JPH10290854A - Motional index measuring method and device - Google Patents

Motional index measuring method and device

Info

Publication number
JPH10290854A
JPH10290854A JP9102185A JP10218597A JPH10290854A JP H10290854 A JPH10290854 A JP H10290854A JP 9102185 A JP9102185 A JP 9102185A JP 10218597 A JP10218597 A JP 10218597A JP H10290854 A JPH10290854 A JP H10290854A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pitch
subject
means
exercise
beats
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP9102185A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kazuhiko Amano
Hitoshi Ishiyama
Kazuo Uebaba
和夫 上馬場
和彦 天野
仁 石山
Original Assignee
Seiko Epson Corp
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Seiko Epson Corp, セイコーエプソン株式会社 filed Critical Seiko Epson Corp
Priority to JP9102185A priority Critical patent/JPH10290854A/en
Publication of JPH10290854A publication Critical patent/JPH10290854A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To find and notify motional intensity becoming an index in case of doing exercise to enhance the whole body sustaining power by comprehensively considering physical and mental bodily strength of a subject regardless of a kind of exercise, a place of the exercise or the like.
SOLUTION: In this device, when subjective intensity of a subject is just before 'a little strong', in motional intensity where the lactic acid concentration in blood starts to increase, a traveling pitch and a pulse rate become almost the same with each other. Therefor, the device is provided with a pulse wave detecting part 101 to detect a pulse rate of the subject, a body motion detecting part 111 to detect a motional pitch of the subject an altitude detecting part 171 to detect an altitude difference related to motion of the subject and a third storage part 121 to store these detecting results, and a judging part 122 judges a point at which the pulse rate and the motional pitch become almost the same width each other, and a motional intensity operation part 133 finds motional intensity corresponding to the judged point by considering the altitude difference, and a notifying part 151 notifies the found motional intensity as a motional index.
COPYRIGHT: (C)1998,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、被験者の肉体的・ BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, physical and subjects
精神的体力を総合的に考慮した運動強度であって、全身持久力を高めるために必要なトレーニングの運動強度を示す運動指標、および、競技会におけるペース作りのための運動強度を示す運動指標について、当該運動における高度差を勘案して告知する運動指標測定方法および装置に関する。 A comprehensive consideration of the exercise intensity and mental fitness, exercise indicator of exercise intensity of training required in order to enhance the endurance, and, for the movement indicator of exercise intensity for the pace-making in competitions , relating to exercise index measuring method and apparatus for notification in consideration of altitude difference in the movement.

【0002】 [0002]

【従来の技術】一般に、運動を行なう者(被験者)が、 In general, those who do exercise (subject) is,
その時点の運動強度を知ることができれば、運動処方にしたがった運動や、各種のトレーニングなどが可能となる。 Knowing the exercise intensity at that time, exercise and in accordance with the exercise prescription, and various training becomes possible. 特に、各種競技会において、ある時点の運動強度を知ることができれば、その強度が自己の適切な運動強度との比較においてどの程度であるかが判明するので、ペース配分の決定に際して客観的かつ重要な判断材料を得ることでき、その競技会での勝因につなげることも可能となる。 In particular, in various competitions, if it is possible to know the exercise intensity at a certain point in time, since the intensity is either a degree in comparison to the appropriate exercise intensity itself known, objective and important in determining the pace can I get a Do judgment material, it is also possible to connect to the cause of victory in the competition. ここで、運動強度を表わす方法としては種々あるが、大別すると、当該運動の仕事率や運動ピッチなどの物理学的指標を用いて表わす方法と、拍数などの生理学的指標を用いて表わす方法とに分けられる。 Here, there are variety of such methods representing the exercise intensity, roughly divided into represented using the method represented using physical indicators, such as power rate and exercise pitch of the exercise, the physiological indices such as the number of beats It is divided into a method. 例えば、 For example,
運動形態を走行運動とする場合、その物理的な運動強度と走行速度とには比例関係が成立するので、走行速度や走行ピッチなどの指標を求めることによって物理的指標を用いて表わすことができる。 If the motion form the running exercise, because the physical proportional relationship between exercise intensity and the running speed is established, it can be expressed using physical indicators by determining the indicators such as running speed and running pitch . また、走行時の拍数を検出することによって、例えば、150[拍/分]となる強度、というように、生理学的指標を用いて当該運動強度を表わすこともできる。 Further, by detecting the number of beats during running, for example, the intensity of 150 [beat / min], and so on, can also represent the exercise intensity using physiological indicators.

【0003】一方、運動強度が求められなくても、運動を行なう場合には、なんらかの主観的な評価(例えば、 On the other hand, even without exercise intensity is obtained, when performing exercise, some subjective evaluation (e.g.,
「きつい」とか、「楽」など)が伴うため、被験者が自己の主観的評価に基づいて、その時点での運動強度を判断し、各種トレーニングすることは、ごく普通に行なわれる。 Or "tight", because it involves the "easy", etc.), the subject is based on the subjective evaluation of the self, to determine the exercise intensity at that point in time, be various types of training is carried out routinely. 例えば、きつくなく、精神的に余裕がある強度で運動を継続することにより、最大酸素摂取量を改善することが行なわれている(「厚生省の『健康づくりのための運動所要量』について」:進藤宗洋:保健の科学第3 For example, without tightly, by continuing exercise at an intensity mentally we can afford, "the motion requirements for the" health of the Ministry of Health and Welfare, "" which is possible to improve the maximum oxygen uptake has been carried out (: Shindo SoHiroshi: Science of health third
2巻第3号1990年)。 Volume 2, No. 3, 1990).

【0004】また、被験者は、自己の運動能力を把握して当該運動能力に見合った強度で、運動を行なうべきであるが、同じ強度で運動しても、そのときどきの体調や運動条件などによって体にかかる負担が異なるの普通である。 Further, the subject is a grasps its own exercise capacity commensurate with the exercise capacity strength, but it should perform exercise, even moving at the same strength, and the like the occasional physical condition and exercise condition burden on the body is different from the ordinary. このため、例えば、特開平8−10234号公報記載の技術のように、被験者に対しトレッドミルを用いて一定条件の運動をさせ、当該運動の物理学的強度とともに、当該被験者の血流などの生理学的指標も測定して、運動時における強度を監視しながら、運動することなどが行なわれていた。 Thus, for example, as in the technique of JP-A-8-10234 JP, subject to the movement of certain conditions using the treadmill to, together with the physical strength of the movement, such as blood flow of the subject also physiological indicators measured, while monitoring the intensity during exercise, has been carried out such that movement.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】ところで、上述した物理学的指標により表わされる運動強度は、その時点における被験者の物理的な運動の強さを定量的に示すのみであり、被験者の肉体的、精神的体力などを総合的に考慮したものではない。 [SUMMARY OF THE INVENTION Incidentally, exercise intensity represented by physical indicators described above are only shown quantitatively the strength of the physical exercise of the subject at that time, physical subject, not intended to be comprehensive consideration of the mental stamina. また、生理学的指標に表わされる運動強度は、被験者の肉体的体力を考慮することがあっても、被験者の精神的体力を考慮したものではない。 Also, exercise intensity expressed in physiological indicators, even be considered physical strength of the subject, do not consider the mental strength of the subject. 一方、主観的評価により求められた運動強度は、そもそも、被験者の肉体的体力と精神的体力とに結びついていない。 On the other hand, exercise intensity obtained by the subjective evaluation, the first place, not tied to the physical stamina and mental strength of the subject. このため、主観的評価により求められた強度で運動しても、強度が強すぎて無理をしたり、反対に弱すぎたりして、トレーニング効果がでない、などの問題が生じる場合が多い。 For this reason, even if the exercise at an intensity that has been determined by subjective evaluation, or the unreasonable the strength is too strong, and too weak on the other, not out training effect, in many cases problems such as may occur.

【0006】また、上記公報記載の技術では、被験者が行なう運動がトレッドミルを用いたものに限定されるので、それ以外の運動にかかる強度を測定することができない、といった欠点があった。 [0006] In the technique disclosed in the above-mentioned publication, since the subject performs exercise is limited to using a treadmill, it is not possible to measure the intensity according to the movement of the others, there is a drawback. このようなトレッドミルのほかに、ある強度の運動を与える器具としては、自転車エルゴメータなどもあるが、実際問題として、このようなトレッドミルや自転車エルゴメータなどを自由に使える者は、ごく少数の恵まれた者に限られるだけでなく、運動する場所も運動器具の設置場所に限定される。 In addition to such treadmill, as the instrument that gives the movement of a certain strength, but there is also a bicycle ergometer, as a practical matter, such a treadmill or bicycle ergometer, such as free-to-use who the are, blessed of the very few It was not only limited to those who, where to exercise also is limited to the installation location of the exercise equipment.
このため、上記公報記載の技術は、普通に利用されるコースや一般道、公園などの場所において、運動強度を監視しながら運動する場合に適用できない、といった問題もあった。 Therefore, the technique of patent publication is course or general road, which is commonly utilized, in places such as parks, not applicable to the case of movement while monitoring the exercise intensity, problems were such. しかも、このような場所は、一般に平坦でなく整備されたとしても勾配を伴うのが通常である。 Moreover, such location is generally accompanied by gradient even been developed not flat is usual. ここで、運動形態を走行(ランニング)とした場合、走行運動における歩幅(ストライド)は、上り勾配となると、 Here, when the traveling motion form (running), stride length in the running motion (stride), when the ascending gradient,
平坦路のそれと比べて短くなる傾向にあり、反対に、下り勾配となると長くなる傾向がある。 Tends to be shorter than that of a flat road, on the contrary, it tends to be longer as the downward slope. くわえて、下り勾配では勢いにのる傾向が強いため、被験者は下り勾配の走行状態を意識できない場合が多い。 In addition, a strong tendency to ride the momentum in the down slope, the subject is often not aware of the running condition of the downward slope. このため、特に下り勾配が連続すると、ピッチ一定を心掛けたとしてもストライドが長くなる結果、走行速度が無意識のうちに上昇して、運動強度が目的とする値に対して過大となりやすい。 Therefore, especially when the downward slope is continuous, the results also stride longer though trying to pitch constant, the traveling speed is increased unconsciously, tends to become excessive relative value exercise intensity is intended. したがって、たとえ自己の適切な運動強度を知って、目的とする運動強度に対応する走行速度や走行ピッチで走行したとしても、勾配にさしかかれば、当該強度で運動を行なうのが困難となり、適切な運動を行なうことができない、といった問題もあった。 Therefore, even knowing the appropriate exercise intensity of self, even when traveling at a traveling speed and traveling pitch corresponding to exercise intensity of interest, if Sashikakare the gradient, it becomes difficult to carry out the exercise in the intensity, it is impossible to perform appropriate movement, such as there is a problem.

【0007】以上のように従来では、第1に、被験者の肉体的体力と精神的体力とを考慮した運動指標が存在しないため、適切な強度でトレーニングすることや、各種競技会においてペース配分を決定する際に客観的な判断材料を得るすることができない、という問題点と、第2 [0007] In the prior art as described above, in the first, for physical fitness and exercise index that takes into account the mental strength of the subject does not exist, and be trained in the proper intensity, the pace in various competitions it is impossible to obtain the objective decisions when determining a problem, the second
に、仮に、適切な強度が求められたとしても、トレッドミルや自転車エルゴメータなどのような運動器具を用いないで、自由に運動する場合、勾配などの高度差の影響により、目的とする強度で運動を行なうのが困難である、という問題点とが存在していた。 To, even if adequate strength has been determined, without using the exercise equipment such as treadmills or bikes ergometer, if free to move, under the influence of the altitude difference, such as the gradient, at an intensity of interest it is difficult to carry out the exercise, and the problems were present that. 本発明は、上述した問題に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、被験者の肉体的・精神的体力を総合的に考慮した運動強度であって、全身持久力を高めるために必要なトレーニングの強度を示す運動指標を、運動の種類や運動の場所などを問わずに、告知することが可能な運動指標測定方法および装置を提供することにある。 The present invention was made in view of the above problems, it is an object of an exercise intensity obtained by comprehensively considering the physical and mental fitness of the subject, to enhance the endurance motion index indicating the intensity of training required for a like regardless of the motion of the type and movement of the location is to provide a motion index measuring method and apparatus capable of notifying.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明にあっては、被験者の拍数および運動ピッチが所定の範囲内で互いに同期するポイントを判定する過程と、判定されたポイントに対応する運動強度を、被験者の高度差に応じて補正して求める過程とを備えることを特徴としている。 To achieve the above object, according to the Invention The, in the present invention, a process determines the point at which synchronization with each other within beats and movement pitch of the subject is given, it is determined the corresponding exercise intensity to the point, is characterized by comprising a process of obtaining corrected in accordance with the altitude difference of the subject.

【0009】本発明の実施の形態について説明する前に、本発明の理論的根拠となる原理について説明する。 [0009] Before describing embodiments of the present invention, a description will be given of the principle to be rationale of the present invention.
まず、本発明者らは、エルゴメトリーにおける運動強度の指標に役立てるため、被験者に対し、走行速度を段階的に変化させ、各種データを採取する実験を行なった。 First, the present inventors have found that to help indicator of exercise intensity in Erugometori, subject to the running speed is changed stepwise, an experiment was conducted to collect various data.
この実験結果について、図3を参照して説明する。 This experimental result is described with reference to FIG. 同図(a)は、第1に、グランド走における走行速度および拍数の関係と、第2に、同じくグランド走における走行速度および走行ピッチの関係とを、同じ図上で示したものである。 FIG (a) is the first, and the traveling speed and the number of beats relationship in the ground running, the second, also the relationship between running speed and running pitch in the ground running, there is shown in the same diagram . この図に示すように、被験者の拍数および走行ピッチは、走行速度とともに増加することが判る。 As shown in this figure, the number and traveling pitch beat of the subject is seen to increase with speed. 同図(b)は、グランド走における走行速度および被験者の主観的運動強度の関係を示す図である。 FIG (b) is a diagram showing the relationship between the subjective exercise intensity running speed and subjects in the ground running. ここで、主観的運動強度は、被験者がその速度で走行した場合、どのような主観的感覚を伴うかを点数付けしたものであり、 Here, the subjective exercise intensity are those subjects when traveling at that speed, was scored whether involving what subjective sensations,
図4に示すように、「きつい」と感じるほどに高くなるように設定されている。 As shown in FIG. 4, it is set to be high as feels "tight". 図3(b)に示すように、走行速度が高くなると、主観的運動強度を示す点数も大きくなり、被験者が感じる「きつさ」の程度も高くなり、精神的余裕がなくなることが判る。 As shown in FIG. 3 (b), when the running speed is high, and increases the number indicating the subjective exercise intensity, even higher degree of subject feels "Kitsusa", it can be seen that the mental margin is eliminated. 次に、同図(c)は、 Next, FIG. (C) is,
グランド走における走行速度と、耳朶採血法により求められた血中乳酸濃度との関係を示す図である。 A traveling speed in the ground running is a diagram showing the relationship between blood lactate concentrations obtained by earlobe blood sampling. この図に示すように、点A付近において、被験者の血中乳酸濃度が急激に上昇し始めることが判る。 As shown in this figure, in the vicinity of the point A, it can be seen that the blood lactate concentration of the subject begins to rapidly increase.

【0010】周知のように、乳酸は疲労物質であるため、この濃度が高くなると、強度一定で運動を持続することができなくなる。 [0010] As is well known, since lactic acid is a fatigue substance, if the concentration becomes higher, it becomes impossible to sustain exercise intensity constant. 逆に言えば、持続性運動を単に行なうのであれば、乳酸濃度が低い領域の強度で運動を行なえば良い。 Conversely, if the performing sustained exercise simply may be performed exercise at an intensity of lactic acid concentration is low region. 一方、乳酸濃度が低く抑えられる運動強度であっても、被験者が「楽」と感じる運動強度であれば、トレーニングの効果が期待できない。 On the other hand, even in the exercise intensity lactic acid concentration is kept low, if the exercise intensity the subject feel as "easy", the effect of the training can not be expected. このため、全身持久力を高めるために、持続性運動を行なうのであれば、被験者の血中乳酸濃度が低い領域の運動強度であって、被験者が「ややきつい」と感じる運動強度で行なうのが好ましいと考えられる。 Therefore, in order to increase the endurance, if performing sustained exercise, a exercise intensity of blood lactate concentration is lower region of the subject to carry out exercise intensity subject feels "somewhat hard" It is considered to be preferred. このような運動強度は、図において点Aに相当している。 Such exercise intensity is equivalent to the point A in FIG. 実際、血中乳酸濃度が上昇し始める点Aに相当する運動強度について、最大酸素摂取量を用いた相対的強度で示すと、ほぼ50%VO2ma In fact, the exercise intensity corresponding to point A which blood lactate levels begin to rise, indicating a relative intensity using the maximal oxygen uptake, approximately 50% VO2ma
x/wtであることが知られ、この値は、全身持久力を高めるために行なうトレーニングの運動強度として適切であることも知られている。 It is known a x / wt, this value is also known as an exercise intensity of training performed in order to increase the endurance is appropriate. したがって、点Aに相当する運動強度は、運動時における被験者の肉体的・精神的を考慮した運動強度であって、全身持久力を高めるためのトレーニングを行なう際の指標となるべき運動強度であると言える。 Thus, exercise intensity corresponding to point A is a exercise intensity considering physical and mental subject is the exercise intensity should be the index for performing training to increase endurance during exercise it can be said that.

【0011】しかしながら、点Aを直接求めるには、運動時において血中乳酸濃度を継続して測定しなければならない。 [0011] However, in order to determine the point A directly, must be measured continuously blood lactate concentration during exercise. このことは、実際問題として極めて困難である。 This is very difficult as a practical matter.

【0012】ここで、本発明者らは、乳酸濃度の上昇点A付近において、被験者の拍数とピッチとが互い同期していること、すなわち、略同一となっていることに着目した。 [0012] Here, the present inventors have found that in the vicinity of rise point A lactate concentration, that the number of beats of the subject and the pitch is each other synchronously, i.e., by noting are substantially the same. 従来技術で述べたように、運動時の拍数や走行ピッチを用いれば、運動強度について物理的な運動の強さを定量的に示すことができる。 As described in the prior art, the use of the number of beats and running pitch during exercise can be shown quantitatively the strength of physical exercise for exercise intensity. したがって、被験者の拍数とピッチとが同期する地点を判定し、その地点での運動強度を求めることによって、点Aに相当する運動強度が間接的に求めることが可能となる。 Therefore, to determine the point at which the synchronization is the number of beats of the subject and the pitch, by determining the exercise intensity at that point, the exercise intensity corresponding to point A becomes possible to obtain indirectly. そして、この運動強度を告知することで、全身持久力を高めるためのトレーニングを行なう際の適切な指標が提供されることとなる。 Then, by notifying the exercise intensity, so that the appropriate index when performing training to increase endurance is provided. また、この際、高度差を検出する手段を設け、この結果を考慮して指標を提供することで、運動を平坦路などの場所に限る必要もなく、普通に利用されるコースや一般道、公園などで行なうことが可能となる。 At this time, a means for detecting the altitude difference, this result by providing an indication in mind, there is no need to limit the movement to a location such as a flat road, course and general road that is commonly available, it is possible to perform in the parks. さらに、 further,
被験者の運動強度が、被験者の拍数とピッチとの差をなくす方向の運動指示を告知することで、全身持久力を高めるために必要な運動強度に達することが容易となる。 Exercise intensity subjects, by notifying the direction of movement instructions to eliminate the difference between the number of beats of the subject and the pitch, it is easy to reach the exercise intensity required for increasing the endurance.

【0013】 [0013]

【発明の実施の形態】以下、本発明による実施形態について図面を参照して説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be explained with reference to the accompanying drawings embodiments of the present invention.

【0014】<1:第1実施形態>まず、本発明の第1 [0014] <1: First Embodiment> First, a first aspect of the present invention
実施形態にかかる運動指標測定装置について説明する。 For such motion index measuring apparatus in the embodiment will be described.
本実施形態にかかる運動指標測定装置は、上記原理にしたがって、被験者の拍数と運動ピッチとが略同一となる運動強度を、運動時における被験者の肉体的・精神的体力を総合的に考慮した強度であって、全身持久力を高めるために必要なトレーニングの強度を示す運動指標として告知するものである。 Motion index measuring apparatus according to the present embodiment, according to the above principles, the exercise intensity beats subject and the motion pitch is substantially the same, and comprehensive consideration of physical and mental fitness of the subject during exercise a strength is for notifying a motion index indicating the intensity of training required to improve the endurance. なお、本実施形態においては、 In the present embodiment,
説明のため、被験者が行なう運動形態を、日常生活における歩行や、登山歩行などを含んだ広い意味での走行(ランニング)と想定するが、本発明をこれに限る趣旨ではない。 For illustration, the motion form the subject performs walking and in daily life, but assume that the travel of the climbing walking wide including such means (running), it is not intended to limit the present invention thereto.

