JPH10293709A - Information processor and storage medium - Google Patents

Information processor and storage medium

Info

Publication number
JPH10293709A
JPH10293709A JP10187697A JP10187697A JPH10293709A JP H10293709 A JPH10293709 A JP H10293709A JP 10187697 A JP10187697 A JP 10187697A JP 10187697 A JP10187697 A JP 10187697A JP H10293709 A JPH10293709 A JP H10293709A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
user
information
processing
input
agent
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10187697A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hideo Suzuki
秀夫 鈴木
Original Assignee
Casio Comput Co Ltd
カシオ計算機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make an agent more smoothly respond to a user's instruction by more effectively utilizing an agent function of access software. SOLUTION: An agent computer block 16 selects an agent that corresponds to a user who accesses from voice data which is inputted from an input-output interface computer block 15, reads agent setting information about the selected agent from a storing device 17, transfers it to the block 15, shows the inherent figure (mainly face) of the agent on a display device 13 according to the agent setting information and also outputs a voice message made from agent's inherent voice from a voice output device 11.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、装置に対するアクセス者を音声によって識別して、該アクセス者に応じた秘書処理の代行を行うことを可能にする情報処理装置及びその処理プログラムを記憶する記憶媒体に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention provides an access user to the device and identified by voice, stores the information processing apparatus and a processing program makes it possible to perform alternate secretary process corresponding to the access person storage about the media.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近時、企業内では情報化を進める上でパーソナルコンピュータが欠かせないツールになっており、社員一人に1台のパーソナルコンピュータが普及しつつある。 [Description of the Related Art In recent years, within the company has become a tool for personal computer is essential in advancing information technology, one of the personal computer to one person employees are becoming popular. また、企業内では社員一人一人のパーソナルコンピュータを利用した分散作業から得られる情報を集約して共有化することで、作業効率の向上を図るコンピュータネットワークとしてのLAN(Local Area Netwo Also, within companies by sharing by aggregating information from distributed work using a personal computer for each employee, LAN as a computer network to improve the operation efficiency (Local Area netwo
rk)も急速に普及しつつある。 rk) also are becoming popular rapidly.

【0003】また、コンピュータネットワークの普及に伴ってLAN上で社員同士が連絡事項を電子メールで授受することが頻繁に行われており、社内のLANに対して、自宅に設置した通信機能付のパーソナルコンピュータや外出先から通信機能付の携帯情報端末装置(以下、 [0003] In addition, employees with each other contact matters on the LAN with the spread of computer network and it is frequently performed to exchange e-mail, to the company's LAN, dated communication function installed in the home portable information terminal device with a communication function from a personal computer or on the go (or less,
PDA(Personal Digital Assistant)という)を利用して公衆回線網から社内のLANにアクセスして、電子メールの授受を行うことも可能になっている。 And accessed using a PDA (Personal Digital Assistant) called) from the public network to the company's LAN, which is also possible to perform the transmission and reception of e-mail.

【0004】さらに、インターネット等のコンピュータ通信ネットワークを利用して、パーソナルコンピュータやPDAから情報サービスセンターにアクセスして所望の情報の提供やチケット予約等のサービスを受けることができる情報サービスネットワークも急速に普及してきている。 [0004] In addition, by utilizing a computer communication network such as the Internet, a personal computer or PDA from also information service network that can access the information service center subject to services, such as providing and book tickets for the desired information rapidly it has become widespread.

【0005】そして、上記LANで構成されたコンピュータ通信ネットワークや情報サービスネットワークは、 [0005] Then, the computer communication network or information services network configured with the LAN,
そのネットワーク構造の多様化と階層化が進み、利用するユーザーが所望の情報にアクセスするための操作手順が複雑化する傾向にあるため、コンピュータの操作に習熟したユーザー以外の初心者ユーザーにとっては、その操作の複雑化がネットワークを利用する際の障壁となっている。 Progressed diversification and layering the network structure, for users who use tends to operating procedures complicated for accessing desired information, for the novice user other than the user who skilled in the operation of the computer, that complexity of operation has become a barrier to use of the network.

【0006】そこで、コンピューターや携帯情報端末装置の多勢を占める初心者ユーザーにも簡便に上記ネットワークから所望の情報にアクセス可能とするためのアクセス用ソフトウエアの開発が盛んになっており、このアクセス用ソフトウエアの高機能化を図る目的で、近時、 [0006] Therefore, computers and portable information terminals numerical superiority development of access software for enabling access to the desired information from the simple to the network even novice users, which accounts for the equipment has become popular, for this access in order to improve the software of high performance, in recent years,
エージェント(代理人)機能を備えたアクセス用ソフトウエアの開発及び実用化が図られている。 Agent (Agent) development and commercialization of access software having a function is achieved.

【0007】このエージェント機能付のアクセス用ソフトウエアは、ネットワークにアクセスするパーソナルコンピュータやPDA等の端末側に導入されると共に、ネットワーク内に設置されたサービス情報を提供するサーバー側にも導入される。 [0007] access software with this agent function, while being introduced to the terminal of the personal computer or a PDA to access the network, is introduced to the server-side to provide an installation service information in the network . そして、端末側のエージェントは、ユーザーによる簡単なコマンド入力に応じて自動的にコンピュータネットワーク内のサーバーにアクセスして、サーバー側のエージェントと連携して処理を行って、例えば、アクセスしたユーザーに応じて必要な情報を自動選択し、アクセスしたユーザーが端末装置のオーナーであれば個人のスケジュールを表示したり、アクセスしたユーザーが端末装置のオーナーでなければ、ユーザーに代ってアクセスしてきた相手に適切な応答をし、 Then, the agent of the terminal is to automatically access the server in the computer network in response to a simple command input by the user, it performs cooperation with processing of the server side agent, for example, depending on the users who visit automatically selects the necessary information Te, or display an individual's schedule if the owner of the user who accesses the terminal device, if the user who access is not the owner of the terminal device, the partner that has access on behalf of the user the appropriate response,
オーナー専用情報を保守したりといった、ネットワークへアクセスする際のユーザーの操作負担を軽減しつつユーザーにとって個人秘書的な業務を代行させることを目指している。 Such or maintain the owner-only information, which aims to substitute the personal secretarial business for the user while reducing the user's operation burden at the time of access to the network.

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このような従来のエージェント機能付のアクセス用ソフトウエアにあっては、ネットワークへアクセスするためのユーザーによる操作負担を軽減しつつ、端末装置にアクセスしてきたオーナー以外の相手に対して適切な応答をする個人秘書的な業務を代行させることを目指しているが、 The object of the invention is to be Solved] However, in such access for the software of the conventional with the agent function, while reducing the operational burden by the user for access to the network, it has been access to the terminal device Although aims to substitute the personal secretarial business to an appropriate response to the other party other than the owner,
その代行業務を実現するための機能としては、以下に述べる点が不足していた。 The functions for realizing the agency business, the following points were not enough.

【0009】すなわち、上記個人秘書の代行業務では、 [0009] That is, in the agency business of the private secretary,
エージェントはユーザーの操作負担を軽減するため、ユーザーの業務の流れや個人的な嗜好等ユーザーに関する情報を蓄積しているが、単一のエージェントが複数のユーザーに使用される場合には、エージェントに関しての基本設定的な部分に関しては、各ユーザー個人の使い易い環境に設定することができず、ユーザーフレンドリー性の低下からエージェント機能の有用性が低下する。 Since the agent to reduce the user's operational burden, if it accumulates information about the user's business flow and personal preferences such users, a single agent is used for a plurality of users, with respect to the agent for the basic configuration portions of, can not be set to an easy-to-use environment of each user's personal, usefulness of the poor user friendliness agent function is lowered.

【0010】本発明の課題は、アクセス用ソフトウエアのエージェント機能をより有用に活用するため、ユーザーによって使い分けられる複数のエージェントを備え、 It is an object of the present invention, to take advantage of software agent function for accessing more usefully, comprising a plurality of agents used for different users,
アクセスしたユーザーを識別して、各ユーザーに対応した固有のエージェントがユーザーの代行業務を行い、ユーザー特有の嗜好にまでも対応することにより、ユーザーの指示に対するエージェントの反応をよりスムーズにすることである。 Identify the user who accessed performs proxy operations specific agent corresponding to each user a user, by even the user-specific preferences corresponding, by more smoothly the reaction of the agent to the user's instruction is there.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、 Means for Solving the Problems The invention according to claim 1,
各種処理要求に応じて当該各要求内容に応じた処理を別々に代行する複数の処理代行機能を備えた情報処理装置であって、使用者別に前記複数の処理代行機能を対応づける使用者情報を格納するとともに、当該処理代行機能毎に固有の表現情報を格納する情報格納手段と、前記各種処理要求を入力する入力手段と、この入力手段により入力される入力内容と前記使用者情報とに基づいて使用者を識別する識別手段と、この識別された使用者に対応する処理代行機能を前記情報格納手段に格納された使用者情報から選択し、当該使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、前記情報格納手段に格納された当該処理代行機能に固有の表現情報に基づく応答を行う応答手段と、を具備したことを特徴としている。 An information processing apparatus having a plurality of processing proxy function on behalf separately processed in accordance with the respective request content according to various processing requests, a user information associating the plurality of processing proxy features by user stores, an information storage unit for storing specific expression information for each said processing proxy functions, comprising: input means for inputting the various kinds of processing requests, based on said user information and the input contents input by the input means various of identifying means for identifying the user to select from the user information processing proxy functions stored in said information storing means corresponding to the identified user, inputted from the input means by the user Te according to the processing request content, it is characterized by comprising and a response unit that performs a response based on a unique representation information stored the processing proxy function to the information storage means.

【0012】この請求項1記載の発明の情報処理装置によれば、各種処理要求に応じて当該各要求内容に応じた処理を別々に代行する複数の処理代行機能を備えた情報処理装置であって、情報格納手段に、使用者別に前記複数の処理代行機能を対応づける使用者情報を格納するとともに、当該処理代行機能毎に固有の表現情報を格納し、識別手段により、入力手段により入力される入力内容と前記使用者情報とに基づいて使用者を識別し、応答手段により、この識別された使用者に対応する処理代行機能を前記情報格納手段に格納された使用者情報から選択し、当該使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、前記情報格納手段に格納された当該処理代行機能に固有の表現情報に基づく応答を行う。 According to the information processing apparatus of the invention of claim 1, wherein, a information processing apparatus having a plurality of processing proxy function on behalf separately processed in accordance with the respective request content according to various processing requests Te, in the information storage means stores the user information associating the plurality of processing proxy features by the user, and stores the specific expression information for each said processing proxy function, the identification means is inputted by the input means that identifies the user based on the input content and the user information, the response unit, and select the processing proxy function corresponding to the identified user from the user information stored in said information storing means, depending on the various processing request content input from the input means by the user, a response based on the specific representation information stored the processing proxy function to the information storage means.

【0013】したがって、使用者別に備えられた処理代行機能により該使用者に適した処理代行を行うことができるため、使用者は処理代行機能の設定上の問題による煩雑さ、視覚、聴覚等の感覚上の違和感を感じることなくスムーズな処理を行うことができる。 [0013] Thus, the processing proxy function provided by the user since it is possible to perform processing proxy suitable for said use's user complexity by configuration problems of processing proxy functions, visual, auditory, etc. it is possible to perform a smooth process without feeling a sense of discomfort on the sensation.

【0014】請求項7記載の発明は、各種処理要求に応じて当該各要求内容に応じた処理を別々に代行する複数の処理代行機能を備えた情報処理装置であって、前記処理代行機能に固有の表現情報を格納するとともに、当該処理代行機能を専有する使用者の使用者情報を格納する情報格納手段と、前記各種処理要求を入力する入力手段と、この入力手段により入力される入力内容と前記使用者情報とに基づいて当該使用者が専有使用者か否かを識別する識別手段と、この識別された専有使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、 [0014] According to a seventh aspect, an information processing apparatus having a plurality of processing proxy function on behalf separately processed in accordance with the respective request content according to various processing requests, the processing proxy function stores the specific expression information, and information storage means for storing user information of the user to occupy the processing proxy functions, comprising: input means for inputting the various kinds of processing requests, the input contents input by the input means They said identification means for identifying the user information and the user based on the whether the exclusive user, according to various processing request content input from the input means by the identified exclusive user and,
前記情報格納手段に格納された当該処理代行機能に固有の表現情報に基づく応答を行う応答手段と、を具備したことを特徴としている。 Is characterized in that anda response means a response based on the specific representation information stored the processing proxy function to the information storage means.

