JPH10299088A - プレキャストコンクリート柱の仕口部材 - Google Patents

プレキャストコンクリート柱の仕口部材

Info

Publication number
JPH10299088A
JPH10299088A JP12173797A JP12173797A JPH10299088A JP H10299088 A JPH10299088 A JP H10299088A JP 12173797 A JP12173797 A JP 12173797A JP 12173797 A JP12173797 A JP 12173797A JP H10299088 A JPH10299088 A JP H10299088A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel pipe
prestressed concrete
steel
concrete column
concrete columns
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP12173797A
Other languages
English (en)
Inventor
Yutaka Fukuda
豊 福田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP12173797A priority Critical patent/JPH10299088A/ja
Publication of JPH10299088A publication Critical patent/JPH10299088A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】高品質で安価なプレキャスト部材としてのプレ
ストレストコンクリート材を柱材として使用する場合の
仕口部の構法や施工法を見直し、現場施工の確実性、迅
速性、作業性を改善する。 【解決手段】両端を開口する鋼管11の側面にリング状
の水平スチフナ12を介してH形鋼の梁部材13を接合
し、この鋼管11をプレストレストコンクリート柱2に
挿嵌し、鋼管11の両端部に設けたボルト孔aにボルト
を締め込んで鉛直荷重を支え、鋼管11とプレストレス
トコンクリート柱2の隙間に無収縮モルタル等を圧入し
て鋼管11をプレストレストコンクリート柱2に固着す
る。そして、梁部材13とH形鋼梁3を梁継手を介して
接合し、プレストレストコンクリート柱2とH形鋼梁3
で構成する架構を完成させる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、プレキャスト部材
としてのプレストレストコンクリート材あるいはプレス
トレストコンクリートを鉄パイプで被覆して補強するS
C材の柱と梁を接合する仕口部材に関する。
【0002】
【発明が解決しようとする課題】柱・梁仕口において
は、材端部に生じる大きな曲げモーメントやせん断力を
円滑に伝達する必要があるので、確実な施工が要求され
る。鉄筋コンクリート(RC)建築物の仕口は、現場で
型枠を作り、柱と梁を一体に成形して建造する。このた
め、現場施工の善し悪しが信頼性を左右すると共に、型
枠や足場を必要とするため、施工に多くの人手と時間を
要する。
【0003】鉄骨建築物の仕口は、柱にボックス材を用
いる場合は、H形鋼を用いる場合に比べ、仕口の加工が
複雑になる。また、現場仕口では、梁の下端フランジは
上端フランジに比べて施工条件が悪く作業性に難があ
る。
【0004】一方、プレキャスト部材としてのプレスト
レストコンクリートが実用化されてからまだ日は浅い
が、土木建築構造のほとんどの分野に広く用いられてい
る。現在、工場で製造されるプレストレストコンクリー
ト製品の種類は極めて多く、特にプレストレストコンク
リート杭は、自重が軽く、ひび割れ安全性が高く、曲げ
耐力が大きいなどの利点があり、柱や梁などの構造部材
としての適性が高い。また、一般に設備のよい工場で製
造されるため、製品の品質や信頼性が高く、同一形状寸
法のプレキャスト部材を大量に生産でき、安価である、
などの優れた特長がある。
【0005】そこで本発明は、この大量に工場生産され
る高品質で安価なプレキャスト部材としてのプレストレ
