JPH10305292A - 廃水の浄化設備 - Google Patents

廃水の浄化設備

Info

Publication number
JPH10305292A
JPH10305292A JP9149820A JP14982097A JPH10305292A JP H10305292 A JPH10305292 A JP H10305292A JP 9149820 A JP9149820 A JP 9149820A JP 14982097 A JP14982097 A JP 14982097A JP H10305292 A JPH10305292 A JP H10305292A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
shell
separation membrane
activated sludge
membrane module
liquid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9149820A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoichi Shimoi
洋一 下井
Katsuhiko Iwasa
克彦 岩佐
Junji Yamada
淳司 山田
Masao Wakabayashi
政男 若林
Original Assignee
Nittetsu Kakoki Kk
日鉄化工機株式会社
Toa Kakoki Kk
東亜化工機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nittetsu Kakoki Kk, 日鉄化工機株式会社, Toa Kakoki Kk, 東亜化工機株式会社 filed Critical Nittetsu Kakoki Kk
Priority to JP9149820A priority Critical patent/JPH10305292A/ja
Publication of JPH10305292A publication Critical patent/JPH10305292A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Abstract

(57)【要約】 【目的】 本発明は、活性汚泥処理槽内に分離膜を浸漬
した設備において、生物反応を良好にして、BOD処理
の効率を改善すると共に、槽内の液流に影響されずに、
安定的に分離膜の性能を発揮させることができる浄化設
備を提供する。本発明の他の目的は、活性汚泥処理槽を
有効に活用するようにすることである。 【構成】 活性汚泥処理槽内に、分離膜モジュールとそ
の下部に散気装置を配置し、前記モジュールの周囲を囲
繞するようにシェルを配置すると共に、エジェクター方
式の酸素供給設備を設置した廃水の浄化設備である。シ
ェルとしては、一重でもよいが、内シェルと外シェルの
二重に配置してもよい。上記の浄化設備において、分離
膜モジュールにつながる吸引ポンプは間歇的に運転する
機能を備えたものでもよい。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、活性汚泥処理と分離膜
の組み合わせに係るものであり、各種産業や日常生活を
通じて発生するところの、BOD(生物学的酸素要求
量)物質を含有している廃水,排水,汚水,下水等の浄
化のために用いられる浄化設備に関するものである。こ
のような分野を具体的に示すならば、前記の下水や屎尿
の生活廃水を始めとして、食品製造、石炭、鉄鋼、化
学、医薬品等を挙げることができ、多くの分野において
利用できる。
【0002】
【従来の技術】廃水中のBOD物質を処理するために、
活性汚泥を使用する生物学的処理法が多用されている。
生物学的処理法では、活性汚泥中の微生物が、BOD物
質を生体酸化して炭酸ガスや水に分解し、またBOD物
質等を体内に取り込んで増殖する。このあと余剰汚泥を
分離することで、廃水の浄化が達成される。
【0003】活性汚泥処理においては、余剰汚泥を分離
するための固液分離の操作が不可欠で、このために遠心
分離やフイルタープレス等の様々な方式が考えられた
が、これまでのところ沈降槽が最も普及している状況で
ある。活性汚泥処理では、ズーグレアを主とした細菌群
により可溶性BOD物質をフロック化して固体に変え、
これを固液分離して液中のBOD物質を除去する操作で
