドバス中の専用オーバヘッドサブチャネルを通じて遠隔開始同期化信号を伝 From the remote device selected in the bi-directional data transmission system that facilitates communications between a central unit and a plurality of remote devices using the flame discrete multicarrier transmission system having a plurality of discrete sub-channels including overhead bus a method of synchronizing a frame to be transmitted to the central unit, when the first remote device selected wishing to establish communication with the central unit, receiving a first signal from the central unit, wherein comprising the steps of a clock of the first remote device selected fit loop time the transport clock signal in the first signal, when the clock is combined loop time to said clock signal in said first signal, said Den remote start synchronization signal from the first remote device selected via a dedicated overhead subchannels of the overhead in bus to the central unit するステップと、 前記遠隔開始同期信号に応じて前記中央装置から伝送された中央開始同期化信号を受信し、ここで、前記中央開始同期化信号は、前記選択された第1遠隔装置を前記中央装置と現在通信中の他の遠隔装置に同期させるために要求されるフレーム境界位相偏移を示す情報を含む、ステップと、 前記選択された第1遠隔装置から出力されるフレームのフレーム境界を前記中央装置と通信中の他の遠隔装置から出力されるフレームのフレーム境界により良く同期させるために、前記選択された第1遠隔装置から出力される前記フレームの位相を前記中央開始信号に応じて偏移させ、前記同期化は、前記個々の遠隔装置からの前記フレーム境界が前記中央装置において受信されるときに前記フレーム境界がほぼ一致するように実行 A step of, in response to said remote start synchronization signal is received a central start synchronization signal transmitted from the central unit, wherein said central start synchronization signal, the central first remote device wherein the selected includes information indicating device and frame boundary phase shift required to synchronize the other remote device currently in communication, and the step, the frame boundaries of frames output from the first remote unit said selected said to better synchronize the frame boundaries of frames output from the other remote devices in communication with the central unit, the polarization phase of the frame output from the first remote unit said selected according to the central initiation signal transferred thereby, the synchronization is performed as the frame boundary coincides substantially when said frame boundary from the individual remote device is received at the central unit れるステップと、を備える方法。 The method comprising the steps, a. 11. 11. 複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信を容易にするために複数の離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して、前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける、前記第1遠隔装置から伝送されるフレームのフレーム境界が前記他の遠隔装置から伝送されるフレームのフレーム境界とほぼ同期的に前記中央装置に到達するように、選択された第1遠隔装置から前記中央装置へ伝送されるフレームを他の遠隔装置から前記中央装置へ伝送されるフレームに同期化する方法であって、 上流方向通信を容易にするために備えられた前記複数の離散サブチャネル上に定期的に被同期化非通信時間を供給するステップと、 異なるサブチャネルを通じて伝送される Use the flame discrete multicarrier transmission system having a plurality of discrete sub-channels to facilitate upstream communications between the plurality of remote units and the central unit, and the central unit and the plurality of remote devices in two-way data transmission system that facilitates communications between, the central device substantially synchronously with the frame boundaries of frames transmitted frame boundaries of frames transmitted from said first remote unit from said other remote devices to reach, a method of synchronizing a frame to be transmitted to the central unit frames to be transmitted to the central unit from the other remote units from the first remote device that is selected, the upstream communication easily It is transmitted and supplying, through different subchannels periodically be synchronized non-communication time on the plurality of discrete sub-channels provided for 数の初期化信号を含みフレーム境界を有する広帯域初期化信号を、第1の選択された被同期化非通信時間の間に、前記第1遠隔装置から前記中央装置へ伝送するステップと、を備える方法。 Broadband initialization signal having a frame boundary comprises an initialization signal having, during the first selected target synchronized non-communication time, and a step of transmitting from said first remote unit to the central unit Method. 12. 12. 請求項11に記載された方法において、 前記第1遠隔装置は、前記第1遠隔装置が前記中央装置との通信の確立を欲するときに、前記中央装置によって送信された下流方向通信を監視し、広帯域初期化信号のフレーム境界を、前記遠隔装置によって受信された下流方向信号中に搬送されたフレームタイミングマーカにほぼ同期させ、 前記中央装置は、前記広帯域初期化信号を受信し、また、前記第1遠隔装置から送信される信号のフレーム境界を前記中央装置と通信中の他の遠隔装置から送信される信号のフレーム境界により良く同期させるために要求されるフレーム境界偏移を示す情報を含む同期化信号を、前記第1遠隔装置に送信し、 前記第1遠隔装置から出力されるフレームのフレーム境界を前記中央装置と現在通信中の他の遠隔装 The method of claim 11, wherein the first remote device when the first remote device wants to establish communication with the central unit monitors the downstream communication sent by said central unit, frame boundary of a wideband initialization signal, the remote unit substantially in synchronism with the frame timing marker which is conveyed in the downstream direction signal received by the central unit receives the wideband initialization signal, also, the first synchronization including information indicating a frame boundary shift required in order to better synchronize the frame boundaries of the signal transmitted frame boundaries of the signals transmitted from other remote devices in communication with the central device 1 remote device the signal, the first transmitted to the remote device, wherein the frame boundary of a frame that is output from said first remote unit a central unit and other remote instrumentation currently in communication から出力されるフレームのフレーム境界により良く同期させるために、前記第1遠隔装置から出力されるフレームの境界を前記同期化信号に応じて偏移させ、 それにより、前記同期化は、完全に同期化された場合に、前記個々の遠隔装置からの前記フレーム境界が前記中央装置において受信される際にほぼ一致するように実行される、方法。 To better synchronize the frame boundaries of frames output from the frame boundary output from the first remote unit is shifted in accordance with the synchronization signal, whereby said synchronization is fully synchronized substantially matching is executed to process when it is received at the frame boundary said central device when, from the individual remote device that is of. 13. 13. 請求項11又は請求項12に記載された方法であって、さらに、上流方向通信を容易にするために備えられた前記複数の離散サブチャネル上に被同期化調整時間を定期的に供給するステップを備え、特定の調整時間の間に調整又は再調整が要求されない遠隔装置は、前記特定の調整時間の間は通信しない、方法。 A claim 11 or the method described in claim 12, further periodically supplying step to be synchronized adjustment time on the plurality of discrete sub-channels provided for facilitating upstream communications comprising a remote device adjustment or readjustment is not required during a particular adjustment time, between the specific adjustment time do not communicate, the method. 14. 14. 請求項13に記載された方法であって、さらに、選択された調整時間の間に、上流方向通信を容易にするために備えられた多数のサブチャネルを通じて前記第1遠隔装置に複数の調整信号を送信させるステップを備える、方法。 The method as claimed in claim 13, further during the adjustment time that is selected, a plurality of adjustment signals to said first remote unit through a plurality of sub-channels provided for facilitating upstream communications comprising the step of transmitting the process. 15. 15. 請求項14に記載された方法であって、さらに、上流方向通信を容易にするために備えられた複数のサブチャネルのチャネル容量を示す第1チャネル特性セットを決定するステップを備える、方法。 The method as claimed in claim 14, further comprising the step of determining a first channel characteristic set that indicates channel capacity of a plurality of sub-channels provided for facilitating upstream communications method. 16. 16. 請求項15に記載された方法であって、さらに、全ての遠隔装置と前記中央装置との間の複数の離散サブチャネルのチャネル容量を示す情報を含むチャネル特性マトリクス内に、前記第1チャネル特性セットをセーブするステップを備える、方法。 The method as claimed in claim 15, further, a plurality of the channel characteristics matrix containing information indicating the channel capacity of discrete subchannels, the first channel characteristics between all remote units and the central unit comprising the step of saving the set, method. 17. 17. 請求項11から請求項16のいずれか1の請求項に記載された方法であって、さらに、 前記第1の選択された同期化時間の間に、1以上の前記遠隔装置が関連広帯域初期化信号を伝送するときに、競合を認識するステップと、 競合が認識されたときに、前記広帯域初期化信号に応じて前記複数の遠隔装置に対して競合信号を伝送するステップと、を備え、 前記競合している各遠隔装置は、その後の被同期化非通信時間の間に広帯域初期化信号を再送信し、前記競合している遠隔装置は、前記広帯域初期化信号を再送信する前に独立して無作為な間隔待機するよう構成されている、方法。 