JPH10268811A - 表示板 - Google Patents

表示板

Info

Publication number
JPH10268811A
JPH10268811A JP7691297A JP7691297A JPH10268811A JP H10268811 A JPH10268811 A JP H10268811A JP 7691297 A JP7691297 A JP 7691297A JP 7691297 A JP7691297 A JP 7691297A JP H10268811 A JPH10268811 A JP H10268811A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
light
display
synthetic resin
display panel
portion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7691297A
Other languages
English (en)
Inventor
Takafumi Azegami
Yutaka Yoshihara
豊 吉原
隆文 畔上
Original Assignee
Nippon Seiki Co Ltd
日本精機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Seiki Co Ltd, 日本精機株式会社 filed Critical Nippon Seiki Co Ltd
Priority to JP7691297A priority Critical patent/JPH10268811A/ja
Publication of JPH10268811A publication Critical patent/JPH10268811A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 透過照明される表示板の視認性を向上させな
がら表示部全体をほぼ均一に照明することができるとと
もに、照明斑のない照明バランスの優れた表示板を提供
することを目的とする。 【解決手段】 前面に所望の形状からなる文字,数字,
目盛などからなる表示部3と、この表示部3を除く箇所
に地色部4とを施して表示板5を形成するとともに、前
記表示部3もしくは前記地色部4の少なくとも一方を透
過可能に設け、前記表示板5の後面に照度均一化用の調
光印刷層10を施すとともに、この調光印刷層10を透
光性を有する紫外線硬化性合成樹脂層10Aによって形
成した表示板5である。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、自動車、オートバイ等
の指示計器に使用され、その指示計器の照明時における
文字板前面の表示部を計器の内部に設けた光源によって
透過照明するようにした表示板構造に関するものであ
る。

【0002】

【従来技術】従来、たとえば自動車の各種走行情報を表
示する指示計器装置の一般的な構成は、図5に示すよう
に計器ケース1の内部に速度計、エンジン回転計、燃料
計、温度計等の計器本体2を収納配設し、この計器本体
2の前部には、所望の形状に文字、数字、目盛等の表示
部3と、この表示部3を除く箇所に印刷により地色部4
とを施した表示板5を固定し、前記計器ケース1の前面
開口部を覆う透視板6を通して、前記計器本体2に取り
付けた指針7の回動位置を前記表示板5の表示部3と対
比判読することにより、その表示値を読み取るようにし
ている。

【0003】そして指示計器装置は、昼間など周囲が明
るい時には太陽光などの周囲光線により、また夜間など
周囲が暗い時には計器ケース2の内部に配設された光源
8からの照射光線により、表示板5および指針7が視認
可能となるように照明され、表示部3による表示値が良
好に読み取れるように構成している。

【0004】ところで、近年計器装置の小型化、薄型化
が望まれている傾向にある中で、このような流れに沿う
べく計器ケース1も小型化し、計器ケース1の内部空間
も狭くなり、従って数少ない光源8によって表示板5の
全域を照明する構成が採用されているが、この場合には
光源8に近い側は明るく、光源8から離れるに連れて暗
くなりやすく、不均一な照明効果となってしまうという
問題がある。

【0005】一般に、このような問題を解決するため、
たとえば特公昭53ー2065号公報、特開昭60ー1
23728号公報あるいは特開昭60ー122947号
公報などで知られており、図6で示すように、前記表示
板5を透光性を有する基板により形成し、この表示板5
の前面に文字、数字、目盛などとなる表示部3箇所には
夜間などにおける透過色となる透光性を有する透過着色
層3Aが印刷形成されるとともに、この透過着色層3A
の前面に重ね合わせて昼間などにおける表示色となる透
光性を有する表示着色層3Bが印刷形成され、さらにこ
の表示着色層3Bの前面に前記表示部3形状を除いた全
域に昼夜間における前記地色部4となる遮光性の遮光層
4Aを重ね合わせて印刷形成されている。

