JPH1030212A - 鉄筋コンクリート構造体およびその構築方法 - Google Patents

鉄筋コンクリート構造体およびその構築方法

Info

Publication number
JPH1030212A
JPH1030212A JP8185209A JP18520996A JPH1030212A JP H1030212 A JPH1030212 A JP H1030212A JP 8185209 A JP8185209 A JP 8185209A JP 18520996 A JP18520996 A JP 18520996A JP H1030212 A JPH1030212 A JP H1030212A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reinforcing bar
concrete structure
reinforced
concrete
reinforced concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8185209A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Kikuchi
弘 菊地
Yoshihiro Takegawa
芳広 武川
Ikuo Sakiyama
郁夫 崎山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
Original Assignee
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shimizu Construction Co Ltd, Shimizu Corp filed Critical Shimizu Construction Co Ltd
Priority to JP8185209A priority Critical patent/JPH1030212A/ja
Publication of JPH1030212A publication Critical patent/JPH1030212A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Bridges Or Land Bridges (AREA)
  • Reinforcement Elements For Buildings (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 15cmピッチ以下で細かく配筋される帯鉄
筋および中間帯鉄筋の配設作業は多くの手間を要し、中
間帯鉄筋によって仕切られた型枠の内部は作業性が悪か
った。また、型枠の建て込み作業を行うためには橋脚を
取り囲むように外足場が必要で、施工現場での作業が長
期化する原因となっていた。 【解決手段】 上下に間隔を空けて筒状となるように複
数配設された環状の帯鉄筋11と、これら帯鉄筋11の
周方向に間隔を空けて複数配設されてそれぞれが各帯鉄
筋11に固定された鉛直鋼材14と、複数の帯鉄筋11
に囲まれた空間Sを挟んで対向する鉛直鋼材14の間に
架設されてこれらを一体に固定する水平鋼材15とによ
って構成された鉄筋篭10について、帯鉄筋11に沿っ
てプレキャスト部20を形成して筒状の埋込み型枠3と
し、この埋込み型枠3を施工現場に構築された基礎2上
に建て込み、その内側にコンクリート5を打設して橋脚
1を構築する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、柱や橋脚等の建築
物の鉄筋コンクリート構造体およびその構築方法に関す
る。
【0002】
【従来の技術】柱や橋脚等の鉄筋コンクリート造の構造
物において、主筋の周囲を囲む帯鉄筋は、地震力等によ
り主筋が圧縮されて座屈を生じようとするとき、外側に
押し広げられて横方向に変形(はらみ出し)する場合が
ある。そこで、これら帯鉄筋には、このはらみ出しを防
止するために内側に弦のように中間帯鉄筋が張り渡され
る。この中間帯鉄筋は、両端がカギ状に屈曲加工され、
そのカギ状部を帯鉄筋の相対する位置に引掛けて取り付
けられている。しかも、帯鉄筋のはらみ出しは構造物の