The method as claimed in claim 11 in any one of claims 16, further between the first selected synchronization time, one or more of the remote device associated broadband initialization when transmitting a signal, and recognizing a conflict, when a conflict is recognized, and a step of transmitting a contention signal to the plurality of remote devices in accordance with the broadband initialization signal, the each remote device is a conflict, to retransmit the wideband initialization signal, the remote device that the conflict between the subsequent target synchronizing non-communication time, independently before retransmitting the broadband initialization signal to is configured to wait a random interval, methods. 18. 18. 請求項11から請求項17のいずれか1の請求項に記載された方法において、前記被同期化非通信時間は、前記中央装置から伝送された非通信期間マーカが前記中央装置から最も遠い前記遠隔装置へ伝送され、前記被同期化非通信期間マーカに応答する初期化信号が前記中央装置へ返信されることが、すべて前記被同期化非通信時間内にされるように十分な長さを有する期間である、方法。 In the methods according to claims 11 to any one of claims 17, wherein the synchronization non-communication time is the furthest said remote non-communication period marker transmitted from the central device from said central device is transmitted to the device, wherein that the initialization signal responsive to the synchronization non-communication period marker is returned to the central unit, with all the sufficient length so as to be within the synchronization non-communication time it is a period, method. 19. 19. 請求項18に記載された方法において、前記被同期化非通信期間は、約5 0から500ミリ秒の範囲の期間を有する、方法。 The method of claim 18, wherein the synchronization non-communication period has a duration in the range of about 5 0 500 milliseconds method. 20. 20. 請求項11から請求項19のいずれかの請求項に記載された方法であって、さらに、前記遠隔装置によって使用を禁止されたサブチャネルの標識を前記中央装置から定期的に伝送するステップを備え、前記遠隔装置は、前記広帯域初期化信号が、使用を禁止された前記サブチャネル中に如何なる伝送をも含まないように確かめる、方法。 The method as claimed in claim 11 in any of claims 19, further comprising the step of transmitting periodically the labeling of subchannels use is prohibited by the remote device from the central unit , the remote device, the broadband initialization signal, ascertained not include any transmission in the sub-channels that are forbidden to use, method. 21. 21. 請求項12に記載された方法において、前記下流方向通信は離散多重音調信号であり、前記遠隔装置によって受信された前記下流方向信号中を搬送される前記フレームタイミングマーカは、前記下流方向離散多重音調信号のフレーム境界である、方法。 The method of claim 12, wherein downstream communication is discrete multi-tone signal, the frame timing marker conveyed the in downstream signal received by the remote device, the downstream discrete multi tone a frame boundary signal. 22. 22. 請求項12に記載された方法において、前記下流方向信号は、直交振幅変調信号及び残留側波帯信号からなるグループから選択される、方法。 The method of claim 12, wherein the downstream signal is selected from the group consisting of quadrature amplitude modulation signal and a vestigial sideband signal. 23. 23. 複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信を容易にするために備えられた多くの離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける、前記中央装置による前記遠隔装置への帯域幅の割り当てを容易にするために前記遠隔装置から前記中央装置へのサブ搬送波伝送品質を動的に調べる方法であって、 (a)上流方向通信を容易にするために備えられた前記複数の離散サブチャネル上に定期的に被同期化非通信時間を供給し、特定の調整時間の間に調整又は再調整が要求されない遠隔装置は、前記特定の調整時間の間には通信しないステップと、 (b)選択された被同期化非通信期間中において、上流方向通信を容易 Wherein the plurality of remote units and the central unit using a frame-type discrete multicarrier transmission system having a number of discrete sub-channels provided for in the upstream-way communication easier between the plurality of remote units and the central unit dynamic sub-carrier transmission quality of the two-way data transmission system that facilitates communications from the remote device to facilitate the allocation of bandwidth to the remote device by the central unit to the central unit between the a method of examining a manner, during the (a) periodically supplying the synchronization non-communication time on the plurality of discrete sub-channels provided for in the upstream communication easy, a specific adjustment time the remote device adjustment or readjustment is not required, said the steps do not communicate during a particular adjustment time, during (b) selected to be synchronized non-communication period, facilitating upstream communications するために備えられた前記複数のサブチャネルを通じて第1遠隔装置からの調整信号を伝送するステップと、 (c)前記選択された調整時間中に伝送された前記調整信号を前記中央装置において監視し、上流方向通信を容易にするために備えられた前記複数のサブチャネルのチャネル容量を示す第1チャネル特性セットを決定するステップと、を備え、 それにより、前記中央装置は、上流方向通信のためにどのサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に割り当てるかを決定する際に、前記第1チャネル特性セットを使用しうる、方法。 And transmitting the adjusted signal from the first remote unit through the plurality of sub-channels provided for, monitoring in the central device the adjustment signal transmitted during the adjustment time which is the selected (c) , comprising determining a first channel characteristic set that indicates channel capacity of the plurality of sub-channels provided for facilitating upstream communications, and whereby said central unit, for upstream communication which sub-channels in determining whether to assign to the first remote device that is the selected, may use the first channel characteristics set method. 24. 24. 請求項23に記載された方法であって、さらに、全ての遠隔装置と前記中央装置との間の前記複数の離散サブチャネルのチャネル容量を示す情報を含むチャネル特性マトリクス内に、前記第1チャネル特性をセーブするステップを備える、方法。 The method as claimed in claim 23, further wherein the plurality of discrete sub-in channel characteristics matrix containing information indicating the channel capacity of the channel, the first channel between all remote units and the central unit comprising the step of saving the properties, methods. 25. 25. 請求項24に記載された方法であって、さらに、前記中央装置へ伝送された前記複数の調整信号から生成された情報セットに基づいて、前記選択された第1遠隔装置に割り当てられた前記サブチャネルセットを調整するステップを備える、方法。 The method as claimed in claim 24, further on the basis of the transmitted information sets generated from said plurality of adjustment signals to the central unit, the sub-assigned to the first remote device that the selected comprising adjusting the channel setting method. 26. 26. 請求項23から請求項25のいずれか1の請求項に記載された方法であって、さらに、個々の遠隔装置に対する帯域幅の割り当てを容易にするように複数の異なる遠隔装置の各々に対するチャネル特性を決定するために、前記複数の異なる遠隔装置に関して前記監視するステップと前記伝送するステップとを繰り返し、異なる遠隔装置が異なる非通信時間の間にそれぞれの調整信号を伝送するステップを備える、方法。 The method as claimed in any one of claims 25 to claim 23, further channel characteristics for each of a plurality of different remote devices to facilitate the allocation of bandwidth for each remote unit to determine, repeatedly the steps of said transmission and said step of monitoring with respect to the plurality of different remote devices, comprising the steps of different remote device transmits a respective adjustment signals during different non-communication time, method. 27. 27. 請求項23から請求項26のいずれか1の請求項に記載された方法であって、さらに、前記選択された第1遠隔装置に対して再調整信号を送信し、前記選択された第1遠隔装置は、再調整信号の受信に応じて調整信号だけを伝送するステップを備える、方法。 The method as claimed in any one of claims 26 claims 23, further first remotely transmitted the re-adjustment signal and said selected relative to the selected first remote unit device includes the step of transmitting only an adjustment signal in response to reception of the reconditioning signal. 28. 28. 