【0006】また、前記表示板5の後面には、光吸収性
黒色塗料により光源8からの距離に応じて密度、大きさ
の異なる網目状もしくは点状の光量調整遮光層9がスク
リーン印刷などで形成されている。すなわち、光量調整
遮光層9は、光源8の近くにあって照射光量の多い箇所
では黒色部分の単位面積当たりの占有率を大きくし、光
源8から離れるに連れて照射光量が減少するに従い黒色
部分の単位面積当たりの占有率を次第に小さくしていく
ものである。

【0007】たとえば、表示板5の前面に設けられる透
過着色層3Aを緑色に、表示着色層3Bを白色に、遮光
層4Aを黒色にそれぞれ形成した場合、表示板5は、昼
間などにおいては周囲光線により全面が黒色をベースと
した地色部4の色合いの中に表示部3が白色に表示さ
れ、また夜間などにおいては光源8からの距離に関係な
く光源8の照射光線により全面が黒色をベースとした中
に表示部3が略均一的な照度で緑色に浮き上がり、昼夜
間いずれにおいても視認性を良好にできるものである。

【0008】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記従
来例では、前記光量調整遮光層9によってほぼ均一した
照明効果が得られるものの、表示部3を光源8の照射光
線が透過する際、黒色系の網目あるいは点の密度や大き
さを異ならせて形成した光量調整遮光層9の形状に相応
した影が表示部3内に視認される場合があり、また表示
板5の厚みが薄くなればなるほど各表示部3内に光量調
整遮蔽層9による影の輪郭が浮かび上がりやすく明暗差
が生じ、表示部3全体の照明バランスが崩れるという問
題を有していた。

【0009】また、前記光量調整遮光層9の影の輪郭を
ぼかすために表示板5に細かい凹凸などのシボ加工を施
すことも考えられるが、照明バランスを保つための後処
理などが厄介であるという問題もあった。

【0010】そこで本発明は、前記従来例の問題を解決
するものであって、透過照明される表示板の視認性を向
上させながら表示部全体をほぼ均一に照明することがで
きるとともに、照明斑のない照明バランスの優れた表示
板を提供することを目的とする。

【0011】

【課題を解決するための手段】請求項1の発明は、前面
に所望の形状からなる文字,数字,目盛などからなる表
示部と、この表示部を除く箇所に地色部とを施して表示
板を形成するとともに、前記表示部もしくは前記地色部
の少なくとも一方を透過可能に設け、前記表示板の後面
に照度均一化用の調光印刷層を施すとともに、この調光
印刷層を透光性を有する紫外線硬化性合成樹脂層によっ
て形成したことを特徴とする表示板である。また請求項
2の発明は、前記請求項1において、前記紫外線硬化性
合成樹脂層を、無彩色の透光性を有するインクによって
形成したことを特徴とする表示板である。また請求項3
の発明は、前記請求項1において、前記紫外線硬化性合
成樹脂層を、有彩色の透光性を有するインクによって形
成したことを特徴とする表示板である。また請求項4の
発明は、前記請求項1から前記請求項3において、光源
からの照射輝度に応じて前記紫外線硬化性合成樹脂層の
厚みを異ならせて形成したことを特徴とする表示板であ
る。

【0012】

【発明の実施の形態】前記請求項1の構成によって、表
示部あるいは地色部の透過照明箇所は、光源からの照射
光線が、透光性を有する紫外線硬化性合成樹脂層からな
る調光印刷層を直接透過しつつ表示板の透過照明箇所が
照らし出されるため、その調光印刷層による影が発生す
ることなく、透過照明箇所が均一的に照明表示される。
また前記請求項2の構成によって、光源からの照射光線
が、無彩色の透光性を有するインクによって形成した紫
外線硬化性合成樹脂層からなる調光印刷層を透過した
際、光源からの照射光線の色合いは、表示部あるいは地
色部などの透過照明箇所の表示色に影響を与えることな
く、その透過照明箇所が斑なく照らし出される。また前
記請求項3の構成によって、光源からの照射光線が、有
彩色の透光性を有するインクによって形成した紫外線硬
化性合成樹脂層からなる調光印刷層を透過した際、前記
調光印刷層の色彩によって光源からの照射光線が前記表
示部あるいは地色部などの透過照明箇所を照らし出す。
また前記請求項4の構成によって、表示板に施された表
示部あるいは地色部などの透過照明箇所と、光源との距
離関係に影響されることなく、光源からの照射輝度に応
じて前記紫外線硬化性合成樹脂層の厚みを異ならせて形
成したことにより、前記透過照明箇所を斑なく均一的に
照明表示することができる。

