JPH10279902A - 導電性接着剤 - Google Patents

導電性接着剤

Info

Publication number
JPH10279902A
JPH10279902A JP8291797A JP8291797A JPH10279902A JP H10279902 A JPH10279902 A JP H10279902A JP 8291797 A JP8291797 A JP 8291797A JP 8291797 A JP8291797 A JP 8291797A JP H10279902 A JPH10279902 A JP H10279902A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
conductive
resin
adhesive
filler
conductive adhesive
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP8291797A
Other languages
English (en)
Inventor
Atsushi Seo
Tsuneaki Tanabe
篤 瀬尾
恒彰 田辺
Original Assignee
Asahi Chem Ind Co Ltd
旭化成工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Asahi Chem Ind Co Ltd, 旭化成工業株式会社 filed Critical Asahi Chem Ind Co Ltd
Priority to JP8291797A priority Critical patent/JPH10279902A/ja
Publication of JPH10279902A publication Critical patent/JPH10279902A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K3/00Apparatus or processes for manufacturing printed circuits
    • H05K3/30Assembling printed circuits with electric components, e.g. with resistor
    • H05K3/32Assembling printed circuits with electric components, e.g. with resistor electrically connecting electric components or wires to printed circuits
    • H05K3/321Assembling printed circuits with electric components, e.g. with resistor electrically connecting electric components or wires to printed circuits by conductive adhesives