あり、これまでは分離性がよく、沈降性も良好になるた
め、フロックが大きいほうが望ましいとされており、健
全なフロック径は数百ミクロン程度であった。
【0004】従来の活性汚泥設備には様々な散気装置が
用いられており、その多くは図8のようなパイプに多数
の孔を設けた散気管が多用されているが、この他液の表
面をタービン様の回転機器で攪拌する表面曝気装置や浸
漬式のエジェクター方式が知られている。しかし後者
は、剪断力が大きく汚泥フロックが細かく破壊され、沈
降性が低下するために好まれず、それだけ普及していな
かった。どうしても前述のような剪断力の大きい散気装
置を使用する場合には、沈降槽の表面負荷が小さくなる
ように設計され、結果としてフロックを沈降させるため
に大きな沈降槽が必要で、処理のために長い時間を要し
ていた。
【0005】一方、近年の分離膜の技術的な進歩によ
り、沈降槽の代わりに、微生物反応槽と膜分離部を組み
合わせたいわゆる膜分離型生物学処理装置で固液分離を
行なうことが提案されている(特開平6−182396
号公報,特公平7−20592号公報,実公平8−97
3号公報等)。
【0006】分離膜自身も廃水を浄化する機能を有して
いるが、活性汚泥処理と組み合わせることで、分離膜の
単独使用の場合に比べて除去率を増加できるばかりでは
なく、分離膜の閉塞状況を改善し、透過能を改善するこ
とができる。これは活性汚泥処理の際に形成されるフロ
ックが、分離膜の性能に影響するような夾雑物を一旦フ
ロックに吸着させることで除去し易くすると共に、フロ
ック自体がろ過助材のような働きをするためと考えられ
る。
【0007】分離膜と組み合わせた活性汚泥処理の場合
には、従来の沈降槽を使用する場合に比べて、バルキ
ングの発生と無関係に運転ができる、MLSS濃度を
増大できる、処理量を増加できる、処理設備をコン
パクトにすることが可能等のような利点があると言われ
ている。
【0008】このように、活性汚泥処理と分離膜とを組
み合わせることによって多くのメリットが期待されるた
めに、分離膜を活性汚泥処理槽内に浸漬し、その下に散
気装置を設ける方法が考えられている。この場合には、
分離膜の下に設置した散気装置に空気を送り込み、適度
な気液混層流を発生させると、上昇流によって液が乱れ
ると共に分離膜自体が振動することにより、付着した汚
泥等の汚れが除かれて膜の表面が清浄に保たれることを
期待するものである。
【0009】前記の方法では、分離膜の下に設置した散
気設備から適度な気液混層流が上昇流となることを前提
としている。これは、上昇流と下降流が混在する乱流域
では分離膜の洗浄は困難で、上昇流が不可欠であるし、
乱流により分離膜の損傷のおそれがあるからである。し
かし、実際の活性汚泥処理においては微生物を好気状態
で活動させるために、槽内へ大量の空気を吹き込む曝気
が行なわれており、このため強力な流れが形成され、分
離膜の周囲の液流が横方向や下方向になったりして安定
的な状態となりがたく、期待した性能を発揮しにくかっ
た。また、活性汚泥処理における曝気の方式としては、
片側曝気、全面曝気、表面曝気等様々な様式が用いられ
ているが、活性汚泥の曝気は強力なため、その流れの影
響を受けるので、槽内に浸漬する分離膜の設置場所が限
定されていた。
【0010】以上のように、浸漬型の分離膜を用いる場
合、供給する空気には二つの目的があり、第一は活性汚
泥の成育とBOD物質の酸化のための酸化用空気で、第
二は分離膜を洗浄するための洗浄用空気である。生活排
水等のようにBOD濃度の低い場合には、洗浄用空気が
酸化用空気を兼用できることもあるが、一般には酸化用
空気と洗浄用空気とは別々に供給される。従って、活性
汚泥処理槽内に浸漬型の分離膜を設置して洗浄用の上昇
流を得るために、酸化室と洗浄室とに区分することが普
通である。
【0011】しかし前記の方法では、分離膜の下に設置
した散気装置から洗浄用空気を送り、適度な気液混層流
が上昇流となることを前提としているだけで、活性汚泥
処理槽への酸化用空気の供給方法について特別な配慮が
なされていたわけではない。また、一般の活性汚泥処理
においても、沈降性を良好に保つため活性汚泥のフロッ
クが大きくなるような散気設備が多く用いられている。
【0012】
【発明の目的】本発明は、活性汚泥処理槽内に分離膜を
浸漬した設備において、生物反応を良好にして、BOD
処理の効率を改善する浄化設備を提供するものである。
また、活性汚泥処理槽内の液流に影響されずに、安定的