【0013】

【実施例】以下本発明の実施例を添付図面に基づいて説
明する。図1から図3は本発明の一実施例を示すもので
あり、前述した従来例の構成と同一もしくは均等箇所に
は同一符号を用いて説明する。表示板5は、たとえばポ
リカーボネート樹脂,アクリル樹脂などの合成樹脂の基
板によって形成され、この表示板5の前面に表示部3と
なる透光性の所望色、たとえば白色インクからなる表示
着色層3Bを印刷形成し、この表示着色層3Bの前面に
表示部3形状を除いて前面に地色部4となる遮光性の所
望色、たとえば黒色インクからなる遮光層4Aを印刷形
成し、表示板5の後面には照度均一化用の調光印刷層1
0を施しており、この調光印刷層10は透光性を有する
紫外線硬化性合成樹脂層10Aによって形成している。

【0014】また、透光性を有する前記紫外線硬化性合
成樹脂層10Aとしては、無彩色の透光性を有するイン
クたとえば乳白色、白色、灰色などのインクによって形
成したり、あるいは光源8による照射光線の色合いがあ
まり変化しないような着色剤たとえば茶色の色素を混入
した透光性スモークインクによって形成したり、有彩色
の透光性を有するインクたとえば緑色、橙色、青色など
のインクによって表示板5の後面に施す調光印刷層10
を形成している。

【0015】また、表示板5と計器ケース1内に設置さ
れる光源8との位置関係において、前記光源8からの照
射輝度に応じて前記紫外線硬化性合成樹脂層10Aの厚
みを異ならせて表示板5を構成している。

【0016】この場合、前記紫外線硬化性合成樹脂層1
0Aの厚みは、光源8の近くにあって照射光量の多い箇
所では紫外線硬化性合成樹脂層10Aの肉厚を厚くし、
光源8から離れるに連れて照射光量が減少するに従い紫
外線硬化性合成樹脂層10Aの肉厚が次第に薄くなるよ
うに形成している。

【0017】従って、表示板5は、昼間などにおいては
前方からの周囲光線すなわち太陽光などの外光光線によ
り、全面が地色部4による黒色をベースとした中に表示
部3による白色によって文字や数字あるいは目盛などが
表示され、また夜間などにおいては光源8からの距離に
関わりなく光源8の照射光線により全面が黒色をベース
とした中に表示部3箇所のみが均一的な照度で透過照明
される。

【0018】この際、前述したように透光性を有する紫
外線硬化性合成樹脂層10Aを乳白色などの無彩色のイ
ンクあるいは茶色などの顔料を混入した透光性のスモー
クインクによって形成した場合、光源8からの照射光線
が、無彩色の透光性を有するインクによって形成した紫
外線硬化性合成樹脂層10Aからなる調光印刷層10あ
るいは前記スモークインクによる紫外線硬化性合成樹脂
層10Aからなる調光印刷層10を透過した際に、光源
8からの照射光線の色合いは、表示部3などの透過照明
箇所の表示色に影響を与えることなく、その透過照明箇
所が表示部3の白色のまま透過照明されるとともに、調
光印刷層10を照射光線が直接透光するために調光印刷
層に10による影もなく斑なく表示部3が照らし出され
る。

【0019】また前述したように、透光性を有する紫外
線硬化性合成樹脂層10Aを緑色などの有彩色のインク
によって形成した場合、光源8からの照射光線が、前記
有彩色の紫外線硬化性合成樹脂層10Aからなる調光印
刷層10を透過した際、その調光印刷層10の緑色の色
彩によって光源8からの照射光線が緑色に着色され、透
過照明箇所である表示部3が緑色に透過照明され、しか
も調光印刷層10による影もなく斑のない照明効果を得
ることができる。

