JPH10269072A - Application development method - Google Patents

Application development method

Info

Publication number
JPH10269072A
JPH10269072A JP7502197A JP7502197A JPH10269072A JP H10269072 A JPH10269072 A JP H10269072A JP 7502197 A JP7502197 A JP 7502197A JP 7502197 A JP7502197 A JP 7502197A JP H10269072 A JPH10269072 A JP H10269072A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
file
step
template
template file
computer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7502197A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masasuke Tominaga
Osami Tsuchida
雅介 冨永
修己 土田
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP7502197A priority Critical patent/JPH10269072A/en
Publication of JPH10269072A publication Critical patent/JPH10269072A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To enable a user to easily develop a web server application execution system, by specifying all files that are referred to based on a script program and trasferring these files to the file system of a computer after a template file is designated.
SOLUTION: The web application execution system is developed to start a program via a server computer 102 in response to a request of a client computer 104, to read a template file via the program and to show the display information on the Web pages to the computer 102. In this system, a file is designated out a template file 108 of the storage of a development computer 101 and the description contents of the designated file are analyzed. Then all template files to be referred to and files packaged in a processing program are specified based on a script program and transferred to the file system of the computer 102.
COPYRIGHT: (C)1998,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 - 0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、サーバ計算機上で、スクリプトプログラムを含むファイルをファイルシステムから読み込み、前記スクリプトプログラムを解釈実行してWebページの表示情報を生成して、サーバ計算機上で開示するシステムにおいて、特定のファイルに記述されたスクリプトプログラムを解釈実行した場合に参照され必要となるファイルの一覧を利用者に提示し、 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is a server computing machine, read the file containing the script program from the file system, to generate the display information of the Web-page and interprets and executes the script program, disclosed in the server computer machine in a system that presents a list of the referenced files that require when you run interpret the written script program to a specific file to the user,
前記必要となるファイルを開発用計算機のファイルシステムからサーバ計算機のファイルシステムへ転送して蓄える、Webサーバと連動して動作するサーバアプリケーションの開発方法に属する。 Storing and transferring the necessary file from the file system development computer server computer to the file system, it belongs to develop methods of server applications that work in conjunction with a Web server.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、世界規模のネットワーク網であるインターネットおよびインターネット上の情報開示アプリケーションの一つであるWWW(World Wid In recent years, which I am one of the Internet and information disclosure applications on the Internet is a worldwide network network WWW (World Wid
e Web)の発達により、サーバ計算機のWebサーバ上で開示されたWebページを、クライアント計算機でWebブラウザを用いて閲覧することが広く行われている。 By development e Web), Web pages disclosed on Web servers server computer are widely can browse using Web browsers on client computer. Webページの表示情報は、HTML(Hype Display information of the Web page, HTML (Hype
rtext Markup Language)と呼ぶ言語で記述する。 rtext Markup Language) and describes in a language that call. WWWについては“OPENDESI The WWW is "OPENDESI
GN、No. GN, No. 13、1996年4月、CQ出版社”(文献1)のpp.4−5で説明されている。HTMLの詳細については、前記文献1のpp.40−59で説明されている。 13, April 1996, for more information about .HTML that are described in pp.4-5 of CQ publisher "(Reference 1), has been described in pp.40-59 of the literature 1.

【0003】Webサーバ上でWebページを開示する方法には、Webページの表示情報をサーバ計算機のファイルシステム上のファイルに蓄えておき、前記蓄えたファイルの内容をそのままクライアント計算機に転送する静的な方法と、クライアント計算機からの要求に応じて、Webページの表示情報を生成するページ生成プログラムをサーバ計算機上で実行し、前記ページ生成プログラムが生成したWebページの表示情報をクライアント計算機に転送する動的な方法がある。 [0003] The methods disclosed a Web page on the Web server, static to transfer the display information of the Web page keep stored in a file on the server computer of the file system, the contents of the stored files directly to the client computer and method, in response to a request from the client computer, the page generator program for generating display information of a Web page and executed on the server computing machine, and transfers the display information of the Web page that the page generation program generated in the client computer there is a dynamic way.

【0004】前記動的な方法を用いて動的にWebページの表示情報を生成することができるシステムとして、 As a dynamically systems capable of generating display information Web page using the dynamic method,
以下のものがある。 It is as follows. いずれのシステムの場合も、サーバ計算機上のファイルシステム上に、Webページの表示情報を生成するためのスクリプトプログラムを記述したファイル(以下、テンプレートファイルと呼ぶ)を蓄えておき、クライアント計算機からの要求に応じて、前記ページ生成プログラムがテンプレートファイルを読み込み、クライアント計算機から指定したパラメータの値にもとづいてテンプレートファイルに記述されたスクリプトプログラムを解釈実行して、Webページの表示情報を生成する方法を採用している。 For both systems, on the file system on the server computer, file describing the script program for generating display information of a Web page (hereinafter, referred to as template files) leave stored, a request from the client computer depending on the page generator program reads template files, the described script program the template file based on parameter values ​​specified by client computer interprets running, adopt a method of generating display data of a Web page doing. 以下に示したいずれのシステムの場合も、Webページの表示情報を生成するためにページ生成プログラムに読み込ませるテンプレートファイルの内容は、通常のHTMLの中にスクリプトプログラムを埋め込んで記述した形式になっている。 In either case of the system shown in the following, contents of the template files to load on the page generating program to generate the display the information of the Web page, in the form described by embedding the script program in the normal HTML there.

【0005】(1)Internet Informa [0005] (1) Internet Informa
tion Server3.0(Microsoft tion Server3.0 (Microsoft
社) 本システムについては“PCWEEK JAPANES Company) for this system is "PCWEEK JAPANES
E EDITION、NOVEMBER15、1996 E EDITION, NOVEMBER15,1996
VOLUME 7、NUMBER 40、ソフトバンク”(文献2)のp.1で説明されている。HTMLに埋め込む形態で、スクリプト言語VBScriptおよびJavaScriptで記述したスクリプトプログラムをサーバ計算機上で実行して動的にHTMLデータを生成し、Webブラウザに返すことができる「Acti VOLUME 7, NUMBER 40, SOFTBANK "in a form embedded into .HTML described in p.1 the (Document 2), dynamically HTML script program written in a script language VBScript and JavaScript be executed at the server computing machine to generate the data, can be returned to the Web browser "Acti
ve Server Page」と呼ぶ機能を持つ。 Has a feature called ve Server Page ".

【0006】HTMLファイルを作成する機能は、別システム「FrontPage97」が提供している。 [0006] The ability to create an HTML file is provided by another system "FrontPage97". F
rontPage97については前記文献2のp. p of the document 2 for RontPage97. 25 25
で説明されている。 In are described.

【0007】(2)LiveWire (Netsca [0007] (2) LiveWire (Netsca
pe Communications社) (2)のシステムについては、“日経オープンシステム、no.37、1996年4月、日経BP社”(文献3)のpp. For the system of pe Communications Co., Ltd.) (2), pp of "the Nikkei open system, no.37, 4 May 1996 the Nikkei BP's" (Document 3). 282−293で説明されている。 It has been described in the 282-293. (2) (2)
のシステムは、HTMLに埋め込む形式でスクリプト言語JavaScriptで記述したスクリプトプログラムをサーバ計算機上で実行して動的にHTMLデータを生成し、Webブラウザに返すことができる機能を持つ。 Systems, a script program described in the form embedded in the HTML scripting language JavaScript running on the server computer machine to dynamically generate HTML data has a function that can be returned to the Web browser.

【0008】上記いずれのシステムも、ページ生成プログラムに読み込ませるテンプレートファイルに含まれる記述のうち、HTMLで記述された静的な部分の記述を解析して、ファイル間の参照関係や未解決の参照の情報を利用者に提示する機能を持つ。 SUMMARY The Both systems, of the statements contained in the template file to load the page generation program analyzes the description of the described the static part HTML, reference relationships and unresolved references between files It has the function of presenting the information to the user. しかし、スクリプト言語で記述されたスクリプトプログラムの部分の処理を解析して、ファイル間の参照関係や未解決の参照の情報を利用者に提示する機能は持たない。 However, to analyze the processing of part of the described script program in the script language, the ability to present a reference relationships and information of unresolved references between files to a user does not have.

【0009】 [0009]

【発明が解決しようとする課題】上記従来の技術ではいずれも、サーバ計算機上で起動したページ生成プログラムにスクリプトプログラムを記述したテンプレートファイルを読み込ませ、スクリプトプログラムを解釈実行してWebページの表示情報を生成し、サーバ計算機上で開示するサーバアプリケーションを開発することが可能であった。 Both in the [0007] above-mentioned prior art, to read the template file that describes a script program to the page generation program was started in the server computer machine, display information of the Web page to interpret and execute a script program generates, it was possible to develop a server application disclosed the server computer. しかし以下に示す問題点があった。 But there is a problem in the following points.

【0010】(1)サーバアプリケーションの構成要素として、あるテンプレートファイルを指定したとき、指定したテンプレートファイル中のスクリプトプログラムの部分の処理に従って参照されるテンプレートファイルと処理プログラムの組を特定するには、利用者自身がスクリプトプログラムの内容を解析する必要があった。 [0010] (1) as a component of a server application, when specifying a certain template file, to identify a set of template files and processing program that is referenced in accordance with the processing of the script program in the specified template file, user himself there was a need to analyze the contents of the script program. また、参照されるテンプレートファイルに記述されたスクリプトプログラム中で、さらに他のテンプレートファイルや処理オブジェクトを参照している場合は、この操作を繰り返し行う必要があった。 Further, in the referenced template file written script program, if additional reference to another template file and processing object, it is necessary to repeat this operation. このため、サーバアプリケーションの実行時に必要となるテンプレートファイルと処理プログラムの組をすべて特定して、前記ページ生成プログラムから参照可能なファイルシステム上に置くには、多くの労力が必要であった。 Therefore, specific to all the pairs of the template file and the processing program required when the server application is running in place on browsable file system from the page generator program was required much labor.

【0011】(2)(1)で求めた、テンプレートファイルのスクリプトプログラムの部分の処理にもとづくテンプレートファイル間の参照関係を出力装置上で一覧することができなかった。 [0011] (2) obtained in (1), was not able to list a reference relationship between the template file based on the processing of parts of the template file for the script program on the output device. このため、サーバアプリケーションを構成するテンプレートファイル全体の参照関係を把握することが難しかった。 For this reason, it has been difficult to grasp the template files whole of reference relationships that make up the server application.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために、以下の手段を提供する。 In order to solve the above problems SUMMARY OF THE INVENTION, it provides the following means.

【0013】(1)開発用計算機のファイルシステム上に、Webページの表示情報を生成するスクリプトプログラムを記述したテンプレートファイル、および前記スクリプトプログラムから操作される処理プログラムの実装ファイルを蓄えておき、このうちサーバアプリケーションの構成要素として利用するテンプレートファイルを選びその名称を指定する手段。 The (1) on the development computer file system, keep stored implementation file processing program to be operated template file describing the script program to generate the display information of the Web page, and the script program, the out to select the template file to be used as a component of the server application means to specify its name.

【0014】(2)(1)で指定したテンプレートファイルに記述したスクリプトプログラムを解析して、テンプレートファイルを参照している箇所、および別の処理プログラムを呼び出している箇所を識別して、参照先および呼び出し先を特定する手段。 [0014] (2) (1) by analyzing the script program written to the specified template file, the point is referring to the template file, and to identify the place that calls another processing program, the reference destination and means for specifying a call destination.

