JPH10280542A - 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造 - Google Patents

鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造

Info

Publication number
JPH10280542A
JPH10280542A JP9675897A JP9675897A JPH10280542A JP H10280542 A JPH10280542 A JP H10280542A JP 9675897 A JP9675897 A JP 9675897A JP 9675897 A JP9675897 A JP 9675897A JP H10280542 A JPH10280542 A JP H10280542A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reinforced concrete
column
concrete column
joint
steel beam
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9675897A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Nishihara
寛 西原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ando Corp
Original Assignee
Ando Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ando Corp filed Critical Ando Corp
Priority to JP9675897A priority Critical patent/JPH10280542A/ja
Publication of JPH10280542A publication Critical patent/JPH10280542A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 RC柱とS梁との柱梁接合部の構造を簡単に
し、現場組込み作業の効率を向上させる。 【解決手段】 鉄骨梁2が鉄筋コンクリート柱1内を貫
通して鉄骨梁2と鉄筋コンクリート柱1とが交差接合す
る鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造におい
て、鉄骨梁2の梁端の下フランジ2bに鉄筋コンクリー
ト柱1から突出した柱主筋6の先端をナット締着させる
ことで、鉄骨梁2を所定交差位置に位置決めする。さら
に鉄骨梁2の交差角に一致した交差角を有する交差ガセ
ットプレート3によって鉄筋コンクリート柱1内に位置
する鉄骨梁端同士を連結する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は鉄筋コンクリート柱
と鉄骨梁との接合部構造に係り、特に鉄骨梁の接合部の
構造を簡易な形状として現場組込時の作業性の効率を向
上させた鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造に
関する。
【0002】
【従来の技術】構造物本体の軽量化、個々の構造部材の
スリム化、架構組立時の省力化を図るために、鉄筋コン
クリート柱(以下、RC柱と記す。)と鉄骨梁(以下、
S梁と記す。)とを組み合わせた混合構造による建築構
造物が種々提案されている。出願人もこの種の建築構造
物に用いるために、既に図10、図11に示したような
RC柱とS梁との接合部構造を開発し、提案している
(特開平7−207754号、特開平7−207755
号公報参照)。
【0003】図10は、S梁52がRC柱51内を貫通
してS梁52とRC柱51とが交差接合される接合部構
造を示している。S梁52の上下フランジ52a、52
bの外面には補強プレート54で補剛された柱内支圧プ
レート53Aが固着されている。この柱内支圧プレート
53Aは、図示したように平面視して□形状をなし、そ
の全体がRC柱51内に埋設されるようになっている。
さらに柱内支圧プレート53Aと略同一面を形成するよ
うに上下フランジ52a、52bの内面とS梁52のウ
ェブ52cとに挟まれた部分にウェブ支圧プレート53
Bが固着されている。柱梁接合部をこのような構成にす
ることにより、接合部パネルの柱コンクリートの支圧耐
力を向上させることができる。なお、柱主筋55は柱内
支圧プレート53A及びS梁52を避けた位置にまとめ
て配筋されている。
【0004】図11に示した柱梁接合部にはS梁52と
RC柱51とが交差接合される部位に、RC柱51の柱
断面寸法とほぼ等しい角筒形状をなして上下面がダイア
フラム64で補剛された塞ぎ板63で囲まれた鋼製ボッ
クス接合部65が示されている。鋼製ボックス接合部6
3の側面の所定位置にはS梁52のウェブ端面52c
が、ダイアフラム端部にはS梁52の上下フランジ52
a、52bがそれぞれ剛接合されている。この柱梁接合