【0020】また照明バランスをよりよく達成するため
に、前述した表示板5に施された表示部3の透過照明箇
所と、光源8との距離関係に影響されることなく、光源
8からの照射輝度に応じて前記紫外線硬化性合成樹脂層
10Aの厚みを異ならせて形成したことにより、前記透
過照明箇所を斑なく均一的に照明表示することができ
る。すなわち、前記紫外線硬化性合成樹脂層10Aの厚
みは、光源8の近くにあって照射光量の多い箇所では紫
外線硬化性合成樹脂層10Aの肉厚を厚くし、光源8か
ら離れるに連れて照射光量が減少するに従い紫外線硬化
性合成樹脂層10Aの肉厚が次第に薄くなるように形成
しているため、光源8からの照射光線は肉厚の厚い紫外
線硬化性合成樹脂層10Aを透光する際に光量が減じ、
また光源8から離れた箇所の肉厚の薄い部分では透光す
る際にて減じる光量が少ないため、表示板5の全体とし
て透過照明箇所である表示部3に届く照射光線の光量が
ほぼ均一となり、これにより照明輝度をほぼ一定に保つ
ことができる。

【0021】また前述した実施例では、透過照明箇所と
して表示部3を透光性のインクを用い、地色部4を遮光
性のインクを用いて形成していたが、地色部4を透光性
のインクにて形成し、表示部3を遮光性のインクにより
形成し、透過照明する箇所を反転させる構成としても同
等の作用効果を得ることができる。

【0022】次に、前記構成からなる表示板5の製作方
法の一例を説明する。指示計器の計器ケース1内に表示
板5が取り付けられる位置に、たとえば白黒写真用のネ
ガ用のフィルムをセットして計器ケース1内の光源8を
点灯するか、指示計器に合わせて模擬的に作成した雰囲
気中にて、その内部にネガ用のフィルムおよび光源をセ
ットして点灯し、フィルムを感光後現像することにより
指示計器の表示板5が光源8により明るく照明される箇
所に相当するところではフィルムは強く感光して黒色が
濃く仕上がり、光源8位置から離れた弱く照明された箇
所では、ほとんど感光しないで透明になり、中間の明る
さの箇所では薄暗く感光して黒色が薄く仕上がった感光
フィルムが得られ、この感光フィルムをもとにして白黒
反転させたポジ用のフィルムを作成する。

【0023】また表示板においては図2に示すように、
その表示板5に紫外線硬化性合成樹脂層10Aを塗布あ
るいは印刷などの手段により付着させ、この表示板5の
前面に前述の白黒反転したフィルムFをセットし、紫外
線ランプLを照射することによって、前記フィルムFに
よる黒色の濃淡に応じて表示板5に付着された紫外線硬
化性合成樹脂層10Aが露光される。

【0024】この場合、フィルムFの黒色濃淡パターン
に同調して紫外線の照射効率の変化を利用し、その濃淡
パターンに同調して紫外線硬化性合成樹脂層10Aの硬
化程度の異なる部分を設けて作成するが、白黒反転した
フィルムFによって計器ケース1内の光源8に近い側に
相当する箇所ではランプLによる照射光量が多いため
に、紫外線硬化性合成樹脂層10Aが硬化しやすく硬化
表層aの厚みが厚く形成され、また計器ケース1内の光
源8に遠い側に相当する箇所では、白黒反転フィルムF
によってランプLによる照射光量が少ないために、紫外
線硬化性合成樹脂層10Aが硬化しづらく硬化表層aの
厚みが薄く形成され、この硬化表層a以外は未硬化表層
b部分となる(図3参照)。この未硬化表層b部分は洗
浄、ブラシ機構などによって除去され、図4に示すよう
に硬化表層aによる紫外線硬化性合成樹脂層10Aは肉
厚の厚い部分と薄い部分とが表示板5に形成される。