Abstract

(57)【要約】 【課題】 接着性と導電性を兼ね備え、しかも長期に渡
って、体積固有抵抗の変化率が小さい電性接着剤を提供
する。 【解決手段】 球状の導電性フィラー、リン片状の導電
性フィラーおよび有機バインダーからなる導電性接着剤
であって、球状の導電性フィラーおよびリン片状の導電
性フィラーの少なくとも一方は、導電性粒子と、該粒子
表面全体に被膜され有機バインダーの硬化温度近傍で溶
融する導電性コーティング層とよりなり、導電性フィラ
ーの総量が70〜95重量%、球状の導電性フィラーと
リン片状の導電性フィラーの割合が1:99〜99:1
(重量比)の範囲である導電性接着剤。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、IC、LSI、そ
の他の半導体素子および各種電気電子部品の組立あるい
は基板への接着に用いられる導電性接着剤に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、ICやLSI、その他の半導体素
子および各種電気電子部品の組立あるいは基板への接着
には、優れた導電性や高い信頼性の点からSn−Pb共
晶はんだが広く使用されてきた。ところで、近年機器の
軽薄短小化に伴い、LSI等の半導体素子は小型化、高
機能化が進み、それに伴い接続端子の幅および間隔を狭
めた微細ピッチの多数接続端子が用いられるようになっ
てきた。このように微細ピッチの多数接続端子化が進む
と、はんだは、はんだ付け時にブリッジ現象を起こす危
険性を有することから微細ピッチへの対応には限界があ
った。それに加えて、はんだはリフロー温度が高い為に
接合できる部材に制約があり、さらに鉛を含有している
という点で環境保護の観点からの問題も有していた。
【0003】はんだに代わる次世代の接合材料として導
電性接着剤が注目されている。このような導電性接着剤
には微細な回路の導電性や接着性、さらには体積抵抗の
変化率が小さいこと等が要求されている。特に、体積固
有抵抗の変化率が大きいと素子の作動不良を引き起こす
可能性があることから長期間安定であることが望まれ
る。該導電性接着剤の適用される部材によって異なる
が、例えば体積固有抵抗が5×10-3Ωcm以下であ
り、接着強度が5kgf以上で、かつヒートサイクル試
験(−25〜125℃、各30分)における500サイ
クル後の体積固有抵抗の変化率が10%以内であること
が要求されている。
【0004】一方、最近の導電性接着剤においては導電
性や接着性だけでなく、接着剤としての使用時における
リワーク性も要求されてきている。リワーク性とは、一
旦接着した回路において導電性の不十分なところが生じ
た場合に、その部分の部材を公知の手段を用いて剥が
し、不都合な箇所を改善して、正確にもう一度接着し直
すことが可能な性質を示し、複雑な回路基板の接続を行
う時には必要とされる性質である。
【0005】導電性接着剤として熱可塑性樹脂バインダ
ーと、低融点のスズをコーティングした球状導電性フィ
ラーを用いて接着強度とリワーク性を両立している例が
あるが(特開平8−227613号公報)、体積固有抵
抗の安定性の面から充分なものではなかった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、接着性と導
電性を兼ね備え、しかも長期にわたって積固有抵抗の変
化率が小さい導電性接着剤を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明者らは、上記課題
を解決するために鋭意検討を行った結果、球状の導電性
フィラーとリン片状の導電性フィラーを混合して用い、
かつ、少なくともいずれか一方の導電性フィラーが、有
機バインダーの硬化温度近傍で溶融する導電性コーティ
ング層で、表面全体が被膜された導電性粒子から構成さ
れると、充分な接着性と導電性を兼ね備え、しかも驚く
べきことに長期に渡って体積固有抵抗の変化率が小さい
導電性接着剤が得られることを見いだし、本発明に至っ
た。
【0008】すなわち、本発明は、(1) 球状の導電
性フィラー、リン片状の導電性フィラー、有機バインダ
ーからなる導電性接着剤であって、球状の導電性フィラ
ーおよびリン片状の導電性フィラーの少なくとも一方
は、導電性粒子と、該粒子表面全体に被膜され有機バイ
ンダーの硬化温度近傍で溶融する導電性コーティング層
とよりなり、導電性フィラーの総量が70〜95重量
%、球状の導電性フィラーとリン片状の導電性フィラー
の割合が1:99〜99:1(重量比)の範囲であるこ
とを特徴とする導電性接着剤、(2) 導電性粒子がC
u、Ni、Au、Ag、Al、PdおよびPtからなる
グループから選択される1種または2種以上の金属から
なり、導電性コーティング層がSn、Zn、In、B
i、PbおよびSbからなるグループから選択される1
種または2種以上の金属からなることを特徴とする上記
(1)の導電性接着剤、(3) 有機バインダーが熱可
塑性樹脂からなる上記(1)または(2)の導電性接着
剤、(4) 有機バインダーが熱可塑性樹脂と熱硬化性
樹脂の混合物からなる上記(1)または(2)の導電性
接着剤、(5) 熱可塑性樹脂が水素結合を有する樹脂
である上記(3)または(4)の導電性接着剤、(6)
熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂が相溶するものであるこ
とを特徴とする上記(4)の導電性接着剤、を提供する
ものである。
【0009】以下、本発明を詳細に説明する。本発明に
用いられる導電性コーティング層としては、Sn、Z
n、In、Bi、PbおよびSbからなるグループから
選択される単独または2種以上の金属が使用できる。S
nおよびSnを含む金属は、銅、銀、金などの電極用金
属と金属間化合物を形成しやすいので特に好ましい。導
電性コーティング層としては金属だけでなく、熱可塑性
の導電性ポリマー、例えばポリアニリンなどを使用する
こともできる。
【0010】一方、導電性粒子としては、Cu、Ni、
Au、Ag、Al、PdおよびPtからなるグループか