【0015】(3)(2)の処理を繰り返し行い、前記サーバアプリケーションの実行時に参照されるテンプレートファイルおよび呼び出される処理プログラムの一覧を求めて、出力装置に表示する手段。 The (3) repeats the processing of (2), seeking a list of the template file and invoked processing program is referred to when the server application execution, means for displaying the output device.

【0016】(4)(2)で求めた参照先および呼び出し先のうち、未解決の参照または呼び出しとなっているものを求めて出力装置に表示する手段。 The (4) (2) Reference, and among the callee obtained, means for displaying on the output device determined what that is the reference or invocation unresolved.

【0017】(5)(4)で求めた未解決の参照および呼び出しを修正して解決する手段。 [0017] (5) means to be resolved by modifying the unresolved references and call obtained in (4).

【0018】(6)前記サーバアプリケーションの実行時に必要となるテンプレートファイルと処理プログラムの実装ファイルの組を、Webサーバを実行するサーバ計算機またはサーバ計算機から参照可能な計算機上のファイルシステムに転送する手段。 The (6) wherein a set of implementation file server application template file processing program required for runtime means for transferring from a server computer or the server computer executes the Web server to the file system on the referenceable computer .

【0019】 The

【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施例について説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, a description will be given of an exemplary embodiment of the present invention.

【0020】図2は、本発明を実施する計算機装置のハードウェア構成を示したものである。 FIG. 2 shows a hardware configuration of a computer system for implementing the present invention. 計算機200は、 Computer 200,
内部記憶装置である主記憶装置206、ファイルシステムにより管理されるファイルの実体を格納する外部記憶装置203、前記主記憶装置203に蓄えられたプログラムを実行する中央処理装置204、利用者からの入力を受けるための入力装置202、計算機の処理結果を出力する表示装置201、およびネットワーク回線を介して計算機の間でデータの送受信を行うためのネットワーク装置205から構成される。 Main memory 206 is an internal storage device, the central processing unit 204 for executing an external storage device 203, a program stored in the main storage device 203 for storing the entity of the file managed by the file system, the user's input input device 202 for receiving the configured display device 201 outputs the processing result of the computer, and via a network line between the computer from the network device 205 for transmitting and receiving data. これらの機器は、データを転送するためのバス装置207により互いに接続されている。 These devices are connected to each other by a bus system 207 for transferring data.

【0021】本発明は、これらの機器からのデータ入力、あるいは機器へのデータ出力、およびデータの加工や検査を、主記憶装置206にロードされたプログラムに従って制御することで実現するものである。 [0021] The present invention relates to a data input from these devices, or data output to the device, and data processing and inspection, is realized by controlling according loaded into the main memory 206 program.

【0022】具体的な処理手順について説明する前に本実施例で用いる用語について説明しておく。 The previously described terms used in the present embodiment Before describing specific processing procedure. 本発明では、Webサーバプログラムと連携して動作するアプリケーションプログラムを“Webサーバアプリケーション”と呼ぶ。 In the present invention, an application program that operates in cooperation with the Web server program is called a "Web Server Application". また、オブジェクト指向にもとづき外部公開する処理手続きをメソッドとして実装したオブジェクトを“処理オブジェクト”と呼び、処理オブジェクトの実装を含むファイルを“処理オブジェクトモジュールファイル”と呼ぶ。 Also, it referred to as an object that implements the processing procedures that external public as methods "processing object" based on the object-oriented, the file containing the implementation of the processing object is referred to as a "processing object module file". オブジェクト指向については“小野沢博文、分散オブジェクト指向CORBA、ソフトリサーチセンター(1996)”(文献4)のpp. The object-oriented pp for "Hirofumi Onozawa, distributed object-oriented CORBA, soft Research Center (1996)" (Literature 4). 13−2 13-2
1で説明されている。 It has been described in 1. なお、処理オブジェクトに外部からアクセスする方法については、分散オブジェクト指向技術CORBA(Common Object Req Note that the method of access from the outside to the processing object, distributed object oriented technology CORBA (Common Object Req
uest Broker Architectute) uest Broker Architectute)
の場合の例が、前記文献4のpp. Examples of cases are of the literature 4 pp. 176−178に記されている。 They are written to 176-178. 本文献に示されている例では、ネーミングサービスを設けて、オブジェクトの参照情報であるオブジェクトリファレンスを登録して利用するためのサービスを提供する。 In the example shown in the literature, it provided a naming service provides services to utilize to register an object reference is a reference information of an object. オブジェクトに名前を付けてネーミングサービスに登録しておき、クライアントプログラムは、 May be registered in the naming service with a name to an object, the client program,
登録された名前からオブジェクトを検索することで、オブジェクトにアクセスする。 By searching the object from the name that is registered, to access the object. ここで、ネーミングサービスは特定の実装を仮定していないので、既存システムの実装を使用した実装も、ファイルシステムを使用した実装もありうる。 Since naming service does not assume a specific implementation, also implementation using the implementation of existing systems, there may be implemented using a file system. 本実施例では、ファイルシステム上のファイルに、処理オブジェクトの名前と処理オブジェクトの実装ファイルの名前を登録し、登録された処理オブジェクトの名前から処理オブジェクトの実装を検索する方法を用いる。 In this embodiment, the file on the file system, to register the name of the implementation file name and processing object processing object, a method for searching the implementation of processing objects from the names of the registered processing object.

【0023】また、「従来の技術」で述べたように、W [0023] In addition, as described in the "Background of the Invention", W
ebページの表示情報を生成するためのスクリプトプログラムを含むファイルを“テンプレートファイル”と呼ぶ。 The file contains a script program for generating display information of eb the page is referred to as a "template file".

【0024】図1は、Webサーバアプリケーション開発システム116の動作環境と構成を示したものである。 [0024] Figure 1 shows the operating environment and configuration of the Web server application development system 116. まず、動作環境について説明する。 First, the operating environment will be described. 動作環境としては「従来の技術」で述べた従来技術であるWWWを使用する。 As the operating environment using WWW is a prior art mentioned in "Background of the Invention". 開発用計算機101はWebサーバアプリケーション開発システム116を実行する計算機である。 Development computer 101 is a computer executing a Web server application development system 116. サーバ計算機102はWebサーバアプリケーション実行システム119を実行する計算機である。 The server computer 102 is a computer that executes a Web server application execution system 119. クライアント計算機104はWebブラウザシステム115を実行する計算機である。 The client computer 104 is a computer executing a Web browser system 115. 開発用計算機101、サーバ計算機10 Development computer 101, server computer 10
2およびクライアント計算機104は、ネットワーク回線103により接続されている。 2 and the client computer 104 are connected by a network line 103. 開発用計算機101の外部記憶装置203には、テンプレートファイル108 The external storage device 203 on the development computer 101, the template files 108
と、処理オブジェクトモジュールファイル109と、処理オブジェクト登録ファイル107が格納されている。 When a processing object module file 109 processing object registration files 107 stored therein.

【0025】続いて構成について説明する。 [0025] Subsequently, the configuration will be described. Webサーバアプリケーション開発システム116は、テンプレートファイルデバッグ処理105、呼び出し情報管理テーブル106、未解析テンプレートテーブル117、呼び出し情報一時保存テーブル118から構成される。 Web Server application development system 116, the template file debugging 105, call information management table 106, unanalyzed template table 117 consists of the call information temporary storing table 118. We We
bサーバアプリケーション開発システム116は、We b server application development system 116, We
bサーバアプリケーション実行システム119を実行する場合に必要なテンプレートファイルと処理オブジェクトモジュールファイルを特定する情報を取得して、特定したファイルの名称の一覧を出力装置である表示装置2 b server application execution system 119 to acquire the information for specifying the template file and the processing object module file required when run, displays an output device a list of names of the specified file system 2
01に表示するとともに、テンプレートファイルに記述したスクリプトプログラムに含まれる未解決の参照を識別して、参照先の情報を特定する情報を表示装置201 And displays 01, to identify the unresolved references contained in the script program written in the template file, displaying the information specifying the reference destination information device 201
に表示し、さらに未解決の参照を修正する処理を行う。 Displayed on, it performs processing to further modify the unresolved references.
続いて、Webサーバアプリケーション実行システム1 Then, Web server application execution system 1
19を実行するために必要なテンプレートファイルおよび処理オブジェクトモジュールファイルを、サーバ計算機102上の外部記憶装置203であるディスク装置に転送し、ファイルシステム上のファイルとして格納する。 A template file and processing the object module file necessary for executing the 19 is transferred to the disk device as an external storage device 203 on the server computer 102, stored as a file on the file system. テンプレートファイル113および処理オブジェクトモジュールファイル114が、前記格納したファイルに該当する。 Template files 113 and processing the object module file 114., corresponding to the stored files. Webブラウザシステム115は、入力装置202から利用者が入力したHTMLデータ転送要求をWebサーバアプリケーション実行システム119に転送する。 Web browser system 115 transfers the HTML data transfer request input by the user from the input device 202 to Web server application execution system 119. Webサーバアプリケーション実行システム119はWebブラウザシステム115から転送された要求にもとづいて、テンプレートファイル113を読み込んでテンプレートファイル113に含まれるスクリプトプログラムを解釈実行し、HTMLデータを生成してWebブラウザシステム115に転送する。 Based on the request forwarded Web server application execution system 119 the Web browser system 115 interprets executes a script program that is included in the template file 113 reads the template file 113, the Web browser system 115 generates HTML data Forward. Webサーバアプリケーション実行システム119は、スクリプトプログラムの解釈実行の際、スクリプトプログラムの記述ないように従って他のテンプレートファイル113を参照して読み込むとともに、処理オブジェクトを起動して処理結果を受け取り、テンプレートファイルに埋め込む処理を行う。 Web server application execution system 119, when the interpretation execution of the script program, reads in referring to another template file 113 according to not the description of the script program, receives the processing result start processing object is embedded in the template file handle do. Webブラウザシステムは、前記転送されたHTMLデータを受信して、表示装置201に表示する。 Web browser system receives the transferred HTML data is displayed on the display device 201.

【0026】本発明に該当するWebサーバアプリケーション開発システム116について具体的に説明する前に、Webサーバアプリケーション開発システム116 [0026] Before specifically explaining Web server application development system 116 corresponding to the present invention, Web server application development system 116
の適用対象とするWebサーバアプリケーション実行システム119およびWebブラウザシステム115の基本動作について説明する。 It will be described the basic operation of the Web server application execution system 119 and Web browser system 115 to be applied.

【0027】図7は、処理オブジェクト登録ファイル1 FIG. 7, the processing object registration file 1
07のデータ構造を示すものである。 Data structure 07 shows the. 処理オブジェクト登録ファイル107の内容は、処理オブジェクト登録エントリ701と呼ぶデータ構造を要素として持つ配列である。 The contents of the processing object registration file 107 is an array having a data structure called a process object registration entries 701 as elements. 処理オブジェクト登録エントリ701は、インデックスと呼ぶ整数702、処理オブジェクトの名称を示す文字列703および処理オブジェクトが実装されたモジュールファイルの名称を示す文字列704から構成されるデータ構造である。 Processing object registration entry 701, integer 702 referred to as the index is a data structure composed of a character string 704 indicating a name of a module file string 703 and process objects are mounted shows the names of the processing object.

【0028】続いて、図3および図6のフローチャートを用いて、構成要素間の関係について説明する。 [0028] Then, with reference to the flowcharts of FIGS. 3 and 6, a description will be given of the relationship between the components.

