JPH10324644A - Urease inhibitor-containing pharmaceutical compositions - Google Patents

Urease inhibitor-containing pharmaceutical compositions

Info

Publication number
JPH10324644A
JPH10324644A JP7634798A JP7634798A JPH10324644A JP H10324644 A JPH10324644 A JP H10324644A JP 7634798 A JP7634798 A JP 7634798A JP 7634798 A JP7634798 A JP 7634798A JP H10324644 A JPH10324644 A JP H10324644A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
group
alkyl
optionally substituted
halogen
substituted
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP7634798A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoko Akiyama
Naoki Nagahara
Masafumi Nakao
雅文 中尾
直樹 永原
洋子 秋山
Original Assignee
Takeda Chem Ind Ltd
武田薬品工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP7140797 priority Critical
Priority to JP9-71407 priority
Application filed by Takeda Chem Ind Ltd, 武田薬品工業株式会社 filed Critical Takeda Chem Ind Ltd
Priority to JP7634798A priority patent/JPH10324644A/en
Publication of JPH10324644A publication Critical patent/JPH10324644A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain the subject composition, containing a urease inhibitor and an oily base and useful as an anti-Helicobacter genus bacterial agent, especially an anti-Helicobacter pylori bacterial agent or an antiulcer agent. SOLUTION: This urease inhibitor-containing pharmaceutical composition is obtained by including (A) 10-50 wt.% of a urease inhibitor, e.g. a phosphoric acid amide derivative represented by formula I [R is a (substituted)amino or a group represented by the formula NHCOR<1> (R<1> is a (substituted)cyclic hydrocarbon or a (substituted)heterocyclic ring) or formula II [R<1a> is a (substituted) cyclic hydrocarbon or a (substituted)heterocyclic ring] [e.g. N-(diaminophosphinyl)-5methyl-2-thiophenecarboxamide] and (B) 20-95 wt.% of a polyglycerol ester of a fatty acid which is an ester of a polyglycerol of 2-20 polymerization degree with an 8-40C fatty acid having 1-9 hydrophile- lipophile balance and/or a lipid. The resultant composition is an alimentary canal mucosal adhesive matrix formulation.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、ウレアーゼ阻害物質を含有する安定化された医薬組成物および該医薬組成物を含有する製剤に関する。 The present invention relates to the stabilized pharmaceutical composition containing urease inhibitor and to formulations containing the pharmaceutical composition. また、本発明はウレアーゼ阻害物質の消化管粘膜付着性医薬組成物に関する。 The present invention relates to gastrointestinal mucosa-adherent pharmaceutical composition of urease inhibitor. 本発明の医薬組成物は、抗ヘリコバクター・ピロリ属菌、抗潰瘍剤等として用いられる。 The pharmaceutical compositions of the present invention, an anti-Helicobacter pylori bacteria of the genus are used as anti-ulcer agents.

【0002】 [0002]

【従来の技術および発明が解決しようとする課題】19 BACKGROUND OF invention is to provide a 19
83年にヘリコバクター・ピロリ菌(Helicobacter pyl Helicobacter pylori in 83 years (Helicobacter pyl
ori、以下、H.pylori、ヘリコバクター・ピロリ、またはHPと略することもある)が分離されて以来〔ランセット(Lancet), ,1273(1983)〕、胃炎や消化性潰瘍との関連が注目されている。 ori, hereinafter, H. pylori, Helicobacter pylori, or sometimes abbreviated as HP) Since the separation, [Lancet (Lancet), 1, 1273 ( 1983) ], related attention of gastritis and peptic ulcer It is. これはHPが健常人の胃粘膜および胃の上皮組織では通常認められないにもかかわらず〔アプミス(APMIS), 96 ,84 This is even though HP is usually not observed in epithelial tissue of healthy individuals of the gastric mucosa and gastric [Apumisu (APMIS), 96, 84
(1988)〕、慢性胃炎あるいは胃潰瘍症例ではその陽性率が高いためである。 (1988)], in chronic gastritis or gastric ulcer cases because its high prevalence. 〔アメリカン ジャーナル オブ ガストロエンテロロジー(Am. J. Gastroentero [American Journal of Gastroenterology (Am. J. Gastroentero
l.), 82 ,2283(1987)〕 H 2ブロッカーやプロトンポンプ阻害剤(以下、PPI l.), 82, 2283 ( 1987) ] H 2 blockers and proton pump inhibitors (hereinafter, PPI
と略記することがある)の出現により胃・十二指腸潰瘍の治癒率は飛躍的に上昇したが、これらの薬剤を用いた適切な治療にもかかわらず、なお改善の見られない難治症例があり、大きな問題となっている。 To be abbreviated as cure rate of gastroduodenal ulcers was significantly increased by the appearance of some), despite adequate treatment with these agents still have not seen refractory cases of improvement, It has become a big problem. これらの難治性胃潰瘍症例について検討した報告〔日消誌, 89 ,57 Report of investigation of these refractory gastric ulcer cases [day consumption magazine, 89, 57
1(1992)〕では、HPの陽性率が際立って高く、H 1 (1992)] in, high stand out positive rate of HP, H
Pの産生するアンモニアの影響と思われる胃粘膜内粘液の低下が観察されている。 Reduction of gastric intramucosal mucus you think that the effect of ammonia P production has been observed. またHPの持続感染が、潰瘍の治癒を遅延させたり、あるいは潰瘍の再発に関与しているとの報告がある〔ランセット(Lancet), 335 The persistent infection of HP is, it has been reported to be involved or to delay the healing of ulcers, or the recurrence of ulcers [Lancet (Lancet), 335,
1233(1990)、ニュー イングランド ジャーナル オブ メディスン(N. Engl. J. Med.), 328 1233 (1990), New England Journal of Medicine (N. Engl. J. Med.) , 328,
308(1993)〕。 308 (1993)]. これらの多くの臨床所見からHP HP from many of these clinical findings
の除去は潰瘍の早期治癒あるいは再発防止に有用と考えられている。 Removal of is believed to be useful in early healing or prevent the recurrence of ulcers.

【0003】ヘリコバクター属菌、特にヘリコバクター・ピロリ菌は、強いウレアーゼ活性を示し、尿素からアンモニアを生成することによって、胃内でも菌の周りの強い酸性を中和し、生存することを可能にしているといわれている。 [0003] Helicobacter spp, in particular Helicobacter pylori, showed strong urease activity, by generating ammonia from urea, also in the stomach to neutralize the strong acidity around the bacterium, thereby enabling to survive It is said that there. このHPに起因する各種疾患の治療には、 In the treatment of various diseases caused by the HP,
現在、ビスマス製剤と抗生物質の二剤併用や、ビスマス製剤、メトロニダゾール(米国特許第2,944,061号)およびテトラサイクリン(例えば米国特許第2,712,517 Currently, dual combination or bismuth preparations and antibiotics, bismuth preparation, metronidazole (U.S. Pat. No. 2,944,061) and tetracycline (e.g., U.S. Patent No. 2,712,517
号)もしくはアモキシシリン(米国特許第3,192,198 No.) or amoxicillin (U.S. Patent No. 3,192,198
号)の三剤併用等による化学療法が行われている。 Chemotherapy has been performed by the triple combination etc. No.). 上記メトロニダゾールは、抗HP作用を有するイミダゾール誘導体であり、抗生物質と併用して使用されている。 It said metronidazole, an imidazole derivative having anti-HP activity have been used in combination with antibiotics. これらビスマス製剤、抗生物質およびメトロニダゾール等は、内服の形で投与されている。 These bismuth preparations, antibiotics and metronidazole, etc. are administered in the form of oral. しかしながら、上記のビスマス製剤、抗生物質およびメトロニダゾール等は、 However, the above bismuth preparations, antibiotics, and metronidazole and the like,
HPの増殖を阻止する十分な濃度をその増殖箇所に維持するために、一日に大量投与する必要があり、それによって嘔吐、下痢等の副作用が発現するなど、多くの問題がある。 Sufficient concentration to inhibit the growth of HP in order to maintain its growth locations, must be large doses a day, thereby vomiting, side effects, etc. of diarrhea is expressed, there are many problems. 一方、抗ウレアーゼ作用を有する種々のリン酸アミド誘導体が知られている(米国特許3,317,637号, On the other hand, various acid amide derivatives having anti-urease activity has been known (U.S. Pat. No. 3,317,637,
米国特許4,517,003号, 米国特許4,528,020号, EP2107 US Pat. No. 4,517,003, US Pat. No. 4,528,020, EP2107
03号, 米国特許4,182,881号, 米国特許4,221,730号, 特開昭58-99490号, 特公昭42-7379号, 米国特許4,629,491 03, U.S. Pat. No. 4,182,881, US Pat. No. 4,221,730, JP-A-58-99490, JP-B-42-7379, US Patent 4,629,491
号, J. Pharm. Sci.,189, 57 (1968)など)が、該リン酸アミド誘導体がイン・ビボ( in vivo )で抗菌作用、 No., J. Pharm. Sci., 189 , 57 (1968) , etc.), the phosphoric acid amide derivative antimicrobial action in vivo (in vivo),
特に抗ヘリコバクター属菌作用を示すことは知られていない。 It is not known to be particularly showing the anti-Helicobacter genus action.

【0004】上記の理由により種々の抗HP活性を有する薬剤が胃・十二指腸潰瘍患者に投与されてきた。 [0004] agents having various anti-HP activity by the above-described reasons have been administered to the stomach-duodenal ulcer patients. 一部、抗HP活性を有するPPIも開発されたが、そのH Some, but it has also been developed PPI having anti HP activity, the H
Pに対する抗菌作用は必ずしも十分でなく、単独で十分な治癒効果を挙げていないのが現状である。 Antibacterial activity against P is not always sufficient, alone at present, not listed sufficient healing effect. また一方、 On the other hand,
2ブロッカーやPPIなどの抗潰瘍剤と抗菌作用物質との併用療法が実施され、一定の治療成績を挙げている〔メディカル ジャーナル オブ オーストラリア(Me Combination therapy with anti-ulcer agents and antimicrobial agents such as H 2 blockers and PPI is performed, a certain outcome to include in that [Medical Journal of Australia (Me
d. J. Aust.), 151 ,431(1988)、George LL d. J. Aust.), 151 , 431 (1988), George LL
ら,メディカル ジャーナル オブ オーストラリア(Med. J. Aust.), 153 ,145(1990)、Peter Et al., Medical Journal of Australia (Med. J. Aust.), 153, 145 (1990), Peter
son WL ら,ニュー イングランド ジャーナル オブ メディスン(N. Engl. J. Med.), 324 ,1043 son WL, et al., New England Journal of Medicine (N. Engl. J. Med.) , 324, 1043
(1991)、ニュー イングランド ジャーナル オブ メディスン(N. Engl. J. Med.), 328 ,308 (1991), New England Journal of Medicine (N. Engl. J. Med.) , 328, 308
(1993)等〕。 (1993), etc.]. これまで、HPに対する抗菌作用物質としてアモキシシリン(以下、AMOXと略記することがある)、メトロニダゾール(以下、MZと略記することがある)、ビスマス酢酸塩あるいはテトラサイクリンなどが単独あるいは併用して用いられているが、その投与量は、かなり大量(例えば、AMOXを750mg、またはMZを500mg一日3回ずつ投与)のため、しばしば下痢、吐き気、悪心などの副作用を伴う。 Previously, amoxicillin as an antibacterial agent against HP (hereinafter, sometimes abbreviated as AMOX), metronidazole (hereinafter, sometimes abbreviated as MZ), used such as bismuth acetate or tetracycline alone or in combination It is, but the dose is significantly large amount (e.g., 750 mg of AMOX or administration by three times daily 500 mg MZ,) for, often with diarrhea, nausea, side effects such as nausea. また、耐性菌の出現が懸念される。 In addition, the emergence of resistant bacteria is a concern. 一方、抗HP活性抗生物質(例えば、AMOX)とパントプラゾールを含有する医薬組成物(WO92/03135号公報)、アモキシシリンとオメプラゾールとの併用投与〔スカンジナヴィアン On the other hand, the anti-HP activity antibiotics (e.g., AMOX) and a pharmaceutical composition containing pantoprazole (WO92 / 03135 discloses), combined administration of amoxicillin and omeprazole [Scandinavia Vian
ジャーナル オブ ガストロエンテロロジー(Scandina Journal of Gastroenterology (Scandina
vian Journal of Gastroenterology) 24 , 49(1989)〕等機作の異なる潰瘍剤の併用療法についても知られているものの、その抗潰瘍作用は十分満足できるものではなく、上記したような副作用を伴う。 vian Journal of Gastroenterology) 24, 49 ( although it is known also combination therapy differs ulcer agent having 1989)] and the like Mechanism, its anti-ulcer activity is not sufficiently satisfactory, accompanied by side effects such as described above. 一方、製剤を消化管粘膜に付着させ消化管内の滞留時間を長くし、薬効成分を生体により有効に利用させうるために消化管粘膜付着性マトリックスが開発されている。 On the other hand, a longer residence time in the gut by adhering formulation gastrointestinal mucosa, gastrointestinal mucosa-adherent matrix has been developed medicinal properties for which are capable of effectively utilized by the organism. 上記製剤において用いられる好適な薬効成分として、抗潰瘍剤や胃炎治療剤などが挙げられており(特開平5−132416号公報)、抗潰瘍剤と抗菌剤等の併用療法に応用されている(特開平7−126189)ものの、ウレアーゼ阻害剤への適用については知られていない。 Suitable medicinal ingredients used in the formulation, and include such anti-ulcer agents and gastritis therapeutic agent (JP-A-5-132416), have been applied to combination therapies such as anti-ulcer agents and antimicrobial agents ( JP 7-126189) although, not known for application to the urease inhibitor.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】本発明者らはかかる実情に鑑み、より強い抗HP効果を示し、かつ、より安定性の高いウレアーゼ阻害物質の医薬組成物を得るべく鋭意研究した。 The present inventors Means for Solving the Problems] In view of the above situation, it showed a stronger anti-HP effect, and made intensive studies to obtain a more highly stable pharmaceutical composition of the urease inhibitor. その結果、油性基剤、とりわけポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質とウレアーゼ阻害物質とを含有する医薬組成物、特にマトリックスに製することで、予想外にも、自体酸等に不安定なウレアーゼ阻害剤が安定化されることを初めて見出した。 As a result, oily base, especially a pharmaceutical composition containing a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid and urease inhibitor, in particular by Seisuru the matrix, unexpectedly, unstable urease inhibition itself acid agent has been found for the first time to be stabilized. さらに、 further,
該マトッリクス中に水で粘性を生じる物質(以下、粘性物質と記すこともある)を含有させるか、あるいは粘性物質を含むコーティング剤で該マトリックスを被覆することによりウレアーゼ阻害剤の薬効を増強できることを見出した。 Substances occurring viscous with water in said Matorrikusu or is contained (hereinafter, sometimes referred to as gum), or to be able to enhance the efficacy of urease inhibitors by coating the matrix with a coating agent comprising a gum heading was. これらに基づいて本発明を完成した。 The present invention has been completed based on these. すなわち、本発明は、(1)ウレアーゼ阻害物質および油性基剤を含有する医薬組成物、(2)マトリックス製剤である前記(1)記載の医薬組成物、(3)消化管粘膜付着性組成物である前記(1)記載の医薬組成物、(4)消化管粘膜付着性マトリックス製剤である前記(1)記載の医薬組成物、(5)油性基剤がポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質である前記(2)記載の医薬組成物、(6)ポリグリセリン脂肪酸エステルが、重合度2ないし20のポリグリセリンと炭素数8ないし4 That is, the present invention provides (1) a pharmaceutical composition comprising a urease inhibitor and an oleaginous base, (2) the a matrix formulation (1) a pharmaceutical composition according, (3) gastrointestinal mucosa-adherent composition the pharmaceutical composition of (1) is, (4) the a gastrointestinal mucosa-adherent matrix formulation (1) a pharmaceutical composition according, (5) an oleaginous base is in the polyglycerol fatty acid ester and / or lipid there wherein (2) the pharmaceutical composition according, (6) a polyglycerol fatty acid ester, the degree of polymerization of 2 to to polyglycerol with C 8 -C 20 4
0の脂肪酸とのエステルである前記(5)記載の医薬組成物、(7)ポリグリセリン脂肪酸エステルのHLBが1ないし9である前記(5)記載の医薬組成物、(8) Wherein an ester of 0 fatty acid (5) The pharmaceutical composition according, (7) the HLB of the polyglycerol fatty acid ester is 9 from 1 (5) The pharmaceutical composition according, (8)
ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質を2 Polyglycerol fatty acid ester and / or lipid 2
0乃至95重量%含有する前記(5)記載の医薬組成物、(9)ウレアーゼ阻害物質を10乃至50重量%含有する前記(1)記載の医薬組成物、(10)ウレアーゼ阻害物質がリン酸アミド誘導体である前記(1)記載の医薬組成物、(11)リン酸アミド誘導体が式 0 to the containing 95 wt% (5) The pharmaceutical composition according, (9) the a urease inhibitor containing 10 to 50 wt% (1) a pharmaceutical composition according, (10) urease inhibitor phosphate the amide derivative (1) a pharmaceutical composition according, (11) phosphoric acid amide derivative has the formula

【化5】 [Of 5] 〔式中、Rは置換されていてもよいアミノ基を示す。 [Wherein, R represents an amino group which may be substituted. ]
で表される化合物またはその塩である前記(10)記載の医薬組成物、(12)Rが式―NHCOR 1 〔式中、 Compound represented by or (10) a pharmaceutical composition wherein the salt thereof, (12) R is the formula -NHCOR 1 wherein
1は水素原子、置換されていてもよい炭化水素基または置換されていてもよい複素環基を示す。 R 1 represents a hydrogen atom, optionally substituted hydrocarbon group or an optionally substituted heterocyclic group. 〕で表される基である前記(11)記載の医薬組成物、(13)リン酸アミド誘導体が式 ] Is a group represented by (11) a pharmaceutical composition according, (13) phosphoric acid amide derivative has the formula

【化6】 [Omitted] 〔式中、R 1aは置換されていてもよい環状炭化水素基または置換されていてもよい複素環基を示す。 Wherein, R 1a represents an optionally substituted cyclic hydrocarbon group or an optionally substituted heterocyclic group. 〕で表される化合物またはその塩である前記(10)記載の医薬組成物、(14)R 1aが置換されていてもよい芳香族炭化水素基、または置換されていてもよい芳香族複素環基である前記(13)記載の医薬組成物、(15)R 1aが置換されていてもよい5員芳香族複素環基である前記(1 ] Wherein a compound represented by or a salt thereof (10) The pharmaceutical composition according, (14) an aromatic be R 1a is substituted hydrocarbon group or an optionally substituted aromatic heterocyclic ring, wherein a group (13) a pharmaceutical composition according, (15) the R 1a is a substituted 5-membered aromatic may be heterocyclic group (1
3)記載の医薬組成物、(16)R 1aが、1乃至3個のハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルキル、C 1-3 3) The pharmaceutical composition according, (16) R 1a is one to three good C 1-3 alkyl optionally substituted with halogen, C 1-3
アルコキシ、ハロゲン、ニトロ、シアノ、(C 1-6アルキル)カルボニルおよび(C 1-6アルキル)スルホニルから選ばれる1乃至3個の置換基でそれぞれ置換されていてもよいチエニル基またはフリル基である前記(1 Alkoxy, halogen, nitro, cyano, are (C 1-6 alkyl) carbonyl and (C 1-6 alkyl) 1 to 3 of which may be substituted respectively with substituents thienyl group or furyl group selected from sulfonyl (1
3)記載の医薬組成物、(17)R 1aが1または2個のC 1-3アルキル基で置換されていてもよいチエニル基または1または2個のC 1-3アルキル基で置換されていてもよいフリル基である前記(13)記載の医薬組成物、 3) The pharmaceutical composition according, substituted by (17) R 1a is one or two C 1-3 alkyl groups thienyl group or optionally substituted with one or two C 1-3 alkyl groups wherein also a good furyl group (13) a pharmaceutical composition according,
(18)ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−2−チオフェンカルボン酸アミドまたはその塩である前記(1)記載の医薬組成物、(1 (18) the urease inhibitor is N- (diamino phosphinyl) -5-methyl-2-thiophenecarboxylic acid amide or a salt thereof (1) a pharmaceutical composition according, (1
9)ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−2−メチル−3−フランカルボン酸アミドまたはその塩である前記(1)記載の医薬組成物、(20)ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−5 9) urease inhibitor N- (diamino phosphinyl) -2-methyl-3 the furan carboxylic acid amide or a salt thereof (1) a pharmaceutical composition according, (20) urease inhibitor N- ( diamino phosphinyl) -5
−メチル−3−フランカルボン酸アミドまたはその塩である前記(1)記載の医薬組成物、(21)ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−3,5−ジメチル−2−フランカルボン酸アミドまたはその塩である前記(1)記載の医薬組成物、(22)ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−3,5−ジメチル−2−チオフェンカルボン酸アミドまたはその塩である前記(1)記載の医薬組成物、(23)水で粘性を生じる物質をマトリックス中に含有する前記(4)記載の医薬組成物、(24)消化管粘膜付着性マトリックスが水で粘性を生じる物質を含有する被覆剤で被覆してなる被覆マトリックスである前記(4)記載の医薬組成物、(25)水で粘性を生じる物質を0.5乃至30重量%含有する前記( - methyl-3-furan said carboxylic acid amide or a salt thereof (1) a pharmaceutical composition according, (21) urease inhibitor N- (diamino phosphinyl) -3,5-dimethyl-2-furancarboxylic wherein an acid amide or a salt thereof (1) a pharmaceutical composition according, is (22) urease inhibitor N- (diamino phosphinyl) -3,5-dimethyl-2-thiophene-carboxylic acid amide or a salt thereof the pharmaceutical composition of (1), produces the a substance resulting viscous contained in the matrix (4) the pharmaceutical composition according, the viscosity (24) gastrointestinal mucosa-adherent matrix is ​​water (23) water wherein a coating matrix formed by coating with a coating agent containing a substance (4) the pharmaceutical composition according, (25) said that the substances resulting viscous containing 0.5 to 30% by weight with water ( 3)記載の医薬組成物、(26) 3) The pharmaceutical composition according, (26)
水で粘性を生じる物質がアクリル酸系重合体またはその塩である前記(23)または前記(24)記載の医薬組成物、(27)ウレアーゼ阻害物質が抗ヘリコバクター・ピロリ作用物質である前記(9)記載の医薬組成物、 The resulting viscous material is an acrylic acid polymer or a salt thereof with water (23) or (24) a pharmaceutical composition according, (27) the urease inhibitor is an anti-Helicobacter pylori agent (9 ) the pharmaceutical composition according,
(28)ヘリコバクター・ピロリが関連する消化器系疾患の予防、治療、再発防止剤である前記(27)記載の医薬組成物、(29)(i)ウレアーゼ阻害物質、(i (28) prevention of digestive diseases that Helicobacter pylori is associated, treatment, wherein (27) the pharmaceutical composition according recurrent inhibitor, (29) (i) urease inhibitor, (i
i)ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質、および(iii)アクリル酸重合体またはその塩を含有する前記(23)記載の医薬組成物、(30) i) a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid, and (iii) said containing acrylic acid polymer or a salt thereof (23) The pharmaceutical composition according, (30)
(i)ウレアーゼ阻害物質が式 (I) urease inhibitor has the formula

【化7】 [Omitted] 〔式中、Rは置換されていてもよいアミノ基を示す、〕 [Wherein, R represents an amino group which may be substituted,]
で表される化合物またはその塩であり、(ii)ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質がベヘン酸テトラ(ヘキサ)グリセリドおよび/またはテトラグリセリンポリリシノレートであり、かつ(iii)アクリル酸重合体またはその塩の分子量が20万乃至600万である前記(29)記載の医薬組成物、(31)(i) In a compound represented by or a salt thereof, (ii) a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid is behenic acid tetra (hexa) glyceride and / or tetraglycerol polyricinolate, and (iii) acrylic acid polymer or the molecular weight of the salt is 200,000 to 6 million (29) a pharmaceutical composition according, (31) (i)
ウレアーゼ阻害物質が式 Urease inhibitor has the formula

【化8】 [Of 8] 〔式中、R 1aは置換されていてもよい環状炭化水素または置換されていてもよい複素環基を示す、〕で表される化合物またはその塩であり、(ii)ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質がベヘン酸テトラ(ヘキサ)グリセリドおよび/またはテトラグリセリンポリリシノレートであり、かつ(iii)アクリル酸重合体またはその塩の分子量が20万乃至600万である前記(29)記載の医薬組成物、(32)R 1aが、1乃至3 Is a compound or a salt thereof [wherein, R 1a represents an even heterocyclic group is a good cyclic hydrocarbon or substituted also be substituted,], (ii) a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid is behenic acid tetra (hexa) glyceride and / or tetraglycerol polyricinolate, and (iii) a pharmaceutical composition of the molecular weight of the acrylic acid polymer or its salt is 200,000 to 6 million (29), wherein things, (32) R 1a is 1 to 3
個のハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルキル、 Number of halogen optionally substituted C 1-3 alkyl,
1-3アルコキシ、ハロゲン、ニトロ、シアノ、(C 1-6 C 1-3 alkoxy, halogen, nitro, cyano, (C 1-6
アルキル)カルボニルおよび(C 1-6アルキル)スルホニルから選ばれる1乃至3個の置換基でそれぞれ置換されていてもよいチエニル基またはフリル基である前記(30)記載の医薬組成物、(33)R 1aが1乃至2個のC 1-3アルキル基で置換されていてもよいチエニル基または1乃至2個のC 1-3アルキル基で置換されていてもよいフリル基である前記(30)記載の医薬組成物、 Alkyl) carbonyl and (C 1-6 alkyl) wherein from 1 to 3 may be substituted respectively with substituents thienyl group or furyl group selected from sulfonyl (30) The pharmaceutical composition according, (33) wherein R 1a is one or two C 1-3 alkyl optionally substituted thienyl group or one to two C 1-3 alkyl optionally furyl group optionally substituted with a group with a group (30) the pharmaceutical composition according,
(34)前記(1)記載の医薬組成物と抗生物質および/または制酸剤および/または酸分泌抑制剤とを併用することを特徴とする医薬、(35)前記(1)記載の医薬組成物を含有する、抗ヘリコバクター属菌剤である医薬、(36)前記(1)記載の医薬組成物を含有する、 (34) wherein (1), wherein the pharmaceutical composition and an antibiotic and / or an antacid and / or medicament, characterized in that the combined use of acid secretion inhibitor, (35) (1) The pharmaceutical composition according containing goods, pharmaceutical is an anti-Helicobacter genus agent containing (36) the pharmaceutical composition according to (1),
ヘリコバクター・ピロリが関連する消化器系疾患の予防、治療、再発防止剤である医薬、さらに、これらの製造法および用途に関する。 Prevention of digestive diseases that Helicobacter pylori is associated, therapeutic, pharmaceutical recurrent inhibitor, further, to their preparation and use. 本発明において、消化管粘膜付着医薬組成物として好ましく例示されている常温で固体の消化管粘膜付着性マトリックスは、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質と薬効成分とを含むマトリックス粒子が、粘性物質を含有するコーティング剤でコーティングされていてもよい。 In the present invention, the solid gastrointestinal mucosa-adherent matrix at room temperature, which is preferably exemplified as a gastrointestinal mucosa-adherent pharmaceutical composition, the matrix particles containing a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid and medicinal components, a gum it may be coated with a coating agent containing.

【0006】本発明はまた、前記マトリックスを含有する固形医薬組成物、および該組成物を含有する製剤、好ましくは細粒剤または顆粒剤である固形製剤を提供する。 [0006] The present invention also provides a solid pharmaceutical composition containing said matrix, and formulations containing the compositions preferably provides a solid preparation which is fine granules or granules. さらに本発明は、酸に不安定なウレアーゼ阻害物質の安定化法を提供する。 The invention further provides a method of stabilizing unstable urease inhibitor acid. 本発明に用いられるウレアーゼ阻害物質としては、例えば、flurofamide(Micro. Eco The urease inhibitor used in the present invention, for example, flurofamide (Micro. Eco
l. Health Dis. 4(suppl.) S145 1991年)や前述の公知文献(米国特許3,317,637号など)に記載のリン酸アミド誘導体、ヒドロキサム酸誘導体(第15回 メディカル l. Health Dis. 4 (suppl.) S145 1991 years) and phosphoric acid amide derivative according to known literature (US Pat. No. 3,317,637) described above, the hydroxamic acid derivatives (the 15th Medical
ケミストリー シンポジウム、第4回医薬化学部会年会講演要旨集、167頁、p−41)等の化合物やケイヒ抽出物(日本薬学会,第117年会講演要旨集27[H Chemistry Symposium, 4th Medicinal Chemistry Division Annual Abstracts, page 167, p-41) compounds and cinnamon extract such (Pharmaceutical Society of Japan, 117th Annual Abstracts 27 [H
1]9-5,81頁 1997年)等の天然抽出物などが挙げられるが、とりわけリン酸アミド誘導体が好ましい。 1] 9-5,81 page 1997), but natural extracts and the like, such as, inter alia phosphoric acid amide derivatives are preferable. リン酸アミド誘導体としては、一般式(I): Examples of the phosphoric acid amide derivative the general formula (I):

【化9】 [Omitted] 〔式中、Rは置換されていてもよいアミノ基を示す〕で表される化合物またはその薬学的に許容される塩、とりわけ一般式(Ia): Acceptable salt compound represented by or a pharmaceutically In [wherein, R represents an amino group which may be substituted], especially the general formula (Ia):

【化10】 [Of 10] 〔式中、R 1aは置換されていてもよい環状炭化水素または置換されていてもよい複素環基を示す。 Wherein, R 1a represents an optionally substituted cyclic hydrocarbon or an optionally substituted heterocyclic group. 〕で表される化合物またはその薬学的に許容される塩が好ましく用いられる上記一般式において、Rで示される「置換されていてもよいアミノ基」の置換基としては、例えば、 In a compound represented by or a pharmaceutically acceptable salt is preferable above formula used in], as the substituent of the "amino group which may be substituted" represented by R, for example,
(1)アシル基、(2)置換されていてもよい炭化水素基、(3)エステル化されていてもよいカルボキシル基などが挙げられ、これらの置換基が、同一または異なって、1個または2個(好ましくは1個)アミノ基に置換していてもよい。 (1) acyl group, (2) optionally substituted hydrocarbon group, (3), such as esterified or unprotected carboxyl group, and the substituents are the same or different, one or 2 (preferably 1) may be substituted to an amino group. 該置換基としては、アシル基、エステル化されていてもよいカルボキシル基が好ましく、より好ましくは、アシル基が挙げられる。 Examples of the substituent group, acyl group, carboxyl group which may be esterified, and more preferably, an acyl group.

【0007】(1)Rで示される「置換されていてもよいアミノ基」の置換基としての「アシル基としては、カルボン酸、チオカルボン酸、スルホン酸、スルフィン酸、カルバミン酸、チオカルバミン酸などから由来するアシル基が挙げられ、例えば、それぞれ一般式−COR [0007] (1) As the "acyl group as the substituent of the" optionally substituted amino group "represented by R include carboxylic acids, thiocarboxylic acids, sulfonic acids, sulfinic acids, carbamic acids, such as thiocarbamate derived acyl group and the like from, for example, each formula -COR
1 ,−CSR 2 ,−SO 23 ,−SOR 4 ,−CONHR 5 1, -CSR 2, -SO 2 R 3, -SOR 4, -CONHR 5
または−CSNHR 6 〔R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6は、それぞれ水素、置換されていてもよい炭化水素基または置換されていてもよい複素環基を示す〕などで表される基などが挙げられる。 Or -CSNHR 6 [R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5 and R 6 are each hydrogen, indicating the optionally substituted hydrocarbon group or an optionally substituted heterocyclic group], etc. such a group represented by the like. 該アシル基としては、カルボン酸由来のもの(−COR 1 )、スルホン酸由来のもの(−SO 23 )などが好ましく、より好ましくはカルボン酸由来のものなどが挙げられる。 As the acyl group, those derived from a carboxylic acid (-COR 1), preferably such as those derived from sulfonic acid (-SO 2 R 3), more preferably like those derived from a carboxylic acid. 1 ,R 2 R 1, R 2,
3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示される「置換されていてもよい炭化水素基」における炭化水素基としては、飽和または不飽和の脂肪族鎖式炭化水素基、飽和または不飽和の脂環式炭化水素基、アリール基などが挙げられる。 R 3, R 4, as the hydrocarbon group in represented by R 5 and R 6 "optionally substituted hydrocarbon group", aliphatic chain hydrocarbon groups, saturated or unsaturated, saturated or unsaturated alicyclic hydrocarbon group and an aryl group. 該飽和脂肪族炭化水素基としては、例えば、炭素数1乃至10の直鎖または分枝状の飽和脂肪族炭化水素基など(例、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、ブチル、イソブチル、sec.-ブチル、tert.−ブチル、ペンチル、イソペンチル、ネオペンチル、tert.−ペンチル、 The saturated aliphatic hydrocarbon group, for example, straight-chain or branched saturated aliphatic hydrocarbon group having 1 to 10 carbon atoms (e.g., methyl, ethyl, propyl, isopropyl, butyl, isobutyl, sec. butyl, tert.- butyl, pentyl, isopentyl, neopentyl, tert.- pentyl,
ヘキシル、イソヘキシル、ヘプチル、オクチルなどのC C hexyl, isohexyl, heptyl, octyl
1-10アルキル基など)が挙げられ、好ましくは炭素数1 1-10 such as an alkyl group) can be mentioned, preferably 1 carbon atoms
乃至6の直鎖または分枝状の飽和脂肪族炭化水素基などが挙げられる。 To such straight or branched saturated aliphatic hydrocarbon group of 6.

【0008】該不飽和脂肪族炭化水素基としては、炭素数2乃至10の直鎖または分枝状の不飽和脂肪族炭化水素基など(例、エテニル、1−プロペニル、2−プロペニル、1−ブテニル、2−ブテニル、3−ブテニル、2 [0008] As the unsaturated aliphatic hydrocarbon group, linear or branched unsaturated aliphatic hydrocarbon group having 2 to 10 carbon atoms (e.g., ethenyl, 1-propenyl, 2-propenyl, 1 butenyl, 2-butenyl, 3-butenyl, 2
−メチル−1−プロペニル、1−ペンテニル、2−ペンテニル、3−ペンテニル、4−ペンテニル、3−メチル−2−ブテニル、1−ヘキセニル、3−ヘキセニル、 - methyl-1-propenyl, 1-pentenyl, 2-pentenyl, 3-pentenyl, 4-pentenyl, 3-methyl-2-butenyl, 1-hexenyl, 3-hexenyl,
2,4−ヘキサジエニル、5−ヘキセニル、1−ヘプテニル、1−オクテニルなどのC 2-10アルケニル基など、 2,4-hexadienyl, 5-hexenyl, 1-heptenyl, etc. C 2-10 alkenyl group such as 1-octenyl,
エチニル、1−プロピニル、2−プロピニル、1−ブチニル、2−ブチニル、3−ブチニル、1−ペンチニル、 Ethynyl, 1-propynyl, 2-propynyl, 1-butynyl, 2-butynyl, 3-butynyl, 1-pentynyl,
2−ペンチニル、3−ペンチニル、4−ペンチニル、1 2-pentynyl, 3-pentynyl, 4-pentynyl, 1
−ヘキシニル、3−ヘキシニル、2,4−ヘキサジイニル、5−ヘキシニル、1−ヘプチニル、1−オクチニルなどのC 2-10アルキニル基など)が挙げられ、好ましくは、炭素数2乃至6の直鎖または分枝状の不飽和脂肪族炭化水素基などが挙げられる。 - hexynyl, 3-hexynyl, 2,4-hexadiynyl, 5-hexynyl, 1-heptynyl, 1-octynyl C 2-10 an alkynyl group) can be mentioned, such as, preferably, of 2 to 6 carbon atoms straight-chain or such branched unsaturated aliphatic hydrocarbon group. 該飽和脂環式炭化水素基としては、炭素数3乃至12の飽和脂環式炭化水素基など(例、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、シクロヘプチル、シクロオクチル、ビシクロ〔2.2.1〕ヘプチル、ビシクロ〔2.2. The saturated alicyclic hydrocarbon group, such as a saturated alicyclic hydrocarbon group having 3 to 12 carbon atoms (e.g., cyclopropyl, cyclobutyl, cyclopentyl, cyclohexyl, cycloheptyl, cyclooctyl, bicyclo [2.2.1 ] heptyl, bicyclo [2.2.
2〕オクチル、ビシクロ〔3.2.1〕オクチル、ビシクロ〔3.2.2〕ノニル、ビシクロ〔3.3.1〕ノニル、 2] octyl, bicyclo [3.2.1] octyl, bicyclo [3.2.2] nonyl, bicyclo [3.3.1] nonyl,
ビシクロ〔4.2.1〕ノニル、ビシクロ〔4.3.1〕デシルなどの単環式もしくは二環式C 3-12シクロアルキル基など)が挙げられ、好ましくは、炭素数3乃至6の飽和脂環式炭化水素基などが挙げられる。 Bicyclo [4.2.1] nonyl, bicyclo [4.3.1] monocyclic or bicyclic C 3-12 cycloalkyl group, etc.) can be mentioned, such as decyl, preferably, the number of 3 to 6 carbon atoms such as saturated alicyclic hydrocarbon group.

【0009】該不飽和脂環式炭化水素基としては、炭素数5乃至12の不飽和脂環式炭化水素基など(例、1− [0009] As the unsaturated alicyclic hydrocarbon group, and unsaturated alicyclic hydrocarbon group having 5 to 12 carbon atoms (e.g., 1
シクロペンテニル、2−シクロペンテニル、3−シクロペンテニル、1−シクロヘキセニル、2−シクロヘキセニル、3−シクロヘキセニル、1−シクロヘプテニル、 Cyclopentenyl, 2-cyclopentenyl, 3-cyclopentenyl, 1-cyclohexenyl, 2-cyclohexenyl, 3-cyclohexenyl, 1-cycloheptenyl,
2−シクロヘプテニル、3−シクロヘプテニル、2−シクロペンテン−1−イル、3−シクロペンテン−1−イル、2−シクロヘキセン−1−イル、3−シクロヘキセン−1−イルなどのC 5-12シクロアルケニル基など、また、2,4−シクロペンタジエン−1−イル、2,4−シクロヘキサジエン−1−イル、2,5−シクロヘキサジエン−1−イル、2,4−シクロヘプタジエニルなどのC 5-12シクロアルカジエニル基)が挙げられる。 2-cycloheptenyl, 3-cycloheptenyl, 2-cyclopenten-1-yl, 3-cyclopenten-1-yl, 2-cyclohexen-1-yl, such as C 5-12 cycloalkenyl groups such as 3-cyclohexen-1-yl, also, 1-2,4-cyclopentadiene-yl, 2,4-cyclohexadiene-1-yl, 2,5-cyclohexadiene-1-yl, 2,4-C 5-12 cycloalkyl, such as cycloheptadienyl alkadienyl groups). また、 Also,
「置換されていてもよい炭化水素基」の炭化水素基としては、上記の飽和または不飽和の脂環式炭化水素基で置換された炭素数1乃至8の飽和脂肪族炭化水素基など(例、C 3-7シクロアルキル−C 1-8アルキルまたはC The hydrocarbon group of the "optionally substituted hydrocarbon group", such as saturated aliphatic hydrocarbon radical of which the saturated or unsaturated alicyclic hydrocarbon having a carbon number which is substituted by a group 1 to 8 (e.g. , C 3-7 cycloalkyl -C 1-8 alkyl or C
5-7シクロアルケニル−C 1-8アルキルなど、具体的には例えば、シクロプロピルメチル、シクロプロピルエチル、シクロブチルメチル、シクロペンチルメチル、2− Such as 5-7 cycloalkenyl -C 1-8 alkyl, specifically, for example, cyclopropylmethyl, cyclopropylethyl, cyclobutylmethyl, cyclopentylmethyl, 2-
シクロペンテニルメチル、3−シクロペンテニルメチル、シクロヘキシルメチル、2−シクロヘキセニルメチル、3−シクロヘキセニルメチル、シクロヘキシルエチル、シクロヘキシルプロピル、シクロヘプチルメチル、 Cyclopentenylmethyl, 3-cyclopentenylmethyl, cyclohexylmethyl, 2-cyclohexenyl, 3- cyclohexenyl methyl, cyclohexylethyl, cyclohexylpropyl, cycloheptylmethyl,
シクロヘプチルエチルなど)であってもよい。 It may be cycloheptyl ethyl, etc.).

【0010】該アリール基としては、単環式または縮合多環式の炭素数6乃至14の芳香族炭化水素環基などが挙げられる。 [0010] As the aryl group, such as monocyclic or condensed polycyclic aromatic hydrocarbon ring group having 6 to 14 can be mentioned. 該芳香族炭化水素環基としては、例えば、 The aromatic hydrocarbon ring group, for example,
フェニル、1−または2−ナフチル、1−、2−または9−アントリル、1−、2−、3−、4−または9−フェナントリル、1−、2−、4−、5−または6−アズレニル、アセナフチレニルなどが挙げられ、なかでもフェニル、1−ナフチル、2−ナフチルなどのC 6-10アリールが好ましい。 Phenyl, 1- or 2-naphthyl, 1-, 2- or 9-anthryl, 1-, 2-, 3-, 4- or 9-phenanthryl, 1-, 2-, 4-, 5- or 6- azulenyl , and the like acenaphthylenyl, inter alia phenyl, 1-naphthyl, C 6-10 aryl, such as 2-naphthyl preferred. 「置換されていてもよい炭化水素基」 "Optionally substituted hydrocarbon group"
における炭化水素基は、置換可能な位置に、任意の置換基を1乃至3個有していてもよい。 Hydrocarbon group, a substitutable position may have 1 to 3 optional substituents on. 該置換基としては、 As the substituent,
(1)置換されていてもよい低級アルキル基、(2)置換されていてもよい低級アルコキシ基、(3)置換されていてもよいアリール基、(4)置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基、(5)置換されていてもよい複素環基、(6)エステル化されていてもよいカルボキシル基、(7)置換されていてもよいカルバモイル基、(8)置換されていてもよいアミノ基、(9)置換されていてもよい水酸基、 (1) an optionally substituted lower alkyl group, (2) an optionally substituted lower alkoxy group, (3) an optionally substituted aryl group, (4) substituted lower cycloalkyl which may be substituted group or a lower cycloalkenyl group, (5) an optionally substituted heterocyclic group, (6) esterified carboxyl group which may be, (7) an optionally substituted carbamoyl group, substituted (8) amino group which may be, hydroxy group which may be substituted (9),
(10)置換されていてもよいチオール(メルカプト) (10) thiol which may be substituted (mercapto)
基、(11)アシル基、(12)ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、(13)ニトロ、(14)シアノなどが挙げられる。 Group, (11) acyl group, (12) halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine), (13) nitro, (14) and cyano. 該置換されていてもよい低級アルキル基(1)の低級アルキル基としては、例えば、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、ブチル、イソブチル、sec.−ブチル、tert.−ブチル、ペンチル、イソペンチル、ネオペンチル、ヘキシル、イソヘキシル等のC 1-6アルキル基などが挙げられる。 Examples of the lower alkyl group optionally substituted lower alkyl group (1), for example, methyl, ethyl, propyl, isopropyl, butyl, isobutyl, sec.-butyl, tert.-butyl, pentyl, isopentyl, neopentyl, hexyl, a C 1-6 alkyl group isohexyl, and the like. 該置換されていてもよい低級アルコキシ基(2)の低級アルコキシ基としては、例えば、メトキシ、エトキシ、プロポキシ、イソプロポキシ、ブトキシ、イソブトキシ、sec.−ブトキシ、tert.−ブトキシ、ペントキシ、イソペントキシ、 Examples of the lower alkoxy group optionally substituted lower alkoxy group (2), for example, methoxy, ethoxy, propoxy, isopropoxy, butoxy, isobutoxy, sec.-butoxy, tert.-butoxy, pentoxy, isopentoxy,
ネオペントキシ、ヘキシルオキシ、イソヘキシルオキシ等のC 1-6アルコキシ基などが挙げられる。 Neopentoxy, hexyloxy, a C 1-6 alkoxy group such as iso-hexyloxy.