【0015】請求項7記載の発明によれば、各種処理要求に応じて当該各要求内容に応じた処理を別々に代行する複数の処理代行機能を備えた情報処理装置であって、 According to the invention of claim 7, wherein an information processing apparatus having a plurality of processing proxy function on behalf separately processed in accordance with the respective request content according to various processing requests,
情報格納手段に、前記処理代行機能に固有の表現情報を格納するとともに、当該処理代行機能を専有する使用者の使用者情報を格納し、識別手段により、入力手段により入力される入力内容と前記使用者情報とに基づいて当該使用者が専有使用者か否かを識別し、応答手段により、この識別された専有使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、前記情報格納手段に格納された当該処理代行機能に固有の表現情報に基づく応答を行う。 In the information storage means, the stores specific expression information to the processing proxy function, and stores the user information of the user to occupy the processing proxy function, by the identification means, an input content input by the input means the user identifies whether exclusive user based on the user information, the response unit, according to various processing request content input from the input means by the identified exclusive user, the information a response based on the specific representation information stored the processing proxy function in the storing means.

【0016】したがって、専有使用者に対応する処理代行機能により専有使用者の使用者情報を参照しつつ処理代行を行うため専有使用者の特有の嗜好や癖にまで対応しながら処理代行を行うことができ、専有使用者は、スムーズな処理を行うことができる。 [0016] Thus, by performing the processing proxy while responding to the specific preferences and habits of proprietary user for performing a reference to while processing behalf of the user information of proprietary user by the processing proxy function corresponding to the exclusive user can be, proprietary user can perform a smooth process.

【0017】 [0017]

【発明の実施の形態】以下、図を参照して本発明の実施の形態を詳細に説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, the embodiments of the present invention will be described in detail with reference to FIG.

【0018】(第1の実施の形態)図1〜図8は、本発明の情報処理装置及び記憶媒体を適用した第1の実施の形態のコンピュータシステムを示す図である。 [0018] (First Embodiment) FIGS. 1-8 is a diagram showing the computer system of the first embodiment for the information processing apparatus and a storage medium of the present invention.

【0019】まず、構成を説明する。 [0019] First, a description will be given of the configuration. 図1は、第1の実施の形態のコンピュータシステムの全体構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing the overall configuration of a computer system of the first embodiment. この図1において、コンピュータシステムは、処理コンピュータ1とエージェント装置10がデータ回線Lを介して接続されており、処理コンピュータ1は、パーソナルコンピュータ(PC)2、表示装置3、記憶装置4、記憶媒体5、入力装置6及び通信インターフェース7により構成されている。 In this Figure 1, the computer system processing computer 1 and the agent device 10 is connected via a data line L, the process computer 1, a personal computer (PC) 2, a display device 3, a storage device 4, a storage medium 5, is constituted by an input device 6, and a communication interface 7.

【0020】パーソナルコンピュータ2は、記憶装置4 [0020] The personal computer 2, the storage device 4
に記憶されているシステムプログラム及び当該システムに対応する各種アプリケーションプログラムの中から指定されたアプリケーションプログラムを図示しない内蔵RAM(Random Access Memory )内のプログラム格納領域に格納し、入力装置6から入力される各種指示あるいはデータを内蔵RAM内に格納し、この入力指示及び入力データに応じて内蔵RAM内に格納したアプリケーションプログラムに従って各種処理を実行し、その処理結果を入力装置6から入力指示される記憶装置4内の保存先に格納するとともに、表示装置3に表示する。 Stored in a program storage area in the internal RAM (Random Access Memory) which is not shown the specified application program from among the various application programs corresponding to the system programs and the system is stored in, inputted from the input device 6 storing various instructions or data in the internal RAM, the input instruction and executes various processes in accordance with the application program stored in the internal RAM according to the input data, a storage device input indication the processing results from the input device 6 stores in the destination 4, displayed on the display device 3.

【0021】また、パーソナルコンピュータ2は、エージェント装置10からデータ回線Lを介して入力される情報検索のためのアプリケーションプログラムの起動要求、抽出条件項目の転送要求等に応じて、記憶装置4内に格納された情報データベースに対して各種情報検索処理を実行し、その処理結果をエージェント装置10に転送する。 Further, the personal computer 2, an activation request of an application program for information retrieval input from the agent apparatus 10 through the data line L, in response to the transfer request, etc. of the extraction condition items, the storage device 4 It executes various information retrieval process on the stored information database, and transfers the processing result to the agent device 10.

【0022】さらに、パーソナルコンピュータ2は、通信インターフェース7により公衆回線網を介して外部の図示しない処理コンピュータに対してアクセスして、エージェント装置10からデータ回線Lを介して入力される情報検索のための各種要求に応じた情報検索処理を依頼し、その処理結果を他の処理コンピュータから受信してエージェント装置10に転送する機能を有する。 Furthermore, the personal computer 2 accesses the processing computer (not shown) outside via the public network by the communication interface 7, since the agent apparatus 10 of the information retrieval inputted through the data line L information retrieval processing request in response to various requests, has a function of transferring to the agent device 10 receives the process result from the other processing computer.

【0023】表示装置3は、CRT(Cathode Ray Tub [0023] The display device 3, CRT (Cathode Ray Tub
e)や液晶表示パネル等により構成され、パーソナルコンピュータ2から入力される表示データを表示するとともに、上記パーソナルコンピュータ2により実行される情報検索要求に対応する各処理に際して転送される要求や検索情報等を表示する。 It is composed of e) or a liquid crystal display panel or the like, and displays display data input from the personal computer 2, the request and search information and the like to be transferred during each process corresponding to the information retrieval request executed by the personal computer 2 to display.

【0024】記憶装置4は、プログラムやデータ等が予め記憶されている記憶媒体5を有しており、この記憶媒体5は磁気的、光学的記録媒体、若しくは半導体メモリで構成されている。 The storage device 4 has a storage medium 5 which programs and data are stored in advance, the storage medium 5 is composed of magnetic or optical recording medium, or a semiconductor memory. この記憶媒体5は記憶装置4に固定的に設けたもの、若しくは着脱自在に装着するものであり、この記憶媒体5には上記システムプログラム及び当該システムに対応する各種アプリケーションプログラム、通信処理プログラム、情報データベース及び各処理プログラムで処理されたデータ等を記憶する。 What the storage medium 5 which fixedly provided in the storage device 4, or removable is intended to freely mounted, various application programs in the storage medium 5 corresponding to the system program and the system, a communication processing program, information storing database and data and the like processed by the respective processing programs.

【0025】また、この記憶媒体5に記憶するプログラム、データ等は、通信インターフェース7により公衆回線網等を介して接続された他の機器から受信して記憶する構成にしてもよく、更に、公衆回線網を介して接続された他の機器側に上記記憶媒体を備えた記憶装置を設け、この記憶媒体5に記憶されているプログラム、データを通信回線を介して使用する構成にしてもよい。 [0025] The program stored in the storage medium 5, data such as may be configured to receive and store from another device connected via a public network such as the communication interface 7, further public a storage device having another device side in the storage medium connected via a network is provided, the program stored in the storage medium 5, may be configured to use data via the communication line.

【0026】入力装置6は、カーソルキー、数字入力キー及び各種機能キー等を備え、押下されたキーの押下信号をパーソナルコンピュータ2に出力する。 The input device 6 is provided with cursor keys, numeric keys and various function keys, and outputs a depression signal of a depressed key to the personal computer 2. 通信インターフェース7は、パーソナルコンピュータ2から入力される通信要求に応じて公衆回線網を介して他の処理コンピュータと接続し、他の処理コンピュータとの間で情報の授受を行って受信情報をパーソナルコンピュータ2に転送する。 Communication interface 7, other processing connected to the computer, a personal computer to receive information by exchanging information with the other processing computer via a public network according to a communication request inputted from the personal computer 2 2 to be transferred.

【0027】次いで、図1のエージェント装置10の構成について図2に示す要部構成を示すブロック図により説明する。 [0027] Next, will be described with reference to the block diagram showing a main configuration shown in FIG. 2 the structure of the agent device 10 of FIG. 1.

【0028】この図2において、エージェント装置10 [0028] In FIG. 2, the agent device 10
は、その内部構成は入出力インターフェースコンピュータブロック(IC)15と、エージェントコンピュータブロック16とに大別される。 , The internal structure from the input-output interface computer block (IC) 15, is roughly classified into the agent computer block 16. 入出力インターフェースコンピュータブロック(IC)15には、音声出力装置11、音声入力装置12、表示装置13及び記憶装置1 Output interface computer block (IC) 15, the audio output device 11, the voice input device 12, display device 13 and storage device 1
4が接続され、エージェントコンピュータブロック16 4 is connected, the agent computer block 16
には、記憶装置17、記憶媒体18及びPCインターフェース19が接続されている。 The storage device 17, storage medium 18 and PC interface 19 are connected.

【0029】入出力インターフェースコンピュータブロック15は、音声入力装置12によりユーザーの音声命令を変換して入力される音声命令データを、記憶装置1 The input-output interface computer block 15, the voice command data input by converting the user voice command by the voice input unit 12, the storage device 1
4内に格納された音声認識プログラムによりその音声命令内容を認識し、その認識した音声命令から情報検索処理に係る要求内容の分類及び意味内容を記憶装置14内に格納された意味解析プログラムにより解析して、その解析結果をエージェントコンピュータブロック16に出力する。 Recognizes the voice command content by the stored speech recognition program in the 4, characterized by its recognized meaning analysis program classification and meaning of the request content of the information retrieval processing from the voice commands stored in the storage device 14 and outputs the result of the analysis to the agent computer block 16.

【0030】また、入出力インターフェースコンピュータブロック15は、上記エージェントコンピュータブロック16に出力した要求内容の分類及び意味により、エージェントコンピュータブロック16において実行される情報検索処理により検索された候補情報が入力されると、その候補情報を記憶装置14内に格納された音声変換プログラムにより音声データに変換して音声出力装置11により音声として出力させる。 Further, input-output interface computer block 15, the classification and meaning of the request content outputted to the agent computer block 16, the candidate information retrieved by the information retrieval process executed in the agent computer block 16 is input If, it converts the audio data is output as audio by audio output device 11 by the voice conversion program stored the candidate information in the storage device 14.

【0031】音声出力装置11は、入出力インターフェースコンピュータブロック15から入力される音声データをD/A変換処理して、内蔵のスピーカーから音声として出力する機能を有する。 The audio output device 11, audio data inputted from the input-output interface computer block 15 converts processed D / A, has a function of outputting a sound from the built-in speaker.

【0032】音声入力装置12は、内蔵のマイクに入力されるユーザーの音声命令をA/D変換処理して、音声データとして入出力インターフェースコンピュータブロック15に出力する機能を有する。 The voice input device 12, the user's voice command is input to the built-in microphone and A / D conversion processing, and outputting the output interface computer block 15 as audio data.

【0033】表示装置13は、CRT(Cathode Ray Tu [0033] The display device 13, CRT (Cathode Ray Tu
be)や液晶表示パネル等により構成され、入出力インターフェースコンピュータブロック15から入力される表示データを表示するとともに、上記エージェントコンピュータブロック16により実行される情報検索要求に対応する各処理に際して入力される音声命令や検索情報等を表示する。 It is composed of be) or a liquid crystal display panel or the like, audio and displays display data input from the input-output interface computer block 15, are input during each process corresponding to the information retrieval request executed by the agent computer block 16 instruction to display and search information, and the like.

【0034】記憶装置14は、上記入出力インターフェースコンピュータブロック15により実行される音声認識処理プログラム、意味解析処理プログラム、音声変換処理プログラム及び意味解析処理等において利用される各種辞書データ等を記憶する。 The storage device 14 stores the speech recognition program to be executed by the input-output interface computer block 15, meaning analysis program, various dictionary data used in the speech conversion processing program, and semantic analysis processing.

【0035】エージェントコンピュータブロック16 The agent computer block 16
は、上記入出力インターフェースコンピュータブロック15から入力される音声データから、記憶装置17に格納された複数のエージェントが登録されたエージェントテーブルに基づいて、アクセスしたユーザーに対応したエージェントを選択し、該選択されたエージェントに関するエージェント設定情報を記憶装置17から読み出して、入出力インターフェースコンピュータブロック15 From audio data input from the input-output interface computer block 15, based on the plurality of agents stored in the storage device 17 has been registered agent table, select an agent corresponding to the user who accessed the selected reads the agent set information on the agent, which is from the storage device 17, input-output interface computer block 15
に転送し、該エージェント設定情報に従って表示装置1 Transferred to a display in accordance with the agent set information device 1
3にエージェントの固有の姿(主に顔)を表示すると共に、音声出力装置11からはエージェント固有の音声による音声メッセージを出力する。 And it displays the unique figure of the agent (mainly a face) to 3, and outputs a voice message by the agent-specific audio from the audio output device 11.