複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信を容易にするために備えられた多くの離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける、前記中央装置による前記遠隔装置への帯域幅の割り当てを容易にするために前記遠隔装置から前記中央装置へのサブ搬送波伝送品質を動的に調べる方法であって、 (a)上流方向通信を容易にするために備えられた前記複数の離散サブチャネル上に定期的に被同期化非通信時間を供給し、特定の調整時間の間に調整又は再調整が要求されない遠隔装置は、前記特定の調整時間の間は通信しないステップと、 (b)選択された第1遠隔装置に再調整信号を送信するステップと、 (c Wherein the plurality of remote units and the central unit using a frame-type discrete multicarrier transmission system having a number of discrete sub-channels provided for in the upstream direction communication easier between the plurality of remote units and the central unit dynamic sub-carrier transmission quality of the two-way data transmission system that facilitates communications from the remote device to facilitate the allocation of bandwidth to the remote device by the central unit to the central unit between the a method of examining a manner, during the (a) periodically supplying the synchronization non-communication time on the plurality of discrete sub-channels provided for in the upstream communication easy, a specific adjustment time the remote device adjustment or readjustment is not required to, during the said specific adjustment time and steps not communicate, and transmitting the readjusted signal to a first remote device selected (b), (c 選択された被同期化非通信期間の間において、上流方向通信を容易にするために備えられた前記複数のサブチャネルを通じて前記選択された第1遠隔装置から前記中央装置へ調整信号を伝送し、前記選択された第1遠隔装置は、再調整信号の受信に応じて調整信号だけを伝送するステップと(d)前記選択された調整時間中に伝送された前記調整信号を前記中央装置において監視し、上流方向通信を容易にするために備えられた前記複数のサブチャネルのチャネル容量を示す第1チャネル特性セットを決定するステップと、 (e)個々の遠隔装置と前記中央装置との間の前記複数の離散サブチャネルのチャネル容量を示す情報を含むチャネル特性マトリクス内に前記第1チャネル特性セットをセーブし、それによって、前記中央装置は、上 In between selected the synchronized non-communication period, the adjustment signal transmitted from the first remote unit said selected through the plurality of sub-channels provided for facilitating upstream communications to the central unit, first remote device wherein the selected, the adjustment signal transmitted only adjustment signal in response to reception of the re-adjustment signal in steps and; (d) selected adjustment time for transmitting monitored in the central unit the between determining a first channel characteristic set that indicates channel capacity of the plurality of sub-channels provided for facilitating upstream communications, with the central unit and (e) each remote unit saving the first channel characteristic set for channel characteristics within a matrix containing information indicating the channel capacity of a plurality of discrete sub-channels, whereby the central unit, on 方向通信のためにどのサブチャネルを前記個々の第1遠隔装置に割り当てるかを決定する際に前記チャネル特性マトリクスを使用いうるステップと、 (f)前記送信、伝送、監視、及びセーブするステップを、追加される遠隔装置に関して繰り返し、異なる遠隔装置は異なる非通信時間の間にそれぞれの調整信号を伝送するステップとを備える、方法。 A step that may have using the channel characteristic matrix in determining whether to assign to a first remote device of the individual to which subchannels for directional communication, (f) said transmission, transmission, monitoring, and the step of saving , repeated for being added remote device, different remote device comprises transmitting a respective adjustment signals during different non-communication time, method. 29. 29. 請求項28に記載された方法であって、さらに、即時更新を要求している遠隔装置が存在するか否かを決定し、そのような遠隔装置が存在している場合には、前記要求している遠隔装置に対して次期の再調整信号を送信するステップを備える、方法。 The method as claimed in claim 28, further determines whether the remote device is present that is requesting an immediate update, when such a remote device is present, then the request comprising the step of transmitting a re-adjustment signal next to the remote device and method. 30. 30. 複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信を容易にするために備えられた多くの離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける、遠隔装置の伝送要求を中央装置に通知する方法であって、 上流方向通信を容易にするために備えられた前記複数の離散サブチャネル上に定期的に被同期化非通信時間を供給し、特定の非通信時間の間にデータ要求情報を伝送することが許可されない遠隔装置は、前記特定の非通信時間の間は通信しないステップと、 非通信時間間隔以外の時間に、選択された第1遠隔装置から前記中央装置へデータ伝送要求信号を伝送するステップと、 前記選択された第1遠隔装置に対して第1非 Wherein the plurality of remote units and the central unit using a frame-type discrete multicarrier transmission system having a number of discrete sub-channels provided for in the upstream direction communication easier between the plurality of remote units and the central unit bidirectional in the data transmission system, a method for notifying the transmission request of the remote device to the central unit, the plurality of discrete sub-channels provided for facilitating upstream communications to facilitate communication between the periodically supplying the synchronization non-communication time on, the remote device is not permitted to transmit data request information during a specific non-communication time, during said particular non-communication time is a step which does not communicate , the non-non-communication time interval, selected steps of the first remote device transmits a data transmission request signal to the central unit, the first non-relative to the selected first remote unit 信時間を割り当てる許可信号を前記選択された第1遠隔装置に伝送するステップと、 前記第1非通信時間の間に、前記複数の離散サブチャネルを通じて前記選択された第1遠隔装置から前記中央装置へデータ要求情報を伝送するステップと、 前記第1遠隔装置と前記中央装置との間の上流方向通信を容易にするために、 前記データ要求情報に応じて1以上のサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に対して割り当てるステップとを備える、方法。 Transmitting a permission signal to assign signal time to the first remote device that is the selected, the between the first non-communication time, the central device from a first remote device said selected through the plurality of discrete subchannels and transmitting the data request information to, to facilitate upstream communications between the first remote unit and the central unit, the selected one or more sub-channels in response to the data request information and a step of assigning the first remote device, method. 31. 31. 請求項30に記載された方法において、前記データ要求信号は、データ速度要求信号であり、前記中央装置は、前記データ要求情報中において指定されている要求データ速度において前記選択された第1遠隔装置が伝送することができるように、十分なサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に対して割り当てる、方法。 The method of claim 30, wherein the data request signal is a data rate request signal, the central unit, the selected first remote unit in the request data rate that is specified during the data request information so it can be transmitted, assigned to the first remote device that is the selected adequate sub channel. 32. 32. 請求項31に記載された方法において、前記中央装置は、前記選択された第1遠隔装置が変更を欲していることを示すまで、前記選択された第1遠隔装置に対して十分なサブチャネルを割り当てる、方法。 The method of claim 31, wherein the central unit, until indicates that the selected first remote unit is wanted to change, a sufficient sub-channels to the selected first remote unit assign, method. 33. 33. 請求項30から請求項32のいずれか1の請求項に記載された方法において、前記データ伝送要求信号は、データパケット要求信号であり、前記中央装置は、前記データ要求情報中において指定された情報量を伝送するために十分な時間量の間、前記1以上のサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に対して割り当てる、方法。 Information in the method according to any one of claims 32 to claim 30, wherein the data transmission request signal is a data packet request signal, said central unit, designated during the data request information for a sufficient amount of time to transmit the amount and assigns the one or more sub-channels to the selected first remote unit, the method. 34. 34. 請求項30から請求項32のいずれか1の請求項に記載された方法において、被定義データパケット情報が前記データ要求情報に含まれており、前記方法はさらに、前記被定義データ要求情報が伝送された後に、被定義データパケット要求信号を前記選択された第1遠隔装置から前記中央装置へ伝送するステップを備え、前記中央装置は、前記被定義データパケット要求に直接応答して1以上のサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に対して割り当てる、方法。 A method according to any one of claims 32 to claim 30, included in the definition data packet information the data request information, the method further the object definition data request information transmission after being provided with the step of transmitting from the first remote device that is the select object definition data packet request signal to the central unit, the central unit, one or more sub-responsive directly to the object definition data packet request assigning channels to the selected first remote unit, the method. 35. 35. 請求項30から請求項34のいずれか1の請求項に記載された方法において、前記第1遠隔装置は、前記データ要求信号を伝送する前に通信を監視し、使用されていない1以上のサブチャネルだけを通じて前記データ要求信号を伝送する、方法。 A method according to any one of claims 34 claim 30, wherein the first remote device monitors a communication before transmitting the data request signals, one or more sub not in use transmitting the data request signal only through channel. 36. 36. 請求湖30に記載された方法において、前記データ伝送要求信号の第1の値はデータ速度要求を示し、前記データ伝送要求信号の第2の値はデータパケット要求を示し、前記データ伝送要求信号の第3の値は被定義データパケット要求を示す、方法。 A method as claimed in lake 30, a first value of the data transmission request signal indicates the data rate request, a second value of the data transmission request signal indicates a data packet request, the data transmission request signal the third value indicates the definition data packet request method. 37. 37. 請求項36に記載された方法において、前記データ伝送要求信号は、2ビット信号である、方法。 The method of claim 36, wherein the data transmission request signal is a 2-bit signal. 38. 38. 請求項30に記載された方法において、前記データ伝送要求信号の第1の値は非通信期間の割り当てに関する要求を示し、前記データ伝送要求信号の第2 の値は被定義データパケット要求を示す、方法。 