【0011】該低級アルキル基(1)および低級アルコキシ基(2)は、置換基を置換可能な位置に1乃至3個有していてもよく、該置換基としては、例えば、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、低級(C 1-3 )アルコキシ(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ等)などが挙げられる。 [0011] The lower alkyl group (1) and a lower alkoxy group (2) may have 1 to 3 substituents at substitutable positions, and examples of the substituent include a halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine), a lower (C 1-3) alkoxy (e.g., methoxy, ethoxy, propoxy, etc.) and the like. 該置換されていてもよいアリール基(3)のアリール基としては、フェニル、ナフチル、アントリル、フェナントリル、アセナフチレニル等のC Examples of the aryl group optionally substituted aryl group (3), phenyl, naphthyl, anthryl, phenanthryl, C etc. acenaphthylenyl
6-14のアリール基が挙げられ、なかでもフェニル、1− Aryl groups of 6-14. Among them, phenyl, 1
ナフチル、2−ナフチルなどが好ましい。 Naphthyl, 2-naphthyl are preferable. 該置換されていてもよい低級シクロアルキル基(4)のシクロアルキル基としては、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル、シクロヘプチル等のC 3-7 The cycloalkyl group of the optionally substituted lower cycloalkyl group (4), cyclopropyl, cyclobutyl, cyclopentyl, cyclohexyl, C 3-7, such as cycloheptyl
シクロアルキル基等が挙げられる。 Cycloalkyl group and the like. 該置換されていてもよい低級シクロアルケニル基(4)のシクロアルケニル基としては、シクロプロペニル、シクロブテニル、シクロペンテニル、シクロヘキセニル等のC 3-6シクロアルケニル基等が挙げられる。 Examples of the cycloalkenyl group optionally substituted lower cycloalkenyl group (4), cyclopropenyl, cyclobutenyl, cyclopentenyl, and the like C 3-6 cycloalkenyl group cyclohexenyl and the like. 該アリール基(3)、低級シクロアルキル基(4)もしくは低級シクロアルケニル基(4)は、置換可能な位置に、任意の置換基を1ないし5個、好ましくは1ないし3個有していてもよく、該置換基としては、アルコキシ基(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ等のC 1-3アルコキシ)、ハロゲン原子(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素)、アルキル基(例、メチル、エチル、プロピル等のC 1-3アルキル)、アミノ基、ニトロ基、シアノ基等が挙げられる。 The aryl group (3), a lower cycloalkyl group (4) or lower cycloalkenyl group (4), at substitutable position, to 1 optional substituents 5, preferably have 1 to 3 At best, examples of the substituent include an alkoxy group (e.g., methoxy, ethoxy, C 1-3 alkoxy propoxy), halogen atom (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine), alkyl group (e.g., methyl, ethyl , C 1-3 alkyl propyl) amino group, a nitro group and a cyano group.

【0012】該置換されていてもよい複素環基(5)の複素環基としては、環系を構成する原子(環原子)として、酸素、硫黄、窒素のうち少なくとも1個のヘテロ原子をもつ芳香族複素環基、飽和あるいは不飽和の非芳香族複素環基(脂肪族複素環基)が挙げられるが、好ましくは芳香族複素環基である。 [0012] As the heterocyclic group of the optionally substituted Hajime Tamaki (5) has a atom constituting a ring system (ring atom), oxygen, sulfur, at least one hetero atom of nitrogen aromatic heterocyclic group, non-aromatic Hajime Tamaki, saturated or unsaturated (aliphatic heterocyclic group), but can be mentioned, preferably an aromatic heterocyclic group. 該芳香族複素環基としては、例えば、1個の硫黄原子,窒素原子もしくは酸素原子を含む5乃至7員芳香族複素環基、2乃至4個の窒素原子を含む5乃至6員芳香族複素環基または1乃至2個の窒素原子および1個の硫黄原子または酸素原子を含む5乃至6員芳香族複素環基などが挙げられ、これらの芳香族複素環基は、2個以下の窒素原子を含む6員環、ベンゼン環または1個の硫黄原子を含む5員環と縮合していてもよい。 The aromatic heterocyclic group, for example, one sulfur atom, 5 to 7-membered aromatic heterocyclic group containing a nitrogen atom or oxygen atom, 5- or 6-membered heteroaromatic containing from 2 to 4 nitrogen atoms such ring group or 1 to 5 or 6-membered aromatic heterocyclic group containing two nitrogen atoms and one sulfur or oxygen atom. these aromatic heterocyclic groups may be 2 or fewer nitrogen atoms 6-membered ring containing, may be combined 5-membered ring condensed containing a benzene ring or one sulfur atom. 該芳香族複素環基としては、例えば、芳香族単環式複素環基(例、フリル、チエニル、ピロリル、 The aromatic heterocyclic group, for example, aromatic monocyclic Hajime Tamaki (e.g., furyl, thienyl, pyrrolyl,
オキサゾリル、イソオキサゾリル、チアゾリル、イソチアゾリル、イミダゾリル、ピラゾリル、1,2,3−オキサジアゾリル、1,2,4−オキサジアゾリル、1,3,4 Oxazolyl, isoxazolyl, thiazolyl, isothiazolyl, imidazolyl, pyrazolyl, 1,2,3-oxadiazolyl, 1,2,4-oxadiazolyl, 1,3,4
−オキサジアゾリル、フラザニル、1,2,3−チアジアゾリル、1,2,4−チアジアゾリル、1,3,4−チアジアゾリル、1,2,3−トリアゾリル、1,2,4−トリアゾリル、テトラゾリル、ピリジル、ピリダジニル、ピリミジニル、ピラジニル、トリアジニル等)および芳香族縮合複素環基(例:ベンゾフラニル、イソベンゾフラニル、ベンゾ〔b〕チエニル、インドリル、イソインドリル、1H−インダゾリル、ベンズイミダゾリル、ベンズオキサゾリル、1,2−ベンズイソオキサゾリル、ベンゾチアゾリル、1,2−ベンゾイソチアゾリル、1H− - oxadiazolyl, furazanyl, 1,2,3-thiadiazolyl, 1,2,4-thiadiazolyl, 1,3,4-thiadiazolyl, 1,2,3-triazolyl, 1,2,4-triazolyl, tetrazolyl, pyridyl, pyridazinyl , pyrimidinyl, pyrazinyl, triazinyl, etc.) and aromatic condensed Hajime Tamaki (e.g. benzofuranyl, isobenzofuranyl, benzo [b] thienyl, indolyl, isoindolyl, 1H-indazolyl, benzimidazolyl, benzoxazolyl, 1,2 - benzisoxazolyl, benzothiazolyl, 1,2-benzisothiazolyl, 1H-
ベンゾトリアゾリル、キノリル、イソキノリル、シンノリニル、キナゾリニル、キノキサリニル、フタラジニル、ナフチリジニル、プリニル、プテリジニル、カルバゾリル、α−カルボリニル、β−カルボリニル、γ−カルボリニル、アクリジニル、フェノキサジニル、フェノチアジニル、フェナジニル、フェノキサチイニル、チアントレニル、フェナントリジニル、フェナントロリニル、インドリジニル、ピロロ〔1,2−b〕ピリダジニル、ピラゾロ〔1,5−a〕ピリジル、イミダゾ〔1,2 Benzotriazolyl, quinolyl, isoquinolyl, cinnolinyl, quinazolinyl, quinoxalinyl, phthalazinyl, naphthyridinyl, purinyl, pteridinyl, carbazolyl, alpha-carbolinyl, beta-carbolinyl, .gamma.-carbolinyl, acridinyl, phenoxazinyl, phenothiazinyl, phenazinyl, phenoxathiinyl , thianthrenyl, phenanthridinyl, phenanthrolinyl, indolizinyl, pyrrolo [1,2-b] pyridazinyl, pyrazolo [1,5-a] pyridyl, imidazo [1,2
−a〕ピリジル、イミダゾ〔1,5−a〕ピリジル、イミダゾ〔1,2−b〕ピリダジニル、イミダゾ〔1,2− -a] pyridyl, imidazo [1,5-a] pyridyl, imidazo [1,2-b] pyridazinyl, imidazo [1,2
a〕ピリミジニル、1,2,4−トリアゾロ〔4,3− a] pyrimidinyl, 1,2,4-triazolo [4,3-
a〕ピリジル、1,2,4−トリアゾロ〔4,3−b〕ピリダジニル等)などが挙げられるが、フリル、縮合フリル、チエニル、縮合チエニル、インドリル、イソインドリル、ピラジニル、ピリジル、ピリミジニル、アゾリルまたは縮合アゾリル基などが好ましい。 a] pyridyl, 1,2,4-triazolo [4,3-b] pyridazinyl, etc.) and the like, furyl, condensation furyl, thienyl, condensation thienyl, indolyl, isoindolyl, pyrazinyl, pyridyl, pyrimidinyl, azolyl or condensation such as the azolyl group is preferred. アゾリル基としては例えば1乃至4個の窒素原子を含む5員芳香族複素環基(例、ピロリル、イミダゾリル、ピラゾリル、トリアゾリル、テトラゾリル)、1乃至2個の窒素原子および1個の硫黄原子または酸素原子を含む5員芳香族複素環基(例、オキサゾリル、イソオキサゾリル、チアゾリル、イソチアゾリル)などが挙げられ、縮合アゾリル基としては例えばベンゼン環と1乃至2個の窒素原子を含む5員芳香族複素環が縮合して形成する基(例、ベンズイミダゾリルなど)、ベンゼン環と、1個の窒素原子および1個の硫黄原子もしくは酸素原子を含む5員芳香族複素環が縮合して形成する基(例、ベンズオキサゾリル、ベンズイソオキサゾリル、ベンゾチアゾリル、ベンズイソキサゾリルなど)などが挙げられる。 The azolyl groups include 5-membered aromatic Hajime Tamaki containing 1 to 4 nitrogen atoms (e.g., pyrrolyl, imidazolyl, pyrazolyl, triazolyl, tetrazolyl), 1 to 2 nitrogen atoms and one sulfur atom or oxygen 5-membered aromatic Hajime Tamaki containing an atom (e.g., oxazolyl, isoxazolyl, thiazolyl, isothiazolyl) and the like, 5-membered heteroaromatic ring containing a condensed azolyl group such as a benzene ring and 1 to 2 nitrogen atoms There group formed by condensation (e.g., such as benzimidazolyl), a benzene ring, one nitrogen atom and one sulfur atom or 5-membered aromatic heterocyclic ring formed by condensing group containing an oxygen atom (e.g. , benzoxazolyl, benzisoxazolyl, benzothiazolyl, such as benzisoxazolyl), and the like. なかでもフリル、チエニル、インドリル、イソインドリル、ピラジニル、ピリジル、ピリミジニル、ベンゾフラニル、ベンズイミダゾリル、ベンズオキサゾリル、1,2−ベンズイソオキサゾリル、ベンゾチアゾリル、ベンゾ[b]チエニル、オキサゾリル、イソオキサゾリルなどが好ましく、さらに好ましくは、フリル、チエニルが挙げられる。 Among them furyl, thienyl, indolyl, isoindolyl, pyrazinyl, pyridyl, pyrimidinyl, benzofuranyl, benzimidazolyl, benzoxazolyl, 1,2-benzisoxazolyl, benzothiazolyl, benzo [b] thienyl, oxazolyl, isoxazolyl and the like are preferable , more preferably, furyl, and thienyl. 該非芳香族複素環基としては、1個の硫黄原子、窒素原子または酸素原子を含む5乃至7員非芳香族複素環基または1個の窒素原子および3個以下のヘテロ原子(例、窒素,酸素,硫黄原子)を含む3乃至7員非芳香族複素環基、例えば、オキシラニル、アゼチジニル、オキセタニル、チエタニル、ピロリジニル、テトラヒドロフリル、チオラニル、ピペリジル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、チオモルホリニル、ピペラジニル、 As the non-aromatic heterocyclic group, one sulfur atom, a nitrogen atom or a 5 to 7 membered non-aromatic containing an oxygen atom a heterocyclic group, or one nitrogen atom and 3 or less hetero atoms (e.g., nitrogen, oxygen, 3-7 membered non-aromatic heterocyclic group containing a sulfur atom), for example, oxiranyl, azetidinyl, oxetanyl, thietanyl, pyrrolidinyl, tetrahydrofuryl, thiolanyl, piperidyl, tetrahydropyranyl, morpholinyl, thiomorpholinyl, piperazinyl,
ホモピペリジル、ピロリニル、イミダゾリジニル等が挙げられる。 Homopiperidyl, pyrrolinyl, imidazolidinyl, and the like. 該非芳香族複素環基は、ベンゼン環、2個以下の窒素原子を含む6員環または1個の硫黄原子を含む5員環などと縮合していてもよく、該縮合非芳香族複素環基として、クロマニル,イソクロマニル,インドリニル,イソインドリニル,チオクロマニル,イソチオクロマニルなどが挙げられる。 Non-aromatic heterocyclic group, a benzene ring may be fused, such as the 5-membered ring containing a 6-membered ring or one sulfur atom containing 2 or less nitrogen atoms, fused non-aromatic heterocyclic group as, chromanyl, isochromanyl, indolinyl, isoindolinyl, thiochromanyl, such as isothiourea chroma sulfonyl and the like. 該複素環基は、置換可能な位置に、任意の置換基を1乃至3個有していてもよく、該置換基としては、1乃至3個のハロゲン原子(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素)で置換されていてもよいアルコキシ基(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ等のC Heterocyclic group, a substitutable position may have 1 to 3 optional substituents, examples of the substituent, 1 to 3 halogen atoms (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine) with an optionally substituted alkoxy group (e.g., methoxy, ethoxy, propoxy, etc. C
1-4アルコキシ)、ハロゲン原子(例、フッ素、塩素、 1-4 alkoxy), halogen atom (e.g., fluorine, chlorine,
臭素、ヨウ素)、1乃至3個のハロゲン原子(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素)で置換されていてもよいアルキル基(例、メチル、エチル、プロピル等のC 1-4アルキル)、アリール基(例、フェニル、1−ナフチル、2 Bromine, iodine), 1 to 3 halogen atoms (e.g., fluorine, chlorine, bromine, alkyl group (e.g. optionally substituted with iodine), methyl, ethyl, C 1-4 alkyl and propyl), aryl group (e.g., phenyl, 1-naphthyl, 2
−ナフチルなどのC 6-10アリール)、ニトロ基等が挙げられる。 - C 6-10 aryl, such as naphthyl), and a nitro group.

【0013】該エステル化されていてもよいカルボキシル(6)としては、カルボキシル基、(低級(C 1-6 [0013] As the optionally be esterified carboxyl (6), a carboxyl group, (lower (C 1-6)
アルコキシ)カルボニル(例、メトキシカルボニル、エトキシカルボニル、プロポキシカルボニル、イソプロポキシカルボニル、ブトキシカルボニル、イソブトキシカルボニル、tert.−ブトキシカルボニル、sec.−ブトキシカルボニル、ペンチルオキシカルボニル、イソペンチルオキシカルボニル、ネオペンチルオキシカルボニル、 Alkoxy) carbonyl (e.g., methoxycarbonyl, ethoxycarbonyl, propoxycarbonyl, isopropoxycarbonyl, butoxycarbonyl, isobutoxycarbonyl, tert.-butoxycarbonyl, sec.-butoxycarbonyl, pentyloxycarbonyl, iso-pentyloxycarbonyl, neopentyloxy carbonyl,
tert.−ペンチルオキシカルボニル、ヘキシルオキシカルボニルなど)、(C 6-10アリール)オキシカルボニル(例、フェノキシカルボニル、1−ナフトキシカルボニルなど)、(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル(例、ベンジルオキシカルボニルなどの(フェニル−C tert.- pentyloxycarbonyl, hexyl oxycarbonyl), (C 6-10 aryl) oxycarbonyl (e.g., phenoxycarbonyl, 1-naphthoxycarbonyl), (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl (e.g., benzyloxycarbonyl such as carbonyl (phenyl -C
1-4アルキル)オキシカルボニルなど)などが挙げられる。 1-4 alkyl), such as butyloxycarbonyl) and the like. なかでもカルボキシル基、メトキシカルボニル基、 Among these carboxyl group, methoxycarbonyl group,
エトキシカルボニル基などが好ましい。 An ethoxycarbonyl group. 該置換されていてもよいカルバモイル基(7)および置換されていてもよいアミノ基(8)の置換基としては、例えば、置換されていてもよい低級(C 1-6 )アルキル(例、メチル、 The substituent of unsubstituted or a carbamoyl group optionally (7) and optionally substituted amino group (8), for example, be optionally substituted lower (C 1-6) alkyl (e.g., methyl ,
エチル、プロピル、イソプロピル、ブチル、イソブチル、sec.−ブチル、tert.−ブチル、ペンチル、イソペンチル、ネオペンチル、ヘキシル、イソヘキシルなど)、置換されていてもよいC 3-6シクロアルキル基(例、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシルなど)、置換されていてもよいC Ethyl, propyl, isopropyl, butyl, isobutyl, sec.-butyl, tert.-butyl, pentyl, isopentyl, neopentyl, hexyl, isohexyl, etc.), an optionally substituted C 3-6 cycloalkyl group (e.g., cyclopropyl , cyclobutyl, cyclopentyl, cyclohexyl, etc.), an optionally substituted C
6-10アリール基(例、フェニル、1−ナフチル、2−ナフチルなど)、置換されていてもよいC 7-12アラルキル基(例、ベンジル、フェネチルなどのフェニル−C 1-4 6-10 aryl group (e.g., phenyl, 1-naphthyl, 2-naphthyl), optionally substituted C 7-12 aralkyl group (e.g., benzyl, phenyl -C 1-4 such as phenethyl
アルキル、ナフチル−C 1-2アルキルなど)、置換されていてもよいC 6-10アリールスルホニル基(例、ベンゼンスルホニル、1−ナフタレンスルホニル、2−ナフタレンスルホニルなど)などが挙げられ、これらの置換基が同一または異なって1個または2個置換していてもよい。 Alkyl, naphthyl -C 1-2 alkyl), substituted optionally optionally C 6-10 be an arylsulfonyl group (e.g., benzenesulfonyl, 1-naphthalenesulfonyl, 2-naphthalene sulfonyl), and the like, the substituent groups are the same or different and may be in one or two substituents. 該置換されていてもよい低級(C 1-6 )アルキル、 The optionally substituted lower (C 1-6) alkyl,
置換されていてもよいC 3-6シクロアルキル基、置換されていてもよいC 6-10アリール基、置換されていてもよいC 7-12アラルキル基および置換されていてもよいC Optionally substituted C 3-6 cycloalkyl group, an optionally substituted C 6-10 aryl group, which may be optionally C 7-12 aralkyl group and a substituted optionally substituted C
6-10アリールスルホニル基における置換基としては、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、1乃至3個のハロゲン原子で置換されていてもよいアルコキシ基(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ等のC 1-4アルコキシ)、1乃至3個のハロゲン原子で置換されていてもよいアルキル基(例、メチル、エチル、プロピル等のC 1-4アルキル)、ニトロ基などが挙げられ、これらが1ないし5個置換していてもよい。 The substituent in 6-10 arylsulfonyl group, a halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine), 1 to 3 alkoxy groups (e.g. optionally substituted with a halogen atom, methoxy, ethoxy, propoxy, etc. C 1-4 alkoxy), 1 to 3 is an alkyl group optionally (eg substituted with a halogen atom, methyl, ethyl, C 1-4 alkyl propyl), a nitro group and the like, it is 1 It not may be have five substitutions. また、置換されていてもよいアミノ基は、窒素原子上の2個の置換基が窒素原子と一緒になって環状アミノ基を形成していてもよく、このような環状アミノ基の例としては、1−アゼチジニル、1−ピロリジニル、ピペリジノ、モルホリノ、 Further, an amino group which may be substituted, the two substituents on the nitrogen atom are taken together with the nitrogen atom may form a cyclic amino group, examples of such cyclic amino groups include , 1-azetidinyl, 1-pyrrolidinyl, piperidino, morpholino,
チオモルホリノ、1−ピペラジニルなどが挙げられる。 Thiomorpholino, 1-piperazinyl, and the like.

【0014】該置換されていてもよい水酸基(9)および置換されていてもよいチオール基(10)における置換基としては、例えば、置換されていてもよい炭化水素基、置換されていてもよい複素環基などが挙げられる。 [0014] As the substituent in the substituted which may hydroxyl optionally (9) and optionally substituted thiol group (10), for example, may be substituted hydrocarbon group, optionally substituted and heterocyclic groups.
該「置換されていてもよい炭化水素基」としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で定義された「置換されていてもよい炭化水素基」と同様なものが挙げられるが、好ましくは、例えば、置換されていてもよい低級(C 1-6 )アルキル(例、メチル、エチル、プロピル、 Examples of the "optionally substituted hydrocarbon group", the same as the R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5 and defined "optionally substituted hydrocarbon group" in R 6 something it can be mentioned, preferably, for example, be optionally substituted lower (C 1-6) alkyl (e.g., methyl, ethyl, propyl,
イソプロピル、ブチル、イソブチル、sec.−ブチル、te Isopropyl, butyl, isobutyl, sec.-butyl, te
rt.−ブチル、ペンチル、イソペンチル、ネオペンチル、ヘキシル、イソヘキシルなど)、置換されていてもよいC 3-6シクロアルキル基(例、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシルなど)、 rt.- butyl, pentyl, isopentyl, neopentyl, hexyl, isohexyl), an optionally substituted C 3-6 cycloalkyl group (e.g., cyclopropyl, cyclobutyl, cyclopentyl, cyclohexyl, etc.),
置換されていてもよいC 6-10アリール基(例、フェニル、1−ナフチル、2−ナフチルなど)、置換されていてもよいC 7-12アラルキル基(例、ベンジル、フェネチルなどのフェニル−C 1-4アルキル、ナフチル−C 1-2アルキルなど)などが挙げられる。 Optionally substituted C 6-10 aryl group (e.g., phenyl, 1-naphthyl, 2-naphthyl, etc.), an optionally substituted C 7-12 aralkyl group (e.g., benzyl, phenyl -C such phenethyl 1-4 alkyl, naphthyl -C 1-2 alkyl), and the like. 該低級(C 1-6 )アルキル、C 3-6シクロアルキル基、C 6-10アリール基およびC 7-12アラルキル基は、置換基を置換可能な任意の位置に1乃至5個有していてもよく、該置換基としては、 It said lower (C 1-6) alkyl, C 3-6 cycloalkyl group, C 6-10 aryl groups and C 7-12 aralkyl groups, have 1 to 5 substituents at any possible positions substituted at best, as the substituent,
ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、1乃至3個のハロゲン原子で置換されていてもよいアルコキシ基(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ等のC 1-4アルコキシ)、1乃至3個のハロゲン原子で置換されていてもよいアルキル基(例、メチル、エチル、プロピル等のC 1-4アルキル)、ニトロ、アミノ、シアノ等が挙げられる。 Halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine), 1 to 3 substituents which may be an alkoxy group with a halogen atom (e.g., methoxy, ethoxy, C 1-4 alkoxy propoxy), from 1-3 is an alkyl group optionally substituted by a halogen atom (e.g., methyl, ethyl, C 1-4 alkyl propyl), nitro, amino, cyano and the like. 該「置換されていてもよい複素環基」としては、 As the "optionally substituted heterocyclic group",
後述するR 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で定義される「置換されていてもよい複素環基」と同様なものが挙げられる。 R 1 to be described later, R 2, R 3, R 4, include those similar to the as defined in R 5 and R 6 "optionally substituted heterocyclic group".

【0015】該アシル基(11)としては、例えば、ホルミル、置換されていてもよい炭化水素基で置換されたカルボニル基、置換されていてもよい炭化水素基で置換されたスルフィニル基、置換されていてもよい炭化水素基で置換されたスルホニル基などが挙げられる。 [0015] As the acyl group (11), for example, formyl, substituted with optionally substituted hydrocarbon group carbonyl group, substituted with an optionally substituted hydrocarbon group sulfinyl group, substituted a sulfonyl group substituted with may also be a hydrocarbon group optionally. 該「置換されていてもよい炭化水素基」としては、前記R 1 As the "optionally substituted hydrocarbon group", the R 1,
2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で定義された「置換されていてもよい炭化水素基」と同様なものが挙げられるが、好ましくは、例えば、置換されていてもよい低級(C 1-6 )アルキル基、置換されていてもよいC 3-6シクロアルキル基、置換されていてもよいC 6-10アリール基(例、フェニル、ナフチルなど)、置換されていてもよいC 7-12アラルキル基(例、フェニル−C 1-4アルキル、ナフチル−C 1-2アルキルなど)などが挙げられる。 R 2, R 3, R 4 , R 5 and as defined by R 6 may be mentioned those similar to the "optionally substituted hydrocarbon group", a lower preferably, for example, optionally substituted (C 1-6) alkyl group, an optionally substituted C 3-6 cycloalkyl group, an optionally substituted C 6-10 aryl group (e.g., phenyl, naphthyl), optionally substituted C 7-12 aralkyl group (e.g., phenyl -C 1-4 alkyl, naphthyl -C 1-2 alkyl), and the like. 該アシル基としては、好ましくは、ホルミル基、 As the acyl group, preferably a formyl group,
(C 1-6アルキル)カルボニル基、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル基、(C 6-10アリール)カルボニル基、 (C 1-6 alkyl) carbonyl group, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl group, (C 6-10 aryl) carbonyl group,
(C 7-12アラルキル)カルボニル基、(C 1-6アルキル)スルフィニル基、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル基、(C 6-10アリール)スルフィニル基、(C (C 7-12 aralkyl) carbonyl group, (C 1-6 alkyl) sulfinyl group, (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl group, (C 6-10 aryl) sulfinyl group, (C
7-12アラルキル)スルフィニル基、(C 1-6アルキル) 7-12 aralkyl) sulfinyl group, (C 1-6 alkyl)
スルホニル基、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル基、(C 6-10アリール)スルホニル基、(C 7-12アラルキル)スルホニル基が挙げられる。 Sulfonyl group, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl group, (C 6-10 aryl) sulfonyl group, and (C 7-12 aralkyl) sulfonyl group. これらのアシル基は置換可能な任意の位置に1乃至5個の置換基を有していてもよく、該置換基としては、例えばハロゲン原子、アルコキシ基(例、C 1-4アルコキシ基)、アルキル基(例、C 1-4アルキル基)が挙げられる。 These acyl groups may have 1 to 5 substituents at any possible positions substituted, examples of the substituent include a halogen atom, an alkoxy group (e.g., C 1-4 alkoxy group), alkyl group (e.g., C 1-4 alkyl group).

【0016】R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示される「置換されていてもよい複素環基」における複素環基としては、環系を構成する原子(環原子)として、酸素、硫黄、窒素のうち少なくとも1個のヘテロ原子をもつ芳香族複素環基、飽和あるいは不飽和の非芳香族複素環基(脂肪族複素環基)が挙げられるが、好ましくは芳香族複素環基である。 [0016] R 1, R 2, R 3 , R 4, examples of the heterocyclic group in the "optionally substituted heterocyclic group" represented by R 5 and R 6, the atoms constituting the ring system (ring atom as), oxygen, sulfur, an aromatic heterocyclic group having at least one hetero atom of nitrogen, non-aromatic Hajime Tamaki, saturated or unsaturated (aliphatic heterocyclic group), but can be exemplified, preferably an aromatic it is a family heterocyclic group. 該芳香族複素環基としては、例えば、1個の硫黄原子,窒素原子もしくは酸素原子を含む5乃至7員芳香族複素環基、2乃至4個の窒素原子を含む5乃至6員芳香族複素環基または1乃至2個の窒素原子および1個の硫黄原子または酸素原子を含む5乃至6 The aromatic heterocyclic group, for example, one sulfur atom, 5 to 7-membered aromatic heterocyclic group containing a nitrogen atom or oxygen atom, 5- or 6-membered heteroaromatic containing from 2 to 4 nitrogen atoms 5-6 comprises a ring group or 1 or 2 nitrogen atoms and one sulfur or oxygen atom
員芳香族複素環基などが挙げられ、これらの芳香族複素環基は、2個以下の窒素原子を含む6員環、ベンゼン環または1個の硫黄原子を含む5員環と縮合していてもよい。 Membered and aromatic heterocyclic group, and these aromatic heterocyclic group, 6-membered ring containing 2 or less nitrogen atoms, optionally combined 5-membered ring condensed containing a benzene ring or one sulfur atom it may be. 該芳香族複素環基としては、例えば、芳香族単環式複素環基(例、フリル、チエニル、ピロリル、オキサゾリル、イソオキサゾリル、チアゾリル、イソチアゾリル、イミダゾリル、ピラゾリル、1,2,3−オキサジアゾリル、1,2,4−オキサジアゾリル、1,3,4−オキサジアゾリル、フラザニル、1,2,3−チアジアゾリル、1,2,4−チアジアゾリル、1,3,4−チアジアゾリル、1,2,3−トリアゾリル、1,2,4−トリアゾリル、テトラゾリル、ピリジル、ピリダジニル、ピリミジニル、ピラジニル、トリアジニル等)および芳香族縮合複素環基(例:ベンゾフラニル、イソベンゾフラニル、 The aromatic heterocyclic group, for example, aromatic monocyclic Hajime Tamaki (e.g., furyl, thienyl, pyrrolyl, oxazolyl, isoxazolyl, thiazolyl, isothiazolyl, imidazolyl, pyrazolyl, 1,2,3-oxadiazolyl, 1, 2,4-oxadiazolyl, 1,3,4-oxadiazolyl, furazanyl, 1,2,3-thiadiazolyl, 1,2,4-thiadiazolyl, 1,3,4-thiadiazolyl, 1,2,3-triazolyl, 1, 2,4-triazolyl, tetrazolyl, pyridyl, pyridazinyl, pyrimidinyl, pyrazinyl, triazinyl, etc.) and aromatic condensed Hajime Tamaki (e.g. benzofuranyl, isobenzofuranyl,
ベンゾ〔b〕チエニル、インドリル、イソインドリル、 Benzo [b] thienyl, indolyl, isoindolyl,
1H−インダゾリル、ベンズイミダゾリル、ベンズオキサゾリル、1,2−ベンズイソオキサゾリル、ベンゾチアゾリル、1,2−ベンゾイソチアゾリル、1H−ベンゾトリアゾリル、キノリル、イソキノリル、シンノリニル、キナゾリニル、キノキサリニル、フタラジニル、ナフチリジニル、プリニル、プテリジニル、カルバゾリル、α−カルボリニル、β−カルボリニル、γ−カルボリニル、アクリジニル、フェノキサジニル、フェノチアジニル、フェナジニル、フェノキサチイニル、チアントレニル、フェナントリジニル、フェナントロリニル、インドリジニル、ピロロ〔1,2−b〕ピリダジニル、ピラゾロ〔1,5−a〕ピリジル、イミダゾ〔1,2−a〕 1H-indazolyl, benzimidazolyl, benzoxazolyl, 1,2-benzisoxazolyl, benzothiazolyl, 1,2-benzisothiazolyl, 1H-benzotriazolyl, quinolyl, isoquinolyl, cinnolinyl, quinazolinyl, quinoxalinyl, phthalazinyl, naphthyridinyl, purinyl, pteridinyl, carbazolyl, alpha-carbolinyl, beta-carbolinyl, .gamma.-carbolinyl, acridinyl, phenoxazinyl, phenothiazinyl, phenazinyl, phenoxathiinyl, thianthrenyl, phenanthridinyl, phenanthrolinyl, indolizinyl, pyrrolo [1,2-b] pyridazinyl, pyrazolo [1,5-a] pyridyl, imidazo [1,2-a]
ピリジル、イミダゾ〔1,5−a〕ピリジル、イミダゾ〔1,2−b〕ピリダジニル、イミダゾ〔1,2−a〕ピリミジニル、1,2,4−トリアゾロ〔4,3−a〕ピリジル、1,2,4−トリアゾロ〔4,3−b〕ピリダジニル等)などが挙げられるが、フリル、チエニル、インドリル、イソインドリル、ピラジニル、ピリジル、ピリミジニル、アゾリルまたはその縮合環基などが好ましく、 Pyridyl, imidazo [1,5-a] pyridyl, imidazo [1,2-b] pyridazinyl, imidazo [1,2-a] pyrimidinyl, 1,2,4-triazolo [4,3-a] pyridyl, 1, 2,4-triazolo [4,3-b] pyridazinyl, etc.) and the like, furyl, thienyl, indolyl, isoindolyl, pyrazinyl, pyridyl, pyrimidinyl, such as azolyl or fused ring group is preferred,
なかでもフリル、チエニル、インドリル、イソインドリル、ピラジニル、ピリジル、ピリミジニル、ベンゾフラニル、ベンズイミダゾリル、ベンズオキサゾリル、1, Among them furyl, thienyl, indolyl, isoindolyl, pyrazinyl, pyridyl, pyrimidinyl, benzofuranyl, benzimidazolyl, benzoxazolyl, 1,
2−ベンズイソオキサゾリル、ベンゾチアゾリル、ベンゾ[b]チエニル、オキサゾリル、イソオキサゾリルなどが好ましく、さらに好ましくは、フリル、チエニルが挙げられる。 2-benzisoxazolyl, benzothiazolyl, benzo [b] thienyl, oxazolyl, isoxazolyl and the like are preferable, more preferably, furyl, and thienyl.

【0017】該非芳香族複素環基としては、1個の硫黄原子、窒素原子または酸素原子を含む5乃至7員非芳香族複素環基または1個の窒素原子および3個以下のヘテロ原子(例、窒素,酸素,硫黄原子)を含む3乃至7員非芳香族複素環基、例えば、オキシラニル、アゼチジニル、オキセタニル、チエタニル、ピロリジニル、テトラヒドロフリル、チオラニル、ピペリジル、テトラヒドロピラニル、モルホリニル、チオモルホリニル、ピペラジニル、ホモピペリジル、ピロリニル、イミダゾリジニル等が挙げられる。 [0017] As the non-aromatic heterocyclic group, one sulfur atom, a nitrogen atom or a 5 to 7 membered non-aromatic heterocyclic group, or one nitrogen atom and 3 or less hetero atoms including oxygen atom (e.g. , nitrogen, oxygen, 3-7 membered non-aromatic heterocyclic group containing a sulfur atom), for example, oxiranyl, azetidinyl, oxetanyl, thietanyl, pyrrolidinyl, tetrahydrofuryl, thiolanyl, piperidyl, tetrahydropyranyl, morpholinyl, thiomorpholinyl, piperazinyl, homopiperidyl, pyrrolinyl, imidazolidinyl, and the like. 該非芳香族複素環基は、ベンゼン環、 Non-aromatic heterocyclic group include a benzene ring,
2個以下の窒素原子を含む6員環または1個の硫黄原子を含む5員環などと縮合していてもよく、該縮合非芳香族複素環基として、クロマニル,イソクロマニル,インドリニル,イソインドリニル,チオクロマニル,イソチオクロマニルなどが挙げられる。 It may be fused, such as the 5-membered ring containing a 6-membered ring or one sulfur atom containing 2 or fewer nitrogen atoms, a fused non-aromatic heterocyclic group, chromanyl, isochromanyl, indolinyl, isoindolinyl, thiochromanyl , and the like isothiocyanate chroma nil is.

【0018】R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示される「置換されていてもよい複素環基」における複素環基は、置換可能な位置に、任意の置換基を1ないし4 The heterocyclic group in R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5 and the "optionally substituted heterocyclic group" represented by R 6 are substitutable position, the optional substituents , 1 to 4
個、好ましくは1ないし3個有していてもよい。 Pieces, preferably have 1 to 3 substituents. 該置換基としては、(i)置換されていてもよい低級アルキル基、(ii)置換されていてもよい低級アルコキシ基、 Examples of the substituent, (i) an optionally substituted lower alkyl group, (ii) an optionally substituted lower alkoxy group,
(iii)置換されていてもよいアリール基、(iv)置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基、(v)置換されていてもよい複素環基、(vi)エステル化されていてもよいカルボキシル基、(vii)置換されていてもよいカルバモイル基、(v (Iii) an optionally substituted aryl group, (iv) an optionally substituted lower cycloalkyl group or lower cycloalkenyl group, (v) an optionally substituted heterocyclic group, is (vi) esterified a carboxyl group which may be, (vii) an optionally substituted carbamoyl group, (v
iii)置換されていてもよいアミノ基、(ix)置換されていてもよい水酸基、(x)置換されていてもよいチオール基、(xi)アシル基、(xii)ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、(xiii)ニトロ、(xiv)シアノなどが挙げられる。 iii) an optionally substituted amino group, (ix) a hydroxyl group which may be substituted, (x) an optionally substituted thiol group, (xi) an acyl group, (xii) halogen (e.g., fluorine, chlorine , bromine), (xiii) nitro, and the like (xiv) cyano. 該置換されていてもよい低級アルキル基(i)、置換されていてもよい低級アルコキシ基(ii)、置換されていてもよいアリール基(iii)、置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基(iv)、置換されていてもよい複素環基(v)、エステル化されていてもよいカルボキシル基(vi)、置換されていてもよいカルバモイル基(vi The an optionally substituted lower alkyl group (i), an optionally substituted lower alkoxy group (ii), optionally substituted aryl group (iii), optionally substituted lower cycloalkyl group or lower cycloalkenyl group (iv), optionally substituted Hajime Tamaki (v), optionally esterified carboxyl group optionally (vi), optionally substituted carbamoyl group (vi
i)、置換されていてもよいアミノ基(viii)、置換されていてもよい水酸基(ix)、置換されていてもよいチオール基(x)およびアシル基(xi)としては、それぞれ前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示される「置換されていてもよい炭化水素基」における置換基で示されたものと同様なものが挙げられる。 i), an optionally substituted amino group (viii), a hydroxyl group which may be substituted (ix), as the optionally substituted thiol group (x) and acyl groups (xi), respectively the R 1 , R 2, R 3, R 4, R 5 and one similar to that shown in the substituents of the "optionally substituted hydrocarbon group" represented by R 6 may be mentioned.

【0019】上記した中でも、R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R [0019] Among the above, R 1, R 2, R 3, R 4, R
5およびR 6としては、置換されていてもよいアルキル基(好ましくC 1-4アルキルなど)、置換されていてもよいアルケニル基(例、好ましくは、C 2-4アルケニルなど)、置換されていてもよいアリール基(好ましくはフェニル、1−ナフチル、2−ナフチルなどのC 6-10アリールなど)、置換されていてもよい芳香族複素環基(好ましくはフリル、ベンゾフラニル、チエニル、ベンゾチエニル、インドリル、イソインドリル、ピラジニル、ピリジル、ピリミジニル、アゾリル、縮合アゾリルなど) The 5 and R 6, optionally substituted alkyl group (such as a preferably C 1-4 alkyl), optionally substituted alkenyl group (e.g., preferably, such as C 2-4 alkenyl), substituted also an aryl group (phenyl, preferably, 1-naphthyl, 2-naphthyl C 6-10 aryl, etc.), an optionally substituted aromatic Hajime Tamaki (preferably furyl, benzofuranyl, thienyl, benzothienyl, indolyl, isoindolyl, pyrazinyl, pyridyl, pyrimidinyl, azolyl, such as condensation azolyl)
が好ましい。 It is preferred. 該アルキル基、アルケニル基およびアリール基は、置換可能な位置に、任意の置換基を1乃至3個(好ましくは、1乃至2個)有していてもよいが、該置換基としては、好ましくは、(1)1乃至3個のハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)で置換されていてもよい低級(C 1-3 )アルキル基(例、メチル、 The alkyl group, alkenyl group and aryl group, a substitutable position, 1 to 3 optional substituents (preferably 1 to 2) may have, as the substituent, preferably (1) 1 to 3 halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine) which may lower substituted with (C 1-3) alkyl group (e.g., methyl,
エチル、プロピル、イソプロピルなど)、(2)低級(C 1-3 )アルコキシ(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ、イソプロポキシなど)、(3)ハロゲン(例、 Ethyl, propyl, isopropyl), (2) a lower (C 1-3) alkoxy (e.g., methoxy, ethoxy, propoxy, isopropoxy, etc.), (3) halogen (e.g.,
フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至3個(好ましくは1乃至2個)の置換基で置換されていてもよいC 6-10アリール基(例、フェニルなど)、(4)低級(C 1-3 )アルコキシ(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ、イソプロポキシなど)、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素)、ニトロ、シアノおよびアミノから選ばれる1乃至3個(好ましくは1乃至2個)の置換基で置換されていてもよいC 6-10アリールオキシ(例、フェノキシなど)、(5)1乃至3個(好ましくは1乃至2個)のハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)などで置換されていてもよい複素環基(例、チエニル、ベンズイミダゾリル、ベンズオキサゾリルなど)、(6)p− Fluorine, chlorine, bromine, iodine), amino, 1 to 3 nitro, and cyano (preferably 1 to be a C 6-10 aryl group (e.g. optionally substituted with a substituent two), phenyl etc.), 1 selected from (4) a lower (C 1-3) alkoxy (e.g., methoxy, ethoxy, propoxy, isopropoxy, etc.), halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine), nitro, cyano and amino to 3 (preferably 1 to 2) substituents at the optionally substituted C 6-10 aryloxy (e.g., phenoxy etc.), (5) 1 to 3 (preferably 1 to 2) halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine) which may be a Hajime Tamaki substituted by such (eg, thienyl, benzimidazolyl, benzoxazolyl, etc.), (6) p-
トルエンスルホニルなどで置換されていてもよいアミノ基、(7)水酸基、(8)ハロゲン原子および低級(C Toluenesulfonyl optionally substituted amino group or the like, (7) hydroxyl group, (8) a halogen atom and a lower (C
1-3 )アルコキシ基から選ばれる1乃至3個(好ましくは1乃至2個)の置換基で置換されていてもよいC 6-10 1-3) 1 to 3 selected from alkoxy groups (preferably substituted with a substituent 1 to 2) C 6-10
アリール基(例えば、フェニルなど)で置換されていてもよいチオール基、あるいはハロゲン原子および低級(C 1-3 )アルコキシ基から選ばれる1乃至3個(好ましくは1乃至2個)の置換基で置換されていてもよい複素環(例、ベンズオキサゾリル,ベンゾチアゾリルなど)で置換されていてもよいチオール基、(9)ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、(10)ニトロ、 An aryl group (e.g., phenyl etc.) optionally substituted thiol group or 1 to 3 selected from a halogen atom and lower (C 1-3) alkoxy group (preferably 1 to 2) with a substituent, optionally substituted heterocycle (e.g., benzoxazolyl, benzothiazolyl, etc.) optionally substituted thiol group, (9) halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, etc.), (10) nitro,
(11)シアノなどが挙げられる。 (11) and cyano. 該芳香族複素環基は、置換可能な位置に、任意の置換基を1乃至3個(好ましくは、1乃至2個)有していてもよいが、該置換基としては、好ましくは、(1)1乃至3個のハロゲンで置換されていてもよい低級(C 1-3 )アルキル基(例、 The aromatic heterocyclic group, a substitutable position, 1 to 3 optional substituents (preferably 1 to 2) may have, as the substituent, preferably, ( 1) optionally substituted by 1 to 3 halogen lower (C 1-3) alkyl group (e.g.,
メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、フルオロメチル、クロロメチルなど)、(2)C 6-10アリール基(例、フェニルなど)、(3)1乃至3個のハロゲンで置換されていてもよい低級(C 1-3 )アルコキシ(例、 Methyl, ethyl, propyl, isopropyl, fluoromethyl, chloromethyl, etc.), (2) C 6-10 aryl group (e.g., phenyl, etc.), (3) 1 to optionally substituted with 1-3 halogens lower ( C 1-3) alkoxy (for example,
メトキシ、エトキシ、プロポキシ、イソプロポキシ、フルオロメトキシ、クロロメトキシなど)、(4)ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、(5)ニトロ、 Methoxy, ethoxy, propoxy, isopropoxy, fluoromethoxy etc.), (4) halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, etc.), (5) nitro,
(6)シアノ、(7)(低級(C 1-6 )アルキル)カルボニル基、(8)(C 1-6アルキル)スルホニル基などが挙げられる。 (6) cyano, (7) (lower (C 1-6) alkyl) carbonyl group, and the like (8) (C 1-6 alkyl) sulfonyl group.