ら選択される単独または2種類以上の金属が使用でき
る。また、導電性粒子として、平均組成Agx Cu1-x
(0.01≦x≦0.4、xは原子比を示す。)で表さ
れる銅合金粉末であって、銅合金粉末表面の銀濃度が平
均の銀濃度より大きく、かつ内部から表面に向けて銀濃
度が次第に増加する領域を有する粉末を使用することも
できる。このような銅合金粉末を用いることで、充分な
耐酸化性と耐マイグレーション性を得ることができる。
xが0.01未満では充分な耐酸化性が得られず、0.
4を超える場合には耐エレクトロマイグレーション性が
不十分である。
【0011】該銅合金粉末は、すでに公知の方法で得る
ことができる(特開平1−205561号公報)。中で
も、不活性ガスアトマイズ法により作製される銅合金粉
末が特に好ましい。該銅合金粉末は、表面の銀濃度が平
均の銀濃度より大きく、かつ内部から表面に向けて銀濃
度が次第に増加する領域を有しているが、銅合金粉末表
面の銀濃度は平均の銀濃度の2.1倍以上が好ましく、
さらに3倍以上30倍以下が好ましい。
【0012】さらに、導電性粒子として、高分子材料の
表面にCu、Ni、Au、Ag、Al、PdおよびPt
等の金属層を形成したものも使用することができる。該
高分子材料としては、例えばポリエステル樹脂、ポリビ
ニルアセタール樹脂が挙げられる。導電性接着剤におい
て、充分な接着強度と高い導電性、さらに体積抵抗の安
定性のすべて兼備するのは非常に困難であり、そのよう
な要求を満たすために導電性フィラーの形状は重要な因
子である。
【0013】本発明においては、球状の導電性フィラー
とリン片状の導電性フィラーを混合して用いることが必
要であり、さらに、少なくともいずれか一方の導電性フ
ィラーが、有機バインダーの硬化温度近傍で溶融する導
電性コーティング層で、表面全体が被覆された導電性粒
子からなることが必要である。このような導電性コーテ
ィング層で被覆された導電性粒子を含有する導電性フィ
ラーを用いると、接着時に有機バインダーを硬化させる
為の加熱の際に導電性コーティング層が溶融するので、
隣接する導電性フィラーどうしは互いに溶着して鎖状に
連結される。また電極との接触界面では、導電性コーテ
ィング層は溶融して電極金属と金属間化合物を形成して
強固に結合される。したがって対向する電極間に形成さ
れる導電性フィラーによる鎖状連結構造は、金属どうし
の溶融接合により機械的および電気的に強固に接続され
る。特に、本発明は、このような球状の導電性フィラー
とリン片状の導電性フィラーを混合して用いることで、
驚くべきことに長期に亘り体積固有抵抗の変化率が小さ
い導電性接着剤が得られたものである。
【0014】本発明では球状の導電性フィラーとリン片
状の導電性フィラーの配合割合は1:99〜99:1
(重量)であることが必要である。この範囲内で球状の
導電性フィラーとリン片状の導電性フィラーが混合され
ていると、長期に渡り体積抵抗の変化率が小さい、安定
な導電性接着剤が得られる。また、導電性フィラーどう
しが良好に鎖状に連結されるためには、導電性コーティ
ング層を有する導電性フィラーは、導電性フィラー総量
の少なくとも30重量%含まれることが好ましい。
【0015】本発明で用いられる導電性コーティング層
を有する導電性フィラーは種々の方法で製造できるが、
例えば、導電性粒子表面に湿式メッキあるいは真空蒸着
法などの乾式メッキにより導電性コーティング層を形成
することで容易に製造することができる。本発明で用い
られる球状の導電性フィラーの粒径は0.1μm以上1
0μm以下であることが好ましい。リン片状の導電性フ
ィラーの板面の平均径(長径と短径がある場合には両者
の平均)は1μm以上30μm以下であることが好まし
い。また、導電性コーティング層の厚さは0.1μm以
上1μm以下であることが好ましい。
【0016】本発明においては有機バインダーとして、
熱可塑性樹脂を単独で用いることも、熱可塑性樹脂と熱
硬化性樹脂を混合して使用することもできる。熱可塑性
樹脂として、どの様な熱可塑性樹脂でも使用可能である
が、その構造の中に水素結合性を有する官能基を有する
ものが接着性が優れることから好ましい。水素結合性を
有する官能基としては水酸基、アミド基、ウレア基、イ
ミド基、エステル基、エーテル基、チオエーテル基、ス
ルホン基、ケトン基などである。この様な熱可塑性樹脂
としては、例えば、フェノキシ樹脂、熱可塑性ポリウレ
タン、ポリビニルブチラール、ポリアミド、熱可塑性ポ
リイミド、ポリイミドシロキサン、ポリアミドイミド、
ポリカーボネート、ポリフェニレンエーテル、ポリビニ
ルエーテル、ポリサルホン、ポリビニルアルコール、ポ
リビニルホルマール、ポリ酢酸ビニル、メタクリル樹
脂、アイオノマー樹脂などが挙げられる。水素結合性を
有する官能基を有する熱可塑性樹脂が特に優れている理
由は明らかではないが金属との間で水素結合をすること
で濡れが良くなるためと考えられる。
【0017】また、本発明で用いられる熱可塑性樹脂
は、ガラス転移温度が300℃以下であることが好まし
い。ガラス転移温度が300℃を超えると、接着剤とし
ての使用時および熱リワーク時に300℃以上の高温に
する必要があることから、接着する部材の劣化等の問題
があり好ましくない。このような熱可塑性樹脂の中では
フェノキシ樹脂、熱可塑性ポリウレタン、ポリビニルブ
チラールがより好ましく、特にフェノキシ樹脂が好まし
い。
【0018】本発明の有機バインダーで用いられる熱硬
化性樹脂としてはエポキシ樹脂、フェノール樹脂、ポリ
イミド、ポリウレタン、メラニン樹脂、ウレア樹脂等が
挙げられる。エポキシ樹脂としては、例えばビスフェノ
ールA型エポキシ樹脂、ビスフェノールF型エポキシ樹
脂、(クレゾール)ノボラック型エポキシ樹脂、ハロゲ
ン化ビスフェノール型、レゾルシン型、テトラヒドロキ
シフェノルエタン型、ポリアルコールポリグリコール
型、グリセリントリエーテル型、ポリオレフィン型、エ
ポキシ化大豆油、シクロペンタジエンジオキシド、ビニ
ルシクロヘキセンジオキシドなどが挙げられ、なかでも