周囲の全方向に向けて起こり得る現象であるので、中間
帯鉄筋はこれを考慮してそれぞれ直交する方向に取り付
けられている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、帯鉄筋
は、主筋の長さ方向に沿って狭い間隔(15cm以下)
で多数配筋されるので、これら多数の帯鉄筋のすべてに
中間帯鉄筋を取り付ける作業に手間がかかっていた。
【0004】また、帯鉄筋に取り付けられた多数の中間
帯鉄筋によって内部の空間が縦に仕切られた状態となる
ので、コンクリートを打設する際、それぞれの空間ごと
にコンクリートを締固めなければならない。しかもこの
打設作業を行うために構造物を取り囲むように外足場を
組む必要があり、施工現場での作業が長期化する原因と
なっていた。
【0005】本発明は上記の事情に鑑みてなされたもの
であり、施工現場での施工性を向上させることができる
鉄筋コンクリート構造体およびその構築方法を提供する
ことを目的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】請求項1に記載された鉄
筋コンクリート構造体は、上下に間隔を空けて筒状とな
るように複数配設された環状の帯鉄筋と、該帯鉄筋の周
方向に間隔を空けて複数配設されてそれぞれが各帯鉄筋
に固定された第1の鋼材と、複数の帯鉄筋に囲まれた空
間を挟んで対向する第一の鋼材の間に架設されてこれら
を一体に固定する第2の鋼材とを備える鉄筋篭を内在さ
せて構築されていることを特徴とする。
【0007】請求項2に記載された鉄筋コンクリート構
造体は、請求項1に記載された鉄筋コンクリート構造体
の構築方法であって、鉄筋篭を施工現場に構築された基
礎上に設置し、該鉄筋篭の周囲に型枠を建て込み、その
内側に主筋を配置したのちコンクリートを打設すること
を特徴とする。
【0008】請求項3に記載された鉄筋コンクリート構
造体は、請求項1に記載された鉄筋コンクリート構造体
の構築方法であって、鉄筋篭について、帯鉄筋に沿って
プレキャスト部を形成して筒状の埋込み型枠とし、該埋
込み型枠を施工現場に構築された基礎上に建て込み、そ
の内側に主筋を配置したのちコンクリートを打設するこ
とを特徴とする。
【0009】
【発明の実施の形態】本発明に係る鉄筋コンクリート構
造体およびその構築方法の実施形態の一例を図1ないし
図6に示して説明する。図1には、鉄筋コンクリート構
造体として橋梁の橋脚1を示す。この橋脚1は、施工現
場の地盤中に埋設状態に構築された基礎2の上に、複数
の筒状の埋込み型枠3を積み上げるようにして建て込み
を行い、さらにこれら複数の埋込み型枠3の内側に沿っ
て複数の主筋4を管状に配して建て込みを行ったのち、
その内部空間にコンクリート5を打設することによって
構築されたものである。
【0010】図2に示す埋込み型枠3は、その骨組みと
なる鉄筋篭10に、橋脚1の外殻となるプレキャスト部
20が一体に形成されたものである。
【0011】鉄筋篭10は、上下に間隔を空けて複数配
設された環状の帯鉄筋11を有しており、これら帯鉄筋
11の外側には、帯鉄筋11に対して直交する方向に向
けて配設された鋼材12が設置されている。さらに各帯
鉄筋11には、必要に応じて鋼材12と平行に組立用の
鉄筋12aが設置されている。
【0012】鋼材12は、帯鉄筋11の周方向に間隔を
空けて配設され、特に帯鉄筋11の内側に形成される空
間Sを挟んで対向するものどうしがそれぞれ対をなすよ
うに複数配設されている。また、鋼材12の側面には、
図3に示すように空間Sに向けて複数のステー13が溶
接され、さらにステー13を介して鋼材12と平行に鉛
直鋼材(第1の鋼材)14が溶接されている。
【0013】鉛直鋼材14はT形鋼等からなり、そのフ
ランジ14aを鋼材12に平行に対向させた状態で鋼材
12に溶接されており、空間Sを挟んで対をなすものど
うしがフランジ14aに対して垂直に立設されたウェブ
14bを向かい合わせて配設されている。
【0014】空間Sを挟んで対をなす鉛直鋼材14間に
は、双方を一体に固定する水平鋼材(第2の鋼材)15
が架け渡されてボルト・ナット15aにより接合されて
いる。水平鋼材15はL形鋼からなり、対をなす鉛直鋼
材14間に複数本ずつ平行に配設されており、これら水