【0025】また、他の表示板5の製作方法としては、
図示しないが、たとえば特公昭50ー19288号公報
などで知られているように、表示板などの基板の表面に
凹凸を付けたい形状に合わせて紫外線吸収剤を設け、こ
の表面に紫外線硬化性合成樹脂層を上塗りして設け、こ
の状態にて紫外線を照射することにより任意の形態に陥
没凹所を形成して基板の全体に凹凸部による紫外線硬化
性合成樹脂層を製作したり、あるいは特公昭49ー28
262号公報などで知られているように、表示板などの
基板の表面に凹凸を形成したい任意の形状に合わせて紫
外線硬化性樹脂塗料硬化抑制剤を含有するインクを印刷
し、次いで表示板のなどの表面に紫外線硬化性合成樹脂
層を重ねて全体に印刷し、その表面より紫外線照射を施
すことにより、紫外線硬化性樹脂塗料硬化抑制剤を含有
するインクの部分の上部では、その硬化抑制剤の作用を
受けて紫外線硬化性合成樹脂層の硬化が抑制され、それ
以外の通常の紫外線硬化性合成樹脂層の印刷面を箇所で
は硬化が進行するので、その結果として未硬化層部分が
硬化層部分の方に引き寄せられ、紫外線硬化性合成樹脂
層の形状は硬化抑制剤を混入したインクによる形状に倣
って凹部が形成されるものであり、基板の表面の全体と
して凹凸部が紫外線硬化性合成樹脂層によって形成され
る。

【0026】上述の紫外線吸収剤や紫外線硬化性樹脂塗
料硬化抑制剤によるインクを用いた場合にあっては、凸
部形状として細かい凸部を集合させて全体の肉厚寸法を
厚く形成するタイプが好適である。

【0027】なお、上述した実施例では、指示計器の表
示板を例にして説明したが、たとえばリモコンなどのパ
ネルに用いられる表示板や時計の文字板あるいはディス
プレイパネルとしての表示板などを照明するものなどに
適用することができるものである。

【0028】

【発明の効果】以上詳述したように、請求項1の発明
は、前面に所望の形状からなる文字,数字,目盛などか
らなる表示部と、この表示部を除く箇所に地色部とを施
して表示板を形成するとともに、前記表示部もしくは前
記地色部の少なくとも一方を透過可能に設け、前記表示
板の後面に照度均一化用の調光印刷層を施すとともに、
この調光印刷層を透光性を有する紫外線硬化性合成樹脂
層によって形成したことにより、表示部あるいは地色部
の透過照明箇所は、光源からの照射光線が、透光性を有
する紫外線硬化性合成樹脂層からなる調光印刷層を直接
透過しつつ表示板の透過照明箇所が照らし出されるた
め、その調光印刷層による影が発生することなく、透過
照明箇所を均一的に照明表示することができる。また請
求項2の発明は、前記請求項1において、前記紫外線硬
化性合成樹脂層を、無彩色の透光性を有するインクによ
って形成したことにより、光源からの照射光線が、無彩
色の透光性を有するインクによって形成した紫外線硬化
性合成樹脂層からなる調光印刷層を透過した際、光源か
らの照射光線の色合いは、表示部あるいは地色部などの
透過照明箇所の表示色に影響を与えることなく、その透
過照明箇所を斑なく照らし出すことができる。また請求
項3の発明は、前記請求項1において、前記紫外線硬化
性合成樹脂層を、有彩色の透光性を有するインクによっ
て形成したことにより、光源からの照射光線が、有彩色
の透光性を有するインクによって形成した紫外線硬化性
合成樹脂層からなる調光印刷層を透過した際、前記調光
印刷層の色彩によって前記表示部あるいは地色部などの
透過照明箇所をその有彩色の色合いで照らし出すことが
できる。また請求項4の発明は、前記請求項1から前記
請求項3において、光源からの照射輝度に応じて前記紫
外線硬化性合成樹脂層の厚みを異ならせて形成したこと
により、表示板に施された表示部あるいは地色部などの
透過照明箇所と、光源との距離関係に影響されることな
く、前記透過照明箇所を斑なく均一的に照明表示するこ
とができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施例の表示板構造を示す斜視図で
ある。

