JPH10296570A - 開先加工機における加工材の位置決め装置 - Google Patents

開先加工機における加工材の位置決め装置

Info

Publication number
JPH10296570A
JPH10296570A JP13036197A JP13036197A JPH10296570A JP H10296570 A JPH10296570 A JP H10296570A JP 13036197 A JP13036197 A JP 13036197A JP 13036197 A JP13036197 A JP 13036197A JP H10296570 A JPH10296570 A JP H10296570A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
work material
cutter
ruler plate
positioning device
revolution
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP13036197A
Other languages
English (en)
Inventor
Tomoaki Matsunaga
知明 松永
Yasuyuki Takahata
康之 高畑
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Shinx Ltd
Original Assignee
Shinx Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shinx Ltd filed Critical Shinx Ltd
Priority to JP13036197A priority Critical patent/JPH10296570A/ja
Publication of JPH10296570A publication Critical patent/JPH10296570A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Jigs For Machine Tools (AREA)
  • Milling Processes (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 テーブル構成強度の低下を招くことがなく、
これに起因する切削加工を生ずることがない開先加工機
における加工材の位置決め装置を提供する。 【構成】 テーブル5の後方にして、カッター13の走
行移動路Cの後部に回動中心をもつ回動軸30を配設す
る。この回動軸30によって定規板32を起伏自在に設
ける。この定規板32は、垂直の起立状態において上記
の走行移動路Cの後方に退避し、また水平の伏倒状態に
おいて走行移動路C内にあって、先端当接部32aをテ
ーブル5の後端部に対応する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、平板(フラット
バー)など鋼材の端面にレ形、K形などの開先加工を行
う開先加工機における加工材の位置決め装置に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】開先加工機における加工材の位置決め装
置として、従来、実公平7−19700号に提案される
もの、あるいは同公報中に従来例として記載されるもの
などが知られている。
【0003】この位置決め装置は、切削加工の準備段階
においてテーブルの後端部に対応して突出し、そして切
削加工が開始されると、そこから下方へ没入して退避す
るように動作するものであり、上記の突出位置におい
て、テーブル上に供給された加工材の端面に当接して位
置決めを行うようになっている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記の従来の位置決め
装置は、テーブルの後部下側を退避位置とし、そこに格
納スペースを設けたものである。このため、狭隘で設計
条件が厳しくなり、テーブル強度の低下を招いていた。
そしてその結果、切削加工時の振動により、切削面精度
の不良、カッター刃先の欠けなどの問題点を起こしてい
た。
【0005】本発明は、上記した従来技術の問題点に着
目してなされたものであり、設計条件を緩和することが
できると共にテーブル強度の低下がなく、切削加工を良
好に行うことができる開先加工機における加工材の位置
決め装置を提供しようとするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めに、本発明に係る加工材の位置決め装置は次のように
構成したものである。
【0007】すなわちその要旨とするところは、テーブ
ル上の加工材を押え手段によって押圧クランプし、テー
ブルの端部から後方に臨む加工材の端面を水平方向に走
行移動するカッターによって切削加工する加工機におい
て、上記テーブルの後方位置を回動中心として起伏動作
する定規板を配設し、この定規板は起立状態のときと伏
倒状態のときに、それぞれカッターの走行移動路から退
避し、また上記の走行移動路内にあってテーブルの端部
に位置することにある。
【0008】定規板がテーブルの後方位置に退避するよ
うになっているため、テーブルの後端下側に格納スペー
スを取る必要がない。よってテーブルの構成強度を十分
にとることができる。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る加工材の位置
決め装置を一実施例について説明する。図1はこの装置
を備えた開先加工機の縦断側面図、図2は同じく背面図
にして、1はベース 2、2はベース1の左右両側に立
設したサイドフレーム 3はサイドフレーム2、2を連
結するようにしてベース1の上部に配設したビームであ