ビスフェノールA型エポキシ樹脂、ビスフェノールF型
エポキシ樹脂、(クレゾール)ノボラック型エポキシ樹
脂が好ましい。
【0019】また、C12,13混合アルコールグリシ
ジルエーテル、2−エチルヘキシルグリコールグリシジ
ルエーテル、エチレングリコールジグリシジルエーテ
ル、ジエチレングリコールジグリシジルエーテル、ポリ
エチレングリコールジグリシジルエーテル、プロピレン
グリコールジグリシジルエーテル、トリプロピレングリ
コールジグリシジルエーテル、ポリプロピレングリコー
ルジグリシジルエーテル、ネオペンチルグリコールジグ
ルシジルエーテル、1、6−ヘキサンジオールジグリシ
ジルエーテル、グリセリンジグリシジルエーテル、トリ
メチロールプロパントリグリシジルエーテル、水添ビス
フェノールAジグリシジルエーテル、2,2−ジブロモ
ネオペンチルグリコールジグリシジルエーテルなどの低
分子エポキシ化合物などを使用することもできる。中で
もネオペンチルグリコールジグルシジルエーテル、1,
6−ヘキサンジオールジグリシジルエーテル、グリセリ
ンジグリシジルエーテル、トリメチロールプロパントリ
グリシジルエーテルが好ましい。
【0020】本発明で用いるエポキシ硬化剤としては、
一般的なエポキシ硬化剤を用いることができる。例え
ば、脂肪族ポリアミン系としてトリエチレンテトラミ
ン、m−キシレンジアミンなどがあり、芳香族アミン系
としてはm−フェニレンジアミン、ジアミノジフェニル
スルフォンなどがあり、第三級アミン系としてはベンジ
ルジメチルアミン、ジメチルアミノメチルフェノールな
どがあり、酸無水物系としては無水フタル酸、ヘキサヒ
ドロ無水フタル酸などがあり、三フッ化ホウ素アミンコ
ンプレックス系としてはBF3−ピペリジンコンプレッ
クスなどがある。あるいはビスフェノールAなどのビス
フェノール化合物でも良い。また、ジシアンジアミド、
2−エチル−4−メチルイミダゾール、トリス(メチル
アミノ)シランなども挙げられる。樹脂系硬化剤として
はリノレン酸二量体とエチレンジアミンなどから作られ
るポリアミド樹脂、両端にメルカプト基を有するポリス
ルフィド樹脂、ノボラック系フェノール樹脂なども挙げ
られる。これらは単独で用いても良いし、2種以上を組
み合わせて用いても良い。
【0021】硬化剤の添加量は硬化剤の種類により異な
る。例えば酸無水物系などのように化学量論的にグリシ
ジル基と反応する場合は、エポキシ当量から最適添加量
が決められる。また触媒的に反応する場合は、3〜30
重量%が一般的である。これらの硬化剤の室温での反応
性が高い場合は、使用直前に開始剤を含む液を接着剤に
混合したり、硬化剤を100μm程度のゼラチンなどの
カプセルに封入してマイクロカプセルにして用いること
が好ましい。
【0022】本発明において有機バインダーとして熱可
塑性樹脂を単独で用いると、導電性接着剤が容易にリワ
ークできるという利点を有する。すなわち熱可塑性樹脂
のガラス転移温度以上に加熱することでリワークでき
る。さらに熱可塑性樹脂を溶解する溶剤を使用すること
でもリワークすることができる。なお、本発明において
リワークとは、接着物を熱可塑性樹脂のガラス転移温度
以上、接着する部材の劣化温度以下の範囲で加熱するこ
と、あるいは溶剤を使用することで剪断強度が3kgf
以下になり、ピンセットで引張る等のわずかな力を加え
ることで被接着物が部材から脱離することをいう。
【0023】本発明において、有機バインダーとして熱
可塑性樹脂と熱硬化性樹脂を混合して使用することもで
き、混合することで、熱硬化性樹脂の架橋構造により、
充分な強度を発現し、また熱可塑性樹脂のガラス転移温
度以上に加熱したり、硬化物の強度を弱くする溶剤を使
用する事によりリワークが可能になる。熱可塑性樹脂と
熱硬化性樹脂を混合する場合は、有機バインダーの全樹
脂に対して熱硬化性樹脂は97重量%以下であることが
好ましい。熱硬化性樹脂の含量が97重量%より多いと
リワークすることができない。
【0024】また、充分な接着強度を発現するためには
熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂が相溶するような組み合わ
せを選定し、相溶するような混合割合で使用することが
好ましい。なお、本発明において相溶するとは、両方の
樹脂を溶剤を使用せずに単独で混合した後で白濁しな
い、あるいは溶剤に溶解して混合した後、溶剤を留去し
た状態で白濁しないことをいう。このような樹脂の組合
せとして、例えばエポキシ樹脂とフェノキシ樹脂を挙げ
ることができる。
【0025】本発明の導電性接着剤においては、導電性
フィラーは、70〜95重量%含有することが必要であ
る。導電性フィラーが70重量%未満では充分な導電性
が得られず、また95重量%を超えると作業性や半導体
チップとのなじみ性が悪くなる。本発明における導電性
接着剤には添加物として硬化促進剤、難燃剤、レベリン
グ剤、チクソ性付与剤、沈降防止剤、カップリング剤、
モノエポキシ化合物、顔料、消泡剤、腐食防止剤、粘着
性付与剤など各種の添加剤を用いることができる。
【0026】導電性接着剤として用いるためには、使用
時の粘度が重要なファクターとなる。粘度を調整するた
めにモノエポキシ化合物や例えばジメチルホルムアミ
ド、ジメチルアセトアミド、N−メチル−ピロリドン、
メチルエチルケトン、メチルセロソルブ、メチルカルビ
トール、カルビトール、カルビトールアセテート、酢酸
ブチルセロソルブ、酢酸エチルセロソルブ、酢酸メチル
セロソルブ、ブチルセロソルブ、エチルセロソルブ、メ
チルセロソルブ等の溶剤を単独あるいは複数を適当量混
合して用いることも可能である。得られる溶液もしくは
ペースト状物の粘度が5000〜400000cp、よ
り好ましくは20000〜70000cpであることが
作業性の面から好ましい。
【0027】本発明の導電性接着剤は上記の各種成分を
ボールミル、ロールミル、プラネタリーミキサー等の各
種混練機を用いて常法により、例えば10〜60分間混
練する事により得られる。混練した導電性接着剤は、ス
クリーン印刷、ディスペンサー塗布等の方法により、絶