【0036】また、エージェントコンピュータブロック16は、ユーザーに応じたエージェントを選択後は、記憶装置17に記憶されたエージェント基本プログラムに基づいて各種秘書業務代行処理を実行し、具体的には、 Further, the agent computer block 16, after selecting an agent corresponding to the user executes various secretary outsourced processing based on the agent basic program stored in the storage device 17, specifically,
ユーザーの要求を解析して当該要求に係るアプリケーションプログラムの起動要求を上記パーソナルコンピュータ2に送信し、その起動されたアプリケーションが得た当該要求に関する情報をパーソナルコンピュータ2から受信すると、入出力インターフェースコンピュータブロック15に転送して、表示装置13に表示させると共に音声出力装置11から音声メッセージによりユーザーに伝達する。 When analyzing the user's request and sends a start request of an application program relating to the request to the personal computer 2 receives information about the activated the request the application obtained from the personal computer 2, input-output interface computer block It is transferred to 15, to transmit to the user by a voice message from the voice output device 11 causes display on the display device 13.

【0037】記憶装置17は、プログラムやデータ等が予め記憶されている記憶媒体18を有しており、この記憶媒体18は磁気的、光学的記録媒体、若しくは半導体メモリで構成されている。 The storage device 17 has a storage medium 18 which programs and data are stored in advance, the storage medium 18 is composed of magnetic or optical recording medium, or a semiconductor memory. この記憶媒体18は記憶装置17に固定的に設けたもの、若しくは着脱自在に装着するものであり、この記憶媒体18には上記エージェントコンピュータブロック16が実行するエージェント基本プログラム及び当該基本プログラムに対応する各種プログラムとして要求解析処理プログラム等を記憶し、また、各種設定ファイルとして、複数のエージェントが登録されユーザーとエージェントの対応を設定したエージェントテーブル及び各エージェントの情報(顔、音声、 The storage medium 18 that fixedly provided in the storage device 17, or is intended to removably mounted, this storage medium 18 corresponding to the agent basic program and the basic program the agent computer block 16 executes storing the request analysis processing program as various programs and as various setting file, the agent table and information for each agent was set enabled user and the agent multiple agents is registered (face, voice,
名前等)を設定し該エージェントに対応するオーナーの嗜好情報等を格納するエージェント設定情報ファイルを記憶する。 Set the name, etc.) to store the agent configuration information file that stores the preference information of the owner or the like corresponding to the agent.

【0038】また、この記憶媒体18に記憶するプログラム、データ等は、PCインターフェース19により公衆回線網等を介して接続された他の機器から受信して記憶する構成にしてもよく、更に、公衆回線網を介して接続された他の機器側に上記記憶媒体を備えた記憶装置を設け、この記憶媒体18に記憶されているプログラム、 [0038] The program stored in the storage medium 18, data, etc. may be configured to store received from another device connected via a public network such as the PC interface 19, and further, the public a storage device having the above-described storage medium to another device side connected via the network provided, the program stored in the storage medium 18,
データを通信回線を介して使用する構成にしてもよい。 Data may be configured to use via the communication line.

【0039】次に、本第1の実施の形態の動作を説明する。 Next, the operation of the first embodiment. 上記エージェントコンピュータブロック16により実行されるエージェント選択から個人秘書代理業務までの処理について図5〜図7に示すフローチャートに基づいて説明する。 It is described with reference to a flowchart shown in FIGS. 5 to 7 for processing until personal assistant proxy service from the agent selected to be executed by the agent computer block 16. 本第1の実施の形態においては、ユーザー別に複数のエージェントを備えるエージェント装置1 The present first embodiment, the agent device 1 comprising a plurality of agents by user
0を示し、エージェント選択に対応するため、エージェントコンピュータブロック16内の記憶装置17には、 Represents 0, in order to respond to agent selection, the storage device 17 in the agent computer block 16,
図3に示すエージェントテーブル及び図4に示すエージェント設定情報が記憶されている。 Agent setting information shown in the agent table and 4 shown in FIG. 3 is stored. なお、以下、指定されたエージェントに対応する特定のユーザーを指して該エージェントのオーナーと呼び、特に断ることがない限り、ただ単にオーナーといえば該指定されたエージェントのオーナーを指すものとする。 In the following, it referred to as the owner of the agent refers to the specific user corresponding to the specified agent, unless the particular refuse, simply intended to refer to the owner of the specified agent Speaking owner.

【0040】図3に示すエージェントテーブルには、項目としてアクセスしたユーザーの音声によってアクセスしたユーザーを識別するための「オーナー音声情報」及び各オーナーに対応する「対応エージェント」の各情報が関連付けられて複数設定されている。 [0040] The agent table shown in FIG. 3, associated each information of "corresponding agent" corresponding to the "owner audio information" and the owner to identify the user who accessed by a user of the sound accessed as item It is multiple settings.

【0041】図4に示すエージェント設定情報には、項目としてエージェントの顔、音声、名前等に関する「エージェント固有情報」及びスケジュールリンク、メールリンク、オーナー占有ファイルリンク、オーナー嗜好情報、オーナーパスワード等に関する「オーナー情報」の各情報が関連付けられて設定されており、このようなエージェント設定情報が、各エージェント毎に複数存在している。 [0041] The agent configuration information shown in FIG. 4, the face of the agent as an item, the voice, the name "agent-specific information" and schedule Links for, etc., e-mail link, owner occupied file link, owner preference information, about the owner password, etc. " owner information "is set in each information is associated with the, such agent configuration information, there are a plurality each agent. エージェント固有の顔、音声、名前などの「エージェント固有情報」及び「オーナー情報」は、オーナーが自由に設定可能であり、オーナーは自分の使いやすいエージェントを視覚的、聴覚的な面をも含めてアレンジすることができる。 Agent-specific face, voice, "agent-specific information" and "owner information" such as name, the owner is free to be set, the owner visually their own easy-to-use agent, including the auditory surface it is possible to arrange.

【0042】図5において、まず、エージェントコンピュータブロック16は、エージェントコンピュータブロック16内の記憶装置17に記憶される図3に示すエージェントテーブルをエージェントコンピュータブロック16内の図示しない内蔵メモリに読み込む(ステップS [0042] In FIG. 5, first, the agent computer block 16 reads the agent table of FIG. 3 stored in the storage device 17 in the agent computer block 16 in an internal memory (not shown) in the agent computer block 16 (step S
1)。 1). このエージェントテーブルの読み込みが終わるとエージェントコンピュータブロック16は、上記入出力インターフェースコンピュータブロック15からの音声命令に基づく音声データの入力有無を待機する(ステップS2)。 The agent computer block 16 the reading of the agent table ends waits for input whether the speech data based on the voice command from the input-output interface computer block 15 (step S2). すなわち、音声入力装置12から入力されるオーナーの音声命令が入出力インターフェースコンピュータブロック15で認識されてエージェントコンピュータブロック16へ入力される音声データの有無が判別される。 That is, the presence or absence of voice data voice command owner inputted from the voice input unit 12 is input is recognized by the input-output interface computer block 15 to the agent computer block 16 is determined.

【0043】アクセスしようとするユーザーは、例えば、「おはよう。」とエージェント装置10に話しかける、あるいは、「さて、」というような特定の意味を持たない接続語的な言葉でもよい。 The user who is trying to access, for example, "Good morning." And talk to the agent device 10, or, "Well," a particular meaning may be a connection language specific words that do not have such as that. このようなアクセスしようとするユーザーから発せられる何らかの音声が音声入力装置12に入力され、音声データが入出力インターフェースコンピュータブロック15に入力されると、入出力インターフェースコンピュータブロック15は、記憶装置14に記憶された音声認識プログラムによって該入力された音声データを解析して、話者、すなわちアクセスしたユーザーを特定する(ステップS3)。 Any sound emitted from a user attempting to such access is input to the voice input device 12, the voice data is input to the input-output interface computer block 15, input-output interface computer block 15, the storage device 14 in the storage the speech recognition program by analyzing the audio data said input, speaker, namely to identify the user who accessed (step S3). このとき、「オーナー音声情報」とそれに対応した「対応エージェント」を関連付けられた項目として設定している、 This time, is set as items associated with the with the "owner voice information" corresponding to it "corresponding agent",
エージェントコンピュータブロック16内の図示しない内蔵メモリに読み込まれたエージェントテーブル(図3)が参照される。 Agent computer block 16 in the agent table read into the built-in memory (not shown) (FIG. 3) is referred to.

【0044】エージェントテーブルに基づいてアクセスしたユーザーを特定できた場合には、当該ユーザーに対応するエージェントがエージェントテーブルに基づいて選択され、該エージェントに関するエージェント設定情報(図4)をエージェントコンピュータブロック16内の図示しない内蔵メモリに読み込む(ステップS8)。 [0044] If you can identify users who access based on the agent table, the agent corresponding to the user is selected based on the agent table, the agent settings for the agent information (FIG. 4) the agent computer block 16 read into the internal memory (not shown) of the (step S8).
アクセスしたユーザーに関する情報がエージェントテーブルに存在せずに、アクセスしたユーザーを特定できなかった場合には、エージェントコンピュータブロック1 If the information about the user who accessed without on the agent table and could not identify the user who accessed the agent computer block 1
6は、応対するエージェントを特定するために、「エージェントを名前で指定して下さい。」というような、固有エージェント名によるエージェント指定をユーザーに対して催促するメッセージを出力するため、当該メッセージを出力するための制御信号を入出力インターフェースコンピュータブロック15に対して転送し、表示装置13に文字による表示、及び、音声出力装置11に音声メッセージによる出力をさせる(ステップS4)。 6, in order to identify the agent that you want to answering, "Please specify the agent by name." I called, such as, for outputting a message prompting the agent specified for the user due to the inherent agent name, output the message a control signal to be transferred to the output interface computer block 15, display unit 13 on the display by the character, and causes the output by voice message to the voice output device 11 (step S4).

【0045】この固有エージェント名によるエージェント指定の催促をした後エージェントコンピュータブロック16は、上記入出力インターフェースコンピュータブロック15からの音声命令に基づく音声認識文字データの入力有無を待機する(ステップS5)。 The agent computer block 16 after the reminder agent designated by the specific agent name, input is waited for the presence or absence of voice recognition character data based on the voice command from the input-output interface computer block 15 (step S5). すなわち、音声入力装置12から入力されるオーナーのエージェント指定の音声が入出力インターフェースコンピュータブロック15で認識されてエージェントコンピュータブロック16へ入力される音声認識文字データの有無が判別される。 That is, the presence or absence of voice recognition character data owner agent designated for audio input from the voice input unit 12 is input is recognized by the input-output interface computer block 15 to the agent computer block 16 is determined.

【0046】エージェントコンピュータブロック16 The agent computer block 16
は、入出力インターフェースコンピュータブロック15 The output interface computer block 15
から音声認識文字データが入力されると、エージェントコンピュータブロック16内の記憶装置17に読み込んだエージェントテーブルに基づいて、ユーザーにより固有エージェント名を指定されたエージェントを特定する(ステップS6)。 When the voice recognition character data inputted from, based on the read Agent tables in the storage device 17 in the agent computer block 16, the user by identifying the agent specified unique agent name (Step S6). ここで、エージェントテーブルに基づいてユーザーにより指定されたエージェントを特定できた場合には、当該エージェントに関する図4に示すエージェント設定情報をエージェントコンピュータブロック16内の図示しない内蔵メモリに読み込み(ステップS8)、ユーザーにより指定されたエージェントを特定できなかった場合には、エージェントコンピュータブロック16は、記憶装置17に記憶されたエージェント基本プログラムによるエージェント機能を終了する(ステップS7)。 Here, when the can identify agents designated by the user based on the agent table reads the agent set information shown in FIG. 4 about the agent in the internal memory (not shown) in the agent computer block 16 (step S8), and if it can not identify the designated agent by the user, the agent computer block 16 terminates the agent function according to the stored agent basic program in a storage device 17 (step S7).

【0047】ステップS8において、エージェントコンピュータブロック16は、ユーザーにより指定されたエージェントのエージェント設定情報を読み込むと、該読み込んだエージェント設定情報にしたがって、指定されたエージェントを図8(a)に示すような正面表示で表示装置13に表示し(ステップS9)、「おはようございます。私は○○です。指示をお願いします。」といったような、音声メッセージによるあいさつを音声出力装置11から出力する(ステップS10)。 [0047] In step S8, the agent computer block 16, when loading the agent set information on the agent specified by the user, in accordance with the read agent set information, the designated agent as shown in FIG. 8 (a) displayed on the display device 13 in front of the display (step S9), and "it's Good morning. I ○○. Please give me instructions." such as like, and outputs the greeting by voice message from the voice output device 11 (step S10). この指示を促すメッセージを出力した後エージェントコンピュータブロック16は、上記入出力インターフェースコンピュータブロック15からの音声命令に基づく音声認識文字データの入力有無を待機する(ステップS11)。 The agent computer block 16 after outputting a message prompting the instruction waits for input whether the speech recognition character data based on the voice command from the input-output interface computer block 15 (step S11). すなわち、音声入力装置12から入力される秘書代理業務の要求に関するオーナーの音声命令が入出力インターフェースコンピュータブロック15で認識されてエージェントコンピュータブロック16へ入力される音声認識文字データの有無が判別される。 That is, the presence or absence of voice recognition character data owner voice command regarding requests secretary proxy business entered from the speech input unit 12 is input is recognized by the input-output interface computer block 15 to the agent computer block 16 is determined.