【0015】<1−1:機能構成>まず、本実施形態にかかる運動指標装置の機能構成について説明する。 [0015] <1-1: Functional Configuration> First, a description is given of a functional configuration of the motion index apparatus according to the present embodiment. 図1 Figure 1
は、その機能構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the functional structure. この図において、脈波検出部101は、被験者の脈波波形を検出するセンサである。 In this figure, pulse wave detector 101 is a sensor for detecting a pulse waveform of the subject. 脈波検出部101による脈波波形信号は、A/D変換部102によりディジタル信号に変換され、さらに、FFT処理部103によりFFT(高速フーリエ変換)処理されて、当該処理結果により、脈拍数が求められる。 Pulse waveform signal by pulse wave detector 101, the A / D converter 102 is converted into a digital signal, further, is FFT (fast Fourier transform) processing by FFT processor 103, by the processing result, the pulse rate Desired. なお、本来的に必要なのは心拍数、すなわち、単位時間あたりにおける心臓の拍数であるが、心拍数イコール脈拍数なので、求めた脈拍数を間接的に心拍数として求めている。 Incidentally, inherently heart rate thing is required, i.e., is a number of beats of the heart per unit time, so heart rate equal pulse rate, seeking the number of determined pulse rate as indirectly heart rate. したがって、脈波検出部101 Therefore, pulse wave detector 101
については、心電図を直接的に検出する構成としても良い。 For, it may be configured to be directly detected an electrocardiogram.

【0016】一方、体動検出部111は、被験者の運動における体の動きを検出するセンサであり、例えば、加速度センサなどから構成される。 [0016] On the other hand, body motion detector 111 is a sensor for detecting the movement of the body in motion of the subject, for example, an acceleration sensor or the like. この体動検出部111 The body motion detecting unit 111
による体動信号は、脈波波形信号と同様に、A/D変換部112によりディジタル信号に変換され、さらに、F Body motion signal by, similarly to the pulse waveform signal is converted into a digital signal by the A / D converter 112, further, F
FT処理部113によりFFT処理されて、当該処理結果により運動ピッチが求められる。 It is FFT processed by the FT processor 113, the exercise pitch obtained by the process result. すなわち、本発明における運動とは、一定周期で行なうリズム性のある反復運動を言うが、この反復運動が単位時間あたりに何回行なわれたかが求められる。 That is, the motion in the present invention, refers to repetitive motion with rhythmic performed in a constant cycle, or the repetitive motion is performed many times per unit time is determined. ここでは、運動形態が走行であるので、単位時間あたりの歩数(走行ピッチ)が求められる。 Here, since the motion form is a travel, the number of steps per unit time (running pitch) is obtained. なお、例えば、水泳運動であれば、単位時間あたりのかき数が求められる。 Incidentally, for example, if the swimming motion, oyster per unit time is determined.

【0017】一方、高度検出部171は、被験者の運動における高度を測定するセンサであり、例えば、圧力歪みにより抵抗が変化するダイアフラムなどにより構成される。 Meanwhile, the altitude detecting unit 171 is a sensor for measuring the altitude of the motion of a subject, for example, a like diaphragm resisted by the pressure distortion is changed. この高度検出部171において、上記抵抗に印加された電圧で示される高度信号は、脈波波形信号と同様に、A/D変換部172によりディジタル信号に変換される。 In this highly detecting unit 171, altitude signal represented by a voltage applied to the resistor, as well as the pulse waveform signals are converted into digital signals by an A / D converter unit 172. 高度差情報演算部173は、ディジタル信号に変換された高度信号を一時記憶するとともに、現時点における高度信号により示される高度から、すでに一時記憶された過去の高度信号により示される高度を減じて、その期間における被験者の高度差を所定時間(例えば30 Altitude difference information calculation unit 173 is configured to temporarily store the altitude signal converted into a digital signal, from the altitude indicated by the altitude signal at the present time by subtracting the altitude indicated by the past altitude signal which has already been temporarily stored, the predetermined time altitude difference subject in the period (e.g. 30
秒)毎に求めて出力するものである。 Sec) is to be output obtained for each.

【0018】さて、第2記憶部131は、被験者の体重のほか、上記反復運動の1回における移動量などを記憶するものである。 [0018] Now, the second storage unit 131, in addition to body weight of the subject, and stores such as the movement amount in the one of the repetitive exercise. ここでは、運動形態が走行であるので、基準歩幅(基準ストライド)が記憶される。 Here, since the motion form is a travel, the reference stride (reference stride) is stored. なお、 It should be noted that,
例えば、水泳運動であれば、1ストロークでの距離が記憶される。 For example, if the swimming motion, distance in one stroke is stored.

【0019】次に、第1テーブル1351は、基準ピッチに対する走行ピッチの割合と、基準ストライドに乗算するための第1補正係数との関係を予め記憶して、前者に対応する後者を出力するものである。 Next, the first table 1351, which the ratio of the running pitch relative to the reference pitch, and stores in advance a relationship between the first correction coefficient for multiplying a reference stride, and outputs the latter corresponding to the former it is. 一方、第2テーブル1352は、高度差と、基準ストライドに乗算するための第2補正係数との関係を予め記憶して、前者に対応する後者を出力するものである。 On the other hand, the second table 1352, and the altitude difference, previously stores a relationship between the second correction coefficient for multiplying a reference stride, and outputs the latter corresponding to the former. また、補正部136 In addition, the correction unit 136
は、第2記憶部131に記憶された基準ストライドに対し、各テーブルから出力された第1および第2補正係数を乗じて、修正(補正)したストライドを出力するものである。 Are those relative to the reference stride stored in the second storage unit 131, by multiplying the first and second correction coefficient output from the table, and outputs the stride was corrected (corrected).

【0020】ここで、第1テーブル1351および第2 [0020] Here, the first table 1351 and the second
テーブル1352を設けた趣旨について説明する。 It explained purpose provided with a table 1352. 本実施形態においては走行速度を求める場面がいくつか登場する。 Scene to determine the running speed appeared some in the present embodiment. ここで、走行速度は、一般に、走行ピッチとストライドとの積で求められる。 Here, the running speed is generally determined by the product of the running pitch and stride. このうち、走行ピッチについては上記体動信号をFFT処理することで正確に求まるが、ストライドについては、当該走行運動における走行ピッチや勾配などに依存して変動する。 Among them, although determined accurately by FFT processing the body motion signal for driving the pitch, the stride will vary depends on the running pitch or gradient in the running exercise. このため、第2記憶部131に記憶された基準ストライドを、これらの要因に対応して補正する必要がある。 Therefore, the reference stride stored in the second storage unit 131, it is necessary to correct to correspond to these factors. そこで、本実施形態では、第2記憶部131に記憶された基準ストライドで平坦路を走行した場合のピッチを指す基準ピッチなる概念を設けた。 Therefore, in this embodiment, provided with a reference pitch becomes concept refers to the pitch in the case of traveling on a flat road by the reference stride stored in the second storage unit 131. そして、実際の走行ピッチに対応してストライドを補正する場合には、第1に、その走行ピッチの、基準ピッチに対する割合を求め、第2に、その割合に対応する第1補正係数を第1テーブル1351から読み出し、第3に、この第1補正係数を基準ストライドに乗じて補正することとした。 When the corresponding to the actual running pitch correcting the stride, the first, of the running pitch, determined the ratio of the reference pitch, the second, the first correction coefficient corresponding to the ratio first read from the table 1351, the third, it was decided to correct by multiplying the first correction coefficient to the reference stride. また、勾配に対応してストライドを補正する場合には、第1に、その高度差に対応する第2補正係数を第2テーブル1352から読み出し、第2に、この第2補正係数を基準ストライドに乗じて補正することとした。 Further, in the case of correcting the stride corresponding to the gradient, the first, reads out the second correction coefficient corresponding to the altitude difference from the second table 1352, the second, the reference stride the second correction coefficient multiplying it was decided to correct. したがって、補正部136が、 Therefore, the correction section 136,
第2記憶部131に記憶された基準ストライドに対して、各テーブルから出力された第1および第2補正係数を乗ずることによって、走行ピッチおよび勾配に応じて補正された修正ストライドが出力されることとなる。 The reference stride stored in the second storage unit 131, by multiplying the first and second correction coefficient output from the table, the corrected stride is corrected in accordance with the running pitch and the gradient is output to become. なお、このような第1テーブル1351および第2テーブル1352については、実測に基づく入力値に基づいて、実際には後述するRAMにおいて記憶されるため、 Since such for the first table 1351 and the second table 1352, based on the input values ​​based on the actual measurement, in practice stored in the RAM to be described later,
これらの作成方法については後述することとする。 For these of how to create it will be described later.

【0021】さて、第3記憶部121は、求められた拍数、走行ピッチおよび修正ストライドの組を、経過時間や、その間の高度差などとともに記憶するものである。 [0021] Now, a third storage unit 121, the number of the determined beat, a set of traveling pitch and modifications stride, the elapsed time and is configured to store with such height difference therebetween.
判定部122は、第3記憶部121の内容から、拍数および運動ピッチが互いに同期する地点を判定し、当該地点に対応する走行ピッチを、目標値として出力するものである。 Judging unit 122, the contents of the third storage unit 121, determines the point where the number and exercise pitch beat synchronized with each other, the running pitch corresponding to the point, and outputs it as a target value. なお、測定誤差を考慮すれば、完全な同期点である必要はなく、拍数および走行ピッチの差が±10% Incidentally, in consideration of measurement errors, full need not be synchronized point, beats and the difference of the travel pitch ± 10%
の以内であれば、両者は同期しているとみなしても良い。 If it is within of, it may be regarded as the two are synchronized. また、図1における判定部122は、拍数および走行ピッチが互いに同期する地点を、第3記憶部121の記憶内容から判定とするとしたが、これに限られず、両者を常に比較して、その同期点を検出する構成としても良い。 The determination unit 122 in FIG. 1, the point where the number and the traveling pitches beats are synchronized with each other, has been to a determination from the storage contents of the third storage unit 121 is not limited to this, and always comparing both, the it may be configured to detect a synchronization point. また、判定部122は、拍数および運動ピッチが互いに同期する地点に対応する走行ピッチを出力するとしたが、拍数でも良く、さらに、両者を出力する構成でも良い。 The determination unit 122 has been the number and exercise pitch beat outputs a running pitch corresponding to the point to be synchronized with each other, it may be a number of beats, and further, may be configured to output both.

【0022】次に、スイッチ132は、判定部122により目標値とされた走行ピッチ(入力端子a)、あるいは、FFT処理部113により求められた現時点における運動ピッチ(入力端子b)のいずれか一方を選択するものであり、その選択は、制御部160により指示される。 Next, the switch 132, the determination unit 122 by the target value to the travel pitch (input terminal a), or either one of the motion pitch at the present time obtained by the FFT processing unit 113 (input terminal b) is intended to select, the selection is instructed by the control unit 160. 運動強度演算部133は、走行ピッチ、修正ストライド、高度差および体重から、運動強度を演算するものである。 Exercise intensity calculating unit 133, the running pitch, modified stride, the altitude difference and weight, and thereby calculates the exercise intensity. したがって、スイッチ132において入力端子aが選択されていれば、目標とする運動強度が求められる一方、入力端子bが選択されていれば、被験者が実際に運動している際における運動強度が求められるようになっている。 Thus, if the input terminal a selection in switch 132, while the exercise intensity a target is determined, if the input terminal b is selected, exercise intensity at the time the subject is actually exercising is obtained It has become way. ここで、被験者が行なう運動形態を走行とした場合、その走行速度は、被験者の走行ピッチとストライドとを乗じることにより求められ、平坦路での運動強度は、走行速度と被験者の体重とから求めることができる。 Here, when the traveling motion form the subject performed, the traveling speed is determined by multiplying the running pitch and stride of the subject, exercise intensity of a flat road is determined from the running speed and the subject's body weight be able to. また、勾配が伴えば、その高度差と体重との積(すなわち、被験者の位置エネルギー)が、走行速度と被験者の体重とから求められる運動強度に対して加減される。 Further, if the gradient is Bane, product of the altitude difference and weight (i.e., the potential energy of the subject) is acceleration relative exercise intensity determined from the traveling speed and the subject's body weight.

【0023】なお、運動強度については、拍数を用いて表現する方法もあるので、運動強度演算部133は、走行ピッチではなく、FFT処理部103により求められた拍数を入力して運動強度の演算を行なう構成でも良い。 [0023] Since for the exercise intensity, there is a method of representing with the number of beats, the exercise intensity calculation unit 133, rather than the running pitch, then enter the number of beats obtained by the FFT processing unit 103 exercise intensity it may be configured to perform the operations. また、運動を走行とすれば、運動強度として、走行ピッチとストライドとの積である走行速度や、走行速度と拍数との積、ピッチと拍数との積、ストライドと拍数との積などを用いることができるので、運動強度演算部133は、これらを演算する構成としても良い。 Further, if the movement and travel, as exercise intensity, the product of running speed and the product of the running pitch and stride, the product of the running speed and the number of beats, the product of the pitch and pulse rate, the stride and the number of beats since the like can be used, exercise intensity calculation unit 133 may be configured for calculating them.

【0024】次に、第1記憶部134は、入力端子aが選択されている際に、運動強度演算部133によって求められた運動強度、すなわち、目標とする運動強度を、 Next, the first storage unit 134, when the input terminal a is selected, exercise intensity obtained by exercise intensity computing unit 133, i.e., the exercise intensity target,
求めた月日を示すデータとともに記憶するものである。 It is for storing together with data indicating the date obtained.

【0025】また、比較部141は、後述する第4の機能の実行時においては、FFT103によって求められた拍数とFFT処理部113により求められた運動ピッチとの差を求め、さらに、この差が、当該拍数あるいはピッチに占める度合いを求めて、この度合いに応じてグレーディングを行なうものである。 [0025] The comparison unit 141, at the time of execution of the fourth function described below, obtains the difference between the obtained motion pitch by beats and FFT processing section 113 obtained by FFT103, further, the difference but seeking degree occupied in the number of beats or the pitch, and performs grading according to the degree. くわえて、比較部1 In addition, the comparison unit 1
41は、後述する第5の機能の実行時においては、FF 41, at the time of execution of the fifth function described later, FF
T103によって求められた拍数とFFT処理部113 Number of beats obtained by T103 and FFT processing section 113
により求められた運動ピッチとを比較して、両者の差をなくすための運動指示を求めるものである。 By comparing the sought motion pitch by, and requests exercise instruction to eliminate the difference therebetween. ここで、両者の差がゼロであれば、すなわち、両者が一致して同期していれば、それは、現時点において被験者が持続可能な運動強度であって、目標としている運動強度で運動を行なっていることを意味する。 Here, if the difference therebetween is zero, i.e., if the synchronization numbers match, it is an exercise intensity subjects that are sustainable at the present time, exercise intensity is targeted by performing motion which means that you are. したがって、第4の機能において比較部141によって求められる度合いとは、 Therefore, the degree obtained by the comparison unit 141 in the fourth function,
現時点における運動強度が、目標とする運動強度に対してどれだけ相違しているかを示す指標であり、また、第5の機能において求められる運動指示とは、目標としている運動強度に近づけるための指標となる。 Index for exercise intensity at the current time is an indicator showing whether the different much against exercise intensity a target, also, the exercise instruction obtained in the fifth function, to approach the exercise intensity is the goal to become.

【0026】告知部151は、第1記憶部134の記憶内容、第3記憶部121の記憶内容、運動強度演算部1 The notification unit 151, the storage contents of the first storage unit 134, the storage contents of the third storage unit 121, exercise intensity computing unit 1
33による演算結果、および、比較部141による比較結果・指標から、主に次の告知を行なうものである。 33 by the operation result, and, from the comparison results and indicators by the comparison unit 141, in which mainly conducts the following announcement. すなわち、告知部151は、求められた拍数および運動ピッチの組を、走行経路の起伏、走行開始後の経過時間と対応付けて表示する第1の機能と、目標とする運動強度を告知・表示する第2の機能と、現時点において被験者が行なっている運動強度を表示する第3の機能と、現時点における運動強度が、目標とする運動強度に対してどれだけ相違しているか告知・表示する第4の機能と、現時点における運動強度に対して、目標としている運動強度に近づけるための指示を告知する第5の機能と、第2 That is, the notification unit 151, a set of numbers obtained beat and motion pitch, undulation of the travel path, a first function for displaying in association with the elapsed time after the start running, the notification exercise intensity target & a second function of displaying, and a third function for displaying the exercise intensity the subject is doing at the present time, the exercise intensity at the present time, either notification and display is different from much against exercise intensity a target a fourth function for exercise intensity at the current time, and a fifth function for notifying the instruction to approximate exercise intensity is the goal, the second
の機能によって求められた運動強度が月日レベルの時間経過とともにどのように進展しているかを表示する第6 Sixth exercise intensity obtained by the function of displaying whether the progress how over time of month level
の機能とを有する。 And a function. また、制御部160は、各部の動作を制御するものである。 The control unit 160 controls the operation of each section.

【0027】<1−2:電気的構成>次に、図1に示した機能構成を実現するための電気的構成について説明する。 [0027] <1-2: Electrical Configuration> Next, description will be given electrical configuration for realizing the functional configuration shown in FIG. 図2は、その構成を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing a configuration. この図において、CPU201は、バスBを介した各部の制御や、各種処理の実行、演算などを、ROM202に記憶された基本プログラムに基づいて行なうものであり、図1におけるFFT処理部103、113、判定部12 In this figure, CPU 201 is control of each unit through the bus B, execution of various processes, operations and the like, which performs, based on the basic program stored in the ROM 202, FFT processing section 103 or 113 in FIG. 1 , the determination unit 12
2、運動強度演算部133、補正部136、比較部14 2, the exercise intensity calculation unit 133, the correction unit 136, comparing unit 14
1、制御部160および高度差情報演算部173に相当する。 1 corresponds to the control unit 160 and the altitude difference information calculation unit 173. RAM203は、求められた拍数および運動ピッチの組を、高度差および走行開始後の経過時間に対応付けて記憶するとともに、CPU201による制御において用いられる各種データ、例えば、被験者の体重や、基準ストライドなどのデータや、各種テーブルを記憶するものであり、図1における第1記憶部134、第2記憶部131、第3記憶部121、第1テーブル1351および第2テーブル1352に相当する。 RAM203 is a set of numbers obtained beat and motion pitch stores in association with the elapsed time after altitude difference and a travel start, various data used in the control by the CPU 201, for example, the subject's weight, the reference stride and data, such as is for storing various tables, the first memory unit 134 in FIG. 1, the second storage unit 131, a third storage unit 121, corresponding to the first table 1351, and the second table 1352.

【0028】さて、センサインターフェイス204は、 [0028] Now, the sensor interface 204,
脈波検出部101、体動検出部111および高度検出部171による各アナログ出力信号を、それぞれ別個所定の間隔でサンプリングして、ディジタル信号に変換して出力するものであり、図1におけるA/D変換部10 Pulse wave detector 101, the respective analog output signal by the body movement detecting section 111 and the altitude detecting unit 171, each sampled at a separate predetermined intervals, and outputs converted to digital signals, in FIG. 1 A / D converter 10
2、112、172に相当する。 It corresponds to 2,112,172.

【0029】一方、時計回路205は、通常の計時機能のほか、予め設定された時間間隔毎にCPU201に対し割込信号を送出して各種の割込処理をさせる機能を有するものである。 On the other hand, the clock circuit 205, in addition to the normal timing function, and has a function of various interrupt processing by sending an interrupt signal to CPU201 every preset time interval. 操作部206は、被験者の体重や、基準ストライドなどの入力、各種機能(モード)を選択・ Operation unit 206, an input such as the subject's weight and the reference stride, select various functions (modes)
設定などするものであり、後述するように種々のボタンスイッチにより構成される。 Setting is intended to such composed of various button switches as described below. 表示部207は、CPU2 Display unit 207, CPU2
01の制御により各種の情報を表示するものであり、例えばLCD(液晶表示パネル)などにより構成される。 The control 01 is used for displaying various information, for example, configured by an LCD (liquid crystal display panel).
アラーム部208は、CPU201の制御によりアラーム音を発生して、被験者に各種の状態変化を告知するものである。 Alarm unit 208 generates an alarm sound by a control of the CPU 201, is intended to inform the various state change of the subject. これら表示部207およびアラーム部208 These display unit 207 and alarm unit 208
が、図1における告知部151に相当している。 But it corresponds to the notification unit 151 in FIG. また、 Also,
I/Oインターフェイス209は、後述するLEDおよびフォトトランジスタを有し、外部機器と情報の授受を行なうためのものである。 I / O interface 209 has an LED and a photo transistor to be described later, it is for transmitting and receiving external device information.

【0030】ここで、基準ピッチに対する割合と第1補正係数との対応関係を示す第1テーブル1351の作成方法について説明する。 [0030] Here, how to create a first table 1351 showing the corresponding relation between the ratio and the first correction coefficient for the reference pitch will be described. この関係については、被験者毎に大きく異なると考えられるので、予め用意しておいた一般的な関係を、実測して求めた被験者自身の特性にあわせて編集して用いる必要がある。 The The relationship, it is considered that differs greatly for each subject, a general relationship which had been prepared beforehand, it is necessary to use and edit according to the characteristics of the subject itself obtained by actual measurement. まず、一般的な関係について検討してみると、ピッチが増加するにしたがってストライドも短くなると考えられるから、予め用意しておく関係も、図21における実線で示すように、基準ピッチに対する割合が大きくなるにつれて、基準ストライドに乗算すべき第1補正係数が漸次小となるものであればよい。 First, when we consider the general relations, because the stride also considered to be shorter as the pitch is increased, the relationship prepared in advance, as shown by the solid line in FIG. 21, the ratio with respect to the reference pitch is large as becomes, the first correction coefficient to be multiplied to the reference stride as long as it becomes gradually small. 次に、実線で示される関係を被験者の特性に合わせて、同図で破線で示すように、被験者自身の特性にあわせて編集する必要があるが、この編集は、たとえば、次のような方法で可能である。 Next, the relationship indicated by the solid line in accordance with the characteristics of the subject, as indicated by broken lines in the figure, it is necessary to edit according to the characteristics of the subject's own, this editing, for example, the following method it is possible in. すなわち、第1に、 In other words, in the first,
被験者は、基準ピッチに対して、例えば、10%ずつピッチを段階的に増加して走行し、各段階での実際のストライドを実測して、基準ストライドと比べてどの位の割合となるかを求めておく。 Subjects with respect to the reference pitch, for example, travels increases pitch stepwise by 10% by actually measuring the actual stride at each stage, or the how much percentage as compared to the reference stride previously obtained. 第2に、被験者は、これらの基準ピッチに対する割合と基準ストライドに対する割合とをプロットするとともに、プロット間を補間して、図21に示す波線で示すような特性を最終的に得る。 Second, the subject, as well as plotting the ratio percentage and the reference stride to these reference pitch, and interpolating between the plots to obtain the characteristics as shown by a broken line shown in FIG. 21 finally. このうち、割合の算出、プロット、補間については、CPU Among them, it calculates the ratio of the plot, for interpolation, CPU
201に負わせることができ、また、得られた特性の保管についてはRAM203に負わせることができるので、実質的にユーザに必要なのは、ピッチを段階的に増加した場合のそのピッチ増加率とストライドの実測値とを操作部206を介して入力するだけで済ませることが可能である。 Can inflict 201, and since the storage of the resulting properties can inflict on the RAM 203, necessary to substantially user, and its pitch rate of increase when increasing the pitch stepwise stride it is possible to dispense with simply enter a measured value via the operation unit 206.