に分離膜の性能を発揮させることができる浄化設備を意
図したものである。本発明の他の目的は、活性汚泥処理
槽を有効に活用するようにすることである。
【0013】
【課題を解決するための手段】本発明は、活性汚泥処理
槽内に、分離膜モジュールとその下部に散気装置を配置
し、前記分離膜モジュールの周囲を囲繞するようにシェ
ルを配置すると共に、エジェクター方式の酸素供給設備
を設置したことを特徴とする廃水の浄化設備である。前
記の分離膜モジュールの周囲を囲繞するシェルとして
は、一重でもよいが、好ましくは内シェルと外シェルの
二重に配置され、前記内シェルを水没させると共に、前
記外シェルの上部を内シェル上部より高くなるように設
置したものである。さらには、上記の浄化設備におい
て、分離膜モジュールにつながる吸引ポンプは間歇的に
運転する機能を備えたものが望ましい。
【0014】
【作用】本発明は、浸漬型の膜分離手段とエジェクター
方式の酸素供給設備を組み合わせることで、BOD処理
効率の改善を行うようにしたものである。本発明では、
汚泥のフロック径を小さくして生物反応の際の比表面積
を大きくすることと、酸素移動速度を高めるために活性
汚泥処理槽内に供給する空気等の気泡径を小さくするた
めに、エジェクター方式の酸素供給設備を採用し、これ
による活性汚泥処理槽内の液の流れを制御するため、膜
分離部の周囲を、シェルによって囲繞するようにするこ
とで、外部の液の流れの影響をできるだけ少なくして、
前記のシェルによって囲われた枠内において安定的な液
の流動状態を発現させ、全体としての効率改善を図った
ものである。
【0015】本発明で用いているエジェクター方式の酸
素供給設備について、図面を使いその詳細を説明する。
図3はエジェクター方式の酸素供給設備の一例で、その
外観を正面図により示したものであり、ポンプ部1およ
び四方に向けてスロート部2が設けられている。エジェ
クター方式の酸素供給設備は、アスピレーター等と同じ
く流体を高速で流すと負圧が生ずるベルヌーイの定理を
応用したもので、図4のように活性汚泥処理槽の底部に
スロート部2を有するエジェクターを設置し、ここにポ
ンプにより高速で液を流すとスロート部に負圧を生ず
る。スロート部から活性汚泥処理槽の液面上の大気部ま
で配管を導いておくと、負圧により空気が吸引される。
吸引された空気は、スロート部で液と激しく接触し、液
中の汚泥フロックを細かく破壊すると共に、細かい気泡
を発生するので、本発明はこれを積極的に活用するよう
にしたものである。
【0016】以下に図5を用いて、BOD物質が細菌に
より除去される現象を、移動論的に考えて説明する。空
気中の酸素が気泡から液中に溶解した後、細菌フロック
に到達し、BOD物質と共に細菌の表面から体内に取り
込まれ、有機物の一部は呼吸代謝系により炭酸ガス,水
等になり、他は細菌の繁殖等に使われる。この場合の酸
素とBOD物質の移動速度は次の基本式で表すことがで
きる。 酸素溶解速度=係数×気泡の表面積×推進力・・・・・・(1) BOD移動速度=係数×フロックの表面積×推進力・・・(2) 両式から、酸素溶解、BOD移動のいずれの場合も、各
々気泡とフロックの表面積が大きくなるほど速度が増大
することが判る。
【0017】活性汚泥処理ではバルキングという現象が
往々にして起こることがあり、これは粘着物質を代謝し
たフロックを形成するズーグレア等に代わって、フロッ
クを形成しない糸状菌が優勢になる場合に多く起こり、
これまでの活性汚泥処理においては忌避されてきた現象
であるが、この現象が生ずるとフロックの沈降性が悪化
し、液中にSS分が多くなるため、透明度が低下するも
のの、BODの除去率はかえって良くなることが知られ
ている。この理由としては、糸状菌の方がズーグレアフ
ロックに比べて比表面積が大きく、BOD物質の吸着速
度や酸素の吸収速度が早いために、BODの除去率が優
れていると考えられる。本発明においても、エジェクタ
ー方式の酸素供給設備を使用することで、剪断力により
汚泥フロックが細かくされ、前述のようなバルキング現
象が起こったと同様に比表面積が増大してBOD除去率
が改善されるものと推測される。
【0018】エジェクター方式の酸素供給設備は、強力
な水流を生ずるために、活性汚泥処理槽内に液が早い速
度で循環することになり、或る例では約10分間に1回
の割合で槽内を一巡する。このように槽内にくまなく酸
素が行き渡るため、嫌気性の領域が生じなくなるので、