【0029】図3のフローチャートは、Webブラウザシステム115およびWebサーバアプリケーション実行システム119の処理の流れを示している。 The flowchart of FIG. 3 shows a flow of processing of the Web browser system 115 and Web servers application execution system 119. 図4は、 4,
Webブラウザシステム115による、表示装置201 According to the Web browser system 115, the display device 201
へのWebブラウザ画面403の表示例である。 It is a display example of the Web browser screen 403 to. 図5の500に示したHTMLデータをWebブラウザシステム115に読み込ませることにより、図4に示したWe By loading the HTML data shown in 500 of FIG. 5 in a Web browser system 115, shown in FIG. 4 We
bブラウザ画面403を表示することができる。 It is possible to display the b browser window 403. まずステップ301で、。 Firstly in step 301,. Webブラウザ画面403上で、入力装置202からURL(Universal Res On the Web browser screen 403, from the input device 202 URL (Universal Res
ource Locator)を指定する。 To specify the ource Locator). URLについては、「従来の技術」で述べた文献1のpp. The URL, the document 1 mentioned in "Background of the Invention" pp. 6−1 6-1
0で説明されている。 It has been described in the 0. URLを指定する方法には、We The way to specify the URL, We
bブラウザ画面400の入力域402に入力装置から文字列を入力する方法と、401で示されるアンカーと呼ばれる部分を入力装置202である画面指示装置で指示する方法がある。 A method of inputting a character string from the input device to the input area 402 of the b browser screen 400, there is a method of instructing the screen indication device is an input device 202 a part, called the anchor indicated by 401. 401で示されるアンカーは、図5のHTMLデータにおける501で示される部分に基づいて表示されたものである。 Anchor represented by 401 is displayed on the basis of the portion indicated by 501 in the HTML data of FIG. 401で示されるアンカーを前記画面指示装置で指示すると、入力域402に、50 When the anchor indicated by 401 indicated at the screen indication device, the input area 402, 50
2で示されるURL“http://cgi−bin/ URL indicated by the 2 "http: // cgi-bin /
page? page? TEMPLATE=SHOPDOOR. TEMPLATE = SHOPDOOR. TM TM
PL&SHOPNAME=A”を入力した場合と同じ結果が得られる。次にステップ302で、前記指定したU PL & SHOPNAME = A "same as entering a is obtained. Next in step 302, U mentioned above specified
RLをサーバ計算機102上で実行されているWebサーバプログラム110に送信し、HTMLデータの転送要求を行う。 Sends a RL in Web Server program 110 executing on server computer 102, transfers request for HTML data. Webサーバプログラム110は、ステップ304で前記送信されたURLを受信すると、ステップ305でHTMLデータ生成処理111をCGI(C Web server program 110 receives the transmitted URL in step 304, the CGI (C HTML data generation process 111 in step 305.
ommon Gateway Interface)のインタフェースにより起動する。 Activated by ommon Gateway Interface) interface. CGIについては、 For CGI,
“ドクタードブスジャーナル日本版、Vol.5、N "Dr. Dobbs Journal Japan version, Vol.5, N
o. o. 6、1996年6月、翔泳社”(文献5)のpp. 6, June 1996, Shoeisha "pp of (Ref. 5).
30−37で説明されている。 It has been described 30-37.

【0030】502で示されるURLでは、“pag [0030] In the URL shown in the 502, "pag
e”がHTMLデータ生成処理111を実装したプログラムのモジュール名称であり、TEMPLATE=SH e "is the module name of a program that implements the HTML data generation processing 111, TEMPLATE = SH
OPDOOR. OPDOOR. TMPLおよびSHOPNAME=AがHTMLデータ生成処理111に対して渡すパラメータとなる。 TMPL and SHOPNAME = A is a parameter passed for HTML data generation processing 111. 起動されたHTMLデータ生成処理111は、 The activated HTML data generation processing 111,
HTMLデータ307を生成して、生成したHTMLデータ307をWebサーバプログラム110に送信する。 And generates HTML data 307, and transmits the generated HTML data 307 to the Web server program 110. Webサーバプログラム110は、HTMLデータ生成処理111の処理が終了すると、前記送信されたH Web server program 110 the processing of HTML data generating process 111 is completed, is the transmission H
TMLデータ307をステップ306で受け取り、さらにWebブラウザシステム115に転送する。 It receives TML data 307 in step 306, further transferred to the Web browser system 115. Webブラウザシステムは、前記転送されたHTMLデータ30 Web browser system, HTML data 30 the transferred
7をステップ303で受信し、Webブラウザ画面40 7 received in step 303, Web browser screen 40
3上に文字、画像等を表示する。 3 to display characters, images and the like on.

【0031】図6は、HTMLデータ生成処理111のフローチャートである。 [0031] FIG. 6 is a flowchart of the HTML data generation processing 111. まずステップ601で、TEM First, in step 601, TEM
PLATEパラメータに指定された文字列を取得する。 Get a string that has been specified in the PLATE parameters.
前記502で示されるURLの例では、TEMPLAT In the example of the URL represented by 502, templat
Eパラメータの値は“SHOPDOOR.TMPL”である。 The value of the E parameter is "SHOPDOOR.TMPL". 次にステップ602で、TEMPLATEパラメータで名称が指定されているテンプレートファイル11 In step 602, a template file 11 by name TEMPLATE parameter is specified
3のデータを読み込む。 Read the third data. 続いてステップ603で、前記読み込んだデータに含まれるスクリプトプログラムを解析し、前記スクリプトプログラムに従って呼び出しを行う。 Followed by step 603, analyzes the script program contained in the read data, a call according to the script program.

【0032】本実施例では、ステップ603で行う呼び出しとして、処理オブジェクト呼び出しおよびインクルード呼び出しの2種類を用いる。 The present example, as call performed in step 603, using two types of processing object invocation and include call. 前記処理オブジェクト呼び出しは、処理オブジェクトモジュールファイル11 The processing object call, processing object module file 11
4に実装された処理オブジェクトを呼び出し、前記処理オブジェクトの処理結果を前記読み込んだデータに埋め込む処理である。 4 calls the implemented processing object, is the processing result of the processing object and the processing of embedding the data read above. 前記インクルード呼び出しは、前記スクリプトプログラムに従って、指定されたテンプレートファイル113の内容を前記読み込んだデータに埋め込む処理である。 The include call according the script program, it is a process to embed contents of the specified template file 113 to the data read above.

【0033】なお本実施例では、ステップ603で行う以外の呼び出しとしてページ生成呼び出しがある。 [0033] In the present embodiment, a page generated calls as calls except that a step 603. 前記ページ生成呼び出しは、HTMLデータ生成処理111 The page generation call, HTML data generation processing 111
がテンプレートファイル113を読み込んで生成したH H but generated reads the template file 113
TMLデータ307に含まれるハイパーリンクによって、処理ステップ301以降の処理が実行され、再度H Hyperlinks contained in the TML data 307, processing in subsequent processing steps 301 can be performed again H
TMLデータ生成処理111でテンプレートファイル1 TML template file 1 data generation process 111
13を読み込んでHTMLデータ307を生成するような、テンプレートファイル113間の呼び出し関係を示す。 13 so as to generate HTML data 307 reads, shows the call relationship between the template file 113. なお、ハイパーリンクについては「従来の技術」で述べた文献1のp. Note that hyperlink references 1 mentioned in "Background of the Invention" p. 5で説明されている。 It has been described 5.

【0034】図8および図9は、テンプレートファイルの記述例である。 FIG. 8 and FIG. 9 is an example of the description of the template file.

【0035】図10は、図8および図9に示したテンプレートファイルを元に生成されるHTMLデータ307 [0035] FIG. 10 is, HTML data 307 is generated based on the template file as shown in FIGS. 8 and 9
の内容の例を示したものである。 We illustrate an example of the contents.

【0036】図11は、図10に示したHTMLデータをWebブラウザシステム115で読み込んだ場合のW [0036] FIG. 11, W in the case of reading the HTML data shown in FIG. 10 in the Web browser system 115
ebブラウザ画面403の表示例である。 eb is a display example of the browser screen 403.

【0037】以下、ステップ603の処理を図8から図11を用いて説明する。 [0037] Hereinafter, will be explained with reference to FIG. 11 the process of step 603 from Figure 8. 本実施例では、テンプレートファイルは、通常のHTML記述の中にスクリプトプログラムを埋め込む形で定義する。 In this embodiment, the template file is defined in a manner to embed the script program in the normal HTML description. スクリプトプログラムは“<!@”および“>”で囲んだ区間に記述して、通常のHTMLで記述された部分と区別する。 The script program "<! @" And ">" are described in the enclosed section at, distinguish it from the written portion in the normal HTML. また、変数は“$”で始まる文字列で表記する。 In addition, the variable is written in string beginning with "$." 処理ステップ601 Process step 601
で取得したパラメータは、テンプレートファイルに含まれるスクリプトプログラム中では変数として扱うことができる。 Parameters acquired in is, can be treated as a variable in the script program that is included in the template file. 例えば、502で示されるURLをステップ3 For example, Step 3 the URL indicated by 502
01で指定した場合は、スクリプトプログラム中では、 If you specify in the 01 in the in the script program,
値“A”の変数$SHOPNAMEとして扱うことができる。 Can handle as a variable $ SHOPNAME value "A".

【0038】テンプレートファイルSHOPDOOR. [0038] template file SHOPDOOR.
TMPL(801)では、802および805で示される部分が前記スクリプトプログラムである。 In TMPL (801), the portion indicated by 802 and 805 is the script program. スクリプトプログラム802は前記処理オブジェクト呼び出しを表しており、“<!@EXEC変数名称=処理オブジェクト名称.メソッド名称()>”の形式で1行に記述する。 Script program 802 represents the processing objects calls, described on a single line in the form of "<! @ EXEC variable name = processing object names. Method name ()>". スクリプトプログラム802は、処理オブジェクトPERSONのGetGenderメソッドを呼び出し、その戻り値を変数$GENDERに設定する処理を表している。 Script program 802, call the GetGender method of processing object PERSON, it represents the process of setting the return value to a variable $ GENDER.

【0039】なお、処理オブジェクトの起動は、処理オブジェクト登録ファイル107を参照して、処理オブジェクトの名称703の値に対応するモジュールファイルのパス名称704を取得することにより行う。 It should be noted, activation of the processing object is performed by referring to the processing object registration file 107, obtains the path name 704 of the module file that corresponds to the value of the name 703 of the processing object. なお、同一のエントリの計算機名称705に登録されている文字列が空でない場合は、ネットワーク回線103を介して、計算機名称705で指定される計算機上の処理オブジェクトモジュールファイル114を起動する。 In the case character string registered in the computer name 705 of the same entry is non-empty, via the network line 103, it activates the computer name 705 process the object module file 114 on a computer that is specified by. 前記登録されている文字列が空である場合は、サーバ計算機1 If the string being the registration is empty, the server computer 1
02自信の前記ディスク装置上の処理オブジェクトモジュールファイル114を起動する。 02 activates the disk device on process object module file 114 of confidence.