【0031】高度差と第2補正係数との対応関係を示す第2テーブル1352の作成方法についても、第1テーブル1351の作成方法と基本的に同一である。 [0031] For even create a second table 1352 showing the correspondence between the height difference and the second correction coefficient, which is basically the same as creating a first table 1351. この関係についても、被験者毎に大きく異なると考えられるので、予め用意しておいた一般的な関係を、実測して求めた被験者自身の特性にあわせて編集して用いる必要がある。 This relationship also it is considered that differs greatly for each subject, a general relationship which had been prepared beforehand, it is necessary to use and edit according to the characteristics of the subject itself obtained by actual measurement. まず、一般的な関係について検討してみると、高度差が正方向に増加し、登り勾配の程度がきつくなるにしたがってストライドも短くなる一方、高度差が負方向に増加して、下り勾配の程度がきつくなるにしたがってストライドも長くなると考えられるので、予め用意しておく一般的な関係も、図22における実線で示すようなものであればよい。 First, when we consider the general relationships, increased altitude difference is in the positive direction, while the stride becomes shorter as the degree of upward slope becomes tight, increasing altitude difference is in the negative direction, the down slope because the stride is also considered to be longer as the degree becomes tight, even general relationship prepared in advance, as long as shown by the solid line in FIG. 22. 次に、実線で示される関係を被験者の特性に合わせて、同図で破線で示すように、被験者自身の特性にあわせて編集する必要があるが、この編集は、 Next, the relationship indicated by the solid line in accordance with the characteristics of the subject, as indicated by broken lines in the figure, it is necessary to edit according to the characteristics of the subject's own, this editing,
たとえば、次のような方法で可能である。 For example, it is possible in the following way. すなわち、第1に、被験者は、勾配の大きさが判明している複数地点において、基準ピッチで走行し、各地点における実際のストライドを実測して、基準ストライドと比べてどの位の割合となるかを求めておく。 That is, first, the subject, in a plurality of points where the gradient magnitude is known, traveling at reference pitch, by actually measuring the actual stride at each point, and how much percentage as compared to the reference stride or a previously obtained. 第2に、被験者は、これら勾配の高度差と基準ストライドに対する割合とをプロットするとともに、プロット間を補間して、図22に示す波線で示すような特性を最終的に得る。 Second, the subject, as well as plotting the ratio altitude difference and the reference stride of these gradients, by interpolating between the plots to obtain the characteristics as shown by a broken line shown in FIG. 22 finally. このうち、割合の算出、プロット、補間については、CPU201に負わせることができ、また、得られた特性の保管についてはRAM203に負わせることができるので、実質的にユーザに必要なのは、複数地点における高度差とストライドの実測値とを操作部206を介して入力するだけで済ませることが可能である。 Of these, the percentage calculation of the plot, for the interpolation, it is possible to impose the CPU 201, In addition, since the storage of the resulting properties can inflict on the RAM 203, necessary to substantially user, a plurality of points it is possible to dispense only by inputting via the operation unit 206 and the measured value of the altitude difference and the stride in.

【0032】<1−3:外観構成>次に、本実施形態にかかる運動指標測定装置の外観構成について説明する。 [0032] <1-3: External Configuration> Next, a description will be given external configuration of such a motion index measuring device in this embodiment.
この外観については種々の態様が考えられるが、被験者が運動を行なう際に装着していることを意識させないような形態が望ましい。 Although this appearance is thought various aspects, is desirable forms such as not aware that the subject is wearing when performing exercise. その一例として、図5に示すように腕時計型が考えられる。 As an example, a wristwatch-type is considered as shown in FIG. この場合、上述した第1〜第6の各機能は、当該腕時計の一機能として実行される。 In this case, the functions of the first to sixth described above, are performed as a function of the watch.

【0033】本形態における運動指標測定装置は、図5 The motion index measuring apparatus in the present embodiment, FIG. 5
(a)に示すように、腕時計構造を有する装置本体50 (A), the apparatus main body 50 having a wristwatch structure
0、この装置本体500に接続されたケーブル501、 0, the cable 501 connected to the main body 500,
および、この先端側に設けられた脈波検出部101から構成されている。 And, and a pulse wave detector 101 provided on the distal end side. このうち、装置本体500には、リストバンド502が取り付けられている。 Among them, the apparatus main body 500, a wristband 502 is attached. 詳細には、リストバンド502の一端が装置本体500の12時方向から被験者の左腕に巻き付いて、その他端が装置本体50 In particular, wound around a 12 o'clock direction of the one end of device main body 500 of the wristband 502 to the left arm of the subject, and the other end the main unit 50
0の6時方向で固定されている。 It is fixed by 6 o'clock 0. また、装置本体500 In addition, the apparatus main body 500
における6時の方向の表面側には、コネクタ部503が設けられている。 Surface side of the direction of six o'clock on the the connector portion 503 is provided. このコネクタ部503には、ケーブル501の端部に設けられたコネクタピース504が着脱自在に取り付けられている。 The connector portion 503, connector piece 504 provided at an end of the cable 501 is detachably attached. このコネクタピース504 The connector piece 504
を外すと、コネクタ部503には、同図(c)に示すように、ケーブル501との接続端子505、506のほか、LED507およびフォトトランジスタ508が設けられており、外部機器と光通信を行なうようになっている。 Removing the, the connector portion 503, as shown in FIG. (C), other connecting terminals 505 and 506 of the cable 501, LED507 and the phototransistor 508 is provided for external equipment and optical communications It has become way. すなわち、これらLED507およびフォトトランジスタ508が、図2におけるI/Oインターフェイス209の一部を構成している。 That is, these LED507 and phototransistor 508 constitutes a part of the I / O interface 209 in FIG.

【0034】一方、装置本体500の表面には、同図(a)に示すように、表示部207が設けられており、 On the other hand, the surface of the device body 500, as shown in FIG. 6 (a), is provided with a display unit 207,
現在時刻や日付に加えて、モードや、上述した第1〜第6の機能にかかる情報などの各種情報を、ドットマトリックスあるいはセグメントで表示する。 Currently, in addition to time and date, mode and, various information such as the information in the first to sixth features described above, to display a dot matrix or segment. 装置本体500 The apparatus main body 500
の表面には、また、ボタンスイッチ511、512がそれぞれ表示部207の上側、下側に設けられる。 On the surface of, also, the button switches 511 and 512 above the respective display unit 207 is provided on the lower side. このうち、前者のボタンスイッチ511は、時刻、日付、体重および基準ストライドの値を修正するにあたって設定値を1ずつ繰り上げるのに使用される一方、後者のボタンスイッチ512は、時刻、日付、体重および基準ストライドの値を修正するにあたって設定値を1ずつ繰り下げるのに使用される。 Of these, the former button switch 511, the time, while the date is used to advance the setting value by one when correcting the value of the weight and the reference stride, the latter button switch 512, the time, date, weight and It is used to move down the setting value by one when correcting the value of the reference stride.

【0035】さらに、装置本体500の外周部には、ボタンスイッチ513〜516が、装置本体500に対してそれぞれ2時、4時、8時、10時の方向に設けられている。 Furthermore, the outer peripheral portion of the main body 500, the button switch 513 to 516 has, at each of the apparatus body 5002, 4:00, is provided in the 8 o'clock direction of 10 o'clock. 各ボタンスイッチの機能は、それぞれ次の通りである。 The function of each button switches, each of which is as follows. まず、ボタンスイッチ513は、本装置が有する各種モード、例えば、時計表示モードのほか、上記第1〜第6の機能にかかる表示を行なうモードや、外部機器との情報の授受を行なう通信モード、入力・変更モードなどの選択を行なうものである。 First, the communication mode button switch 513, various modes of the device has, for example, to carry out other clock display mode, and the mode for performing display according to the first to sixth features, the exchange of information with an external device, and it performs the selection of such input and change mode. 次に、ボタンスイッチ514は、入力・変更モードにおいて、時分秒や、年月日、12/24時間表示切換、体重、基準ストライドなどの項目のうち、いずれの項目にかかる値を入力・変更するかを選択するものである。 Next, the button switch 514, the input-change mode, hour, minute, and second and, date, 12/24-hour display change, body weight, among the items, such as the reference stride, enter or modify such value to any of the items it is to choose whether to be. また、ボタンスイッチ515は、表示部207による表示内容を切り換えを指示するものである。 Furthermore, button switch 515 is for instructing switching the display content by the display unit 207. そして、ボタンスイッチ516は、 Then, the button switch 516,
表示部207におけるバックライトの点灯を指示するものであり、当該スイッチを押すことによって、EL(El It is intended to instruct lighting of the backlight in the display unit 207, by pressing the switch, EL (El
ectro Luminescence)が、例えば3秒間点灯して、しかる後に、自動的に消灯するようになっている。 ectro Luminescence) is lit for 3 seconds, for example, and thereafter, so as automatically turned off.

【0036】一方、脈波検出部101は、図5(b)に示すように、青色LEDと受光部とからなるセンサ部1 On the other hand, the pulse wave detector 101, as shown in FIG. 5 (b), the sensor unit 1 consisting of a blue LED and a light receiving portion
10を有し、センサ固定用バンド520によって遮光されて、被験者の左手人指し指の根元から第2指関節までの間に装着されている。 Has 10, is shielded by the sensor fixing band 520 is mounted between the base of the subject's left index finger to the second finger joint. そして、脈波検出部101は、 Then, pulse wave detector 101,
青色LEDから光を照射するとともに、その光のうち、 It irradiates the light from the blue LED, of the light,
毛細血管中のヘモグロビンによって反射したものを受光部により受光し、この受光による出力を脈波波形信号として、ケーブル501を介し装置本体500に出力する。 Those reflected by the hemoglobin in the capillaries is received by the light receiving unit, and outputs the output from the light receiving as pulse waveform signal, the apparatus main body 500 via a cable 501. なお、CPU201や、体動検出部111、高度検出部171、センサインターフェイス204(LED5 Incidentally, CPU 201 and body motion detecting unit 111, the altitude detecting unit 171, a sensor interface 204 (LED 5
07およびフォトトランジスタ508を除く構成)、時計回路205、アラーム部208などは、装置本体50 07 and the configuration except the phototransistor 508), the clock circuit 205, an alarm unit 208, the main unit 50
0に内蔵されているため、外観として現われない。 Because it has been built to 0, it does not appear as appearance.

【0037】<1−4:外部機器>次に、本実施形態にかかる運動指標測定装置ではないが、本装置と情報の授受を行なう外部機器について図6を参照して概説する。 [0037] <1-4: External device> Next, although not in such a motion index measuring device in this embodiment will be outlined with reference to FIG. 6 an external device for exchanging the device information.
この図のように、外部機器は、機器本体600や、ディスプレイ601、キーボード602、プリンタ603などから構成されており、以下の点を除いて通常のパーソナルコンピュータと同じものである。 As in this figure, the external device, and device body 600, a display 601, a keyboard 602, which is composed of a printer 603, it is the same as the ordinary personal computer, except for the following points. すなわち、機器本体600は、光信号によるデータを送受信するため、図示しない送信制御部および受信制御部からなる光インターフェイスを内蔵しており、このうち、送信制御部は、 Namely, device main body 600 for transmitting and receiving data by the optical signal has a built-in optical interface consisting of a transmission control unit and a reception control unit (not shown), of which, the transmission control unit,
光信号を送信するためのLED604を有する一方、受信制御部は、光信号を受信するためのフォトトランジスタ605を有している。 While having LED604 for transmitting an optical signal, the reception control unit includes a phototransistor 605 for receiving optical signals. これらLED604、フォトトランジスタ605には、運動指標測定装置の装置本体5 These LED 604, the phototransistor 605, the apparatus main body 5 of the motion indicator measurement device
00におけるLED507、フォトトランジスタ508 00 in LED507, phototransistor 508
の特性と同一もしくは近似しているものがそれぞれ用いられる。 Which are identical or approximate the characteristics are used respectively. ここでは、近赤外線タイプ(例えば中心波長が940nmのもの)が望ましい。 Here, near infrared type (such as a central wavelength of 940 nm) is desirable. そして、近赤外線タイプを用いる場合には、可視光を遮断するための可視光カット用のフィルタが、機器本体600の前面に設けられ、光通信用の通信窓606となっている。 Then, in the case of using a near infrared type, filter for the visible light cut for blocking visible light is provided on the front surface of the apparatus body 600, and has a communication window 606 for optical communications. このような外部機器と、運動指標測定装置の装置本体500とは、 And such external equipment, the apparatus main body 500 of the exercise index measuring device,
光通信により情報の授受を互いに行なうようになっている。 And it performs mutually exchanges information via optical communication. なお、その情報授受における内容については、動作のところで説明する。 It should be noted that, for the contents of the information exchange will be explained at the action.

【0038】<1−5:動作>次に、本実施形態にかかる運動指標測定装置の動作について説明する。 [0038] <1-5: Operation> Next, the operation of such a motion index measuring device in this embodiment. 上述したように、装置本体500は、種々の機能を有しているため、動作については、これらの機能毎に説明することとする。 As described above, device main body 500, because it has various functions, for the operation, and it will be described for each of these functions.

【0039】<1−5−1:第1の機能>はじめに、第1の機能(すなわち、求められた拍数および走行ピッチの組について走行経路の起伏、経過時間と対応付けて表示する機能)を実行する場合の動作について説明する。 [0039]: the <1-5-1 first function> First, the first function (i.e., undulations set for the travel path of the speed obtained beat and the running pitch, the elapsed time associated with function of displaying) the operation in the case of the execution will be described.
被験者がボタンスイッチ513を操作して、第1の機能を実行するためのモードに設定すると、図2におけるC Subject operates button switch 513, a setting of mode for carrying out the first function, C in FIG. 2
PU201(図1における制御部160)は、図7に示す基礎処理を実行した後、引き続き、図8に示す割込処理を定期的に実行する。 PU201 (controller 160 in FIG. 1), after executing the basic processing shown in FIG. 7, subsequently, regularly executes interrupt processing shown in FIG.

【0040】まず、基礎処理の処理内容について図7 [0040] First, the processing contents of the basic processing 7
を参照して説明する。 With reference to the description. ステップSa1においてCPU2 CPU2 in step Sa1
01は、体動検出部111により検出された体動信号を、センサインタ−フェイス204を介して入力し、これをFFT処理して、被験者が実際に走行運動を開始しているか否かを判別する。 01, a body motion signal detected by body motion detecting unit 111, the sensor interface - input via the face 204, which was FFT processing, determines whether or not to start the subject actually running exercise to. そして、CPU201は、運動を開始していないと判別すれば、処理手順を再びステップSa1に戻す。 Then, CPU 201, if determined that not started exercise again returns to step Sa1 the procedure. すなわち、被験者が走行運動を開始するまで、処理手順がステップSa1において待機するようになっている。 That is, until the subject begins running exercise, the procedure is adapted to wait in step Sa1. 実際に、被験者が走行運動を開始すると、CPU201はステップSa2において、レジスタnの値をゼロにクリアした後、ステップSa3において、割込処理の実行を許可した後、当該基礎処理を終了する。 In fact, the subject starts running exercise, CPU 201 in step Sa2, after clearing the value of the register n to zero, in step Sa3, after granting execution of the interrupt processing, and ends the underlying process. ここで、割込処理とは、時計回路205による割込信号によって、例えば1分ごとに定期的に実行される処理である。 Here, the interrupt process, the interrupt signal by the clock circuit 205, for example, a process executed periodically every minute. このように、基礎処理においては、第1の機能を実行するためのモードに設定され、かつ、被験者が実際に走行運動を開始した後に、割込処理の定期的実行が許可されるようになっている。 Thus, in basic processing it is set in the mode for executing the first function, and, after starting the test subject actually running exercise, so regular execution of interrupt processing is permitted ing.

【0041】次に、割込処理の処理内容について図8 [0041] Next, the processing content of the interrupt processing Figure 8
を参照して説明する。 With reference to the description. まず、ステップSa11においてCPU201は、レジスタnを「1」だけインクリメントする。 First, CPU 201 in step Sa11 increments register n by "1". レジスタnは、前述したステップSa2においてゼロにクリアされているから、その内容は、被験者が運動開始した後に、割込処理が何回実行されたかを示すことになる。 Register n is from being cleared to zero in step Sa2 described above, the contents, after the subject has initiated movement, will indicate whether the interrupt processing has been executed many times. また、この割込処理は一定間隔で実行される。 Also, the interrupt processing is performed at regular intervals. したがって、レジスタnは、運動開始後の経過時間を間接的に示すものとなる。 Therefore, the register n is as shown elapsed time after the start motion indirectly. なお、いうまでもなく、運動開始後の経過時間は、レジスタnにセットされた値と割込処理の間隔とを乗ずることにより求められる。 Needless to say, the elapsed time after the start motion is obtained by multiplying the distance of the set value and the interrupt processing in the register n.

【0042】さて、ステップSa12においてCPU2 [0042] Now, in step Sa12 CPU2
02は、脈波検出部101により検出された脈波波形信号を、センサインターフェイス204を介して読み取った後、FFT処理して、被験者の脈拍数すなわち拍数[拍/分]を求める。 02, the pulse waveform signal detected by pulse wave detector 101, after reading through the sensor interface 204, and FFT processing to determine the pulse rate i.e. beats of the subject [beats / min]. 続いて、ステップSa13においてCPU201は、体動検出部111により検出された体動信号を、センサインターフェイス204を介して読み取った後、FFT処理して、被験者の走行ピッチ[回/分]を求める。 Subsequently, in CPU201 step Sa13, the body motion signal detected by body motion detecting unit 111, after reading through the sensor interface 204, and FFT processing to determine the subject's running pitch [times / min]. ここで、被験者が運動すると、当該運動の規則性に伴うスペクトルが検出されるから、そのスペクトルの周波数を特定することにより、運動ピッチ(この場合、走行ピッチ)が求められる。 Here, when the subject moves, because the spectrum accompanying the regularity of the movement is detected by identifying a frequency of the spectrum, the exercise pitch (in this case, the running pitch) is obtained.

【0043】次に、ステップSa101においてCPU Next, CPU in step Sa101
201は、第1に、高度差検出部171により検出された高度信号を、センサインターフェイス204を介して読み取った後、RAM203において一時記憶し、第2 201, the first, the altitude signal detected by the altitude difference detection unit 171, after reading through the sensor interface 204, and temporarily stored in the RAM 203, the second
に、その高度信号により示される高度から、前回一時記憶された高度信号により示される高度を減算して、被験者の高度差を求める。 To, from the altitude indicated by the altitude signal, altitude subtracts indicated by altitude signal stored temporarily before, obtaining the height difference of the subject. この高度差にかかった時間は、いうまでもなく、割込処理の実行間隔である。 Time taken for this altitude difference is, of course, is the execution interval of the interrupt processing. さらに、 further,
ステップSa14'においてCPU201は、求めた拍数と走行ピッチと高度差とをペアにして、現時点におけるレジスタnの値と対応づけてRAM203に記憶する。 In step Sa14 'CPU 201 is a number determined beat and the running pitch and altitude difference in a pair, it is stored in the RAM203 in association with the value of register n at the present time. このため、RAM203には、割込処理が実行される毎に、検出された拍数、走行ピッチおよび高度差が順次累積されて記憶されることになる。 Therefore, the RAM 203, each time the interrupt processing is executed, the number of detected beats, running pitch and altitude difference is to be stored is sequentially accumulated.