本発明では他の散気装置と比べて硫黄等の嫌気性特有の
悪臭の発生を防止することができるうえに、活性汚泥処
理槽の全体を有効に活用することができる。
【0019】また、後述するように本発明で用いるエジ
ェクター方式の酸素供給設備によれば、活性汚泥処理槽
の深部にまで空気を送り込めて、酸素の吸収効率が高い
ために、生物反応を活発にさせることができる。このた
め、従来の活性汚泥処理槽に比べ深さ方向に設備を広げ
ることができるので、このような意味でも活性汚泥処理
槽の有効活用を図ることができる。
【0020】一方前述のようにエジェクター方式の酸素
供給設備は、強力な水流を生ずるので、活性汚泥処理槽
内に分離膜モジュールを浸漬して使用する場合には、分
離膜が破損するおそれがある。そのために、分離膜モジ
ュールの周囲を囲繞するようにシェルを配置すること
は、強力な水流から分離膜を保護する意味で不可欠であ
る。このため、図1に示すように分離膜モジュール3と
その下部に散気装置4を配置し、該分離膜モジュール3
の周囲を取り囲むようにシェル5を設けることを、この
発明での必須事項としている。尚、散気装置は、活性汚
泥処理槽内に空気を送り込むと共に、シェル5の内側に
適度な気液混層流を発生させることで、分離膜は常に上
昇流と接触しているため膜へのファウリングが防止され
るようにしている。このため、散気装置としては、図8
のような従来タイプの散気管のほか、散気のための周知
の装置が使用できる。
【0021】シェルは、図1のような一重でもよいが、
シェル内で液の濃縮を避けるために、全体として上部に
いくほど径が狭くなるような形状や、シェル5の下端部
を外側に曲げておくようにする等の変更を行ってもよ
い。さらに、図2のように分離膜モジュールの周囲を内
シェル6で囲い、その外側をもう一つの壁となる外シェ
ル7で周囲を囲い込み、内シェルを水没させると共に、
前記外シェルの上部を内シェル上部より高くなるように
設置することで、膜分離部の上部から液が侵入して下降
流となることを防止することができるようにすることが
望ましい。
【0022】分離膜モジュールを構成する分離膜の洗浄
および分離膜モジュールへの液の供給のためには、安定
した上昇流が必要である。上述のように二重シェルとし
た場合には、分離膜モジュールの下部に散気管を配置
し、その径を内シェルの径とほぼ同じ位にすることで、
散気によってシェルの内外で密度差が生じ、空気を含み
密度の小さくなった内部の液は上昇流となるので、散気
管から発生する気液混層流が内シェルの中を上昇し、そ
れに伴って液が内シェルの内側スペースを上昇して上端
に達すると、内シェルを越えて内シェルと外シェルの間
に移り、そのスペースを下降することで全体の流動状態
が良好となる。
【0023】二重シェルの場合は、図2−aのように外
シェル7の上部を内シェル6上部より高くし、水面とほ
ぼ同じレベルとしてもよいし、図2−b,cのごとく外
シェル7の上部を水面より若干高くなるように設置し、
分離膜モジュールの上から液が侵入して下降流とならな
いようにすることが望ましい。さらには、図2−b,c
のごとく二重シェルとし、内シェルの下端を外シェルよ
り長くし、かつ内シェルの下端部を外側に曲げておき、
内シェルを越えて内シェルと外シェルの間の下降流をシ
ェルの外側へワンパス流となるように移動するようにす
れば一層好ましいものである。このような形状とするこ
とで、シェル内での液濃縮を防止し、活性汚泥処理槽内
に生物反応の均一化を図ることが可能となる。このよう
にしてシェルによって大きく囲われたスペース内で、液
は円滑に動き、分離膜は常に安定した上昇流と接触して
いるため膜へのファウリングが防止され、液の安定供給
が達成されるため、長期間にわたって槽内に浸漬したま
まで使用することができる。
【0024】本発明の浄化設備の設置状態について図面
を基に説明する。図7は、本発明の浄化設備の一例で、
その全体図を示すものであり、分離膜モジュールとシェ
ルとが組み合わされて一体となったものをシェル付膜分
離ユニット8として表してある。
【0025】本発明で分離膜モジュールに用いる膜は、
平膜であっても、中空糸膜であってもよく、活性汚泥処
理槽内に浸漬して使用することが出来ればよい。分離膜
モジュールは吸引ポンプ10に接続され、分離膜の中は
減圧に保たれ、水は外側より内側へと透過し、集められ
て処理水となり排出される。本発明で使用する膜エレメ
ントとしては、その形状を特定するものではないが、散