【0048】ここで、オーナーからの要求が「今日のスケジュールは?」というものだったとする。 [0048] In this case, the request from the owner, and was that "today's schedule?". エージェントコンピュータブロック16は、入出力インターフェースコンピュータブロック15から音声認識文字データが入力されると、その文字列データで指示されている意味内容の解析処理及び要求内容の分類処理を入出力インターフェースコンピュータブロック15内で実行させ(ステップS12)、その解析結果から音声指示の意味内容及び要求内容の分類からオーナー個人のスケジュール、 Agent computer block 16, input-output interface the voice recognition character data inputted from the computer block 15, the input and output classification process of the analysis process and request content of meaning that is indicated by the character string data interface computer block 15 is performed in the inner (step S12), the analysis result from the voice instruction meaning and request content owners personal schedule from classification,
メール報告に係る要求であるか否かを判別する(ステップS13)。 And it determines whether the request relating to the mail report (step S13). なお、要求内容の分類処理に関しては、文字列データ上のキーとなるワードから分類可能であり、 It should be noted that, with respect to the classification processing of the request content, it can be classified from the key on the character string data word,
上記例の場合、「スケジュール」というキーになるワードが存在するので、当然ステップS13によりスケジュールの報告に係る要求であると判別される。 In the above example, since there are words of a key of "Schedule", it is determined to be a request according to the reporting schedule by naturally step S13.

【0049】スケジュールの報告を要求されていると判別したエージェントコンピュータブロック16は、入出力インターフェースコンピュータブロック15に音声メッセージデータを転送して、音声出力装置11から「ただいま、スケジュールを読み込みます。」というような音声メッセージを出力する(ステップS15)と同時に、スケジュールの読み込み中は、別の要求に対して反応できないことをオーナーに対して示すために、表示装置13に表示されるエージェントを図8(b)に示すような側面表示とし(ステップS16)、秘書エージェントであることにより読み込み可能であるオーナーパスワードを使用して、エージェントコンピュータブロック1 The agent computer block 16 it has been determined that requested the report of the schedule is to transfer the voice message data to the input and output interface computer block 15, "I'm home, you read the schedule." From the audio output device 11 that outputs an audio message such as (step S15) at the same time, the loading schedule, in order to indicate to the owner that can not react to another request, the agent displayed on the display device 13 FIG. 8 ( and a side view, as shown in b) (step S16), and using the owner password is readable by a secretary agent, the agent computer block 1
6内の記憶装置17からオーナーのスケジュールデータの読み込みを開始する(ステップS17)。 From the storage device 17 in the 6 to start reading schedule data owner (step S17).

【0050】オーナーのスケジュールデータの読み込みを終了すると、エージェントコンピュータブロック16 [0050] Upon completion of the reading of the schedule data of the owner, the agent computer block 16
は、表示装置13に表示されるエージェントが以下の動作をし、音声メッセージを出力するように、入出力インターフェースコンピュータブロック15を介して表示装置13及び音声出力装置11を制御する。 The agent displayed on the display device 13 is one of the following operations, so as to output a voice message, to control the display unit 13 and the audio output device 11 through the input-output interface computer block 15.

【0051】すなわち、エージェントはオーナーのスケジュールの読み込みを終了すると、オーナーに音声メッセージを発するために正面表示に戻り(ステップS1 [0051] In other words, the agent Upon completion of the reading of the owner of the schedule, to return to the front display to emit a voice message to the owner (step S1
8)、「読み込みを終了しました。報告します。」というような音声メッセージを出力し(ステップS19)、 8), "has finished loading. And reports." Outputs a voice message, such as that (step S19),
続けて、図8(c)に示すようにエージェント自身は画面端に縮小表示され(ステップS20)、オーナーのスケジュールを画面に表示し(ステップS21)、オーナーのスケジュール内容を音声で読み上げる(ステップS Subsequently, FIG agent itself as shown in (c) is reduced screen edge (step S20), displays the schedule owner on the screen (step S21), and read the schedule content owner by voice (step S
22)。 22).

【0052】オーナーがスケジュールの確認を終えたステップS22以後、エージェントコンピュータブロック16は、ステップ11により入出力インターフェースコンピュータブロック15からの音声命令に基づく音声認識文字データの入力有無を待機する。 [0052] owner step S22 after finishing the confirmation of schedule, the agent computer block 16 waits for the input whether the speech recognition character data based on the voice command from the input-output interface computer block 15 at step 11. すなわち、音声入力装置12から入力される秘書代理業務の要求に関するオーナーの音声命令が入出力インターフェースコンピュータブロック15で認識されてエージェントコンピュータブロック16へ入力される音声認識文字データの有無が判別され、入出力インターフェースコンピュータブロック15から音声認識文字データが入力されると、ステップS12によりその文字列データで指示されている意味内容の解析処理及び要求内容の分類処理を入出力インターフェースコンピュータブロック15内で実行させ、 That is, the owner voice command regarding requests secretary proxy business entered from the speech input unit 12 is discriminated whether the voice recognition character data inputted is recognized by input-output interface computer block 15 to the agent computer block 16, input If the output interface computer voice recognition character data from the block 15 is input, the classification process of the analysis process and request content of meaning that is indicated by the character string data is executed by output interface computer block within 15 in step S12 ,
その解析結果から音声指示の意味内容及び要求内容の分類から、オーナー個人のスケジュール、メール報告に係る要求でないと判別した場合には、要求内容に従ったファイルの読み出し、アプリケーションの起動などの命令信号をPCインターフェース19を介してパーソナルコンピュータ2に送出し、要求に応じた各処理を行う(ステップS14)。 From the classification of the semantic content and request the contents of the voice instructions from the result of the analysis, the owner personal schedule, if it is determined that it is not the request according to the e-mail report, the reading of the file in accordance with the request contents, command signals, such as start-up of the application It was sent to the personal computer 2 via the PC interface 19, and performs the processing corresponding to the request (step S14).

【0053】以後、オーナーからの要求に対する処理を終了すると、ステップS11によるオーナーからの要求を待機する状態に戻ることを繰り返す。 [0053] Thereafter, when the process ends for the request from the owner, repeatedly to return to a state of waiting for a request from the owner at step S11.

【0054】尚、本第1の実施の形態ではエージェントテーブル及びエージェント設定情報を、エージェントコンピュータブロック16内の記憶装置17に記憶する形態としたが、本第1の実施の形態ではエージェントテーブル及びエージェント設定情報は、各エージェント処理装置固有のデータではなくパーソナルコンピュータ2に回線Lを介して接続される全てのエージェント装置に共通のデータであるので、これらをいわゆるサーバーであるパーソナルコンピュータ2内の記憶装置4に記憶する形態とすることもできる。 [0054] Incidentally, the present first agent table and agent set information in the embodiment, the agent computer stored in the storage device 17 of the block 16 has been the form, the first agent table and agent in the embodiment of setting information, because it is a common data to all the agent devices connected via the line L to the personal computer 2 instead of each agent processing unit unique data storage device in the personal computer 2 is these so-called server It may be in a form stored in 4. また、パーソナルコンピュータ2内の記憶装置4に記憶する方が、記憶装置内の記憶媒体を有効に利用できる点では有効である。 Furthermore, it to be stored in the storage device 4 in the personal computer 2, it is effective in that it can effectively use the storage medium in the storage device.

【0055】以上のように、本第1の実施の形態のコンピュータシステム内に設けられたエージェント装置10 [0055] As described above, the first embodiment the agent device provided in the computer system 10
内のエージェントコンピュータブロック16では、入出力インターフェースコンピュータブロック15から入力される音声認識文字データから、記憶装置17に格納された複数のエージェントが登録されたエージェントテーブルに基づいて、アクセスしたユーザーに対応したエージェントが選択され、該選択されたエージェントに関するエージェント設定情報が記憶装置17から読み出されて、入出力インターフェースコンピュータブロック15 In the agent computer block 16 of the inner, from the voice recognition character data inputted from the input-output interface computer block 15, based on the plurality of agents stored in the storage device 17 has been registered Agent tables, corresponding to the users who visit agent is selected, the agent set information on the selected agent is read from the storage device 17, input-output interface computer block 15
に転送され、該エージェント設定情報に従って表示装置13にエージェントの固有の姿(主に顔)が表示されると共に、音声出力装置11からはエージェント固有の音声による音声メッセージが出力される。 Are transferred to, together with the unique figure of the agent to the display device 13 in accordance with the agent set information (mainly the face) is displayed, from the audio output device 11 outputs voice message by the agent-specific voice.

【0056】また、エージェントコンピュータブロック16では、ユーザーに応じたエージェントが選択された後は、記憶装置17に記憶されたエージェント基本プログラムに基づいて各種秘書業務代行処理が実行され、具体的には、ユーザーの要求を解析して当該要求に係るアプリケーションプログラムの起動要求が上記パーソナルコンピュータ2に送信され、その起動されたアプリケーションが得た当該要求に関する情報はパーソナルコンピュータ2から受信されると、入出力インターフェースコンピュータブロック15に転送されて、表示装置13に表示されると共に音声出力装置11から音声メッセージとしてユーザーに伝達されるようにした。 [0056] In the agent computer block 16, after the agent corresponding to the user is selected, various secretarial outsourced processing is performed based on the agent basic program stored in the storage device 17, specifically, When analyzing user requests activation request of an application program relating to the request is transmitted to the personal computer 2, information about the activated the request the application obtained is received from the personal computer 2, input-output interface It is transferred to the computer block 15, and to be transmitted from the audio output device 11 to the user as a voice message is displayed on the display device 13.

【0057】このため、本第1の実施の形態のエージェント装置10では、アクセスしようとするユーザーの識別を音声情報によって行うため、エージェントテーブルにオーナー音声情報が設定されているユーザーがアクセスする場合には、オーナーパスワード入力などのセキュリティー上のプロセスを省略でき、よりスムーズなアクセス時のログインが可能となる。 [0057] Therefore, in the first embodiment of the agent device 10, for performing a voice information identification of users trying to access the owner voice information to the agent table users is set when accessing can omit the process of security, such as owner password input, it is possible to log in at the time of smoother access.

【0058】また、本第1の実施の形態のエージェント装置10では、各オーナーに対応する複数のエージェントを備え、アクセスしたユーザーに対応する固有のエージェントがエージェントテーブルに基づいて自動的に選択されるので、エージェント固有の顔、音声、名前などの「エージェント固有情報」及び「オーナー情報」は、 [0058] In the agent device 10 of the first embodiment, comprises a plurality of agents for each owner-specific agent that corresponds to the user who accessed is automatically selected based on the agent table because, agent-specific face, voice, such as the name "agent-specific information" and "owner information",
オーナーが自由に設定可能であり、オーナーは自分の使いやすいエージェントを視覚的、聴覚的な面をも含めてアレンジすることができるため、エージェントに対して違和感を覚えることなくスムーズなアクセスが可能となる。 Owner is freely set, the owner visually their own easy-to-use agent, since it is possible to arrange including the perceptual surface, and can be smooth access without feeling a sense of discomfort to the agent Become.

【0059】さらに、本第1の実施の形態のエージェント装置10では、エージェントは指示、要求を待機しているときは正面表示され、作業中で指示、要求に対して反応できないときは側面表示され、アクセス者に提示すべき表示情報(例えば、スケジュール表示等)がある場合には画面端に縮小表示されるというように状況に応じて表示されるエージェントの姿を異ならせているため、 [0059] Further, in the first embodiment of the agent device 10, the agent indicated is the front display when waiting for a request, from the side visible when not react instruction, the request in the working , display information to be presented to access user (for example, the schedule display, etc.) because it varied the figure of the agent to be displayed according to the situation and so is reduced screen edge if there is,
アクセスするユーザーにとって、アクセス状況を視覚的に確認しやすくすることが可能である。 For users to access, it is possible to easily check the access situation visually.

