JPH10224922A - 遮断器 - Google Patents

遮断器

Info

Publication number
JPH10224922A
JPH10224922A JP9021142A JP2114297A JPH10224922A JP H10224922 A JPH10224922 A JP H10224922A JP 9021142 A JP9021142 A JP 9021142A JP 2114297 A JP2114297 A JP 2114297A JP H10224922 A JPH10224922 A JP H10224922A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
case
tank
pair
circuit breaker
partition plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9021142A
Other languages
English (en)
Inventor
Ryoichi Nakanishi
良一 中西
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Meidensha Corp
Meidensha Electric Manufacturing Co Ltd
Original Assignee
Meidensha Corp
Meidensha Electric Manufacturing Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Meidensha Corp, Meidensha Electric Manufacturing Co Ltd filed Critical Meidensha Corp
Priority to JP9021142A priority Critical patent/JPH10224922A/ja
Publication of JPH10224922A publication Critical patent/JPH10224922A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 真空インタラプタの交換が容易に行える遮断
器を提供する。 【解決手段】 絶縁材料からなる略有底筒形状のケース
29の内部に一対の真空インタラプタ30を並列に並べ
て収容し、ケース29の底部を気密に貫通する端子31
に固定リード棒30aを接続する一方、夫々の可動リー
ド棒30bが摺動自在に貫通する接続導体35をボルト
38を介してケース29に結合し、一対の可動リード棒
30bを連結する連結部材45と操作手段とを絶縁ロッ
ド44を介して連結する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は遮断器に関し、真空
インタラプタの交換作業が容易にできるようにしたもの
である。
【0002】
【従来の技術】従来の遮断器を用いたガス絶縁開閉装置
の構造を図5に示す。図のように、気密に形成されると
ともに絶縁ガスが充填されたタンク4とタンク1とが設
けられる。タンク4は、ユニット4aとユニット4bと
を一点鎖線の位置で結合して構成されている。タンク4
内には真空インタラプタを内蔵した遮断器5が収容さ
れ、ケーブルヘッド7が断路器6を介して遮断器5に接
続される一方、タンク1内の母線3が断路器2を介して
遮断器5に接続されている。ケーブルヘッド7は、ケー
ブル8を介して電力送り出し用の変電所9に接続され、
ケーブル8には開閉器10と断路器11とが接続されて
いる。
【0003】斯かるガス絶縁開閉装置において、遮断器
5を構成する図示しない真空インタラプタを交換するに
は、変電所9の開閉器10を開にしてタンク4内の絶縁
ガスを抜き取ったのちにタンク4内から遮断器5を取り
外し、遮断器5内の真空インタラプタを新しいものに交
換し、前記と逆の手順で遮断器5をタンク4内に組み込
む。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところが、大きなタン
ク4内の絶縁ガスを抜いてタンク4を分解したのちに遮
断器5を取り出さねばならないため、真空インタラプタ
の交換のための作業が面倒である。また、真空インタラ
プタの交換の際にはタンク4内の絶縁ガスを全て抜き取
るため、電気設備として使用できない。
【0005】そこで本発明は、斯かる課題を解決した遮
断器を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】斯かる目的を達成するた
めの請求項1に係る遮断器の構成は、絶縁材料により形
成された略有底筒形状のケースの内部に、一対の真空イ
ンタラプタを、固定リード棒がケースの底部側となるよ
うに並列に並べて収容し、ケースの底部を気密に貫通す
るとともにケースの内側で夫々の固定リード棒と個別に
導通する端子を設ける一方、対となる真空インタラプタ
の可動リード棒を夫々摺動自在に挿通した挿通孔を有す
る接続導体を着脱自在にケースの内面に結合し、夫々の
真空インタラプタと接続導体との間には圧縮ばねを設
け、絶縁ガスが充填されたタンクの開口部を、前記ケー
スで閉塞し、前記ケースがタンクの内部に位置するとと
もに前記ケースの内部がタンクの外部へ開口する状態で
タンクに取り付け得るようにし、一対の真空インタラプ
タの可動リード棒を連結部材を介して連結し、ケースの
開口部を気密に閉塞する仕切板を設けるとともに、ケー
スの外部であって仕切板と対応する位置に操作手段を設
け、ケース内の気密を保持した状態で往復移動自在に仕
切板を貫通する絶縁ロッドの一端を連結部材に結合する
一方、他端を操作手段に連動連結したことを特徴とす
る。
【0007】
【発明の実施の形態】以下、本発明を図面に示す実施例
に基づいて詳細に説明する。
【0008】本発明による遮断器を設けたガス絶縁開閉
装置の構成を、図1に示す。図のように、機器タンク1
3の上部中央に接続タンク14が接続され、接続タンク
14の右側には三相絶縁スペーサ17を介して母線タン
ク15が接続されている。16は接続タンク14の左側
の開口部を塞ぐ蓋である。この母線タンク15は接続タ
ンク14の左側に接続するようにしてもよい。これらの