平鋼材15の間隔は作業員が通り抜けられるように広く
設定されている。
【0015】プレキャスト部20は、各帯鉄筋11をコ
ンクリートによって被覆することによって筒状に形成さ
れており、さらにこのプレキャスト部20によって帯鉄
筋11、鋼材12およびステー13が完全に埋設された
状態となっている。
【0016】上下に積み上げられた埋込み型枠3の間に
は、上下の鉛直鋼材14の間に架設されて埋込み型枠3
どうしを連結する接続プレート31と、上に位置する埋
込み型枠3を支持しかつ上下の埋込み型枠3どうしの間
隔を調整可能とする高さ調整ボルト35とを備えてい
る。
【0017】接続プレート31は、下に位置する鉛直鋼
材14のウェブ14bにボルト・ナット33により接合
されて上方に突出し、上に位置する鉛直鋼材14のウェ
ブ14bにボルト・ナット32により接合されている。
【0018】高さ調整ボルト35は、下に位置する鉛直
鋼材14のフランジ14aに溶接された支圧プレート3
6上に立設された長ナット37に螺入されており、上に
位置する鉛直鋼材14のフランジ14aに溶接された支
圧プレート38がボルト頭部35a上に配置されること
によって埋込み型枠3を支持している。
【0019】さらに、上下のプレキャスト部20の端面
間には、コンクリート5の漏洩を防止するためにコーキ
ング39が施されている。
【0020】ここで、埋込み型枠3の製作手順の一例を
図4に示して説明する。まず、図4(a)のように製作
台A上に先組みした鉄筋篭10を設置して固定する。次
に、図4(b)のように鉄筋篭10の周囲にプレキャス
ト部20の外周面を形成する外型枠40を設置し、続い
て鉄筋篭10の内側にプレキャスト部20の内周面を形
成する内型枠41を設置する。そして、図4(c)のよ
うに外型枠40と内型枠41との間にコンクリートを打
設し養生する。十分な時間が経過してコンクリートが硬
化したら外型枠40および内型枠41を脱型し、図4
(d)のようにプレキャスト部20の内周面に水を高圧
噴射してコンクリート表面の目荒しを行う。目荒しを終
えて完成した埋込み型枠3は製作台Aからストックヤー
ドに移し、製作台A上においては橋脚1を構築するため
に必要な数量の埋込み型枠3を製作する。
【0021】次に、埋込み型枠3を用いて橋脚1を構築
する際の施工手順を図5に示して説明する。まず、図5
(a)のように施工現場の地盤中に基礎2を埋設させて
構築し、上部には主筋4と連結される鉄筋4aを突出さ
せておく。
【0022】次に、図5(b)のように埋込み型枠3を
クレーン等で吊り下げて基礎2上に次々に積み上げなが
ら連結していく。最下部に配置される埋込み型枠3は基
礎2にボルト・ナットによって固定し、上下に重なる埋
込み型枠3どうしは接合プレート31によって固定す
る。このとき、埋込み型枠3の設置に先行して外足場5
0を組み上げていく。この外足場50は、埋込み型枠3
内部での連設作業を行う作業員の移動を助けるためのも
ので、従来の外足場のように埋込み型枠3の周囲を囲む
ものではなく橋脚1に平行に一面のみに立設するものと
する。
【0023】所定の数量の埋込み型枠3を設置後、図5
(c)のように複数の主筋4をクレーン等で吊り下げ、
埋込み型枠3の内側に沿って建て込みを行う。主筋4の
下端は基礎2から突出した4aに連結し、主筋4の中間
部分は、埋込み型枠3のプレキャスト部20の内周面に
沿って配設する。
【0024】主筋4の建て込み後、図5(d)のように
埋込み型枠3の内側にコンクリートを打設する。打設作
業に際しては埋込み型枠3の内側に作業員が入り、コン
クリートを噴出するホース筒先を空間S内で自在に移動
させながらコンクリートを充填していく。このとき、水
平鋼材15上に適宜足場板を置いて内足場を設けても構
わない。
【0025】コンクリート5の養生を終えた後、外足場
50を解体して橋脚1が完成する。なお、橋脚1をより
高く施工する場合には数段階に分け、同様の作業を何度
か繰り返すこといよって所定の高さまで構築する。
【0026】上記のように埋込み型枠3を用いて橋脚1
を構築すれば、鋼材12、13、14を介して帯鉄筋1
1に固定された水平鋼材15によって帯鉄筋11のはら
み出しを防止することができ、従来の施工現場での中間