る。
【0010】4、4はビーム3に設けた水平のガイドレ
ール このガイドレール4、4には後で詳述する切削加
工ヘッドを移動自在に配設する。 5はビーム3の上部
に取りつけた水平のテーブル 6a、6bはテーブル5
の前部張出し部と後部張出し部を補強するリブ部材であ
る。
【0011】Aは切削加工ヘッドの全体を示すものにし
て、10はガイドレール4、4に係合する移動ベース
11は移動ベース10の後部に配設した軸受筒 12は
軸受筒11に回転自在に設けた立軸状のスピンドル こ
のスピンドル12の上端部には切削加工用のカッター1
3を取りつけるものであり、このカッター13の切刃面
aは前記テーブル5の後端部に接近して臨んでいる。
【0012】上記のカッター13は、加工材Wにレ形開
先を削成するときは、截頭円錐形状のものを取りつけ
る。14は移動ベース10の下部に垂下状に設けた駆動
モータ15は駆動モータ14の出力をスピンドル12に
伝える伝動手段である。
【0013】20は一方のサイドフレーム2に横向きに
取りつけた油圧シリンダ この油圧シリンダ20は、そ
のピストンロッド端を取付金具21を介して移動ベース
10に連結してあり、伸縮動作によって切削加工ヘッド
Aをガイドレール4、4に沿って左右に走行移動する。
【0014】22はサイドフレーム2、2の上端部に立
上げて設けた梁状の取付フレームBは加工材Wをテーブ
ル5面へ押圧クランプする押え手段 この押え手段B
は、取付フレーム22に間隔的に取りつけた油圧シリン
ダ23と、下向きのピストンロッド端に備えた押え金具
24によって構成する。
【0015】30は切削加工ヘッドAにおけるカッター
13の移動領域(走行移動路C)の後方位置に配設した
回動軸 31、31は回動軸30を支持するようにサイ
ドフレーム2、2に取りつけた軸受メタル 32は先端
当接部32aを放射方向に延在して回動軸30に取りつ
けた定規板である。
【0016】33は回動軸30の端部に設けた作動アー
ム 34は作動アーム33に連係した回動操作用の油圧
シリンダ この油圧シリンダ34は、作動アーム33を
90度の回転範囲で作動し、定規板32を垂直の起立状
態と水平の伏倒状態に設定する。
【0017】上記の起立状態において、定規板32はカ
ッター13の走行移動路Cの後方位置に退避し、また伏
倒状態において、走行移動路C内に位置し、先端当接部
32aをテーブル5の後端位置に接近して設定する。上
記の伏倒状態にあって、これに移動始端のカッター13
が干渉しないように、定規板32の長さは予め設定され
ている。
【0018】一実施例に係る開先加工機の構成は上記の
通りであり、次のようにして加工材Wの端面に開先加工
を行う。
【0019】それには、まず切削加工ヘッドAが移動始
端にあることを確認した上で、回動操作用の油圧シリン
ダ34を動作し、定規板32を伏倒状態に位置設定す
る。これによって、定規板32の先端当接部32aが図
3のようにテーブル5の後端に接近して対応する。
【0020】定規板32のセットが終了したならば、上
記の先端当接部32aに端面を突き当ててテーブル5上
に加工材Wを供給し、そして、この加工材Wを押え金具
24、24によって押圧クランプする。この動作終了後
は、前記の油圧シリンダ34を動作し、定規板32を起
立状態に回動設定する。
【0021】この動作によって、定規板32は図1のよ
うにカッター13の走行移動路Cから後方に退避する。
【0022】以上のようにして加工材Wのセットが終了
したならば、駆動モータ14によってカッター13を回
転駆動すると共に、油圧シリンダ20を作動して切削加
工ヘッドAを移動始端から終端へ向けて走行移動路す
る。これによって、加工材Wの端面部には所要のレ形開
先加工が行われる。
【0023】加工終了後は、切削加工ヘッドAを始端位
置に戻すと共に押え金具24、24を上昇退避し、テー
ブル5上から加工済みの加工材Wを取り出すようにす
る。以上が開先加工の一サイクルであるが、次の作業に
備えるには、定規板32を伏倒し、この状態でテーブル
5上に加工材Wの供給を行う。
【0024】なお上記の定規板32は、図3のように加
工材Wの位置決めを伏倒状態で行うものであり、セット
時における加工材Wの後方への押圧力が回動軸30に回
転モーメントとして作用することがない。このため、た
わみなどによる定規板32の位置ズレがなく、正確な位
置決めができる。
【0025】なお上記の一実施例では、定規板32が起
立状態のときに先端当接部32aがカッター13の走行
移動路Cから退避し、伏倒状態のときに走行移動路Cに
臨んで加工材Wの位置決めを行ったものである。
【0026】しかし、図4のように定規板42の回動軸
40をテーブル5の後部上方に設定することによって、
上記と逆姿勢において退避と位置決めを行うことができ
る。すなわち、この他の実施例の場合は、起立状態のと
きに加工材Wの位置決めを行い、伏倒状態のときに走行
移動路Cから退避する。
【0027】
【発明の効果】以上のように本発明に係る加工材の位置
決め装置は、これをテーブル後方の広いスペースに配設
したものである。このため設計条件を緩和することがで
きると共にテーブル剛性の不足がなく、これに起因する
切削加工上の問題点を解決することができるという優れ
た効果を発揮する。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明に係る加工材の位置決め装置を備えた
開先加工機の一実施例を示す縦断側面図である。
【図2】同じく、背面図である。
【図3】位置決め装置の構成を拡大して示す側面図であ
る。
【図4】この発明に係る位置決め装置の他の実施例を示
す説明図である。
【符号の説明】
5 テーブル A 切削加工ヘッド 13 カッター W 加工材 B 押え手段 30 回動軸 C 走行移動路 32 定規板 32a 先端当接部 40 回動軸 42 定規板