部によれば、施工性を向上させることができるととも
に、接合部パネルのせん断耐力を増加させることができ
る。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上述したような柱梁接
合部では、接合部パネルに発生する応力を低減するため
に支圧プレートやダイヤフラム、塞ぎ板が取り付けられ
ている。これらの柱梁接合部は支圧プレートやダイヤフ
ラムを取り付けた状態まで工場製作される。柱梁接合部
全体を工場で製作し、さらに大きなユニットを現場まで
搬入するので、コスト的にも問題がある。また、図11
に示したような鋼製ボックス接合部65を構成する塞ぎ
板63とダイヤフラムが大がかりなため、現場組込み時
の作業効率が悪いという問題がある。また鋼材の組込み
位置によっては柱主筋の納まりに問題が生じる。例え
ば、柱主筋の配筋位置が柱隅部等に限定されたり、場合
によっては必要な鉄筋量が確保できないおそれもある。
また梁端部をユニット化するため、柱梁接合部の形状の
変化に対する適応性が低いという問題もある。
【0006】そこで、本発明の目的は上述した従来の技
術が有する問題点を解消し、工場製作が容易で現場組込
み時に高い作業性が得られる鉄筋コンクリート柱と鉄骨
梁との接合部構造を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明は鉄骨梁が鉄筋コンクリート柱内を貫通して
前記鉄骨梁と鉄筋コンクリート柱とが交差接合される鉄
筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造において、前
記鉄骨梁は、梁端の下フランジに前記鉄筋コンクリート
柱から突出した柱主筋先端を固着させることで、所定交
差位置に位置決めされるとともに、前記鉄骨梁の交差角
に一致した交差角を有する交差ガセットプレートによっ
て前記鉄筋コンクリート柱内に位置する前記梁端が連結
されるようにしたことを特徴とする。
【0008】このとき前記柱主筋はネジ鉄筋であり、前
記梁端の下フランジにナット締着することが好ましい。
【0009】また、鉄骨梁が鉄筋コンクリート柱内を貫
通して前記鉄骨梁と鉄筋コンクリート柱とが交差接合さ
れる鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造におい
て、前記鉄骨梁は、梁端の下フランジに前記鉄筋コンク
リート柱から突出した柱主筋先端を固着させることで、
所定交差位置に位置決めされるとともに、前記鉄骨梁の
フランジ位置に端部が定着された引張部材によって前記
鉄筋コンクリート柱内で対向した前記梁端同士が連結さ
れるようにしたことを特徴とする。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の鉄筋コンクリート
柱と鉄骨梁との接合部構造の一実施の形態について、添
付図面を参照して説明する。図1には既に構築されてい
る下層のRC柱1上にS梁2が組み込まれた接合部構造
が示されている。この柱梁接合部はRC柱1に直交して
梁端が集まる4本の単材のS梁2、2…と、このS梁2
のウェブ2cに取り付けられた十字交差ガセットプレー
ト3とからなる。図1に示したように、十字交差ガセッ
トプレート3は所定厚さの鋼板を平面視してS梁2の交
差角に等しい十字形をなすように組み立てたもので、R
C柱1上に載置されたS梁2の梁端位置の各ウェブ2c
にハイテンションボルト4によってボルト接合されてい
る。
【0011】S梁2が配置される端部位置の柱主筋には
ネジ鉄筋6が採用されており、S梁2の下側フランジ2
bに形成された取付孔にその上端部分がナット6aで締
着されている。さらにS梁2の上側フランジ2aにはS
梁2より上層の柱主筋となるネジ鉄筋7の下端がナット
7aで締着されている。RC柱1の隅部及び図示を省略
したその他の柱主筋9には通常の異形棒鋼が使用されて
いる。このようにS梁2が配置される位置では本来、上
下方向に配筋されるべき柱主筋はS梁2の上下フランジ
2a、2b間で省略されている、この部分での柱主筋の
引張負担分を補うためにS梁2の上下フランジ2a間に
は所定厚の縦スチフナ8が取り付けられている。なお、
図1においては接合部の構成を明確に示すために帯鉄筋
の表示を省略している。柱主筋の取付けの便宜を考慮し
て柱主筋にS梁2の上下フランジ2a、2b間を貫通す
る通し鉄筋を採用することもできる。通し鉄筋を使用し
た場合には縦スチフナは不要となる。上述したようにネ
ジ鉄筋6、7からなる柱主筋の定着にはナット11、1
2が使用されているが、ナット締めの際、必要に応じて
所定の締付けトルクを導入することが好ましい。
【0012】図3各図は、図1に示したRC柱とS梁2
との接合部の詳細を示した正面図及び平面図である。図
3(a)に示したようにS梁2の端部は既に構築されて
いるRC柱の上面から突出した柱主筋6の上端に支持さ
れるように配置されている。このとき柱主筋6に螺合さ
れている下ナット11aの位置を所定の梁設置レベルに
セットし、下ナット11a上にS梁2の下側フランジ2
bの取付孔を挿通させることにより、S梁2の据え付け