【0040】スクリプトプログラム805全体は条件分岐を表しており、変数$GENDERの値が“男”の場合はスクリプトプログラム803を実行し、それ以外の場合はスクリプトプログラム804を実行する。 The entire script program 805 denotes a conditional branch, if the value of the variable $ GENDER is "man" to run a script program 803, otherwise to execute the script program 804. スクリプトプログラム803およびスクリプトプログラム80 Script program 803 and the script program 80
4は前記インクルード呼び出しを表しており、“<!@ 4 represents the include call, "<! @
INCLUDE テンプレートファイル名称>”の形式で1行に記述する。スクリプトプログラム803は、テンプレートファイルMAN.TMPLを読み込み、その内容を本処理が記述されている箇所に埋め込む処理を表している。スクリプトプログラム804は、テンプレートファイルWOMAN.TMPLを読み込み、その内容を本処理が記述されている箇所に埋め込む処理を表している。 Described on a single line in the form of INCLUDE template file name> ". The script program 803 reads the template file MAN.TMPL, represents a process of embedding a portion of the contents present process is described. Script program 804 may read the template file WOMAN.TMPL, it represents a process of embedding a portion of the contents present process are described.

【0041】次に、テンプレートファイルMAN. Next, the template file MAN. TM TM
PL(901)およびWOMAN. PL (901) or WOMAN. TMPL(904) TMPL (904)
の記述内容を説明する。 Explaining the description content. 902、903、905および906で示される部分がスクリプトプログラムであり、 Portion indicated by 902,903,905 and 906 are script program,
いずれも前記ページ生成呼び出しを表している。 Both of which represent the page generated call. 前記ページ生成呼び出しは“<A HREF=“http:/ The page generation call "<A HREF =" http: /
/cgi−bin/page? / Cgi-bin / page? TEMPALTE=テンプレートファイル名称&引数1=引数1の値&引数2= TEMPALTE = template file name and argument 1 = argument value of 1 & argument 2 =
引数2の値&. Argument 2 values ​​&. . . &引数n=引数nの値”>“の形式で記述する。 And the value of the argument n = argument n ">" described in the form of. 902および905で示される部分は、テンプレートファイルWEAR. Portion indicated by 902 and 905, template file WEAR. TMPL(907)を元にHTMLデータ生成処理111によって生成されるH H produced by HTML data generation processing 111 TMPL the 907 based
TMLデータ307へのハイパーリンクを表している。 It represents a hyperlink to the TML data 307.
903で示される部分は、テンプレートファイルGOL Portion indicated by 903, the template file GOL
F. F. TMPLを元に、HTMLデータ生成処理111によって生成されるHTMLデータ307へのハイパーリンクを表している。 Based on TMPL, it represents a hyperlink to HTML data 307 generated by the HTML data generation processing 111. 906で示される部分は、テンプレートファイルCOSMETIC. Portion indicated 906, the template file COSMETIC. TMPLを元に、HT Based on TMPL, HT
MLデータ生成処理111によって生成されるHTML HTML produced by ML data generation processing 111
データ307へのハイパーリンクを表している。 It represents a hyperlink to the data 307.

【0042】続いて、テンプレートファイルWEAR. [0042] Subsequently, the template file WEAR.
TMPL(907)の記述内容を説明する。 To explain the description contents of the TMPL (907). 908で示される部分全体がスクリプトプログラムである。 Whole part indicated by 908 is a script program. スクリプトプログラム908は繰り返しの処理を表しており、 Script program 908 represents the repetition of the process,
内部にスクリプトプログラム909、910および91 Internal to the script program 909, 910 and 91
1を含む。 Including 1. スクリプトプログラム909およびスクリプトプログラム910は処理オブジェクト呼び出しである。 Script program 909 and the script program 910 is a processing object calls. スクリプトプログラム909は、GOODSDBオブジェクトのGetGoodメソッドを呼び出し、処理結果を変数$GOODに設定する処理を表している。 Script program 909, which represents the process of calling the GetGood method of GOODSDB object, set the processing result to the variable $ GOOD. スクリプトプログラム910は、GOODSDBオブジェクトのGetPriceメソッドを呼び出し、処理結果を変数$PRICEに設定する処理を表している。 Script program 910, which represents the process of calling the GetPrice method of GOODSDB object, to set the processing result to the variable $ PRICE. スクリプトプログラム911は、変数$GOODおよび$P Script program 911, the variable $ GOOD and $ P
RICEに設定された内容を、両変数名称が記述された箇所に埋め込む処理を表している。 The set contents RICE, represents a process for embedding the portion where the two variable name is described. 1001は、ステップ602でテンプレートファイルSHOPDOOR. 1001, template files SHOPDOOR at step 602. FIG. T
MPL(801)を読み込んだ場合にステップ603で生成されるHTMLデータの例である。 When reading the MPL (801) is an example of HTML data generated in step 603. 1101は、H 1101, H
TMLデータ1001をWebブラウザシステム115 The TML data 1001 Web browser system 115
で読み込んだ場合のWebブラウザ画面の表示例である。 It is a display example of the Web browser screen when read in. Webブラウザ画面1101上で、前記アンカーである1102で示される箇所を前記画面指示装置で指示すると、HTMLデータ1001に含まれるハイパーリンク1002にもとづき、再度ステップ302が実行され、その結果ステップ602でテンプレートファイルW On the Web browser screen 1101, the when a portion indicated by 1102 is the anchor indicated at the screen indication device, based on the hyperlink 1002 that is included in the HTML data 1001, is the step 302 is executed again, the template as a result in step 602 file W
EAR. EAR. TMPL(907)が読み込まれ、再度ステップ603が実行されHTMLデータ307が生成される。 TMPL (907) are read, HTML data 307 is generated is step 603 is performed again. 生成されるHTMLデータ307の例を1003に示す。 An example of HTML data 307 which is generated is shown 1003. 1103は、HTMLデータ1003をWebブラウザシステム115で読み込んだ場合のWebブラウザ画面の表示例である。 1103 is a display example of the Web browser screen when you read the HTML data 1003 in a Web browser system 115. さらにステップ604で、ステップ603の処理結果であるHTMLデータ307をW Further in step 604, the HTML data 307 is the processing result of step 603 W
ebサーバプログラム110に送信する。 eb to the server program 110.

【0043】以上で、Webブラウザシステム115およびWebサーバアプリケーション実行システム119 [0043] In the above, Web browser system 115 and Web server applications execution system 119
の説明を終わる。 It concludes the description.

【0044】続いて、本発明に該当するWebサーバアプリケーション開発システム116の動作について具体的に説明する。 [0044] Then, specific description of an operation of the Web server application development system 116 corresponding to the this invention.

【0045】図12は、Webサーバアプリケーション開発システム116に含まれるテンプレートファイルデバッグ処理105のフローチャートを示したものである。 [0045] Figure 12 shows a flowchart of the template file debugging process 105 included in the Web server application development system 116. まずステップ1201で、入力装置202から、開発用計算機101の前記ディスク装置のファイルシステム上に格納されたテンプレートファイル108に含まれるファイルの名称を1個以上指定する。 First, in step 1201 an input unit 202. To specify the names the files contained in the template file 108 stored onto the file system of the disk device development computer 101 of one or more. ステップ120 Step 120
2で、前記名称を指定したテンプレートファイル108 In 2, the template file 108 you specify the name
のデータを読み込み、前記読み込んだデータ中に含まれるスクリプトプログラムを解析し、スクリプトプログラム中に含まれる呼び出しの情報を取得する。 I read the data, analyzes the script program that is included in the read data, to acquire the information of the call contained in the script program. 続いて呼び出しによって参照されるテンプレートファイル108についても呼び出しの情報を取得する。 Then also I acquire information of the call for template files 108 referenced by the call. 本処理を繰り返し行うことにより、テンプレートファイル108および前記処理オブジェクトに関する呼び出し関係の情報を取得して、前記取得した呼び出し関係の情報を呼び出し情報管理テーブル106に保存する。 By repeating this process, it acquires information of the calling relationship about the template file 108 and the process object, to store the information of the acquired call related to the call information management table 106. 続いてステップ120 Subsequently, in step 120
3で、呼び出し情報管理テーブル106のデータを読み込み、Webサーバアプリケーション実行システムで使用するすべてのテンプレートファイルと処理オブジェクトの名称を表示装置201に表示する。 In 3 reads data of call information managing table 106. displays the names all the template file and process objects used in Web Server application running system to the display device 201. FIG. さらにステップ1204で、呼び出し情報管理テーブル106に保存されたデータから、呼び出し先のテンプレートファイルまたは処理オブジェクトが利用可能でない、未解決の呼び出しの情報を取得して、表示装置201に表示する。 Further in step 1204 from the data stored in the call information administration table 106. template file or process object callee is available, it obtains the calling information unresolved displayed on display device 201. ステップ1205で未解決の呼び出しが存在する場合は、 If the outstanding call exists in step 1205
ステップ1207に進んで、Webサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイル108と処理オブジェクトモジュールファイル109をサーバ計算機102に転送し、サーバ計算機102の前記ディスク装置に格納し、処理を終了する。 Proceed to step 1207 to transfer a template file 108 and the processing object module file 109 required to execute a Web server application executing system 119 to the server computer 102, and stored in the disk device of the server computer 102, the process ends to. ステップ1205で未解決の呼び出しが存在する場合は、ステップ1206で未解決の呼び出しを修正した後、ステップ1202に戻る。 If the outstanding call in step 1205 is present, after modifying the outstanding call in step 1206, and returns to step 1202.

【0046】次に、テンプレートファイルデバック処理105で用いるデータ構造について説明する。 Next, a description will be given of the data structure used in the template file debugging process 105.

【0047】図15は、未解析テンプレートテーブル1 [0047] FIG. 15, unanalyzed template table 1
17のデータ構造を示すものである。 It shows the data structure of 17. 未解析テンプレートテーブル117は、スクリプトプログラムに含まれる呼び出しの情報がまだ未解析のテンプレートファイルの情報を登録しておくためのテーブルである。 Not analysis template table 117, information of calls that are included in the script program is a table of order to keep still register the information of the template file of unanalyzed. 未解析テンプレートテーブル117の内容は、未解析テンプレートエントリ1501と呼ぶデータ構造を要素として持つ配列である。 Content unanalyzed template table 27 is an array having a data structure called a unanalyzed template entry 1501 as elements. 未解析テンプレートエントリ1501は、インデックスと呼ぶ整数1502、テンプレートファイル108の名称を示す文字列1503、およびテンプレートファイルの状態を示す整数1504から構成されるデータ構造である。 Unparsed template entry 1501 is a data structure composed of integers 1502, integer 1504 indicating the state of the string 1503, and the template file indicating the name of the template file 108 referred to as the index. 状態を示す整数1504は、定数DE Integer 1504 indicating the state is constant DE
FAULTまたは定数ADDのいずれかの値を取りうる。 It can take a value of either FAULT or constant ADD. DEFAULTは、最初にステップ1201で指定したテンプレートファイルを指し、ADDは、ステップ1202以降の処理が追加したテンプレートファイルを指す。 DEFAULT refers to first template file specified in Step 1201, ADD refers to template file processing after step 1202 is added.