【0044】次に、ステップSa15'においてCPU Next, CPU in step Sa15 '
201は、RAM203から、記憶した拍数と走行ピッチと高度差をすべて読み出し、ステップSa16'において、表示部207に対し、読み出した拍数と走行ピッチとをy軸に、対応するレジスタnの値をx軸にしてプロットして、2次元表示を行なわせる一方、読み出した高度差からレジスタnの対応して、被験者が走行した地形の起伏を示す表示も行なわせる。 201, the RAM 203, reads all the numbers stored beat and the running pitch altitude difference, in step Sa16 ', to the display unit 207, and a travel pitch and the number of read beats y-axis, the value of the corresponding register n the plotted in the x-axis, while causing the two-dimensional display, in response to the register n from the read altitude difference, even causes display indicating the relief of the terrain subject has traveled. このような表示の場合、走行ピッチと拍数とは絶対数値であるが、高度差については相対値である点において留意すべきである。 For such display, the running pitch and the number of beats is a absolute numerical value, it should be noted in that a relative value for the height difference. この表示の一例を図15に示す。 An example of the display shown in FIG. 15. 前述したように、レジスタnの値は、運動開始後の経過時間を示すから、このような表示により、拍数および走行ピッチが運動開始後にどのように変化しているかが、さらに、その変化と、走行経路の起伏とがどうような関係にあったかが表示部2 As described above, the value of the register n is from indicating an elapsed time after the start exercise, such a display, or the number and the traveling pitch beat is changing how after the start exercise, further comprising the change , or a relief of the travel route was in a similar relationship display unit 2
07に示されることとなる。 The be shown in 07. このため、被験者は、自己の拍数および走行ピッチが走行経路の起伏と関係してどのように変動しているかを知ることができる。 Therefore, the subject can know how it varies the number of beats and a travel pitch of the self is related to relief of the travel route. ただし、 However,
運動指標測定装置の形態を図5に示すような腕時計型とすると、表示部207の表示能力は必然的に限られる。 When the form of the motion indicator measurement device wristwatch type as shown in FIG. 5, the display capability of the display unit 207 is necessarily limited.
このため、後述するように、読み出した情報を外部機器に送信して、そこで、解析する方が望ましいといえる。 Therefore, as described later, and transmits the read information to an external device, where, it can be said that those who analyze is desirable.
ステップSa15'の表示処理を実行すると、CPU2 When executing the display process of step Sa15 ', CPU 2
01は、次回の実行に備えるべく、今回の割込処理を終了する。 01, in order to prepare for the next execution, and terminates the current interrupt processing.

【0045】このような基礎処理および割込処理の実行により、図1に示した機能構成によって実行される第1の機能、すなわち、第3記憶部121において記憶された拍数と走行ピッチとを、走行経路の起伏と運動開始後の経過時間とに対応付けて表示する機能が、図2における内部構成によって、等価的に実行されることとなる。 [0045] By executing such a basic process and interrupt processing, first function performed by the functional configuration shown in FIG. 1, i.e., a traveling pitch and third beats stored in the storage unit 121 a function of displaying in association with the elapsed time undulations and after exercise start of the travel path, the internal configuration of FIG. 2, so that the executed equivalently.

【0046】<1−5−2:第2の機能>次に、第2の機能(すなわち、目標とする運動強度を表示する機能) [0046] <1-5-2: second function> Next, the second function (i.e., function of displaying the exercise intensity a target)
を実行する場合の動作について説明する。 The operation in the case of the execution will be described. 被験者がボタンスイッチ513を操作して、第2の機能を実行するためのモードに設定すると、図2におけるCPU201 Subject operates button switch 513, a setting of mode for carrying out the second function, CPU 201 in FIG. 2
は、図9に示す基礎処理を実行して、引き続き、図1 Executes the basic processing shown in FIG. 9, subsequently, FIG. 1
0に示す割込処理を定期的に実行する。 Regularly to execute the interrupt processing shown in 0.

【0047】まず、基礎処理の処理内容について図9 [0047] First, the processing contents of the basic processing 9
を参照して説明する。 With reference to the description. この基礎処理は、目標となる運動強度を表示するにあたって前提となる情報をセットしたり、割込処理を許可するものであり、詳細には、以下のステップSb1〜Sb9からなる。 The basic process, or sets the information as a prerequisite when displaying the exercise intensity as a target, which permits the interrupt processing, in particular, it consists of the following steps Sb1~Sb9.

【0048】はじめに、CPU201はステップSb1 [0048] First, CPU201 step Sb1
において、たとえばRAM203において必要な領域を確保したり、当該領域をクリアするなどの初期設定処理を実行する。 In, for example, to secure the necessary area in RAM 203, performs initial setting processing such as clearing the area. 次に、CPU201はステップSb2において、被験者の反復運動1回における移動量や、被験者の体重などの情報がRAM203にセットされているか否かを判別する。 Next, CPU 201 in step Sb2, the movement amount and the repetitive exercise one subject, and determines whether or not the information such as the subject's weight is set to RAM 203. 本実施形態における運動は走行運動であるから、CPU201は、被験者の基準ストライド(基準歩幅)および体重の情報がセットされているか否かを判別する。 Since motion in this embodiment is a running exercise, CPU 201 determines whether the reference stride (reference stride) and weight information of the subject is set. 本実施形態において、はじめて第2の機能を実行する場合、RAM203には何ら情報がセットされていないので、ステップSb2の判別を行なうとしているのである。 In the present embodiment, when the first time performing a second function, since any information is not set in RAM 203, with each other to a discriminating step Sb2.

【0049】上記情報がセットされている場合、CPU [0049] If the above information has been set, CPU
201はステップSb3において、当該セット値をRA 201 in step Sb3, the set value RA
M203から読み出して表示部207に表示させるとともに、次のステップSb4において、これら値を変更するか否かの選択を被験者に促すメッセージを表示させる。 Together on the display unit 207 is read from the M203, in the next step Sb4, to display a message prompting to select whether or not to change these values ​​to subjects. 被験者が変更しない旨の指示を行なうと、CPU2 When an instruction to the effect that the subject does not change, CPU2
01はステップSb5において、上記情報を既定値としてRAM203に再セットする。 01 in step Sb5, to set it to RAM203 the information as the default value.

【0050】一方、上記情報がRAM203にセットされていない場合、あるいは、上記情報を変更する旨の指示が行なわれた場合、CPU201はステップSb6において、上記情報が入力されたか否かを判別して、入力されなければ再び処理手順をステップSb6に戻す。 On the other hand, if the information is not set in RAM 203, or, if the instruction to change the information is performed, CPU 201 in step Sb6, to determine whether the information has been entered returns to step Sb6 again procedure to be entered. すなわち、被験者の基準ストライドや、体重が入力されるまで、処理手順がステップSb6において待機するようになっている。 That, and the reference stride of the subject, until the weight is entered, the processing procedure is adapted to wait in step Sb6. そして、これらの情報が入力・変更されると、CPU201はステップSb7においてそれらの値をRAM203にセットする。 When the information is input and changed, CPU 201 sets these values ​​in RAM203 in step Sb7.

【0051】ここで、基準ストライド等の情報を変更する旨の指示としては、たとえば、被験者がボタンスイッチ513を操作して、装置本体500の動作モードを入力・変更モードに設定することなどが考えられる。 [0051] Here, as the instruction to change the information, such as reference stride, for example, the subject operates the button switch 513, thinking and able to set the operation mode of the apparatus main body 500 to input or change mode It is. また、変更しない旨の指示としては、被験者がボタンスイッチ513を一定時間何ら操作しないことなどが考えられる。 In addition, as the instruction not to change and the like can be considered that the subject does not operate any button switch 513 a certain period of time. さらに、基準ストライド等の情報を変更・入力する方法としては、たとえば、被験者が入力・変更モードに設定して、さらに、ボタンスイッチ514により変更・入力する対象を基準ストライドあるいは体重のいずれかに設定した後、当該対象となった値をボタンスイッチ511あるいは512により1ずつ繰り上げあるいは繰り下げることなどが考えられる。 Further, as a method for changing and inputting information such as a reference stride set, for example, the subject is set in the input-change mode, further, the object to be changed or inputted by the button switch 514 to one of the reference stride or body weight after, the button switch 511 or 512 the value becomes the target and carry or move down that one conceivable.

【0052】さて、被験者の基準ストライドや、体重にかかる情報等がRAM203にセットされると、ステップSb8においてCPU201は、基礎処理におけるステップSa1と同様にして、被験者が実際に運動を開始しているかを判別し、運動を開始していないと判別すれば、処理手順を再びステップSb8に戻す。 [0052] Well, and the reference stride of the subject information or the like according to body weight when it is set in RAM 203, CPU 201 in step Sb8, as in step Sa1 in basic processing, and starts the test subject actually exercise determine, if it is determined that not started exercise again returns to step Sb8 the procedure. すなわち、被験者が運動を開始するまで、処理手順がステップSb8において待機するようになっている。 That is, until the subject begins to exercise, the processing procedure is adapted to wait in step Sb8. 実際に、被験者が運動を開始すると、CPU201はステップSb In fact, the subject is to start a movement, CPU201 step Sb
9において、割込処理の実行を許可した後、当該基礎処理の実行を終了する。 In 9, after granting execution of the interrupt processing, and ends the execution of the foundation process. ここで、割込処理とは、時計回路205による割込信号によって、例えば2分ごとに定期的に実行される処理である。 Here, the interrupt process, the interrupt signal by the clock circuit 205, for example, a process executed periodically every 2 minutes. このように、基礎処理を実行すると、運動強度の演算に必要な情報がセットされるとともに、第2の機能を実行するためのモードに設定し、かつ、被験者が実際に運動を開始すると、割込処理の定期的実行が許可されるようになっている。 Thus, when executing the basic processing, along with the necessary information is set in the calculation of the exercise intensity, setting the mode for executing the second function, and, when the subject actually begins to exercise, split regular execution of the write process is adapted to be permitted.

【0053】次に、割込処理の処理内容について図1 [0053] Next, the processing content of the interrupt processing Figure 1
0を参照して説明する。 0 referring to will be described. まず、CPU201は、ステップSb11において、被験者の拍数[拍/分]を求め、 First, CPU 201, in step Sb11, obtains the number of beats of the subject [beats / min],
次に、ステップSb12において、被験者の走行ピッチ[回/分]を求め、続いて、ステップSb131において、被験者の高度を検出した後、記憶するとともに、高度差を求める。 Next, in step Sb12, seeking subjects traveling pitch [times / min], followed by, in step Sb131, after detecting the height of a subject, stores, obtains the altitude difference. この点においては、割込処理におけるステップSa12、13、101と同様である。 In this regard, the same as step Sa12,13,101 in interrupt processing. 続いて、CPU201は、ステップSb132において、直前ステップにおいて求めた高度差がゼロであったか否かにより、被験者が平坦路を走行したか否かを判別する。 Subsequently, CPU 201, in step Sb132, altitude difference obtained in the immediately preceding step by whether a zero, it is determined whether or not the subject has traveled on a flat road.
ここで、求めた高度差には、多少なりとも誤差が伴うから、当該高度差が所定値以内に収まっている否か、という判別を行なうこととしても良い。 Here, the altitude difference obtained, more or less because accompanied errors, whether or not the altitude difference is kept within a predetermined value, it is also possible to perform the determination of.

【0054】ここで、高度差があれば、CPU201 [0054] In this case, if there is a height difference, CPU201
は、ステップSb133において次の処理を実行する。 Executes the following processing in step Sb133.
すなわち、CPU201は、第1に、求めた走行ピッチの基準ピッチに対する割合を求め、RAM203に記憶された第1テーブル1351を参照して、その割合に対応する第1補正係数を読み出すとともに、第2テーブル1352を参照して、求めた高度差に対応する第2補正係数を読み出し、第2に、第2記憶部131に記憶された基準ストライドに、第1および第2補正係数の双方を乗じて、当該走行ピッチおよび当該高度差に応じて修正したストライドを求め、第3に、このストライドに対し、求めた走行ピッチを乗じて走行速度を求める。 That, CPU 201 is in the first, obtains the ratio of the reference pitch of the running pitch determined, by referring to the first table 1351 stored in the RAM 203, reads the first correction coefficient corresponding to the ratio, the second Referring to table 1352, reads the second correction coefficient corresponding to the altitude difference obtained, the second, the reference stride stored in the second storage unit 131 is multiplied by both the first and second correction coefficient obtains a stride modified in accordance with the running pitch and the altitude difference, the third, to the stride to determine the running speed by multiplying the running pitch obtained. 一方、高度差がなければ、CPU201は、ステップSb On the other hand, if there is no height difference, CPU 201, the step Sb
134において次の処理を実行する。 Perform the following processing in 134. すなわち、CPU In other words, CPU
201は、第1に、求めた走行ピッチの基準ピッチに対する割合を求め、RAM203に記憶された第1テーブル1351を参照して、その割合に対応する第1補正係数を読み出し、第2に、第2記憶部131に記憶された基準ストライドに、第1補正係数のみを乗じて、当該走行ピッチに応じて補正したストライドを求め、第3に、 201, first, obtains the ratio of the reference pitch of the running pitch determined, by referring to the first table 1351 stored in the RAM 203, reads out the first correction coefficient corresponding to the ratio, the second, the reference stride stored in second storage unit 131, by multiplying only the first correction coefficient, determine the stride corrected in accordance with the running pitch, the third,
このストライドに対し、求めた走行ピッチを乗じて走行速度を求める。 For this stride to determine the running speed by multiplying the running pitch obtained. そして、CPU201はステップSb1 Then, CPU201 step Sb1
4において、検出した拍数と走行ピッチとを、その走行速度に対応付けてRAM203に記憶する。 In 4, the travel pitch and the detected number of beats, and stored in RAM203 in association with the running speed.

【0055】さて、第2の機能は、拍数と走行ピッチとが互いに同期する地点の運動強度を目標値として表示する機能であるが、この際、拍数と走行ピッチとが、異なる走行速度において2点以上求められていなければ、同期する地点を判定できない。 [0055] Now, the second feature is the exercise intensity point where the pulse rate and running pitch synchronized with each other is a function of displaying a target value, and this time, beats the running pitch, different running speed if not sought two or more points in, can not determine the point at which synchronization. このため、CPU201 For this reason, CPU201
は、ステップSb15において、拍数と走行ピッチとが少なくとも2組以上記憶されているとともに、それらの走行速度が同一値でないことを条件に、以下のステップSb16〜Sb22の処理を実行する。 In step Sb15, together with the pulse rate and running pitch are stored at least two sets or more, on condition that their running speed is not the same value, executes the processing of the following steps Sb16~Sb22.

【0056】すなわち、ステップSb15の判別結果が「Yes」であれば、CPU201は、ステップSb1 [0056] That is, If the determination in step Sb15 is "Yes", the CPU 201, step Sb1
6において、第1に、RAM203に記憶された拍数と走行ピッチとをすべて読み出し、第2に、走行速度に対応する拍数の回帰直線を求め、同様に、走行速度に対応する走行ピッチの回帰直線を求め、第3に、拍数の回帰直線と、走行速度の回帰直線との交点を判定して、拍数と走行ピッチとが同期する地点を求める。 In 6, the first read all the travel pitch and pulse rate stored in the RAM 203, the second, a regression line of the number of beats corresponding to the running speed, likewise, of the running pitch corresponding to running speed the regression line determined, on the third, and the regression line number of beats, determines the intersection of the regression line speed, number and a traveling pitch beat seek points to synchronize. なお、測定誤差を考慮すれば、必ずも交点である必要はなく、同期点の検出において、拍数および走行ピッチの差が±10% Incidentally, in consideration of the measurement error is not always necessary at the intersection, in the detection of synchronization points, the number of beats and the difference in the running pitch ± 10%
の以内であれば、両者は同期するとみなしても良い。 If it is within the, both may be regarded as synchronized. また、拍数および走行ピッチの差が同期するとみなす範囲を、例えば、ボタンスイッチや、後述する外部機器などで設定可能とする構成でも良い。 Moreover, the range regarded as the difference between the pulse rate and running pitch are synchronized, for example, a button switch, may be configured to be set by an external device which will be described later.

【0057】次に、CPU201は、求めた交点に対応する走行ピッチを求め(ステップSb17)、その走行ピッチに対応するアラーム音を運動指標として発生させるようにアラーム部208を制御する(ステップSb1 Next, CPU 201 obtains the running pitch corresponding to the obtained intersecting point (step Sb17), and controls the alarm unit 208 to generate an alarm sound as an exercise index corresponding to the running pitch (step Sb1
8)。 8). 例えば、アラーム音としては、「ピッ、ピッ、ピッ」のような、走行ピッチの周波数に対応させたものが考えられる。 For example, as the alarm tone, "beep, beep, beep" such as, can be considered made to correspond to the frequency of the traveling pitch. また、この場合、表示に限られず、音声合成や、アラーム音の強弱など種々の態様により告知する構成も考えられる。 In this case, not limited to the display, and speech synthesis, configurations are contemplated to notify by various aspects such as strength of the alarm sound. また、CPU201は、求めた交点に対応する走行速度を求め(ステップSb19)、その走行速度に対応する運動強度を演算する(ステップSb Further, CPU 201 obtains a running speed corresponding to the obtained intersecting point (step Sb19), and calculates the exercise intensity corresponding to the running speed (step Sb
20)。 20). この演算は、例えば、当該走行速度にRAM2 This operation, for example, to the running speed RAM2
03に記憶された被験者の体重を乗じて求めることでも良いし、走行速度と運動強度との関係より求めても良い。 May also 03 be obtained by multiplying the weight of the subject stored in, or may be obtained from the relationship between running speed and exercise intensity. なお、このままでは、高度差が考慮されないことになるから、求められた高度差と第2記憶部131に記憶された被験者の体重との積を、求めた運動強度に対し、 In this state, since so that altitude difference is not taken into account, the stored in the obtained height difference and the second storage unit 131 subjects the product of the weight, with respect to exercise intensity determined,
符号を含んで加算することとしても良い。 May be added include code. これにより、 As a result,
登り勾配であれば、被験者の位置エネルギーが加算される一方、下り勾配であれば、被験者の位置エネルギーが減算されるので、より正確に、運動強度を求めることができる。 If climb gradient, whereas the potential energy of the subject is added, if the descending slope, since the potential energy of the subject is subtracted, more accurately, it is possible to obtain the exercise intensity. そして、CPU201は、求めた運動強度を、 Then, CPU201 is, the exercise intensity was determined,
その走行運動の日付に対応させてRAM203に記憶させ(ステップSb21)、求めた運動強度を目標とする運動指標として表示部207により表示させる(ステップSb22)。 The running exercise date RAM203 to be stored in association with the (step Sb21), and displays on the display unit 207 as a motion index for the exercise intensity and target determined (step Sb22).

【0058】このようにして求められた運動強度は、拍数と走行ピッチとが同期する地点での値であるから、全身持久力を高めるための運動を行なう際の指標となるべきものである。 [0058] Such exercise intensity obtained in the, since the number and the traveling pitch beat the value at the point to be synchronized, which should be an index for performing exercise to increase endurance . ここで、ステップSb20のように、運動強度を被験者の物理的な運動の強さで求めると、その走行運動における絶対的強度を得ることができるから、 Here, as in step Sb20, when determining the exercise intensity at intensity of physical exercise of the subject, since it is possible to obtain the absolute intensity at the running exercise,
各種比較を行なう上では都合が良い。 Convenience is good in performing a variety of comparison. ただし、被験者にとってみれば、目標とする運動強度を、走行ピッチ(あるいは、拍数)をアラーム部208により示される方が、運動時においては直感的に判りやすい。 However, Come to take the subject, the exercise intensity target, who indicated running pitch (or pulse rate) by the alarm unit 208, easy to understand intuitively at the time of exercise. すなわち、 That is,
被験者にとってみれば、感覚的に示される指標にしたがって運動を行なえば、目標とする運動を達成できるのであるから、その方が都合が良いのである。 Come to take the subject, be carried out the exercise in accordance with the index shown sensuously, since it is the movement that the target can be achieved, the person is convenient to good. そこで、割込処理においては、上述したステップSb17において運動指標として走行ピッチを告知し、ステップSb22 Therefore, the interrupt processing is to announce the running pitch as exercise indices in step Sb17 described above, step Sb22
において物理的な運動の強さを表示する構成とした。 And configured to display the intensity of physical exercise in.

【0059】なお、運動指標としては、拍数でも良く、 [0059] It should be noted that, as the motion index, may be a number of beats,
これらを選択していずれかを告知、表示する構成としても良い。 Announcement either by selecting these, may be displayed. このうち、拍数と走行ピッチとの双方を運動指標として告知する場合、被験者が走行運動の強度の増減を図るには、運動指標として告知される拍数を優先目標として、走行速度をセルフコントロールする方法と、運動指標として告知される走行速度を優先目標としてセルフコントロールした結果、拍数をコントロールする方法との2通りがある。 If these, for notifying both the pulse rate and running pitch as exercise indices, the subject achieved to increase or decrease the intensity of the running exercise, the number of beats that are notified as motion index as the priority target, self-control the running speed how to, self-control result a traveling speed to be notified as motion index as the priority target, there are two and method of controlling the number of beats. また、運動形態を本実施形態のように走行とすれば、運動強度として、走行ピッチとストライドとの積である走行速度や、走行速度と拍数との積、 Further, if the motion form the running as in the present embodiment, as exercise intensity, the running pitch and running speed and the product of the stride, the traveling speed and the number of beats and the product,
ピッチと拍数との積、ストライドと拍数との積を用いることができ、これらを運動指標として告知、表示する構成としても良い。 The product of the pitch and number of beats, can be used the product of the stride and pulse rate, notifying them as motion index, may be displayed. このような運動指標は、効率の良い走行を行なうための指標であるため、これを目標値として、被験者は走行すれば良い。 Such motion index are the index for performing efficient running, which as the target value, the subject may be traveling.

【0060】さて、ステップSb22の処理後、あるいは、ステップSb15における判別結果が「No」であれば、CPU201は、次回の実行に備えるべく、今回の割込処理を終了する。 [0060] Now, after the processing in step Sb22, or when the determination result in step Sb15 is "No", CPU 201 is to prepare for the next execution, and terminates the current interrupt processing. なお、この割込処理は、一定間隔毎に実行され、その都度、RAM203に記憶される拍数とピッチとが増加する。 Note that this interrupt process is executed at regular intervals, each time, and stored as the number of beats and the pitch is increased RAM 203. したがって、走行速度を少なくとも2段階に分ければ、ステップSb15の判別結果「Yes」となる機会が訪れ、運動指標が告知、 Therefore, Wakere the running speed at least two stages, the determination result opportunity come to be "Yes", the announcement motion index in step Sb15,
表示されることとなる。 And it is displayed.