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 テーブル上の加工材を押え手段によって
    押圧クランプし、テーブルの端部から後方に臨む加工材
    の端面を水平方向に走行移動するカッターによって切削
    加工する開先加工機において、 上記テーブルの後方位置を回動中心として起伏動作する
    定規板を配設し、この定規板は起立状態のときと伏倒状
    態のときに、それぞれカッターの走行移動路から退避
    し、また上記の走行移動路内にあってテーブルの端部に
    位置することを特徴とする開先加工機における加工材の
    位置決め装置。
JP13036197A 1997-05-02 1997-05-02 開先加工機における加工材の位置決め装置 Pending JPH10296570A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13036197A JPH10296570A (ja) 1997-05-02 1997-05-02 開先加工機における加工材の位置決め装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13036197A JPH10296570A (ja) 1997-05-02 1997-05-02 開先加工機における加工材の位置決め装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10296570A true JPH10296570A (ja) 1998-11-10

Family

ID=15032547

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13036197A Pending JPH10296570A (ja) 1997-05-02 1997-05-02 開先加工機における加工材の位置決め装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10296570A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100908426B1 (ko) * 2007-08-31 2009-07-20 서광기연 주식회사 후판 자동 육면 면취기

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100908426B1 (ko) * 2007-08-31 2009-07-20 서광기연 주식회사 후판 자동 육면 면취기

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5948295A (en) Automatic machine for transversal connection of metallic bands
CN116748882A (zh) 一种适用于钢结构行业的激光切管机及切割方法
JPH10296570A (ja) 開先加工機における加工材の位置決め装置
JP5184056B2 (ja) 横型帯鋸盤における切断加工終了点検出方法
JP3594708B2 (ja) センタリングマシン及びそのワーク支持装置
JP3029885B2 (ja) レーザ複合加工装置
CN113511506A (zh) 一种钢材加工机械用夹持装置
JP2002137113A (ja) 両頭側面フライス盤
KR200218597Y1 (ko) 용접모재용 베벨링장치
CN218284665U (zh) 一种产品侧顶加工夹具
JPH01316112A (ja) V字形状溝加工機
CN219703608U (zh) 一种具有键槽和端面同步铣削功能的铣床
JP2005028508A (ja) 両頭側面フライス盤
CN220296122U (zh) 一种激光焊接装置
JP3315072B2 (ja) 補助丸鋸を付設した木材裁断加工機
JP3423460B2 (ja) 切断機
CN219170187U (zh) 一种精密裁切的型材切割装置
CN217143140U (zh) 一种机床用多功能夹具
CN216758292U (zh) 一种用于磨具加工的雕铣装置
JP2607502Y2 (ja) 切断機のバイス装置
JP2546425Y2 (ja) 工作機械の被加工材固定装置
RU2283219C2 (ru) Станок для срезания листов древесины с бревна
JPH01316113A (ja) V字形状溝加工機を用いた中間折曲製品の加工方法
KR960008523Y1 (ko) 금속판 절곡용 v홈가공기
JPH0744342Y2 (ja) 形鋼加工機