帯鉄筋の取り付け作業を省略することができる。
【0027】また、帯鉄筋11に固定された水平鋼材1
5によって、コンクリート5を打設する際の側圧による
埋込み型枠3のはらみ出しを防ぐことができる。
【0028】さらに、水平鋼材15の上下の間隔が広く
設定され、水平鋼材15の間を抜けて作業員の移動やコ
ンクリートを噴出するホース筒先の移動が容易に行える
ようになるので、従来のように中間帯鉄筋によって仕切
られた空間Sから隣接する空間Sへ移動するために一旦
配筋部の外に出る必要がなくなり、施工現場での作業性
を向上させることができる。
【0029】コンクリートの充填作業の際には、空間S
内の水平鋼材15上に足場板を敷いて内足場とし空間S
内での移動を行い易くすることもできる。
【0030】ところで、本実施形態においては、鋼材1
2を帯鉄筋11の外側に配置し、鋼材12をステー13
を介して鉛直鋼材14に溶接しているが、例えば図6に
示すようにして帯鉄筋11と鉛直鋼材14とを固定して
もよい。まず、図6(a)は、ステー13に代えてボル
ト131を用いたもので、鋼材12とフランジ14aと
にボルトを架設し、ボルト131上に帯鉄筋11を配置
するものである。図6(b)は、フランジ14aに、先
端がカギ状に屈曲された鋼材132を各帯鉄筋11に対
応させて立設状態に溶接し、この支持プレート132の
先端に帯鉄筋11を引掛けて固定するものである。図6
(c)は、フランジ14aに、一端がカギ状に屈曲され
たフックボルト133を各帯鉄筋11に対応させてナッ
ト止めし、このフックボルト133のカギ状の一端に帯
鉄筋11を引掛けて固定するものである。
【0031】また、本実施形態においては、鉄筋篭10
を構成する第1、第2の鋼材としてT形鋼、L形鋼を使
用したが、これら鋼材に代えてH形鋼、I形鋼、溝形鋼
等を適宜使用しても構わない。
【0032】ところで、鉄筋コンクリート構造体の構築
方法の他の実施形態として、鉄筋篭10を施工現場に構
築された基礎2の上に積み上げるようにして建て込み、
さらにこの鉄筋篭10の周囲に外型枠を建て込み、その
内側にコンクリート5を打設して橋脚1を構築する方法
が挙げられる。この構築方法によっても、前述の鉄筋コ
ンクリート構造体の構築方法と同様に施工現場での作業
性の向上を実現することができる。
【0033】
【発明の効果】以上説明したように、請求項1に記載さ
れた発明によれば、帯鉄筋に固定された第1の鋼材を第
2の鋼材によって一体に固定した鉄筋篭を用いること
で、従来のように各帯鉄筋にそれぞれ中間鉄筋を取り付
けなくても帯鉄筋のはらみ出しを防止することができ、
これによって施工現場での中間帯鉄筋の取り付け作業を
省略することができる。
【0034】請求項2に記載された発明によれば、第2
の鋼材の間を抜けて作業員の移動やコンクリートを噴出
するホース筒先の移動が容易に行えるようになるので、
従来のように中間帯鉄筋によって仕切られた空間から隣
接する空間へ移動するために一旦外に出る必要がなくな
り、施工現場での作業性を向上させることができる。
【0035】請求項3に記載された発明によれば、鉄筋
篭の帯鉄筋に沿ってプレキャスト部を形成した筒状の埋
込み型枠を用いることにより、外型枠の建て込み作業を
省略できるので、施工現場での作業性をさらに向上させ
ることができる。また、型枠の建て込みや配筋作業のた
めの外足場を組む必要がない。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明に係る鉄筋コンクリート構造物の実施
形態を示す斜視図である。
【図2】 埋込み型枠を示す要部破断斜視図である。
【図3】 埋込み型枠どうしの接合部分を示す側方断面
図である。
【図4】 埋込み型枠の製作手順を示す状態説明図であ
る。
【図5】 鉄筋コンクリート構造物として橋脚を構築す
る際の施工手順を示す状態説明図である。
【図6】 帯鉄筋と鉛直鋼材との固定部分の他の実施形
態を示す断面図である。
【符号の説明】
1 橋脚(鉄筋コンクリート構造体) 2 基礎 3 埋込み型枠 4 主筋 5 コンクリート 10 鉄筋篭 11 帯鉄筋 12 鋼材 13 ステー 14 鉛直鋼材(第1の鋼材) 15 水平鋼材(第2の鋼材) 20 プレキャスト部