【0048】図16は、呼び出し情報一時保存テーブル118のデータ構造を示すものである。 [0048] Figure 16 shows a data structure of call information temporary storing table 118. 呼び出し先一時保存テーブル118は、特定のテンプレートファイルのスクリプトプログラムによって呼び出されるテンプレートファイルまたは処理オブジェクトの情報を、一時的に保存しておくためのテーブルである。 Callee temporary storing table 118, the information of the template file or process object called by a particular template file for the script program, a table for temporarily storing. 呼び出し先一時保存テーブル118の内容は、呼び出し先テンプレートエントリ1601とよぶデータ構造を要素として持つ配列である。 The contents of the called temporary storing table 118 is an array having a data structure called a callee template entry 1601 as elements. 呼び出し先テンプレートエントリ1601は、 Call destination template entry 1601,
インデックスと呼ぶ整数1602、呼び出し先のテンプレートファイルまたは処理オブジェクトの名称を示す文字列1603、および呼び出しの種別を示す整数160 Integer 1602 called the index, integer 160 indicating the type of string 1603, and call indicates the name of the called template file or process object
4から構成されるデータ構造である。 Is a data structure comprised of four. 呼び出しの種別を示す整数1604は、定数GENERATE、INCL Integer 1604 indicating the type of call, constant GENERATE, INCL
UDE、OBJECTのいずれかの値を取りうる。 UDE, you can take one of the following values: OBJECT. 各々の値は、順にページ生成呼び出し、インクルード呼び出し、処理オブジェクト呼び出しを表す。 Each value in turn page generation calls, calls include, represents the process object invocations.

【0049】図17は、呼び出し情報管理テーブル10 [0049] FIG. 17, call information management table 10
6のデータ構造を示すものである。 Data structure of 6 illustrates a. 呼び出し情報管理テーブル106は、Webサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイルおよび処理オブジェクトの情報と、テンプレートファイルおよび処理オブジェクトに関する呼び出し関係の情報を保持しておくためのテーブルである。 Call information management table 106 is a table for retaining the template files and the processing object information necessary to run the Web server application execution system 119, information of call relationship about the template file and the processing object. 呼び出し情報管理テーブルの内容は、呼び出し情報管理エントリ1 The contents of the call information management table, call information management entry 1
701と呼ぶデータ構造を要素として持つ配列である。 Data structure called a 701 is an array with the elements.
呼び出し情報管理エントリ1701は、インデックスと呼ぶ整数1702、テンプレートファイルまたは処理オブジェクトの名称を示す文字列1703、テンプレートファイルまたは処理オブジェクトの種別を示す整数17 Call information management entry 1701, integer 1702 called the index string 1703 indicating a name of the template file or process object, an integer indicating the type of template file or process objects 17
04、テンプレートファイルまたは処理オブジェクトの状態を示す整数1705、および呼び出し先情報管理領域1800のメモリ上のアドレスを示す整数1706から構成されるデータ構造である。 04 is a data structure composed of integers 1706 indicating an address on the memory of the template integer 1705 indicating the state of a file or processing object and the callee information management area 1800. 種別を示す整数170 Integer 170 indicative of the type
4は、定数TEMPLATEまたは定数OBJECTのいずれかの値を取りうる。 4 can take one of the values ​​of the constants TEMPLATE or constant OBJECT. 各々の値は、順にテンプレートファイル、処理オブジェクトを表す。 Each value in turn template file, represents the processing object. 状態を示す整数1705は、未解析テンプレートエントリ1501における状態を示す整数1504と同じ意味をもつ。 Integer 1705 indicating the state has the same meaning as integer 1504 showing a state in unparsed template entry 1501.

【0050】図18は、呼び出し先情報管理領域180 [0050] FIG. 18, the call destination information management area 180
0のデータ構造を示すものである。 It shows the data structure of the 0. 呼び出し先情報管理領域106の内容は、呼び出し先情報管理エントリ18 The contents of the call destination information management area 106, the call destination information management entry 18
01と呼ぶデータ構造を要素として持つ配列である。 01 referred to as data structures is an array with the elements. 呼び出し先情報管理エントリ1801は、インデックスと呼ぶ整数1802、テンプレートファイル中で呼び出しが記述されている箇所の行番号を示す整数1803、呼び出しの種別を示す整数1804、呼び出し先のテンプレートファイルまたは処理オブジェクトの名称を示す文字列1805、および呼び出しの状態を示す整数180 Callee information management entry 1801 is an integer 1802 called an index, an integer 1803 indicating the line number of the location where calls in the template file have been described, the integer 1804 indicating the type of call, the callee template file or process object integer 180 indicating the state of the string 1805, and call indicates the name
6から構成されるデータ構造である。 It is a data structure consisting of 6. 呼び出しの種別を示す整数1804は、呼び出し先テンプレートエントリ1601における呼び出しの種別を示す整数1604と同じ意味である。 Integer indicating the type of call 1804 is the same meaning as integer 1604 indicating the type of call in the call destination template entry 1601. 呼び出しの状態を示す整数1806 Integer 1806 that indicates the state of the call
は、定数OKあるいはNGのいずれかの値を取りうる。 It can take any of the value of constant OK or NG.
OKは、呼び出し先のテンプレートファイルまたは処理オブジェクトが存在することを示している。 OK indicates that the template file or processing object of the call destination is present. NGは呼び出し先のテンプレートファイルまたは処理オブジェクトが存在しないため、参照が未解決になっていることを示している。 NG shows that for the template file or processing object of the call destination is absent, reference is made to unresolved.

【0051】続いて、図12のフローチャートの各ステップについて詳細に説明する。 The following describes in detail each of the steps of the flowchart of FIG. 12.

【0052】図13は、図12におけるステップ120 [0052] Figure 13 is a step in FIG. 12 120
2のフローチャートを示したものである。 It shows a flow chart of 2. まずステップ1301で、ステップ1201で指定したテンプレートファイルの各々について、インデックス1502、テンプレートファイル名称1503、および状態1504の値を未解析テンプレートテーブル117に登録する。 First, in step 1301, for each of the template file specified in step 1201, index 1502, and registers the template file name 1503, and the value of state 1504 to unparsed template table 117. 状態1504の値はすべてDEFAULTとする。 The value of the state 1504 is all the DEFAULT.

【0053】続いてステップ1302で、未解析テンプレートテーブル117の内容が空であるかを検査し、空である場合は処理を終了し、空でない場合はステップ1 [0053] Subsequently, in step 1302, the contents of the non-analysis template table 117 to check whether it is empty, the case is empty, the processing routine is finished. If not empty Step 1
303に進む。 Proceed to 303.

【0054】ステップ1303では、未解析テンプレートテーブル117の最後のエントリ1501に含まれるテンプレートファイル名称1503および状態1504 [0054] In step 1303, the template file name 1503 and state 1504 is included at the end of the entry 1501 of unanalyzed template table 117
の値を取り出し、それぞれ変数TEMPLATEおよびSTATUSに設定する。 Removed values, respectively set to the variable TEMPLATE and STATUS.

【0055】次にステップ1304では、ステップ13 [0055] In the next step 1304, step 13
03で参照した未解析テンプレートテーブル117の最後のエントリ1501を削除する。 To remove the last entry in 1501 of unanalyzed templates table 117 referenced in 03.

【0056】ステップ1305では、呼び出し情報管理テーブル106の末尾に呼び出し情報管理エントリ17 0056 [] In step 1305, call information in the end of the call information management table 106 management entry 17
01を追加し、テンプレートファイルまたは処理オブジェクトの名称1703にはTEMPLATEの値を登録し、状態1705にはSTATUSの値を登録する。 01 to add, in the name 1703 of the template file or processing object to register the value of the TEMPLATE, the state 1705 to register the value of STATUS.

【0057】ステップ1306では、ファイル名称がT The] In step 1306, the file name T
EMPLATEであるテンプレートファイル108を読み込み、テンプレートファイル108のスクリプトプログラムを解析して、前記呼び出しの処理が記述されている箇所を識別する。 It reads the template file 108 is EMPLATE, analyzes the script program template file 108 to identify a location where treatment of the call is described. 具体的には、“<!@EXEC変数名称=処理オブジェクト名称.メソッド名称()>”の形式で記述してある行は前記処理オブジェクト呼び出しであると判断し、“<!@INCLUDE テンプレートファイル名称>”の形式で記述してある行は前記インクルード呼び出しであると判断し、“<A HREF= Specifically, "<! @ EXEC variable name = processing object name. Method name ()>" format line that is described in the is determined to be the processing object calls, "<! @ INCLUDE template file name > 'format line that is written in the is determined that the inclusion call,' <a HREF =
“http://cgi−bin/page?TEMP "Http:? // cgi-bin / page TEMP
LATE=テンプレートファイル名称&引数1=引数1 LATE = template file name and argument 1 = argument 1
の値&引数2=引数2の値&. Of value and argument 2 = argument 2 value &. . . &引数n=引数nの値”>“の形式で記述してある行は前記ページ生成呼び出しであると判断する。 And row format are and described the argument n = value of the argument n ">" determines that it is the page generated call. 呼び出しの処理が記述されている箇所の各々について、テンプレートファイル108中の行番号と呼び出しの種別と呼び出し先の処理オブジェクトまたはテンプレートファイルの名称を取得し、エントリ1601を追加して登録する。 For each point the processing of the call is described, acquires the name of the processing object or the template file type and callee calling line numbers in the template file 108, and registers by adding an entry 1601. 呼び出し情報一時保存エントリ1601の行番号1603には前記取得した行番号を登録し、呼び出し先の名称1604には前記取得した呼出し先の名称を登録し、呼び出しの種別160 The row number 1603 of the call information temporary storage entry 1601 to register the line number the acquisition, the callee name 1604 to register the name of the callee that the acquired type of call 160
5には前記取得した呼び出しの種別を登録する。 The 5 to register the type of the acquired call.

【0058】ステップ1307ではループ制御変数iに値1を設定し、続くステップ1308で、iの値が呼び出し情報一時保存テーブル118のエントリ数を越えている場合はステップ1302に戻り、超えていない場合はステップ1309に進む。 [0058] set the value 1 to the loop control variable i in step 1307, continues at step 1308, if the case where the value of i exceeds the number of entries call information temporary storing table 118 returns to step 1302, does not exceed It proceeds to step 1309. ステップ1309以降の処理は、特定のテンプレートファイル108に含まれるスクリプトプログラム中の呼び出しによって参照されるテンプレートファイルまたは処理オブジェクトの各々について検査を行うものである。 Step 1309 and subsequent steps is to inspect for each template file or processing object referenced by calling the script program in a particular template file 108. ステップ1309では、呼び出し情報一時保存テーブル118のi番目のエントリ1601の呼び出し先の名称1604を取得し、変数D In step 1309, it retrieves the callee name 1604 of the i-th entry 1601 call information temporary storing table 118, the variable D
ESTINATIONに値を設定する。 To set the value to ESTINATION. 続くステップ1 The subsequent step 1
310では、名称がDESTINATIONである呼び出し先について検査を行う。 In 310, perform the inspection for the call destination name is DESTINATION. ステップ1310の処理の詳細については図14で説明する。 For details of the processing in step 1310 it will be described in Figure 14. ステップ1311で変数iの値に1を加えた後、ステップ1308に戻る。 After adding 1 to the variable i at step 1311, she returns to step 1308.

【0059】以上の処理で、呼び出し情報管理テーブル106には、Webサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイルおよび処理オブジェクトの情報と、テンプレートファイルおよび処理オブジェクトに関する呼び出し関係の情報が保存される。 The] In the above process, the call information management table 106, and information of the template file and the processing object required to perform the Web server application execution system 119, information call relationship about the template file and processing the object storage It is.