【0020】(2)Rで示される「置換されていてもよいアミノ基」の置換基としての「エステル化されていてもよいカルボキシル基」としては、例えば、一般式−C [0020] (2) as "esterified carboxyl group which may be" as the substituent of the "optionally substituted amino group" represented by R, for example, the formula -C
OOR 7 〔R 7は水素または置換されていてもよい炭化水素あるいは複素環基を示す〕で示される基が挙げられる。 OOR 7 [R 7 represents hydrogen or optionally substituted hydrocarbon or heterocyclic group] include groups represented by. 該炭化水素基としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 Examples of the hydrocarbon group, the R 1, R 2, R 3 , R 4,
5およびR 6で示された「置換されていてもよい炭化水素基」における炭化水素基で示されたものと同様なものが挙げられる。 Similar to those indicated in the hydrocarbon group of indicated by R 5 and R 6 "optionally substituted hydrocarbon group" can be mentioned. 該炭化水素基は、置換可能な位置に、任意の置換基を1乃至3個有していてもよい。 Hydrocarbon group, a substitutable position may have 1 to 3 optional substituents. 該置換基としては、置換されていてもよい低級アルキル基、置換されていてもよい低級アルコキシ基、置換されていてもよいアリール基、置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基、置換されていてもよい複素環基、エステル化されていてもよいカルボキシル基、置換されていてもよいカルバモイル基、置換されていてもよいアミノ基、置換されていてもよい水酸基、置換されていてもよいチオール基、アシル基、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、ニトロ、シアノなどが挙げられる。 The substituent is optionally substituted lower alkyl group, optionally substituted lower alkoxy group, an aryl group which may be substituted, an optionally substituted lower cycloalkyl group or lower cycloalkenyl group , optionally substituted heterocyclic group, esterified carboxyl group which may be, optionally substituted carbamoyl group, an optionally substituted amino group, hydroxy group which may be substituted, substituted thiol group that may be, an acyl group, a halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine), nitro and cyano. 該置換されていてもよい低級アルキル基、置換されていてもよい低級アルコキシ基、置換されていてもよいアリール基、置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基、置換されていてもよい複素環基、エステル化されていてもよいカルボキシル基、置換されていてもよいカルバモイル基、置換されていてもよいアミノ基、置換されていてもよい水酸基、置換されていてもよいチオール基およびアシル基としては、それぞれ前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 The optionally substituted lower alkyl group, optionally substituted lower alkoxy group, an optionally substituted aryl group, an optionally substituted lower cycloalkyl group or lower cycloalkenyl group, substituted also heterocyclic group, esterified carboxyl group which may be, optionally substituted carbamoyl group, an optionally substituted amino group, hydroxy group which may be substituted, thiol group that may be substituted and as the acyl group, each of the R 1, R 2, R 3 , R 4,
5およびR 6で示される「置換されていてもよい炭化水素基」における置換基で示されたものと同様なものが挙げられる。 Similar to those indicated by the substituents of the "optionally substituted hydrocarbon group" represented by R 5 and R 6 can be mentioned.

【0021】該複素環基としては、前記R 1 ,R 2 Examples of the heterocyclic group, wherein R 1, R 2,
3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい複素環基」における複素環基で示されたものと同様なものが挙げられる。 R 3, R 4, R 5 and one similar to that shown in heterocyclic groups in indicated by R 6 "optionally substituted heterocyclic group" can be mentioned. 該複素環基は、置換可能な位置に、任意の置換基を1乃至3個有していてもよい。 Heterocyclic group, a substitutable position may have 1 to 3 optional substituents. 該置換基としては、置換されていてもよい低級アルキル基、 As the substituent, an optionally substituted lower alkyl group,
置換されていてもよい低級アルコキシ基、置換されていてもよいアリール基、置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基、置換されていてもよい複素環基、エステル化されていてもよいカルボキシル基、置換されていてもよいカルバモイル基、 Optionally substituted lower alkoxy group, an optionally substituted aryl group, an optionally substituted lower cycloalkyl group or lower cycloalkenyl group, an optionally substituted heterocyclic group, optionally esterified which may carboxyl group, a carbamoyl group which may be substituted,
置換されていてもよいアミノ基、置換されていてもよい水酸基、置換されていてもよいチオール基、アシル基、 Optionally substituted amino group, hydroxy group which may be substituted, an optionally substituted thiol group, an acyl group,
ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、ニトロ、シアノなどが挙げられる。 Halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine), nitro and cyano. 該置換されていてもよい低級アルキル基、置換されていてもよい低級アルコキシ基、置換されていてもよいアリール基、置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基、置換されていてもよい複素環基、エステル化されていてもよいカルボキシル基、置換されていてもよいカルバモイル基、置換されていてもよいアミノ基、置換されていてもよい水酸基、置換されていてもよいチオール基およびアシル基としては、それぞれ前記R 1 ,R 2 The optionally substituted lower alkyl group, optionally substituted lower alkoxy group, an optionally substituted aryl group, an optionally substituted lower cycloalkyl group or lower cycloalkenyl group, substituted also heterocyclic group, esterified carboxyl group which may be, optionally substituted carbamoyl group, an optionally substituted amino group, hydroxy group which may be substituted, thiol group that may be substituted and as the acyl group, each of the R 1, R 2,
3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示される「置換されていてもよい炭化水素基」における置換基で示されたものと同様なものが挙げられる。 R 3, R 4, R 5 and one similar to that shown in the substituents of the "optionally substituted hydrocarbon group" represented by R 6 may be mentioned.

【0022】R 7としては、置換されていてもよい低級(C 1-6 )アルキル、低級(C 3-6 )シクロアルキル、C [0022] As R 7 also optionally substituted lower (C 1-6) alkyl, lower (C 3-6) cycloalkyl alkyl, C
6-10アリールまたはC 7-12アラルキル基などが好ましく、より好ましくは、低級(C 1-3 )アルキルが挙げられる。 Preferably such 6-10 aryl or C 7-12 aralkyl group, more preferably, lower (C 1-3) includes alkyl. 該低級(C 1-6 )アルキルとしては、例えば、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、ブチル、イソブチル、sec.−ブチル、tert.−ブチル、ペンチル、イソペンチル、ネオペンチル、ヘキシル、イソヘキシルなどが挙げられる。 The said lower (C 1-6) alkyl, e.g., methyl, ethyl, propyl, isopropyl, butyl, isobutyl, sec.-butyl, tert.-butyl, pentyl, isopentyl, neopentyl, hexyl, isohexyl. 該低級(C 3-6 )シクロアルキル基としては、例えば、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシルなどが挙げられる。 The said lower (C 3-6) cycloalkyl groups such as cyclopropyl, cyclobutyl, cyclopentyl, cyclohexyl and the like. 該C The C
6-10アリール基としては、例えば、フェニル、1−ナフチル、2−ナフチルなどが挙げられる。 The 6-10 aryl group, e.g., phenyl, 1-naphthyl, 2-naphthyl. 該C 7-12アラルキル基としては、例えば、ベンジル、フェネチルなどのフェニル−C 1-4アルキル、ナフチル−C 1-2アルキルなどが挙げられる。 As the C 7-12 aralkyl group, e.g., benzyl, phenyl -C 1-4 alkyl, such as phenethyl, and naphthyl -C 1-2 alkyl. 該低級(C 1-6 )アルキル、低級(C Said lower (C 1-6) alkyl, lower (C
3-6 )シクロアルキル基、C 6-10アリール基およびC 3-6) cycloalkyl, C 6-10 aryl groups and C
7-12アラルキル基は、置換可能な任意の位置に、置換基を1乃至3個有していてもよく、該置換基としては、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)などが挙げられる。 7-12 aralkyl group, at any possible position substituent may have 1 to 3 substituents, examples of the substituents include a halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, etc.) .

【0023】(3)Rで示される「置換されていてもよいアミノ基」の置換基としての「置換されていてもよい炭化水素基」における炭化水素基としては、前記R 1 [0023] (3) The hydrocarbon group in the "optionally substituted hydrocarbon group" as a substituent for the "optionally substituted amino group optionally substituted" represented by R, the R 1,
2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい炭化水素基」における炭化水素基で示されたものと同様なものが挙げられる。 R 2, R 3, R 4 , R 5 and one similar to that shown in hydrocarbon group in the "optionally substituted hydrocarbon group" shown by R 6 and the like. 該炭化水素基は、置換可能な位置に、任意の置換基を1乃至3個有していてもよい。 Hydrocarbon group, a substitutable position may have 1 to 3 optional substituents. 該置換基としては、置換されていてもよい低級アルキル基、置換されていてもよい低級アルコキシ基、置換されていてもよいアリール基、置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基、置換されていてもよい複素環基、エステル化されていてもよいカルボキシル基、置換されていてもよいカルバモイル基、置換されていてもよいアミノ基、置換されていてもよい水酸基、置換されていてもよいチオール基、アシル基、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、ニトロ、シアノなどが挙げられる。 The substituent is optionally substituted lower alkyl group, optionally substituted lower alkoxy group, an aryl group which may be substituted, an optionally substituted lower cycloalkyl group or lower cycloalkenyl group , optionally substituted heterocyclic group, esterified carboxyl group which may be, optionally substituted carbamoyl group, an optionally substituted amino group, hydroxy group which may be substituted, substituted thiol group that may be, an acyl group, a halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine), nitro and cyano. 該置換されていてもよい低級アルキル基、置換されていてもよい低級アルコキシ基、置換されていてもよいアリール基、置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基、置換されていてもよい複素環基、エステル化されていてもよいカルボキシル基、置換されていてもよいカルバモイル基、置換されていてもよいアミノ基、置換されていてもよい水酸基、置換されていてもよいチオール基およびアシル基としては、それぞれ前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示される「置換されていてもよい炭化水素基」における置換基で示されたものと同様なものが挙げられる。 The optionally substituted lower alkyl group, optionally substituted lower alkoxy group, an optionally substituted aryl group, an optionally substituted lower cycloalkyl group or lower cycloalkenyl group, substituted also heterocyclic group, esterified carboxyl group which may be, optionally substituted carbamoyl group, an optionally substituted amino group, hydroxy group which may be substituted, thiol group that may be substituted the and acyl groups, similar to that shown in each of the R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5 and represented by R 6 "optionally substituted hydrocarbon group" in substituent thing, and the like.

【0024】上記一般式(I)において、Rは置換されていてもよいアミノ基を示し、アミノ基の置換基としては、例えば、(1)−COR 1 、−CSR 2 、−SO [0024] In the general formula (I), R represents an amino group which may be substituted, the substituent of the amino group, for example, (1) -COR 1, -CSR 2, -SO
23 、−SOR 4 、−CONHR 5および−CSNHR 6 2 R 3, -SOR 4, -CONHR 5 and -CSNHR 6
{R 1 、R 2 、R 3 、R 4 、R 5およびR 6はそれぞれ (1−1)水素原子、 (1−2)例えば、 (a)炭素数1乃至10のアルキル基、 (b)炭素数2乃至10のアルケニル基、 (c)炭素数2乃至10のアルキニル基、 (d)炭素数3乃至12のシクロアルキル基、 (e)炭素数5乃至12のシクロアルケニル基、 (f)炭素数5乃至12のシクロアルカジエニル基、 (g)C 3-7シクロアルキル−C 1-8アルキル基、 (h)C 5-7シクロアルケニル−C 1-8アルキル基、および (i)炭素数6乃至10のアリール基等から選ばれる炭化水素基〔ここで、(a)乃至(i)の各基は置換基を有していてもよく、この様な置換基は例えば、(i)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1 {R 1, R 2, R 3, R 4, R 5 and R 6 are each (1-1) a hydrogen atom, (1-2) for example, (a) an alkyl group having 1 to 10 carbon atoms, (b) an alkenyl group having 2 to 10 carbon atoms, (c) alkynyl of 2 to 10 carbon atoms, (d) a cycloalkyl group having a carbon number of 3 to 12, (e) cycloalkenyl group having 5 to 12 carbon atoms, (f) cycloalkadienyl group having 5 to 12 carbon atoms, (g) C 3-7 cycloalkyl -C 1-8 alkyl group, (h) C 5-7 cycloalkenyl -C 1-8 alkyl and, (i) hydrocarbon radical [wherein selected from an aryl group having 6 to 10 carbon atoms, each group may have a substituent, such substituents (a) to (i) are for example, (i ) halogen and C 1-3 optionally C 1 optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from alkoxy -6アルキル基、 -6 alkyl group,
(ii)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(iii)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C (Ii) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkoxy group selected from alkoxy, (iii) C 1-3 alkoxy, halogen, C
1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(iv)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents in the optionally substituted C 6-14 aryl group selected from cyano, (iv) each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from nitro and cyano C
3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group,

【0025】(v)ハロゲンで置換されていてもよいC [0025] (v) a C substituted with halogen
1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(vi)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、 C1-4 alkoxy, halogen, halogen substituted C 1-4 alkyl, C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents heterocyclic group which may be substituted by a group selected from nitro, ( vi) a carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group,
(vii)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C (Vii) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(viii)C 1-6アルキル、 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 or two each substituent optionally substituted carbamoyl group (wherein the substituents are selected from arylsulfonyl are each substituted halogen, halogen which may be C 1-4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted with halogen), (viii) C 1- 6 alkyl,
3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(ix)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 substituents amino group which may be substituted with group (each substituent here selected from arylsulfonyl each halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy may be substituted by a halogen substituted with 1 to 5 substituents which may be chosen from optionally C 1-4 alkyl and nitro ), or cyclic amino group, (ix) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C
7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, 1 to 5 substituents selected from amino and cyano It may be substituted with a substituent, a heterocyclic group

【0026】(ix−1)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ix−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(ix−3) [0026] (ix-1) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from alkoxy, (ix-2) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkoxy group selected from alkoxy, (ix-3)
1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、 C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino,
ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(ix−4) 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (ix-4)
それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、 Each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl,
アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(ix−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 Amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, optionally substituted by (ix-5) halogen good C 1-4 alkoxy, halogen, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen,
6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(ix−6) C 6-10 aryl and 1 to 3 optionally substituted with optionally substituted heterocyclic group selected from nitro, (ix-6)
カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、 Carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group,
(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10 (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10
アラルキル)オキシカルボニル基、(ix−7)C 1-6 Aralkyl) oxycarbonyl group, (ix-7) C 1-6
アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C Alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 each substituted carbamoyl group which may be substituted with a group (wherein each substituent is halogen, optionally C 1 optionally substituted by halogen selected from arylsulfonyl -4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen),

【0027】(ix−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC [0027] (ix-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C
6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 optionally substituted by halogen
アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(i Alkyl and may be substituted 1 to 5 substituents selected from nitro), or a cyclic amino group, (i
x−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10 x-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10
アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−10)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、 Aryl, C 7-12 aralkyl and hydroxy group which may be substituted (wherein heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl, nitro, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano may, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl), (ix-10) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3- 6 cycloalkyl,
6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5 C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, amino and cyano 1 to 5 are selected
個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4 It may be substituted with substituents, heterocyclic group C 1-4
アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、 Alkoxy, halogen, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl),

【0028】(ix−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、 [0028] (ix-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1 -6 alkyl) sulfinyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−12)ハロゲン、(ix−13)ニトロ、および(ix−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(x)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、 (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) 1 to 5 substituents each acyl group (each substituent here selected from sulfonyl halide, selected from C 1-4 alkoxy and C 1-4 alkyl in optionally substituted), (ix-12) halogen, optionally substituted with (ix-13) nitro, and (ix-14) 1 to 4 substituents selected from cyano), ( x) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl,
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and optionally substituted thiol group (where in the heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C
7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, 1 to 5 substituents selected from amino and cyano It may be substituted with a substituent, a heterocyclic group

【0029】(x−1)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(x−2)ハロゲンおよびC 1-3 [0029] (x-1) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from alkoxy, (x-2) halogen and C 1-3
アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(x−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(x−4)それぞれC 1 to 3 substituents which may be substituted C 1-6 alkoxy group with a group selected from alkoxy, (x-3) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, nitro and cyano selected 1 to 5 substituents in the optionally substituted C 6-14 aryl group, respectively (x-4) C
1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from nitro and cyano C 3-7 cycloalkyl or C 3-6
シクロアルケニル基、(x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(x−6)カルボキシル基、 Cycloalkenyl group, selected from (x-5) may be substituted by halogen C 1-4 alkoxy, halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl, C 6-10 aryl and nitro 1 to 3 substituents heterocyclic group which may be substituted with a group, (x-6) carboxyl group,
(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、(x−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group, (x-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 respectively 1 or 2 substituents a carbamoyl group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, substituted by halogen may be substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted which may C 1-4 alkoxy, halogen have been),

【0030】(x−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC [0030] (x-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C
6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 optionally substituted by halogen
アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(x Alkyl and may be substituted 1 to 5 substituents selected from nitro), or a cyclic amino group, (x
−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC -9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C
1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−10)C 1-6アルキル、C 1-4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 may be substituted with 1 to 3 substituents selected from aryl), (x-10) C 1-6 alkyl, C
3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and heterocyclic thiol group that may be substituted with a group (wherein, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 6-10, respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen,
ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、 Nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or it may be substituted with 1-3 substituents),

【0031】(x−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、 [0031] (x-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1 -6 alkyl) sulfinyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x−12)ハロゲン、(x−13)ニトロ、および(x−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(xi)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) 1 to 5 substituents each acyl group (each substituent here selected from sulfonyl halide, selected from C 1-4 alkoxy and C 1-4 alkyl in optionally substituted), (x-12) halogen, optionally substituted with (x-13) nitro, and (x-14) 1 to 4 substituents selected from cyano), ( xi) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl) sulfinyl (C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4 (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1-4
アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(xii)ハロゲン、(xiii)ニトロ、および(xiv)シアノ、等から選ばれ、1乃至3 It may be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl) is selected from (xii) halogen, (xiii) nitro, and (xiv) cyano, or the like, 1 to 3
個の置換基で置換されていてもよい〕、または Number of which may be substituted with a substituent], or

【0032】(1−3)複素環基〔ここで複素環基は置換を有していてもよく、この様な置換基は、例えば、 [0032] (1-3) a Hajime Tamaki [wherein the heterocyclic group may have a substituent, such substituents include, for example,
(i)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1 (I) 1 selected from halogen and C 1-3 alkoxy
乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ii)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC To 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group, (ii) halogen and C 1-3 optionally substituted by 1 to 3 substituents selected from alkoxy C
1-6アルコキシ基、(iii)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC C1-6 alkoxy group, (iii) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from nitro and cyano C
6-14アリール基、(iv)それぞれC 1-3アルコキシ、 6-14 aryl group, (iv) each C 1-3 alkoxy,
ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(v)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(vi)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、(vi Halogen, C 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, (v) halogen in an optionally substituted C 1-4 alkoxy, halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from C 6-10 aryl and nitro which may be a heterocyclic group, (vi) a carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group, (vi
i)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(viii)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロか i) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted with 1 or 2 substituents selected from C 7-12 aralkyl and C 6-10 arylsulfonyl each carbamoyl group (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen may be substituted with a group), (viii) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, 1 to 2 selected from C 7-12 aralkyl and C 6-10 arylsulfonyl pieces each substituted amino group which may be substituted with group (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen and whether the nitro 選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、 1 to 5 substituents may be substituted with a substituent), or a cyclic amino group selected,

【0033】(ix)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC [0033] (ix) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C
7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は(ix−1)ハロゲンおよびC 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, 1 to 5 substituents selected from amino and cyano may be substituted with a substituent, a heterocyclic group (ix-1) halogen and C
1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ix−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from 1-3 alkoxy, 1 to 3 substituents selected from (ix-2) halogen and C 1-3 alkoxy in an optionally substituted C 1-6 alkoxy group,
(ix−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5 (Ix-3) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, 1 to 5 amino, nitro and cyano
個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、 Number of which may be substituted with a substituent C 6-14 aryl group,
(ix−4)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C (Ix-4) each C 1-3 alkoxy, halogen, C
1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(i 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, (i
x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC x-5) halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(ix−6)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、 1-4 alkyl, C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents heterocyclic group which may be substituted with a group selected from nitro, (ix-6) carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group , (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group,
(ix−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C (Ix-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 or two each substituent optionally substituted carbamoyl group (wherein the substituents are selected from arylsulfonyl are each substituted halogen, halogen which may be C 1-4 alkoxy may be substituted by a halogen substituted with 1 to 5 substituents which may be chosen from optionally C 1-4 alkyl and nitro),

【0034】(ix−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC [0034] (ix-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C
6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 optionally substituted by halogen
アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(i Alkyl and may be substituted 1 to 5 substituents selected from nitro), or a cyclic amino group, (i
x−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10 x-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10
アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−10)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、 Aryl, C 7-12 aralkyl and hydroxy group which may be substituted (wherein heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl, nitro, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano may, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl), (ix-10) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3- 6 cycloalkyl,
6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5 C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, amino and cyano 1 to 5 are selected
個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4 It may be substituted with substituents, heterocyclic group C 1-4
アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、 Alkoxy, halogen, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl),

【0035】(ix−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、 [0035] (ix-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1 -6 alkyl) sulfinyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−12)ハロゲン、(ix−13)ニトロ、および(ix−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(x)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、 (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) 1 to 5 substituents each acyl group (each substituent here selected from sulfonyl halide, selected from C 1-4 alkoxy and C 1-4 alkyl in optionally substituted), (ix-12) halogen, optionally substituted with (ix-13) nitro, and (ix-14) 1 to 4 substituents selected from cyano), ( x) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl,
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and optionally substituted thiol group (where in the heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C
7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, 1 to 5 substituents selected from amino and cyano It may be substituted with a substituent, a heterocyclic group

【0036】(x−1)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(x−2)ハロゲンおよびC 1-3 [0036] (x-1) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from alkoxy, (x-2) halogen and C 1-3
アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(x−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(x−4)それぞれC 1 to 3 substituents which may be substituted C 1-6 alkoxy group with a group selected from alkoxy, (x-3) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, nitro and cyano selected 1 to 5 substituents in the optionally substituted C 6-14 aryl group, respectively (x-4) C
1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from nitro and cyano C 3-7 cycloalkyl or C 3-6
シクロアルケニル基、(x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(x−6)カルボキシル基、 Cycloalkenyl group, selected from (x-5) may be substituted by halogen C 1-4 alkoxy, halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl, C 6-10 aryl and nitro 1 to 3 substituents heterocyclic group which may be substituted with a group, (x-6) carboxyl group,
(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、(x−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x−8)C (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group, (x-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 respectively 1 or 2 substituents a carbamoyl group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, substituted by halogen which may be C 1-4 alkoxy, by 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen may be substituted), (x-8) C
1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl,
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、 C 7-12 aralkyl and C 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C C1-4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen), or cyclic amino group,

【0037】(x−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、 [0037] (x-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1 -6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1-4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen,
1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−1 C 1-4 1 through selected from alkyl and C 6-10 aryl optionally substituted with 1-3 substituents), (x-1
0)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−11)ホルミル、(C 0) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or may be substituted with 1-3 substituents), (x-11) formyl, (C
1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl) sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl alkyl) sulfinyl, (C 6-10
アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 Aryl) sulfinyl, from (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) sulfonyl chosen acyl group (which may be substituted with 1 to 5 substituents selected from wherein halogen each substituent, C 1-4 alkoxy and C 1-4 alkyl),

【0038】(x−12)ハロゲン、(x−13)ニトロ、および(x−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(xi)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、 [0038] (x-12) halogen, optionally substituted with (x-13) nitro, and (x-14) 1 to 4 substituents selected from cyano), (xi) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl,
(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル) (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl)
スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、 Sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1 -4 may be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (x
ii)ハロゲン、(xiii)ニトロ、および(xi ii) halogen, (xiii) nitro, and (xi
v)シアノ、等から選ばれ、1乃至4個の置換基で置換されていてもよい〕を示す。 v) cyano, selected from such shows may be substituted with 1 to 4 substituents]. }等から選ばれるアシル基、 Acyl group selected from} the like,

【0039】(2)式−COOR 7 {式中、R 7は (2−1)水素原子、 (2−2)例えば、 (a)炭素数1乃至10のアルキル基、 (b)炭素数2乃至10のアルケニル基、 (c)炭素数2乃至10のアルキニル基、 (d)炭素数3乃至12のシクロアルキル基、 (e)炭素数5乃至12のシクロアルケニル基、 (f)炭素数5乃至12のシクロアルカジエニル基、 (g)C 3-7シクロアルキル−C 1-8アルキル基、 (h)C 5-7シクロアルケニル−C 1-8アルキル基、および (i)炭素数6乃至10のアリール基等から選ばれる炭化水素基〔ここで、(a)乃至(i)の各基はそれぞれ置換基を有していてもよく、この様な置換基は、(i) [0039] (2) -COOR 7 {wherein, R 7 is (2-1) a hydrogen atom, (2-2) for example, (a) an alkyl group having 1 to 10 carbon atoms, (b) 2 carbons to 10 alkenyl group, (c) alkynyl of 2 to 10 carbon atoms, (d) a cycloalkyl group having a carbon number of 3 to 12, (e) cycloalkenyl group having 5 to 12 carbon atoms, (f) 5 carbon atoms to 12 cycloalkadienyl group, (g) C 3-7 cycloalkyl -C 1-8 alkyl group, (h) C 5-7 cycloalkenyl -C 1-8 alkyl group, and (i) 6 carbon atoms or hydrocarbon group selected from 10 aryl group [wherein each group of (a) to (i) may have a substituent, such substituents, (i)
ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3 1 to 3 selected from halogen and C 1-3 alkoxy
個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、 Number of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group,
(ii)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(iii)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C (Ii) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkoxy group selected from alkoxy, (iii) C 1-3 alkoxy, halogen, C
1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(iv)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents in the optionally substituted C 6-14 aryl group selected from cyano, (iv) each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from nitro and cyano C
3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group,

【0040】(v)ハロゲンで置換されていてもよいC [0040] (v) a C substituted with halogen
1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(vi)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、 C1-4 alkoxy, halogen, halogen substituted C 1-4 alkyl, C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents heterocyclic group which may be substituted by a group selected from nitro, ( vi) a carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group,
(vii)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C (Vii) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(viii)C 1-6アルキル、 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 or two each substituent optionally substituted carbamoyl group (wherein the substituents are selected from arylsulfonyl are each substituted halogen, halogen which may be C 1-4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted with halogen), (viii) C 1- 6 alkyl,
3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1−4アルキルおよびニトロから選ばれる1 C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 substituents amino group which may be substituted with group (each substituent here selected from arylsulfonyl 1 that each selected from halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, the optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen
乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(ix)C 1−6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6 To five may be substituted with a substituent), or a cyclic amino group, (ix) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and heterocyclic optionally substituted hydroxy group (wherein in groups, C 1-6
アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は Alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1- 4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group

【0041】(ix−1)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ix−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(ix−3) [0041] (ix-1) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from alkoxy, (ix-2) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkoxy group selected from alkoxy, (ix-3)
1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、 C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino,
ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(ix−4) 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (ix-4)
それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、 Each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl,
アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(ix−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 Amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, optionally substituted by (ix-5) halogen good C 1-4 alkoxy, halogen, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen,
6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(ix−6) C 6-10 aryl and 1 to 3 optionally substituted with optionally substituted heterocyclic group selected from nitro, (ix-6)
カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、 Carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group,
(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10 (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10
アラルキル)オキシカルボニル基、(ix−7)C 1-6 Aralkyl) oxycarbonyl group, (ix-7) C 1-6
アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C Alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 each substituted carbamoyl group which may be substituted with a group (wherein each substituent is halogen, optionally C 1 optionally substituted by halogen selected from arylsulfonyl -4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen),

【0042】(ix−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC [0042] (ix-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C
6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 optionally substituted by halogen
アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(i Alkyl and may be substituted 1 to 5 substituents selected from nitro), or a cyclic amino group, (i
x−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10 x-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10
アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−10)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、 Aryl, C 7-12 aralkyl and hydroxy group which may be substituted (wherein heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl, nitro, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano may, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl), (ix-10) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3- 6 cycloalkyl,
6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5 C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, amino and cyano 1 to 5 are selected
個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4 It may be substituted with substituents, heterocyclic group C 1-4
アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、 Alkoxy, halogen, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl),

【0043】(ix−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、 [0043] (ix-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1 -6 alkyl) sulfinyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−12)ハロゲン、(ix−13)ニトロ、および(ix−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(x)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 may be substituted 1 to 5 substituents selected from alkoxy and C 1-4 alkyl), (ix-12) halogen, (ix-13) nitro, and (ix-14) cyano optionally substituted 1 to 4 substituents selected from), (x) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl,
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and optionally substituted thiol group (where in the heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C
7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は(x−1)ハロゲンおよびC 1-3 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, 1 to 5 substituents selected from amino and cyano may be substituted with a substituent, a heterocyclic group (x-1) halogen and C 1-3
アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(x−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from alkoxy, substituted with 1 to 3 substituents selected from (x-2) halogen and C 1-3 alkoxy which may be C 1-6 alkoxy group,

【0044】(x−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、 [0044] (x-3) C 1-3 alkoxy, halogen,
1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14 C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 substituents which may be substituted with a group C 6-14 nitro and cyano
アリール基、(x−4)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 Aryl group, (x-4), respectively C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 substituents C 3-7 cycloalkyl optionally substituted with a substituent selected from nitro and cyano alkyl group or a C 3-6 cycloalkenyl group, (x-5) optionally C 1-4 optionally substituted by halogen
アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(x−6)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、 Alkoxy, halogen, halogen substituted C 1-4 alkyl, C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents heterocyclic group which may be substituted by a group selected from nitro, (x-6 ) carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group,
(x−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C (X-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 or two each substituent optionally substituted carbamoyl group (wherein the substituents are selected from arylsulfonyl are each substituted halogen, halogen which may be C 1-4 alkoxy may be substituted by a halogen substituted with 1 to 5 substituents which may be chosen from optionally C 1-4 alkyl and nitro),

【0045】(x−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC [0045] (x-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C
6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 optionally substituted by halogen
アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(x Alkyl and may be substituted 1 to 5 substituents selected from nitro), or a cyclic amino group, (x
−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC -9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C
1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−10)C 1-6アルキル、C 1-4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 may be substituted with 1 to 3 substituents selected from aryl), (x-10) C 1-6 alkyl, C
3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and heterocyclic thiol group that may be substituted with a group (wherein, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 6-10, respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen,
ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、 Nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or it may be substituted with 1-3 substituents),

【0046】(x−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、 [0046] (x-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1 -6 alkyl) sulfinyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x−12)ハロゲン、(x−13)ニトロ、および(x−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(xi)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) 1 to 5 substituents each acyl group (each substituent here selected from sulfonyl halide, selected from C 1-4 alkoxy and C 1-4 alkyl in optionally substituted), (x-12) halogen, optionally substituted with (x-13) nitro, and (x-14) 1 to 4 substituents selected from cyano), ( xi) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl) sulfinyl (C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4 (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1-4
アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(xii)ハロゲン、(xiii)ニトロ、および(xiv)シアノ等、から選ばれ、1乃至3 May be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (xii) halogen, selected from, (xiii) nitro, and (xiv) cyano, etc., 1 to 3
個の置換基で置換されていてもよい〕、または、 It may be substituted with substituents,], or,

【0047】(2−3)複素環基〔ここで複素環基は置換基を有していてもよく、この様な置換基は、例えば、 [0047] (2-3) a Hajime Tamaki [wherein the heterocyclic group may have a substituent, such substituents include, for example,
(i)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1 (I) 1 selected from halogen and C 1-3 alkoxy
乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ii)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC To 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group, (ii) halogen and C 1-3 optionally substituted by 1 to 3 substituents selected from alkoxy C
1-6アルコキシ基、(iii)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC C1-6 alkoxy group, (iii) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from nitro and cyano C
6-14アリール基、(iv)それぞれC 1-3アルコキシ、 6-14 aryl group, (iv) each C 1-3 alkoxy,
ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(v)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(vi)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、(vi Halogen, C 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, (v) halogen in an optionally substituted C 1-4 alkoxy, halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from C 6-10 aryl and nitro which may be a heterocyclic group, (vi) a carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group, (vi
i)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(viii)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロか i) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted with 1 or 2 substituents selected from C 7-12 aralkyl and C 6-10 arylsulfonyl each carbamoyl group (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen may be substituted with a group), (viii) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, 1 to 2 selected from C 7-12 aralkyl and C 6-10 arylsulfonyl pieces each substituted amino group which may be substituted with group (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen and whether the nitro 選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(ix)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 1 to 5 substituents may be substituted with a substituent), or a cyclic amino group selected, (ix) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and hydroxy groups (where optionally substituted heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C
3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group

【0048】(ix−1)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ix−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(ix−3) [0048] (ix-1) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from alkoxy, (ix-2) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkoxy group selected from alkoxy, (ix-3)
1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、 C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino,
ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(ix−4) 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (ix-4)
それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、 Each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl,
アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(ix−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 Amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, optionally substituted by (ix-5) halogen good C 1-4 alkoxy, halogen, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen,
6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(ix−6) C 6-10 aryl and 1 to 3 optionally substituted with optionally substituted heterocyclic group selected from nitro, (ix-6)
カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、 Carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group,
(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10 (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10
アラルキル)オキシカルボニル基、(ix−7)C 1-6 Aralkyl) oxycarbonyl group, (ix-7) C 1-6
アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C Alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、また 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 each substituted carbamoyl group which may be substituted with a group (wherein each substituent is halogen, optionally C 1 optionally substituted by halogen selected from arylsulfonyl -4 alkoxy may be substituted by a halogen substituted with 1 to 5 substituents which may be chosen from optionally C 1-4 alkyl and nitro), (ix-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 substituents each substituent amino group which may be substituted (wherein group selected from arylsulfonyl each halogen, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen) ,Also 環状アミノ基、 Cyclic amino group,

【0049】(ix−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6 [0049] (ix-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1 -6
アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(ix Alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1- 4 alkyl, nitro, it may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl may be substituted with 1 to 3 substituents selected), (ix
−10)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10 -10) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10
アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C Aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C
3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or may be substituted with 1-3 substituents), (ix-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl,
(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル) (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl)
スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、 Sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(i (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1 -4 may be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (i
x−12)ハロゲン、(ix−13)ニトロ、および(ix−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、 x-12) halogen, (ix-13) nitro, and (ix-14) may be substituted 1 to 4 substituents selected from cyano),

【0050】(x)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は(x−1)ハロゲンおよびC [0050] (x) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1- 6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1 -4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups (x-1) halogen and C
1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(x−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(x 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from 1-3 alkoxy, 1 to 3 substituents selected from (x-2) halogen and C 1-3 alkoxy in an optionally substituted C 1-6 alkoxy group, (x
−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(x− -3) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (x-
4)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5 4) Each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 selected from nitro and cyano
個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 Number of which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group, (x-5) may be substituted by halogen C 1-4 alkoxy, halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl,
6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(x−6)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、 C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents in the optionally substituted heterocyclic group selected from nitro, (x-6) carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group,
(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10 (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10
アラルキル)オキシカルボニル基、(x−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C Aralkyl) oxycarbonyl group, (x-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 each substituted carbamoyl group which may be substituted with a group (wherein each substituent is halogen, optionally C 1 optionally substituted by halogen selected from arylsulfonyl -4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted with halogen), (x-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 substituents each substituent amino group which may be substituted (wherein group selected from arylsulfonyl each halogen, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen) or 状アミノ基、 Jo amino group,

【0051】(x−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、 [0051] (x-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1 -6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1-4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen,
1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−1 C 1-4 1 through selected from alkyl and C 6-10 aryl optionally substituted with 1-3 substituents), (x-1
0)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−11)ホルミル、(C 0) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or may be substituted with 1-3 substituents), (x-11) formyl, (C
1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl) sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl alkyl) sulfinyl, (C 6-10
アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1- 6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 Aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, from (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) sulfonyl chosen acyl group (which may be substituted with 1 to 5 substituents selected from wherein halogen each substituent, C 1-4 alkoxy and C 1-4 alkyl),

【0052】(x−12)ハロゲン、(x−13)ニトロ、および(x−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(xi)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、 [0052] (x-12) halogen, optionally substituted with (x-13) nitro, and (x-14) 1 to 4 substituents selected from cyano), (xi) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl,
(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル) (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl)
スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、 Sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1 -4 may be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (x
ii)ハロゲン、(xiii)ニトロ、および(xi ii) halogen, (xiii) nitro, and (xi
v)シアノ等から選ばれ、1乃至4個の置換基で置換されていてもよい〕を示す。 v) is selected from cyano and the like, it shows a may be substituted by 1 to 4 substituents]. }で表されるエステル化されていてもよいカルボキシル基、および } Represented by esterified carboxyl group which may be, and

【0053】(3)例えば、 (a)炭素数1乃至10のアルキル基、 (b)炭素数2乃至10のアルケニル基、 (c)炭素数2乃至10のアルキニル基、 (d)炭素数3乃至12のシクロアルキル基、 (e)炭素数5乃至12のシクロアルケニル基、 (f)炭素数5乃至12のシクロアルカジエニル基、 (g)C 3-7シクロアルキル−C 1-8アルキル基、 (h)C 5-7シクロアルケニル−C 1-8アルキル基、および (i)炭素数6乃至10のアリール基等から選ばれる炭化水素基〔ここで、(a)乃至(i)の各基は置換基を有していてもよく、この様な置換基は、(i)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の、置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(i [0053] (3) for example, (a) an alkyl group having 1 to 10 carbon atoms, (b) an alkenyl group having 2 to 10 carbon atoms, (c) alkynyl of 2 to 10 carbon atoms, (d) 3 carbon atoms to C12 cycloalkyl group, (e) cycloalkenyl group having 5 to 12 carbon atoms, (f) cycloalkadienyl group having 5 to 12 carbon atoms, (g) C 3-7 cycloalkyl -C 1-8 alkyl group, (h) C 5-7 cycloalkenyl -C 1-8 alkyl group, and (i) a hydrocarbon group [wherein selected from an aryl group having 6 to 10 carbon atoms, of (a) to (i) each group may have a substituent, such substituents, (i) 1 to 3 atoms selected from halogen and C 1-3 alkoxy, optionally substituted with a substituent C 1 -6 alkyl group, (i
i)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(iii)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(iv)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C i) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkoxy group selected from alkoxy, (iii) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from cyano, (iv) each C 1-3 alkoxy, halogen, C
1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano,
(v)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 (V) optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, halogen, optionally C 1-4 optionally substituted by halogen
アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1 Alkyl is selected from C 6-10 aryl and nitro 1
乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、 To 3 substituents heterocyclic group which may be substituted with a group,

【0054】(vi)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、(vii)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、 [0054] (vi) a carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group, (vii) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl,
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 respectively 1 or 2 substituents a carbamoyl group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, substituted by halogen which may be C 1-4
アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(viii)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(ix)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6 Alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted with halogen), (viii) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, halogen in an optionally substituted C 1-4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen), or cyclic amino group, (ix) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6
アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は Alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1- 4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group

【0055】(ix−1)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ix−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(ix−3) [0055] (ix-1) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from alkoxy, (ix-2) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkoxy group selected from alkoxy, (ix-3)
1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、 C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino,
ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(ix−4) 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (ix-4)
それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、 Each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl,
アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(ix−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 Amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, optionally substituted by (ix-5) halogen good C 1-4 alkoxy, halogen, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen,
6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(ix−6) C 6-10 aryl and 1 to 3 optionally substituted with optionally substituted heterocyclic group selected from nitro, (ix-6)
カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、 Carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group,
(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10 (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10
アラルキル)オキシカルボニル基、(ix−7)C 1-6 Aralkyl) oxycarbonyl group, (ix-7) C 1-6
アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C Alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、また 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 each substituted carbamoyl group which may be substituted with a group (wherein each substituent is halogen, optionally C 1 optionally substituted by halogen selected from arylsulfonyl -4 alkoxy may be substituted by a halogen substituted with 1 to 5 substituents which may be chosen from optionally C 1-4 alkyl and nitro), (ix-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 substituents each substituent amino group which may be substituted (wherein group selected from arylsulfonyl each halogen, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen) ,Also 環状アミノ基、 Cyclic amino group,

【0056】(ix−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6 [0056] (ix-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1 -6
アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(ix Alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1- 4 alkyl, nitro, it may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl may be substituted with 1 to 3 substituents selected), (ix
−10)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10 -10) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10
アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C Aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C
3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or may be substituted with 1-3 substituents), (ix-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl,
(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル) (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl)
スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、 Sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(i (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1 -4 may be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (i
x−12)ハロゲン、(ix−13)ニトロ、および(ix−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、 x-12) halogen, (ix-13) nitro, and (ix-14) may be substituted 1 to 4 substituents selected from cyano),

【0057】(x)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は(x−1)ハロゲンおよびC [0057] (x) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1- 6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1 -4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups (x-1) halogen and C
1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(x−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(x 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from 1-3 alkoxy, 1 to 3 substituents selected from (x-2) halogen and C 1-3 alkoxy in an optionally substituted C 1-6 alkoxy group, (x
−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(x− -3) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (x-
4)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5 4) Each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 selected from nitro and cyano
個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 Number of which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group, (x-5) may be substituted by halogen C 1-4 alkoxy, halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl,
6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(x−6)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、 C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents in the optionally substituted heterocyclic group selected from nitro, (x-6) carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group,
(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10 (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10
アラルキル)オキシカルボニル基、(x−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C Aralkyl) oxycarbonyl group, (x-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 each substituted carbamoyl group which may be substituted with a group (wherein each substituent is halogen, optionally C 1 optionally substituted by halogen selected from arylsulfonyl -4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen),

【0058】(x−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC [0058] (x-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C
6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 optionally substituted by halogen
アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(x Alkyl and may be substituted 1 to 5 substituents selected from nitro), or a cyclic amino group, (x
−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC -9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C
1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−10)C 1-6アルキル、C 1-4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 may be substituted with 1 to 3 substituents selected from aryl), (x-10) C 1-6 alkyl, C
3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and heterocyclic thiol group that may be substituted with a group (wherein, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 6-10, respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen,
ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、 Nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or it may be substituted with 1-3 substituents),

【0059】(x−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、 [0059] (x-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1 -6 alkyl) sulfinyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x−12)ハロゲン、(x−13)ニトロ、および(x−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(xi)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) 1 to 5 substituents each acyl group (each substituent here selected from sulfonyl halide, selected from C 1-4 alkoxy and C 1-4 alkyl in optionally substituted), (x-12) halogen, optionally substituted with (x-13) nitro, and (x-14) 1 to 4 substituents selected from cyano), ( xi) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl) sulfinyl (C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4 (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1-4
アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(xii)ハロゲン、(xiii)ニトロ、および(xiv)シアノ等、から選ばれ、1乃至3 May be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (xii) halogen, selected from, (xiii) nitro, and (xiv) cyano, etc., 1 to 3
個の置換基で置換されていてもよい〕等から選ばれ、1 Substituted with substituents, selected from may also] and the like, 1
または2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基が好ましい。 Or two substituents amino group which may be substituted with group.

【0060】上記一般式(I)において、Rとしては、 [0060] In the above general formula (I), R is
好ましくは、式 R 1 −CO−NH− または R 3 −SO 2 −NH− 〔式中、R 1およびR 3は前記と同意義を示す〕で示される基が挙げられるが、より好ましくは、前者で示される基(R 1 −CO−NH−)が挙げられる。 Preferably, wherein, R 1 and R 3 are as defined above] wherein R 1 -CO-NH- or R 3 -SO 2 -NH- can be mentioned groups represented by, more preferably, groups represented by the former (R 1 -CO-NH-) and the like. 上記した一般式(I)で表される化合物の中でも、式(Ia) Among the compounds represented by the above general formula (I), (Ia)

【化11】 [Of 11] 〔式中、R 1aは置換されていてもよい環状炭化水素基または置換されていてもよい複素環基を示す〕で表される化合物または式(Ib) A compound represented by [wherein, R 1a represents an optionally substituted cyclic hydrocarbon group or an optionally substituted heterocyclic group] or the formula (Ib)

【化12】 [Of 12] 〔式中、R 1bは(i)置換されていてもよい環状炭化水素基、(ii)置換されていてもよい複素環基、(iii)置換されていてもよい環状炭化水素基で置換された水酸基、(i Wherein, R 1b is (i) substituted with an optionally substituted cyclic hydrocarbon group, (ii) an optionally substituted heterocyclic group, (iii) an optionally substituted cyclic hydrocarbon group hydroxyl, (i
v)置換されていてもよい複素環基で置換された水酸基、 v) substituted substituted by also heterocyclic group hydroxyl,
(v)置換されていてもよい環状炭化水素基で置換されたチオール基、もしくは(vi)置換されていてもよい複素環基で置換されたチオール基で置換された非環状炭化水素基を示す〕で表される化合物がより好ましい。 Shows the (v) substituted with an optionally substituted cyclic hydrocarbon radical thiol group, or (vi) an acyclic hydrocarbon group substituted with a substituted thiol group in the optionally substituted heterocyclic group compounds represented by] are more preferred. すなわち、R 1は、好ましくはR 1aまたはR 1bである。 That, R 1 is preferably R 1a or R 1b. さらに好ましくは、R 1はR 1aである。 More preferably, R 1 is R 1a.