【0061】このような基礎処理および割込処理の実行により、図1において、スイッチ132が入力端子aを選択している機能構成によって実行される第2の機能が、すなわち、目標とする運動強度を表示する機能が、図2に示す内部構成によって、等価的に実行されることとなる。 [0061] exercise intensity by the execution of such basic processing and interrupt processing, in FIG. 1, a second function that is executed by the function configuration switch 132 selects the input terminal a, i.e., a target Show function, the internal structure shown in FIG. 2, so that the executed equivalently.

【0062】<1−5−3:第3の機能>次に、第3の機能(すなわち、被験者が実際に行なっている運動の強度を表示する機能)を実行する場合の動作について説明する。 [0062] <1-5-3: third function> Next, the third function (i.e., function to display the intensity of the exercise the subject is actually performed) will be described operation when running. 被験者がボタンスイッチ513を操作して、第3 The subject operates the button switch 513, the third
の機能を実行するためのモードに設定すると、図2におけるCPU201は、基礎処理を実行した後、図11 Setting function mode for performing, CPU 201 in FIG. 2, after executing the basic processing, FIG. 11
に示す割込処理を定期的に実行する。 Periodically executes an interrupt process shown in. なお、この場合の基礎処理は、図9に示した基礎処理と同内容である。 Incidentally, basic processing in this case is the same content as basic processing shown in FIG. すなわち、基礎処理は、運動強度の演算に必要な情報をセットするとともに、第3の機能を実行するためのモードに設定し、かつ、被験者が実際に運動を開始すると、割込処理の定期的実行を許可する処理である。 That is, basic process, as well as sets the information necessary for the calculation of exercise intensity was set to a mode for executing the third function, and, when the subject actually begins to exercise, regular interrupt processing it is a process that is allowed to run.

【0063】そこで、基礎処理の説明を省略し、割込処理の処理内容について図11を参照して説明する。 [0063] Therefore, omitting the explanation of the basic processing will be described with reference to FIG. 11 the processing contents of interrupt processing.
まず、CPU201は、ステップSc11において、被験者の拍数[拍/分]を求め、次に、ステップSc12 First, CPU 201, in step Sc11, obtains the number of beats of the subject [beats / min], then step Sc12
において、被験者の走行ピッチ[回/分]を求め、続いて、ステップSc131において、被験者の高度を検出した後、記憶するとともに、高度差を求め、ステップS In obtains the subject's running pitch [times / min], followed by, in step Sc131, after detecting the height of a subject, stores, calculated altitude difference, step S
c132において高度差の有無を判別する。 To determine the presence or absence of altitude difference in c132. そして、高度差があれば、CPU201は、ステップSc133において、第1テーブル1351および第2テーブル13 If there is altitude difference, CPU 201, in step Sc133, first table 1351 and the second table 13
52の双方を用いて、走行ピッチおよび高度差に応じて基準ストライドを修正し、求めた走行ピッチを乗じて走行速度を求める。 52 using both, to correct the reference stride in accordance with the running pitch and altitude difference, obtaining the running speed by multiplying the running pitch obtained. 一方、高度差がなければ、CPU20 On the other hand, if there is no height difference, CPU 20
1は、ステップSc134において、第1テーブル13 1, in step Sc134, the first table 13
51を用いて、走行ピッチのみに応じて基準ストライドを修正し、求めた走行ピッチを乗じて走行速度を求める。 51 was used to modify the reference stride in accordance with only the traveling pitches, obtains the running speed by multiplying the running pitch obtained. 以上のステップSc11、12、131〜134の処理は、上述した割込処理におけるステップSb1 Further processing of step Sc11,12,131~134, the step in the above-mentioned interrupt processing Sb1
1、12、131〜134と同様である。 1,12,131~134 is the same as that.

【0064】引き続いて、CPU201は、ステップS [0064] Then, CPU201 is, step S
c14において、直前ステップで求めた走行速度に対応する運動強度を演算して求める。 In c14, determined by calculating the exercise intensity corresponding to the running speed obtained in the previous step. この演算は、先のステップSb20と同様である。 This operation is similar to the previous step Sb20. そして、CPU201は、 Then, the CPU201,
ステップSb21において、求めた運動強度を表示部2 In step Sb21, displays the exercise intensity obtained 2
07により表示させる。 07 by the display. このようにして表示される運動強度は、被験者が実際に行なっている走行運動について、走行ピッチや高度差を考慮しつつ、割込処理の実行タイミングで求めたものである。 Exercise intensity displayed in this way, the running exercise the subject is actually performed, taking into account the running pitch and altitude difference, are extracted by the execution timing of the interrupt processing. また、この第3の機能によって求められる運動強度のサンプリング間隔は、 The sampling interval of the exercise intensity obtained by the third function,
割込処理の実行間隔である。 It is the execution interval of the interrupt processing.

【0065】このような基礎処理および割込処理の実行により、図1において、スイッチ132が入力端子bを選択している機能構成によって実行される第3の機能、すなわち、被験者が実際に行なっている運動の強度を表示する機能が、図2に示す内部構成によって、等価的に実行されることとなる。 [0065] By executing such a basic process and the interrupt processing in FIG. 1, the third function performed by the functional configuration switch 132 selects the input terminal b, i.e., the subject actually conducted function for displaying the intensity of the exercise there are, the internal structure shown in FIG. 2, so that the executed equivalently.

【0066】<1−5−4:第4の機能>次に、第4の機能(すなわち、被験者の行なっている運動の強度が、 [0066] <1-5-4: fourth function> Next, a fourth function (ie, the intensity of the exercise is being performed of the subject,
目標とする運動強度に対してどれだけ相違しているか表示する機能)を実行する場合の動作について説明する。 Operation when performing how much ability to display or are different) against exercise intensity a target will be described.
被験者がボタンスイッチ513を操作して、第4の機能を実行するためのモードに設定すると、図2におけるC Subject operates button switch 513, a setting of mode for carrying out the fourth function, C in FIG. 2
PU201は、図12に示す基礎処理を実行した後、 PU201, after executing the basic processing shown in FIG. 12,
図13に示す割込処理を定期的に実行する。 Periodically executes the interrupt processing shown in FIG. 13. なお、この基礎処理は、図7に示した基礎処理からステップSa2を除いた内容である。 Note that this basic process is the contents excluding the step Sa2 from basic processing shown in FIG. すなわち、第4の機能を実行する場合における基礎処理は、当該機能を実行するためのモードに設定し、かつ、被験者が実際に走行運動を開始すると、割込処理の定期的実行を許可する処理である。 That is, basic processing in the case of executing the fourth function sets the mode for executing the function, and starts the subject actually running exercise, allowing regular execution of interrupt processing process it is.

【0067】次に、割込処理の処理内容について図1 [0067] Next, the processing content of the interrupt processing Figure 1
3を参照して説明する。 3 with reference to the description. まず、CPU201は、ステップSd11において、被験者の拍数[拍/分]を求め、 First, CPU 201, in step Sd11, obtains the number of beats of the subject [beats / min],
続いて、ステップSd12において、被験者の走行ピッチ[回/分]を求める。 Subsequently, in step Sd12, we obtain the subject's running pitch [times / min]. この点においては、割込処理におけるステップSa12、13と同様である。 In this regard, the same as step Sa12,13 in interrupt processing. 続くステップSd13においてCPU201は、求めた拍数と走行ピッチとから次式によって度合Gを算出する。 In subsequent step Sd13 CPU 201 calculates the degree G and a number determined beat and the running pitch using the following equation. 度合G=(拍数−走行ピッチ)/走行ピッチ Degree G = (number of beats - traveling pitch) / running pitch

【0068】そして、ステップSd14においてCPU [0068] Then, CPU in step Sd14
201は、度合Gの値に応じた表示を表示部207に行なわせた後、次回の実行に備えるべく、今回の割込処理を終了する。 201, after performing the display in accordance with the value of the degree G on the display unit 207, to prepare for the next execution, and terminates the current interrupt processing. ここで求められる度合Gは、拍数と走行ピッチとの差が走行ピッチに占める割合を示すものであり、その値がゼロに近いほど、その時点での運動強度が、持久力を高めるためのトレーニングを行なう場合に適切な強度であることを示す。 Degree G obtained here are those showing the percentage difference between the pulse rate and running pitch occupied in the running pitch, the more the value is close to zero, the exercise intensity at that time, to enhance the endurance It indicates a proper strength when performing training. また、度合Gの符号がマイナスであれば、その時点での運動強度が、当該トレーニングを行なうには低いことを示す一方、度合Gの符号がプラスであれば、その時点での運動強度が、当該トレーニングを行なうには高いことを示す。 Further, if the sign is negative degree G, exercise intensity at that time, while exhibiting a low thing to do the training, if the sign is positive degree G, exercise intensity at that point, It shows high thing to do the training. このため、表示部207の表示内容は、例えば、図16に示すように、 Therefore, display contents of the display unit 207, for example, as shown in FIG. 16,
度合Gの符号とその値の大きさとが直感的に判るようなものが望ましい。 Those codes degree G and the magnitude of its value as seen intuitively desirable. これにより被験者が、現時点における運動強度(走行速度)が、持久力を高めるためのトレーニングを行なう場合の強度に比べて、適切であるか否かを知ることができ、さらに適切でなければ、当該トレーニング強度とするには、どれだけ、運動強度を増減しなければならないかについても定量的に知ることもできる。 Thus subjects, exercise intensity at present (running speed) is compared to the intensity in the case of performing training to increase endurance, it is possible to know whether it is appropriate, if not more appropriate, the to the training intensity, how much, it is also possible to know the quantitative also about what must be to increase or decrease the exercise intensity. なお、図16に示す表示例にあっては、上矢印が強度の増加を促し、下矢印が強度の減少を促し、矢印の個数が増減の程度を示す例である。 Incidentally, in the display example shown in FIG. 16, prompting the increase up arrow strength, prompting a reduction down arrow of strength, an example in which the number of arrows indicating the extent of increase or decrease. また、この場合、図示の例以外に種々の態様による表示のほか、視覚に限られず、音声合成、アラーム音の強弱などの聴覚や、振動による触覚など、他の感覚に訴える告知を行なう構成も考えられる。 In this case, in addition to the display in accordance with various aspects other than the illustrated example is not limited to visual speech synthesis, or hearing such intensity alarm sound, haptic due to vibration, even configuration for notification to appeal to other senses Conceivable.

【0069】このような基礎処理および割込処理の実行により、図1に示した機能構成によって実行される第4の機能、すなわち、現時点における運動強度が目標とする運動強度に対してどれだけ相違しているか告知・ [0069] By executing such a basic process and the interrupt processing, the fourth function performed by the functional configuration shown in FIG. 1, i.e., how much relative exercise intensity exercise intensity at the current time is the target difference either are announced,
表示する機能が、図2における内部構成によって、等価的かつ定期的に実行されることとなる。 Functions to be displayed, the internal configuration of FIG. 2, the equivalent and be regularly performed. また、この第4 In addition, the fourth
の機能を、各種競技会において実行すると、現時点における運動強度が、目標とする運動強度(すなわち、持続性運動を行なう場合に適切な強度)とどれだけ相違しているかが判明するので、以後のペース配分を決定するに際して客観的かつ重要な判断材料を得ることとなる。 Its features, running in various competitions, exercise intensity in the present time, exercise intensity of the target (i.e., adequate strength when performing a sustained exercise) so as how are different is found, subsequent and thus obtain the objective and significant decisions in determining the pace.

【0070】<1−5−5:第5の機能>次に、第5の機能(すなわち、現時点における運動強度に対して、目標としている運動強度に近づけるための指示を告知する機能)を実行する場合の動作について説明する。 [0070] <1-5-5: Fifth function> Next, execution fifth function (i.e., relative to exercise intensity at present, function to notify an instruction to close the exercise intensity is the goal) of a description will be given of the operation in the case of. 被験者がボタンスイッチ513を操作して、第5の機能を実行するためのモードに設定すると、図2におけるCPU2 Subject operates button switch 513, a setting of mode for carrying out the fifth function, CPU 2 in FIG. 2
01は、基礎処理を実行した後、図14に示す割込処理を定期的に実行する。 01, after executing the basic processing, periodically executes the interrupt processing shown in FIG. 14. なお、この場合の基礎処理は、図12に示した基礎処理と同内容である。 Incidentally, basic processing in this case is the same content as basic processing shown in FIG. 12. すなわち、第5の機能を実行する場合における基礎処理は、 That is, basic processing in the case of executing the fifth function,
当該機能を実行するためのモードに設定し、かつ、被験者が実際に走行運動を開始すると、割込処理の定期的実行を許可する処理である。 Set mode for executing the function, and starts the subject actually running exercise, it is a process that permits the regular execution of interrupt processing.

【0071】次に、割込処理の処理内容について図1 [0071] Next, the processing content of the interrupt processing Figure 1
4を参照して説明する。 4 with reference to the description. まず、CPU201は、ステップSe11において、被験者の拍数[拍/分]を求め、 First, CPU 201, in step Se11, obtains the number of beats of the subject [beats / min],
次に、ステップSe12において、被験者の走行ピッチ[回/分]を求め、続いて、ステップSe101において、被験者の高度を検出した後、記憶するとともに、高度差を求め、ステップSe102において高度差の有無を判別する。 Next, in step Se12, seeking subjects traveling pitch [times / min], followed by, in step SE 101, after detecting the height of a subject, stores, calculated altitude difference, whether the altitude difference in step Se102 to determine. そして、高度差があれば、CPU201 If there is height difference, CPU 201
は、ステップSe103において、第1テーブル135 In step Se103, first table 135
1および第2テーブル1352の双方を用いて、走行ピッチおよび高度差に応じて基準ストライドを修正し、求めた走行ピッチを乗じて走行速度を求める。 Using both the first and second table 1352, to correct the reference stride in accordance with the running pitch and altitude difference, obtaining the running speed by multiplying the running pitch obtained. 一方、高度差がなければ、CPU201は、ステップSe104において、第1テーブル1351を用いて、走行ピッチのみに応じて基準ストライドを修正し、求めた走行ピッチを乗じて走行速度を求める。 On the other hand, if there is no height difference, CPU 201, in step Se104, using the first table 1351, to correct the reference stride in accordance with only the traveling pitches, it obtains the running speed by multiplying the running pitch obtained. 以上のステップSc11、 More step Sc11,
12、131〜134の処理は、上述した割込処理におけるステップSb11、12、131〜134と同様である。 Processing 12,131~134 is the same as step Sb11,12,131~134 in the above-described interrupt processing.

【0072】次に、CPU201は、ステップSe10 [0072] Next, the CPU201, step Se10
5において、直前ステップで求めた走行速度が一定値(しきい値)以内であるか否か、あるいは、求めた高度差が正方向、すなわち、当該走行運動が登り勾配で行なわれた否かを判断する。 In 5, the traveling speed is a constant value determined in the previous step whether within (threshold), or altitude difference obtained is positive, i.e., whether or not the driving dynamics is carried out by gradient ascent to decide. ここで、判別結果が「Yes」 Here, the determination result is "Yes"
である場合、被験者が、現時点における走行運動の強度を、意識的に目標値に近づけようと努力している蓋然性が高い。 If it is, the subject is, the strength of the running exercise at the present time, consciously there is a high probability that an effort Chikazukeyo to the target value. このため、判別結果が「Yes」である場合、 Thus, if the determination result is "Yes",
CPU201は、次のステップSe13において、求めた拍数と走行ピッチとを比較する。 CPU201, in the next step Se13, and compares the number determined beat and the running pitch. そして、CPU20 Then, CPU20
1は、拍数が走行ピッチよりも小さければ、ステップS 1, if the number of beats is less than the running pitch, step S
e14において、ピッチを上昇すべき旨の指示を表示部207に行なわせ、また、拍数がピッチと略同一であれば、ステップSe15において、その走行状態を維持すべき旨の指示を表示部207に行なわせ、一方、拍数がピッチよりも大きければ、ステップSe16において、 In e14, was performed on the display unit 207 the instruction to increase the pitch, also if the number is substantially equal to the pitch beat, in step Se15, the display unit 207 the instruction to maintain the running state was carried out, whereas, if the number of beats is greater than the pitch, in step SE16,
ストライド(歩幅)を縮小すべき旨の指示を表示部20 Stride display unit 20 the instruction to reduce the (stride)
7に行なわせる。 It is performed by the 7. 一方、ステップSe105の判別結果が「No」である場合、当該走行運動が下り勾配であって、かつ、一定値以上の走行速度で行なわれたこと、すなわち、被験者が無意識のうちに走行速度超過による運動強度過大の状態に陥って、適正な運動ができていない蓋然性が高い。 On the other hand, if the decision in Step Se105 is "No", the driving dynamics is a descending slope, and it took place at more than a certain value of the running speed, i.e., the subject is traveling overspeed unconsciously fallen into a state of exercise intensity excessive by, there is a high probability you're not a proper exercise. このため、ステップSe105の判別結果が「No」である場合、CPU201は、ステップS Therefore, if the decision in Step Se105 is "No", CPU 201, the step S
e16において、ストライドを縮小すべき旨の指示を表示部207に行なわせて、その旨あるいは走行速度を抑える旨を告知する。 In e16, and to perform the display unit 207 the instruction to reduce the stride, announces that suppress that effect or running speed. そして、CPU201は、ステップSe14〜16のいずれかの告知を行なった後、次回の実行に備えるべく、今回の割込処理を終了する。 Then, CPU 201, after performing any announcements step Se14~16, to prepare for the next execution, and terminates the current interrupt processing.

【0073】ところで、拍数が走行ピッチよりも小さい場合とは、図3(a)を参照しても判るように、全身持久力を高めるためのトレーニングを行なうには走行速度が低く、強度が過小である場合をいう。 By the way, as for the number of beats is less than the running pitch, as can be seen with reference to FIG. 3 (a), to perform the training for increasing endurance has low running speed, strength refers to the case is too small. このため、被験者に対し、運動強度のアップを促す告知を行なう必要があるが、それには、1ピッチあたりの運動量(すなわち、ストライド)を拡大すべき旨の指示、走行ピッチを上昇すべき旨の指示、高度について上昇すべき旨の指示、および、これらを任意に組み合わせた指示が考えられる。 Therefore, with respect to the subject, it is necessary to perform a notification to urge the up exercise intensity, to, momentum per pitch (i.e., stride) to the effect that a larger instruction, to the effect that increasing the running pitch instruction, instruction to increase the altitude, and, instructions any combination of these can be considered. 反対に、拍数が走行ピッチよりも大きい場合とは、同図を参照しても判るように、全身持久力を高めるためのトレーニングを行なうには走行速度が高く、強度が過大である場合をいう。 Conversely, the case number of beats is greater than the running pitch, as can be seen with reference to the figure, high speed to perform the training for increasing endurance, where strength is excessive Say. このため、被験者に対し、運動強度のダウンを促す告知を行なう必要があるが、それには、1ピッチあたりの運動量を縮小すべき旨の指示、 Therefore, with respect to the subject, it is necessary to perform a notification to urge the down exercise intensity, to, instruction to reduce the movement amount per one pitch,
走行ピッチを減少すべき旨の指示、高度について下降すべき旨の指示、および、これらを任意に組み合わせた指示が考えられる。 Instruction to reduce the travel pitch instruction to lowering the altitude, and, instructions any combination of these can be considered.

【0074】本実施形態では、運動の形態を広い意味での走行としていることとの関係上、一般的な走行運動の特性について検討してみると、ストライドを拡大すれば、走行速度が高まり、運動強度はアップするが、筋肉疲労が発生し始める一方、拍数が下降する傾向にある。 [0074] In this embodiment, the relationship between the fact that the travel in a broad sense a form of exercise, and try to analyze the characteristics of a typical running exercise, by extension stride increases the travel speed, exercise intensity is up, but while the muscle fatigue begins to occur, there is a tendency that the number of beats is lowered.
また、走行ピッチを増加させると、これにしたがって拍数も上昇する傾向にある。 Also, increasing the running pitch, which beats in accordance also tends to increase. くわえて、同図を参照しても判るように、走行速度が高い領域における走行ピッチは、走行速度の速度に上昇に比べると、それほど変化していない。 In addition, as understood with reference to the figure, the running pitch speed is in a high region, compared to increasing the speed of the running speed does not change much. これは、走行速度の低い領域では、走行速度のアップが、主に走行ピッチの上昇による行なわれるが、走行速度の高い領域では、主にストライドの拡大により行なわれることを意味する。 This is because the low traveling speed range, the running speed of up is carried out due to an increase in the main traveling pitch, in the high speed region, meaning that is mainly performed by the expansion of the stride. さらに、走行速度が低い領域における拍数は、走行ピッチの上昇に比べると、 Furthermore, the number of beats running speed at low region, compared to the increase in the running pitch,
その変動が激しい。 The fluctuation is fierce. また、走行運動においては、適当な勾配が常に存在するとは限らない。 In the vehicle dynamics, not necessarily the appropriate slope is always present.