【0060】図14は、図13におけるステップ131 [0060] Figure 14 is a step in FIG. 13 131
0の処理を詳細化したフローチャートを示したものである。 0 of processes shows the details of and flow charts. 本フローチャートにおける変数iは、図13における変数iと同一のものである。 Variable i in the flow chart is the same as the variable i in FIG. 最初のステップ1401 The first step 1401
では、呼び出し情報一時保存テーブル118のi番目のエントリ1601に含まれる呼び出しの種別1605の値を取得し、値がOBJECTである場合はステップ1 In gets the value of the type 1605 of the call included in the i-th entry 1601 of call information temporary storing table 118, if the value is OBJECT Step 1
409に進む。 Proceed to the 409. それ以外の場合、すなわち取得した値がGENERATEまたはINCLUDEの場合はステップ1402に進む。 Otherwise, i.e., when the obtained value is GENERATE or INCLUDE proceeds to step 1402. ここで、ステップ1402から14 Here, from step 1402 14
06までは、呼び出し先がテンプレートファイルである場合の処理を、ステップ1409からステップ1413 Until 06, the processing of the case call destination is a template file, step by step 1409 1413
までは、呼び出し先が処理オブジェクトである場合の処理を示している。 Until shows the processing when the callee is the processing object.

【0061】まず、呼び出し先がテンプレートファイルである場合について説明する。 [0061] First, description will be given when the call destination is a template file. ステップ1402では、 In step 1402,
ファイル名称がDESTINATIONであるテンプレートファイル108が存在するかを検査する。 To check whether the files name there is a template file 108 is DESTINATION. 存在しない場合は、ステップ1403で、変数EXISに定数F If not, in step 1403, the constant F variable EXIS
ALSEを設定し、ステップ1407に進む。 Set ALSE, the process proceeds to step 1407. 存在する場合は、ステップ1404で、変数EXISTに定数T When present, in step 1404, the constant T to the variable EXIST
RUEを設定し、ステップ1405に進む。 Set the RUE, the process proceeds to step 1405. ステップ1 Step 1
405では、呼び出し情報管理テーブル106の内容を調べ、名称1703の値がDESTINATIONに一致するエントリ1701が登録されているかを検査する。 In 405, examines the contents of the call information management table 106 and checks whether the entry 1701 the value of the name 1703 matches the DESTINATION is registered. すでに登録されている場合はステップ1407に進み、登録されていない場合はTステップ1406に進む。 Already the program proceeds to step 1407 in the case that has been registered, if not registered, the process proceeds to step T 1406. ステップ1406では、未解析テンプレートテーブル117にエントリ1501を追加する。 In step 1406, to add an entry 1501 in the non-analysis template table 117. 追加するエントリの名称1503の値はDESTINATIONとし、状態1504の値はADDとする。 The value of the name of the 1503 entry to be added to the DESTINATION, the value of the state 1504 and ADD. ステップ140 Step 140
6が終了すると、ステップ1407に進む。 When 6 is completed, the process proceeds to step 1407.

【0062】次に、呼び出し先が処理オブジェクトである場合について説明する。 Next, a description will be given of a case call destination is a processing object. ステップ1409では、名称がDESTINATIONである処理オブジェクトが、 In step 1409, the processing object name is DESTINATION,
処理オブジェクト登録ファイル107に登録されているかを検査する。 To inspect whether it is registered in the processing object registration file 107. FIG. 登録されている場合は、ステップ141 If it is registered, step 141
0で変数EXISTに値FALSEを設定した後、ステップ1407に進む。 After setting the value FALSE to a variable EXIST 0, it proceeds to step 1407. 登録されていない場合は、ステップ1411で変数EXISTに値TRUEを設定した後、ステップ1412に進む。 If not registered, then set the value TRUE variable EXIST in step 1411, the process proceeds to 1412. ステップ1412では、 In step 1412,
呼び出し情報管理テーブル106の内容を調べ、名称1 Examine the contents of the call information management table 106, name 1
703の値がDESTINATIONに一致する呼び出し情報管理エントリ1701が登録されているかを検査する。 Paging information managing entries 1701 the value of the 703 matches the DESTINATION has checks have been registered. すでに登録されている場合はステップ1407に進み、登録されていない場合はステップ1413に進む。 Already proceed to step 1407 if it is registered, if you have not been registered proceed to step 1413. ステップ1413では、呼び出し情報管理テーブル106にエントリ1701を追加する。 In step 1413 adds an entry 1701 to call information management table 106. 追加するエントリの、名称1703の値はDESTINATIONとし、状態1705の値はADDとする。 Of entry to be added, the value of the name 1703 is set to DESTINATION, the value of the state 1705 and ADD. ステップ141 Step 141
3が終了すると、ステップ1407に進む。 And 3 is completed, the process proceeds to step 1407.

【0063】続くステップ1407では、まず図13のステップ1305で呼び出し情報管理テーブルの末尾に追加した呼び出し情報管理エントリ1701を参照して、呼び出し先情報管理領域1800のメモリ上のアドレス1706を取得する。 [0063] In step 1407, first with reference to call information management entry 1701 which is added to the end of the call information management table Step 1305 of FIG. 13, to obtain an address 1706 the memory of the callee information management area 1800. ステップ1408では、ステップ1407で取得したアドレスを参照して、呼び出し先情報管理領域1800の末尾にエントリ1801を追加する。 In 1408, with reference to the address obtained in step 1407, adding an entry 1801 the end of the call destination information management area 1800. 続いて呼び出し情報管理テーブル118を参照してi番目のエントリ1601のデータを取り出す。 Then by referring to the call information managing table 118 retrieves the data of the i-th entry 1601. 前記呼び出し先情報管理領域1800に追加するエントリ1801の行番号1803には行番号1603の値を設定し、呼び出しの種別1804には呼び出しの種別16 The callee information management in line number 1803 of the entry 1801 to be added to the region 1800 sets the value of the row number 1603, the type 1804 of the call the call type 16
05の値を設定し、呼び出し先の名称1805には呼び出し先の名称1605の値を設定し、呼び出しの状態1 Set the value of 05, the call destination name 1805 Set the value of the call destination of the name 1605 of call state 1
806には変数EXISTの値を設定する。 To set the values ​​of variables EXIST to 806.

【0064】以上で図14のフローチャートの説明を終わる。 [0064] The above concludes the description in the flowchart of FIG. 14.

【0065】図19は、ステップ1203のフローチャートを示すものである。 [0065] Figure 19 shows a flowchart of step 1203.

【0066】図20は、Webサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイルおよび処理オブジェクトの一覧を表示装置2 [0066] Figure 20 is a display device a list of template files and process objects required to perform Web server applications execution system 119 2
01に表示する画面を示すものである。 It shows a screen to be displayed on the 01.

【0067】図19および図20を用いて、必要なテンプレートファイルおよび処理オブジェクトの一覧を前記表示装置に表示する処理について説明する。 [0067] with reference to FIGS. 19 and 20, a description will be given of a process for displaying a list of the template file and processing objects needed on the display device.

【0068】まずステップ1901で、ループ制御変数iに1を設定する。 [0068] First, in step 1901, 1 is set to the loop control variable i. ステップ1902でiの値が呼び出し情報管理テーブル106のエントリ数を超えている場合は、処理を終了する。 If the value of i in step 1902 exceeds the number of entries call information management table 106, the process ends. それ以外の場合はステップ19 Otherwise step 19
03に進む。 Proceed to 03. ステップ1903では、呼び出し情報管理テーブル106のインデックス1702がiのエントリ1701を参照して、テンプレートファイルまたは処理オブジェクトの名称1703、種別1704、および状態1705の値を取得し、取得した結果を画面2008 In step 1903, call index 1702 in the information management table 106 with reference to the entries 1701 of i, the name 1703 of the template file or process object, type 1704, and obtains the value of the state 1705, the screen results obtained 2008
に表示する。 To display in. 図20の例では、2004、2005、2 The example of FIG. 20, 2004,2005,2
006で示す部分は、それぞれインデックス1702の値が1、3、6であるエントリの内容を表示したものである。 Portion indicated by 006, in which the value of each index 1702 displays the content of the entry is 1, 3, 6. 表示領域2001には、状態1705の値がDE In the display area 2001, the value of the state 1705 DE
FAULTである場合は何も表示せず、値がADDである場合は文字列「自動追加」を表示する。 Not anything to display If you are a FAULT, if the value is an ADD to display the string "Auto Add". 表示領域20 Display area 20
02には、テンプレートファイルまたは処理オブジェクトの名称1703に登録されている文字列を表示する。 02 displays the character string that has been registered in the name 1703 of the template file or processing object.
表示領域2003には、種別1704の値がTEMPL In the display area 2003, the value of the type 1704 TEMPL
ATEである場合は文字列「テンプレート」を表示し、 If it is a ATE displays the string "template",
値がOBJECTである場合は、文字列「処理オブジェクト」を表示する。 When the value is an OBJECT, displays the character string "processing object". 続いてステップ1904で変数iの値に1を加え、ステップ1902に戻る。 Then 1 is added to the value of the variable i in step 1904, returns to step 1902.

【0069】以上の処理を行うことにより、Webサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイルと処理オブジェクトの一覧を、画面2008上に表示することができる。 [0069] By performing the above process, a list of the template files and processing objects necessary to run a Web server application execution system 119, it is possible to display on the screen 2008.

【0070】図21は、ステップ1204のフローチャートを示すものである。 [0070] Figure 21 shows a flowchart of step 1204.

【0071】図22は、テンプレートファイルのスクリプトプログラムに含まれる未解決の呼び出しの情報を表示装置201上に表示する画面を示すものである。 [0071] Figure 22 shows a screen for displaying information of outstanding call included in the template file for the script program on the display device 201.

【0072】図21および図22を用いて、テンプレートファイルのスクリプトプログラムに含まれる未解決の呼び出しの情報を前記表示装置に表示する処理について説明する。 [0,072] with reference to FIGS. 21 and 22, illustrating the information of outstanding call included in the template files of the script program for processing of displaying on said display device.