【0061】式(Ia)において、R 1aで定義される「置換されていてもよい環状炭化水素基」の環状炭化水素基としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6 [0061] formula (Ia), the cyclic hydrocarbon group of the "optionally substituted cyclic hydrocarbon group" defined R 1a, wherein R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5 and R 6
で示された「置換されていてもよい炭化水素基」における炭化水素基として例示された飽和または不飽和の脂環式炭化水素基、アリール基(芳香族炭化水素基)などが挙げられるが、好ましくは、フェニル、1−ナフチル、 In indicated the illustrated saturated or unsaturated hydrocarbon group of the "hydrocarbon group which may be substituted" alicyclic hydrocarbon group, and an aryl group (aromatic hydrocarbon group), preferably, phenyl, 1-naphthyl,
2−ナフチルなどのC 6- 10アリール基などが挙げられる。 Such as C 6- 10 aryl group such as 2-naphthyl. 式(Ia)において、R 1aで定義される「置換されていてもよい複素環基」の複素環基としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい複素環基」における複素環基と同様なものが挙げられるが、好ましくは、チエニル(例、2−または3−チエニル)、フリル(例、2−または3−フリル)、ピリジル(例、2−ピリジル、3−ピリジル、4 In Formula (Ia), the heterocyclic group of the "optionally substituted heterocyclic group" as defined R 1a, with the R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5 and R 6 indicate have been but those similar to the heterocyclic group in the "optionally heterocyclic group optionally substituted", preferably, thienyl (e.g., 2- or 3-thienyl), furyl (eg, 2- or 3 furyl), pyridyl (e.g., 2-pyridyl, 3-pyridyl, 4
−ピリジル)、アゾリル〔例、オキサゾリル(例、2 - pyridyl) azolyl [eg, oxazolyl (e.g., 2
−,4−または5−オキサゾリル)、イソオキサゾリル(例、3−,4−または5−イソオキサゾリル)など〕、チエニルもしくはアゾリルの縮合環基〔例、ベンゾチエニル(例、2−または3−ベンゾ[b]チエニルなど)、ベンズオキサゾリル(例、2−,5−または6 -, 4- or 5-oxazolyl), isoxazolyl (e.g., 3-, 4- or 5-isoxazolyl), etc.], fused Hajime Tamaki [eg thienyl or azolyl, benzothienyl (e.g., 2- or 3-benzo [b ] thienyl, etc.), benzoxazolyl (e.g., 2-, 5- or 6
−ベンズ[d]オキサゾリルなど)、ベンゾチアゾリル(例、2−ベンゾ[d]チアゾリルなど)など〕または縮合フラニル基〔例、ベンゾフラニル(例、2−または3−ベンゾ[b]フラニルなど)など〕などの芳香族複素環基が挙げられる。 - benz [d] oxazolyl, etc.), benzothiazolyl (e.g., 2-benzo [d] thiazolyl, etc.), etc.] or a fused furanyl group [eg, benzofuranyl (e.g., 2- or 3-benzo [b] furanyl, etc.), etc.], etc. an aromatic heterocyclic group of. さらに好ましくは、チエニル、フリルなどの5員芳香族複素環基が挙げられる。 More preferably, thienyl, 5-membered aromatic heterocyclic group such as furyl.

【0062】R 1aで定義される「置換されていてもよい環状炭化水素基」における環状炭化水素基および「置換されていてもよい複素環基」における複素環基は、置換可能な位置に、任意な置換基を1ないし3個(好ましくは1乃至2個)有していてもよい。 [0062] heterocyclic group in cyclic in "unsubstituted or optionally cyclic hydrocarbon group optionally" hydrocarbon group and "optionally substituted heterocyclic group" defined R 1a is a substitutable position, , 1 to arbitrary substituent three (preferably 1 to 2) may have. 該置換基としては、 As the substituent,
前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい複素環基」における置換基と同様なものが挙げられるが、好ましくは、1乃至3個のハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)で置換されていてもよい低級(C 1-3 )アルキル基(例、メチル, Wherein R 1, R 2, R 3 , R 4, but R 5 and those similar to the substituents in the indicated by R 6 "optionally substituted heterocyclic group" can be mentioned, preferably, 1 to 3 halogens (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine) which may lower substituted with (C 1-3) alkyl group (e.g., methyl,
エチル,プロピル,イソプロピル,フルオロメチル,クロロメチルなど)、C 6-10アリール基(例、フェニルなど)、1乃至3個のハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)で置換されていてもよい低級(C 1-3 )アルコキシ(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ、イソプロポキシ、フルオロメトキシ、クロロメトキシなど)、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、ニトロ、シアノ、(C 1-6アルキル)カルボニル基、(C 1-6アルキル)スルホニル基などが挙げられる。 Ethyl, propyl, isopropyl, fluoromethyl, chloromethyl, etc.), C 6-10 aryl group (e.g., phenyl, etc.), 1 to 3 halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, optionally substituted with iodine) optionally substituted lower (C 1-3) alkoxy (e.g., methoxy, ethoxy, propoxy, isopropoxy, fluoromethoxy, chloromethoxy, etc.), halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine etc.), nitro, cyano, (C 1- 6 alkyl) carbonyl group, and the like (C 1-6 alkyl) sulfonyl group.

【0063】R 1aで示される置換されていてもよい複素環基としては、たとえば(i)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ii)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(iii)C [0063] The heterocyclic group which may be substituted represented by R 1a, which may be substituted with 1 to 3 substituents selected from for example (i) halogen and C 1-3 alkoxy C 1 -6 alkyl group, (ii) halogen and C 1-3 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkoxy group selected from alkoxy, (iii) C
1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(iv)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(v)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(vi)カルボキシル基、 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (iv), respectively C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, (v ) optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, substituted halogen, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, 1 to 3 substituents selected from C 6-10 aryl and nitro which may be a heterocyclic group, (vi) a carboxyl group,
(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、(vii)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(viii) (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group, (vii) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6 -10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 respectively 1 or 2 substituents a carbamoyl group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, substituted by halogen which may be C 1-4 alkoxy, by 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen may be substituted), (viii)
1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、 C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is respectively a halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen optionally substituted), or cyclic amino group,

【0064】(ix)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC [0064] (ix) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C
7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は(ix−1)ハロゲンおよびC 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, 1 to 5 substituents selected from amino and cyano may be substituted with a substituent, a heterocyclic group (ix-1) halogen and C
1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ix−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from 1-3 alkoxy, 1 to 3 substituents selected from (ix-2) halogen and C 1-3 alkoxy in an optionally substituted C 1-6 alkoxy group,
(ix−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5 (Ix-3) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, 1 to 5 amino, nitro and cyano
個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、 Number of which may be substituted with a substituent C 6-14 aryl group,
(ix−4)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C (Ix-4) each C 1-3 alkoxy, halogen, C
1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(i 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, (i
x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC x-5) halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(ix−6)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、 1-4 alkyl, C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents heterocyclic group which may be substituted with a group selected from nitro, (ix-6) carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group , (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group,
(ix−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C (Ix-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−8)C 1-6アルキル、 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 or two each substituent optionally substituted carbamoyl group (wherein the substituents are selected from arylsulfonyl are each substituted halogen, halogen which may be C 1-4 alkoxy may be substituted by a halogen substituted with 1 to 5 substituents which may be chosen from optionally C 1-4 alkyl and nitro), (ix-8) C 1-6 alkyl,
3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、 C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 substituents amino group which may be substituted with group (each substituent here selected from arylsulfonyl each halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy may be substituted by a halogen substituted with 1 to 5 substituents which may be chosen from optionally C 1-4 alkyl and nitro ), or cyclic amino group,

【0065】(ix−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6 [0065] (ix-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1 -6
アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(ix Alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1- 4 alkyl, nitro, it may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl may be substituted with 1 to 3 substituents selected), (ix
−10)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10 -10) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10
アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C Aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C
3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or may be substituted with 1-3 substituents), (ix-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl,
(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル) (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl)
スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、 Sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(i (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1 -4 may be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (i
x−12)ハロゲン、(ix−13)ニトロ、および(ix−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、 x-12) halogen, (ix-13) nitro, and (ix-14) may be substituted 1 to 4 substituents selected from cyano),

【0066】(x)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は(x−1)ハロゲンおよびC [0066] (x) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1- 6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1 -4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups (x-1) halogen and C
1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(x−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(x 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from 1-3 alkoxy, 1 to 3 substituents selected from (x-2) halogen and C 1-3 alkoxy in an optionally substituted C 1-6 alkoxy group, (x
−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(x− -3) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (x-
4)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5 4) Each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 selected from nitro and cyano
個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 Number of which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group, (x-5) may be substituted by halogen C 1-4 alkoxy, halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl,
6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(x−6)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、 C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents in the optionally substituted heterocyclic group selected from nitro, (x-6) carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group,
(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10 (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10
アラルキル)オキシカルボニル基、(x−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C Aralkyl) oxycarbonyl group, (x-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 each substituted carbamoyl group which may be substituted with a group (wherein each substituent is halogen, optionally C 1 optionally substituted by halogen selected from arylsulfonyl -4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted with halogen), (x-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 substituents each substituent amino group which may be substituted (wherein group selected from arylsulfonyl each halogen, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen) or 状アミノ基、 Jo amino group,

【0067】(x−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、 [0067] (x-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1 -6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1-4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen,
1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−1 C 1-4 1 through selected from alkyl and C 6-10 aryl optionally substituted with 1-3 substituents), (x-1
0)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−11)ホルミル、(C 0) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or may be substituted with 1-3 substituents), (x-11) formyl, (C
1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl) sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl alkyl) sulfinyl, (C 6-10
アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 Aryl) sulfinyl, from (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) sulfonyl chosen acyl group (which may be substituted with 1 to 5 substituents selected from wherein halogen each substituent, C 1-4 alkoxy and C 1-4 alkyl),

【0068】(x−12)ハロゲン、(x−13)ニトロ、および(x−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(xi)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、 [0068] (x-12) halogen, optionally substituted with (x-13) nitro, and (x-14) 1 to 4 substituents selected from cyano), (xi) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl,
(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル) (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl)
スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、 Sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1 -4 may be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (x
ii)ハロゲン、(xiii)ニトロ、および(xi ii) halogen, (xiii) nitro, and (xi
v)シアノ、から選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい複素環基が挙げられる。 v) cyano, 1 to 4 substituents heterocyclic group which may be substituted with a group selected from and the like.

【0069】R 1aで示される置換されていてもよい環状炭化水素基としては、たとえば(i)ハロゲンおよびC [0069] As good cyclic hydrocarbon group which may be substituted represented by R 1a, for example, (i) halogen and C
1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ii)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(ii 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from 1-3 alkoxy, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from (ii) halogen and C 1-3 alkoxy which may be C 1-6 alkoxy group, (ii
i)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(iv) i) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (iv)
それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、 Each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl,
アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(v)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(vi)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル) Amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, optionally substituted by (v) halogen C C1-4 alkoxy, halogen, halogen substituted C 1-4 alkyl, C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents heterocyclic group which may be substituted by a group selected from nitro, ( vi) a carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group, (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyl)
オキシカルボニル基、(vii)C 1-6アルキル、C 3-6 Oxycarbonyl group, (vii) C 1-6 alkyl, C 3-6
シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(vii Cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C 6-10 respectively 1 or 2 substituents a carbamoyl group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy may be substituted by a halogen substituted with 1 to 5 substituents which may be chosen from optionally C 1-4 alkyl and nitro), (vii
i)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、 i) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted with 1 or 2 substituents selected from C 7-12 aralkyl and C 6-10 arylsulfonyl each amino group (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen may be substituted with a group), or a cyclic amino group,

【0070】(ix)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC [0070] (ix) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C
7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は(ix−1)ハロゲンおよびC 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen, nitro, 1 to 5 substituents selected from amino and cyano may be substituted with a substituent, a heterocyclic group (ix-1) halogen and C
1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(ix−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from 1-3 alkoxy, 1 to 3 substituents selected from (ix-2) halogen and C 1-3 alkoxy in an optionally substituted C 1-6 alkoxy group,
(ix−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5 (Ix-3) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, 1 to 5 amino, nitro and cyano
個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、 Number of which may be substituted with a substituent C 6-14 aryl group,
(ix−4)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C (Ix-4) each C 1-3 alkoxy, halogen, C
1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(i 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, (i
x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC x-5) halogen optionally substituted C 1-4 alkoxy, halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(ix−6)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10アラルキル)オキシカルボニル基、 1-4 alkyl, C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents heterocyclic group which may be substituted with a group selected from nitro, (ix-6) carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group , (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10 aralkyloxy) oxycarbonyl group,

【0071】(ix−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC [0071] (ix-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C
6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−8)C 6-10 aryl 1 or two each optionally substituted carbamoyl group (wherein each substituent is halogen substituent selected from sulfonyl, optionally C 1-4 alkoxy optionally substituted with halogen, a halogen may be substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally substituted C 1-4 alkyl and nitro), (ix-8) C
1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl,
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(ix−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C C 7-12 aralkyl and C 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C C1-4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen), or cyclic amino group, (ix-9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl alkyl, C
6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 6-10, respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen,
ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、 Nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or it may be substituted with 1-3 substituents),

【0072】(ix−10)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、 [0072] (ix-10) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group,
1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(i C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen good C 1-4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6 -10 may be substituted with 1 to 3 substituents selected from aryl), (i
x−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、 x-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl,
(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、 (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl,
(C 1-6アルキル)スルフィニル、(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、 (C 1-6 alkyl) sulfinyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl,
(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4 (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6-10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) acyl group selected from sulfonyl (respectively wherein each substituent is halogen, C 1-4 alkoxy and C 1-4
アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(ix−12)ハロゲン、(ix−1 May be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (ix-12) halogen, (ix-1
3)ニトロ、および(ix−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、 3) nitro, and (ix-14) may be substituted 1 to 4 substituents selected from cyano),

【0073】(x)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基は(x−1)ハロゲンおよびC [0073] (x) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted thiol group (where in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1- 6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C 1 -4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups (x-1) halogen and C
1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルキル基、(x−2)ハロゲンおよびC 1-3アルコキシから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよいC 1-6アルコキシ基、(x 1 to 3 of which may be substituted with a substituent C 1-6 alkyl group selected from 1-3 alkoxy, 1 to 3 substituents selected from (x-2) halogen and C 1-3 alkoxy in an optionally substituted C 1-6 alkoxy group, (x
−3)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-14アリール基、(x− -3) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 substituents optionally substituted by a C 6-14 aryl group selected from nitro and cyano, (x-
4)それぞれC 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5 4) Each C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, 1 to 5 selected from nitro and cyano
個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、(x−5)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 Number of which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group, (x-5) may be substituted by halogen C 1-4 alkoxy, halogen, halogen optionally substituted C 1-4 alkyl,
6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい複素環基、(x−6)カルボキシル基、(C 1-6アルコキシ)カルボニル基、 C 6-10 aryl and 1 to 3 substituents in the optionally substituted heterocyclic group selected from nitro, (x-6) carboxyl group, (C 1-6 alkoxy) carbonyl group,
(C 6-10アリール)オキシカルボニル基または(C 7-10 (C 6-10 aryl) oxycarbonyl group or a (C 7-10
アラルキル)オキシカルボニル基、(x−7)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C Aralkyl) oxycarbonyl group, (x-7) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C
7-12アラルキルおよびC 6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいカルバモイル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、 7-12 aralkyl and C 6-10 1 to 2 each substituted carbamoyl group which may be substituted with a group (wherein each substituent is halogen, optionally C 1 optionally substituted by halogen selected from arylsulfonyl -4 alkoxy, optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from optionally C 1-4 alkyl and nitro substituted by halogen),

【0074】(x−8)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよびC [0074] (x-8) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and C
6-10アリールスルホニルから選ばれる1乃至2個の置換基で置換されていてもよいアミノ基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 6-10 respectively 1 or 2 substituents amino group which may be substituted with a group selected from arylsulfonyl (wherein each substituent is halogen, optionally substituted by halogen C
1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 optionally substituted by halogen
アルキルおよびニトロから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、または環状アミノ基、(x Alkyl and may be substituted 1 to 5 substituents selected from nitro), or a cyclic amino group, (x
−9)C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよい水酸基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC -9) C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, optionally substituted hydroxyl groups (here in C 7-12 aralkyl and heterocyclic group, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C 6-10 aryl and C 7-12 aralkyl each of halogen, optionally substituted by halogen C 1-4 alkoxy, optionally substituted by halogen C
1-4アルキル、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、(x−10)C 1-6アルキル、C 1-4 alkyl, nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic groups C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 may be substituted with 1 to 3 substituents selected from aryl), (x-10) C 1-6 alkyl, C
3-6シクロアルキル、C 6-10アリール、C 7-12アラルキルおよび複素環基で置換されていてもよいチオール基(ここで、C 1-6アルキル、C 3-6シクロアルキル、C 3-6 cycloalkyl alkyl, C 6-10 aryl, C 7-12 aralkyl and heterocyclic thiol group that may be substituted with a group (wherein, C 1-6 alkyl, C 3-6 cycloalkyl, C
6-10アリールおよびC 7-12アラルキルはそれぞれ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルコキシ、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-4アルキル、 6-10, respectively aryl and C 7-12 aralkyl, halogen, halogen substituted C 1-4 alkoxy, optionally C 1-4 alkyl optionally substituted by halogen,
ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよく、複素環基はC 1-4アルコキシ、ハロゲン、C 1-4アルキルおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい)、 Nitro, may be substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano, heterocyclic group selected C 1-4 alkoxy, halogen, C 1-4 alkyl and C 6-10 aryl 1 or it may be substituted with 1-3 substituents),

【0075】(x−11)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル、 [0075] (x-11) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1 -6 alkyl) sulfinyl,
(C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(x−12)ハロゲン、(x−13)ニトロ、および(x−14)シアノから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい)、(xi)ホルミル、(C 1-6アルキル)カルボニル、(C 3-6シクロアルキル)カルボニル、(C 6-10アリール)カルボニル、(C 7-12アラルキル)カルボニル、(C 1-6アルキル)スルフィニル (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl) 1 to 5 substituents each acyl group (each substituent here selected from sulfonyl halide, selected from C 1-4 alkoxy and C 1-4 alkyl in optionally substituted), (x-12) halogen, optionally substituted with (x-13) nitro, and (x-14) 1 to 4 substituents selected from cyano), ( xi) formyl, (C 1-6 alkyl) carbonyl, (C 3-6 cycloalkyl) carbonyl, (C 6-10 aryl) carbonyl, (C 7-12 aralkyl) carbonyl, (C 1-6 alkyl) sulfinyl (C 3-6シクロアルキル)スルフィニル、(C 6-10アリール)スルフィニル、(C 7-12アラルキル)スルフィニル、(C 1-6アルキル)スルホニル、(C 3-6シクロアルキル)スルホニル、(C 6-10アリール)スルホニルおよび(C 7-12アラルキル)スルホニルから選ばれるアシル基(ここで各置換基はそれぞれハロゲン、C 1-4アルコキシおよびC 1-4 (C 3-6 cycloalkyl) sulfinyl, (C 6-10 aryl) sulfinyl, (C 7-12 aralkyl) sulfinyl, (C 1-6 alkyl) sulfonyl, (C 3-6 cycloalkyl) sulfonyl, (C 6 -10 aryl) sulfonyl and (C 7-12 aralkyl), respectively an acyl group (wherein each substituent is halogen selected from sulfonyl, C 1-4 alkoxy and C 1-4
アルキルから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよい)、(xii)ハロゲン、(xiii)ニトロ、および(xiv)シアノ、から選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい(a)炭素数3乃至1 May be substituted 1 to 5 substituents selected from alkyl), (xii) halogen, substituted by (xiii) nitro, and (xiv) cyano, 1 to 3 substituents selected from which may be (a) having a carbon number 3 to 1
2のシクロアルキル基、(b)炭素数5乃至12のシクロアルケニル基、(c)炭素数5乃至12のシクロアルカジエニル基、(d)炭素数6乃至10のアリール基などが挙げられる。 2 cycloalkyl group, (b) a cycloalkenyl group of 5 to 12 carbon atoms, (c) cycloalkadienyl group having 5 to 12 carbon atoms, and aryl group (d) of 6 to 10 carbon atoms.

【0076】式(Ia)において、R 1aは、好ましくは「置換されていてもよい芳香族炭化水素基」または「置換されていてもよい芳香族複素環基」、さらに好ましくは「置換されていてもよい5員芳香族複素環基」である。 [0076] formula (Ia), R 1a is preferably "optionally substituted aromatic hydrocarbon group" or "optionally substituted aromatic heterocyclic group", has more preferably been "substituted and also may 5-membered aromatic heterocyclic group ". 具体例としては、例えば、1乃至3個のハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルキル、C 1-3アルコキシ、ハロゲン、ニトロ、シアノ、(C 1-6アルキル)カルボニルおよび(C 1-6アルキル)スルホニルから選ばれる1乃至3個(好ましくは1乃至2個)の置換基でそれぞれ置換されていてもよいチエニル基またはフリル基が挙げられ、好ましくは1乃至2個のC 1-3アルキル基で置換されていてもよいチエニル基または1乃至2個のC 1-3アルキル基で置換されていてもよいフリル基が挙げられる。 Specific examples thereof include 1 to 3 halogens optionally substituted C 1-3 alkyl, C 1-3 alkoxy, halogen, nitro, cyano, (C 1-6 alkyl) carbonyl and (C 1 -6 alkyl) 1 to 3 selected from sulfonyl (preferably include 1 to 2) thienyl group or furyl group which may be each substituted with a substituent, preferably 1 to two C 1- 3 be substituted with an alkyl group include a good furyl group optionally substituted in thienyl group or one to two C 1-3 alkyl groups. 1aは特に好ましくは、それぞれ1もしくは2個のC 1-3アルキル基で置換されたチエニル基またはフリル基である。 R 1a particularly preferably a thienyl group or a furyl group substituted with respectively one or two C 1-3 alkyl groups. 上記R 1bで定義される「置換されていてもよい環状炭化水素基、置換されていてもよい複素環基、置換されていてもよい環状炭化水素基で置換された水酸基、置換されていてもよい複素環基で置換された水酸基、置換されていてもよい環状炭化水素基で置換されたチオール基もしくは置換されていてもよい複素環基で置換されたチオール基で置換された非環状炭化水素基」 Said defined by R 1b "optionally substituted cyclic hydrocarbon group, an optionally substituted heterocyclic group, a hydroxyl group substituted with optionally substituted cyclic also be a hydrocarbon group, which may be substituted hydroxyl group substituted with a heterocyclic group, a non-cyclic hydrocarbon substituted with substituted thiol group substituted by substituted in good cyclic hydrocarbon group optionally thiol group or an optionally substituted heterocyclic group group "
の非環状炭化水素基としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 The non-cyclic hydrocarbon group, wherein R 1, R 2, R 3 ,
4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい炭化水素基」における炭化水素基として例示された飽和または不飽和の脂肪族鎖式炭化水素基などが挙げられる。 R 4, and aliphatic chain hydrocarbon group for R 5 and indicated by R 6 illustrated saturated or unsaturated hydrocarbon group of the "hydrocarbon group which may be substituted" can be mentioned.

【0077】該非環状炭化水素基は、置換可能な位置に、少なくとも1個(好ましくは1乃至2個)の、(i) [0077] The non-cyclic hydrocarbon group, a substitutable position, at least one (preferably 1 to 2), (i)
置換されていてもよい環状炭化水素基、(ii)置換されていてもよい複素環基、(iii)置換されていてもよい環状炭化水素基で置換された水酸基、(iv)置換されていてもよい複素環基で置換された水酸基、(v)置換されていてもよい環状炭化水素基で置換されたチオール基および/ Optionally substituted cyclic hydrocarbon group, (ii) an optionally substituted heterocyclic group, (iii) substituted substituted with also good cyclic hydrocarbon group hydroxyl, substituted (iv) hydroxyl substituted with also heterocyclic group, (v) substituted with an optionally substituted cyclic hydrocarbon radical thiol group and /
または(vi)置換されていてもよい複素環基で置換されたチオール基を有する。 Or having (vi) substituted with an optionally substituted heterocyclic group thiol group. 該「置換されていてもよい環状炭化水素基」(i)としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5 Examples of the "optionally substituted cyclic hydrocarbon group" (i), wherein R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5
およびR 6で示された「置換されていてもよい炭化水素基」における炭化水素基への置換基として例示された「置換されていてもよいアリール基」および「置換されていてもよい低級シクロアルキル基もしくは低級シクロアルケニル基」などが挙げられる。 And in the "unsubstituted or substituted hydrocarbon group optionally" illustrated "optionally substituted aryl group" as the substituent of the hydrocarbon group shown by R 6 and "optionally substituted lower cycloalkyl such as an alkyl group or a lower cycloalkenyl group "and the like. 該「置換されていてもよい複素環基」(ii)としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 Examples of the "optionally substituted heterocyclic group" (ii), wherein R 1, R 2, R 3 ,
4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい炭化水素基」の置換基として示された「置換されていてもよい複素環基」と同様なものが挙げられる。 R 4, include those similar to R 5 and indicated by R 6 "optionally substituted hydrocarbon group", "optionally substituted heterocyclic group", shown as substituent. 該「置換されていてもよい環状炭化水素基で置換された水酸基」 The "substituted with optionally substituted cyclic hydrocarbon group a hydroxyl group"
(iii)および「置換されていてもよい環状炭化水素基で置換されたチオール基」(v)における環状炭化水素基としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい炭化水素基」における炭化水素基として例示した飽和または不飽和の脂環式炭化水素基、アリール基(芳香族炭化水素基)などが挙げられる。 (iii) and the cyclic hydrocarbon group in the "substituted with an optionally substituted cyclic hydrocarbon group thiol group" (v), wherein R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5 and R exemplified saturated or alicyclic hydrocarbon group having an unsaturated hydrocarbon group in the indicated by 6 "optionally substituted hydrocarbon group" includes an aryl group (aromatic hydrocarbon group). 該「置換されていてもよい複素環基で置換された水酸基」(iv)および「置換されていてもよい複素環基で置換されたチオール基」(vi)における複素環基としては、 The heterocyclic group in the "optionally substituted substituted by also heterocyclic group hydroxyl group" (iv) and "substituted with an optionally substituted heterocyclic group thiol group" (vi),
前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい複素環基」として例示した複素環と同様なものが挙げられる。 Wherein R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5 and indicated by R 6 those similar to the heterocyclic rings exemplified as "an optionally substituted heterocyclic group" can be mentioned.

【0078】該「環状炭化水素基」は、置換可能な位置に、任意な置換基を1乃至5個(好ましくは1乃至3 [0078] The "cyclic hydrocarbon group" is a substitutable position, 1 to 5 optional substituents (preferably 1 to 3
個)有していてもよい。 Number) may have. 該置換基としては、前記R 1 Examples of the substituent, the R 1,
2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい炭化水素基」における炭化水素基への置換基として例示したものと同様なものが挙げられるが、好ましくは、1乃至3個のハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)で置換されていてもよい低級(C 1-3 )アルキル基(例、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、フルオロメチル、クロロメチルなど)、1乃至3個のハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)で置換されていてもよい低級(C 1-3 )アルコキシ(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ、イソプロポキシ、フルオロメトキシ、クロロメトキシなど)、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、ニトロ、アミノ、シアノなどが挙げられる。 R 2, R 3, R 4 , R 5 and indicated by R 6 may be mentioned those similar to those exemplified as the substituent of the hydrocarbon group in the "optionally substituted hydrocarbon group", preferably, 1 to 3 halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine) which may be lower (C 1-3) alkyl group (e.g. substituted by methyl, ethyl, propyl, isopropyl, fluoromethyl , etc. chloromethyl) 1 to 3 halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, lower (C 1-3 optionally substituted by iodine)) alkoxy (e.g., methoxy, ethoxy, propoxy, isopropoxy , fluoromethoxy etc.), halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine etc.), nitro, amino, and cyano. 該「複素環基」は、置換可能な位置に、任意な置換基を1 The "heterocyclic group" at substitutable positions, any substituent 1
乃至4個、好ましくは1乃至3個、有していてもよい。 To 4, preferably 1 to 3, it may have.
該置換基としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 ,R 5およびR 6で示された「置換されていてもよい複素環基」における複素環基への置換基として例示したものと同様なものが挙げられるが、好ましくは、低級(C 1-4 )アルキル基(例、メチル、エチル、プロピル、イソプロピルなど)、低級(C 1-4 )アルコキシ(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ、イソプロポキシなど)、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素など)、C 6-10アリール(例、フェニルなど)などが挙げられる。 As the substituent, exemplified as the R 1, R 2, R 3 , R 4, substituent to the heterocyclic group in the indicated by R 5 and R 6 "optionally substituted heterocyclic group" may be mentioned those similar to the ones, preferably lower (C 1-4) alkyl group (e.g., methyl, ethyl, propyl, isopropyl, etc.), lower (C 1-4) alkoxy (e.g., methoxy, ethoxy, propoxy, isopropoxy), halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine), C 6-10 aryl (e.g., phenyl etc.) and the like. 該非環状炭化水素基は、上記した「置換されていてもよい環状炭化水素基」、「置換されていてもよい複素環基」などの他にさらに、置換可能な位置に、任意な置換基を有していてもよいが、該非環状炭化水素基における置換基の総数は好ましくは1乃至3個(さらに好ましくは1乃至2個) Acyclic hydrocarbon group, the aforementioned "optionally substituted cyclic hydrocarbon group", further in addition, such as "optionally substituted heterocyclic group", at substitutable position, any substituent it may have, but acyclic total number of substituents in the hydrocarbon group is preferably 1 to 3 (1 to 2 more preferably)
である。 It is. 該置換基としては、前記R 1 ,R 2 ,R 3 ,R 4 Examples of the substituent, the R 1, R 2, R 3 , R 4,
5およびR 6で示された「置換されていてもよい炭化水素基」の置換基で示されたものと同様なものが挙げられる。 R 5 and indicated by R 6 similar to those indicated in the substituent of "optionally substituted hydrocarbon group" can be mentioned.

【0079】R 1bとしての「置換されていてもよい環状炭化水素基で置換された非環状炭化水素基」における環状炭化水素基としては、例えばアリール基(例、フェニル、1−ナフチル、2−ナフチルなどのC 6-14アリール基など)、炭素数3乃至7のシクロアルキル基、炭素数3乃至6のシクロアルケニル基などが好ましい。 [0079] The cyclic hydrocarbon group in the "non-cyclic hydrocarbon group substituted with optionally substituted cyclic hydrocarbon group" as R 1b, for example, an aryl group (e.g., phenyl, 1-naphthyl, 2- such as C 6-14 aryl groups such as naphthyl), a cycloalkyl group having 3 to 7 carbon atoms, such as cycloalkenyl groups of 3 to 6 carbon atoms are preferred. 該環状炭化水素基は1乃至5個(好ましくは1乃至3個)の置換基を有していてもよく、該置換基としては、例えばC Cyclic hydrocarbon group may have a substituent 1 to 5 (preferably 1 to 3), examples of the substituent include C
1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロ、シアノなどが好ましい。 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, nitro, and cyano are preferred. 1bとしては置換されていてもよい複素環[例、チエニル(例、2−または3− Heterocyclic EXAMPLE be substituted as R 1b, thienyl (e.g., 2- or 3-
チエニル)、フリル(例、2−または3−フリル)、アゾリル〔例、オキサゾリル(例、2−,4−または5− Thienyl), furyl (eg, 2- or 3-furyl), azolyl [eg, oxazolyl (e.g., 2-, 4- or 5-
オキサゾリル)、イソオキサゾリル(例、3−,4−または5−イソオキサゾリル)など〕、チエニル、フリルもしくはアゾリルの縮合環基〔ベンゾチエニル(例、2 Oxazolyl), isoxazolyl (e.g., 3-, 4- or 5-isoxazolyl), etc.], thienyl, fused Hajime Tamaki furyl or azolyl [benzothienyl (e.g., 2
−または3−ベンゾ[b]チエニルなど)、ベンゾフラニル(例、2−または3−ベンゾ[b]フラニルなど)、ベンズオキサゾリル(例、2−,5−または6− - or 3-benzo [b] thienyl, etc.), benzofuranyl (e.g., 2- or 3-benzo [b] furanyl etc.), benzoxazolyl (e.g., 2-, 5- or 6-
ベンズ[d]オキサゾリルなど)、ベンズイソオキサゾリル(例、3−,4−または5−ベンズ[d]イソオキサゾリルなど)、ベンゾチアゾリル(例、2−ベンゾ[d]チアゾリルなど)、ベンズイミダゾリル(例、1 Benz [d] oxazolyl, etc.), benzisoxazolyl (e.g., 3-, 4- or 5-benz [d] isoxazolyl, etc.), benzothiazolyl (e.g., 2-benzo [d] thiazolyl, etc.), benzimidazolyl (e.g. , 1
−ベンズ[d]イミダゾリルなど)など〕などの芳香族複素環基など]で置換された非環状炭化水素基が好ましく、より好ましくは、置換されていてもよいチエニルまたはフリル基で置換された非環状炭化水素基である。 - acyclic hydrocarbon group is preferably substituted by benz [d] an aromatic heterocyclic group such as imidazolyl, etc.), etc.]], more preferably, non-substituted thienyl which may be substituted or furyl group it is a cyclic hydrocarbon group. 該非環状炭化水素基としては、好ましくは、C 1-10アルキル基(好ましくは、メチル、エチル、プロピルなどのC As the non-cyclic hydrocarbon group, preferably, the C 1-10 alkyl group (preferably, C, such as methyl, ethyl, propyl
1-3アルキルなど)、C 2-10アルケニル基(好ましくは、エテニルなどのC 2-4アルケニルなど)、C 2-10アルキニル基(好ましくは、エチニルなどのC 2-4アルキルなど)などが挙げられる。 1-3 alkyl, etc.), the C 2-10 alkenyl group (preferably, a C 2-4 alkenyl such as ethenyl), the C 2-10 alkynyl group (preferably, a C 2-4 alkyl such as ethynyl), etc. and the like. 該芳香族複素環基は、置換可能な位置に、任意の置換基を1乃至3個有していてもよく、該置換基としては、好ましくは、1乃至3個のハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)で置換されていてもよい低級(C 1-3 )アルキル基(例、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、フルオロメチル、クロロメチルなど)、C 6-10アリール基(例、フェニルなど)、1乃至3個のハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素)で置換されていてもよい低級(C The aromatic heterocyclic group, a substitutable position may have 1 to 3 optional substituents, examples of the substituent, preferably, 1 to 3 halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, which may lower (C 1-3 even though) alkyl group (e.g. substituted and the like) iodine, methyl, ethyl, propyl, isopropyl, fluoromethyl, chloromethyl, etc.), C 6-10 aryl group (e.g. , phenyl, etc.), 1 to 3 halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine) lower optionally substituted with (C
1-3 )アルコキシ(例、メトキシ、エトキシ、プロポキシ、イソプロポキシ、フルオロメトキシ、クロロメトキシなど)、ハロゲン(例、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)、ニトロなどが挙げられる。 1-3) alkoxy (e.g., methoxy, ethoxy, propoxy, isopropoxy, fluoromethoxy, chloromethoxy, etc.), halogen (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine, etc.), nitro and the like. 該非環状炭化水素基は「置換されていてもよい環状炭化水素基」、「置換されていてもよい複素環基」などに加えて、例えばシアノなどの置換基を有していてもよい。 Acyclic hydrocarbon group "substituted cyclic optionally hydrocarbon group", in addition to such the "optionally substituted heterocyclic group", for example it may have a substituent such as cyano.

【0080】R 1bとしては、好ましくは(i)C 1-3アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基を有していてもよいC 6-14アリール基、(ii)それぞれC 1-3 [0080] As the R 1b, preferably which may have 1 to 5 substituents selected from (i) C 1-3 alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, nitro and cyano C 6-14 aryl group, (ii), respectively C 1-3
アルコキシ、ハロゲン、C 1-3アルキル、アミノ、ニトロおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-7シクロアルキル基またはC 3-6シクロアルケニル基、および(iii)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルコキシ、ハロゲン、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルキル、C 6-10アリールおよびニトロから選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい芳香族複素環基、(iv)ハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルキル、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルコキシ、ハロゲン、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 3-6シクロアルキルでそれぞれ置換された水酸基またはチオール基、(v)ハロゲンで置換されていてもよいC 1- Alkoxy, halogen, C 1-3 alkyl, amino, nitro and 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-7 cycloalkyl or C 3-6 cycloalkenyl group selected from cyano, and ( iii) halogen optionally substituted C 1-3 alkoxy, halogen, halogen optionally substituted C 1-3 alkyl, by 1 to 3 substituents selected from C 6-10 aryl and nitro optionally substituted aromatic heterocyclic group, (iv) halogen substituted C 1-3 alkyl, halogen optionally substituted C 1-3 alkoxy, halogen, nitro, amino and cyano 1 to 5 substituents which may be substituted with a substituent C 3-6 cycloalkyl in each substituted hydroxy group or a thiol group selected from, optionally substituted with (v) a halogen C 1- 3アルキル、ハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルコキシ、ハロゲン、ニトロ、アミノおよびシアノから選ばれる1乃至5個の置換基で置換されていてもよいC 6-10アリールでそれぞれ置換された水酸基またはチオール基、(vi)C 1-4アルキル、C 1-4アルコキシ、ハロゲンおよびC 6-10アリールから選ばれる1乃至4個の置換基で置換されていてもよい複素環でそれぞれ置換された水酸基またはチオール基、から選ばれる1乃至3個の置換基で置換されていてもよい(a)C 1-10アルキル基、(b)C 2-10アルケニル基またはC 2-10アルキニル基などが挙げられる。 3 alkyl, halogen optionally substituted C 1-3 alkoxy, halogen, nitro, each substituted also a good C 6-10 aryl optionally substituted with 1 to 5 substituents selected from amino and cyano hydroxyl or thiol group, each substituted with (vi) C 1-4 alkyl, C 1-4 alkoxy, heterocyclic ring which may be substituted with 1 to 4 substituents selected from halogen and C 6-10 aryl hydroxy group or a thiol group, optionally substituted with 1 to 3 substituents selected from (a) C 1-10 alkyl group, (b) C 2-10 alkenyl or C 2-10 alkynyl group and the like. 該C 1-10アルキル基、C 2-10アルケニル基およびC 2-10アルキニル基はさらに1個のシアノ基で置換されていてもよい。 The C 1-10 alkyl group, C 2-10 alkenyl and C 2-10 alkynyl groups may be further substituted with one cyano group. 本発明において、一般式(I)または(Ia)で表される化合物として好ましいものとして、N−(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−2−チオフェンカルボン酸アミド、N−(ジアミノホスフィニル)−2−メチル−3−フランカルボン酸アミド、N−(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−3−フランカルボン酸アミド、N−(ジアミノホスフィニル)−3,5−ジメチル−2−フランカルボン酸アミド、N−(ジアミノホスフィニル)−3,5−ジメチル−2−チオフェンカルボン酸アミドなどが挙げられる。 In the present invention, preferable examples of the general formula (I) or a compound represented by (Ia), N- (diamino phosphinyl) -5-methyl-2-thiophenecarboxylic acid amide, N- (diamino phosphinyl ) -2-methyl-3-furan carboxylic acid amide, N- (diamino phosphinyl) -5-methyl-3-furan carboxylic acid amide, N- (diamino phosphinyl) -3,5-dimethyl-2- furan carboxylic acid amide, such as N- (diamino phosphinyl) -3,5-dimethyl-2-thiophenecarboxylic acid amide.

【0081】本発明に用いる一般式(I)、(Ia)または(Ib)で表される化合物の塩としては、薬学的に許容される塩が好ましく、例えば無機塩基との塩、有機塩基との塩、無機酸との塩、有機酸との塩、塩基性または酸性アミノ酸との塩などが挙げられる。 [0081] Formula (I) used in the present invention, as a salt of the compound represented by (Ia) or (Ib), preferably a pharmaceutically acceptable salt, for example, salts with inorganic bases, and organic bases salts, salts with inorganic acids, salts with organic acids, salts with basic or acidic amino acids. 無機塩基との塩の好適な例としては、例えばナトリウム塩、カリウム塩などのアルカリ金属塩;カルシウム塩、マグネシウム塩などのアルカリ土類金属塩;ならびにアルミニウム塩などが挙げられる。 Preferable examples of the salts with inorganic bases such as sodium salts, alkali metal salts such as potassium salt; and the like, as well as aluminum salts; calcium salts, alkaline earth metal salts such as magnesium salts. 有機塩基との塩の好適な例としては、例えばアンモニウム塩、トリメチルアミン、トリエチルアミン、ピリジン、ピコリン、エタノールアミン、 Preferable examples of salts with organic bases, such as ammonium salts, trimethylamine, triethylamine, pyridine, picoline, ethanolamine,
ジエタノールアミン、トリエタノールアミン、ジシクロヘキシルアミン、N,N'-ジベンジルエチレンジアミンなどとの塩が挙げられる。 Diethanolamine, triethanolamine, dicyclohexylamine, N, salts with such N'- dibenzylethylenediamine. 無機酸との塩の好適な例としては、例えば塩酸、臭化水素酸、硝酸、硫酸、リン酸などとの塩が挙げられる。 Preferable examples of the salts with inorganic acids such as hydrochloric acid, hydrobromic acid, nitric acid, sulfuric acid and phosphoric acid. 有機酸との塩の好適な例としては、例えばギ酸、酢酸、トリフルオロ酢酸、フマール酸、シュウ酸、酒石酸、マレイン酸、クエン酸、コハク酸、リンゴ酸、メタンスルホン酸、ベンゼンスルホン酸、p-トルエンスルホン酸などとの塩が挙げられる。 Preferable examples of salts with organic acids such as formic acid, acetic acid, trifluoroacetic acid, fumaric acid, oxalic acid, tartaric acid, maleic acid, citric acid, succinic acid, malic acid, methanesulfonic acid, benzenesulfonic acid, p - salts with toluenesulfonic acid. 塩基性アミノ酸との塩の好適な例としては、例えばアルギニン、リジン、オルニチンなどとの塩が挙げられ、酸性アミノ酸との塩の好適な例としては、例えばアスパラギン酸、グルタミン酸などとの塩が挙げられる。 Preferable examples of the salts with basic amino acids such as arginine, lysine, and salts with ornithine, etc. Preferable examples of salts with acidic amino acids, like for example aspartic acid, salts and glutamic acid It is. これらの塩は常法にしたがって得ることができる。 These salts can be obtained according to conventional methods. また、一般式(I)、(Ia)または(Ib)で表される化合物の非水和物および水和物は本発明において使用することができる。 The non-hydrates and hydrates of formula (I), the compounds represented by (Ia) or (Ib) can be used in the present invention. また、以下で示される一般式(II)および(II In general formula (II) represented by the following and (II
I)で表される化合物の塩としては、上記一般式(I) The salt of the compound represented by I), the general formula (I)
で表される化合物の塩として示されたものと同様なものが挙げられる。 Include those similar to those in shown as a salt of a compound represented by.