気装置から発生する気液混層流との接触状態が良くなる
ものがよい。このため、気液混層流と直交するように分
離膜が配置されているような構造のものが望ましい。こ
れは、分離膜が上昇流と接触して膜自体が振動しやすい
ため、ファウリングの防止に積極的に寄与することにな
るためである。分離膜モジュールに接続されている吸引
ポンプは、オン/オフタイマー等を用いて間歇的に運転
することが望ましい。吸引が停止されると、分離膜の表
面に付着した汚泥やSS分は、吸引力から開放され、さ
らに振動により膜から剥離されるので、間歇的運転によ
り長時間にわたる安定運転が可能になる。
【0026】活性汚泥処理槽内に設置する際には、容器
内に複数の膜エレメントを収納した分離膜モジュール
を、廃水の処理量に応じて必要数を設け、その膜モジュ
ールの下部に散気管等の散気装置を配置する。
【0027】分離膜モジュールを複数個まとめてシェル
の内側に配置し、二重シェルの場合は、さらにその外側
を外シェルで囲い込むように設置する。この際に、内シ
ェルを水没させると共に、外シェルの上部を内シェル上
部より高くなるように設置して、膜分離部の上部から液
が浸入して下降流となることを防止する。また、外シェ
ル7と内シェル6の下端の位置は、シェルの内外で汚泥
量が極端に相違したり、濃縮することで悪影響が出るよ
うなおそれがある場合には、外シェル7の下端が内シェ
ル6の下端より上になるように配置したり、外シェル7
の途中に適当な開口部を設けたり、開口部を設けると共
にシェルの下方部分を広げたり傾斜させる等の変更を加
えてることにより対応することができる。シェルの材質
は、特定されるものではなく、液を透過せずに強度と耐
食性が良好であればよい。また、シェルの形状は、設置
すべき状況に応じて各種の形状を選定すればよい。
【0028】活性汚泥処理槽内の流れの影響により下方
から強い上昇流を受け、分離膜エレメントが損傷を受け
るような場合には、必要に応じて図2−cのように適当
な遮蔽板11を設ける等の変更を施すようにしてもよ
い。尚、前記の遮蔽板としては、金網、パンチングメタ
ルや適当な開口を設けた平板等を用い、大きな気泡を分
散し細かくするようなものが望ましい。これらの変更
は、本発明の趣旨を逸脱するものでないかぎり許容され
るものである。
【0029】
【実施例】
実施例1 散気装置として、エジェクター方式と従来のパイプ式散
気管を用いて、液深と水に対する酸素吸収効率を実測し
た。温度は20℃で、水に亜硫酸ナトリウムを理論量の
30%過剰に溶解し、コバルト触媒を微量添加して、以
下の反応を行わせて減少した亜硫酸ナトリウムの量か
ら、酸素吸収効率を算出した。 NaSO+1/20=NaSO
【0030】測定結果を図6に示す。図中のBが従来の
散気管(パイプ式)の結果であり、水深4mで、酸素吸
収効果11%であるのに対し、Aとして示した本発明に
用いるエジェクター方式では25%の吸収効率である。
これは、エジェクター方式の方が空気の気泡径が小さく
なるために酸素吸収効率の増大をもたらしたものであ
る。また、従来の散気管ではポンプの動力の経済性から
水深4m程度が限界であるが、エジェクター方式では水
深6m程度まで使えることが判り、活性汚泥処理槽の深
部まで酸素を供給することができる。
【0031】実施例2 図7に示した活性汚泥による浄化設備を基本とし、比較
例として少し仕様を変更した場合を含めて、食品廃水の
BOD処理を行った。汚泥菌には十分に訓養したものを
使用し、SS分は前処理により除去してから廃水を供給
した。条件は、処理量10m/日,槽容量10m
入口BOD1500ppm,温度25℃,滞留時間24
Hr,溶存酸素2ppm,容積負荷1.5kg/m
日である。本発明は、図7のように活性汚泥処理槽内
に、中空糸濾過膜を収納した分離膜モジュールを浸漬
し、その下部にパイプ方式の散気管を配置し、さらにエ
ジェクター方式の酸素供給設備を設置した。尚、分離膜
モジュールは吸引ポンプに接続されている。前記分離膜
モジュールの周囲に、二重シェル(図2−b)を配置
し、内シェルを水没させると共に、前記外シェルの上部
を活性汚泥処理槽の液面より高くなるように設置した。
【0032】比較例1では、エジェクター方式の酸素供
給設備を使用せずにパイプ方式で酸化用空気を供給する
と共に、分離膜モジュールの下部にパイプ方式の散気管
を使用した。また、比較例2では、分離膜モジュールと
散気管を使用せず、エジェクター方式の酸素供給設備だ