【0060】(第2の実施の形態)上記第1の実施の形態のコンピュータシステムのエージェント装置10内のエージェントコンピュータブロック16では、入出力インターフェースコンピュータブロック15から入力される音声認識文字データから、記憶装置17に格納された複数のエージェントが登録されたエージェントテーブルに基づいて、アクセスしたユーザーに対応したエージェントが選択され、該選択されたエージェントに関するエージェント設定情報が記憶装置17から読み出されて、 [0060] In the Second Embodiment The first embodiment of a computer system of the agent device 10 the agent computer block 16, from the voice recognition character data inputted from the input-output interface computer block 15, storage based on a plurality of agents that are stored in the device 17 is registered agent tables, the agent that corresponds to the user who accessed is selected, the agent set information on the selected agent is read from the storage device 17,
入出力インターフェースコンピュータブロック15に転送され、該エージェント設定情報に従って表示装置13 Is transferred to the input-output interface computer block 15, display device 13 in accordance with the agent set information
にエージェントの固有の姿(主に顔)が表示されると共に、音声出力装置11からはエージェント固有の音声による音声メッセージが出力されるようにしたが、特定のオーナー所有のエージェント装置10に複数のエージェントを設定する場合には、当該複数エージェントをオーナーの秘書代理業務を実行するオーナー専用の秘書エージェント及びオーナー以外のアクセス者に対してオーナー代理として応対する代理エージェントとして設定することが有効である。 In with a unique appearance of the agent (mainly a face) it is displayed, although from the audio output device 11 as a voice message by the agent-specific sound is output, the plurality of agent devices 10 of a particular owner owns when setting the agent, it is effective to set as a proxy agent that answering as the owner behalf against your own secretary agent and non owners access who runs the multiple agents to own secretary proxy business.

【0061】すなわち、本第2の実施の形態のコンピュータシステム内に設けられたエージェント装置10内のエージェントコンピュータブロック16では、入出力インターフェースコンピュータブロック15から入力される音声データから、記憶装置17に格納されたエージェントテーブルに基づいて、アクセスしたユーザーがオーナーである場合にはオーナー専用の秘書エージェントが選択され、オーナー以外のユーザーである場合にはオーナー代理の代理エージェントが選択され、該選択されたエージェントに関する情報が記憶装置17から読み出されて、入出力インターフェースコンピュータブロック1 [0061] That is, in the second embodiment of a computer system was the agent device 10 provided in the agent computer block 16, the audio data input from the input-output interface computer block 15, stored in the storage device 17 on the basis of the agent table, when the user who accessed the owner is selected secretary agent owner dedicated, the proxy agent owner proxy is selected when a user other than the owner, the selected agent It is read from the storage device 17 information about the input and output interface computer block 1
5に転送され、該エージェント設定情報に従って表示装置13にエージェントの固有の姿(主に顔)が表示されると共に、音声出力装置11からはエージェント固有の音声による音声メッセージが出力されるようにした。 5 is transferred to, together with the unique figure of the agent to the display device 13 in accordance with the agent set information (mainly the face) is displayed, from the audio output device 11 as a voice message by the agent-specific sound is output .

【0062】本第2の実施の形態では、この秘書エージェント及び代理エージェントを備えた特定のオーナー所有のエージェント装置10について、図10及び図11 [0062] In the second embodiment, the agent device 10 of the particular owner owned with the secretary agent and proxy agent, 10 and 11
に示すフローチャートに基づいて説明する。 It will be described with reference to a flowchart shown in. なお、本第2の実施の形態のコンピュータシステムを構成するパーソナルコンピュータ2及びエージェント装置10の構成は、上記第1の実施の形態の図1及び図2に示したものと同一構成であるため、その図示及び構成説明は省略する。 The configuration of the personal computer 2 and agent device 10 which constitute the computer system of the second embodiment has the same structure as that shown in Figures 1 and 2 of the first embodiment, the illustration and configuration description thereof will be omitted.

【0063】エージェントコンピュータブロック16により実行されるエージェント選択から個人秘書代理業務までの処理について図10及び図11に示すフローチャートに基づいて説明する。 [0063] be described with reference to a flowchart shown in FIGS. 10 and 11 the processing of the agent selected to be executed by the agent computer block 16 to the personal assistant proxy service. 本第2の実施の形態においては、アクセスしようとするユーザーがオーナーであるかオーナー以外のユーザーであるかによるエージェント選択に対応するため、エージェントコンピュータブロック16内の記憶装置17には、図9に示すエージェントテーブルが記憶されている。 In the second embodiment, since the user attempts to access corresponds to the agent selected by either a user other than the owner or the owner, the storage device 17 in the agent computer block 16, FIG. 9 agent tables indicated is stored. なお、以下、エージェント装置10の所有者である特定のユーザーを指して該エージェント装置10のオーナーと呼び、特に断ることがない限り、ただ単にオーナーといえば該指定されたエージェント装置10のオーナーを指すものとする。 In the following, referred to as the owner of the agent device 10 points to a particular user is the owner of the agent device 10, unless refusing particular, simply refers to the owner of the specified agent device 10 Speaking owner and things.

【0064】図9に示すエージェントテーブルには、項目としてアクセスしたユーザーの音声によってアクセスしたユーザーがオーナーであるか否か判別するための「オーナー音声情報」、秘書エージェントの音声、顔、 [0064] The agent table shown in FIG. 9, "owner audio information" for the user who accessed by a user of the sound accessed as an item is determined whether or not the owner, the secretary agent voice, face,
名前等に関する「秘書エージェント情報」、代理エージェントの音声、顔、名前等に関する「代理エージェント情報」及びスケジュールリンク、メールリンク、オーナー占有ファイルリンク、オーナー嗜好情報、オーナーパスワード等に関する「オーナー情報」の各情報が関連付けられて設定されている。 "Secretary agent information" about the name, etc., the proxy agent of the voice, the face, the name "the proxy agent information" and schedule Links for, etc., e-mail link, owner occupied file link, owner preference information, the "owner information" about the owner password, and the like each information is set in association with each other. 秘書エージェント固有の顔、 Secretary agent-specific face,
音声、名前などの「秘書エージェント情報」及び「オーナー情報」は、オーナーが自由に設定して、自分の使いやすい秘書エージェントを視覚的、聴覚的な面をも含めてアレンジすることができ、代理エージェント固有の顔、音声、名前などの「代理エージェント情報」は、オーナー以外のアクセスしてきたユーザーに対してオーナー代理として適切な対応をするように適宜設定することができる。 Voice, "secretary agent information" and "owner information" such as name, owner set freely, visually their own easy-to-use secretary agent, can be arranged including the perceptual surface, agency "proxy agent information" of agent-specific face, voice, such as the name can be appropriately set to the appropriate response as the owner proxy for the user who has accessed other than the owner.

【0065】図10において、まず、エージェントコンピュータブロック16は、入出力インターフェースコンピュータブロック15からの音声命令に基づく音声データの入力有無を待機する(ステップS30)。 [0065] In FIG 10, first, the agent computer block 16 waits for the input whether the speech data based on the voice command from the input-output interface computer block 15 (step S30). すなわち、音声入力装置12から入力されるオーナーの音声命令が入出力インターフェースコンピュータブロック15 In other words, the voice command of the owners output interface computer block 15 which is input from the voice input device 12
で認識されてエージェントコンピュータブロック16へ入力される音声データの有無が判別される。 In the presence or absence of recognized by voice data inputted to the agent computer block 16 is determined.

【0066】アクセスしようとするユーザーは第1の実施の形態同様、例えば、「おはよう。」とエージェント装置10に話しかける、あるいは、「さて、」というような特定の意味を持たない接続語的な言葉を発するのでもよい。 [0066] users trying to access is similar to the first embodiment, for example, "Good morning." And talk to the agent device 10, or, "Well," connection language specific words that do not have a specific meaning, such as that or it may be to emit. このようなアクセスしようとするユーザーから発せられる何らかの音声が音声入力装置12に入力され、音声データが入出力インターフェースコンピュータブロック15に入力されると、入出力インターフェースコンピュータブロック15は、記憶装置14に記憶された音声認識プログラムによって該入力された音声データを解析して、話者、すなわちアクセスしたユーザーがオーナーであるか否か判別する(ステップS31)。 Any sound emitted from a user attempting to such access is input to the voice input device 12, the voice data is input to the input-output interface computer block 15, input-output interface computer block 15, the storage device 14 in the storage by analyzing the voice data the inputted by speech recognition program, speaker, i.e. the user who accessed to determine whether the owner (step S31). このとき、「オーナー音声情報」をその内のひとつの項目として設定している、エージェントコンピュータブロック16内の図示しない内蔵メモリに読み込まれたエージェントテーブル(図9)が参照される。 At this time, "owner voice information" is set as one item of the agent was loaded into the internal memory (not shown) in the agent computer block 16 table (FIG. 9) is referred to.

【0067】エージェントテーブルに基づいてアクセスしたユーザーがオーナーだと判別でされた場合には、オーナー専用の秘書エージェントが選択され(ステップS [0067] When the user accessing based on the agent table is in the determination that it is the owner, the owner only secretary agent is selected (step S
32)、図示しない内蔵メモリに読み込んだエージェントテーブルの中の秘書エージェントに関する秘書エージェント情報にしたがって、秘書エージェントを図12 32), according to secretary agent information on secretary agent in the read Agent tables in the internal memory (not shown), the secretary agent 12
(a)に示すような正面表示で表示装置13に表示し(ステップS33)、「おはようございます。私は秘書の○○です。指示をお願いします。」といったような、 Displayed on the display device 13 in front of the display, such as shown in (a) (step S33), "It's Good morning. I am the secretary ○○. Please give me instructions." Such as,
音声メッセージによるあいさつを音声出力装置11から出力する(ステップS34)。 It outputs a greeting voice message from the voice output device 11 (step S34).

【0068】この指示を促すメッセージを出力した後エージェントコンピュータブロック16は、上記入出力インターフェースコンピュータブロック15からの音声命令に基づく音声認識文字データの入力有無を待機する(ステップS35)。 [0068] the agent computer block 16 after outputting a message prompting the instruction waits for input whether the speech recognition character data based on the voice command from the input-output interface computer block 15 (step S35). すなわち、音声入力装置12から入力される秘書代理業務の要求に関するオーナーの音声命令が入出力インターフェースコンピュータブロック1 That is, the owner voice command of output about the request of the secretary proxy business inputted from the voice input device 12 interface computer block 1
5で認識されてエージェントコンピュータブロック16 5 is recognized agent computer block 16
へ入力される音声認識文字データの有無が判別される。 The presence or absence of voice recognition character data inputted to or not.

【0069】エージェントコンピュータブロック16 [0069] agent computer block 16
は、入出力インターフェースコンピュータブロック15 The output interface computer block 15
から音声認識文字データが入力されると、その文字列データで指示されている意味内容の解析処理及び要求内容の分類処理を入出力インターフェースコンピュータブロック15内で実行させる(ステップS36)。 When the voice recognition character data inputted from, to perform the classification process of the analysis process and request content of meaning that is indicated by the character string data input and output interface computer block within 15 (step S36).

【0070】ステップS36以降、ステップS37〜ステップS41は、第1の実施の形態の図6及び図7におけるステップS14〜ステップS22と同様の動作を示しているので説明を省略する。 [0070] Step S36 and subsequent steps S37~ step S41 will be omitted because it shows the same operation as step S14~ step S22 in FIG. 6 and FIG. 7 of the first embodiment.

【0071】ステップS31において、エージェントテーブルに基づいてアクセスしたユーザーがオーナー以外だと判別された場合には、オーナー代理の代理エージェントが選択され(ステップS42)、図示しない内蔵メモリに読み込んだエージェントテーブルの中の代理エージェントに関する代理エージェント情報にしたがって、 [0071] In step S31, if the user accessing based on the agent table is judged that it non-owner, owner surrogate proxy agent is selected (step S42), the agent table read into the built-in memory (not shown) in accordance with the proxy agent information about the proxy agent in,
代理エージェントを図12(b)に示すように図12 Figure proxy agent as shown in FIG. 12 (b) 12
(a)に示す秘書エージェントとは異なった正面表示で表示装置13に表示し(ステップS43)、「おはようございます。私はオーナー□□の代理の△△です。指示をお願いします。」といったような、音声メッセージによるあいさつを音声出力装置11から出力する(ステップS44)。 (A) is displayed on the display device 13 in a different front display the secretary agent shown in (step S43), "is △△ Good morning. I am on behalf of the owner □□. Please give me instructions." Such as such outputs from the voice output device 11 a greeting voice message (step S44).

【0072】この指示を促すメッセージを出力した後エージェントコンピュータブロック16は、上記入出力インターフェースコンピュータブロック15からの音声命令に基づく音声認識文字データの入力有無を待機する(ステップS45)。 [0072] the agent computer block 16 after outputting a message prompting the instruction waits for input whether the speech recognition character data based on the voice command from the input-output interface computer block 15 (step S45). すなわち、音声入力装置12から入力される秘書代理業務の要求に関するオーナー以外のユーザーの音声命令が入出力インターフェースコンピュータブロック15で認識されてエージェントコンピュータブロック16へ入力される音声認識文字データの有無が判別される。 In other words, the recognized presence of the voice recognition character data inputted to the agent computer block 16 is discriminated user voice command other than the owner about the request of the secretary proxy business entered from the speech input unit 12 input and output interface computer block 15 It is.