縁基体やリードフレームに塗布する。
【0028】本発明の導電性接着剤の加熱硬化条件は、
樹脂が充分硬化するとともに、熱による劣化が問題にな
らない範囲であれば特に制限はない。一般的な温度範囲
としては、150℃〜220℃であるが、固形の硬化剤
を溶融する目的あるいはボイドの生成を防ぐ目的でこれ
より低い温度で予備加熱を行っても良い。
【0029】
【発明の実施の形態】以下の実施例と比較例によって本
発明を具体的に説明する。実施例及び比較例において評
価は下記のように行った。 剪断強度:銅板上に導電性接着剤を膜厚70〜100μ
mを保って、幅2mm、長さ2mmに塗布し、銅チップ
(2mm×2mm×1mm)を5つのせて所定温度で硬
化させ、作成した硬化物にプッシュプルゲージの先端を
押し込みチップ脱落時の強度を読み取ることで測定し
た。 リワーク性:上記作成した硬化物をオーブンで180℃
×10分加熱した直後に銅チップをピンセットで引張
り、脱落するかどうかで評価した。 体積固有抵抗値:導電性接着剤をFR4基板上に膜厚5
0〜100μmを保って、幅1cm、長さ7cmに塗布
し所定温度で硬化させ作成した導体の1cmの抵抗値
(R)をデジタルマルチメーターを用いて測定し、次式
に数値を代入することで算出した。 体積固有抵抗値=R×t×10-4Ωcm R:抵抗値
t:膜厚μm 体積固有抵抗の長期安定性:ヒートサイクル試験機(−
25〜125℃、各30分)に、体積固有抵抗値測定用
サンプルを入れ、500サイクル後の体積固有抵抗を測
定して、体積固有抵抗の長期安定性を評価した。
【0030】なお、各実施例を行うにあたって、各実施
例の樹脂の配合割合で互いに相溶することを目視で確認
した。
【0031】
【実施例1】フェノキシ樹脂(PAPHEN(株)製
PKHC)のDMF30重量%溶液333.3重量部、
および平均粒径5μmの球状銅粉に平均0.5μmの厚
みにスズをコーティングしたフィラー810重量部と、
平均径5μmのリン片状銅粉に平均0.5μmの厚みに
スズをコーティングしたフィラー90重量部を3本ロー
ルで混練して得たペーストを金属へらで5分間混練し
た。この導電性接着剤を80℃×15分間、230℃×
30分硬化させて上記方法で評価したところ、本硬化物
はリワーク可能であった。剪断強度は7.8kgf、体
積固有抵抗は3.1×10-5Ωcmであった。ヒートサ
イクル後の体積固有抵抗を測定したところ3.2×10
-5Ωcmであった。充分な強度と導電性を兼備し、体積
固有抵抗の変化率が非常に小さく、しかもリワーク性を
有する導電性接着剤である。
【0032】
【実施例2】フェノキシ樹脂(PAPHEN(株)製
PKHC)のDMF30重量%溶液333.3重量部、
および平均粒径5μmの球状銅粉に平均0.5μmの厚
みにスズをコーティングしたフィラー810重量部と、
平均径5μmのリン片状銅粉90重量部を3本ロールで
混練して得たペーストを金属へらで5分間混練した。こ
の導電性接着剤を80℃×15分間、230℃×30分
硬化させて上記方法で評価したところ、本硬化物はリワ
ーク可能であった。剪断強度は7.5kgf、体積固有
抵抗は3.5×10-5Ωcmであった。500サイクル
後の体積固有抵抗を測定したところ3.6×10-5Ωc
mであった。充分な強度と導電性を兼備し、体積固有抵
抗の変化率が非常に小さく、しかもリワーク性を有する
導電性接着剤である。
【0033】
【実施例3】フェノキシ樹脂(PAPHEN(株)製
PKHC)のDMF30重量%溶液16.7重量部とビ
スフェノールA型エポキシ樹脂(旭チバ(株)製、AE
R2664)95重量部、および平均粒径5μmの球状
銅粉に平均0.5μmの厚みにスズをコーティングした
フィラー810重量部と、平均径5μmのリン片状銅粉
に平均0.5μmの厚みにスズをコーティングしたフィ
ラー90重量部を3本ロールで混練して得たペースト
に、マイクロカプセル型エポキシ硬化剤(旭化成工業
(株)製 ノバキュアHX3613)を36重量部加
え、金属へらで5分間混練した。この導電性接着剤を8
0℃×30分間、230℃×1時間硬化させて上記方法
で評価したところ、本硬化物はリワーク可能であった。
剪断強度は20.5kgf、体積固有抵抗は1.8×1
-5Ωcmであった。500サイクル後の体積固有抵抗
を測定したところ1.9×10-5Ωcmであった。充分
な強度と導電性を兼備し、体積固有抵抗の変化率が非常
に小さく、しかもリワーク性を有する導電性接着剤であ
る。
【0034】
【比較例1】フェノキシ樹脂(PAPHEN(株)製
PKHC)のDMF30重量%溶液333.3重量部、
および平均粒径5μmの球状銅粉900重量部を3本ロ
ールで混練して得たペーストを金属へらで5分間混練し
た。この導電性接着剤を80℃×15分間、230℃×
30分硬化させて上記方法で評価したところ、本硬化物
はリワーク可能であった。剪断強度は3.3kgf、体
積固有抵抗は5.2×10-3Ωcmであった。500サ
イクル後の体積固有抵抗を測定したところ6.8×10
-3Ωcmであった。強度、導電性は不充分であり、ヒー
トサイクル後の体積固有抵抗の変化率が31%もあり、
要求値を満たさない導電性接着剤である。
【0035】
【比較例2】フェノキシ樹脂(PAPHEN(株)製
PKHC)のDMF30重量%溶液333.3重量部、
および平均径5μmのリン片状銅粉900重量部を3本
ロールで混練して得たペーストを金属へらで5分間混練
した。この導電性接着剤を80℃×15分間、230℃
×30分硬化させて上記方法で評価したところ、本硬化
物はリワーク可能であった。剪断強度は2.3kgf、
体積固有抵抗は2.2×10-3Ωcmであった。500
時間後の体積固有抵抗を測定したところ3.5×10-3
Ωcmであった。強度、導電性は不十分であり、さらに
ヒートサイクル後、体積固有抵抗の変化率が59%もあ
り、要求値を満たさない導電性接着剤である。
【0036】
【発明の効果】本発明の導電性接着剤は接着性と良好な
導電性を兼ね備え、しかも長期に渡って体積固有抵抗の
変化率が非常に小さく、産業上大いに有用である。