【0082】本発明に用いられるリン酸アミド誘導体の製造法としては、例えば米国特許3,317,637号, 米国特許4,517,003号, 米国特許4,528,020号, EP210703号, [0082] As a manufacturing method of the present invention phosphoric acid amide derivatives for use in, for example U.S. Pat. No. 3,317,637, U.S. Pat. No. 4,517,003, U.S. Pat. Nos. 4,528,020, No. EP210703,
米国特許4,182,881号, 米国特許4,221,730号, 特開昭58 US Pat. No. 4,182,881, US Pat. No. 4,221,730, JP-A-58
-99490号, 特公昭42-7379号,米国特許4,629,491号, J. No. -99490, JP-B-42-7379, US Pat. No. 4,629,491, J.
Pharm. Sci., 189, 57(1968)などに記載の方法、これらに引用された文献記載の方法、あるいはこれらの化学的類似法が挙げられる。 Pharm. Sci., 189, 57 (1968) method described, for example, the method of the cited literature in these or their chemical similarity method, and the like. 前記一般式(I)の化合物の製造法の例を以下に述べる。 Mention of methods for preparation of the compounds of the general formula (I) below. 例えば、式(II) R−H (II) 〔式中、記号は前記と同意義を示す〕で表される化合物またはその塩と五塩化リンとを反応させて得られる化合物またはその塩とギ酸とを反応させて、得られる式(II For example, the formula (II) R-H (II) [wherein the symbols have the same meaning as defined above compounds represented by or a compound salt thereof and obtained by reacting phosphorus pentachloride or a salt thereof and formic acid by reacting the door, the resulting formula (II
I) I)

【化13】 [Of 13] 〔式中、記号は前記と同意義を示す〕で表される化合物またはその塩とアンモニアとを反応させること等により、一般式(I)で表わされる化合物を製造することができる。 Wherein the symbols have the same meaning as defined above such as by reacting a compound or a salt thereof with ammonia represented by, it is possible to produce the compound represented by the general formula (I). また、例えば式(II)で表される化合物またはその塩とオキシ塩化リンとを反応させ、得られる式(II Further, for example, a compound represented by formula (II) or reacting a salt thereof with phosphorus oxychloride, the resulting formula (II
I)で表される化合物またはその塩とアンモニアとを反応させること等によっても、目的化合物を得ることができる。 Compounds represented by I) or also such as by reacting a salt thereof with ammonia, it is possible to obtain the desired compound. 式(II)で表される化合物またはその塩と、五塩化リンまたはオキシ塩化リンとの反応においては、溶媒として、四塩化炭素,クロロホルム,シクロロメタン, And Formula (II) or a salt thereof, in the reaction with phosphorus pentachloride or phosphorus oxychloride, as the solvent, carbon tetrachloride, chloroform, Shikurorometan,
1,2−ジクロロエタンなどのハロゲン系溶媒、ジオキサン,テトラヒドロフラン,ジエチルエーテルなどのエーテル系溶媒、ベンゼン,トルエンなどの炭化水素系溶媒など、反応を妨げない溶媒ならいずれでもよく、反応温度は通常約−50乃至約100℃、好ましくは、約− Halogenated solvents such as 1,2-dichloroethane, dioxane, tetrahydrofuran, ether solvents such as diethyl ether, benzene, hydrocarbon solvents such as toluene, may be any if not interfere with the reaction solvent, the reaction temperature is generally about - 50 to about 100 ° C., preferably about -
20乃至約80℃である。 20 to about 80 ° C.. また式(II)で表される化合物またはその塩1モルに対して、五塩化リンまたはオキシ塩化リンは通常0.5乃至10モル当量、好ましくは、1乃至2モル当量を用いる。 Also with respect to the compound or a salt thereof to 1 mole of Formula (II), phosphorus pentachloride or phosphorus oxychloride is usually 0.5 to 10 molar equivalents, preferably, using a 1 to 2 molar equivalents. 式(II)で表される化合物またはその塩と五塩化リンとを反応させて得られる化合物またはその塩をギ酸と反応させる際にも、用いられる溶媒は前記と同じようなハロゲン系溶媒、エーテル系溶媒、炭化水素系溶媒を用いることができ、反応温度は通常約−50乃至約50℃、好ましくは、約0乃至約30℃である。 When reacted with a compound or formic acid salts thereof obtained by reacting the compound represented by formula (II) or a salt thereof and phosphorus pentachloride even, the solvent used is similar halogenated solvent and the ether system solvent, hydrocarbon solvents can be used, the reaction temperature is usually about -50 to about 50 ° C., preferably from about 0 to about 30 ° C.. 用いられるギ酸は式(II)で示される化合物またはその塩と五塩化リンとを反応させて得られる化合物1モルに対して、通常0.5乃至10モル当量、 Formic acid used per mole of the compound obtained by reacting a compound or a salt thereof with phosphorus pentachloride represented by Formula (II), generally from 0.5 to 10 mole equivalents,
好ましくは、1乃至3モル当量を用いる。 Preferably, a 1 to 3 molar equivalents. 式(III)で表される化合物またはその塩とアンモニアとの反応では、前記と同じようなハロゲン系溶媒、エーテル系溶媒、炭化水素系溶媒を用いることができ、反応温度は通常約−50乃至約50℃、好ましくは、約−20乃至約10℃である。 The reaction of a compound or a salt thereof with ammonia represented by the formula (III), similar halogen-based solvents and the ether solvents, can be used a hydrocarbon solvent, the reaction temperature is usually about -50 to about 50 ° C., preferably from about -20 to about 10 ° C..

【0083】このようにして得られる化合物(I)またはその塩は、公知の手段、例えば、濃縮、減圧濃縮、蒸留、分留、溶媒抽出、クラマトグラフィー、結晶化、再結晶などにより、単離精製することができる。 [0083] Thus obtained compound (I) or a salt thereof, a known means such as concentration, distillation, fractional distillation, solvent extraction, Clamato chromatography, crystallization, recrystallization, isolated it can be purified. また、上記各反応において、反応に供される化合物またはその塩において、反応に関与しないアミノ基、カルボキシル基、ヒドロキシ基に対して、保護基を用いてもよく、保護基の付加、除去は公知の手段により行うことができる。 In each of the above reactions, the compound or a salt thereof used in the reaction, an amino group which does not participate in the reaction, a carboxyl group, to the hydroxy group, may be a protective group, the addition of protecting groups, removal is known it can be carried out by the means. アミノ基の保護基としては、例えば、ホルミル、それぞれ置換基を有していてもよい、C 1-6アルキルカルボニル(例えば、アセチル、プロピオニルなど)、フェニルカルボニル、C 1-6アルキル−オキシカルボニル(例えば、メトキシカルボニル、エトキシカルボニルなど)、フェニルオキシカルボニル、C 7-10アラルキルオキシ−カルボニル(例えば、ベンジルオキシカルボニルなどのフェニル−C 1-4アルキルオキシ−カルボニルなど)、トリチル、フタロイルまたはN,N−ジメチルアミノメチレンなどが用いられる。 As the amino-protecting group, e.g., formyl, each of which may have a substituent, C 1-6 alkylcarbonyl (e.g., acetyl, propionyl etc.), phenylcarbonyl, C 1-6 alkyl - butyloxycarbonyl ( for example, methoxycarbonyl, ethoxycarbonyl, etc.), phenyloxycarbonyl, C 7-10 aralkyloxy - carbonyl (e.g., phenyl -C 1-4 alkyloxy, such as benzyloxycarbonyl - carbonyl), trityl, phthaloyl or N, N - dimethyl aminomethylene is used. これらの置換基としては、ハロゲン原子(例えば、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)、ホルミル、C 1-6アルキル−カルボニル(例えば、アセチル、プロピオニル、バレリルなど)、ニトロ基などが用いられ、置換基の数は1ないし3個程度である。 Examples of these substituents include halogen atom (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine), formyl, C 1-6 alkyl - carbonyl (e.g., acetyl, propionyl, valeryl etc.), and nitro groups, substituted the number of groups is about 1 to 3. カルボキシル基の保護基としては、例えば、それぞれ置換基を有していてもよい、C 1-6アルキル(例えば、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、ブチル、tert.−ブチルなど)、フェニル、トリチルまたはシリルなどが用いられる。 The protecting group of the carboxyl group, for example, each of which may have a substituent, C 1-6 alkyl (e.g., methyl, ethyl, propyl, isopropyl, butyl, tert.-butyl, etc.), phenyl, trityl or silyl is used. これらの置換基としては、ハロゲン原子(例えば、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)、ホルミル、C 1-6アルキル−カルボニル(例えば、アセチル、プロピオニル、バレリルなど)、ニトロ基などが用いられ、置換基の数は1ないし3個程度である。 Examples of these substituents include halogen atom (e.g., fluorine, chlorine, bromine, iodine), formyl, C 1-6 alkyl - carbonyl (e.g., acetyl, propionyl, valeryl etc.), and nitro groups, substituted the number of groups is about 1 to 3.

【0084】ヒドロキシル基の保護基としては、例えば、それぞれ置換基を有していてもよい、C 1-6アルキル(例えば、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、ブチル、tert.−ブチルなど)、フェニル、C 7-10 [0084] As the protective group for hydroxyl groups, for example, each of which may have a substituent, C 1-6 alkyl (e.g., methyl, ethyl, propyl, isopropyl, butyl, tert.-butyl, etc.), phenyl , C 7-10
アラルキル(例えば、ベンジルなどのフェニル−C 1-4 Aralkyl (e.g., phenyl -C 1-4 such as benzyl
アルキルなど)、ホルミル、C 1-6アルキル−カルボニル(例えば、アセチル、プロピオニルなど)、フェニルオキシカルボニル、ベンゾイル、(C 7-10アラルキルオキシ)カルボニル(例えば、ベンジルオキシカルボニルなどのフェニル−C 1-4アルキルオキシ−カルボニルなど)、ピラニル、フラニルまたはシリルなどが用いられる。 Alkyl etc.), formyl, C 1-6 alkyl - carbonyl (e.g., acetyl, propionyl etc.), phenyloxycarbonyl, benzoyl, (C 7-10 aralkyloxy) carbonyl (e.g., phenyl, such as benzyloxycarbonyl -C 1- 4 alkyloxy - carbonyl), pyranyl, furanyl or silyl and the like. これらの置換基としては、ハロゲン原子(例えば、 Examples of these substituents include halogen atom (e.g.,
フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など)、C 1-6アルキル(例えば、メチル、エチル、プロピルなど)、フェニル、C 7-10アラルキル(例えば、ベンジルなどのフェニル−C 1-4アルキルなど)、ニトロ基などが用いられ、 Fluorine, chlorine, bromine, iodine, etc.), C 1-6 alkyl (e.g., methyl, ethyl, propyl, etc.), phenyl, C 7-10 aralkyl (e.g., phenyl -C 1-4 alkyl such as benzyl), nitro and a group is used,
置換基の数は1ないし4個程度である。 The number of substituents is about four from 1. また、保護基の除去方法としては、それ自体公知またはそれに準じた方法が用いられるが、例えば酸、塩基、還元、紫外光、ヒドラジン、フェニルヒドラジン、N−メチルジチオカルバミン酸ナトリウム、テトラブチルアンモニウムフルオリド、酢酸パラジウムなどで処理する方法が用いられる。 Further, as a method for removing the protecting group, it is known or a method analogous thereto is used, such as acid, base, reduction, ultraviolet light, hydrazine, phenyl hydrazine, sodium N- methyldithiocarbamate, tetrabutylammonium fluoride , a method of processing such as palladium acetate is used.

【0085】本発明の医薬組成物は、不安定なウレアーゼ阻害物質を安定化をさせた医薬組成物、とりわけウレアーゼ阻害物質を油性基剤中に存在させることにより安定化した医薬組成物、特にマトリックス製剤である。 [0085] The pharmaceutical compositions of the present invention, unstable urease inhibitor Pharmaceutical compositions stabilized with, especially pharmaceutical compositions urease inhibitor was stabilized by the presence in the oily base, in particular the matrix it is a preparation. さらに、本発明は粘性物質を含有させることにより消化管粘膜付着性を付与した、ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性医薬組成物を提供するものである。 Furthermore, the present invention is imparted with gastrointestinal mucosa-adherent by containing viscous substances, there is provided a urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent pharmaceutical composition. 本明細書において、ポリグリセリン脂肪酸エステル以外の油性基剤において、融点約40℃以上、より具体的には約40 In this specification, the polyglycerol fatty acid ester non-oily base, melting point of about 40 ° C. or higher, more specifically about 40
乃至約120℃のものを「脂質」と称する。 To be referred to as "lipids" and of about 120 ° C.. 「油性基剤中に存在させる」とは、ウレアーゼ阻害物質が油性基剤中に溶解ないし分散している状態、あるいはウレアーゼ阻害物質が油性基剤により被覆されている状態などをしめす。 The "to be present in the oily base", indicating a urease inhibitor state is dissolved or dispersed in the oily base, or a state in which the urease inhibitor is covered by oil base. 本発明に係る医薬組成物が消化管粘膜付着性医薬組成物である場合、組成物中、粘性物質を含有させるか、粘性物質を含有するコーティング剤で組成物をコーティングしたものであればよい。 When the pharmaceutical compositions according to the present invention is a gastrointestinal mucosa-adherent pharmaceutical composition, the composition, or to contain a viscous material, as long as they are coated with the composition with a coating agent containing viscous material. すなわち、油性基剤とウレアーゼ阻害物質を含有する医薬組成物の少なくとも表層近傍に粘性物質が分散している医薬組成物であればよい。 That may be at least a pharmaceutical composition viscous substance is dispersed in the vicinity of the surface layer of the pharmaceutical composition containing the oily base and urease inhibitor. 粘性物質により消化管粘膜付着性が発現する限り、医薬組成物が、粘性物質を含まない被膜、例えば、 So long as it expresses the gastrointestinal mucosa-adherent by gum coating pharmaceutical composition is free of viscous substance, for example,
腸溶性被膜、胃溶性被膜などの層を有している場合であっても、「消化管粘膜付着性」を有するという。 Enteric coating, even if a layer such as gastric coating, it has a "gastrointestinal mucoadhesive". 「表層近傍」とは表面のみならず、前記のような被膜を含む表層の近傍をも意味する。 Not only on the surface and "near the surface" also means the neighborhood of the surface layer containing the coating like. また、「コーティング」とは、 In addition, a "coating",
コーティング剤により、マトリックス粒子表面全体が均一に被覆されている場合に限らず、粒子表面が部分的に被覆されている場合も含む意味に用いる。 The coating agent not only when the entire matrix particle surface is uniformly coated, used in the meaning including the case where the particle surface is partially coated. さらに、油性基剤や被覆剤などが混合物である場合、明瞭な融点を示さず、特定の温度で軟化する場合があるが、本明細書において、「融点」とは、このような混合物が示す軟化温度をも含む意味に用いる。 Furthermore, if such oily base and coating agent is a mixture not show clear melting point, there is a case which softens at a specific temperature, in the present specification, the "melting point" denotes such a mixture used in the meaning also include a softening temperature.

【0086】本発明で用いられる油性基剤は、医薬用製剤基剤として用いられる油性物質であればいずれを用いてもよく、例えば高級飽和脂肪酸類、脂肪酸類とアルコール類とのエステル(グリセリンないしポリグリセリンの脂肪酸エステル、油脂類またはその硬化油、ロウ類など)、高級アルコール類、ホスホリピッド、ステロールまたはそのエステルおよび炭化水素類等が用いられる。 [0086] Oily bases used in the present invention, as long as the oily substance used as a pharmaceutical preparation base may be either, for example, higher saturated fatty acids, to an ester (no glycerin fatty acid and alcohol fatty acid esters of polyglycerol, oils and fats or hydrogenated oils, waxes, etc.), higher alcohols, phospholipids, sterols or their esters and hydrocarbons and the like are used.
特に脂肪酸類とアルコール類とのエステルが汎用される。 Especially esters of fatty acids and alcohols are widely used. 上記「脂肪酸類とアルコール類とのエステル」における「脂肪酸類」としては、例えばモノカルボン酸でもジカルボン酸でもよく、具体的には、ジカルボン酸としては、例えばシュウ酸、マロン酸、コハク酸、グルタル酸、アジピン酸、マレイン酸、フマル酸、フタル酸、イソフタル酸、テレフタル酸、セバシン酸等が挙げられる。 The "fatty acid" in the above "esters of fatty acids and alcohols", for example, may be a dicarboxylic acid in a monocarboxylic acid, specifically, the dicarboxylic acids, such as oxalic acid, malonic acid, succinic acid, glutaric acid, adipic acid, maleic acid, fumaric acid, phthalic acid, isophthalic acid, terephthalic acid, and sebacic acid. また、モノカルボン酸としては、例えば酢酸(C 2 )、プロピオン酸(C 3 )、酪酸(C 4 )、吉草酸(C As the monocarboxylic acid, such as acetic acid (C 2), propionic acid (C 3), butyric acid (C 4), valeric acid (C
5 )、カプロン酸(C 6 )、ヘプタン酸(C 7 )、カプリル酸(C 8 )、ノナン酸(c 9 )、カプリン酸(C 10 )、ウンデカン酸(C 11 )、ラウリン酸(C 12 )、トリデカン酸(C 5), caproic acid (C 6), heptanoic acid (C 7), caprylic acid (C 8), nonanoic acid (c 9), capric acid (C 10), undecanoic acid (C 11), lauric acid (C 12 ), tridecane acid (C
13 )、ミリスチン酸(C 14 )、ペンタデカン(C 15 )、パルミチン酸(C 16 )、マーガリン酸(C 17 )、ステアリン酸(C 18 )、ノナデカン酸(C 19 )、アラキン酸(C 20 )、 13), myristic acid (C 14), pentadecane (C 15), palmitic acid (C 16), margarine acid (C 17), stearic acid (C 18), nonadecanoic (C 19), arachidic acid (C 20) ,
ヘンイコン酸(C 21 )、ベヘン酸(C 22 )、トリコサン酸(C 23 )、リグノセリン酸(C 24 )等の直鎖飽和脂肪酸;例えば、10−ウンデセン酸、11−ドセン酸、1 Hen'ikon acid (C 21), behenic acid (C 22), Tricosanoic acid (C 23), a straight-chain saturated fatty acids such as lignoceric acid (C 24); for example, 10-undecenoic acid, 11 Dosen acid, 1
2−トリデセン酸、trans−2−テトラデセン酸、ミリストレイン酸、trans−9−テトラデセン酸、10−ペンタデセン酸、trans−2−ヘキサデセン酸、パルミトレイン酸、パルミトエライジン酸、10−ヘプタデセン酸、trans−10−ヘプタデセン酸、trans−2−オクタデセン酸、ペトロセリン酸、ペトロエライジン酸、オレイン酸、エライジン酸、シスパクセン酸、トランスパクセン酸、リノール酸、リノエライジン酸、γ−リノレン酸、α−リノレン酸、7−ノナデセン酸、10−ノナデセン酸、trans−10−ノナデセン酸、10,13−ノナデカジエン酸、trans−10,trans−13−ノナデカジエン酸、5−イコセン酸、8−イコセン酸、11−イコセン酸、trans−11−イコセン酸、11,14−イコサジエン酸、8,11−イコサジイン酸 2-tridecenoic acid, trans-2-tetradecenoic, myristoleic, trans-9-tetradecenoic acid, 10-pentadecenoic acid, trans-2-hexadecenoic acid, palmitoleic acid, palmitoleic elaidic acid, 10 heptadecenoic acid, trans- 10 heptadecenoic acid, trans-2-octadecenoic acid, petroselinic acid, Petro elaidic acid, oleic acid, elaidic acid, Shisupakusen acid, trans Park Sen acid, linoleic acid, Rinoeraijin acid, .gamma.-linolenic acid, alpha-linolenic acid, 7-nonadecenoic acid, 10 nonadecenoic acid, trans-10-nonadecenoic acid, 10,13- Nonadekajien acid, trans-10, trans-13- Nonadekajien acid, 5-icosenoic acid, 8-icosenoic acid, 11 icosenoic acid, trans-11- icosenoic acid, 11,14-Ikosajien acid, 8,11-Ikosajiin acid 、ミード酸、 , Mead acid,
ホモ−γ−リノレン酸、11,14,17−イコサトリエン酸、5,8,11−イコサトリイン酸、アラキドン酸、イコサテトライン酸、5,8,11,14,17− Homo -γ- linolenic acid, 11,14,17- Ikosatorien acid, 5,8,11 Ikosatoriin acid, arachidonic acid, equalizing Well then line acid, 5,8,11,14,17
イコサペンタエン酸(EPA)、12−ヘンイコセン酸、エルカ酸、プラジジン酸、13,16−ドコサジエン酸、13,16,19−ドコサトリエン酸、7,1 Eicosapentaenoic acid (EPA), 12- henicosenoic acid, erucic acid, Purajijin acid, 13,16- docosadienoic acid, 13,16,19- docosatriene acid, 7,1
0,13,16−ドコサテトラエン酸、7,10,1 0,13,16- docosatetraenoic acid, 7,10,1
3,16,19−ドコサペンタエン酸、7,10,1 3,16,19- docosapentaenoic acid, 7,10,1
3,16,19−ドコサヘキサエン酸(DHA)、14 3,16,19- docosahexaenoic acid (DHA), 14
−トリコセン酸、trans−14−トリコセン酸、15− - tricosenoic acid, trans-14- tricosenoic acid, 15-
テトラコセン酸などの直鎖不飽和脂肪酸;イソラウリン酸、11−メチルドデカン酸、イソミリスチン酸、13 Straight chain unsaturated fatty acids such as tetracosenoic acid; isolauric, 11-methyl-dodecanoic acid, isomyristic acid, 13
−メチルテトラデカン酸、イソパルミチン酸、15−メチルヘキサデカン酸、イソステアリン酸、17−メチルオクタデカン酸、イソアラキン酸、19−メチルイコサン酸、9−メチルウンデカン酸、10−メチルドデカン酸、11−メチルトリデカン酸、12−メチルテトラデカン酸、13−メチルペンタデカン酸、14−メチルヘキサデカン酸、15−メチルヘプタデカン酸、16−メチルオクタデカン酸などの分枝脂肪酸;β−ヒドロキシブタン酸、γ−ヒドロキシブタン酸、3−ヒドロキシノナン酸、2−ヒドロキシデカン酸、2−ヒドロキシラウリン酸、2−ヒドロキシテトラデカン酸、3−ヒドロキシミリスチン酸、2−ヒドロキシヘキサデカン酸、2− - methyl tetra decanoic acid, isopalmitic acid, 15-Methylhexadecanoic acid, isostearic acid, 17-methyl octadecanoic acid, isoarachic acid, 19-Mechiruikosan acid, 9-methyl undecanoic acid, 10-methyl dodecanoic acid, 11-methyl-tridecane acid , 12-methyl tetradecanoic acid, 13-pentadecane acid, 14-Methylhexadecanoic acid, 15-methylheptadecanoic acid, 16-branched fatty acids such as methyl octadecanoic acid; beta-hydroxybutanoic acid, .gamma.-hydroxy butanoic acid, 3 - hydroxy nonanoic acid, 2-hydroxy decanoic acid, 2-hydroxy lauric acid, 2-hydroxytetradecanoic acid, 3-hydroxy myristic acid, 2-hydroxy hexadecanoic acid, 2-
ヒドロキシオクタデカン酸、12−ヒドロキシステアリン酸、2−ヒドロキシイコサン酸、2−ヒドロキシドコサン酸、リシノール酸、リシネライジン酸などのヒドロキシ脂肪酸など炭素数6個乃至40個の脂肪酸が挙げられる。 Hydroxyoctadecanoic acid, 12-hydroxystearic acid, 2-hydroxy equalizer San acid, 2-hydroxy-docosanoic acid, ricinoleic acid, and fatty acid having 6 to 40 carbon such as hydroxy fatty acids such as Rishineraijin acid. 上記のうち直鎖状飽和または不飽和脂肪酸、好ましくは炭素数8個乃至22個の脂肪酸が汎用されている。 Linear saturated or unsaturated fatty acids of the above, preferably is generic number 8 to 22 or a fatty acid carbon.

【0087】上記「脂肪酸類とアルコール類とのエステル」における「アルコール類」としては、例えばメチルアルコール、エチルアルコール、n−プロピルアルコール、n−ブチルアルコール、n−ペンチルアルコール、 [0087] As the "alcohol" in the above "esters of fatty acids and alcohols", for example methyl alcohol, ethyl alcohol, n- propyl alcohol, n- butyl alcohol, n- pentyl alcohol,
n−ヘキシルアルコール、n−ヘプチルアルコール、n n- hexyl alcohol, n- heptyl alcohol, n
−オクチルアルコール、n−デシルアルコール、n−ラウリルアルコール、n−ミリスチルアルコール、n−セチルアルコール、n−オクタデシルアルコール、イソプロピルアルコール、イソブチルアルコール、sec−ブチルアルコール、tert−ブチルアルコール、イソペンチルアルコール、tert−ペンチルアルコールなどの直鎖または分枝状の1級アルコール類、エチレングリコール、プロピレングリコール、1,3−プロパンジオールなどの2級アルコール類、グリセリンなどの3級アルコール類等が挙げられる。 - octyl alcohol, n- decyl alcohol, n- lauryl alcohol, n- myristyl alcohol, n- cetyl alcohol, n- octadecyl alcohol, isopropyl alcohol, isobutyl alcohol, sec- butyl alcohol, tert- butyl alcohol, isopentyl alcohol, tert - primary alcohols, straight-chain or branched, such as pentyl alcohol, ethylene glycol, propylene glycol, secondary alcohols such as 1,3-propanediol, and the like tertiary alcohols such as glycerin. 脂肪酸類とアルコール類とのエステルとしては、上記脂肪酸類とアルコール類から形成されうるエステルはいずれでもよいが、とりわけ飽和あるいは不飽和のワックス類、脂肪酸グリセリド(モノ、ジあるいはトリアシルグリセロール等)等が挙げられる。 The esters of fatty acids and alcohols, esters may be formed from the fatty acids and alcohols may be either, especially waxes, saturated or unsaturated, fatty acid glycerides (mono-, di- or triacylglycerols, etc.), etc. and the like. これらは、化学合成により得られたものであってもよく、天然物であってもよい。 These may be those obtained by chemical synthesis, or may be a natural product. また、天然物としては油脂やロウなどのように、1種以上の脂肪酸類とアルコール類とのエステルに、脂肪酸や炭化水素など他の成分が混在しているものであってもよい。 Also, as a natural product such as fats and waxes, the ester of one or more fatty acids and alcohols may be those other ingredients such as fatty acids and hydrocarbons are mixed. とりわけグリセリンないしポリグリセリンの脂肪酸エステルが汎用される。 Especially fatty acid esters of glycerin or polyglycerin is generic.

【0088】「グリセリンないしポリグリセリンの脂肪酸エステル」においてポリグリセリンの重合度は2乃至16のものが好ましく、さらに好ましくは2乃至10である。 [0088] The polymerization degree of the polyglycerol in the "fatty acid ester of glycerin or polyglycerin" is preferably those of 2 to 16, more preferably from 2 to 10. グリセリンないしポリグリセリンの脂肪酸エステルは、単独または2種以上を組み合わせて使用する。 Fatty acid ester of glycerin or polyglycerin is used alone or in combination of two or more. グリセリン脂肪酸エステルは、1分子のグリセリンに3分子の脂肪酸がエステル結合した脂肪酸トリグリセリド(トリアシルグリセロール)が好ましい。 Glycerin fatty acid esters, fatty acid triglyceride fatty 3 molecules of glycerin of 1 molecule is ester bound (triacylglycerol) are preferred. これらのエステル結合する脂肪酸は同じ種類でも、異なる種類であってもよく、好ましくは炭素数4乃至22個の飽和脂肪酸である。 Also fatty acids these ester bonds in the same kind, may be a different type, preferably having 4 to 22 carbon saturated fatty acid carbon. さらに好ましくは、炭素数6乃至18個の飽和脂肪酸である。 More preferably having 6 to 18 carbon saturated fatty acid carbon.

【0089】該「グリセリン脂肪酸エステル」は、例えば、ミグリオール810(MIGLYOL810、カプリル酸/カプリン酸トリグリセリド、脂肪酸組成はカプリル酸が65乃至75%、カプリン酸が25乃至35 [0089] The "glycerol fatty acid esters", for example, Miglyol 810 (Miglyol, caprylic / capric acid triglyceride, fatty acid composition 65 to 75% caprylic acid, capric acid 25 to 35
%)、ミグリオール812(MIGLYOL812、カプリル酸/カプリン酸トリグリセリド、脂肪酸組成はカプリル酸が50乃至65%、カプリン酸が30乃至45 %), Miglyol 812 (Miglyol 812, caprylic / capric acid triglyceride, fatty acid composition is caprylic acid 50 to 65%, capric acid 30 to 45
%)、ミグリオール829(MIGLYOL829、コハク酸ジ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、脂肪酸組成は、カプリル酸が35乃至45%、カプリン酸が20乃至30%、コハク酸が12乃至16%)、ミグリオール840(MIGLYOL840、ジカプリル酸プロピレングリコール、脂肪酸組成はカプリル酸が65乃至80%、カプリン酸が15乃至30%)、ダイナサン110(DYNASAN110、カプリン酸トリグリセリド)、ダイナサン112(DYNASAN112、ラウリン酸トリグリセリド)、ダイナサン114(DYNAS %), Miglyol 829 (MIGLYOL829, succinic acid di (caprylate / caprate), glyceryl fatty acid composition, 35 to 45% caprylic acid, capric acid 20 to 30%, succinic acid 12 to 16%), Miglyol 840 (MIGLYOL840, propylene glycol dicaprylate, fatty acid composition 65 to 80% caprylic acid, capric acid 15 to 30%), Dainasan 110 (DYNASAN110, capric acid triglycerides), Dainasan 112 (DYNASAN112, lauric acid triglyceride), Dainasan 114 (DYNAS
AN114、ミリスチン酸トリグリセリド)、ダイナサン116(DYNASAN116、パルミチン酸トリグリセリド)、ダイナサン118(DYNASAN11 AN114, triglycerides myristic acid), Dainasan 116 (DYNASAN116, palmitic acid triglyceride), Dainasan 118 (DYNASAN11
8、ステアリン酸トリグリセリド)等がヒルス社(HU 8, stearic acid triglyceride) and the like Hirusu Inc. (HU
LS AKTIENGESELLSCHAFT、ドイツ)より、パナセート800、パナセート810、パナセート875等が日本油脂(株)より、また、トリエスターF−810(カプリル酸/カプリン酸トリグリセリド)等が日光ケミカルズ(東京)より販売されている。 LS AKTIENGESELLSCHAFT, than Germany), PANACET 800, PANACET 810, than PANACET 875 or the like Nippon Oil & Fats Co., Ltd., also, Triester F-810 (caprylic acid / capric acid triglyceride), and the like sold by Nikko Chemicals (Tokyo) there.
これらは2種以上を混合して使用してもよい。 These may be used by mixing two or more kinds. また、炭素数14乃至22の飽和脂肪酸(例えば、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ベヘン酸等)のモノ、ジ、トリグリセライド(例えば、1−モノステアリン、1−モノパルミチン)なども用いられる。 Also, saturated fatty acids having a carbon number of 14 to 22 (e.g., myristic acid, palmitic acid, stearic acid, behenic acid, etc.) mono, di-, triglycerides (e.g., 1-monostearate, 1-monopalmitate), etc. are also used.

【0090】ポリグリセリン脂肪酸エステルとしては、 [0090] as a polyglycerol fatty acid ester,
ポリグリセリンと脂肪酸とのエステルである限り、モノエステル、ジエステルおよびポリエステルのいずれでもよい。 Unless an ester of polyglycerol and fatty acid, monoester may be any of diesters and polyesters. ポリグリセリン脂肪酸エステルは、結晶多形性を示さず、しかも薬効成分との相互作用が殆どないという特性を有するため、薬効成分と共存する場合、薬効成分は殆ど失活せず、長期にわたり安定である。 Polyglycerol fatty acid esters show no crystal polymorphism, yet because it has a characteristic that interaction little with medicinal properties, when coexisting with medicinal properties, medicinal properties is hardly inactivated, and stable over time is there. ポリグリセリンは、「1分子中にn個(環状)乃至(n+2)個(直鎖・分枝状)の水酸基と、(n−1)個(直鎖・分枝状)乃至n個(環状)のエーテル結合を有する多価アルコール」〔“ポリグリセリンエステル”阪本薬品工業株式会社編集、発行(1986年5月2日)第12頁〕 Polyglycerols, "n number (cyclic) to in a molecule (n + 2) number and the hydroxyl group of the (linear, branched), (n-1) pieces (straight-branched) to n (where cyclic ) a polyhydric alcohol having an ether bond of "[" polyglycerol ester "Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., Ltd. editing, issue (May 2, 1986) page 12]
であり、直鎖もしくは分枝状のいずれでもよい。 , And the may be either linear or branched. 例えば下記式 For example, the following formula

【化14】 [Of 14] (式中、nは重合度を示し、2以上の整数である)で表される化合物などが使用できる。 (Wherein, n indicates the degree of polymerization, 2 or more integers), such as compounds represented by can be used. nは、通常、2乃至5 n is usually 2 to 5
0、好ましくは2乃至16、さらに好ましくは2乃至1 0, preferably 2 to 16, more preferably 2 to 1
0である。 It is 0. 該ポリグリセリンの具体例としては、例えばジグリセリン、トリグリセリン、テトラグリセリン、ペンタグリセリン、ヘキサグリセリン、ヘプタグリセリン、オクタグリセリン、ノナグリセリン、デカグリセリン、ペンタデカグリセリン、エイコサグリセリン、トリアコンタグリセリンなどが挙げられる。 Specific examples of the polyglycerol, e.g. diglycerol, triglycerol, tetraglycerol, pentaglycerol, hexaglycerol, heptaglycerol, octaglycerol, nonaglycerol, decaglycerol, penta decaglycerol, eicosapentaenoic glycerin, triacontanyl glycerin and the like. これらのポリグリセリンの中で、例えばテトラグリセリン、ヘキサグリセリン、デカグリセリンなどが繁用される。 Among these polyglycerol, e.g. tetraglycerol, hexaglycerol and decaglycerol are frequently used. 脂肪酸としては、例えば炭素数約8乃至約40、好ましくは約12 As the fatty acid, for example, from about 8 to about 40 carbon atoms, preferably about 12
乃至約25、より好ましくは約15乃至約22の飽和または不飽和脂肪酸などが挙げられる。 To about 25, such as more preferably from about 15 to about 22 saturated or unsaturated fatty acids and the like. 該脂肪酸としては、例えばパルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、 Examples of the fatty acids, for example palmitic acid, stearic acid, oleic acid,
リノール酸、リノレン酸、ミリスチン酸、ラウリン酸、 Linoleic acid, linolenic acid, myristic acid, lauric acid,
リシノール酸、カプリル酸、カプリン酸、ベヘン酸などが挙げられる。 Ricinoleic acid, caprylic acid, capric acid, behenic acid. これらの脂肪酸の中で、例えばステアリン酸、オレイン酸、ラウリン酸、リノール酸、リシノール酸、ベヘン酸などが好ましい。 Among these fatty acids, such as stearic acid, oleic acid, lauric acid, linoleic acid, ricinoleic acid, behenic acid are preferred.

【0091】ポリグリセリン脂肪酸エステルの具体例としては、例えばベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド、 [0091] Specific examples of the polyglycerol fatty acid esters, for example behenate hexa (tetra) glyceride,
カプリル酸モノ(デカ)グリセリド、カプリル酸ジ(トリ)グリセリド、カプリン酸ジ(トリ)グリセリド、ラウリン酸モノ(テトラ)グリセリド、ラウリン酸モノ(ヘキサ)グリセリド、ラウリン酸モノ(デカ)グリセリド、オレイン酸モノ(テトラ)グリセリド、オレイン酸モノ(ヘキサ)グリセリド、オレイン酸モノ(デカ) Caprylic acid mono (deca) glyceride, caprylic acid di (tri) glyceride, capric acid di (tri) glyceride, lauric acid mono (tetra) glyceride, lauric acid mono (hexa) glyceride, lauric acid mono (deca) glyceride, oleic acid mono (tetra) glyceride, monooleate (hexa) glyceride, monooleate (deca)
グリセリド、オレイン酸ジ(トリ)グリセリド、オレイン酸ジ(テトラ)グリセリド、オレイン酸セスキ(デカ)グリセリド、オレイン酸ペンタ(テトラ)グリセリド、オレイン酸ペンタ(ヘキサ)グリセリド、オレイン酸デカ(デカ)グリセリド、リノール酸モノ(ヘプタ) Glycerides, oleic acid di (tri) glyceride, oleic acid di (tetra) glyceride, sesquioleate (deca) glyceride, oleic acid penta (tetra) glyceride, oleic acid penta (hexa) glyceride, oleic acid deca (deca) glyceride, linoleic acid mono (hepta)
グリセリド、リノール酸ジ(トリ)グリセリド、リノール酸ジ(テトラ)グリセリド、リノール酸ジ(ヘキサ) Glycerides, linoleic acid di (tri) glyceride, linoleic acid di (tetra) glyceride, linoleic acid di (hexa)
グリセリド、ステアリン酸モノ(ジ)グリセリド、ステアリン酸モノ(テトラ)グリセリド、ステアリン酸モノ(ヘキサ)グリセリド、ステアリン酸モノ(デカ)グリセリド、ステアリン酸トリ(テトラ)グリセリド、ステアリン酸トリ(ヘキサ)グリセリド、ステアリン酸セスキ(ヘキサ)グリセリド、ステアリン酸ペンタ(テトラ)グリセリド、ステアリン酸ペンタ(ヘキサ)グリセリド、ステアリン酸デカ(デカ)グリセリド、パルミチン酸モノ(テトラ)グリセリド、パルミチン酸モノ(ヘキサ)グリセリド、パルミチン酸モノ(デカ)グリセリド、パルミチン酸トリ(テトラ)グリセリド、パルミチン酸トリ(ヘキサ)グリセリド、パルミチン酸セスキ(ヘキサ)グリセリド、パルミチン酸ペンタ(テトラ) Glycerides, mono stearate (di) glyceride, mono stearate (tetra) glyceride, mono stearate (hexa) glyceride, mono stearate (deca) glyceride, tri stearate (tetra) glyceride, tri stearate (hexa) glyceride, sesqui stearate (hexa) glyceride, stearate penta (tetra) glyceride, stearate penta (hexa) glyceride, stearate deca (deca) glyceride, palmitic acid mono (tetra) glyceride, palmitic acid mono (hexa) glyceride, palmitic acid mono (deca) glyceride, tri palmitate (tetra) glyceride, tri palmitate (hexa) glyceride, palmitic acid sesqui (hexa) glyceride, palmitic acid penta (tetra)
グリセリド、パルミチン酸ペンタ(ヘキサ)グリセリド、パルミチン酸デカ(デカ)グリセリド、ポリグリセリン縮合リシノレイン酸エステル(ポリグリセリンポリリシノレート)などが挙げられる。 Glycerides, palmitic acid penta (hexa) glyceride, palmitic acid deca (deca) glyceride, polyglycerol condensed ricinoleic acid ester (polyglycerol polyricinoleate), and the like. 好ましいポリグリセリン脂肪酸エステルとしては、例えばベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(例えば、理研ビタミン(株)製、 Preferred polyglycerol fatty acid esters, for example behenate hexa (tetra) glyceride (e.g., manufactured by Riken Vitamin Co., Ltd.,
商品名 ポエムJ−46B,または阪本薬品工業(株) Product Name Poem J-46B or Sakamoto Yakuhin Kogyo, Co., Ltd.
製、商品名 HB−310など)、ステアリン酸ペンタ(テトラ)グリセリド(例えば、阪本薬品工業(株)製、 Manufacturing, such as product name HB-310), penta stearic acid (tetra) glyceride (for example, Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., Ltd.,
商品名 PS−310など)、ステアリン酸モノ(テトラ)グリセリド(例えば、阪本薬品工業(株)製、商品名 MS−310など)、ステアリン酸ペンタ(ヘキサ) Tradename, such as PS-310), monostearate (tetra) glyceride (e.g., Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., Ltd., and product name MS-310), penta stearate (hexa)
グリセリド(例えば、阪本薬品工業(株)製、商品名 P Glycerides (for example, Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., Ltd. under the trade name P
S−500など)、ステアリン酸セスキ(ヘキサ)グリセリド(例えば、阪本薬品工業(株)製、商品名 SS− Such as S-500), sesquicarbonate stearic acid (hexa) glyceride (for example, Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., Ltd. under the trade name SS-
500など)、ステアリン酸デカ(デカ)グリセリド(例えば、阪本薬品工業(株)製、商品名 DAS−7 500, etc.), Deca stearic acid (deca) glyceride (for example, Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., Ltd. under the trade name DAS-7
50)、ステアリン酸モノ(ヘキサ)グリセリド(例えば、阪本薬品工業(株)、商品名 PO−500)、オレイン酸ペンタ(テトラ)グリセリド(例えば、阪本薬品工業(株)、商品名 PO−310)、オレイン酸デカ(デカ)グリセリド(例えば、阪本薬品工業(株)、 50), monostearate (hexa) glyceride (e.g., Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name PO-500), penta oleate (tetra) glyceride (e.g., Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name PO-310) , deca oleic acid (deca) glyceride (for example, Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., Ltd.,
商品名 DAO−750)、ステアリン酸モノ(デカ) Product Name DAO-750), mono stearate (deca)
グリセリド、ポリグリセリン縮合リシノレイン酸エステル(ポリグリセリンポリリシノレート(例えば、テトラグリセリンポリリシノレート(例えば阪本薬品工業(株) Glycerides, polyglycerol condensed ricinoleic acid ester (polyglycerol polyricinoleate (e.g., tetraglycerol polyricinolate (e.g. Sakamoto Yakuhin Kogyo Co.,
製、商品名CRS−75等)等))またはそれらの混合物などが挙げられる。 Ltd., and the like tradename CRS-75, etc.), etc.)) or mixtures thereof. 上記したポリグリセリン脂肪酸エステルは、1種または2種以上、好ましくは2種乃至3 Polyglycerol fatty acid esters described above, one or more, preferably two or three
種のの混合物として用いられる。 Used as a mixture of species.

【0092】ポリグリセリン脂肪酸エステルの分子量は、通常約200乃至約5000、好ましくは約300 [0092] The molecular weight of the polyglycerol fatty acid ester is generally about 200 to about 5000, preferably about 300
乃至約3000、さらに好ましくは約2000乃至約3 To about 3000, more preferably from about 2000 to about 3
000である。 Is 000. ポリグリセリン脂肪酸エステルのHLB HLB of the polyglycerol fatty acid ester
(Hydrophile-lipophile balance; 親水性親油性バランス)は、通常1乃至22、好ましくは1乃至15、さらに好ましくは1乃至9、とりわけ好ましくは1乃至4程度である。 (Hydrophile-lipophile balance; hydrophilic-lipophilic balance) is usually 1 to 22, preferably 1 to 15, more preferably 1 to 9, especially preferably about 1 to 4. HLBの異なる二種以上のポリグリセリン脂肪酸エステルを適宜混合して目的とするHLBを調整してもよい。 It may adjust the HLB of interest by suitably mixing two or more polyglycerol fatty acid esters having different HLB. ポリグリセリン脂肪酸エステルのHLBを調整すると、薬効成分の放出性および溶出性をコントロールできる。 Adjusting the HLB of the polyglycerol fatty acid ester, it can control release and elution of the medicinal ingredients. ポリグリセリン脂肪酸エステルは、薬効成分、医薬組成物の形態に応じて適宜選択することができるが、グリセリンの重合度が2乃至16である種々のグリセリン重合体のものが好ましく、特に2乃至10のものが好ましい。 Polyglycerol fatty acid esters, medicinal ingredients, can be appropriately selected depending on the form of a pharmaceutical composition are preferably those of the various glycerin polymers degree of polymerization of glycerin is 2 to 16, especially 2 to 10 It is preferred. また、その(重合度+2)個の水酸基の少なくとも1つ、好ましくは約60%以上、好ましくは約80%以上に脂肪酸がエステル結合したものである。 Further, at least one of the (degree of polymerization +2) number of hydroxyl groups, preferably about 60% or more, preferably one fatty acid above about 80% is ester bonded. 該脂肪酸は飽和型が好ましい。 The fatty acid is preferably saturated. 炭素数6乃至22個、さらに好ましくは8乃至18個の飽和脂肪酸である。 Having 6 to 22 carbon atoms, more preferably from 8 to 18 carbon saturated fatty acids. エステル化結合する脂肪酸は同じ種類のものでも、異なる種類のものでもよい。 Fatty acid binding esterified even of the same type, it may be of different types. また、消化管粘膜付着性を付与する場合には、ポリグリセリン脂肪酸エステルは、用いる粘性物質の種類などによっても変更されるが、好ましくは、 Further, in the case of imparting gastrointestinal mucoadhesive is polyglycerin fatty acid ester, and is altered by the kind of the viscous substance used, preferably,
常温(約15℃)で固型のものが使用される。 Those solid at room temperature (about 15 ° C.) is used. ポリグリセリン脂肪酸エステルの融点は、例えば約15乃至約8 Melting point of the polyglycerol fatty acid esters, for example, from about 15 to about 8
0℃、好ましくは約30乃至約75℃、さらに好ましくは約45乃至約75℃程度である。 0 ° C., preferably about 30 to about 75 ° C., more preferably from about 45 to about 75 ° C.. 2種以上のポリグリセリン脂肪酸エステルを混合物として用いて消化管粘膜付着性医薬組成物を製造することができ、消化管粘膜付着性マトリックスを製造する場合、該マトッリクスが常温で固型である限り、液状のポリグリセリン脂肪酸エステルと併用してもよい。 Two or more polyglycerol fatty acid esters gastrointestinal mucosa-adherent pharmaceutical composition can be prepared by using a mixture, to produce a gastrointestinal mucosa-adherent matrix, as long as the Matorrikusu is solid at ordinary temperature, a polyglycerol fatty acid ester in liquid form may be used in combination.