【0073】エージェントコンピュータブロック16 [0073] agent computer block 16
は、入出力インターフェースコンピュータブロック15 The output interface computer block 15
から音声認識文字データが入力されると、その文字列データで指示されている意味内容の解析処理及び要求内容の分類処理を入出力インターフェースコンピュータブロック15内で実行させる(ステップS46)。 When the voice recognition character data inputted from, to perform the classification process of the analysis process and request content of meaning that is indicated by the character string data input and output interface computer block within 15 (step S46). その解析結果により音声指示の意味内容及び要求内容の分類を実行しオーナー専用情報に係る要求であるか否かを判別する(ステップS47)。 The analysis result by determining whether the request according to the semantic content and perform the classification request content owner private information of the voice instruction (step S47). なお、要求内容の分類処理に関しては、文字列データ上のキーとなるワードから分類可能である。 Regarding the classification processing request content can be classified from the keys on the character string data words.

【0074】ステップS47において、オーナー専用情報に係る要求をされていると判別した場合は、エージェントコンピュータブロック16は、入出力インターフェースコンピュータブロック15に音声メッセージデータを転送して、音声出力装置11から「要求のあった情報は、オーナー専用情報なので開示できません。」というような音声メッセージを出力する(ステップS48)と同時に、エージェントコンピュータブロック16は、ステップ45により入出力インターフェースコンピュータブロック15からの音声命令に基づく音声認識文字データの入力有無を待機する。 [0074] In step S47, the If it is determined that the request of the owner only information, the agent computer block 16 transfers the voice message data to the input-output interface computer block 15, from the audio output device 11 ' there was information requested can not be disclosed because owner private information. outputs an audio message such as that "the same time (step S48), the agent computer block 16, the voice command from the input-output interface computer block 15 at step 45 to wait for the input presence or absence of voice recognition character data based.

【0075】すなわち、音声入力装置12から入力される秘書代理業務の要求に関するオーナーの音声命令が入出力インターフェースコンピュータブロック15で認識されてエージェントコンピュータブロック16へ入力される音声認識文字データの有無が判別され、入出力インターフェースコンピュータブロック15から音声認識文字データが入力されると、ステップS12によりその文字列データで指示されている意味内容の解析処理及び要求内容の分類処理を入出力インターフェースコンピュータブロック15内で実行させ、その解析結果から音声指示の意味内容及び要求内容の分類から、オーナー専用情報に係る要求でないと判別した場合には、要求内容に従ったファイルの読み出し、アプリケーションの起動などの命令信号をPC [0075] That is, whether the determination of the voice recognition character data owner voice command regarding requests secretary proxy business entered from the speech input unit 12 is input is recognized by the input-output interface computer block 15 to the agent computer block 16 is, the voice recognition character data from the input-output interface computer block 15 is input, step S12 the analysis process and request content classification process input and output interface computer block 15 of the meaning indicated in the character string data in is executed, the classification of semantic content and request content of the voice instruction from the analysis result, when it is determined that it is not the request of the owner only information reads the file according to the request content, command signals such as application launch the PC ンターフェース19を介してパーソナルコンピュータ2に送出し、要求に応じた各処理を行う(ステップS49)。 Sent to the personal computer 2 through the centers face 19, it performs the processing corresponding to the request (step S49).

【0076】以後、オーナー以外のユーザーからの要求に対する処理を終了すると、ステップS45によるオーナー以外のユーザーからの要求を待機する状態に戻ることを繰り返す。 [0076] Thereafter, when the process ends to the request from the user other than the owner, repeatedly to return to a state of waiting for a request from a user other than the owner at step S45.

【0077】以上のように、本第2の実施の形態のコンピュータシステム内に設けられたエージェント装置10 [0077] As described above, the second embodiment the agent device provided in the computer system 10
内のエージェントコンピュータブロック16では、入出力インターフェースコンピュータブロック15から入力される音声データから、記憶装置17に格納されたエージェントテーブルに基づいて、アクセスしたユーザーがオーナーである場合にはオーナー専用の秘書エージェントが選択され、オーナー以外のユーザーである場合にはオーナー代理の代理エージェントが選択され、該選択されたエージェントに関する情報が記憶装置17から読み出されて、入出力インターフェースコンピュータブロック15に転送され、該エージェント設定情報に従って表示装置13にエージェントの固有の姿(主に顔)が表示されると共に、音声出力装置11からはエージェント固有の音声による音声メッセージが出力されるようにした。 In the agent computer block 16 of the inner, from the audio data input from the input-output interface computer block 15, based on stored in the storage device 17 Agent tables, Owner's secretary agent when the user who accessed the owner is selected, and if a user other than the owner proxy agent owner proxy is selected, information relating to the selected agent is read from the storage device 17 is transferred to the output interface computer block 15, the with a unique appearance of the agent (mainly a face) is displayed on the display device 13 in accordance with the agent set information, from the audio output device 11 as a voice message by the agent-specific sound is output.

【0078】このため、本第2の実施の形態のエージェント装置10では、アクセスしようとするユーザーの識別を音声情報によって行うため、オーナーパスワード入力などのセキュリティー上のプロセスを省略でき、よりスムーズなアクセス時のログインが可能となる。 [0078] Therefore, in the second embodiment of the agent device 10, for performing a voice information identification of the user who is trying to access, can be omitted processes for security, such as owner password input, more smooth access it is possible to log in at the time.

【0079】また、本第2の実施の形態のエージェント装置10では、オーナー専用の秘書エージェント及びオーナー代理の代理エージェントを備え、アクセスしたユーザーに対応する固有のエージェントがエージェントテーブルに基づいて自動的に選択されるので、秘書エージェント固有の顔、音声、名前などの「秘書エージェント情報」及び「オーナー情報」は、オーナーが自由に設定して、自分の使いやすい秘書エージェントを視覚的、聴覚的な面をも含めてアレンジすることができるのでスムーズなアクセスが可能となることに加え、「代理エージェント情報」は、オーナー以外のアクセスしてきたユーザーに対してオーナー代理として適切な対応をするように適宜設定することができ、オーナー専用情報はオーナーに対しては開示 [0079] In the second embodiment of the agent device 10, provided with a secretary agent and proxy agent owner proxy Owner's unique agent corresponding to the user who accessed automatically on the basis of the agent table because they are selected, secretary agent-specific face, voice, "secretary agent information" and "owner information" such as name, owner set freely, visually their own easy-to-use secretary agent, auditory surface it is possible to arrange by including the addition to smooth access is possible, "proxy agent information" is appropriately set to the appropriate action as the owner proxy for the user who has accessed other than owners it is possible to, owner's information disclosure to the owner るが、オーナー以外のユーザーに対しては開示しないといった情報管理が可能となる。 That is, it is possible to information management such as not disclosure for users other than the owner.

【0080】 [0080]

【発明の効果】請求項1記載の発明の情報処理装置によれば、使用者別に備えられた処理代行機能により該使用者に適した処理代行を行うことができるため、使用者は処理代行機能の設定上の問題による煩雑さ、視覚、聴覚等の感覚上の違和感を感じることなくスムーズな処理を行うことができる。 Effects of the Invention] According to the information processing apparatus of the first aspect of the present invention, it is possible to perform the processing proxy suitable for said use's by processing proxy function provided by the user, the user processing proxy function It can be set on the problems due to complexity, visual, is possible to perform a smooth process without feeling a sense of discomfort on the sense of hearing and the like.

【0081】請求項2記載の発明の情報処理装置によれば、使用者の識別を音声入力によって行うため、使用者はパスワード入力等の手間が省けるとともに、音声の特徴による識別であるためセキュリティーも両立できる。 [0081] According to the information processing apparatus of the second aspect of the invention, for identification of the user by the voice input, together with the user Habukeru the trouble, such as password input, even security because the identification by the feature of the speech compatible.

【0082】請求項3記載の発明の情報処理装置によれば、自己の装置と回線を介して接続された他の装置に所属する処理代行機能、情報格納手段に記憶される使用者情報及び表現情報を他の複数の情報処理装置からも参照することができ、複数の使用者の設定情報を1つの装置に代表的に記憶させておくことが出来るため、記憶容量の節約ができ、また、データ管理を容易かつ確実にすることができる。 [0082] According to the information processing apparatus of the invention of claim 3, wherein processing proxy functions belonging to another apparatus connected via its own device and the line, user information and expressions stored in the information storage means information can also be referenced from a plurality of other information processing apparatus, the setting information of the plurality of users may be kept typically be stored in one device can save storage capacity, also, data management can be easily and reliably.

【0083】請求項4記載の発明の情報処理装置によれば、読み出した表現情報に基づいて使用者に応じた応答を行うことが出来るため、使用者ごとに参照可能な範囲の情報を効率よく収集できる。 [0083] According to the information processing apparatus of the invention of claim 4, wherein, since it is possible to perform the response according to the user based on the read expression information, efficiently information of possible reference range for each user collection can be.

【0084】請求項5記載の発明の情報処理装置によれば、処理代行機能の表現状態の違いにより、使用者は処理代行機能の状態を知ることができ、その状態に応じた対応をとることが出来るため、よりスムーズな処理を行うことが出来る。 [0084] According to the information processing apparatus of the invention of claim 5, wherein the difference in expression status of processing proxy function, the user can know the state of the processing proxy function, to take action appropriate to the state since the can, it is possible to perform a smoother process.

【0085】請求項6記載の発明の情報処理装置によれば、提示すべき情報を主として応答しつつ、処理代行機能の表現も異なった表現状態で続行されるため、使用者に提示すべき情報を提示している場合にも、使用者は処理代行機能の状態を知ることができ、その状態に応じた対応をとることが出来るため、よりスムーズな処理を行うことが出来る。 [0085] According to the information processing apparatus of the invention described in claim 6, while primarily responding to present information, to be continued in also different representations state representation of processing proxy functions, information to be presented to the user even as they provide, the user can know the state of the processing proxy function, since it is possible to take action in accordance with the state, it is possible to perform smoother operation.

【0086】請求項7記載の発明の情報処理装置によれば、専有使用者に対応する処理代行機能により専有使用者の使用者情報を参照しつつ処理代行を行うため専有使用者の特有の嗜好や癖にまで対応しながら処理代行を行うことができ、専有使用者は、スムーズな処理を行うことができる。 [0086] According to the information processing apparatus of the invention of claim 7, wherein, while referring to processing proxy preferences specific proprietary user for performing user information proprietary user by processing proxy function corresponding to the exclusive user up to and habit can do the processing proxy while responding, proprietary user, it is possible to perform a smooth process.

【0087】請求項8記載の発明の情報処理装置によれば、専有使用者以外の使用者に対応する処理代行機能は、ビジターである該使用者に対して適切な対応をすることにより、専有使用者の代理の役割を果たすことが出来る。 [0087] According to the information processing apparatus of the present invention according to claim 8, processing proxy function corresponding to a user other than the exclusive user, by appropriate measures against said use who are visitors, proprietary the user of the proxy of the role it can.

【0088】請求項9記載の発明の情報処理装置によれば、専有使用者専用の使用者情報に基づいて、専有使用者に応じた応答を行うことが出来るため、専有使用者が参照可能な範囲の情報を効率よく収集できる。 [0088] According to the information processing apparatus of the invention of claim 9, wherein, based on user information of a dedicated proprietary user, since it is possible to perform the response according to the exclusive user, a proprietary user can see the range information can be efficiently collected.

【0089】請求項10記載の発明の情報処理装置によれば、専有使用者以外の使用者に対して、専有使用者専用の使用者情報を参照できない旨を伝えることにより、 [0089] According to the information processing apparatus of the invention of claim 10, wherein, to the user other than the exclusive user, by communicating that it can not refer to user information of a dedicated proprietary user,
専有使用者専用の使用者情報を保守することができる。 It is possible to maintain the user information of proprietary user only.

【0090】請求項11記載の発明の記憶媒体によれば、使用者別に備えられた処理代行機能により、使用者が処理代行機能の設定上の問題による煩雑さ、視覚、聴覚等の感覚上の違和感を感じることなく該使用者に適したスムーズな処理代行を行うプログラムをコンピュータで実行することができる。 [0090] According to the storage medium of the invention of claim 11, wherein the processing proxy function provided by the user, complicated by configuration problems of the user processing proxy function, vision, on the sense of hearing such as it is possible to run a program that performs a smooth processing proxy suitable for said use for the person without feeling a sense of discomfort in the computer.

【0091】請求項12記載の発明の記憶媒体によれば、使用者の識別を音声入力によって行うため、使用者はパスワード入力等の手間が省けるとともに、音声の特徴による識別であるためセキュリティーも両立するプログラムをコンピュータで実行することができる。 [0091] According to the storage medium of the invention of claim 12, wherein, for identification of the user by the voice input, together with the user Habukeru the trouble, such as password input, even security because the identification by the feature of the speech both You can execute the program by a computer.