けを使用して、酸化用空気を供給した。これらの結果を
表に示した。
【0033】
【0034】本発明の浄化設備によって活性汚泥処理を
行った場合に、出口BODの値が最も小さく、BOD除
去率が大きいことが判る。これは、分離膜を用いている
ためにMLSSが大きくとれることと、フロックが小さ
いために酸素吸収効率とBODの消化速度が大きい等の
効果が相乗的に働いたものと考えられる。一方比較のた
めに従来のパイプ方式の散気管のみを使用し、同じよう
なMLSSで処理した比較例1では、出口BODの値が
本発明の場合よりやや大きくなった。分離膜を使用せず
に従来の沈降槽を想定した比較例2では、MLSS=5
600で処理したが結果は最も悪かった。これは従来の
活性汚泥設備では、MLSSが大きくなると汚泥膨潤の
指標であるSV値が大きくなり沈降が困難になるため
に、10000ppmのような高MLSSが使えないの
で、これまでの通常使用程度を採用したものである。し
かし、MLSSの影響の目安として用いられている単位
重量当たりのBOD汚泥負荷で比べると、従来の方法に
相当する比較例2では2倍の負荷となっていることが判
る。
【0035】また、図7中の分離膜モジュールに接続さ
れている吸引ポンプON/OFFオフタイマーを設けて
おき、間歇的に運転するようにしたところ、吸引が停止
された場合には、分離膜表面の付着物が剥離されること
を確認した。このため、分離膜モジュールにつながる吸
引ポンプを間歇的に運転することにより長時間にわたる
安定運転が可能になる。
【0036】
【発明の効果】本発明の浄化設備では、生物反応を良好
にして、BOD処理の効率を改善することができる。ま
た、活性汚泥処理槽内に設置する分離膜モジュールの周
囲にシェルを配置することで、エジェクター方式の酸素
供給設備による強力な液流に影響されずに、安定的に分
離膜の性能を発揮させることができる。本発明ではエジ
ェクター方式の酸素供給設備を使用することで、強力な
水流を発生させ、活性汚泥処理槽内にくまなく酸素を供
給すると共に、処理槽の深さを有効に活用することが可
能である。本発明の浄化設備において、分離膜モジュー
ルにつながる吸引ポンプは間歇的に運転する機能を備え
たものとすることで、分離膜のファウリングを防止し、
長時間にわたり安定して分離膜の性能を発揮させること
ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】シェルの配置状況を示す説明図である。
【図2】二重シェルの説明図である。
【図3】エジェクター方式の酸素供給設備の正面図であ
る。
【図4】エジェクター方式の示す説明図である。
【図5】BOD物質の除去される現象を、移動論的に説
明する図である。
【図6】エジェクター方式と従来のパイプ式散気管によ
る酸素吸収効率の測定結果を示すものである。
【図7】本発明の浄化設備の設置状況を示す説明図であ
る。
【図8】パイプ式の散気装置を示す図である。
【符号の説明】
1 ポンプ 2 スロート部 3 分離膜モジュール 4 散気装置 5 シェル 6 内シェル 7 外シェル 8 シェル付膜分離ユニット 9 エジェクター式散気設備 10 吸引ポンプ 11 遮蔽板
フロントページの続き (72)発明者 山田 淳司 長野県更埴市大字寂蒔785−1東亜化工機 株式会社内 (72)発明者 若林 政男 長野県更埴市大字寂蒔785−1東亜化工機 株式会社内

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 活性汚泥処理槽内に、分離膜モジュール
    とその下部に散気装置を配置し、前記分離膜モジュール
    の周囲を囲繞するようにシェルを配置すると共に、エジ
    ェクター方式の酸素供給設備を設置したことを特徴とす
    る廃水の浄化設備。
  2. 【請求項2】 分離膜モジュールの周囲を囲繞するシェ
    ルが、内シェルと外シェルの二重に配置され、前記内シ
    ェルを水没させると共に、前記外シェルの上部を内シェ
    ル上部より高くなるように設置したことを特徴とする請
    求項1記載の廃水の浄化設備。
  3. 【請求項3】 分離膜モジュールにつながる吸引ポンプ
    が、間歇的に運転する機能を備えていることを特徴とす
    る請求項1または2記載の廃水の浄化設備。