【0093】該「ポリグリセリン脂肪酸エステル」は、 [0093] The "polyglycerol fatty acid ester"
例えば、前記PS−310、MS−310、HB−31 For example, the PS-310, MS-310, HB-31
0、PO−310、PO−500、DAO−750、D 0, PO-310, PO-500, DAO-750, D
AS−750、CRS−75等が阪本薬品工業(大阪) AS-750, CRS-75, etc. Sakamoto Yakuhin Kogyo (Osaka)
から、ポエムJ46B等が理研ビタミン(東京)から、 From, Poem J46B, etc. from Riken Vitamin Co. (Tokyo),
Tetraglyn5−S(テトラグリセリンペンタステアレート)、Decaglyn10−S(デカグリセリンデカステアレート)等が日光ケミカルズ(東京)から販売されている。 Tetraglyn5-S (tetra glycerol penta stearate), Decaglyn10-S (decaglycerol deca stearate) and the like are available from Nikko Chemicals (Tokyo). これらは単独または2種以上を混合して使用してもよい。 These may be used alone or in combination. また、グリセリン脂肪酸エステル等の他の油性基剤との併用も可能である。 Further, it is also possible in combination with other oleaginous bases such as glycerin fatty acid ester. 該「油脂類」としては、例えばダイズ油、オリーブ油、ナタネ油、ハッカ油、ゴマ油、ヒマシ油、ツバキ油、小麦胚芽油、ウイキョウ油、 As the "oils and fats", such as soybean oil, olive oil, rapeseed oil, peppermint oil, sesame oil, castor oil, camellia oil, wheat germ oil, fennel oil,
トウモロコシ油、ヒマワリ油、綿実油、ヤシ油、ラッカセイ油等およびこれらの硬化油、牛脂、豚脂等が挙げられる。 Corn oil, sunflower oil, cottonseed oil, coconut oil, peanut oil and the like and these hydrogenated oils, beef tallow, lard, and the like. なかでも、硬化綿実油、硬化ヒマシ油(例えば、 Among them, hydrogenated cottonseed oil, hydrogenated castor oil (e.g.,
ラブリーワックス(フロイント産業(株))など)、硬化大豆油などが好ましく用いられる。 Lovely, waxes (Freund Corporation)), is preferably used, such as hydrogenated soybean oil.

【0094】該「ロウ類」としては、例えばカルナウバロウ、鯨ロウ、ミツロウ、白ロウ等が挙げられる。 [0094] As the "wax" is, for example, carnauba wax, whale wax, beeswax, white wax, and the like. 該「高級飽和脂肪酸類」としては、例えばカプリル酸、カプリン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ベヘン酸等上記に例示した脂肪酸類のうちの炭素数8個乃至22個の脂肪酸またはその塩などが挙げられる。 Examples of the "higher saturated fatty acids", for example, include caprylic acid, capric acid, palmitic acid, stearic acid, and the number 8 to 22 amino acids or a salt thereof carbons of the fatty acids and the like exemplified above behenic acid It is. 該「高級アルコール類」としては、例えばセチルアルコール、ステアリルアルコール等の炭素数10個乃至20個のアルコール類が挙げられる。 As the "higher alcohols", for example, cetyl alcohol, tens to twenty alcohols carbon atoms such as stearyl alcohol. 該「ホスホリピッド」としては、例えば水添レシチン等が挙げられる。 Examples of the "phospholipid", for example, hydrogenated lecithin, and the like. 該「ステロールまたはそのエステル」としては、例えばコレステロール、α− As the "sterol or ester thereof", for example cholesterol, alpha-
コレスタン、β−コレスタノール、エピコプロスタノール、デモステロール、フコステロール、ラノステロール、エルゴステロール、β−シトステロール、脂肪酸炭素鎖長が炭素数2個乃至24個の飽和脂肪酸コレステロールエステル、脂肪酸炭素鎖長が炭素数14個乃至24 Cholestane, beta-cholestanol, epi coprostanol, Demosuteroru, fucosterol, lanosterol, ergosterol, beta-sitosterol, fatty acid carbon chain length saturated fatty cholesterol ester 2 to 24 carbon atoms, fatty acid carbon chain length of carbon number 14 to 24
個(二重結合数1乃至6)の不飽和脂肪酸コレステロールエステル等が挙げられる。 Pieces unsaturated fatty cholesterol ester of (double bond having 1 to 6) and the like. 該「炭化水素類」としては、例えばパラフィン、マイクロクリスタリンワックス等が挙げられる。 As the "hydrocarbons", for example, paraffin, microcrystalline wax, and the like. 上記油性基剤は、適宜単独あるいは2 The oily bases, optionally singly or two
種以上を組み合わせて使用することができる。 It can be used in combination or species. 本発明で用いる油性基剤としては、活性成分の安定性あるいは経口投与医薬組成物における吸収性等の観点から、上記したグリセリンないしポリグリセリンの脂肪酸エステル、 As the oily substrate used in the present invention, from the viewpoint of absorption and the like in the stability or oral administration the pharmaceutical compositions of the active ingredient, a fatty acid ester of glycerin or polyglycerin above,
ロウ類等が汎用される。 Waxes and the like are general purpose.

【0095】本発明の医薬組成物は、活性成分を製剤学的に安定化させた経口用医薬組成物である。 [0095] The pharmaceutical compositions of the present invention is an oral pharmaceutical composition is pharmaceutically stabilize the active ingredient. 該「医薬組成物」は液体形態であっても固体形態であってもよい。 The "pharmaceutical composition" may be a solid form and a liquid form.
該「医薬組成物」は、自体公知の手段により製造することができる。 The "pharmaceutical composition" can be prepared by means known per se. 例えば以下の手段が挙げられる。 For example, the following means. 室温(5 Room temperature (5
乃至30℃)で液体の油性基剤を用いる場合には、例えば、これに活性成分を加え、撹拌等の方法により分散させ、組成物とすることができる。 Or in the case of using the oil base liquid at 30 ° C.), for example, to which the active ingredient is added and dispersed by methods such as stirring, it can be a composition. 室温(5乃至30℃) At room temperature (5 to 30 ° C.)
で固体の油性基剤を用いる場合、例えば、これを溶融ないし液体状にした後、活性成分を分散させ、固化することができる。 In the case of using a solid oily base, for example, after it in molten or liquid form, it is dispersed the active ingredient can be solidified. 自体公知の手段により、例えば、油性基剤を融点付近以上に加温し、液化させた状態で活性成分を溶解または分散させた後、冷却して固化させることができる。 By a per se known means, for example, it can be an oily base is warmed to above the vicinity of the melting point, after the active ingredient is dissolved or dispersed in a state of being liquefied and solidified by cooling. 固化する際、必要に応じ、粒子またはペレット状に成形してもよい。 When solidified, optionally, it may be formed into particles or pellets. 成形方法は自体公知の手段が用いられる。 Molding method is known means used. 例えば粒子とする場合、好ましくは、その粒径が約0.1乃至約1000μmの球状の微粒子とすることができる。 For example, when the particles can be preferably a particle size of fine particles of spherical about 0.1 to about 1000 .mu.m. 成形方法としては、自体公知の手段が採用される。 As the molding method, known means are adopted. 例えば上記の活性成分が溶解ないし分散しているものを、スプレードライ法あるいは微小油滴を作り急速に冷却し固化させるスプレーチリング法などが用いられる。 Such as those in which the active ingredient is dissolved or dispersed, such as a spray chilling method to rapidly cooled and solidified to make a spray dry method or fine oil droplets is used.

【0096】組成物中の油性基剤の使用量は、例えば、 [0096] The amount of the oil base in the composition, for example,
組成物中約5乃至約98重量%、好ましくは約20乃至約95重量%、より好ましくは約40乃至約95重量% About 5 to about 98 wt% in the composition, preferably from about 20 to about 95 wt%, more preferably from about 40 to about 95 wt%
である。 It is. また、例えば重量換算で、組成物中の薬物に対して約0.01乃至約15000倍、好ましくは約0.1 Further, for example, in terms of weight, from about 0.01 to about 15000 times the drug in the composition, preferably from about 0.1
乃至約1000倍であり、より好ましくは約0.1乃至約100倍である。 To about 1000-fold, more preferably from about 0.1 to about 100 times. しかしながら、活性成分が油性基剤に完全に覆われている限り、特にこの範囲に限定されるものではない。 However, as long as the active ingredient is completely covered in the oleaginous base, there is no particular limitation to this range. 組成物中の活性成分の濃度、含量は、該組成物の物理化学的性質に応じて適宜選択できる。 The concentration of the active ingredient in the composition, the content can be appropriately selected depending on the physicochemical properties of the composition. 組成物が液体である場合、その濃度は約0.01乃至約20 When the composition is a liquid, the concentration is from about 0.01 to about 20
0%(w/v)、好ましくは約0.1乃至約100% 0% (w / v), preferably from about 0.1 to about 100%
(w/v)である。 It is a (w / v). また、組成物が固体の場合は、その含量は約0.01%乃至約95%(w/w)であり、好ましくは約0.1%乃至約50%(w/w)さらに好ましくは、約5乃至約50%である。 Also, if the composition is a solid, its content is about 0.01% to about 95% (w / w), more preferably preferably from about 0.1% to about 50% (w / w), about 5 to about 50%. これに加えて、必要であれば、さらに例えば保存剤(例えば、ベンジルアルコール、エチルアルコール、塩化ベンザルコニウム、フェノール、クロロブタノールなど)、抗酸化剤(例えば、ブチルヒドロキシアニソール、没食子酸プロピル、 In addition, if desired, further such as preservatives (e.g., benzyl alcohol, ethyl alcohol, benzalkonium chloride, phenol, chlorobutanol, etc.), antioxidants (e.g., butylhydroxyanisole, propyl gallate,
アスコルビン酸パルミテート、α−トコフェロールなど)、増粘剤(例えば、レシチン、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸アルミニウムなど)などを使用してもよい。 Ascorbyl palmitate, alpha-tocopherol, and the like), a thickener (e.g., lecithin, hydroxypropylcellulose, aluminum stearate) and the like may be used.

【0097】本発明の医薬組成物をウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤に製する場合、該組成物は、 [0097] When the pharmaceutical composition of the present invention Seisuru urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation, the composition,
消化管内の任意の特定部位に付着する、消化管内での滞留時間が長い、および(または)吸収部位における薬効成分の吸収を促進させる消化管粘膜付着性を有するものであれば、いかなるものでもよい。 Adhere to any specific site in the gastrointestinal tract, the long residence time in the gastrointestinal tract, and (or) as long as it has a gastrointestinal mucosa-adherent to facilitate absorption of the medicinal ingredients in the absorption site may be any . このような製剤としてはマトリックスが好ましく、マトリックスとしてはポリグリセリン脂肪酸エステルを含有するマトリックス、 Preferably the matrix as such formulations, the matrix containing a polyglycerol fatty acid ester as a matrix,
例えば、上記したようなポリグリセリン脂肪酸エステルおよび粘性物質を配合してなる消化管粘膜付着性マトリックス等が好ましく用いられる。 For example, the gastrointestinal mucosa-adherent matrix or the like to be blended with polyglycerol fatty acid ester and viscous materials as described above is preferably used. このほかに下記するような脂質および粘性物質を配合してなる消化管粘膜付着性マトリックス等も用いられる。 Gastrointestinal mucosa-adherent matrix or the like to be blended with lipid and a viscous material such as described below in this addition is also used. さらに好ましくは、ポリグリセリン脂肪酸エステル、脂質および粘性物質を配合してなる消化管粘膜付着性マトリックスが用いられる。 More preferably, polyglycerol fatty acid esters, gastrointestinal mucosa-adherent matrix obtained by mixing a lipid and a viscous material is used. 消化管粘膜付着性マトリックスとしては、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質を含むマトリックスの中に粘性物質が分散しているもの、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質を含むマトリックスが粘性物質を含有するコーティング剤で被覆されているものなどが好ましい。 The gastrointestinal mucosa-adherent matrix, those gum in a matrix comprising a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid is dispersed, the matrix comprising a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid contains a viscous material coating such as those covered by the agent. 該消化管粘膜付着性マトリックスの融点は、例えば、約30乃至約120℃、好ましくは約40乃至約120℃である。 The melting point of the digestion tract mucosa-adherent matrix may for example, from about 30 to about 120 ° C., preferably about 40 to about 120 ° C..

【0098】脂質としては、前記油性基剤のうち、融点約40乃至約120℃、好ましくは約40乃至約95℃ [0098] As the lipid, among the oil base, melting point of about 40 to about 120 ° C., preferably about 40 to about 95 ° C.
のものが用いられる。 It is used ones. 該脂質としては、例えば、炭素数14乃至22の飽和脂肪酸(例えば、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ベヘン酸など)またはその塩(例えば、ナトリウム塩、カリウム塩);炭素数16 The lipid, for example, a saturated fatty acid having 14 carbon atoms to 22 (e.g., myristic acid, palmitic acid, stearic acid, behenic acid) or a salt thereof (e.g., sodium salt, potassium salt); carbon 16
乃至22の高級アルコール(例えば、セチルアルコール、ステアリルアルコールなど);上記脂肪酸とのモノグリセリド、ジグリセリド、トリグリセリドである脂肪酸グリセリンエステル(例えば、1−モノステアリン、 Or higher alcohol 22 (e.g., cetyl alcohol, stearyl alcohol); monoglycerides with the fatty acid, diglyceride, fatty acid glycerol ester is a triglyceride (e.g., 1-monostearate,
1−モノパルミチンなど);油脂類(例えば、ヒマシ油、綿実油、大豆油、菜種油、牛脂など、およびこれらの硬化油);ロウ類(例えば、蜜ロウ、カルナウバロウ、鯨ロウなど);炭化水素類(例えば、パラフィン、 1-monopalmitate, etc.); oils (e.g., castor oil, cottonseed oil, soybean oil, rapeseed oil, beef tallow, etc., and these hydrogenated oils); waxes (e.g., beeswax, carnauba wax, spermaceti, etc.); hydrocarbons (for example, paraffin,
マイクロクリスタリンワックスなど);ホスホリピッド(例えば、水添レシチンなど)等が挙げられる。 Microcrystalline wax, etc.); phospholipids (e.g., hydrogenated lecithin etc.) and the like. これらの脂質の中で、例えば油脂類、ロウ類、炭素数14乃至22の飽和脂肪酸、炭素数16乃至22の高級アルコール、炭化水素類等が好ましく、さらに、硬化綿実油、硬化ヒマシ油、硬化大豆油、カルナウバロウ、ステアリン酸、ステアリルアルコール、マイクロクリスタリンワックス等が好ましく例示できる。 Among these lipids, for example fats and oils, waxes, saturated fatty acids of carbon number 14 to 22, higher alcohols having 16 to 22 carbon atoms, hydrocarbons and the like are preferable, further, hydrogenated cottonseed oil, hydrogenated castor oil, hydrogenated Univ oil, carnauba wax, stearic acid, stearyl alcohol, microcrystalline wax and the like can be preferably exemplified.

【0099】粘性物質は、水により粘性が発現し消化管粘膜に対して付着性を示すと共に、製剤的に許容される物質であれば特に制限されない。 [0099] viscous material with viscous express showing the adhesion to the gastrointestinal mucosa with water is not particularly limited as long as it is a pharmaceutically acceptable substance. この中で、水により膨潤し著しく増粘する物質が特に好ましい。 Among these, substances that markedly thickened swollen with water is particularly preferred. 粘性物質としては、例えば、ポリマー、天然粘性物質などが挙げられる。 The viscous material, for example, polymers, and natural viscous substances. 該ポリマーとしては、20℃における該ポリマーの2%水溶液の粘度が、約3乃至約50000cps、好ましくは約10乃至約30000cps、さらに好ましくは約15乃至約30000cps を示すものが好適である。 As the polymer, 2% viscosity of an aqueous solution of the polymer at 20 ° C., from about 3 to about 50000 cps, preferably from about 10 to about 30000 cps, more preferably is suitable that represents about 15 to about 30000 cps.
但し、中和により増粘するポリマーの場合には、20℃ However, in the case of a polymer thickened by neutralization, 20 ° C.
における0.2%中和液の粘度は、約100乃至約50 The viscosity of a 0.2% neutralized solution in about 100 to about 50
0000cps、好ましくは約100乃至約200000c 0000Cps, preferably from about 100 to about 200000c
ps、さらに好ましくは約1500乃至約100000cp ps, more preferably from about 1500 to about 100000cp
s を示すポリマーが望ましい。 Polymer that shows the s is desirable. 粘性物質の粘度は、ブルックフィールド型回転粘度計(Brookfield viscomete The viscosity of the viscous substance, Brookfield type rotational viscometer (Brookfield viscomete
r)をもちいて20℃で測定するものとする。 By using the r) shall be measured at 20 ℃.

【0100】上記ポリマーとしては、好ましくは酸性ポリマーがあげられ、その例としてはカルボキシル基、スルホ基またはこれらの塩を有するポリマーが挙げられる。 [0100] As the polymer is preferably raised acidic polymers, examples of which include polymers having a carboxyl group, a sulfo group or a salt thereof. 特に好ましくはカルボキシル基またはその塩を有するポリマーである。 Particularly preferred is a polymer having a carboxyl group or a salt thereof. カルボキシル基またはその塩を有するポリマーとしては、例えば、アクリル酸を構成モノマーとするアクリル酸系重合体(共重合体も含む)とその塩が挙げられる。 Examples of the carboxyl group or a polymer having a salt thereof, for example, acrylic acid-based polymer as a constituent monomer of acrylic acid (including copolymer) and salts thereof. 該塩としては、ナトリウム、カリウム塩などの一価の金属塩、マグネシウム塩、カルシウム塩などの二価の金属塩、アンモニウム塩などが挙げられる。 Examples of the base include sodium, monovalent metal salts such as potassium salts, magnesium salts, divalent metal salts such as calcium salts, and ammonium salts. アクリル酸系重合体またはその塩としては、カルボキシル基約58乃至約63重量%を含み、分子量20万乃至600万、好ましくは100万乃至500万のポリマーが挙げられる。 The acrylic acid-based polymer or a salt thereof, comprises from about 58 to about 63 wt% carboxyl groups, a molecular weight of 200,000 to 6 million, and preferably 1,000,000 to 5,000,000 polymers. 好ましいアクリル酸系重合体またはその塩には、アクリル酸単独重合体とその塩も含まれる。 Preferred acrylic acid polymers or salts thereof, include a its salt of acrylic acid homopolymer. このようなポリマーは、日本薬局方外医薬品成分規格(1986年10月)にカルボキシビニルポリマーとして記載されている。 Such polymers, the Japanese Standards of Pharmaceutical Ingredients (October 1986) are listed carboxyvinyl polymer. 前記ポリマーの具体例としては、 Specific examples of the polymer,
例えば、カーボマー〔商品名:カーボポール(以下、カーボポールと称する)ザ ビー エフ グッドリッチ社(T For example, Carbomer [trade name: Carbopol (hereinafter referred to as Carbopol) The B F Goodrich (T
he BF Goodrich Company)〕940,934,934 he BF Goodrich Company)] 940,934,934
P,940,941,974P,1342,971P P, 940,941,974P, 1342,971P
(NF XVII)EX214など、ハイビスワコー10 Such as (NF XVII) EX214, HIVISWAKO 10
3、104、105、204(和光純薬工業株式会社)、NOVEON AA1〔ザ ビーエフ グッドリッチ社(The BF Goodrich Company)の商品名〕、カルシウムポリカーボフィル(USPXXII)などが挙げられる。 3,104,105,204 (Wako Pure Chemical Industries, Ltd.), [trade name of The BF Goodrich Company (The BF Goodrich Company)] NOVEON AA1, and the like calcium polycarbophil (USPXXII). 天然粘性物質としては、例えば、ムチン、カンテン、ゼラチン、ペクチン、カラギーナン、アルギン酸ナトリウム、ローカストビンガム、キサンタンガム、トラガントガム、アラビアゴム、キトサン、プルラン、カードラン、ワキシ−スターチ、スクラルフェート、セルロースおよびその誘導体(例、セルローススルフェート等)などが挙げられる。 Natural viscous substances, for example, mucin, agar, gelatin, pectin, carrageenan, sodium alginate, locust bean gum, xanthan gum, tragacanth gum, gum arabic, chitosan, pullulan, curdlan, waxy - starch, sucralfate, cellulose and its derivatives ( examples, cellulose sulfate, etc.) and the like.

【0101】本発明で用いられる粘性物質としては、アクリル酸系重合体またはその塩が好ましい。 [0102] as a viscous substance used in the present invention include acrylic acid polymers or salts thereof are preferred. これらの粘性物質は単独であるいはこれらの二種以上を併用してよい。 These viscous materials alone or may be used in combination two or more of these. 粘性物質の使用量は、消化管粘膜付着性医薬組成物中、例えば約0.005乃至約99重量%、好ましくは、約0.5乃至約45重量%、さらに好ましくは約1 The amount of the viscous material, the gastrointestinal mucosa-adherent pharmaceutical composition, for example from about 0.005 to about 99 wt%, preferably from about 0.5 to about 45 wt%, more preferably about 1
乃至約30重量%、なかでも約1乃至約25重量%、とりわけ好ましくは約1乃至約20重量%である。 To about 30 wt%, inter alia about 1 to about 25 wt%, especially preferably about 1 to about 20 wt%. 例えば、ポリグリセリン脂肪酸エステルまたは脂質を含む成形物中に粘性物質が分散している場合、粘性物質は全重量の約0.005乃至約95重量%、好ましくは約0.5 For example, if the viscous substance in a molded product comprising a polyglycerol fatty acid ester or lipid is dispersed, viscous material is from about 0.005 to about 95% by weight of the total weight, preferably about 0.5
乃至約30重量%、さらに好ましくは約1乃至約25重量%、とりわけ好ましくは約1乃至約20重量%であり、粘性物質が被覆層に分散している場合、全重量の約0.005乃至約95重量%、好ましくは約0.5乃至約30重量%、なかでも約1乃至約25重量%、さらに好ましくは約1乃至約20重量%である。 To about 30 wt%, more preferably from about 1 to about 25 wt%, especially and preferably from about 1 to about 20 wt%, if the viscous substance is dispersed in the coating layer, from about 0.005 to total weight about 95 wt%, preferably about 0.5 to about 30 wt%, inter alia about 1 to about 25 wt%, more preferably from about 1 to about 20 wt%. 消化管粘膜付着性マトリックスとして、例えば、ポリグリセリン脂肪酸エステルに粘性物質を配合してなる消化管粘膜付着性マトリックス、または脂質に粘性物質を配合してなる消化管粘膜付着性マトリックスなどが用いられる場合、ポリグリセリン脂肪酸エステルまたは脂質の使用量は、例えば、組成物中約5乃至約98重量%、好ましくは約2 As gastrointestinal mucosa-adherent matrix, for example, if the gastrointestinal mucosa-adherent matrix by blending the viscous material polyglycerol fatty acid ester or the like gastrointestinal mucosa-adherent matrix obtained by blending the viscous material to lipid is used , the amount of the polyglycerol fatty acid ester or lipid, for example, from about 5 to about 98 wt% in the composition, preferably about 2
0乃至約95重量%、より好ましくは約40乃至約95 0 to about 95 wt%, more preferably from about 40 to about 95
重量%である。 In weight percent. また、例えば重量換算で、組成物中の薬物に対して約0.01乃至約15000倍、好ましくは約0.1乃至約1000倍であり、より好ましくは約0.1乃至約100倍である。 Further, for example, in terms of weight, from about 0.01 to about 15000 times the drug in the composition, preferably about 0.1 to about 1000-fold, more preferably from about 0.1 to about 100 times . さらに、前記ポリグリセリン脂肪酸エステルを含むマトリックスに、脂質を含有させてもよい。 Furthermore, the matrix comprising the polyglycerol fatty acid ester may contain a lipid. 脂質としては、製剤上許容しうる水不溶性物質であり、かつ薬効成分の溶出速度を調整する作用を有するものが用いられ、例えば、前記した脂質が挙げられる。 Lipids are water-insoluble substances acceptable on formulation and what is used having an effect of adjusting the dissolution rate of the medicinally active ingredient, for example, lipids can be mentioned. 脂質とポリグリセリン脂肪酸エステルとを併用する場合、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび脂質の総使用量は、例えば、組成物中約5乃至約98重量%、 When used in combination with lipid and polyglycerin fatty acid ester, the total amount of the polyglycerol fatty acid ester and lipid, for example, from about 5 to about 98 wt% in the composition,
好ましくは約20乃至約95重量%、より好ましくは約40乃至約95重量%である。 Preferably from about 20 to about 95 wt%, more preferably from about 40 to about 95 wt%. また、例えば重量換算で、組成物中の薬物に対して約0.01乃至約1500 Further, for example, in terms of weight, from about 0.01 to about to the drug in the composition 1500
0倍、好ましくは約0.1乃至約1000倍であり、より好ましくは約0.1乃至約100倍である。 0 times, preferably from about 0.1 to about 1000-fold, more preferably from about 0.1 to about 100 times. また、脂質の使用量は、消化管粘膜への付着性が損われない範囲であればよく、例えば、重量換算で、薬効成分に対して約0.01乃至約15000倍、好ましくは約0.1乃至約1000倍、より好ましくは約0.1乃至約100 The amount of lipid may be in the range of adhesion to the gastrointestinal mucosa is not impaired, for example, in terms of weight, from about 0.01 to about 15000 times the medicinal ingredient, preferably about 0. 1 to about 1000-fold, more preferably from about 0.1 to about 100
倍である。 It is twice. 液体状または固体状の本発明の医薬組成物は、そのままあるいはこれを原料として常法に従い調製した製剤として自体公知の方法にしたがって経口投与できる。 Liquid or solid pharmaceutical composition of the present invention can be administered orally according to a method known per se as such or it as formulations prepared according to a conventional method as starting materials. 液体状の場合は、例えばカテーテルや経口投与用ゾンデを用いて消化管に直接投与でき、あるいは硬カプセルや軟カプセルなどに充填した剤型等とすることにより通常の方法で経口投与できる。 For liquid form, for example orally in the usual manner by digestion it can be administered directly to pipe, or a hard capsule or soft capsule, etc. filled dosage form to the like using a catheter or oral sonde. 固体状の場合は、粉末状の剤型あるいはカプセルに充填した剤型または錠剤等として通常の方法で経口投与できる。 If solid, a powder dosage form or filled dosage form or tablet or the like into capsules can be administered orally in a conventional manner.

【0102】本発明の医薬組成物を含有する製剤は、基本的には公知の方法に準じて製造することができる。 [0102] Formulations containing the pharmaceutical composition of the present invention basically can be produced according to known methods. また、例えば経口投与用医薬製剤の製造において、主薬の放出制御や製剤化のために、経口投与用医薬製剤の製造に慣用的に用いられる添加剤を添加してもよい。 Further, for example, in the manufacture of pharmaceutical preparations for oral administration, for release control and the formulation of the agent, the conventionally used additives in the manufacture of pharmaceutical preparations for oral administration may be added. 該「添加剤」としては、例えば賦形剤(例えば、乳糖、コーンスターチ、タルク、結晶セルロース、粉糖、ステアリン酸マグネシウム、マンニトール、軽質無水ケイ酸、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、L−システイン等)、 Examples of the "additive", for example, an excipient (e.g., lactose, corn starch, talc, crystalline cellulose, powdered sugar, magnesium stearate, mannitol, light anhydrous silicic acid, magnesium carbonate, calcium carbonate, L- cysteine),
結合剤(例えば、澱粉、ショ糖、ゼラチン、アラビアゴム粉末、メチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、カルボキシメチルセルロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポリビニルピロリドン、プルラン、デキストリン等)、崩壊剤(例えば、カルボキシメチルセルロースカルシウム、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、 Binding agents (e.g., starch, sucrose, gelatin, gum arabic powder, methylcellulose, carboxymethylcellulose, sodium carboxymethylcellulose, hydroxypropylcellulose, hydroxypropylmethylcellulose, polyvinylpyrrolidone, pullulan, dextrin, etc.), disintegrating agents (e.g., carboxymethyl cellulose calcium , low substituted hydroxypropylcellulose,
クロスカルメロースナトリウム等)、アニオン系界面活性剤(例えば、アルキル硫酸ナトリウム等)、非イオン系界面活性剤(例えば、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル、 Croscarmellose sodium, etc.), anionic surfactants (e.g., sodium alkyl sulfate), nonionic surfactants (e.g., polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene fatty acid esters,
ポリオキシエチレンヒマシ油誘導体等)、制酸剤および粘膜保護剤(例えば、水酸化マグネシウム、酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム、硫酸アルミニウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ケイ酸アルミン酸マグネシウム、スクラルファート等)、シクロデキストリンおよびそのカルボン酸(例えば、マルトシル−β−シクロデキストリン、マルトシル−β−シクロデキストリンカルボン酸など)、着色剤、矯味剤、吸着剤、防腐剤、 Polyoxyethylene castor oil derivatives, etc.), antacids and mucosal protective agents (e.g., magnesium hydroxide, magnesium oxide, aluminum hydroxide, aluminum sulfate, magnesium aluminometasilicate, magnesium aluminosilicate, sucralfate, etc.), cyclo dextrins and carboxylic acids (e.g., maltosyl -β- cyclodextrin, such as maltosyl -β- cyclodextrin carboxylic acid), coloring agents, flavoring agents, adsorbents, preservatives,
湿潤剤、帯電防止剤、崩壊延長剤等が挙げられる。 Wetting agents, antistatic agents, disintegrating extenders and the like. これらの添加剤の添加量は、主薬の安定性および吸収性を損なわない範囲で適宜選択される。 The addition amount of these additives is appropriately selected within a range not to impair the stability and absorbability of agent.

【0103】より具体的には、例えば液体状の本発明の医薬組成物を軟カプセルに製する場合、軟カプセルとしては従来公知の種々の軟カプセルに製することができ、 [0103] More specifically, for example, when Seisuru pharmaceutical composition liquid present invention into soft capsules, soft capsules can Seisuru to various conventionally known soft capsule,
その形状、大きさ、皮膜処方、製造法は適宜選択され得る。 The shape, size, coating formulation, method of preparation may be appropriately selected. 形状としては、球形、オーバル型、オブロング型、 The shape, spherical, oval, oblong type,
チューブ型、座剤型、セルフカット型、二連型、角型、 Tube, suppository form, self-cut, dual, square type,
ハート型などが挙げられる。 Such as heart-shaped, and the like. 大きさとしては、通常、内容物量約1mg乃至約10gの範囲から選択される。 The size is generally selected from the content amount from about 1mg to the range of about 10g. 皮膜材料としては、ゼラチン(アルカリ処理ゼラチンなど) The coating material, gelatin (alkali-treated gelatin)
に適当な可塑剤を添加したものが一般的に使用され、所望により着色剤、防腐剤、芳香剤、矯味剤、矯臭剤などを添加することができる。 That addition of a suitable plasticizer is generally used, optionally colorants, preservatives, fragrances, and the like can be added corrigent, flavoring agents. カプセルの製造法としては、 As a production method of the capsule,
例えば平板法、ロータリーダイ法、シームレス法などが適用され得るが、好ましくはロータリーダイ法に従って行われる。 For example the plate method, rotary die method, such as seamless methods can be applied, it is preferably carried out in accordance with the rotary die process. また、固体状の本発明の医薬組成物は、上記で得られた本発明の医薬組成物をそのまま、あるいは前記添加剤と均一に混和した後、カプセルに充填することにより、硬カプセルを製することができる。 Furthermore, solid pharmaceutical compositions of the present invention, as a pharmaceutical composition of the present invention obtained above, or was uniformly mixed with the additives, and filling into capsules, Seisuru hard capsules be able to. この場合、 in this case,
カプセルとしては、一般的には内容積約0.13乃至約1.37mlのゼラチン硬カプセルが用いられ、ディスク(disc)式、コンプレス(compress)式あるいは Aug The capsules generally are used are hard gelatin capsules having a content volume of about 0.13 to about 1.37 ml, disc (while discs) type, compressed (compress) type or Aug
er 式充填機により充填される。 It is filled with er type filling machine. また、得られた混合末を打錠することにより、本発明の医薬組成物を錠剤に製することができる。 Further, by tableting the powder mixture obtained, a pharmaceutical composition of the present invention can be Seisuru into tablets. 錠剤の形状、大きさなどは適宜選択され、例えば、楕円、フットボール型、ハート型などに製してもよく、分割線を有していてもよい。 Shape of the tablet, such as the size is appropriately selected, for example, oval, football type, may papermaking such as heart-shaped, may have a dividing line. 大きさとしては、打錠機としては、エキセントリック型、ロータリー型のいずれのタイプの機械を用いて製錠してもよい。 The size, as the tabletting machine, eccentric type, or may be tableted with any type of mechanical rotary type.

【0104】本発明の医薬組成物は、腸溶性コーティング剤でコーティングして、腸溶性製剤としてもよい。 [0104] The pharmaceutical compositions of the present invention is coated with an enteric coating agent may be enteric preparation. 該「腸溶性コーティング剤」とは、酸性領域では実質的に不溶性であるが、弱酸性ないし塩基性領域では少なくとも部分的に可溶性である腸溶性ポリマーである。 The as "enteric coating" is by the acid region which is substantially insoluble in weakly acidic to basic region is enteric polymer is at least partially soluble. ここで酸性領域とは、pH約0.5乃至約4.5を示し、好ましくは、約1.0乃至約2.0であり、弱酸性ないし塩基性領域とは、pH約5.0乃至9.0を示し、好ましくは約6.0乃至約7.5である。 Here acidic and has a pH from about 0.5 to about 4.5, preferably from about 1.0 to about 2.0, and the weakly acidic to basic region, a pH of about 5.0 to indicates 9.0, preferably about 6.0 to about 7.5. 具体的には、例えば、酢酸フタル酸セルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、ヒドロキシプロピルメチルアセテートサクシネート(信越化学(株))、メタアクリル酸コポリマー(レームファルマ社製、商品名:オイドラギットL Specifically, for example, cellulose acetate phthalate, hydroxypropylmethylcellulose phthalate, hydroxypropylmethylcellulose acetate succinate (Shin-Etsu Chemical Co.), methacrylic acid copolymer (frame Pharma Co., Ltd., trade name: Eudragit L
−30D−55,L100−55,L100,S100 -30D-55, L100-55, L100, S100
等)などが挙げられる。 Etc.), and the like. これらをそのまま腸溶性製剤として用いても安定性などの点で有効である。 These are as effective in terms of stability used as an enteric formulation. コーティングには、慣用の方法、例えばパンコーティング法、流動コーティング法、転動コーティング法などが採用できる。 The coating, conventional methods, for example, pan coating, fluidized coating methods, such as rolling coating method can be employed. コーティング剤が、水や有機溶媒を含む溶液または分散液である場合には、スプレーコーティング法も採用できる。 Coating agent is a solution or dispersion containing water or organic solvents can also be employed a spray coating method. 水や有機溶媒の使用割合は、例えば25ないし99重量%である。 The proportion of water or an organic solvent, for example 25 to 99 wt%. 有機溶媒の種類は特に限定されず、 Type of organic solvent is not particularly limited,
例えばアルコール類(例えば、メタノール、エタノール、イソプロピルアルコールなど)、ケトン類(例えば、アセトンなど)、ハロゲン化炭化水素(例えば、クロロホルム、ジクロロメタン、トリクロロメタンなど) Such as alcohols (e.g., methanol, ethanol, isopropyl alcohol), ketones (such as acetone), halogenated hydrocarbons (e.g., chloroform, dichloromethane, trichloromethane, etc.)
などが用いられる。 Such as is used.

【0105】前記消化管粘膜付着性医薬組成物をそのままあるいは、これを原料として消化管粘膜付着性固型製剤とすることができる。 [0105] The gastrointestinal mucosa-adherent pharmaceutical composition or it, which can be a gastrointestinal mucosa-adherent solid preparation as a raw material. さらに、該固型製剤には特に支障のない限り、固型医薬製剤(例、細粒剤、顆粒剤等) Furthermore, unless otherwise trouble in solid form preparations, solid pharmaceutical preparations (e.g., fine granules, granules and the like)
の製造に用いられる慣用の添加剤を使用してもよい。 It may be used conventional additives used in the manufacture of. 添加剤としては、例えば、乳糖、コーンスターチ、タルク、結晶セルロース(アビセルなど)、粉糖、ステアリン酸マグネシウム、マンニトール、軽質無水ケイ酸、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、L−システインなどの賦形剤;澱粉、ショ糖、ゼラチン、アラビアゴム粉末、メチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、 As the additive, for example, lactose, corn starch, talc, (Avicel) cellulose, powdered sugar, magnesium stearate, mannitol, light anhydrous silicic acid, magnesium carbonate, calcium carbonate, L- excipients such as cysteine; starch , sucrose, gelatin, gum arabic powder, methylcellulose, carboxymethylcellulose,
カルボキシメチルセルロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポリビニルピロリドン、プルラン、デキストリンなどの結合剤;カルボキシメチルセルロースカルシウム、 Sodium carboxymethylcellulose, hydroxypropylcellulose, hydroxypropylmethylcellulose, polyvinylpyrrolidone, pullulan, binders such as dextrin; carboxymethylcellulose calcium,
低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、クロスカルメロースナトリウム、カルボキシメチルスターチナトリウム、ヒドロキシプロピルスターチ、部分α化デンプンなどの崩壊剤;アルキル硫酸ナトリウムなどのアニオン系界面活性剤、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステルおよびポリオキシエチレンヒマシ油誘導体等の非イオン系界面活性剤などの界面活性剤;水酸化マグネシウム、酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム、硫酸アルミニウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ケイ酸アルミン酸マグネシウム、スクラルファートなどの制酸剤や粘膜保護剤; Low-substituted hydroxypropylcellulose, croscarmellose sodium, sodium carboxymethyl starch, hydroxypropyl starch, disintegrating agents such as partially α starch; anionic surfactants such as sodium alkylsulfate, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxy surfactants such as non-ionic surfactants such as polyoxyethylene fatty acid esters and polyoxyethylene castor oil derivatives; magnesium hydroxide, magnesium oxide, aluminum hydroxide, aluminum sulfate, magnesium aluminometasilicate, magnesium aluminosilicate, antacids and mucous membrane protective agent such as sucralfate;
着色剤;矯味剤;吸着剤;防腐剤;湿潤剤;帯電防止剤、崩壊延長剤などが挙げられる。 Coloring agents; flavoring agents; adsorbents; preservatives; wetting agents; antistatic agents and disintegration extenders. これらの添加剤の添加量は、粘膜に対する付着性を損わない範囲で適宜選択される。 The addition amount of these additives is appropriately selected adhesion to mucosa is not jeopardized.

【0106】ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質を含むマトリックスの中に粘性物質が分散している消化管粘膜付着性固型医薬組成物としては、ポリグリセリン脂肪酸エステルまたは脂質、粘性物質および薬効成分が固型医薬組成物中に分散していればよい。 [0106] As the polyglycerol fatty acid ester and / or gastrointestinal mucoadhesive solid pharmaceutical composition viscous substance is dispersed in a matrix comprising a lipid, the polyglycerol fatty acid ester or lipid, gum and medicinal components It need only be dispersed in solid pharmaceutical compositions. 分散方法は自体公知の手段が採用される。 Balance method is per se known means are adopted. 前記消化管粘膜付着性固型医薬組成物の製造方法としては自体公知の手段が採用される。 Wherein the means known per se are employed as the method for manufacturing a gastrointestinal mucosa-adherent solid pharmaceutical compositions. 例えばポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質を融点以上に加熱して溶融し、粘性物質および薬効成分を同時にまたは別々に添加して分散させた後、冷却する方法が挙げられる。 For example, polyglycerol fatty acid ester and / or lipid and melted by heating above the melting point, was dispersed by the addition of viscous substances and medicinal ingredients simultaneously or separately, and a method of cooling. 加熱温度は、例えば、約40乃至約150℃、好ましくは約50乃至約1 The heating temperature is, for example, from about 40 to about 0.99 ° C., preferably about 50 to about 1
10℃、より好ましくは約50乃至約90℃である。 10 ° C., more preferably from about 50 to about 90 ° C.. 上記の方法は慣用の造粒機などを用いればよく、例えば、 The above methods may be used such as conventional granulating machine, for example,
噴霧冷却、例えばスプレーチリングなどにより球形の固型剤(例、細粒剤)とするのが好ましい。 Spray cooling, for example spray chilling spherical solid agent or the like (eg, fine granules) preferably with. スプレーチリングは、例えば10乃至6000回転/分、好ましくは900乃至6000回転/分、より好ましくは1000 Spray chilling can, for example, 10 to 6000 rev / min, preferably 900 to 6000 rev / min, more preferably 1000
乃至5000回転/分、さらに好ましくは2500乃至5000回転の高速回転ディスク上に一定流速で、溶融したポリグリセリン脂肪酸エステルまたは脂質中に粘性物質および薬効成分が分散した混合物を滴下する等により行うことができる。 To 5000 rev / min, more preferably at a constant flow rate to 2500 to 5000 rpm fast rotating disk on, it is carried out such as by dropping a mixture viscous substances and medicinal ingredients are dispersed in a polyglycerol fatty acid ester or lipid melted it can. 回転ディスクとしては、例えば、 The rotating disk, for example,
直径5乃至100cm、好ましくは10乃至20cmの平滑円盤、例えばアルミニウム製円盤などが使用できる。 Diameter 5 to 100 cm, preferably 10 to 20cm smooth disk, for example, an aluminum disk can be used. また、溶融した前記混合物の滴下速度は、所望する粒径に応じて選択できるが、通常、約1乃至1000g/分、 Also, dropping speed of the molten dispersion can be selected according to the particle size desired, usually from about 1 to 1000 g / min,
好ましくは約2乃至約200g/分、さらに好ましくは約5乃至約100g/分である。 Preferably from about 2 to about 200 g / min, more preferably about 5 to about 100 g / min. このようにして得られた粒状物は、より真球に近いため、後工程でのコーティング時に、均一なコーティング被膜を効率よく形成できる。 Thus granules thus obtained, in order closer to the true sphere, during coating in a subsequent step, a uniform coating film can be efficiently formed. 上記方法で消化管粘膜付着性医薬組成物を製造する場合、医薬組成物が消化管粘膜付着性にできるとともに医薬組成物中でのウレアーゼ阻害物質の安定化をはかることができる。 When manufacturing a gastrointestinal mucosa-adherent pharmaceutical composition by the above method, the pharmaceutical compositions can be stabilized urease inhibitor in pharmaceutical compositions it is possible to gastrointestinal mucoadhesive.