【0092】請求項13記載の発明の記憶媒体によれば、自己の装置と回線を介して接続された他の装置に所属する処理代行機能、使用者情報及び表現情報を他の複数の装置からも参照することができ、複数の使用者の設定情報を1つの装置に代表的に記憶させておくことが出来るため、記憶容量の節約ができ、また、データ管理を容易かつ確実にするプログラムをコンピュータで実行することができる。 [0092] According to the storage medium of the invention of claim 13, wherein processing proxy functions belonging to another apparatus connected via its own device and the line, the user information and the expression information from a plurality of other devices can also refer to, for the setting information of a plurality of users one device typically can be memorized, it can save storage capacity, also a program that facilitates and ensures data management it can be run on a computer.

【0093】請求項14記載の発明の記憶媒体によれば、読み出した表現情報に基づいて使用者に応じた応答を行うことが出来るため、使用者ごとに参照可能な範囲の情報を効率よく収集するプログラムをコンピュータで実行することができる。 [0093] According to the storage medium of the present invention according to claim 14, since it is possible to perform the response according to the user based on the read expression information collected efficiently information referable range for each user You can execute the program by a computer.

【0094】請求項15記載の発明の記憶媒体によれば、処理代行機能の表現状態の違いにより、使用者が処理代行機能の状態を知ることができ、その状態に応じた対応をとることが出来るように、よりスムーズな処理を行うプログラムをコンピュータで実行することが出来る。 [0094] According to the storage medium of the invention of claim 15 wherein, the difference in expression status of processing proxy function allows the user to know the status of the processing proxy function, to take action appropriate to the state it so, it is possible to execute a program to perform smoother processed by a computer.

【0095】請求項16記載の発明の記憶媒体によれば、提示すべき情報を主として応答しつつ、処理代行機能の表現も異なった表現状態で続行されるため、使用者に提示すべき情報を提示している場合にも、使用者が処理代行機能の状態を知ることができ、その状態に応じた対応をとることが出来るように、よりスムーズな処理を行うプログラムをコンピュータで実行することが出来る。 [0095] According to the storage medium of the invention of claim 16, wherein, while primarily responsive presenting information to be, because it continues with or different representations state representation of processing proxy function, the information to be presented to the user when presenting also allows the user to know the status of the processing proxy functions, so it is possible to take action in accordance with the state, it executes the program to perform smoother processed by a computer can.

【0096】請求項17記載の発明の記憶媒体によれば、専有使用者に対応する処理代行機能により専有使用者の使用者情報を参照しつつ、専有使用者の特有の嗜好や癖にまで対応しながら処理代行を行うプログラムをコンピュータで実行することができる。 [0096] According to the storage medium of the present invention according to claim 17, with reference to the user information proprietary user by processing proxy function corresponding to the exclusive user, corresponding to a specific preferences and habits proprietary user a program for performing the processing proxy while it is possible to run on a computer.

【0097】請求項18記載の発明の記憶媒体によれば、専有使用者以外の使用者に対応する処理代行機能は、ビジターである該使用者に対して適切な対応をすることにより、専有使用者の代理の役割を果たすプログラムをコンピュータで実行することが出来る。 [0097] According to the storage medium of the invention of claim 18, wherein processing proxy function corresponding to a user other than the exclusive user, by appropriate measures against said use who are visitors, exclusive use it is possible to execute a person on behalf of role program in a computer.

【0098】請求項19記載の発明の記憶媒体によれば、専有使用者専用の使用者情報に基づいて、専有使用者に応じた応答を行うことが出来るため、専有使用者が参照可能な範囲の情報を効率よく収集するプログラムをコンピュータで実行することができる。 [0098] According to the storage medium of the invention of claim 19, wherein, based on user information of a dedicated proprietary user, since it is possible to perform the response according to the exclusive user, a proprietary user visible range You can execute the program to the information collected efficiently on the computer.

【0099】請求項20記載の発明の記憶媒体によれば、専有使用者以外の使用者に対して、専有使用者専用の使用者情報を参照できない旨を伝えることにより、専有使用者専用の使用者情報を保守するプログラムをコンピュータで実行することができる。 [0099] According to the storage medium of the present invention according to claim 20 for exclusive user other than the user, by communicating that it can not refer to user information of a dedicated proprietary user, the use of dedicated proprietary user a program to maintain the user information can be executed by a computer.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の情報処理装置及び記憶媒体を適用した第1の実施の形態のエージェント装置10を含むコンピュータシステムの全体構成を示す図。 FIG. 1 shows an overall configuration of a computer system that contains the agent device 10 of the first embodiment for the information processing apparatus and a storage medium of the present invention.

【図2】図1のエージェント装置10の要部構成を示すブロック図。 2 is a block diagram showing a configuration of a main part of the agent device 10 of FIG. 1.

【図3】第1の実施の形態において図2の記憶装置17 [3] memory device of FIG. 2 in the first embodiment 17
に格納されたエージェントテーブルの設定内容を示す図。 It shows the settings of the stored agent table.

【図4】第1の実施の形態において図2の記憶装置17 [4] storing 2 in the first embodiment apparatus 17
に格納されたエージェント設定情報の設定内容を示す図。 It shows the settings of the stored agent configuration information.

【図5】本発明の情報処理装置及び記憶媒体を適用した第1の実施の形態のエージェントコンピュータブロック15により実行されるエージェント選択から秘書処理業務までの処理の一部のフローチャート。 FIG. 5 is a flowchart of the agent selected to be performed in the part of the processing of up to secretary processed business by the agent computer block 15 of the first embodiment for the information processing apparatus and a storage medium of the present invention.

【図6】図4に続くエージェント選択から秘書処理業務までの処理のフローチャート。 FIG. 6 is a flowchart of processing from the agent selection following FIG 4 until secretarial processing operations.

【図7】図5に続くエージェント選択から秘書処理業務までの処理のフローチャート。 FIG. 7 is a flowchart of processing from the agent selected subsequent to FIG. 5 to secretarial processing operations.

【図8】第1の実施の形態において図2の表示装置13 [8] The display of Figure 2 in the first embodiment apparatus 13
に表示されるエージェントの状態(指示待機中を示す正面表示(a)、処理中を示す側面表示(b)、提示情報を表示中の縮小表示(c))を示す図。 Shows a state of the agent to be displayed (display front indicating that the instruction waiting (a), a side display indicating that the process (b), reduced display in the display presentation information (c)) to.

【図9】第2の実施の形態において図2の記憶装置17 [9] The storage device of FIG. 2 in the second embodiment 17
に格納されたエージェントテーブルの設定内容を示す図。 It shows the settings of the stored agent table.

【図10】本発明の情報処理装置及び記憶媒体を適用した第2の実施の形態のエージェントコンピュータブロック15により実行されるエージェント選択から秘書処理業務までの処理の一部のフローチャート。 [10] Some flow of processing from the agent selection performed by the agent computer block 15 of the second embodiment for the information processing apparatus and a storage medium to the secretary process operations of the present invention.

【図11】図9に続くエージェント選択から秘書処理業務までの処理のフローチャート。 FIG. 11 is a flowchart of processing from the agent selected subsequent to FIG 9 to secretarial processing operations.

【図12】第2の実施の形態において図2の表示装置1 [12] Display device 1 of FIG. 2 in the second embodiment
3に表示されるエージェント(オーナー専用の秘書エージェント(a)、オーナー代理の代理エージェント(b))の例を示す図。 Diagram illustrating an example of agents that appear in the 3 (Owner's secretary agent (a), the owner proxy proxy agent (b)).

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 処理コンピュータ 2 パーソナルコンピュータ(PC) 3 表示装置 4 記憶装置 5 記憶媒体 6 入力装置 7 通信インターフェース 10 エージェント装置 11 音声出力装置 12 音声入力装置 13 表示装置 14 記憶装置 15 入出力インターフェースコンピュータブロック(IC) 16 エージェントコンピュータブロック 17 記憶装置 18 記憶媒体 19 PCインターフェース L データ回線 1 processing computer 2 personal computer (PC) 3 display 4 storage device 5 storage medium 6 input device 7 communication interface 10 the agent device 11 audio output device 12 a voice input device 13 display device 14 memory 15 input-output interface computer block (IC) 16 the agent computer block 17 storage device 18 memory medium 19 PC interface L data line