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 上下に間隔を空けて筒状となるように複
    数配設された環状の帯鉄筋と、該帯鉄筋の周方向に間隔
    を空けて複数配設されてそれぞれが各帯鉄筋に固定され
    た第1の鋼材と、複数の帯鉄筋に囲まれた空間を挟んで
    対向する第一の鋼材の間に架設されてこれらを一体に固
    定する第2の鋼材とを備える鉄筋篭を内在させて構築さ
    れていることを特徴とする鉄筋コンクリート構造体。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載された鉄筋コンクリート
    構造体の構築方法であって、前記鉄筋篭を施工現場に構
    築された基礎上に設置し、該鉄筋篭の周囲に型枠を建て
    込み、その内側に主筋を配置したのちコンクリートを打
    設することを特徴とする鉄筋コンクリート構造体の構築
    方法。
  3. 【請求項3】 請求項1に記載された鉄筋コンクリート
    構造体の構築方法であって、前記鉄筋篭について、帯鉄
    筋に沿ってプレキャスト部を形成して筒状の埋込み型枠
    とし、該埋込み型枠を施工現場に構築された基礎上に建
    て込み、その内側に主筋を配置したのちコンクリートを
    打設することを特徴とする鉄筋コンクリート構造体の構
    築方法。
JP8185209A 1996-07-15 1996-07-15 鉄筋コンクリート構造体およびその構築方法 Pending JPH1030212A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8185209A JPH1030212A (ja) 1996-07-15 1996-07-15 鉄筋コンクリート構造体およびその構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8185209A JPH1030212A (ja) 1996-07-15 1996-07-15 鉄筋コンクリート構造体およびその構築方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1030212A true JPH1030212A (ja) 1998-02-03