ストコンクリート材を構造部材として選択すると共に、
プレストレストコンクリート材を柱材として使用する場
合の仕口部の構法や施工法を見直し、現場施工の確実
性、迅速性、作業性を改善することを目的になされたも
のである。
【0006】
【課題を解決するための手段】かかる目的を達成するた
めに、本発明は以下のように構成した。
【0007】すなわち、両端を開口する鋼管の側面に梁
部材を突設し、この鋼管をプレキャストコンクリート柱
に挿嵌し、しかして前記梁部材と梁を接合して架構を構
成することを特徴とするプレキャストコンクリート柱の
仕口部材である。
【0008】
【発明の実施の形態】以下に、図面を参照して本発明の
実施の形態について説明する。
【0009】図1に、本発明のプレキャスト部材として
のプレストレストコンクリート柱の仕口部材の取り付け
箇所を示す。仕口部材1は、プレストレストコンクリー
ト柱2とH形鋼梁3で構成する架構の柱と梁の接合部
(仕口)に取り付ける。
【0010】図2と図3に、本発明のプレキャスト部材
としてのプレストレストコンクリート柱の仕口部材の平
面図と側面図を示す。仕口部材1は、両端を開口する鋼
管11の側面にリング状の水平スチフナ12を介してH
形鋼の梁部材13を接合する。水平スチフナ12は、図
4に示すように、鋼管11に2枚のリング状の円板aを
挿嵌し、円板aの内周を鋼管11の外周に溶接して取り
付け、円板aの外縁部を切り欠いて梁部材13のフラン
ジ13aと接合する。
【0011】梁部材13のフランジ13aとウエッブ1
3bは、全断面を有効に働かせるため、鋼管11の側面
および水平スチフナ12に溶接する。
【0012】本発明のプレストレストコンクリート柱の
仕口部材は以上のような構成で、図5に示すように、梁
部材13を突設した鋼管11をプレストレストコンクリ
ート柱2に挿嵌し、鋼管11の両端部に設けたボルト孔
aに軸力を伝達するボルトを締め込んで鉛直荷重を支え
る。さらに、鋼管11とプレストレストコンクリート柱
2の隙間に無収縮モルタル、エポキシ樹脂あるいは樹脂
モルタルなどを圧入して鋼管11をプレストレストコン
クリート柱2に固着する。
【0013】次に、梁部材13とH形鋼梁3を梁継手を
介して接合し、プレストレストコンクリート柱2とH形
鋼梁3で構成する架構を完成する。
【0014】図6に示すように、鋼管11の内壁をリブ
付き鋼管とし、さらにプレストレストコンクリート柱2
の仕口部の外壁にリブ付き鋼管4を巻着する。このよう
にすると、鋼管11とプレストレストコンクリート柱2
の仕口部の接合面が摩擦によりしっかり係止されるの
で、必ずしもボルト孔aのボルト締めを必要としなくな
る。さらに、無収縮モルタル等とリブ付き鋼管が一体化
してより強固に鋼管11をプレストレストコンクリート
柱2に固着し、引張力にも抵抗できるようになる。
【0015】
【発明の効果】本発明のプレキャスト部材としてのプレ
ストレストコンクリート柱の仕口部材は、あらかじめ鋼
管と形鋼で柱・梁仕口を作成し、この鋼管をプレストレ
ストコンクリート柱に挿嵌し、形鋼を梁と接合して仕口
を完成させる。従って、本発明によれば、現場または工
場で既製の部材を仕口に取り付けるだけなので、施工が
迅速で確実になり、工数も大幅に削減する。また、既製
の鋼管と形鋼を用いて仕口部材を作成するので、部材コ
ストも安く、工場などで大量生産することにより、量産
効果による安価でかつ高品質で信頼性の高い仕口部材の
製品化が期待ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のプレストレストコンクリート柱の仕口
部材の取り付け箇所図である。
【図2】本発明のプレストレストコンクリート柱の仕口
部材の平面図である。
【図3】本発明のプレストレストコンクリート柱の仕口
部材の側面図である。
【図4】2枚の円板を挿嵌する水平スチフナの分解斜視
図である。
【図5】本発明のプレストレストコンクリート柱の仕口
部材の取り付け説明図である。
【図6】リブ付き鋼管を巻着するプレストレストコンク
リート柱の斜視図である。
【符号の説明】
1 仕口部材 11 鋼管 12 水平スチフナ 13 梁部材 13a フランジ 13b ウエッブ 2 プレストレストコンクリート柱 3 H形鋼梁 4 リブ付き鋼管