【0073】まず、ステップ2101でループ制御変数iに1を設定する。 [0073] At first, it sets 1 to the loop control variable i in step 2101. ステップ2102でiの値が呼び出し情報管理テーブル106のエントリ数を超えている場合は、処理を終了する。 If the value of i in step 2102 exceeds the number of entries call information management table 106, the process ends. それ以外の場合はステップ21 Step Otherwise 21
03に進み、呼び出し情報管理テーブル106のインデックス1702の値がiのエントリ1701を参照して、呼び出し先情報管理領域1800のメモリ上のアドレス1706を取得する。 Proceeds to 03, the value of the index 1702 calls information management table 106 with reference to the entries 1701 i, to obtain the address 1706 of memory of the called information managing area 1800. 次に、ステップ2104でループ制御変数jに1を設定する。 Next, 1 is set to the loop control variable j at step 2104. 続いてステップ210 Subsequently, in step 210
5では、ステップ2103で取得したアドレスが指す呼び出し情報管理領域1800のエントリ数を取得し、j In 5 to obtain the number of entries in the call information management area 1800 indicated by the address obtained in step 2103, j
の値が取得したエントリ数を超えている場合は、ステップ2109に進んで変数iの値に1を加えた後、ステップ2102に戻る。 If the value exceeds the number of the acquired entry, after adding 1 to the value of the variable i proceeds to step 2109 and returns to step 2102. ステップ2105で、jの値が情報管理領域1800のエントリ数を超えていない場合は、 In step 2105, if the value of j does not exceed the number of entries information management area 1800,
ステップ2106に進む。 The process proceeds to step 2106. ステップ2106では、ステップ2103で取得したアドレスが指す呼び出し情報管理領域1800を参照し、インデックス1802がjのエントリの呼び出しの状態1806の値を取得する。 In step 2106, referring to the call information management area 1800 pointed to addresses obtained in step 2103, index 1802 to obtain the value of the state 1806 of the call entry j. 取得した値がNGである場合はステップ2107に進み、 If the obtained value is NG, the process proceeds to step 2107,
OKである場合はステップ2108に進む。 If it is OK, the process proceeds to step 2108. ステップ2 Step 2
107では、呼び出し情報管理テーブル106のインデックス1702がiの名称1703と、呼び出し情報管理領域1800のインデックス1802がjのエントリの行番号1803、呼び出しの種別1804、および呼び出し先の名称1805の値を取得し、取得した値を画面2209に表示する。 Obtaining at 107, with name 1703 index 1702 of i the call information managing table 106. indexes 1802 j entry row numbers 1803 call information managing area 1800 calls of type 1804 and the value of the called name 1805 , and displays the acquired value on the screen 2209. 表示領域2201には、テンプレートファイルの名称1703と、テンプレートファイル中で未解決の参照が記述されている行番号1803を併せて表示する。 The display area 2201, a name 1703 of the template file, unresolved references in the template file is displayed together the line number 1803 is described. 表示領域2202には、呼び出し先の名称1805を表示する。 In the display area 2202, displays the call destination of the name 1805. 表示領域2203には、呼び出しの種別1804の値がGENERATEの場合は文字列「ページ生成」を表示し、値がINCLUDEの場合は文字列「インクルード」を表示し、値がOBJEC In the display area 2203, the value of the type 1804 of the call is to display the character string "page generation" in the case of GENERATE, if the value is INCLUDE to display the character string "include", the value is OBJEC
Tの場合は文字列「オブジェクト」を表示する。 In the case of T for displaying the character string "object". 221 221
2の例で示されるような横方向の表示項目の組を表示行と呼ぶ。 A set of horizontal display items such as shown in the second example is referred to as a display line. 図22で、表示行2204は、「テンプレートファイルTEMPLATE02.TMPLの15行目に記述されたページ生成呼び出しで参照されているテンプレートファイルTEMPLATE06.TMPLが存在しない」ことを表している。 In Figure 22, display line 2204 represents that the "template file TEMPLATE06.TMPL referenced in the 15 line in the description pages generated call of the template file TEMPLATE02.TMPL does not exist". 表示行2205は、「テンプレートファイルTEMPLATE02.TMPLの1 Display line 2205 of "template file TEMPLATE02.TMPL 1
8行目に記述された処理オブジェクト呼び出しで参照されている処理オブジェクトOBJECTBが起動できない」ことを表している。 The referenced processing object OBJECTB in the described processing object calls to the line 8 represents the can not "be started. 表示行2206は、「テンプレートファイルTEMPLATE03.TMPLの21行目に記述されたインクルード呼び出しで参照されているテンプレートファイルTEMPLATE07.TMPL Display line 2206, "template file TEMPLATE07.TMPL that are referenced in the include described in the 21 line of the template file TEMPLATE03.TMPL call
が存在しない」ことを表している。 It represents the but does not exist "it. ステップ2107の処理が終了すると、ステップ2108で変数jの値に1 When the processing in step 2107 is completed, the value of the variable j in step 2108 1
を加え、ステップ2105に戻る。 It was added, and the flow returns to step 2105.

【0074】以上の処理により、使用するテンプレートファイルのスクリプトプログラムに記述されたスクリプトプログラムに含まれる未解決の呼び出しの情報を、画面2211上に一覧表示することができる。 [0074] By the above process, the information on the outstanding calls that are included in the description script programs to template file of script programs to be used, can be listed on the screen 2211.

【0075】図23は、図12におけるステップ120 [0075] Figure 23 is a step 120 in FIG. 12
6のフローチャートを示したものである。 It shows a 6 flowchart of.

【0076】まずステップ2301で、入力装置202 [0076] First, in step 2301, the input device 202
から、ステップ2107で表示した画面2209上の入力域2207に、追加するファイルのパス名称を入力した後、表示領域2208または表示領域2209のいずれかを前記画面指示装置で指示して、追加するファイルがテンプレートファイルであるか処理オブジェクトモジュールファイルであるかのファイル種別を指定し、さらに表示領域2210を前記画面指示装置で指示する。 From the input area 2207 on the screen 2209 displayed in step 2107, after entering the path name of the file to be added, and instructs one of the display area 2208 or the display region 2209 in the screen indication device, add files There Specifies whether the file type is either processing object module file is a template file, further instructs the display region 2210 in the screen indication device. ステップ2301で、表示領域2208を指示していた場合はステップ2306に進み、表示領域2209を指示していた場合はステップ2303に進む。 In step 2301, if you were instructing display area 2208 proceeds to step 2306, if you were instructing display area 2209 proceeds to step 2303. ステップ23 Step 23
06では、ステップ2301でパス名称を指定したファイルを、前記ディスク装置から複写してテンプレートファイル108として保存した後、ステップ2307に進む。 In 06, the file specifying the path name in step 2301, save as a template file 108 are copied from the disk device, the process proceeds to step 2307. ステップ2307では操作を続行するか判定し、続行する場合は再びステップ2301に戻り、続行しない場合は処理を終了する。 Or determined to continue the operation at step 2307, to continue the process returns to step 2301 again, if you do not want to proceed, the process ends. ステップ2303では、ステップ2301でパス名称を指定したファイルを、前記ディスク装置から複写して処理オブジェクトモジュールファイル109として保存する。 In step 2303, the file specifying the path name in step 2301 is stored as the processing object modules file 109 are copied by the disk device. 続いてステップ2304で処理オブジェクトの名称を入力装置202から入力した後、ステップ2305で処理オブジェクトの名称および処理オブジェクトが実装されたモジュールファイルのパス名称を、処理オブジェクト登録ファイル107に登録する。 Was input from the input device 202 the name of the process object at step 2304 subsequently, the path name of the module files name and process objects in the process object is implemented in step 2305, and registers the processing object registration files 107. その後ステップ2307に進む。 Thereafter, the flow advances to step 2307.

【0077】以上の処理で、Webサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイルと処理オブジェクトが開発用計算機10 [0077] In the above process, the template files and the processing object computer development necessary for executing the Web server application execution system 119 10
1の前記ディスク装置に蓄えられたことになる。 It will be stored in 1 of the disk device.

【0078】図24は、図12におけるステップ120 [0,078 Figure 24, the steps in FIG. 12 120
7のフローチャートを示すものである。 It shows the 7 flowchart of. まず、ステップ2401でループ制御変数iに1を設定する。 First, 1 is set to the loop control variable i in step 2401. ステップ2402でiの値が呼び出し情報管理テーブル106のエントリ数を超えているかを判定し、超えている場合は処理を終了する。 The value of i is determined whether or exceeds the number of entries call information management table 106 in step 2402, if it exceeds the processing ends. それ以外の場合はステップ2403に進む。 Otherwise, the process proceeds to step 2403. ステップ2403では、呼び出し情報管理テーブル106のi番目のエントリ1701の種別1704の値がTEMPLATEの場合はステップ2404に進み、値がOBJECTの場合はステップ2405に進む。 In step 2403, if a value of type 1704 i th entry 1701 call information management table 106 is TEMPLATE proceeds to step 2404, a value of OBJECT proceeds to step 2405.

【0079】ステップ2404では、ステップ2403 [0079] In step 2404, step 2403
で取得したエントリ1701中の項目1703に登録されている名称を取得し、取得した名称のテンプレートファイル108をサーバ計算機102に転送し、前記ディスク装置上のファイルであるテンプレートファイル11 Gets the name that has in is registered in the item 1703 in the entry 1701 obtained, the template files 108 of acquired name forwarded to the server computer 102, the template file 11 is a file on the disk device
3として保存する。 To save as 3.

【0080】ステップ2405では、ステップ2403 [0080] In step 2405, step 2403
で取得した呼び出し情報管理エントリ1701中の項目1703に登録されている処理オブジェクトの名称を取得し、処理オブジェクト登録ファイル107において、 In to get the name of the acquired call information management entry 1701 in processing objects registered in the item 1703, the processing object registration file 107,
処理オブジェクトの名称1703の値が、ステップ24 The value of the name 1703 of the processing object, step 24
03で取得した名称と一致するエントリ701を取得し、取得したエントリ701の項目704に登録されているファイル名称を取得する。 An entry 701 that matches the acquired name with 03 acquires, acquires the file name registered in the entry 704 of the acquired entry 701. 続いてステップ2406 Subsequently, in step 2406
では、ステップ2405で取得したファイル名称の処理オブジェクトモジュールファイル109をサーバ計算機102に転送し、前記ディスク装置上のファイルである処理オブジェクトモジュールファイル114として保存する。 In transfers processing object module file 109 of the file name acquired in step 2405 to the server computer 102, stores as a processing object module file 114 is a file on the disk device. さらにステップ2407では、ステップ2405 Furthermore, in step 2407, step 2405
で取得した処理オブジェクトの名称と、処理オブジェクトモジュールファイル114の名称を、サーバ計算機1 The names of the acquired processing object in the name of the processing object module file 114. server computer 1
02の前記ディスク装置上のファイルである処理オブジェクト登録ファイル112のエントリとして登録する。 02 to register as an entry of the process is a file on Disk object registration file 112.

【0081】以上により、サーバ計算機102上でWe [0081] According to the above, We on the server computer 102
bサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイル113および処理オブジェクトモジュールファイル114が、Webサーバアプリケーション実行システム119が利用可能な形態で、サーバ計算機102上の前記ディスク装置に蓄えられる。 Template files 113 and processing the object module file 114 necessary to run the b server application execution system 119, Web server application execution system 119 is in a form available and stored in the disk device on the server computer 102.

【0082】本実施例で述べたWebサーバアプリケーション開発システム101は、Webサーバプログラム110が稼働している計算機と同一の計算機上の前記ディスク装置に、テンプレートファイル113および処理オブジェクトモジュールファイル114を転送して蓄えるものである。 [0082] Web server application development system 101 described in this embodiment, the disk device on a computer the same computer Web server program 110 running, transfer the template file 113 and the processing object module file 114 it is intended to store Te. しかし、テンプレートファイル113および処理オブジェクトモジュールファイル114を、ネットワーク回線103を介してサーバ計算機102から参照可能な別計算機上の前記ディスク装置に転送して蓄えるとともに、処理オブジェクト登録ファイル112の項目705に、処理オブジェクトモジュールファイル1 However, a template file 113 and the processing object modules file 114, with store and transferred to said disk device on another computer that can be referenced from the server computer 102 via the network line 103, the item 705 of the processing object registration file 112, processing object module file 1
14を転送した計算機の名称を登録することにより、W 14 by registering the name of the computer you transfer, W
ebサーバアプリケーション実行システム119を本実施例と同様の処理手順で実行することができる。 eb server application execution system 119 can be performed by the same procedure as the embodiment.

【0083】以上で、本発明の一形態であるWebサーバアプリケーション開発システム116について説明した。 In [0083] above, was described Web server application development system 116 of an embodiment of the present invention.