Family

ID=16166786

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8185209A Pending JPH1030212A (ja) 1996-07-15 1996-07-15 鉄筋コンクリート構造体およびその構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1030212A (ja)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007132054A (ja) * 2005-11-09 2007-05-31 Sumitomo Mitsui Construction Co Ltd 柱状構造物
CN103334375A (zh) * 2013-07-26 2013-10-02 重庆交通大学 一种桥墩及其施工方法
CN103981799A (zh) * 2014-05-29 2014-08-13 福州大学 一种钢管混凝土张弦劲性梁及其施工方法
CN104179128A (zh) * 2014-08-15 2014-12-03 安徽建工集团有限公司 混凝土桥墩的加固方法
CN104562921A (zh) * 2015-01-17 2015-04-29 福州大学 一种带狗骨型连接构造的新型整体式桥台桥梁及施工方法
CN105507157A (zh) * 2015-12-22 2016-04-20 深圳市福田建安建设集团有限公司 变曲率环形劲芯现浇混凝土梁施工方法
CN105586833A (zh) * 2015-12-18 2016-05-18 上海嘉实(集团)有限公司 劲性骨架钢筋笼整体成型大型现浇薄壁高墩施工方法
CN106012849A (zh) * 2016-06-08 2016-10-12 江苏燕宁建设工程有限公司 一种悬浇梁直线段钢筋整体绑扎吊装施工方法以及桥梁
CN106400690A (zh) * 2016-09-30 2017-02-15 中交路桥华南工程有限公司 钢筋节段的制造方法和所使用的可调式钢筋节段拼装胎架
CN106988228A (zh) * 2017-03-07 2017-07-28 荣盛建设工程有限公司 预应力混凝土连续梁桥梁施工工艺
CN110578300A (zh) * 2019-09-26 2019-12-17 常州市市政建设工程有限公司 一种异形桥梁墩柱大体积混凝土浇注工艺
CN112342920A (zh) * 2020-10-26 2021-02-09 中交第二航务工程局有限公司 一种钢筋网片快速定位及节段钢筋部品精准成型拼装方法
CN112853944A (zh) * 2021-02-04 2021-05-28 中建二局第二建筑工程有限公司 一种建筑施工用钢筋笼及其浇筑施工方法
CN113123242A (zh) * 2021-04-14 2021-07-16 四川瑞云建设工程有限公司 一种连续钢构现浇段、合拢段同时浇筑施工结构和施工方法
JP2021143502A (ja) * 2020-03-11 2021-09-24 鹿島建設株式会社 パネルユニットおよび構造物の構築方法
CN114086461A (zh) * 2021-12-10 2022-02-25 中铁四局集团路桥工程有限公司 一种高墩组合装配式钢筋内支架配合翻模法快速施工方法
CN117383867A (zh) * 2023-09-05 2024-01-12 苏州交通工程集团有限公司 一种高架桥墩钢筋保护层混凝土结构

Cited By (26)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4651509B2 (ja) * 2005-11-09 2011-03-16 三井住友建設株式会社 柱状構造物
JP2007132054A (ja) * 2005-11-09 2007-05-31 Sumitomo Mitsui Construction Co Ltd 柱状構造物
CN103334375B (zh) * 2013-07-26 2016-03-16 重庆交通大学 一种桥墩及其施工方法
CN103334375A (zh) * 2013-07-26 2013-10-02 重庆交通大学 一种桥墩及其施工方法
CN103981799B (zh) * 2014-05-29 2015-11-18 福州大学 一种钢管混凝土张弦劲性梁及其施工方法
CN103981799A (zh) * 2014-05-29 2014-08-13 福州大学 一种钢管混凝土张弦劲性梁及其施工方法
CN104179128B (zh) * 2014-08-15 2016-01-20 安徽建工集团有限公司 混凝土桥墩的加固方法
CN104179128A (zh) * 2014-08-15 2014-12-03 安徽建工集团有限公司 混凝土桥墩的加固方法
CN104562921A (zh) * 2015-01-17 2015-04-29 福州大学 一种带狗骨型连接构造的新型整体式桥台桥梁及施工方法
CN104562921B (zh) * 2015-01-17 2016-05-04 福州大学 一种带狗骨型连接构造的整体式桥台桥梁的施工方法
CN105586833A (zh) * 2015-12-18 2016-05-18 上海嘉实(集团)有限公司 劲性骨架钢筋笼整体成型大型现浇薄壁高墩施工方法
CN105586833B (zh) * 2015-12-18 2017-03-29 上海嘉实(集团)有限公司 劲性骨架钢筋笼整体成型大型现浇薄壁高墩施工方法
CN105507157B (zh) * 2015-12-22 2017-03-22 深圳市福田建安建设集团有限公司 变曲率环形劲芯现浇混凝土梁施工方法
CN105507157A (zh) * 2015-12-22 2016-04-20 深圳市福田建安建设集团有限公司 变曲率环形劲芯现浇混凝土梁施工方法
CN106012849A (zh) * 2016-06-08 2016-10-12 江苏燕宁建设工程有限公司 一种悬浇梁直线段钢筋整体绑扎吊装施工方法以及桥梁
CN106400690A (zh) * 2016-09-30 2017-02-15 中交路桥华南工程有限公司 钢筋节段的制造方法和所使用的可调式钢筋节段拼装胎架
CN106988228A (zh) * 2017-03-07 2017-07-28 荣盛建设工程有限公司 预应力混凝土连续梁桥梁施工工艺
CN110578300A (zh) * 2019-09-26 2019-12-17 常州市市政建设工程有限公司 一种异形桥梁墩柱大体积混凝土浇注工艺
JP2021143502A (ja) * 2020-03-11 2021-09-24 鹿島建設株式会社 パネルユニットおよび構造物の構築方法
CN112342920A (zh) * 2020-10-26 2021-02-09 中交第二航务工程局有限公司 一种钢筋网片快速定位及节段钢筋部品精准成型拼装方法
CN112342920B (zh) * 2020-10-26 2022-03-29 中交第二航务工程局有限公司 一种钢筋网片快速定位及节段钢筋部品精准成型拼装方法
CN112853944A (zh) * 2021-02-04 2021-05-28 中建二局第二建筑工程有限公司 一种建筑施工用钢筋笼及其浇筑施工方法
CN113123242A (zh) * 2021-04-14 2021-07-16 四川瑞云建设工程有限公司 一种连续钢构现浇段、合拢段同时浇筑施工结构和施工方法
CN114086461A (zh) * 2021-12-10 2022-02-25 中铁四局集团路桥工程有限公司 一种高墩组合装配式钢筋内支架配合翻模法快速施工方法
CN114086461B (zh) * 2021-12-10 2023-12-19 中铁四局集团有限公司 一种高墩组合装配式钢筋内支架配合翻模法快速施工方法
CN117383867A (zh) * 2023-09-05 2024-01-12 苏州交通工程集团有限公司 一种高架桥墩钢筋保护层混凝土结构