【0075】以上を踏まえた結果、本実施形態では、拍数が走行ピッチよりも小さい場合、走行ピッチを上昇すべき旨の指示を行なって、筋肉疲労を発生させることなく、被験者の走行速度を高めて、運動強度のアップを図ることとする一方、拍数が走行ピッチよりも大きい場合、ストライドを縮小すべき旨の指示を行なって、拍数を下げつつ、走行速度を落として、運動強度のダウンを図ることとした。 [0075] The above results in light, in the present embodiment, when the number of beats is less than the running pitch, perform the instruction to increase the running pitch, without causing muscle fatigue, the traveling speed of the subject enhance, if while the possible to up exercise intensity, number of beats is greater than the running pitch, perform the instruction to reduce the stride, while reducing the number of beats, dropped the travel speed, exercise intensity it was decided to reduce the down. なお、拍数が走行ピッチと互いに同期する場合は、その走行速度に対応する運動強度が持続性運動を行なうためのトレーニング強度として適切であることを示すから、その走行状態を維持すべき旨の指示を行なうこととした。 Incidentally, if the number of beats are synchronized with each other and running pitch, since shows that is suitable as a training intensity for exercise intensity corresponding to the running speed makes a sustained exercise, the effect should maintain its running state it was decided to carry out the instructions. この場合も、拍数と走行ピッチとは、測定誤差を考慮すれば、完全に同期する必要はなく、両者の差が例えば±10%の範囲内であれば、両者が同期しているとみなして良い。 Again, the pulse rate and running pitch, if considering measurement error, not completely necessary to synchronize, as long as it is within the range difference between the two is, for example, ± 10%, considered as both are synchronized in may. また、本発明にあっては、本実施形態のような判断によらないで、1ピッチあたりの運動量ストライド、運動ピッチ、高度差に関する指示を、適宜組み合わせるようにしても良い。 Further, in the present invention, without depending on the determination, such as in this embodiment, the momentum stride per pitch, exercise pitch, an indication of altitude difference, may be combined as appropriate.

【0076】このように、基礎処理および割込処理の実行により、図1に示した機能構成によって実行される第5の機能、すなわち、現時点における運動強度に対して、目標としている運動強度に近づけるための指示を告知する機能が、図2における内部構成によって、等価的かつ定期的に実行されることとなる。 [0076] By this way, the execution of basic processing and interrupt processing, a fifth function to be executed by the functional configuration shown in FIG. 1, i.e., closer against exercise intensity at the current time, the exercise intensity is the goal function for notifying the instruction for is the internal structure of FIG. 2, the equivalent and be regularly performed. このため、被験者は、第5の機能を実行による指示内容にしたがって、 Therefore, the subject in accordance with the instruction content by the execution of a fifth function,
走行運動を行なえば、目標としている運動強度、すなわち、持続性運動を行なう場合に最適な強度に容易に達することができる。 By performing the running exercise, exercise intensity is the goal, that is, it is possible to reach easily the optimum strength in the case of a sustained exercise. なお、目標としている運動強度に近づけるための指示は、この第5の機能のほか、例えば、上記第3の機能の実行時において現時点の運動強度が得られた場合に、その強度が、上記第2の機能により得られた目標運動強度と比較することでも可能である。 Note that an instruction to approximate exercise intensity is the goal, in addition to the fifth feature, for example, when the exercise intensity current during execution of the third function is obtained, its intensity, the first by comparing the target exercise intensity obtained by the second function it is also possible.

【0077】<1−5−6:第6の機能>次に、第6の機能(すなわち、第2の機能によって求められた運動強度が月日レベルの時間経過とともにどのように進展しているかを示す機能)を実行する場合の動作について説明する。 [0077] <1-5-6: Sixth functionality> Next, functions of the sixth (i.e., exercise intensity obtained by the second function is progressing how over time of month level operation when executing a function) indicating the describing. 被験者がボタンスイッチ513を操作して、第6 The subject operates the button switch 513, sixth
の機能を実行するためのモードに設定すると、図2におけるCPU201は、第1に、前述したステップSb2 When set to a mode for performing the functions, CPU 201 in FIG. 2, the first, step mentioned above Sb2
1(図10参照)において記憶された運動強度をすべて読み出し、第2に、表示部207に対し、読み出した運動強度をy軸に、対応する日付をx軸にしてプロットして、2次元表示を行なわせるように制御する。 Read all 1 exercise intensity stored in (see FIG. 10), the second, to the display unit 207, the read exercise intensity on the y-axis, and plotting the corresponding date in the x-axis, two-dimensional display It controls to perform. ここで表示される運動強度は、その走行が行なわれたときに、拍数と走行ピッチとが同期する値であって、運動指標とされる値であり、トレーニングを積むことによって月日レベルで変動する性質を有するものである。 Exercise intensity displayed here, when the running is performed, a value speed and the travel pitch beats synchronized, a value which is motion index at month level by gaining training It has a property that varies. したがって、 Therefore,
このように、その運動強度を日付に対応して表示すると、被験者のトレーニング効果について、時間推移とともに知ることができる。 In this manner, when displayed corresponding to the exercise intensity to date, for the training effect of the subject, it is possible to know with the time change.

【0078】なお、以上の説明では、第1〜第6の機能をそれぞれ個別に実行する構成としたが、被験者が運動を開始した後、第1〜第6のすべての機能を、あるいは、被験者が選択した分の機能を実行する構成としても良い。 [0078] In the above description, a configuration for performing the first to sixth features them separately, after the subject has started movement, all the features of the first to sixth or, subject There may be configured to perform the selected minute function. 特に、第4および第5の機能は、処理内容が近似しているので、同時に実行することが望ましい。 In particular, the function of the fourth and fifth, since the processing contents are similar, it is desirable to run at the same time.

【0079】<1−5−7:通信機能>次に、本実施形態にかかる運動指標測定装置が、図6に示す外部機器と通信を行なって各種情報の授受を行なう場合の動作について説明する。 [0079] <1-5-7: Communication function> Next, the motion index measuring device according to the present embodiment, description will be given of the operation when transmitting and receiving various information by performing communication with the external device shown in FIG. 6 . まず、外部機器と通信を行なう場合、被験者は、装置本体500のコネクタ部503からコネクタピース504を取り外して、LED507およびフォトトランジスタ508を露出させ、外部機器の通信窓6 First, when performing communication with an external device, the subject, remove the connector piece 504 from connector 503 of the apparatus main body 500, to expose the LED507 and phototransistor 508, the communication window of the external device 6
06に対向させる。 06 to be opposed. 以下については、情報を外部機器に送信する送信機能と、外部機器から情報を受信する受信機能とに分けて説明する。 Below is a transmission function for transmitting information to an external device, it will be described separately and receiving function for receiving information from the external device.

【0080】<1−5−7−1:送信機能>LED50 [0080] <1-5-7-1: Transmission function> LED50
7およびフォトトランジスタ508を露出させ、外部機器の通信窓606に対向させた状態において、被験者等がボタンスイッチ513を操作して、送信機能を実行するためのモードに設定すると、図2におけるCPU20 7 and expose the photo-transistor 508, in a state of being opposed to the communication window 606 of the external device, the subject or the like by operating the button switch 513 to set the mode for executing the transmitting function, CPU 20 in FIG. 2
1は、第1の機能を実行した際のステップSa14において記憶された情報、すなわち、走行運動開始後の経過時間および高度差に対応付けられた拍数と走行ピッチとの情報を、I/Oインターフェイス209、および、外部機器の光インターフェイスを介し、機器本体600に送信する。 1, information stored in step Sa14 when executing the first function, namely, the information of the number of beats that is associated with the traveling pitches of the elapsed time and the altitude difference after traveling movement start, I / O interface 209 and, via the optical interface of the external device, and transmits to the device main body 600. このような光通信プロトコルとしては、Ir Such optical communications protocol, Ir
DA(Infrared Data Association)方式などを用いることができる。 Or the like can be used DA (Infrared Data Association) method.

【0081】このように、装置本体500から送信を行なうことで、外部機器では、被験者の拍数および走行ピッチが走行開始後の経過時間と走行経路の起伏とに応じて、どのように変化しているかを、被験者のみならず、 [0081] Thus, by performing transmission from the apparatus main body 500, the external device, in accordance with the undulations of the elapsed time and the travel route after starting traveling beats and a travel pitch of the subject, how changes or to have, not a subject only,
指導者や、医師等の第三者が客観的知ることができるとともに、それらの情報の蓄積や解析などが可能となる。 Leaders and, it is possible that a third party such as a physician to know objectively, it is possible, such as accumulation and analysis of such information.
また、装置本体500が送信した情報を、外部機器側で処理することにより、上記第2の機能(拍数および運動ピッチが互いに同期するポイントに相当する運動強度を目標とする運動強度として告知する機能)を、装置本体500側で処理する必要がなくなる。 Further, the information apparatus main body 500 transmits, by treatment with the external device, announces the exercise intensity corresponding to point the second function (number of beats and exercise pitch are synchronized with each other as an exercise intensity target functionality), it is not necessary to be processed by the apparatus main body 500 side. このような構成とすると、装置本体500側で行なうべき処理の負担を減らすことができる。 In such a configuration, it is possible to reduce the burden of processing to be performed by the apparatus main body 500 side. さらに、このような構成において、 Further, in such a configuration,
拍数および運動ピッチが互いに同期する条件を外部機器側で設定可能としても良い。 Number and exercise pitch beats may be set a condition for synchronized external device to each other. これにより、指導者や、医師等の第三者は、自己が設定した条件で、計測結果を判断することができ、装置本体500にすべての機能を集約する場合と比べて、より適切な情報の蓄積や解析などが可能となる。 Thus, and leaders, the third party such as a physician, the condition itself are set, measurement results can be determined, as compared with the case that aggregates all the functions in the apparatus main body 500, more appropriate information it is possible, such as the accumulation and analysis. なお、送信する情報は、これに限られず、例えば、ステップSb21において記憶された情報でも良い。 The information to be transmitted is not limited thereto, for example, it may be information stored in step Sb21. こうすると、上記第6の機能が外部機器において実行されることとなる。 In this way, so that the function of the sixth are performed in the external device.

【0082】<1−5−7−2:受信機能>一方、外部機器では、走行運動における目標値、例えば、走行ピッチなどが経過時間あるいは走行経路の起伏に応じて設定される。 [0082] <1-5-7-2: receiving function> On the other hand, in the external device, the target value in the driving dynamics, such as running pitch is set in accordance with the undulations of the elapsed time or travel route. 本実施形態にかかる運動指標測定装置は、外部機器で設定された目標値を受信し、被験者が実際に走行運動を開始した場合における目標値として用いる。 Motion index measuring apparatus according to the present embodiment receives a target value set in the external device, is used as a target value in a case that started the subject actually running exercise. 詳細には、LED507およびフォトトランジスタ508 In particular, LED507 and phototransistor 508
を、外部機器の通信窓606に対向させた状態において、被験者等がボタンスイッチ513を操作して、受信機能を実行するためのモードに設定すると、図2におけるCPU201は、外部機器に対してデータ要求を示す信号を、I/Oインターフェイス209、および、外部機器の光インターフェイスを介して送信する。 And in a state of being opposed to the communication window 606 of the external device, the subject or the like operates the button switch 513, a setting of mode for carrying out the receiving function, CPU 201 in FIG. 2, the data to the external device a signal indicating a request, I / O interface 209, and transmitted via the optical interface of the external device. これを受けて、外部機器の本体600は、設定された目標値となる情報を、外部機器の光インターフェイス、および、I In response to this, the main body 600 of the external device, the information comprising the set target value, the external device of the optical interface, and, I
/Oインターフェイス209を介して送信する。 / O interface 209 for transmission over the.

【0083】一方、装置本体500側で目標値となる情報が受信されると、CPU201は、受信した情報をR [0083] On the other hand, when the information as a target value in the apparatus main body 500 side is received, the information CPU201 is received R
AM203に一旦記憶させ、被験者が実際に走行を開始した際に、走行開始後の経過時間に対応する目標値を読み出して、被験者に告知する。 AM203 temporarily stored in, when the subject has actually started to run, reads the target value corresponding to the elapsed time after the start running, to notify the subject. この際、目標値が走行ピッチであれば、告知する目標値と、走行運動における実際の走行ピッチとが、どれだけ相違しているかについて、第4の機能のように、グレーディングして表示することとしても良い。 At this time, if the target value is the running pitch, and the target value for notifying the actual running pitch in the travel movement, about how much different, as in the fourth function, be displayed by grading it may be. これにより、被験者は、運動が長期間にわたる場合であっても、設定された通りの走行ピッチで走行運動を行なうことが可能となって、トレーニングや、競技会などにおいてペース作りに活用できる。 As a result, the subject, even if the exercise is over a long period of time, it is possible to perform the driving dynamics in the running pitch of the street that has been set, you can take advantage of training and, with the pace-making in such competitions. なお、本実施形態にあっては、通信機能を光通信で行なうこととしたが、こののほか、電波による無線通信やケーブルを介した有線通信など種々の態様が考えられる。 Incidentally, in the present embodiment, it is assumed that perform the communication function in the optical communication, the the addition, various aspects such as a wired communication via the wireless communication and cable according to radio waves contemplated.

【0084】このように本実施形態にかかる運動指標測定装置によれば、第1〜第6の機能や、通信機能を実行することが可能である。 [0084] According to the consuming exercise index measuring device in this embodiment, functions and the first to sixth, it is possible to perform the communication function. 特に、第2の機能を実行することにより、全身持久力を高めるための運動を行なう際の指標となるべき運動強度について、運動時における被験者の肉体的・精神的体力を総合的に考慮して求めることができ、また、第4の機能を実行することによって、現時点における運動強度が、全身持久力を高めるために行なうべき運動強度に対してどれだけ相違しているかを、 In particular, by executing the second function, the exercise intensity to be the index for performing exercise to increase endurance, comprehensively taking into account the physical and mental fitness of the subject during exercise it can be determined, also, by executing the fourth function, or exercise intensity at present time, and how much difference with respect to the exercise intensity should be performed in order to increase the endurance,
定量的に求めることもでき、さらに、第5の機能を実行することによって、現時点における運動強度を、目標としている運動強度に近づけるための指示を行なうことができる。 Can quantitatively determine that, further by performing a fifth feature, it is possible to instruct to approximate exercise intensity, the exercise intensity is targeted at the present time. しかも、いずれの機能においても、走行経路の起伏に伴うストライドの変動や高度差による位置エネルギーの変動を考慮しているので、運動指標たる強度をより正確に得られるとともに、運動を、平坦路やトレッドミルのような運動器具を用いないで、外の自由な場所で行なうことが可能となる。 Moreover, in any of the functions, since the consideration of the variation in potential energy due to the variation and altitude difference stride due to undulations of the travel path, with the resulting movement indicators serving strength more accurately, movement, Ya flat road without using the exercise equipment such as treadmills, it is possible to perform a free location outside. また、本実施形態にかかる運動指標測定装置において、第2の機能により求める運動指標を、走行速度と拍数との積や、走行ピッチと拍数との積、ストライドと拍数との積などのように、物理的指標と生理的指標との積によって、告知する構成とすれば、物理的指標と生理的指標とを総合的に評価することも可能となる。 Further, in such the motion index measuring apparatus in the present embodiment, a motion index obtained by the second function, and the product of the running speed and the number of beats, the product of the running pitch and pulse rate, etc. the product of stride and pulse rate as a by product of the physical index and the physiological index, with the configuration to notify, it is possible to comprehensively evaluate the physical index and the physiological index. 具体的には、同じコースを同じ時間でゴールしたとしても、体調によって生理的な指標が変化するので、物理的な指標との総合評価をすることになるのである。 Specifically, even if the goal of the same course at the same time, since the physiological index varies with the physical condition, it become possible to the overall evaluation of the physical index. すなわち、物理的指標と生理的指標とを一つの新たなる指標で評価できるのである。 That is, the the physical index and the physiological index can be evaluated in a New one index.

【0085】<1−6:第1実施形態の応用例、変形例>なお、上述した第1実施形態については、次のような応用例あるいは変形例がが可能である。 [0085] <1-6: Application of the first embodiment, Modification> As for the first embodiment described above is applicable examples or modified as the following is.

【0086】<1−6−1:構成についての応用例、変形例>被験者が走行運動を行なった場合に、補正されたストライドが、その時点での拍数と走行ピッチと結び付けられ、かつ、走行開始後の経過時間および高度差に対応付けて記憶されるように構成しても良い。 [0086] <1-6-1: Application Example of configuration, modification> when the subject performs the running motion, the corrected stride is linked with the running pitch and pulse rate at that time, and, travel after the start of the elapsed time and in association with the altitude difference may be configured to be stored. すなわち、 That is,
第1の機能を、走行開始後の拍数と走行ピッチと走行経路の起伏に加えて、補正されたストライドについても表示する機能とする構成としても良い。 The first function, in addition to the relief of the number of beats after the start running and running pitch and running path, may be configured to function also display the corrected stride. さらに、送信機能においては、補正されたストライドについても外部機器に送信しても良く、また、外部機器で走行運動における目標値として、ストライドについても経過時間に対応して設定可能とする一方、受信機能においては、これら設定されたストライドの情報を受信し、被験者が実際に走行運動を開始した場合における目標値として用いる構成としても良い。 Further, in the transmission function, it may be transmitted to the external device also corrected stride, also, as a target value in the driving dynamics in the external device, while enabling set corresponding to the elapsed time also stride, received in function, it receives information of the set stride may be configured for use as a target value in a case that started the subject actually running exercise.

【0087】また、第1実施形態にあっては、第1テーブル1351および第2テーブル1352の2つのテーブルを用いて、第2記憶部131に記憶された基準ストライドを補正する構成としたが、これに限られず、走行ピッチおよび高度差を引数(パラメータ)とする1つの2次元テーブルにより補正する構成としても良い。 [0087] Further, in the first embodiment, by using the two tables of the first table 1351 and the second table 1352, the reference stride stored in the second storage unit 131 has a configuration to correct, not limited to this and may be configured to be corrected by one two-dimensional table for the travel pitch and altitude difference between the argument (parameter). ただし、実際問題として、実測すべきストライドの条件にかかる組み合わせ(すなわち、走行ピッチと高度差との組み合わせ)が膨大となって、被験者の負担が増加する、 However, in practice, the combination according to the condition of the to be measured stride (i.e., the combination of a traveling pitch and altitude difference) becomes the enormous, subject burden increases,
といった欠点がある。 There is a drawback. 例えば、走行ピッチを5点、勾配を4点とすると、その組み合わせたる20点の各々についてストライドを実測しなければならない。 For example, five points the travel pitch and the 4-point the slope must actually measured stride for each of the combinations serving 20 points. しかし、第1実施形態のように2つのテーブルに分ければ、精度的には落ちるかもしれないが、ストライドの実測について、第1テーブル1351の作成時に5点、第2テーブル1352の作成時に4点の計9点で済ませることができ、被験者の負担を減らすことが可能となる。 However, if Wakere two tables as in the first embodiment, but might fall in accuracy, regarding the measured stride, 5 points when creating a first table 1351, 4 points when creating a second table 1352 it is possible to dispense with a total of nine points, it is possible to reduce the burden on the subject.

【0088】<1−6−2:形態についての他の例>上述した実施形態にあっては、運動指標測定装置の形態が腕時計構造であったが、本発明はこれに限られない。 [0088]: In the <1-6-2 Other examples for Form> the above-described embodiment, although the form of the motion indicator measurement device was wristwatch structure, the present invention is not limited thereto. そこで、本発明にかかる運動指標測定装置の形態についていくつか例を挙げて説明する。 Therefore, it is described by way of some examples of embodiment of such a motion index measuring apparatus in the present invention.

【0089】<1−6−2−1:ネックレス型>例えば、本発明にかかる運動指標測定装置を、図17に示すようなネックレスとすることが考えられる。 [0089] <1-6-2-1: necklace-type> for example, such a motion index measuring apparatus in the present invention, it is conceivable to necklace shown in FIG. 17. この図において、1601は、センサパッドであってスポンジ状の緩衝材などで構成される。 In this figure, 1601 is composed of sponge-like cushioning material a sensor pad. このセンサパッド1061の中には、脈波検出部101が皮膚面に接触するように取り付けられる。 Some of the sensor pad 1061 mounted such pulse wave detector 101 is in contact with the skin surface. したがって、このネックレスを首にかけると、脈波検出部101が首の後ろ側の皮膚に接触して脈波が測定されて、拍数が求められる。 Therefore, when applying the necklace around the neck, is measured pulse wave pulse wave detector 101 is in contact with the back of the skin of the neck, the number of beats is determined. また、同図中、 In addition, in the figure,
ブローチに似た中空部を有するケース1602には装置の主要部が組み込まれており、必要であれば、通信を行なうためのLEDや、フォトダイオードのほか、各種設定を行なうためのボタンスイッチなどが、図においてケース1602の裏面に設けられる(図示せず)。 The case 1602 having a hollow portion that is similar to broach incorporates the main part of the device, if necessary, LED and for communicating, another photodiode, such as a button switch for performing various settings , provided on a rear surface of the case 1602 in FIG. (not shown). さらに、脈波検出部101とケース1602とは、それぞれ鎖1603に取り付けられており、この鎖1603の中に埋め込まれたリード線(図示略)を介して電気的に接続されている。 Further, the pulse wave detector 101 and case 1602 are attached to each chain 1603 are electrically connected via the embedded lead in the chain 1603 (not shown).

【0090】<1−6−2−2:眼鏡型>他方、腕時計以外の形態例として、図18にような眼鏡と組み合わせることが考えられる。 [0090] <1-6-2-2: glasses-type> On the other hand, as example forms other than a wristwatch, it is conceivable to combine the eyeglasses as in Figure 18. この形態では装置本体が眼鏡フレームにおける左側の蔓1701に取り付けられており、 Apparatus main body in this embodiment is attached to the left side of the vine 1701 in the spectacle frame,
本体はさらにケース1702aとケース1702bとに分かれ、蔓1701内部に埋め込まれたリード線を介して接続されている。 Body further divided into a case 1702a and case 1702b, it is connected via a lead wire embedded therein vine 1701. なお、このリード線は蔓1701に沿って這わせるようにしても良い。 Incidentally, the lead wire may be made to crawl along the vine 1701.