The method of claim 30, the first value of the data transmission request signal indicates a request for allocation of non-communication period, a second value of the data transmission request signal indicates the definition data packet request, Method. 39. 39. 請求項30から請求項38のいずれかに記載された方法において、前記離散多重搬送波伝送は、各々が複数のシンボルを有する複数のフレームに分割されており、各遠隔装置には、データ要求シンボルを伝送し得る期間である関連シンボルが割り当てられ、前記中央装置は、前記データ伝送要求信号が受信される期間であるシンボルに少なくとも部分的に基づいてデータ伝送要求信号を伝送しているる特定の遠隔装置の識別を決定する、方法。 In the methods according to claims 30 to claim 38, wherein the discrete multi-carrier transmission, each is divided into a plurality of frames having a plurality of symbols, each remote device, the data request symbol is a period that may be transmitted related symbols are assigned, the central device, the at least partially contents particular remote to transmit a data transmission request signal based on the symbol is a period in which the data transmission request signal is received determining the identity of the device, method. 40. 40. 複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信を容易にするために備えられた多くの離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける、遠隔装置の伝送要求を前記中央装置に通知する方法であって、 前記遠隔装置のいずれにおいても使用されていない1以上のサブチャネルを通じて、選択された第1遠隔装置に関連付けられたデータフレーム内の特定のシンボルの間に前記選択された第1遠隔装置から前記中央装置へデータ伝送要求信号を伝送するステップと、 使用されていない複数の前記離散サブチャネルを通じて前記データ伝送要求信号と同時にデータ要求情報を前記選択された第1遠隔装置から前記中央装置 Wherein the plurality of remote units and the central unit using a frame-type discrete multicarrier transmission system having a number of discrete sub-channels provided for in the upstream direction communication easier between the plurality of remote units and the central unit in two-way data transmission system that facilitates communications between a method of notifying a transmission request for the remote device to the central unit, through one or more sub-channel that is not used in any of the remote device , transmitting a particular first data transmission request signal from the remote device to the central unit said selected between symbols in the data frames associated with the first remote device that is selected, a plurality of unused the discrete said through sub-channel data transmission request signal and the central device from a first remote device that the data request information is the selected simultaneously 伝送するステップと、 前記第1遠隔装置と前記中央装置間の上流方向通信を容易にするために、前記データ要求情報に応じて1以上のサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に対して割り当てるステップと、を備える方法。 And transmitting, to facilitate upstream communications between said central device and the first remote device, one or more sub-channels in response to the data request information to the first remote device that is the selected the method comprising the steps of assigning, the. 41. 41. 複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信を容易にするために備えられた多くの離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける、遠隔装置の伝送要求を中央装置に通知する方法であって、 特定のデータ速度が要求されているのか、または、指定量の情報が伝送されることが望まれているのか、を示すデータ伝送要求を、選択された第1遠隔装置から前記中央装置へ伝送するステップと、 前記第1遠隔装置と前記中央装置間の上流方向通信を容易にするために、前記データ要求情報に応じて、1以上のサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に対して割り当て、この際、特定のデータ速度が要求されている Wherein the plurality of remote units and the central unit using a frame-type discrete multicarrier transmission system having a number of discrete sub-channels provided for in the upstream direction communication easier between the plurality of remote units and the central unit in two-way data transmission system that facilitates communications between a method of notifying a transmission request for the remote device to the central unit, whether a particular data rate is requested, or information specified amounts whether it is desired to be transmitted, the data transmission request indicating the steps of transmitting from the first remote device selected to the central unit, the first remote device upstream communications between said central device for ease in response to the data request information, assigned one or more sub-channel to the selected first remote unit, this time, the specific data rate is requested 合には、前記中央装置は、前記選択された第1遠隔装置が前記要求されたデータ速度で伝送することができるように十分なサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に対して割り当て、また、指定量の情報が伝送されることが望まれている場合には、前記中央装置は、前記指定量の情報を伝送するために十分な時間の間、1以上のサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に割り当てステップと、備える方法。 42.複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信を容易にするために備えられた多くの離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける、遠隔装置の伝送要求を中央装置に通知する方法であって、 高速アクセス伝送モードを使用して、選択された第1遠隔装置から前記中央装置へ通信アクセス要求を伝送し、ここで、前記通信アクセス要求は、前記選択された第1遠隔装置を識別する一義的遠隔装置識別子を含み、また、前記中央装置においてデコードするために等化を必要としない変調方式を使用して1以上の不使用サブチャネル上で前記選択された第1遠隔装置から伝送される、ステップと、 前記選択された第1 隔装置と前記中央装置との間の上流方向通信を容易にするために、前記通信アクセス要求に応じて1以上のサブチャネルを前記選択された遠隔装置に割り当てるステップと、を備える方法。 43.請求項42に記載された方法において、 前記通信アクセス要求はさらに、データ伝送要求信号を備え、 前記データ伝送要求は、被定義データパケット要求信号であり、ここで、前記中央装置は、前記選択された第1遠隔装置が前記選択された第1遠隔装置に関連する格納された被定義データパケット伝送要求に適合するデータパケットを伝送することができるように十分なサブチャネルを前記選択された第1遠隔装置に対して割り当て、前記格納された被定義データパケット伝送要求は、前記被定義データパケット要求信号の受信前に前記中央装置に知られている、方法。 44.請求項42又は請求項43に記載された方法であって、さらに、 前記中央装置からの指令に応じて遠隔装置が前記高速アクセス伝送モードを使用して伝送することを禁止し、ここで、前記中央装置からの前記指令は、前記システムの使用量が所定の閾値を超えたときに生成される、ステップと、 前記中央装置からの前記指令に応じて遠隔装置が被ポール伝送モードを使用して伝送することを許可するステップと、を備える方法。 45.複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信を容易にするために備えられた多くの離散サブチャネルを有するシンボル式離散多重搬送波伝送方式を使用して前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける、選択された遠隔装置から前記中央装置へデータを伝送するための装置であって、 前記データを受信するとともに、前記データを並列データに変換するための直並列変換器と、 前記直並列変換器に連結され、制御信号に応じて第1と第2の変調方式の一方に従って前記並列データをエンコードするためのエンコーダであって、前記第1 変調方式は被ポール伝送モード中に実行され、デコードのために前記選択された遠隔装置を識別する事前知識を有する受信装置を前記中央装置にお て必要とし、前記第2変調方式は高速アクセス伝送モード中に実行され、デコードのために前記選択された遠隔装置を識別する事前知識を有する受信装置を前記中央装置において必要としない、エンコーダと、 前記エンコーダに接続されて、前記エンコーダからの被エンコードデータを変調するためのIFFT変調装置と、 前記IFFT変調装置に接続され、前記中央装置への伝送のために前記IFF T変調装置からの被変調データを直列形式に変換するための並直列変換器と、を備える装置。 46.請求項45に記載された装置において、前記第1変調方式はQAMであり、前記第2変調方式はDQPSKである。 47.請求項45又は請求項46に記載された装置において、前記被ポール伝送モードはシステム使用量が所定の使用量閾値を超えたときに実行され、前記高速アクセス伝送モードはシステム使用量が前記所定の使用量閾値以下のときに実行される、装置。 48.請求項47に記載された装置において、 前記選択された遠隔装置は、前記被ポール伝送モードが実行されているときは、アクセス要求のために前記選択された遠隔装置に対して特に割り当てられた期間である特定のシンボル期間中だけ、割り当てのされていないサブチャネル上でデータを伝送し、 前記選択された遠隔装置は、前記高速アクセス伝送モードが実行されているときは、前記特定シンボル期間がアクセス要求のために前記選択された遠隔装置に対して割り当てられた期間であるか否かに拘らず、いずれのシンボル期間においても、割り当てのされていないサブチャネルを通じてデータを伝送する、装置。 49.複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信を容易にするために備えられた多くの離散サブチャネルを有するシンボル式離散多重搬送波伝送方式を使用して前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおける、選択された遠隔装置から前記中央装置へ伝送されたデータを受信するための装置であって、 前記データを受信し、正方向誤り訂正されたデータを並列データに変換するための直並列変換器と、 前記直並列変換器に接続され、前記直並列変換器からの並列データを復調するためのFFT復調装置と、 前記FFT復調装置に接続され、制御信号に応じて第1と第2の変調方式の一方に従って前記FFT復調装置からの被復調データをデコードするためのデコーダであって、前記第1変 方式は被ポール伝送モード中に実行されるとともにデコードのために前記選択された遠隔装置を識別する事前知識を必要とし、前記第2変調方式は高速アクセス伝送モード中に実行されるとともにデコードのために前記選択された遠隔装置を識別する事前知識を必要としない、デコーダと、 前記デコーダに接続され、前記デコーダからの被デコードデータを直列形式に変換するための並直列変換器と、を備える装置。 50.請求項1から請求項5及び請求項11から請求項44のいずれか1の請求項に記載された方法において、前記双方向データ伝送システムは、撚り線対電話回線を通じた信号伝送を含む非対称ディジタル加入者回線システムであり、前記変調装置は、各々が約4.3125kHz幅の帯域幅を有するサブチャネルに対応するサブ搬送波上に記被エンコードディジタル情報を変調する、方法。 51.請求項1から請求項5及び請求項11から請求項44のいずれか1の請求項に記載された方法において、前記双方向データ伝送システムは、同軸ケーブルを通じた信号伝送を含むケーブルシステムである。 52.請求項1から請求項5及び請求項11から請求項44のいずれか1の請求項に記載された方法において、前記双方向データ伝送システムは、無線信号伝送を含むディジタルセルラテレビシステムである。 53.複数の遠隔装置と中央装置との間の上流方向通信、及び前記中央装置と前記複数の遠隔装置との間の下流方向通信を容易にするために備えられた多くの離散サブチャネルを有するフレーム式離散多重搬送波伝送方式を使用して前記中央装置と前記複数の遠隔装置間の通信を容易にする双方向データ伝送システムにおけるデータ伝送方法であって、 a)離散多重音調変調方式を使用して、下流方向データの1以上のフレームを前記中央装置から1以上の前記遠隔装置に伝送し、ここで、前記下流方向データの伝送中は、上流方向データの伝送は許可されないステップと、 b)離散多重音調変調方式を使用して、上流方向データの1以上のフレームを1 以上の前記遠隔装置からの前記中央装置に伝送し、ここで、前記上流方向データの伝送中は 下流方向データの伝送は許可されないステップと、 c)ステップa)及びb)を連続して繰り返すステップと、を備える方法。 54.請求項53に記載された方法であって、さらに、前記下流方向フレーム及び前記上流方向フレームの少なくとも1フレームを伝送した後に、沈静期間を与えるステップを備え、前記沈静期間中はいずれの方向にも伝送が行なわれない、 方法。 55.請求項53又は請求項54に記載された方法において、許容データ伝送速度は、10ミリオンビット/秒以上である。
JP50123596A 1994-06-02 1995-06-02 Method and apparatus for matching point communication - Multi point in a multi-tonal data transmission system Withdrawn JPH10503893A (en)