3つのタンクは、ガスシール用パッキン,ボルトを介し
て相互に結合されている。
【0009】機器タンク13内には遮断器18と、ケー
ブルを接続するためのケーブルヘッド19とが設けら
れ、ケーブルヘッド19は主回路導体20,接地開閉器
21,断路器22を介して遮断器18に接続されてい
る。23は支持碍子である。一方、母線タンク15内に
は母線24が収容され、母線24は断路器25,主回路
導体26,27を介して遮断器18に接続されている。
機器タンク13の外部には操作手段28が設けられ、操
作手段28は遮断器18に連動連結されている。
【0010】次に、遮断器18の構成を詳細に説明す
る。図3に示すように、一対の真空インタラプタ30を
収容するためのケース29が設けられる。ケース29は
絶縁材料により略有底筒形状に形成したものであり、ケ
ース29の内部を上下に仕切るための仕切部29aと、
ケース29を機器タンク13に取り付けるためのフラン
ジ部29bとを有する。ケース29内の仕切部29aの
上下には一対の真空インタラプタ30が、その固定リー
ド棒30aを底部に対向させた状態で収容されている。
【0011】ケース29の底部には、底部を気密に貫通
する一対の端子31が設けられ、端子31の内端部には
嵌合穴32が形成されるとともに、嵌合穴32にはマル
チコンタクト33を介して固定リード棒30aが嵌合さ
れている。上部の端子31はボルト34を介して前記主
回路導体27に結合される一方、下部の端子31はボル
ト34を介して前記主回路導体20に結合されている。
【0012】真空インタラプタ30の可動リード棒30
bどうしを接続するために接続導体35が設けられる。
接続導体35には一対の挿通孔が形成されるとともに夫
々の挿通孔には集電コンタクト36を介して摺動自在に
可動リード棒30bが挿通されている。ケース29にお
ける仕切部29aの右端には取付金具37が埋設されて
おり、接続導体35の中央部がボルト38を介して着脱
自在に取付金具37に結合されている。そして、真空イ
ンタラプタ30が動かないように拘束するため、夫々の
真空インタラプタ30と接続導体35との間には圧縮ば
ね39が設けられている。
【0013】図2に示すように、機器タンク13には開
口部13aが形成され、開口部13aにはパッキン40
を介して取付板41が取り付けられている。取付板41
には連絡孔41aが形成され、連絡孔41aの左側には
パッキン42を介してケース29のフランジ部29bが
結合される一方、右側にはパッキン43aを介して仕切
板43が取り付けられている。取付板41には操作手段
28が取り付けられ、操作手段28と真空インタラプタ
30とを連結するとともに左右方向へ往復移動する絶縁
ロッド44がパッキン44aを介して気密に仕切板43
を貫通している。
【0014】最後に、絶縁ロッド44と真空インタラプ
タ30との連結部の構造を図3に基づいて説明する。絶
縁ロッド44の先端に連結部材45の中央部が結合され
る一方、連結部材45の両端を貫通する延長ボルト46
の先端が夫々の可動リード棒30bの先端に螺合されて
いる。そして、夫々の延長ボルト46に挿通されたバネ
受け47と連結部材45との間には、延長ボルト46を
囲繞する圧接ばね48が設けられている。なお、延長ボ
ルトを介して可動リード棒と連結部材とを結合したが、
可動リード棒を長くして延長ボルトを省略することもで
きる。
【0015】以上のように、母線タンク15と、接続タ
ンク14を含めた機器タンク13と、ケース29との内
部が夫々気密に構成され、夫々の3つの空間には絶縁ガ
スが個別に充填されている。
【0016】次に、斯かる遮断器の作用を説明する。真
空インタラプタ30を交換するには、以下の手順で行
う。まず、図2において操作手段28を取り外したのち
に、仕切板43に取り付けた図示しないバルブ等を介し
てケース29内の絶縁ガスを抜き取る。次に仕切板43
を取り外し、図3に示すボルト38を取り外す。する
と、図4に示すように絶縁ロッド44を右方へ引っ張る
ことにより、一対の真空インタラプタ30をケース29
から外部へ引き出すことができる。
【0017】このあとは、新しい真空インタラプタ30
を絶縁ロッド44に取り付けたのちに前記と逆の手順で
ケース29内に真空インタラプタ30を挿入して取り付
け、仕切板43を取り付けたのちにケース29内に絶縁
ガスを充填し、最後に操作手段28を取り付ける。
【0018】真空インタラプタの交換作業の際に、機器
タンク内の絶縁ガスを抜き取る必要がないので、従来の
ように送り出し側の開閉器を開にする必要がない。
【0019】
【発明の効果】以上の説明からわかるように、請求項1
に係る遮断器によれば絶縁材料からなるケースの内部に
真空インタラプタを並列に並べて収容するので、遮断器
が小形化される。また、機器を収容するタンクの開口部
をケースで閉塞し、ケースがタンクの内部に位置すると
ともにケースの内部がタンクの外部へ開口する状態でケ
ースを取り付けることにより、タンクの内部とは分離し
た状態でケースの内部に絶縁ガスを充填することがで
き、タンク内の絶縁ガスを抜くことなくケース内の真空
インタラプタを交換することができることになり、真空
インタラプタの交換作業が容易になる。更に、タンク内
の絶縁ガスを抜かずに真空インタラプタの交換ができる
ので、従来のように送り出し側の開閉器を開にする必要
がない。また更に、一対の可動リード棒を連結部材を介
して連結し、連結部材と操作手段とを絶縁ロッドを介し
て連結するので、仕切板を気密に貫通する絶縁ロッドは
一本になり、構造が簡単になる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による遮断器を用いたガス絶縁開閉装置
の構成図。
【図2】本発明による遮断器と操作手段との関係に係
り、(a)は正面図、(b)は(a)の左側面図。
【図3】本発明による遮断器の構成に係り、(a)は断
面図、(b)は(a)のA−A矢視図。
【図4】本発明による遮断器における作用説明図。
【図5】従来の遮断器を用いたガス絶縁開閉装置の構成
図。
【符号の説明】
13…機器タンク 13a…開口部 28…操作手段 29…ケース 30…真空インタラプタ 30a…固定リード棒 30b…可動リード棒 31…端子 35…接続導体 38…ボルト 39…圧縮ばね 43…仕切板 44…絶縁ロッド 45…連結部材