【図2】図2から図4は本発明の表示板の製作過程の一
例を示し、図2は図1の表示板とランプおよびフィルタ
のセット状態を示した概略断面図である。

【図3】図2の表示板表面に施された紫外線硬化性合成
樹脂層の製作途中を示した概略断面図である。

【図4】図3の表示板表面に施された紫外線硬化性合成
樹脂層の製作完了状態をを示した概略断面図である。

【図5】図5は、一般的な指示計器装置の構成の一例を
示した断面図である。

【図6】図6は、従来例の表示板構造を示す要部断面図
である。

【符号の説明】

1 計器ケース 3 表示部 3A 透過着色層 3B 表示着色層 4 地色部 4A 遮光層 5 表示板 8 光源 10 調光印刷層 10A 紫外線硬化性合成樹脂層 F フィルム L ランプ

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 前面に所望の形状からなる文字,数字,
    目盛などからなる表示部と、この表示部を除く箇所に地
    色部とを施して表示板を形成するとともに、前記表示部
    もしくは前記地色部の少なくとも一方を透過可能に設
    け、前記基板の後面に照度均一化用の調光印刷層を施す
    とともに、この調光印刷層を透光性を有する紫外線硬化
    性合成樹脂層によって形成したことを特徴とする表示
    板。
  2. 【請求項2】 前記紫外線硬化性合成樹脂層を、無彩色
    の透光性を有するインクによって形成したことを特徴と
    する請求項1に記載の表示板。
  3. 【請求項3】 前記紫外線硬化性合成樹脂層を、有彩色
    の透光性を有するインクによって形成したことを特徴と
    する請求項1に記載の表示板
  4. 【請求項4】 光源からの照射輝度に応じて前記紫外線
    硬化性合成樹脂層の厚みを異ならせて形成したことを特
    徴とする請求項1から請求項3に記載の表示板。
JP7691297A 1997-03-28 1997-03-28 表示板 Pending JPH10268811A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7691297A JPH10268811A (ja) 1997-03-28 1997-03-28 表示板

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7691297A JPH10268811A (ja) 1997-03-28 1997-03-28 表示板

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10268811A true JPH10268811A (ja) 1998-10-09

Family

ID=13618906

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7691297A Pending JPH10268811A (ja) 1997-03-28 1997-03-28 表示板

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10268811A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4543046B2 (ja) * 2005-04-14 2010-09-15 カーリング クリエイティブ コンサル株式会社 精細な装飾紋様を有する樹脂シート及びその製造方法
JP2013122542A (ja) * 2011-12-12 2013-06-20 Mitsubishi Electric Corp パネル装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4543046B2 (ja) * 2005-04-14 2010-09-15 カーリング クリエイティブ コンサル株式会社 精細な装飾紋様を有する樹脂シート及びその製造方法
JP2013122542A (ja) * 2011-12-12 2013-06-20 Mitsubishi Electric Corp パネル装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1147044A (en) Colored liquid crystal display
US7048397B2 (en) Illumination of gauge indicator scale
DE602005000831T2 (de) Hintergrundbeleuchtungsvorrichtung für Anzeigeelement
DE3817874C2 (de) Meßgerät
KR100500187B1 (ko) 발광소자를 이용한 발광표시장치 및 전자기기
US7223009B2 (en) Backlighting device for an information display element of a portable object
DE19630734C2 (de) LED-Anzeigeeinrichtung
US6573877B2 (en) Instrument panel with system of transparent colored layers
US5247429A (en) Display board
EP1258712A2 (en) Meter for vehicle
KR100445291B1 (ko) 엘씨디 윈도우의 로고 인쇄구조물 및 인쇄방법
US5404133A (en) Luminous key top
JP4665691B2 (ja) 表示装置
JP2009529154A (ja) 光放出サインおよびそのディスプレイ表面
KR20010089499A (ko) 계기장치
DE602005001640T2 (de) Anzeigevorrichtung
DE4015170C2 (de) Kraftfahrzeug-Meßgerät
CA1115249A (en) Instrument assembly with illuminated meter mounting panel
US5249104A (en) Optical display device
EP1319553B1 (en) Vehicle instrument
US20050007301A1 (en) Display panel
JP4223856B2 (ja) 文字板の照明構造
DE4007379C2 (de) Anzeigevorrichtung
US5130548A (en) Indicator
JP3526036B2 (ja) 計器装置