Priority Applications (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US08/252,829 US5625651A (en) 1994-06-02 1994-06-02 Discrete multi-tone data transmission system using an overhead bus for synchronizing multiple remote units
US08/252,829 1994-06-02
US08/377,023 1995-01-20
US08/377,023 US5644573A (en) 1995-01-20 1995-01-20 Methods for coordinating upstream discrete multi-tone data transmissions
US08/396,132 1995-02-28
US08/396,132 US5557612A (en) 1995-01-20 1995-02-28 Method and apparatus for establishing communication in a multi-tone data transmission system
PCT/US1995/007035 WO1995034149A1 (en) 1994-06-02 1995-06-02 Method and apparatus for coordinating multi-point-to-point communications in a multi-tone data transmission system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10503893A true JPH10503893A (en) 1998-04-07

Family

ID=27400609

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP50123596A Withdrawn JPH10503893A (en) 1994-06-02 1995-06-02 Method and apparatus for matching point communication - Multi point in a multi-tonal data transmission system

Country Status (9)

Country Link
US (3) US6473438B1 (en)
EP (1) EP0763295B1 (en)
JP (1) JPH10503893A (en)
KR (1) KR100380644B1 (en)
AU (1) AU695092B2 (en)
CA (4) CA2440662A1 (en)
DE (2) DE69528646T2 (en)
FI (1) FI964805A (en)
WO (1) WO1995034149A1 (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6636525B1 (en) 1998-08-19 2003-10-21 International Business Machines Corporation Destination dependent coding for discrete multi-tone modulation
US6944216B2 (en) 1998-05-26 2005-09-13 Fujitsu Limited Digital subscriber line communicating system
US8340682B2 (en) 2006-07-06 2012-12-25 Qualcomm Incorporated Method for disseminating geolocation information for network infrastructure devices
US8428098B2 (en) 2006-07-06 2013-04-23 Qualcomm Incorporated Geo-locating end-user devices on a communication network
JP2013214981A (en) 2000-12-15 2013-10-17 Adaptix Inc Multi-carrier communications with adaptive cluster configuration and switching