【0091】ケース1702aにおいて、そのレンズ1 [0091] In the case 1702a, the lens 1
703側の側面の全面には液晶パネル1704が取り付けられ、さらに該側面の一端には鏡1705が所定の角度で固定されている。 The entire surface of the 703 side of the side the liquid crystal panel 1704 is mounted, further has a mirror 1705 on one end of the side surface is fixed at a predetermined angle. これに加え、ケース1702aには光源(図示略)を含む液晶パネル1704の駆動回路が組み込まれており、この光源から発射された光が液晶パネル1704を介して鏡1705で反射されて眼鏡のレンズ1703に投射される。 In addition, the case 1702a drive circuit is built in the liquid crystal panel 1704 including a light source (not shown), a lens of eyeglasses light emitted from the light source is reflected by the mirror 1705 through the liquid crystal panel 1704 1703 is projected. したがって、この形態ではレンズ1703が、図2における表示部207に相当することとなる。 Thus, the lens 1703 in this form becomes equivalent to the display unit 207 in FIG. 2. また、ケース1702bには装置の主要部が組み込まれており、必要であれば、通信を行なうためのLEDや、フォトダイオードのほか、各種設定を行なうためのボタンスイッチなどが設けられる。 Further, the case 1702b incorporates the main part of the device, if necessary, LED and for communicating, another photodiode, such as a button switch for performing various settings are provided. さらに、脈波検出部は、パッド1706に内蔵されており、 Furthermore, pulse wave detector is incorporated in the pad 1706,
これらパッド1706で耳朶を挟むことにより脈波検出部を耳へ固定するようになっている。 It is adapted to fix the pulse wave detection unit to the ear by these pads 1706 sandwich the earlobe.

【0092】<1−6−2−3:カード型>また、他の形態例として、図19に示すようなカード型が考えられる。 [0092] <1-6-2-3: Card type> As another embodiment, it can be considered the card type as shown in FIG. 19. このカード型装置は、被験者の左胸ポケットに収容されるものである。 The card device is intended to be housed in the left breast pocket of a subject. この形態における脈波検出部101 Pulse wave detector in this embodiment 101
は、カード表面に設けられる圧電マイクから構成され、 It is composed of a piezoelectric microphone which is provided on the card surface,
被験者の皮膚面側に対向して、被験者の鼓動を検出して拍数を検出するものである。 To face the skin surface of the subject, and detects the number of beats by detecting the heartbeat of the subject. このように脈波検出部10 In this way the pulse wave detection unit 10
1をマイク等で構成した場合、アラーム部208がアラーム音を発生させると、当該アラーム音を検出してしまうので、装置内部に設けられるCPU201は、アラーム音を発生させる際に、脈波検出部101による拍数検出を行なわないような処理が必要となる点に留意しなければならない。 Case where the 1 in microphone, the alarm unit 208 generates the alarm sound, so would detect the alarm sound, CPU 201 provided inside device, when generating the alarm sound, pulse wave detector processing is not performed beats detection by 101 must noted required.

【0093】<1−6−2−4:万歩計型>さらに、他の形態例として、図20(a)に示すような万歩計型が考えられる。 [0093] <1-6-2-4: pedometer type> Further, as another embodiment, it is conceivable pedometer type as shown in FIG. 20 (a). この万歩計の装置本体1900は、同図(b)に示すように、被験者の腰ベルトに取り付けられるものである。 Apparatus main body 1900 of this pedometer is shown in FIG. (B), is to be attached to the waist belt of the subject. この形態における脈波検出部101は、 Pulse wave detector 101 in this embodiment,
図5に示す腕時計型と同様に、被験者の左手人指し指の根元から第2指関節までの間に装着される。 Similar to the wristwatch type shown in FIG. 5, is mounted between the base of the subject's left index finger to the second finger joint. この際、装置本体1900と本体脈波検出部101とを結ぶケーブル501については、被験者の運動を妨げないように、 At this time, the cable 501 connecting the device main body 1900 and the main body pulse wave detector 101, so as not to interfere with the movement of the subject,
上着に縫い込むなどの対策を施すのが望ましい。 It is desirable to take measures, such as sewn into jacket.

【0094】<1−6−3:表示や告知などの態様>なお、上述した第1実施形態にあっては、第1〜第6の機能の実行結果をいずれも表示部207により表示する構成としたが、上述したように本発明はこれに限られない。 [0094] <1-6-3: aspects such as a display or notification> Note, in the first embodiment described above, and displays the first to sixth display section 207 either the execution result of the function of the structure and the, the present invention as described above is not limited to this. すなわち、視覚に頼った表示に限られず、種々の態様により告知可能である。 That is, not limited to the display relying on visual and can be notified by various aspects. その意味で本発明における告知とは、五感に訴えるものを意味する。 The notification in the present invention in this sense is one which appeals to the senses. 例えば、目標とする走行ピッチや、拍数等を振動などによる触覚に訴えて告知する構成としても良いし、また、告知すべき結果を音声合成による聴覚に訴えて告知する構成としても良い。 For example, the running pitch as a target, to the number of beats and the like may be configured to notify appealing to tactile by vibration, or may be configured to notify complaining result should be notified to the hearing by speech synthesis.

【0095】<2:第2実施形態>次に、本発明の第2 [0095] <2: Second Embodiment> Next, the second invention
の実施形態について説明する。 It is described embodiment. 上述した実施形態においては、走行運動におけるストライドを、走行ピッチおよび高度差(すなわち勾配)のみに応じて修正する構成としたが、ストライドは、これ以外に、走行運動における拍数に応じて変動する場合も考えられる。 In the embodiment described above, a stride in the running exercise, the running pitch and altitude difference (i.e., slope) has a configuration to correct only in accordance with, stride, in addition to this, vary depending on the number of beats in the running exercise If it is also conceivable. したがって、 Therefore,
この点において、第1実施形態では、ストライドが関与する演算結果が不正確となりやすい欠点を有する、といえる。 In this regard, in the first embodiment, the operation result of stride is involved has the disadvantage that tends to be inaccurate, and said. そこで、この第2実施形態は、ストライドを用いて演算を行なう場合には、走行ピッチおよび高度差のほか、拍数ピッチをも考慮して、第2記憶部131に記憶された基準ストライドを修正して、上記欠点を解消しようとするものである。 Therefore, the second embodiment, when performing calculation using the stride, in addition to the running pitch and altitude difference, taking into account also the beats pitch Fixed reference stride stored in the second storage unit 131 to, is intended to overcome the above drawbacks.

【0096】このため、第2実施形態にかかる運動指標測定装置の構成は、図23に示すようなものとなり、図1に示す第1実施形態の構成に対して第3テーブル13 [0096] Therefore, configuration of the motion indicator measurement device to the second embodiment, it is assumed as shown in FIG. 23, the third table 13 relative to the configuration of the first embodiment shown in FIG. 1
53を付加した構成となっている。 It has a configuration obtained by adding a 53. この第3テーブル1 The third table 1
353は、拍数と、基準ストライドに乗算するための第3補正係数との関係を予め記憶して、前者に対応する後者を出力するものである。 353, a number of beats, and previously stores the relationship between the third correction coefficient for multiplying a reference stride, and outputs the latter corresponding to the former.

【0097】ここで、第3テーブル1353の作成方法について説明する。 [0097] Here, how to create a third table 1353. この関係については、第1テーブル1351あるいは第2テーブル1352の関係と同様に、被験者毎に大きく異なると考えられるので、予め用意しておいた一般的な関係を、実測して求めた被験者自身の特性にあわせて編集して用いる必要がある。 This relationship is similar to the relationship between the first table 1351 or the second table 1352, it is considered that differs greatly for each subject, the subject itself a general relationship which had been prepared beforehand, was determined by actual measurement it is necessary to use to edit in accordance with the characteristics. まず、 First of all,
一般的な関係について検討してみると、拍数が増加するにしたがってストライドも短くなると考えられるから、 If we consider the general relationship, because the stride is also considered to be shorter as the number of beats increases,
予め用意しておく関係も、図24における実線で示すように、基準ピッチに対する割合が大きくなるにつれて、 As the relationship prepared in advance, as shown by the solid line in FIG. 24, the ratio with respect to the reference pitch is increased,
基準ストライドに乗算すべき第1係数が漸次小となるものであればよい。 First coefficient to be multiplied to the reference stride as long as it becomes gradually small. 次に、実線で示される関係を被験者の特性に合わせて、同図で破線で示すように、被験者自身の特性にあわせて編集する必要があるが、この編集は、 Next, the relationship indicated by the solid line in accordance with the characteristics of the subject, as indicated by broken lines in the figure, it is necessary to edit according to the characteristics of the subject's own, this editing,
たとえば、次のような方法で可能である。 For example, it is possible in the following way. すなわち、第1に、被験者は、平坦路において基準ピッチの走行運動を行なって、そのときの拍数(基準拍数)を検出し、第2に、例えば、10%ずつピッチを段階的に増加して走行し、各段階での拍数と実際のストライドとを実測し、 That is, first, the subject, increased by performing the travel motion of the reference pitch on a flat road, detects beats that time (reference beats), the second, for example, the pitch stepwise by 10% and traveling, actually measured the actual stride beats at each stage,
第3に、実測した拍数が基準拍数と比べてどの位の割合となるか、および、実測したストライドが基準ストライドと比べてどの位の割合となるかを求めておく。 Third, how much ratio level, or the number of beats actually measured is compared with the reference beat number, and, previously obtained whether actually measured stride is how much percentage as compared to the reference stride. 第4 4th
に、基準拍数に対する割合と基準ストライドに対する割合とをプロットするとともに、プロット間を補間して、 To, as well as plotting the ratio percentage and the reference stride with respect to the reference number of beats, by interpolating between the plot,
図24に示す波線で示すような特性を最終的に得る。 Obtain a characteristic as shown by a broken line shown in FIG. 24 finally. このうち、割合の算出、プロット、補間については、CP Of these, the calculated ratio of the plot, for interpolation, CP
U201に負わせることができ、また、得られた特性の記憶保管についてはRAM203に負わせることができるので、実質的にユーザに必要なのは、各段階における拍数とストライドの実測値とを操作部206を介して入力するだけで済ませることが可能である。 It can inflict on U201, also, because the storage storing the resulting properties can inflict on the RAM 203, necessary to substantially user operation and a measured value of the pulse rate and the stride at each stage unit 206 it is possible to dispense only enter through. なお、第3テーブル1353については、図2におけるRAM203 Note that the third table 1353, RAM 203 in FIG. 2
に相当する構成であるから、図2において実質的に付加する構成要素はない。 Since a corresponding configuration to the constituent elements that are substantially added in FIG. 2 is not.

【0098】実際に被験者が走行運動を行なって、RA [0098] In fact the subject is performing a running exercise, RA
M203に記憶された基準ストライドを用いて演算する場合において、高度差があれば、CPU201は、第1 In the case of operation using the reference stride stored in M203, if any altitude difference, CPU 201 may first
に、走行ピッチの基準ピッチに対する割合を求め、RA To obtain the ratio to the reference pitch of the running pitch, RA
M203に記憶された第1テーブル1351を参照して、その割合に対応する第1補正係数を読み出すとともに、第2テーブル1352を参照して、求めた高度差に対応する第2補正係数を読み出し、さらに、求めた拍数の基準拍数に対応する割合を求め、第3テーブル135 M203 with reference to the first table 1351 stored in, reads the first correction coefficient corresponding to the ratio, by referring to the second table 1352, reads the second correction coefficient corresponding to the altitude difference obtained, Moreover, it obtains a ratio corresponding to the reference number of beats beats determined, third table 135
3を参照して、その割合に対応する第3補正係数を読み出し、第2に、第2記憶部131に記憶された基準ストライドに、第1、第2および第3補正係数を乗じて、当該走行ピッチ、当該高度差および当該拍数に応じて基準ストライドを補正し、第3に、このストライドに対し、 3 See, reads a third correction coefficient corresponding to the ratio, the second, the reference stride stored in the second storage unit 131, multiplies the first, second and third correction coefficient, the running pitch, the corrected reference stride in accordance with the altitude difference and the number of the beat, the third, to the stride,
求めた走行ピッチを乗じて走行速度を求める。 Determining the traveling speed by multiplying the running pitch obtained. 一方、高度差がなければ、CPU201は、第1に、走行ピッチの基準ピッチに対する割合を求め、RAM203に記憶された第1テーブル1351を参照して、その割合に対応する第1補正係数を読み出すとともに、走行時拍数の基準拍数に対応する割合を求め、第3テーブル1353 On the other hand, if there is no height difference, CPU 201 is in the first, obtains the ratio of the reference pitch of the running pitch, with reference to the first table 1351 stored in the RAM 203, reads out the first correction coefficient corresponding to the ratio together, determine the ratio corresponding to the reference number of beats during running beats, third table 1353
を参照して、その割合に対応する第3補正係数を読み出し、第2に、第2記憶部131に記憶された基準ストライドに、第1および第3補正係数を乗じて、当該走行ピッチおよび当該拍数に応じて基準ストライドを補正し、 See, reads a third correction coefficient corresponding to the ratio, the second, the reference stride stored in the second storage unit 131, by multiplying the first and third correction coefficient, the running pitch and the It corrects the reference stride in accordance with the number of beats,
第3に、このストライドに対し、求めた走行ピッチを乗じて走行速度を求める。 Third, with respect to the stride to determine the running speed by multiplying the running pitch obtained. そして、運動強度は、このような走行速度から求められる。 The exercise intensity is determined from this speed. これにより、図23に示した機能構成が、図2に示した内部構成によって、等価的に実行されることとなる。 Thus, the functional configuration shown in FIG. 23, the internal configuration shown in FIG. 2, so that the executed equivalently.

【0099】このような第2実施形態によれば、走行運動においてピッチが変動しても、これに応じて基準ストライドが修正されるので、しかも、その修正は、被験者の特性に合わせて行なわれるので、ストライドを用いた演算をより正確に行なうことが可能となる。 [0099] According to the second embodiment, even if the pitch is changed in the running motion, the reference stride is corrected in response to this, moreover, the correction is performed in accordance with the characteristics of the subject since, it is possible to perform calculation using the stride more accurately.

【0100】なお、歩幅の修正については、上述した第1、第2あるいは第3テーブルにより補正する方法のほか、例えば、単に被験者がボタンスイッチ511、51 [0100] Note that the corrected stride, first, in addition to the method of correcting the second or third table described above, for example, simply subject button switch 511,51
2を押下して、入力された歩幅を手動で増減する方法も考えられる。 2 presses the method to increase or decrease manually stride input is also conceivable. さらに各テーブルの記憶内容は、走行ピッチ、高度差、拍数に対応する補正係数ではなくて、ストライドの値そのものとしても良い。 Further stored contents of each table, the running pitch, altitude difference, rather than the correction coefficient corresponding to the number of beats, may be a value itself stride.

【0101】なお、第2実施形態にあっては、第1テーブル1351、第2テーブル1352、および第3テーブル1353の3つのテーブルを用いて、第2記憶部1 [0102] Incidentally, in the second embodiment, the first table 1351, using the three tables of the second table 1352, and the third table 1353, a second storage unit 1
31に記憶された基準ストライドを補正する構成としたが、これに限られず、走行ピッチ、高度差および拍数を引数(パラメータ)とする1つの3次元テーブルにより補正する構成としても良い。 It is configured to correct the reference stride stored in 31 is not limited to this, the running pitch, may be configured to be corrected by one three-dimensional table to altitude differences and beats the argument (parameter). ただし、実際問題として、 However, as a practical matter,
実測すべきストライドの条件にかかる組み合わせ、すなわち、走行ピッチと高度差との組み合わせが膨大となって、被験者の負担が増加する、といった欠点は、第1実施形態の場合と同様に発生する欠点がある。 The combination according to the condition of the stride to be measured, i.e., become a huge combination of travel pitch and altitude difference is the subject of the burden is increased, the disadvantage, drawback which occurs in the same manner as in the first embodiment is there.

【0102】<3:その他>なお、上記第1および第2 [0102] <3: Other> It should be noted that the first and second
実施形態においては、被験者が行なう運動を走行としたが、本発明はこれに限られない。 In the embodiment, although the traveling motion the subject performed, the present invention is not limited thereto. 例えば、運動を水泳とし、走行ストライドに対応して、ひとかきの移動距離を入力し、ピッチに対応して単位時間あたりのかき数を検出することでも、同様な効果が得られる。 For example, exercise and swimming, in response to the running stride, and enter the moving distance of Hitokaki, also by detecting the oyster per unit time corresponding to the pitch, the same effects can be obtained. また、運動を台の昇降とし、1回あたりの上昇量を入力し、単位時間あたりの昇降段数を検出することでも、同様な効果が得られる。 Furthermore, exercise and lifting platform, enter the amount of increase per even by detecting the elevation number per unit time, the same effect can be obtained. 要するに本発明は、日常生活において通常行なう動作運動をも含んだ、一定リズムで行なう規則性運動のすべてにおいて、拍数と運動ピッチとが同期する運動強度を新たなる運動指標として提供することが可能となる。 In summary the present invention also contained a normal operation movement performed in everyday life, in all regularity exercise performed at a constant rhythm, can number and the motion pitch beat provided as a New motion index the exercise intensity to be synchronized to become.

【0103】 [0103]

【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、次のような効果がある。 According to the present invention as described in the foregoing, it has the following effects. 被験者の肉体的・精神的体力を総合的に考慮した運動強度であって、全身持久力を高めるために必要なトレーニングの強度を示す運動指標を、運動の種類や場所を問わないで、告知することが可能となる(請求項1、2、3、4、9) また、被験者のトレーニング結果がどのように変動しているかを時間推移とともに知ることが可能となる(請求項5)。 A comprehensive consideration to exercise intensity the physical and mental fitness of the subject, the movement indicator of the intensity of the training required in order to enhance the endurance, not whether the exercise of the type and location, notice to it becomes possible (claim 1,2,3,4,9) Further, it is possible to know fluctuates how the subject of the training results with time course (claim 5). さらに、被験者が実際に行なっている運動の強度を知ることが可能となる(請求項7)。 Furthermore, it is possible to know the intensity of exercise the subject is actually performed (claim 7). 運動強度について、被験者の位置エネルギーを考慮して求めるので、 For exercise intensity, so determined by taking into account the potential energy of the subject,
より正確となる(請求項6、8) 運動が走行運動である場合、歩幅について拍数、走行ピッチあるいは拍数のうち少なくとも1つ以上に応じて補正されるので、歩幅が関与する演算結果をより正確に求めることが可能となる(請求項10)。 If it is more accurate to become (claim 6,8) motion running exercise, the number of beats for stride, since it is corrected in accordance with at least one or more of the running pitch or pulse rate, a calculation result of stride is involved it is possible to determine more accurately (claim 10). ここで、歩幅については、平坦路を走行した場合には高度差については考慮されず、歩幅について拍数あるいは走行ピッチの少なくとも一方が考慮され、高度差を伴う勾配を走行した場合には、さらに、その高度差も考慮される(請求項1 Here, the step length, not considered for altitude difference when traveling on a flat road, at least one of pulse rate or running pitch for stride are considered, when traveling slope with altitude difference further , the altitude difference is also taken into account (claim 1
1)。 1). 被験者が下り勾配を走行している際に、無意識のうちに速度超過となって運動強度過大となるのが防止される(請求項12)。 When the subject is running on a downward slope, becoming the exercise intensity excessive can be prevented become overspeed unconsciously (claim 12). 持続性運動を行なう場合のトレーニング強度に、容易に達することが可能となり(請求項13)、達していなければ、具体的な指示を受けることができ、達していれば、その旨を知ることが可能となる(請求項14)。 Training intensity for performing sustained exercise, can be easily reached and becomes (claim 13), if not reached, can receive specific instructions, if reached, to know the fact It can become (claim 14). 外部機器と情報を送受信することで、 By sending and receiving information with external equipment,
測定結果を外部機器において解析したり、目標値を細かく設定することが可能となる(請求項15〜20)。 And analyze the measurement result in the external device, it is possible to finely set the target value (claim 15 to 20).

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明の第1実施形態にかかる運動指標測定装置の機能構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing the functional configuration of the motion indicator measurement device to a first embodiment of the present invention.

【図2】 同装置における電気的構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing an electrical configuration of the apparatus.

【図3】 (a)〜(c)は、それぞれ本発明の前提となる実験結果を示す図である。 [3] (a) ~ (c) are diagrams showing a prerequisite to become experimental results of the present invention, respectively.

【図4】 主観的運動強度の点数付けを説明するための図である。 4 is a diagram for explaining a scoring subjective exercise intensity.

【図5】 (a)〜(c)は、それぞれ同運動指標測定装置の外観構成を示す図である。 [5] (a) ~ (c) is a diagram showing the outline configuration of the motion indicator measurement device respectively.

【図6】 同運動指標測定装置と各種情報の授受を行なう外部機器の構成を示す図である。 6 is a diagram showing the configuration of an external device for transferring the same exercise index measuring device and the various types of information.

【図7】 同運動指標測定装置が実行する基礎処理を示すフローチャートである。 7 is a flowchart showing a basic process of the motion indicator measurement device executes.

【図8】 同運動指標測定装置が実行する割込処理を示すフローチャートである。 8 is a flowchart showing an interrupt processing that the motion indicator measurement device executes.

【図9】 同運動指標測定装置が実行する基礎処理あるいはを示すフローチャートである。 9 is a flowchart showing the basic processing or the motion indicator measurement device executes.