位置を容易に割り出せる。そしてを上ナット11bと協
働させて締着し、S梁2を所定位置に容易に固定するこ
とができる。また十字交差ガセットプレート3はS梁2
のウェブ2cの側面にハイテンションボルト4によって
ボルト接合されるため、柱中心Cからウェブの厚み分だ
け偏芯して設置される(図3(b)参照)。十字交差ガ
セットプレート3自体は貫通するガセットプレートに対
して他方のガセットプレートが両面から直交した十字形
となるように付け合わせ溶接されている。
【0013】図2は柱梁接合部における梁断面の欠損の
影響を除去するために用いられるスプライスプレート1
0の例を示したものである。なお、スプライスプレート
10の形状の説明のために柱主筋の一部の図示を省略し
ている。図2に示したように略十字形状をなすスプライ
スプレート10は、4本のS梁2の直交位置に配置さ
れ、各S梁2の上下のフランジ2a、2bにボルト接合
されている。また必要に応じてS梁2のフランジ2aの
一部やウェブ2cにはダブラープレート(図示せず)を
配置し、孔開け等による断面欠損部分を補強することが
好ましい。図4にもスプライスプレート10をフランジ
2a、2bの上下面に固着した例が示されている。図4
に示したように、向かい合ったS梁2間のフランジ2a
面にスプライスプレート10を架設することにより、柱
内における梁応力の連続性が保持され、柱梁接合部に生
じた曲げモーメントを滑らかに伝達させることができ
る。
【0014】図5は図4に示したようにスプライスプレ
ート10が必要な場合の柱梁接合部において、このスプ
ライスプレート10に代えて支圧プレート15を配置し
た変形例を示したものである。この支圧プレート15は
S梁2の端部の上下のフランジ2a、2bに図示しない
ボルトにより固着されている。この支圧プレート15を
設けることで柱コンクリートの上下端縁部に発生する支
圧応力に抵抗し、この部分での支圧破壊の防止を図って
いる。なお、支圧プレート15としては図示したように
不等辺山形鋼ピースや等辺山形鋼ピースを補強リブ16
で補強したものやS梁2の端部を柱の内のりに合わせて
平面視して□形状に囲むような帯板加工材を固着しても
よい。なお、支圧プレート15は工場においてあらかじ
め溶接によりS梁2の端部の上下のフランジ2a、2b
に固着しておいてもよい。
【0015】図6は十字交差ガセットプレート3を省略
し、これに代えてS梁2の上下のフランジ2a、2bに
引張部材を配置した例を示している。図5において使用
された支圧プレート15のフランジ2a部分に引張部材
としての所定本数のタイロッド20をセットすることに
より、S梁2のウェブ2cに設けられていた十字交差ガ
セットプレートを省略することができる。図6に示した
例ではS梁2の上下のフランジ2aにはそれぞれ2本の
ネジ鉄筋からなるタイロッド(タイバー)20が取り付
けられている。ネジ鉄筋の端部にナット21が装着さ
れ、支圧プレート15のフランジ15a面に固定できる
ようになっている。また、このネジ鉄筋に代えてPC鋼
棒、PCケーブルや所定径の長尺ボルト、帯板材等の引
張部材を使用することもできる。なお、S梁2の梁端に
おける支圧効果を確保するために梁端閉塞プレート22
を設けることが好ましい。
【0016】図7〜図9は、柱梁接合部の梁接合形式の
例を示した模式平面図である。図7(a)に示した標準
形式に対して図7(b)では一方のS梁2の端部を密着
するような十字交差ガセットプレート3の形状としてい
る。これにより直交する他方のS梁2で貫通S梁2を挟
むような配置になっている。図8各図にはT型接合部形
式の例が示されている。図8(a)に示した標準形式に
対して図8(b)、(c)では支圧負担のための端部梁
25が設置されている。貫通S梁2の方向により端部梁
25の寸法が決定される。端部梁25の長さが変化して
も柱梁接合部の支圧に対しての効果に影響はない。
【0017】図9はS梁2の梁端を柱梁接合部の柱中心
に集中させるようにしたフランジ2a形状を示したもの
である。各S梁2の梁端のフランジ形状が尖った形状と
なるように切欠くことにより、梁端部に集中する応力が
柱梁接合部の中心位置まで導かれるようにし、梁端での
応力の流れを滑らかに低減させることができる。
【0018】以上に示したように、柱梁接合部において
は、RC柱の柱主筋を用いて所定位置に載置されたS梁
に対して所定形状の十字交差ガセットプレートをボルト
接合するのみで柱梁接合部を完成させることができる。
これにより現場組込み時の作業性が大幅に向上すること
が見込まれる。また交差ガセットプレートの交差角を任
意に設定することができるため、柱梁接合部の梁が直角
以外であっても柔軟性をもって対応することができる。
【0019】
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による柱梁接合部の一実施の態様を示し
た斜視図。
【図2】柱梁接合部の他の実施の形態を示した斜視図。
【図3】図1に示した柱梁接合部の正面図、平面図。
【図4】図2に示した柱梁接合部の正面図。
【図5】柱梁接合部の他の実施の形態を示した正面図。