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 両端を開口する鋼管の側面に梁部材を突
    設し、この鋼管をプレキャストコンクリート柱に挿嵌
    し、しかして前記梁部材と梁を接合して架構を構成する
    ことを特徴とするプレキャストコンクリート柱の仕口部
    材。
JP12173797A 1997-04-24 1997-04-24 プレキャストコンクリート柱の仕口部材 Pending JPH10299088A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12173797A JPH10299088A (ja) 1997-04-24 1997-04-24 プレキャストコンクリート柱の仕口部材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12173797A JPH10299088A (ja) 1997-04-24 1997-04-24 プレキャストコンクリート柱の仕口部材

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10299088A true JPH10299088A (ja) 1998-11-10

Family

ID=14818642

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12173797A Pending JPH10299088A (ja) 1997-04-24 1997-04-24 プレキャストコンクリート柱の仕口部材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10299088A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101818521A (zh) * 2010-04-20 2010-09-01 东南大学 一种钢节点预制装配钢筋混凝土框架结构
CN102418383A (zh) * 2010-09-28 2012-04-18 杨峰 一种有行车单层厂房混合结构体系及施工方法
CN102979176A (zh) * 2012-11-26 2013-03-20 北京工业大学 一种工业化多高层装配式钢结构体系
CN102995743A (zh) * 2012-11-26 2013-03-27 北京工业大学 一种多高层装配式钢结构体系

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101818521A (zh) * 2010-04-20 2010-09-01 东南大学 一种钢节点预制装配钢筋混凝土框架结构
CN102418383A (zh) * 2010-09-28 2012-04-18 杨峰 一种有行车单层厂房混合结构体系及施工方法
CN102979176A (zh) * 2012-11-26 2013-03-20 北京工业大学 一种工业化多高层装配式钢结构体系
CN102995743A (zh) * 2012-11-26 2013-03-27 北京工业大学 一种多高层装配式钢结构体系

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004353441A (ja) 柱・梁の接合構造
JPH1122001A (ja) 閉鎖形断面柱と梁の接合部構造
JPH10299088A (ja) プレキャストコンクリート柱の仕口部材
JP2954548B2 (ja) 鉄骨構造物の柱・梁接合部構造
JPH09296416A (ja) 斜張吊り架構の構造とその構築方法
JPH10219831A (ja) 鉄筋コンクリート造柱と鉄骨梁の接合構法及び接合部構造とプレキャスト鉄筋コンクリート造柱
KR100716453B1 (ko) 콘크리트 충전강관 기둥과 철골보의 접합부 보강 구조
JPH09317009A (ja) 充填鋼管コンクリート柱と梁の接合構造
JP2526707B2 (ja) 角形鋼管からなる鉄骨柱と鉄骨梁との接合部構造
JP2973985B2 (ja) Rc柱・鉄骨ばり接合部構造
JP4045502B2 (ja) 構造物
JPH0913512A (ja) 鉄骨構造部材の接合構造
JP2002220876A (ja) 建築鉄骨骨組の柱梁部材および接合構造
JP3250760B2 (ja) 梁ブラケット付きプレキャストコンクリート柱と梁鉄骨付きプレキャストコンクリート耐震壁の接合方法
JP2000297472A (ja) 充填鋼管コンクリート柱と梁との接合構造
JPH0868115A (ja) 柱梁の接合構造およびそれを用いた地下躯体の構築方法
JPH0569204U (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JPH0598704A (ja) 柱梁接合構造
JP2021031971A (ja) トラス梁接合方法
JPH05263402A (ja) 中空管を用いた柱脚構造体及びその構築方法
KR19980044229A (ko) 철근콘크리트 기둥과 철골 보 접합부의 연결장치(3)
JP2001182154A (ja) 仕口金物による柱と梁の接合構造
JPH05280097A (ja) 無耐火被覆鉄骨柱梁接合部
JPH10325148A (ja) コンクリート製柱および混合構造体
JP2002266436A (ja) 木造軸組住宅用筋交い

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20031215

A977 Report on retrieval

Effective date: 20050922

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20051004

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A02 Decision of refusal

Effective date: 20060221

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02