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 球状の導電性フィラー、リン片状の導電
    性フィラー、有機バインダーからなる導電性接着剤であ
    って、球状の導電性フィラーおよびリン片状の導電性フ
    ィラーの少なくとも一方は、導電性粒子と、該粒子表面
    全体に被膜され有機バインダーの硬化温度近傍で溶融す
    る導電性コーティング層とよりなり、導電性フィラーの
    総量が70〜95重量%、球状の導電性フィラーとリン
    片状の導電性フィラーの割合が1:99〜99:1(重
    量比)の範囲であることを特徴とする導電性接着剤。
  2. 【請求項2】 導電性粒子がCu、Ni、Au、Ag、
    Al、PdおよびPtからなるグループから選択される
    1種または2種以上の金属からなり、導電性コーティン
    グ層がSn、Zn、In、Bi、PbおよびSbからな
    るグループから選択される1種または2種以上の金属か
    らなることを特徴とする請求項1記載の導電性接着剤。
  3. 【請求項3】 有機バインダーが熱可塑性樹脂からなる
    請求項1または2記載の導電性接着剤。
  4. 【請求項4】 有機バインダーが熱可塑性樹脂と熱硬化
    性樹脂の混合物からなる請求項1または2記載の導電性
    接着剤。
  5. 【請求項5】 熱可塑性樹脂が水素結合を有する樹脂で
    ある請求項3または4記載の導電性接着剤。
  6. 【請求項6】 熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂が相溶する
    ものであることを特徴とする請求項4記載の導電性接着
    剤。
JP8291797A 1997-04-01 1997-04-01 導電性接着剤 Withdrawn JPH10279902A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8291797A JPH10279902A (ja) 1997-04-01 1997-04-01 導電性接着剤