Claims (20)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】各種処理要求に応じて当該各要求内容に応じた処理を別々に代行する複数の処理代行機能を備えた情報処理装置であって、 使用者別に前記複数の処理代行機能を対応づける使用者情報を格納するとともに、当該処理代行機能毎に固有の表現情報を格納する情報格納手段と、 前記各種処理要求を入力する入力手段と、 この入力手段により入力される入力内容と前記使用者情報とに基づいて使用者を識別する識別手段と、 この識別された使用者に対応する処理代行機能を前記情報格納手段に格納された使用者情報から選択し、当該使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、前記情報格納手段に格納された当該処理代行機能に固有の表現情報に基づく応答を行う応答手段と、 を具備したことを特徴とす 1. A data processing apparatus having a plurality of processing proxy function on behalf separately processed in accordance with the respective request content in response to various processing requests, corresponding to said plurality of processing proxy features by user stores the user information characterizing the information storage means for storing the unique expression information for each said processing proxy functions, comprising: input means for inputting the various kinds of processing requests, said use the input contents input by the input means user information and identifying means for identifying a user based on the, the processing proxy function corresponding to the identified user selected from the user information stored in said information storing means, the input means by the user depending on the various processing request content input from, to, characterized in that anda response means a response based on the specific representation information stored the processing proxy function to the information storage means 情報処理装置。 The information processing apparatus.
  2. 【請求項2】前記入力手段は、前記各種処理要求を音声入力する音声入力手段を備え、 前記情報格納手段は、前記使用者情報として使用者の音声の特徴あるいは音声の内容を格納し、 前記識別手段は、前記使用者により該音声入力手段から各種処理要求が音声入力されると、該情報格納手段に格納された音声の特徴あるいは音声の内容に基づいて当該使用者を識別することを特徴とする請求項1記載の情報処理装置。 Wherein said input means includes a voice input means for speech input the various processing requests, the information storing unit stores the characteristics or contents of the audio of the voice of the user as the user information, the identifying means, when said use various processing requests from the speech input unit by user is voice input, characterized by identifying the user based on the characteristics or contents of the speech sound stored in said information storage means the information processing apparatus according to claim 1,.
  3. 【請求項3】前記複数の処理代行機能と前記情報格納手段とを自己の装置と回線を介して接続された他の装置の所属とし、 前記識別手段は、前記使用者により前記入力手段から各種処理要求が入力されると、前記他の装置に所属する前記情報格納手段から前記使用者情報を読み出して当該使用者を識別するとともに、当該使用者情報から対応する処理代行機能を選択することを特徴とする請求項1記載の情報処理装置。 Wherein the affiliation of the plurality of processing proxy function and the information storage means and other devices connected via its own device and the line, said identification means, various from said input means by the user When the processing request is inputted, as well as identifying the user information read out by the user from the information storage means belonging to the other device, selecting a processing proxy function corresponding from the user information the information processing apparatus according to claim 1, wherein.
  4. 【請求項4】前記応答手段は、前記識別手段により処理代行機能が選択された時に、当該処理代行機能に対応する固有の表現情報を前記他の装置に所属する情報格納手段から読み出し、前記識別した使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、読み出した表現情報に基づく応答を行うことを特徴とする請求項3記載の情報処理装置。 Wherein said response means, when the processing proxy function is selected by the identification unit, read from the information storage unit that belong to specific representation information corresponding to the processing proxy function to the other device, the identification depending on which various processing request content input from the input means by the user, the information processing apparatus according to claim 3, characterized in that the response based on the read expression information.
  5. 【請求項5】前記応答手段は、前記識別した使用者による前記入力手段から各種処理要求の入力待ちの場合と、 Wherein said response means comprises: a case from the input means by the identified user's input wait various processing requests,
    その入力された処理要求に基づいた処理を実行中の場合とでは、前記表現情報に基づく当該処理代行機能の固有の表現状態を異ならせることを特徴とする請求項1、3 In the case of executing processing based on the inputted processing request, claim, characterized in that varying the specific representation status of the processing proxy function based on the expression information 1,3
    あるいは4記載の情報処理装置。 Or 4 apparatus according.
  6. 【請求項6】前記応答手段は、前記使用者への応答に対して提示すべき情報がある場合は、前記表現情報に基づく当該処理代行機能の固有の表現状態を異ならせることを特徴とする請求項1、3あるいは4記載の情報処理装置。 Wherein said response means, when there is information to be presented to the response to the user, characterized in that varying the specific representation status of the processing proxy function based on the expression information the information processing apparatus according to claim 1, 3 or 4, wherein.
  7. 【請求項7】各種処理要求に応じて当該各要求内容に応じた処理を別々に代行する複数の処理代行機能を備えた情報処理装置であって、 前記処理代行機能に固有の表現情報を格納するとともに、当該処理代行機能を専有する使用者の使用者情報を格納する情報格納手段と、 前記各種処理要求を入力する入力手段と、 この入力手段により入力される入力内容と前記使用者情報とに基づいて当該使用者が専有使用者か否かを識別する識別手段と、 この識別された専有使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、前記情報格納手段に格納された当該処理代行機能に固有の表現情報に基づく応答を行う応答手段と、 を具備したことを特徴とする情報処理装置。 7. An information processing apparatus having a plurality of processing proxy function on behalf separately processed in accordance with the respective request content in response to various processing requests, store-specific expression information to the processing proxy function as well as an information storage means for storing user information of the user to occupy the processing proxy functions, comprising: input means for inputting the various kinds of processing requests, and said user information as input contents input by the input means and identifying means for identifying the user whether exclusive user based on, in response to various processing requests contents inputted from the input means by the identified exclusive user stored in said information storing means the information processing apparatus being characterized in that anda response means a response based on the specific representation information to the processing proxy function was.
  8. 【請求項8】前記情報格納手段には、専有使用者以外の使用者に対応する前記処理代行機能の表現情報が格納されており、 この表現情報に基づいて前記応答手段は、前記識別手段により識別された専用使用者以外の使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて応答を行うことを特徴とする請求項7記載の情報処理装置。 The method according to claim 8, wherein said information storing means, representation information of the processing proxy function corresponding to a user other than the exclusive user is stored, the response unit based on the expression information, by the identification means the information processing apparatus according to claim 7, characterized in that a response in accordance with various processing request content inputted from said input means by a user other than the dedicated user identified.
  9. 【請求項9】前記専有使用者に対応する処理代行機能は、前記識別手段によって識別された専有使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、前記情報格納手段に格納される専有使用者専用の使用者情報を参照しつつ、情報収集を行うことを特徴とする請求項7または8記載の情報処理装置。 9. processing proxy function corresponding to the exclusive user, according to various processing request content inputted from said input means by exclusive user identified by said identification means, stored in said information storing means that exclusive user with reference to the dedicated user information, the information processing apparatus according to claim 7 or 8, wherein the collection of information.
  10. 【請求項10】前記専有使用者以外の使用者に対応する処理代行機能は、前記識別手段によって識別された専有使用者以外の使用者により前記入力手段から入力される処理要求内容が専有使用者専用の使用者情報を参照しようとする内容である場合には、該要求に応じられない旨を前記応答手段より出力することを特徴とする請求項8 10. A processing proxy function corresponding to a user other than the exclusive user, the identification means processing request contents proprietary user inputted from said input means by a user other than the exclusive user identified by If the contents to be referring to the user information only, claim 8, characterized in that the output from the responsive means to the effect that not response to the request
    記載の情報処理装置。 The information processing apparatus according.
  11. 【請求項11】コンピュータが実行可能なプログラムコードを格納した記憶媒体であって、 各種処理要求内容に応じた処理を別々に代行する複数の処理代行機能毎に固有の表現情報に基づく応答を行わせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードと、 入力手段により入力される入力内容と、使用者別に複数の処理代行機能を対応付けた使用者情報とに基づいて使用者を識別するためのコンピュータが実行可能なプログラムコードと、 この識別された使用者に対応する処理代行機能を前記使用者情報から選択し、当該使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、当該選択した処理代行機能に対応する前記固有の表現情報に基づく応答を行わせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードと、 を含 11. A storage medium from which a computer storing a program code executable, made a response based on the specific representation information processing in response to various processing requests content for each of a plurality of processing proxy function on behalf separately and computer executable program code for causing an input contents input by the input means, a computer for identifying a user based on the user information by the user separately from associated a plurality of processing proxy functions and program code executable, the processing proxy function corresponding to the identified user selected from the user information, in response to various processing requests contents inputted from the input means by the user, and the selected program code the computer that is executable for causing a response based on the specific representation information corresponding to the processing proxy function, the free むプログラムを格納したことを特徴とする記憶媒体。 Storage medium characterized by storing a free program.
  12. 【請求項12】前記使用者を識別するためのプログラムコードは、前記使用者により音声入力手段から各種処理要求が音声入力されると、その音声の特徴あるいは音声の内容に基づいて当該使用者を識別するコンピュータが実行可能なプログラムコードであることを特徴とする請求項11記載の記憶媒体。 12. A program code for identifying the user, the various processing requests from the voice input means by the user is the voice input, the user based on the content of the speech features or speech storage medium of claim 11, wherein the computer identifies is executable program code.
  13. 【請求項13】前記使用者を識別するためのプログラムコードは、前記使用者により前記入力手段から各種処理要求が入力されると、回線を介して接続された他の装置に所属する前記使用者情報を読み出して当該使用者を識別するとともに、当該使用者に対応する処理代行機能を当該他の装置に所属する前記複数の処理代行機能から選択させるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードであることを特徴とする請求項11記載の記憶媒体。 13. The program code for identifying the user, the various processing request is inputted from said input means by said user, said user belonging to another apparatus connected via a line as well as identifying the user by reading the information, it is a program code computer-executable for selecting a processing proxy function corresponding to the user from said plurality of processing proxy functions belonging to the other device storage medium of claim 11, wherein.
  14. 【請求項14】前記応答を行わせるためのプログラムコードは、前記処理代行機能が選択された時に、当該処理代行機能に対応する固有の表現情報を前記他の装置から読み出し、前記識別した使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、読み出した表現情報に基づく応答を行わせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードであることを特徴とする請求項13記載の記憶媒体。 14. A program code for causing said response, when the processing proxy function is selected, reads the unique expression information corresponding to the processing proxy functions from the other device, the identified user wherein in response to various processing request content input from the input means, the read storage medium of claim 13, wherein the computer for causing the response based on expression information is executable program code by.
  15. 【請求項15】前記応答を行わせるためのプログラムコードは、前記識別した使用者による前記入力手段から各種処理要求の入力待ちの場合と、その入力された処理要求に基づいた処理を実行中の場合とでは、前記表現情報に基づく当該処理代行機能の固有の表現状態を異ならせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードであることを特徴とする請求項11、13あるいは14記載の記憶媒体。 15. A program code for causing said response to the case from the input means by the identified user's input wait various processing requests, processes running based on the inputted processing request in the case, according to claim 11, 13 or 14, wherein the storage medium, wherein the computer for varying the specific representation status of the processing proxy function based on the expression information is an executable program code.
  16. 【請求項16】前記応答を行わせるためのプログラムコードは、前記使用者への応答に対して提示すべき情報がある場合は、前記表現情報に基づく当該処理代行機能の固有の表現状態を異ならせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードであることを特徴とする請求項11、13あるいは14記載の記憶媒体。 Program code for causing 16. made the response, if there is information to be presented to the response to the user, different specific representation status of the processing proxy function based on the expression information claim 11, 13 or 14, wherein the storage medium, wherein the computer is executable program code for causing.
  17. 【請求項17】コンピュータが実行可能なプログラムコードを格納した記憶媒体であって、 各種処理要求内容に応じた処理を別々に代行する複数の処理代行機能毎に固有の表現情報に基づく応答を行わせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードと、 入力手段により入力される入力内容と、前記処理代行機能を専有する使用者の使用者情報とに基づいて当該使用者が専有使用者か否かを識別するためのコンピュータが実行可能なプログラムコードと、 この識別された専有使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、当該処理代行機能に対応する前記固有の表現情報に基づく応答を行わせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードと、 を含むプログラムを格納したことを特徴とする記憶媒体。 17. A storage medium from which a computer storing a program code executable, made a response based on the specific representation information processing in response to various processing requests content for each of a plurality of processing proxy function on behalf separately and computer executable program code for causing an input contents input by the input means, the user based on the user information of the user who occupies the processing proxy function whether exclusive user and computer executable program code for identifying, in response to various processing requests contents inputted from the input means by the identified exclusive user, based on the specific representation information corresponding to the processing proxy function storage medium characterized by the computer program code executable, storing a program including for causing a response.
  18. 【請求項18】前記応答を行わせるためのプログラムコードは、専有使用者以外の使用者に対応する前記処理代行機能の表現情報に基づいて、前記使用者を識別するためのプログラムコードにより識別された専用使用者以外の使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて応答を行わせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードであることを特徴とする請求項17記載の記憶媒体。 18. The program code for causing the response, based on the expression information of the processing proxy function corresponding to a user other than the exclusive user identified by the program code for identifying the user storage medium of claim 17, wherein the a program code computers that are executable for causing a response in accordance with various processing request content inputted from said input means by a user other than the dedicated user and .
  19. 【請求項19】前記専有使用者に対応する処理代行機能を行わせるためのプログラムコードは、前記識別された専有使用者により前記入力手段から入力される各種処理要求内容に応じて、専有使用者専用の使用者情報を参照しつつ、情報収集を行わせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードであることを特徴とする請求項17または18記載の記憶媒体。 19. The program code for causing the processing proxy function corresponding to the exclusive user, according to various processing request content inputted from said input means by the identified exclusive user, proprietary user with reference to the user information dedicated storage medium according to claim 17 or 18, wherein the a program code computers that are executable for causing information collection.
  20. 【請求項20】前記専有使用者以外の使用者に対応する処理代行機能を行わせるためのプログラムコードは、前記識別された専有使用者以外の使用者により前記入力手段から入力される処理要求内容が専有使用者専用の使用者情報を参照しようとする内容である場合には、該要求に応じられない旨の応答を行わせるためのコンピュータが実行可能なプログラムコードであることを特徴とする請求項18記載の記憶媒体。 20. A program code for causing the processing proxy function corresponding to a user other than the exclusive user, the processing request content inputted from said input means by a user other than the exclusive user of the identified billing but if the contents to be referring to the user information of a dedicated proprietary user, characterized in that a computer for causing a response to the effect that not respond to the request is executable program code storage medium in claim 18, wherein.
JP10187697A 1997-04-18 1997-04-18 Information processor and storage medium Pending JPH10293709A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10187697A JPH10293709A (en) 1997-04-18 1997-04-18 Information processor and storage medium

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10187697A JPH10293709A (en) 1997-04-18 1997-04-18 Information processor and storage medium
US09059756 US6240405B1 (en) 1997-04-17 1998-04-14 Information processors having an agent function and storage mediums which contain processing programs for use in the information processor
EP19980106823 EP0872806A1 (en) 1997-04-17 1998-04-15 Information processors having an agent function and storage mediums which contain processing programs for use in the information processor
CN 98101565 CN1109312C (en) 1997-04-17 1998-04-17 Information processors having agent function

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10293709A true true JPH10293709A (en) 1998-11-04

Family

ID=14312173

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10187697A Pending JPH10293709A (en) 1997-04-18 1997-04-18 Information processor and storage medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10293709A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011237811A (en) * 1999-10-19 2011-11-24 Sony Electronics Inc Natural language interface control system

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011237811A (en) * 1999-10-19 2011-11-24 Sony Electronics Inc Natural language interface control system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7233786B1 (en) Providing access to information of multiple types via coordination of distinct information services
US6691159B1 (en) Web-based method and system for providing assistance to computer users
US5970468A (en) Method and system for communicating between users of a productivity tracking system
US5642410A (en) Call processor for a computer telephone integration system
US5655015A (en) Computer-telephone integration system
US6965865B2 (en) System and method for integrated customer management
US20020087628A1 (en) System and method for providing wireless device access to e-mail applications
US6944651B2 (en) Single click synchronization of data from a public information store to a private information store
US7287056B2 (en) Dispatching notification to a device based on the current context of a user with the device
US6973477B1 (en) System for securely communicating amongst client computer systems
US20010049274A1 (en) Method of transferring data being stored in a database
US20090070434A1 (en) System and method for efficiently accessing internet resources
US6362838B1 (en) Method for consolidation of multiple data sources
US6163799A (en) Communication navigation system which easily finds person who is interested in the same topic
US20020083093A1 (en) Methods and systems to link and modify data
US20070043878A1 (en) Virtual robot communication format customized by endpoint
US6871322B2 (en) Method and apparatus for providing user support through an intelligent help agent
US6714965B2 (en) Group contacting system, and recording medium for storing computer instructions for executing operations of the contact system
US20020109770A1 (en) Videoconference system
US20030204498A1 (en) Customer interaction reporting
US20050177445A1 (en) Apparatus and method for locating items
US7107316B2 (en) Controlling throughput of message requests in a messaging system
US6567848B1 (en) System for coordinating communication between a terminal requesting connection with another terminal while both terminals accessing one of a plurality of servers under the management of a dispatcher
US20040183839A1 (en) Apparatus and method for simple wide-area network navigation
US20010054041A1 (en) System and method for registering or searching in multiple relationship-searching hosts

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060801

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060928

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070724

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070810

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20070925

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20071102

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20090515

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20090515

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20090515