【図6】柱梁接合部の他の実施の形態を示した正面図。
【図7】十字交差柱梁接合部の梁接合形式を示した模式
平面図。
【図8】T字柱梁接合部の梁接合形式を示した模式平面
図。
【図9】十字交差柱梁接合部の梁形状の変形例を示した
模式平面図。
【図10】従来の柱梁接合部の一例を示した斜視図。
【図11】従来の柱梁接合部の他の例を示した斜視図。
【符号の説明】
1 RC柱 2 S梁 3 十字交差ガセットプレート 6,7 ネジ鉄筋(柱主筋) 10 スプライスプレート 15 支圧プレート 20 タイロッド

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】鉄骨梁が鉄筋コンクリート柱内を貫通して
    前記鉄骨梁と鉄筋コンクリート柱とが交差接合される鉄
    筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造において、 前記鉄骨梁は、梁端の下フランジに前記鉄筋コンクリー
    ト柱から突出した柱主筋先端を固着させることで、所定
    交差位置に位置決めされるとともに、前記鉄骨梁の交差
    角に一致した交差角を有する交差ガセットプレートによ
    って前記鉄筋コンクリート柱内に位置する前記梁端が連
    結されるようにしたことを特徴とする鉄筋コンクリート
    柱と鉄骨梁との接合部構造。
  2. 【請求項2】前記柱主筋はネジ鉄筋であり、前記梁端の
    下フランジにナット締着されたことを特徴とする請求項
    1記載の鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造。
  3. 【請求項3】鉄骨梁が鉄筋コンクリート柱内を貫通して
    前記鉄骨梁と鉄筋コンクリート柱とが交差接合される鉄
    筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造において、 前記鉄骨梁は、梁端の下フランジに前記鉄筋コンクリー
    ト柱から突出した柱主筋先端を固着させることで、所定
    交差位置に位置決めされるとともに、前記鉄骨梁のフラ
    ンジ位置に端部が定着された引張部材によって前記鉄筋
    コンクリート柱内で対向した前記梁端同士が連結される
    ようにしたことを特徴とする鉄筋コンクリート柱と鉄骨
    梁との接合部構造。
JP9675897A 1997-03-31 1997-03-31 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造 Pending JPH10280542A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9675897A JPH10280542A (ja) 1997-03-31 1997-03-31 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9675897A JPH10280542A (ja) 1997-03-31 1997-03-31 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10280542A true JPH10280542A (ja) 1998-10-20

Family

ID=14173561

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9675897A Pending JPH10280542A (ja) 1997-03-31 1997-03-31 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10280542A (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20010078528A (ko) * 2000-01-08 2001-08-21 이원호 철근콘크리트 기둥과 프리플렉스 보의 강접합 방식
KR100383795B1 (ko) * 2000-08-31 2003-05-16 현대산업개발 주식회사 철근 콘크리트 기둥에 철골보를 연결 고정하는 연결구조및 이에 대한 시공방법
KR100383800B1 (ko) * 2000-08-29 2003-05-16 현대산업개발 주식회사 철근 콘크리트 기둥에 철골보를 연결 고정하는 연결구조및 이에 대한 시공방법
JP2008179944A (ja) * 2007-01-23 2008-08-07 Daiwa House Ind Co Ltd 梁端rc造の鉄骨梁の柱への施工方法
US7975439B1 (en) * 2006-06-23 2011-07-12 Cude Herman E Bulk storage building
JP2013113030A (ja) * 2011-11-30 2013-06-10 Kumagai Gumi Co Ltd 2本の柱を連結する鉄骨からなる梁を含む建物
CN103790242A (zh) * 2014-02-27 2014-05-14 南京工业大学 一种钢骨混凝土t形柱-钢梁连接节点