【0107】上記方法以外に、例えばポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質、粘性物質および薬効成分を練合などにより分散して造粒することにより調製する方法を採用してもよい。 [0107] In addition to the above method, for example, polyglycerol fatty acid ester and / or lipid may be adopted a method of preparing by a viscous substance and medicinal ingredients and granulated dispersed by kneading and the like. この際使用する溶媒としては、慣用の溶媒(例、メタノール、アセトニトリル、クロロホルム等)が挙げられる。 The solvent used in this case in a conventional solvent (e.g., methanol, acetonitrile, chloroform, etc.). さらに、例えば溶融造粒法を用いて消化管粘膜付着性固型医薬組成物を製造してもよい。 Furthermore, for example, the gastrointestinal mucosa-adherent solid pharmaceutical compositions using a melt granulation process may be produced. 溶融造粒法としては、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質を、それらの融点近傍、例えば該融点から約5℃下まわる温度範囲で加熱溶融し、上記スプレーチリングなどの造粒工程に付し、細粒とし、 The melt granulation method, a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid, their melting points near, for example, heating and melting at a temperature range around about 5 ° C. under a melting point and subjected to granulation processes such as the spray chilling, and fine-grained,
これと粘性物質および薬効成分を所望の温度で加熱しながら浮遊させて消化管粘膜付着性マトリックスとする方法等が挙げられる。 This and viscous substance and a method in which a medicinal ingredient resuspended with heating at the desired temperature and gastrointestinal mucosa-adherent matrix can be mentioned. この場合には、薬効成分に対する熱の作用を抑制できるので、薬効成分がペプタイドやタンパク質などであっても、その成分の失活を抑制しながら固型医薬組成物を容易に得ることができる。 In this case, it is possible to suppress the effect of heat on the medicinal ingredient, even in medicinal components include peptides and proteins, it is possible to obtain a solid pharmaceutical composition easily while suppressing deactivation of its components. 前記の、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質を含むマトリックスが粘性物質で被覆されている消化管粘膜付着性固型医薬組成物は、該固型医薬組成物が粘性物質、 Wherein the polyglycerol fatty acid ester and / or lipid gastrointestinal mucosa-adherent solid pharmaceutical composition matrix is ​​covered with a viscous material containing the solid type pharmaceutical composition is viscous substance,
好ましくは少なくとも粘性物質を含有するコーティング剤で被覆されていればよい。 Preferably only it needs to be coated with a coating agent containing at least gum. コーティング剤は、前記粘性物質に加えて、前記ポリグリセリン脂肪酸エステル、 Coating agent, in addition to the viscous substance, the polyglycerol fatty acid ester,
前記脂質および水不溶性ポリマーの少なくとも1つの成分を含んでいてもよい。 It may include at least one component of the lipid and water-insoluble polymer. この場合、前記の固型医薬組成物中の成分に対して相溶性に乏しいか、相溶しない粘性物質を用いると、粘性物質が分散した被膜で固型医薬組成物を被覆できる。 In this case, either poorly compatible with components of the solid pharmaceutical composition described above, the use of incompatible viscous material may be coated with solid pharmaceutical compositions in film viscous material is dispersed. さらにコーティング剤は、添加剤を含有していてもよい。 Further coating agents may also contain additives. いずれの製造的方法においても水分の遮断が望ましい。 Blocking water in any of the manufacturing methods is preferable.

【0108】水不溶性ポリマーとしては、例えば、エチルセルロース(旭化成(株)製、FMC)、アミノアルキルメタアクリレートコポリマー〔レーム ファルマ社製、商品名 オイドラギット(Eudragit)E100〕、 [0108] As the water-insoluble polymer, for example, ethyl cellulose (manufactured by Asahi Kasei Corporation, FMC), aminoalkyl methacrylate copolymer [frame Pharma Co., Ltd., trade name Eudragit (Eudragit) E100],
アミノアルキルメタクリレートコポリマー(レーム ファルマ社製、商品名 オイドラギットRS,RL100 Aminoalkyl methacrylate copolymer (frame Pharma Co., Ltd., trade name Eudragit RS, RL100
L、RS−300,RL−30D、RL−PO,RS− L, RS-300, RL-30D, RL-PO, RS-
PO)、これらの水不溶性ポリマーは、1種またはこれらの2種以上が用いられる。 PO), these water-insoluble polymers, one or more of these are used. コーティング剤中の粘性物質の使用量は、コーティング剤中の固型分全体の約0. The amount of the viscous material in the coating agent is about of solids overall the coating agent 0.
005乃至約100重量%、好ましくは約0.05乃至約95重量%、さらに好ましくは約0.05乃至約30 005 to about 100 wt%, preferably from about 0.05 to about 95 wt%, more preferably from about 0.05 to about 30
重量%、より好ましくは約1乃至約10重量%である。 Wt%, more preferably from about 1 to about 10 wt%.
また、コーティング剤として、ポリグリセリン脂肪酸エステル、脂質および水不溶性ポリマーの少なくとも1つの成分と粘性物質とを併用する場合、粘性物質は、コーティング剤中の固型分全体に対して約0.005乃至約95重量%、好ましくは約0.5乃至約30重量%、さらに好ましくは約5乃至約25重量%である。 Further, as a coating agent, polyglycerol fatty acid esters, when used in combination with at least one component and viscous substance of lipids and water-insoluble polymers, viscous material is from about 0.005 to respect solids whole in the coating agent about 95 wt%, preferably about 0.5 to about 30 wt%, more preferably from about 5 to about 25 wt%. さらに、 further,
コーティング剤において、ポリグリセリン脂肪酸エステル、脂質および水不溶性ポリマーから選択された二種以上の成分を併用してもよく、この場合、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質の総量1重量部に対して、他の成分は約0.0001乃至約1000重量部、好ましくは約0.01乃至約100重量部、より好ましくは約0.01乃至約10重量部である。 In the coating agent, polyglycerol fatty acid esters, may be used in combination of two or more components selected from lipids and water-insoluble polymers, for this case, polyglycerol fatty acid ester and / or total amount of 1 part by weight of lipids, other ingredients from about 0.0001 to about 1000 parts by weight, preferably about 0.01 to about 100 parts by weight, more preferably from about 0.01 to about 10 parts by weight.

【0109】コーティング剤の被覆量は、固型製剤の種類、所望する粘膜に対する付着性などに応じて選択できる。 [0109] The coating amount of the coating agent, the type of solid preparation, can be selected depending on the adhesion to the desired mucosa. 固型製剤に対するコーティング量は、例えば錠剤では約0.1乃至約30重量%、好ましくは約0.5乃至約20重量%、より好ましくは約0.5乃至約10重量%であり、丸剤、顆粒剤では約0.1乃至約50重量%、好ましくは約1乃至約20重量%であり、細粒剤では約0.1乃至約100重量%、好ましくは約1乃至約50重量%である。 The coating amount for solid preparation, for example from about 0.1 to about 30 wt% in the tablet, preferably about 0.5 to about 20 wt%, more preferably from about 0.5 to about 10 wt%, pills , from about 0.1 to about 50 wt% in the granules, preferably from about 1 to about 20 wt%, from about 0.1 to about 100 wt% in the fine granules, preferably about 1 to about 50 wt% is there. 被覆に際しては、必要に応じて、一般的に用いられる前記添加剤をコーティング剤に添加して被覆してもよく、コーティング剤と、前記添加剤をそれぞれ別々に用いて被覆してもよい。 In coating, if desired, may be generally the additives used and coated by adding a coating agent, a coating agent, the additive may be coated with each separately. 添加剤の使用量は、例えばコーティング剤の固型分に対して約0.1乃至約70重量%、好ましくは約1乃至約50重量%、より好ましくは約20乃至約50重量%である。 The amount of additive, for example, from about 0.1 to about 70% by weight relative to solid content of the coating agent, preferably from about 1 to about 50 wt%, more preferably from about 20 to about 50 wt%. 被覆方法としては、自体公知の方法、例えば、パンコーティング法、流動コーティング法、転動コーティング法などが採用できる。 As the coating method, a method known per se, for example, pan coating, fluidized coating methods, such as rolling coating method can be employed. コーティング剤が、水または有機溶媒を含む溶液または分散液である場合には、スプレーコーティング法も採用できる。 Coating agent is a solution or dispersion containing water or an organic solvent, it can also be employed a spray coating method. 前記水または有機溶媒の使用量は、 The amount of the water or organic solvent,
例えば約25乃至約99重量%である。 Such as from about 25 to about 99 wt%. 有機溶媒の種類は特に制限されず、例えばメタノール、エタノール、イソプロピルアルコール等のアルコール類;アセトン等のケトン類;クロロホルム、ジクロロメタン、トリクロロエタン等のハロゲン化炭化水素類などが使用できる。 Type of organic solvent is not particularly limited, for example alcohols such as methanol, ethanol and isopropyl alcohol; ketones such as acetone; chloroform, dichloromethane, halogenated hydrocarbons such as trichloroethane and the like can be used.

【0110】コーティング剤において、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質を用いる場合、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質と、必要に応じてその他の添加剤とを加熱溶融して混合し、水と混和して乳化した後、固型医薬組成物の表面に噴霧し、 [0110] In the coating agent, when using polyglycerol fatty acid ester and / or lipid, and polyglycerol fatty acid ester and / or lipid, and mixed by heating and melting and other additives as necessary, miscible with water after emulsification Te, sprayed onto the surface of a solid pharmaceutical composition,
乾燥することにより、被覆製剤としてもよい。 By drying, it may be coated preparation. また、コーティングパンのような装置内で、温風により予熱した固型医薬組成物に、コーティング剤を投入して溶融、展延させることにより被覆製剤としてもよい。 Further, in the apparatus, such as a coating pan, the solid pharmaceutical composition was preheated by hot air and melted and charged with the coating agent may be coated preparation by spreading. 固型医薬組成物は、通常約25乃至約60℃、好ましくは約25乃至約40℃で被覆する。 Solid pharmaceutical composition is generally about 25 to about 60 ° C., preferably coated with from about 25 to about 40 ° C.. 被覆に要する時間は、コーティング方法、コーティング剤の特性や使用量、固型製剤の特性などを考慮して適宜選択できる。 Time required for the coating, properties and amount of the coating method, coating agent, can be appropriately selected in consideration of characteristics of the solid preparation. 消化管粘膜付着性固型医薬組成物において、消化管内で前記粘性物質による粘膜付着性が確保される限り、必要に応じて、さらに、消化管粘膜付着性固型医薬組成物は慣用の胃溶解性または水溶性被膜等で被覆されていてもよい。 In gastrointestinal mucosa-adherent solid pharmaceutical composition, wherein as long as the mucoadhesive by viscous material is ensured, if necessary, further, gastrointestinal mucosa-adherent solid pharmaceutical compositions customary gastric dissolution in the digestive tract it may be coated by sexual or water-soluble coating or the like. 消化管粘膜付着性固型製剤の形態としては、例えば細粒剤、顆粒剤、丸剤、前記細粒剤または顆粒剤を打錠した錠剤、カプセル内に前記細粒剤や顆粒剤を充填したカプセル剤の形態などで挙げられる。 The form of the gastrointestinal mucosa-adherent solid preparation, for example, fine granules, granules, pills, tablets tableting the fine granules or granules, and filling said fine granules or granules in a capsule like such as in the form of capsules. このうち、細粒剤、顆粒剤が好ましい。 Among them, fine granules, granules preferable. 細粒剤の粒径分布は、例えば、10乃至500 The particle size distribution of the fine granules may, for example, 10 to 500
μm の粒子75重量%以上、500μm 以上の粒子5重量%以下、10μm 以下の粒子10重量%以下である。 μm particles 75% by weight or more, 500 [mu] m or more particles 5 wt% or less, and 10μm or less in particle 10 wt% or less.
好ましい細粒剤の粒径分布は、105乃至500μm の粒子75重量%以上、500μm 以上の粒子5重量以下、74μm 以下の粒子10重量%以下である。 The particle size distribution of the preferred fine granules is 105 to 500 [mu] m particle 75 wt% or more, 500 [mu] m or more particles 5 wt or less, particles below 10 wt% or less 74 .mu.m. 顆粒剤の粒径分布は、例えば、500乃至1410μm の粒子90重量%以上、177μm 以下の粒子5重量%以下である。 The particle size distribution of the granules, for example, 500 to 1410μm particles 90% by weight or more and less than 5% by weight of the particles 177 .mu.m.

【0111】本発明の医薬組成物中におけるウレアーゼ阻害物質の含量は剤型により適宜選択されればよいが、 [0111] The content of the urease inhibitor in the pharmaceutical composition of the present invention is may be selected appropriately depending on the dosage form,
例えば約0.01乃至約95重量%、好ましくは約1乃至約95重量%、さらに好ましくは約10乃至約90重量%、なかでも好ましくは約10乃至約50重量%である。 For example, from about 0.01 to about 95 wt%, preferably about 1 to about 95 wt%, more preferably from about 10 to about 90 wt%, among them preferably from about 10 to about 50 wt%. 本発明の医薬組成物は非経口投与製剤としてもよい。 The pharmaceutical compositions of the present invention may be a parenteral pharmaceutical preparation. 非経口投与用製剤としては、例えば坐剤、外用剤などとすることができる。 Formulations for parenteral administration, for example suppositories, can be like external preparation. 坐剤としては例えば、直腸坐剤、膣坐剤等が挙げられ、外用剤としては例えば軟膏剤(クリームを含む)、膣投与製剤、経鼻投与製剤、経皮製剤等が挙げられる。 The suppositories e.g., rectal suppository, vaginal suppository and the like, as the external preparation such as ointments agents (including creams), vaginal preparations, nasal preparations, transdermal preparations, and the like. たとえば坐剤とするには、自体公知の方法にしたがい、本発明の組成物を油性または水性の固状、半固状あるいは液状の坐剤とすることができる。 For example in the case of a suppository, the method known per se, can be a composition of the present invention an oily or aqueous solid, semi-solid or liquid suppository.

【0112】本発明の組成物は、ヘリコバクター・ピロリ等を保持する哺乳動物(例えばネコ,イヌ,ウシ,ウマ,ヤギ,サル,ヒト等)の治療に有用であり、これら動物の保持するヘリコバクター・ピロリの除菌乃至殺菌に著効を奏し、ヘリコバクター・ピロリ等が関連する消化器系疾患の予防、治療、再発防止に有用である。 The compositions of the invention are useful in treating mammals for holding the Helicobacter pylori and the like (such as cats, dogs, cows, horses, goats, monkeys, humans, etc.), Helicobacter holding these animals It exerts significant effects on sterilization or disinfection of H., prevention of digestive diseases that Helicobacter pylori or the like related to the treatment, is useful in preventing relapse. かかる対象疾患としては、例えば、胃炎、消化管潰瘍、胃癌などが挙げられる。 Such target disease, e.g., gastritis, gastrointestinal ulcer, such as gastric cancer and the like. このうち消化管潰瘍の治療に特に有効である。 It is particularly effective in the treatment of these gastrointestinal ulcers. 本製剤は低毒性であり、ヒトを含む哺乳動物に経口的または非経口的に投与することができる。 This formulation is less toxic, it can be administered to mammals including humans orally or parenterally. 本製剤の投与量は剤形、投与方法、あるいは使用する薬効成分の種類等によっても異なる。 The dose of the formulation dosage form, varies depending on the type of medicinal ingredient for administration or use. 本発明では、ウレアーゼ阻害物質を通常使用量以下、2分の1から10分の1程度に減量できる。 In the present invention, the following normal usage urease inhibitor can reduced from one-half to about one-tenth. 例えば胃潰瘍あるいは十二指腸潰瘍の成人にはウレアーゼ阻害剤として一般式(I)で表わされる化合物含有製剤を投与する場合、薬効成分に換算して1日当たり、通常0.05乃至100mg/kg、好ましくは約0.2乃至約100mg/kg、さらに好ましくは、約0.2乃至約20mg/kg、特に好ましくは約0.1乃至約10mg/kg、なかでも好ましくは約0.5乃至約10mg/kgである。 For example, the adult gastric ulcer or duodenal ulcer when administering a compound containing formulation of the general formula (I) as urease inhibitors, per day in terms of medicinal ingredient, usually 0.05 to 100 mg / kg, preferably about 0.2 to about 100 mg / kg, more preferably, from about 0.2 to about 20 mg / kg, particularly preferably about 0.1 to about 10 mg / kg, inter alia preferably about 0.5 to about 10 mg / kg is there.

【0113】また本発明製剤は、消化管潰瘍の症状緩和あるいは治療のために、抗潰瘍剤、抗HP活性を有する抗菌剤、制酸剤、酸分泌抑制剤などさらに他の薬効成分を含有していてもよく、または別途製剤化されたそれらと併用してもよい。 [0113] The present formulation is for symptomatic relief or treatment of peptic ulcer, anti-ulcer agents, antimicrobial agents having anti-HP activity, antacids, further contain other medicinal ingredients such as acid secretion inhibitor it is the well, or may be used in combination with those which are separately formulated. 上記制酸剤としては、例えば、水酸化アルミニウムゲル、重炭酸ナトリウム、アミノ酢酸、 Examples of the antacid, e.g., aluminum hydroxide gel, sodium bicarbonate, amino acid,
ケイ酸アルミニウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ケイ酸マグネシウム、酸化マグネシウム、水酸化マグネシウム、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウムなどが挙げられる。 Aluminum silicate, magnesium metasilicate aluminate, magnesium silicate, magnesium oxide, magnesium hydroxide, magnesium carbonate, and calcium carbonate. 上記酸分泌抑制剤としては、プロトンポンプ阻害剤やヒスタミン、H 2ブロッカーが挙げられる。 The acid secretion inhibitor, a proton pump inhibitor or histamine, H 2 blockers like.
該プロトンポンブ阻害剤とは、胃粘膜の酸分泌細胞(壁細胞)においてプロトンポンプとして機能しているH/ The A Purotonponbu inhibitor functions as a proton pump in acid-secreting cells of the gastric mucosa (parietal cells) H /
K−ATPaseを直接または間接的に阻害することにより、酸分泌を抑制する薬物をいう。 By directly or indirectly inhibit the K-ATPase, it refers to drug which inhibits acid secretion. その例としては、ランソプラゾール、オメプラゾール、パントプラゾール、 Examples include lansoprazole omeprazole, pantoprazole,
パリプラゾールナトリウム、レミノプラゾール、TY− Paris pantoprazole sodium, leminoprazole, TY-
11345,TU−199,FPL−65372,BY 11345, TU-199, FPL-65372, BY
−686,タニック酸(Tannic acid)、 エラジック酸 -686, tannic acid (Tannic acid), Erajikku acid
(Ellagic acid)、エブセレン(Ebselen)、AHR−92 (Ellagic acid), Ebselen (Ebselen), AHR-92
94,カシガロールーA(Cassigarol-A)、バフィロマイシン(Bafilomycin)、 Y−25942, Xanthoangelol 94, Kashigaroru A (Cassigarol-A), bafilomycin (Bafilomycin), Y-25942, Xanthoangelol
E、 SKF−96356,Epigallocatechin gallate, E, SKF-96356, Epigallocatechin gallate,
WY−27198、T−330あるいはSK&F−20 WY-27198, T-330 or SK & F-20
054などが挙げられる。 054, and the like. 2ブロッカーとしては、例えばシメチジン、ラニチジン、アモチジン、ロクチジン等の誘導体、もしくはこれらの塩などが挙げられる。 The H 2 blockers, e.g. cimetidine, ranitidine, Amochijin, derivatives such Rokuchijin or salts thereof, and the like. 該H 2ブロッカーは、例えば米国特許3,950,333 The H 2 blockers, e.g., U.S. Patent 3,950,333
号、同4,283,408号、同4,128,658号公報等に記載の方法またはそれらに準じた方法により製造することができる。 No., the 4,283,408 Patent, can be produced by a method or a method analogous to those described in the 4,128,658 Patent Publication.

【0114】また抗HP活性を有する抗菌剤および抗潰瘍剤は下記のものが挙げられる。 [0114] The antibacterial and antiulcer agents having anti-HP activity are given below. 抗菌剤としては、例えばペニシリン系抗生物質(例えばアモキシシリン、ベンジルペニシリン、ピペラシリン、メシリナム)、セファロスポリン系抗生物質、マクロライド系抗生物質(例えば、エリスロマイシン、クラリスロマイシン、ロキスロマイシン、アジスロマイシンなど)、テトラサイクリン系抗生物質(例えば、テトラサイクリン、ミノサイクリン、ストレプトマイシンなど)、アミノグリコシド系抗生物質(例えば、ゲンタマイシン、アミカシンなど)、 Antibacterial agents, for example, antibiotic penicillins (e.g. amoxicillin, benzylpenicillin, piperacillin, mecillinam), cephalosporin antibiotics, macrolide antibiotics (e.g., erythromycin, clarithromycin, Loki Ro clarithromycin, etc. azithromycin) , tetracycline antibiotics (e.g., tetracycline, minocycline, etc. streptomycin), aminoglycoside antibiotics (e.g., gentamicin, amikacin, etc.),
ビスマス塩(例えば、酢酸ビスマス、クエン酸ビスマス、サリチル酸ビスマスなど)、イミダゾール系化合物(例えば、メトロニダゾール、チニダゾール、ミコナゾールなど)、キノロン系化合物(例えば、オフロキサン、サイプロキサンなど)、トリプトファニル t−RN Bismuth salts (e.g., bismuth acetate, bismuth citrate, etc. bismuth salicylate), imidazole compounds (e.g., metronidazole, tinidazole, etc. miconazole), quinolone compounds (e.g., Ofurokisan, etc. Saipurokisan), tryptophanyl t-RN
A合成阻害物質(例えば、インドールマイシンなど)が挙げられ中でもペニシリン系抗生物質、マクロライド系抗生物質、イミダゾール系化合物、トリプトファニル t A synthesis inhibitors (e.g., such as indolmycin) Of these penicillin antibiotics and the like, macrolide antibiotics, imidazole compounds, tryptophanyl t
−RNA合成阻害物質が好ましく、アモキシシリン、クラリスロマイシン、インドールマイシンなどが繁用される。 Preferably -RNA synthesis inhibitors, amoxicillin, clarithromycin, etc. indolmycin is often used. さらに抗潰瘍薬としては粘膜保護型抗潰瘍薬などを含有していてもよい。 Still antiulcer may contain such mucosal protective anti-ulcer agents. 該粘膜保護型抗潰瘍薬としては、 The mucosa-protective anti-ulcer agents,
例えば(z)−7−〔(1R,2R,3R)−2−〔(E) For example (z) -7 - [(1R, 2R, 3R) -2 - [(E)
−(3R)−3−ヒドロキシ−4,4−ジメチル−1−オクテニル〕−3−メチル−5−オキソシクロペンチル〕 - (3R) -3-hydroxy-4,4-dimethyl-1-octenyl] -3-methyl-5-oxo-cyclopentyl]
−5−ヘプテノン酸(トリモプロスチル,ウルスター)、1−ブチリックアシド−7−(L−2−アミノブチリックアシド)−26−L−アスパルチックアシド−2 5- heptenone acid (Torimopurosuchiru, Wurster), 1- Buchirikkuashido-7-(L-2-aminobutyric A Sid) -26-L-aspartate Chick A Sid -2
7−L−バリン−29−L−アラニンカルシトニン(エルカトニン)、3−エチル−7−イソプロピル−1−アズレンスルフォネート ナトリウム(エグアレンナトリウム)等が挙げられる。 7-L-valine -29-L-alanine calcitonin (elcatonin), 3-ethyl-7-isopropyl-1-azulene sulfonate sodium (sodium harsh Allen), and the like. 本製剤は、上記の薬効成分含有製剤と併用することもできる。 The formulations may be used in combination with the above medicinal ingredient-containing formulation. 上記したように本製剤は、消化管内で有毒な作用を及ぼす菌、特にヘリコバクター・ピロリに起因する各種消化器系統の疾患(例えば、胃炎、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、慢性胃炎、胃癌等) The formulation as described above, bacteria exert toxic effects in the digestive tract, various digestive system diseases especially due to Helicobacter pylori (e.g., gastritis, duodenal ulcer, gastric ulcer, chronic gastritis, gastric, etc.)
の予防または治療に低投与量で有効である。 The prevention or treatment of a valid low dose. また、本発明によれば、水分や酸に対して不安定なリン酸アミド誘導体を安定な製剤とすることが可能である。 Further, according to the present invention, it is possible to a stable formulation unstable phosphoric acid amide derivative with respect to moisture and acid.

【0115】 [0115]

【発明の実施の形態】以下に、参考例、実施例および実験例を示し、本発明をさらに詳細に説明する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION The following reference examples, examples and experimental examples are further illustrative of this invention. 参考例1 5−メチル−2−チオフェンカルボン酸アミド 5−メチル−2−チオフェンカルボアルデヒド2.6g Reference Example 1 5-methyl-2-thiophene-carboxylic acid amide 5-methyl-2-thiophene carbaldehyde 2.6g
(0.1モル)、塩酸ヒドロキシアミン8.3g(0.12モル)、酢酸ナトリウム9.8g(0.12モル)を酢酸50 (0.1 mol), hydroxylamine hydrochloride 8.3 g (0.12 mol), acetic acid 50 Sodium acetate 9.8 g (0.12 mol)
mlに加え、加熱還流下に13乃至15時間反応した。 In addition to ml, and reacted 13 to 15 hours under reflux.
液体クロマトグラフィー(HPLC)で原料(保持時間1 Raw materials liquid chromatography (HPLC) (retention time 1
3分前後)の消失を確認後、約半量まで減圧濃縮し、濃縮液に濃塩酸100mlを加え60℃で4時間反応した。 After confirming 3 minutes before and after) the disappearance of, concentrated under reduced pressure to about half volume, was reacted for 4 hours at 60 ° C. was added concentrated hydrochloric acid 100ml into concentrate. 反応終了後、水100mlを加え氷冷下に30分撹拌した。 After completion of the reaction, the mixture was stirred for 30 minutes under ice-cooling added water 100 ml. 析出した結晶をろ取し、結晶を氷水100ml The precipitated crystals were collected by filtration, ice water crystal 100ml
で洗浄し、11.6g(82%)の5−メチル−2−チオフェンカルボン酸アミド(HPLCで保持時間:4分前後)を得た。 In washing, 11.6 g (82%) of 5-methyl-2-thiophene-carboxylic acid amide (retention time HPLC: 4 minutes before and after) was obtained. HPLC分析条件 カラム:GL Sciences製Inertsil ODS−3、5μm、 HPLC analysis conditions Column: GL Sciences made Inertsil ODS-3,5μm,
4.6×150mm 溶出液:アセトニトリル:0.05モルリン酸二水素カリウム水溶液=30:70 検出波長:231nm 流速:1.0ml/分1 H-NMR(DMSO-d 6 )δ:2.54(3H, d, CH 3 ), 7.01 4.6 × 150 mm eluent: acetonitrile: 0.05 Morurin aqueous solution of potassium dihydrogen = 30: 70 detection wavelength: 231 nm flow rate: 1.0 ml / min 1 H-NMR (DMSO-d 6) δ: 2.54 (3H, d, CH 3), 7.01
(1H, dd, チオフェン-4-H), 7.78(1H, dd, チオフェン- (1H, dd, thiophene -4-H), 7.78 (1H, dd, thiophene -
3-H). 3-H).

【0116】参考例2 N−(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−2−チオ [0116] Reference Example 2 N-(diamino phosphinyl) -5-methyl-2-thio
フェンカルボン酸アミド 5−メチル−2−チオフェンカルボン酸アミド7.6g Fen-carboxylic acid amide 5-methyl-2-thiophenecarboxylic acid amide 7.6g
(47ミリモル)をトルエン50mlに懸濁して、よく撹拌しながら室温で五塩化リン10.9g(50ミリモル)を加えた。 (47 mmol) was suspended in toluene 50 ml, was added phosphorus pentachloride 10.9 g (50 mmol) at room temperature with good stirring. 65℃に加熱して30分撹拌した後、氷冷しギ酸2.0mlを滴下した。 After stirring and heated to 65 ° C. 30 minutes, it was added dropwise with ice-cold formic acid 2.0 ml. 25℃で30分間撹拌後、減圧下にトルエンを除去した。 After stirring for 30 minutes at 25 ° C., the toluene was removed under reduced pressure. 残留物をテトラヒドロフラン(THF)100mlに溶解し、氷冷下25%アンモニア水17.1mlに加えた。 The residue was dissolved in tetrahydrofuran (THF) 100 ml, was added to an ice-cooled under 25% aqueous ammonia 17.1 ml. 25℃で30分間撹拌後、トルエン100mlを加え、析出した結晶をろ取した。 After stirring for 30 minutes at 25 ° C., toluene 100ml was added, and the precipitated crystals were collected by filtration. 結晶ををTHF50mlおよび水50mlで洗浄した。 The crystals were washed with THF50ml and water 50 ml. 真空乾燥し、N−(ジアミノホスフィニル)−5 Dried under vacuum, N- (diamino phosphinyl) -5
−メチル−2−チオフェンカルボン酸アミド6.78g - methyl-2-thiophene carboxylic acid amide 6.78g
(64%)を得た。 Was obtained (64%). 融点285−297℃(分解) Mp 285-297 ° C. (decomposition)

【0117】参考例3 5−メチル−3−フランカルボン酸レブリン酸エチル(299g)、エチレングリコール(142g)、オルトぎ酸トリエチル(338g)、パラトルエンスルホン酸1水和物(1g)の混合物を72時間撹拌した。 [0117] Reference Example 3 5-Methyl-3-furancarboxylic acid ethyl levulinate (299 g), ethylene glycol (142g), a mixture of triethyl orthoformate (338 g), p-toluenesulfonic acid monohydrate (1 g) It was stirred for 72 hours. 反応液を減圧下濃縮し、残留物をエチルエーテル(500ml)で希釈して、1規定水酸化ナトリウム、飽和炭酸ナトリウム水溶液、水で順次洗浄した。 The reaction mixture was concentrated under reduced pressure, the residue was diluted with ethyl ether (500 ml), 1 N sodium hydroxide, saturated aqueous sodium bicarbonate, washed sequentially with water. 有機層を無水硫酸マグネシウムで乾燥し、減圧下濃縮し無色油状化合物(374g)を得た。 The organic layer was dried over anhydrous magnesium sulfate, was obtained and concentrated under reduced pressure colorless oily compound (374 g). この化合物(181 The compound (181
g)とぎ酸エチル(222g)のジエチルエーテル(1 g) sharpening diethyl ether ethyl (222 g) (1
l)溶液に室温でカリウムtーブトキシド(168g) l) potassium at room temperature to a solution t butoxide (168 g)
を少量づつ加えた。 It was added in small portions. 添加後15時間室温で撹拌した。 It was stirred at room temperature for 15 hours after the addition. 反応液に氷を加え氷冷下撹拌しながら濃塩酸で酸性にした。 And acidified with concentrated hydrochloric acid with stirring under ice cooling was added with ice to the reaction mixture. 分液後水層をエチルエーテルで抽出し、有機層を合わせて減圧下濃縮した。 The aqueous layer was extracted with ethyl ether after separation, it was concentrated under reduced pressure the combined organic layers. 残留物にアセトン(400m To the residue acetone (400 meters
l)と0.5規定硫酸水溶液(40ml)加え30分加熱環流した。 l) and 0.5 shed N sulfuric acid aqueous solution (40 ml) was added 30 minutes heating ring. 反応液を減圧で濃縮し、残留物に水を加えエチルエーテルで抽出した。 The reaction was concentrated in vacuo, and extracted with ethyl ether added water to the residue. 水洗後、無水硫酸マグネシウムで乾燥し溶媒を減圧で留去し、残留物をエチルエーテル(100ml)に溶解した。 After washing with water, the solvent was distilled off and then dried over anhydrous magnesium sulfate under reduced pressure, the residue was dissolved in ethyl ether (100ml). この溶液を無水ポリりん酸(200g)に加え50度Cで20分間撹拌した。 The solution was stirred for 20 min at 50 ° C was added anhydrous polyphosphate (200 g) a.
反応液を室温にもどし、氷水を加え10分間撹拌した。 The reaction mixture is cooled to room temperature and stirred for 10 minutes was added to ice water.
エチルエーテルで抽出し、水洗後無水硫酸マグネシウムで乾燥後溶媒を留去し、褐色油状物(95g)を得た。 And extracted with ethyl ether, then evaporated dried solvent washed with water anhydrous magnesium sulfate to give a brown oil (95 g).
これに水(300ml)と水酸化ナトリウム(35g) This water (300 ml) and sodium hydroxide (35 g)
を加え2時間室温で撹拌した。 The mixture was stirred at room temperature for 2 hours. 反応液を冷却後、濃塩酸を加え酸性にした後、氷冷下に2時間撹拌し析出した固体を濾取することにより無色結晶(44g)を得た。 The reaction solution was cooled and was acidified adding concentrated hydrochloric acid to give colorless crystals (44 g) collected by filtration to solid was stirred for 2 hours under ice-cooling precipitated.

【0118】参考例4 5−メチル−3−フランカルボン酸アミド 5−メチル−3−フランカルボン酸(0.95g)をテトラヒドロフラン(30ml)に溶解し、それにジメチルホルムアミド(3滴)を加えた後、オキサリルクロリド(1.0g)を加え室温で30分間撹拌した。 [0118] Reference Example 4 5-Methyl-3-furan carboxylic acid amide 5-methyl-3-furancarboxylic acid (0.95 g) was dissolved in tetrahydrofuran (30 ml), thereto after adding dimethylformamide (3 drops) and stirred for 30 minutes at room temperature was added oxalyl chloride (1.0 g). 反応溶液を減圧下濃縮し、残留物を酢酸エチルエステル(20 The reaction solution was concentrated under reduced pressure, the residue was dissolved in ethyl acetate (20
ml)に溶解し、その溶液を25%アンモニア水溶液(30ml)と酢酸エチルエステル(100ml)の混合液に撹拌しながら氷冷下滴下した。 Was dissolved in ml), and added dropwise under ice-cooling with stirring the solution in a mixture of 25% aqueous ammonia solution (30ml) and ethyl acetate (100ml). その後室温で3時間撹拌後、反応溶液を水洗し、無水硫酸マグネシウムで乾燥した。 Then 3 hours after stirring at room temperature, the reaction solution was washed with water, and dried over anhydrous magnesium sulfate. 溶媒を除き残留物をアセトン−イソプロピルエーテルより再結晶し、融点123−124度Cの無色結晶(240mg)を得た。 The solvent was removed the residue acetone - was recrystallized from isopropyl ether to give colorless crystals of melting point 123-124 ° C and (240 mg). NMR(CDCl3):2.22(3H、d、J=1. NMR (CDCl3): 2.22 (3H, d, J = 1.
2Hz)、5.80(2H、br、s)、7.23(1 2Hz), 5.80 (2H, br, s), 7.23 (1
H、J=1.2Hz)、7.85(1H、d、J=1. H, J = 1.2Hz), 7.85 (1H, d, J = 1.
2Hz) 2Hz)

【0119】参考例5 N-(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−3−フラ [0119] Reference Example 5 N-(diamino phosphinyl) -5-methyl-3- Hula
ンカルボン酸アミド 5−メチルー3−フランカルボン酸アミド(0.94 Nkarubon acid amide 5- methyl-3-furan carboxylic acid amide (0.94
g)をトルエン(10ml)に懸濁して、五塩化リン(1.6g)を少量ずつ加えた。 The g) was suspended in toluene (10 ml), was added portionwise phosphorous pentachloride (1.6 g). 70℃に加熱して30 It was heated to 70 ° C. 30
分間攪拌した。 Minutes and the mixture was stirred. 反応液を冷却して室温に戻し、ギ酸(0.35g)を滴下した。 It returned to room temperature the reaction mixture was cooled and added dropwise to formic acid (0.35 g). 室温で20分間攪拌した後、ヘキサン(30ml)を加えて15分間攪拌した。 After stirring for 20 minutes at room temperature and stirred for 15 min by addition of hexane (30 ml).
析出した結晶をろ取し、ヘキサンで洗浄後、風乾して1.1gの結晶を得た。 The precipitated crystals were collected by filtration, washed with hexane to obtain crystals of 1.1g air dried. その結晶をテトラヒドロフラン(50ml)に溶解した。 The crystals were dissolved in tetrahydrofuran (50ml). 氷冷下にアンモニアガスを3 3 ammonia gas under ice-cooling
0分間導入した。 It was introduced for 10 minutes. 導入後、室温で50分間攪拌した。 After the introduction, stirring at room temperature for 50 minutes. エチルエーテル(50ml)を加えて20分間攪拌した。 It was stirred for 20 min by addition of ethyl ether (50ml).
沈殿物をろ取して水洗した。 The precipitate was washed with water and collected by filtration. 風乾して得られた固体をメタノール−エチルエーテルから再結晶した。 The solid obtained by air-drying methanol - was recrystallized from ethyl ether. N-(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−3−フランカルボン酸アミド(0.39g)の無色結晶を得た。 To give colorless crystals of N- (diamino phosphinyl) -5-methyl-3-furan carboxylic acid amide (0.39 g). 融点168 Melting point 168
−170℃ 元素分析値 C 6 H 10 N 3 O 3 Pとして 理論値(%):C,35.48;H,4.96;N,20.69 実測値(%):C,35.42;H,4.90;N,20.42. 1 H-NMR(DMSO-d 6 )δ:2.12(3H,s),4.12(4H,br s),7.48(1 -170 ° C. Elemental analysis C 6 H 10 N 3 O 3 theoretical value as P (%): C, 35.48 ; H, 4.96; N, 20.69 Found (%): C, 35.42; H, 4.90; N, 20.42 . 1 H-NMR (DMSO- d 6) δ: 2.12 (3H, s), 4.12 (4H, br s), 7.48 (1
H,s),8.44(1H,s),9.07(1H,d,J=7.6Hz). H, s), 8.44 (1H, s), 9.07 (1H, d, J = 7.6Hz).

【0120】参考例6 2−メチル−3−フランカルボン酸 2−メチル−3−フランカルボン酸エチルエステル(1 [0120] Reference Example 6 2-Methyl-3-furancarboxylic acid 2-methyl-3-furancarboxylic acid ethyl ester (1
0g)をエタノール(70ml)に溶解して、1N水酸化ナトリウム水溶液(78ml)を加えた。 Was dissolved 0 g) in ethanol (70 ml), was added 1N aqueous sodium hydroxide solution (78 ml). 室温で1時間攪拌して反応液を減圧下濃縮した。 The reaction solution was concentrated under reduced pressure and stirred for 1 hour at room temperature. 残留物を水に溶解してジエチルエーテルで洗浄した。 The residue was washed with diethyl ether and dissolved in water. 水層を1N塩酸で酸性にして酢酸エチルで抽出した。 The aqueous layer was acidified with 1N hydrochloric acid and extracted with ethyl acetate. 水、飽和食塩水で順次洗浄して無水硫酸マグネシウムで乾燥した。 Water, and then dried over anhydrous magnesium sulfate and washed with brine. 減圧下濃縮して析出した結晶をジイソプロピルエーテルでろ取した。 The crystals precipitated were concentrated under reduced pressure were collected by filtration with diisopropyl ether. 1−メチル−3−フランカルボン酸(5.5g)の結晶を得た。 To give crystals of 1-methyl-3-furancarboxylic acid (5.5 g). 融点101−102℃。 Melting point of 101-102 ℃.

【0121】参考例7 2−メチル−3−フランカルボン酸アミド参考例4と同様の方法で2−メチル−3−フランカルボン酸アミドを合成した。 [0121] was synthesized 2-methyl-3-furan carboxylic acid amide in the same manner as in Reference Example 7 2-Methyl-3-furan carboxylic acid amide Reference Example 4. 融点87−88℃。 Melting point 87-88 ℃.

【0122】参考例8 N-(ジアミノホスフィニル)−2−メチル−3−フラ [0122] Reference Example 8 N-(diamino phosphinyl) -2-methyl-3- Hula
ンカルボン酸アミド 2−メチルー3−フランカルボン酸アミド(2.0g) Nkarubon acid amide 2-methyl-3-furan carboxylic acid amide (2.0 g)
をトルエン(30ml)に懸濁して、五塩化リン(3. It was suspended in toluene (30 ml), phosphorus pentachloride (3.
5g)を少量ずつ加えた。 5g) was added in small portions. 70℃に加熱して30分間攪拌した。 It was heated to 70 ° C. and stirred for 30 minutes. 反応液を冷却して室温に戻し、ギ酸(0.74 Returned to room temperature the reaction was cooled, formic acid (0.74
g)を滴下した。 g) was added dropwise. 室温で30分間攪拌した後、ヘキサン(20ml)を加えて10分間攪拌した。 After stirring for 30 minutes at room temperature and stirred for 10 minutes by the addition of hexane (20ml). 析出した結晶をろ取して、ヘキサンで洗浄後、風乾して3.3gの結晶を得た。 Precipitated crystals were collected by filtration, washed with hexane to obtain crystals of 3.3g air dried. その結晶をテトラヒドロフラン(100m The crystals tetrahydrofuran (100m
l)に溶解した。 It was dissolved in l). 氷冷下にアンモニアガスを30分間導入した。 And ammonia gas was introduced for 30 minutes under ice-cooling. 導入後、室温で1時間攪拌した。 After the introduction, the mixture was stirred for 1 hour at room temperature. ジエチルエーテル(100ml)を加えて10分間攪拌した。 By addition of diethyl ether (100ml) was stirred for 10 minutes. 沈殿物をろ取して水洗した。 The precipitate was washed with water and collected by filtration. 風乾して得られた固体をメタノールから再結晶した。 The solid obtained air dried and recrystallized from methanol. N-(ジアミノホスフィニル)−2 N- (diamino phosphinyl) -2
−メチル−3−フランカルボン酸アミド(0.85g) - methyl-3-furan carboxylic acid amide (0.85 g)
の無色結晶を得た。 It was obtained as colorless crystals. 融点249−253℃ 元素分析値 C 6 H 10 N 3 O 3 Pとして 理論値(%):C,35.48;H,4.96;N,2 Mp 249-253 ° C. Elemental analysis C 6 H 10 N 3 O 3 theoretical value as P (%): C, 35.48 ; H, 4.96; N, 2
0.69 実測値(%):C,35.41;H,4.86;N,20.68. 1 H-NMR(DMSO-d 6 )δ:2.52(3H,s),4.13(4H,s),7.17(1H,d, 0.69 Found (%):. C, 35.41 ; H, 4.86; N, 20.68 1 H-NMR (DMSO-d 6) δ: 2.52 (3H, s), 4.13 (4H, s), 7.17 (1H , d,
J=2.0Hz),7.50(1H,d,J=2.0Hz),9.00(1H,d,J=7.4Hz). J = 2.0Hz), 7.50 (1H, d, J = 2.0Hz), 9.00 (1H, d, J = 7.4Hz).

【0123】参考例9 3,5−ジメチル−2−フランカルボン酸アミド参考例4と同様の方法で3,5−ジメチル−2−フランカルボン酸アミドを合成した。 [0123] was synthesized 3,5-dimethyl-2-furan-carboxylic acid amide in the same manner as in Reference Example 9 3,5-Dimethyl-2-furan-carboxylic acid amide Example 4. 融点141−142℃ Melting point 141-142 ℃

【0124】参考例10 N-(ジアミノホスフィニル)−3,5−ジメチル−2 [0124] Reference Example 10 N-(diamino phosphinyl) -3,5-dimethyl-2
−フランカルボン酸アミド参考例5と同様の方法でN-(ジアミノホスフィニル) - furan carboxylic acid amide Reference Example 5 In the same manner as N- (diamino phosphinyl)
−3,5−ジメチル−2−フランカルボン酸アミドを合成した。 It was synthesized 3,5-dimethyl-2-furan-carboxylic acid amide. 融点189−191℃ 元素分析値 C 7 H 12 N 3 O 3 Pとして 理論値(%):C,38.72;H,5.57;N,19.35 実測値(%):C,38.36;H,5.31;N,19.24. 1 H-NMR(DMSO-d 6 )δ:2.24(2H,s),2.28(3H,s),4.15(4H,br Mp 189-191 ° C. Elemental analysis C 7 H 12 N 3 O 3 theoretical value as P (%): C, 38.72 ; H, 5.57; N, 19.35 Found (%): C, 38.36; H, 5.31; N , 19.24 1 H-NMR (DMSO -d 6) δ:. 2.24 (2H, s), 2.28 (3H, s), 4.15 (4H, br
s),6.17(1H,s),8.09(1H,d,J=7.8Hz). s), 6.17 (1H, s), 8.09 (1H, d, J = 7.8Hz).