【図10】 同運動指標測定装置が実行する割込処理を示すフローチャートである。 10 is a flowchart showing an interrupt processing that the motion indicator measurement device executes.

【図11】 同運動指標測定装置が実行する割込処理を示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing an interrupt processing that the motion indicator measurement device executes.

【図12】 同運動指標測定装置が実行する基礎処理あるいはを示すフローチャートである。 12 is a flowchart showing the basic processing or the motion indicator measurement device executes.

【図13】 同運動指標測定装置が実行する割込処理を示すフローチャートである。 13 is a flowchart showing an interrupt processing that the motion indicator measurement device executes.

【図14】 同運動指標測定装置が実行する割込処理を示すフローチャートである。 14 is a flowchart showing an interrupt processing that the motion indicator measurement device executes.

【図15】 同運動指標測定装置における表示部の表示の一例を示す図である。 15 is a diagram showing an example of a display of the display unit in the same exercise index measuring device.

【図16】 同運動指標測定装置における表示部の表示の一例を示す図である。 16 is a diagram showing an example of a display of the display unit in the same exercise index measuring device.

【図17】 同装置をネックレス型とした場合の外観構成を示す図である。 17 is a diagram showing an external configuration of a case of a necklace-type of the same device.

【図18】 同装置を眼鏡型とした場合の外観構成を示す図である。 18 is a diagram showing an external configuration of a case where the same device as the eyeglass.

【図19】 同装置をポケットカードとした場合の外観構成を示す図である。 19 is a diagram showing an external configuration of a case where the same device as the pocket card.

【図20】 (a)は同装置を万歩計型とした場合の外観構成を示す図であり、(b)はそれが取り付けられた状態を示す図である。 [Figure 20 (a) is a diagram showing an external configuration when the pedometer type of the apparatus is a diagram showing a (b) a state in which it is attached.

【図21】 同実施形態における第1テーブルの内容を示す図である。 21 is a diagram showing the contents of the first table in the embodiment.

【図22】 同実施形態における第2テーブルの内容を示す図である。 22 is a diagram showing the contents of the second table in the embodiment.

【図23】 本発明の第2実施形態にかかる運動指標測定装置の機能構成を示すブロック図である。 FIG. 23 is a block diagram showing the functional configuration of the motion indicator measurement apparatus according to a second embodiment of the present invention.

【図24】 同実施形態における第3テーブルの内容を示す図である。 24 is a diagram showing the contents of the third table in the embodiment.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101……脈波検出部(拍数検出手段)、 111……体動検出部(ピッチ検出手段)、 121……第3記憶部(第3の記憶手段)、 122……判定部(判定手段)、 131……第2記憶部(第2の記憶手段)、 133……運動強度演算部(第1および第2の算出手段)、 134……第1記憶部(第1の記憶手段)、 1351〜1353……テーブル、136……補正部(135、136により補正手段)、 151……告知部(第1〜第5の告知手段)、 171……高度検出部(高度測定手段)、 173……高度差情報演算部(高度差情報算出手段)、 209……I/Oインターフェイス(通信手段) 101 ...... pulse wave detector (beat speed detecting means), 111 ...... body motion detecting unit (pitch detecting unit), 121 ...... third storage unit (third storage unit), 122 ...... determination section (determination means ), 131 ...... second storage section (second storage means), 133 ...... exercise intensity calculation section (first and second calculation means), 134 ...... first storage section (first storage means), 1351-1353 ...... table 136 ...... correction section (correction means by 135, 136), 151 ...... notification part (the first to fifth notifying means), 171 ...... altitude detecting unit (altitude measuring means), 173 ...... altitude difference information calculation unit (altitude difference information calculation means), 209 ...... I / O interface (communication unit)

Claims (20)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 被験者の拍数および運動ピッチが所定の範囲内で互いに同期するポイントを判定する過程と、 判定されたポイントに対応する運動強度を、被験者の高度差に応じて補正して求める過程とを備えることを特徴とする運動指標測定方法。 1. A number of beats and movement pitch of the subject and the process determines points to synchronize with each other within a predetermined range, the exercise intensity corresponding to the determined point is obtained by correcting depending on the altitude difference of the subject movement indicator measuring method characterized by comprising a process.
  2. 【請求項2】 被験者の拍数および運動ピッチが所定の範囲内で互いに同期するポイントを判定する判定手段と、 前記判定手段により判定されたポイントに対応する運動強度を、被験者の高度差に応じて補正して求める第1の算出手段と、 を具備することを特徴とする運動指標測定装置。 2. A determining means for points to synchronize with each other and the number motion pitch beats within a predetermined range of the subject, the exercise intensity corresponding to the point determined by the determining means, depending on the altitude difference of the subject be provided with a, a first calculating means for determining corrected Te motion index measuring device according to claim.
  3. 【請求項3】 請求項2記載の発明において、 被験者の拍数を検出する拍数検出手段と、 被験者の運動ピッチを検出するピッチ検出手段と、 被験者の高度を測定する高度測定手段と、 前記高度測定手段により測定された高度を所定時間毎に採取して、当該時間における高度差を求める高度差情報算出手段と、 前記第1の算出手段により求められた運動強度を運動指標として告知する第1の告知手段とを備えることを特徴とする運動指標測定装置。 3. A second aspect of the invention, the pulse rate detecting means for detecting the number of beats of the subject, and a pitch detecting means for detecting a movement pitch of the subject, and altitude measurement means for measuring the altitude of the subject, the were taken altitude measured by the altitude measurement means at every predetermined time, the announcing the altitude difference information calculation means for calculating the altitude difference in the time, the exercise intensity obtained by the first calculating means as a motion index motion index measuring device, characterized in that it comprises a first notification means.
  4. 【請求項4】 前記所定の範囲とは、検出された拍数および検出された運動ピッチの差が±10%以内の範囲であることを特徴とする請求項2または3記載の運動指標測定装置。 The method according to claim 4 wherein said predetermined range, according to claim 2, wherein the difference between the detected beat rate and detected motion pitch characterized in that it is a range within 10% ± motion index measuring device .
  5. 【請求項5】 請求項2または3記載の運動指標測定装置において、 前記第1の算出手段によって求められた運動強度を、時間と対応付けて記憶する第1の記憶手段と、 前記第1の記憶手段に記憶された内容を、時間の推移とともに告知する第2の告知手段とを備えることを特徴とする運動指標測定装置。 5. A motion index measuring apparatus according to claim 2 or 3, wherein the exercise intensity obtained by said first calculation means, a first storage means for storing in association with the time, the first the stored contents in the storage unit, the motion index measuring device, characterized in that it comprises a second notification means for notifying with transition of time.
  6. 【請求項6】 前記第1の算出手段は、運動強度について、被験者の高度差に伴う位置エネルギーによって補正して求めることを特徴とする請求項2または3記載の運動指標測定装置。 Wherein said first calculating means, for exercise intensity, exercise index measuring device according to claim 2 or 3, wherein the obtaining corrected by the potential energy due to the height difference of the subject.
  7. 【請求項7】 請求項2または3記載の運動指標測定装置において、 被験者の拍数あるいは運動ピッチから、対応する運動強度を求める第2の算出手段と、 前記第2の算出手段により求められた運動強度を告知する第3の告知手段とを具備することを特徴とする運動指標測定装置。 7. A motion index measuring apparatus according to claim 2 or 3, wherein the number of beats or movement pitch of the subject, and a second calculating means for determining the corresponding exercise intensity, obtained by the second calculating means motion index measuring apparatus characterized by comprising a third notifying means for notifying the exercise intensity.
  8. 【請求項8】 前記第2の算出手段は、運動強度について、被験者の高度差に伴う位置エネルギーによって補正して求めることを特徴とする請求項7記載の運動指標測定装置。 Wherein said second calculating means, for exercise intensity, exercise index measuring device according to claim 7, wherein the determining corrected by the potential energy due to the height difference of the subject.
  9. 【請求項9】 被験者が行なう運動は走行運動であって、 被験者の運動ピッチは、走行ピッチであることを特徴とする請求項2〜8いずれか記載の運動指標測定装置。 9. subjects performed exercise is a running exercise, exercise pitch of subjects, the motion index measuring device according to any one of claims 2-8, characterized in that the running pitch.
  10. 【請求項10】 請求項9記載の運動指標測定装置において、 被験者が走行運動する場合に、基準となる歩幅を予め記憶する第2の記憶手段を備え、 被験者の拍数、走行ピッチ、あるいは、高度差のうち、 10. A motion index measuring device according to claim 9, when the subject is running exercise, comprising a second storage means for previously storing a stride as a reference, the number of beats of the subject, the running pitch or, of altitude difference,
    少なくとも1つ以上の要因によって、前記第2の記憶手段に記憶された歩幅を補正する補正手段を備え、 前記第1または第2の算出手段は、前記補正手段により補正された歩幅を用いて、運動強度を求めることを特徴とする運動指標測定装置。 By at least one or more factors, wherein a correction means for correcting the stride stored in second storage means, said first and second calculating means uses the stride corrected by said correcting means, motion index measuring device and obtains the exercise intensity.
  11. 【請求項11】 前記補正手段は、 被験者の高度差が略ゼロであれば、被験者の拍数もしくは走行ピッチの少なくとも一方の要因に応じて、前記第2の記憶手段に記憶された歩幅を補正する一方、 被験者の高度差が略ゼロでなければ、当該高度差、および、被験者の拍数もしくは走行ピッチの少なくとも一方の要因に応じて、前記第2の記憶手段に記憶された歩幅を補正することを特徴とする請求項10記載の運動指標測定装置。 Wherein said correction means, if substantially zero altitude difference subject, in accordance with at least one of the factors of the number of beats or running pitch of the subject, correct the stride stored in the second storage means to one, unless substantially zero altitude difference subject, the altitude difference, and, in accordance with at least one of the factors of the number of beats or running pitch of the subject, to correct the stride stored in the second storage means motion index measuring apparatus according to claim 10, wherein a.
  12. 【請求項12】 請求項10または11記載の運動指標測定装置において、 被験者の高度差が負である場合であって、かつ、前記補正手段により補正された歩幅と被験者の前記ピッチ検出手段により検出された走行ピッチとの積がしきい値以上である場合に、その旨を告知する第4の告知手段を備えることを特徴とする運動指標測定装置。 12. The motion index measuring apparatus according to claim 10 or 11, wherein, in a case the difference in height of the subject is negative, and detected by the pitch detecting means for corrected stride and the subject by the correction means been if the product of the running pitch is equal to or greater than the threshold value, the motion index measuring device, characterized in that it comprises a fourth notification means for notifying to that effect.
  13. 【請求項13】 被験者の拍数を検出する拍数検出手段と、 被験者の運動ピッチを検出するピッチ検出手段と、 前記拍数検出手段によって検出された拍数および前記ピッチ検出手段によって検出された運動ピッチを比較する比較手段と、 前記比較手段による比較結果により、両者の差をなくす方向の運動指示を告知する第5の告知手段とを備えることを特徴とする運動指標測定装置。 13. A beat number detecting means for detecting the number of beats of the subject, and a pitch detecting means for detecting a movement pitch of the subject, detected by said pitch detecting means has been beat number and detected by the beat number detection means comparing means for comparing the motion pitch, the comparison result by the comparison means, the motion index measuring device, characterized in that it comprises a fifth notifying means for notifying the direction of movement instructions to eliminate the difference between the two.
  14. 【請求項14】 前記第5の告知手段は、前記比較手段による比較の結果、 検出された拍数が検出された運動ピッチを超えていれば、少なくとも、1ピッチあたりの運動量の縮小、運動ピッチの減少、あるいは、高度の下降を促す告知をし、 検出された拍数が検出された運動ピッチを超えていなければ、少なくとも、1ピッチあたりの運動量の拡大、運動ピッチの増加、あるいは、高度の上昇を促す告知をし、 検出された拍数が検出された運動ピッチと所定の範囲内で互いに同期していれば、現時点における運動状態を維持すべき旨を促す告知をすることを特徴とする請求項1 Notification means as claimed in claim 14 wherein said fifth comparison result by the comparison means, if beyond the motion pitch number of detected beats is detected, at least, reduced momentum per pitch, exercise pitch reduction, or a notification prompting a high degree of lowering, if the number of beats detected does not exceed the detected motion pitch, at least, expansion momentum per pitch, increased exercise pitch, or a high degree of and a notification prompting the rise, if synchronization with each other in the detected number of beats has is detected movement pitch and a predetermined range, characterized by an announcement urging that should be maintained motion state at the present time claim 1
    3記載の運動指標測定装置。 3 motion index measuring apparatus according.
  15. 【請求項15】 請求項3〜12いずれか記載の運動指標測定装置において、 外部機器との間で情報の授受を行なう通信手段を備えることを特徴とする運動指標測定装置。 15. A motion index measuring device according to any one of claims 3 to 12, the motion index measuring device, characterized in that it comprises a communication means for exchanging information with an external device.
  16. 【請求項16】 請求項15記載の運動指標測定装置において、 前記通信手段は、外部機器により設定された拍数、ピッチ、歩幅、あるいは、高度差を少なくとも1つ以上受信することを特徴とする運動指標測定装置。 16. The motion index measuring apparatus according to claim 15, wherein the communication means is characterized beats set by an external device, pitch, stride, or to receive at least one altitude difference motion index measuring device.
  17. 【請求項17】 請求項15記載の運動指標測定装置において、 少なくとも前記拍数検出手段によって検出された拍数、 The motion indicator measurement device 17. The method of claim 15, wherein, the number of beats detected by at least the number of beats detecting means,
    および、前記ピッチ検出手段によって検出されたピッチを時系列的に記憶する第3の記憶手段を備え、 前記通信手段は、前記第3の記憶手段の記憶されたデータを外部機器に送信することを特徴とする運動指標測定装置。 And, a third memory means for time-sequentially storing the pitch detected by said pitch detecting means, said communication means to transmit the stored data of the third storage means to an external device motion index measuring device according to claim.
  18. 【請求項18】 前記外部機器は、前記通信手段により送信された拍数およびピッチから、両者が互いに所定の範囲で同期するポイントを判定することを特徴とする請求項17記載の運動指標測定装置。 18. The method of claim 17, wherein the external device, from said transmitted beats and pitches by the communication means, the motion index measuring apparatus according to claim 17, wherein determining the point at which both are synchronized in a predetermined range from each other .
  19. 【請求項19】 前記外部機器は、所定の範囲を設定可能とすることを特徴とする請求項18記載の運動指標測定装置。 19. The external device is, the motion index measuring apparatus according to claim 18, wherein the enabling setting a predetermined range.
  20. 【請求項20】 前記第3の記憶手段は、前記拍数検出手段によって検出された拍数、および、前記ピッチ検出手段によって検出されたピッチのほか、少なくとも、前記補正手段によって補正された歩幅、あるいは、前記高度差情報算出手段により求められた高度差の一方も時系列的に記憶することを特徴とする請求項17記載の運動指標測定装置。 20. The method of claim 19, wherein the third storage means, the number of beats detected by the beat number detection unit, and, in addition to the pitch detected by said pitch detecting means, at least, stride corrected by said correcting means, Alternatively, the exercise index measuring device according to claim 17, wherein the time series stored even one altitude difference obtained by altitude difference information calculation unit.
JP9102185A 1997-04-18 1997-04-18 Motional index measuring method and device Withdrawn JPH10290854A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9102185A JPH10290854A (en) 1997-04-18 1997-04-18 Motional index measuring method and device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9102185A JPH10290854A (en) 1997-04-18 1997-04-18 Motional index measuring method and device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10290854A true JPH10290854A (en) 1998-11-04

Family

ID=14320617

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9102185A Withdrawn JPH10290854A (en) 1997-04-18 1997-04-18 Motional index measuring method and device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10290854A (en)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006175240A (en) * 2006-02-01 2006-07-06 Asics Corp Athletic ability diagnostic system
JP2008220517A (en) * 2007-03-09 2008-09-25 Kitsusei Comtec Kk Calorie consumption calculation method and portable calorie consumption measuring instrument
JP2010502368A (en) * 2006-09-07 2010-01-28 ナイキ インコーポレーティッド Athletic performance sensing and / or tracking system and method
JP2011067664A (en) * 2004-05-31 2011-04-07 Nike Inc Method and apparatus for providing training information with audible content
JP2011087794A (en) * 2009-10-23 2011-05-06 Sony Corp Motion-related operation device and method, program, and motion-related reproduction system
JP2013188279A (en) * 2012-03-13 2013-09-26 Casio Computer Co Ltd Human body information collecting apparatus
US8923998B2 (en) 2001-02-20 2014-12-30 Adidas Ag Performance monitoring and audio playback apparatuses and methods
JP2015181553A (en) * 2014-03-20 2015-10-22 カシオ計算機株式会社 Information processing equipment, information processing method, and program
WO2016039241A1 (en) * 2014-09-10 2016-03-17 学校法人同志社 Method for estimating running intensity favorable for training and running assistance device
US9675866B2 (en) 2005-11-16 2017-06-13 Sony Corporation Movement supporting method and apparatus
US9747572B2 (en) 2013-03-21 2017-08-29 Casio Computer Co., Ltd. Exercise support device, exercise support method, and exercise support program
JP2018051138A (en) * 2016-09-30 2018-04-05 オムロン株式会社 Exercise instruction device, system, method and program
JP2018094402A (en) * 2016-12-12 2018-06-21 ザ・スウォッチ・グループ・リサーチ・アンド・ディベロップメント・リミテッド Method of detecting and calculating height of jump

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8923998B2 (en) 2001-02-20 2014-12-30 Adidas Ag Performance monitoring and audio playback apparatuses and methods
US8188877B2 (en) 2004-05-31 2012-05-29 Nike, Inc. Audible or visual content with athletic training information
JP2011067664A (en) * 2004-05-31 2011-04-07 Nike Inc Method and apparatus for providing training information with audible content
US8502693B2 (en) 2004-05-31 2013-08-06 Nike, Inc. Providing athletic training information
US8013754B2 (en) 2004-05-31 2011-09-06 Nike Inc. Methods and systems for providing audible content with training information
US9675866B2 (en) 2005-11-16 2017-06-13 Sony Corporation Movement supporting method and apparatus
JP4523919B2 (en) * 2006-02-01 2010-08-11 株式会社アシックス Athletic ability diagnosis system
JP2006175240A (en) * 2006-02-01 2006-07-06 Asics Corp Athletic ability diagnostic system
JP2010502368A (en) * 2006-09-07 2010-01-28 ナイキ インコーポレーティッド Athletic performance sensing and / or tracking system and method
JP2008220517A (en) * 2007-03-09 2008-09-25 Kitsusei Comtec Kk Calorie consumption calculation method and portable calorie consumption measuring instrument
JP2011087794A (en) * 2009-10-23 2011-05-06 Sony Corp Motion-related operation device and method, program, and motion-related reproduction system
JP2013188279A (en) * 2012-03-13 2013-09-26 Casio Computer Co Ltd Human body information collecting apparatus
US9747572B2 (en) 2013-03-21 2017-08-29 Casio Computer Co., Ltd. Exercise support device, exercise support method, and exercise support program
JP2015181553A (en) * 2014-03-20 2015-10-22 カシオ計算機株式会社 Information processing equipment, information processing method, and program
WO2016039241A1 (en) * 2014-09-10 2016-03-17 学校法人同志社 Method for estimating running intensity favorable for training and running assistance device
JP2018051138A (en) * 2016-09-30 2018-04-05 オムロン株式会社 Exercise instruction device, system, method and program
JP2018094402A (en) * 2016-12-12 2018-06-21 ザ・スウォッチ・グループ・リサーチ・アンド・ディベロップメント・リミテッド Method of detecting and calculating height of jump

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Eng et al. Functional walk tests in individuals with stroke: relation to perceived exertion and myocardial exertion
US9384324B2 (en) Metabolic monitoring, a method and apparatus for indicating a health-related condition of a subject
US9579048B2 (en) Activity monitoring system with haptic feedback
DE69725095T2 (en) Mounting device for predetermined movements
US10216893B2 (en) Multimode sensor devices
US20140031703A1 (en) Athletic monitoring
US20150182164A1 (en) Wearable ring for sleep monitoring
EP1369082A2 (en) Physical activity measurement apparatus
JP3564482B2 (en) Exercise intensity measuring device
US7648463B1 (en) Monitoring device, method and system
JP3931895B2 (en) Biological information display device
US6095984A (en) Arrhythmia detecting apparatus
US6808473B2 (en) Exercise promotion device, and exercise promotion method employing the same
EP1618842A1 (en) Medical information detection apparatus and health management system using the medical information detection apparatus
EP1030281A1 (en) Exercise support instrument
US20110165998A1 (en) Method For Monitoring Exercise, And Apparatus And System Thereof
US7462151B2 (en) Method and apparatus for facilitating physiological coherence and autonomic balance
US10182726B2 (en) Device for physiological monitoring and measurement
EP1455649B1 (en) A detector unit and a method for measuring and evaluating forces exerted on a human body
US7163512B1 (en) Method and apparatus for facilitating physiological coherence and autonomic balance
US6605044B2 (en) Caloric exercise monitor
US20110131005A1 (en) Mobile recording apparatus, body movement measuring apparatus, information processing apparatus, movement pattern determining apparatus, activity amount calculating apparatus, recording method, body movement measuring method, information processing method, movement pattern determining method, activity amount calculating met
US20060079794A1 (en) Monitoring device, method and system
US6852069B2 (en) Method and system for automatically evaluating physical health state using a game
US5976083A (en) Portable aerobic fitness monitor for walking and running

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060627

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20060828