JP2015059408A (ja) * 2013-09-20 2015-03-30 三井住友建設株式会社 コンクリート柱と鉄骨梁との接合構造
JP2015101823A (ja) * 2013-11-21 2015-06-04 大成建設株式会社 位置決め部材および建方方法
CN109537810A (zh) * 2019-01-17 2019-03-29 中建科技有限公司深圳分公司 钢结构节点、预制柱及其制作方法、柱梁的装配方法

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20010078528A (ko) * 2000-01-08 2001-08-21 이원호 철근콘크리트 기둥과 프리플렉스 보의 강접합 방식
KR100383800B1 (ko) * 2000-08-29 2003-05-16 현대산업개발 주식회사 철근 콘크리트 기둥에 철골보를 연결 고정하는 연결구조및 이에 대한 시공방법
KR100383795B1 (ko) * 2000-08-31 2003-05-16 현대산업개발 주식회사 철근 콘크리트 기둥에 철골보를 연결 고정하는 연결구조및 이에 대한 시공방법
US7975439B1 (en) * 2006-06-23 2011-07-12 Cude Herman E Bulk storage building
JP2008179944A (ja) * 2007-01-23 2008-08-07 Daiwa House Ind Co Ltd 梁端rc造の鉄骨梁の柱への施工方法
JP2013113030A (ja) * 2011-11-30 2013-06-10 Kumagai Gumi Co Ltd 2本の柱を連結する鉄骨からなる梁を含む建物
JP2015059408A (ja) * 2013-09-20 2015-03-30 三井住友建設株式会社 コンクリート柱と鉄骨梁との接合構造
JP2015101823A (ja) * 2013-11-21 2015-06-04 大成建設株式会社 位置決め部材および建方方法
CN103790242A (zh) * 2014-02-27 2014-05-14 南京工业大学 一种钢骨混凝土t形柱-钢梁连接节点
CN109537810A (zh) * 2019-01-17 2019-03-29 中建科技有限公司深圳分公司 钢结构节点、预制柱及其制作方法、柱梁的装配方法
CN109537810B (zh) * 2019-01-17 2020-04-24 中建科技有限公司深圳分公司 预制柱的制作方法、柱梁的装配方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7637076B2 (en) Moment-resistant building column insert system and method
JP2645365B2 (ja) 柱梁接合部
JPH10280542A (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
US5669196A (en) Eye bolt reinforcement steel coupler
JP4045504B2 (ja) 制震構造物
JP4095534B2 (ja) ラーメン構造体における柱と梁との仕口構造及びその施工方法
JP4666686B2 (ja) 耐震構造
JPH112031A (ja) 既存大梁の曲げに対する耐震補強方法
JP3208682B2 (ja) コアウォールと鉄骨梁との接合構造
JP3327184B2 (ja) 鋼管構造または充填型鋼管コンクリート構造の柱とsrc構造のはりとの柱・はり接合部
JP3431755B2 (ja) スチールハウスにおける筋違いの接合構造
JP2005179981A (ja) 構造物の制震構造
JP3766940B2 (ja) 既存建築物の耐震補強方法
KR20180116009A (ko) 좌굴 방지 부재 및 이를 이용한 거셋 플레이트의 무용접/조립형 보강방법
JP3076539B2 (ja) 閉鎖形断面柱と梁の接合構造
JPH1162265A (ja) 既存建築物の耐震補強方法
JP3742703B2 (ja) ボルト状固定具の補強構造及びこれを用いた建築、構造物の補強構造
JPH1096294A (ja) 鉄骨・鉄筋コンクリート梁
JP3043938B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
KR102453459B1 (ko) 플랜지 결합부를 구비한 결합조립체를 이용한 기둥-보의 결합구조 및 기둥-보 시공방법
JP3360230B2 (ja) 軸組構造のブレースおよび十字ブレース
JP2564732B2 (ja) ユニット式建物のプレキャストコンクリートブロック基礎
JP3220663B2 (ja) 木造建物の軸組装置
JP2002129652A (ja) Cft柱梁接合装置
JP2606250B2 (ja) 鉄筋コンクリートからなる柱と鉄骨梁との接合部構造