【0125】参考例11 3,5−ジメチル−2−チオフェンカルボン酸アミド参考例4と同様の方法で3,5−ジメチル−2−フランカルボン酸アミドを合成した。 [0125] was synthesized 3,5-dimethyl-2-furan-carboxylic acid amide in the same manner as in Reference Example 11 3,5-Dimethyl-2-thiophene-carboxylic acid amide Example 4. 融点141−142℃ Melting point 141-142 ℃

【0126】参考例12 N-(ジアミノホスフィニル)−3,5−ジメチル−2 [0126] Reference Example 12 N-(diamino phosphinyl) -3,5-dimethyl-2
−チオフェンカルボン酸アミド参考例5と同様の方法でN-(ジアミノホスフィニル) - In a similar manner to thiophene carboxamide Reference Example 5 N-(diamino phosphinyl)
−3,5−ジメチル−2−チオフェンカルボン酸アミドを合成した。 It was synthesized 3,5-dimethyl-2-thiophene-carboxylic acid amide. 融点160−162℃ 元素分析値 C 7 H 12 N 3 O 2として 理論値(%):C,36.05;H,5.91;N,18.02 実測値(%):C,35.86;H,5.16;N,17.97. 1 H-NMR(DMSO-d 6 )δ:2.37(3H,s),2.41(3H,s),4.13(4H,br Mp 160-162 ° C. Elemental analysis C 7 H 12 N 3 O 2 theoretically (%): C, 36.05; H, 5.91; N, 18.02 Found (%): C, 35.86; H, 5.16; N, . 17.97 1 H-NMR (DMSO -d 6) δ: 2.37 (3H, s), 2.41 (3H, s), 4.13 (4H, br
s),6.68(1H,s),8.31(1H,br s). s), 6.68 (1H, s), 8.31 (1H, br s).

【0127】 [0127]

【実施例】 【Example】

実施例1 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB−310)86.0gを秤量し、 Producing behenic acid hexa Example 1 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 86.0 g,
84℃に加熱溶融した。 Melted by heating to 84 ℃. これにN−(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−2−チオフェンカルボン酸アミド(以下、化合物Aと称す)4.0g、次いでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー1 To N- (diamino phosphinyl) -5-methyl-2-thiophenecarboxylic acid amide (hereinafter referred to as Compound A) 4.0 g, and then acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., trade name Haibisu Wako 1
04)10.0gを順次添加し、84℃に保って15分間撹拌し分散させた。 04) 10.0 g serially added and mixture was stirred for dispersion for 15 minutes at a constant temperature of 84 ° C.. 溶融混合物を1950rpm で回転している直径15cmのアルミ製ディスクに10g/分の速度で滴下することにより42/60メッシュ(42メッシュふるいを通過し、60メッシュふるいに残留するサイズを意味する。以下同様に略す。)の球状の細粒剤が得られた。 Melt mixture passes through the aluminum disk rotating diameter 15cm at 1950rpm sieve 42/60 mesh (42 mesh by dripping at a rate of 10 g / min, which means the size remaining in the 60-mesh sieve. The following Similarly abbreviated. spherical fine granules of) were obtained.

【0128】実施例2 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 硬化ヒマシ油(フロイン産業(株)、商品名 ラブリワックス 101)63gおよびベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名HB−3 [0128] Example 2 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation produced hydrogenated castor oil (Freund Industrial Co., Ltd., trade name Lubri wax 101) 63 g and behenic acid hexa (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., , trade name HB-3
10)5.0gを秤量し、84℃に加熱溶融した。 10) was weighed 5.0 g, it was melted by heating to 84 ° C.. これに化合物A 4.0g次いでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー104)8.0 This compound A 4.0 g then acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., HIVISWAKO 104 ™) 8.0
g、カードラン(武田薬品工業(株))20.0gを順次添加し、84℃に保って15分間撹拌し分散させた。 g, successively added curdlan (Takeda Chemical Industries (Ltd.)) 20.0 g, was stirred for dispersion for 15 minutes at a constant temperature of 84 ° C..
溶融混合物を1950rpm で回転している直径15cmのアルミ製ディスクに10g/分の速度で滴下することにより42/60メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/60 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at a rate of 10 g / min at 1950rpm was obtained.

【0129】実施例3 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 硬化ヒマシ油(フロイン産業(株)、商品名 ラブリワックス 101)63.0gおよびベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB [0129] Example 3 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation produced hydrogenated castor oil (Freund Industrial Co., Ltd., trade name Lubri wax 101) 63.0 g and behenic acid hexa (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo ( Co., Ltd.), trade name HB
−310)5.0gを秤量し、84℃に加熱溶融した。 -310) were weighed 5.0 g, it was melted by heating to 84 ° C..
これに化合物A4.0g次いでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー104)8.0 This compound A4.0g then acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., HIVISWAKO 104 ™) 8.0
g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 L-HPC(LH-31))20.0gを順次添加し、84℃に保って15分間撹拌し分散させた。 g, low-substituted hydroxypropylcellulose were added successively (Shin-Etsu Chemical Co., Ltd., trade name L-HPC (LH-31)) 20.0g, was stirred for dispersion for 15 minutes at a constant temperature of 84 ° C..
溶融混合物を1950rpm で回転している直径15cmのアルミ製ディスクに10g/分の速度で滴下することにより42/60メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/60 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at a rate of 10 g / min at 1950rpm was obtained.

【0130】実施例4 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業 [0130] Example 4 produced behenic acid hexa urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo
(株)、商品名 HB−310)81.5gを秤量し、8 (Ltd.), was weighed trade name HB-310) 81.5g, 8
4℃に加熱溶融した。 4 was heated and melted in ° C.. これに化合物A 0.5g次いでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー104)8.0g、カードラン(武田薬品工業 This compound A 0.5 g then acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 104) 8.0 g, curdlan (Takeda Chemical Industries
(株))10.0gを順次添加し、84℃に保って15分間攪拌し分散させた。 Sequentially added (Ltd.)) 10.0 g, mixture was stirred for dispersion at a constant for 15 minutes to 84 ° C.. 溶融混合物を1950rpm で回転している直径15cmのアルミ製ディスクに10g/分の速度で滴下することにより42/60メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/60 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at a rate of 10 g / min at 1950rpm was obtained.

【0131】実施例5 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 硬化ヒマシ油(フロイント産業(株)、商品名 ラブリワックス101)54.0gおよびベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名HB−31 [0131] Example 5 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation produced hydrogenated castor oil (Freund Corporation, trade name Lubri wax 101) 54.0 g and behenic acid hexa (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo ( Co., Ltd.), trade name HB-31
0)1.0gを秤量し、84℃に加熱溶融した。 0) were weighed 1.0 g, it was melted by heating to 84 ° C.. これに化合物A 35.0g次いでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー104)5.0g、 This compound A 35.0 g then acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 104) 5.0 g,
カードラン(武田薬品工業(株))5.0gを順次添加し、84℃に保って15分間攪拌し分散させた。 It was added curdlan (Takeda Chemical Industries, Ltd.) and 5.0g sequentially mixture was stirred for dispersion at a constant for 15 minutes to 84 ° C.. 溶融混合物を1950rpm で回転している直径15cmのアルミ製ディスクに10g/分の速度で滴下することにより4 4 by dropwise at 10 g / min of molten mixture to the aluminum disk having a diameter of 15cm which is rotating at 1950rpm
2/60メッシュの球状の細粒剤が得られた。 2/60 mesh spherical fine granules were obtained.

【0132】実施例6 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 硬化ヒマシ油(フロイント産業(株)、商品名 ラブリワックス101)35.0gおよびベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名HB−31 [0132] Example 6 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation produced hydrogenated castor oil (Freund Corporation, trade name Lubri wax 101) 35.0 g and behenic acid hexa (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo ( Co., Ltd.), trade name HB-31
0)1.0gを秤量し、84℃に加熱溶融した。 0) were weighed 1.0 g, it was melted by heating to 84 ° C.. これに化合物A 35.0g次いでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー104)5.0g、 This compound A 35.0 g then acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 104) 5.0 g,
低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業 Low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical
(株)、商品名L-HPC(LH-31))5.0gを順次添加し、 (Ltd.), were successively added the trade name L-HPC (LH-31)) 5.0g,
84℃に保って15分間攪拌し分散させた。 84 held by the agitation and is dispersed for 15 minutes in ° C.. 溶融混合物を1950rpm で回転している直径15cmのアルミ製ディスクに10g/分の速度で滴下することにより42 42 by dripping at a rate of 10 g / min molten mixture aluminum disk of the rotating diameter 15cm at 1950rpm
/60メッシュの球状の細粒剤が得られた。 / 60-mesh spherical fine granules were obtained.

【0133】実施例7 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 硬化ヒマシ油(フロイント産業(株)、商品名 ラブリワックス101)54.0gおよびベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名HB−31 [0133] Example 7 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation produced hydrogenated castor oil (Freund Corporation, trade name Lubri wax 101) 54.0 g and behenic acid hexa (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo ( Co., Ltd.), trade name HB-31
0)1.0gを秤量し、84℃に加熱溶融した。 0) were weighed 1.0 g, it was melted by heating to 84 ° C.. これに化合物A 35.0g次いでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー104)5.0g、 This compound A 35.0 g then acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 104) 5.0 g,
低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業 Low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical
(株)、商品名L-HPC(LH-31))5.0gを順次添加し、 (Ltd.), were successively added the trade name L-HPC (LH-31)) 5.0g,
84℃に保って15分間攪拌し分散させた。 84 held by the agitation and is dispersed for 15 minutes in ° C.. 溶融混合物を1950rpm で回転している直径15cmのアルミ製ディスクに10g/分の速度で滴下することにより42 42 by dripping at a rate of 10 g / min molten mixture aluminum disk of the rotating diameter 15cm at 1950rpm
/60メッシュの球状の細粒剤が得られた。 / 60-mesh spherical fine granules were obtained.

【0134】実施例8 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 硬化ヒマシ油(フロイント産業(株)、商品名 ラブリワックス101)76.0gを秤量し、84℃に加熱溶融した。 [0134] Example 8 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation produced hydrogenated castor oil (Freund Corporation, trade name Lubri wax 101) was weighed 76.0 g, it was melted by heating to 84 ° C.. これに化合物A 4.0g次いでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー104 1 This compound A 4.0 g then acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 104 1
0.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名L-HPC(LH-31))10.0gを順次添加し、84℃に保って15分間攪拌し分散させた。 0.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., trade name L-HPC (LH-31)) were added successively 10.0 g, mixture was stirred for dispersion at a constant for 15 minutes to 84 ° C.. 溶融混合物を1950rpm で回転している直径15 The diameter is rotating molten mixture at 1950 rpm 15
cmのアルミ製ディスクに10g/分の速度で滴下することにより42/60メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Spherical fine granules of 42/60 mesh were obtained by dripping in an aluminum disk 10 g / min of cm.

【0135】実施例9 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 硬化ヒマシ油(フロイン産業(株)、商品名 ラブリワックス 101)78.0gを秤量し、84℃に加熱溶融した。 [0135] Example 9 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation produced hydrogenated castor oil (Freund Industrial Co., Ltd., trade name Lubri wax 101) was weighed 78.0 g, was melted by heating to 84 ° C.. これに化合物A 4.0g次いでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー 10 This compound A 4.0 g then acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 10
4)8.0g、カードラン(武田薬品工業(株))10. 4) 8.0g, curdlan (Takeda Chemical Industries, Ltd.) 10.
0gを順次添加し、84℃に保って15分間撹拌し分散させた。 Successively added 0 g, it was stirred for dispersion for 15 minutes at a constant temperature of 84 ° C.. 溶融混合物を1950rpm で回転している直径15cmのアルミ製ディスクに10g/分の速度で滴下することにより42/60メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/60 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at a rate of 10 g / min at 1950rpm was obtained.

【0136】実験例1 実施例9で得られた細粒剤を40℃、密栓状態で6週間保存し、保存期間2,4および6週の化合物Aの安定性を検討した。 [0136] 40 ° C. The fine granules obtained in Example 1 Example 9 was stored for 6 weeks at sealed state was investigated the stability of Compound A storage period 2, 4, and 6 weeks.

【表1】 [Table 1] 表1に示すとおり、細粒剤中の化合物Aは保存6週間において安定であった。 As shown in Table 1, Compound A in fine granules were stable in storage for 6 weeks.

【0137】実施例10 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)8.4gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0137] Production behenic acid hexa Example 10 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 8.4 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これにN-(ジアミノホスフィニル)−2−メチル−3−フランカルボン酸アミド(以下、化合物Bと称する)を0.1gついでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー104)1.5g順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 To this N- (diamino phosphinyl) -2-methyl-3-furancarboxylic acid amide (hereinafter compound B hereinafter) and 0.1g followed acrylic acid polymer (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 104) 1.5 g were added successively, sufficiently agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を The molten mixture
3600rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに5 Aluminum disk of the rotating diameter 15cm at 3600rpm 5
0g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Spherical fine granules of 42/119 mesh was obtained by dropwise at 0 g / min.

【0138】実施例11 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)8.4gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0138] Production behenic acid hexa Example 11 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 8.4 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを0.1gついでアクリル酸系重合体のアンモニウム塩(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー204)1.5g順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 This compound B 0.1 g followed acrylic polymer of the ammonium salt (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 204) 1.5 g were added successively, sufficiently agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を3600rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3600rpm was obtained.

【0139】実施例12 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)8.4gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0139] Production behenic acid hexa Example 12 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 8.4 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを0.1gついでアクリル酸系重合体のナトリウム塩(BFグッドリッチ、商品名 EX214) This compound B 0.1 g followed sodium salt of an acrylic acid polymer (BF Goodrich, trade name EX214)
1.5g順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 1.5g successively added and thoroughly agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C..
溶融混合物を3600rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/11 42/11 by dropwise at 50 g / min of molten mixture to the aluminum disk having a diameter of 15cm which is rotating at 3600rpm
9メッシュの球状の細粒剤が得られた。 9 mesh spherical fine granules were obtained.

【0140】実施例13 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)7.9gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0140] Production behenic acid hexa Example 13 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 7.9 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを0.1gついでアクリル酸系重合体の塩(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー20 This compound B 0.1 g followed acrylic polymer salt (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 20
4)1.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)1.0gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 4) 1.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., was added tradename LH-31) 1.0 g were sequentially at a constant temperature of 80 ° C. was sufficiently stirred and dispersed. 溶融混合物を The molten mixture
3600rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに5 Aluminum disk of the rotating diameter 15cm at 3600rpm 5
0g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Spherical fine granules of 42/119 mesh was obtained by dropwise at 0 g / min.

【0141】実施例14 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)8.0gと硬化ヒマシ油(フロイント産業(株)、商品名 ラブリワックス101)0.1gを秤量し、85℃に加温溶解した。 [0141] Production behenic acid hexa Example 14 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) 8.0 g and hydrogenated castor oil (Freund Industrial (Co. ), were weighed tradename Lubri wax 101) 0.1 g, it was dissolved by heating to 85 ° C.. これに化合物Bを0.1gついでアクリル酸系重合体の塩(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー204)0.8g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31) This compound B 0.1 g followed acrylic polymer salt (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 204) 0.8 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., trade name LH- 31)
1.0gを順次添加し、85℃に保って十分撹拌し分散させた。 1.0g successively added and thoroughly agitation for dispersion at a constant temperature of 85 ° C.. 溶融混合物を3600rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより4 4 by dropwise at 50 g / min of molten mixture to the aluminum disk of the rotating diameter 15cm at 3600rpm
2/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 2/119 mesh spherical fine granules were obtained.

【0142】実施例15 タイトル ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)8.0gと硬化ヒマシ油(フロイント産業(株)、商品名 ラブリワックス101)0.1gを秤量し、85℃に加温溶解した。 [0142] Example 15 Title behenate hexa (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) 8.0 g and hydrogenated castor oil (Freund Industrial Co., Ltd., trade name Lubri wax 101) to 0.1g It weighed, and dissolved by heating to 85 ° C.. これにN-(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−3−フランカルボン酸アミド(以下、化合物Cと称する)を0.1gついでアクリル酸系重合体の塩(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー20 To this N- (diamino phosphinyl) -5-methyl-3-furancarboxylic acid amide (hereinafter compound C as referred) to 0.1g followed acrylic polymer salt (Wako Pure Chemical Co., trade name Hiviswako 20
4)0.8g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)1.0gを順次添加し、85℃に保って十分撹拌し分散させた。 4) 0.8 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., successively added trade name LH-31) 1.0 g, was sufficiently agitation for dispersion at a constant temperature of 85 ° C.. 溶融混合物を The molten mixture
3600rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに5 Aluminum disk of the rotating diameter 15cm at 3600rpm 5
0g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Spherical fine granules of 42/119 mesh was obtained by dropwise at 0 g / min.

【0143】実施例16 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)8.0gと硬化ヒマシ油(フロイント産業(株)、商品名 ラブリワックス101)0.1gを秤量し、85℃に加温溶解した。 [0143] Production behenic acid hexa Example 16 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) 8.0 g and hydrogenated castor oil (Freund Industrial (Co. ), were weighed tradename Lubri wax 101) 0.1 g, it was dissolved by heating to 85 ° C.. これに化合物Bを0.1gついでアクリル酸系重合体の塩(BFク゛ット゛リッチ、商品名 EX21 This compound B 0.1 g followed acrylic polymer salt (BF Goodrich, trade name EX21
4)0.8g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)1.0gを順次添加し、85℃に保って十分撹拌し分散させた。 4) 0.8 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., successively added trade name LH-31) 1.0 g, was sufficiently agitation for dispersion at a constant temperature of 85 ° C.. 溶融混合物を The molten mixture
3600rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに5 Aluminum disk of the rotating diameter 15cm at 3600rpm 5
0g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Spherical fine granules of 42/119 mesh was obtained by dropwise at 0 g / min.

【0144】実施例17 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)8.0gと硬化ヒマシ油(フロイント産業(株)、商品名 ラブリワックス101)0.1gを秤量し、85℃に加温溶解した。 [0144] Production behenic acid hexa Example 17 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) 8.0 g and hydrogenated castor oil (Freund Industrial (Co. ), were weighed tradename Lubri wax 101) 0.1 g, it was dissolved by heating to 85 ° C.. これ化合物Cを0.1gついでアクリル酸系重合体の塩(BFク゛ット゛リッチ、商品名 EX214) This compound C of 0.1g followed acrylic polymer salt (BF Goodrich, trade name EX214)
0.8g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)1.0gを順次添加し、85 0.8 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., trade name LH-31) were added sequentially 1.0 g, 85
℃に保って十分撹拌し分散させた。 ℃ to sufficiently agitation for dispersion maintained. 溶融混合物を3600rp 3600rp a molten mixture
mで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min was obtained by m.

【0145】実施例18 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)56.0gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0145] Production behenic acid hexa Example 18 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 56.0 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを39.0gついでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー10 39.0g followed acrylic polymer compound B thereto (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 10
4)5.0gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 4) 5.0 g were added successively, sufficiently agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3960rpm was obtained.

【0146】実施例19 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)56.0gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0146] Production behenic acid hexa Example 19 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 56.0 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを39.0gついでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー20 39.0g followed acrylic polymer compound B thereto (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 20
4)5.0gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 4) 5.0 g were added successively, sufficiently agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3960rpm was obtained.

【0147】実施例20 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)56.0gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0147] Production behenic acid hexa Example 20 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 56.0 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを39.0gついでアクリル酸系重合体(BFク゛ット゛リッチ、商品名 EX214)5.0gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 39.0g followed acrylic polymer compound B thereto (BF Goodrich, trade name EX214) were added successively 5.0 g, was sufficiently agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を The molten mixture
3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに5 Aluminum disk of the rotating diameter 15cm at 3960rpm 5
0g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Spherical fine granules of 42/119 mesh was obtained by dropwise at 0 g / min.

【0148】実施例21 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)50.5gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0148] Production behenic acid hexa Example 21 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 50.5 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを39.0gついでアクリル酸系重合体(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー10 39.0g followed acrylic polymer compound B thereto (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 10
4)4.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)6.5gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 4) 4.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., was added tradename LH-31) 6.5 g were sequentially at a constant temperature of 80 ° C. was sufficiently stirred and dispersed. 溶融混合物を The molten mixture
3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに5 Aluminum disk of the rotating diameter 15cm at 3960rpm 5
0g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Spherical fine granules of 42/119 mesh was obtained by dropwise at 0 g / min.

【0149】実施例22 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)50.5gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0149] Production behenic acid hexa Example 22 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 50.5 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを39.0gついでアクリル酸系重合体の塩(和光純薬(株)、商品名 ハイビスワコー2 This compound B 39.0 g followed acrylic polymer salt (Wako Pure Chemical Co., trade name HIVISWAKO 2
04)4.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)6.5gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 04) 4.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., was added tradename LH-31) 6.5 g in sequence, sufficiently agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3960rpm was obtained.

【0150】実施例23 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)50.5gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0150] Production behenic acid hexa Example 23 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 50.5 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを39.0gついでアクリル酸系重合体の塩(BFク゛ット゛リッチ、商品名 EX214)4.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)6.5gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 This compound B 39.0 g followed acrylic polymer salt (BF Goodrich, trade name EX214) 4.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., trade name LH-31) and 6.5g successively added and thoroughly agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3960rpm was obtained.

【0151】実施例24 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)50.5gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0151] Production behenic acid hexa Example 24 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 50.5 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを39.0gついでアクリル酸系重合体の塩(BFク゛ット゛リッチ、商品名 EX214)2.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)8.5gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 This compound B 39.0 g followed acrylic polymer salt (BF Goodrich, trade name EX214) 2.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., trade name LH-31) and 8.5g successively added and thoroughly agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3960rpm was obtained.

【0152】実施例25 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)60.0gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0152] Production behenic acid hexa Example 25 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 60.0 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを30.0gついでアクリル酸系重合体の塩(BFク゛ット゛リッチ、商品名 EX214)6.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)4.0gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 This compound B 30.0 g followed acrylic polymer salt (BF Goodrich, trade name EX214) 6.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., trade name LH-31) and 4.0g successively added and thoroughly agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3960rpm was obtained.

【0153】実施例26 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)70.0gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0153] Production behenic acid hexa Example 26 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 70.0 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを20.0gついでアクリル酸系重合体の塩(BFク゛ット゛リッチ、商品名 EX214)6.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)4.0gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 This compound B 20.0 g followed acrylic polymer salt (BF Goodrich, trade name EX214) 6.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., trade name LH-31) and 4.0g successively added and thoroughly agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3960rpm was obtained.

【0154】実施例27 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)60.0gを秤量し、80℃に加温溶解した。 [0154] Production behenic acid hexa Example 27 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) was weighed 60.0 g, heated to 80 ° C. It was dissolved. これに化合物Bを30.0gついでアクリル酸系重合体の塩(BFク゛ット゛リッチ、商品名 EX214)2.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)8.0gを順次添加し、80℃に保って十分撹拌し分散させた。 This compound B 30.0 g followed acrylic polymer salt (BF Goodrich, trade name EX214) 2.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., trade name LH-31) and 8.0g successively added and thoroughly agitation for dispersion at a constant temperature of 80 ° C.. 溶融混合物を3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3960rpm was obtained.

【0155】実施例28 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤の製造 ベヘン酸ヘキサ(テトラ)グリセリド(阪本薬品工業(株)、商品名 HB-310)20.0gと硬化ヒマシ油(フロイント産業(株)、商品名 HB-310)29.0gを秤量し、85℃に加温溶解した。 [0155] Production behenic acid hexa Example 28 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (tetra) glyceride (Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., trade name HB-310) 20.0 g and hydrogenated castor oil (Freund Industrial (Co. ), were weighed trade name HB-310) 29.0 g, and dissolved by heating to 85 ° C.. これに化合物Bを39.0gついでアクリル酸系重合体の塩(BFク゛ット゛リッチ、商品名 EX214)4.0g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(信越化学工業(株)、商品名 LH-31)8.0gを順次添加し、85℃に保って十分撹拌し分散させた。 This compound B 39.0 g followed acrylic polymer salt (BF Goodrich, trade name EX214) 4.0 g, low-substituted hydroxypropylcellulose (Shin-Etsu Chemical Co., trade name LH-31) and 8.0g successively added and thoroughly agitation for dispersion at a constant temperature of 85 ° C.. 溶融混合物を3960rpmで回転している直径15cmのアルミ製ディスクに50g/分の速度で滴下することにより42/119メッシュの球状の細粒剤が得られた。 Molten mixture fine granules 42/119 mesh spherical by dropping the aluminum disk rotating diameter 15cm at 50 g / min at 3960rpm was obtained.

【0156】実験例2 ウレアーゼ阻害物質含有消化管粘膜付着性製剤のin viv [0156] in viv Experimental Example 2 urease inhibitor-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation
o抗ヘリコバクター・ピロリ効果 ヘリコバクター・ピロリ(以下、HPと略称することがある)感染スナネズミ(MON/Jms/Gbs)にランソプラゾール(0.5%メチルセルロース懸濁液)を10mg/kgの投与量となるように皮下投与後、実施例13および14で得られた化合物B含有消化管粘膜付着性製剤(表中、AdMMS-1 o anti-Helicobacter pylori effect Helicobacter pylori (hereinafter sometimes abbreviated as HP) infection gerbils (MON / Jms / Gbs) to lansoprazole (0.5% methylcellulose suspension) so that the dose of 10 mg / kg after subcutaneous administration, obtained in examples 13 and 14 compound B-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparation (in the table, AdMMS-1
3またはAdMMS-14と表記)、および化合物Bを含む0.5% 3 or AdMMS-14 hereinafter), and 0.5% including Compound B
メチルセルロース懸濁液(表中、懸濁液と表記)を、化合物BとしてAdMMS-13または-14は0.3mg/kg、懸濁液は3 Methylcellulose suspension (in the table, the suspension hereinafter) of, AdMMS-13 or -14 0.3 mg / kg as the compound B, the suspension 3
mg/kgとなるように一日2回3日間経口投与した。 As a mg / kg was administered orally twice 3 days day. 最終投与16時間後に胃を摘出し、胃破砕物をHP選択培地に接種して微好気下に4日間培養後、生菌数を測定し、除菌率を求めた。 The stomach was removed after the final administration 16 hours, after 4 days of culture the stomach crushed was inoculated into HP selective medium under microaerobic measures the number of viable bacteria was determined eradication rate. 結果を表2に示した。 The results are shown in Table 2.

【表2】 [Table 2] 化合物B含有消化管粘膜付着性製剤は懸濁液の1/10 Compound B-containing gastrointestinal mucosa-adherent preparations of suspension 1/10
の投与量で同等のHP除菌効果を示した。 It showed comparable HP sterilizing effect in dose.

【0157】 [0157]

【発明の効果】本発明によれば、水分や酸に対して不安定なリン酸アミド誘導体を安定な医薬組成物とすることが可能である。 According to the present invention, it is possible to stable pharmaceutical compositions unstable phosphoric acid amide derivative with respect to moisture and acid. このような本発明の医薬組成物は、通常の保存条件下で長期にわたり、相対湿度約15%以下の状態を維持できるという優れた製剤特性を有し、経口投与可能である。 Such pharmaceutical compositions of the present invention, over time under normal storage conditions, has excellent formulation properties that can be maintained a relative humidity of about 15% or less, it is orally administered. また消化管粘膜付着性を付与された本発明の医薬組成物は、胃内に滞留し持続的に薬物を放出することができるので、消化管内で有害な作用を及ぼすヘリコバクター・ピロリに起因する各種消化器系統の疾患(例えば、胃炎、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、慢性胃炎等) The pharmaceutical compositions of the present invention that the gastrointestinal mucosa-adherent been given, it is possible to release a sustained drug remaining in the stomach, various caused by Helicobacter pylori cause harmful effects in the digestive tract diseases of the digestive system (e.g., gastritis, duodenal ulcer, gastric ulcer, chronic gastritis, etc.)
の予防または治療に極めて有用である。 It is extremely useful for the prevention or treatment of.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 FI A61K 45/00 A61K 45/00 C07F 9/22 C07F 9/22 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page continued (51) Int.Cl. 6 identifications FI A61K 45/00 A61K 45/00 C07F 9/22 C07F 9/22

Claims (36)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】ウレアーゼ阻害物質および油性基剤を含有する医薬組成物。 1. A urease inhibitor and a pharmaceutical composition containing the oily base.
  2. 【請求項2】マトリックス製剤である請求項1記載の医薬組成物。 2. A pharmaceutical composition according to claim 1, wherein the matrix formulation.
  3. 【請求項3】消化管粘膜付着性組成物である請求項1記載の医薬組成物。 3. A pharmaceutical composition of claim 1 which is gastrointestinal mucosa-adherent composition.
  4. 【請求項4】消化管粘膜付着性マトリックス製剤である請求項1記載の医薬組成物。 4. A pharmaceutical composition of claim 1 which is gastrointestinal mucosa-adherent matrix formulation.
  5. 【請求項5】油性基剤がポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質である請求項2記載の医薬組成物。 5. A pharmaceutical composition according to claim 2, wherein the oleaginous base is a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid.
  6. 【請求項6】ポリグリセリン脂肪酸エステルが、重合度2ないし20のポリグリセリンと炭素数8ないし40の脂肪酸とのエステルである請求項5記載の医薬組成物。 6. A polyglycerol fatty acid ester, the degree of polymerization of 2 to pharmaceutical composition according to claim 5, wherein an ester of 20 of polyglycerol with fatty acids of from 40 C 8 -C.
  7. 【請求項7】ポリグリセリン脂肪酸エステルのHLBが1ないし9である請求項5記載の医薬組成物。 7. A pharmaceutical composition according to claim 5, wherein HLB of the polyglycerol fatty acid ester is 9 to 1 to.
  8. 【請求項8】ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質を20乃至95重量%含有する請求項5記載の医薬組成物。 8. polyglycerol fatty acid ester and / or lipid containing 20 to 95 wt% claim 5 pharmaceutical composition according.
  9. 【請求項9】ウレアーゼ阻害物質を10乃至50重量% 9. The urease inhibitor 10 to 50 wt%
    含有する請求項1記載の医薬組成物。 The pharmaceutical composition according to claim 1, further comprising.
  10. 【請求項10】ウレアーゼ阻害物質がリン酸アミド誘導体である請求項1記載の医薬組成物。 10. A pharmaceutical composition according to claim 1, wherein the urease inhibitor is phosphoric acid amide derivative.
  11. 【請求項11】リン酸アミド誘導体が式 【化1】 11. phosphoric acid amide derivative has the formula ## STR1 ## 〔式中、Rは置換されていてもよいアミノ基を示す。 [Wherein, R represents an amino group which may be substituted. ]
    で表される化合物またはその塩である請求項10記載の医薬組成物。 A compound represented by or a pharmaceutical composition according to claim 10, wherein a salt thereof.
  12. 【請求項12】Rが式―NHCOR 1 〔式中、R 1は水素原子、置換されていてもよい炭化水素基または置換されていてもよい複素環基を示す。 12. wherein R has the formula -NHCOR 1 [wherein, R 1 represents a hydrogen atom, an optionally substituted hydrocarbon group or an optionally substituted heterocyclic group. 〕で表される基である請求項11記載の医薬組成物。 The pharmaceutical composition of claim 11, wherein a group represented by].
  13. 【請求項13】リン酸アミド誘導体が式 【化2】 13. phosphoric acid amide derivative has the formula ## STR2 ## 〔式中、R 1aは置換されていてもよい環状炭化水素基または置換されていてもよい複素環基を示す。 Wherein, R 1a represents an optionally substituted cyclic hydrocarbon group or an optionally substituted heterocyclic group. 〕で表される化合物またはその塩である請求項10記載の医薬組成物。 ] A compound represented by or a pharmaceutical composition according to claim 10, wherein a salt thereof.
  14. 【請求項14】R 1aが置換されていてもよい芳香族炭化水素基、または置換されていてもよい芳香族複素環基である請求項13記載の医薬組成物。 14. aromatic be R 1a is an optionally substituted hydrocarbon group or an optionally which may be substituted aromatic heterocyclic group claim 13 pharmaceutical composition according.
  15. 【請求項15】R 1aが置換されていてもよい5員芳香族複素環基である請求項13記載の医薬組成物。 15. A pharmaceutical composition according to claim 13, wherein R 1a is a substituted 5-membered aromatic may be heterocyclic group.
  16. 【請求項16】R 1aが、1乃至3個のハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルキル、C 1-3アルコキシ、ハロゲン、ニトロ、シアノ、(C 1-6アルキル)カルボニルおよび(C 1-6アルキル)スルホニルから選ばれる1乃至3個の置換基でそれぞれ置換されていてもよいチエニル基またはフリル基である請求項13記載の医薬組成物。 16. R 1a is 1 to 3 halogens optionally substituted C 1-3 alkyl, C 1-3 alkoxy, halogen, nitro, cyano, (C 1-6 alkyl) carbonyl and ( C 1-6 alkyl) 1 to 3 each be substituted with a substituent is also thienyl group or furyl group claim 13 pharmaceutical composition according selected from sulfonyl.
  17. 【請求項17】R 1aが1または2個のC 1-3アルキル基で置換されていてもよいチエニル基または1または2個のC 1-3アルキル基で置換されていてもよいフリル基である請求項13記載の医薬組成物。 In 17. R 1a is one or two C 1-3 alkyl groups optionally substituted thienyl group or one or two C 1-3 alkyl optionally substituted furyl group by group the pharmaceutical composition is according to claim 13.
  18. 【請求項18】ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−2−チオフェンカルボン酸アミドまたはその塩である請求項1記載の医薬組成物。 18. urease inhibitor N- (diamino phosphinyl) -5-methyl-2-thiophene carboxylic acid amide or a pharmaceutical composition according to claim 1, wherein a salt thereof.
  19. 【請求項19】ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−2−メチル−3−フランカルボン酸アミドまたはその塩である請求項1記載の医薬組成物。 19. urease inhibitor N- (diamino phosphinyl) -2-methyl-3-furan carboxylic acid amide, or a pharmaceutical composition according to claim 1, wherein a salt thereof.
  20. 【請求項20】ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−5−メチル−3−フランカルボン酸アミドまたはその塩である請求項1記載の医薬組成物。 20. urease inhibitor N- (diamino phosphinyl) -5-methyl-3-furan carboxylic acid amide, or a pharmaceutical composition according to claim 1, wherein a salt thereof.
  21. 【請求項21】ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−3,5−ジメチル−2−フランカルボン酸アミドまたはその塩である請求項1記載の医薬組成物。 21. urease inhibitor N- (diamino phosphinyl) -3,5-dimethyl-2-furan-carboxylic acid amide or a pharmaceutical composition according to claim 1, wherein a salt thereof.
  22. 【請求項22】ウレアーゼ阻害物質がN−(ジアミノホスフィニル)−3,5−ジメチル−2−チオフェンカルボン酸アミドまたはその塩である請求項1記載の医薬組成物。 22. urease inhibitor N- (diamino phosphinyl) -3,5-dimethyl-2-thiophene-carboxylic acid amide or a pharmaceutical composition according to claim 1, wherein a salt thereof.
  23. 【請求項23】水で粘性を生じる物質をマトリックス中に含有する請求項4記載の医薬組成物。 23. The method of claim 4 A pharmaceutical composition according to the substance resulting viscous with water contained in the matrix.
  24. 【請求項24】消化管粘膜付着性マトリックスが水で粘性を生じる物質を含有する被覆剤で被覆してなる被覆マトリックスである請求項4記載の医薬組成物。 24. gastrointestinal mucosa-adherent matrix is ​​a coating matrix formed by coating with a coating agent containing a substance that produces a viscosity with water 4. The pharmaceutical composition according.
  25. 【請求項25】水で粘性を生じる物質を0.5乃至30 25. 0.5 to substances causing viscous with water 30
    重量%含有する請求項23記載の医薬組成物。 The pharmaceutical composition of claim 23 wherein the weight content%.
  26. 【請求項26】水で粘性を生じる物質がアクリル酸系重合体またはその塩である請求項23または請求項24記載の医薬組成物。 26. materials resulting viscous with water acrylic polymer or claim 23 or claim 24 The pharmaceutical composition according a salt thereof.
  27. 【請求項27】ウレアーゼ阻害物質が抗ヘリコバクター・ピロリ作用物質である請求項9記載の医薬組成物。 27. A pharmaceutical composition according to claim 9, wherein the urease inhibitor is an anti-Helicobacter pylori agent.
  28. 【請求項28】ヘリコバクター・ピロリが関連する消化器系疾患の予防、治療、再発防止剤である請求項27記載の医薬組成物。 28. prevention of digestive diseases that Helicobacter pylori is associated, therapeutic, pharmaceutical composition according to claim 27, wherein the preventative agent.
  29. 【請求項29】(i)ウレアーゼ阻害物質、(ii)ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質、および(iii)アクリル酸重合体またはその塩を含有する請求項23記載の医薬組成物。 29. (i) urease inhibitor, (ii) a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid, and (iii) acrylic acid polymer or a pharmaceutical composition according to claim 23, wherein a salt thereof.
  30. 【請求項30】(i)ウレアーゼ阻害物質が式 【化3】 30. (i) urease inhibitor has the formula ## STR3 ## 〔式中、Rは置換されていてもよいアミノ基を示す。 [Wherein, R represents an amino group which may be substituted. ]
    で表される化合物またはその塩であり、(ii)ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質がベヘン酸テトラ(ヘキサ)グリセリドおよび/またはテトラグリセリンポリリシノレートであり、かつ(iii)アクリル酸重合体またはその塩の分子量が20万乃至600万である請求項29記載の医薬組成物。 In a compound represented by or a salt thereof, (ii) a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid is behenic acid tetra (hexa) glyceride and / or tetraglycerol polyricinolate, and (iii) acrylic acid polymer or molecular weight of 200,000 or pharmaceutical composition according to claim 29 wherein the 6 million of its salts.
  31. 【請求項31】(i)ウレアーゼ阻害物質が式 【化4】 31. (i) urease inhibitor has the formula ## STR4 ## 〔式中、R 1aは置換されていてもよい環状炭化水素または置換されていてもよい複素環基を示す。 Wherein, R 1a represents an optionally substituted cyclic hydrocarbon or an optionally substituted heterocyclic group. 〕で表される化合物またはその塩であり、(ii)ポリグリセリン脂肪酸エステルおよび/または脂質がベヘン酸テトラ(ヘキサ)グリセリドおよび/またはテトラグリセリンポリリシノレートであり、かつ(iii)アクリル酸重合体またはその塩の分子量が20万乃至600万である請求項29記載の医薬組成物。 ] In a compound represented, (ii) a polyglycerol fatty acid ester and / or lipid is behenic acid tetra (hexa) glyceride and / or tetraglycerol polyricinolate, and (iii) acrylic acid polymer or molecular weight of 200,000 to 6 million and is 29. the pharmaceutical composition according to a salt thereof.
  32. 【請求項32】R 1aが、1乃至3個のハロゲンで置換されていてもよいC 1-3アルキル、C 1-3アルコキシ、ハロゲン、ニトロ、シアノ、(C 1-6アルキル)カルボニルおよび(C 1-6アルキル)スルホニルから選ばれる1乃至3個の置換基でそれぞれ置換されていてもよいチエニル基またはフリル基である請求項30記載の医薬組成物。 32. R 1a is 1 to 3 halogens optionally substituted C 1-3 alkyl, C 1-3 alkoxy, halogen, nitro, cyano, (C 1-6 alkyl) carbonyl and ( C 1-6 alkyl) 1 to 3 each be substituted with a substituent is also thienyl group or furyl group claim 30 pharmaceutical composition according selected from sulfonyl.
  33. 【請求項33】R 1aが1乃至2個のC 1-3アルキル基で置換されていてもよいチエニル基または1乃至2個のC 33. R 1a is one to two C 1-3 alkyl thienyl group optionally substituted with a group or 1 or 2 C
    1-3アルキル基で置換されていてもよいフリル基である請求項30記載の医薬組成物。 The pharmaceutical composition of claim 30, wherein it is an optionally substituted furyl group with 1-3 alkyl groups.
  34. 【請求項34】請求項1記載の医薬組成物と抗生物質および/または制酸剤および/または酸分泌抑制剤とを併用することを特徴とする医薬。 34. A wherein the pharmaceutical composition to claim 1, wherein the antibiotic and / or an antacid and / or medicament, characterized in that the combined use of acid secretion inhibitor.
  35. 【請求項35】請求項1記載の医薬組成物を含有する、 35. containing pharmaceutical composition according to claim 1, wherein,
    抗ヘリコバクター属菌剤である医薬。 Pharmaceutical is an anti-Helicobacter genus agent.
  36. 【請求項36】請求項1記載の医薬組成物を含有する、 36. containing pharmaceutical composition according to claim 1, wherein,
    ヘリコバクター・ピロリが関連する消化器系疾患の予防、治療、再発防止剤である医薬。 Prevention of digestive diseases that Helicobacter pylori is associated, treatment, a recurrence preventing agent pharmaceutical.
JP7634798A 1997-03-25 1998-03-24 Urease inhibitor-containing pharmaceutical compositions Withdrawn JPH10324644A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7140797 1997-03-25
JP9-71407 1997-03-25
JP7634798A JPH10324644A (en) 1997-03-25 1998-03-24 Urease inhibitor-containing pharmaceutical compositions

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7634798A JPH10324644A (en) 1997-03-25 1998-03-24 Urease inhibitor-containing pharmaceutical compositions

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10324644A true JPH10324644A (en) 1998-12-08

Family

ID=26412510

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7634798A Withdrawn JPH10324644A (en) 1997-03-25 1998-03-24 Urease inhibitor-containing pharmaceutical compositions

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10324644A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010018866A1 (en) 2008-08-14 2010-02-18 杏林製薬株式会社 Stabilized pharmaceutical composition
JP4632499B2 (en) * 1999-08-26 2011-02-23 武田薬品工業株式会社 Nasal mucosa adhesion matrix

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4632499B2 (en) * 1999-08-26 2011-02-23 武田薬品工業株式会社 Nasal mucosa adhesion matrix
WO2010018866A1 (en) 2008-08-14 2010-02-18 杏林製薬株式会社 Stabilized pharmaceutical composition

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1371361B1 (en) Novel suppository form comprising an acid-labile active compound
KR100274734B1 (en) Risedronate delayed-release compositions
DE60100186T2 (en) Oral pharmaceutical formulations of benzimidazole derivatives and method for the production thereof
ES2552386T3 (en) Propane-1-sulfonic acid {3- [5- (4-chloro-phenyl) -1H-pyrrole [2,3-b] pyridin-3-carbonyl] -2,4-difluoro-phenyl} -amide compositions and uses thereof
CN101884629B (en) Controlled release preparation
CN1182837C (en) Orally administrable immediate and prolonged-release Galenic form comprising absorption-promoting agent and use of this absorption-promoting agent
KR100253824B1 (en) Stabilized pharmaceutical composition of hmg-coa reductase inhibitor
JP5037746B2 (en) Oral pharmacological preparations containing ibandronate
ES2561618T3 (en) New pharmaceutical compositions comprising 4- (4- (3- (4-chloro-3-trifluoromethyl-phenyl) -ureido) -3-fluoro-phenoxy) -pyridin-2-carboxylic acid for the treatment of hyperproliferative disorders
EP0607128B2 (en) Drugs, their manufacture, and their use as painkillers and/or to treat inflammations in humans and animals
JP3272029B2 (en) Gastrointestinal mucosa-adherent matrix, formulations and coatings
JP4875277B2 (en) Release pH range and / or rate controlling composition
RU2270695C2 (en) Pharmaceutical composition
CN100562317C (en) Granules containing acid-unstable chemical in large amount
RU2403015C2 (en) Gastroresistant pharmaceutical compositions containing rifaximin
JP5128948B2 (en) Novel pharmaceutical composition for the treatment of cancer
CA2430829C (en) Rapidly disintegrating tablet comprising an acid-labile active ingredient
CN1051922C (en) Formulation comprising antibacterial substance and anticancer substance
US5846562A (en) Oral composition of fumagillol derivative
JP3725542B2 (en) Picosulfate dosage form
AU740841B2 (en) Gastrointestinal mucosa-adherent pharmaceutical composition
SK284690B6 (en) Oral dosage form for improved upper gastrointestinal tract safety
SI9700186A (en) Novel pharmaceutical preparation with controlled release of active healing substances
JP2010163464A (en) beta-CARBOLINE PHARMACEUTICAL COMPOSITION
EP2458996A1 (en) Novel oral forms of a phosphonic acid derivative

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20050607