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8291797A JPH10279902A (ja) 1997-04-01 1997-04-01 導電性接着剤

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10279902A true JPH10279902A (ja) 1998-10-20

Family

ID=13787608

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8291797A Withdrawn JPH10279902A (ja) 1997-04-01 1997-04-01 導電性接着剤

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10279902A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002028574A1 (en) * 2000-10-02 2002-04-11 Asahi Kasei Kabushiki Kaisha Functional alloy particles
JP2002134351A (ja) * 2000-10-30 2002-05-10 Kyocera Corp 導電性ペースト及びそれを用いた積層セラミックコンデンサ
JP2005506901A (ja) * 2001-10-19 2005-03-10 スーペリア マイクロパウダーズ リミテッド ライアビリティ カンパニーSuperior Micropowders Llc 電子部品堆積用テープ組成物
WO2006080247A1 (ja) * 2005-01-25 2006-08-03 Fujikura Kasei Co., Ltd. 導電性ペースト
JP2007026776A (ja) * 2005-07-13 2007-02-01 Sumitomo Electric Ind Ltd 導電性微粒子およびそれを用いた接着剤
JP2008510620A (ja) * 2004-08-25 2008-04-10 松下電器産業株式会社 半田組成物および半田接合方法ならびに半田接合構造
JP2008510621A (ja) * 2004-08-25 2008-04-10 松下電器産業株式会社 半田組成物及び半田接合方法並びに半田接合構造
US7785500B2 (en) * 2005-11-02 2010-08-31 Panasonic Corporation Electrically conductive adhesive
CN107922802A (zh) * 2015-08-28 2018-04-17 杜邦公司 导电粘合剂
US10629323B2 (en) 2015-08-28 2020-04-21 Dupont Electronics, Inc. Electrically conductive adhesives
US10967428B2 (en) 2015-08-28 2021-04-06 Dupont Electronics, Inc. Coated copper particles and use thereof