Families Citing this family (86)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
USRE42236E1 (en) 1995-02-06 2011-03-22 Adc Telecommunications, Inc. Multiuse subcarriers in multipoint-to-point communication using orthogonal frequency division multiplexing
US6334219B1 (en) 1994-09-26 2001-12-25 Adc Telecommunications Inc. Channel selection for a hybrid fiber coax network
IL125472A (en) * 1996-01-24 2002-05-23 Adc Telecommunications Inc Communication system with multicarrier telephony transport
US7280564B1 (en) 1995-02-06 2007-10-09 Adc Telecommunications, Inc. Synchronization techniques in multipoint-to-point communication using orthgonal frequency division multiplexing
US8576693B2 (en) 1995-02-06 2013-11-05 Htc Corporation Systems and method for orthogonal frequency division multiplexing
GB9510127D0 (en) * 1995-05-20 1995-08-02 West End System Corp CATV Data transmission system
US5680394A (en) * 1995-07-11 1997-10-21 Amati Communications Corporation Time division duplexed high speed data transmission system and method
FI956088A (en) * 1995-12-18 1997-06-19 Nokia Telecommunications Oy High-speed data transmission to the mobile phone network
US5781728A (en) * 1996-03-15 1998-07-14 Motorola Inc. Flexible asymmetrical digital subscriber line ADSL transmitter, remote terminal using same, and method therefor
US5742527A (en) * 1996-03-15 1998-04-21 Motorola, Inc. Flexible asymmetrical digital subscriber line (ADSL) receiver, central office using same, and method therefor
GB2311196A (en) 1996-03-16 1997-09-17 Northern Telecom Ltd Minimizing crosstalk in twisted pair wires carrying TDD multitone signals
JP2000509214A (en) * 1996-03-27 2000-07-18 ローベルト ボツシユ ゲゼルシヤフト ミツト ベシユレンクテル ハフツング Point - to-multipoint radio transmission system
US6160843A (en) * 1996-03-29 2000-12-12 Cisco Technology, Inc. Communication server apparatus providing XDSL services and method
US6055268A (en) * 1996-05-09 2000-04-25 Texas Instruments Incorporated Multimode digital modem
GB9611952D0 (en) * 1996-06-07 1996-08-07 Plessey Telecomm Encoding telephony onto DMT carriers
FR2753024B1 (en) * 1996-08-27 1998-12-31 France Telecom Device and method of receiving an FDMA signal is of carrier frequencies transmitted by at least two terminals, and transmission system corresponding
US5960036A (en) * 1996-11-04 1999-09-28 Motorola, Inc. Apparatus and method for auto-configuring a communication system
FR2757334B1 (en) * 1996-12-13 1999-03-12 Thomson Csf Process for transmitting or broadcasting digital
US6002664A (en) * 1997-02-24 1999-12-14 At&T Wireless Services Inc. Method to gain access to a base station in a discrete multitone spread spectrum communications system
DE69707872T2 (en) * 1997-09-22 2002-04-25 Alcatel Sa Method and apparatus for determining a timing error in a multi-carrier transmission system
DE19743167A1 (en) * 1997-09-30 1999-04-01 Daimler Benz Ag communication system
JPH11313043A (en) * 1998-02-27 1999-11-09 Nec Corp Multicarrier transmission system, transmission equipment and transmission method
DE19814530A1 (en) * 1998-04-01 1999-10-07 Bosch Gmbh Robert A process for the digital transmission of data in a wireless communication network and receiving apparatus for receiving transmitted data according to the method
EP0969616A1 (en) * 1998-06-30 2000-01-05 Siemens Aktiengesellschaft Procedure for the optimization of the available transfer capacity within subscriber networks
US6763097B1 (en) * 1999-06-24 2004-07-13 Coppergate Communications Ltd. Source adaptive digital subscriber line and method
US6985470B1 (en) * 1998-08-10 2006-01-10 Nokia Networks Oy Data transmission in a telecommunication system
US6760348B1 (en) * 1998-12-28 2004-07-06 Globespanvirata, Inc. System and method for tone detection in a discrete multi-tone system
EP1021012A1 (en) * 1999-01-11 2000-07-19 International Business Machines Corporation Communications network system for multiple access
FI111319B (en) * 1999-06-21 2003-06-30 Nokia Corp A connection establishment method and radio system
WO2001005096A1 (en) * 1999-07-12 2001-01-18 Fujitsu Limited Communication system, message processing method for communication system, station device, and subscriber device
US6501791B1 (en) 1999-07-21 2002-12-31 Legerity, Inc. Method and apparatus for allocating tones to a plurality of users in a multi-tone modem communications system
US6683887B1 (en) * 1999-08-19 2004-01-27 Alcatel Usa Sourcing, L.P. Asymmetrical digital subscriber line (ADSL) downstream high speed cell bus interface protocol
US20060120443A1 (en) * 1999-09-28 2006-06-08 Yaqi Cheng Multi-client ADSL modem
US7031380B1 (en) * 1999-09-28 2006-04-18 Texas Instruments Incorporated Multi-client ADSL modem
JP2001111518A (en) * 1999-10-04 2001-04-20 Mitsubishi Electric Corp Communication method and communications equipment
WO2001031818A1 (en) * 1999-10-28 2001-05-03 Fujitsu Limited Transmission system
US7787525B1 (en) * 1999-12-24 2010-08-31 Schlumberger Technology Corporation Method and apparatus for transmission of well-bore data on multiple carrier frequencies
US6714589B1 (en) * 2000-01-04 2004-03-30 Legerity, Inc. Communication device with primitive synchronization signal
WO2001063786A1 (en) * 2000-02-21 2001-08-30 Surf Communication Solutions, Ltd. Adaptive echo canceling
CA2303631A1 (en) * 2000-03-31 2001-09-30 Catena Networks Canada Inc. A system and method for programmable spectrum management
US6826371B1 (en) * 2000-06-15 2004-11-30 Northrop Grumman Corporation Variable rate DPSK system architecture
WO2001099364A1 (en) * 2000-06-23 2001-12-27 Setur Ag System and method high data rate transmission
US7369838B1 (en) 2000-10-03 2008-05-06 At&T Corporation Intra-premises wireless broadband service using lumped and distributed wireless radiation from cable source input
US7209494B1 (en) * 2000-10-24 2007-04-24 L-3 Communications Corporation Digital reverse transmission frequency training method for time division duplex (TDD) communication system
ES2184587B1 (en) * 2000-12-18 2004-08-01 Diseño De Sistemas En Silicio, S.A. System and method of digital data transmission of point to multipoint grid.
US6922397B1 (en) * 2001-01-16 2005-07-26 Broadcom Corporation Selectable training signals based on stored previous connection information for DMT-based system
US6657551B2 (en) * 2001-02-01 2003-12-02 Halliburton Energy Services, Inc. Downhole telemetry system having discrete multi-tone modulation and dynamic bandwidth allocation
US20030140345A1 (en) * 2001-02-09 2003-07-24 Fisk Julian B. System for and method of distributing television, video and other signals
US6993050B2 (en) 2001-03-14 2006-01-31 At&T Corp. Transmit and receive system for cable data service
KR100375350B1 (en) * 2001-03-26 2003-03-08 삼성전자주식회사 Data communication apparatus and method based on the Orthogonal Frequency Division Multiple Access
US6718493B1 (en) * 2001-05-17 2004-04-06 3Com Corporation Method and apparatus for selection of ARQ parameters and estimation of improved communications
US20020172290A1 (en) * 2001-05-18 2002-11-21 Chorpenning Jack S. Method and system for transmitting signals between a high speed serial bus and a coaxial cable
US8291457B2 (en) 2001-05-24 2012-10-16 Vixs Systems, Inc. Channel selection in a multimedia system
US20090031419A1 (en) 2001-05-24 2009-01-29 Indra Laksono Multimedia system and server and methods for use therewith
FR2825860B1 (en) * 2001-06-06 2005-03-18 St Microelectronics Sa data transmission in master-slave division multiplexing orthogonal frequencies
US7272175B2 (en) * 2001-08-16 2007-09-18 Dsp Group Inc. Digital phase locked loop
KR20040066789A (en) * 2001-08-31 2004-07-27 아답티브 네트워크스 인코포레이티드 Communicating data using wideband communications
US7356049B1 (en) 2001-12-28 2008-04-08 Ikanos Communication, Inc. Method and apparatus for optimization of channel capacity in multi-line communication systems using spectrum management techniques
US6862502B2 (en) * 2002-05-15 2005-03-01 General Electric Company Intelligent communications, command, and control system for a land-based vehicle
WO2004012468A1 (en) 2002-07-31 2004-02-05 Interdigital Technology Corporation Handover between a cellular system and a wireless local area network
US7277517B1 (en) 2002-11-15 2007-10-02 3Com Corporation Method for achieving symbol alignment to a pre-existing ADSL data exchange
US6880634B2 (en) * 2002-12-03 2005-04-19 Halliburton Energy Services, Inc. Coiled tubing acoustic telemetry system and method
KR100542090B1 (en) * 2002-12-16 2006-01-11 한국전자통신연구원 Method for controlling error, designing medium access control frame and registering terminal in wireless communication system and recording medium
KR100502419B1 (en) * 2002-12-30 2005-07-20 삼성전자주식회사 Asymmetric digital subscriber line system be capable of adjusting receipt gain automatically and method thereof
US7184472B2 (en) 2003-03-07 2007-02-27 Texas Instruments Incorporated Time domain equalizer and method
US7106688B2 (en) 2003-04-14 2006-09-12 Cisco Technology, Inc. System and method for preventing phantom data communication links
IL156018D0 (en) * 2003-05-20 2003-12-23 Surf Comm Solutions Ltd Long range broadband modem
JP2005072898A (en) * 2003-08-22 2005-03-17 Matsushita Electric Ind Co Ltd Dsl modem apparatus and communication control method
JP4181492B2 (en) * 2003-12-25 2008-11-12 株式会社日立製作所 Setting for control and monitoring communication systems and modulation scheme
SG126752A1 (en) * 2004-03-05 2006-11-29 Infineon Technologies Ag Protocols for transmission of data, in particular over telephone lines
US7539301B2 (en) * 2004-04-19 2009-05-26 Computer Performance, Inc. Cost-effective multichannel digital logger
US7492736B2 (en) * 2004-10-29 2009-02-17 Texas Instruments Incorporated System and method for access and management of beacon periods in distributed wireless networks
CN1874168A (en) * 2005-05-30 2006-12-06 深圳富泰宏精密工业有限公司 Retention structure for card
JP5058170B2 (en) * 2005-11-07 2012-10-24 エージェンシー フォー サイエンス, テクノロジー アンド リサーチ Determining method and apparatus a plurality of available frequency ranges
US8149694B2 (en) * 2005-12-01 2012-04-03 Microsoft Corporation Enforcing fairness in ad hoc mesh networks
EP1974571A1 (en) 2006-01-11 2008-10-01 Thomson Licensing SAS Apparatus and method for controlling channel switching in wireless networks
US20080008255A1 (en) * 2006-07-10 2008-01-10 Raj Kumar Jain Multiple rate architecture for wireline communication system
US7764742B2 (en) * 2006-08-29 2010-07-27 Realtek Semiconductor Corp. Notch filtering for OFDM system with null postfix
US10193670B2 (en) * 2006-10-18 2019-01-29 Lantiq Beteiligungs-GmbH & Co. KG Methods and systems for communication
US8223628B2 (en) * 2007-01-10 2012-07-17 Lantiq Deutschland Gmbh Data transmission method, transmitter, receiver, transceiver and transmission system
US10014931B2 (en) * 2007-01-13 2018-07-03 Samsung Electronics Co., Ltd. Method and system for transmitting and receiving signal using multiple frequency bands in a wireless communication system
US9686045B2 (en) * 2007-04-04 2017-06-20 Lantiq Beteiligungs-GmbH & Co. KG Data transmission and retransmission
US8699507B2 (en) 2008-06-19 2014-04-15 Telefonaktiebolaget L M Ericsson (Publ) Scheduling of data transmissions in multi-carrier data transmission networks
WO2010008492A1 (en) * 2008-06-25 2010-01-21 Ikanos Communications, Inc. Method and apparatus for a multi-tone modem
US8391412B1 (en) * 2009-07-17 2013-03-05 Sprint Spectrum L.P. PN long code shift for access attempt
GB2548031A (en) * 2014-12-31 2017-09-06 Halliburton Energy Services Inc Electromagnetic telemetry for sensor systems deployed in a borehole environment