JP9149820A 1997-05-06 1997-05-06 廃水の浄化設備 Pending JPH10305292A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9149820A JPH10305292A (ja) 1997-05-06 1997-05-06 廃水の浄化設備

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9149820A JPH10305292A (ja) 1997-05-06 1997-05-06 廃水の浄化設備

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10305292A true JPH10305292A (ja) 1998-11-17

Family

ID=15483422

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9149820A Pending JPH10305292A (ja) 1997-05-06 1997-05-06 廃水の浄化設備

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10305292A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010207799A (ja) * 2009-03-09 2010-09-24 Shenzhen Jdl Environmental Protection Ltd ジェット・曝気装置と装置使用方法
JP2010264436A (ja) * 2009-05-15 2010-11-25 Shenzhen Jdl Environmental Protection Ltd スラッジ処理の方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010207799A (ja) * 2009-03-09 2010-09-24 Shenzhen Jdl Environmental Protection Ltd ジェット・曝気装置と装置使用方法
JP2010264436A (ja) * 2009-05-15 2010-11-25 Shenzhen Jdl Environmental Protection Ltd スラッジ処理の方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7691268B2 (en) Waste gas/wastewater treatment equipment and method of treating waste gas/wastewater
JP2008055291A (ja) 水処理装置
JP2004322084A (ja) 生物濾過装置
JP3831942B2 (ja) 膜分離装置
CN205635294U (zh) 用于处理高浓度聚氨酯合成皮革废水的处理系统
JP4019277B2 (ja) 漁港や魚市場等から発生する有機性廃水の処理方法及び処理装置
JPH10290993A (ja) 浄水処理装置
KR100992827B1 (ko) 막분리를 이용한 폐수처리 시스템
JPH10305292A (ja) 廃水の浄化設備
JP3263267B2 (ja) 浄化槽
JP3931279B2 (ja) 浮遊物質含有海水の浄化装置
JPH11104698A (ja) 排水処理方法
JP2009172469A (ja) 水処理方法および水処理装置
JP2000317482A (ja) 担体の流動分離装置
JP2003053378A (ja) 分離膜を用いた水処理方法および装置
JP6371970B2 (ja) 水処理装置
JP2001029975A (ja) 担体攪拌分離装置
JP3641700B2 (ja) 閉鎖水域の水質改善システム
JP2000354858A (ja) 汚水処理方法とその装置
JP2000185279A (ja) 汚水処理方法とその装置
JP4104806B2 (ja) 有機性排水処理の固液分離方法及び装置
JP2009195887A (ja) 水処理装置および水処理方法
KR20150064299A (ko) 이동형 부상분리 현탁물질 제거장치 및 이를 이용한 현탁물질 제거방법
KR102029958B1 (ko) 고도산화처리(aop) 해수순환여과시스템 및 이를 이용한 해수순환여과방법
CN208104167U (zh) 一种新型一体化污水处理设备