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7169209B2 (en) 2000-10-02 2007-01-30 Asahi Kasei Kabushiki Kaisha Functional alloy particles
WO2002028574A1 (en) * 2000-10-02 2002-04-11 Asahi Kasei Kabushiki Kaisha Functional alloy particles
JP2002134351A (ja) * 2000-10-30 2002-05-10 Kyocera Corp 導電性ペースト及びそれを用いた積層セラミックコンデンサ
JP2005506901A (ja) * 2001-10-19 2005-03-10 スーペリア マイクロパウダーズ リミテッド ライアビリティ カンパニーSuperior Micropowders Llc 電子部品堆積用テープ組成物
JP4763237B2 (ja) * 2001-10-19 2011-08-31 キャボット コーポレイションCabot Corporation 基板上に導電性電子部品を製造する方法
JP2008510620A (ja) * 2004-08-25 2008-04-10 松下電器産業株式会社 半田組成物および半田接合方法ならびに半田接合構造
JP2008510621A (ja) * 2004-08-25 2008-04-10 松下電器産業株式会社 半田組成物及び半田接合方法並びに半田接合構造
JPWO2006080247A1 (ja) * 2005-01-25 2008-06-19 藤倉化成株式会社 導電性ペースト
WO2006080247A1 (ja) * 2005-01-25 2006-08-03 Fujikura Kasei Co., Ltd. 導電性ペースト
JP2007026776A (ja) * 2005-07-13 2007-02-01 Sumitomo Electric Ind Ltd 導電性微粒子およびそれを用いた接着剤
US7785500B2 (en) * 2005-11-02 2010-08-31 Panasonic Corporation Electrically conductive adhesive
CN107922802A (zh) * 2015-08-28 2018-04-17 杜邦公司 导电粘合剂
US10611931B2 (en) 2015-08-28 2020-04-07 Dupont Electronics, Inc. Electrically conductive adhesives
US10629323B2 (en) 2015-08-28 2020-04-21 Dupont Electronics, Inc. Electrically conductive adhesives
US10967428B2 (en) 2015-08-28 2021-04-06 Dupont Electronics, Inc. Coated copper particles and use thereof

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10504864B2 (en) Adhesive composition, electronic-component-mounted substrate and semiconductor device using the adhesive composition
US8697237B2 (en) Thermosetting resin composition, method of manufacturing the same and circuit board
JP2972338B2 (ja) 導電性組成物、その製造方法及び使用方法
US7169209B2 (en) Functional alloy particles
JP5529940B2 (ja) 接合材料、接合部及び回路基板
CN100407340C (zh) 导电浆料
US6344157B1 (en) Conductive and resistive materials with electrical stability for use in electronics devices
JP3797990B2 (ja) 熱硬化性フラックス及びはんだペースト
JP5320523B1 (ja) 導電性粒子、導電性粒子の製造方法、導電材料及び接続構造体
EP1597332B1 (en) Conductive adhesive compositions with electrical stability and good impact resistance for use in electronics devices
US7838984B2 (en) Adhesive tape, connected structure and semiconductor package
JP2018080333A (ja) 導電性接着剤組成物
Yim et al. Review of recent advances in electrically conductive adhesive materials and technologies in electronic packaging
EP0549159B1 (en) Method and adhesive for making electrical and mechanical connections
EP0331500B1 (en) Brazing paste for bonding metal and ceramic
EP1541654B1 (en) Conductive adhesive and circuit comprising it
CN101416568B (zh) 部件接合方法和部件接合结构
JP5170685B2 (ja) 導電性接合材料、及び電子装置
TWI382076B (zh) 低應力導電性黏著劑
US6515237B2 (en) Through-hole wiring board
JP4482930B2 (ja) 導電性ペースト
EP2017031B1 (en) Solder paste
JP3454509B2 (ja) 導電性材料の使用方法
US7022266B1 (en) Printable compositions, and their application to dielectric surfaces used in the manufacture of printed circuit boards
US7588698B2 (en) Circuit connecting adhesive

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20040601