Family Cites Families (31)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4199761A (en) * 1978-08-02 1980-04-22 Westinghouse Electric Corp. Multichannel radio communication system for automated power line distribution networks
US4256925A (en) 1978-12-12 1981-03-17 Satellite Business Systems Capacity reallocation method and apparatus for a TDMA satellite communication network with demand assignment of channels
US4314376A (en) 1980-04-14 1982-02-02 Westland International Double-sideband, suppressed-carrier, signal injection apparatus for muting in an FM receiver
US4438511A (en) 1980-11-10 1984-03-20 Telebit Corporation Packetized ensemble modem
US4528656A (en) 1982-07-02 1985-07-09 Harris Corporation Radio communication system using frequency division multiplexing for transmission between a master station and a plurality of remote stations
DE3478177D1 (en) * 1984-01-11 1989-06-15 Telebit Corp Packetized ensemble modem
US4606023A (en) 1984-05-31 1986-08-12 Applied Dynamic Research, Inc. Guard time elimination in a time-division multiplexed, active star-coupled, half-duplex mode, synchronous communications network
US4601045A (en) 1984-08-03 1986-07-15 Larse Corporation Modulator-demodulator method and apparatus with efficient bandwidth utilization
JPH0761183B2 (en) 1986-01-09 1995-06-28 株式会社東芝 Concentrator dispensing device
US4870408A (en) 1987-04-30 1989-09-26 Motorola, Inc. Method for dynamically allocating data channels on a trunked communication system
SE455750B (en) * 1987-06-11 1988-08-01 Ericsson Telefon Ab L M Digital time multiplexed mobile telephony systems with effective utilization of each time frame
US4914651A (en) 1988-09-20 1990-04-03 Cellular Data, Inc. Cellular data system
US5291289A (en) 1990-11-16 1994-03-01 North American Philips Corporation Method and apparatus for transmission and reception of a digital television signal using multicarrier modulation
JPH0580181B2 (en) 1988-12-01 1993-11-08 Nippon Electric Co
US5038402A (en) 1988-12-06 1991-08-06 General Instrument Corporation Apparatus and method for providing digital audio in the FM broadcast band
US5272700A (en) 1989-02-28 1993-12-21 First Pacific Networks, Inc. Spectrally efficient broadband transmission system
US5043982A (en) * 1989-05-24 1991-08-27 At&T Bell Laboratories Multichannel multipoint network using time-division multiplexing incorporating a time offset for propagation delay
US5177739A (en) 1990-04-20 1993-01-05 Racal Data Communications, Inc. Multiport - multipoint digital data service
JP2605960B2 (en) * 1990-11-29 1997-04-30 松下電器産業株式会社 Video transmission equipment
GB9026932D0 (en) * 1990-12-12 1991-01-30 Plessey Telecomm Tdma ranging
US5148272A (en) 1991-02-27 1992-09-15 Rca Thomson Licensing Corporation Apparatus for recombining prioritized video data
US5440561A (en) 1991-09-30 1995-08-08 Motorola, Inc. Method for establishing frame synchronization within a TDMA communication system
AT151581T (en) 1992-01-31 1997-04-15 Cit Alcatel A method for determining the transit time between a remote terminal and a central terminal station in a bi-directional point-to-multipoint transmission system
EP0562868A3 (en) * 1992-03-27 1994-07-06 Wi Lan Inc Method and apparatus for multiple access between tansceivers in wireless communication using OFDM spread spectrum.
US5285474A (en) 1992-06-12 1994-02-08 The Board Of Trustees Of The Leland Stanford, Junior University Method for equalizing a multicarrier signal in a multicarrier communication system
JPH0738613B2 (en) 1993-03-30 1995-04-26 日本電気株式会社 Apparatus used for the composite data communication method and the method
US5400322A (en) * 1993-08-20 1995-03-21 Amati Communications Corp. Updating of bit allocations in a multicarrier modulation transmission system
US5625651A (en) * 1994-06-02 1997-04-29 Amati Communications, Inc. Discrete multi-tone data transmission system using an overhead bus for synchronizing multiple remote units
US5644573A (en) 1995-01-20 1997-07-01 Amati Communications Corporation Methods for coordinating upstream discrete multi-tone data transmissions
US5557612A (en) 1995-01-20 1996-09-17 Amati Communications Corporation Method and apparatus for establishing communication in a multi-tone data transmission system
US6035000A (en) * 1996-04-19 2000-03-07 Amati Communications Corporation Mitigating radio frequency interference in multi-carrier transmission systems