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH1030212A (ja) 鉄筋コンクリート構造体およびその構築方法
KR101903628B1 (ko) 내진 성능이 강화된 더블 pc벽체 및 이를 이용한 pc벽체 구조물의 시공방법
JP2010261270A (ja) 複合構造および複合構造建築物の施工方法
KR102269141B1 (ko) 지하 흙막이 가시설을 이용한 데크플레이트 합벽 설치공법
JPH09310405A (ja) 鉄筋コンクリート柱およびプレキャスト型枠
JP3342891B2 (ja) 柱状構造物に架設される水平梁の構築工法
JP2747678B2 (ja) 複合梁
KR200233599Y1 (ko) 교각의 철근 설치구조
KR100626326B1 (ko) 콘크리트 구조물
JPH1129910A (ja) コンクリート橋脚の構築方法
JPH11158813A (ja) コンクリート橋脚の構築方法
JP2000160687A (ja) 混合構造の構築方法およびプレキャストコンクリート柱
JPH08100464A (ja) 仕口構造およびそれを用いた構造物の施工方法
JPH0657710A (ja) コンクリート主塔の築造方法
JPH10102423A (ja) PCa型枠及びこのPCa型枠を用いた橋脚の施工方法
JP4872301B2 (ja) Rc構造体の構築工法
CN219604686U (zh) 一种柱内置组合金属模板的中空钢骨架预制柱
JPH0988348A (ja) 基礎梁の施工方法
JPH04131443A (ja) 梁,柱類の鉄筋コンクリート構築物
JPH0881918A (ja) 橋脚およびその施工方法
JP2600531B2 (ja) 鉄骨柱用基礎構造とその構築工法
JP2578671B2 (ja) 柱と梁の構築工法
KR200362827Y1 (ko) 콘크리트 구조물
JPS62233340A (ja) 鉄骨用柱脚におけるアンカ−ボルト据付法
JPH1122106A (ja) コンクリート構造物の複合曲げ主材および複合曲げ主材を用いたコンクリート構造物の構築方法

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040210

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040409

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040921

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20050315