【0084】 [0084]

【発明の効果】本発明により、クライアント計算機からの要求に応じてサーバ計算機上でプログラムを起動し、 According to the present invention, to start the program on the server computing machine in response to a request from the client computer,
前記プログラムに、Webページの表示情報を生成するスクリプトプログラムを含むテンプレートファイルを読み込ませ、前記スクリプトプログラムを解釈実行してW In the program, to load the template file that contains a script program to generate the display information of Web pages, W to interpret and execute the script program
ebページの表示情報を生成しサーバ計算機上で開示するWebサーバアプリケーション実行システムを開発する場合に、開発用計算機の記憶装置に蓄えたテンプレートファイルの中からテンプレートファイルを指定すると、前記指定したテンプレートファイルの記述内容を解析して、前記スクリプトプログラムにもとづいて参照されるテンプレートファイルおよび処理プログラムの実装ファイルをすべて特定し、前記サーバ計算機のファイルシステムに転送する。 When developing Web server applications executed systems disclosed generated server computer machine display information eb page, specifying template file in the Template files stored in a storage device of development computer, said specified template file analyzes the description contents of the implementation file of the template files and program are referenced identifies all based on the script program, and transfers to the server computer file system. これにより、利用者が前記Web This, said the user Web
サーバアプリケーション実行システムを容易に開発できる。 The server application execution system can be easily developed.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例を実現するためのシステム構成および動作環境である。 FIG. 1 is a system configuration and operating environment for implementing an embodiment of the present invention.

【図2】本発明の一実施例を実現する計算機装置のハードウェア構成である。 2 is a hardware configuration of a computer system for implementing an embodiment of the present invention.

【図3】Webブラウザシステム115およびWebサーバアプリケーション実行システム119の処理のフローチャートである。 3 is a flowchart of a process of a Web browser system 115 and the Web server application execution system 119.

【図4】Webブラウザ画面の表示例である。 FIG. 4 is a representation example of the Web browser screen.

【図5】HTMLデータの例である。 Figure 5 is an example of HTML data.

【図6】HTMLデータ生成処理110のフローチャートである。 6 is a flowchart of the HTML data generation processing 110.

【図7】処理オブジェクト登録ファイル107のデータ構造である。 FIG. 7 is a data structure of the processing objects registration files 107.

【図8】テンプレートファイルの記述例その1である。 [8] described example of a template file, which is the 1.

【図9】テンプレートファイルの記述例その2である。 [9] description of the template file example is a second.

【図10】テンプレートファイルから生成したHTML [10] HTML generated from a template file
データの例である。 It is an example of the data.

【図11】HTMLデータ1000のWebブラウザによる表示例である。 FIG. 11 is a display example by the Web browser HTML data 1000.

【図12】テンプレートファイルデバッグ処理105のフローチャートである。 12 is a flowchart of the template file debugging 105.

【図13】テンプレートおよび処理オブジェクトの呼び出し関係を取得する処理1202のフローチャートである。 13 is a flowchart of a process 1202 for obtaining the calling relationships of the template and process objects.

【図14】処理1202の副フローチャートである。 14 is a sub-flowchart of a process 1202.

【図15】未解析テンプレートテーブル117のデータ構造である。 FIG. 15 is a data structure of non-analysis template table 117.

【図16】呼び出し情報一時保存テーブル118のデータ構造である。 16 is a data structure of call information temporary storing table 118.

【図17】呼び出し情報管理テーブル106のデータ構造である。 17 is a data structure of the call information management table 106.

【図18】呼び出し先情報管理領域1800のデータ構造である。 FIG. 18 is a data structure of the call destination information management area 1800.

【図19】Webサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイルおよび処理オブジェクトの情報を表示する処理1203のフローチャートである。 19 is a flowchart of a process 1203 for displaying the information of the template files and process objects required to perform Web server application execution system 119.

【図20】Webサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイルおよび処理オブジェクトの情報の表示画面である。 20 is a display screen of the template file and the processing object information necessary to run the Web server applications execution system 119.

【図21】未解決の呼び出し情報を表示する処理120 [21] the process for displaying the call information unresolved 120
4のフローチャートである。 It is a flowchart of four.

【図22】未解決の呼び出し情報の表示画面である。 FIG. 22 is a display screen of the call information of unresolved.

【図23】未解決の呼び出しを修正する処理1206のフローチャートである。 23 is a flowchart of a process 1206 for modifying a call outstanding.

【図24】Webサーバアプリケーション実行システム119を実行するために必要なテンプレートファイルおよび処理オブジェクトが実装されたモジュールファイルをサーバ計算機102の外部記憶装置に転送する処理1 [Figure 24] process transfers the module file template files and process objects are mounted required to run the Web server application execution system 119 to an external storage device of the server computer 102 1
207のフローチャートである。 207 is a flowchart of.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF REFERENCE NUMERALS

101…開発用計算機、102…サーバ計算機、 10 101 ... development computer, 102 ... server computer, 10
3…ネットワーク、104…クライアント計算機、20 3 ... network, 104 ... client computer 20
1…表示装置、202…入力装置、203…外部記憶装置、204…中央処理装置、205…ネットワーク装置、206…主記憶装置。 1 ... Display device, 202 ... input device 203 ... external storage device, 204 ... CPU, 205 ... network devices, 206 ... main memory.

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】計算機装置を用いた、Webサーバと連動して動作するサーバアプリケーションの開発方法であって、表示情報を生成するスクリプトプログラムを含むテンプレートファイルをサーバ計算機上のファイルシステムに蓄え、前記テンプレートファイルに含まれるスクリプトプログラムを解釈実行して動的に表示情報を生成し、前記表示情報をクライアント計算機に転送して前記クライアント計算機の出力装置に出力するサーバアプリケーションを開発する場合に、(1)開発用計算機上のファイルシステムに前記テンプレートファイルを蓄えておき、(2)入力装置より、前記テンプレートファイルを指定する情報を入力し、(3)前記指定したテンプレートファイルを識別する情報を記憶装置に記録し、 [Claim 1] using a computer apparatus, a developing method of a server applications that work in conjunction with the Web server, stored template file containing a script program to generate the display information in a file system on the server computer the when a script program that is included in a template file and interprets and executes dynamically generates display data, and transfers the display information on the client machine to develop server application to be output to the output device of the client computers, (1 ) keep stored the template files into file system on development computer, (2) from the input device, and inputs information designating the template file, (3) storage information identifying the specified template file recorded in,
    (4)前記情報を記録したテンプレートファイルに含まれるスクリプトプログラムを解析して、前記スクリプトプログラムの解釈実行時に参照される前記テンプレートファイルおよび操作される前記処理プログラムを識別し、(5)前記参照されるテンプレートファイルおよび前記操作される処理プログラムを識別する情報を前記記憶装置に記録し、(6)前記ステップ(4)から(5) (4) analyzes the script program included the information on the recording template file to identify the template file and engineered the processing programs is referred to when interpreting execution of the script program, is the reference (5) that the template files and information identifying the the manipulated process program recorded in the storage device, from (6) the step (4) (5)
    までを繰り返し適用し、(7)前記記憶装置に記録されている情報にもとづいて、前記サーバアプリケーションの実行時に参照される前記テンプレートファイルおよび操作される前記処理プログラムを特定し、(8)前記特定したテンプレートファイルおよび前記特定した処理プログラムの実装を含むファイルを前記サーバ計算機または前記サーバ計算機から参照可能な計算機上のファイルシステムに蓄えることを特徴とするアプリケーション開発方法。 Until repeatedly applying, (7) the based on the information recorded in the storage device, and identifying the said processing program template being files and operation is referred to when executing the server application, (8) the specific application development wherein the store a file containing the implementation of the template file and the specified program to the file system on referable computer by said server machine or said server computers.
  2. 【請求項2】上記請求項第1項のステップ(4)で識別した情報にもとづき、前記サーバアプリケーションの実行時に参照される前記テンプレートファイルおよび操作される前記処理プログラムを特定する情報を前記出力装置に出力することを特徴とするアプリケーション開発方法。 Wherein based on the information identified in step (4) above claims paragraph 1, wherein the server application is executed the output device information identifying the template file and engineered the processing programs is referred to when application development method and outputting the.
  3. 【請求項3】上記請求項第1項のステップ(7)で特定した、前記サーバアプリケーションの実行時に参照される前記テンプレートファイルのうち、前記開発用計算機のファイルシステム上に蓄えられていない前記テンプレートファイルを特定する情報を前記出力装置に出力することを特徴とするアプリケーション開発方法。 3. identified in step the claim paragraph 1 7, wherein among the templates files referenced upon the server application execution, the templates that are not stored on said development computer filesystem application development method and outputting information specifying the file to the output device.
  4. 【請求項4】上記請求項第1項のステップ(7)で特定した、前記サーバアプリケーションの実行時に参照される前記処理プログラムのうち、前記処理プログラムを実装したファイルが、前記開発用計算機のファイルシステム上に、起動可能な形式で蓄えられていない前記処理プログラムを特定する情報を前記出力装置に出力することを特徴とするアプリケーション開発方法。 4. A specified in step preceding claim Paragraph 1 (7), wherein one of the processing programs is referred to when the server application execution files that implement the processing program, the file of the development computer on the system, application development method characterized by outputting information specifying the processing program that is not stored in the bootable format to the output devices.
JP7502197A 1997-03-27 1997-03-27 Application development method Pending JPH10269072A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7502197A JPH10269072A (en) 1997-03-27 1997-03-27 Application development method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7502197A JPH10269072A (en) 1997-03-27 1997-03-27 Application development method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10269072A true JPH10269072A (en) 1998-10-09

Family

ID=13564119

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7502197A Pending JPH10269072A (en) 1997-03-27 1997-03-27 Application development method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10269072A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001065377A1 (en) * 2000-03-01 2001-09-07 Flex-Firm Inc. Contents providing service
WO2002044907A1 (en) * 2000-11-29 2002-06-06 Flex-Firm Inc. Contents providing method
US7647301B2 (en) 2003-08-08 2010-01-12 Open-Circuit, Ltd. Information provision apparatus, format separation apparatus, information provision method and program

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001065377A1 (en) * 2000-03-01 2001-09-07 Flex-Firm Inc. Contents providing service
WO2001065376A1 (en) * 2000-03-01 2001-09-07 Flex-Firm Inc. Contents providing method
WO2002044907A1 (en) * 2000-11-29 2002-06-06 Flex-Firm Inc. Contents providing method
US7647301B2 (en) 2003-08-08 2010-01-12 Open-Circuit, Ltd. Information provision apparatus, format separation apparatus, information provision method and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5949412A (en) Computer remote control system
EP0747841B1 (en) A sub-agent service for fulfilling requests of a web browser
US7451176B2 (en) System and method providing multi-tier applications architecture
US6397253B1 (en) Method and system for providing high performance Web browser and server communications
US6370687B1 (en) Network computer system and substitute compile server
DE69922015T2 (en) Method and device for translating and executing an artey code in an environment with virtual machines
CN1107270C (en) Computer network
US6529936B1 (en) Object-oriented web server architecture suitable for various types of devices
US6456308B1 (en) Embedded web server
JP3822541B2 (en) Computer system for passing a pointer to an object interface
US6701374B2 (en) Method and apparatus for dynamic proxy insertion in network traffic flow
US9167051B2 (en) Transforming condition-independent output into condition-dependent output
JP4146983B2 (en) Process method and data processing system for calling method of server object
AU2001290686B2 (en) Customizing content provided by a service
US7127705B2 (en) Developing applications online
US6209029B1 (en) Method and apparatus for accessing data sources in a three tier environment
US6466947B2 (en) Apparatus and method for dynamically verifying information in a distributed system
DE60208710T2 (en) Platform independent im forward compilation
US6401099B1 (en) Asynchronous binding of named objects
US6654741B1 (en) URL mapping methods and systems
KR100574156B1 (en) Accessing legacy applications from the internet
US6151639A (en) System and method for remote object invocation
US7543267B2 (en) Drag and drop creation and editing of a page incorporating scripts
US9052914B2 (en) Bundling of web application code for optimized delivery
AU2004202235B8 (en) Web page rendering mechanism using external programmatic themes