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7555055B2 (en) 1998-05-26 2009-06-30 Fujitsu Limited Digital subscriber line communicating system
US6944216B2 (en) 1998-05-26 2005-09-13 Fujitsu Limited Digital subscriber line communicating system
US7088783B2 (en) 1998-05-26 2006-08-08 Fujitsu Limited Digital subscriber line communicating system determining signal-to-noise ratios
US7126995B2 (en) 1998-05-26 2006-10-24 Fujitsu Limited Digital subscriber line communicating system
US7295620B2 (en) 1998-05-26 2007-11-13 Fujitsu Limited Digital subscriber line communicating system
US7386037B2 (en) 1998-05-26 2008-06-10 Fujitsu Limited Digital subscriber line communicating system
US6636525B1 (en) 1998-08-19 2003-10-21 International Business Machines Corporation Destination dependent coding for discrete multi-tone modulation
US9344211B2 (en) 2000-12-15 2016-05-17 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US9219572B2 (en) 2000-12-15 2015-12-22 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
JP2013214981A (en) 2000-12-15 2013-10-17 Adaptix Inc Multi-carrier communications with adaptive cluster configuration and switching
US8934445B2 (en) 2000-12-15 2015-01-13 Adaptix, Inc. Multi-carrier communications with adaptive cluster configuration and switching
US8958386B2 (en) 2000-12-15 2015-02-17 Adaptix, Inc. Multi-carrier communications with adaptive cluster configuration and switching
US9191138B2 (en) 2000-12-15 2015-11-17 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US9203553B1 (en) 2000-12-15 2015-12-01 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US9210708B1 (en) 2000-12-15 2015-12-08 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US8340682B2 (en) 2006-07-06 2012-12-25 Qualcomm Incorporated Method for disseminating geolocation information for network infrastructure devices
US8428098B2 (en) 2006-07-06 2013-04-23 Qualcomm Incorporated Geo-locating end-user devices on a communication network

Also Published As

Publication number Publication date
KR970703664A (en) 1997-07-03
CA2440667A1 (en) 1995-12-14
CA2191437C (en) 2003-11-18
WO1995034149A1 (en) 1995-12-14
EP0763295A1 (en) 1997-03-19
US7079549B2 (en) 2006-07-18
CA2191437A1 (en) 1995-12-14
US20020093989A1 (en) 2002-07-18
FI964805A0 (en) 1996-12-02
US6473438B1 (en) 2002-10-29
DE69528646D1 (en) 2002-11-28
AU2696295A (en) 1996-01-04
CA2440662A1 (en) 1995-12-14
FI964805D0 (en)
US7068678B2 (en) 2006-06-27
AU695092B2 (en) 1998-08-06
KR100380644B1 (en) 2003-07-22
US20020131455A1 (en) 2002-09-19
DE69528646T2 (en) 2003-06-18
FI964805A (en) 1997-01-14
CA2440657A1 (en) 1995-12-14
EP0763295B1 (en) 2002-10-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1998187B (en) Transmission of overhead information for reception of multiple data streams
CA2605894C (en) Bandwidth management in a network
CN100534017C (en) Method and apparatus for allocating pilot carrier adaptively in orthogonal frequency division multiple access system
FI114059B (en) Improved ADSL compatible discrete multi-tone device and method for transmitting digital information
US8335153B2 (en) Orthogonal frequency division multiplex modem circuit
JP3401479B2 (en) docsis1.0tdma bursts mixed with scdma transmitting on the same frequency channel
JP5587274B2 (en) Data transmission and receiving apparatus and method for high-speed data communication
JP5995696B2 (en) Multi-carrier modulation systems and methods adapt seamlessly rate
JP5525008B2 (en) Adaptive bit allocation method for a variable band multicarrier communication, multicarrier transmission system, and device
RU2360376C2 (en) Transfer of service information for broadcasting and multicasting services in wireless communication system
US9929853B2 (en) Flexible upstream PHY burst profile parameters to improve performance of short bursts in impulse noise
CN101136894B (en) Extendable OFDM and ofdma bandwidth distributing method and system
US6128349A (en) Method and apparatus for superframe bit allocation
US7522637B2 (en) Dynamic resource allocation method for an OFDMA system
CN101924627B (en) Carrier network management
EP0981222A2 (en) Destination dependent coding for discrete multi-tone modulation
US7948865B2 (en) Bi-directional communication channel
US7460553B2 (en) Process for multiple access and multiple transmission of data in a multi-user system for the point to multipoint digital transmission of data over the electricity network
US6973067B1 (en) Multi-media protocol for slot-based communication systems
KR100722810B1 (en) Digital point-to-multipoint data transmission system on an electric network
RU2441322C2 (en) Stack alarm to application in case of requested band unavailability
US7230908B2 (en) Dynamic link assignment in a communication system
US6519291B1 (en) Reduction of interference in discrete multi-tone (DMT) based communications systems
JP4620130B2 (en) Hopping constrained in a wireless communication system
JP4282805B2 (en) Method of allocating data and power in a discrete multi-tone communication system

Legal Events

Date Code Title Description
A761 Written withdrawal of application

Effective date: 20031107

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761