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 絶縁材料により形成された略有底筒形状
    のケースの内部に、一対の真空インタラプタを、固定リ
    ード棒がケースの底部側となるように並列に並べて収容
    し、ケースの底部を気密に貫通するとともにケースの内
    側で夫々の固定リード棒と個別に導通する端子を設ける
    一方、対となる真空インタラプタの可動リード棒を夫々
    摺動自在に挿通した挿通孔を有する接続導体を着脱自在
    にケースの内面に結合し、夫々の真空インタラプタと接
    続導体との間には圧縮ばねを設け、 絶縁ガスが充填されたタンクの開口部を、前記ケースで
    閉塞し、前記ケースがタンクの内部に位置するとともに
    前記ケースの内部がタンクの外部へ開口する状態でタン
    クに取り付け得るようにし、 一対の真空インタラプタの可動リード棒を連結部材を介
    して連結し、ケースの開口部を気密に閉塞する仕切板を
    設けるとともに、ケースの外部であって仕切板と対応す
    る位置に操作手段を設け、ケース内の気密を保持した状
    態で往復移動自在に仕切板を貫通する絶縁ロッドの一端
    を連結部材に結合する一方、他端を操作手段に連動連結
    したことを特徴とする遮断器。
JP9021142A 1997-02-04 1997-02-04 遮断器 Pending JPH10224922A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9021142A JPH10224922A (ja) 1997-02-04 1997-02-04 遮断器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9021142A JPH10224922A (ja) 1997-02-04 1997-02-04 遮断器

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10224922A true JPH10224922A (ja) 1998-08-21

Family

ID=12046654

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9021142A Pending JPH10224922A (ja) 1997-02-04 1997-02-04 遮断器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10224922A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007305524A (ja) * 2006-05-15 2007-11-22 Hitachi Ltd 開閉装置
CN101916687A (zh) * 2010-08-05 2010-12-15 西安通大思源电器有限公司 一种控制传动方式的双灭弧室的单相真空断路器
CN105244208A (zh) * 2015-08-31 2016-01-13 国家电网公司 一种多断口高压直流断路器

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007305524A (ja) * 2006-05-15 2007-11-22 Hitachi Ltd 開閉装置
JP4712609B2 (ja) * 2006-05-15 2011-06-29 株式会社日立製作所 開閉装置
CN101916687A (zh) * 2010-08-05 2010-12-15 西安通大思源电器有限公司 一种控制传动方式的双灭弧室的单相真空断路器
CN105244208A (zh) * 2015-08-31 2016-01-13 国家电网公司 一种多断口高压直流断路器

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001352623A (ja) ガス絶縁開閉装置
CN101297386B (zh) 真空绝缘开关设备
EP1107408B1 (en) Gas-insulated switchgear
JP2003047113A (ja) 開閉装置
JPH10224922A (ja) 遮断器
JP2000067708A (ja) 断路器、接地開閉器及び接地開閉器付断路器
JP4237139B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JP3777693B2 (ja) 遮断器
JPH10229615A (ja) 遮断器
JP4246151B2 (ja) 真空遮断器
JPH10178713A (ja) 遮断器
JPH10178711A (ja) ガス絶縁開閉装置
JPH10224923A (ja) 遮断器
JPH10178714A (ja) 遮断器
JP2004064955A (ja) ガス絶縁開閉装置
JPH10224924A (ja) 遮断器
KR100249149B1 (ko) 가스절연 개폐장치
JP2000032620A (ja) ガス絶縁開閉装置
JPH0624408B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JPH0613544Y2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JP3246759B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JPH0620329B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
KR820001667B1 (ko) 전기개폐 패널
JP2000041308A (ja) ガス絶縁開閉装置
JPH07203609A (ja) ガス絶縁キュービクル